株式会社田中化学研究所 有価証券届出書(参照方式)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(参照方式)

提出日:

提出者:株式会社田中化学研究所

カテゴリ:有価証券届出書(参照方式)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社田中化学研究所(E01050)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         2018年11月30日
      【会社名】                         株式会社田中化学研究所
      【英訳名】                         TANAKA    CHEMICAL     CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役 社長執行役員  茂苅 雅宏
      【本店の所在の場所】                         福井県福井市白方町45字砂浜割5番10
      【電話番号】                         0776(85)1801(代表)
      【事務連絡者氏名】                         代表取締役 副社長執行役員  大畑 尚志
      【最寄りの連絡場所】                         福井県福井市白方町45字砂浜割5番10
      【電話番号】                         0776(85)1801(代表)
      【事務連絡者氏名】                         代表取締役 副社長執行役員  大畑 尚志
      【届出の対象とした募集有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集金額】
                               その他の者に対する割当                       470,493,304円
                               (注) 募集金額は、発行価額の総額であり、2018年11月22日
                                   (木)現在の株式会社東京証券取引所における当社普通
                                   株式の終値を基準として算出した見込額であります。
      【安定操作に関する事項】                         該当事項はありません。
      【縦覧に供する場所】                         株式会社田中化学研究所東京事務所
                               (東京都品川区東五反田一丁目10番7号 アイオス五反田4階)
                               株式会社田中化学研究所大阪支社
                               (大阪市中央区久太郎町一丁目6番26号 船場LSビル10階)
                               株式会社東京証券取引所
                               (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/8










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社田中化学研究所(E01050)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
          種類            発行数                      内容
                              完全議決権株式で株主の権利に特に制限のない株式。
         普通株式            481,600株
                              単元株式数は100株であります。
      (注)1 2018年11月30日(金)開催の取締役会決議によります。
         2 本募集とは別に、2018年11月30日(金)開催の取締役会決議に基づき行われる当社普通株式3,211,200株の
           一般募集(以下「一般募集」という。)及び当社普通株式3,707,200株のその他の者に対する割当(以下
           「その他の者に対する割当」という。)を予定しております。一般募集に伴い、その需要状況等を勘案し、
           481,600株を上限として、一般募集の主幹事会社であるSMBC日興証券株式会社が当社株主(以下「貸株
           人」という。)より借り入れる当社普通株式の売出し(以下「オーバーアロットメントによる売出し」とい
           う。)を行う場合があります。なお、当該売出数は上限の株式数を示したものであり、需要状況等により減
           少する場合、又はオーバーアロットメントによる売出しが全く行われない場合があります。
           本募集はオーバーアロットメントによる売出しに関連して、SMBC日興証券株式会社が貸株人から借り入
           れた当社普通株式(以下「借入株式」という。)の返還に必要な株式を取得させるために、SMBC日興証
           券株式会社を割当先として行う第三者割当増資(以下「本第三者割当増資」という。)であります。
           SMBC日興証券株式会社は、借入株式の返還を目的として、一般募集及びオーバーアロットメントによる
           売出しの申込期間終了日の翌日から当該申込期間終了日の翌日から起算して30日目の日(30日目の日が営業
           日でない場合はその前営業日)までの間(以下「シンジケートカバー取引期間」という。)、オーバーア
           ロットメントによる売出しに係る株式数(以下「上限株式数」という。)の範囲内で株式会社東京証券取引
           所において当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があり、当該シ
           ンジケートカバー取引で買付けられた当社普通株式は借入株式の返還に充当されます。なお、シンジケート
           カバー取引期間内においても、SMBC日興証券株式会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わな
           い場合、又は上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
           また、SMBC日興証券株式会社は、一般募集及びオーバーアロットメントによる売出しの申込期間中、当
           社普通株式について安定操作取引を行うことがあり、当該安定操作取引で買付けた当社普通株式の全部又は
           一部を借入株式の返還に充当する場合があります。
           SMBC日興証券株式会社は、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数から、安定操作取引及び
           シンジケートカバー取引により買付けし借入株式の返還に充当する株式数を控除した株式数についてのみ、
           本第三者割当増資の割当に応じる予定であります。したがって、本第三者割当増資における発行数の全部又
           は一部につき申込みが行われず、その結果、失権により本第三者割当増資における最終的な発行数が減少す
           る場合、又は発行そのものが全く行われない場合があります。
           SMBC日興証券株式会社が本第三者割当増資の割当に応じる場合には、SMBC日興証券株式会社はオー
           バーアロットメントによる売出しによる手取金をもとに払込みを行います。
           オーバーアロットメントによる売出しが行われるか否か及びオーバーアロットメントによる売出しが行われ
           る場合の売出数については、2018年12月11日(火)から2018年12月14日(金)までの間のいずれかの日(以
           下「発行価格等決定日」という。)に決定されます。オーバーアロットメントによる売出しが行われない場
           合は、SMBC日興証券株式会社による貸株人からの当社普通株式の借り入れは行われません。したがっ
           て、SMBC日興証券株式会社は本第三者割当増資に係る割当に応じず、申込みを行わないため、失権によ
           り、本第三者割当増資による新株式発行は全く行われません。また、株式会社東京証券取引所におけるシン
           ジケートカバー取引も行われません。
         3 振替機関の名称及び住所
           株式会社証券保管振替機構
           東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                                 2/8





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社田中化学研究所(E01050)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
      2【株式募集の方法及び条件】
       (1)【募集の方法】
                                   発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
             区分              発行数
                            ―            ―             ―
     株主割当
                                      470,493,304             235,246,652
     その他の者に対する割当                    481,600株
                            ―            ―             ―
     一般募集
         計(総発行株式)                            470,493,304             235,246,652
                          481,600株
      (注)1 前記「1 新規発行株式」(注)2に記載のとおり、本募集はオーバーアロットメントによる売出しに関連
           してSMBC日興証券株式会社を割当先として行う第三者割当の方法によります。なお、当社と割当予定先
           との関係等は以下のとおりであります。
     割当予定先の氏名又は名称                         SMBC日興証券株式会社
     割当株数                         481,600株

     払込金額                         470,493,304      円

             所在地                  東京都千代田区丸の内三丁目3番1号

             代表者の役職氏名                  取締役社長  清水 喜彦

     割当予定先の
             資本の額                  100億円
     内容
             事業の内容                  金融商品取引業等
                              株式会社三井住友フィナンシャルグループ 100%
             大株主
                  当社が保有している割当
                  予定先の株式の数             ―
                  (2018年10月31日現在)
             出資関係
                  割当予定先が保有してい
     当社との関係
                  る当社の株式の数
                              26,700株
                  (2018年10月31日現在)
             取引関係                  一般募集の主幹事会社
                               ―
             人的関係
                               ―
     当該株券の保有に関する事項
         2 前記「1 新規発行株式」(注)2に記載のとおり、発行数が減少する場合、又は発行そのものが全く行わ
           れない場合があります。
         3 発行価額の総額は、払込金額の総額であります。
         4 資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金の額であり、会社計算規則第14条第1項に従い算出される
           資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上
           げるものとします。また、増加する資本準備金の額は、当該資本金等増加限度額から上記の増加する資本金
           の額を減じた額とします。
         5 発行価額の総額、資本組入額の総額及び払込金額は、2018年11月22日(木)現在の株式会社東京証券取引所
           における当社普通株式の終値を基準として算出した見込額であります。
                                 3/8






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社田中化学研究所(E01050)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
       (2)【募集の条件】
      発行価格       資本組入額                            申込証拠金
                    申込株数単位           申込期間                     払込期日
       (円)       (円)                            (円)
                             2019年1月21日(月)                     2019年1月22日(火)
       未定       未定
                                        該当事項はあ
                      100株
      (注)1       (注)1
                               (注)2         りません           (注)2
      (注)1 発行価格は、発行価格等決定日に一般募集において決定される発行価額と同一の金額とします。なお、資本
           組入額は、資本組入額の総額を本第三者割当増資の発行数で除した金額とします。
         2 申込期間及び払込期日については、上記のとおり内定しておりますが、発行価格等決定日において正式に決
           定します。なお、上記申込期間及び払込期日については、一般募集における申込期間の繰り上がりに応じて
           繰り上げることがあります。申込期間が最も繰り上がった場合は「2019年1月16日(水)」となり、払込期
           日が最も繰り上がった場合は「2019年1月17日(木)」となりますのでご注意ください。
         3 全株式をSMBC日興証券株式会社に割当て、一般募集は行いません。
         4 上記株式を割当てた者から申込みの行われなかった株式については失権となります。
         5 申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込みをするものとし、払込期日に後記払込取扱場所に
           発行価格を払込むものとします。
       (3)【申込取扱場所】

                  店名                           所在地
                                      福井県福井市白方町45字砂浜割5番10
           株式会社田中化学研究所 本社
       (4)【払込取扱場所】

                  店名                           所在地
         株式会社三菱UFJ銀行 船場中央支店                            大阪市中央区久太郎町二丁目1番30号

      3【株式の引受け】

        該当事項はありません。
      4【新規発行による手取金の使途】

       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
           470,493,304                   2,423,000                  468,070,304

      (注)1 発行諸費用の概算額には、消費税等は含まれておりません。
         2 前記「1 新規発行株式」(注)2に記載のとおり、発行数が減少する場合、又は発行そのものが全く行わ
           れない場合、上記金額は、変更されることとなります。
         3 払込金額の総額(発行価額の総額)は、2018年11月22日(木)現在の株式会社東京証券取引所における当社
           普通株式の終値を基準として算出した見込額であります。
                                 4/8







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社田中化学研究所(E01050)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
       (2)【手取金の使途】
           当社は、足許の需要増加や将来の市場拡大に対応すべく、段階的な設備増強を図っております。第一期投資
          では、製品生産の前工程である原料溶解設備の増強により、既存の生産設備の稼動率向上と近い将来の販売量
          増加のための土台を築き、2018年8月には第二期投資として次工程であるリチウムイオン電池向け製品生産設
          備及び工場のインフラ設備の増強を決定し、さらに2018年11月30日、第三期投資として工場建屋及びリチウム
          イオン電池向け製品生産設備の増強を決定しました。上記差引手取概算額上限468,070,304円(本第三者割当
          増資における申込みがすべて行われた場合の見込額)については、本第三者割当増資と同日付をもって取締役
          会で決議された一般募集及びその他の者に対する割当の手取概算額6,900,264,728円と合わせて、手取概算額
          合計上限7,368,335,032円については、7,368,335,032円を2020年6月末までにリチウムイオン電池向けの製品
          生産設備に係る設備資金へ、残額が生じた場合は2020年3月末までに足許の旺盛な需要を背景とした増加運転
          資金へ充当する予定であります。なお、上記の資金使途に充当するまでの間、当該資金は銀行預金その他安全
          性の高い方法で管理する予定です(当社による資金の引出しが制約されない方法を想定しております。)。
           なお、当社の設備投資計画は、2018年11月30日(ただし、既支払額については2018年9月30日時点)現在、
          以下のとおりとなっております。このうち、リチウムイオン電池向け製品増産設備及び排水処理等インフラ設
          備が第二期投資、リチウムイオン電池向け製品増産設備が第三期投資に該当いたします。
                            投資予定金額                 着手及び完了予定
                                                       完成後の
      事業所名      所在地      設備の内容                  資金調達方法
                          総額     既支払額                        増加能力
                                            着手      完了
                         (千円)      (千円)
                 リチウムイオン
                 電池向け製品増
                                     自己資金及び
     福井工場      福井県福井市      産設備及び排水         5,000,000      1,081,500           2018年7月      2019年7月      1,200t/月
                                     借入金
                 処理等インフラ
                 設備
                 品質保証体制強                   自己資金及び
     福井工場      福井県福井市                                2018年8月      2019年1月
                           700,000      53,200                          -
                 化設備                   借入金
                 リチウムイオン
                                     増資資金及び
     福井工場      福井県福井市      電池向け製品増         8,000,000         -        2018年11月      2020年6月      1,200t/月
                                     借入金
                 産設備
     第2【売出要項】

       該当事項はありません。
     第3【第三者割当の場合の特記事項】

       該当事項はありません。
     第4【その他の記載事項】

       該当事項はありません。
                                 5/8








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社田中化学研究所(E01050)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     第二部【公開買付けに関する情報】
       該当事項はありません。
     第三部【参照情報】

     第1【参照書類】
       会社の概況及び事業の概況等金融商品取引法第5条第1項第2号に掲げる事項については、以下に掲げる書類を参照
      してください。
      1【有価証券報告書及びその添付書類】

        事業年度第62期(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日) 2018年6月25日関東財務局長に提出
      2【四半期報告書又は半期報告書】

        事業年度第63期第1四半期(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日) 2018年8月9日関東財務局長に提出
      3【四半期報告書又は半期報告書】

        事業年度第63期第2四半期(自 2018年7月1日 至 2018年9月30日) 2018年11月13日関東財務局長に提出
      4【臨時報告書】

        1の有価証券報告書提出後、本有価証券届出書提出日(2018年11月30日)までに、金融商品取引法第24条の5第4
       項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2の規定に基づく臨時報告書を2018年6月27日に関
       東財務局長に提出
     第2【参照書類の補完情報】

       上記に掲げた参照書類であります有価証券報告書及び四半期報告書(以下「有価証券報告書等」という。)に記載さ
      れた「事業等のリスク」について、当該有価証券報告書等の提出日以後、本有価証券届出書提出日(2018年11月30日)
      までの間において変更及び追加すべき事項が生じております。下記の「事業等のリスク」は当該有価証券報告書等に記
      載された内容を一括して記載したものであり、当該変更及び追加箇所については___罫で示しております。
       なお、有価証券報告書等に将来に関する事項が記載されておりますが、下記の「事業等のリスク」に記載されたもの
      を除き、当該事項については本有価証券届出書提出日(2018年11月30日)現在においてもその判断に変更はなく、また
      新たに記載する将来に関する事項もありません。
      [事業等のリスク]

       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能
      性のある事項には、以下のようなものがあります。
       なお、文中の将来に関する事項は、                  本有価証券届出書提出日(2018年11月30日)                     現在において当社が判断したもので
      あります。
       (1)主要原材料の        価格変動    について
         当社製品の主要原材料であるニッケル及びコバルトは国際市況商品であるため、海外の需給状況及び為替相場に
        より仕入価格が変動いたします。               また、苛性ソーダや硫酸などの主要ケミカル材料及び重油などの燃料も国内外の
        需給状況などにより仕入価格が変動いたします。                       当社製品の販売価格は、基本的には主要原材料価格に連動して決
        定される仕組みとなっておりますが、主要原材料価格が急激に変動した場合には、                                      製品価格への転嫁が遅れること
        などにより、      当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (2)二次電池正極材料への依存度が高いことについて
         当社は、無機       化学製品    として二次電池正極材料、触媒化学薬品及び表面処理化学薬品を製造・販売しております
        が、二次電池正極材料への依存度が                 2018年3月期において          98%以上    (数量ベース)       と高くなって      おります。このた
        め、環境対応車及びノートパソコン・スマートフォン・電動工具などの民生機器が主要な用途であります                                                国内外の
        二次電池の市場動向や技術動向が               、 当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)特定の取引先への依存度が高いことについて
         当社の主な販売先のうち、パナソニックグループ・L&F                           Co.,LTD・Samsung         SDI  Co.,LTDに対する売上高の依存
        度が  2018年3月期において          約70%と高くなっております。ついては、このような取引関係が継続困難となった場合
        や、各社の製品需要の動向その他種々の変化によっては、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 6/8



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社田中化学研究所(E01050)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
       (4)製品のライフサイクルについて
         当社は、研究開発型企業として常に技術的に進化した新製品の開発と市場化に向けた努力を行っております。ま
        た、主要なマーケットである二次電池市場も日進月歩の技術的進歩が常に起こっており、その結果、当社製品の中
        には、ライフサイクルが比較的短く、また、その製造設備を他に転用することが困難であるために、十分な減価償
        却が進まないうちに設備除却または減損処理を余儀なくされる場合があり、その状況によっては当社の業績に影響
        を及ぼす可能性があります。
       (5)生産が福井工場に集中していることについて
         当社は、2007年6月末の武庫川工場の閉鎖実施後は、福井工場における一極生産体制となっております。その結
        果、地震等の自然災害その他何らかの事由により福井工場における生産の円滑な継続に支障の出る事態となった場
        合には、その状況によっては当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (6)親会社との関係について
         当社の親会社は住友化学株式会社(以下、住友化学といいます。)であり、当社は連結子会社として住友化学グ
        ループに属しております。
         当社の経営方針についての考え方や利害関係が住友化学との間で常に一致することの保証はなく、住友化学によ
        る当社の議決権行使及び保有株式の処分の状況等により、当社の事業運営及び当社普通株式の需要関係等に影響を
        及ぼす可能性があります。
       (7)他社との競合や価格競争について
         当社の事業は価格競争に晒されております。競合他社の生産能力増強、輸出入時の関税など、様々な理由により
        当社の製品は今後も厳しい価格競争に晒されるものと予想されます。当社はコストの低減に努めておりますが、価
        格競争を克服できない場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (8)増産計画について
         当社の増産計画は、当社製品の需要予測などをふまえて策定し、実行しております。経済情勢の悪化や販売予定
        先の状況の変化、設備の不具合などにより計画どおりに進展しない場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があり
        ます。
       (9)製品の品質について
         当社は、世界的に認められている厳格な品質管理基準に従って、各種製品を製造しておりますが、すべての製品
        について欠陥が無く、将来にわたってリコールが発生しないという保証はありません。大規模な製品事故や予期せ
        ぬ品質問題の発生は、多額のコストや当社の評価に重大な影響を与え、当社の業績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
      (10)たな卸資産の評価損について
         当社が保有するたな卸資産について、将来需要の変化や市場環境の悪化などにより、評価損の計上が必要とな
        り、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (11)固定資産の減損について
         当社は減損会計を適用しております。将来、当社が保有する固定資産について、経営環境の著しい悪化などによ
        る収益性の低下や市場価格の下落などにより、減損損失が発生し、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (12)為替レート変動について
         当社は、国内で製造した製品を海外に輸出するとともに海外から原料品を輸入しておりますが、製品輸出高は原
        料品輸入高を上回っております。外国通貨に対して円高が進行した場合、海外で生産された製品に対する価格競争
        力が低下することに加え、輸出手取額の減少が輸入支払額の減少を上回ることになります。為替レートの変動によ
        るリスクを完全にヘッジすることはできないため、円高の進行は当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (13)金利変動について
         当社は、資金需要に対してその内容や財政状態及び金融環境を考慮し、調達の金額・期間・方法などを判断して
        おります。今後の金利の変動に備え、変動金利・固定金利を適宜組み合わせて調達を行うこととしておりますが、
        金利が上昇した場合には支払利息が増加し、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (14)研究開発について
         当社は、販売先のニーズに合わせた新技術・新製品をスピーディーに上市するため、積極的に研究開発を行って
        おります。新製品が販売予定先に採用されない、または新製品の開発が著しく遅延若しくは断念される場合には、
        競争力が低下し、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (15)知的財産の侵害について
         当社は、他社と差別化できる技術とノウハウを蓄積し事業の競争力を強化してきましたが、当社独自の技術・製
        品とノウハウの一部は、厳正な管理を行っているものの、予期せぬ事態により外部に流出する可能性があり、ま
        た、特定の地域ではこれらの知的財産の完全な保護が不可能なため、第三者が当社の知的財産を使用して類似製品
        を製造することを効果的に防止できない可能性があります。また将来、知的財産に係る紛争が生じ、当社に不利な
        判断がなされる可能性があります。
                                 7/8


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社田中化学研究所(E01050)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
      (16)規制変更について
         当社は、日本及び販売先の関係する各国の規制に従い、業務を遂行しております。将来における法律、規則、政
        策、実務慣行、解釈及びその他の変更並びにそれらによって発生する事態が、当社の業務遂行や業績に影響を及ぼ
        す可能性があります。また、将来的に環境及び化学品安全などに対する法的規制が強化され、新たな対策コストが
        発生する可能性があります。
     第3【参照書類を縦覧に供している場所】

       株式会社田中化学研究所本社
       (福井県福井市白方町45字砂浜割5番10)
       株式会社田中化学研究所東京事務所
       (東京都品川区東五反田一丁目10番7号 アイオス五反田4階)
       株式会社田中研究所大阪支社
       (大阪市中央区久太郎町一丁目6番26号 船場LSビル10階)
       株式会社東京証券取引所
       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
     第四部【提出会社の保証会社等の情報】

       該当事項はありません。
     第五部【特別情報】

       該当事項はありません。
                                 8/8













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。