ピクテ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジあり) 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出日:

提出者:ピクテ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジあり)

カテゴリ:訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      【表紙】

      【提出書類】                    有価証券届出書の訂正届出書
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2018  年12月6日
      【発行者名】                    ピクテ投信投資顧問株式会社
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 萩野 琢英
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区丸の内二丁目2番1号
      【事務連絡者氏名】                    佐藤 直紀
      【電話番号】                    03-3212-3411
      【届出の対象とした募集内国投資信託受                    ピクテ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジあり)
      益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集内国投資信託受                    1兆円を上限とします。
      益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。
                                 1/5














                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     Ⅰ【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】
      2018  年11月20日付をもって提出した有価証券届出書に添付しております、ファンドの当期中間財務諸表に対する監査報告書
      および委託会社の当期中間財務諸表に対する監査報告書に、指定有限責任社員の氏名を誤って記載しましたので、本訂正届
      出書を提出するものです。
     Ⅱ【訂正箇所及び訂正事項】

      ファンドの当期中間財務諸表に対する監査報告書
      委託会社の当期中間財務諸表に対する監査報告書
      下線部        は訂正箇所を示します。

      <訂正前>

      PwCあらた有限責任監査法人
      指定有限責任社員
                 公認会計士           鶴田 光夫      ㊞
      業 務 執 行 社 員
      <訂正後>

      PwCあらた有限責任監査法人
      指定有限責任社員
                  公認会計士           大畑 茂     ㊞
      業 務 執 行 社 員
      なお、訂正後の監査報告書を別途添付しております。

                                 2/5












                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                 独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書

                                                  平成30年9月5日

            ピクテ投信投資顧問株式会社
               取 締 役 会          御 中
                               PwCあらた有限責任監査法人

                               指定有限責任社員
                                           公認会計士   大畑 茂 ㊞
                               業 務 執 行 社 員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理

      状況」に掲げられているピクテ投信投資顧問株式会社の平成30年1月1日から平成30年12月31日までの第34期事
      業年度の中間会計期間(平成30年1月1日から平成30年6月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸
      借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を
      行った。
      中間財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸
      表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸
      表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見
      を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して
      中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の
      表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監
      査に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
       中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査
      手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬に
      よる中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応
      じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するための
      ものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するため
      に、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採
      用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討
      することが含まれる。
       当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
      中間監査意見

       当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
      に準拠して、ピクテ投信投資顧問株式会社の平成30年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会
      計期間(平成30年1月1日から平成30年6月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認
      める。
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上

      (注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 3/5


                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      次へ

                                 4/5




















                                                           EDINET提出書類
                                                   ピクテ投信投資顧問株式会社(E10439)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     独  立  監  査  人  の  中  間  監  査  報  告  書

                                                   2018  年10月3日

        ピクテ投信投資顧問株式会社

         取 締 役 会  御 中
                                PwCあらた有限責任監査法人

                                 指定有限責任社員

                                           公認会計士   大畑 茂             ㊞
                                 業 務 執 行 社 員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状

      況」に掲げられているピクテ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジあり)の2018年2月21日から2018年8月20日
      までの中間計算期間の中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益及び剰余金計算書並びに中間注記表
      について中間監査を行った。
      中間財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸
      表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸
      表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見
      を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して
      中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の
      表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監
      査に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
       中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査
      手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬に
      よる中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応
      じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するための
      ものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するため
      に、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採
      用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討
      することが含まれる。
       当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
      中間監査意見

       当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
      に準拠して、ピクテ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジあり)の2018年8月20日現在の信託財産の状態及び同
      日をもって終了する中間計算期間(2018年2月21日から2018年8月20日まで)の損益の状況に関する有用な情報を
      表示しているものと認める。
      利害関係

       ピクテ投信投資顧問株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定に
      より記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      (注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 5/5




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。