KOA株式会社 臨時報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

臨時報告書 著しい影響 特別損失

提出日:

提出者:KOA株式会社

カテゴリ:臨時報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        KOA株式会社(E01902)
                                                              臨時報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    臨時報告書

      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年12月18日
      【会社名】                    KOA株式会社
      【英訳名】                    KOA  CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 花形 忠男
      【本店の所在の場所】                    長野県伊那市荒井3672番地
                         (上記は登記上の本店所在地であり、実際の業務は下記の場所で行っており
                         ます。)
                         長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪14016番地
      【電話番号】                    0265-70-7171(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役 経営管理イニシアティブ担当 野々村 昭
      【最寄りの連絡場所】                    東京都府中市緑町2丁目17番地2 KOA株式会社東京支店
      【電話番号】                    042-336-5300(代表)
      【事務連絡者氏名】                    東京支店 取締役 小嶋 敏博
      【縦覧に供する場所】                    KOA株式会社東京支店
                         (東京都府中市緑町2丁目17番地2)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         株式会社名古屋証券取引所
                         (名古屋市中区栄3丁目8番20号)
                                 1/2











                                                           EDINET提出書類
                                                        KOA株式会社(E01902)
                                                              臨時報告書
     1【提出理由】
       当社及び当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著しい影響を与える事象が発生いたし
      ましたので、金融商品取引法第24条の5第4項並びに企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第12号及び第19
      号の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。
     2【報告内容】

      1.当該事象の発生年月日
        平成30年12月12日(取締役会決議日)
      2.当該事象の内容

        当社及び当社の米国子会社              KOA  SPEER   ELECTRONICS,INC.(以下、総称して「当社」といいます。)は、米国にお
       いて集団民事訴訟を提起されていましたが、「リニア抵抗器」を米国において直接的に購入したとする原告(直接購
       入者原告)と和解することに合意し、平成30年12月12日開催の取締役会において、和解に伴う解決金として2,450万
       米ドルを支払うことを決議いたしました。
        平成27年8月20日以降、「リニア抵抗器」を購入したとする原告らが、当社を含む抵抗器製造業者複数社に対し
       て、「リニア抵抗器」取引に関して米国反トラスト法違反があったと主張し、米国カリフォルニア州北部地区連邦地
       方裁判所に、損害賠償を求める集団民事訴訟を提起しました。
        当社は、損害賠償等の責任を認めておりませんが、訴訟長期化による今後の業績に与える影響等を総合的に勘案し
       た結果、早期解決が最善と判断し和解することを決定いたしました。
        なお、平成30年8月27日付で公表しましたとおり、当社は間接購入者原告との間では、すでに和解合意をしており
       ます。
      3.当該事象の損益及び連結損益に与える影響額

        平成31年3月期第3四半期会計期間の個別決算及び連結決算において、特別損失として2,780百万円(平成30年11
       月30日のレートで換算)を計上いたします。
                                                         以 上

                                 2/2











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。