株式会社ソフトフロントホールディングス 訂正四半期報告書 第22期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出書類 訂正四半期報告書-第22期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)
提出日
提出者 株式会社ソフトフロントホールディングス
カテゴリ 訂正四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                           訂正四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書の訂正報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第4項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年12月12日
      【四半期会計期間】                    第22期第2四半期(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)
      【会社名】                    株式会社ソフトフロントホールディングス
      【英訳名】                    Softfront     Holdings
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 平野井 順一
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区永田町二丁目17番3号
      【電話番号】                    代表 03(6550)9270
      【事務連絡者氏名】                    執行役員IR・法務担当 五十嵐 達哉
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区永田町二丁目17番3号
      【電話番号】                    代表 03(6550)9270
      【事務連絡者氏名】                    執行役員IR・法務担当 五十嵐 達哉
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/10













                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                           訂正四半期報告書
     1【四半期報告書の訂正報告書の提出理由】
       当社は平成30年3月期において、子会社であった株式会社グッドスタイルカンパニー(以下、「グッドスタイルカン
      パニー社」という。)の株式会社静岡銀行からの借入の一部に対する当社の債務保証が残されており、グッドスタイル
      カンパニー社の財政状態や営業状態を勘案して、特別損失として、債務保証損失引当金繰入額306,870千円を計上いた
      しました。今般、グッドスタイルカンパニー社の株式会社静岡銀行からの借入(当社が連帯保証していないものも含
      む。)において、グッドスタイルカンパニー社が保有する土地・建物が担保とされていたとの事実を証憑により確認す
      ることができたため、平成30年3月期に遡及して債務保証損失引当金の評価を見直し、債務保証損失引当金繰入額を
      156,241千円に減額することが妥当と判断いたしました。これに伴い、平成29年3月期及び平成30年3月期の有価証券
      報告書並びに平成31年3月期第1四半期及び第2四半期の四半期報告書の訂正を行うことといたしました。
       これらの決算訂正により、平成30年11月14日に提出した第22期(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)四
      半期報告書の記載事項の一部を訂正する必要が生じましたので、四半期報告書の訂正報告書を提出するものでありま
      す。
       なお、訂正後の四半期連結財務諸表については、三優監査法人によりレビューを受けており、その四半期レビュー報
      告書を添付しております。
     2【訂正事項】

       第一部 企業情報
        第1   企業の概況
          1  主要な経営指標等の推移
        第2   事業の状況
          1  事業等のリスク
          2  経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
           (1)財政状態及び経営成績の状況
            ② 財政状態の分析
        第4 経理の状況
          2.監査証明について
          1 四半期連結財務諸表
           (1)四半期連結貸借対照表
           注記事項
            (継続企業の前提に関する事項)
     3【訂正箇所】

       訂正箇所は___で示しております。
                                  2/10









                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                           訂正四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (訂正前)
                               第21期           第22期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第21期
                              累計期間           累計期間
                              自平成29年           自平成30年           自平成29年

                               4月1日            4月1日            4月1日
              会計期間
                              至平成29年           至平成30年           至平成30年
                               9月30日            9月30日            3月31日
                      (千円)            966,273           240,057          1,233,103

     売上高
                      (千円)           △456,410           △244,966           △797,731

     経常損益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)           △464,693           △266,161          △ 1,740,188
     期)純損益
                      (千円)           △465,495           △278,889          △ 1,748,950
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)            828,995          △ 200,557          △ 239,755

     純資産額
                      (千円)           3,138,002            316,904           433,809

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純損益
                      (円)           △20.85           △11.22           △ 78.09
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)             26.2          △ 65.8          △ 56.9
     自己資本比率
      (後略)
       (訂正後)

                               第21期           第22期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第21期
                              累計期間           累計期間
                              自平成29年           自平成30年           自平成29年

                               4月1日            4月1日            4月1日
              会計期間
                              至平成29年           至平成30年           至平成30年
                               9月30日            9月30日            3月31日
                      (千円)            966,273           240,057          1,233,103

     売上高
     経常損益                (千円)           △456,410           △244,966           △797,731

     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)           △464,693           △266,161          △ 1,589,559
     期)純損益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)           △465,495           △278,889          △ 1,598,321
                      (千円)            828,995           △ 49,928          △ 89,126

     純資産額
                      (千円)           3,138,002            316,904           433,809

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純損益
                      (円)           △20.85           △11.22           △ 71.33
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)             26.2          △ 18.3          △ 22.2
     自己資本比率
      (後略)
                                  3/10



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                           訂正四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
       (訂正前)
        (前略)
         当社グループは、前連結会計年度において、営業損失851,034千円、経常損失797,731千円、親会社株主に帰属
        する当期純損失       1,740,188     千円を計上した結果、          239,755    千円の債務超過となっております。また、7期連続の営
        業損失を計上しております。当第2四半期連結累計期間においても、営業損失224,347千円、経常損失244,966千
        円、親会社株主に帰属する四半期純損失266,161千円を計上しており、依然として                                      200,557    千円の債務超過となっ
        ております。
        (後略)
       (訂正後)

        (前略)
         当社グループは、前連結会計年度において、営業損失851,034千円、経常損失797,731千円、親会社株主に帰属
        する当期純損失       1,589,559     千円を計上した結果、          89,126   千円の債務超過となっております。また、7期連続の営業
        損失を計上しております。当第2四半期連結累計期間においても、営業損失224,347千円、経常損失244,966千
        円、親会社株主に帰属する四半期純損失266,161千円を計上しており、依然として                                      49,928   千円の債務超過となって
        おります。
        (後略)
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)財政状態及び経営成績の状況
         ②財政状態の分析
       (訂正前)
         (前略)
         (負債)
          当第2四半期連結会計期間末における流動負債は117,991千円となり、前連結会計年度末に比べ241,660千円減
         少いたしました。これは主に、未払金が39,738千円、短期借入金が200,000千円減少したことによるものであり
         ます。固定負債は        399,470    千円となり、前連結会計年度末に比べ85,556千円増加いたしました。これは主に、転
         換社債型新株予約権付社債が90,000千円増加したことによるものであります。
         (純資産)
          当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は△                          200,557    千円となり、前連結会計年度末に比べ39,198千
         円増加いたしました。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純損失266,161千円                                       を計上した一方で、第三者
         割当増資による払込み及び転換社債型新株予約権付社債の新株予約権の行使により資本金が155,002千円、資本
         剰余金が155,002千円増加したこと                によるものであります。
          この結果、自己資本比率は△              65.8  %(前連結会計年度末は△            56.9  %)となりました。
       (訂正後)

         (前略)
         (負債)
          当第2四半期連結会計期間末における流動負債は117,991千円となり、前連結会計年度末に比べ241,660千円減
         少いたしました。これは主に、未払金が39,738千円、短期借入金が200,000千円減少したことによるものであり
         ます。固定負債は        248,841    千円となり、前連結会計年度末に比べ85,556千円増加いたしました。これは主に、転
         換社債型新株予約権付社債が90,000千円増加したことによるものであります。
         (純資産)
          当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は△                          49,928   千円となり、前連結会計年度末に比べ39,198千円
         増加いたしました。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純損失266,161千円を計上した一方で、第三者割
         当増資による払込み及び転換社債型新株予約権付社債の新株予約権の行使により資本金が155,002千円、資本剰
         余金が155,002千円増加したことによるものであります。
          この結果、自己資本比率は△              18.3  %(前連結会計年度末は△            22.2  %)となりました。
                                  4/10



                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                           訂正四半期報告書
     第4【経理の状況】
      2.監査証明について
       (訂正前)
        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平
       成30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期
       連結財務諸表について、           三優監査法人      による四半期レビューを受けております。
       (訂正後)

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平
       成30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期
       連結財務諸表について、           三優監査法人      による四半期レビューを受けております。
        なお、金融商品取引法第24条の4の7第4項の規定に基づき、四半期報告書の訂正報告書を提出しております
       が、訂正後の四半期連結財務諸表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  5/10
















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                           訂正四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
       (訂正前)
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
                              (省略)
      負債の部
       流動負債
                                         19,966              36,732
         営業未払金
                                        200,000                 -
         短期借入金
                                         10,286               6,652
         1年内返済予定の長期借入金
                                         21,700              20,286
         未払法人税等
                                         1,116                16
         その他の引当金
                                        106,582               54,304
         その他
                                        359,651              117,991
         流動負債合計
       固定負債
                                            -            90,000
         転換社債型新株予約権付社債
         長期借入金                                 4,000              2,600
         債務保証損失引当金                                306,870              306,870
                                         3,043                -
         その他
                                        313,913              399,470
         固定負債合計
                                        673,565              517,461
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       3,989,376              4,144,378
         資本金
                                       3,849,355              4,004,357
         資本剰余金
                                      △ 8,091,152             △ 8,357,313
         利益剰余金
                                          △64              △64
         自己株式
                                       △ 252,484             △ 208,641
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         6,893                -
         その他有価証券評価差額金
                                        △1,187                 -
         為替換算調整勘定
                                         5,705                -
         その他の包括利益累計額合計
                                            -            8,084
       新株予約権
                                         7,022                -
       非支配株主持分
                                       △ 239,755             △ 200,557
       純資産合計
                                        433,809              316,904
      負債純資産合計
                                  6/10









                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                           訂正四半期報告書
       (訂正後)
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
                              (省略)
      負債の部
       流動負債
                                         19,966              36,732
         営業未払金
                                        200,000                 -
         短期借入金
                                         10,286               6,652
         1年内返済予定の長期借入金
                                         21,700              20,286
         未払法人税等
                                         1,116                16
         その他の引当金
                                        106,582               54,304
         その他
                                        359,651              117,991
         流動負債合計
       固定負債
                                            -            90,000
         転換社債型新株予約権付社債
                                         4,000              2,600
         長期借入金
                                        156,241              156,241
         債務保証損失引当金
                                         3,043                -
         その他
                                        163,284              248,841
         固定負債合計
                                        522,936              366,832
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       3,989,376              4,144,378
         資本金
                                       3,849,355              4,004,357
         資本剰余金
                                      △ 7,940,523             △ 8,206,684
         利益剰余金
                                          △64              △64
         自己株式
                                       △ 101,855              △ 58,012
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         6,893                -
         その他有価証券評価差額金
                                        △1,187                 -
         為替換算調整勘定
                                         5,705                -
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    -            8,084
                                         7,022                -
       非支配株主持分
                                        △ 89,126             △ 49,928
       純資産合計
                                        433,809              316,904
      負債純資産合計
                                  7/10










                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                           訂正四半期報告書
       【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
       (訂正前)
         当社グループは、前連結会計年度において、営業損失851,034                             千円、経常損失797,731千円、親会社株主に帰属す
        る当期純損失      1,740,188     千円を計上した結果、          239,755    千円の債務超過となっております。また、                    7期連続の営業損
        失を計上しております。当第2四半期連結累計期間においても、営業損失224,347千円、経常損失244,966千円、                                                    親
        会社株主に帰属する四半期純損失               266,161    千円を計上     しており、依然として          200,557    千円の債務超過となっておりま
        す。
        (後略)
       (訂正後)

         当社グループは、前連結会計年度において、営業損失851,034千円、経常損失797,731千円、親会社株主に帰属す
        る当期純損失      1,589,559     千円を計上した結果、          89,126   千円の債務超過となっております。また、7期連続の営業損
        失を計上しております。当第2四半期連結累計期間においても、営業損失224,347千円、経常損失244,966千円、親
        会社株主に帰属する四半期純損失266,161千円を計上しており、依然として                                   49,928   千円の債務超過となっておりま
        す。
        (後略)
                                  8/10















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                           訂正四半期報告書
                   独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                  平成30年12月12日

     株式会社ソフトフロントホールディングス
      取 締 役 会  御 中
                             三  優  監  査  法  人

                                指  定  社  員
                                                山本     公太  印
                                        公認会計士
                                業務執行社員
                                指  定  社  員

                                                井上     道明  印
                                        公認会計士
                                業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられてい

     る株式会社ソフトフロントホールディングスの平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計
     年度の第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平成30年9月30日まで)及び第2四半期連結累
     計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る訂正後の四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠
     して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚
     偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整
     備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結
     財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対し
     て実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我
     が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比
     べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般
     に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ソフトフロントホール
     ディングス及び連結子会社の平成30年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期
     連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がす
     べての重要な点において認められなかった。
                                  9/10






                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                           訂正四半期報告書
     強調事項
     1.   継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は、前連結会計年度において、営業
       損失851,034千円、経常損失797,731千円、親会社株主に帰属する当期純損失1,589,559千円を計上し
       た結果、89,126千円の債務超過となっている。また、7期連続の営業損失を計上している。当第2
       四半期連結累計期間においても、営業損失224,347千円、経常損失244,966千円、親会社株主に帰属
       する四半期純損失266,161千円を計上しており、依然として49,928千円の債務超過となっている。こ
       のような損失計上が継続すれば今後の手元流動性の確保に支障が生じる可能性もあることから、継
       続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しており、現時点では継続企業
       の前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性
       が認められる理由については当該注記に記載されている。四半期連結財務諸表は継続企業を前提と
       して作成されており、このような重要な不確実性の影響は四半期連結財務諸表に反映されていな
       い。
     2.   重要な後発事象に記載されているとおり、会社は、平成30年11月7日開催の取締役会において、
       連結子会社である株式会社エコノミカルの会社が保有するすべての株式を譲渡することを決議し、
       同日に株式譲渡契約を締結している。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     その他の事項

      四半期報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、四半期連結財務諸表を訂
     正している。なお、当監査法人は、訂正前の四半期連結財務諸表に対して平成30年11月14日に四半期
     レビュー報告書を提出した。
     利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は
     ない。
                                                       以  上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本

           は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。
          2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                         まれていません。
                                 10/10










PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。