トヨタ モーター クレジット コーポレーション 訂正発行登録書

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     【表紙】
     【提出書類】                   訂正発行登録書
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   平成31年1月7日
     【会社名】                   トヨタ    モーター     クレジット      コーポレーション
                       (Toyota     Motor   Credit    Corporation)
     【代表者の役職氏名】                   社長兼主席業務執行役員
                       (President      and  Chief   Executive      Officer)
                       マーク・テンプリン
                       (Mark   Templin)
     【本店の所在の場所】                   アメリカ合衆国         75024-5965      テキサス州      プレイノ
                       W2-5A     ヘッドクウォーターズ・ドライブ                  6565番地
                       (6565   Headquarters       Drive,    W2-5A,    Plano,    Texas
                        75024-5965,       United    States)
     【代理人の氏名又は名称】                   弁護士  広 瀬 卓 生
     【代理人の住所又は所在地】                   東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング

                       アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                   03-6775-1000
     【事務連絡者氏名】                   弁護士  黒 田 康 之
                        同   井 上 貴美子
                        同   原 田 寛 司
     【連絡場所】                   東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング
                       アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                   03-6775-1341
     【発行登録の対象とした                   社債
      売出有価証券の種類】
     【発行登録書の内容】
      提出日                    平成29年6月15日

      効力発生日                    平成29年6月23日
      有効期限                    平成31年6月22日
      発行登録番号                    29-外1
      発行予定額又は発行残高の上限                    発行予定額 1兆5,000億円
      発行可能額                    1,164,145,426,580円
     【効力停止期間】                   この訂正発行登録書の提出による発行登録の効力停止期間は、平成

                       31年1月7日(提出日)である。
     【提出理由】                   発行登録書に一定の記載事項を追加するため、本訂正発行登録書を
                       提出するものである。(訂正内容については、以下を参照のこと。)
     【縦覧に供する場所】                   該当事項なし

                                   1/151




                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     【訂正内容】

     第一部      【証券情報】

      (以下の記載が、発行登録書の「第一部 証券情報」の見出しと「第1                                      募集要項」の見出しの間に挿入され

     る。)
     <トヨタ     モーター     クレジット      コーポレーション          2024年1月満期         米ドル建社債、トヨタ            モーター     クレジット

      コーポレーション          2024年1月満期         豪ドル建社債及びトヨタ             モーター     クレジット      コーポレーション          2024年1
      月満期    ニュージーランドドル建社債に関する情報>
      (注1) 本書中の「TMCC」とは、トヨタ                   モーター     クレジット      コーポレーションを、「グループ会社」とは、TMCC及びその
          連結子会社を指す。
      (注2) 本書中に別段の表示がある場合を除き、
          ・「米ドル」又は「米セント」はすべてアメリカ合衆国の法定通貨を指し、
          ・「豪ドル」又は「豪セント」はすべてオーストラリア連邦の法定通貨を指し、
          ・「ニュージーランドドル」又は「ニュージーランドセント」はすべてニュージーランドの法定通貨を指し、
          ・「円」はすべて日本国の法定通貨を指す。
     第1    【募集要項】


      該当事項なし

                                   2/151











                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     第2    【売出要項】
      以下に記載するもの以外については、有価証券を売出しにより取得させるに当たり、その都度「訂正発行登録

     書」又は「発行登録追補書類」に記載する。本書中の未定の事項は2019年1月下旬に決定する。
      本「第2 売出要項」には3本の異なる種類の社債についての記載がなされている。一定の記載事項について、

     トヨタ    モーター     クレジット       コーポレーション          2024年1月満期         米ドル建社債(以下「米ドル建社債」とい
     う。)、トヨタ        モーター     クレジット      コーポレーション          2024年1月満期         豪ドル建社債(以下「豪ドル建社債」と
     いう。)及びトヨタ          モーター     クレジット      コーポレーション          2024年1月満期         ニュージーランドドル建社債(以下
     「ニュージーランドドル建社債」という。)ごとに異なる取扱いがなされる場合には、それぞれの社債ごとに記載
     内容を分けて記載している。一方、それぞれの社債の内容に差異がない場合又は一定の事項を除き差異がない場合
     には、それぞれの社債に関する記載は共通のものとしてまとめ、かつ例外事項があればこれを示して記載してい
     る。まとめて記載した場合、これら3本の社債を「本社債」と総称する。
     1  【売出有価証券】

      【売出社債(短期社債を除く。)】
     米ドル建社債

                      売出券面額の総額
                                           売出しに係る社債の所有者の
            銘柄          又は売出振替社債          売出価額の総額
                                            住所及び氏名又は名称
                        の総額
                                        東京都中央区日本橋一丁目9番1号
     トヨタ    モーター     クレジット
                                        野村證券株式会社
     コーポレーション         2024年1月満
                       (未定)米ドル         (未定)米ドル
     期  米ドル建社債       (注1)
                                        (以下「売出人」という。)
      記名・無記名の別            各社債の金額             利率          利払日          償還期限
                           年率(未定)%(年率
                           2.4%から3.8%まで             1月30日及び
         記名式          1,000米ドル                                2024年1月30日
                           を仮条件(注2)とす              7月30日
                           る。)
      (注1) 本社債は、ユーロ市場において2019年1月30日に発行される。本社債が証券取引所に上場される予定はない。
      (注2) 上記仮条件は、2018年12月20日現在の市場環境等を踏まえて設定されたものであり、最終的に決定される利率は、
          本社債の条件が決定される2019年1月下旬における市場環境等を勘案した上で決定されるため、上記仮条件の範囲
          外となる可能性がある。
                                   3/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     豪ドル建社債
                      売出券面額の総額
                                           売出しに係る社債の所有者の
            銘柄          又は売出振替社債          売出価額の総額
                                            住所及び氏名又は名称
                        の総額
                                        東京都中央区日本橋一丁目9番1号
     トヨタ    モーター     クレジット
                                        野村證券株式会社
     コーポレーション         2024年1月満
                       (未定)豪ドル         (未定)豪ドル
     期  豪ドル建社債       (注1)
                                        (以下「売出人」という。)
      記名・無記名の別            各社債の金額             利率          利払日          償還期限
                           年率(未定)%(年率
                           2.2%から3.6%まで             1月30日及び
         記名式          1,000豪ドル                                2024年1月30日
                           を仮条件(注2)とす              7月30日
                           る。)
      (注1) 本社債は、ユーロ市場において2019年1月30日に発行される。本社債が証券取引所に上場される予定はない。
      (注2) 上記仮条件は、2018年12月20日現在の市場環境等を踏まえて設定されたものであり、最終的に決定される利率は、
          本社債の条件が決定される2019年1月下旬における市場環境等を勘案した上で決定されるため、上記仮条件の範囲
          外となる可能性がある。
     ニュージーランドドル建社債

                      売出券面額の総額
                                           売出しに係る社債の所有者の
            銘柄          又は売出振替社債          売出価額の総額
                                            住所及び氏名又は名称
                        の総額
     トヨタ    モーター     クレジット
                                        東京都中央区日本橋一丁目9番1号
     コーポレーション         2024年1月満
                     (未定)ニュージーラ          (未定)ニュージー         野村證券株式会社
                        ンドドル         ランドドル
     期  ニュージーランドドル建社債
                                        (以下「売出人」という。)
     (注1)
      記名・無記名の別            各社債の金額             利率          利払日          償還期限
                           年率(未定)%(年率
                1,000ニュージーラン           2.3%から3.7%まで             1月30日及び
         記名式                                         2024年1月30日
                   ドドル        を仮条件(注2)とす              7月30日
                           る。)
      (注1) 本社債は、ユーロ市場において2019年1月30日に発行される。本社債が証券取引所に上場される予定はない。
      (注2) 上記仮条件は、2018年12月20日現在の市場環境等を踏まえて設定されたものであり、最終的に決定される利率は、
          本社債の条件が決定される2019年1月下旬における市場環境等を勘案した上で決定されるため、上記仮条件の範囲
          外となる可能性がある。
      共通摘要

      (1)  本社債には、TMCCの関係会社その他の者による保証は付されない。本社債の所持人は、トヨタ自動車株式会
       社(以下「トヨタ自動車」という。)とトヨタファイナンシャルサービス株式会社(以下「TFS」という。)との
       間の2000年7月14日付のクレジット・サポート・アグリーメント(その後の追補を含む。)及びTFSとTMCCとの
       間の2000年10月1日付のクレジット・サポート・アグリーメント(両契約とも日本法を準拠法とする。)による
       利益を享受する。
      (2)  金融商品取引法第66条の27に基づく信用格付業者(以下「信用格付業者」という。)から提供され、若しくは
       閲覧に供される予定の信用格付
        本社債につき、TMCCの依頼により、信用格付業者から提供され、又は閲覧に供される信用格付(予定を含
       む。)はない。
                                   4/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     2  【売出しの条件】
        売出価格            申込期間          申込単位       申込証拠金           申込受付場所

                                            米ドル建社債
                                             売出人及び売出取扱人(以下
                             米ドル建社債
                                             に定義する。)並びに下記摘
                              額面金額
                                             要(3)記載の金融機関の日本
                              1,000米ドル
                                             国内の本店及び各支店
                                            豪ドル建社債
                             豪ドル建社債
                  2019年1月24日から
                                             売出人及び売出取扱人(以下
                              額面金額
                  同年1月30日まで                    な  し
      額面金額の100.00%                                       に定義する。)並びに下記摘
                              1,000豪ドル
                                             要(3)記載の金融機関の日本
                                             国内の本店及び各支店
                             ニュージーラン
                                            ニュージーランドドル建社債
                             ドドル建社債
                                             売出人及び売出取扱人(以下
                              額面金額
                                             に定義する。)並びに下記摘
                             1,000ニュージー
                                             要(3)記載の金融機関の日本
                              ランドドル
                                             国内の本店及び各支店
         売出しの委託を受けた者の住所及び氏名又は名称                                 売出しの委託契約の内容
     米ドル建社債                                米ドル建社債
      FFG証券株式会社                                野村證券株式会社は、FFG証券株式会
      福岡県福岡市中央区天神二丁目13番1号                                社、九州FG証券株式会社、京銀証券株式
                                      会社、ぐんぎん証券株式会社、ごうぎん証
      九州FG証券株式会社
                                      券株式会社及びとうほう証券株式会社に本
      熊本県熊本市中央区紺屋町一丁目13番地5
                                      社債の売出しの取扱いを委託している。
      京銀証券株式会社
      京都府京都市下京区烏丸通松原上る薬師前町700番地
                                     豪ドル建社債
                                      野村證券株式会社は、FFG証券株式会
      ぐんぎん証券株式会社
                                      社、九州FG証券株式会社、京銀証券株式
      群馬県前橋市本町二丁目2番11号
                                      会社、ぐんぎん証券株式会社、ごうぎん証
      ごうぎん証券株式会社
                                      券株式会社及びとうほう証券株式会社に本
      島根県松江市津田町319番地1
                                      社債の売出しの取扱いを委託している。
      とうほう証券株式会社
                                     ニュージーランドドル建社債
      福島県福島市大町3番25号
                                      野村證券株式会社は、FFG証券株式会
                                      社、九州FG証券株式会社、京銀証券株式
     豪ドル建社債
                                      会社、ごうぎん証券株式会社及びとうほう
      FFG証券株式会社
                                      証券株式会社に本社債の売出しの取扱いを
      福岡県福岡市中央区天神二丁目13番1号
                                      委託している。
      九州FG証券株式会社
      熊本県熊本市中央区紺屋町一丁目13番地5
      京銀証券株式会社
      京都府京都市下京区烏丸通松原上る薬師前町700番地
      ぐんぎん証券株式会社
      群馬県前橋市本町二丁目2番11号
      ごうぎん証券株式会社
      島根県松江市津田町319番地1
      とうほう証券株式会社
      福島県福島市大町3番25号
     ニュージーランドドル建社債
      FFG証券株式会社
      福岡県福岡市中央区天神二丁目13番1号
      九州FG証券株式会社
      熊本県熊本市中央区紺屋町一丁目13番地5
      京銀証券株式会社
      京都府京都市下京区烏丸通松原上る薬師前町700番地
      ごうぎん証券株式会社
      島根県松江市津田町319番地1
      とうほう証券株式会社
      福島県福島市大町3番25号
      (以下「売出取扱人」と総称する。)
                                   5/151



                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      摘要
      (1)  本社債の受渡期日は、2019年1月31日(日本時間)である。
      (2)  本社債の各申込人は、売出人又は売出取扱人の本支店において各申込人の名義で外国証券取引口座を開設し
       なければならない。本書に別途規定する場合を除き、各申込人が売出人又は売出取扱人との間で行う本社債の
       取引に関しては、当該売出人又は売出取扱人から交付される外国証券取引口座約款に基づき、当該外国証券取
       引口座を通じて処理される。
      (3)  売出人及び売出取扱人は、金融商品取引法(その後の改正を含む。)第33条の2に基づく登録を受けた銀行等
       の金融機関に、本社債の売出しの取扱業務の一部を行うことを委託することがある。
      (4)  本社債は、1933年合衆国証券法(その後の改正を含み、以下「合衆国証券法」という。)に基づき登録されて
       おらず、今後登録される予定もない。合衆国証券法に基づいて本社債の登録を行うか又は合衆国証券法の登録
       義務の免除を受ける場合を除き、合衆国内において、又は米国人(U.S.                                     Person)に対し、米国人の計算で、若
       しくは米国人のために、本社債の募集、売出し又は販売を行ってはならない。この「摘要(4)」において使用
       された用語は、合衆国証券法に基づくレギュレーションSにより定義された意味を有する。
      社債の概要

      1 利息
       米ドル建社債
       (a)  各本社債の利息は、上記利率で、2019年1月30日(当日を含む。)から2024年1月30日(当日を含まない。)
        までこれを付し、毎年1月30日及び7月30日(以下、それぞれを「利払日」という。)に半年分を後払いす
        る。各利払日に支払われる利息は、額面金額1,000米ドルの各本社債につき(未定)米ドルである。
         本社債に関する支払については、「修正翌営業日基準」(Modified                                    Following      Business     Day  Convention)
        が適用される。この基準の下で、利払日又は満期日(下記「2                                 償還及び買入れ (a)満期償還」に定義す
        る。)が営業日(以下に定義する。)以外の日にあたる場合には、当該元金又は利息の支払は翌営業日に(当該
        利払日又は(場合により)満期日に行われたと同様に)行われるが、その結果、支払が翌月に行われることと
        なる場合には、その全額が直前の営業日に(その日に支払期日が到来したのと同様に)支払われるものとす
        る。上記営業日基準の適用の結果、利払日又は満期日以外の日に支払が行われた場合、支払われるべき利息
        額は変更されない。
         利払日以外の日に満了する期間についての利息額を計算することが必要な場合(前段に定める営業日基準
        の適用の結果、利払日又は満期日以外の日に支払が行われる場合の期間は含まない。)には、かかる利息額
        は、上記利率を各本社債の額面金額に乗じた金額に、適用のある日数調整係数(以下に定義する。)をさらに
        乗じて得られる金額の1米セント未満を四捨五入して計算されるものとする。
         「社債の概要」において、
         「営業日」とは、ロンドン及びニューヨーク市において商業銀行及び外国為替市場が支払決済並びに一般
        業務(外国為替及び外貨預金を含む。)を行っている日をいう。
         「日数調整係数」とは、直近の利払日(かかる利払日が存在しない場合は、本社債の発行日)(当日を含
        む。)から利息が支払われるべき日(当日を含まない。)までの該当する期間中の日数(かかる日数は1年を各
        月30日とする12ヶ月からなる360日として計算される。)を360で除した日数(未完の月の場合は経過した実日
        数)をいう。
                                   6/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (b)  利息の発生
         各本社債(各本社債の一部償還の場合には、償還される部分のみ)の利息(もしあれば)は、償還日以降はこ
        れを付さない。ただし、元金の支払が不当に留保又は拒絶された場合は、この限りでない。この場合、(ⅰ)
        当該本社債に関して当該受領の日までに支払われるべき金額の全額が当該本社債の所持人により、若しくは
        当該所持人のために受領された日又は(ⅱ)登録機関(下記「12                                その他 (3)       代理契約及び社債代理契約」に
        定義する。)又は名義書換代理人(下記「12                      その他 (3)       代理契約及び社債代理契約」に定義する。)が当該
        本社債に関して当該受領の日までに支払われるべき金額の全額を受領した旨を当該本社債の所持人に対して
        (下記「9      通知」に従い若しくは個別に)通知した日のうちいずれか早く到来する日まで、その時点で適用
        のある利率による利息が付されるものとする。
       豪ドル建社債

       (a)  各本社債の利息は、上記利率で、2019年1月30日(当日を含む。)から2024年1月30日(当日を含まない。)
        までこれを付し、毎年1月30日及び7月30日(以下、それぞれを「利払日」という。)に半年分を後払いす
        る。各利払日に支払われる利息は、額面金額1,000豪ドルの各本社債につき(未定)豪ドルである。
         本社債に関する支払については、「修正翌営業日基準」(Modified                                    Following      Business     Day  Convention)
        が適用される。この基準の下で、利払日又は満期日(下記「2                                 償還及び買入れ (a)満期償還」に定義す
        る。)が営業日(以下に定義する。)以外の日にあたる場合には、当該元金又は利息の支払は翌営業日に(当該
        利払日又は(場合により)満期日に行われたと同様に)行われるが、その結果、支払が翌月に行われることと
        なる場合には、その全額が直前の営業日に(その日に支払期日が到来したのと同様に)支払われるものとす
        る。上記営業日基準の適用の結果、利払日又は満期日以外の日に支払が行われた場合、支払われるべき利息
        額は変更されない。
         利払日以外の日に満了する期間についての利息額を計算することが必要な場合(前段に定める営業日基準
        の適用の結果、利払日又は満期日以外の日に支払が行われる場合の期間は含まない。)には、かかる利息額
        は、上記利率を各本社債の額面金額に乗じた金額に、適用のある日数調整係数(以下に定義する。)をさらに
        乗じて得られる金額の1豪セント未満を四捨五入して計算されるものとする。
         「社債の概要」において、
         「営業日」とは、ロンドン、ニューヨーク市及びシドニーにおいて商業銀行及び外国為替市場が支払決済
        並びに一般業務(外国為替及び外貨預金を含む。)を行っている日をいう。
         「日数調整係数」とは、直近の利払日(かかる利払日が存在しない場合は、本社債の発行日)(当日を含
        む。)から利息が支払われるべき日(当日を含まない。)までの該当する期間中の日数(かかる日数は1年を各
        月30日とする12ヶ月からなる360日として計算される。)を360で除した日数(未完の月の場合は経過した実日
        数)をいう。
                                   7/151






                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (b)  利息の発生
         各本社債(各本社債の一部償還の場合には、償還される部分のみ)の利息(もしあれば)は、償還日以降はこ
        れを付さない。ただし、元金の支払が不当に留保又は拒絶された場合は、この限りでない。この場合、(ⅰ)
        当該本社債に関して当該受領の日までに支払われるべき金額の全額が当該本社債の所持人により、若しくは
        当該所持人のために受領された日又は(ⅱ)登録機関(下記「12                                その他 (3)       代理契約及び社債代理契約」に
        定義する。)又は名義書換代理人(下記「12                      その他 (3)       代理契約及び社債代理契約」に定義する。)が当該
        本社債に関して当該受領の日までに支払われるべき金額の全額を受領した旨を当該本社債の所持人に対して
        (下記「9      通知」に従い若しくは個別に)通知した日のうちいずれか早く到来する日まで、その時点で適用
        のある利率による利息が付されるものとする。
       ニュージーランドドル建社債

       (a)  各本社債の利息は、上記利率で、2019年1月30日(当日を含む。)から2024年1月30日(当日を含まない。)
        までこれを付し、毎年1月30日及び7月30日(以下、それぞれを「利払日」という。)に半年分を後払いす
        る。各利払日に支払われる利息は、額面金額1,000ニュージーランドドルの各本社債につき(未定)ニュー
        ジーランドドルである。
         本社債に関する支払については、「修正翌営業日基準」(Modified                                    Following      Business     Day  Convention)
        が適用される。この基準の下で、利払日又は満期日(下記「2                                 償還及び買入れ (a)満期償還」に定義す
        る。)が営業日(以下に定義する。)以外の日にあたる場合には、当該元金又は利息の支払は翌営業日に(当該
        利払日又は(場合により)満期日に行われたと同様に)行われるが、その結果、支払が翌月に行われることと
        なる場合には、その全額が直前の営業日に(その日に支払期日が到来したのと同様に)支払われるものとす
        る。上記営業日基準の適用の結果、利払日又は満期日以外の日に支払が行われた場合、支払われるべき利息
        額は変更されない。
         利払日以外の日に満了する期間についての利息額を計算することが必要な場合(前段に定める営業日基準
        の適用の結果、利払日又は満期日以外の日に支払が行われる場合の期間は含まない。)には、かかる利息額
        は、上記利率を各本社債の額面金額に乗じた金額に、適用のある日数調整係数(以下に定義する。)をさらに
        乗じて得られる金額の1ニュージーランドセント未満を四捨五入して計算されるものとする。
         「社債の概要」において、
         「営業日」とは、ロンドン、ニューヨーク市、オークランド及びウェリントンにおいて商業銀行及び外国
        為替市場が支払決済並びに一般業務(外国為替及び外貨預金を含む。)を行っている日をいう。
         「日数調整係数」とは、直近の利払日(かかる利払日が存在しない場合は、本社債の発行日)(当日を含
        む。)から利息が支払われるべき日(当日を含まない。)までの該当する期間中の日数(かかる日数は1年を各
        月30日とする12ヶ月からなる360日として計算される。)を360で除した日数(未完の月の場合は経過した実日
        数)をいう。
                                   8/151






                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (b)  利息の発生
         各本社債(各本社債の一部償還の場合には、償還される部分のみ)の利息(もしあれば)は、償還日以降はこ
        れを付さない。ただし、元金の支払が不当に留保又は拒絶された場合は、この限りでない。この場合、(ⅰ)
        当該本社債に関して当該受領の日までに支払われるべき金額の全額が当該本社債の所持人により、若しくは
        当該所持人のために受領された日又は(ⅱ)登録機関(下記「12                                その他 (3)       代理契約及び社債代理契約」に
        定義する。)又は名義書換代理人(下記「12                      その他 (3)       代理契約及び社債代理契約」に定義する。)が当該
        本社債に関して当該受領の日までに支払われるべき金額の全額を受領した旨を当該本社債の所持人に対して
        (下記「9      通知」に従い若しくは個別に)通知した日のうちいずれか早く到来する日まで、その時点で適用
        のある利率による利息が付されるものとする。
      2 償還及び買入れ

       (a)  満期償還
       米ドル建社債
         下記の規定に従い期限前に償還又は買入消却されない限り、各本社債は、TMCCにより、2024年1月30日
        (以下「満期日」という。)に米ドルにより額面金額(以下「満期償還価格」という。)で償還されるものとす
        る。
       豪ドル建社債

         下記の規定に従い期限前に償還又は買入消却されない限り、各本社債は、TMCCにより、2024年1月30日
        (以下「満期日」という。)に豪ドルにより額面金額(以下「満期償還価格」という。)で償還されるものとす
        る。
       ニュージーランドドル建社債

         下記の規定に従い期限前に償還又は買入消却されない限り、各本社債は、TMCCにより、2024年1月30日
        (以下「満期日」という。)にニュージーランドドルにより額面金額(以下「満期償還価格」という。)で償還
        されるものとする。
       (b)  税制変更による繰上償還

         TMCCが、アメリカ合衆国(若しくは同国の若しくは同国内の徴税権を有する下部行政主体若しくはいかな
        る当局)の法律(若しくはかかる法律に基づき制定された規則若しくは通達)の改正若しくは変更、又はかか
        る法律、規則若しくは通達の適用若しくは公的解釈の変更(ただし、いずれの場合も、本社債の発行日以後
        に施行された改正又は変更に限る。)の結果、本社債に関する次回の支払に際して、下記「8                                                租税上の取扱
        い (1)     合衆国の租税 税制上の理由による追加額の支払」に定める追加額を支払う必要があるとTMCCが判
        断した場合には、TMCCはいつでも本社債の全部(一部は不可)をその額面金額(以下「期限前償還価格」とい
        う。)に、(必要があれば)本号に基づく償還のための期日(当日を含まない。)までの未払経過利息を付して
        償還することができる。
                                   9/151




                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
         本社債を償還する場合には、本号に基づく償還のための期日に先立つ30日ないし60日の期間中に、下記
        「9   通知」に従って、少なくとも1回償還通知を行うものとする。ただし、かかる変更又は改正の施行期
        日の90日前の日より前に当該償還通知を行わないこと、及びかかる償還通知の時に当該追加額の支払義務が
        有効に存続していることを条件とする。当該償還期日に償還資金が提供された場合には、当該本社債には当
        該償還期日以降利息は付されず、当該本社債の所持人は、期限前償還価格及び(必要があれば)当該償還期日
        (当日を含まない。)までに発生した未払利息の全額を受領する権利のみを有する。
         本号及び下記「6          債務不履行事由」に別段の定めがある場合を除き、本社債を満期日より前に償還する
        ことはできない。
       (c)  買入れ

         TMCC又はその子会社は、市場その他において、いかなる価格ででも、随時本社債を買入れることができ
        る。買入れが入札によってなされる場合には、本社債のすべての所持人に対し平等に買入れの申込みを行わ
        なければならない。当該本社債は、TMCCの選択により、(ⅰ)転売され、再発行され、若しくは(その後の転
        売若しくは再発行のために)TMCCにより保持されるか、又は(ⅱ)消却のために登録機関又は名義書換代理人
        に引渡されるものとし、引渡された本社債を転売又は再発行してはならない。
       (d)  消却

         償還されたすべての本社債は、直ちに消却されるものとする。消却されたすべての本社債及び上記(c)に
        基づき買入れ及び消却された本社債は、登録機関又は名義書換代理人(下記「12                                         その他 (3)       代理契約及び
        社債代理契約」に定義する。)に引渡されるものとし、再発行又は転売することはできない。
      3 支払

       (a)  支払方法
       米ドル建社債
         本社債に関する支払は(下記の制限の下で)、下記(c)に規定されている場合を除き、支払受領者が指定す
        るアメリカ合衆国外の米ドル建口座への入金又は送金により行われるものとする。
         下記(c)に定める場合を除き、小切手はTMCCの職員若しくは代理の者、登録機関又は名義書換代理人に
        よってアメリカ合衆国若しくはその属領内の住所において引渡されてはならず、また金員はこれらの者に
        よってアメリカ合衆国又はその属領内の銀行にある口座に振込まれてはならない。一切の支払は、支払地に
        おいて適用のある財政その他の法令、財政当局その他の当局の税務に関する行政慣行及び手続、マネーロン
        ダリング防止策並びに(元金、償還額、利息又はその他を問わず)本社債に関して支払われるべき金額に適
        用される可能性のあるその他の要件に服するが、下記「8                               租税上の取扱い (1)            合衆国の租税 税制上の
        理由による追加額の支払」の規定の適用を妨げない。しかし、1986年合衆国内国歳入法(その後の改正を含
        む。)の第1471条から第1474条、これらに関して公布された規則、その他の指針若しくはそれらの公的解釈
        (第1471条(b)項に記載された契約に基づく場合を含む。)、又はこれらに対して代替的アプローチを導入す
        る政府間契約若しくはこれらに関連して導入する法律に基づき源泉徴収が要求される場合、TMCCはかかる源
        泉徴収について「8           租税上の取扱い (1)            合衆国の租税 税制上の理由による追加額の支払」に基づく追
        加額を支払う義務を負わない。
                                  10/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       豪ドル建社債
         本社債に関する支払は(下記の制限の下で)、支払受領者がシドニーに所在する銀行に有する豪ドル建口座
        への入金若しくは送金、又は支払受領者の選択により、シドニーに所在する銀行を支払場所とする豪ドル建
        小切手により行われるものとする。
         下記(c)に定める場合を除き、小切手はTMCCの職員若しくは代理の者、登録機関又は名義書換代理人に
        よってアメリカ合衆国若しくはその属領内の住所において引渡されてはならず、また金員はこれらの者に
        よってアメリカ合衆国又はその属領内の銀行にある口座に振込まれてはならない。一切の支払は、支払地に
        おいて適用のある財政その他の法令、財政当局その他の当局の税務に関する行政慣行及び手続、マネーロン
        ダリング防止策並びに(元金、償還額、利息又はその他を問わず)本社債に関して支払われるべき金額に適
        用される可能性のあるその他の要件に服するが、下記「8                               租税上の取扱い (1)            合衆国の租税 税制上の
        理由による追加額の支払」の規定の適用を妨げない。しかし、1986年合衆国内国歳入法(その後の改正を含
        む。)の第1471条から第1474条、これらに関して公布された規則、その他の指針若しくはそれらの公的解釈
        (第1471条(b)項に記載された契約に基づく場合を含む。)、又はこれらに対して代替的アプローチを導入す
        る政府間契約若しくはこれらに関連して導入する法律に基づき源泉徴収が要求される場合、TMCCはかかる源
        泉徴収について「8           租税上の取扱い (1)            合衆国の租税 税制上の理由による追加額の支払」に基づく追
        加額を支払う義務を負わない。
       ニュージーランドドル建社債

         本社債に関する支払は(下記の制限の下で)、支払受領者がオークランドに所在する銀行に有するニュー
        ジーランドドル建口座への入金若しくは送金、又は支払受領者の選択により、オークランドに所在する銀行
        を支払場所とするニュージーランドドル建小切手により行われるものとする。
         下記(c)に定める場合を除き、小切手はTMCCの職員若しくは代理の者、登録機関又は名義書換代理人に
        よってアメリカ合衆国若しくはその属領内の住所において引渡されてはならず、また金員はこれらの者に
        よってアメリカ合衆国又はその属領内の銀行にある口座に振込まれてはならない。一切の支払は、支払地に
        おいて適用のある財政その他の法令、財政当局その他の当局の税務に関する行政慣行及び手続、マネーロン
        ダリング防止策並びに(元金、償還額、利息又はその他を問わず)本社債に関して支払われるべき金額に適
        用される可能性のあるその他の要件に服するが、下記「8                               租税上の取扱い (1)            合衆国の租税 税制上の
        理由による追加額の支払」の規定の適用を妨げない。しかし、1986年合衆国内国歳入法(その後の改正を含
        む。)の第1471条から第1474条、これらに関して公布された規則、その他の指針若しくはそれらの公的解釈
        (第1471条(b)項に記載された契約に基づく場合を含む。)、又はこれらに対して代替的アプローチを導入す
        る政府間契約若しくはこれらに関連して導入する法律に基づき源泉徴収が要求される場合、TMCCはかかる源
        泉徴収について「8           租税上の取扱い (1)            合衆国の租税 税制上の理由による追加額の支払」に基づく追
        加額を支払う義務を負わない。
                                  11/151






                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (b)  本社債の呈示及び引渡し
         本社債の元利金の支払に関する条項は、各大券又は最終券面及び本社債に適用される要項(以下「社債の
        要項」という。)の別途の規定により定められる。本社債の利息は、記録日に登録簿(下記「12                                                   その他 
        (5)  様式、額面及び所有権」に定義する。)に登録されている者に対して支払われる。「記録日」とは、大
        券の場合は支払期日の直前の各決済機関の営業日の営業終了時を意味し、本社債の最終券面の場合は支払期
        日の15日前の営業終了時を意味する。
       (c)  大券

         大券の所持人は、当該大券により表章された本社債に関する支払を受けることのできる唯一の者であり、
        TMCCは、当該大券の所持人に対し又は当該所持人の指図に従い支払をなすことにより、そのように支払われ
        た各金額について免責される。ユーロクリア・バンク・エス・エー/エヌ・ブイ(以下「ユーロクリア」と
        いう。)又はクリアストリーム・バンキング・エス・エー(以下「クリアストリーム・ルクセンブルグ」とい
        う。)の名簿に当該大券により表章された本社債の一定の額面金額の所持人として記載されている者は、当
        該大券の所持人に対し又は当該所持人の指図に従いTMCCが支払った各金額に関するかかる所持人の持分につ
        いて、(場合により)ユーロクリア及び/又はクリアストリーム・ルクセンブルグに対してのみ支払を請求し
        なければならない。当該大券の所持人以外の者は、当該大券に関する支払についてTMCCに対する請求権を有
        しない。
         本社債の利息は、アメリカ合衆国及びその属領外(合衆国財務省規則第1.163-5(c)(1)(ⅱ)(A)に定義され
        る。)においてのみ支払われるものとする。支払受領者が合衆国財務省規則第1.163-5(c)(2)(v)(B)(1)又は
        (2)に記載されている場合を除き、本社債の利息は、支払受領者がアメリカ合衆国内に有する口座には送金
        されないものとし、アメリカ合衆国内の住所には送付されないものとする。
         上記規定にかかわらず、下記の場合に限り、大券に関する元金及び利息の支払は、合衆国(本号におい
        て、アメリカ合衆国(州及びコロンビア特別区、その領域、その属領及びその管轄に服するその他の地域を
        含む。)を意味する。)内の支払代理人の所定の事務所において行われる。
        (ⅰ)TMCCが、合衆国外に所定の事務所を有する支払代理人を、当該支払代理人が本社債に関して支払われる
         べき金額の全額を合衆国外の所定の事務所において上記の方法により支払期日に支払うことができるであ
         ろうという合理的な予想の下に指名しており、
        (ⅱ)本社債に関して支払われるべき金額の全額をかかる合衆国外の所定の事務所で支払うことが、違法であ
         るか、又は外国為替規制若しくは利息の全額の支払若しくは受領に関するその他の類似の規制の適用によ
         り実質的に不可能であり、かつ、
        (ⅲ)かかる支払が、合衆国法上、その時点において許容されており、かつ、(TMCCの意見によれば)TMCCに
         とって不利益な税務効果をもたらさないとき。
                                  12/151






                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (d)  支払日
       米ドル建社債
         上記1(a)に従い、本社債に関する金員の支払期日が、支払日(以下に定義する。)以外の日にあたる場合
        には、当該本社債の所持人は当該支払呈示の場所における翌支払日まで支払を受けることができず、かつ、
        かかる支払の繰延べに関して、追加利息その他の金員の支払を受けることができない。本号において、「支
        払日」とは、(下記「10 消滅時効」に従い)商業銀行及び外国為替市場が、(A)当該呈示の場所(呈示が要求
        される場合)、(B)ロンドン及び(C)ニューヨーク市において、支払決済並びに一般業務(外国為替及び外貨預
        金の取扱いを含む。)を行っている日を意味する。
       豪ドル建社債

         上記1(a)に従い、本社債に関する金員の支払期日が、支払日(以下に定義する。)以外の日にあたる場合
        には、当該本社債の所持人は当該支払呈示の場所における翌支払日まで支払を受けることができず、かつ、
        かかる支払の繰延べに関して、追加利息その他の金員の支払を受けることができない。本号において、「支
        払日」とは、(下記「10 消滅時効」に従い)商業銀行及び外国為替市場が、(A)当該呈示の場所(呈示が要求
        される場合)、(B)ロンドン、(C)ニューヨーク市及び(D)シドニーにおいて、支払決済並びに一般業務(外国
        為替及び外貨預金の取扱いを含む。)を行っている日を意味する。
       ニュージーランドドル建社債

         上記1(a)に従い、本社債に関する金員の支払期日が、支払日(以下に定義する。)以外の日にあたる場合
        には、当該本社債の所持人は当該支払呈示の場所における翌支払日まで支払を受けることができず、かつ、
        かかる支払の繰延べに関して、追加利息その他の金員の支払を受けることができない。本号において、「支
        払日」とは、(下記「10 消滅時効」に従い)商業銀行及び外国為替市場が、(A)当該呈示の場所(呈示が要求
        される場合)、(B)ロンドン、(C)ニューヨーク市、(D)オークランド及び(E)ウェリントンにおいて、支払決
        済並びに一般業務(外国為替及び外貨預金の取扱いを含む。)を行っている日を意味する。
       (e)  元金及び利息の解釈

         「社債の概要」において、本社債に関する元金には、場合により、以下のものを含むものとみなす。
        (ⅰ)下記「8        租税上の取扱い (1)            合衆国の租税 税制上の理由による追加額の支払」に基づき、又は
         「12   その他 (4)       交替」に従い元金への追加若しくはその代替として付与される約定に基づき、元金に
         関し支払われることのある追加額。
        (ⅱ)本社債の満期償還価格。
        (ⅲ)本社債の期限前償還価格。
                                  13/151






                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
         「社債の概要」において、本社債に関する利息には、場合により(ただし、上記(ⅰ)に定めるものを除
        く。)、下記「8         租税上の取扱い (1)           合衆国の租税 税制上の理由による追加額の支払」に基づき、又は
        「12   その他 (4)       交替」に従い元金への追加若しくはその代替として付与される約定に基づき、利息に関
        し支払われることのある追加額を含むものとみなす。
      4 本社債の地位及びクレジット・サポート・アグリーメント

        本社債は、TMCCの直接、無条件、非劣後かつ(下記「5                             担保又は保証に関する事項」に従い)無担保の債務
       であり、本社債相互の間において同順位であり、(法律上優先権が認められる一定の債務を除き)TMCCが随時負
       担する他の一切の無担保債務(劣後債務(もしあれば)を除く。)と同順位である。本社債は、トヨタ自動車と
       TFSとの間の2000年7月14日付のクレジット・サポート・アグリーメント(その後の追補を含む。)(以下「トヨ
       タ自動車クレジット・サポート・アグリーメント」という。)及びTFSとTMCCとの間の2000年10月1日付のクレ
       ジット・サポート・アグリーメント(以下「個別クレジット・サポート・アグリーメント」といい、トヨタ自
       動車クレジット・サポート・アグリーメントと併せて「クレジット・サポート・アグリーメント」と総称す
       る。)(両契約とも日本法を準拠法とする。)による利益を享受する。これらのクレジット・サポート・アグ
       リーメントは、本社債についてのトヨタ自動車又はTFSによる直接又は間接の保証とみなされるものではな
       い。トヨタ自動車クレジット・サポート・アグリーメントに基づくトヨタ自動車の債務及び個別クレジット・
       サポート・アグリーメントに基づくTFSの債務は、直接、無条件、非劣後かつ無担保の債務であり、相互の間
       において同順位である。
      5 担保又は保証に関する事項

        TMCCは、本社債が未償還(以下に定義する。)である限り、関連債権(以下に定義する。)の保有者の利益のた
       めに、TMCCが負担若しくは明示的に保証し、又は補償を行っている関連債権を担保する目的で、その現在又は
       将来の財産又は資産の全部又は一部について、抵当権、質権、先取特権、担保権その他の権利(以下、それぞ
       れを「担保権」という。)(認可担保権(以下に定義する。)を除く。)を設定せず、かかる権利が発生すること
       を容認しない。ただし、それと同時に本社債について、当該関連債権に関して付与され若しくは発生している
       ものと同じ担保を付す場合、又は本社債の未償還額面総額の過半を保有する本社債の所持人の書面による同意
       により承認され、若しくは代理契約(下記「12                        その他 (3)       代理契約及び社債代理契約」に定義する。)に定
       めるところに従って定足数が満たされた当該本社債の所持人の集会に自ら若しくは代理人により出席した本社
       債の所持人が保有する本社債の未償還額面総額の過半をもって採択された決議により承認された保証、補償そ
       の他の担保が付される場合を除く。なお、この約束は、合計でTMCC及びその連結子会社の連結有形純資産(以
       下に定義する。)の20%を超えない未払関連債務を担保する担保権には適用されない。
        本項、下記「6         債務不履行事由」及び下記「7                 社債権者集会、変更及び権利放棄」において、本社債に関
       して「未償還」とは、下記のものを除く社債代理契約(下記「12                                  その他 (3)       代理契約及び社債代理契約」
       に定義する。)に基づき発行済みのすべての本社債をいう。
        (a)社債代理契約又は社債の要項に従って全額が償還された本社債。
                                  14/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        (b)社債の要項に規定する償還期日が到来し、その償還資金(当該本社債に関して当該償還期日までに発生し
         たすべての未払利息及び社債の要項に従って当該償還期日後に支払われるべき一切の利息を含む。)が社
         債代理契約の規定に従って登録機関又は名義書換代理人に対し適正に支払われ(必要な場合には、本社債
         の所持人に対し下記「9             通知」に従って通知がなされる。)、当該社債の呈示により支払を受けることが
         できる本社債。
        (c)下記「10       消滅時効」に基づき無効となった本社債。
        (d)上記「2       償還及び買入れ」に従って買入れその他の方法により取得され、消却された本社債、及び上記
         「2   償還及び買入れ」に従い買入れその他の方法により取得され、その後の転売又は再発行のために
         TMCCによって現に所持されている本社債。
        (e)下記「12       その他 (1)       代わり社債券」に従って代わり券と引換えに提出された汚損又は毀損社債券。
        (f)盗失又は破損した旨の申立てがなされ、下記「12                            その他 (1)代わり社債券」に基づき代わり券が発行
         されている本社債(ただし、残存する本社債の金額を確定する意味においてのみであり、当該本社債のそ
         の他の地位には影響を及ぼさない。)。
        (g)大券の要項に従い全額が最終券面と適正に引換えられた大券。
        「社債の概要」において、
        「連結有形純資産」とは、(適用ある準備金その他の適正な控除項目を控除後の)TMCC及びその連結子会社の
       総資産額から一切ののれん、商標、トレードマーク、特許、未償却社債発行差金その他類似の無形資産を差引
       いた額をいう。かかるすべての項目は、合衆国で一般に認められた会計原則に従って作成されたTMCC及びその
       連結子会社の直近の貸借対照表に記載されたものをいう。
        「関連債権」とは、ボンド、ノート、ディベンチャーその他の有価証券の形態をとり、又はこれらにより表
       章された債権のうち、最終償還期限が発行日から1年を超えるものであって、かつ1又は複数の証券取引所に
       上場されているものをいう。
        「認可担保権」とは、(ⅰ)法令の適用又は相殺権に基づいて生じる担保権、(ⅱ)トヨタ自動車によりトヨタ
       自動車の子会社(以下に定義する。)のために付与された担保権(かかる受益者がトヨタ自動車の子会社である
       間に限る。)、又はトヨタ自動車の子会社により、別のトヨタ自動車の子会社のために付与された担保権(かか
       る受益者がトヨタ自動車の子会社である間に限る。)、及び(ⅲ)リミテッド・リコース・ファイナンス、証券
       化、又はこれらに類する取引(関連する担保権により担保されている債務に関する支払義務が、当該担保権が
       付された資産(債権を含むが、これに限定されない。)から生じる収益により満足されるもの)に関連して、又
       はこれらに基づいて発生した担保権をいう。
        「トヨタ自動車の子会社」とは、合衆国で一般に認められた会計原則に従って連結されているトヨタ自動車
       の子会社をいう。
                                  15/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      6 債務不履行事由
       (a)  以下に掲げる事由(以下、下記(ⅰ)から(ⅳ)までのそれぞれを「債務不履行事由」という。)のいずれかが
        発生した場合、本社債の所持人は、その選択により、TMCC、登録機関及び名義書換代理人宛てに書面で通知
        することにより、当該本社債の元金及びその未払経過利息(もしあれば)が期限の利益を喪失し直ちに支払わ
        れるべき旨を宣言することができ、当該本社債の元金及びその未払経過利息(もしあれば)は、かかる書面に
        よる通知の受領日までにかかる不履行の全部がTMCC(又はクレジット・サポート・アグリーメントに基づ
        き、トヨタ自動車又はTFS)により治癒されない限り、期限の利益を喪失し直ちに支払われるべきものとな
        る。
        (ⅰ)TMCCにより、いずれかの本社債の元金又は利息がその支払期日に支払われず、かかる不履行が支払期日
         後14日間継続した場合。
        (ⅱ)TMCCが履行又は遵守すべきである社債の要項に基づく約束、条件若しくは条項、又は代理契約に基づく
         本社債の所持人の利益のための約束、条件若しくは条項(本社債の元金及び利息の支払に関する条項を除
         く。)に関する履行又は遵守を怠り、かつ、適用ある猶予期間が満了した時点で、当該約束、条件又は条
         項が、本社債の未償還額面総額の25%以上を保有する本社債の所持人からTMCC、登録機関及び名義書換代
         理人に宛てて当該約束、条件又は条項の履行又は遵守を要求する書面による通知が最初になされた後、60
         日間履行又は遵守されなかった場合。
        (ⅲ)管轄権を有する裁判所が、(a)適用ある破産法、支払不能法その他類似の法律に基づく強制手続におい
         て、TMCCに関する救済命令若しくは決定を下し、かつ、かかる命令若しくは決定が停止されることなく60
         日間継続した場合、(b)TMCCが支払不能にあると判断し、若しくはTMCCの会社更生、整理、調整若しくは
         和解の申立てを認める命令若しくは決定を下し、かつ、かかる命令若しくは決定が停止されることなく60
         日間継続した場合、又は(c)TMCC若しくはその財産の重要な部分について管理人、管財人、清算人、譲受
         人、受託者その他類似の公職者を選任する、最終的かつ抗告不能の命令を下し、若しくはTMCCの解散若し
         くは清算を命じた場合。ただし、(a)、(b)又は(c)のいずれの場合も、新設合併、吸収合併、再建若しく
         は組織再編の目的によるもの、又はこれらに伴うものであって、存続会社が本社債に基づくTMCCのすべて
         の債務を有効に引受ける場合、又は本社債の未償還額面総額の過半を保有する本社債の所持人の書面によ
         る同意により、又は代理契約の定めるところに従って定足数が満たされた社債権者集会に自ら若しくは代
         理人により出席した本社債の所持人が保有する本社債の未償還額面総額の過半をもって採択された決議に
         より、事前にその条件が承認されている場合を除く。
        (ⅳ)TMCCが適用ある破産法、支払不能法その他類似の法律に基づく任意手続を開始した場合、TMCCがこれら
         の法律に基づく強制手続における救済の決定若しくは命令に同意した場合、TMCCがTMCCの管理人、管財
         人、清算人、譲受人、受託者その他類似の公職者の選任若しくはこれらの者によるTMCCの財産の重要な部
         分の占有に同意した場合、若しくはTMCCが債権者のために譲渡を行った場合、TMCCが包括的にその支払債
         務を支払期日に履行できなくなった場合、又は上記いずれかの行為を遂行するためにTMCCが社内手続を
         とった場合(いずれの場合も、上記(ⅲ)に記載の新設合併、吸収合併、再建又は組織再編の目的によるも
         のを除く。)。
                                  16/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
         本社債に関して上記期限の利益喪失宣言がなされた後、いずれかの本社債に関する金銭の支払を命じる判
        決又は決定が本社債の所持人により取得される前には、本社債の未償還額面総額の過半を保有する本社債の
        所持人の書面による同意により、又は代理契約に定めるところに従って定足数が満たされた社債権者集会に
        自ら若しくは代理人により出席した本社債の所持人が保有する本社債の未償還額面総額の過半をもって採択
        された決議により、かかる宣言及びその効果を撤回し、これを取消すことができる。ただし、以下の事項を
        条件とする。
        (1)  TMCCが、(A)支払の遅滞している本社債の利息の全額及び(B)上記の期限の利益喪失以外の理由により支
         払われるべき本社債の元金の支払に足りる金額を支払ったか、又は名義書換代理人に預託し、かつ
        (2)  上記の期限の利益喪失宣言のみによって支払われるべきものとなった本社債の元金の不払以外の本社債
         に関するすべての債務不履行事由が(ⅰ)治癒されたか又は(ⅱ)下記(b)に定めるところに従い権利放棄さ
         れたこと。
         かかる撤回は、その後の不履行又はそれにより生じる権利に影響を及ぼさない。
       (b)  上記(a)(ⅰ)記載の事由以外のTMCCによる債務不履行事由又は未償還の本社債全部の所持人の書面による

        同意がなければ改定若しくは変更できない上記(a)(ⅱ)記載の約束、条件又は条項の履行又は遵守をTMCCが
        怠った場合以外のTMCCによる債務不履行事由に関する権利は、本社債の未償還額面総額の過半を保有する本
        社債の所持人の書面による同意により、又は代理契約に定めるところに従って定足数が満たされた社債権者
        集会に自ら若しくは代理人により出席した本社債の所持人が保有する本社債の未償還額面総額の過半をもっ
        て採択された決議により、これを放棄することができる。ただし、かかる決議は、本社債の未償還額面総額
        の25%以上を保有する本社債の所持人により承認されなければならない。
      7 社債権者集会、変更及び権利放棄

        代理契約及び社債代理契約には、TMCC、本社債の所持人の利益に影響を及ぼす事項(社債の要項の変更又は
       権利放棄を含む。)を審議するための本社債の所持人の集会に関する規定が含まれている。かかる規定は
       TMCC、本社債の所持人に対し拘束力を有する。
                                  17/151









                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        TMCC及び(代理契約の場合は)代理人並びに(社債代理契約の場合は)登録機関及び名義書換代理人は、(ⅰ)代
       理契約及び本社債の規定の意味の不明確性を正すため、かかる規定の不備を是正、訂正若しくは補完するた
       め、下記「12        その他 (2)       新設合併又は吸収合併」に定められた他の法人によるTMCCの承継を証明するた
       め、若しくは下記「12            その他 (4)       交替」に基づいてTMCCの交替を定めるため、(ⅱ)本社債の追加発行のた
       めに必要又は妥当であり、かつ、未償還の本社債の所持人に重大な不利益を及ぼさない代理契約又は社債代理
       契約の条項の変更を行うため、又は(ⅲ)TMCC及び(代理契約の場合は)代理人並びに(社債代理契約の場合は)登
       録機関及び名義書換代理人が必要若しくは妥当と判断し、本社債の所持人の利益に重大な悪影響を及ぼさない
       方法により、代理契約、社債代理契約及び本社債を本社債の所持人の同意を得ずに変更することができるもの
       とする。また、TMCC及び代理人並びに(社債代理契約の場合は)登録機関及び名義書換代理人は、本社債の未償
       還額面総額の過半を保有する本社債の所持人の書面による同意により、又は代理契約の定めるところに従って
       定足数が満たされた当該本社債の所持人の集会に自ら若しくは代理人により出席した本社債の所持人が保有す
       る本社債の未償還額面総額の過半をもって採択された決議(ただし、かかる決議は、本社債の未償還額面総額
       の25%以上を保有する本社債の所持人により承認されなければならない。)により、代理契約若しくは社債代
       理契約に新たな規定を追加するため、代理契約若しくは社債代理契約の規定を方法のいかんを問わず変更し若
       しくは削除するため、又は本社債の所持人の権利を方法のいかんを問わず変更するため、代理契約若しくは社
       債代理契約又は社債の要項を修正又は改定する契約を随時締結することができる。ただし、各本社債の所持人
       の同意又は賛成の議決権の行使を受けずに、かかる契約により、(ⅰ)本社債の元金若しくは利息の支払期日の
       変更、(ⅱ)本社債の元金若しくは利息の減額、(ⅲ)下記「8                                租税上の取扱い (1)            合衆国の租税 税制上の
       理由による追加額の支払」に定めるTMCCの追加額の支払義務の変更、(ⅳ)代理契約、社債代理契約若しくは社
       債の要項を変更若しくは改定するため、若しくは将来の遵守若しくは過去の債務不履行に関する権利を放棄す
       るための所持人の同意に必要な未償還の本社債の額面総額に対する割合の減少、又は(ⅴ)決議が採択される本
       社債の所持人の集会において未償還の本社債の所持人の同意に必要な未償還の本社債の額面総額に対する割合
       の減少を行ってはならない。決議を採択するために招集された社債権者集会における定足数は、本社債の未償
       還額面総額の過半を保有又は代表する2名以上の者とし、延会においては、本社債の未償還額面総額の25%を
       保有又は代表する1名以上の者とする。上記の修正、改定又は権利放棄に対する同意に関して本社債の所持人
       又はこれを代理する者により交付された証書は、撤回することができず、最終的なものとして当該本社債の将
       来の所持人全員に対し拘束力を有する。代理契約、社債代理契約又は社債の要項に関する修正、改定又は権利
       放棄は、これに同意したか否か、集会に出席したか否か、また、当該修正、改定又は権利放棄に関する注記が
       本社債になされているか否かを問わず、最終的なものとして本社債の将来の所持人全員に対し拘束力を有す
       る。本項における本社債の所持人の同意は、提案された変更に関する特定の文言に対する承認である必要はな
       く、その内容に対する承認をもって足りる。
        代理契約、社債代理契約の改定契約の締結後に認証され交付される本社債券には、代理契約又は社債代理契
       約の改定契約において定められた事項に関して代理人又は登録機関及び名義書換代理人が承認する様式による
       注記を付すことができる。
                                  18/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        TMCCは、かかる改定契約に含まれた修正に合致させるために必要であると登録機関及びTMCCが判断した修正
       を加えた本社債の新たな社債券を作成することができ、かかる本社債券は、登録機関又は名義書換代理人がこ
       れを認証した上で未償還の本社債の旧社債券と交換することができる。
      8 租税上の取扱い

        本社債に投資しようとする申込人は、各申込人の状況に応じて、本社債に投資することによる租税上の取扱
       い及びリスク又は本社債に投資することが適当か否かについて各自の財務・税務顧問に相談する必要がある。
       (1)  合衆国の租税
        税制上の理由による追加額の支払
         この「8     租税上の取扱い (1)            合衆国の租税 税制上の理由による追加額の支払」において明示された
        場合を除き、TMCCは、本社債に関して、いかなる政府又は政府の若しくは政府内の下部行政主体若しくは課
        税当局により課される租税、賦課金その他の公課(以下「公租公課」という。)を支払う義務も負わない。
         TMCCは、一定の制限及び例外(以下に定める。)の下に、非合衆国所持人(以下に定義する。)である本社債
        の所持人に対し、本社債の所持人がかかる源泉徴収又は控除後に受領する本社債の元金又は利息の受取額の
        純額を、かかる源泉徴収又は控除がなされなければ本社債について受領することができた金額と等しくする
        ために必要となる追加的な額(以下「追加額」という。)を支払う。ただし、TMCCは以下の公租公課について
        は追加額を支払う義務を負わない。
        (a)  (ⅰ)当該本社債の所持人又は本社債の実質的所有者(当該本社債の所持人若しくは実質的所有者が相続
         財団、信託、パートナーシップ若しくは法人である場合には、当該本社債の所持人若しくは実質的所有者
         の受託者、譲受者、受益者、構成員若しくは持分所有者、又は当該本社債若しくは所持人若しくは実質的
         所有者に対し支配力を有する者)と合衆国との間の現在若しくは過去の関係(合衆国の市民若しくは居住者
         であるか若しくはあったこと、合衆国内に所在しているか若しくはしていたこと、合衆国内で取引若しく
         は事業に従事しているか若しくは従事していたこと、又は合衆国内に恒久的施設を有していたことを含む
         が、これらに限定されない。)又は(ⅱ)当該本社債の所持人若しくは実質的所有者の受動的外国投資会
         社、被支配外国法人若しくは民間財団(これらの用語は合衆国税務上定義されている。)としての現在若し
         くは過去の地位又は合衆国連邦所得税を回避するために利益を蓄積する法人としての現在若しくは過去の
         地位が存在しなければ課されなかったであろう公租公課。
        (b)  相続税、贈与税、販売税、譲渡税、動産税又はこれらに類似の公租公課。
        (c)  支払期日又は支払資金が適正に提供された日のうちいずれか遅い方から15日を経過した後の日に本社債
         が呈示されなければ課されなかったであろう公租公課。
        (d)  本社債に関する元金又は利息の支払から控除又は源泉徴収以外の方法で支払われるべき公租公課。
        (e)  (ⅰ)TMCCの10%株主(合衆国内国歳入法第871(h)(3)(B)条若しくは第881(c)(3)(B)条に定義されてい
         る。)又は(ⅱ)通常の取引若しくは事業において締結された金銭消費貸借契約に基づき信用供与する銀行
         により受領されるか又は実質的に所有された利息に対し課された公租公課。
                                  19/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        (f)  いずれかの支払代理人が本社債に関する元金又は利息の支払から源泉徴収又は控除することを要する公
         租公課。ただし、他のいずれかの支払代理人が、本社債に関し源泉徴収又は控除を行うことなく当該支払
         をすることができる場合に限る。
        (g)  本社債の所持人又は当該本社債の実質的所有者の国籍、住所、身元又は合衆国との関係に関する証明、
         情報提供、書類提出その他の報告義務の遵守を怠らなければ課されなかったであろう公租公課。ただし、
         かかる遵守が法律又は合衆国財務省の規則により当該公租公課の免除又は除外の前提条件として必要な場
         合(本社債の所持人又は当該本社債の実質的所有者が適用のある規則に従い随時義務づけられる非合衆国
         実質所有の証明書((必要があれば)適正に作成された米国内国歳入庁のフォームW8-BEN又はW8-BEN-Eの提
         出を含む。)の提出を怠った場合も含む。)に限る。
        (h)  当該受託者に関係する受益者若しくは譲受者、当該パートナーシップの構成員又は本社債の実質的所有
         者が本社債の所持人であったならば追加額の支払を受ける権利を有しなかったであろう場合に、受託者若
         しくはパートナーシップである当該本社債の所持人又は本社債の唯一の実質的所有者でない本社債の所持
         人に対して、本社債の支払に関して課される公租公課。
        (i)  1986年合衆国内国歳入法(その後の改正を含む。)の第1471条から第1474条、これらに関して公布された
         規則、その他の指針若しくはそれらの公的解釈(第1471条(b)項に記載された契約に基づく場合を含
         む。)、又はこれらに対して代替的アプローチを導入する政府間契約若しくはこれらに関連して導入する
         法律に基づき源泉徴収又は控除することを要する公租公課。
        (j)  上記(a)、(b)、(c)、(d)、(e)、(f)、(g)、(h)及び(i)の組み合わせ。
         「非合衆国所持人」とは、合衆国連邦所得税務上、(ⅰ)合衆国の国民又は居住者、(ⅱ)合衆国又は同国内
        の下部行政主体において、又はその法律に基づいて設立された法人、パートナーシップ又は他の事業体、
        (ⅲ)合衆国人の支配下にあり、かつ合衆国裁判所の第一義的な監督下にある信託、又は(ⅳ)その収益がその
        源泉にかかわらず合衆国連邦所得税の対象となる相続財団、に該当しない所持人をいう。
        外国口座税務コンプライアンス法(「FATCA」)に基づく源泉徴収

         1986年合衆国内国歳入法(その後の改正を含む。)の第1471条から第1474条、これらに関して公布された規
        則、その他の指針若しくはそれらの公的解釈(第1471条(b)項に記載された契約に基づく場合を含む。)、又
        はこれらに対して代替的アプローチを導入する政府間契約若しくはこれらに関連して導入する法律(以下
        「FATCA」と総称する。)に基づき、TMCCが発行する本社債の売却、償還又はその他の処分による受取額並
        びにプレミアム(もしあれば)及び利息(当初発行割引額(もしあれば)を含む。)の支払は、一定の手続
        要件が満たされ、一定の情報が合衆国内国歳入庁に提供されない限り、(ⅰ)FATCAの意味における「外国金
        融機関」若しくは「外国非金融事業体」又は(ⅱ)自身が米国人であるか否かを決定する情報を提供しない若
        しくはTMCCの「合衆国口座」を保有していると別途扱われるべき投資家(FATCAによって別途免除される場
        合を除く。)に支払われた分については、30%の総額ベースの源泉徴収税の対象になる可能性がある。
                                  20/151






                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
         TMCCが発行した本社債の利息(当初発行割引額(もしあれば)を含む。)の支払は通常FATCA源泉徴収の
        対象になり、2019年1月1日以後は、TMCCが発行した本社債に係るその他すべての支払額又はその売却若し
        くはその他の処分による総受取額がFATCA源泉徴収の対象になる。
         FATCAに基づき又はFATCAに関連して源泉徴収若しくは控除がなされた合衆国の税金について、TMCCが追加
        額を支払うことはない。投資しようとする申込人は、本社債の投資に関してこの法令により生じ得る影響に
        ついて、各自の税務顧問に相談することが奨励される。
        合衆国内国歳入庁通達第230号に基づく通知

         合衆国財務省の通達第230号の遵守を確保するため、本社債の所持人は、以下の事項に留意されたい。
        (a)本書における合衆国の租税問題の記載は、内国歳入法に基づき本社債の所持人に課される可能性がある
        制裁の回避を目的として依拠されることを企図しておらず、又はかかる目的のためにこれに依拠すること
        を目的として記載されたものではなく、かかる目的のためにこれに依拠することもできないこと、(b)かか
        る記載は、TMCC及び本書が対象とする取引又は事項に係る販売者による(通達第230号の意味における)宣伝
        又は販売に関連して本書に含まれていること、並びに(c)本社債の所持人は、外部の税務顧問に、かかる所
        持人の個々の状況に基づいた助言を求めるべきであること。
       (2)  日本国の租税

         日本国の居住者又は内国法人が支払を受ける本社債の利息、本社債の償還により支払を受ける金額が本社
        債の取得価額を超える場合の超過額及び本社債の譲渡による所得は、日本国の租税に関する現行法令の定め
        るところにより課税対象となる。
      9 通知

        本社債に関するすべての通知は、ロンドンにおいて刊行されている主要な英文の日刊新聞(フィナンシャ
       ル・タイムズが予定されている。)又は(それが不可能である場合は)TMCCが代理人と協議のうえ決定する(英国
       において刊行されている)その他の英文の日刊新聞に公告されることにより有効に行われるものとする。その
       ように公告された通知は公告が掲載された日になされたものとみなされるが、2回以上掲載された場合には、
       最初の掲載日になされたものとみなされる。
        本社債の最終券面が発行されるまでの間は、大券がすべてユーロクリア及びクリアストリーム・ルクセンブ
       ルグのために保有されている限り、上記の新聞への掲載をユーロクリア及びクリアストリーム・ルクセンブル
       グに対する当該通知の交付(ユーロクリア及びクリアストリーム・ルクセンブルグはこれを本社債の所持人に
       通達する。)に代えることができる。ユーロクリア及びクリアストリーム・ルクセンブルグに対して交付され
       た通知は、ユーロクリア及びクリアストリーム・ルクセンブルグに対して当該通知がなされた日の3日後に本
       社債の所持人に対してなされたものとみなされる。
        本社債の最終券面の所持人に対する通知は、当該登録簿に記録されるそれぞれの所持人(又は本社債の共同
       所持人の場合は登録簿上最初に記載された所持人)の住所に郵送で送付されることにより有効に行われたとみ
       なされ、郵送を行った日から4営業日後に有効に行われたとみなされる。
                                  21/151




                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        本社債の所持人により行われる通知は、書面により、これに本社債券を添えて登録機関に預託することによ
       り行われるものとする。本社債が大券により表章されている間は、本社債の所持人は、かかる通知を、登録機
       関と(場合により)ユーロクリア及び/又はクリアストリーム・ルクセンブルグがこのために承認した方法によ
       り、(場合により)ユーロクリア及び/又はクリアストリーム・ルクセンブルグを通して登録機関に対し行うこ
       とができる。
      10  消滅時効

        本社債は、それらに係る関連日(以下に定義する。)から5年以内に元金及び/又は利息に関する請求がなさ
       れない場合には無効となる。
        TMCCが本社債の元利金支払のために登録機関又は名義書換代理人に支払ったにもかかわらず、5年間請求さ
       れなかった金員は直ちにTMCCに返還される。本社債が無効となったときに、それらに関するTMCC、代理人、登
       録機関又は名義書換代理人のすべての債務は消滅する。
        本項において「関連日」とは、当該支払に関する最初の支払期日を指すが、支払われるべき金員の全額を代
       理人又は(場合により)登録機関が当該支払期日までに適正に受領していない場合には、当該金員を受領し、
       またかかる旨の通知が上記「9                 通知」に従い適正に本社債の所持人に対してなされた日を指す。
      11  準拠法、裁判管轄及び適用除外

        代理契約、社債代理契約及び本社債並びに代理契約、社債代理契約及び本社債に起因して又はこれらに関連
       して生じる非契約的債務は、英国法に準拠し、かつ、これに従って解釈される。
        TMCCは、本社債の所持人の独占的な利益のために、代理契約、社債代理契約及び本社債並びに代理契約、社
       債代理契約及び本社債に起因して又はこれらに関連して生じる非契約的債務に関する一切の目的のために英国
       の裁判所の管轄に服することを取消不能の形で受諾しており、かつ、これに関し、トヨタ                                               ファイナンシャル
       サービス(UK)ピーエルシーを、TMCCのための訴状送達代理人として選任する。TMCCは、トヨタ                                                  ファイナン
       シャル    サービス(UK)ピーエルシーが、訴状送達代理人として行為することができなくなり、又は英国内での
       登録を有しなくなった場合には、その他の者を訴状送達代理人として選任することに合意する。上記にかかわ
       らず、法律上許容される範囲で、TMCCはさらに、代理契約、社債代理契約及び本社債に起因して又はこれらに
       関連して生じる訴訟、法的措置又は法的手続(代理契約、社債代理契約及び本社債に起因して又はこれらに関
       連して生じる非契約的債務に関連する訴訟、法的措置又は法的手続を含む。)が、管轄権を有するその他の裁
       判所において提起されうることを、取消不能の形で受諾している。
        本社債は、本社債の条項を実施するための1999年契約(第三者の権利)法に基づくいかなる権利も付与するも
       のではないが、同法とは無関係に存在し又は行使可能な第三者の権利又は救済手段に影響を及ぼすものではな
       い。
                                  22/151






                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      12  その他
       (1)  代わり社債券
         本社債券が紛失、盗失、汚損、毀損又は滅失した場合には、適用ある一切の法令に従い、登録機関又は名
        義書換代理人の所定の事務所(又は本社債の所持人に通知される合衆国外のその他の場所)において、代わり
        券を発行することができる。かかる代わり券の発行は、これに関してTMCC及び登録機関又は名義書換代理人
        が負担する経費及び費用を代わり券の請求者が支払ったときに、TMCC及び登録機関又は名義書換代理人が要
        求する証拠、補償、担保その他を条件として行われる。汚損又は毀損した本社債券は、代わり社債券が発行
        される前に提出されるものとする。
       (2)  新設合併又は吸収合併

         TMCCは、他の法人と新設合併し、TMCCの資産の全部若しくは実質上全部を一体として他の法人に売却、賃
        貸若しくは譲渡し、又は他の法人と吸収合併することができる。ただし、いずれの場合も、(ⅰ)TMCCが存続
        法人であるか、又は承継法人がアメリカ合衆国若しくはその地方、領域、州若しくは下部行政主体の法律に
        基づき設立され存続する法人であり、かつ、当該承継法人が、当該承継法人、TMCC及び代理人又は登録機関
        及び名義書換代理人により締結された代理契約又は社債代理契約の改定契約によって、すべての本社債の元
        金及び利息(上記「8            租税上の取扱い (1)           合衆国の租税 税制上の理由による追加額の支払」に定める追
        加額を含む。)の適正かつ適時の支払並びにTMCCが履行すべき本社債上の一切の約束及び条件の適正かつ適
        時の履行及び遵守を明文をもって引受けるものとし、さらに(ⅱ)かかる取引の効力発生直後に上記「6                                                      債
        務不履行事由」に定める債務不履行事由、及び通知若しくは時間の経過又はその双方によりかかる債務不履
        行事由となる事態が発生し継続していてはならない。かかる新設合併、吸収合併、売却、賃貸又は譲渡の場
        合には、承継法人が上記の債務を引受けた時に、承継法人は、当該法人が社債の要項においてTMCCとして指
        名されているのと同様の効果をもって、TMCCを承継してその地位につき、(賃貸の方法による譲渡の場合を
        除き)被承継法人は本社債及び代理契約又は社債代理契約に基づく債務を免れる。
       (3)  代理契約及び社債代理契約

         本社債は、発行会社としてのトヨタ                   モーター     ファイナンス(ネザーランズ)ビーブイ(以下「TMF」とい
        う。)、トヨタ        クレジット      カナダ    インク(以下「TCCI」という。)、トヨタ                     ファイナンス       オーストラリア
        リミテッド(以下「TFA」という。)及びTMCC並びに発行代理人兼主支払代理人兼計算代理人として、そのロ
        ンドン支店を通じて職務を行うザ・バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(以下「代理人」(承継者たる代理
        人を含む。)及び「支払代理人」(追加の又は承継者たる支払代理人を含む。)という。)の間の2018年9月14
        日付の現行の改定代理契約(以下「代理契約」という。)に従い、その利益を享受して発行される。
         本社債はまた、発行会社としてのTMCC、登録機関兼名義書換代理人としてのザ・バンク・オブ・ニュー
        ヨーク・メロン・エス・エー/エヌ・ブイ ルクセンブルグ支店(以下承継者たる登録機関及び名義書換代
        理人を含み、「登録機関」という。)並びに名義書換代理人兼支払代理人としての、そのロンドン支店を通
        じて職務を行うザ・バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(以下追加の又は承継者たる代理人を含み、「名
        義書換代理人」という。)の間の2017年9月8日付の現行の改定社債代理契約(以下「社債代理契約」とい
        う。)に従い、その利益を享受して発行される。
                                  23/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (4)  交替
         TMCC(本項において前任の交替発行会社(以下に定義する。)を含む。)は、本社債の所持人の同意なしに、
        本社債、代理契約及び社債代理契約の主たる債務者としてのTMCCに代わり、トヨタ自動車又はトヨタ自動車
        の子会社(TFSを含む。)(以下「交替発行会社」という。)と交替することができる。ただし、以下の事項を
        条件とする。
        (a)  TMCCに代わりトヨタ自動車の子会社(TFS、TMF、TCCI又はTFAを除く。)が交替する場合のうち、TFSの子
         会社と交替する場合は、かかる子会社とTFSの間で個別クレジット・サポート・アグリーメントの条件に
         準じたクレジット・サポート・アグリーメントが締結され、かつトヨタ自動車クレジット・サポート・ア
         グリーメントが同様の条件で適用されていること、また、トヨタ自動車の子会社(TFSの子会社を除く。)
         と交替する場合は、かかる子会社とトヨタ自動車の間でトヨタ自動車クレジット・サポート・アグリーメ
         ントの条件に準じたクレジット・サポート・アグリーメントが締結されていること。
        (b)  交替発行会社及びTMCCは、交替が完全な効力を有するために必要な代理契約に定める捺印証書(及びそ
         の他の書類(もしあれば))(以下「交替書類」という。)を作成するものとし、当該書類のもとで、(上記の
         一般性を制限することなく)、(ⅰ)交替発行会社は、TMCCに代わり、本社債、代理契約及び社債代理契約
         の主たる債務者として、本社債、代理契約及び社債代理契約にTMCCに代わりその名称が記載されていたか
         のように、本社債の所持人のために、社債の要項、代理契約及び社債代理契約の規定に従うことを約束
         し、(ⅱ)TMCCは、本社債並びに代理契約及び社債代理契約について主たる債務者としての義務を免除され
         ること。
        (c)  上記(b)の一般性を害することなく、交替発行会社が、TMCCが服する課税管轄と異なるか又は追加的な
         課税管轄に一般的に服することとなる場合、交替発行会社は、交替書類において、上記「8                                                租税上の取
         扱い (1)      合衆国の租税 税制上の理由による追加額の支払」に相当する表現で、TMCCの課税管轄に関す
         る内容について、これを交替発行会社が服することとなる課税管轄又は追加的に服することとなる課税管
         轄に関する内容に置換え又はこれに追加することを約束又は誓約し、その場合、交替が効力を生じるとき
         に上記「8      租税上の取扱い (1)            合衆国の租税 税制上の理由による追加額の支払」はこれに従って修
         正されたものとみなされること。
        (d)  交替書類には、(ⅰ)交替発行会社及びTMCCが、かかる交替に必要な一切の政府及び規制当局による許可
         及び同意を取得しており、交替発行会社が、交替書類に基づく義務の履行に必要な一切の政府及び規制当
         局による許可及び同意を取得しており、かかる許可及び同意がすべて完全に有効であること、(ⅱ)本社債
         並びに代理契約及び社債代理契約について交替発行会社が負う義務は、いずれもそれぞれの条件に従って
         有効かつ拘束力を有し、本社債の所持人により強制執行可能であること、並びに(ⅲ)交替発行会社が支払
         能力を有することの保証及び表明が記載されること。
        (e)  TMCCが全国的に認知された調査格付機関より取得し、本社債に適用された格付は、かかる交替により引
         下げられることはないこと。
        (f)  交替発行会社が英国で設立された会社ではない場合、交替発行会社は、本社債、代理契約及び社債代理
         契約により又はこれらに関連して生じる訴訟又は法的手続に関して、交替発行会社に代わり訴状を受領す
         る英国の代理人をその送達受領代理人として任命していること。
                                  24/151




                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        (g)  TMCCに代わりTCCI又はトヨタ自動車のカナダ子会社(以下「カナダ交替子会社」という。)が交替する
         場合、(ⅰ)TCCI若しくはカナダ交替子会社(適用ある場合)との間で独立当事者間の取引(所得税法(カ
         ナダ)に定義される。)を行っていない当該本社債の所持人に関する場合、又は(ⅱ)所得税法(カナダ)
         における過少資本税制の目的上、TCCI若しくはカナダ交替子会社(適用ある場合)の「指定株主」である
         か、若しくは「指定株主」である者との間で独立当事者間の取引を行っていない当該本社債の所持人に関
         する場合を除き、当該交替発行会社により源泉徴収税又は他の税金は支払われず、又は控除することを要
         求されないこと。
        (h)  交替発行会社が選任した定評ある法律顧問により、登録機関に対して、(ⅰ)(必要に応じて)交替発行会
         社及びTMCCが設立された各法域及び英国において、交替が効力を生じた場合、交替書類が、交替発行会社
         の法的に有効かつ拘束力ある義務を構成し、本社債、代理契約及び社債代理契約が、交替発行会社の法的
         に有効かつ拘束力ある義務を構成し、その条件に従って強制執行可能であることを確認する旨の法律意見
         書、及び(ⅱ)日本及び交替発行会社が設立された法域において、上記(a)に基づきクレジット・サポー
         ト・アグリーメントが締結される場合には、当該クレジット・サポート・アグリーメントがトヨタ自動
         車、TFS及び交替発行会社の法的に有効かつ拘束力ある義務を構成し、その条件に従って強制執行可能で
         あることを確認する旨の法律意見書が提出されていること(かかる法律意見書は、登録機関からその写し
         を入手することが可能なものであり、かつ、いずれの場合も、交替予定日前3日以内の日付のものとす
         る。)。
        (i)  交替に関連して、交替発行会社及びTMCCは、それらが特定の領域に所在若しくは居住し、特定の領域と
         関係を有し又は特定の領域の法域に服していることによる、各本社債の所持人に対するかかる交替の影響
         については考慮しないこと、また、いかなる者も、かかる交替によるその者への税務効果について、上記
         「8   租税上の取扱い (1)            合衆国の租税 税制上の理由による追加額の支払」に規定されるもの及び/
         又は上記(c)に従って追加的に若しくは置換えて交替書類において約束されたものを除き、交替発行会
         社、TMCC、代理人、登録機関及び名義書換代理人又はその他の者に対して、いかなる補償又は支払も要求
         してはならないこと。
         上記(b)に定める交替書類が作成された場合、(ⅰ)交替発行会社は、TMCCに代わり、主たる債務者として
        本社債、代理契約及び社債代理契約にその名称が記載される発行会社となり、これにより、本社債、代理契
        約及び社債代理契約は、主たる債務者としての交替発行会社による交替が効力を有するよう修正されたもの
        とみなされ、(ⅱ)TMCCは、上記のとおり、本社債、代理契約及び社債代理契約について主たる債務者として
        の一切の義務を免除される。交替発行会社がTMCCと交替した時以降、(A)TMCCは、本社債について、本社債
        の所持人に対して一切の義務を負わず、(B)交替発行会社は、(上記(c)に従って)本社債についてTMCCが有し
        ていた権利を有し、(C)交替発行会社は、本社債についてTMCCが本社債の所持人に対して負っていた義務を
        引き継ぐこととなる。
         本社債が未償還である限り、かつ本社債、社債代理契約又は交替書類に関して本社債権者により交替発行
        会社又はTMCCに対してなされた請求について最終判決、示談又は免責がなされていない限り、交替書類は、
        代理人に預託され、登録機関にその写しが送付され、代理人により保管される。交替発行会社及びTMCCは、
        交替書類において、各本社債の所持人が、本社債、社債代理契約又は交替書類を執行するために交替書類の
        呈示を受ける権利を認めるものとする。
         本項に基づく交替が効力を生じた後14日以内に、TMCCは、かかる交替について、上記「9                                               通知」に従っ
        て、本社債権者に対して通知するものとする。
                                  25/151




                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (5)  様式、額面及び所有権
         本社債は記名式で発行される。
         本社債は、発行時に大券により表章され、本社債の発行日にユーロクリア及びクリアストリーム・ルクセ
        ンブルグの共通預託機関に預託される。大券は交換事由(大券に定義される。)が発生した場合にのみ、証券
        として印刷された最終券面と(無償で)交換することができる。
         本社債が大券により表章されている限り、当該時点においてユーロクリア若しくはクリアストリーム・ル
        クセンブルグ又はその他の合意された決済機関の名簿に特定の額面金額の当該本社債の所持人として登録さ
        れている者(ユーロクリア若しくはクリアストリーム・ルクセンブルグ又はその他の合意された決済機関に
        口座を保有している決済機関(ユーロクリア及びクリアストリーム・ルクセンブルグを含む。)を除く。この
        場合、いずれかの者の口座に貸記されている本社債の額面金額に関してユーロクリア若しくはクリアスト
        リーム・ルクセンブルグ又はその他の合意された決済機関が発行した証明書その他の書類は、明白な誤り又
        は立証された誤りがある場合を除き、すべての点において最終的で拘束力を有する。)は、TMCC、登録機関
        及び名義書換代理人によりすべての点(本社債の元利金の支払に関する事項を除く。かかる事項について
        は、大券の条項に従い、大券の登録された所持人が、TMCC、代理人及びその他の支払代理人により当該本社
        債の所持人として取扱われるものとし、「本社債の所持人」及びこれに関連する用語はこれに従って解釈さ
        れる。)において当該額面金額の本社債の所持人として取扱われる。大券により表章される本社債は、その
        時点におけるユーロクリア又は(場合により)クリアストリーム・ルクセンブルグの規則及び手続に従っての
        み、これを譲渡することができる。
         本社債の所有権は、TMCCが登録機関に記録せしめる当該登録簿(以下「登録簿」という。)への記名により
        移転する。上記の条件に従って、管轄裁判所による命令又は法律で規定されている場合を除き、いずれかの
        本社債の登録された所持人は、満期が到来しているか否かを問わず、また、所有に係る注記、盗失若しくは
        紛失又はいかなる者による券面上の記載にかかわらず、その完全な権利者としてみなされ、取扱われるもの
        し、いかなる者も登録された所持人をそのように取扱うことに対して責任を負うことはなく、「本社債の所
        持人」及びこれに関連する用語はこれに従って解釈される。
         本社債の譲渡に関する規定は、当該本社債及び社債代理契約に定められる。
       (6)  代理人及び支払代理人、登録機関及び名義書換代理人

         代理人、登録機関及び名義書換代理人の名称並びにその当初の所定の事務所は、以下のとおりである。
         代理人
          ザ・バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(そのロンドン支店を通じて)
          (The   Bank   of  New  York   Mellon,     acting    through     its  London    branch)
          英国 ロンドン E14 5AL カナリー・ワーフ ワン・カナダ・スクエア
          (One   Canada    Square,     Canary    Wharf,    London    E14  5AL,   United    Kingdom)
                                  26/151






                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
         登録機関
          ザ・バンク・オブ・ニューヨーク・メロン・エス・エー/エヌ・ブイ ルクセンブルグ支店
          (The   Bank   of  New  York   Mellon    SA/NV,    Luxembourg      Branch)
          ルクセンブルグ L-2453 2-4                ユージーン・ルパート通り
          (2-4   rue  Eugène    Ruppert,     L-2453    Luxembourg)
          ベルティゴ・ビルディング-ポラリス
          (Vertigo     Building     - Polaris)
         名義書換代理人

          ザ・バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(そのロンドン支店を通じて)
          (The   Bank   of  New  York   Mellon,     acting    through     its  London    branch)
          英国 ロンドン E14 5AL カナリー・ワーフ ワン・カナダ・スクエア
          (One   Canada    Square,     Canary    Wharf,    London    E14  5AL,   United    Kingdom)
         代理人及びその他の支払代理人並びに登録機関及び名義書換代理人は、代理契約及び社債代理契約に基づ

        き職務を行う際に、TMCCの代理人としてのみ職務を行い、本社債の所持人に対して義務を負わず、また、本
        社債の所持人と代理又は信託の関係を有しない。TMCCは、代理契約及び社債代理契約に基づきTMCCに課され
        た義務を履行し遵守すること、並びに代理契約に基づき代理人及びその他の支払代理人に課された義務をそ
        れぞれ履行し遵守させ、社債代理契約に基づき登録機関及び名義書換代理人に課された義務をそれぞれ履行
        し遵守させるために合理的な努力を尽くすことに合意する。代理契約及び社債代理契約はそれぞれ、一定の
        事情の下での代理人及びその他の支払代理人並びに登録機関及び名義書換代理人に対する補償及びそれらの
        責任免除のための規定を含んでおり、また、代理人及びその他の支払代理人並びに登録機関及び名義書換代
        理人がTMCCとの間で営業上の取引を行うことができ、かかる取引から生じた利益を本社債の所持人に帰属さ
        せる義務を負わない旨の規定を含んでいる。
         TMCCは、以下のすべての条件を満たす場合には、代理契約の条項に基づき指名した支払代理人の指名又は
        社債代理契約の条項に基づき指名した登録機関若しくは名義書換代理人の指名を変更若しくは終了させる権
        利及び/又は追加の若しくはその他の支払代理人若しくは名義書換代理人を指名する権利及び/又は支払代
        理人、登録機関若しくは名義書換代理人の所定の事務所の変更を承認する権利を有する。
        (ⅰ)代理人を常置すること。
        (ⅱ)登録機関を常置すること。
         TMCCは、また、上記「3             支払 (c)大券」の最終段落に記載された事情が生じた場合に限り、合衆国に所
        定の事務所を有する支払代理人を直ちに指名する。かかる指名の変更若しくは終了、新たな指名又は所定の
        事務所の変更は、上記「9               通知」に従って、本社債の所持人に対する30日以上45日以内の事前の通知がな
        された後にのみ(支払不能の場合には直ちに)効力を生じるものとする。
                                  27/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       米ドル建社債
         さらに、TMCCは本社債と関連して、ユーロクリア及び/又はクリアストリーム・ルクセンブルグに対して
        米ドルで支払を行うことができる登録機関及び支払代理人を常置することを条件とし、指名した登録機関、
        名義書換代理人若しくは支払代理人を変更若しくは終了させる権利並びに/又は追加の名義書換代理人及び
        支払代理人を指名する権利並びに/又は登録機関、名義書換代理人若しくは支払代理人が職務を行う所定の
        事務所の変更を承認する権利を有する。
       豪ドル建社債

         さらに、TMCCは本社債と関連して、ユーロクリア及び/又はクリアストリーム・ルクセンブルグに対して
        豪ドルで支払を行うことができる登録機関及び支払代理人を常置することを条件とし、指名した登録機関、
        名義書換代理人若しくは支払代理人を変更若しくは終了させる権利並びに/又は追加の名義書換代理人及び
        支払代理人を指名する権利並びに/又は登録機関、名義書換代理人若しくは支払代理人が職務を行う所定の
        事務所の変更を承認する権利を有する。
       ニュージーランドドル建社債

         さらに、TMCCは本社債と関連して、ユーロクリア及び/又はクリアストリーム・ルクセンブルグに対して
        ニュージーランドドルで支払を行うことができる登録機関及び支払代理人を常置することを条件とし、指名
        した登録機関、名義書換代理人若しくは支払代理人を変更若しくは終了させる権利並びに/又は追加の名義
        書換代理人及び支払代理人を指名する権利並びに/又は登録機関、名義書換代理人若しくは支払代理人が職
        務を行う所定の事務所の変更を承認する権利を有する。
         代理契約又は社債代理契約には、支払代理人及び(社債代理契約の場合のみ)登録機関、支払代理人若しく

        は名義書換代理人が合併若しくは転換される法人又はその資産の全部若しくは実質上全部を譲渡する法人
        が、その承継者となることを認める条項が含まれている。
       (7)  追加発行

         TMCCは、本社債の所持人の同意を得ることなく、すべての点(又は本社債の発行日、初回の利払日及び利
        息額、及び/又は発行価格を除くすべての点)において本社債と同順位の社債を随時成立させ発行し、かか
        る社債を未償還の本社債と統合して単一のシリーズとすることができ、社債の要項中の「本社債」はこれに
        従って解釈される。
                                  28/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     第3    【その他の記載事項】
      TOYOTA    FINANCIAL      SERVICESのロゴ、発行会社の名称、本社債の名称及び売出人の名称が、本社債の売出しに関

     する発行登録目論見書の表紙に記載される。
      以下の文言が、発行登録目論見書の表紙裏に記載される。

      「「格付について」と題する書面は、日本の投資家の利便性のために売出人によって作成されたものであり、発
     行会社であるトヨタ           モーター     クレジット      コーポレーション(以下「TMCC」という。)は、当該書面の内容につい
     て、その正確性及び完全性を確認及び承認していません。TMCCは、当該書面の正確性について、いかなる責任も負
     いません。」
      「本社債は、1933年合衆国証券法(その後の改正を含み、以下「合衆国証券法」という。)に基づき登録されてお
     らず、今後登録される予定もありません。合衆国証券法に基づいて本社債の登録を行うか又は合衆国証券法の登録
     義務の免除を受ける場合を除き、合衆国内において、又は米国人に対し、米国人の計算で、若しくは米国人のため
     に、本社債の募集、売出し又は販売を行ってはなりません。本段落において使用された用語は、合衆国証券法に基
     づくレギュレーションSにより定義された意味を有しております。
      The  Notes   have   not  been   and  will  not  be  registered     under   the  United    States   Securities     Act  of 1933,   as amended     (the
     "Securities     Act"),   and  may  not  be offered    or sold  in the  United   States   or to, or for  the  account    or benefit    of,  U.S.  persons    unless
     the  Notes   are  registered     under   the  Securities     Act,  or an exemption     from   the  registration      requirements      of the  Securities     Act  is
     available.      Terms   used  in this  paragraph     have  the  meaning    given   to them   by Regulation     S under   the  Securities     Act.  」
      また、売出人が作成する「格付について」と題する書面が発行登録目論見書の表紙の直後のページに挿入掲載さ
     れる。
     <上記の社債以外の社債に関する情報>

                                  29/151










                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     第二部      【参照情報】

     第1    【参照書類】

     <訂正前>

       会社の概況及び事業の概況等法第5条第1項第2号に掲げる事項については、以下に掲げる書類を参照するこ
      と。
     1 有価証券報告書及びその添付書類

       事業年度(平成30年3月期)                 自  平成29年4月1日          至  平成30年3月31日

       平成30年7月3日、関東財務局長に提出
     2 四半期報告書又は半期報告書

       半期報告書

       平成30年9月中間期             自  平成30年4月1日          至  平成30年9月30日

       平成31年1月4日までに関東財務局長に提出予定
     3 臨時報告書

       上記1の有価証券報告書提出後、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関

       する内閣府令第19条第2項第9号の規定に基づく臨時報告書を平成30年8月8日に関東財務局
       長に提出
     4 外国会社報告書及びその補足書類
       該当事項なし

     5 外国会社四半期報告書及びその補足書類並びに外国会社半期報告書及びその補足書類

       該当事項なし
     6 外国会社臨時報告書

       該当事項なし

     7 訂正報告書

       該当事項なし

                                  30/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     <訂正後>
       会社の概況及び事業の概況等法第5条第1項第2号に掲げる事項については、以下に掲げる書類を参照するこ
      と。
     1 有価証券報告書及びその添付書類

       事業年度(平成30年3月期)                 自  平成29年4月1日          至  平成30年3月31日

       平成30年7月3日、関東財務局長に提出
     2 四半期報告書又は半期報告書

       半期報告書

       平成30年9月中間期             自  平成30年4月1日          至  平成30年9月30日

       平成30年12月21日、関東財務局長に提出
     3 臨時報告書

       上記1の有価証券報告書提出後、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関

       する内閣府令第19条第2項第9号の規定に基づく臨時報告書を平成30年8月8日に関東財務局
       長に提出
     4 外国会社報告書及びその補足書類
       該当事項なし

     5 外国会社四半期報告書及びその補足書類並びに外国会社半期報告書及びその補足書類

       該当事項なし
     6 外国会社臨時報告書

       該当事項なし

     7 訂正報告書

       該当事項なし

                                  31/151









                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     第2    【参照書類の補完情報】
     <訂正前>

       上記に掲げた参照書類としての有価証券報告書の「事業等のリスク」に記載された事項について、当該有価証
      券報告書の提出日以後、本訂正発行登録書提出日(平成30年9月25日)までの間において重大な変更は生じておら
      ず、また、追加で記載すべき事項も生じていない。
       また、当該有価証券報告書には将来に関する事項が記載されているが、本訂正発行登録書提出日現在、当該事
      項に係るTMCCの判断に変更はない。TMCCは、実際の結果又は将来の見通しに関する記載に影響を与える要因の変
      更を反映させるために、将来の見通しに関する記載を更新する予定はない。
     <訂正後>

       上記に掲げた参照書類としての有価証券報告書及び半期報告書(以下「有価証券報告書等」と総称する。)の
      「事業等のリスク」に記載された事項について、有価証券報告書等の提出日以後、本訂正発行登録書提出日(平
      成31年1月7日)までの間において重大な変更は生じておらず、また、追加で記載すべき事項も生じていない。
       また、有価証券報告書等には将来に関する事項が記載されているが、本訂正発行登録書提出日現在、当該事項
      に係るTMCCの判断に変更はない。TMCCは、実際の結果又は将来の見通しに関する記載に影響を与える要因の変更
      を反映させるために、将来の見通しに関する記載を更新する予定はない。
                                  32/151













                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     第三部      【保証会社等の情報】

      (以下の記載が、発行登録書の「第三部 保証会社等の情報」の見出しの直後に挿入される。)

     <トヨタ     モーター     クレジット      コーポレーション          2024年1月満期         米ドル建社債、トヨタ            モーター     クレジット

      コーポレーション          2024年1月満期         豪ドル建社債及びトヨタ             モーター     クレジット      コーポレーション          2024年1
      月満期    ニュージーランドドル建社債に関する情報>
     第1    【保証会社情報】


      該当事項なし

                                  33/151














                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     第2    【保証会社以外の会社の情報】
     1  【当該会社の情報の開示を必要とする理由】

       本社債に関して保証は付されない。しかし、本社債の所持人は、トヨタ自動車とTFSとの間の2000年7月14日
      付のクレジット・サポート・アグリーメント(その後の追補を含む。)及び2000年10月1日付のTFSとTMCCとの間
      のクレジット・サポート・アグリーメント(両契約とも日本法に準拠する。)による利益を享受することができ
      る。本社債の所持人は、当該所持人が、請求書にクレジット・サポート・アグリーメントに基づき付与された権
      利を行使することを明示した書面を添えて提出することにより、TFS及び/又はトヨタ自動車(場合により)に
      対してクレジット・サポート・アグリーメントに基づく自己の債務の履行を直接請求する権利を有する。TFS及
      び/又はトヨタ自動車がそのような請求を本社債のいずれかの所持人から受領した場合には、TFS及び/又はト
      ヨタ自動車は、当該所持人に対し、TFS及び/又はトヨタ自動車がクレジット・サポート・アグリーメントに基
      づく自己の債務の履行を怠ったために生じた損失又は損害を(当該所持人がいかなる行為又は手続をとることも
      要さず)直ちに補償する。請求を行った本社債の所持人は、その上で、直接TFS及び/又はトヨタ自動車に対して
      補償債務の強制執行を行うこともできる。クレジット・サポート・アグリーメントに基づくトヨタ自動車の債務
      は、直接、無条件、非劣後かつ無担保の債務と同順位とする。
       各クレジット・サポート・アグリーメント及び(TFSとTMCCとの間のクレジット・サポート・アグリーメントの
      場合は)その和訳文は、以下に記載のとおりである。
             [ トヨタ自動車とTFSとの間のクレジット・サポート・アグリーメント]

                     クレジット・サポート・アグリーメント

      本クレジット・サポート・アグリーメント(以下、「本契約」という。)は、2000年7月14日に、

      (1)  日本国愛知県豊田市トヨタ町1番地を本店所在地とする、トヨタ自動車株式会社(以下、「TMC」とい

       う。)、および、
      (2)  日本国愛知県名古屋市東区泉一丁目23番22号を本店所在地とする、トヨタファイナンシャルサービス株式会
       社(以下、「TFS」という。)
      との間で締結された。

      ここに、以下のとおり合意する。

                                  34/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      1.TMCは、TFSの発行済株式のすべてを直接または間接に所有するものとし、TFSのボンド、ディベンチャー、
       ノートおよびその他の投資有価証券ならびにコマーシャルペーパー(以下「本証券」といい、3条で使用され
       る場合を除き、TFSが保証またはクレジット・サポート債務を負っているTFSの子会社または関連会社によって
       発行される有価証券を含むものとする。)が残存する限り、かかる株式に直接もしくは間接に質権を設定し、
       またはいかなる担保の設定その他の処分をしないものとする。ただし、TMCの法律顧問の見解により有効に争
       うことができないと見込まれる裁判所の判決または当局の命令に従って、かかる株式の一部または全部の処分
       が要求される場合はこの限りではない。
      2.TMCは、本証券が残存している限り、TFSおよびTFSの子会社(もしあれば)をして、日本で一般に認められた

       会計原則に従って計算されたTFSの直近の監査済年次連結貸借対照表における連結tangible                                                 net  worthを、
       1,000万円以上に維持せしめるものとする。tangible                            net  worthとは、資本金、資本剰余金および利益剰余金
       の総額から無形資産の額を控除した額をいう。
      3.TFSは、期限が現在到来しまたはやがて到来する本証券についての支払債務または保証およびクレジット・

       サポート契約に基づく債務を履行するに足りる現金またはその他の流動資産を有さず、かつ、TMC以外の貸主
       からの信用供与に基づく未使用のコミットメントを有しないと判断した場合はいつでも、遅滞なくTMCにかか
       る不足を通知するものとし、TMCはTFSに対し、当該債務についての期限の到来する前に、その期限の到来した
       ときにTFSがかかる支払債務を完済することを可能とするに足りる資金を提供するものとする。TFSは、TMCよ
       り提供されたかかる資金を、期限が到来した場合の当該支払債務の支払にのみ使用するものとする。
      4.本契約、ならびに本契約のいかなる内容およびTMCが本契約に従ってなしたいかなる行為も、TMCによる本証

       券に対する直接または間接の保証とみなされることはないものとする。
      5.本契約は、TMCおよびTFS間の書面による合意によってのみ変更または修正されるものとするが、本証券の保

       有者が7条に基づきTMCに対して請求をした場合においては、すべての変更または修正はかかる保有者の同意
       を得なければならない。かかる変更または修正のいかなるものも、当該変更または修正当時に残存した本証券
       のいかなる保有者に対しても何らの悪影響も及ぼさないものとする。TMCまたはTFSは、かかる提案された変更
       または修正の30日前に、相手方に対し書面による通知をなすものとし、TFSまたはTMCの請求によりTFSまたは
       本証券に対する格付をした各調査格付機関(以下、「格付機関」という。)にその写しを送付するものとする。
      6.TMCまたはTFSは、相手方に対する30日の書面による通知(各格付機関に写しを送付するものとする。)によ

       り、本契約を解除することができる。ただし、解除の効果は、(ⅰ)かかる解除の通知のなされた日以前から存
       するすべての本証券が弁済され、または(ⅱ)各格付機関がTFSに対し、当該解除によってもかかる全ての本証
       券の格付が影響を受けないことを確認するまで、その効力を生じないものとする。
                                  35/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      7.本契約は、本証券の保有者の利益のために締結されるものであり、かかる保有者はTMCによる本契約の条項
       の遵守に依拠することができるものとする。TMCおよびTFSは、ここに、本証券の保有者は、TMCに対し、直接
       本契約に基づく義務の履行を請求する権利を有する旨合意する。かかる請求は、当該保有者が、本契約に基づ
       く権利を行使することを明示した書面によりなされるものとする。TMCが、本証券の保有者のいずれかからか
       かる請求を受領した場合は、TMCは、いかなる行為または様式も踏襲することなしに、当該保有者がTMCの本契
       約に基づく義務の不履行によりまたはその結果として被った全ての損失または損害について、当該保有者に対
       し補償するものとする。かかる請求をした本証券の保有者は、直接TMCに対しかかる損害補償請求権の執行を
       することができるものとする。その保有者の利益のためにtrusteeが選任されている本証券については、
       trusteeは、本証券の保有者の利益のために、直接TMCに対し上記請求をすることができ、場合により、かかる
       保有者のためにTMCに対し損害補償請求権を執行することができるものとする。ただし、trusteeがTMCに対し
       直接権利行使すべき場合において、かかる本証券の保有者の権利を保護するための合理的期間内にtrusteeが
       権利行使を行わず、かかる不行使が継続するときは、かかる本証券の保有者は本条に基づき認められる行為を
       なすことができる。
      8.本契約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈される。TMCおよびTFSは、ここに、本契約より生ずるいか

       なる訴えまたは手続きに関しても、東京地方裁判所の管轄に取消不能の形式により服する。
      上記の証として、本契約の当事者は、頭書記載の年月日に、適正に授権された役員に本契約に署名および交付せ

     しめた。
                          トヨタ自動車株式会社

                          代表取締役
                          張   富士夫            ㊞
                          トヨタファイナンシャルサービス株式会社

                          代表取締役
                          尾 﨑 英 外            ㊞
                                  36/151









                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
                [TFS  とTMCCとの間のクレジット・サポート・アグリーメント]
                              ( 訳文)

                     クレジット・サポート・アグリーメント

      本クレジット・サポート・アグリーメント(以下、「本契約」という。)は、2000年10月1日に、

      (1)  日本国愛知県名古屋市東区泉一丁目23番22号を本店所在地とする、トヨタファイナンシャルサービス株式会

       社(以下、「TFS」という。)と
      (2)  アメリカ合衆国90509カリフォルニア州トーランス S.ウェスタンアベニュー19001番地を本店所在地とす
       る、トヨタ モーター クレジット コーポレーション(以下、「TMCC」という。)
      との間で締結された。

      ここに、以下のとおり合意する。

      1.TFSは、TMCCの発行済株式のすべてを直接又は間接に所有するものとし、TMCCのボンド、ディベンチャー、

       ノート及びその他の投資有価証券並びにコマーシャルペーパー(以下「本証券」という。)が残存する限り、か
       かる株式に直接若しくは間接に質権を設定せず、また、いかなる担保の設定その他の処分もしないものとす
       る。ただし、TFSの法律顧問の見解により有効に争うことができないと見込まれる裁判所の判決又は当局の命
       令に従って、かかる株式の一部又は全部の処分が要求される場合はこの限りではない。
      2.TFSは、本証券が残存している限り、TMCC及びTMCCの子会社(もしあれば)をして、合衆国で一般に認められ

       た会計原則に従って計算されたTMCCの直近の監査済年次連結貸借対照表における連結tangible                                                 net  worthを、
       100,000米ドル以上に維持せしめるものとする。tangible                              net  worthとは、資本金、資本剰余金及び利益剰余
       金の総額から無形資産の額を控除した額をいう。
      3.TMCCは、期限が現在到来し又はやがて到来する本証券についての支払債務を履行するに足りる現金又はその

       他の流動資産を有さず、かつ、TFS以外の貸主からの信用供与に基づく未使用のコミットメントを有しないと
       判断した場合はいつでも、遅滞なくTFSにかかる不足を通知するものとし、TFSはTMCCに対し、当該債務につい
       ての期限の到来する前に、その期限の到来したときにTMCCがかかる支払債務を完済することを可能とするに足
       りる資金を提供するものとする。TMCCは、TFSより提供されたかかる資金を、期限が到来した場合の当該支払
       債務の支払にのみ使用するものとする。
                                  37/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      4.本契約、並びに本契約のいかなる内容及びTFSが本契約に従ってなしたいかなる行為も、TFSによる本証券に
       対する直接又は間接の保証とみなされることはないものとする。
      5.本契約は、TFS及びTMCC間の書面による合意によってのみ変更又は修正されるものとするが、本証券の保有

       者が7条に基づきTFSに対して請求をした場合においては、すべての変更又は修正はかかる保有者の同意を得
       なければならない。かかる変更又は修正のいかなるものも、当該変更又は修正当時に残存した本証券のいかな
       る保有者に対しても何らの悪影響も及ぼさないものとする。TFS又はTMCCは、かかる提案された変更又は修正
       の30日前に、相手方に対し書面による通知をなすものとし、TMCC又はTFSの請求によりTMCC又は本証券に対す
       る格付をした各調査格付機関(以下、「格付機関」という。)にその写しを送付するものとする。
      6.TFS又はTMCCは、相手方に対する30日の書面による通知(各格付機関に写しを送付するものとする。)によ

       り、本契約を解除することができる。ただし、解除の効果は、(ⅰ)かかる解除の通知のなされた日以前から存
       するすべての本証券が弁済され、又は(ⅱ)各格付機関がTMCCに対し、当該解除によってもかかる全ての本証券
       の格付が影響を受けないことを確認するまで、その効力を生じないものとする。
      7.本契約は、本証券の保有者の利益のために締結されるものであり、かかる保有者はTFSによる本契約の条項

       の遵守に依拠することができるものとする。TFS及びTMCCは、ここに、本証券の保有者は、TFSに対し、直接本
       契約に基づく義務の履行を請求する権利を有する旨合意する。かかる請求は、当該保有者が、本契約に基づく
       権利を行使することを明示した書面によりなされるものとする。TFSが、本証券の保有者のいずれかからかか
       る請求を受領した場合は、TFSは、いかなる行為又は様式も踏襲することなしに、当該保有者がTFSの本契約に
       基づく義務の不履行により又はその結果として被った全ての損失又は損害について、当該保有者に対し補償す
       るものとする。かかる請求をした本証券の保有者は、直接TFSに対しかかる損害補償請求権の執行をすること
       ができるものとする。その保有者の利益のためにtrusteeが選任されている本証券については、trusteeは、本
       証券の保有者の利益のために、直接TFSに対し上記請求をすることができ、場合により、かかる保有者のため
       にTFSに対し損害補償請求権を執行することができるものとする。ただし、trusteeがTFSに対し直接権利行使
       すべき場合において、かかる本証券の保有者の権利を保護するための合理的期間内にtrusteeが権利行使を行
       わず、かかる不行使が継続するときは、かかる本証券の保有者は本条に基づき認められる行為をなすことがで
       きる。
      8.本契約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈される。TFS及びTMCCは、ここに、本契約より生ずるいか

       なる訴え又は手続きに関しても、東京地方裁判所の管轄に取消不能の形式により服する。
                                  38/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      上記の証として、本契約の当事者は、頭書記載の年月日に、適正に授権された役員に本契約に署名及び交付せし
     めた。
                          トヨタファイナンシャルサービス株式会社

                                  ( 署名)
                          尾 﨑 英 外
                          代表取締役
                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション

                                  ( 署名)
                          ジョージ・ボースト
                          代表取締役
                              ( 原文)

                       CREDIT    SUPPORT     AGREEMENT

      This  Credit   Support    Agreement     (the  "Agreement")       is made   as of October    1, 2000   by and  between

      (1)  TOYOTA     FlNANCIAL       SERVICES      CORPORATION        , a Japanese     corporation      having    its  principal     office   at 23-22,

       Izumi   1-chome,     Higashi-ku,      Nagoya    City,   Aichi   Prefecture,     Japan   ("TFS");    and
      (2)  TOYOTA     MOTOR     CREDIT    CORPORATION        , a U.S.  corporation      having   its principal    office   at 19001   South   Western

       Avenue,    Torrance,     California     90509,   U.S.A.   ("TMCC").
      WHEREBY      it is agreed   as follows:

      1.  TFS  will,  directly    or indirectly,     own  all of the  outstanding      shares   of the  capital   stock   of TMCC    and  will  not  directly    or

       indirectly     pledge   or in any  way  encumber     or otherwise     dispose    of any  such   shares   of stock   so long  as TMCC    has  any
       outstanding      bonds,   debentures,      notes   and  other   investment     securities     and  commercial      paper   (hereafter     "Securities"),      unless
       required    to dispose    of any  or all  such  shares   of stock   pursuant    to a court   decree   or order   of any  governmental       authority
       which,   in the  opinion    of counsel    to TFS,   may  not  be successfully      challenged.
                                  39/151






                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      2.  TFS  will  cause   TMCC    and  TMCC's    subsidiaries,      if any,  to have   a consolidated      tangible    net  worth,   as determined      in
       accordance      with   generally     accepted    accounting      principles     in the  United    States   and  as shown   on  TMCC's    most   recent
       audited    annual   consolidated      balance    sheet,   of at least  U.S.$100,000       so long  as Securities     are  outstanding.       Tangible     net
       worth   means   the  aggregate     amount    of issued   capital,    capital   surplus    and  retained    earnings    less  any  intangible     assets.
      3.  If TMCC    at any  time  determines     that  it will  run  short   of cash  or other   liquid   assets   to meet   its payment    obligations     on

       any  Securities     then  or subsequently      to mature    and  that  it shall   have   no  unused    commitments       available     under   its  credit
       facilities    with  lenders    other   than  TFS,   then  TMCC    will  promptly     notify   TFS  of the  shortfall    and  TFS  will  make   available
       to TMCC,    before   the  due  date  of such  Securities,     funds   sufficient     to enable   it to pay  such  payment    obligations     in full  as
       they  fall  due.    TMCC    will  use  such  funds   made   available     to it by TFS  solely   for  the  payment    of such  payment    obligations
       when   they  fall  due.
      4.  This  Agreement      is not,  and  nothing    herein   contained     and  nothing    done   by  TFS  pursuant    hereto   shall   be  deemed    to

       constitute     a guarantee,     direct   or indirect,    by TFS  of any  Securities.
      5.  This  Agreement     may  be modified     or amended     only  by  the  written    agreement     of TFS  and  TMCC    unless   any  holder   of

       Securities     has  made   a claim   against    TFS  pursuant    to clause   7, in which   case  any  modification      or amendment      shall   be
       subject    to the  consent    of such   a holder.    No  such   modification      or amendment      shall   have   any  adverse    effect   upon   any
       holder   of any  Securities     outstanding      at the  time  of such  modification      or amendment.       Either   TFS  or TMCC    will  provide
       written    notice   to the  other,   with  a copy   to each  statistical     rating   agency    that,  upon   the  request    of TMCC    or TFS,   has  issued
       a rating   in respect    of TMCC    or any  Securities     (hereafter     a "Rating    Agency"),     30 days  prior   to such  proposed     modification
       or amendment.
      6.  Either   TFS  or TMCC    may  terminate     this  Agreement     upon   30 days  written    notice   to the  other,   with  a copy   to each  Rating

       Agency,    subject    to the  limitation     that  termination      will  not  take  effect   until  or unless   (i) all Securities     issued   on or prior   to
       the  date  of such   termination      notice   have   been   repaid   or (ii)  each   Rating   Agency    has  confirmed     to TMCC    that  the  debt
       ratings   of all such  Securities     will  be unaffected     by such  termination.
                                  40/151








                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      7.  This  Agreement     is executed    for  the  benefit    of the  holders    of Securities     and  such  holders    may  rely  on TFS's   observance
       of the  provisions     of this  Agreement.       TFS  and  TMCC    hereby   agree   that  the  holders    of Securities     shall   have   the  right   to
       claim   directly    against    TFS  to perform    any  of its obligations     under   this  Agreement.       Such   claim   shall   be made   in writing
       with  a declaration     to the  effect   that  such   a holder   will  have   recourse    to the  rights   given   under   this  Agreement.       If TFS
       receives    such  a claim   from   any  holder   of Securities,     TFS  shall   indemnify,     without    any  further   action   or formality,     such  a
       holder   against    any  loss  or damage    arising   out  of or as a result   of the  failure   to perform    any  of its obligations     under   this
       Agreement.       The  holder   of Securities     who  made   the  claim   may  enforce    such  indemnity     directly    against    TFS.    In relation    to
       any  Securities     in respect    of which   a trustee   has  been   appointed     to act  for  the  holders    of such  Securities,     such  trustee   may
       make   the  above   mentioned     claim   in favor   of the  holders    of Securities     directly    against    TFS  and,  where   appropriate,      it may
       enforce    the  indemnity     against    TFS  in favor   of such  holders.     Provided    that,  if the  trustee,    having   become    bound   to proceed
       directly    against    TFS,   fails  to do  so within   a reasonable     period   thereafter     to protect    the  interests    of the  holders    of such
       Securities,     and  such  failure   shall  be continuing,     the  holders    of such  Securities     may  take  actions    available    under   this  clause.
      8.  This  Agreement     shall   be governed     by,  and  construed     in accordance      with,   the  laws   of Japan.     TFS  and  TMCC    hereby

       irrevocably      submit    to the  jurisdiction      of the  Tokyo    District    Court   over   any  action   or proceeding      arising    out  of this
       Agreement.
      IN  WITNESS     WHEREOF      , the  parties   hereto   have   caused   this  Agreement     to be executed    and  delivered     by  their  respective

     officers    thereunto     duly  authorised     as of the  day  and  year  first  above   written.
                          TOYOTA     FINANCIAL       SERVICES      CORPORATION

                          By:

                              Hideto   Ozaki
                              Representative       Director
                          TOYOTA     MOTOR    CREDIT    CORPORATION

                          By:

                              George    Borst
                              Representative       Director
                                  41/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     2  【継続開示会社たる当該会社に関する事項】
       トヨタ自動車は、継続開示会社である。

      (1)  当該会社が提出した書類
       イ 有価証券報告書及びその添付書類
         事業年度(平成30年3月期)  自 平成29年4月1日  至 平成30年3月31日
         平成30年6月25日、関東財務局長に提出。
       ロ 四半期報告書又は半期報告書
         四半期報告書
         平成31年3月期第2四半期  自 平成30年7月1日  至 平成30年9月30日
         平成30年11月13日、関東財務局長に提出。
       ハ 臨時報告書
         該当事項なし
       ニ 訂正報告書
         該当事項なし
      (2)  上記書類を縦覧に供している場所

                名称                         所在地
          トヨタ自動車株式会社 本社                        愛知県豊田市トヨタ町1番地
          株式会社東京証券取引所                        東京都中央区日本橋兜町2番1号
          株式会社名古屋証券取引所                        名古屋市中区栄三丁目           8 番 20 号
     次へ

                                  42/151










                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (3)事業の概況及び主要な経営指標等の推移

        イ.事業の概況
            トヨタ自動車およびその関係会社                   (子会社606社        (変動持分事業体を含む)              および関連会社199社
           (2018年3月31日現在)            により構成)       においては、自動車事業を中心に、金融事業およびその他の事業
           を行っている。
            なお、次の3つに区分された事業はトヨタ自動車が平成30年6月25日に提出した有価証券報告書
           「第5      経理の状況      1   連結財務諸表等         (1)   連結財務諸表         注記26」に掲げる事業別セグメント情
           報の区分と同様である。
           自動車  当事業においては、セダン、ミニバン、2BOX、スポーツユーティリティビークル、トラック等の自

               動車とその関連部品・用品の設計、製造および販売を行っている。自動車は、トヨタ自動車、日野自動車
               ㈱およびダイハツ工業㈱が主に製造しているが、一部については、トヨタ車体㈱等に生産委託しており、
               海外においては、トヨタ             モーター      マニュファクチャリング             ケンタッキー㈱等が製造している。自動
               車部品は、トヨタ自動車および㈱デンソー等が製造している。これらの製品は、国内では、東京トヨペッ
               ト㈱等の全国の販売店を通じて顧客に販売するとともに、一部大口顧客に対してはトヨタ自動車が直接販
               売を行っている。一方、海外においては、米国トヨタ自動車販売㈱等の販売会社を通じて販売している。
                自動車事業における主な製品は次のとおりである。
                               主な製品の種類

           LS、RX、クラウン、カローラ、RAV4、カムリ、ハイラックス、ヴィッツ、C-HR、
           ハイランダー、ランドクルーザー、タコマ、フォーチュナー、プリウス、ハイエース、アクア、
           シエンタ、ヴォクシー、ルーミー、タンク、プロフィア、タント                                ほか
           金融          当事業においては、主としてトヨタ自動車およびその関係会社が製造する自動車および他の製品の販売

               を補完するための金融ならびに車両および機器のリース事業を行っている。国内では、トヨタファイナン
               ス㈱等が、海外では、トヨタ                モーター      クレジット㈱等が、これらの販売金融サービスを提供してい
               る。
           その他        その他の事業では、住宅の設計、製造および販売、情報通信事業等を行っている。住宅は、主にトヨタ

               ホーム㈱、ミサワホーム㈱、ならびにその関係会社が製造、販売を行っている。
                                  43/151









                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        ロ.主要な経営指標等の推移
        (1)   連結経営指標等
            決算期           2014年3月期        2015年3月期        2016年3月期        2017年3月期        2018年3月期

     売上高            (百万円)      25,691,911        27,234,521        28,403,118        27,597,193        29,379,510

     税金等調整前当期純利益            (百万円)       2,441,080        2,892,828        2,983,381        2,193,825        2,620,429

     当社株主に帰属する
                  (百万円)       1,823,119        2,173,338        2,312,694        1,831,109        2,493,983
     当期純利益
     包括利益            (百万円)       2,892,501        3,294,275        1,517,486        1,966,650        2,393,256
     純資産            (百万円)      15,218,987        17,647,329        18,088,186        18,668,953        19,922,076

     総資産            (百万円)      41,437,473        47,729,830        47,427,597        48,750,186        50,308,249

     1株当たり株主資本             (円)      4,564.74        5,334.96        5,513.08        5,887.88        6,438.65

     基本1株当たり
                   (円)       575.30        688.02        741.36        605.47        842.00
     当社普通株主に
     帰属する当期純利益
     希薄化後1株当たり
                   (円)       574.92        687.66        735.36        599.22        832.78
     当社普通株主に
     帰属する当期純利益
     株主資本比率             (%)        34.9        35.2        35.3        35.9        37.2
     株主資本当社普通株主に
                   (%)        13.7        13.9        13.8        10.6        13.7
     帰属する当期純利益率
     株価収益率             (倍)        10.1        12.2        8.0       10.0        8.1
     営業活動による
                  (百万円)       3,646,035        3,685,753        4,460,857        3,414,237        4,210,009
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      △   4,336,248      △   3,813,490      △   3,182,544      △   2,969,939      △   3,660,092
                  (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                      △      423,571     △      375,165     △      449,135
                  (百万円)        919,480        306,045
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                  (百万円)       2,041,170        2,284,557        2,939,428        2,995,075        3,052,269
     期末残高
                         338,875        344,109        348,877        364,445        369,124
     従業員数
                   (人)
      [外、平均臨時雇用人員]
                         [ 85,778]       [ 85,848]       [ 86,843]       [ 86,005]       [ 84,731]
      (注)   1  トヨタ自動車の連結財務諸表は、米国において一般に公正妥当と認められる会計原則に基づいて作成して
          いる。
        2  売上高は消費税等を含まない。
                                  44/151








                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        (2)   トヨタ自動車の経営指標等
            回次           第110期        第111期        第112期        第113期        第114期

           決算期           2014年3月期        2015年3月期        2016年3月期        2017年3月期        2018年3月期

     売上高            (百万円)      11,042,163        11,209,414        11,585,822        11,476,343        12,201,443

     経常利益            (百万円)       1,838,450        2,125,104        2,284,091        1,801,736        2,238,140

     当期純利益            (百万円)       1,416,810        1,690,679        1,810,370        1,529,911        1,859,312

     資本金            (百万円)        397,049        397,049        635,401        635,401        635,401

     発行済株式総数
      普通株式            (千株)      3,447,997        3,417,997        3,337,997        3,262,997        3,262,997
      AA型種類株式            (千株)          ―        ―     47,100        47,100        47,100
     純資産額            (百万円)       8,920,439       10,184,271        10,859,443        11,365,784        12,040,947
     総資産額            (百万円)      13,609,725        15,128,623        16,100,209        16,592,167        17,522,303

     1株当たり純資産額             (円)      2,812.17        3,235.44        3,417.07        3,659.40        3,972.72

     1株当たり配当額
      普通株式                      165        200        210        210        220
                  (円)
      (うち1株当たり
                         (    65)      (    75)      (   100)      (   100)      (   100)
      中間配当額)
      第1回AA型種類株式                       ―        ―       52       105        158
      (うち1株当たり            (円)
                         (     ―)     (     ―)     ( 26.0)       ( 52.5)       ( 79.0)
      中間配当額)
     1株当たり当期純利益             (円)       447.09        535.22        581.08        506.96        628.31
     潜在株式調整後
                  (円)       446.81        534.95        575.64        500.65        620.85
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率             (%)        65.5        67.3        67.4        68.5        68.7
     自己資本利益率             (%)        17.3        17.8        17.2        13.8        15.9

     株価収益率             (倍)        13.0        15.7        10.2        11.9        10.9

     配当性向             (%)        36.9        37.4        36.1        41.4        35.0

     従業員数
                         68,240        70,037        72,721        73,875        74,890
                  (人)
      [外、平均臨時雇用人員]
                        [   9,571]      [   9,947]      [ 10,371]       [ 10,700]       [ 10,905]
      (注)    売上高は消費税等を含まない。
                                  45/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     3  【継続開示会社に該当しない当該会社に関する事項】

       TFSは、継続開示会社に該当しない会社である。

       会社名・代表者の役職氏名及び本店所在の場所

         会社名      トヨタファイナンシャルサービス株式会社

         代表者の役職氏名 取締役社長 福留 朗裕
         本店の所在の場所 愛知県名古屋市西区牛島町6番1号
     次へ

                                  46/151















                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     第1     企業の概況

     1   主要な経営指標等の推移

      (1)  最近5連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移
            決算期           2014年3月期        2015年3月期        2016年3月期        2017年3月期        2018年3月期

     売上高            (百万円)       1,403,819        1,645,393        1,880,183        1,812,554        1,978,884

     経常利益            (百万円)        297,528        367,586        330,190        215,447        280,769

     親会社株主に帰属する
                 (百万円)        193,690        235,090        232,719        148,687        509,930
     当期純利益
     包括利益            (百万円)        291,338        383,235        82,594       117,191        439,270
     純資産額            (百万円)       1,707,831        2,091,538        2,173,667        2,291,850        2,733,310

     総資産額            (百万円)      18,595,330        22,079,002        21,379,657        22,188,626        22,669,700

     1株当たり純資産額             (円)    1,077,281.39        1,319,596.49        1,372,219.52        1,444,732.41        1,721,667.31

     1株当たり当期純利益
                  (円)     123,330.69        149,691.36        148,181.83        94,674.94       324,692.91
     金額
     潜在株式調整後1株当
                  (円)          ―        ―        ―        ―        ―
     たり当期純利益金額
     自己資本比率             (%)         9.1        9.4       10.1        10.2        11.9
     自己資本利益率             (%)        12.5        12.5        11.0        6.7       20.5

     株価収益率             (倍)          ―        ―        ―        ―        ―

     営業活動による
                 (百万円)           ―        ―        ―        ―        ―
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (百万円)           ―        ―        ―        ―        ―
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (百万円)           ―        ―        ―        ―        ―
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (百万円)           ―        ―        ―        ―        ―
     の期末残高
                          9,130        9,463        9,670       10,172        10,364
     従業員数
                  (人)
     (外、平均臨時雇用者数)
                         (1,255)        (1,380)        (1,536)        (1,548)        (1,450)
      (注)   1   売上高は消費税等を含まない。
        2   潜在株式が存在しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を記載していない。
        3   非上場である為、株価収益率を記載していない。
        4   連結キャッシュ・フロー計算書については記載を省略している為、「営業活動によるキャッシュ・フロー」、「投
          資活動によるキャッシュ・フロー」、「財務活動によるキャッシュ・フロー」及び「現金及び現金同等物の期末残
          高」を記載していない。
                                  47/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      (2)  トヨタファイナンシャルサービス株式会社の最近5事業年度に係る主要な経営指標等の推移
           決算期           2014年3月期        2015年3月期        2016年3月期        2017年3月期        2018年3月期

     売上高            (百万円)        123,457        114,146        41,846        39,854        58,411

     経常利益            (百万円)        116,150        107,950        30,975        28,947        47,297

     当期純利益            (百万円)        110,478        101,148        27,192        26,160        42,983

     資本金            (百万円)        78,525        78,525        78,525        78,525        78,525

     発行済株式総数             (株)      1,570,500        1,570,500        1,570,500        1,570,500        1,570,500

     純資産額            (百万円)        430,039        532,181        556,311        581,408        624,560

     総資産額            (百万円)        438,829        542,196        562,541        589,136        633,111

     1株当たり純資産額             (円)     273,823.53        338,861.06        354,225.54        370,206.23        397,682.51

     1株当たり配当額
     (うち1株当たり             (円)         ─        ─        ─        ―        ―
     中間配当額)
     1株当たり当期純利益
                  (円)      70,345.90        64,405.56        17,314.84        16,657.31        27,369.48
     金額
     潜在株式調整後1株当
                  (円)          ―        ―        ―        ―        ―
     たり当期純利益金額
     自己資本比率             (%)        97.9        98.2        98.9        98.7        98.6
     自己資本利益率             (%)        29.5        21.0        5.0        4.6        7.1

     株価収益率             (倍)          ―        ―        ―        ―        ―

     配当性向             (%)          ―        ―        ―        ―        ―

                           89        87        86        79        73
     従業員数
                  (人)
     (外、平均臨時雇用者数)
                          (13)        (14)        (17)        (18)        (16)
      (注)   1 売上高は消費税等を含まない。
        2 潜在株式が存在しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を記載していない。
        3 非上場である為、株価収益率を記載していない。
                                  48/151









                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     2 沿革
      ・トヨタファイナンシャルサービス株式会社                     (以下、TFS)        は、トヨタ自動車株式会社             (以下、トヨタ)        の100%出資で、
       トヨタの金融事業の競争力強化と意思決定の迅速化を図ることを目的に国内外の金融子会社を傘下に置く統括会社として
       2000年7月に設立された。
       年                          概要

      1982年     ・トヨタ     ファイナンス       オーストラリア株式会社〔現 連結子会社〕(オーストラリア)設立
            トヨタの販売金融サービスの世界展開開始
           ・トヨタ     モーター     クレジット株式会社〔現 連結子会社〕(米国)設立
      1987年     ・トヨタ     モーター     ファイナンス(ネザーランズ)株式会社〔現 連結子会社〕(オランダ)設立
      1988年     ・トヨタ     クレジットバンク有限会社〔現 連結子会社〕(ドイツ)設立
           ・トヨタファイナンス株式会社〔現 連結子会社〕(日本)設立
           ・トヨタ     モーター     ファイナンス(UK)株式会社〔現トヨタ                  ファイナンシャル         サービス(UK)
            株式会社:連結子会社〕(英国)設立
      1989年     ・トヨタ     ファイナンス       ニュージーランド株式会社〔現 連結子会社〕(ニュージーランド)設立
      1990年     ・トヨタ     クレジット      カナダ株式会社〔現 連結子会社〕(カナダ)設立
      1993年     ・トヨタ     リーシング      タイランド株式会社〔現 連結子会社〕(タイ)設立
      1996年     ・トヨタ     クレジット      プエルト・リコ株式会社〔現 連結子会社〕(プエルト・リコ)設立
      1998年     ・トヨタ     クレジット      アルゼンチン株式会社(アルゼンチン)設立
      1999年     ・バンコ     トヨタ    ブラジル株式会社〔現 連結子会社〕(ブラジル)設立
      2000年     ・トヨタ     バンク    ポーランド株式会社〔現 連結子会社〕(ポーランド)設立
           ・トヨタ     ファイナンシャル         サービス     サウス    アフリカ株式会社〔現 持分法適用会社〕
            (南アフリカ)設立
           ・トヨタ     ファイナンシャル         サービス     チェコ有限会社〔現 連結子会社〕(チェコ)設立
           ・主にトヨタ自動車株式会社が保有する販売金融子会社株式の現物出資により、
            トヨタファイナンシャルサービス株式会社設立
      2001年     ・トヨタ     ファイナンス       フィンランド株式会社〔現 連結子会社〕(フィンランド)の株式取得
           ・トヨタ     サービス     デ  ベネズエラ株式会社〔現 連結子会社〕(ベネズエラ)設立
           ・トヨタ     サービス     デ  メキシコ株式会社〔現トヨタ              ファイナンシャル         サービス     メキシコ
            株式会社:連結子会社〕(メキシコ)設立
           ・Seabanc     GE  キャピタル株式会社〔現トヨタ               キャピタル      マレーシア株式会社:連結子会社〕
            (マレーシア)の株式取得
      2002年     ・トヨタ     ファイナンシャル         サービス     デンマーク株式会社〔現 連結子会社〕(デンマーク)設立
           ・トヨタ     ファイナンシャル         サービス     ハンガリー株式会社〔現 連結子会社〕(ハンガリー)設立
           ・トヨタ     ファイナンシャル         サービス     フィリピン株式会社〔現 連結子会社〕(フィリピン)設立
           ・和潤企業株式会社〔現 持分法適用会社〕(台湾)の株式取得
      2004年     ・トヨタ     コンパニーア       フィナンシェラ        デ  アルゼンチン株式会社〔現 連結子会社〕
            (アルゼンチン)設立
      2005年     ・トヨタ     モーター     ファイナンス       チャイナ有限会社〔現 連結子会社〕(中国)設立
           ・トヨタ     ファイナンシャル         サービス     スロバキア有限会社〔現 連結子会社〕(スロバキア)設立
           ・トヨタ     ファイナンシャル         サービス     コリア株式会社〔現 連結子会社〕(韓国)設立
      2006年     ・PT   KDLC   バンクバリ      ファイナンス株式会社〔現トヨタ                アストラ     ファイナンシャル         サービス
            株式会社:持分法適用会社〕(インドネシア)の株式取得
      2007年     ・トヨタ     バンク    ロシア株式会社〔現 連結子会社〕(ロシア)設立
      2008年     ・トヨタ     ファイナンシャル         サービス     ベトナム有限会社〔現 連結子会社〕(ベトナム)設立
      2011年     ・トヨタ     ファイナンシャル         サービス     インディア株式会社〔現 連結子会社〕(インド)設立
      2013年     ・トヨタファイナンシャルサービス                 カザフスタン有限会社〔現 連結子会社〕(カザフスタン)設立
      2017年     ・トヨタ     ファイナンシャル         サービス     アイルランド株式会社〔現 連結子会社〕
            (アイルランド)設立
                                  49/151




                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     3 事業の内容
      ・TFSグループは、TFS、国内外の連結子会社48社及び持分法適用会社7社で構成され(平成30年3月31日現在)、トヨ
       タの製品に関する販売金融サービスを中心に事業展開している。「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財
       務諸表 注記事項 セグメント情報等 セグメント情報」に記載のとおり、TFSグループの提供する金融サービスは、
       主に、自動車ローン及びリースの提供、販売店への資金の貸付、保険仲介等の販売金融事業である。
      ・日本においては、トヨタファイナンス株式会社が、北米地域においては、トヨタ                                       モーター     クレジット株式会社及びトヨ
       タ  クレジット      カナダ株式会社が、オーストラリアにおいては、トヨタ                           ファイナンス       オーストラリア株式会社が、その
       他の地域においては、トヨタ              リーシング      タイランド株式会社及びトヨタ               モーター     ファイナンス       チャイナ有限会社等が
       展開しており、現在、世界37の国・地域で顧客への販売金融サービスの提供を行っている。
      ・TFSの主な事業内容は、これら金融事業の企画・戦略の立案、関係各社の収益管理・リスク管理、金融事業の効率化推
       進等である。
                                  50/151
















                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     4 関係会社の状況
                              資本金又は        主要な事業       議決権の所有

           名称            住所                               関係内容
                               出資金        の内容       割合(%)
     (親会社)
                                                   役員の兼任…有
                                     自動車の
                             (百万円)               被所有      資金の預入
     トヨタ自動車㈱(注)2              愛知県 豊田市
                                 635,401                100  設備等の賃借等
                                     製造・販売
     (連結子会社)
     トヨタファイナンス㈱
                             (百万円)       トヨタ製品にかか        所有
                   愛知県 名古屋市                                役員の兼任…有
          (注)1,2                       16,500    る販売金融
                                                 100
                   Plano,

     トヨタ   モーター
                             (千米ドル)       トヨタ製品にかか            100
                                                   役員の兼任…有
                   Texas,   U.S.A.           915,000    る販売金融            (100)
     クレジット㈱(注)1,2,4
     トヨタ   モーター
                             (米ドル)
                   Plano,
                                     トヨタ関連の保険            100
     インシュランス      サービス㈱                                        役員の兼任…無
                   Texas,   U.S.A.           10,000    代理店業務            (100)
               (注)1
                             (千加ドル)
                   Markham,
     トヨタ   クレジット                             トヨタ製品にかか
                                                 100  役員の兼任…無
                   Ontario,    Canada          60,000    る販売金融
     カナダ㈱(注)1
     トヨタ

                             (千ユーロ)       トヨタ製品にかか
                   Cologne,    Germany
                                                 100  役員の兼任…無
                                 30,000    る販売金融
     クレジットバンク㈲
     トヨタ   モーター 
                                     トヨタグループ会
                   Amsterdam,
                             (千ユーロ)
     ファイナンス(ネザーランズ)㈱
                                     社への資金調達支            100  役員の兼任…無
                                   908
                   Netherlands
            (注)2                         援
                   Epsom,   Surrey,
     トヨタ   ファイナンシャル
                             (千英ポンド)       トヨタ製品にかか
                                                 100  役員の兼任…無
                   United   Kingdom           114,500    る販売金融
     サービス(UK)㈱(注)1
                   St Leonards,
     トヨタ   ファイナンス
                             (千豪ドル)       トヨタ製品にかか
                   New  South   Wales,                         100  役員の兼任…無
                                 120,000    る販売金融
     オーストラリア㈱(注)1,2
                   Australia
                             (百万タイ・
     トヨタ   リーシング
                                     トヨタ製品にかか            86.8
                             バーツ)
                   Bangkok,    Thailand
                                                   役員の兼任…無
                                     る販売金融            (0.1)
     タイランド㈱(注)1
                                 15,100
     トヨタ   モーター    ファイナンス 
                             (千元)       トヨタ製品にかか
                   中国 北京                              100  役員の兼任…有
                                3,100,000     る販売金融
     チャイナ㈲(注)1
         その他 38社

     (持分法適用関連会社)
                             (南アフリカ・
     トヨタ   ファイナンシャル           Sandton,    Gauteng,
                                     トヨタ製品にかか            33.3
                             ランド)
                                                   役員の兼任…無
     サービス    サウス   アフリカ㈱       South   Africa               る販売金融           (33.3)
                                  4,695
                             (千台湾ドル)
                                     トヨタ製品にかか
     和潤企業㈱              台湾 台北                             33.4   役員の兼任…無
                                3,746,104     る販売金融
         その他 5社

      (注)   1 特定子会社に該当する。なお、(連結子会社)その他に含まれる会社のうち特定子会社に該当する会社は、トヨタ

          ファイナンシャルサービス             インターナショナル㈱、トヨタ               バンク    ロシア㈱、トヨタ         ファイナンシャル         サービ
          ス  インディア㈱及びトヨタ            ファイナンシャル         サービス     フィリピン㈱である。
        2 有価証券報告書を提出している。
        3 議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数。
        4 トヨタ      モーター     クレジット㈱については売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合
          が10%を超えているが、有価証券報告書を提出しているため、主要な損益情報等の記載を省略している。
                                  51/151




                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     5   従業員の状況
      (1)  連結会社の状況
                                               2018年9月30日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
      日本                                          1,938

      北米                                          3,399

      タイ                                          1,240

      その他                                          3,884

      全社(共通)                                            74

                                               10,535     (1,524)

                 合計
      (注)   1  従業員数については、就業人員(TFSグループからグループ外への出向者を除き、グループ外からTFSグループ
          への出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、当中間連結会
          計期間の平均人員を(            )内に外数で記載している。
        2  全社(共通)は、TFSに所属している従業員である。
      (2)  トヨタファイナンシャルサービス株式会社の状況

                                               2018年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
             73 (16)                44.7              7.7            10,610

      (注)   1 従業員数については、就業人員(TFSから社外への出向者を除き、社外からTFSへの出向者を含む。)であり、
          臨時雇用者数(人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )内に外数で記載している。
        2 平均年間給与額は、基準外賃金及び賞与を含む。
      (3)  労働組合の状況

        労働組合との間に特記すべき事項はない。
                                  52/151










                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     第2 事業の状況
     1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等

        TFSグループは「トヨタのお客様を中心に、健全な金融サービスを提供し、豊かな生活に貢献する」ことを目指し、
       ディストリビューターや販売店との連携を深め、お客様のニーズ・ライフスタイルや地域特性に対応した金融商品・サー
       ビスの提供に努め、トヨタ・レクサス車販売に貢献していきたいと考えており、持続可能な成長に向けた「真の競争力」
       を強化するため、以下の課題に重点的に取組んでいく。
        (1)  自動車・販売金融一体となった事業戦略の策定、戦略的連携の強化 

        (2)  販金事業を取り巻くリスク管理手法・体制の強化
        (3)  資金調達の多様化と緊急時の流動性確保
        (4)  収益力の向上
        (5)  バリューチェーン・モビリティサービスの取り組み強化
        (6)  人材育成の強化
     2 事業等のリスク

        TFSグループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性のあるリスクについて、投資家の判断に重要な影響を及
       ぼす可能性があると考えられる事項を以下に記載している。但し、以下はTFSグループに関する全てのリスクを網羅し
       たものではなく、記載されたリスク以外のリスクも存在する。かかるリスク要因のいずれも、投資家の判断に影響を及ぼ
       す可能性がある。
        本項においては、将来に関する事項が含まれているが、当該事項は本書提出日現在において判断したものである。
      (1)   財政状態及び経営成績の異常な変動
       ① 損益関連
        トヨタ・レクサス車の販売減少に伴い、TFSグループの融資件数や金融債権残高が減少する可能性がある。
        ディストリビューターと契約する特別プログラムの内容が変化することにより、収益が減少又は費用が増加する可能性
       がある。
        現地の商業銀行など他金融機関との融資レートの競争により、利鞘が縮小するリスクがある。
        格付け機関によるトヨタ及びTFSグループの格付け変更ならびに将来の格付けに対する見通し変更や、展開国・地域
       における資金調達環境の変化などにより、調達可能資金量に制約を受け、TFSグループの融資件数や金融債権残高が減
       少する可能性がある。
        リスクヘッジのためデリバティブを使用しているが、デリバティブは各期末において時価評価され、その結果生じる評
       価損益が損益計算書に計上されるため、損益計算書に計上される売上原価がデリバティブ評価損益の影響を強く受ける可
       能性がある。
        格付け機関によるトヨタ及びTFSグループの格付け変更ならびに将来の格付けに対する見通し変更や、展開国・地域
       における市場金利の上昇などの資金調達環境の変化、資金調達・リスクヘッジのタイミング・規模・市場選択の巧拙など
       により、資金調達コストが上昇するリスクがある。
        デリバティブ取引においてカウンターパーティが倒産することにより、債権を回収できないリスクがある。
        TFSグループが契約しているクレジットサポートアグリーメントあるいは保証・コンフォートレターの履行リスクが
       ある。
        リース終了時の車両価格の下落や返却されるリース車両の増加などの要因により、残価関連費用が増加するリスクがあ
       る。また、融資先の信用力の悪化により、貸倒関連費用が増加するリスクがある。
       ②  オペレーショナル・リスク
        窃盗・詐欺・情報漏洩・事務ミス・適切な内部管理や事務プロセスの不備など、故意または過失による人為的事故によ
       り、損失が発生するリスクがある。
                                  53/151




                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       ③ 為替リスク
        TFSグループは、国内外30以上の国・地域で販売金融事業を展開している。各国・地域における売上、費用、資産な
       ど現地通貨建ての項目は、連結財務諸表作成のために円換算されている。換算時の為替レートの変動により、現地通貨に
       おける価値が変わらなかったとしても、円換算後の価値が影響を受ける可能性がある。
       ④ 外部リスク
        TFSグループが展開している国・地域における政治・経済・規制等の変化が各国・地域の経済政策や金融・財政政策
       に及ぼす影響により、TFSグループの財政状態及び経営成績に悪影響を与える可能性がある。
        TFSグループが展開している国・地域における戦争・テロ・騒乱、震災・火災・風水害などの災害やパンデミック
       (感染爆発)といった政治・社会の混乱により、当該国・地域の経済の低迷や、TFSグループの資産・担保・顧客・従
       業員などへの被害、トヨタ・レクサス車の生産・販売活動への障害などの事象が発生した場合、TFSグループの財政状
       態及び経営成績に悪影響を与える可能性がある。
       ⑤ 流動性リスク
        大規模な金融システム不安や混乱等により、金融市場における流動性が著しく低下した場合、あるいは、トヨタ及びT
       FSグループの業績や財務状況の悪化、格付けの低下や風説・風評の流布等が発生した場合には、通常より著しく高い金
       利による資金調達を余儀なくされる、あるいは、資金繰り運営に支障が生じる可能性がある。その結果、TFSグループ
       の財政状態及び経営成績に悪影響を与える可能性がある。
       ⑥ システムに関するリスク
        自然災害、障害、不正使用、サイバー攻撃などの影響により、TFSグループ会社が利用するシステムに、誤作動や停
       止、情報の消失や漏洩等の事象が発生した場合、業務の中断・混乱、損害賠償金の支払い、TFSグループの社会的信用
       の失墜等によりTFSグループの財政状態及び経営成績に悪影響を与える可能性がある。
       ⑦ コンプライアンスに関するリスク
        TFSグループ会社が法令などに抵触する事態が生じた場合、行政処分や刑事処分(登録や免許の取り消し、課徴金や
       罰金の命令等)、損害賠償金の支払い、TFSグループの社会的信用の失墜等によりTFSグループの財政状態及び経営
       成績に悪影響を与える可能性がある。
       ⑧ 個人情報管理に関するリスク
        TFSグループは個人情報を取り扱っており、これらの情報について紛失・漏洩等が発生した場合、行政処分、刑事処
       分、損害賠償金の支払い、TFSグループの社会的信用の失墜等によりTFSグループの財政状態及び経営成績に悪影響
       を与える可能性がある。
       ⑨ 販売金融以外のビジネス
        TFSグループは、法令その他の条件の許す範囲内で、販売金融以外の分野においても事業を行っている。TFSグ
       ループは、販売金融以外の事業範囲に関するリスクについては、相対的に限られた経験しか有していないことがあるた
       め、その運営にあたっては、適切なリスク管理システムを構築し、リスクをモニターすると共に、リスクに見合った自己
       資本を維持していかなければ、TFSグループの財政状態及び経営成績に悪影響を与える可能性がある。
      (2)   特定の取引先・製品・技術等への依存

        TFSグループの事業はトヨタ・レクサス車の販売に大きく依存している。このため、規制による場合または自主的な
       場合に関らず、リコール等の改善措置の実施などによりトヨタ・レクサス車の販売や価格に悪影響が生じた場合、TFS
       グループの売上や資産が減少しまたは費用が増加する可能性がある。
        また、大規模な販売店など特定の法人に対しクレジットエクスポージャーを保有し、その法人の信用力が大幅に低下す
       るかあるいは倒産した場合に、貸倒関連費用が増加する可能性がある。
      (3)   特有の法的規制・取引慣行・経営方針

        銀行免許を保有しているTFSグループ子会社等に対する自己資本比率などの規制に関する基準や算定方法の変更が行
       われるリスクがある。
        TFSグループが展開している国・地域における税制の変更や、負債や資本に関する規制などの変更により、TFSグ
       ループの財政状態及び経営成績に悪影響を与える可能性がある。
                                  54/151



                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      (4) 重要な訴訟事件等の発生
        TFSグループ会社が当事者となる訴訟事件や法的手続き等で不利な判断がなされた場合、または、それらの訴訟事件
       や法的手続き等に伴うTFSグループの社会的信用の失墜などが生じた場合、TFSグループの財政状態及び経営成績に
       悪影響を与える可能性がある。
     3 経営者による財政状態及び経営成績の状況の分析

      当連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)
      (1)    重要な会計方針及び見積り
        TFSグループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成している。この
       連結財務諸表の作成に当たっては、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債、収益・費用の報告金額及び開示に
       影響を与える見積りを必要としている。経営者は、これらの見積りについて、過去の実績や現状を勘案し合理的に判断し
       ているが、見積り特有の不確実性があるため、実際の結果は、これらの見積りと異なる場合がある。
        TFSグループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5                                   経理の状況       1   連結財務諸表等         注記事項 
       連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載している。
      (2) 経営成績等の状況の概要

       ①   財政状態及び経営成績の状況
        当連結会計年度のわが国経済は、雇用の改善を背景とした個人消費の持ち直しなどから緩やかに拡大した。企業の収益
       や景況感が改善傾向にあり、設備投資も増加基調を続けた。海外では、米国経済は雇用・所得環境の改善などから家計支
       出を中心に回復が続き、また、欧州経済も緩やかに回復した。中国経済は、各種政策効果により総じて安定した成長を続
       けた。その他の新興国・資源国経済も、主要国経済の回復を背景とした輸出増加や資源価格の底入れなどから、全体とし
       ては緩やかに回復した。
        金融市場では、日本の長期金利は概ね横ばい圏で推移、米・欧の長期金利は上昇した。地政学リスクへの警戒などを背

       景に主要国金利は低下する局面もあったが、米国の税制改革やECBの金融緩和縮小が金利上昇圧力となった。株式市場
       では日・米の株価は上昇、欧州の株価は下落した。堅調な企業業績が支えとなった一方で米国の通商政策への不透明感が
       上値を抑えた。為替市場では、日本円は米ドルに対して円高、ユーロに対して円安となった。
        このような環境下、TFSグループでは、トヨタ・レクサス車の販売支援を通じてトヨタグループ全体の企業価値向上

       に貢献するためには、「年輪的成長」の実現、「未来への挑戦」が不可欠と考えている。「年輪的成長」に向けた真の競
       争力強化としては、魅力的な商品・サービスの提供の他、財務の健全性向上など事業基盤の整備に取組んできた。「未来
       への挑戦」としては、将来を見据えた成長戦略に取組み、時代を先取りした金融面からのサービス・事業を通じ、トヨタ
       が進める未来のモビリティ社会作りに貢献することを目指している。また、TFSグループは、トヨタ自動車との一体経
       営・グループガバナンスを実現する日本本社に加え、グループの知見、先端の金融サービスが集積する米国に本社機能を
       設置し、お客様本位の金融サービスをグループ全体で提供できる体制を構築している。
        トヨタ・レクサス車の販売支援として、残価設定型ローンなど、お客様のニーズに沿った商品・サービスの拡充に努め

       るとともに、金融商品の活用を通じたお客様との関係深化にも取組んだ。また、バリューチェーンの深化として、ディス
       トリビューターや販売店と連携し、中古車・保険など車周りのビジネスも推進した。
        これらの活動の結果、欧州やアジアなど多くの国で業容が拡大した。また、新車融資シェアは約35%、新車融資件数は

       約282万件と、トヨタ・レクサス車の販売に貢献した。
        今後も、トヨタ自動車の販売戦略の一翼を持続的に担っていくため、バリューチェーン・モビリティサービスへの取り
       組み強化を通じた収益力の向上、健全なオペレーション体制及び強固な財務体質の構築に取組んでいく。
                                  55/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        以上の結果、当連結会計年度のTFSグループ連結決算は、売上高は1兆9,788億円と、前連結会計年度に比べて1,663
       億円の増収となり、融資残高の増加などにより、営業利益は2,496億円と603億円の増益、経常利益は2,807億円と653億円
       の増益、親会社株主に帰属する当期純利益は5,099億円と3,612億円の増益となった。
        TFS単独決算については、売上高は584億円と、前事業年度に比べて185億円の増収となり、受取配当金の増加などに

       より、営業利益は447億円と167億円の増益、経常利益は472億円と183億円の増益、当期純利益は429億円と168億円の増益
       となった。
        セグメントの業績は、次のとおりである。

        (日本)
         売上高は1,642億円と、前連結会計年度に比べて74億円の増収となり、営業利益は288億円と64億円の増益となった。
        (北米)
         売上高は1兆3,728億円と、前連結会計年度に比べて1,023億円の増収となり、デリバティブ関連損益の影響などによ
        り、営業利益は1,106億円と418億円の増益となった。
        (オーストラリア)
         売上高は986億円と、前連結会計年度に比べて70億円の増収となり、融資残高の増加などにより、営業利益は163億円
        と46億円の増益となった。
        (その他)
         売上高は3,430億円と、前連結会計年度に比べて494億円の増収となり、融資残高の増加などにより、営業利益は969億
        円と61億円の増益となった。
        また、当連結会計年度末におけるTFSグループの財政状態は次のとおりである。

        当連結会計年度末の総資産は22兆6,697億円と、前連結会計年度末に比べて4,810億円の増加となった。流動資産は7,578
       億円増加して17兆5,835億円、固定資産は2,767億円減少して5兆861億円となった。流動資産の増加は営業債権、リース債
       権及びリース投資資産の増加などによるものであり、固定資産の減少は賃貸資産の減少などによるものである。
        当連結会計年度末の負債合計は19兆9,363億円と、前連結会計年度末に比べて396億円の増加となった。流動負債は2,624
       億円増加して9兆9,010億円、固定負債は2,228億円減少して10兆352億円となった。流動負債の増加は短期借入金の増加な
       どによるものであり、固定負債の減少は繰延税金負債の減少などによるものである。
        当連結会計年度末の純資産合計は2兆7,333億円と、前連結会計年度末に比べて4,414億円の増加となった。この増加は
       利益剰余金の増加などによるものである。
      当中間連結会計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)

       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                平成30年2月16日)等を当中間連結会計期間の期首か
      ら適用し、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行っている。
      (1) 重要な会計方針及び見積り
        TFSグループの中間連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成している。
       この中間連結財務諸表の作成に当たっては、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債、収益・費用の報告金額及
       び開示に影響を与える見積りを必要としている。経営者は、これらの見積りについて、過去の実績や現状を勘案し合理的
       に判断しているが、見積り特有の不確実性があるため、実際の結果は、これらの見積りと異なる場合がある。
        TFSグループの中間連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5                                   経理の状況      3  中間連結財務諸表等 (1) 
       中間連結財務諸表 注記事項 (中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)                                          」の「5 会計方針に関する事
       項」に記載している。
                                  56/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      (2) 経営成績等の状況の概要
       ① 財政状態及び経営成績の状況
        当中間連結会計期間のわが国経済は、設備投資や雇用・所得環境の改善に伴う個人消費の持ち直しなどにより緩やかに
       拡大した。海外では、米国経済の着実な回復が続いているほか、欧州経済も緩やかに回復した。中国経済は、持ち直しの
       動きが続いていたものの足踏みがみられる。その他の新興国・資源国経済は、輸出の増加や各国の景気刺激策の効果など
       から、全体として緩やかに回復しているものの、財政基盤に脆弱性を抱える一部の新興国においては、資本流出リスクを
       伴う大幅な通貨下落に見舞われた。
        金融市場では、長期金利をみると、日本では、日銀の政策修正を契機に一定程度上昇したほか、米国でも、インフレ期

       待の高まり・堅調な経済指標などを背景に上昇した。一方で、欧州については、南欧の政治情勢を巡る不透明感などから
       低下する局面もあったが、通期では概ね横ばい圏で推移した。株式市場では、日・米の株価は上昇したが、欧州では概ね
       横ばいで推移した。為替市場では、日本円は、日米金利差の拡大から米ドルに対して円安方向で推移したものの、ユーロ
       に対してはレンジ圏での動きとなった。
        このような環境下、TFSグループでは、トヨタ・レクサス車の販売支援として、リースや残価設定型ローンなど、お

       客様のニーズに沿った商品・サービスの拡充に努めるとともに、金融商品の活用を通じたお客様との関係深化にも取組ん
       だ。また、バリューチェーンの深化として、ディストリビューターや販売店と連携し、中古車・保険など車周りのビジネ
       スも推進した。
        これらの活動の結果、新車融資シェアは約35%、新車融資件数は約145万件と、トヨタ・レクサス車の販売に貢献した。
        以上の結果、当中間連結会計期間のTFSグループの業績は、売上高は1兆406億円と、前中間連結会計期間に比べて

       736億円の増収となり、融資残高の増加などにより、営業利益は1,333億円と45億円の増益、経常利益は1,476億円と36億円
       の増益、親会社株主に帰属する中間純利益は1,023億円と61億円の増益となった。
        セグメントの業績は、次のとおりである。

        なお、当中間連結会計期間より、報告セグメントの区分を変更し、前中間連結会計期間との比較・分析は変更後の区分
       により作成した情報に基づいて記載している。
        (日本)
         売上高は865億円と前中間連結会計期間に比べて65億円の増収となり、信用保証収益の増加などにより、営業利益は
        119億円と11億円の増益となった。
        (北米)
         売上高は7,243億円と前中間連結会計期間に比べて489億円の増収となったが、デリバティブ関連損益の影響などによ
        り、営業利益は554億円と80億円の減益となった。
        (タイ)
         売上高は353億円と前中間連結会計期間に比べて20億円の増収となり、デリバティブ関連損益の影響などにより、営業
        利益は132億円と35億円の増益となった。
        (その他)
         売上高は1,944億円と前中間連結会計期間に比べて160億円の増収となり、融資残高の増加などにより、営業利益は551
        億円と60億円の増益となった。
        また、当中間連結会計期間末におけるTFSグループの財政状態は次のとおりである。

        当中間連結会計期間末の総資産は24兆2,512億円と、前連結会計年度末に比べて1兆6,142億円の増加となった。流動資
       産は1兆2,800億円増加して18兆7,903億円、固定資産は3,342億円増加して5兆4,608億円となった。流動資産の増加は営
       業債権、有価証券の増加などによるものであり、固定資産の増加は賃貸資産の増加などによるものである。
                                  57/151




                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        当中間連結会計期間末の負債合計は21兆3,293億円と、前連結会計年度末に比べて1兆4,257億円の増加となった。流動
       負債は4,559億円増加して10兆3,222億円、固定負債は9,698億円増加して11兆71億円となった。流動負債の増加は1年以内
       返済予定の長期借入金、短期借入金、コマーシャルペーパー、1年以内償還予定の社債の増加などによるものであり、固
       定負債の増加は社債の増加などによるものである。
        当中間連結会計期間末の純資産合計は2兆9,218億円と、前連結会計年度末に比べて1,885億円の増加となった。この増
       加は為替換算調整勘定の変動、利益剰余金の増加などによるものである。
                                  58/151


















                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       ②   営業実績
        当連結会計年度の営業実績をセグメントごとに示すと、以下のとおりである。
       イ 取扱残高
              セグメントの名称                       金額(百万円)             前年同期比(%)

     日本                                      1,543,219             7.0

     北米                                      12,834,923            △2.7

     オーストラリア                                      1,380,701             5.9

     その他                                      4,655,193            16.8

                 合計                          20,414,037             2.4

      (注)   1 セグメント間取引については相殺消去している。
        2 上記取扱高は営業債権、リース債権及びリース投資資産、賃貸資産の期末残高を記載している。
        3 上記の金額には消費税等は含まない。
       ロ 売上高実績

              セグメントの名称                       金額(百万円)             前年同期比(%)

     日本                                       164,289            4.8

     北米                                      1,372,895             8.1

     オーストラリア                                        98,635           7.7

     その他                                       343,063           16.8

                 合計                          1,978,884             9.2

      (注)   1 セグメント間取引については相殺消去している。
        2 上記の金額には消費税等は含まない。
        当中間連結会計期間の営業実績をセグメントごとに示すと、以下のとおりである。

       イ 取扱残高
              セグメントの名称                       金額(百万円)             前年同期比(%)

      日本                                     1,579,207              5.8
      北米                                    13,765,516              2.9
      タイ                                     1,159,341             12.4
      その他                                     5,268,540              8.9
                 合計                         21,772,606              5.0
      (注)   1  セグメント間取引については相殺消去している。
        2  上記取扱残高は営業債権、リース債権及びリース投資資産、賃貸資産の中間期末残高を記載している。
        3  上記の金額には消費税等は含まない。
                                  59/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       ロ 売上高実績
              セグメントの名称                       金額(百万円)             前年同期比(%)

      日本                                      86,585            8.1
      北米                                      724,345             7.3
      タイ                                      35,330            6.0
      その他                                      194,425             9.0
                 合計                         1,040,686              7.6
      (注)   1  セグメント間取引については相殺消去している。
        2  上記の金額には消費税等は含まない。
     4   経営上の重要な契約等

        該当事項はない。
     5   研究開発活動

        該当事項はない。
                                  60/151














                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     第3     設備の状況
     1   設備投資等の概要

       TFSグループでは、顧客とのリース取引に応じるため取得する賃貸資産                                   (車両運搬具、工具器具備品及び機械装置等)
      が主な対象である。当連結会計年度の賃貸資産の設備投資額は2,148,565百万円であり、主に北米セグメントに係るものであ
      る。また、賃貸資産以外の設備投資額は16,084百万円であり、主にソフトウェアに係るものである。
       なお、リース終了に伴い通常行われる資産の除却または売却を除き、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等
      はない。
     2   主要な設備の状況

       TFSグループにおける主たる設備の状況は、次のとおりである。
      (1)  賃貸資産の状況
                                               2018年3月31日現在
                 区分                   帳簿価額(百万円)               構成比(%)
     オペレーティング・リース資産                                      4,350,779            100.0

                 合計                          4,350,779            100.0

      (注)   1   上記の金額には消費税等を含まない。
        2   上記のオペレーティング・リース資産は、主に北米セグメントのリース用の車両である。
      (2)  社用設備及び賃貸目的以外の事業用設備の状況

       1)   トヨタファイナンシャルサービス株式会社の状況
        重要なものはない。

       2)   国内子会社の状況

                                               2018年3月31日現在
                                     帳簿価額(百万円)
          子会社         セグメント       主な設備                             従業員数
                                     ソフト
        (主な所在地)           の名称      の内容                             (人)
                                建物           その他      合計
                                     ウェア
     トヨタファイナンス㈱
                                                        1,908
                    日本     業務施設        1,001     11,866       425    13,293
                                                        (276)
     (愛知県名古屋市)
      (注)   1   帳簿価額のうち「その他」は、車両運搬具及び工具器具備品を含んでいる。
        2   上記の子会社には、上表のほか、リース契約に基づく賃借資産があるが、重要性がないため記載を省略している。
        3   上記の金額には消費税等を含まない。
        4   従業員数の(        )は臨時雇用者数を外数で記載している。
                                  61/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       3)  海外子会社の状況
                                               2018年3月31日現在
                                     帳簿価額(百万円)
          子会社         セグメント       主な設備                             従業員数
                                     ソフト
        (主な所在地)           の名称      の内容                             (人)
                                建物           その他      合計
                                     ウェア
     トヨタ    モーター

     クレジット㈱
                                                        3,201
                    北米     業務施設         744    19,879      2,859     23,483
     (Plano,                                                   (702)
     Texas,    U.S.A.)
      (注)   1   帳簿価額のうち「その他」は、車両運搬具及び工具器具備品を含んでいる。

        2   上記の子会社には、上表のほか、オペレーティング・リース取引に係る賃借資産があり、年間賃借料は2,380百万
          円である。
        3   上記の金額には消費税等を含まない。
        4   従業員数の(        )は臨時雇用者数を外数で記載している。
     3   設備の新設、除却等の計画

      (1)  新設等
        TFSグループにおける次連結会計年度                    (自    2018年4月1日          至   2019年3月31日)         の賃貸資産の設備投資計画額
       は、2,093,589百万円であり、主に北米セグメントに係るものである。
        また、賃貸資産以外の設備投資計画額は19,929百万円であり、主にソフトウェアに係るものである。
      (2)  除却及び売却

        リース終了に伴い通常行われる資産の除却または売却を除き、次連結会計年度において重要な設備の除却、売却等の計
       画はない。
                                  62/151












                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     第4 トヨタファイナンシャルサービス株式会社の状況
     1 株式等の状況

      (1)  株式の総数等
       ① 株式の総数
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                              4,680,000

                  計                            4,680,000

       ② 発行済株式

                                  上場金融商品取引所

          種類            発行数(株)            名又は登録認可金融                 内容
                                  商品取引業協会名
         普通株式                 1,570,500           非上場            (注)1,2
           計               1,570,500            ―              ―

      (注)1     単元株制度は採用していない。
         2  株式の譲渡制限に関する規定は次の通りである。
          TFSの発行する全部の株式について、譲渡による当該株式の取得には、取締役会の承認を要する。
      (2)  新株予約権等の状況

       ①  ストックオプション制度の内容
         該当事項はない。
       ②  ライツプランの内容

         該当事項はない。
       ③  その他の新株予約権等の状況

         該当事項はない。
      (3)  行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等

         該当事項はない。
      (4)  発行済株式総数、資本金等の推移

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     2004年7月15日
                    70,000      1,570,500         3,500       78,525        3,500       78,525
             (注)1
      (注)1     株主割当      1,500,500:70,000            70,000株

                   発行価格         100,000円

                   資本組入額         50,000円
                                  63/151




                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      (5)  所有者別状況
                                              (2018年9月30日現在)
                              株式の状況
                                                      単元未満
       区分                            外国法人等                   株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                       (株)
            地方公共     金融機関                                 計
                      取引業者      法人               その他
             団体
                                 個人以外      個人
     株主数
                ―     ―     ―     1     ―     ―     ―     1      ―
     (人)
     所有株式数
                ―     ―     ― 1,570,500         ―     ―     ― 1,570,500          ―
     (株)
     所有株式数
                ―     ―     ―   100.00        ―     ―     ―   100.00         ―
     の割合(%)
      (6)  大株主の状況

                                              (2018年9月30日現在)
                                               発行済株式(自己株式を
                                         所有株式数
          氏名又は名称                    住所                  除く。)の総数に対する
                                           (株)
                                                所有株式数の割合(%)
     トヨタ自動車株式会社                愛知県豊田市トヨタ町1番地                    1,570,500              100.00
            計                   ―           1,570,500              100.00

      (7)  議決権の状況

       ① 発行済株式
                                              (2018年9月30日現在)
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(その他)                普通株式1,570,500              1,570,500              ―

     単元未満株式                     ―          ―              ―

     発行済株式総数                     1,570,500          ―              ―

     総株主の議決権                     ―          1,570,500              ―

       ② 自己株式等

         該当事項はない。
                                  64/151






                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     2 自己株式の取得等の状況
        [株式の種類等]

           該当事項はない。
        (1)    株主総会決議による取得の状況

           該当事項はない。
        (2)    取締役会決議による取得の状況

           該当事項はない。
        (3)    株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容

           該当事項はない。
        (4)    取得自己株式の処理状況及び保有状況

           該当事項はない。
     3 配当政策

        TFSは、配当については、財務体質の強化、金融事業の新規展開に必要な内部留保を確保しつつ、業績に裏付けされ
       た利益の配分を年1回行うことを基本方針としている。これらの利益の配分の決定機関は、株主総会である。また、TF
       Sは取締役会の決議によって中間配当をすることができる旨を定款に定めている。
        第18期(2018年3月期)は、財務体質の強化を優先し、無配とした。
     4 株価の推移

        TFSの株式は非上場であるため、該当事項はない。
                                  65/151











                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     5 役員の状況
     男性12名 女性―名 (役員のうち女性の比率―%)
                                                        所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴             任期
                                                         (株)
                               1985  年4月    株式会社三井銀行
                                    (現  株式会社三井住友銀行)          入社
                               2015  年4月    株式会社三井住友銀行
                                    常務執行役員        就任
                               2018  年1月    トヨタ自動車株式会社
                                    常務役員                      〃 
                               2018  年1月    トヨタファイナンシャルサービス
     取締役社長     代表取締役     福 留 朗 裕       1963  年1月1日生                            (注)1     なし
                                    株式会社
                                    取締役社長(現任)                       〃 
                               2018  年1月    トヨタファイナンス株式会社
                                    取締役(現任)                〃 
                               2018  年1月    トヨタファイナンシャルサービス              イ
                                    ンターナショナル株式会社
                                    取締役会長(現任)                  〃
                               1984  年4月    トヨタ自動車株式会社
                                                入社
                               2013  年4月    同社
                                    常務役員          就任
                               2018  年1月    トヨタファイナンシャルサービス
      取締役     上級副社長     小 寺 信 也       1962  年3月1日生                            (注)1     なし
                                    株式会社
                                    取締役上級副社長(現任)   
                                    〃   
                               2018  年6月    トヨタファイナンス株式会社
                                    取締役(現任)                    〃
                               1990  年1月    米国トヨタ自動車販売株式会社
                                                  入社
                               2013  年4月    トヨタ自動車株式会社
                                    常務役員                 就任
                               2016  年4月    トヨタファイナンシャルサービス
                                    株式会社
                                    取締役(現任)                    〃
                               2016  年4月    トヨタ   ファイナンシャル        サービス
                                    アメリカ株式会社(現         トヨタファイ
                                    ナンシャルサービス         インターナショ
                  マーク
                                    ナル株式会社)
      取締役       ―          1961  年1月2日生                            (注)1      なし
                 テンプリン
                                    取締役社長(現任)                  〃
                               2016  年5月    トヨタ   モーター    クレジット
                                    株式会社
                                    取締役会長                     〃
                               2018  年9月    同社
                                    取締役社長兼
                                    主席業務執行役員(現任)               〃
                               2018  年9月    トヨタ   ファイナンス      オーストラリア
                                    株式会社
                                    取締役(現任)                    〃
                               1978  年4月    株式会社東海銀行
                                    (現  株式会社三菱UFJ銀行)
                                                  入社
                               2007  年6月    トヨタアセットマネジメント株式会社
                                    (現  三井住友アセットマネジメント株
                                    式会社)
                                    取締役社長         就任
                               2011  年6月    東海東京証券株式会社
                                    取締役専務執行役員                 〃
                               2012  年4月    同社
                                    取締役社長                     〃
      取締役     副社長     生 田 卓 史       1954  年8月9日生                            (注)1     なし
                               2015  年6月    トヨタファイナンシャルサービス
                                    株式会社
                                    取締役副社長(現任)                  〃
                               2015  年11月    トヨタ   モーター    ファイナンス
                                    チャイナ有限会社
                                    取締役会長(現任)                  〃
                               2016  年4月    トヨタ   モーター    リーシング
                                    チャイナ有限会社
                                    取締役会長(現任)                  〃
                               2016  年4月    トヨタファイナンス株式会社
                                    取締役                   〃 
                                  66/151


                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
                                                        所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴             任期
                                                         (株)
                               1981  年4月    トヨタ自動車工業株式会社
                                    (現  トヨタ自動車株式会社)            入社
                               2013  年4月    トヨタ自動車株式会社
                                    常務役員                         就任
                               2015  年6月    トヨタファイナンス株式会社
      取締役       ―    宇 野  充       1959  年1月14日生                            (注)1      なし
                                    取締役社長(現任)                      〃
                               2016  年6月    トヨタファイナンシャルサービス
                                    株式会社
                                    取締役(現任)                     〃
                               1972  年4月    トヨタ自動車工業株式会社
                                    (現  トヨタ自動車株式会社)            入社
                               2001  年6月    トヨタファイナンシャルサービス
                                    株式会社
                                    取締役                         就任
                               2004  年6月    株式会社デンソー
                                    常務役員                     〃
                               2007  年6月    同社
                                    専務取締役                      〃
                               2010  年6月    同社
                                    取締役副社長                     〃
                               2015  年6月    同社
      取締役       ―   小 林 耕 士       1948  年10月23日生                            (注)1     なし
                                    取締役副会長                  〃
                               2018  年1月    トヨタ自動車株式会社
                                    副社長                        〃
                               2018  年1月    トヨタファイナンシャルサービス
                                    株式会社
                                    取締役(現任)                     〃
                               2018  年1月    株式会社デンソー
                                    取締役                     〃
                               2018  年6月    トヨタ自動車株式会社 
                                    取締役(現任)                  〃
                               2018  年6月    トヨタファイナンス株式会社
                                    取締役(現任)                     〃
                               1982  年9月    ルノー株式会社
                                                入社
                               1998  年9月    トヨタ   モーター    マニュファクチャリ
                                    ング  フランス株式会社
                                                 〃
                               2007  年6月    トヨタ自動車株式会社
                                    常務役員                         就任
                               2012  年4月    同社
                 ディディエ
      取締役       ―          1957  年12月26日生                            (注)1     なし
                                    専務役員                          〃
                  ルロワ
                               2015  年6月    同社
                                    取締役副社長                  〃
                               2017  年4月    同社
                                    取締役(現任)             〃
                               2018  年6月    トヨタファイナンシャルサービス
                                    株式会社
                                    取締役(現任)                     〃
                               1986  年4月    トヨタ自動車株式会社
                                                     入社
                               2015  年4月    同社
                                    常務役員                         就任
      取締役       ―   宮 崎 洋 一       1963  年10月19日生      2016  年6月    トヨタファイナンシャルサービス                (注)1      なし
                                    株式会社
                                    取締役(現任)                     〃
                               2019  年1月    トヨタ自動車株式会社
                                    執行役員(現任)                   〃
                                  67/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
                                                        所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴             任期
                                                         (株)
                               1982  年4月    トヨタ自動車工業株式会社
                                    (現  トヨタ自動車株式会社)            入社
                               2011  年4月    トヨタ自動車株式会社
                                    常務役員                      就任
                               2015  年5月    トヨタファイナンシャルサービス
                                    株式会社
                                    取締役社長                           〃 
                               2015  年6月    トヨタファイナンス株式会社
                                    取締役                   〃
      監査役       ―    犬 塚  力       1959  年4月   15日生                         (注)2      なし
                               2016  年4月    トヨタ   ファイナンシャル        サービス
                                    アメリカ株式会社(現         トヨタファイ
                                    ナンシャルサービス         インターナショ
                                    ナル株式会社)
                                    取締役会長                      〃
                               2018  年1月    トヨタファイナンシャルサービス
                                    株式会社
                                    監査役(現任)                     〃
                               1980  年4月    トヨタ自動車販売株式会社
                                    (現  トヨタ自動車株式会社)            入社
                               2012  年1月    トヨタファイナンシャルサービス
                                    株式会社
                                    監査役                     就任
                               2014  年1月    トヨタ   モーター    ファイナンス
      監査役       ―   矢 島 一 朗       1957  年6月   24日生                          (注)2     なし
                                    チャイナ有限会社
                                    取締役社長                      〃
                               2018  年6月    トヨタファイナンシャルサービス
                                    株式会社
                                    監査役(現任)                     〃
                               1984  年4月    トヨタ自動車株式会社
                                                入社
                               2013  年4月    同社
                                    常務役員                     就任
                               2018  年1月    同社
      監査役       ―   白 柳 正 義       1962  年2月28日生                            (注)2     なし
                                    専務役員               〃
                               2018  年1月    トヨタファイナンシャルサービス
                                    株式会社
                                    監査役(現任)                     〃
                               2019  年1月    トヨタ自動車株式会社
                                    執行役員         名称変更
                               1985  年4月    トヨタ自動車株式会社
                                                入社
                               2018  年1月    同社
                                    監査役室長(現任)            就任
      監査役       ―   小 倉 克 幸       1963  年1月   25日生                          (注)2     なし
                               2018  年1月    トヨタファイナンシャルサービス
                                    株式会社
                                    監査役(現任)              〃
                              計                              ―
      (注)1     取締役の任期は       、2019年3月期に係る          定時株主総会終結の時までである。

         2  監査役の任期は、2020          年3月期に     係る定時株主総会終結の時までである。
                                  68/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     6 コーポレート・ガバナンスの状況等
      (1)  コーポレート・ガバナンスの状況
      ①  会社機関の内容
       イ 会社機関の基本説明
         TFSは、経営方針等の重要事項に関する意思決定機関及び監督機関として取締役会、業務執行機関として代表取締
        役、監査機関として監査役、という会社法上規定されている株式会社の機関制度を基本としている。
         本書提出日現在、取締役会は取締役8名で構成され、TFSの業務執行を決定し、取締役の職務の執行を監督してい
        る。
         また、TFSは2015年6月より監査役会を廃止、監査役制度(監査役4名)を採用している。監査役間での緊密な連
        携や分担を目的に監査役協議会を設置し、当該会議での意見交換を通じて策定された監査計画に基づき、取締役会をは
        じめとする重要会議への出席や、業務執行状況の調査等を通じて、取締役の職務遂行について厳正な監査を行ってい
        る。
         なお、TFSは機能別に専門性豊かな経営人材(執行役員)を配置し、グローバルに機能軸の整備を行うことを目的に
        執行役員制度を導入している。
         販売金融事業においては、TFS及び「地域統括本部」(後述)、リスク管理や経営管理などの「機能本部」のトッ

        プで構成する「マネジメント・コミッティ」を設置し、TFS取締役会で決定した基本方針に基づき、事業運営上の重
        要事項を協議している。
         更に、米州、欧州・アフリカ、アジア・パシフィックに地域統括本部を設け、傘下の販売金融会社の経営管理の充実
        を図っている。また、重要な市場である中国、日本においても、地域統括本部と同等の機能を持たせることで、より機
        動的な事業運営を実現している。
       ロ 監査役監査及び内部監査の状況

         監査役監査及び内部監査に、会計監査人による会計監査を加えた3つの監査機能は、財務報告に対する信頼性向上の
        ため、定期的にあるいは必要に応じて随時、会合をもち、それぞれの監査計画と結果について情報共有を図りながら、
        効果的かつ効率的な監査を実施している。
       ハ 会計監査の状況

         会計監査人はPwCあらた有限責任監査法人であり、業務を執行した公認会計士は以下の通りである。
          男澤 顕  (PwCあらた有限責任監査法人)

          山口 健志 (PwCあらた有限責任監査法人)
         監査継続年数については、7年以内であるため、記載を省略している。

         監査業務に係る補助者の構成は、監査法人の選定基準に基づき決定されている。具体的には、公認会計士を主たる構
        成員とし、その補助者も加えて構成されている。
                                  69/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      ②  内部統制システムの状況
        TFSは、金融事業に内在するリスクを未然に防止するため、TFSグループ各社に対し社内組織・諸規則の整備、役
       職員の教育、報告・チェック体制の強化等を求めるとともに、効果的・効率的な内部監査を推進するグローバル監査体制
       を構築している。具体的には監査体制をTFS、地域統括本部、各子会社等の3レベルに区分し、各レベルの内部監査人
       が各担当領域の内部監査を実施している。各レベルで責任を分担するとともに、状況に応じて各レベル間で協力して監査
       やトレーニングを実施することにより、監査の充実を図っている。
        また、米国企業改革法第404条に基づく内部統制の評価・監査への対応として、主要子会社に対し、財務報告に影響を与
       える可能性のある業務処理体制・基準・手順については、その整備・文書化・評価等の実施を徹底させている。
      ③  リスク管理体制の状況

        TFS、地域統括本部、子会社等の各レベルで各種リスクを管理している。また、全社レベルでビジネスリスク全般を
       監視する「エンタープライズ・リスク・コミッティ」に加え、専門分野毎に「ファンクショナル・コミッティ」などを設
       置して、様々なリスクを管理するとともに、管理手法の高度化やグローバル展開に取り組んでいる。
      ④  役員報酬の内容

        TFSの取締役に対する報酬の内容は、年間報酬総額91百万円(うち、社外取締役─百万円)である。また、監査役に
       対する報酬の内容は、年間報酬総額25百万円(うち、社外監査役―百万円)である。
      ⑤  取締役の定数

        TFSの取締役は13名以内とする旨定款に定めている。
      ⑥  取締役の選任の決議要件

        TFSの取締役の選任は、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
       が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めている。
        また、取締役の選任は累積投票によらないものとする旨を定款で定めている。
      ⑦  株主総会決議事項を取締役会で決議できる事項

       イ 株主に株式の割当を引き受ける権利を与える場合の決定機関
         TFSは、会社法第199条第1項の募集において、株主に株式の割当を引き受ける権利を与える場合には、募集事項及
        び同法第202条第1項各号に掲げる事項を取締役会の決議により定められる旨を定款で定めている。
       ロ 中間配当の決定機関
         TFSは、会社法第454条第5項に定める剰余金の配当について、取締役会の決議により行うことができる旨を定款に
        定めている。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものである。
                                  70/151








                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      (2)  監査報酬の内容等
       ① 監査公認会計士等に対する報酬の内容
                       前連結会計年度                      当連結会計年度

         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
     トヨタファイナンシャ
                         69           ―          71           ―
     ルサービス株式会社
        連結子会社                 83           29           83           37
          計               152           29          154           37

       ② その他重要な報酬の内容

          該当事項はない。
       ③ 監査公認会計士等のトヨタファイナンシャルサービス株式会社に対する非監査業務の内容

         前連結会計年度
          該当事項はない。
         当連結会計年度

          該当事項はない。
       ④ 監査報酬の決定方針

          監査日数等を勘案した上で決定している。
                                  71/151












                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     第5   経理の状況
     連結財務諸表及び中間連結財務諸表並びに財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について

      (1)  TFSの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」                                        (昭和51年大蔵省令第28号)             に基
       づき作成している。
      (2)  TFSの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」                                     (昭和38年大蔵省令第59号)             に基づき作

       成している。
      (3)  TFSは、継続開示会社に該当しないため、「企業内容等の開示に関する内閣府令」                                        (昭和48年大蔵省令第5号)             に基

       づき、連結キャッシュ・フロー計算書の記載を省略している。
      (4)  TFSの中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省令第24

       号)に基づき作成している。
      (5)  TFSの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)に基

       づき作成している。
      (6)  TFSは、継続開示会社に該当しないため、「企業内容等の開示に関する内閣府令」(昭和48年大蔵省令第5号)に基づ

       き、中間連結キャッシュ・フロー計算書の記載を省略している。
                                  72/151













                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     1   連結財務諸表等
      (1)  連結財務諸表
       ①   連結貸借対照表
                                                  (単位:百万円)
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                              (2017年3月31日)                (2018年3月31日)
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金
                                      289,745                389,639
       営業債権                     ※5,   ※6             ※5,   ※6
                                    14,271,039                14,721,212
       リース債権及びリース投資資産
                                     1,171,609                1,342,045
       有価証券
                                      720,108                570,787
       その他
                                      530,361                724,128
       貸倒引当金                             △157,152                △164,242
       流動資産合計
                                    16,825,712                17,583,571
      固定資産
       有形固定資産
        賃貸資産(純額)                    ※5,   ※6             ※5,   ※6
                                     4,485,848                4,350,779
        その他                              9,701                9,262
        有形固定資産合計
                                ※1     4,495,549           ※1     4,360,042
       無形固定資産
                                      38,910                38,017
       投資その他の資産
        投資有価証券
                                ※2      450,768          ※2      468,002
                                ※2      377,684          ※2      220,065
        その他
        投資その他の資産合計
                                      828,453                688,068
       固定資産合計
                                     5,362,913                5,086,128
      資産合計
                                    22,188,626                22,669,700
                                  73/151










                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
                                                  (単位:百万円)
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                              (2017年3月31日)                (2018年3月31日)
     負債の部
      流動負債
       短期借入金
                                      730,858          ※5      919,723
       1年以内返済予定の長期借入金                     ※5,   ※6             ※5,   ※6
                                     1,857,561                1,629,396
       1年以内償還予定の社債
                                ※5     2,199,567           ※5     2,321,393
       コマーシャルペーパー
                                     3,762,251                3,891,614
       その他                             1,088,421                1,138,967
       流動負債合計
                                     9,638,660                9,901,095
      固定負債
       社債
                                ※5     6,174,529           ※5     6,253,109
       長期借入金                     ※5,   ※6             ※5,   ※6
                                     3,061,079                3,046,051
       繰延税金負債
                                      971,403                646,097
       その他                               51,103                90,036
       固定負債合計
                                    10,258,115                10,035,293
      負債合計
                                    19,896,775                19,936,389
     純資産の部
      株主資本
       資本金
                                      78,525                78,525
       資本剰余金
                                      159,900                159,900
       利益剰余金                             2,035,293                2,545,223
       株主資本合計
                                     2,273,718                2,783,648
      その他の包括利益累計額
       その他有価証券評価差額金
                                       5,077                △560
       繰延ヘッジ損益
                                       4,065                2,667
       為替換算調整勘定                              △13,908                △81,877
       その他の包括利益累計額合計
                                      △4,766               △79,770
      非支配株主持分
                                      22,898                29,432
      純資産合計
                                     2,291,850                2,733,310
     負債純資産合計                               22,188,626                22,669,700
                                  74/151








                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       ②   連結損益計算書及び連結包括利益計算書
          連結損益計算書
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    2016年4月1日           (自    2017年4月1日
                                  至   2017年3月31日)            至   2018年3月31日)
                                        1,812,554              1,978,884
     売上高
                                      ※2  1,228,091            ※2  1,325,249
     売上原価
     売上総利益                                    584,463              653,635
     販売費及び一般管理費                                 ※1     395,160           ※1     403,990
     営業利益                                    189,303              249,645
     営業外収益
      為替差益
                                            ―            1,042
      持分法による投資利益
                                          4,544              3,658
      償却債権取立益
                                          21,335              24,939
      その他                                    2,287              2,433
      営業外収益合計
                                          28,167              32,073
     営業外費用
      固定資産処分損
                                           924              732
      為替差損
                                           906               ―
      その他                                     193              216
      営業外費用合計
                                          2,023               949
     経常利益                                    215,447              280,769
     特別利益
                                                    ※3           361
      関係会社清算益                                      ―
      特別利益合計
                                            ―             361
     税金等調整前当期純利益                                    215,447              281,130
     法人税、住民税及び事業税
                                          57,671              66,089
                                          4,799            △298,860
     法人税等調整額
     法人税等合計                                     62,471            △232,770
     当期純利益                                    152,976              513,901
     非支配株主に帰属する当期純利益                                     4,289              3,971
     親会社株主に帰属する当期純利益                                    148,687              509,930
                                  75/151








                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        連結包括利益計算書
                                                  (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自    2016年4月1日          (自    2017年4月1日
                                   至   2017年3月31日)           至   2018年3月31日)
     当期純利益                                    152,976             513,901
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金
                                         △17,292             △5,637
      繰延ヘッジ損益
                                            213            △799
      為替換算調整勘定
                                         △18,743             △68,653
      持分法適用会社に対する持分相当額                                      38            460
      その他の包括利益合計                                ※1    △35,785          ※1    △74,630
     包括利益                                    117,191             439,270
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                   113,414             434,805
      非支配株主に係る包括利益
                                          3,776             4,465
                                  76/151














                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       ③   連結株主資本等変動計算書
      前連結会計年度(自           2016年4月1日         至   2017年3月31日)
                                           (単位:百万円)
                               株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高                78,525        159,900        1,886,139         2,124,564
     当期変動額
      親会社株主に帰属する
                                      148,687         148,687
      当期純利益
      持分法適用会社の減少
                                        467         467
      に伴う増加高
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  ―         ―      149,154         149,154
     当期末残高                78,525        159,900        2,035,293         2,273,718
                          その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券                      その他の包括利益
                       繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                 評価差額金                       累計額合計
     当期首残高              22,369        4,280        3,855       30,506        18,597      2,173,667
     当期変動額
      親会社株主に帰属する
                                                         148,687
      当期純利益
      持分法適用会社の減少
                                                           467
      に伴う増加高
      株主資本以外の項目
                   △17,292         △215      △17,764        △35,272         4,300      △30,971
      の当期変動額(純額)
     当期変動額合計             △17,292         △215      △17,764        △35,272         4,300       118,182
     当期末残高               5,077        4,065      △13,908        △4,766        22,898      2,291,850
                                  77/151










                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      当連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)
                                           (単位:百万円)
                               株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高                78,525        159,900        2,035,293         2,273,718
     当期変動額
      親会社株主に帰属する
                                      509,930         509,930
      当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  ―         ―      509,930         509,930
     当期末残高                78,525        159,900        2,545,223         2,783,648
                          その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券                      その他の包括利益
                       繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                 評価差額金                       累計額合計
     当期首残高               5,077        4,065      △13,908        △4,766        22,898      2,291,850
     当期変動額
      親会社株主に帰属する
                                                         509,930
      当期純利益
      株主資本以外の項目
                   △5,637        △1,397       △67,968        △75,003         6,534      △68,469
      の当期変動額(純額)
     当期変動額合計              △5,637        △1,397       △67,968        △75,003         6,534       441,460
     当期末残高               △560        2,667      △81,877        △79,770        29,432      2,733,310
                                  78/151












                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       注記事項
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1   連結の範囲に関する事項
       連結子会社の数                           48社
        主要な連結子会社名は、「第1                企業の概況       4    関係会社の状況」に記載しているため、省略した。
        なお、当連結会計年度より、トヨタ                 ファイナンシャル         サービス     アイルランド㈱を新規設立により連結の範囲に 含め
        ることとした。また、トヨタ              クレジット      アルゼンチン㈱は、清算に伴い連結の範囲から除外することとした。
     2   持分法の適用に関する事項

      (イ)持分法適用の関連会社数                      7社
        主要な会社名
        ・トヨタ     ファイナンシャル         サービス     サウス    アフリカ㈱
        ・和潤企業㈱
      (ロ)持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸表を使用してい
       る。
     3   連結子会社の事業年度等に関する事項

       連結子会社の決算日が連結決算日(3月31日)と異なる主な会社は次のとおりである。
        決算日              会社名
             トヨタ    モーター     ファイナンス       チャイナ㈲
       12月31日
       連結財務諸表作成にあたっては、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用している。
     4   在外子会社及び在外関連会社の会計方針に関する事項

       在外子会社及び在外関連会社の連結にあたっては、原則として米国会計基準もしくは国際財務報告基準に準拠して作成さ
      れた財務諸表を採用している。
     5   会計方針に関する事項

      (イ)重要な資産の評価基準及び評価方法
       ①   有価証券
         その他有価証券
         時価のあるもの
          …決算期末日の市場価格等に基づく時価法
          (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は主として個別法(海外連結子会社)により算定している)
         時価のないもの
          …主として総平均法による原価法
       ②   デリバティブ
          …時価法
      (ロ)重要な減価償却資産の減価償却の方法
       ①   賃貸資産
         主としてリース期間満了時の処分見積価額を残存価額とする定額法によっている。なお、賃貸資産の処分損失に備え
        るため、減価償却費を追加計上している。
      (ハ)重要な引当金の計上基準
       ①   貸倒引当金
         債権の貸し倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率等により計上している。
         この他に保証業務から生ずる債権の貸し倒れによる損失に備えるため、保証履行に伴う求償債権等未収債権に対する
        回収不能見込額を過去の貸倒実績率等により見積り、計上している。
                                  79/151



                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      (ニ)重要な収益及び費用の計上基準
       ①   ファイナンス・リース
        国内連結子会社
         リース料受取時に売上高と売上原価を計上する方法によっている。
        海外連結子会社
         売上高を計上せずに利息相当額を各期へ配分する方法によっている。
       ②   オペレーティング・リース
         リース料総額をリース期間に按分し毎月均等額を収益に計上している。
       ③   融資
         主として利息法(元本残高に対して一定の料率で計算した利息の額を収益計上する方法)によっている。
      (ホ)重要な外貨建の資産または負債の本邦通貨への換算の基準
        外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理している。なお、
       在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中平均相場により円
       貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めて計上している。
      (ヘ)重要なヘッジ会計の方法
       ①   ヘッジ会計の方法
         国内連結子会社は原則として繰延ヘッジ処理によっている。なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップにつ
        いては特例処理によっている。米国連結子会社については公正価値ヘッジ処理によっている。
       ②   ヘッジ手段とヘッジ対象
         当連結会計年度にヘッジ会計を適用した主なヘッジ手段とヘッジ対象は以下のとおりである。
         ヘッジ手段…通貨スワップ、金利スワップ
         ヘッジ対象…借入金、社債
       ③   ヘッジ方針
         主に資金調達に係る金利及び為替リスクをヘッジする目的でデリバティブ取引を行っている。
       ④   ヘッジ有効性評価の方法
        ・事前テスト
         比率分析もしくは回帰分析等の統計的手法
        ・事後テスト
         比率分析もしくは回帰分析等の統計的手法
      (ト)組替再表示
        過年度の金額は、当連結会計年度の表示に合わせて組み替えて再表示されている。
       (未適用の会計基準等)

        (国際財務報告基準(IFRS)第9号「金融商品」)
        当該基準は、金融資産及び金融負債の分類と測定、減損及びヘッジ会計に関し、新たな規定を定めるものである。当該
       基準は、国際財務報告基準に準拠して財務諸表を作成している在外子会社及び在外関連会社において2018年1月1日以後
       開始の事業年度から適用される。2019年3月期の期首より適用予定であり、適用による連結財務諸表への影響は現在評価
       中である。
        (米国会計基準ASU         2016-13    「金融商品に係る信用損失の測定」)

        当該基準は、金融商品の信用損失の測定に関するものであり、特定の種類の金融商品において、信用損失を見積もるた
       めの予想損失に基づくアプローチを導入するものである。当該基準は、米国会計基準に準拠して財務諸表を作成している
       在外子会社及び在外関連会社において2019年12月15日以後開始の事業年度及びその期中会計期間から適用される。2021年
       3月期の期首より適用予定であり、適用による連結財務諸表への影響は現在評価中である。
                                  80/151




                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (連結貸借対照表関係)
     ※1    有形固定資産の減価償却累計額
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
         有形固定資産の減価償却累計額                            1,114,614     百万円         1,201,420     百万円
     ※2    関連会社に対するものは、次のとおりである。

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
         投資有価証券(株式)                             34,057   百万円           38,348   百万円
          (うち、共同支配企業に対する投資の金額)                             19,434              20,086
         投資その他の資産その他(出資金)                               581              641
          (うち、共同支配企業に対する投資の金額)                               581              641
      3   偶発債務

         トヨタ販売店及びレンタリース店等が一般顧客に割賦販売等を行うに当たり、連結子会社がトヨタ販売店及びレンタ
        リース店等に対して保証業務として債務保証を行っている。
         また、連結子会社以外のトヨタグループ会社が行った資金調達に対し、債務保証を行っている。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         連結子会社の営業上の債務保証                         2,823,854     百万円            3,117,270     百万円
         トヨタ    ファイナンシャル
                                   40,552                 55,355
         サービス     サウス    アフリカ㈱
         その他                          11,925                 11,954
                合計
                                 2,876,331                 3,184,580
      4   当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る貸出未実行残高

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         貸出未実行残高                         3,073,455     百万円            3,316,588     百万円
         なお、上記当座貸越契約及び貸出コミットメントにおいては、信用状態等に関する審査を貸出実行の条件としている

        ものが含まれているため、必ずしも全額が貸出実行されるものではない。
     ※5    担保資産及び担保付債務

        担保に供している資産
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         営業債権                         2,136,916     百万円            2,016,371     百万円
         賃貸資産(純額)                          557,383                 618,786
        担保付債務

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         短期借入金                             ― 百万円              6,526   百万円
         1年以内返済予定の長期借入金                         1,065,117                 1,033,111
         長期借入金                          984,608                 899,192
         1年以内償還予定の社債                          13,834                 16,494
         社債                          43,201                 43,018
                                  81/151




                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     ※6    ノンリコース債務
        借入金に含まれるノンリコース債務
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         長期借入金(1年以内返済予定の
         長期借入金を含む)のうち、ノン                         2,025,768     百万円            1,906,199     百万円
         リコース債務
        ノンリコース債務に対応する資産

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         営業債権                         1,964,468     百万円            1,830,019     百万円
         賃貸資産(純額)                          557,383                 618,786
                                  82/151
















                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (連結損益計算書関係)
     ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりである。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自  2016年4月1日               (自  2017年4月1日
                             至  2017年3月31日)               至  2018年3月31日)
         従業員給与・手当                          78,480   百万円              88,143   百万円
         貸倒引当金繰入額                          108,252                 99,850
     ※2    売上原価には、デリバティブ関連損益が含まれている。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自  2016年4月1日               (自  2017年4月1日
                             至  2017年3月31日)               至  2018年3月31日)
                                 (損)13,924
         デリバティブ関連損益                             百万円            (益)2,860     百万円
     ※3    関係会社清算益は、アルゼンチンの連結子会社を清算に伴い連結の範囲から除外したことによるものである。

       (連結包括利益計算書関係)

     ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自  2016年4月1日               (自  2017年4月1日
                             至  2017年3月31日)               至  2018年3月31日)
         その他有価証券評価差額金
          当期発生額
                                  △2,636    百万円             △3,380    百万円
          組替調整額                        △24,454                 △4,567
           税効果調整前
                                  △27,090                 △7,947
           税効果額                         9,797                 2,309
           その他有価証券評価差額金
                                  △17,292                 △5,637
         繰延ヘッジ損益
          当期発生額
                                    1,864                  293
          組替調整額                         △1,570                 △1,493
           税効果調整前
                                     293               △1,199
           税効果額                         △80                 400
           繰延ヘッジ損益
                                     213                △799
         為替換算調整勘定
          当期発生額
                                  △18,743                 △68,653
         持分法適用会社に対する
         持分相当額
          当期発生額                           38                460
              その他の包括利益合計                    △35,785                 △74,630
                                  83/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自           2016年4月1日         至   2017年3月31日)
      1   発行済株式に関する事項
        株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
       普通株式(株)
                     1,570,500           ―           ―           1,570,500
      2   自己株式に関する事項

        該当事項はない。
      3   新株予約権等に関する事項

        該当事項はない。
      4   配当に関する事項

        該当事項はない。
      当連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2018年3月31日)

      1   発行済株式に関する事項
        株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
       普通株式(株)              1,570,500           ―           ―           1,570,500
      2   自己株式に関する事項

        該当事項はない。
      3   新株予約権等に関する事項

        該当事項はない。
      4   配当に関する事項

        該当事項はない。
                                  84/151










                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (リース取引関係)
     1   ファイナンス・リース取引
       (貸手側)
      (1)  リース投資資産の内訳
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         リース料債権部分                          538,402    百万円             580,852    百万円
         見積残存価額部分                          376,359                 421,497
         受取利息相当額                         △71,509                 △79,856
               合計                   843,253                 922,493
      (2)  リース債権及びリース投資資産に係るリース料債権部分の連結決算日後の回収予定額

        リース債権
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         1年以内                          120,382    百万円             151,267    百万円
         1年超2年以内                          107,063                 131,782
         2年超3年以内                          81,815                108,781
         3年超4年以内                          37,887                 48,564
         4年超5年以内                          13,042                 14,990
         5年超                           1,485                 1,706
        リース投資資産

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         1年以内                          199,594    百万円             218,521    百万円
         1年超2年以内                          149,610                 166,135
         2年超3年以内                          114,115                 115,233
         3年超4年以内                          51,351                 55,494
         4年超5年以内                          19,514                 22,061
         5年超                           4,216                 3,405
     2   オペレーティング・リース取引

       (貸手側)
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         1年以内                          724,938    百万円             700,877    百万円
         1年超                          694,583                 664,387
               合計                  1,419,521                 1,365,264
                                  85/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (金融商品関係)
     1   金融商品の状況に関する事項

      (1)  金融商品に対する取組方針
        TFSグループは、主として、トヨタ車、レクサス車を購入する顧客、及び販売店に対する融資プログラム及びリース
       プログラムの提供などの金融サービス事業を行っている。これらの事業を行うため、市場の状況を勘案し、長短のバラン
       スを調整して、銀行借入による間接金融の他、社債やコマーシャルペーパーの発行、債権流動化による直接金融によって
       資金調達を行っている。このように、主として金利変動の影響を受ける金融資産及び金融負債を有しているため、資産及
       び負債の総合的管理(ALM)を行っており、またその一環として、デリバティブ取引も利用している。なお、TFSグループ
       が行っているデリバティブ取引はリスクヘッジを目的としたものであり、投機もしくはトレーディング目的での取引は
       行っていない。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        TFSグループが保有する金融資産は、主として、顧客及び販売店に対する営業債権、リース債権及びリース投資資産
       であり、顧客や販売店の契約不履行によってもたらされる信用リスクに晒されている。また、金融資産は主としてトヨタ
       車及びレクサス車の販売に関連しており、自動車市場や経済環境等の状況の変化により、契約条件に従った債務履行がな
       されない可能性がある。
        また、有価証券及び投資有価証券は、主に債券、投資信託であり、主に純投資目的で保有している。これらは、それぞ
       れ発行体の信用リスク及び金利の変動リスク、市場価格の変動リスクに晒されている。
        借入金、社債及びコマーシャルペーパーは、一定の環境下でTFSグループが市場を利用できなくなる場合など、支払
       期日にその支払を実行できなくなる流動性リスクに晒されている。また、金利の変動リスクについては、一部は金利ス
       ワップ取引等を利用することにより当該リスクを回避している。外貨建負債については、為替の変動リスクに晒されてお
       り、社債の発行時に通貨スワップ取引等を利用することなどにより当該リスクを回避している。
        デリバティブ取引にはALMの一環で行っている為替予約取引、通貨スワップ取引、金利スワップ取引等がある。なお、
       ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等については、前述の連結財務諸
       表作成のための基本となる重要な事項「5                      会計方針に関する事項」の「重要なヘッジ会計の方法」に記載している。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ①   信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         TFSグループは、営業債権、リース債権及びリース投資資産等について、個別案件毎の与信審査、与信限度額、信
        用情報管理、内部格付、保証や担保の設定、問題債権への対応など与信管理に関する体制を整備し運用している。
         有価証券の発行体の信用リスク及びデリバティブや預金取引のカウンターパーティーリスクに関しては、信用情報や
        エクスポージャーの把握を定期的に行うことにより管理している。
       ②   市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
         外貨建負債について、為替の変動リスクをヘッジし、あらかじめ決められた条件で決済するため、為替予約取引及び
        通貨スワップ取引を利用している。また、金融資産(オペレーティング・リース資産のキャッシュフローを含む)及び金
        融負債に係る金利の変動リスクを抑制するため、主に金利スワップ取引を利用している。
         有価証券及び投資有価証券については、信用情報や時価の把握を定期的に行うことにより管理している。
         デリバティブ取引の実行及び管理については、取引権限及び取引限度等について定めたルールに基づき、資金担当部
        門が承認権限者の承認を得て行っている。
                                  86/151






                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
         TFSグループでは、金融商品の金利リスクに対して定期的にVaRによるモニタリングを実施している。VaRの算定に
        あたっては、分散共分散法(保有期間:20営業日、信頼区間:片側95%、観測期間:250営業日)を採用している。TFS
        グループの金融商品の金利リスク量(損失額の推計値)は、以下のとおりである。
                                             (単位:百万円)

                          前連結会計年度               当連結会計年度
                          2017年3月31日               2018年3月31日
            金利リスク量                27,955               17,749
         ただし、VaRは過去の相場変動をベースに統計的に算出した一定の発生確率での金利リスク量を計測しており、通常で

        は考えられないほど市場環境が激変する状況下におけるリスクは捕捉できない場合がある。
         なお、TFSグループに重要な為替リスクはない。
       ③   資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         TFSグループは、ALMを通して資金管理を行うほか、資金調達手段の多様化、複数の金融機関からのコミットメント
        ラインの取得、市場環境を考慮した長短の調達バランスの調整などによって、流動性リスクを管理している。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれてい
       る。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当該価額が異な
       ることもある。また、「デリバティブ取引関係」注記におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額
       自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではない。
                                  87/151













                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     2   金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりである。なお、時価を把握することが極めて困難
      と認められるものは、次表には含めていない((注2)参照)。
       前連結会計年度(2017年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
                         連結貸借対照表
                                       時価            差額
                           計上額
     (1)  現金及び預金
                              289,745            289,745               ―
     (2)  営業債権
                             14,271,039
       貸倒引当金(※1)                      △130,633
                             14,140,406            14,255,936              115,530
     (3)  リース債権及び
                              795,249
       リース投資資産(※2)
       貸倒引当金(※1)                      △23,824
                              771,425            835,067             63,642
     (4)  有価証券及び投資有価証券
                             1,121,951            1,121,951                ―
     資産計                       16,323,528            16,502,700              179,172
     (1)  短期借入金
                              730,858            730,858               ―
     (2)  コマーシャルペーパー
                             3,762,251            3,762,251                ―
     (3)  社債(※3)
                             8,374,096            8,509,343             135,246
     (4)  長期借入金(※4)
                             4,918,640            4,933,833              15,192
     負債計                       17,785,847            17,936,286              150,439
     デリバティブ取引(※5)
     ① ヘッジ会計が
                              106,858             8,348           △98,509
       適用されていないもの
     ② ヘッジ会計が
                                524           3,684            3,160
       適用されているもの
     デリバティブ取引計                         107,382             12,033           △95,349
      (※1)     営業債権、リース債権及びリース投資資産に対応する貸倒引当金を控除している。
      (※2)     リース債権及びリース投資資産は、見積残存価額を控除している。
      (※3) 社債には、1年以内償還予定の社債及び社債を含んでいる。
      (※4) 長期借入金には、1年以内返済予定の長期借入金及び長期借入金を含んでいる。
      (※5) デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務(△)は、純額で表示している。
          また、連結貸借対照表計上額については、海外連結子会社の取引の一部につき関連する担保金額を控除
          している。
                                  88/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       当連結会計年度(2018年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                         連結貸借対照表
                                       時価            差額
                           計上額
     (1)  現金及び預金
                              389,639            389,639               ―
     (2)  営業債権
                             14,721,212
                             △133,470
       貸倒引当金(※1)
                             14,587,741            14,634,539              46,797
     (3)  リース債権及び
                              920,548
       リース投資資産(※2)
       貸倒引当金(※1)                      △28,153
                              892,395            959,946             67,550
     (4)  有価証券及び投資有価証券
                              986,736            986,736               ―
     資産計                       16,856,513            16,970,861              114,348
     (1)  短期借入金
                              919,723            919,723               ―
     (2)  コマーシャルペーパー
                             3,891,614            3,891,614                ―
     (3)  社債(※3)
                             8,574,502            8,624,779              50,276
     (4)  長期借入金(※4)
                             4,675,447            4,685,542              10,094
     負債計                       18,061,288            18,121,659              60,371
     デリバティブ取引(※5)
     ① ヘッジ会計が
                              △8,999             40,607            49,607
       適用されていないもの
     ② ヘッジ会計が
                                227            917            690
       適用されているもの
     デリバティブ取引計                         △8,772             41,525            50,297
      (※1)     営業債権、リース債権及びリース投資資産に対応する貸倒引当金を控除している。
      (※2)     リース債権及びリース投資資産は、見積残存価額を控除している。
      (※3) 社債には、1年以内償還予定の社債及び社債を含んでいる。
      (※4) 長期借入金には、1年以内返済予定の長期借入金及び長期借入金を含んでいる。
      (※5) デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務(△)は、純額で表示している。
          また、連結貸借対照表計上額については、海外連結子会社の取引の一部につき関連する担保金額を控除
          している。
                                  89/151








                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
      資   産
      (1)  現金及び預金
        これらの時価は、帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっている。
      (2)  営業債権、(3)       リース債権及びリース投資資産

        これらの時価は、主に債権額を満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り引いた現在価値によってい
       る。
      (4)  有価証券及び投資有価証券

        これらの時価は、主に取引所の価格又は見積り将来キャッシュ・フローを市場利子率で割引く方法により算定してい
       る。
        保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記参照。
      負   債

      (1)  短期借入金、(2)        コマーシャルペーパー
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっている。
      (3)  社債

        社債については、主に入手可能であれば市場価格、不可能である場合は元利金の合計額を同様の社債を新規に発行した
       場合に想定される利率で割り引いて時価を算定している。
      (4)  長期借入金

        長期借入金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映し、また、TFSグループの信用状態は実行後大
       きく異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額によっている。固定金利
       によるものは、主に元利金の合計額を同様の新規借入において想定される利率で割り引いて時価を算定している。
      デリバティブ取引

        「デリバティブ取引関係」注記参照。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                                         (単位:百万円)
                       前連結会計年度               当連結会計年度
           区分
                       2017年3月31日               2018年3月31日
         非上場株式                48,926               52,054
        上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(4)有価証券及び投資有価
       証券」には含めていない。
                                  90/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
       前連結会計年度(2017年3月31日)

                                                 (単位:百万円)
                                          1年超
                                 1年以内                  5年超
                                          5年以内
     現金及び預金                              289,745            ―         ―
     営業債権                             6,029,882         7,486,870          580,218

     リース債権及びリース投資資産                              280,293         504,156          4,990

     有価証券及び投資有価証券

      その他有価証券のうち満期があるもの

      ①債券

       国債・地方債等                              155,119         109,183         17,492

       社債その他                               26,391         6,672        21,928

      ②その他                              379,786           374          ―

      その他有価証券のうち満期があるもの 計

                                    561,298         116,231         39,421
                 合計                  7,161,218         8,107,257          624,631

       当連結会計年度(2018年3月31日)

                                                 (単位:百万円)
                                          1年超
                                 1年以内                  5年超
                                          5年以内
     現金及び預金                              389,639            ―         ―
     営業債権                             6,109,695         7,775,730          654,504

     リース債権及びリース投資資産                              322,978         582,663          4,494

     有価証券及び投資有価証券

      その他有価証券のうち満期があるもの

      ①債券

       国債・地方債等                              174,561         138,254         12,978

       社債その他                               4,200         4,894        22,703

      ②その他                              288,468            ―        361

      その他有価証券のうち満期があるもの 計

                                    467,230         143,148         36,044
                 合計                  7,289,544         8,501,542          695,043

                                  91/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     (注4)社債、長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
       前連結会計年度(2017年3月31日)

                                                 (単位:百万円)
                                          1年超
                                 1年以内                  5年超
                                          5年以内
     短期借入金                              730,858            ―         ―
     コマーシャルペーパー                             3,762,251             ―         ―

     社債                             2,201,095         5,438,320          759,014

     長期借入金                             1,857,561         2,933,790          127,288

                 合計                  8,551,766         8,372,110          886,302

       当連結会計年度(2018年3月31日)

                                                 (単位:百万円)
                                          1年超
                                 1年以内                  5年超
                                          5年以内
     短期借入金                              919,723            ―         ―
     コマーシャルペーパー                             3,891,614             ―         ―

     社債                             2,322,871         5,714,413          560,609

     長期借入金                             1,629,396         2,858,146          187,904

                 合計                  8,763,606         8,572,560          748,513

                                  92/151












                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (有価証券関係)
     1  その他有価証券
       前連結会計年度(2017年3月31日)
                                                (単位:百万円)
                    連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
      ①株式
                            6,157            3,094            3,062
      ②債券
        国債・地方債等
                           10,674            10,453              220
        社債その他
                           27,616            27,491              125
      ③その他
                           125,549            120,423             5,125
           小計                169,998            161,463             8,534

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
      ①株式
                             41            41             ―
      ②債券
        国債・地方債等
                           271,254            272,027             △772
        社債その他
                           27,540            27,555             △15
      ③その他
                           653,116            653,147              △31
           小計                951,952            952,771             △818

           合計               1,121,951            1,114,234              7,716

      (注) 非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他
         有価証券」には含めていない。
                                  93/151










                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       当連結会計年度(2018年3月31日)
                                                (単位:百万円)
                    連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
      ①株式
                            5,350            2,118            3,232
      ②債券
        国債・地方債等
                            1,803            1,669             134
        社債その他
                           10,331            10,316              14
      ③その他
                            9,434            9,179             255
           小計                 26,920            23,283             3,637

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
      ①株式
                             52            52             ―
      ②債券
        国債・地方債等                   322,258            324,746            △2,487
        社債その他
                           21,237            21,435             △197
      ③その他
                           616,267            617,597            △1,329
           小計                959,815            963,830            △4,014

           合計                986,736            987,113             △377

      (注) 非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他
         有価証券」には含めていない。 
     2  連結会計年度中に売却したその他有価証券

       前連結会計年度(自         2016年4月1日         至  2017年3月31日)
                                                (単位:百万円)
                       売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
      その他

                           43,661            26,103               ―
       当連結会計年度(自         2017年4月1日         至  2018年3月31日)

       重要性がないため記載を省略している。
                                  94/151








                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (デリバティブ取引関係)
       前連結会計年度(2017年3月31日)
     1   ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      (1)  通貨関連
                                                     (単位:百万円)
                                契約額等のうち
             取引の種類            契約額等                    時価         評価損益
                                  1年超
         為替予約取引
          売建
                            26,251            ―         119          119
          買建
                           453,568             ―      △1,423          △1,423
     市場取    通貨スワップ取引
     引以外
          支払米ドル受取ユーロ
                           968,592          737,553         △100,191          △100,191
     の取引
          支払米ドル受取豪ドル
                           373,054          305,268         △10,285          △10,285
          支払タイバーツ
                           484,553          309,157          30,133          30,133
          受取米ドル
          その他
                          1,590,934          1,080,184           63,827          63,827
            合計              3,896,956          2,432,164          △17,819          △17,819
     (注)   時価の算定方法
        主として将来キャッシュ・フローを見積もり、それを適切な市場利子率で割引く方法等により算定している。
      (2)  金利関連

                                                     (単位:百万円)
                                契約額等のうち
             取引の種類            契約額等                    時価         評価損益
                                  1年超
         金利スワップ取引
          受取固定・支払変動
                          4,871,098          4,026,148            7,838          7,838
          受取変動・支払固定
                         10,684,777          6,701,472           18,270          18,270
     市場取
          受取変動・支払変動
     引以外                      53,064          27,372          △177          △177
     の取引
         オプション取引
          売建キャップ
                            3,365            ―          ―          ―
          買建フロア
                           179,685          89,842           236          236
            合計             15,791,991          10,844,835            26,168          26,168
     (注)   時価の算定方法
        主として期末日現在の金利等を基に将来予想されるキャッシュ・フローを現在価値に割引く方法等により算定してい
        る。
                                  95/151








                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     2   ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
      (1)  通貨関連
                                                     (単位:百万円)
     ヘッジ会計                                     契約額等のうち
               取引の種類         主なヘッジ対象          契約額等                    時価
      の方法                                      1年超
           通貨スワップ取引
      公正価値
                           社債
      ヘッジ
            支払米ドル受取日本円
                                      40,874         13,330          3,162
                 合計                    40,874         13,330          3,162
     (注)   時価の算定方法
        主として将来キャッシュ・フローを見積もり、それを適切な市場利子率で割引く方法等により算定している。
      (2)  金利関連

                                                     (単位:百万円)
     ヘッジ会計                                     契約額等のうち
               取引の種類         主なヘッジ対象          契約額等                    時価
      の方法                                      1年超
           金利スワップ取引
      原則的                    社債
            受取固定・支払変動
                                      4,000         4,000          144
      処理方法                    借入金
            受取変動・支払固定
                                      7,000         5,000          △15
           金利スワップ取引
                           社債
     金利スワップ
     の特例処理
                          借入金
            受取固定・支払変動
                                      71,000         31,000           393
                 合計                    82,000         40,000           522
     (注)   時価の算定方法
        主として期末日現在の金利等を基に将来予想されるキャッシュ・フローを現在価値に割引く方法等により算定してい
        る。
                                  96/151












                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       当連結会計年度(2018年3月31日)
     1   ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      (1)  通貨関連
                                                     (単位:百万円)
                                契約額等のうち
             取引の種類            契約額等                    時価         評価損益
                                  1年超
         為替予約取引
          売建
                            16,931            ―         124          124
          買建
                           410,392             ―        5,609          5,609
         通貨スワップ取引
     市場取
          支払米ドル受取ユーロ
                           848,012          747,395          20,982          20,982
     引以外
     の取引
          支払米ドル受取豪ドル
                           389,860          373,569          △2,245          △2,245
          支払タイバーツ
                           418,852          250,504         △20,073          △20,073
          受取米ドル
          支払ユーロ受取米ドル
                           336,736          236,954         △18,258          △18,258
          その他
                          1,666,396          1,080,667           24,326          24,326
            合計              4,087,182          2,689,091           10,465          10,465
     (注)   時価の算定方法
        主として将来キャッシュ・フローを見積もり、それを適切な市場利子率で割引く方法等により算定している。
      (2)  金利関連

                                                     (単位:百万円)
                                契約額等のうち
             取引の種類            契約額等                    時価         評価損益
                                  1年超
         金利スワップ取引
          受取固定・支払変動
                          4,897,532          3,911,401          △57,155          △57,155
     市場取
          受取変動・支払固定
                         10,805,452          6,777,954           87,293          87,293
     引以外
          受取変動・支払変動
                           134,442          89,150           △56          △56
     の取引
         オプション取引
          買建フロア
                            97,890            ―         60          60
            合計             15,935,317          10,778,507            30,141          30,141
     (注)   時価の算定方法
        主として期末日現在の金利等を基に将来予想されるキャッシュ・フローを現在価値に割引く方法等により算定してい
        る。
                                  97/151








                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     2   ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
      (1)  通貨関連
                                                     (単位:百万円)
     ヘッジ会計                                     契約額等のうち
               取引の種類         主なヘッジ対象          契約額等                    時価
      の方法                                      1年超
           通貨スワップ取引
      公正価値
                           社債
      ヘッジ
            支払米ドル受取日本円
                                      12,623          2,719          822
                 合計                    12,623          2,719          822
     (注)   時価の算定方法
        主として将来キャッシュ・フローを見積もり、それを適切な市場利子率で割引く方法等により算定している。
      (2)  金利関連

                                                     (単位:百万円)
     ヘッジ会計                                     契約額等のうち
               取引の種類         主なヘッジ対象          契約額等                    時価
      の方法                                      1年超
           金利スワップ取引
      原則的                    社債
            受取固定・支払変動
                                      34,000         34,000           219
      処理方法                    借入金
            受取変動・支払固定
                                      5,000         5,000          △3
           金利スワップ取引
     金利スワップ
                          借入金
     の特例処理
            受取固定・支払変動
                                     104,500         104,500          △120
                 合計                    143,500         143,500            95
     (注)   時価の算定方法
        主として期末日現在の金利等を基に将来予想されるキャッシュ・フローを現在価値に割引く方法等により算定してい
        る。
                                  98/151












                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (退職給付関係)
     1   採用している退職給付制度の概要
        国内連結子会社は、退職金制度の一部について確定拠出制度を採用し、残額については退職一時金を充当している。ま
       た、一部の海外子会社は、積立型、非積立型の確定給付制度及び確定拠出制度を採用している。
        なお、一部の海外子会社は複数事業主制度を設けており、確定拠出制度と同様に会計処理している。
     2   複数事業主制度

        確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度への要拠出額は、前連結会計年度1,898百万円、当連結会計年度
       1,941百万円であった。
      (1)  制度全体の積立状況に関する事項

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
        年金資産の額                              394,616    百万円          411,080    百万円
        年金財政計算上の数理債務の額                              397,339              403,946
        差引額                              △2,723               7,134
      (2)  制度全体に占めるトヨタファイナンシャルサービス株式会社グループの給与総額割合

        前連結会計年度 28.8%(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
        当連結会計年度 27.7%(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
      (3)  補足説明

        上記(1)の前連結会計年度及び当連結会計年度における差引額の主な要因は、年金資産の実際運用収益等によるものであ
       る。
     3   確定給付制度

      (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    2016年4月1日           (自    2017年4月1日
                                  至   2017年3月31日)            至   2018年3月31日)
        退職給付債務の期首残高                               26,322   百万円           28,771   百万円
         勤務費用                              1,535              1,730
         利息費用                               580              608
         退職給付の支払額                              △599             △1,038
         その他                               931             1,337
        退職給付債務の期末残高                               28,771              31,408
      (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

        重要性がないため記載を省略している。
                                  99/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の調
        整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
        積立型制度の退職給付債務                               20,154   百万円           22,088   百万円
        年金資産                              △13,535              △16,534
                                       6,619              5,553
        非積立型制度の退職給付債務                               8,616              9,320
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               15,236              14,873
        退職給付に係る負債                               15,258              14,873

        退職給付に係る資産                                △22               ―
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               15,236              14,873
      (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    2016年4月1日           (自    2017年4月1日
                                  至   2017年3月31日)            至   2018年3月31日)
        勤務費用                               1,535   百万円           1,730   百万円
        その他                                676              951
        確定給付制度に係る退職給付費用                               2,212              2,681
      (5)  年金資産に関する事項

        重要性がないため記載を省略している。
      (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
                                                  0.1%~3.5%
        割引率                           0.1%~3.8%
     4   確定拠出制度

       重要性がないため記載を省略している。
                                100/151









                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (税効果会計関係)
     1   繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                            前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (2017年3月31日)                   (2018年3月31日)
        繰延税金資産
         貸倒引当金                         49,755   百万円                35,563   百万円
         税務上の繰越欠損金                          7,593                  104,177
         その他                         41,181                   67,887
        繰延税金資産小計
                                  98,529                  207,628
                                  △2,528                   △6,474
        評価性引当金
        繰延税金資産合計
                                  96,001                  201,153
        繰延税金負債
         償却資産                        △944,419                   △748,731
                                 △69,521                   △32,172
         その他
        繰延税金負債合計                        △1,013,941                    △780,903
        繰延税金資産(負債)の純額                         △917,940                   △579,750
                       (注)繰延税金負債の純額は、連結貸借                   (注)繰延税金負債の純額は、連結貸借
                       対照表の以下の科目に含まれている。                   対照表の以下の科目に含まれている。
                                     (百万円)                   (百万円)
                       流動資産―その他               66,592    流動資産―その他               73,237
                       固定資産―投資その他の                   固定資産―投資その他の
                                       9,208                  16,898
                            資産その他                        資産その他
                       流動負債―その他               22,337    流動負債―その他               23,789
                       固定負債―繰延税金負債               971,403     固定負債―繰延税金負債              646,097
     2   法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な

       項目別の内訳
                            前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (2017年3月31日)                   (2018年3月31日)
                                   30.7  %                 30.7  %
        法定実効税率
        (調整)
        米国税制改正関連                             ―                △113.3
        在外子会社税率差異                           △2.2                   △2.4
                                    0.5                   2.2
        その他
        税効果会計適用後の法人税等
                                   29.0                  △82.8
        の負担率
     3 法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

        2017年12月22日に米国において税制改正法が成立し、米国連結子会社に適用される連邦法人税率は、35%から21%に引
       き下げられることとなった。この税率変更により、繰延税金負債(繰延税金資産の金額を控除した金額)は308,313百万
       円、法人税等調整額は321,699百万円、為替換算調整勘定は13,386百万円減少している。
                                101/151







                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (セグメント情報等)
        セグメント情報
      1   報告セグメントの概要
        TFSグループの報告セグメントは、構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、マネジメントが、経営資
       源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものである。
        TFSグループは、主に、割賦金融、リース取引、卸売金融、保険仲介等の販売金融事業を営んでおり、国内及び海外
       の連結子会社が独立した経営単位として、各国の市場環境に応じた事業活動を展開している。
        従って、TFSグループは国別のセグメントから構成されているが、米国及びカナダについては、経済的特徴等が概ね
       類似していることから「北米」とし、「日本」、「北米」、「オーストラリア」を報告セグメントとしている。
      2   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記
       載と概ね同一である。
        報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値である。
        セグメント間の内部収益及び振替高は、市場の実勢を勘案した価格に基づいている。
      3   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

        前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                        報告セグメント
                                        その他           調整額    連結財務諸
                                              合計
                            オースト
                                                        表計上額
                                        (注)1           (注)2
                  日本      北米            計
                             ラリア
     売上高

      外部顧客への売上高

                  156,794     1,270,547       91,588    1,518,930      293,624     1,812,554         ―  1,812,554
      セグメント間の内部
                    202     4,064      593     4,860     15,984      20,844    △20,844         ―
      売上高又は振替高
          計        156,996     1,274,612       92,182    1,523,791      309,608     1,833,399      △20,844     1,812,554
     セグメント利益             22,469      68,779     11,692     102,941      90,708     193,650     △4,346      189,303

     セグメント資産            1,442,503     13,196,365      1,303,814     15,942,683      3,985,813     19,928,497          ― 19,928,497

     その他の項目

      支払利息
                    835    176,622      32,243     209,701     111,057      320,759     △10,509      310,249
      減価償却費

                   5,061     629,023      24,419     658,503      23,343     681,847        25   681,872
      貸倒引当金繰入額
                   6,395     68,487      4,711     79,594     28,657     108,252        ―   108,252
      (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、タイ及び中国等の連結子会社の事業活
          動を含んでいる。
        2 調整額は、以下のとおりである。
          (1)  セグメント利益の調整額△4,346百万円は、主にセグメント間取引消去である。
          (2)  支払利息の調整額△10,509百万円は、主にセグメント間取引消去である。
        3 「売上高」には、受取利息がそれぞれ、「日本」9,154百万円、「北米」320,112百万円、「オーストラリア」
          73,882百万円、「その他」288,592百万円含まれている。
                                102/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                        報告セグメント
                                        その他           調整額
                                                       連結財務諸
                                              合計
                            オースト                            表計上額
                                        (注)1           (注)2
                  日本      北米            計
                             ラリア
     売上高

      外部顧客への売上高

                  164,289     1,372,895       98,635    1,635,821      343,063     1,978,884         ―  1,978,884
      セグメント間の内部
                    300     4,563      598     5,462     16,536      21,999    △21,999         ―
      売上高又は振替高
          計        164,590     1,377,458       99,234    1,641,283      359,600     2,000,884      △21,999     1,978,884
     セグメント利益             28,876     110,669      16,349     155,895      96,906     252,801     △3,156      249,645

     セグメント資産            1,543,219     12,834,923      1,380,701     15,758,844      4,655,193     20,414,037          ― 20,414,037

     その他の項目

      支払利息
                    679    220,107      34,687     255,474     126,578      382,052     △11,509      370,543
      減価償却費

                   5,197     672,731      25,397     703,326      28,295     731,621        21   731,643
      貸倒引当金繰入額
                   6,550     57,600      3,044     67,195     32,654      99,850        ―   99,850
      (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、タイ及び中国等の連結子会社の事業活
          動を含んでいる。
        2 調整額は、以下のとおりである。
          (1)  セグメント利益の調整額△3,156百万円は、主にセグメント間取引消去である。
          (2)  支払利息の調整額△11,509百万円は、主にセグメント間取引消去である。
        3 「売上高」には、受取利息がそれぞれ、「日本」9,100百万円、「北米」355,877百万円、「オーストラリア」
          82,080百万円、「その他」335,548百万円含まれている。
                                103/151











                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        関連情報
        前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
      1   製品及びサービスごとの情報
        単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略してい
        る。
      2   地域ごとの情報

       (1)  売上高
                                        (単位:百万円)
         日本           米国          その他           合計
           156,794          1,220,234            435,526          1,812,554

      (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類している。
       (2)  有形固定資産

                                        (単位:百万円)
         日本           米国          その他           合計
            6,106         4,284,283            205,159          4,495,549

      3   主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はない。
        当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

      1   製品及びサービスごとの情報
        単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略してい
        る。
      2   地域ごとの情報

       (1)  売上高
                                        (単位:百万円)
         日本           米国          その他           合計
           164,289          1,316,050            498,544          1,978,884

      (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類している。
       (2)  有形固定資産

                                        (単位:百万円)
         日本           米国          その他           合計
            3,076         4,114,807            242,158          4,360,042

      3   主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はない。
                                104/151




                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報
         該当事項はない。
        報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

         該当事項はない。
        報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

         該当事項はない。
                                105/151


















                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
        関連当事者情報
     1   関連当事者との取引
       トヨタファイナンシャルサービス株式会社と関連当事者との取引
       トヨタファイナンシャルサービス株式会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
        前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                             議決権等

                   資本金又
         会社等の名称              事業の内容          関連当事者            取引金額          期末残高
                             の所有
      種類          所在地    は出資金                    取引の内容            科目
          又は氏名              又は職業          との関係           (百万円)          (百万円)
                             (被所有)割
                   (百万円)
                             合(%)
                                                  流動資産-
                                                         9,050
                                                  その他
                                 資金の預入
         トヨタ
                愛知県        自動車の製      被所有    役員の兼任
                                                  固定資産-
     親会社                                  資金の預入        12,590
                豊田市    635,401    造・販売     直接 100     設備等の賃借
         自動車㈱
                                                  投資その他
                                                         248,130
                                 等
                                                  の資産その
                                                  他
      (注)   1   取引金額及び期末残高には消費税等を含まない。
        2   取引条件及び取引条件の決定方針等
          市場金利等を勘案して決定している。
        3   取引の実態を明瞭に開示するため、取引金額は純額表示としている。
        当連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                             議決権等

                   資本金又
         会社等の名称              事業の内容          関連当事者            取引金額          期末残高
                             の所有
      種類          所在地    は出資金                    取引の内容            科目
          又は氏名              又は職業          との関係           (百万円)          (百万円)
                             (被所有)割
                   (百万円)
                             合(%)
                                                  流動資産-
                                                         150,970
                                                  その他
                                 資金の預入
         トヨタ
                愛知県        自動車の製      被所有    役員の兼任
                                                  固定資産-
     親会社                                  資金の預入        32,780
                豊田市    635,401    造・販売     直接 100     設備等の賃借
         自動車㈱
                                                  投資その他
                                                         138,990
                                 等
                                                  の資産その
                                                  他
      (注)   1   取引金額及び期末残高には消費税等を含まない。
        2   取引条件及び取引条件の決定方針等
          市場金利等を勘案して決定している。
        3   取引の実態を明瞭に開示するため、取引金額は純額表示としている。
      2   親会社又は重要な関連会社に関する注記

         親会社情報
          トヨタ自動車(株)(東京、名古屋、ニューヨーク、ロンドンの各証券取引所に上場)
                                106/151









                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (1株当たり情報)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (自    2016年4月1日          (自    2017年4月1日
                                  至   2017年3月31日)           至   2018年3月31日)
      1株当たり純資産額
                                     1,444,732円41銭              1,721,667円31銭
      1株当たり当期純利益金額                                94,674円94銭             324,692円91銭

      (注)   1   潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していない。
        2   1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりである。

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    2016年4月1日          (自    2017年4月1日
                 項目
                                  至   2017年3月31日)           至   2018年3月31日)
      親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)
                                         148,687              509,930
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      ―              ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する

                                         148,687              509,930
      当期純利益     (百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                  1,570,500              1,570,500

        3   1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりである。

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                 項目
                                  (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
      純資産の部の合計額(百万円)

                                        2,291,850              2,733,310
      純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)

                                         22,898              29,432
      非支配株主持分
      普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                  2,268,952              2,703,878

      1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株

                                        1,570,500              1,570,500
      式の数(株)
       (重要な後発事象)

        該当事項はない。
                                107/151








                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       ④   連結附属明細表
         社債明細表
                              当期首残高          当期末残高         利率

       会社名         銘柄      発行年月日                               担保   償還期限
                               (百万円)          (百万円)        (%)
     トヨタファイ        普通社債           2005年          449,997          479,998     0.00    なし    2017年
     ナンス㈱           (注)1                            (99,999)
                         ~                         ~        ~
                        2018年                          1.93        2027年
     海外子会社        普通社債           2012年         1,003,863          1,102,520      1.42    (注)4    2017年
                (注)1                           (325,828)
                         ~                         ~        ~
                (注)2                [ 3,090百万         [ 2,450百万
                        2018年                         36.60        2024年
                                   米ドル          米ドル
                (注)3
                                47,400百万          59,300百万
                                 タイ・バーツ          タイ・バーツ
                                 1,580百万          1,348百万
                              ボリバル・フエルテ          ボリバル・フエルテ
                                 3,000百万          5,500百万
                               フィリピン・ペソ          フィリピン・ペソ
                                 4,700百万          6,000百万
                                   加ドル          加ドル
                                 1,036百万          1,504百万
                              アルゼンチン・ペソ          アルゼンチン・ペソ
                                 2,000百万          2,000百万
                                   中国元          中国元
                                33,000百万          36,104百万
                                インド・ルピー          インド・ルピー
                                 3,000百万          5,000百万
                               ロシア・ルーブル]           ロシア・ルーブル
                                            800百万
                                         ブラジル・レアル]
             ミディアムターム           2007年         6,920,235          6,991,983      0.00    なし    2017年
             ノート                             (1,895,565)
                         ~                         ~        ~
                (注)1               [ 41,032百万         [ 43,394百万
                        2018年                         29.48        2046年
                                   米ドル          米ドル
                (注)2
                (注)5
                                10,588百万          11,319百万
                                   豪ドル          豪ドル
                                 2,928百万          3,101百万
                              ニュージーランド・          ニュージーランド・
                                    ドル          ドル
                                 1,605百万          1,830百万
                                  英ポンド          英ポンド
                                 1,551百万          1,327百万
                                  香港ドル          香港ドル
                                 7,000百万          6,750百万
                                   ユーロ          ユーロ
                                 9,447百万          9,814百万
                                メキシコ・ペソ          メキシコ・ペソ
                                  380百万          115百万
                                 マレーシア・          マレーシア・
                                  リンギット          リンギット
                                  366百万           98百万
                              南アフリカ・ランド          アルゼンチン・ペソ]
                                  97百万
                              アルゼンチン・ペソ]
                                           8,574,502
        合計          ―        ―        8,374,096                 ―    ―    ―
                                          (2,321,393)
                                108/151






                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
      (注)   1   当期末残高のうち1年以内償還予定の社債の金額を                        (   ) 内に付記している。
        2   外国において発行された社債及びミディアムタームノートについて外貨建てによる発行総額を[                                              ]内に付記して
          いる。
        3   海外子会社トヨタ         クレジット      カナダ㈱、トヨタ         リーシング      タイランド㈱、トヨタ           サービス     デ  ベネズエラ
          ㈱、トヨタ      ファイナンシャル         サービス     フィリピン㈱、トヨタ           モーター     ファイナンス       チャイナ㈲、トヨタ          コ
          ンパニーア      フィナンシェラ        デ  アルゼンチン㈱、トヨタ            ファイナンシャル         サービス     インディア㈱、トヨタ
          ファイナンシャル         サービス     コリア㈱、トヨタ         バンク    ロシア㈱、バンコ         トヨタ    ブラジル㈱の発行しているもの
          を集約している。
        4   海外子会社が発行した有担保の普通社債17銘柄が含まれている。当該銘柄以外は無担保である。
        5   海外子会社トヨタ         モーター     クレジット㈱、トヨタ           モーター     ファイナンス(ネザーランズ)㈱、トヨタ                   ファイナ
          ンス   オーストラリア㈱、トヨタ             ファイナンス       ニュージーランド㈱、トヨタ              キャピタル      マレーシア㈱、トヨタ
          ファイナンシャル         サービス     メキシコ㈱、トヨタ          コンパニーア       フィナンシェラ        デ  アルゼンチン㈱の発行してい
          るものを集約している。
        6   連結決算日後5年内における償還予定額は、次のとおりである。
                                                   (単位:百万円)
             1年以内        1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
               2,322,871          1,788,527          1,326,126          1,444,889          1,154,870

                                109/151















                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
         借入金等明細表
                              当期首残高        当期末残高       平均利率

                区分                                     返済期限
                               (百万円)        (百万円)        (%)
     短期借入金                           730,858        919,723       2.62       ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                          1,857,561        1,629,396        2.38       ―

      うち、1年以内に返済予定のノンリコース長期
                               1,065,117        1,033,111        2.12       ―
      借入金
                                                   2019年~2036年
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                          3,061,079        3,046,051        2.19
      うち、ノンリコース長期借入金(1年以内に返済
                                                   2019年~2022年
                                960,650        873,088       1.96
      予定のものを除く。)
     その他有利子負債
                               3,762,251        3,891,614        1.65       ―
      コマーシャルペーパー(1年以内返済予定)
      (注)   1  平均利率は、当連結会計年度末における利率及び残高より加重平均した利率である。
        2  長期借入金及びノンリコース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における
          返済予定額は、次の通りである。
                                                   (単位:百万円)
                       1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
           長期借入金               1,257,388          911,868         503,185         185,705

           うち、ノンリコース
                           523,441         246,874          90,985         11,787
           長期借入金
         資産除去債務明細表

      当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結会計年度末におけ
     る負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略している。
      (2)  その他

        該当事項はない。
                                110/151










                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     2 財務諸表等
      (1)  財務諸表
       ① 貸借対照表
                                                  (単位:百万円)
                               前事業年度                当事業年度
                              (2017年3月31日)                (2018年3月31日)
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金                                  4,008                3,755
       売掛金                                  6,943                7,112
       関係会社預け金                                  9,050               150,970
                                        592                562
       その他
       流動資産合計                                 20,594               162,400
      固定資産
       有形固定資産                                   93                70
       無形固定資産                                   24                 2
       投資その他の資産
        投資有価証券                                 19,787                19,072
        関係会社株式                                 199,983                207,193
        関係会社出資金                                 100,319                105,218
        関係会社長期預け金                                 248,130                138,990
                                        203                162
        その他
        投資その他の資産合計                                 568,423                470,637
       固定資産合計                                 568,541                470,710
      資産合計                                 589,136                633,111
                                111/151











                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
                                                  (単位:百万円)
                               前事業年度                当事業年度
                              (2017年3月31日)                (2018年3月31日)
     負債の部
      流動負債
       買掛金                                  3,961                4,246
                                       2,363                2,782
       その他
       流動負債合計                                  6,325                7,028
      固定負債                                  1,401                1,522
      負債合計                                  7,727                8,550
     純資産の部
      株主資本
       資本金                                 78,525                78,525
       資本剰余金
                                      78,525                78,525
        資本準備金
        資本剰余金合計                                 78,525                78,525
       利益剰余金
        その他利益剰余金
                                      422,204                465,188
         繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                                 422,204                465,188
       株主資本合計                                 579,254                622,238
      評価・換算差額等
                                       2,154                2,321
       その他有価証券評価差額金
       評価・換算差額等合計                                  2,154                2,321
      純資産合計                                 581,408                624,560
     負債純資産合計                                 589,136                633,111
                                112/151











                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       ② 損益計算書
                                                   (単位:百万円)
                                    前事業年度             当事業年度
                                 (自 2016年4月1日             (自 2017年4月1日
                                  至 2017年3月31日)             至 2018年3月31日)
     売上高
      関係会社受取配当金                                    26,433             43,661
                                          13,420             14,749
      関係会社受取手数料
      売上高合計                                    39,854             58,411
     売上原価
                                          7,649             8,388
      関係会社支払手数料
      売上原価合計                                     7,649             8,388
     売上総利益                                    32,205             50,022
     販売費及び一般管理費                                ※2     4,227        ※2     5,262
     営業利益                                    27,977             44,760
     営業外収益
      受取利息                                      640             662
      受取配当金                                      476             412
      投資有価証券売却益                                      922            1,246
      為替差益                                       ―            295
                                            10             12
      その他
      営業外収益合計                                ※1     2,049        ※1     2,629
     営業外費用
      為替差損                                      1,055               ―
                                            24             92
      その他
      営業外費用合計                                     1,080               92
     経常利益                                    28,947             47,297
     税引前当期純利益                                    28,947             47,297
     法人税、住民税及び事業税
                                          3,175             4,335
                                          △388              △21
     法人税等調整額
     法人税等合計                                     2,786             4,313
     当期純利益                                    26,160             42,983
                                113/151









                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       ③ 株主資本等変動計算書
      前事業年度(自       2016年4月1日 至          2017年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                             株主資本                 評価・換算差額等
                        資本剰余金        利益剰余金
                                                       純資産合計
                                        株主資本      その他有価証券
                  資本金             その他利益剰余金
                                         合計      評価差額金
                        資本準備金
                               繰越利益剰余金
     当期首残高              78,525        78,525       396,044        553,094        3,216       556,311
     当期変動額
      当期純利益                             26,160        26,160               26,160
      株主資本以外の項目
                                                 △1,062        △1,062
      の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                ―        ―     26,160        26,160       △1,062        25,097
     当期末残高              78,525        78,525       422,204        579,254        2,154       581,408
      当事業年度(自       2017年4月1日 至          2018年3月31日)

                                                     (単位:百万円)
                             株主資本                 評価・換算差額等
                        資本剰余金        利益剰余金
                                                       純資産合計
                                        株主資本      その他有価証券
                  資本金             その他利益剰余金
                                         合計      評価差額金
                        資本準備金
                               繰越利益剰余金
     当期首残高              78,525        78,525       422,204        579,254        2,154       581,408
     当期変動額
      当期純利益                             42,983        42,983               42,983
      株主資本以外の項目
                                                   167        167
      の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                ―        ―     42,983        42,983         167      43,151
     当期末残高              78,525        78,525       465,188        622,238        2,321       624,560
                                114/151










                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     注記事項
       (重要な会計方針)

     1   有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)  子会社株式及び関連会社株式
         移動平均法による原価法
      (2)  その他有価証券
        時価のあるもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算
        定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
     2   外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

       外貨建金銭債権債務は、事業年度末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理している。
     3   その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      (1)  消費税等の会計処理
        税抜方式によっている。
      (2)  連結納税制度の適用
        トヨタ自動車株式会社を連結納税親会社とする連結納税主体の連結納税子会社として、連結納税制度を適用している。
                                115/151













                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (損益計算書関係)
      ※1 関係会社との取引(区分表示したものを除く)
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自    2016年4月1日              (自    2017年4月1日
                             至   2017年3月31日)               至   2018年3月31日)
         受取利息                        640  百万円               644  百万円
      ※2 販売費及び一般管理費のうち、主要なものは次の通りである。なお、全額が一般管理費に属するものである。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自    2016年4月1日              (自    2017年4月1日
                            至   2017年3月31日)               至   2018年3月31日)
         業務委託費用                       1,139   百万円              1,835   百万円
         従業員給与手当                       1,151                 1,072
         租税公課                        477                 748
         賞与引当金繰入額                        158                 138
         退職給付費用                        112                 121
       (有価証券関係)

      前事業年度(2017年3月31日)
         子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額                       子会社株式193,580百万円、関連会社株式6,402百万円)は、市場価格
        がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価を記載していない。
      当事業年度(2018年3月31日)

         子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額                       子会社株式200,381百万円、関連会社株式6,812百万円)は、市場価格
        がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価を記載していない。
                                116/151












                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       (税効果会計関係)
     1   繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前事業年度                 当事業年度

                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         繰延税金資産
          未払事業税                           110  百万円               205  百万円
          退職給付引当金                           175                 192
          未払費用                           270                 184
          関係会社出資金評価損                           164                 164
          賞与引当金                           48                 42
                                     40                 38
          その他
         繰延税金資産小計
                                    810                 827
                                   △175                 △170
         評価性引当金
         繰延税金資産合計
                                    635                 657
         繰延税金負債
          連結法人間取引の譲渡益繰延                          △45                 △45
                                   △945                △1,023
          その他有価証券評価差額金
         繰延税金負債合計                           △991                △1,069
         繰延税金資産(△負債)の純額                           △356                 △412
     2   法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な

       項目別の内訳
                               前事業年度                 当事業年度

                             (2017年3月31日)                 (2018年3月31日)
         法定実効税率                        30.7  %               30.7  %
         (調整)
         受取配当等永久に益金に算入さ
                               △26.8                 △27.0
         れない項目
         外国子会社等受取配当源泉税                        5.6                 5.5
                                 0.1                 0.0
         その他
         税効果会計適用後の法人税等の
                                 9.6                 9.1
         負担率
       (重要な後発事象)

         該当事項はない。
                                117/151








                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
       ④ 附属明細表
          有価証券明細表
           株式

                                                  貸借対照表計上額

                     銘柄                    株式数(株)
                                                    (百万円)
                ㈱ジェーシービー                           231,900           8,116
     投資     その他
                東海東京フィナンシャル・ホールディングス㈱                          7,280,000            5,350
     有価証券     有価証券
                その他(2銘柄)                           829,155           4,845
                      計                    8,341,055            18,312

           その他

                                                 貸借対照表計上額

                 種類及び銘柄                    投資口数等(口)
                                                   (百万円)
                (証券投資信託の受益証券)
     投資     その他
     有価証券     有価証券
                トヨタグループ株式ファンド                       327,434,107                 759
                   計                         ―           759

          有形固定資産等明細表

                                        当期末減価

                                        償却累計額             差引当期末
                当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高             当期償却額
        資産の種類                                 又は償却              残高
                 (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)             (百万円)
                                         累計額            (百万円)
                                         (百万円)
     有形固定資産                ―      ―      ―     251       180      19       70
     無形固定資産                ―      ―      ―     199       196       ▶       2
     (注) 有形固定資産、無形固定資産の金額が資産総額の1%以下であるため「当期首残高」「当期増加額」及び
        「当期減少額」の記載を省略している。
          引当金明細表

          重要性がないため記載を省略している。
      (2)  主な資産及び負債の内容

         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略している。
      (3)  その他

         該当事項はない。
                                118/151





                                                           EDINET提出書類
                                          トヨタ モーター クレジット コーポレーション(E05904)
                                                            訂正発行登録書
     3  中間連結財務諸表等
      (1)  中間連結財務諸表
       ①  中間連結貸借対照表
                                                  (単位:百万円)
                              前連結会計年度               当中間連結会計期間
                              (2018年3月31日)                (2018年9月30日)
     資産の部

      流動資産
       現金及び預金
                                       389,639                414,055
       営業債権                       ※4,※5            14,721,212         ※4,※5            15,599,391
        リース債権及びリース投資資産
                                      1,342,045                1,493,123
       有価証券
                                       570,787                848,684
       その他
                                       650,891                607,610
       貸倒引当金                               △164,242                △172,531
       流動資産合計
                                     17,510,333                18,790,333
      固定資産
       有形固定資産
        賃貸資産(純額)                      ※4,※5              4,350,779         ※4,※5             4,680,091
        その他                                9,262                9,263
        有形固定資産合計                         ※1          4,360,042            ※1          4,689,355
       無形固定資産
                                       38,017                35,601
       投資その他の資産                                728,533                735,934
       固定資産合計
                                      5,126,593                5,460,890
      資産合計
                                     22,636,927                24,251,224