iTrustインド株式 半期報告書(内国投資信託受益証券) 第1期(平成30年4月3日-平成31年3月15日)

提出書類 半期報告書(内国投資信託受益証券)-第1期(平成30年4月3日-平成31年3月15日)
提出日
提出者 iTrustインド株式
カテゴリ 半期報告書(内国投資信託受益証券)

                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                     半期報告書

      【提出先】                     関東財務局長

      【提出日】                     2018年12月28日

      【計算期間】                     第1期中(自 2018年4月3日 至 2018年10月2日)

      【ファンド名】                     iTrustインド株式

      【発行者名】                     ピクテ投信投資顧問株式会社

      【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長 萩野 琢英

      【本店の所在の場所】                     東京都千代田区丸の内二丁目2番1号

      【事務連絡者氏名】                     佐藤 直紀

      【連絡場所】                     東京都千代田区丸の内二丁目2番1号

      【電話番号】                     03-3212-3411

      【縦覧に供する場所】                     該当事項はありません。

                                  1/44














                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
     1【ファンドの運用状況】
       以下の運用状況は2018年10月31日現在です。
       ・投資比率はファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率です。
      ( 1)【投資状況】
               資産の種類                国・地域           時価合計(円)            投資比率(%)
      投資証券                      ルクセンブルグ                  1,077,104,252             99.48
      コール・ローン等、その他資産(負債控除後)                           ―               5,580,797            0.52
                   合計(純資産総額)                            1,082,685,049             100.00
      ( 2)【運用実績】

       ①【純資産の推移】
        2018  年10月末日および同日前1年以内における各月末ならびに下記計算期間末日の純資産の推移は次のとおりです。
                          純資産総額(百万円)                    1万口当たり純資産額(円)
            期別
                      分配落ち           分配付き           分配落ち           分配付き
          2018  年 4月末日               870            ―         10,460             ―
             5月末日               963            ―         10,098             ―
             6月末日               992            ―         9,862            ―
             7月末日              1,086            ―         10,325             ―
             8月末日              1,139            ―         10,245             ―
             9月末日              1,076            ―         9,466            ―
             10 月末日             1,082            ―         8,685            ―
      (注)純資産総額は百万円未満切捨て。分配付きは、各期間末に行われた分配の額を加算しております。
       ②【分配の推移】

            期                期間                 1万口当たりの分配金(円)
           当中間期            2018  年4月3日~2018年10月2日                           ―円

       ③【収益率の推移】

            期                 期間                    収益率(%)
           当中間期            2018  年4月3日~2018年10月2日                         △5.35

      (注)収益率の計算方法:(当期末の基準価額(分配付き)-設定日の基準価額)÷設定日の基準価額×100
     2【設定及び解約の実績】

               期                設定口数(口)                   解約口数(口)
              当中間期                        1,581,399,203                   425,692,530

      (注)設定口数には、当初募集口数を含みます。
                                  2/44




                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
     3【ファンドの経理状況】
       ( 1)ファンドの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)

         並びに同規則第38条の3及び第57条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令第
         133号)に基づき作成しております。
         なお、中間財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
       ( 2)ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1期中間計算期間(2018年4月3日(設定日)から

         2018年10月2日まで)の中間財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による中間監査を受けております。
                                  3/44

















                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
     iTrustインド株式

     (1)【中間貸借対照表】
                                       (単位:円)
                                 第1期中間計算期間
                                [2018年10月2日現在]
      資産の部
        流動資産
         コール・ローン                              52,054,289
                                      1,076,604,137
         投資証券
                                      1,128,658,426
         流動資産合計
                                      1,128,658,426
        資産合計
      負債の部
        流動負債
                                        9,980,769
         未払金
                                        20,138,654
         未払解約金
                                          97,643
         未払受託者報酬
                                        4,339,371
         未払委託者報酬
                                           152
         未払利息
                                         271,490
         その他未払費用
                                        34,828,079
         流動負債合計
                                        34,828,079
        負債合計
      純資産の部
        元本等
                                      1,155,706,673
         元本
         剰余金
                                       △ 61,876,326
           中間剰余金又は中間欠損金(△)
                                      1,093,830,347
         元本等合計
                                      1,093,830,347
        純資産合計
                                      1,128,658,426
      負債純資産合計
                                  4/44










                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)【中間損益及び剰余金計算書】

                                       (単位:円)
                                 第1期中間計算期間
                                 自 2018年4月3日
                                 至 2018年10月2日
      営業収益
                                       △ 66,845,866
        有価証券売買等損益
                                       △ 66,845,866
        営業収益合計
      営業費用
                                          41,265
        支払利息
                                          97,643
        受託者報酬
                                        4,339,371
        委託者報酬
                                        2,138,617
        その他費用
                                        6,616,896
        営業費用合計
                                       △ 73,462,762
      営業利益又は営業損失(△)
                                       △ 73,462,762
      経常利益又は経常損失(△)
                                       △ 73,462,762
      中間純利益又は中間純損失(△)
      一部解約に伴う中間純利益金額の分配額又は一部解
                                        1,743,507
      約に伴う中間純損失金額の分配額(△)
                                            -
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                        18,015,987
      剰余金増加額又は欠損金減少額
        中間追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                        18,015,987
        少額
                                        4,686,044
      剰余金減少額又は欠損金増加額
        中間一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                        4,686,044
        加額
                                            -
      分配金
                                       △ 61,876,326
      中間剰余金又は中間欠損金(△)
                                  5/44










                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
      ( 3)【中間注記表】
      ( 重要な会計方針に係る事項に関する注記)
       有価証券の評価基準及び評価方法                  投資証券
                         移動平均法に基づき、投資証券の基準価額で評価しております。
      ( 中間貸借対照表に関する注記)

                                           第1期中間計算期間
                                           2018年10月2日現在
       1.元本の推移
        期首元本額                                               629,051,747円
        期中追加設定元本額                                               952,347,456円
        期中一部解約元本額                                               425,692,530円
       2.受益権の総数                                               1,155,706,673口
       3.元本の欠損                            中間貸借対照表上の純資産額が元本総額を下回っており、
                                  その差額は61,876,326円であります。
      ( 中間損益及び剰余金計算書に関する注記)

       該当事項はありません。
      ( 金融商品に関する注記)

     金融商品の時価等に関する事項
                                      第1期中間計算期間
                                      自 2018年4月3日
                                      至 2018年10月2日
       1.中間貸借対照表計上額、時価及                  時価で計上しているため、その差額はありません。
        びこれらの差額
       2.時価の算定方法                  (1)有価証券
                         「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」の「有価証券の評価基準及び評
                         価方法」に記載しております。
                         (2)デリバティブ取引
                         該当事項はありません。
                         (3)有価証券及びデリバティブ取引以外の金融商品
                         短期間で決済され、時価は帳簿価額と近似しているため、当該帳簿価額を時価
                         としております。
       3.金融商品の時価等に関する事項                  金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には
        についての補足説明                 合理的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては一定
                         の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当該価額
                         が異なることもあります。
      ( デリバティブ取引等に関する注記)

       該当事項はありません。
      ( 一口当たり情報に関する注記)

                                           第1期中間計算期間
                                           (2018年10月2日現在)
               1口当たり純資産額                              0.9465円
              (1万口当たり純資産額)                               (9,465円)
      ( 重要な後発事象に関する注記)

       該当事項はありません。
      <参考情報>

                                  6/44

                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
       ファンドは、ルクセンブルグ籍の外国投資法人である「ピクテ‐インディアン・エクイティーズ」のクラスZ                                                   JPY投資

       証券および「ピクテ‐ショートターム・マネー・マーケットJPY」のクラスI投資証券を投資対象としており、中間貸
       借対照表の資産の部に計上された「投資証券」は、同投資証券です。これら外国投資法人の状況は次のとおりです。な
       お、記載された情報は監査対象外です。
                       「ピクテ‐インディアン・エクイティーズ」の状況

       当投資法人は、ルクセンブルグの法律に基づき設立された外国投資法人であります。当投資法人は、2018年3月31日付

       で、ルクセンブルグにおいて一般に公正妥当と認められる会計原則に準拠した中間財務書類が作成されております。中間
       計算期間末のため独立監査人による財務書類の監査は受けておりません。以下の「純資産計算書」、「運用計算書および
       純資産変動計算書」ならびに「投資有価証券およびその他の純資産明細表」等は、原文の中間財務書類から委託会社が抜
       粋・翻訳したものであり、「ピクテ‐インディアン・エクイティーズ クラスZ                                      JPY」を含むすべてのクラスが対象と
       なっております。
                        ピクテ‐インディアン・エクイティーズ

                              純資産計算書

                             2018  年3月31日現在
                                                      ( 単位:米ドル)
     資産
                                                      274,879,413.19
     投資有価証券取得原価(注1.f)
                                                       29,334,510.18
     投資に係る未実現純利益/損失
                                                      304,213,923.37
     投資有価証券時価評価額(注1.d)
                                                       21,410,222.40
     現金預金(注1.d)
                                                      325,624,145.77
     負債
                                                        373,511.12
     未払管理報酬および投資顧問報酬(注3)
                                                         37,192.21
     未払年次税(注2)
                                                         88,022.04
     その他の未払報酬(注5)
                                                        498,725.37
                                                      325,125,420.40
     2018  年3月31日現在純資産合計
                                                      296,481,587.90
     2017  年9月30日現在純資産合計
                                                      260,908,950.09
     2016  年9月30日現在純資産合計
                         運用計算書および純資産変動計算書

                          2018  年3月31日に終了した期間
                                                      ( 単位:米ドル)
                                                      296,481,587.90
     期首現在純資産額
     収益
                                                        968,765.50
     配当金、純額(注1.g)
                                                       -1,421,402.04
     債券利息、純額(注1.g)
                                                        -452,636.54
     費用
                                                       2,171,949.01
     管理報酬および投資顧問報酬(注3)
                                                        123,649.37
     保管報酬、銀行手数料および利息
                                                        135,770.80
     専門家報酬、監査費用およびその他の費用
                                                        307,411.05
     サービス報酬(注4)
                                                         75,017.93
     年次税(注2)
                                                        725,857.25
     取引費用(注1.j)
                                                       3,539,655.41
                                                       -3,992,291.95
     投資純利益/損失
                                                       30,880,714.19
     投資有価証券売却に係る実現純利益/損失(注1.e)
                                  7/44

                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                                        -327,773.47
     外国為替に係る実現純利益/損失
                                                       26,560,648.77
     実現純利益/損失
     以下に係る未実現純評価利益/損失の変動:
     - 投資有価証券                                                -14,493,097.67
                                                       12,067,551.10
     運用による純資産の増加/減少
                                                       66,004,770.69
     投資証券発行手取額
     投資証券買戻費用                                                 -49,428,489.29
                                                      325,125,420.40
     当期間末現在純資産額
                       投資有価証券およびその他の純資産明細表

                             2018  年3月31日現在
                              ( 単位:米ドル)
                                                      純資産に

                銘柄                 数量          時価(注1)            対する
                                                      比率(%)
     公認の金融商品取引所に上場されているまたは他の規制ある市場で取引されている譲渡性のある有価証券
     株式
     インド
     AARTI   INDUSTRIES      -DEMAT.-                    189,561.00          3,337,250.56               1.03
     ADANI   PORTS   & SPECIAL    ECONOMIC     ZONE            1,993,501.00           10,836,636.93               3.33
     ALEMBIC    PHARMACEUTICALS                         386,497.00          3,253,539.73               1.00
     BAJAJ   FINSERV                          88,336.00          7,013,109.12               2.16
     BHARAT    FINANCIAL     INCLUSION                    655,447.00          11,036,642.07               3.39
     CENTURY    PLYBOARDS     -DEMAT.-                   1,257,825.00            6,306,502.05               1.94
     CITY   UNION   BANK                      3,425,125.00            9,067,587.66               2.79
     DR.  LAL  PATHLABS                         523,395.00          7,041,002.85               2.17
                                  602,531.00          9,886,630.34               3.04
     EMAMI
     FAIRFAX    INDIA   HOLDINGS     SUB.   VTG               426,645.00          7,355,359.80               2.26
     HCL  TECHNOLOGIES       LIMITED    -DEMAT.-               1,834,770.00           27,282,127.47               8.40
     HDFC   BANK                          609,986.00          17,661,871.52               5.43
     HOUSING    DEVELOPMENT      FINANCE                   585,621.00          16,412,487.47               5.05
     INFOSYS    TECHNOLOGIES       -DEMAT.-                  812,473.00          14,116,621.34               4.34
     INTERGLOBE      AVIATION                       529,202.00          10,483,705.13               3.22
     ITC  -DEMAT.-                          3,764,363.00           14,765,036.99               4.54
     K.P.R.    MILL                         566,982.00          5,505,747.24               1.69
     MAHINDRA     & MAHINDRA                      1,444,775.00           16,388,455.40               5.04
     MAX  FINANCIAL     SERVICES                     1,368,066.00            9,523,324.76               2.93
     MOTHERSON     SUMI   SYTEMS    -DEMAT.-                  572,856.00          2,734,564.46               0.84
     MRF  -DEMATERIALISED-                           10,136.00         11,283,299.36               3.47
     MUSIC   BROADCAST                          613,452.00          3,742,960.34               1.15
                                 4,762,424.00           12,406,864.50               3.82
     NTPC
     PETRONET     LNG                       1,809,974.00            6,417,153.70               1.97
     POWER   GRID   INDIA                      7,758,990.00           23,018,490.14               7.09
     PROCTER    GAMBLE    HYGIENE    -DEMAT.-                  1,481.00          217,256.10              0.07
     QUESS   CORP                          547,660.00          8,642,836.06               2.66
     SBI  LIFE   INSURANCE                       1,067,932.00           11,119,507.22               3.42
     TORRENT    PHARMACEUTICALS        -DEMAT.-                 549,828.00          10,548,777.61               3.24
                                  362,879.00          6,808,575.45               2.09
     VARDHMAN     TEXTILE    -DEMAT.-
                                           304,213,923.37               93.57
                                           304,213,923.37               93.57
     投資有価証券合計
                                  8/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                            21,410,222.40               6.59
     現金預金
                                             -498,725.37              -0.16
     その他の純負債
                                           325,125,420.40               100.00
     純資産合計
                     中間財務書類に対する注記(2018年3月31日現在)(抜粋)

      注1-重要な会計方針の要約

       a)  一般事項
        当中間財務書類は、ルクセンブルグにおいて投資信託に関し一般的に採用される会計原則および適用される法定の報告
        要件にしたがい作成されています。
       b)  創立費
        創立費は、5年を最大とする期間にわたり償却されます。
       c)  各サブファンドの外国通貨換算
        サブファンドの基準通貨以外の通貨建ての現金預金、その他の純資産および投資有価証券の時価評価額は、期末現在の
        実勢為替レートでサブファンドの基準通貨に換算されます。
        サブファンドの基準通貨以外の通貨建ての収益および費用は、取引日に適用される為替レートでサブファンドの基準通
        貨に換算されます。
        発生する為替差損益は、運用計算書および純資産変動計算書に含まれています。
       d)  各サブファンドの資産の評価
       1.公認の金融商品取引所または他の規制ある市場に上場されている有価証券は、相場が反映されている直近の知りうる
        価格で評価されます。
       2.上記の金融商品取引所または規制ある市場に上場されていない有価証券および直近の知りうる価格が相場を反映して
        いない有価証券は予想される売却価格に基づき、取締役会により慎重かつ誠実に評価されます。
       3.金融商品取引所または規制ある市場に上場されていない企業の評価は、直近の年次財務諸表、当該証券の評価に影響
        を与える事実その他の方法に基づき取締役会により誠実に提案される評価方法で行われます。評価方法の選択は取得
        データの妥当性によります。また、監査が行われない中間財務諸表に基づき補正されることがあります。評価価格が可
        能性の高い売却価格を反映していないと取締役会が判断した場合、可能性が高い売却価格に基づき、慎重かつ誠実に評
        価されます。
       4.金融商品取引所または他の規制ある市場で取引される先渡契約(先物およびCFD)およびオプション契約は、終値も
        しくは当該取引所または市場により公表される決済価格で評価されます。金融商品取引所または他の規制ある市場で取
        引されていない先渡契約およびオプション契約は、各契約毎に設定された統一基準を遵守しつつ、取締役会により誠実
        に決定された規定にしたがった清算価格で評価されます。
       5.オープンエンド型投資信託の受益証券/投資証券は以下により評価されます。
         ‐ 直近の取得可能な1口当たり純資産価格
         ‐ 推定される直近の1口当たり純資産価格
       6.短期金融商品は、利息込みの額面価額での償却原価法または「時価評価法」により評価されます。「ショートター
        ム・マネー・マーケット」および「ソブリン・ショートターム・マネー・マーケット」の各サブファンドは特定の方法
        が適用されます。
       7.未決済の為替予約取引から発生する未実現損益は、評価日において同日現在適用される先渡為替価格を基準に決定さ
        れ、純資産計算書に含まれます。
       8.現預金、一覧払手形、未収入金、前払費用、未収配当金・利息は額面で評価されます。ただし、受取金額の不確性が
        高い場合は、取締役会が実態を反映していると判断する額を減じて評価されます。
       取締役会が必要と認める場合、特定の証券を慎重かつ誠実に評価することが委任される評価委員会を設置することがあり
       ます。
       取締役会は上記の基準を用いることが不可能または不適切であるサブファンドの資産において他の適切な評価原則を適用
       する権限を有します。
       e)  投資対象売却に係る実現純損益
        投資対象売却に係る実現純損益は、当該投資対象の平均原価に基づき計算されます。
       f)  投資有価証券の取得原価
        サブファンドの基準通貨以外の通貨建ての有価証券の取得原価は、取得日の実勢為替レートで計算されます。
       g)  収益
        配当金は落ち日に計上され、利息は、発生主義で計上されます。
       h)  分配金支払
        ファンドの取締役会はサブファンドおよびサブクラス毎で異なる分配方針を定めることができます。また、暫定的な分
        配を決定することができます。ファンドは、投資純利益、実現売買益、未実現売買益および元本を分配することができ
        ます。したがって、投資家は分配が事実上ファンドの純資産価額を減じる可能性があることを認識する必要がありま
                                  9/44

                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
        す。ファンドの純資産が125万ユーロを下回ることとなる分配を行うことはできません。ファンドは同一の制限内で無償
        での投資証券による分配を行うことができます。支払日から5年以内に請求がない分配はその請求権が喪失し、サブ
        ファ  ンドまたは関連するサブクラスの投資証券に返戻されます。
       i)  期間末日の純資産価額
        2018  年3月31日付の各サブファンドの(取得申込と買戻しに使用される)正式な純資産価額および財務書類に表示されて
        いる純資産価額は、2018年3月30日における直近の入手可能な組入資産の価格による評価に基づき決定されました。
       j)  取引費用
        取引費用は、投資有価証券の購入および売却に関連する各サブファンドにより生じた費用を表します。
        これらの費用は、仲介手数料に加え、銀行手数料、税金、預託報酬およびその他の取引費用を含み、かつ、運用計算書
        および純資産変動計算書に含められ、2018年3月31日に終了する期間を対象とします。
      注2-年次税

       ルクセンブルグにおける現行法規にしたがい、ファンドには、利子・配当収益または売買益に対するルクセンブルグの所
       得税は課せられません。しかしながら、ファンドの純資産には、四半期毎に支払われ、各四半期末現在の純資産に基づい
       て計算される年率0.05%の年次税が課せられます。ただし、本年次税は機関投資家に受益者が限定されるクラス投資証券
       ならびに短期金融商品および預金に投資するサブファンドに帰属する純資産に関しては、0.01%の料率まで減じられま
       す。
       以下のサブファンドは年次税が免除されます。
       ( ⅰ)その証券が一以上の定期的に取引が行われる金融商品取引所または他の規制ある市場において上場または取引されて
       いるもの
       ( ⅱ)その証券の唯一の目的が一以上の指数のパフォーマンスと連動することとしているもの
       複数の資産クラスに投資するサブファンドの場合、(ⅰ)の要件を満たすクラスのみ免除されます。
       また、ルクセンブルグにおける他の投資信託の受益証券/投資証券に投資される純資産額については、本年次税が免除され
       ます。ただし、係る受益証券/投資証券が既に本年次税を課せられている場合に限ります。
      注3-管理報酬および投資顧問報酬

       ファンドは管理業務を管理会社に委託しており、管理会社は各サブファンドの運用を一以上の投資顧問会社に委任してい
       ます。
       ファンドの最新の目論見書の付属文書に規定されているとおり、管理会社の事前承認を条件に、投資顧問会社は特定のサ
       ブファンドの管理の全部または一部を行わせるために一以上の副投資顧問会社(ピクテ・グループであるかは問わない)を
       任命することができます。
       管理会社はピクテ・グループ内外の一以上の投資助言会社からファンドのための投資機会について助言を受けることがで
       きます。
       管理会社は、投資顧問会社、投資助言会社および販売会社に報酬を支払う目的で各サブファンドから管理報酬を受け取り
       ます。当該報酬は各サブファンド毎、各クラス毎に課せられ、その純資産総額に対して比例料率で算出されます。
       2018  年3月31日に終了する期間に適用される報酬率の上限は以下のとおりです。
                               クラス     クラスJ     クラスP     クラスR     クラスZ     クラスE
                               I/IS     ( 上限)     ( 上限)     ( 上限)     ( 上限)     ( 上限)
                               ( 上限)
       ピクテ‐インディアン・エクイティーズ                        1.20%      -    2.40%     2.90%     0.00%      -
      注4-サービス報酬

       各サブファンドの平均純資産価額に基づき計算される年間のサービス報酬は、管理会社との契約に基づき、ファンドに提
       供されるサービスの対価として、支払われます。この報酬は、管理会社によりその名義書換事務代行、管理事務代行、支
       払事務代行の業務を行うファンドパートナー・ソリューションズ(ヨーロッパ)エス・エイへの対価として支払われます。
       2018年3月31日に終了する期間に適用される報酬率の上限は以下のとおりです。
                                   ヘッジなし証券(上限)               ヘッジ証券(上限)
        ピクテ‐インディアン・エクイティーズ                                0.65%               -
      注5-その他の未払報酬

       2018  年3月31日現在、その他の未払報酬には、主に保管報酬、サービス報酬およびその他の税金が含まれています。
      注6-申込手数料、買戻手数料ならびに転換手数料

       各サブファンド(またはサブクラス)の発行価格は、フォワード・プライシング・ベースに基づき計算された当該サブファ
       ンド(またはサブクラス)の純資産価額となります。当該申込価格は仲介手数料(当該サブファンドの1口当たり純資産価額
                                 10/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
       の5%を上限とし、仲介業者および販売業者に支払われます)が加算されます。申込時または解約時かはサブクラスにより
       異なります。申込価格は各種税金が加算されます。
       各サブファンド(またはサブクラス)の買戻価格は、フォワード・プライシング・ベースに基づき計算された当該サブファ
       ンド(またサブクラス)の純資産価額となります。仲介業者および販売業者への手数料(1口当たり純資産価額の3%上限)
       は買戻金額から控除されます。申込時または解約時かはサブクラスにより異なります。買戻価格は各種税金が減じられま
       す。
       著しく大量の取引額、市場の混乱その他ファンドの取締役会が発行・スイッチング時の既存受益者または買戻・スイッチ
       ング時の残存受益者の利益が損なわれるおそれがあると判断した場合など特殊な状況下において、ファンドの取締役会は
       純資産価額の最大2%の「解約留保金」を徴する権限を有しています。
       取締役会は直近の目論見書の「純資産額の計算」に記載のとおり純資産額の修正を行う権限を有しています。
      注7-インドの有価証券への投資

       現在の目論見書の記載にしたがい、ピクテ‐エマージング・マーケット、ピクテ‐インディアン・エクイティーズおよび
       ピクテ‐アジア株式(除く日本)の各サブファンドは、インドの企業が発行する有価証券に直接的および間接的に投資する
       ことができます。2017年3月31日まで、これらの投資はモーリシャスに設立されたピクテ(モーリシャス)リミテッド、ピ
       クテ・カントリー(モーリシャス)リミテッド、ピクテ・アジア・エクイティ(モーリシャス)リミテッドを通じて行われま
       した。当該3社はファンドによって全面的に管理され、前述のサブファンド専用の助言サービスを提供していました。
       2018  年3月31日に終了するこの半期において、前述のサブファンドは、当該モーリシャスの会社ではなくインドに直接投
       資しています。
       これは、2017年4月1日適用のインド・モーリシャス二重課税条約の条約濫用と再交渉を防止するため、および実質優先
       主義を確保するために設計された一般的租税回避否認規定(「GAAR」)のインド国内法制定に対応して決定されました。
       したがって、前述のサブファンドにおける2017年4月1日以降に取得された株式の短期の実現売却益は、15%のキャピタ
       ルゲイン税が課されます。2017年4月1日以前に取得し、同日以降モーリシャス企業によって売却された株式は、免税の
       ままです。
       モーリシャスの3社は、保有するインドのすべての株式が市場で売却された後、清算されます。
                                 11/44












                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
                  「ピクテ‐ショートターム・マネー・マーケットJPY」の状況
       当投資法人は、ルクセンブルグの法律に基づき設立された外国投資法人であります。当投資法人は、2018年3月31日付

       で、ルクセンブルグにおいて一般に公正妥当と認められる会計原則に準拠した中間財務書類が作成されております。中間
       計算期間末のため独立監査人による財務書類の監査は受けておりません。以下の「純資産計算書」、「運用計算書および
       純資産変動計算書」ならびに「投資有価証券およびその他の純資産明細表」等は、原文の中間財務書類から委託会社が抜
       粋・翻訳したものであり、「ピクテ‐ショートターム・マネー・マーケットJPY クラスI」を含むすべてのクラスが
       対象となっております。
                     ピクテ‐ショートターム・マネー・マーケットJPY

                              純資産計算書

                             2018  年3月31日現在
                                                        ( 単位:円)
     資産
     投資有価証券取得原価(注1.g)                                               12,071,795,652.00
                                                      -94,981,062.00
     投資に係る未実現純利益/損失
     投資有価証券時価評価額(注1.d)                                               11,976,814,590.00
     現金預金(注1.d)                                                 790,825,369.00
     預金                                                1,320,000,000.00
     未収利息、純額                                                 22,144,321.00
                                                       54,722,392.00
     為替予約取引に係る未実現純利益(注8)
                                                     14,164,506,672.00
     負債
     未払管理報酬および投資顧問報酬(注3)                                                   795,641.00
     未払年次税(注2)                                                   360,844.00
                                                       1,738,819.00
     その他の未払報酬(注5)
                                                       2,895,304.00
     2018  年3月31日現在純資産合計                                             14,161,611,368.00
     2017  年9月30日現在純資産合計                                             16,282,368,862.00
     2016  年9月30日現在純資産合計                                             12,621,916,450.00
                         運用計算書および純資産変動計算書

                          2018  年3月31日に終了した期間
                                                        ( 単位:円)
     期首現在純資産額                                               16,282,368,862.00
     収益
     債券利息、純額(注1.h)                                                 16,587,926.00
                                                        -25,745.00
     預金利息
                                                       16,562,181.00
     費用
     管理報酬および投資顧問報酬(注3)                                                  4,520,108.00
     保管報酬、銀行手数料および利息                                                  2,721,016.00
     専門家報酬、監査費用およびその他の費用                                                  2,134,489.00
     サービス報酬(注4)                                                  2,270,250.00
     年次税(注2)                                                   706,595.00
                                                         59,981.00
     取引費用(注1.k)
                                                       12,412,439.00
     投資純利益/損失                                                  4,149,742.00
     投資有価証券売却に係る実現純利益/損失(注1.f)                                                 375,717,099.00
     外国為替に係る実現純利益/損失                                                 -49,174,758.00
     為替予約取引に係る実現純利益/損失                                                -259,361,782.00
     先渡取引に係る実現純利益/損失                                                   -20,000.00
                                 12/44

                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
     実現純利益/損失                                                 71,310,301.00
     以下に係る未実現純評価利益/損失の変動:
     - 投資有価証券
                                                      -482,578,190.00
     - 為替予約取引
                                                      397,507,322.00
     運用による純資産の増加/減少                                                 -13,760,567.00
     投資証券発行手取額                                               10,696,345,353.00
     投資証券買戻費用                                               -12,803,341,432.00
     分配金支払(注1.i)                                                     -848.00
     当期間末現在純資産額                                               14,161,611,368.00
                       投資有価証券およびその他の純資産明細表

                             2018  年3月31日現在
                               ( 単位:円)
                                                          純資産

                   銘柄                通貨      額面        時価(注1)        に対する
                                                         比率(%)
     Ⅰ .公認の金融商品取引所に上場されているまたは他の規制ある市場で取引されている譲渡性のある有価証券
     債券
     カナダ
     1.33%   BANK   OF  NOVA   SCOTIA    15/18   -SR-
                                   CAD     1,833,000.00         151,053,096.00          1.07
     2.31%   AMERICAN     EXPRESS    CDA  13/18   -SR-
                                   CAD     4,000,000.00         329,668,236.00          2.33
     2.35%   HONDA   CANADA    FINANCE    13/18   -SR-
                                   CAD     4,100,000.00         338,330,640.00          2.39
                                   CAD     2,000,000.00         165,475,323.00          1.17
     6.02%   BANK   OF  MONTREAL     08/18   -SR-
                                                 984,527,295.00          6.96
     フランス
     0.733%    BNP  PARIBAS    13/18   '5'  -SR-
                                   JPY    300,000,000.00          300,837,000.00          2.12
                                   NOK     7,000,000.00         95,311,955.00          0.67
     2.50%   TOTAL   CAPITAL    INTERNATIONAL       13/18   '79'   -SR-
                                                 396,148,955.00          2.79
     日本
     0.10%   JAPAN   16/18   '365'   -SR-                  JPY    860,000,000.00          860,455,800.00          6.08
                                                 860,455,800.00          6.08
     メキシコ
     1.125%    AMERICA    MOVIL   12/18   -SR-                CHF     3,000,000.00         336,789,181.00          2.38
                                                 336,789,181.00          2.38
     スウェーデン
     0.73%   NORDEA    BANK   13/18   '5'  -SR-
                                   JPY    100,000,000.00          100,110,000.00          0.71
     3.00%   SBAB   BANK   13/18   '633'   -SR-                SEK     25,000,000.00         325,319,317.00          2.30
                                                 425,429,317.00          3.01
     スイス
     0.337%    CREDIT    SUISSE    15/18   '5'  -SR-              JPY    100,000,000.00          100,075,000.00          0.71
                                                 100,075,000.00          0.71
     合計  Ⅰ .                                        3,103,425,548.00           21.93
     Ⅱ .その他の譲渡性のある有価証券
     債券
     フランス
     FRN  BPCE   13/18   '3'  -SR-
                                   JPY    300,000,000.00          300,628,500.00          2.12
                                   JPY    400,000,000.00          401,490,000.00          2.84
     0.755%    BFCM   13/18   S9  -SR-
                                                 702,118,500.00          4.96
     スイス
     0.00%   CITY   OF  LAUSANNE     18/18   -SR-               CHF     3,000,000.00         334,363,256.00          2.36
                                                 334,363,256.00          2.36
                                 13/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
     合計  Ⅱ .                                        1,036,481,756.00           7.32
     Ⅲ .短期金融商品
     ベルギー
     C.  PAP.   AB  INBEV   28/09/18                     EUR     3,100,000.00         407,297,228.00          2.88
                                                 407,297,228.00          2.88
     フランス
     C.  PAP.   LEGRAND    FRANCE    29/03/18
                                   EUR     2,500,000.00         327,965,130.00          2.32
     C.  PAP.   MICHELIN     12/06/18
                                   EUR     2,500,000.00         328,179,914.00          2.32
     C.  PAP.   RTE  EDF  TRANSPORT     29/03/18
                                   EUR     1,000,000.00         131,186,052.00          0.93
     C.  PAP.   VINCI   16/04/18     I                  EUR     2,500,000.00         328,007,110.00          2.32
                                                1,115,338,206.00           7.89
     香港
     CD  CHINA   CONSTRUCTION       BANK   (HONG   KONG)   22/06/18     -SR-
                                   USD     2,600,000.00         274,647,910.00          1.94
     CD  CHINA   DEVELOPMENT      BANK   (HONG   KONG)   16/04/18           USD     3,500,000.00         371,440,409.00          2.62
                                                 646,088,319.00          4.56
     日本
     TBI  JAPAN   18/06/18     '745'   -SR-
                                   JPY   1,000,000,000.00          1,000,335,000.00           7.05
     TBI  JAPAN   25/06/18     -SR-   '747'                  JPY   1,000,000,000.00          1,000,375,000.00           7.05
                                                2,000,710,000.00           14.10
     ルクセンブルグ
     CD  AGRICULTURAL       BANK   OF  CHINA   (LU)   03/07/18
                                   EUR      500,000.00        65,627,613.00          0.46
     CD  AGRICULTURAL       BANK   OF  CHINA   (LU)   24/05/18
                                   EUR     2,500,000.00         328,062,667.00          2.32
                                   EUR     3,000,000.00         393,672,799.00          2.78
     CD  ICBC   (LU)   15/05/18
                                                 787,363,079.00          5.56
     オランダ
     C.  PAP.   DAIMLER    INTERNATIONAL       FINANCE    26/06/18
                                   EUR     3,000,000.00         393,884,888.00          2.78
                                   EUR     3,000,000.00         393,830,301.00          2.78
     C.  PAP.   TENNET    HOLDING    11/06/18     I
                                                 787,715,189.00          5.56
     スウェーデン
     C.  PAP.   ASSA   ABLOY   FINANCIAL     SERVICES     12/09/18           SEK     25,000,000.00         320,268,364.00          2.26
                                                 320,268,364.00          2.26
     アラブ首長国連邦
     C.  PAP.   ABU  DHABI   COMMERCIAL      BANK   28/06/18             EUR     3,000,000.00         393,873,750.00          2.78
                                                 393,873,750.00          2.78
     イギリス
     C.  PAP.   CARNIVAL     11/05/18
                                   EUR     3,000,000.00         393,641,000.00          2.78
     C.  PAP.   RECKITT    BENCKISER     TR.  12/09/18               EUR     2,500,000.00         328,392,239.00          2.32
     C.  PAP.   RECKITT    BENCKISER     TR.  13/06/18
                                   EUR      500,000.00        65,634,500.00          0.46
     CD  BARCLAYS     BANK   (FR)   29/03/18
                                   EUR     2,500,000.00         327,965,130.00          2.32
     CD  MIZUHO    BANK   (UK)   28/06/18                    EUR     2,000,000.00         262,620,282.00          1.85
                                                1,378,253,151.00           9.73
     合計  Ⅲ .                                        7,836,907,286.00           55.32
     投資有価証券合計                                           11,976,814,590.00           84.57
     現金預金                                            790,825,369.00          5.58
     預金                                           1,320,000,000.00           9.32
     その他の純資産                                             73,971,409.00          0.53
     純資産合計                                           14,161,611,368.00           100.00
                     中間財務書類に対する注記(2018年3月31日現在)(抜粋)

      注1-重要な会計方針の要約

                                 14/44

                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
       a)  一般事項
        当中間財務書類は、ルクセンブルグにおいて投資信託に関し一般的に採用される会計原則および適用される法定の報告
        要件にしたがい作成されています。
       b)  創立費
        創立費は、5年を最大とする期間にわたり償却されます。
       c)  各サブファンドの外国通貨換算
        サブファンドの基準通貨以外の通貨建ての現金預金、その他の純資産および投資有価証券の時価評価額は、期末現在の
        実勢為替レートでサブファンドの基準通貨に換算されます。
        サブファンドの基準通貨以外の通貨建ての収益および費用は、取引日に適用される為替レートでサブファンドの基準通
        貨に換算されます。
        発生する為替差損益は、運用計算書および純資産変動計算書に含まれています。
       d)  各サブファンドの資産の評価
       1.公認の金融商品取引所または他の規制ある市場に上場されている有価証券は、相場が反映されている直近の知りうる
        価格で評価されます。
       2.上記の金融商品取引所または規制ある市場に上場されていない有価証券および直近の知りうる価格が相場を反映して
        いない有価証券は予想される売却価格に基づき、取締役会により慎重かつ誠実に評価されます。
       3.金融商品取引所または規制ある市場に上場されていない企業の評価は、直近の年次財務諸表、当該証券の評価に影響
        を与える事実その他の方法に基づき取締役会により誠実に提案される評価方法で行われます。評価方法の選択は取得
        データの妥当性によります。また、監査が行われない中間財務諸表に基づき補正されることがあります。評価価格が可
        能性の高い売却価格を反映していないと取締役会が判断した場合、可能性が高い売却価格に基づき、慎重かつ誠実に評
        価されます。
       4.金融商品取引所または他の規制ある市場で取引される先渡契約(先物およびCFD)およびオプション契約は、終値も
        しくは当該取引所または市場により公表される決済価格で評価されます。金融商品取引所または他の規制ある市場で取
        引されていない先渡契約およびオプション契約は、各契約毎に設定された統一基準を遵守しつつ、取締役会により誠実
        に決定された規定にしたがった清算価格で評価されます。
       5.オープンエンド型投資信託の受益証券/投資証券は以下により評価されます。
         ‐ 直近の取得可能な1口当たり純資産価格
         ‐ 推定される直近の1口当たり純資産価格
       6.短期金融商品は、利息込みの額面価額での償却原価法または「時価評価法」により評価されます。「ショートター
        ム・マネー・マーケット」および「ソブリン・ショートターム・マネー・マーケット」の各サブファンドは特定の方法
        が適用されます(後記e参照)。
       7.未決済の為替予約取引から発生する未実現損益は、評価日において同日現在適用される先渡為替価格を基準に決定さ
        れ、純資産計算書に含まれます。
       8.現預金、一覧払手形、未収入金、前払費用、未収配当金・利息は額面で評価されます。ただし、受取金額の不確性が
        高い場合は、取締役会が実態を反映していると判断する額を減じて評価されます。
       取締役会が必要と認める場合、特定の証券を慎重かつ誠実に評価することが委任される評価委員会を設置することがあり
       ます。
       取締役会は上記の基準を用いることが不可能または不適切であるサブファンドの資産において他の適切な評価原則を適用
       する権限を有します。
       e)  特定のサブファンドにおける特有の評価
        「ショートターム・マネー・マーケット(CHF、EUR、JPYおよびUSD)」において、未上場の有価証券は「モデル評価法」
        で評価されます。この計算ではリスクフリー・レートとの利回り格差が考慮されます。市場の相場がある有価証券は
        「時価評価法」で評価されます。
       f)  投資対象売却に係る実現純損益
        投資対象売却に係る実現純損益は、当該投資対象の平均原価に基づき計算されます。
       g)  投資有価証券の取得原価
        サブファンドの基準通貨以外の通貨建ての有価証券の取得原価は、取得日の実勢為替レートで計算されます。
       h)  収益
        配当金は落ち日に計上され、利息は、発生主義で計上されます。
       i)  分配金支払
        ファンドの取締役会はサブファンドおよびサブクラス毎で異なる分配方針を定めることができます。また、暫定的な分
        配を決定することができます。ファンドは、投資純利益、実現売買益、未実現売買益および元本を分配することができ
        ます。したがって、投資家は分配が事実上ファンドの純資産価額を減じる可能性があることを認識する必要がありま
        す。ファンドの純資産が125万ユーロを下回ることとなる分配を行うことはできません。ファンドは同一の制限内で無償
        での投資証券による分配を行うことができます。支払日から5年以内に請求がない分配はその請求権が喪失し、サブ
        ファンドまたは関連するサブクラスの投資証券に返戻されます。
                                 15/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
       j)  期間末日の純資産価額
        2018  年3月31日付の各サブファンドの(取得申込と買戻しに使用される)正式な純資産価額および財務書類に表示されて
        いる純資産価額は、2018年3月30日における直近の入手可能な組入資産の価格による評価に基づき決定されました。
       k)  取引費用
        取引費用は、投資有価証券の購入および売却に関連する各サブファンドにより生じた費用を表します。
        これらの費用は、仲介手数料に加え、銀行手数料、税金、預託報酬およびその他の取引費用を含み、かつ、運用計算書
        および純資産変動計算書に含められ、2018年3月31日に終了する期間を対象とします。
      注2-年次税

       ルクセンブルグにおける現行法規にしたがい、ファンドには、利子・配当収益または売買益に対するルクセンブルグの所
       得税は課せられません。しかしながら、ファンドの純資産には、四半期毎に支払われ、各四半期末現在の純資産に基づい
       て計算される年率0.05%の年次税が課せられます。ただし、本年次税は機関投資家に受益者が限定されるクラス投資証券
       ならびに短期金融商品および預金に投資するサブファンドに帰属する純資産に関しては、0.01%の料率まで減じられま
       す。
       以下のサブファンドは年次税が免除されます。
       ( ⅰ)その証券が一以上の定期的に取引が行われる金融商品取引所または他の規制ある市場において上場または取引されて
       いるもの
       ( ⅱ)その証券の唯一の目的が一以上の指数のパフォーマンスと連動することとしているもの
       複数の資産クラスに投資するサブファンドの場合、(ⅰ)の要件を満たすクラスのみ免除されます。
       また、ルクセンブルグにおける他の投資信託の受益証券/投資証券に投資される純資産額については、本年次税が免除され
       ます。ただし、係る受益証券/投資証券が既に本年次税を課せられている場合に限ります。
      注3-管理報酬および投資顧問報酬

       ファンドは管理業務を管理会社に委託しており、管理会社は各サブファンドの運用を一以上の投資顧問会社に委任してい
       ます。
       ファンドの最新の目論見書の付属文書に規定されているとおり、管理会社の事前承認を条件に、投資顧問会社は特定のサ
       ブファンドの管理の全部または一部を行わせるために一以上の副投資顧問会社(ピクテ・グループであるかは問わない)を
       任命することができます。
       管理会社はピクテ・グループ内外の一以上の投資助言会社からファンドのための投資機会について助言を受けることがで
       きます。
       管理会社は、投資顧問会社、投資助言会社および販売会社に報酬を支払う目的で各サブファンドから管理報酬を受け取り
       ます。当該報酬は各サブファンド毎、各クラス毎に課せられ、その純資産総額に対して比例料率で算出されます。
       2018  年3月31日に終了する期間に適用される報酬率の上限は以下のとおりです。
                                   クラス    クラスJ     クラスP     クラスR     クラスZ     クラスE
                                  I/IS     ( 上限)    ( 上限)    ( 上限)    ( 上限)    ( 上限)
                                   ( 上限)
       ピクテ‐ショートターム・マネー・マーケットJPY                            0.15%    0.10%     0.30%     0.60%     0.00%      -
      注4-サービス報酬

       各サブファンドの平均純資産価額に基づき計算される年間のサービス報酬は、管理会社との契約に基づき、ファンドに提
       供されるサービスの対価として、支払われます。この報酬は、管理会社によりその名義書換事務代行、管理事務代行、支
       払事務代行の業務を行うファンドパートナー・ソリューションズ(ヨーロッパ)エス・エイへの対価として支払われます。
       2018年3月31日に終了する期間に適用される報酬率の上限は以下のとおりです。
                                     ヘッジなし証券(上限)              ヘッジ証券(上限)
        ピクテ‐ショートターム・マネー・マーケットJPY                                 0.10%              -
      注5-その他の未払報酬

       2018  年3月31日現在、その他の未払報酬には、主に保管報酬、サービス報酬およびその他の税金が含まれています。
      注6-申込手数料、買戻手数料ならびに転換手数料

       各サブファンド(またはサブクラス)の発行価格は、フォワード・プライシング・ベースに基づき計算された当該サブファ
       ンド(またはサブクラス)の純資産価額となります。当該申込価格は仲介手数料(当該サブファンドの1口当たり純資産価額
       の5%を上限とし、仲介業者および販売業者に支払われます)が加算されます。申込時または解約時かはサブクラスにより
       異なります。申込価格は各種税金が加算されます。
                                 16/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
       各サブファンド(またはサブクラス)の買戻価格は、フォワード・プライシング・ベースに基づき計算された当該サブファ
       ンド(またサブクラス)の純資産価額となります。仲介業者および販売業者への手数料(1口当たり純資産価額の3%上限)
       は買戻金額から控除されます。申込時または解約時かはサブクラスにより異なります。買戻価格は各種税金が減じられま
       す。
       著しく大量の取引額、市場の混乱その他ファンドの取締役会が発行・スイッチング時の既存受益者または買戻・スイッチ
       ング時の残存受益者の利益が損なわれるおそれがあると判断した場合など特殊な状況下において、ファンドの取締役会は
       純資産価額の最大2%の「解約留保金」を徴する権限を有しています。
       取締役会は直近の目論見書の「純資産額の計算」に記載のとおり純資産額の修正を行う権限を有しています。
      注7-先物取引

       2018  年3月31日現在、以下の先物取引が未決済でした。
       ピクテ‐ショートターム・マネー・マーケットJPY
                           満期日       通貨      約定金額(円)
        Sale   of  20.00   Japan   3M  Euro   JPY    2018/06/18        JPY     -500,000,000.00
      注8-為替予約取引

       下記の同一の通貨ペアにかかる為替予約取引は合算されています。満期日までの年限が最長の取引のみが表示されていま
       す。
       2018  年3月31日現在、以下の為替予約取引が未決済でした。
       ピクテ‐ショートターム・マネー・マーケットJPY
        通貨       購入       通貨      売却       満期日
         EUR       500,272.00       JPY    64,766,349.00        2018/04/03
         JPY     687,882,079.00         CAD     8,053,564.45       2018/06/04
         JPY     690,285,922.00         CHF     6,033,750.00       2018/09/12
         JPY    4,066,257,821.00          EUR    31,100,000.00        2018/09/28
         JPY      98,259,285.00        NOK     7,175,000.00       2018/06/14
         JPY     657,836,658.00         SEK    50,750,000.00        2018/10/11
         JPY     665,705,286.00         USD     6,100,000.00       2018/06/22
       2018  年3月31日現在のこれらの契約に係る未実現純利益は、54,722,392.00円であり、純資産計算書に含まれています。
                                 17/44










                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
     4【委託会社等の概況】
      ( 1)【資本金の額】
       2018  年10月末日現在       14億円
       委託会社が発行する株式の総数  20,000株(普通株式:10,000株 A種優先株式:10,000株)
       発行済株式総数                         1,563株(普通株式:800株 A種優先株式:763株)
      ( 2)【事業の内容及び営業の状況】

       投資信託及び投資法人に関する法律に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の設定を行うとともに金
       融商品取引法に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行っています。また金融商品取引法に定める投資
       助言・代理業、第二種金融商品取引業の一部および付随業務の一部を行っています。
       2018  年10月末日現在、委託会社が運用する投資信託財産の合計純資産総額は次のとおりです(ただし、マザーファンドを除
       きます)。
            種類        本数      純資産総額(円)
         追加型株式投資信託            104       1,393,885,430,880
         単位型株式投資信託            18        81,940,177,094
            合計         122       1,475,825,607,974
      ( 3)【その他】

       本書提出前6ヵ月以内において、委託会社およびファンドに重要な影響を及ぼした事実および及ぼすと予想される事実は
       ありません。
                                 18/44












                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
      5【委託会社等の経理状況】
       1.財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について

         当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号、以下「財務諸
         表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令
         第52号)に基づいて作成しております。
         当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)並び
         に同規則第38条及び第57条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基
         づいて作成しております。
         当社の財務諸表及び中間財務諸表に掲記される科目、その他の事項の金額については、千円未満の端数を切り捨てて
         記載しております。
       2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第33期事業年度(平成29年1月1日から平成29年12月31
         日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人の監査を受けております。
         また、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第34期事業年度の中間会計期間(平成30年1月1日から平
         成30年6月30日まで)の中間財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人の中間監査を受けております。
      財務諸表

       ( 1)【貸借対照表】

                                                       ( 単位:千円)
                                   第32期                 第33期
                               ( 平成28年12月31日現在)                ( 平成29年12月31日現在)
      資産の部
       流動資産
         現金・預金                                924,365                1,525,089
         前払費用                                 59,747                 60,122
         未収委託者報酬                               1,153,310                 1,532,316
         未収還付法人税等                                345,831                    -
         未収入金                                 55,343                    -
         未収収益                                139,176                 696,208
         繰延税金資産                                162,143                 339,084
                                          2,431                 8,072
         その他
         流動資産計                               2,842,350                 4,160,893
       固定資産
         有形固定資産
          建物付属設備                ※1                231,871                 210,479
                                         143,817                 133,271
          器具備品                ※1
          有形固定資産合計                               375,688                 343,751
         無形固定資産
          ソフトウェア                                27,488                 61,790
                                           831                 831
          その他
          無形固定資産合計                                28,320                 62,622
         投資その他の資産
          投資有価証券                                8,765                 4,119
                                 19/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
          長期差入保証金                               284,854                 284,554
          繰延税金資産                               521,213                 512,781
          投資その他の資産合計                               814,832                 801,454
         固定資産計                               1,218,842                 1,207,828
       資産合計                                4,061,192                 5,368,721
                                                       ( 単位:千円)

                                   第32期                 第33期
                               ( 平成28年12月31日現在)                ( 平成29年12月31日現在)
      負債の部
       流動負債
        預り金                                 57,245                 29,125
        未払金
         未払手数料                                689,715                 861,397
         その他未払金                                344,363                 297,619
        未払法人税等                                    -              387,407
        賞与引当金                                 459,502                 937,113
                                            -              50,083
        その他
       流動負債合計                                1,550,826                 2,562,746
       固定負債
        退職給付引当金                                 392,032                 302,281
                                         81,151                 81,345
        資産除去債務
        固定負債合計                                 473,184                 383,627
       負債合計                                2,024,011                 2,946,374
      純資産の部

       株主資本
         資本金                                200,000                 200,000
         利益剰余金
          利益準備金                               50,000                 50,000
          その他利益剰余金                             1,786,067                 2,171,640
                                        1,786,067                 2,171,640
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                               1,836,067                 2,221,640
         株主資本合計                               2,036,067                 2,421,640
       評価・換算差額等
                                          1,114                  707
         その他有価証券評価差額金
         評価・換算差額等合計                                 1,114                  707
       純資産合計                                2,037,181                 2,422,347
       負債・純資産合計                                4,061,192                 5,368,721
       ( 2)【損益計算書】

                                                       ( 単位:千円)
                                   第32期                 第33期
                              ( 自 平成28年1月1日                ( 自 平成29年1月1日
                               至 平成28年12月31日)                 至 平成29年12月31日)
                                 20/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
      営業収益
       委託者報酬                                15,368,625                 14,705,428
                                         507,886                1,217,445
       その他営業収益
      営業収益計                                 15,876,511                 15,922,874
      営業費用
       支払手数料                                9,881,105                 9,345,108
       広告宣伝費                                 283,435                 313,373
       調査費
         調査費                                131,020                 145,561
         委託調査費                                688,993                 906,242
       委託計算費                                 370,168                 368,263
       営業雑経費
         通信費                                 35,828                 48,335
         印刷費                                305,457                 275,003
         諸会費                                 13,241                 11,174
         図書費                                 3,063                 2,693
         諸経費                                 3,973                 3,383
      営業費用計
                                       11,716,287                 11,419,141
      一般管理費
       給料
         役員報酬                                 96,100                128,559
         給料・手当                               1,713,891                 1,736,346
         賞与                ※1                313,895                 253,627
         賞与引当金繰入                                459,502                 882,289
       旅費交通費                                 132,406                 132,367
       租税公課                                  28,797                 58,084
       不動産賃借料                                 298,001                 326,527
       退職給付費用                 ※2                204,549                 94,619
       固定資産減価償却費                                  69,221                 75,270
       消耗器具備品費                                  18,116                 20,504
       人材採用費                                  62,443                 22,258
       修繕維持費                                  38,352                 34,385
                                         176,363                 165,017
       諸経費
      一般管理費計                                 3,611,641                 3,929,857
      営業利益                                  548,583                 573,875
      営業外収益
       受取利息                                    49                 49
       投資有価証券売却益                                  2,783                 1,521
       法人税等還付加算金                                    -               4,048
                                          2,396                 2,240
       その他
      営業外収益計                                    5,228                 7,860
      営業外費用
                                         33,337                 1,062
       その他                  ※3
      営業外費用計                                   33,337                 1,062
      経常利益                                  520,474                 580,672
                                 21/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
      税引前当期純利益                                  520,474                 580,672
      法人税、住民税及び事業税                                   24,985                363,369
      法人税等還付税額                                  △39,673                    -
                                         83,249               △168,270
      法人税等調整額
      法人税等合計額                                   68,561                195,099
      当期純利益                                  451,913                 385,573
       ( 3)【株主資本等変動計算書】

        第32期(    自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日                      )
                                                          ( 千円)
                             株主資本                 評価・換算差額等
                            利益剰余金
                                              その他
                                                         純資産
                           その他利益
                                                  評価・換算
                                        株主資本
                                             有価証券
                                   利益
                                                          合計
                   資本金          剰余金                       差額等
                        利益
                                         合計
                                              評価
                                  剰余金
                                                    合計
                       準備金
                            繰越利益
                                              差額金
                                   合計
                            剰余金
      当期首残高             200,000     50,000     1,834,153      1,884,153      2,084,153       2,912      2,912    2,087,066
      当期変動額
       剰余金の配当               -    -  △500,000      △500,000      △500,000         -      -  △500,000
       当期純利益               -    -   451,913      451,913      451,913        -      -   451,913
       株主資本以外の項目の
                      -    -      -      -      -  △1,798      △1,798      △1,798
       当期変動額(純額)
      当期変動額合計                -    -   △48,086      △48,086      △48,086      △1,798      △1,798     △49,884
      当期末残高             200,000     50,000     1,786,067      1,836,067      2,036,067       1,114      1,114    2,037,181
        第33期(    自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日                      )

                                                          ( 千円)
                             株主資本                 評価・換算差額等
                            利益剰余金
                                              その他
                                                         純資産
                           その他利益
                                                  評価・換算
                                        株主資本
                                             有価証券
                                   利益
                                                          合計
                   資本金          剰余金
                                                   差額等
                        利益
                                         合計
                                              評価
                                  剰余金
                                                    合計
                       準備金
                            繰越利益
                                              差額金
                                   合計
                            剰余金
      当期首残高             200,000     50,000     1,786,067      1,836,067      2,036,067       1,114      1,114    2,037,181
      当期変動額
       当期純利益               -    -   385,573      385,573      385,573        -      -   385,573
       株主資本以外の項目の
                      -    -      -      -      -   △407      △407      △407
       当期変動額(純額)
      当期変動額合計                -    -   385,573      385,573      385,573      △407      △407     385,165
      当期末残高             200,000     50,000     2,171,640      2,221,640      2,421,640        707      707   2,422,347
       重要な会計方針

            区分
                                 22/44



                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
       1.有価証券の評価基準及び               ( 1)その他有価証券
        評価方法              時価のあるもの
                     決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却
                     原価は移動平均法により算定)を採用しております。
       2.固定資産の減価償却の方               ( 1)有形固定資産(リース資産を除く)
        法              定額法により償却しております。
                     ( 2)無形固定資産(リース資産を除く)
                     定額法により償却しております。
                     なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく
                     定額法により償却しております。
       3.外貨建の資産又は負債の               外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益と
        本邦通貨への換算基準              して処理しております。
       4.引当金の計上基準               ( 1)貸倒引当金
                     債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により算出し
                     た額を計上しております。貸倒懸念債権等はありません。
                     ( 2)賞与引当金
                     従業員に支給する賞与の支払いに充てるため、支出見込額の当期負担分を計上しており
                     ます。
                     ( 3)退職給付引当金
                     従業員及び役員の退職金に充てるため、当期末における退職給付債務及び年金資産の見
                     込額に基づき計上しております。退職給付見込額を当期までの期間に帰属させる方法に
                     ついては、給付算定式基準によっております。過去勤務費用及び数理計算上の差異は、
                     その発生年度に一括損益処理しています。
       5.その他財務諸表作成のた               ( 1)消費税等の会計処理
        めの基本となる重要な事項              消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       注記事項

       ( 貸借対照表関係)
                  第32期                            第33期
               平成28年12月31日現在                           ( 平成29年12月31日現在)
       ※1 有形固定資産の減価償却累計額                            ※1 有形固定資産の減価償却累計額
         建物付属設備                253,020    千円        建物付属設備                275,494    千円
         器具備品                272,249    千円        器具備品                306,543    千円
       ( 損益計算書関係)

                  第32期                            第33期
               自 平成28年1月1日                            自 平成29年1月1日
               至 平成28年12月31日                            至 平成29年12月31日
       ※1 従業員及び役員の賞与であります。                            ※1 従業員及び役員の賞与であります。
       ※2 従業員及び役員の退職給付費用であります。                            ※2 従業員及び役員の退職給付費用であります。
       ※3 主な内訳は次のとおりであります。                            ※3 主な内訳は次のとおりであります
         過失により生じた損害の賠償                  32,818   千円                        ―
       ( 株主資本等変動計算書関係)

        第32期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)
        1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                      第32期首            第32期          第32期          第32期末
                       株式数          増加株式数          減少株式数            株式数
                       ( 株)           ( 株)          ( 株)          ( 株)
                                 23/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
      発行済株式
      普通株式                      800            -          -          800
      合計                      800            -          -          800
        2.配当に関する事項

        ( 1)配当金支払額
                       配当の総額             1株当たり
          決議       株式の種類             配当の原資                基準日         効力発生日
                        ( 千円)           配当額(円)
       平成28年12月7日

                 普通株式       500,000      利益剰余金       625,000      平成27年12月31日          平成28年12月8日
        臨時株主総会
        ( 2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

         該当事項はありません。
        第33期(    自 平成29年1月1日 至 平成29                 年12月31日)

        1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                      第33期首            第33期          第33期          第33期末
                       株式数          増加株式数          減少株式数            株式数
                       ( 株)           ( 株)          ( 株)          ( 株)
      発行済株式
      普通株式                      800            -          -          800
      合計                      800            -          -          800
        2.配当に関する事項

        ( 1)配当金支払額
         該当事項はありません。
        ( 2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

         該当事項はありません。
       ( リース取引関係)

        第32期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)
        1.ファイナンス・リース取引(借主側)
         該当事項はありません。
        2.オペレーティング・リース取引

         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                    ( 千円)
          1年内                         272,255
          1年超                         668,112
          合計                         940,367
        第33期(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)

        1.ファイナンス・リース取引(借主側)
         該当事項はありません。
        2.オペレーティング・リース取引

                                 24/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                    ( 千円)
          1年内                          285,676
          1年超                          569,660
          合計                          855,336
       ( 金融商品に関する注記)

        第32期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)
        1.金融商品の状況に関する事項
        ( 1)金融商品に対する取組方針
          余剰資金については銀行預金(普通預金、定期預金又は信託預金)で運用しております。
        ( 2)金融商品の内容及び当該金融商品に係るリスク

          銀行預金は、本邦銀行に預け入れているものと海外にある当社のグループ銀行に預け入れているものがあります。
         本邦銀行に預け入れているものは、その元本が預金保険制度の対象となっております。グループ銀行に預け入れてい
         る預金は、グループ銀行の破たんによる信用リスクに晒されております。
          営業債権である未収委託者報酬は、信託銀行により分別保管されている投資信託の信託財産から直接支弁されるの
         で信用リスクは発生せず、また投資信託の決算日までに信託財産が減少し委託者報酬が支払えなくなるというマー
         ケットリスクは非常に低いものと考えております。
          営業債務である未払手数料は、回収不能となるリスクの非常に低い委託者報酬の入金後、これを原資に支払いをお
         こなうので、支払不能となる流動性リスクは非常に低いものと考えております。また、その他未払金については、そ
         の債務を履行するに十分な即時引出し可能な決済性預金を保有していることから、流動性不足はないものと考えてお
         ります。
        ( 3)金融商品に係るリスク管理体制

          当社は本邦銀行における預金を預金保険制度の保険対象範囲に限定して信用リスクの軽減を図っており、その状況
         は代表取締役およびピクテグループファイナンスに報告されモニタリングされています。
        2.金融商品の時価等に関する事項

        ( 1)平成28年12月31日における金融商品の貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額は次のとおりであります。
                                                          ( 千円)
                       貸借対照表計上額                 時価              差額
      現金・預金                        924,365              924,365                 -
      未収委託者報酬                       1,153,310              1,153,310                  -
      未収還付法人税等                        345,831              345,831                 -
      未払手数料                        689,715              689,715                 -
      その他未払金                        344,363              344,363                 -
        ( 2)金融商品の時価の算定方法

          現金・預金、未収委託者報酬及び未払金といった当社の金融商品は短期決済されるものなので、時価は帳簿価額に
         ほぼ等しくなっております。したがって時価は当該帳簿価額によっております。
        ( 3)長期差入保証金(貸借対照表計上額284,854千円)は、本社オフィス等の不動産賃借契約に基づき差し入れた敷金等

         であり、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上記の表には含めておりません。
        ( 4)金銭債権の償還予定額は次のとおりであります。

                                                          ( 千円)
                                 25/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                1年超      2年超      3年超      4年超
                        1年以内                                5年超
                               2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
      現金・預金                    924,365         -      -      -      -      -
      未収委託者報酬                   1,153,310          -      -      -      -      -
      未収還付法人税等                    345,831         -      -      -      -      -
        第33期(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)

        1.金融商品の状況に関する事項
        ( 1)金融商品に対する取組方針
          余剰資金については銀行預金(普通預金、定期預金又は信託預金)で運用しております。
        ( 2)金融商品の内容及び当該金融商品に係るリスク

          銀行預金は、本邦銀行に預け入れているものと海外にある当社のグループ銀行に預け入れているものがあります。
         本邦銀行に預け入れているものは、その元本が預金保険制度の対象となっております。グループ銀行に預け入れてい
         る預金は、グループ銀行の破たんによる信用リスクに晒されております。
          営業債権である未収委託者報酬は、信託銀行により分別保管されている投資信託の信託財産から直接支弁されるの
         で信用リスクは発生せず、また投資信託の決算日までに信託財産が減少し委託者報酬が支払えなくなるというマー
         ケットリスクは非常に低いものと考えております。
          営業債務である未払手数料は、回収不能となるリスクの非常に低い委託者報酬の入金後、これを原資に支払いをお
         こなうので、支払不能となる流動性リスクは非常に低いものと考えております。また、その他未払金については、そ
         の債務を履行するに十分な即時引出し可能な決済性預金を保有していることから、流動性不足はないものと考えてお
         ります。
        ( 3)金融商品に係るリスク管理体制

          当社は本邦銀行における預金を預金保険制度の保険対象範囲に限定して信用リスクの軽減を図っており、その状況
         は代表取締役およびピクテグループファイナンスに報告されモニタリングされています。
        2.金融商品の時価等に関する事項

        ( 1)平成29年12月31日における金融商品の貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額は次のとおりであります。
                                                          ( 千円)
                       貸借対照表計上額                 時価              差額
      現金・預金                       1,525,089              1,525,089                  -
      未収委託者報酬                       1,532,316              1,532,316                  -
      未払手数料                        861,397              861,397                 -
      その他未払金                        297,619              297,619                 -
        ( 2)金融商品の時価の算定方法

          現金・預金、未収委託者報酬及び未払金といった当社の金融商品は短期決済されるものなので、時価は帳簿価額に
         ほぼ等しくなっております。したがって時価は当該帳簿価額によっております。
        ( 3)長期差入保証金(貸借対照表計上額284,554千円)は、本社オフィス等の不動産賃借契約に基づき差し入れた敷金等

         であり、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上記の表には含めておりません。
        ( 4)金銭債権の償還予定額は次のとおりであります。

                                                          ( 千円)
                                 26/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
                               1年超      2年超      3年超      4年超
                        1年以内                                 5年超
                               2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
      現金・預金                   1,525,089           -      -      -      -      -
      未収委託者報酬                   1,532,316           -      -      -      -      -
       ( 有価証券関係)

        第32期(平成28年12月31日現在)
        1.その他有価証券で時価のあるもの
                                                          ( 千円)
            区分            種類          取得原価         貸借対照表計上額             差額
      貸借対照表計上額が取得原             投資信託受益証券                   5,900           7,679          1,779
      価を超えるもの
                        小計               5,900           7,679          1,779
      貸借対照表計上額が取得原             投資信託受益証券                   1,200           1,085          △115
      価を超えないもの
                        小計               1,200           1,085          △115
                 合計                     7,100           8,765          1,665
        2.当期中に売却されたその他有価証券(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)

                                                          ( 千円)
            区分              売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
      投資信託受益証券                         9,039              2,783              376
            合計                    9,039              2,783              376
        第33期(平成29年12月31日現在)

        1.その他有価証券で時価のあるもの
                                                          ( 千円)
            区分            種類          取得原価         貸借対照表計上額             差額
      貸借対照表計上額が取得原             投資信託受益証券                   1,800           2,868          1,068
      価を超えるもの
                        小計               1,800           2,868          1,068
      貸借対照表計上額が取得原             投資信託受益証券                   1,300           1,250           △49
      価を超えないもの
                        小計               1,300           1,250           △49
                 合計                     3,100           4,119          1,019
        2.当期中に売却されたその他有価証券(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)

                                                          ( 千円)
            区分              売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
      投資信託受益証券                         6,288              1,521               -
            合計                    6,288              1,521               -
       ( デリバティブ取引関係)

        第32期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)
         当社は、デリバティブ取引を行っていないため、該当事項はありません。
        第33期(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)

                                 27/44

                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
         当社は、デリバティブ取引を行っていないため、該当事項はありません。
       ( 退職給付関係)

        第32期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)
        1.採用している退職給付制度の概要
         当社は、従業員及び役員の退職給付に充てるため、積立型の確定給付制度及び確定拠出制度を採用しております。
         確定給付企業年金制度では、給与と勤務期間に基づいた一時金を支給しております。
        2.退職給付制度

        ( 1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                         ( 千円)
           退職給付債務の期首残高                             1,542,652
            勤務費用                             48,616
            利息費用                              9,209
            数理計算上の差異の発生額                             64,961
            退職給付の支払額                            △44,427
           退職給付債務の期末残高                             1,621,013
        ( 2)年金資産の期首残高と期末残高との調整表

                                         ( 千円)
           年金資産の期首残高                             1,157,782
            期待運用収益                             11,577
            数理計算上の差異の発生額                              9,851
            事業主からの拠出額                             49,769
           年金資産の期末残高                             1,228,980
        ( 3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                         ( 千円)
           積立型制度の退職給付債務                             1,621,013
           年金資産                             1,228,980
           貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              392,032
        ( 4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                         ( 千円)
            勤務費用                             48,616
            利息費用                              9,209
            期待運用収益                            △11,577
            数理計算上の差異の費用処理額                             55,109
           退職給付制度に係る退職給付費用                              101,358
        ( 5)年金資産に関する事項

         ① 年金資産の主な内訳
           年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、以下のとおりであります。
           証券投資信託受益証券                              33.5  %
           投資証券                              51.8  %
           株式                               2.0  %
           その他                              12.7  %
           合計                              100.0   %
           ( 注)年金資産は全て企業年金制度に対して設定した退職給付信託であります。
         ② 長期期待運用収益率の設定方法

           年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多様
           な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
                                 28/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
        ( 6)数理計算上の計算基礎に関する事項
         当期末における主要な数理計算上の計算基礎
         割引率  0.30%
         長期期待運用収益率  1.00%
        3.確定拠出制度

         当社の確定拠出制度への要拠出額は103,192千円であります。
        第33期(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)

        1.採用している退職給付制度の概要
         当社は、従業員及び役員の退職給付に充てるため、積立型の確定給付制度及び確定拠出制度を採用しております。
         確定給付企業年金制度では、給与と勤務期間に基づいた一時金を支給しております。
        2.退職給付制度

        ( 1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                         ( 千円)
           退職給付債務の期首残高                             1,621,013
            勤務費用                             62,729
            利息費用                              4,850
            数理計算上の差異の発生額                             △4,375
            退職給付の支払額                            △76,576
           退職給付債務の期末残高                             1,607,639
        ( 2)年金資産の期首残高と期末残高との調整表

                                         ( 千円)
           年金資産の期首残高                             1,228,980
            期待運用収益                             12,289
            数理計算上の差異の発生額                             55,244
            事業主からの拠出額                              8,843
           年金資産の期末残高                             1,305,358
        ( 3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                         ( 千円)
           積立型制度の退職給付債務                             1,607,639
           年金資産                             1,305,358
           貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              302,281
        ( 4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                         ( 千円)
            勤務費用                             62,729
            利息費用                              4,850
            期待運用収益                            △12,289
            数理計算上の差異の費用処理額                            △59,620
           退職給付制度に係る退職給付費用                              △4,330
        ( 5)年金資産に関する事項

         ① 年金資産の主な内訳
           年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、以下のとおりであります。
           証券投資信託受益証券                              32.3  %
           投資証券                              34.5  %
           株式                               2.0  %
           その他                              31.0  %
           合計                              100.0   %
           ( 注)年金資産は全て企業年金制度に対して設定した退職給付信託であります。
                                 29/44

                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
         ② 長期期待運用収益率の設定方法

           年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多様
           な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
        ( 6)数理計算上の計算基礎に関する事項

         当期末における主要な数理計算上の計算基礎
         割引率  0.30%
         長期期待運用収益率  1.00%
        3.確定拠出制度

         当社の確定拠出制度への要拠出額は98,950千円であります。
       ( 税効果会計関係)

        1.繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
                                                          ( 千円)
                                    第32期                第33期
                区分
                                ( 平成28年12月31日現在)                ( 平成29年12月31日現在)
      繰延税金資産
       退職給付引当金損金算入限度超過額                                  497,362                469,362
       未払事業税否認                                     -              23,712
       賞与引当金損金算入限度超過額                                  169,106                299,785
       資産除去債務                                   17,965                18,951
       その他                                   20,943                40,367
      繰延税金資産小計
                                          705,376                852,178
      評価性引当額                                      -                -
      繰延税金資産合計
                                          705,376                852,178
      繰延税金負債
       未収還付事業税                                   21,468                   -
       その他有価証券評価差額                                    550                312
      繰延税金負債小計
                                          22,019                  312
      繰延税金資産合計(純額)
                                          683,357                851,865
        2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                  第32期                            第33期
              ( 平成28年12月31日現在)                           ( 平成29年12月31日現在)
      法定実効税率                        33.0  %  法定実効税率                         30.8  %
      ( 調整)                           ( 調整)
      交際費等永久に損金算入されない項目                        3.5  %  交際費等永久に損金算入されない項目                         2.4  %
      評価性引当金                       △ 23.3  %  評価性引当金                           -
      法人税率の変更等による影響                        8.5  %  法人税率の変更等による影響                           -
      過年度法人税等                       △7  .6 %  過年度法人税等                           -
      その他                       △ 1.0  %  その他                         0.2  %
      税効果会計適用後の法人税等の負担率                            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                              13.1  %                          33.6  %
                                 30/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
        3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産の金額の修正

         第32期(平成28年12月31日現在)
         「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15条)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」(平成28
         年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する事業年度から法人税率等の引
         下げ等が行われることとなりました。これに伴い当事業年度の繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用した法定
         実効税率は、平成29年1月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異について前事業年度の32.26%から
         30.86%に、平成31年1月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異について30.62%に変更されておりま
         す。
         その結果、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)が44,564千円減少し、当事業年度に計上された
         法人税等調整額が同額増           加しております。
         第33期(平成29年12月31日現在)

           該当事項はありません。
       ( 資産除去債務関係)

        第32期(平成28年12月31日現在)
        資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
        1.当該資産除去債務の概要
        ( 1)東京本社事務所用ビルの不動産賃借契約に伴う原状回復費用であります。
        ( 2)大阪連絡事務所用ビルの不動産賃借契約に伴う原状回復費用であります。
        2.当該資産除去債務の金額と算定方法

        ( 1)東京本社事務所用ビル
         使用見込期間を取得から10年と見積り、割引率は1.13%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。増床部
         分は使用見込期間を取得から10年と見積り、割引率は0.53%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
        ( 2)大阪連絡事務所用ビル
         使用見込期間を取得から10年と見積り、割引率は0.96%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
        3.当期における当該資産除去債務の総額の増減

                                            ( 千円)
                         期首残高                   80,912
              有形固定資産の取得に伴う増加額                                 -
                   時の経過による調整額                           239
              資産除去債務の履行による減少額                                 -
                         期末残高                   81,151
        第33期(平成29年12月31日現在)

        資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
        1.当該資産除去債務の概要
        ( 1)東京本社事務所用ビルの不動産賃借契約に伴う原状回復費用であります。
        ( 2)大阪連絡事務所用ビルの不動産賃借契約に伴う原状回復費用であります。
        2.当該資産除去債務の金額と算定方法

        ( 1)東京本社事務所用ビル
         使用見込期間を取得から10年と見積り、割引率は1.13%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。増床部
         分は使用見込期間を取得から10年と見積り、割引率は0.53%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
        ( 2)大阪連絡事務所用ビル
         使用見込期間を取得から10年と見積り、割引率は0.96%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
                                 31/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
        3.当期における当該資産除去債務の総額の増減

                                            ( 千円)
                         期首残高                   81,151
              有形固定資産の取得に伴う増加額                                 -
                   時の経過による調整額                           193
              資産除去債務の履行による減少額                                 -
                         期末残高                   81,345
       ( セグメント情報等)

        第32期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)
        1.セグメント情報
         当社は、投資運用業及び投資助言代理業の単一セグメントを報告セグメントとしております。
         従いまして、開示対象となるセグメントはありませんので、記載を省略しております。
        2.関連情報

        ( 1)製品及びサービスごとの情報
                                                          ( 千円)
                     投資信託委託業            投資顧問業            その他           合計

      外部顧客への営業収益                  15,368,625            310,642           197,244         15,876,511

        ( 2)地域ごとの情報

         ① 営業収益
           本邦外部顧客への営業収益が営業収益総額の90%を超えるため、記載を省略しております。
         ② 有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略して
           おります。
        ( 3)主要な顧客ごとの情報

         営業収益の10%以上を占める単一顧客が存在しないため、記載を省略しております。
        第33期(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)

        1.セグメント情報
         当社は、投資運用業及び投資助言代理業の単一セグメントを報告セグメントとしております。
         従いまして、開示対象となるセグメントはありませんので、記載を省略しております。
        2.関連情報

        ( 1)製品及びサービスごとの情報
                                                       ( 千円)
                     投資信託委託業            投資顧問業            その他           合計

      外部顧客への営業収益                  14,705,428            401,758           815,687         15,922,874

        ( 2)地域ごとの情報

         ① 営業収益
           本邦外部顧客への営業収益が営業収益総額の90%を超えるため、記載を省略しております。
                                 32/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
         ② 有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略して
           おります。
        ( 3)主要な顧客ごとの情報

         営業収益の10%以上を占める単一顧客が存在しないため、記載を省略しております。
       ( 関連当事者との取引関係)

        第32期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)
        1.関連当事者との取引
        ( 1)財務諸表提出会社の親会社
                            事業の
                     資本金又は          議決権等の      関連当事者            取引金額       期末残高
       種類   会社等の名称       所在地            内容                 取引の内容          科目
                      出資金         被所有割合       との関係            (千円)       (千円)
                           又は職業
           ピクテ

           アンド                          グループ会社管理        コーディネー
                スイス、            グループ
      親会社     シー         CHF148,500,000           間接100%     に関するサービス        ション手数料       69,058   未払金      -
               ジュネーブ            管理会社
          グループ                             の提供      の支払(注1)
          エスシーエー
        ( 2)財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社

                             事業の    議決権等
                       資本金又は               関連当事者            取引金額       期末残高
       種類    会社等の名称       所在地           内容   の被所有            取引の内容          科目
                        出資金               との関係            (千円)       (千円)
                             又は職業     割合
                                            運用手数料
                                                   411,227   未払金    39,450
                                            の支払(注2)
            ピクテ                         投資運用の委託
       同一の                                      運用手数料           未収
            アセット      スイス、           資産運用        契約               5,252       1,657
      親会社を                CHF21,000,000            -          の受取(注2)           収益
          マネージメント       ジュネーブ            会社       投資運用に関する
      持つ会社
            エスエー                         サービスの提供
                                            翻訳事務
                                                       未収
                                            手数料の受取        9,636       2,850
                                                       収益
                                            (注3)
                                            運用手数料
                                                   234,350   未払金    42,288
            ピクテ                         投資運用の委託
                                            の支払(注2)
       同一の
            アセット      英国、           資産運用        契約
      親会社を                GBP45,000,000            -
                                            翻訳事務
          マネージメント       ロンドン            会社       投資運用に関する
                                                       未収
      持つ会社
                                            手数料の受取        1,448         -
           リミテッド                         サービスの提供
                                                       収益
                                            (注3)
                                            運用手数料
                                                    43,415   未払金    18,532
                                            の支払(注2)
            ピクテ                         投資運用の委託
       同一の     アセット                         契約        運用手数料           未収
                  ルクセン           資産運用                       4,003       2,041
      親会社を    マネージメント            CHF8,750,000           -   投資運用に関する        の受取(注2)           収益
                  ブルグ           会社
      持つ会社     (ヨーロッパ)                         サービスの提供
                                            翻訳事務
            エスエー                         役員の兼任
                                                       未収
                                            手数料の受取       54,217         -
                                                       収益
                                            (注3)
            ピクテ
       同一の     アセット                                 トレーディ
                             資産運用        投資運用に関する
      親会社を    マネージメント        香港    HKD30,000,000            -          ング手数料       23,566   未払金    15,793
                              会社       サービスの提供
      持つ会社     (ホンコン)                                 の支払(注4)
           リミテッド
         取引条件及び取引条件の決定方針等

                                 33/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
         ( 注1)コーディネーション手数料については、関連会社間の契約に基づき、決定しております。
         ( 注2)運用手数料についてはファンド毎の契約運用資産に一定比率を乗じて決定しております。
         ( 注3)翻訳事務手数料については、関連会社間の契約に基づき、決定しております。
         ( 注4)トレーディング手数料については、関連会社間の契約に基づき、決定しております。
        2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        ( 1)親会社情報
         ピクテ アンド シー グループ エスシーエー(非上場)
         ピクテ アセット マネージメント エスエー(非上場)
         ピクテ アジア プライベート リミテッド(非上場)
        ( 2)重要な関連会社の要約財務情報

         重要な関連会社はありません。
        第33期(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)

        1.関連当事者との取引
        ( 1)財務諸表提出会社の親会社
                           事業の
                     資本金又は          議決権等の                    取引金額       期末残高
       種類   会社等の名称       所在地            内容        関連当事者との関係         取引の内容          科目
                      出資金         被所有割合                    (千円)       (千円)
                           又は職業
           ピクテ

           アンド                          グループ会社管理        コーディネー
                スイス,           グループ
      親会社     シー         CHF148,500,000           間接100%     に関するサービス        ション手数料       52,799   未払金      -
               ジュネーブ            管理会社
          グループ                             の提供      の支払(注1)
         エスシーエー
        ( 2)財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社

                             事業の    議決権等
                       資本金又は               関連当事者             取引金額       期末残高
       種類    会社等の名称       所在地           内容   の被所有             取引の内容          科目
                        出資金               との関係             (千円)       (千円)
                            又は職業     割合
                                            運用手数料
                                                   644,985   未払金    69,905
                                            の支払(注2)
            ピクテ                        投資運用の委託
       同一の                                     運用手数料           未収
            アセット      スイス、           資産運用        契約               483,873       416,082
      親会社を                CHF21,000,000            -          の受取(注2)           収益
          マネージメント       ジュネーブ            会社       投資運用に関する
      持つ会社
            エスエー                         サービスの提供
                                            翻訳事務
                                                       未収
                                            手数料の受取        12,234         -
                                                       収益
                                            (注3)
                                            運用手数料
                                                   214,132   未払金    49,143
            ピクテ                        投資運用の委託
                                            の支払(注2)
       同一の
            アセット      英国、          資産運用        契約
      親会社を                GBP45,000,000            -
                                            翻訳事務
          マネージメント       ロンドン            会社       投資運用に関する
                                                       未収
      持つ会社
                                            手数料の受取        1,448         -
           リミテッド                         サービスの提供
                                                       収益
                                            (注3)
                                            運用手数料
                                                    47,124   未払金    20,625
                                            の支払(注2)
            ピクテ                        投資運用の委託
       同一の     アセット                         契約        運用手数料           未収
                 ルクセン           資産運用                       126,975        20,087
      親会社を    マネ-ジメント            CHF8,750,000           -   投資運用に関する        の受取(注2)           収益
                  ブルグ           会社
      持つ会社     (ヨーロッパ)                         サービスの提供
                                            翻訳事務
            エスエー                         役員の兼任
                                                       未収
                                            手数料の受取        54,217         -
                                                       収益
                                            (注3)
                                 34/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
            ピクテ
       同一の     アセット                                トレーディング
                            資産運用        投資運用に関する
      親会社を    マネージメント        香港    HKD30,000,000            -          手数料の支払        68,941   未払金      -
                             会社       サービスの提供
      持つ会社     (ホンコン)                                (注4)
           リミテッド
         取引条件及び取引条件の決定方針等

         ( 注1)コーディネーション手数料については、関連会社間の契約に基づき、決定しております。
         ( 注2)運用手数料についてはファンド毎の契約運用資産に一定比率を乗じて決定しております。
         ( 注3)翻訳事務手数料については、関連会社間の契約に基づき、決定しております。
         ( 注4)トレーディング手数料については、関連会社間の契約に基づき、決定しております。
        2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        ( 1)親会社情報
         ピクテ アンド シー グループ エスシーエー(非上場)
         ピクテ アセット マネージメント エスエー(非上場)
         ピクテ アジア プライベート リミテッド(非上場)
        ( 2)重要な関連会社の要約財務情報

         重要な関連会社はありません。
       ( 1株当たり情報)

                  第32期                            第33期
               自 平成28年1月1日                            自 平成29年1月1日
               至 平成28年12月31日                            至 平成29年12月31日
      1株当たり純資産額                   2,546,477     円36銭    1株当たり純資産額                    3,027,934     円85銭
      1株当たり当期純利益                    564,891    円70銭    1株当たり当期純利益                     481,966    円86銭
      損益計算書上当期純利益                     451,913    千円   損益計算書上当期純利益                      385,573    千円
      1株当たり当期純利益の算定に用                            1株当たり当期純利益の算定に用
                            451,913    千円                         385,573    千円
      いられた当期純利益                            いられた当期純利益
      差額                          -  差額                           -
      期中平均株式数                            期中平均株式数
      普通株式                        800  株  普通株式                         800  株
      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額について                            なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額について
      は、新株予約権付社債等潜在株式がないため記載しており                            は、新株予約権付社債等潜在株式がないため記載しており
      ません。                            ません。
       ( 重要な後発事象)

        該当事項はありません。
       中間財務諸表

       ( 1)中間貸借対照表

                                                       ( 単位:千円)
                                               第34期中間会計期間末
                                                平成30年6月30日
      資産の部

          流動資産
                                 35/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
            現金・預金                                             1,472,352
            未収委託者報酬                                             1,571,632
            未収収益                                              436,323
            前払費用                                              294,551
            繰延税金資産                                              231,956
                                                           9,610
            その他
            流動資産合計                                             4,016,426
          固定資産
            有形固定資産                             ※1                 317,330
            無形固定資産                                              57,712
            投資その他の資産
               投資有価証券                                            4,060
               長期差入保証金                                           284,554
                                                          486,825
               繰延税金資産
               投資その他の資産合計                                           775,439
            固定資産合計                                             1,150,483
          資産合計                                              5,166,909
      負債の部

          流動負債
            預り金                                              35,092
            未払金                                             1,656,963
            未払法人税等                                              18,864
            賞与引当金                                              354,481
                                         ※2                 89,631
            その他
            流動負債合計                                             2,155,033
          固定負債
            退職給付引当金                                              282,541
                                                          81,442
            資産除去債務
            固定負債合計                                              363,984
          負債合計                                              2,519,017
      純資産の部
          株主資本
            資本金                                              200,000
            利益剰余金
               利益準備金                                           50,000
               その他利益剰余金
                                                         2,397,227
                  繰越利益剰余金
               利益剰余金合計                                          2,447,227
            株主資本合計                                             2,647,227
          評価・換算差額等
                                                            663
            その他有価証券評価差額金
            評価・換算差額等合計                                                663
          純資産合計                                              2,647,891
      負債純資産合計                                                   5,166,909
                                 36/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
       ( 2)中間損益計算書
                                                       ( 単位:千円)
                                                第34期中間会計期間
                                               自 平成30年1月1日
                                               至 平成30年6月30日
      営業収益
      委託者報酬                                                   7,446,859
                                                          653,531
      その他営業収益
      営業収益計                                                   8,100,390
      営業費用及び一般管理費                                   ※1                7,741,944
      営業利益                                                    358,446
      営業外収益
                                                           1,055
                                                            440
      営業外費用
      経常利益                                                    359,061
      税引前中間純利益                                                    359,061
      法人税、住民税及び事業税
                                                            374
      法人税等調整額                                                    133,099
      中間純利益                                                    225,587
       ( 3)中間株主資本等変動計算書

        第34期中間会計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年6月30日)
                                                       ( 単位:千円)
                            株主資本                  評価・換算差額等
                           利益剰余金
                                             その他
                                                         純資産
                          その他利益                        評価・換算
                                      株主資本      有価証券
                                  利益
                                                          合計
                 資本金          剰余金                        差額等
                      利益
                                       合計      評価
                                 剰余金
                                                   合計
                     準備金
                          繰越利益
                                             差額金
                                  合計
                           剰余金
      当期首残高           200,000     50,000     2,171,640      2,221,640      2,421,640         707      707   2,422,347
      当中間期
      変動額
       中間純利益             -     -   225,587      225,587      225,587                  225,587
       株主資本以外の
       項目の当中間期
                                               △  43     △  43    △  43
       変動額
       ( 純額)
      当中間期
                                               △  43     △  43
                    -     -   225,587      225,587      225,587                  225,544
      変動額合計
      当中間
                 200,000     50,000     2,397,227      2,447,227      2,647,227         663      663   2,647,891
      期末残高
       重要な会計方針

                                       第34期中間会計期間
              区分                        自 平成30年1月1日
                                      至 平成30年6月30日
                                 37/44



                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
       1.資産の評価基準及び評価方法                   有価証券
                         (1)その他有価証券
                         時価のあるもの
                         中間決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により
                         処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。
       2.固定資産の減価償却の方法                   ( 1)有形固定資産(リース資産を除く)
                         定額法により償却しております。
                         (2)無形固定資産(リース資産を除く)
                         定額法により償却しております。
                         なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)
                         に基づく定額法により償却しております。
       3.外貨建の資産又は負債の本邦通貨                   外貨建金銭債権債務は、中間決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算
        への換算基準                  差額は損益として処理しております。
       4.引当金の計上基準                   ( 1)貸倒引当金
                         債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率によ
                         り算出した額を計上しております。貸倒懸念債権等はありません。
                         (2)賞与引当金
                         従業員に支給する賞与の支払いに充てるため、支出見込額の当中間会計期間負
                         担分を計上しております。
                         (3)退職給付引当金
                         役員及び従業員の退職金に充てるため、当中間会計期間末における退職給付債
                         務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。退職給付見込額を当中間
                         会計期間末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によって
                         おります。過去勤務費用及び数理計算上の差異は、その発生年度に一括損益処
                         理しています。
       5.その他中間財務諸表作成のための                   ( 1)消費税等の会計処理
        基本となる重要な事項
                         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       注記事項

       ( 中間貸借対照表関係)
                                      第34期中間会計期間末
              区分
                                      (平成30年6月30日現在)
       ※1有形固定資産の減価償却累計額                                 607,369    千円

       ※2消費税等の取扱い                  仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺のうえ、金額的重要性が乏しいため、

                         流動負債の「その他」に含めて表示しております。
       ( 中間損益計算書関係)

                                       第34期中間会計期間
              区分                        自 平成30年1月1日
                                      至 平成30年6月30日
       ※1減価償却実施額                          有形固定資産        29,381千円

                                 無形固定資産                       6,671千円
       ( 中間株主資本等変動計算書関係)

       第34期中間会計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年6月30日)
       1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
               第34期事業年度期首            第34期中間会計期間            第34期中間会計期間            第34期中間会計期間末
                  株式数           増加株式数            減少株式数             株式数
                   (株)            (株)            (株)            (株)
                                 38/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
        発行済株式
        普通株式                800             -            -            800
         合計               800             -            -            800
       2.配当に関する事項

       ( 1)配当金支払額
         該当事項はありません。
       ( 2)基準日が当中間会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が中間会計期間末後となるもの

         該当事項はありません。
       ( リース取引関係)

       第34期中間会計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年6月30日)
       1.ファイナンス・リース取引
         該当事項はありません。
       2.オペレーティング・リース取引

         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
         1年内                         286,209    千円
         1年超                         426,313    千円
         合計                         712,522    千円
       ( 金融商品関係)

       第34期中間会計期間末(平成30年6月30日現在)
       金融商品の時価等に関する事項
       1.平成30年6月30日における金融商品の中間貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額は次のとおりであります。な
        お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                          ( 千円)
                      中間貸借対照表計上額                  時価              差額
      現金・預金                       1,472,352              1,472,352                  -
      未収委託者報酬                       1,571,632              1,571,632                  -
      資産計                       3,043,984              3,043,984                  -
      未払金                       1,656,963              1,656,963                  -
      負債計                       1,656,963              1,656,963                  -
       2.金融商品の時価の算定方法

        現金・預金、未収委託者報酬及び未払金
        これらは短期決済されるものなので、時価は帳簿価額にほぼ等しくなっております。したがって時価は当該帳簿価額に
        よっております。
       3.長期差入保証金(中間貸借対照表計上額284,554千円)は、本社オフィス等の不動産賃借契約に基づき差し入れた敷金等

        であり、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上記の表には含めておりません。
       ( 有価証券関係)

       第34期中間会計期間末(平成30年6月30日現在)
       その他有価証券で時価のあるもの
                                 39/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                                          ( 千円)
                       種類       中間貸借対照表計上額              取得原価           差額
      中間貸借対照表計上額が            投資信託受益証券                   2,836          1,800          1,036
      取得原価を超えるもの
                       小計                2,836          1,800          1,036
      中間貸借対照表計上額が                                                     △  76
                   投資信託受益証券                   1,223          1,300
      取得原価を超えないもの
                       小計                1,223          1,300          △  76
                合計                      4,060          3,100           960

       ( デリバティブ取引関係)

       第34期中間会計期間末(平成30年6月30日現在)
        該当事項はありません。
       ( 資産除去債務関係)

       第34期中間会計期間末(平成30年6月30日現在)
       資産除去債務のうち中間貸借対照表に計上しているもの
       当中間会計期間における当該資産除去債務の総額の増減
         当事業年度期首                                81,345   千円
         有形固定資産の取得に伴う増加額                                    -
         時の経過による調整額                                  97 千円
                                             -
         資産除去債務の履行による減少額
         当中間会計期間末残高                                81,442   千円
       ( セグメント情報等)

       1.セグメント情報
       第34期中間会計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年6月30日)
       当社は、投資運用業及び投資助言代理業の単一セグメントを報告セグメントとしております。
       従いまして、開示対象となるセグメントはありませんので、記載を省略しております。
       2.関連情報

       第34期中間会計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年6月30日)
       ( 1)製品及びサービスごとの情報
                        投資信託委託業           投資顧問業           その他          合計
      外部顧客への営業収益                   7,446,859     千円      328,514    千円      325,016    千円     8,100,390     千円

       ( 2)地域ごとの情報

        ① 営業収益
         本邦外部顧客への営業収益が営業収益総額の90%を超えるため、記載を省略しております。
        ② 有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略してお
         ります。
       ( 3)主要な顧客ごとの情報

       営業収益の10%以上を占める単一顧客が存在しないため、記載を省略しております。
       ( 1株当たり情報)

                                 40/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
                             第34期中間会計期間
                             自 平成30年1月1日
                             至 平成30年6月30日
         1株当たり純資産額                                        3,309,864     円88銭
         1株当たり中間純利益                                         281,984    円22銭
         中間損益計算書上の中間純利益                                          225,587    千円
         1株当たり中間純利益の算定
                                                   225,587    千円
         に用いられた普通株式にかかる中間純利益
         差額                                               -
         期中平均株式数
         普通株式                                             800  株
          なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、新株予約権付社債等潜在株式がないた
         め記載しておりません。
       ( 重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 41/44














                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
                   独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書

                                                  平成30年3月7日

           ピクテ投信投資顧問株式会社
            取 締 役 会            御 中
                               PwCあらた有限責任監査法人

                                指定有限責任社員
                                          公認会計士   鶴田 光夫 ㊞
                                業 務 執 行 社 員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理

      状況」に掲げられているピクテ投信投資顧問株式会社の平成29年1月1日から平成29年12月31日までの第33期事
      業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の
      注記について監査を行った。
      財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適
      正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示す
      るために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明す
      ることにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
      た。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るため
      に、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
       監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続
      は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及
      び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査
      法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な
      表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営
      者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
       当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
      監査意見

       当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、
      ピクテ投信投資顧問株式会社の平成29年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績
      をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上

      (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 42/44



                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
                 独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書

                                                  平成30年9月5日

            ピクテ投信投資顧問株式会社
               取 締 役 会          御 中
                               PwCあらた有限責任監査法人

                               指定有限責任社員
                                           公認会計士   大畑 茂 ㊞
                               業 務 執 行 社 員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理

      状況」に掲げられているピクテ投信投資顧問株式会社の平成30年1月1日から平成30年12月31日までの第34期事
      業年度の中間会計期間(平成30年1月1日から平成30年6月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸
      借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を
      行った。
      中間財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸
      表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸
      表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見
      を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して
      中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の
      表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監
      査に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
       中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査
      手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬に
      よる中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応
      じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するための
      ものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するため
      に、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採
      用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討
      することが含まれる。
       当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
      中間監査意見

       当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
      に準拠して、ピクテ投信投資顧問株式会社の平成30年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会
      計期間(平成30年1月1日から平成30年6月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認
      める。
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上

      (注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 43/44


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                                   半期報告書(内国投資信託受益証券)
                     独  立  監  査  人  の  中  間  監  査  報  告  書

                                                   2018  年11月28日

        ピクテ投信投資顧問株式会社

         取 締 役 会  御 中
                                PwCあらた       有限責任監査法人

                                 指定有限責任社員

                                           公認会計士   大畑 茂             ㊞
                                 業 務 執 行 社 員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状

      況」に掲げられているiTrustインド株式の2018年4月3日から2018年10月2日までの中間計算期間の中間財務諸
      表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益及び剰余金計算書並びに中間注記表について中間監査を行った。
      中間財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸
      表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸
      表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見
      を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して
      中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の
      表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監
      査に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
       中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査
      手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬に
      よる中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応
      じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するための
      ものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するため
      に、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採
      用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討
      することが含まれる。
       当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
      中間監査意見

       当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
      に準拠して、iTrustインド株式の2018年10月2日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了する中間計算期間
      (2018年4月3日から2018年10月2日まで)の損益の状況に関する有用な情報を表示しているものと認める。
      利害関係

       ピクテ投信投資顧問株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定に
      より記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      (注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 44/44




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。