株式会社イメージワン 有価証券報告書 第35期(平成29年10月1日-平成30年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第35期(平成29年10月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社イメージワン

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成30年12月21日

                          第35期(自       平成29年10月1日          至   平成30年9月30日)

     【事業年度】
                          株式会社イメージ         ワン

     【会社名】
     【英訳名】                      ImageONE     Co.,   Ltd.

                          代表取締役社長            髙   田   康   廣

     【代表者の役職氏名】
     【本店の所在の場所】                      東京都新宿区新宿六丁目27番30号

                          03-6233-3410

     【電話番号】
                          取締役管理部長            鵜   飼   良   一

     【事務連絡者氏名】
     【最寄りの連絡場所】                      東京都新宿区新宿六丁目27番30号

                          03-6233-3413

     【電話番号】
                          取締役管理部長            鵜   飼   良   一

     【事務連絡者氏名】
     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/66









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

      (1)  連結経営指標等
            回次           第31期       第32期       第33期       第34期       第35期

           決算年月           平成26年9月       平成27年9月       平成28年9月       平成29年9月       平成30年9月
                                              1,385,671
      売上高            (千円)          ―       ―       ―               ―
                                              △ 175,798
      経常損失(△)            (千円)          ―       ―       ―               ―
      親会社株主に帰属する
                                              △ 156,375
                 (千円)          ―       ―       ―               ―
      当期純損失(△)
                                              △ 190,637
      包括利益            (千円)          ―       ―       ―               ―
                                               964,625
      純資産額            (千円)          ―       ―       ―               ―
                                              1,536,543
      総資産額            (千円)          ―       ―       ―               ―
                                               161.97
      1株当たり純資産額            (円)          ―       ―       ―               ―
      1株当たり当期純損失
                                               △ 32.71
                  (円)          ―       ―       ―               ―
      (△)
      潜在株式調整後
                  (円)          ―       ―       ―       ―       ―
      1株当たり当期純利益
                                                52.1
      自己資本比率            (%)          ―       ―       ―               ―
                                               △ 19.5
      自己資本利益率            (%)          ―       ―       ―               ―
      株価収益率            (倍)          ―       ―       ―       ―       ―
      営業活動による
                                              △ 418,734
                 (千円)          ―       ―       ―               ―
      キャッシュ・フロー
      投資活動による
                                              △ 43,055
                 (千円)          ―       ―       ―               ―
      キャッシュ・フロー
      財務活動による
                                               259,502
                 (千円)          ―       ―       ―               ―
      キャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物
                                               701,103
                 (千円)          ―       ―       ―               ―
      の期末残高
                                                 34
      従業員数            (名)          ―       ―       ―               ―
      (外、平均臨時雇用者数)                     ( ―)      ( ―)      ( ―)       ( 7 )      ( ―)
      (注)   1 第34期は連結財務諸表を作成しているため、それ以前については記載しておりません。
        2 第35期より連結財務諸表を作成しておりませんので、第35期の連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移
          については記載しておりません。
        3 売上高には消費税等は含まれておりません。
        4   第34期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益につきましては、潜在株式は存在するものの、1株当たり当
          期純損失であるため記載しておりません。
        5 第34期の株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失となるため記載しておりません。
                                  2/66







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
            回次           第31期       第32期       第33期       第34期       第35期

           決算年月           平成26年9月       平成27年9月       平成28年9月       平成29年9月       平成30年9月
                       1,480,892       1,239,215       1,482,611       1,385,518       1,653,504
      売上高            (千円)
      経常利益又は
                         5,705     △ 148,244        17,954      △ 106,140        16,527
                 (千円)
      経常損失(△)
      当期純利益又は
                         14,741      △ 170,927        10,760      △ 120,714         8,395
                 (千円)
      当期純損失(△)
      持分法を適用した
                                                     △ 103,790
                 (千円)          ―       ―       ―       ―
      場合の投資損失(△)
                        949,601      1,053,492       1,240,637       1,293,816       1,700,536
      資本金            (千円)
                       3,521,100       3,951,100       4,721,100       5,021,100       6,681,100
      発行済株式総数            (株)
                        429,129       468,532       851,203       838,548      1,659,311
      純資産額            (千円)
                        929,118      1,280,710       1,490,995       1,386,562       2,195,546
      総資産額            (千円)
                         124.51       120.25       183.19       169.18       251.06
      1株当たり純資産額            (円)
      1株当たり配当額            (円)          ―       ―       ―       ―       ―
      (内1株当たり
                          ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)
      中間配当額)
      1株当たり当期純利益
                          4.28      △ 47.57        2.46      △ 25.25        1.44
      又は1株当たり当期純            (円)
      損失(△)
      潜在株式調整後1株
                  (円)          ―       ―       ―       ―       ―
      当たり当期純利益
                          46.2       36.4       57.1       60.4       75.5
      自己資本比率            (%)
                          3.5      △ 38.2        1.6      △ 14.3        0.7
      自己資本利益率            (%)
                         111.9              133.69               495.33
      株価収益率            (倍)                 ―               ―
      配当性向            (%)          ―       ―       ―       ―       ―
      営業活動による
                        155,642       △ 18,315       122,739               27,648
                 (千円)                                 ―
      キャッシュ・フロー
      投資活動による
                         60,271      △ 81,271      △ 23,675             △ 261,269
                 (千円)                                 ―
      キャッシュ・フロー
      財務活動による
                        △ 49,244       433,972       179,742               733,945
                 (千円)                                 ―
      キャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物
                        290,198       624,583       903,390               867,439
                 (千円)                                 ―
      の期末残高
                           38       36       34       31       34
      従業員数            (名)
      (外、平均臨時雇用者数)                     ( 5 )      ( 5 )      ( ▶ )      ( 7 )      ( ▶ )
      (注)   1 売上高には消費税等は含まれておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第31期及び第33期は潜在株式が存在しないため、第32期
          及び第34期は潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失であるため、第35期は希薄化効果を有して
          いる潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3 第32期及び第34期の株価収益率については、当期純損失となるため記載しておりません。
        4 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
        5 第33期以前の持分法を適用した場合の投資損失については、関連会社がないため記載しておりません。
        6 平成26年4月1日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。第31期の期首に当該
          株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失を
          算定しております。
        7 第34期は連結財務諸表を作成しているため、第34期の持分法を適用した場合の投資損失、営業活動による
          キャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フロー及び現金及
          び現金同等物の期末残高は記載しておりません。
                                  3/66





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
      昭和59年4月         株式会社イメージ         アンド    メジャーメントを設立 資本金5,000千円
              (東京都渋谷区代々木二丁目23番1号)
              画像処理関連機器及び電子計測機器の輸入販売開始
      昭和62年3月         本社を東京都新宿区西新宿七丁目18番10号に移転
      平成元年5月         加国MacDonald,Dettwiler            and  Associates      Ltd.と販売総代理店契約を締結し、衛星画像事業に
              進出
      平成4年7月         医療診断画像処理機器の輸入販売を開始し、医療画像事業に進出
      平成6年3月         本社を東京都新宿区西新宿七丁目22番35号に移転
      平成8年11月         米国ボストン近郊に米国現地事務所開設
      平成9年9月         大阪営業所開設(大阪市淀川区)
      平成11年4月         大阪営業所移転(大阪市中央区)
      平成12年7月         商号を株式会社イメージ            ワンに変更
      平成12年8月         本社を東京都新宿区西新宿二丁目7番1号                    新宿第一生命ビル12階に移転
      平成12年9月         大阪証券取引所        ナスダック・ジャパン市場(現JASDAQ市場)に株式上場
      平成13年9月         米国現地事務所閉鎖
      平成14年11月         名古屋営業所開設(名古屋市中区)
      平成14年12月         仏国SPOT     IMAGE   S.A.と合弁会社、東京スポットイマージュ株式会社を設立
      平成17年8月         人工知能付き映像監視・処理機器の輸入販売を開始し、セキュリティ事業に進出
      平成18年10月         大阪営業所並びに名古屋営業所を統合し、西日本営業所開設(名古屋市中村区)
      平成19年7月         「合成開口レーダー画像を用いる地表面変動量計測方法」に関する特許権取得
              (応用地質株式会社と共同特許)
      平成20年9月         「GEOINT(ジオイント)」(衛星画像事業を主とした地理空間情報サービスのシンボル)の商標
              登録
      平成21年3月         株式会社イメージワン           ソリューションズを設立
      平成21年4月         東北営業所開設(仙台市青葉区)
      平成22年5月         情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証取得
      平成22年8月         「水流の測定方法及び装置」に関する特許権取得
      平成22年10月         大阪証券取引所JASDAQ市場、同取引所ヘラクレス市場及び同取引所NEO市場の統合に伴い、同取
              引所JASDAQ(スタンダード)へ上場
      平成23年6月         株式会社イメージワン ソリューションズを吸収合併
              仏国SPOT     IMAGE   S.A.との合弁事業解消
      平成24年2月         大阪営業所開設(大阪市北区)
      平成25年7月         大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダー
              ド)へ上場
      平成26年6月         本社を東京都新宿区新宿六丁目27番30号                   新宿イーストサイドスクエア6階に移転
      平成26年10月         九州営業所開設(福岡市博多区)
      平成28年11月         株式会社EPARK社との合弁会社である株式会社イメージワン                            ゼロット(連結子会社)を設立
      平成30年5月         株式会社イメージワン           ゼロットが株式会社エンパワープレミアムと合併し、関連会社化(存続
              会社:株式会社エンパワープレミアム)
                                  4/66





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
        当社は「ヘルスケアソリューション事業」「GEOソリューション事業」の2つの事業を主たる業務としておりま
       す。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。また、当事業年度より、報告セグメントの名
       称を変更しております。詳細は、「第5                    経理の状況      1  財務諸表等      (1)財務諸表       注記事項(セグメント情報
       等)」をご参照ください。
       ヘルスケアソリューション事業

        当社では、PACS(医療画像保管・配信・表示システム)を中心に、病院内医療画像のネットワーク化、電子保管
       のためのシステム提供、遠隔画像診断支援サービスなどを提供いたしております。
        また、高齢化社会の進行に伴い、需要が高まっている在宅医療・介護福祉分野で、duranta(テレメトリー式心電
       送信機)を提供いたしておりますが、近年増加する脳梗塞の重大発症リスクである不整脈の検査ツールとして大き
       な期待を寄せられ、新たにシステム開発と保険適用認可を得て「クラウド型ウェアラブル心電計」として循環器医
       療分野に展開してまいります。
       GEOソリューション事業

        当社ではPix4Dmapper(UAV衛星画像等の自動オルソモザイク&3D処理ソフトウェア)、携帯型分光放射計(水
       害・土砂災害・火山災害のモニタリング等)、UAV(小型無人航空機)の販売をいたしております。Pix4Dmapperに
       関しては、国内のUAV運用拡大に比例して売上が加速する状況にあります。
        この他に、関連会社の株式会社エンパワープレミアムは自由診療歯科分野中心の予約・検索サイト事業を営んで

       おります。
                                  5/66













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
      (事業系統図)
      以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
     4  【関係会社の状況】









                            資本金又は             議決権の所有

                                   主要な事業
           名称           住所       出資金            (又は被所有)          関係内容
                                    の内容
                             (千円)             割合(%)
     (関連会社)
                                  自由診療歯
                                  科分野中心
     (株)エンパワープレミアム               東京都港区          202,500     の予約・検          39.7   役員の兼務 あり
                                  索サイト事
                                  業
      (注)   有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
                                  6/66








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     5  【従業員の状況】
      (1)  提出会社の状況
                                               平成30年9月30日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               34
                            40.0              8.6            6,406
               (4)
              セグメントの名称                            従業員数(名)

                                                      28
     ヘルスケアソリューション事業
                                                      (2)
                                                       2
     GEOソリューション事業
                                                      (1)
                                                       ▶
     全社(共通)
                                                      (1)
                                                      34
                 合計
                                                      (4)
      (注)   1 従業員数は就業人員であります。
        2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員(人材会社からの派遣社員、契約社員を含む。)の年間平均雇用人員
          であります。
        3 平均年間給与は、基準外賃金及び賞与を含んでおります。
        4 全社(共通)は、管理部門の従業員であります。
      (2)  労働組合の状況

        労働組合はありませんが、労使関係は安定しております。
                                  7/66












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において、当社が判断したものであります。
       (1)経営の基本方針

           当社は、昭和59年の創立以来、社名に表す「イメージ(画像)」に強いこだわりを持ちながら、各々の時
          代において最先端の製品やサービスを社会に提供してまいりました。
           現在の当社の事業は、「ヘルスケアソリューション事業」「GEOソリューション事業」の2つの事業セグメ
          ントで構成され、企業理念である「人の健康、国の安心・安全」分野での支援サービスをより充実させる努
          力を続けることで、明日の社会に応えてまいります。
       (2)目標とする経営指標
           当社におきましては、売上高の継続的な拡大及び営業利益率の向上を目標としております。
       (3)中長期的な経営戦略
           当社を取り巻く環境が刻々と変化していく状況の中、上記ミッションを達成するために、以下の5つを経
          営方針として推進してまいります。
           ①増収増益基調の確立
           ②企業価値の向上
           ③繰越欠損の解消
           ④復配の実現
           ⑤財務基盤の強化
           医療・環境を成長産業と位置付ける政府方針、並びに世界的な環境への意識の高まりを当社の好機と捉
          え、事業領域拡大に積極的に取り組んでまいります。
           ヘルスケアソリューション事業におきましては、医療画像処理をコア技術とした病院業務のIT化と質の向
          上に貢献する総合医療情報分野への進出、拠点医療機関との連携による医療画像サービス事業の創出を目指
          した製品ラインアップの強化、遠隔画像診断支援サービスの提供、在宅医療分野への事業展開、及び医療画
          像保管サービス等の事業拡大を展開してまいります。
           また、医療画像分野に限定することなく、当社の技術・営業資産を活用できる新しい医療分野のIT事業へ
          の展開についても取り組んでまいります。
           GEOソリューション事業におきましては、UAV(小型無人飛行機)、FieldSpec(携帯型分光放射計)、
          Pix4Dmapper(UAV撮影画像等の自動オルソモザイク&3D処理ソフトウェア)の販売拡大を目指します。
       (4)経営環境
           当社を取り巻く事業環境といたしましては、主要分野であるヘルスケア領域において、政府の成長戦略が
          掲げる新しい社会「Society5.0」の実現に向けた戦略分野の筆頭に「健康・医療・介護」が掲げられ、ICTを
          活用した医療サービス具体化への期待が高まってきております。
           GEOソリューション事業分野において、国土交通省は、土木測量分野等の生産性を飛躍的に高める目的で
          「i-Construction」を推進し、やはりICTが戦略の中心に置かれておりますが、とくにUAV(小型無人航空
          機)に大きな役割を担わせる戦略となっております。
       (5)対処すべき課題
           ①  安定利益確保の体制構築
           ②  キャッシュ・フロー経営の徹底と財務体質の強化
           ③  拡大する在宅医療・介護福祉分野における新規事業の収益化
                                  8/66





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     2  【事業等のリスク】
       当社の事業展開、経営成績、財務状況等に影響を及ぼす可能性のある主なリスクを以下に記載しております。な
      お、文中における将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものです。
      (1)  経営成績の変動について

        当社は、市場動向を予測し経営計画を立てておりますが、想定を超える国及び地方自治体の予算縮小に伴う発注
       の抑制や、景況の変化に伴う民間企業や医療機関の設備投資削減があった場合、当社の経営成績に影響を与える可
       能性があります。
      (2)  業界動向及び競合等について

        当社の主要事業であるヘルスケアソリューション事業は、情報技術の影響を強く受ける分野であるため、当社の
       想定を超える新技術の開発、新方式の採用、新製品の出現、もしくは競合会社の台頭等により、当社取扱商品の陳
       腐化や市場価値の低下を招き、当社の経営成績に影響を与える可能性があります。
      (3)  製品に関するクレームについて

        当社が開発・販売を行うソフトウェア、システム及びプロダクト製品については、欠陥等の不具合を回避し、早
       期発見するための管理体制をとっております。しかしながら、万が一不具合などの問題を回避できずユーザー等に
       損害を与えた場合は、損害賠償請求等の解決にあたり多大な費用と時間を要し、当社の信用や業績に影響を及ぼす
       可能性があります。
      (4)  情報管理に関するリスクについて

        当社は販売、導入及び保守業務等の事業活動において、お客様の機密情報に触れる機会や、お客様が保有する個
       人情報を一時的にお預かりすることがあります。当社は、平成22年にISO/IEC27001の情報セキュリティマネジメン
       トシステム(ISMS)の認証を取得し、情報管理体制の維持向上を継続的、組織的に進めております。しかしなが
       ら、コンピューターウィルスの侵入や従業員の過誤等による重要データの漏洩やコンピュータープログラムの不正
       改ざん、もしくはシステム・ネットワーク障害や自然災害によるサービス提供の中断等が発生した場合には、損害
       賠償請求により、当社の信用や事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (5)  診療報酬の改定について

        当社のヘルスケアソリューション事業においては、政府方針により2年に1度行われる診療報酬改定の際に診療
       報酬が引き下げられた場合には、医療機関の収益を圧迫し、投資意欲を低下させることにより、当事業やその業績
       に影響を及ぼす可能性があります。
      (6)  特許権などの知的財産権の侵害について

        当社は自社製品及びその技術に関する知的財産権の重要性を認識し、その保護を図る方針です。また、他者の知
       的財産権を侵害しないよう十分に注意を払っておりますが、万が一他者の知的財産権を侵害したと認定され、損害
       賠償を求められた場合には、法的紛争解決に多大な費用を要する可能性があり、当社の信用や事業及び業績に影響
       を及ぼす可能性があります。
                                  9/66






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (経営成績等の状況の概要)
       当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の
      概要は次のとおりであります。
      (1)  財政状態及び経営成績の状況
        当事業年度におけるわが国経済は、底堅い企業収益や雇用環境の改善等を背景に、緩やかに回復基調で推移し、
       今後も安定的に推移していく事が期待される一方で、海外経済では緩やかな回復の動きが見られるものの、政治・
       経済情勢の不確実性や金融変動の影響など、引き続き懸念される状況が続いております。
        当社を取り巻く事業環境といたしましては、主要分野であるヘルスケア領域において、政府の成長戦略が掲げる
       新しい社会「Society5.0」の実現に向けた戦略分野の筆頭に「健康・医療・介護」が掲げられ、ICTを活用した医療
       サービス具体化への期待が高まってきております。
        また、GEOソリューション事業分野において、国土交通省は、土木測量分野等の生産性を飛躍的に高める目的で
       「i-Construction」を推進し、やはりICTが戦略の中心に置かれておりますが、とくにUAV(小型無人航空機)に大
       きな役割を担わせる戦略となっております。
        このような環境下で、当社の主力事業である「ヘルスケアソリューション事業」セグメントは、前年度期初より
       注力してきた営業強化策の成果が、今年度を通して、着実に結実する進捗となり、とくにPACS(医療画像保管・配
       信・表示システム)、ConnectioRIS(放射線部門情報システム)等「医療画像システム製品」の収益は前年度より
       大きく改善するとともに、今後もさらに積極展開を見通せる状況にあると考えております。
        また、新規事業分野である「duranta(テレメトリー式心電送信機)」事業は、大手サービス企業が展開を加速し
       始めた在宅高齢者向けサービスに採用されるなど、今後の市場拡大に比例した事業展開を見込める進捗となってお
       ります。
        これらの結果、当事業年度における当社業績は、売上高1,653百万円(前年同期比19.3%増)、営業利益40百万円
       (前年同期は85百万円の損失)、経常利益16百万円(同106百万円の損失)、当期純利益8百万円(同120百万円の
       損失)となりました。
        セグメント別の概況は以下のとおりです。

        ヘルスケアソリューション事業

        ヘルスケアソリューション事業の当事業年度業績は、売上高1,539百万円(前年同期比20.7%増)、営業利益220
       百万円(同164.3%増)となりました。
        特に当社PACS製品におきましては、前年度より取り組んできた営業強化策により、VNA(Vender                                                Neutral
       Archive)としての製品価値が市場で認知されつつあり、モダリティメーカーや医療情報システムメーカーとの協
       業を通した成果が着実に出始めたことで売上が伸張し、同時に取り組んできたシステム導入工程の効率化の効果も
       合わせ、大幅な収益改善が進みました。
        また在宅医療・介護福祉分野の新規事業として出発した「duranta(テレメトリー式心電送信機)」事業は、
       「不整脈検査用ウェアラブル心電計」としての事業領域拡大を展望し、不整脈の解析ソフトを組み込んだ開発を進
       め、平成30年1月より出荷を開始しました。在宅医療・介護福祉分野から循環器医療分野へと展開領域が拡大した
       ことで、昨年実績を上回る進捗で推移しております。
        GEOソリューション事業

        GEOソリューション事業の当事業年度業績は、売上高114百万円(前年同期比3.4%増)、営業利益9百万円(同
       57.5%減)となりました。
        Pix4Dmapper(UAV撮影画像等の自動オルソモザイク&3D処理ソフトウェア)は、国内のUAV運用の増加を背景に
       販売量は着実に前期より成長加速しておりますが、他社製品に対する国内シェアを拡大する目的で販売価格の戦略
       的下方改定を行ったことと、今年度を通して中期的な販売増を目指した契約代理店網の組成に注力したことなどに
       より、前年同期に比較し販売管理費用が先行することで営業利益率が低下する状況となっております。
                                 10/66



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
      (2)  キャッシュ・フローの状況
        当事業年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、867百万円となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        当事業年度において、営業活動の結果獲得した資金は27百万円となりました。これは、税引前当期純利益の計上
       16百万円、減価償却費の計上45百万円、売上債権の増加88百万円、仕入債務の増加39百万円等があったことによる
       ものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当事業年度において、投資活動の結果使用した資金は261百万円となりました。これは、無形固定資産の取得によ
       る支出47百万円、関係会社株式の取得による支出195百万円等があったことによるものです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当事業年度において、財務活動の結果獲得した資金は733百万円となりました。これは、長期借入金の返済による
       支出56百万円、新株予約権の行使による株式の発行による収入803百万円等があったことによるものです。
        なお、前事業年度(平成28年10月1日から平成29年9月30日)は連結財務諸表を作成しており、キャッシュ・フ

       ロー計算書を作成していないため、キャッシュ・フロー計算書に係わる比較情報は記載しておりません。
                                 11/66














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     (仕入、受注及び販売の状況)
       当社は、平成29年9月期は連結業績を開示しておりましたが、当事業年度より非連結での業績を開示しておりま
      す。そのため前年同期との比較は行なっておりません。
      (1)  仕入実績
       当事業年度における仕入実績をセグメントごとに示すと次のとおりであります。
              セグメントの名称                     仕入高(千円)             前年同期比(%)

     ヘルスケアソリューション事業                                  947,117                 ―
     GEOソリューション事業                                   72,516                ―
                 合計                     1,019,633                  ―
      (注)   1   金額は実際仕入額によっております。
        2   金額には、消費税等は含まれておりません。
        3   当社はシステム        インテグレータであり、生産設備を保有していないため、生産実績等の記載は行って
          おりません。
        4 セグメント間取引については、相殺消去しております。
      (2)  受注実績

       当事業年度における受注実績をセグメントごとに示すと次のとおりであります。
         セグメントの名称              受注高(千円)        前年同期比(%)         受注残高(千円)         前年同期比(%)

     ヘルスケアソリューション事業                    1,706,683             ―      311,181            ―
     GEOソリューション事業                     114,791            ―       3,355           ―
             合計             1,821,475             ―      314,536            ―
      (注)   1 金額には、消費税等は含まれておりません。
        2 セグメント間取引については、相殺消去しております。
      (3)  販売実績

       当事業年度における販売実績をセグメントごとに示すと次のとおりであります。
              セグメントの名称                     販売高(千円)             前年同期比(%)

     ヘルスケアソリューション事業                                 1,539,068                  ―
     GEOソリューション事業                                  114,435                 ―
                 合計                     1,653,504                  ―
      (注)   1   金額には、消費税等は含まれておりません。
        2 セグメント間取引については、相殺消去しております。
        3   主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
                              当事業年度

                相手先
                         販売高(千円)          割合(%)
           東京医療化学株式会社                 392,288          23.7
                                 12/66






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     (経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)
      (1)  重要な会計方針及び見積り
        当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。こ
       の財務諸表の作成に当たっては、決算日における財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を与え
       るような経営者の見積り及び予測を必要としております。当社は、過去の実績値や状況を踏まえ合理的と判断され
       る前提に基づき、見積り及び予測を行っております。
      (2)  当事業年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容 

      ・経営成績の分析
        経営成績の分析については、第2[事業の状況]3[経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
       の状況の分析](経営成績等の状況の概要)(1)財政状態及び経営成績の状況の項目をご参照ください。
      ・経営指標の分析
        経営指標の分析について、当社では売上高と営業利益を重要な経営指標としております。当事業年度業績は、売
       上高1,653百万円(前年同期比19.3%増)、営業利益40百万円(前年同期は85百万円の損失)となりました。売上高
       は前期と比較して、ヘルスケアソリューション事業のモダリティメーカーや医療情報システムメーカーとの協業を
       通した成果が着実に出始めたことで改善しており、営業利益に関しても前期と比較して、ヘルスケアソリューショ
       ン事業のシステム導入工程が効率化されたことで改善しております。
      ・財政状態の分析
       (資産)
        当事業年度末における流動資産は、1,643百万円(前事業年度末比57.5%増)となりました。これは、現金及び預金
       が501百万円、売掛金が87百万円増加したこと等によります。
        固定資産は、552百万円(同61.0%増)となりました。これは、関係会社株式が195百万円増加したこと等によりま
       す。
        この結果、当事業年度末における総資産は、2,195百万円(同58.3%増)となりました。
       (負債)
        当事業年度末における流動負債は、403百万円(前事業年度末比8.3%増)となりました。これは、買掛金が39百万
       円増加したこと等によります。
        固定負債は、132百万円(同24.4%減)となりました。これは、長期借入金が34百万円減少したこと等によります。
        この結果、当事業年度末における負債合計は、536百万円(同2.1%減)となりました。
       (純資産)
        当事業年度末における純資産合計は、1,659百万円(前事業年度末比97.9%増)となりました。これは、資本金が
       406百万円、資本準備金が406百万円、繰越利益剰余金が8百万円増加したこと等によります。
      ・資本の財源及び資金の流動性の分析
        キャッシュ・フローの状況については、第2[事業の状況]3[経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
       シュ・フローの状況の分析](経営成績等の状況の概要)(2)キャッシュ・フローの状況の項目をご参照ください。
        (参考)    キャッシュ・フロー関連指標の推移
                            平成28年9月期         平成29年9月期         平成30年9月期

     自己資本比率(%)                             57.1         52.1         75.5

     時価ベースの自己資本比率(%)                            102.5         125.2         214.8

     キャッシュ・フロー対有利子負債比率(%)                            230.2           -        624.6

     インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)                             24.5          -         8.7

      (注)1     各指標の算出は以下の算式を使用しております。
            自己資本比率:自己資本/総資産
            時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
            キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/キャッシュ・フロー
            インタレスト・カバレッジ・レシオ:キャッシュ・フロー/利払い
         2  平成29年9月期の指標につきましては、連結ベースの財務数値により、平成28年9月期及び平成30年9月期
          につきましては、それぞれ単体ベースの財務数値により算出しております。
         3  株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式数(自己株式控除後)で計算しております。
                                 13/66


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
         4  キャッシュ・フローは、営業キャッシュ・フローを利用しております。
         5  有利子負債は、(連結)貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債を対象とし
          ております。
         6  利払いについては、(連結)キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使用しております。
         7  平成29年9月期のキャッシュ・フロー対有利子負債比率及びインタレスト・カバレッジ・レシオは、営業
          キャッシュ・フローがマイナスのため記載しておりません。
      ・セグメント別の状況
        セグメント別の状況については、第2[事業の状況]3[経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
       ローの状況の分析](経営成績等の状況の概要)(1)財政状態及び経営成績の状況の項目をご参照ください。
                                 14/66


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     4  【経営上の重要な契約等】
      (輸入代理店契約)
                  契約先                   契約年月日             契約内容
                                             DICOMに準拠した医療画像保

     EBM  Technologies,Inc. (台湾)
                                    平成13年7月1日          管・配信・表示システム
                                             (PACS)の国内独占代理店契約
                                             フィールド携帯型分光放射計
     ASD  Inc.(米国)
                                    平成8年1月15日
                                             の独占代理店契約
                                             UAV(小型無人飛行機)の販売
     microdrones      GmbH(独国)                        平成24年8月3日
                                             代理店契約
                                             UAV撮影画像処理ソフトウェア
     Pix4D   SA(瑞西)
                                    平成24年11月20日          の販売代理店、ライセンス契
                                             約
      (資本業務提携契約)

                  契約先                   契約年月日             契約内容
                                             国内PACS市場での競争力確保

     EBM  Technologies,Inc. (台湾)
                                    平成27年5月12日
                                             を主目的とした資本業務提携
      (子会社の合併)

       当事業年度において、当社の連結子会社であった株式会社イメージワン                                  ゼロットは、自由診療医科分野の予約・検
      索サイトの事業加速と事業規模の拡大を目指すため、インプラントや矯正などの歯科分野における自由診療歯科分野
      を中心とした医療、美容、健康、リラクゼーション等に係る予約・検索サイト事業を展開してきた株式会社エンパ
      ワープレミアムと、吸収合併契約(株式会社エンパワープレミアムを存続会社とする吸収合併。)を、平成30年4月
      25日の取締役会決議を経て同日締結いたしました。
       合併会社(存続会社)の概要(平成30年9月30日現在)は、以下のとおりであります。

     (1)    名称                   株式会社エンパワープレミアム
     (2)    所在地                   東京都港区芝公園二丁目4番1号
                             代表取締役       串戸    一浩
     (3)    代表者の役職・氏名
                             自由診療医科歯科分野を中心とする医療、美容、健康、リラクゼ
     (4)    事業内容
                             ーションに係る予約・検索サイト事業
     (5)    資本金                   202,500,000円
     (6)    設立年月日                   平成28年1月12日
     (7)    決算期                   3月31日
                             株式会社イメージワン                                               39.7%
                             株式会社光通信                                                     19.9%
     (8)    出資比率
                             RIZAPグループ株式会社                                              19.9%
                             株式会社EPARK                                                      19.5%
                             エンドポイントアーマージャパン株式会社                               1.0%
     5  【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                 15/66





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     第3 【設備の状況】

     1 【設備投資等の概要】

       当事業年度に実施した設備投資の総額は58百万円で、主な内訳は、ヘルスケアソリューション事業の販売目的ソフ
      トウェアの開発等34百万円であります。
     2  【主要な設備の状況】

       平成30年9月30日現在における主要な設備、投下資本並びに従業員の配置状況は次のとおりであります。
                                         帳簿価額(千円)

                                                         従業
         事業所等名          セグメント
                           設備の内容                              員数
         (所在地)           の名称
                                       工具、器具
                                                         (名)
                                   建物          リース資産       合計
                                       及び備品
     本社
                  全セグメント        統括業務施設         13,394      20,520       910    34,824      25
     (東京都新宿区)
                  ヘルスケアソ
     名古屋営業所
                  リューション        販売業務施設           0     748       ―     748     3
     (愛知県名古屋市中村区)
                  事業
                  ヘルスケアソ
     東北営業所
                  リューション        販売業務施設           ―     331       ―     331     ▶
     (宮城県仙台市青葉区)
                  事業
                  ヘルスケアソ
     大阪営業所
                  リューション        販売業務施設           ―     66      ―     66     2
     (大阪府大阪市北区)
                  事業
                  ヘルスケアソ
     九州営業所
                  リューション        販売業務施設          439      598       ―    1,037      0
     (福岡県福岡市博多区)
                  事業
      (注)    上記事業所等は全て賃借しており、その賃借料は年間45,975千円であります。
     3  【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  重要な設備の新設等
        設備の重要な新設等の計画はありません。
      (2)  重要な設備の除却等

        設備の重要な除却等の計画はありません。
                                 16/66









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    14,000,000

                 計                                   14,000,000

       ②  【発行済株式】

             事業年度末現在           提出日現在

                                上場金融商品取引所名又は
       種類       発行数(株)          発行数(株)        登録認可金融商品取引業協                  内容
                                     会名
            (平成30年9月30日)          (平成30年12月21日)
                                東京証券取引所

                                             単元株式数は100株であり
      普通株式          6,681,100          6,681,100
                                             ます。
                                JASDAQ(スタンダード)
        計         6,681,100          6,681,100            ―             ―

                                 17/66













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【新株予約権等の状況】
       ①  【ストックオプション制度の内容】
        第6回新株予約権
                            平成28年10月24日決議
                  (付与対象者の区分及び人数:当社取締役4名・当社従業員17名)
                                 事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                (平成30年9月30日)               (平成30年11月30日)
                                  900  (注)1
       新株予約権の数(個)                                            同左
       新株予約権の目的となる株式の種類、内容及
                               普通株式     90,000    (注)1
                                                   同左
       び数(株)
                                  353  (注)2
       新株予約権の行使時の払込金額(円)                                            同左
                                平成32年1月1日から
       新株予約権の行使期間                                            同左
                                平成34年11月17日まで
       新株予約権の行使により株式を発行する場合                         発行価格  360
                                                   同左
       の株式の発行価格及び資本組入額(円)                         資本組入額 180
                              1.新株予約権者は、平成31
                                年9月期又は平成32年9
                                月期のいずれかの期にお
                                いて、当社の有価証券報
                                告書に記載される損益計
                                算書(連結財務諸表を作
                                成した場合は、連結損益
                                計算書)における営業利
                                益が200百万円を超過した
                                場合に、本新株予約権を
                                行使することができま
                                す。なお、会計基準の変
                                更により参照すべき営業
                                利益の概念に重要な変更
                                があった場合には、当社
                                は合理的な範囲におい
                                                    同左
       新株予約権の行使の条件
                                て、別途参照すべき適正
                                な指標を取締役会にて定
                                めるものとします。
                              2.新株予約権者は、権利行
                                使時においても、当社又は
                                当社関係会社の取締役、監
                                査役又は従業員の地位にあ
                                ることを要します。ただ
                                し、任期満了による退任、
                                定年退職の場合、並びにそ
                                の他正当な理由があると取
                                締役会が認めた場合は、こ
                                の限りではありません。
                              3.新株予約権者の相続人に
                                よる本新株予約権の行使は
                                認められません。
                              本新株予約権の譲渡について
                                                    同左
       新株予約権の譲渡に関する事項                       は、当社取締役会の承認を要
                              します。
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                                    同左
                                   (注)3
       関する事項
       (注)   1.本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、付与株式数という。)は、100株となります。
            なお、付与株式数は、新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含
            む。以下同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとします。ただし、かかる
            調整は、本新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的となる株式数につい
            てのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数はこれを切り捨てるものとします。
             調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
            また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これら
            の場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数を調整するものと
            します。
          2.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又は算定方法
            本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株当たりの払込金額(以下、「行使価額」と
            いう。)に付与株式数を乗じて得た金額とします。
            なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を
            調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                 18/66


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
                                        1
             調整後行使価額         =  調整前行使価額         ×
                                  分割(又は併合)の比率
            また、本新株予約権の割当日後、時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次
            の算式により行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                        新株発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                               既発行株式数       +
                                           新規発行前の1株当たり時価
             調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数       +  新株発行株式数
          3.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移
            転(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生
            日に新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる
            株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付するこ
            ととします。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、
            新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限
            るものとします。
           (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付します。
           (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式
           (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案の上、上記1.に準じて決定します。
           (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上、
             上記2.で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(3)に従って決定される当
             該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とします。
           (5)  新株予約権を行使することができる期間
             上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか
             遅い日から、上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとします。
           (6)  譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要します。
       ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
       ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
        なお、平成30年4月25日開催の取締役会決議により発行した第7回新株予約権は、当事業年度の末日において、
       すべての行使が完了しております。
                                 19/66








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                   (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成26年4月1日
                  3,485,889       3,521,100           ―    949,601          ―    92,599
     (注)   1
     平成27年5月28日
                   400,000      3,921,100         96,600      1,046,201         96,600       189,199
     (注)   2
     平成27年6月16日
                    30,000      3,951,100         7,291     1,053,492         7,291      196,490
     (注)   3
     平成27年10月1日~
     平成28年9月30日              770,000      4,721,100        187,144      1,240,637        187,144       383,635
     (注)   3
     平成28年10月1日~
     平成29年9月30日              300,000      5,021,100         53,179      1,293,816         53,179       436,814
     (注)   3
     平成29年10月1日~
     平成30年9月30日             1,660,000       6,681,100        406,719      1,700,536        406,719       843,534
     (注)   3
      (注)   1  平成26年4月1日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。
        2  有償第三者割当増資           発行価格483円         資本組入額241.5円
          割当先     EBM  Technologies,Inc.
        3  新株予約権の権利行使による増加
      (5)  【所有者別状況】

                                               平成30年9月30日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
       区分                            外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      法人               その他
             団体
                                個人以外      個人
     株主数
               ―     2     18     31     16      7   3,504     3,578        ―
     (人)
     所有株式数
               ―   2,870     5,632     22,457      2,001       54   33,782     66,796      1,500
     (単元)
     所有株式数
               ―    4.30     8.43     33.62      3.00     0.08     50.57     100.00        ―
     の割合(%)
      (注)   1 自己株式74,500株は、「個人その他」に745単元含まれております。
        2 上記「その他の法人」には、証券保管振替機構名義の株式が3単元含まれております。
                                 20/66







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                               平成30年9月30日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                              所有株式数
           氏名又は名称                     住  所                    総数に対する所
                                               (株)
                                                    有株式数の割合
                                                       (%)
                                                865,900         13.11
     株式会社タイズコーポレーション                   東京都港区新橋3丁目9番9号7階
     株式会社ジェンス                   大阪府大阪市住吉区千躰2丁目4番15号                       307,800         4.66

     株式会社JJE HD                                          289,900         4.39

                         大阪府寝屋川市寿町36番11号
                                                245,500         3.72

     株式会社コムシス                   大阪府大阪市中央区道頓堀2丁目2番20号
                                                229,400         3.47

     日本証券金融株式会社                   東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番10号
                                                209,000         3.16

     小田  信光                   兵庫県尼崎市
     新山    洋史                大阪府豊中市                       201,000         3.04

                         大阪府大阪市中央区淡路町2丁目6番11号
                                                168,800         2.56
     株式会社ユニ・ロット
                         淡路町パークビル4階
                                                151,700         2.30
     楽天証券株式会社                   東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
     宇野    辰雄                                       149,000         2.26

                         東京都北区
                                               2,818,000          42.65

              計                    -
      (注)1    上記のほか、自己株式が74,500株(発行済株式総数に対する所有株式数の割合1.12%)があります。
        2  前事業年度末において主要株主でなかった株式会社タイズコーポレーションは、当事業年度末現在では主要株
         主になっております。
      (7)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】
                                               平成30年9月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                     普通株式          ―              ―
                           74,500
                          普通株式
     完全議決権株式(その他)                               66,051             ―
                         6,605,100
                          普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                           1,500
     発行済株式総数                    6,681,100          ―              ―
     総株主の議決権                     ―           66,051             ―

      (注) 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が300株含まれております。また、「議
         決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数3個が含まれております。
                                 21/66




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       ②  【自己株式等】
                                               平成30年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
       (自己保有株式)
                  東京都新宿区新宿六丁目27
                                  74,500       ─       74,500        1.12
      株式会社イメージ         ワン    番30号
           計              ―          74,500       ─       74,500        1.12

                                 22/66


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     2  【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】                    普通株式
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
      (2) 【取締役会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

         該当事項はありません。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                   (円)                  (円)
     引き受ける者の募集を行った
                              ―         ―         ―         ―
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                              ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他(  ─  )                         ―         ―         ―         ―
     保有自己株式数                      74,500            ―       74,500            ―

      (注)    当期間における保有自己株式数には、平成30年12月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         りによる株式数は含めておりません。
                                 23/66











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     3 【配当政策】
       当社は、株主の皆様への長期安定的な配当を維持しながら適正な利益分配に努めることを経営の最重要課題の一つ
      と位置づけております。復配の早期実現に向け、一層の事業収益力の強化及び財務体質改善等の経営基盤の強化を
      図ってまいります。
       当社は、年1回の期末配当を行うことを基本方針としており、その剰余金の配当の決定機関は、株主総会でありま
      す。
       また「取締役会の決議によって、毎年3月31日を基準日として中間配当をすることができる。」旨を定款に定めて
      おります。
     4  【株価の推移】

      (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第31期         第32期         第33期         第34期         第35期

       決算年月        平成26年9月         平成27年9月         平成28年9月         平成29年9月         平成30年9月

                   82,000
       最高(円)                      685         888         473         875
                   □725
                   29,900
       最低(円)                      249         269         313         375
                   □251
      (注)   1 最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
        2 □印は、株式分割(平成26年4月1日付、1株→100株)による権利落後の最高・最低株価を示しておりま
          す。
      (2)  【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成30年4月          5月       6月       7月       8月       9月

       最高(円)            875       810       787       765       674       755

       最低(円)            561       614       645       612       552       621

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                 24/66










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性7名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                  平成30年12月21日現在
                                                         所有
      役名     職名      氏名      生年月日                 略歴              任期   株式数
                                                         (株)
                              平成元年4月      丸紅エレクトロニクス株式会社
                                    (現丸紅情報システムズ株式会社)入社
                              平成5年4月      当社入社
     代表取締役
               髙 田 康 廣      昭和42年2月2日生                                (注)2    9,300
           ─
                              平成16年10月      当社医療画像システム部長
      社長
                              平成20年12月      当社取締役医療画像システム事業部長
                              平成21年6月      当社代表取締役社長(現任)
                              昭和56年5月      国際航業株式会社入社
                              平成14年4月      同社執行役員管理本部人事部長
                              平成18年4月      同社執行役員経営本部長
                              平成20年6月      国際航業ホールディングス株式会社
      取締役    管理部長     鵜 飼 良 一      昭和30年10月8日生                                (注)2    1,900
                                    監査役
                              平成22年3月      株式会社アスナル・コーポレーション
                                    代表取締役社長
                              平成22年12月      当社監査役
                              平成26年12月      当社取締役管理部長(現任)
                              平成4年4月      丸紅エレクトロニクス株式会社
                                    (現丸紅情報システムズ株式会社)入社
                              平成11年6月      当社入社
                              平成23年2月      当社医療画像システム事業部長
                              平成25年11月      当社東京営業本部長
                              平成26年12月      当社取締役東京営業本部長
               板   谷   元   照
      取締役      ―         昭和44年1月1日生                                (注)2    1,700
                              平成28年11月      当社取締役東京営業部長
                                    株式会社イメージワン         ゼロット(現株式
                                    会社エンパワープレミアム)代表取締役社
                                    長
                              平成29年10月      当社取締役(現任)
                              平成30年5月      株式会社エンパワープレミアム取締役会長
                                    (現任)
                              平成元年4月      米常商事株式会社入社
                              平成2年10月      株式会社安藤薬業公司
                                    (現株式会社スズケン)入社
                              平成6年2月      有限会社平尾商会入社
                              平成12年11月      当社入社
          ヘルスケア
                              平成20年12月      当社医療画像システム事業部
               下 休 場 勝 司
      取締役               昭和41年4月22日生                                (注)2     900
          事業部長
                                    西日本営業所長
                              平成25年11月      当社西日本営業部長
                              平成26年12月      当社取締役西日本営業部長
                              平成27年10月      当社取締役技術部長
                              平成29年4月      当社取締役ヘルスケア事業部長(現任)
                              昭和50年4月      株式会社大和銀行(現株式会社りそな銀
                                    行)入行
                              平成15年3月      株式会社りそな銀行システム部(東京)部
                                    長
      取締役
                              平成16年4月
                                    株式会社DACS専務執行役員東京支店長
     (監査等委
               諸      我      徹
                     昭和28年3月15日生                                (注)3      ―
           ─
      員)
                              平成20年7月      同社取締役業務管理室長(内部監査)
                              平成22年4月      同社常務執行役員運用本部長
                              平成26年12月      当社監査役
                              平成29年12月      当社取締役(監査等委員)(現任)
                              昭和60年10月      監査法人朝日新和会計社
                                    (現有限責任     あずさ監査法人)入所
                              平成3年9月      林公認会計士事務所開業
                              平成5年5月      税理士登録
      取締役
                              平成10年3月      社会福祉法人フロンティア豊島
               林     敦      昭和36年5月17日生                                (注)3      ―
     (監査等委
           ─
                                    (現社会福祉法人フロンティア)監事
      員)
                              平成19年9月
                                    税理士法人すずらん代表社員(現任)
                              平成22年12月      当社監査役
                              平成29年12月      当社取締役(監査等委員)(現任)
                              昭和58年4月      弁護士登録
                              昭和58年4月      飯畑正男法律事務所入所
      取締役
               小 髙 正 嗣      昭和16年10月3日生        昭和59年4月      小髙法律事務所開設                 (注)3      ―
     (監査等委
            ―
      員)
                              平成24年12月      当社監査役
                              平成29年12月      当社取締役(監査等委員)(現任)
                             計                            13,800
      (注)   1 取締役諸我徹、林敦、小髙正嗣は社外取締役であります。
        2 平成29年9月期に係る定時株主総会終結の時から平成30年9月期に係る定時株主総会の時までであります。
                                 25/66


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
        3 平成29年9月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年9月期に係る定時株主総会の時までであります。
        4 監査等委員会の体制は、次のとおりであります。
          委員長 諸我徹 委員 林敦 委員 小髙正嗣
        5 当社は、法令に定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項
          に定める補欠監査等委員である取締役1名を選任しております。補欠監査等委員である取締役の略歴は次の
          とおりであります。
                                                所有株式数
              氏名         生年月日               略歴
                                                 (株)
                                     弁護士登録
                               平成15年10月
                                     さくら共同法律事務所入所
                               平成22年4月      さくら共同法律事務所
            髙 野 裕 之          昭和50年8月24日                             ―
                                     パートナー弁護士(現任)
                               平成23年9月      ベル少額短期保険株式会
                                     社 社外取締役(現任)
        6 平成30年12月26日開催予定の定時株主総会の議案(決議事項)として、「取締役(監査等委員である取締役
          を除く。)4名選任の件」(会社提案)、「取締役(監査等委員である取締役を除く。)6名選任の件」
          (株主提案)及び「監査等委員である取締役1名選任の件」(株主提案)を提案しており、会社提案の議案
          が承認可決され、株主提案の議案が否決されますと、当社の役員の状況は、以下のとおりとなる予定であり
          ます。
     男性7名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)

                                                         所有
      役名     職名      氏名      生年月日                 略歴              任期   株式数
                                                         (株)
                              平成元年4月      丸紅エレクトロニクス株式会社
                                    (現丸紅情報システムズ株式会社)入社
                              平成5年4月      当社入社
     代表取締役
               髙 田 康 廣      昭和42年2月2日生                                (注)2    9,300
           ─
                              平成16年10月      当社医療画像システム部長
      社長
                              平成20年12月      当社取締役医療画像システム事業部長
                              平成21年6月      当社代表取締役社長(現任)
                              昭和56年5月      国際航業株式会社入社
                              平成14年4月      同社執行役員管理本部人事部長
                              平成18年4月      同社執行役員経営本部長
                              平成20年6月      国際航業ホールディングス株式会社
      取締役    管理部長     鵜 飼 良 一      昭和30年10月8日生                                (注)2    1,900
                                    監査役
                              平成22年3月      株式会社アスナル・コーポレーション
                                    代表取締役社長
                              平成22年12月      当社監査役
                              平成26年12月      当社取締役管理部長(現任)
                              平成4年4月      丸紅エレクトロニクス株式会社
                                    (現丸紅情報システムズ株式会社)入社
                              平成11年6月      当社入社
                              平成23年2月      当社医療画像システム事業部長
                              平成25年11月      当社東京営業本部長
                              平成26年12月      当社取締役東京営業本部長
               板   谷   元   照
      取締役      ―         昭和44年1月1日生                                (注)2    1,700
                              平成28年11月      当社取締役東京営業部長
                                    株式会社イメージワン         ゼロット(現株式
                                    会社エンパワープレミアム)代表取締役社
                                    長
                              平成29年10月      当社取締役(現任)
                              平成30年5月      株式会社エンパワープレミアム取締役会長
                                    (現任)
                              平成元年4月      米常商事株式会社入社
                              平成2年10月      株式会社安藤薬業公司
                                    (現株式会社スズケン)入社
                              平成6年2月      有限会社平尾商会入社
                              平成12年11月      当社入社
          ヘルスケア
                              平成20年12月      当社医療画像システム事業部
               下 休 場 勝 司
      取締役               昭和41年4月22日生                                (注)2     900
          事業部長
                                    西日本営業所長
                              平成25年11月      当社西日本営業部長
                              平成26年12月      当社取締役西日本営業部長
                              平成27年10月      当社取締役技術部長
                              平成29年4月      当社取締役ヘルスケア事業部長(現任)
                                 26/66




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有
      役名     職名      氏名      生年月日                 略歴              任期   株式数
                                                         (株)
                              昭和50年4月      株式会社大和銀行(現株式会社りそな銀
                                    行)入行
                              平成15年3月      株式会社りそな銀行システム部(東京)部
                                    長
      取締役
                              平成16年4月
                                    株式会社DACS専務執行役員東京支店長
     (監査等委
               諸      我      徹
                     昭和28年3月15日生                                (注)3      ―
           ─
      員)
                              平成20年7月      同社取締役業務管理室長(内部監査)
                              平成22年4月      同社常務執行役員運用本部長
                              平成26年12月      当社監査役
                              平成29年12月      当社取締役(監査等委員)(現任)
                              昭和60年10月      監査法人朝日新和会計社
                                    (現有限責任     あずさ監査法人)入所
                              平成3年9月      林公認会計士事務所開業
                              平成5年5月      税理士登録
      取締役
                              平成10年3月      社会福祉法人フロンティア豊島
               林     敦      昭和36年5月17日生                                (注)3      ―
     (監査等委
           ─
                                    (現社会福祉法人フロンティア)監事
      員)
                              平成19年9月
                                    税理士法人すずらん代表社員(現任)
                              平成22年12月      当社監査役
                              平成29年12月      当社取締役(監査等委員)(現任)
                              昭和58年4月      弁護士登録
                              昭和58年4月      飯畑正男法律事務所入所
      取締役
               小 髙 正 嗣      昭和16年10月3日生        昭和59年4月      小髙法律事務所開設                 (注)3      ―
     (監査等委
            ―
      員)
                              平成24年12月      当社監査役
                              平成29年12月      当社取締役(監査等委員)(現任)
                             計                            13,800
      (注)   1 取締役諸我徹、林敦、小髙正嗣は社外取締役であります。
        2 平成30年9月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年9月期に係る定時株主総会の時までであります。
        3 平成29年9月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年9月期に係る定時株主総会の時までであります。
        4 監査等委員会の体制は、次のとおりであります。
          委員長 諸我徹 委員 林敦 委員 小髙正嗣
        5 当社は、法令に定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項
          に定める補欠監査等委員である取締役1名を選任しております。補欠監査等委員である取締役の略歴は次の
          とおりであります。
                                                所有株式数
              氏名         生年月日               略歴
                                                 (株)
                                     弁護士登録
                               平成15年10月
                                     さくら共同法律事務所入所
                               平成22年4月      さくら共同法律事務所
            髙 野 裕 之          昭和50年8月24日                             ―
                                     パートナー弁護士(現任)
                               平成23年9月      ベル少額短期保険株式会
                                     社 社外取締役(現任)
     6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】

      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
         当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、コーポレート・ガバナンスの実現により、すべ
        ての株主・投資家の皆様から信頼される企業であることを目指すものであります。
         当社は、「監査等委員会設置会社」を採用し、取締役会及び監査等委員会を中心としたコーポレート・ガバナ
        ンスの体制となっております。今後とも、基本方針を透明性・健全性の高い経営体制の構築と維持に置き、株
        主・投資家の皆様への迅速かつ正確な情報開示や株主の権利を尊重する対応に努めることで、更なるコーポレー
        ト・ガバナンスの充実を図ってまいります。
        ①  会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況

         イ 会社の機関の内容
          a.  取締役・取締役会
             当社は、取締役会を経営方針の最重要事項に関する意思決定機関、業務執行に係る事項の決定機関及
            び業務執行の監督機関として位置づけております。
             取締役会は、取締役(監査等委員である取締役を除く)4名、監査等委員である取締役3名(うち社
            外取締役3名)で構成され、毎月の定時取締役会のほか、必要に応じ機動的に臨時取締役会を開催し、
            法令で定められた事項のほか、経営に関する重要事項を決定するとともに、業務執行の状況を逐次監督
            しております。
          b.  監査等委員会
                                 27/66

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
             当社は、監査等委員会設置会社であり、原則として監査等委員会を毎月1回開催し、監査等委員同士
            の情報交換を行ない、監査機能の充実を図るとともに会計監査人や内部監査委員会との連携によって実
            効 性のある監査を行なっております。
             なお、法令に定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、補欠の監査等委員
            である取締役1名を選任しております。
             また、当社は、平成29年12月20日開催の定時株主総会において、監査等委員会設置会社への移行を内
            容とする定款の変更が決議されたことにより、同日付をもって監査役会設置会社から監査等委員会設置
            会社へ移行しております。
          c.  リスク管理委員会
             当社は、経営リスクに関する重要事項の審議とリスク発生時の対応策を検討するため、代表取締役社
            長を委員長とするリスク管理委員会を設置しております。
          d.コンプライアンス委員会
             当社は、コンプライアンス経営を維持・推進する機関として、代表取締役社長を委員長とするコンプ
            ライアンス委員会を設置しております。
          e.内部監査委員会
             当社は、内部統制システムが有効に機能していることを監視するため、代表取締役社長を委員長とす
            る内部監査委員会を設置し、随時内部統制システムの監視及び有効性の評価を行っております。
          <責任限定契約の内容の概要>

          当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、社外取締役全員(3名)との間において、同法第423条第1
         項の規定に基づき、損害賠償責任に関する責任限定契約を締結いたしております。なお、当該契約に基づく損
         害賠償責任の限度額は、法令の定める最低責任限度額となります。
         ロ 会社の機関・内部統制システムの関係図

           当社における会社の機関の内容及び内部統制システム等の関係は次のとおりです。
         ハ 当該企業統治の体制を採用する理由









           当社は、コーポレート・ガバナンス強化を経営執行の重要な責務であると認識しており、取締役会の議決
          権を持つ監査等委員である社外取締役の監査・監督により、コーポレート・ガバナンスの充実、取締役会の
                                 28/66


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
          監督機能強化を目指す「監査等委員会設置会社」の体制をより充実させていくことで、経営の公正性と効率
          性を確保しながら、株主・投資家の皆様に対する迅速かつ適切な情報開示等を実現していくことができるも
          の と判断しております。
         ニ 内部統制システムの整備の状況

          a.  取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
             監査等委員会設置会社として取締役会の監督機能と監査等委員会の監査機能を通じて、取締役の業務
            執行の適法性を確保する。
             そして、取締役会は、法令、定款及び「取締役会規程」に従いこれを運営し、取締役は取締役会の決
            議に基づく職務の執行で適法性を確保する。
             また、監査等委員会は、法令、定款及び「監査等委員会規則」に基づき取締役の職務執行の監査を行
            う。
          b.  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
             取締役の職務執行に係る情報は、文書又は電磁的媒体に記録し、「文書管理規程」及び「ISMS関
            連規程」に従って適切に保存・管理するとともに、取締役、監査等委員会、会計監査人が閲覧可能な状
            態を維持する。
          c.  損失の危険の管理に関する規程その他の体制
             経営に影響する重要事項の決定については、法令、定款、及び社内規程等に基づき、取締役会で厳正
            な審査を行う。
             また、経営環境や事業の変化に応じたリスクの見直し及び低減策の検討等を毎年定期的に行うこと
            で、リスクの発生を未然に防ぎ、万が一リスクが発生した場合には、迅速に「リスク管理委員会」を招
            集して的確な対応策を決定する。
          d.  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
             経営戦略及び業務執行に係る重要な意思決定を行うために、月1回開催される定時取締役会に加え、
            必要に応じて臨時取締役会を開催する。
             また、取締役会規程及び組織規程などにより職務権限及び意思決定ルールを明確化し、取締役の職務
            執行が適正かつ効率的に行われる体制を確保する。
          e.  使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
             「社員行動基準」、「コンプライアンス指針」、「コンプライアンス規程」及び「内部通報制度規
            程」など、コンプライアンスに係る諸規程を周知徹底させることにより、法令遵守、企業倫理の確保に
            努める。
             また、コンプライアンス上の課題の解決は、「コンプライアンス委員会」がこれを行う。
          f.  監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制
            ならびにその使用人の取締役(監査等委員であるものを除く)からの独立性に関する事項
             監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めたときは、取締役(監査等委員である
            ものを除く)の指揮から独立した使用人を置くことができる。
          g.  取締役(監査等委員であるものを除く)及び使用人が監査等委員会に報告をするための体制、その他監
            査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
             取締役(監査等委員であるものを除く)及び使用人は、職務執行に関して重大な法令・定款違反、不
            正行為の事実又は会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を知ったときは、遅滞なく監査等委員会
            に報告するものとする。
             監査等委員である取締役は重要な意思決定のプロセスや業務の執行状況を把握するため、取締役会等
            重要会議に出席するとともに、決裁書類等業務執行に係る重要な文書を閲覧し、取締役(監査等委員で
            あるものを除く)及び使用人に説明を求めることができる。
             また、監査等委員会は内部監査部門と緊密な連携を保つとともに、必要に応じ内部監査部門に調査を
            求めることができる。
          h.  監査等委員会へ報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保す
            るための体制
             「コンプライアンス規程」では、「内部通報制度」についても規定し、取締役(監査等委員であるも
            のを除く)、使用人等のコンプライアンス違反を認識した場合には、「コンプライアンス委員会」に通
            報しなければならないと定めており、通報者が不利益を被らないように保護規定を設けている。
                                 29/66

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
          i.  監査等委員である取締役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執
            行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
             監査等委員である取締役は、監査の実施にあたり独自の意見形成を行うため、必要に応じて会社の費
            用で法律・会計等の専門機関を活用することができる。
       ②   内部監査及び監査等委員会監査について

          内部監査は代表取締役社長直属の独立した部署である内部監査委員会(内部監査担当者2名)を設置し、監
         査等委員と緊密な連携を取りながら、毎年、年次監査計画を策定後順次実施し問題点を改善しております。
          監査等委員会は、監査等委員である取締役3名により構成され、月1回の定時監査等委員会のほか、必要に
         応じ臨時に監査等委員会を開催いたします。各監査等委員は取締役の職務の執行状況を監査し、監査等委員会
         において協議並びに決議を行うとともに、必要に応じて取締役会に報告いたします。
          なお、内部監査委員会と会計監査人は、定期的に監査計画や監査結果についての情報交換、内部統制の整備
         の状況に関する報告の聴取をするなど連携を密にすることで監査の実効性を確保しております。
          監査等委員の知見に関しましては、監査等委員である取締役 林敦氏は、公認会計士及び税理士の資格を有
         していることから、財務及び会計に関する相当の知見を有するものであります。
       ③   提出会社の社外取締役について

          当社は、経営監視監督機能を働かせて経営規律を維持することを基本方針としており、社外取締役3名を選
         任することにより、公正かつ専門的な監査・監督を行う体制を整備しております。
          経営の透明性と公正な意思決定を確保するために、特定の利害関係から独立した社外取締役を選任しており
         ます。なお、社外取締役を選任するための独立性に関する基準及び方針は定めていませんが、選任にあたって
         は証券取引所の独立役員の独立性に関する基準等を参考にしております。
          社外取締役3名は、何れも当社との間に特別な利害関係はありません。
       ④   役員の報酬等

        イ   提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                  報酬等の種類別の総額(千円)
                                                     対象となる
                      報酬等の総額
             役員区分                                        役員の員数
                        (千円)
                                    ストック
                                                       (名)
                              基本報酬             賞与    退職慰労金
                                   オプション
          取締役
                         27,000      27,000         ―      ―      ―      ▶
          (監査等委員及び社外取
          締役を除く。)
          監査等委員
                            ―      ―      ―      ―      ―      ―
          (社外取締役を除く。)
          監査役
                            ―      ―      ―      ―      ―      ―
          (社外監査役を除く)
          社外役員               11,700      11,700         ―      ―      ―      3
         (注) 当社は、平成29年12月20日付で監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行しております。
        ロ   提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

          報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。 
                                 30/66






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
        ハ   使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの
              総額         対象となる役員の員数
                                              内容
              (千円)             (名)
                  28,800               3     使用人としての給与であります。
        ニ   役員の報酬等の額の決定に関する方針

          当社の取締役(監査等委員である取締役を除く)及び監査等委員である取締役の報酬はあらかじめ株主総会
         で決定された報酬の範囲内において、取締役(監査等委員である取締役を除く)の報酬は取締役会、監査等委
         員である取締役の報酬は監査等委員会においてそれぞれ承認された報酬基準に基づいて支給しております。な
         お、報酬等のうち退職慰労金制度は導入しておりません。
       ⑤   株式の保有状況

        イ   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          銘柄数                  2 銘柄
          貸借対照表計上額の合計額                1,762   千円
        ロ   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄、保有区分、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

         的
         (前事業年度)
          特定投資株式
          該当事項はありません。
          みなし保有株式

          該当事項はありません。
         (当事業年度)

          特定投資株式
          該当事項はありません。
          みなし保有株式

          該当事項はありません。
        ハ   保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
       ⑥   会計監査の状況

          会計監査人は水都有限責任監査法人であり、監査契約に基づき会計監査を受けております。
              業務を執行した公認会計士の氏名等                         所属する監査法人名
                           香川 幸男
            指定有限責任社員
                                      水都有限責任監査法人
             業務執行社員
                           大塚 隆史
         (注)   1 継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しております。
            2 監査業務に係る補助者の構成は公認会計士5名です。
       ⑦   定款における取締役の定数や資格制限等

          当社の取締役(監査等委員である取締役を除く)は7名以内、監査等委員である取締役は4名以内とする旨
         を定款に定めております。
          当社は、取締役の選任決議について、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分
         の1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって決める旨を定款に定めておりま
         す。また、取締役の選任決議は累積投票によらない旨も定款に定めております。
                                 31/66


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       ⑧   株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項
        イ 当社は、自己の株式の取得について、経済環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するため、会社法
          第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる旨を定款で定めて
          おります。
        ロ 当社は、取締役(業務執行取締役等である者を除く)の責任免除について、会社法第427条第1項の規定によ

          りにより任務を怠ったことによる損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨定款に定めてお
          り、当該契約を締結しております。当該契約に基づく責任の限度額は、法令が定める最低責任限度額として
          おります。
        ハ 当社は、取締役会の決議によって、機動的な配当政策を実現するため毎年3月31日を基準日として中間配当

          をすることができる旨を定款に定めております。 
       ⑨   株主総会の特別決議要件

          当社は、特別決議を要する議案につき、議決権を行使する株主の意思が当該議案の決議に反映されることを
         より確実にするため、会社法第309条第2項に定める株主総会の決議は議決権の3分の1以上を有する株主が出
         席し、出席した当該株主の議決権の3分の2以上に当る多数をもって行う旨を定款に定めております。
      (2)  【監査報酬の内容等】

       ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度

         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社              18,500             ―
       連結子会社                  ―           ―

         計             18,500             ―

     提出会社

                  当事業年度

      監査証明業務に基づく報酬                 非監査業務に基づく報酬
           (千円)                (千円)
                 18,500                   ―
       ②  【その他重要な報酬の内容】

         該当事項はありません。
       ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         該当事項はありません。
       ④  【監査報酬の決定方針】

         会計監査人の報酬は、会社法第399条に基づき監査等委員会の同意を得て決定しております。
                                 32/66




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1 財務諸表の作成方法について

       当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて
      作成しております。なお、前事業年度(平成28年10月1日から平成29年9月30日)は連結財務諸表を作成しており、
      キャッシュ・フロー計算書を作成していないため、キャッシュ・フロー計算書に係わる比較情報は記載しておりませ
      ん。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(平成29年10月1日から平成30年9月30日ま
      で)の財務諸表について、水都有限責任監査法人により監査を受けております。
     3 連結財務諸表について

       当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
     4 財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
      適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務会
      計基準機構へ加入しております。
                                 33/66













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     1  【財務諸表等】
      (1)  【財務諸表】
       ①【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         377,715              879,439
         現金及び預金
                                            540             2,094
         受取手形
                                         631,276              718,572
         売掛金
                                          9,032              12,820
         商品
                                          13,136              11,420
         仕掛品
                                            157              500
         貯蔵品
                                        ※1  17,700            ※1  20,471
         その他
                                         △ 5,993             △ 2,166
         貸倒引当金
                                        1,043,565              1,643,154
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          26,737              26,737
           建物
                                         △ 10,634             △ 12,903
             減価償却累計額
                                          16,103              13,833
             建物(純額)
           工具、器具及び備品                               47,326              59,118
                                         △ 29,214             △ 36,853
             減価償却累計額
                                          18,112              22,265
             工具、器具及び備品(純額)
           リース資産                                3,211              3,211
                                         △ 1,659             △ 2,301
             減価償却累計額
                                          1,552               910
             リース資産(純額)
           その他                                              3,740
                                             -
                                                        △ 1,280
                                             -
             減価償却累計額
                                                         2,459
             その他(純額)                                -
                                          35,767              39,468
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          36,007              28,815
           ソフトウエア
                                          24,981              41,866
           その他
                                          60,988              70,682
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         204,000              399,000
           関係会社株式
                                          42,240              47,321
           その他
                                             -           △ 4,080
           貸倒引当金
                                         246,240              442,241
           投資その他の資産合計
                                         342,997              552,392
         固定資産合計
       資産合計                                 1,386,562              2,195,546
                                 34/66






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年9月30日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         224,364              263,765
         買掛金
                                          14,200               7,700
         1年内償還予定の社債
                                          56,419              34,776
         1年内返済予定の長期借入金
                                          8,041              17,864
         未払法人税等
                                          8,450              10,947
         製品保証引当金
                                          61,170              68,527
         その他
                                         372,646              403,579
         流動負債合計
       固定負債
                                          7,700
         社債                                                  -
                                         164,065              129,289
         長期借入金
                                          2,665              3,088
         退職給付引当金
                                            936              277
         その他
         固定負債合計                                175,367              132,655
       負債合計                                  548,013              536,235
      純資産の部
       株主資本
                                        1,293,816              1,700,536
         資本金
         資本剰余金
                                         436,814              843,534
           資本準備金
                                         436,814              843,534
           資本剰余金合計
         利益剰余金
           その他利益剰余金
                                        △ 781,834             △ 773,438
             繰越利益剰余金
                                        △ 781,834             △ 773,438
           利益剰余金合計
                                        △ 111,949             △ 111,949
         自己株式
                                         836,847             1,658,681
         株主資本合計
                                          1,701               630
       新株予約権
                                         838,548             1,659,311
       純資産合計
                                        1,386,562              2,195,546
      負債純資産合計
                                 35/66









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                        1,385,518              1,653,504
      売上高
                                        1,012,793              1,162,041
      売上原価
                                         372,724              491,462
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         37,800              38,700
       役員報酬
                                         161,249              168,804
       給料手当及び賞与
                                          6,014              4,727
       退職給付費用
                                         27,703              29,022
       法定福利費
                                         39,249              37,406
       旅費交通費及び通信費
                                          8,693              10,327
       減価償却費
                                         41,331              38,460
       地代家賃
                                         22,745              26,529
       支払報酬
                                          5,864                31
       貸倒引当金繰入額
                                         107,735               97,079
       その他
                                         458,388              451,088
       販売費及び一般管理費合計
                                        △ 85,663              40,373
      営業利益又は営業損失(△)
      営業外収益
                                           27              37
       受取利息
                                           150              150
       受取配当金
                                                         422
       為替差益                                    -
                                                       ※1  975
       受取手数料                                    -
                                           450              469
       その他
                                           627             2,054
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          3,920              3,107
       支払利息
                                           220              125
       社債利息
                                           562
       為替差損                                                   -
                                          8,435              13,093
       支払手数料
                                          3,830              5,595
       新株予約権発行費
                                          3,400
       和解金                                                   -
       貸倒引当金繰入額                                    -            3,979
                                           735
                                                          -
       その他
                                         21,104              25,901
       営業外費用合計
                                        △ 106,140               16,527
      経常利益又は経常損失(△)
      特別損失
                                          9,053                -
       ソフトウエア臨時償却費
                                          9,053
       特別損失合計                                                   -
                                        △ 115,193               16,527
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    5,520              8,131
                                          5,520              8,131
      法人税等合計
                                        △ 120,714               8,395
      当期純利益又は当期純損失(△)
                                 36/66





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
      【売上原価明細書】
                              当事業年度
                           (自 平成29年10月1日
                            至 平成30年9月30日)
                     注記        金額         構成比
           区分
                     番号       (千円)          (%)
     (製造原価明細書)
     Ⅰ材料費                           573,046       75.8
     Ⅱ労務費                            59,678       7.9
     Ⅲ外注費                            54,821       7.2
                                 68,921
     Ⅳ経費                                  9.1
       当期総製造費用                                 100.0
                                756,468
                                 13,136
       期首仕掛品たな卸高
              合計                           769,604
       期末仕掛品たな卸高                            11,420
       当期製造原価                           758,184
     (商品原価明細書)
       期首商品たな卸高                            9,032
                                408,711
       当期商品仕入高
              合計                           417,743
      他勘定振替高
                     ※1            1,064
                                 12,820
       期末商品たな卸高
       当期商品原価                           403,857
       当期売上原価
                               1,162,041
      ※1    他勘定振替高の内容は、次のとおりであります。

                項目              当事業年度(千円)

         有形固定資産への振替高                              1,815
         その他                              △751
                 計                       1,064
     (原価計算の方法)

      当社の原価計算は、個別原価計算であります。
                                 37/66









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       ③【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成28年10月1日 至           平成29年9月30日)
                                                    (単位:千円)
                              株主資本
                      資本剰余金          利益剰余金
                               その他
                                                 新株予約権     純資産合計
                                            株主資本合
                資本金                        自己株式
                              利益剰余金
                         資本剰余金          利益剰余金
                                              計
                    資本準備金
                          合計          合計
                              繰越利益剰
                               余金
               1,240,637      383,635     383,635    △ 661,119    △ 661,119    △ 111,949     851,203          851,203
     当期首残高                                               ―
     当期変動額
      新株の発行(新株予
                 53,179     53,179     53,179                   106,359          106,359
      約権の行使)
                              △ 120,714    △ 120,714         △ 120,714         △ 120,714
      当期純損失(△)
      株主資本以外の項目
                                                   1,701     1,701
      の当期変動額(純
      額)
                 53,179     53,179     53,179    △ 120,714    △ 120,714         △ 14,355     1,701    △ 12,654
     当期変動額合計                                      ―
               1,293,816      436,814     436,814    △ 781,834    △ 781,834    △ 111,949     836,847      1,701    838,548
     当期末残高
      当事業年度(自       平成29年10月1日 至           平成30年9月30日)

                                                    (単位:千円)
                              株主資本
                      資本剰余金          利益剰余金
                               その他
                                                 新株予約権     純資産合計
                                            株主資本合
                資本金                        自己株式
                              利益剰余金
                         資本剰余金          利益剰余金
                                              計
                    資本準備金
                          合計          合計
                              繰越利益剰
                               余金
               1,293,816      436,814     436,814    △ 781,834    △ 781,834    △ 111,949     836,847      1,701    838,548
     当期首残高
     当期変動額
      新株の発行(新株予
                406,719     406,719     406,719                   813,438          813,438
      約権の行使)
                                8,395     8,395          8,395          8,395
      当期純利益
      株主資本以外の項目
                                                  △ 1,071    △ 1,071
      の当期変動額(純
      額)
                406,719     406,719     406,719      8,395     8,395         821,833     △ 1,071    820,762
     当期変動額合計                                      ―
     当期末残高          1,700,536      843,534     843,534    △ 773,438    △ 773,438    △ 111,949    1,658,681       630  1,659,311
                                 38/66








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       ④  【キャッシュ・フロー計算書】
                                      (単位:千円)
                                   当事業年度
                                (自 平成29年10月1日
                                 至 平成30年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         16,527
       税引前当期純利益
                                         45,366
       減価償却費
                                           253
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                           423
       退職給付引当金の増減額(△は減少)
                                          2,496
       製品保証引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 187
       受取利息及び受取配当金
                                          3,233
       支払利息
                                          5,595
       新株予約権発行費
                                        △ 88,851
       売上債権の増減額(△は増加)
                                         △ 2,415
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         39,400
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         10,647
       その他
                                         32,488
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   179
                                         △ 3,179
       利息の支払額
                                         △ 1,840
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                         27,648
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 14,524
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 47,001
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 1,400
       定期預金の預入による支出
                                        △ 195,000
       関係会社株式の取得による支出
                                           98
       保証金の回収による収入
                                         △ 3,441
       その他
                                        △ 261,269
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 56,419
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 14,200
       社債の償還による支出
                                          △ 648
       リース債務の返済による支出
                                         803,300
       新株予約権の行使による株式の発行による収入
                                          1,911
       新株予約権の発行による収入
                                         733,945
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         500,323
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         367,115
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1  867,439
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 39/66







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
      1 有価証券の評価基準及び評価方法
        関連会社株式
         移動平均法による原価法
        その他有価証券
         時価のないもの           移動平均法による原価法
      2 たな卸資産の評価基準及び評価方法

        評価基準は原価法(収益性低下による簿価切り下げの方法)によっております。
         商品               移動平均法による原価法
         仕掛品              個別法による原価法
         貯蔵品              最終仕入原価法による原価法
      3 固定資産の減価償却の方法

       (1)有形固定資産(リース資産を除く)
                 定率法によっております。ただし、平成10年4月以降に取得した建物(建物附属設備は除く)
                 並びに平成28年4月以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用して
                 おります。
                 なお、主な耐用年数は次のとおりであります。 
                 建物           8年~18年
                 工具、器具及び備品    4年~15年
       (2)無形固定資産(リース資産を除く)
                 定額法によっております。
                 ソフトウエア
                 市場販売目的のソフトウエアについては、3年以内の定額法としております。
                 自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法とし
                 ております。
       (3)リース資産             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
      4 繰延資産の処理方法

        新株予約権発行費 支出時に全額費用処理しております。
      5 外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
      6 引当金の計上基準

       (1)貸倒引当金             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債
                 権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しておりま
                 す。
       (2)退職給付引当金           従業員の退職給付に備えるため、期末における退職給付債務の見込額に基づき、簡便法によ

                 り計上しております。
       (3)製品保証引当金           契約に基づき保証期間内の製品を無償で修理・交換する費用の支出に備えるため、過去の実

                 績を基礎として算出した修理・交換費用の見積額を製品の販売時に計上しております。
                                 40/66



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
      7   キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        手許現金、要求払預金及び取得日から3か月以内に満期の到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、か
       つ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資からなっております。
      8   その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税及び地方消費税の会計処理
        税抜方式によっております。
       (会計方針の変更)

        (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い等の適用)
        「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号平
       成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)等を平成30年4月1日以後適用し、従業員等に対して権
       利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引については、「ストック・オプション等に関する会計基準」(企業
       会計基準第8号平成17年12月21日)等に準拠した会計処理を行うことといたしました。
        ただし、実務対応報告第36号の適用については、実務対応報告第36号第10項(3)に定める経過的な取扱いに従って
       おり、実務対応報告第36号の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与した取引に
       ついては、従来採用していた会計処理を継続しております。
       (未適用の会計基準等)

      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          平成30年3月30日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   平成30年3月30日)
      (1)  概要

        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
         ステップ1:顧客との契約を識別する。
         ステップ2:契約における履行義務を識別する。
         ステップ3:取引価格を算定する。
         ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)  適用予定日

        平成34年9月期の期首より適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 41/66









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※1 関係会社に対する資産及び負債
        区分掲記されたもの以外で各科目に含まれているものは、次のとおりであります。
                                前事業年度                当事業年度

                              (平成29年9月30日)                (平成30年9月30日)
         立替金(流動資産のその他)                         1,335千円                 101千円
                                  2,113     〃            3,025     〃
         未収入金(流動資産のその他)
       (損益計算書関係)

     ※1    各科目に含まれている関係会社に対する営業外収益は、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度

                             (自    平成28年10月1日              (自    平成29年10月1日
                              至   平成29年9月30日)               至   平成30年9月30日)
         受取手数料                            ―千円                975千円
       (株主資本等変動計算書関係)

      前事業年度(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                4,721,100            300,000              ―       5,021,100
      (注) 普通株式の発行済株式の株式数の増加300,000株は、新株予約権の権利行使によるものであります。
      2 自己株式に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                 74,500             ―           ―        74,500
      3 新株予約権等に関する事項

                                目的となる株式の数(株)
                                                   当事業
                    目的となる
                                                  年度末残高
           内訳
                           当事業                  当事業
                    株式の種類
                                 増加      減少
                                                   (千円)
                          年度期首                   年度末
        第5回新株予約権            普通株式          ―  1,000,000       300,000      700,000       1,071

        第6回新株予約権                ―      ―      ―      ―      ―     630

              合計                ―  1,000,000       300,000      700,000       1,701

      (注)   1  目的となる株式の数は、権利行使可能数を記載しております。
        2  目的となる株式の数の変動事由の概要
          第5回新株予約権の増加は発行によるものであり、減少は権利行使によるものであります。
        3  第6回新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
      4 配当に関する事項

        該当事項はありません。
                                 42/66





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自 平成29年10月1日 至 平成30年9月30日)
      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                5,021,100           1,660,000               ―       6,681,100
      (注) 普通株式の発行済株式の株式数の増加1,660,000株は、新株予約権の権利行使によるものであります。
      2 自己株式に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                 74,500             ―           ―        74,500
      3 新株予約権等に関する事項

                                目的となる株式の数(株)
                                                   当事業
                    目的となる
                                                  年度末残高
           内訳
                           当事業                  当事業
                    株式の種類
                                 増加      減少
                                                   (千円)
                          年度期首                   年度末
        第5回新株予約権            普通株式       700,000         ―   700,000         ―      ―

        第6回新株予約権                ―      ―      ―      ―      ―     630

        第7回新株予約権             普通株式          ―   960,000      960,000         ―      ―

              合計             700,000      960,000     1,660,000          ―     630

      (注)   1  目的となる株式の数は、権利行使可能数を記載しております。
        2  目的となる株式の数の変動事由の概要
          第5回新株予約権の減少は権利行使によるものであります。
          第7回新株予約権の増加は発行によるものであり、減少は権利行使によるものであります。
        3  第6回新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
      4 配当に関する事項

        該当事項はありません。
       (キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1  現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。
                               当事業年度

                           (自    平成29年10月1日
                            至   平成30年9月30日)
         現金及び預金                      879,439    千円
         預入期間が3か月を超える
                              △12,000    千円
         定期預金
         現金及び現金同等物                      867,439    千円
                                 43/66






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       (リース取引関係)
     1.ファイナンス・リース取引
      (借主側)
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ①   リース資産の内容
         有形固定資産
          ヘルスケアソリューション事業で使用しているサーバ等であります。
      ②  リース資産の減価償却の方法

         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
     2.オペレーティング・リース取引

        重要性が乏しいため、省略しております。
                                 44/66
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
     1.金融商品の状況に関する事項
      (1) 金融商品に対する取組方針
        当社は、運転資金については原則として金融機関からの借入及び社債発行による調達を行っております。設備資
       金につきましては案件ごとに手許資金で賄えるか不足するかについての検討を行い、不足が生じる場合は金融機関
       からの長期借入金による調達を行っております。資金に余剰が生じた場合には、借入金の返済又は社債の償還に
       よって資金効率の向上に努めることを基本方針としておりますが、一時的な余剰資金である場合においては定期預
       金を中心に保全を最優先した運用を行うこととしております。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びに管理体制

        売掛金等の営業債権は、顧客の信用リスクに晒されていますが、そのほとんどが1年以内の回収期日です。当該
       リスクの管理方法に関しては、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状況を把握
       する体制としています。
        営業債務である買掛金は、そのほとんどが1年以内の支払期日です。借入金のうち、短期借入金は主に営業取引
       に係る資金調達であり、長期借入金は主に設備投資に係る資金調達です。
        社債は、主に営業取引に係る資金調達の一環であります。
        また、営業債務や借入金及び社債は、流動性リスクに晒されていますが、当社では、資金繰計画を作成するなど
       の方法により管理しています。
      (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。
      (4)  信用リスクの集中

        当期の貸借対照表日現在における営業債権のうち51.95%が特定の大口顧客に対するものであります。
     2.金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極め
      て困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注2)を参照ください。)。
       当事業年度(平成30年9月30日)

                        貸借対照表計上額               時価            差額

                           (千円)            (千円)            (千円)
     (1) 現金及び預金                        879,439            879,439                -
     (2)  受取手形

                              2,094            2,094               -
     (3)  売掛金

                             718,572            718,572                -
     (4)  買掛金

                            (263,765)            (263,765)                 -
     (5)社債(※2)                        (7,700)            (7,702)               △2

     (6)長期借入金(※3)                       (164,065)            (163,847)                217

       (※1)   負債に計上されているものについては、(                     ) で示しております。
       (※2)   社債には、1年内償還予定の社債を含んでおります。
       (※3)長期借入金には、1年内返済予定の長期借入金を含んでおります。
                                 45/66




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
      (注1) 金融商品の時価の算定方法に関する事項
         (1) 現金及び預金、(2) 受取手形、及び(3) 売掛金
           短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
         (4)  買掛金
           短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
         (5)  社債
           元利金の合計額を、新規に同様の社債発行を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算
          定しております。
         (6)  長期借入金
           元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定し
          ております。
      (注2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

          非上場株式(貸借対照表計上額400,762千円)は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認めら
         れるため、上表には含めておりません。
      (注3) 金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額

         当事業年度(平成30年9月30日)
                                         1年超      5年超

                                   1年以内                   10年超
                                         5年以内      10年以内
                                   (千円)                   (千円)
                                         (千円)      (千円)
         現金及び預金                           879,439         ―      ―      ―
         売掛金                           718,572         ―      ―      ―
                    合計               1,598,012          ―      ―      ―
      (注4) 社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額

         当事業年度(平成30年9月30日)
                             1年超      2年超      3年超      4年超

                      1年以内                               5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                               (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
         社債                7,700        ―      ―      ―      ―      ―
         長期借入金               34,776      34,776      34,776      30,651      20,347       8,739
              合計          42,476      34,776      34,776      30,651      20,347       8,739
       (有価証券関係)

      当事業年度(平成30年9月30日)
       1 子会社株式及び関連会社株式
        該当事項はありません。
        なお、子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 関連会社株式 399,000千円)については、市場価格が
       なく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
       2 その他有価証券

        該当事項はありません。
        なお、非上場株式(貸借対照表計上額1,762千円)については、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難
       と認められることから、記載しておりません。
       (デリバティブ取引関係)

        該当事項はありません。
                                 46/66




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       (退職給付関係)
      1   採用している退職給付制度の概要
        当社は、確定給付型の制度として退職一時金制度を採用しており、給付額の一部を中小企業退職金共済制度から
       の給付額で充当しております。
        なお、退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする
       方法を用いた簡便法を適用しております。
      2   簡便法を適用した確定給付制度

       (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                  当事業年度
                               (自    平成29年10月1日
                                至   平成30年9月30日)
         退職給付引当金の期首残高                            2,665千円
          退職給付費用
                                     6,287千円
          退職給付の支払額
                                      △40千円
          中小企業退職金共済制度への拠出額                          △5,824千円
         退職給付引当金の期末残高                            3,088千円
       (2)  退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                   当事業年度
                                (平成30年9月30日)
         非積立型制度の退職給付債務                            38,676千円
         中小企業退職金共済制度による支給見込額                           △35,587千円
         貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             3,088千円
         退職給付引当金                             3,088千円

         貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             3,088千円
       (3)  退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用                      当事業年度       6,287千円
                                 47/66










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       (ストック・オプション等関係)
        (追加情報)
        「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号 
       平成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き
       有償新株予約権を付与した取引については、実務対応報告第36号第10項(3)に基づいて、従来採用していた会計処理
       を継続しております。 
     1.権利確定条件付き有償新株予約権の概要

      (1)  権利確定条件付き有償新株予約権の内容
                         平成28年 有償新株予約権

                         当社取締役 4
     付与対象者の区分及び人数(名)
                         当社従業員 17
     株式の種類別のストック・オプション
                         普通株式 90,000
     の数(株)(注)
     付与日                   平成28年11月18日
                         ① 新株予約権者は、平成31年9月期又は平成32年9月期のいずれかの
                           期において、当社の有価証券報告書に記載される損益計算書(連結
                           財務諸表を作成した場合は、連結損益計算書)における営業利益が
                           200百万円を超過した場合に、本新株予約権を行使することができ
                           ます。なお、会計基準の変更により参照すべき営業利益の概念に重
                           要な変更があった場合には、当社は合理的な範囲において、別途参
     権利確定条件                     照すべき適正な指標を取締役会にて定めるものとします。
                         ② 新株予約権者は、権利行使時においても、当社又は当社関係会社の
                           取締役、監査役又は従業員の地位にあることを要します。ただし、
                           任期満了による退任、定年退職の場合、並びにその他正当な理由が
                           あると取締役会が認めた場合は、この限りではありません。
                         ③ 新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認められませ
                           ん。
     対象勤務期間                   対象期間の定めはありません。
     権利行使期間                   平成32年1月1日~平成34年11月17日

       (注) 株式数に換算して記載しております。
                                 48/66










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
      (2)  権利確定条件付き有償新株予約権の規模及びその変動状況
        当事業年度(平成30年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数に
       ついては、株式数に換算して記載しております。
       ①  ストック・オプションの数
                          平成28年 有償新株予約権

     権利確定前(株)

      前事業年度末                               90,000

      付与

                                        ―
      失効・消却

                                        ―
      権利確定

                                        ―
      未確定残

                                      90,000
     権利確定後(株)

      前事業年度末

                                        ―
      権利確定

                                        ―
      権利行使

                                        ―
      失効・消却

                                        ―
      未行使残

                                        ―
       ②  単価情報

     権利行使価格(円)                                  353

     行使時平均株価(円)                                   ―

     2.採用している会計処理の概要

       (権利確定日以前の会計処理)
        (1)  権利確定条件付き有償新株予約権の付与に伴う従業員等からの払込金額を、純資産の部に新株予約権として
          計上する。
        (2)   新株予約権として計上した払込金額は、権利不確定による失効に対応する部分を利益として計上する。
       (権利確定日後の会計処理)

        (3)  権利確定条件付き有償新株予約権が権利行使され、これに対して新株を発行した場合、新株予約権として計
          上した額のうち、当該権利行使に対応する部分を払込資本に振り替える。
        (4)  権利不行使による失効が生じた場合、新株予約権として計上した額のうち、当該失効に対応する部分を利益
          として計上する。この会計処理は、当該失効が確定した期に行う。
                                 49/66





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
      1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前事業年度                 当事業年度

                             (平成29年9月30日)                 (平成30年9月30日)
         (繰延税金資産)
         ①流動資産
          商品評価損                       2,506千円                 2,506千円
          製品保証引当金                       2,607千円                 3,352千円
          繰越欠損金                       27,496千円                 6,124千円
                                 3,515千円                 3,821千円
          その他
                       計
                                36,126千円                 15,804千円
         ②固定資産
          減損損失                       51,928千円                 51,928千円
          コンテンツ等臨時償却費                        141千円                  ―千円
          ソフトウエア臨時償却費                       2,785千円                  545千円
          繰越欠損金                      732,187千円                 335,941千円
                                 1,604千円                 3,195千円
          その他
                       計         788,647千円                 391,612千円
          繰延税金資産小計
                                824,773千円                 407,416千円
                               △824,773千円                 △407,416千円
          評価性引当額
          繰延税金資産合計
                                     ―                 ―
      2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                               前事業年度                 当事業年度

                             (平成29年9月30日)                 (平成30年9月30日)
         法定実効税率                            ―              30.9%
         (調整)
         交際費等永久に損金に算入されな
                                     ―               2.6%
         い項目
         住民税均等割等                            ―              33.0%
         評価性引当額の増減                            ―            △2,516.4%
         税率変更による期末繰延税金資産
                                     ―             △18.1%
         の減額修正
         繰越欠損金の期限切れ                            ―             2,517.3%
                                     ―              △0.1%
         その他
         税効果会計適用後の法人税等の負
                                     ―              49.2%
         担率
        (注)    前事業年度については、税引前当期純損失であるため記載を省略しております。
                                 50/66







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       (企業結合等関係)
     子会社の企業結合
      (1)  子会社が行った企業結合の概要
       ① 結合当事企業の名称及びその事業の内容
         結合企業の名称:株式会社エンパワープレミアム
         事業の内容:       自由診療歯科分野を中心とした医療、美容、健康、リラクゼーション等に係る予約・検索サイ
               ト 事業
         被結合企業の名称:株式会社イメージワン                    ゼロット(子会社)

         事業の内容:       自由診療医科分野の予約・検索サイト事業
       ② 企業結合を行った主な理由

         株式会社イメージワン           ゼロットは、創業以来、美容整形分野等の自由診療医科分野の予約・検索サイト事業を
        行ってきました。株式会社エンパワープレミアムは、インプラントや矯正などの歯科分野における自由診療歯科
        分野を中心とした医療、美容、健康、リラクゼーション等に係る予約・検索サイト事業を展開してきました。両
        社とも「自由診療」が共通のターゲットであり、両社の事業領域を統合し、人材資源を中心に様々な機能を合体
        できることから、ポータルサイトなどメディア対応力と営業体制の増強が実現し、事業加速と事業規模の拡大が
        目指せるとの合意に至ったものであります。
       ③ 企業結合日

         平成30年5月30日
       ④ 法的形式を含む取引の概要

         株式会社エンパワープレミアムを吸収合併存続会社、株式会社イメージワン                                    ゼロットを吸収合併消滅会社とす
        る吸収合併。これにより、当社に連結子会社が存在しなくなり、合併後の株式会社エンパワープレミアムは当社
        の関連会社(持分比率39.7%)となりました。
      (2)  実施した会計処理の概要

        「事業分離等に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づ
       き、会計処理を行っております。
      (3)  子会社が含まれていた報告セグメントの名称

        ウェブ・サービス事業
      (4)  親会社が交換損益を認識した子会社の企業結合において、当該子会社の株式を関連会社株式として保有する以外

       に継続的関与がある場合には、当該継続的関与の概要
        該当事項はありません。
       (資産除去債務関係)

        重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 51/66








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
      1   報告セグメントの概要
       (1)  報告セグメントの決定方法
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
       の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。当社は事業本部
       を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成されており、「ヘルスケアソリューション事業」及び「GEOソ
       リューション事業」の2つを報告セグメントとしております。
       (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類
        「ヘルスケアソリューション事業」は、医療画像保管・配信・表示システム、マンモ健診向けシステム等の販売
       をしております。
        「GEOソリューション事業」は、画像処理ソフトウエア、計測機器、衛星画像コンテンツ等の販売をしておりま
       す。
       (3)  報告セグメントの変更等に関する事項
        当事業年度より、従来「医療画像事業」としていた報告セグメントの名称を「ヘルスケアソリューション事業」
       に変更しております。同じく「衛星画像事業」としていた報告セグメントの名称を「GEOソリューション事業」に変
       更しております。これらは事業内容により合致した表現とするための名称の変更であり、セグメント情報に与える
       影響はありません。
      2   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「重要な会計方針」における記載と概ね同一であります。
        報告セグメントの利益又は損失は、営業利益ベースの数値であります。
      3   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

       当事業年度(自         平成29年10月1日          至   平成30年9月30日)
                                                  (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                      財務諸表
                                              調整額
                    ヘルスケアソ
                                                      計上額
                           GEOソリューショ
                                              (注)1
                    リューション事                   計
                                                      (注)2
                              ン事業
                       業
       売上高
                      1,539,068         114,435       1,653,504                1,653,504
         外部顧客への売上高                                            ―
         セグメント間の内部
                          ―        ―        ―        ―        ―
         売上高又は振替高
                      1,539,068         114,435       1,653,504                1,653,504
            計                                       ―
       セグメント利益
                       220,733         9,684       230,418       △ 190,044         40,373
       又は損失(△)
                       819,926         14,909        834,835       1,360,710        2,195,546
       セグメント資産
                       307,922         8,120       316,043        220,192        536,235
       セグメント負債
       その他の項目
                        37,787         1,622        39,409         5,956        45,366
         減価償却費
        有形固定資産及び
                        43,417          818       44,236        14,524        58,760
        無形固定資産の増加額
        (注)   1 調整額の内容は、以下のとおりであります。
            (1)   調整額に記載されているセグメント利益又は損失には各報告セグメントに配分していない全社費用△
             190,044千円が含まれております。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費です。
            (2)   調整額に記載されているセグメント資産の額は報告セグメントに帰属しない現金及び預金、関係会社
             株式等です。
           (3)  調整額に記載されているセグメント負債の額は報告セグメントに帰属しない社債・借入金等です。
            (4)   調整額に記載されている減価償却費は、報告セグメントに帰属しない資産について当事業年度に発生
             した額です。
            (5)   有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額14,524千円は、報告セグメントに帰属しない全社資
             産に係る有形固定資産及び無形固定資産の取得額です。
          2 セグメント利益又は損失は、損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 52/66

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       【関連情報】

      当事業年度(自 平成29年10月1日 至 平成30年9月30日)
      1   製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2   地域ごとの情報

       (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)  有形固定資産
        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
      3   主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:千円)
           顧客の名称又は氏名                   売上高             関連するセグメント名
        東京医療化学株式会社                            392,288     ヘルスケアソリューション事業
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

         該当事項はありません。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

         該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

         該当事項はありません。
                                 53/66











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       (持分法損益等)
       関連会社に関する事項
                                  (単位:千円)
                               当事業年度
                           (自    平成29年10月1日
                            至   平成30年9月30日)
         関連会社に対する投資の金額                         399,000
         持分法を適用した場合の投資
                                  251,116
         の金額
         持分法を適用した場合の投資損失
                                 △103,790
         (△)の金額
       【関連当事者情報】

      1   関連当事者との取引
         財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
        当事業年度(自         平成29年10月1日          至   平成30年9月30日)
                    資本金         議決権等

         会社等の名称           又は   事業の内容         関連当事者           取引金額          期末残高
                             の所有
      種類          所在地                       取引の内容            科目
          又は氏名          出資金    又は職業         との関係           (千円)          (千円)
                             (被所有)
                             割合(%)
                    (千円)
                        当社代表     (被所有)         債務被保証
      役員    髙田 康廣       ―    ―            債務被保証            72,375      ―     ―
                        取締役社長     直接 0.1           (注)
      (注) 当社は、信用保証協会による保証付き借入を行うにあたって、当社代表取締役社長髙田康廣より債務保証を受
         けております。なお、保証料の支払は行っておりません。
      2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      (1) 親会社情報
        該当事項はありません。
      (2) 重要な関連会社の要約財務情報

        当事業年度において、重要な関連会社は株式会社エンパワープレミアムであり、その要約財務情報は以下のとお
       りであります。
                                (単位:千円)
                     株式会社エンパワープレミアム
                          当事業年度
     流動資産合計                              464,712
     固定資産合計                              134,838
     繰延資産合計                               2,119
     流動負債合計                              62,242

     固定負債合計                                 ―
     純資産合計                              539,427

     売上高                               2,536

     税引前当期純損失(△)                             △162,573
     当期純損失(△)                             △162,646
                                 54/66




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                             当事業年度

                          (自    平成29年10月1日
                          至   平成30年9月30日)
     1株当たり純資産額                              251円06銭
     1株当たり当期純利益                               1円44銭

      (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載
          しておりません。
        2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                    当事業年度
                                 (自    平成29年10月1日
                                 至   平成30年9月30日)
     1株当たり当期純利益
      当期純利益(千円)

                                          8,395
      普通株主に帰属しない金額(千円)

                                            ―
      普通株式に係る当期純利益(千円)

                                          8,395
      普通株式の期中平均株式数(株)

                                        5,824,292
                                 平成28年10月24日決議
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                  第6回新株予約権
     当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の概要
                                  普通株式     90,000株
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 55/66












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       ⑤  【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                         当期末減価

                                         償却累計額            差引当期末
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
        資産の種類                                 又は償却             残高
                   (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)
                                          累計額            (千円)
                                          (千円)
     有形固定資産
       建物              26,737        ―      ―   26,737      12,903      2,269     13,833

      工具、器具及び備品

                    47,326      11,791        ―   59,118      36,853      7,638     22,265
      リース資産               3,211        ―      ―    3,211      2,301       642      910

      その他

                      ―    3,740        ―    3,740      1,280      1,280      2,459
       有形固定資産計            77,276      15,531        ―   92,807      53,339      11,830      39,468

     無形固定資産

      ソフトウエア              285,904      26,343        ―   312,247      283,431      33,535      28,815

      その他              24,981      27,676      10,791      41,866        ―      ―   41,866

       無形固定資産計            310,885      54,019      10,791     354,114      283,431      33,535      70,682

     長期前払費用               1,803      4,320      2,582      3,541        ―      ―    3,541

      (注)   1 当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
          ソフトウエア               市場販売目的のソフトウエアの開発原価(完成に伴う振替を含む)
          その他(無形固定資産)               市場販売目的で製作中のソフトウエアの開発原価
        2   長期前払費用の期間配分は減価償却とは性格が異なるため、償却累計額及び当期償却額には含めておりませ

          ん。
                                 56/66










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
         【社債明細表】
                       当期首残高       当期末残高

        銘柄       発行年月日                       利率(%)        担保      償還期限
                        (千円)       (千円)
        第3回
                                7,700
              平成24年3月22日          21,900               0.70     無担保社債      平成31年3月22日
                               (7,700)
       無担保社債
                                7,700
        合計          ―      21,900                ―       ―       ―
                               (7,700)
      (注)   1 当期末残高欄の下段(             )内の金額は内数で、1年内に償還する予定の社債であります。
        2 貸借対照表日後5年以内における1年ごとの償還予定額は以下のとおりであります。
         1年以内        1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

          (千円)          (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          7,700           ―          ―          ―          ―
         【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                        ―         ―     ―          ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     56,419         34,776       1.66           ―

     1年以内に返済予定のリース債務                       648         659     1.65           ―

                                                平成31年10月20日~
     長期借入金(1年以内に返済予定
                          164,065         129,289        1.65
     のものを除く。)                                            平成36年3月27日
                                                平成31年10月13日~
     リース債務(1年以内に返済予定
                            936         277     1.65
     のものを除く。)                                            平成32年2月13日
     その他有利子負債                        ―         ―     ―          ―
            合計              222,069         165,001        ―          ―

      (注)   1 「平均利率」については、期末借入金残高等に対する加重平均利率を記載しております。
        2    長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年以内における1年
           ごとの返済予定額は以下のとおりであります。
                 1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
          区分
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
         長期借入金              34,776          34,776          30,651          20,347
         リース債務               277           ―          ―          ―
         【引当金明細表】

                                   当期減少額        当期減少額

                   当期首残高        当期増加額                         当期末残高
          区分                         (目的使用)         (その他)
                    (千円)        (千円)                         (千円)
                                    (千円)        (千円)
     貸倒引当金                 5,993        4,010        3,757          ―      6,246
     製品保証引当金                 8,450        2,496          ―        ―      10,947

         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
                                 57/66




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【主な資産及び負債の内容】
       ①   現金及び預金
                 区分                         金額(千円)

     現金                                                   52

     預金

       当座預金                                                 599,638

       普通預金                                                 67,540

      定期預金

                                                      200,000
      定期積金

                                                       12,007
      別段預金                                                  200

      外貨預金                                                   0

                  計                                     879,387

                 合計                                     879,439

       ② 受取手形

         相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)

     島津メディカルシステムズ株式会社                                                  2,094

                 合計                                      2,094

         期日別内訳

                 期日別                          金額(千円)

     平成30年10月満期                                                   390

     平成30年12月満期                                                  1,704

                 合計                                      2,094

                                 58/66







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       ③ 売掛金
         相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)

     東京医療化学株式会社                                                 374,390

     コニカミノルタヘルスケア株式会社                                                 42,970

     株式会社中部メディカル                                                 31,114

     グリーンホスピタルサプライ株式会社                                                 28,512

     ホープ産業株式会社                                                 22,622

     その他                                                 218,962

                 合計                                     718,572

         売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

                                                   滞留期間(日)

                                          回収率(%)
                                                   (A)+(D)
       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                                     2
        (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                           (C)
                                              ×100
                                                     (B)
        (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)+(B)
                                                     365
         631,276        1,752,513         1,665,216          718,572          69.86        140.57
      (注)    消費税等の会計処理は、税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
       ④ 商品

                 区分                         金額(千円)

     ヘルスケアソリューション事業                                                 11,134

     GEOソリューション事業                                                  1,686

                 合計                                      12,820

       ⑤ 仕掛品

                 区分                         金額(千円)

     ヘルスケアソリューション事業                                                 11,288

     GEOソリューション事業                                                   132

                 合計                                      11,420

                                 59/66





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
       ⑥ 貯蔵品
                 区分                         金額(千円)

     ギフトカード類                                                   325

     その他                                                   175

                 合計                                       500

       ⑦   関係会社株式

                 銘柄                         金額(千円)

     (関連会社株式)
                                                      399,000
     株式会社エンパワープレミアム
                 合計                                     399,000
       ⑧ 買掛金

         相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)

     株式会社ヴァイタス                                                 109,395

     ユニアデックス株式会社                                                 37,106

     ホープ産業株式会社                                                 29,106

     EIZO株式会社                                                 22,096

     株式会社イービーエム・ジャパン                                                  8,923

     その他                                                 57,136

                 合計                                     263,765

                                 60/66









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
      (3)  【その他】
        当事業年度における四半期情報等
                      第1四半期          第2四半期          第3四半期          当事業年度

         (累計期間)
                    (自  平成29年10月1日        (自  平成29年10月1日        (自  平成29年10月1日        (自  平成29年10月1日
                    至 平成29年12月31日)         至 平成30年3月31日)         至 平成30年6月30日)         至 平成30年9月30日)
     売上高           (千円)            ―          ―       942,854         1,653,504
     税引前当期純利益
     又は
                (千円)            ―          ―      △46,903           16,527
     税引前四半期純損失
     (△)
     当期純利益又は

                (千円)            ―          ―      △50,997           8,395
     四半期純損失(△)
     1株当たり

     当期純利益又は
                (円)            ―          ―       △9.09           1.44
     1株当たり
     四半期純損失(△)
                      第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

         (会計期間)
                    (自  平成29年10月1日        (自  平成30年1月1日        (自  平成30年4月1日        (自  平成30年7月1日
                    至  平成29年12月31日)         至  平成30年3月31日)         至  平成30年6月30日)         至  平成30年9月30日)
     1株当たり
     四半期純利益又は
                (円)            ―          ―       △8.71           1.30
     1株当たり
     四半期純損失(△)
      (注)第2四半期までは連結決算であったことから開示を省略しております。
                                 61/66












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             10月1日から9月30日まで

     定時株主総会             12月中

     基準日             9月30日

     剰余金の配当の基準日             3月31日、9月30日

     1単元の株式数             100株

     単元未満株式の買取り

                  (特別口座)
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号                       三井住友信託銀行株式会社              証券代行部
       取扱場所
       株主名簿管理人             株主名簿管理人においては取り扱っておりません。

       取次所             ─

       買取手数料             株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                  電子公告により行う。但し、電子公告をすることができないやむを得ない事由が生じ
                  た場合は、日本経済新聞に掲載する。
     公告掲載方法
                  公告掲載URL      http://www.imageone.co.jp/
     株主に対する特典             なし
      (注)    当社の株主名簿管理人は以下のとおりです。
          東京都中央区八重洲一丁目2番1号                   みずほ信託銀行株式会社
                                 62/66












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     第7   【提出会社の参考情報】

     1  【提出会社の親会社等の情報】

       親会社等はありません。
     2  【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに有価証券報告書の確認書
       事業年度 第34期(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
       平成29年12月21日関東財務局長に提出
     (2)  内部統制報告書及びその添付書類
       事業年度 第34期(自 平成28年10月1日 至 平成29年9月30日)
       平成29年12月21日関東財務局長に提出
     (3)  四半期報告書、四半期報告書の確認書
       第35期第1四半期(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)
       平成30年2月13日関東財務局長に提出
       第35期第2四半期(自 平成30年1月1日 至 平成30年3月31日)
       平成30年5月14日関東財務局長に提出
       第35期第3四半期(自 平成30年4月1日 至 平成30年6月30日)
       平成30年8月13日関東財務局長に提出
     (4)  臨時報告書
       平成29年12月22日関東財務局長に提出
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基づく
      臨時報告書であります。
       平成30年4月25日関東財務局長に提出
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第3号(特定子会社の異動)の規定に基づく臨時報告書でありま
      す。
       平成30年10月5日関東財務局長に提出
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)の規定に基づく臨時報告書であります。
       平成30年11月9日関東財務局長に提出
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)の規定に基づく臨時報告書であります。
       平成30年12月7日関東財務局長に提出
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の4(監査公認会計士等の異動)の規定に基づく臨時報告
      書であります。
     (5)  有価証券届出書及びその添付書類
       第三者割当による新株予約権の発行
       平成30年4月25日関東財務局長に提出
                                 63/66






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 64/66



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成30年12月20日

     株式会社イメージ ワン
      取締役会 御中
                          水都有限責任監査法人
                                    指定有限責任社員

                                            公認会計士
                                                  香川 幸男        ㊞
                                    業 務 執 行 社 員
                                    指定有限責任社員

                                            公認会計士
                                                  大塚 隆史        ㊞
                                    業 務 執 行 社 員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社イメージ           ワンの平成29年10月1日から平成30年9月30日までの第35期事業年度の財務諸表、すなわち、貸
     借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属
     明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、   
     株式会社イメージ         ワンの平成30年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッ
     シュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 65/66






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社イメージワン(E02922)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社イメージ                                                  ワンの平
     成30年9月30日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社イメージ                ワンが平成30年9月30日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上
     記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠し
     て、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

           会社)が別途保管しております。
         2 XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 66/66








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。