株式会社リンク 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社リンク

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         近畿財務局長
      【提出日】                         2018年11月19日
      【会社名】                         株式会社リンク
      【英訳名】                         Link   Inc.
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役  南谷 浩
      【本店の所在の場所】                         大阪府大阪市北区梅田一丁目12番12号東京建物梅田ビル5階
      【電話番号】                         (06)6341-1225(代表)
      【事務連絡者氏名】                         執行役員     管理部    部長  島井 幸太郎
      【最寄りの連絡場所】                         大阪府大阪市北区梅田一丁目12番12号東京建物梅田ビル5階
      【電話番号】                         (06)6341-1225(代表)
      【事務連絡者氏名】                         執行役員     管理部    部長  島井 幸太郎
      【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                               ブックビルディング方式による募集                           422,960,000円
                               売出金額
                               (引受人の買取引受による売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                          273,680,000円
                               (オーバーアロットメントによる売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                          115,692,000円
                               (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                   社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                   券届出書提出時における見込額であります。
      【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                   1/143










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
         普通株式           160,000(注)2.
                              標準となる株式であり、単元株式数は100株であります。
      (注)1.2018年11月19日開催の取締役会決議によっております。
         2.発行数については、2018年12月4日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         3.当社は、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」欄記載の金融商品取引業者(以下
           「第1 募集要項」において「引受人」という。)に対し、上記引受株式数のうち、1,000株を上限とし
           て、福利厚生を目的に、リンク社員持株会を当社が指定する販売先(親引け先)として要請する予定であり
           ます。
           なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」
           に従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)であり
           ます。
         4.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
         5.上記とは別に、2018年11月19日開催の取締役会において、株式会社SBI証券を割当先とする当社普通株式
           37,200株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
           なお、その内容については、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジ
           ケートカバー取引について」をご参照下さい。
                                   2/143













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【募集の方法】
        2018年12月13日に決定される予定の引受価額にて、当社と引受人は、買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価
       額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2018年12月4日開催予定の取締役会にお
       いて決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当社に払込
       み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を
       支払いません。
        なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
       233条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条
       件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決
       定する価格で行います。
             区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                         -             -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                         -             -             -

     ブックビルディング方式                       160,000           422,960,000             228,896,000

         計(総発行株式)                   160,000           422,960,000             228,896,000

      (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
           ます。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2018年11月19日開催の取締役会決議に基づき、
           2018年12月13日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
           資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であ
           ります。
         5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(3,110円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は497,600,000円となります。
         6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条
           件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状
           況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
           ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参
           照下さい。
         7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、後記「募集又は
           売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   3/143









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【募集の条件】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                          申込株数
     発行価格     引受価額     払込金額     資本組入                        申込証拠
                          単位         申込期間                  払込期日
      (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
      未定     未定     未定     未定          自 2018年12月17日(月)              未定
                            100                      2018年12月21日(金)
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.           至 2018年12月20日(木)             (注)4.
      (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格は、2018年12月4日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
           等を総合的に勘案した上で、2018年12月13日に引受価額と同時に決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2018年12月4日開催予定の取締役会において決定される予定であ
           ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2018年12月
           13日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
           取金となります。
         3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2018年11月19日開催の取締役会において、
           増加する資本金の額は、2018年12月13日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
           1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
           きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
           する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
           期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、2018年12月25日(火)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募
           集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
           程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、2018年12月6日から2018年12月12日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
           需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
           い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については各社の店頭における表示またはホーム
           ページにおける表示等をご確認下さい。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
                                   4/143





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【払込取扱場所】
                  店名                           所在地
                                 大阪府大阪市中央区本町一丁目8番12号 オーク堺筋本町
     株式会社池田泉州銀行 堺筋支店
                                 ビル4F
      (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
      4【株式の引受け】

                                       引受株式数
      引受人の氏名又は名称                     住所                       引受けの条件
                                        (株)
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号

     大和証券株式会社             東京都千代田区丸の内一丁目9番1号

     みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号

                                              1.買取引受けによります。
                                              2.引受人は新株式払込金とし
     岩井コスモ証券株式会社             大阪府大阪市中央区今橋一丁目8番12号
                                                て、2018年12月21日までに
                                                払込取扱場所へ引受価額と
     エース証券株式会社             大阪府   大阪市中央区本町二丁目6番11号
                                                同額を払込むことといたし
                                        未定
                                                ます。
     藍澤證券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目20番3号
                                              3.引受手数料は支払われませ
                                                ん。ただし、発行価格と引
     エイチ・エス証券株式会社             東京都新宿区西新宿六丁目8番1号
                                                受価額との差額の総額は引
                   東京都中央区日本橋茅場町一丁目4番7
                                                受人の手取金となります。
     極東証券株式会社
                   号
     東洋証券株式会社             東京都中央区八丁堀四丁目7番1号

                   埼玉県さいたま市大宮区桜木町四丁目
     むさし証券株式会社
                   333番地13
           計                 -             160,000            -
      (注)1.2018年12月4日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(2018年12月13日)に元引受契約を締結する予定であります。
         3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
           引業者に販売を委託する方針であります。
                                   5/143









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【新規発行による手取金の使途】
       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
               457,792,000                    5,000,000                  452,792,000

      (注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(3,110円)を基礎として算出した見込額であ
           ります。
         2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
         3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
       (2)【手取金の使途】

           上記の手取概算額452,792千円については、「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の
          手取概算額上限106,437千円と合わせた手取概算額上限559,229千円について、「sinopsシリーズ」の新製品開
          発及びビッグデータ対応等の研究開発費及びソフトウェア制作費として318,707千円、sinops事業の拡大に伴
          う人材確保のための人材採用費及び人件費として175,522千円、知的財産権の取得に係る費用に65,000千円を
          充当する予定であります。
           具体的な充当時期は、研究開発費及びソフトウェア制作費については、2019年12月期に100,204千円、2020
          年12月期に83,503千円、2021年12月期に135,000千円を予定しており、人材採用費及び人件費については、
          2019年12月期に63,830千円、2020年12月期に31,570千円、2021年12月期に80,122千円を予定しており、知的財
          産権の取得に係る費用については、2019年12月期に10,000千円、2020年12月期に15,000千円、2021年12月期に
          40,000千円を予定しております。
           なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。
                                   6/143













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【売出要項】
      1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
        2018年12月13日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
       (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
       要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
       格、発行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株
       式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は
       引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                               売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                 (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
                                        東京都文京区
                                        南谷 純       46,000株
                                        大阪府守口市
                                        南谷 浩       30,000株
              ブックビルディング
     普通株式                     88,000      273,680,000
                                        大阪府   大阪市都島区
              方式
                                        南谷 のどか                 6,000株
                                        広島県広島市安佐南区
                                        加藤 めぐみ                 6,000株
     計(総売出株式)            -         88,000      273,680,000                 -
      (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
           ます。
         3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(3,110円)で算出した見込額でありま
           す。
         4.売出数等については今後変更される可能性があります。
         5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同
           一であります。
         6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
           よる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、後記「3 売出株式(オーバーアロットメントに
           よる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
         7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   7/143







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                        申込株数
     売出価格     引受価額                   申込証拠             引受人の住所及び氏名又は             元引受契
                 申込期間       単位           申込受付場所
      (円)     (円)                  金(円)             名称             約の内容
                        (株)
                 自 2018年
      未定                                    東京都港区六本木一丁目6
           未定     12月17日(月)              未定    引受人の本店及                       未定
     (注)1.                     100                番1号
          (注)2.      至 2018年            (注)2.     び営業所                      (注)3.
     (注)2.                                     株式会社SBI証券
                12月20日(木)
      (注)1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.
           と同様であります。
         2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
           申込証拠金には、利息をつけません。
           引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
         3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(2018年12月13日)に決定する予定であります。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。          なお、引受人の買取引受による売出しに係る株券は、発行されません。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)
           7.に記載した販売方針と同様であります。
                                   8/143










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
              ブックビルディング                           東京都港区六本木一丁目6番1号
     普通株式                     37,200       115,692,000
              方式                           株式会社SBI証券      37,200株
     計(総売出株式)            -         37,200       115,692,000                 -
      (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
           況を勘案し、株式会社SBI証券が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出
           しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があり
           ます。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2018年11月19日開催の取締役会において、株式
           会社SBI証券を割当先とする当社普通株式37,200株の第三者割当増資の決議を行っております。また、株
           式会社SBI証券は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上
           限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
           なお、その内容については、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジ
           ケートカバー取引について」をご参照下さい。
         3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
           いたします。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(3,110円)で算出した見込額でありま
           す。
         6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同
           一であります。
                                   9/143











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金              引受人の住所及び
              申込期間                     申込受付場所                 元引受契約の内容
       (円)               (株)       (円)             氏名又は名称
              自 2018年
                                   株式会社SB
       未定      12月17日(月)                 未定
                         100          I証券の本店           -         -
      (注)1.       至 2018年               (注)1.
                                   及び営業所
             12月20日(木)
      (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一とし、売出価格決定日(2018年12月13日)に決定する予定であります。ただし、申込証拠金に
           は、利息をつけません。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。                                         なお、オーバーア
           ロットメントによる売出しに係る株券は、発行されません。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.株式会社SBI証券の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出
           し) (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  10/143












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1.東京証券取引所マザーズへの上場について
        当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
       について、株式会社SBI証券を主幹事会社として、東京証券取引所マザーズへの上場を予定しております。
      2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

        オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
       に、主幹事会社が当社株主である南谷浩(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
       て、当社は、2018年11月19日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式37,200株の第三者割
       当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当増資の会社法上の
       募集事項については、以下のとおりであります。
      (1)   募集株式の数               当社普通株式 37,200株
      (2)   募集株式の払込金額               未定 (注)1.

                        増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に基づ
                        き算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満
        増加する資本金及び資本準備金
      (3)                  の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。また、増加する資
        に関する事項
                        本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とす
                        る。 (注)2.
      (4)   払込期日               2019年1月17日(木)
      (注)1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、2018年12月4日開催予定の取締役会において決定される予
           定の「第1 募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定であり
           ます。
         2.割当価格は、2018年12月13日に決定される予定の「第1 募集要項」における新規発行株式の引受価額と同
           一とする予定であります。
        また、主幹事会社は、2018年12月25日から2019年1月11日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的とし
       て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
       バー取引を行う場合があります。
        主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、                                    貸株人から借り入れている株式の返還
       に充当し、     当該株式数については、割当てに応じない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資におけ
       る発行数の全部または一部につき申込みが行われず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発
       行数が減少する、または発行そのものが全く行われない場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内にお
       いても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシン
       ジケートカバー取引を終了させる場合があります。
                                  11/143









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3.ロックアップについて
        本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人かつ売出人である南谷浩、並びに売出人かつ当社
       株主である南谷純、南谷のどか及び加藤めぐみ、並びに当社株主かつ当社役員である木村安壽、並びに当社株主であ
       る合同会社南谷ホールディングス、南谷清江、リンク社員持株会、西巻昌美、永山友和、岡本数彦及び島井幸太郎、
       並びに当社役員かつ新株予約権者である林亨は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当
       日を含む)後180日目の2019年6月22日(土)までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式
       の売却等は行わない旨合意しております。
        また、当社株主である大石知巳、紺谷健治及び久保祐、並びに新株予約権者である浅川三人は、主幹事会社に対
       し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の2019年3月24日(日)までの期間中、主幹事
       会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、その売却価格が「第1 募集要項」における発
       行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所における売却等は除く。)は行わない旨合意
       しております。
        加えて、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2019年
       6月22日(土)までの期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しく
       は交換される有価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行(ただし、本
       募集、株式分割及びストックオプションとしての新株予約権の発行等を除く。)等を行わない旨合意しております。
        なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を
       一部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。
        上記のほか、当社は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募
       集株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っております。その内容については、「第
       四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                  12/143













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【その他の記載事項】
       新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)表紙に当社のマーク                      を記載いたします。

       (2)表紙の次に「1.ビジョン」~「3.業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  13/143


















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  19/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  20/143





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第二部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
               回次              第27期       第28期       第29期       第30期       第31期
              決算年月              2013年12月       2014年12月       2015年12月       2016年12月       2017年12月

                       (千円)      360,355       423,659       515,535       738,202       838,397
     売上高
                       (千円)       1,874      18,462       22,038      109,750       150,348
     経常利益
                       (千円)       3,302      12,968       8,019      70,681      108,201
     当期純利益
                       (千円)         -       -       -       -       -
     持分法を適用した場合の投資利益
                       (千円)       35,000       35,000       35,000       69,305       70,885
     資本金
                       (株)        584       584       446      4,942       4,962
     発行済株式総数
                       (千円)       39,733       52,702       60,722      198,972       319,225
     純資産額
                       (千円)      215,409       308,572       260,818       480,832       602,111
     総資産額
                       (円)     89,087.94      118,166.38       136,148.27         196.34       307.76
     1株当たり純資産額
                                -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                          ( - )     ( - )     ( - )     ( - )     ( - )
                       (円)     7,405.14      29,078.43       17,981.89         74.65      109.22
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)        -       -       -       -       -
     益金額
                       (%)       18.45       17.08       23.28       40.36       50.73
     自己資本比率
                       (%)       6.95      28.06       14.14       55.48       43.33
     自己資本利益率
                       (倍)        -       -       -       -       -
     株価収益率
                       (%)        -       -       -       -       -
     配当性向
                       (千円)         -       -       -    111,458       92,909
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)         -       -       -    △ 19,243      △ 54,108
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)         -       -       -     47,890       17,008
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)         -       -       -    154,895       210,704
     現金及び現金同等物の期末残高
                       (人)        24       30       36       42       50
     従業員数
      (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社を有していないため記載しておりません。
         4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、                            第27期、第28期及び第29期は             潜在株式    が存在しない
           ため、第30期及び第31期は、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、                                       期中平均株価が把握で
           きないため記載しておりません。
         5.2018年4月1日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行いましたが、第30期の期首に当該株式
           分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額                                    を算定しております。
         6.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         7.第27期、第28期及び第29期については、キャッシュ・フロー計算書を作成しておりませんので、キャッ
           シュ・フローに係る各項目については記載しておりません。
         8.従業員数は、就業人員            (当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)                                 であり、臨時
           雇用者数は従業員の100分の10未満であるため、記載しておりません。
                                  21/143



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         9.第30期及び第31期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
           年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、                     金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、                        太陽有限
           責任監査法人により監査を受けております。なお、第27期、第28期及び第29期については、「会社計算規
           則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しており、当該各数値については、
           金融商品取引法第193条の2第1項の規定に                    基づく   太陽有限責任監査法人による監査を受けておりません。
         10.当社は、2016年1月1日付で普通株式1株につき10株の株式分割を、2018年4月1日付で普通株式1株につ
           き200株の株式分割を行っております。
           そこで、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申
           請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133
           号)に基づき、第27期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を
           参考までに掲げると、以下のとおりとなります。
           なお、第27期、第28期及び第29期の数値(1株当たり配当額については全ての数値)については、太陽有限
           責任監査法人の監査を受けておりません。
                             第27期       第28期       第29期       第30期       第31期
                            2013年12月       2014年12月       2015年12月       2016年12月       2017年12月

     1株当たり純資産額                  (円)       44.54       59.08       68.07      196.34       307.76

     1株当たり当期純利益金額                  (円)       3.70      14.54       8.99      74.65      109.22

     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)        -       -       -       -       -
     益金額
     1株当たり配当額                          -       -       -       -       -
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                          (-)       (-)       (-)       (-)       (-)
                                  22/143













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【沿革】
         年月                           変遷

       1987年10月        画像処理装置の生産・販売を目的として、大阪府大阪市淀川区に株式会社リンク設立
       1995年10月        本社を大阪府大阪市中央区谷町に移転
       1996年10月        物流最適化システム「S-PLAN21」、販売開始
       1997年10月        卸売業向け在庫最適化システム「Zaiko-21」、販売開始
       1998年10月        物流センター内ロケーション最適化システム「棚ロケ-21」、販売開始
       2001年4月        本社を大阪府大阪市中央区南新町に移転
       2004年4月        通販業向け自動発注支援システム「Zaiko-WEB」、販売開始
       2006年3月        小売業向け自動発注システム「sinops-R4」、販売開始
       2006年12月        卸売業向けキャッシュ・フロー最適化システム「sinops-W4」、販売開始
       2009年10月        日配品に対応した自動発注システム「sinops-R5」、販売開始
       2010年11月        「sinops(シノプス)」商標登録
       2011年10月        棚割メンテナンスアプリ「sinops-Pad」、販売開始
       2012年12月        本社を大阪府大阪市北区梅田に移転
       2013年10月        発注端末アプリ「sinops-GOT」、販売開始
       2013年10月        品揃最適化システム「sinops-MD」、販売開始
       2016年5月        賞味期限チェックアプリ「sinops-Dcont」、販売開始
       2017年4月        需要予測型自動発注システム「sinops-R6」、販売開始
       2017年7月        「sinopsロゴ」商標登録
       2017年10月        東京都千代田区に東京営業所開設
       2018年1月       コンビニ向け発注数自動追加システム「EO1」の特許取得
                                  23/143











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【事業の内容】
        当社は「われわれは在庫に関わる"人"、"もの"、"金"、"時間"、"情報"を最適化するITソリューションを提供し、
       限りある資源を有効活用することで、広く社会に貢献するために存在している。」を基本理念とし、在庫を抱える流
       通業の発展と活性化に貢献するサービスを提供する事業運営を行っております。その実現のために「世界中の無駄を
       10%削減する」をビジョンに掲げ、小売業・卸売業・製造業の流通三層の在庫を最適化するためのソフトウェアパッ
       ケージ群「sinops(シノプス)シリーズ」を展開しております。
       ■「sinopsシリーズ」の事業領域

        なお、当社の事業は「sinops事業」の単一セグメントであり、①「sinopsシリーズ」を一括販売型で提供するパッ








       ケージ販売、②「sinopsシリーズ」を利用料型で提供するレンタル販売、③「sinops」の導入効果を最大化するため
       のシステム構築及び運用構築を支援する導入支援サービス、④「sinops」の日常運用を支援するサポートサービスの
       4つのサービスを軸に事業を展開しております。また、当社には、エンドユーザーに対する直接販売及び販売パート
       ナーによる販売の2種類の販売形態があります。
       (1)パッケージ販売





         当社のパッケージ販売は、小売業向け需要予測型自動発注システム「sinops-R6」を中心に、品揃え計画・棚割
        計画・棚割メンテナンス・発注端末・本部送り込み支援・賞味期限管理等の機能が統合されたソフトウェアパッ
        ケージ群を一括販売型で提供しております。また、卸売業向けキャッシュ・フロー最適化システム「sinops-W」、
        製造業向け中長期需要予測システム「sinops-M」といったように、流通三層それぞれに適したパッケージ製品を展
        開しております。        当社のパッケージ販売の特徴は、他社事例を参考にした費用対効果の提示ではなく、顧客の実
        データを利用したシミュレーション結果に基づきsinops導入の費用対効果を具体的な金額で提示することにありま
        す。
                                  24/143


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ■需要予測型自動発注システム「sinops-R6」
         「sinops-R6」はエキスパート法によるAI機能(※1)を搭載した小売業向け需要予測型自動発注システムで
        す。特に牛乳・卵・豆腐・袋麺などの日配品や、惣菜、パンなど、賞味期限が短く、かつ、週に何度かのチラシ特
        売により価格も頻繁に変わるカテゴリへの自動発注における実績が多くあります。例えば、ある牛乳を50円引きで
        特売すると何割販売数が増えるのかの予測はもちろん、代わりに日頃最もよく売れている牛乳がその影響を受け何
        割販売数が減るのかというカニバリゼーション(共食い状態)を正確に予測する必要があります。カニバリゼー
        ションを考慮しなければ、商品の賞味期限が複数の日付になる前に、余った商品に値引きシールを貼って販売せざ
        るをえなくなり、その作業の無駄と値引きによる損失が発生してしまいます。さらに悪化し、廃棄するとその損失
        は収益に大きな影響を与えることになります。
         「sinops-R6」は過去のデータから商品ごとに販売価格別に数量PI(1,000人あたりの販売数)を自動計算するの
        みならず、影響を受けるライバル商品の数量PIも合わせて計算し必要に応じて発注数を抑制しますので、欠品によ
        る機会ロスのみならず、値引きロスや廃棄ロスをも合わせて改善することができます。
        ■店舗での発注業務をタブレット1つで完結「sinops-Pad/GOT」





         「sinops-Pad」は、iPad/Windowsタブレット上で棚割(※2)を修正できるシステムであり、従来の棚割システ
        ムでは非常に面倒だった棚割修正をタブレット上で直感的に操作できるシステムです。その結果、棚割データが現
        場と一致しやすくなり、最適発注を継続するための重要な要素である棚割情報を正確に把握できるようになりま
        す。
         また、「sinops-GOT」はiPad/Windowsタブレットを発注端末として利用できるシステムであり、「sinops-Pad」
        とセットで利用することで店舗の発注関連業務をワンストップで解決できます。
                 「sinops-Pad画面」





                                            「sinops-GOT画面」
                                  25/143





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ■「sinopsシリーズ」について
       対象    製品名         概要              内容                提供価値
                           グロサリ(※4)だけでなく、日配・                   ・自動化による人手不足解消
                           パン・惣菜にまで対応した自動発注シ                   ・ロス削減による利益向上
          sinops-R
                 自動発注システム         ステム。AI機能を搭載し、従来は人が                   ・欠品削減による売上向上
          (※3)
                           考えて設定していたパラメータを自動                   ・在庫削減による
                           設定できるようになっております。                    キャッシュ・フロー改善
                           iPad/Windowsタブレット上で棚割を修
                           正でき、従来の棚割システムでは非常
                                              ・棚割修正作業の効率化
                 棚割メンテナンス         に面倒だった棚割修正をタブレット上
          sinops-Pad
                                              ・店舗の棚割情報を本部でも
                 アプリ         で直感的に操作できるシステム。
                                               正確に把握
                           その結果、現場の棚割情報が本部でも
                           正確に把握できるようになります。
                           iPad/Windowsタブレットを発注端末と
                           して利用できるシステムであり、
          sinops-GOT
                 発注端末アプリ         「sinops-Pad」とセットで利用するこ                   ・発注作業の効率化
                           とで店舗の発注関連業務をワンストッ
        小
                           プで解決できます。
        売
                           小売業のワークフローを最優先に考え
        業
                           た棚割システム。
          sinops-Plg
                 棚割管理システム         店舗・売場ごとの棚割管理はもちろ                   ・棚割計画作成の効率化
                           ん、棚割パターンの採用店舗管理や
                           様々な分析機能も搭載しております。
                           本部送り込み(※5)を支援し、企画
                 本部送り込み支援         商品をどの店舗にいくつ配荷したら特
          sinops-DM
                                              ・特売残(※6)の削減
                 システム         売残が最小になるかを自動算出するシ
                           ステム。
                           店舗ごとの販売実績から最適な品揃
                           え・最適陳列数を提案するシステム。
                 品揃最適化
          sinops-MD
                           sinops-Rと連携することで、収益を最                   ・個店採算性の向上
                 システム
                           大化する品揃え計画の立案が可能にな
                           ります。
                 賞味期限チェック         賞味期限チェック作業を効率化するシ                   ・賞味期限チェック作業の削減
          sinops-Dcont
                 アプリ         ステム。                   ・賞味期限切れ販売の削減
                           毎日需要予測を行い、発注点を自動更
                           新することで最適在庫を維持し続ける
                                              ・在庫削減による
                 キャッシュ・フ         自動発注システム。
                                               キャッシュ・フロー改善
          sinops-W
                 ロー  最適化   システ    仕入条件・賞味期限・商品受け入れ作
                                              ・自動化による人手不足解消
                 ム         業時間といった様々なことを考慮し、
                                              ・欠品削減による売上向上
                           キャッシュ・フローを最適化できま
        卸
                           す。
        売
        業
                           sinops-Wと連携することで過剰在庫を
                           算出し、拠点間の在庫偏在を解消する
                                              ・在庫削減による
                 移送指示最適化         ように移送指示を行うシステム。在庫
          sinops-IM
                                               キャッシュ・フロー改善
                 システム         の有無を拠点間で確認する必要がなく
                                              ・無駄な発注の削減
                           なり、自動で出てくる移送指示を承認
                           するだけで作業が完了します。
                           エリア別の製品需要を予測し、製造業
                           の生産計画の精度向上に貢献するシス
        製
                 中長期需要予測         テム。シリーズのsinops-R/Wと連携す                   ・在庫削減による
          sinops-M
        造
                 システム         ることでデマンド・チェーン・マネジ                    キャッシュ・フロー改善
        業
                           メント(※7)を確立でき、大幅な在
                           庫削減を実現します。
                                  26/143


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (2)レンタル販売
          レンタル販売は、パッケージ販売の一括販売型と異なり、利用料型で提供しております。顧客にとっては、ラ
         イセンス費用やサーバ費用といった初期導入コストを抑えられることがメリットとなります。
        (3)導入支援サービス

          導入支援サービスは、「sinopsシリーズ」を導入する企業に対して、基幹システムとのデータ連携、本部・店
         舗・拠点での運用構築支援及びインターフェイスなどのカスタマイズ開発のサービスを提供しております。当社
         の導入支援サービスの特徴としては、ただシステムを連携するのではなく、導入企業が「sinops」の導入効果を
         高めるための支援を行うことにあります。また、パッケージ販売もしくはレンタル販売した企業には、必ず導入
         支援サービスを提供し、導入企業が「sinopsシリーズ」の導入効果を出すことを最重要視しております。
        (4)サポートサービス

          サポートサービスは、「sinopsシリーズ」の導入支援サービスが完了した企業に対して、日々の問い合わせ対
         応、稼働・運用状況の監視、障害発生時のリカバリ作業及びKPIの維持・向上サービスを提供しております。
        ■用語の説明

        ※1 エキスパート法によるAI機能
          エキスパート法とは、専門知識のない素人あるいは初心者でも専門家と同じレベルの問題解決が可能となるよ
         う、その領域の専門知識をもとに動作するコンピュータシステムのことです。システムは専門家のかわりに特定
         の分野に特化した知識をもとに推論を行い、専門家のようにアドバイスや診断を行います。
        ※2 棚割

          棚割とは、商品を陳列棚のどこに、いくつ陳列するかを計画することをいいます。
        ※3 sinops-R

          「sinops-R」は「sinops-Rシリーズ」の総称で、旧バージョンである「sinops-R4」「sinops-R5」及び最新
         バージョンである「sinops-R6」を含んでおります。
        ※4 グロサリ

          グロサリとは、        一般的に冷蔵を要しない食品や雑貨を指します。例えば、調味料、飲料、お菓子や缶詰があげ
         られます。
        ※5 本部送り込み

          本部送り込みとは、小売業において、本部のバイヤーが企画・仕入れた商品を本部主導で各店舗へ送り込むこ
         とをいいます。
        ※6 特売残

          特売残とは、企画商品や本部送り込み商品の売れ残りのことです。
        ※7    デマンド・チェーン・マネジメント

          需要側(消費者等)から得られる情報を基点として商品開発、生産・供給計画、流通、販売体制等を統合的に
         編成する情報管理システムのことです。具体的には、POSデータ等の情報をもとに需要予測を行い、生産管理や
         在庫管理を最適化することを目指すシステムです。
                                  27/143







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ■事業系統図
                                  28/143




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【関係会社の状況】
        該当事項はありません。
                                  29/143




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【従業員の状況】
       (1)提出会社の状況
                                                   2018年10月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

              58             34.8              3.9             6,240

      (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、使用人
           兼務役員は含んでおりません。なお、臨時雇用者数は従業員数の100分の10未満であるため、記載しており
           ません。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.  当社は「sinops事業」の単一セグメントであるため、                         セグメント     別の記載はしておりません。
       (2)労働組合の状況

        当社の労働組合は、結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  30/143
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)業績
        第31期事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
         当事業年度における          小売業市場は142兆5,160億円となり、前年比1.9%増と堅調な推移を見せております。当社
        の主要顧客であるスーパーマーケット業界は13兆497億円、前年比0.4%増となり、比較的安定した市場となってお
        ります。また、当社の顧客として増加しつつあるドラッグストア業界は6兆295億円、前年比5.3%増と非常に好調
        な市場となっております(注1)。
         また、2017年12月末における求人倍率が1.59倍(注2)、販売・サービス系のアルバイト・パートの全国平均時給
        が977円(前年比27円増)となり(注3)、引き続き小売業における人手不足が顕著であります。
         このような環境のもと、当社は主力製品の「sinops-R」の最新バージョンの販売、新規ユーザーの拡大と既存
        ユーザーへのバージョンアップ提案及び「sinopsシリーズ」のセット販売強化による顧客あたりの販売額の向上を
        実施してまいりました。
         その結果、当社の小売業向け導入実績は、新規契約社数4社、新規契約店舗数477店舗となり、2017年12月31日
        時点で契約社数50社(前期比6.4%増)、稼働店舗数3,316店舗(前期比9.5%増)と順調に拡大しております。当
        事業年度における売上高は838,397千円(前期比13.6%増)、営業利益は150,175千円(前期比36.2%増)、経常利
        益は150,348千円(前期比37.0%増)、当期純利益は108,201千円(前期比53.1%増)となっております。
         なお、当社は「sinops事業」の単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付けた記載を行っておりませ

        ん。
        第32期第3四半期累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)

         2017年9月から2018年8月における小売業市場は143兆9,500億円となり、前年比1.5%増と堅調な推移を見せてお
        ります。    当社の主要顧客であるスーパーマーケット業界は13兆1,297億円、前年比1.0%増となり、比較的安定した
        市場となっております。また、当社の顧客として増加しつつある                              ドラッグストア業界は6兆3,116億円、前年比5.9%
        増と非常に好調な市場となっております(注1)。
         また、2018年8月末における求人倍率が1.62倍(注2)、2018年9月末における販売・サービス系のアルバイト・
        パートの全国平均時給が997円(前年比34円増)となり(注3)、引き続き小売業における人手不足が顕著でありま
        す。
         このような環境のもと、当社は主力製品の「sinops-R」の最新バージョンの拡販、既存顧客への追加提案及び導
        入支援サービスの改善を進め、新規ユーザーの拡大と製品・サービス品質の向上に努めてまいりました。
         その結果、当社の小売業向け導入実績は、新規契約社数5社、新規契約店舗数596店舗となり、2018年9月30日
        時点で契約社数54社、稼働店舗数4,392店舗と順調に拡大を続けております。当第3四半期累計期間における売上
        高は637,839千円、営業利益は142,206千円、経常利益は141,937千円、四半期純利益は96,316千円となりました。
        出所(注1)経済産業省「商業動態統計速報」

          (注2)厚生労働省「一般職業紹介状況」
          (注3)(株)リクルートジョブズ「アルバイト・パート募集時平均時給調査」
         なお、当社は「sinops事業」の単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付けた記載を行っておりませ

        ん。
       (2)キャッシュ・フローの状況

        第31期事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
         当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末と比べて55,809千円増加
        し、210,704千円となりました。
         当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        ①営業活動によるキャッシュ・フロー
         営業活動の結果得られた資金は92,909千円(前期は111,458千円の収入)となりました。主な要因は、法人税等
        の支払額が71,817千円、売上債権の増加額28,408千円があった一方で、税引前当期純利益が147,497千円、減価償
        却費21,466千円があったこと等によるものであります。
        ②投資活動によるキャッシュ・フロー
         投資活動の結果支出した資金は54,108千円(前期は19,243千円の支出)となりました。主な要因は、無形固定資
        産の取得による支出34,290千円、有形固定資産の取得による支出10,013千円、差入保証金の差入による支出9,907
        千円等があったことによるものであります。
                                  31/143


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③財務活動によるキャッシュ・フロー
         財務活動の結果得られた資金は17,008千円(前期は47,890千円の収入)となりました。主な要因は、長期借入金
        の返済による支出16,165千円があった一方で、長期借入れによる収入30,000千円があったこと等によるものであり
        ます。
      2【生産、受注及び販売の状況】

       (1)生産実績
         当社で行う事業は、提供するサービスの性格上、生産実績の記載になじまないため、当該記載を省略しておりま
        す。
       (2)受注状況

         第31期事業年度及び第32期第3四半期累計期間の受注状況を業務区分別に示すと、次のとおりであります。
                              第31期事業年度
                                                第32期第3四半期累計期間
                             (自 2017年1月1日
                                                (自 2018年1月1日
                             至 2017年12月31日)
                                                 至 2018年9月30日)
           業務区分
                      受注高      前年同期比       受注残高      前年同期比        受注高      受注残高
                      (千円)       (%)       (千円)       (%)      (千円)       (千円)
                                                 187,169        19,183
       パッケージ販売業務               411,781        112.1      66,344        148.8
                                                 102,910
       導入支援業務               114,778        116.5      54,629        148.3             55,669
                                                 147,372
       サポート業務               159,497        138.9     169,618        103.5            176,652
       レンタル業務               232,992        121.0     125,598        139.1     233,210       197,509

                                                 670,662
            合計          919,051        118.9     416,191        124.0            449,014
      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.当社は「sinops事業」の単一セグメントであるため、業務区分別の実績を記載しております。
       (3)販売実績

         第31期事業年度及び第32期第3四半期累計期間の販売実績を業務区分別に示すと、次のとおりであります。
                            第31期事業年度                 第32期第3四半期累計期間
                          (自 2017年1月1日                    (自 2018年1月1日
            業務区分
                           至 2017年12月31日)                    至 2018年9月30日)
                                                販売高(千円)
                        販売高(千円)         前年同期比(%)
        パッケージ販売業務                  390,015           117.3                  234,330
        導入支援業務                  96,993           92.4                 101,870
        サポート業務                  153,731           134.7                  140,339

        レンタル業務                  197,657           105.9                  161,299

             合計             838,397           113.6                  637,839

      (注)1.最近2事業年度及び第32期第3四半期累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に
           対する割合は次のとおりであります。
                       第30期事業年度             第31期事業年度           第32期第3四半期累計期間
                     (自 2016年1月1日             (自 2017年1月1日             (自 2018年1月1日
            相手先          至 2016年12月31日)             至 2017年12月31日)             至 2018年9月30日)
                     金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)      金額  (千円)     割合(%)

                       184,870             247,989             173,670
        株式会社日本アクセス                       25.0             29.6             27.2
                       72,304        9.8                   23,748        3.7
        株式会社ダイエー                             90,924       10.8
                                     75,623        9.0
        株式会社イシダ               115,390        15.6                    57,946        9.1
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  32/143



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       ■経営方針
        当社は「われわれは在庫に関わる“人”、“もの”、“金”、“時間”、“情報”を最適化するITソリューション
       を提供し、限りある資源を有効活用することで、広く社会に貢献するために存在している。」を基本理念、「世界中
       の無駄を10%削減する」をビジョンとし、需要予測型自動発注システム等の製品・サービスを提供しております。
       ■経営環境

        当社の主要ターゲットである小売業は、少子化による人手不足の深刻化、最低賃金の増額による人件費上昇、店舗
       数飽和による売上高向上余力減少等の影響により、省力化・無人化が最優先課題となってきております。そのため、
       省力化の実現が可能な当社の自動発注システムに対するニーズが高まっており、今後もさらなる市場拡大が見込めま
       す。
        当社は、食品スーパーマーケット向けの導入実績が数多くある強みを活かし、まずは以下3ステップで食品流通業

       におけるデマンド・チェーン・マネジメントを構築することを目指しております。
        1.食品スーパーマーケットを中心とした食品小売業のシェア率40%(注)獲得
        2.食品卸売等中間流通業のシェア率拡大
        3.食品製造業・原材料業向けのサービスを拡大し、「sinops」で食品流通業のデマンド・チェーン・マネジメン
          ト実現
        次に、医薬・雑貨・アパレル等の他業界へのサービス展開を強化します。また、コンビニ向けの事業展開も視野に

       入っており、国内基盤を強固なものとする計画です。
        その後、海外展開している日系企業を中心に海外サービスも展開し、ビジョンである「世界中の無駄を10%削減す

       る」の達成を目指しております。
       ■対処すべき課題

        当社は、以下4点を重要な経営課題と認識しております。なお、                               文中の将来に関する事項は、本書提出日現在にお
       いて、当社が判断したものであります。
       (1)全国でのシェア率向上

         当社のターゲットは、在庫最適の問題を抱える小売業、卸売業、製造業の全ての企業が対象です。特に小売業に
        おける売上高400億円以上の企業が主要ターゲットであり、小売市場における当社の需要予測型自動発注システム
        「sinops-R」は多数の顧客に導入いただいております。今後は、すでにシェア率30%以上を占める関西圏・四国圏
        以外にも、2017年度に新規開設した東京営業所を中心に、国内最大商圏である関東圏やその他東日本エリアでの
        シェア率を伸ばす活動をしております。また、海外展開も視野に入れており、具体的に次の2つに対応する準備を
        進めております。1つ目は、海外展開している日系企業向けへのサービス提供、2つ目は食品に対するシビアさを
        持った国の企業からのオファーへの対応準備を進めております。
       (2)食品業界以外でのデマンド・チェーン・マネジメント実現

         当社では、小売業・卸売業・製造業の在庫に関わる情報を一気通貫でつなげるデマンド・チェーン・マネジメン
        トの確立を目指しております。現在は食品小売業での                         シェア率を11.7%から40%以上にすることに注力し                        、食品業
        界でのデマンド・チェーン・マネジメント実現に向けての取組みを開始しております。今後、食品業界のみなら
        ず、医薬品・雑貨・衣類業界等々あらゆる業界でデマンド・チェーン・マネジメント構築を展開していくための準
        備を進めております。
       (3)製品・サービス品質向上

         当社は、日配・パン・惣菜等の難易度が高い商品カテゴリーにおける自動発注システム導入を成功させ、競合他
        社と差別化を図ってまいりました。その一方で、当社の製品・サービスの高度化に伴い、当社サービスの導入難易
        度が高くなってきていることが問題となってきております。そこで、製品そのものの抜本的な見直しやパートナー
        企業との提携を強化することで、導入難易度の低下、操作性向上、24時間のサポートサービス体制の実現といった
        サービス品質向上に努めております。
                                  33/143



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (4)優秀な人材の確保及び育成
         当社はより一層の事業拡大のため、毎年10~20%程度を増員する計画を立てております。また、一部の人材に集
        中していたノウハウの全社共有、教育制度の充実、評価制度の見直し等を行い、組織としての人材育成力の強化を
        積極的に推進しております。
       (注)シェア率は、以下計算式で算出しております。

          シェア率(%)=「sinops」導入企業の年間売上高計÷ターゲット企業の年間売上高計
          ※ターゲット企業とは、ダイヤモンド・チェーンストア「1000社ランキング」に掲載されている売上高400億
          円以上の企業(百貨店、コンビニ、ディスカウントストアを除く)
                                  34/143


















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【事業等のリスク】
        本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
       事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
       (1)事業環境について

        ① 市場環境について
          当社は、第31期事業年度においては、売上高全体に占める食品スーパーマーケット向けの売上高の割合が50%
         以上と高い水準にあります。今後、食品スーパーマーケット業界以外での導入実績を増やすことでリスクを低減
         する方針ではありますが、当社が想定している事業展開が図れない場合には、当該業界の業況等によりIT・シス
         テムへの投資が減少する           等 した場合に、当社の事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        ② 技術革新への対応について

          当社は、自動発注システム分野において多くの導入実績がある強みを活かし、既存顧客のニーズを積極的に汲
         み取り、ユーザーエクスペリエンス(注)のさらなる向上に努めてまいります。また、技術の最新動向をキャッ
         チアップし、効果的に事業に反映することで技術的優位性の強化を実現してまいります。しかしながら、当社の
         想定を超える革新的な技術や著しい市場環境の変化等が生じた場合に、当社が当該変化に適時に対応することが
         できなかった場合には、当社の事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
         (注)ユーザーエクスペリエンスとは、製品・サービスの利用を通じてユーザーが得る体験を指します。
        ③ 新規業界への進出について

          当社は、今後も持続的な成長と収益源の多様化を進めるために、食品スーパーマーケット業界以外の新規業界
         にも積極的に進出していきたいと考えております。しかしながら、新規業界へ進出した際には、その業界固有の
         リスク要因が加わると共に、新規業界での成功実績を積み上げていく過程では、その業界特有の商習慣をはじめ
         として様々な予測困難なリスクが発生する可能性があります。その結果、当社が想定している事業展開が図れな
         い場合には、当社の事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        ④ 競合の変化について

          当社の「sinops事業」の対象領域である自動発注システム分野においては、流通業の深刻な人手不足やホワイ
         トカラーの生産性向上に対する注目度の高まりもあり、他社の新規参入により競合が激化する可能性がありま
         す。当社では引き続き顧客ニーズを汲み取った製品・サービスの提供を進める方針でありますが、競合企業の営
         業方針、価格設定及び提供する製品・サービス等は、当社が属する市場に影響を与える可能性があります。これ
         らの競合企業に対して効果的な差別化を行うことができず、当社が想定している事業展開が図れない場合には、
         当社の事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (2)事業活動について

        ① 需要予測ロジックミスによる顧客への影響について
          当社の需要予測型自動発注システム「sinops-R」は、過去実績を基に需要予測数を計算し、最適な発注数を発
         注勧告データとしてユーザー側に提供するシステムです。「sinops-R」はあくまで発注勧告数を提供するシステ
         ムであり、発注数の確定はユーザー側で行いますが、需要予測ロジックの計算式に誤りがあり、ユーザー側に最
         適な発注勧告数を提供できず、ユーザー側における発注業務が円滑に実施できなくなる可能性があります。当社
         では「sinops-R」の需要予測ロジック精度向上のために継続的に研究開発を行うことはもちろん、新商品の販売
         や異常気象等の特殊事情が発生した場合にはユーザーの手動発注に切り替える等の対策を講じております。この
         ような対策にも関わらず、ユーザーの発注業務への影響が広範囲に渡り、復旧に相当時間を要した場合、関連す
         る損害についての賠償請求を受ける可能性や、当社の信頼性や企業イメージが低下し、顧客の獲得・維持が困難
         になる可能性があります。その結果、当社の事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        ② 人為的ミス・外的要因等によるサービスの中断・品質低下について

          当社が提供する製品・サービスに関して、人為的なミス、ハードウェアや通信回線の不具合等が発生した場
         合、これに起因して製品・サービスを継続的に提供できなくなること、または製品・サービスの品質が低下する
         こと等の重大なトラブルが発生する可能性があります。特に、当社の需要予測型自動発注システム「sinops-R」
         が、人為的ミスや当社がコントロールできない外的要因を起因としてユーザーに異常な発注勧告データを提供す
         る、もしくは発注勧告データそのものを提供できなくなる等により、ユーザー側における発注業務が円滑に実施
         できなくなる可能性があります。当社では、前日中に一旦予備の発注勧告データをユーザー側に送る仕様とする
         等、突発的なトラブルによってユーザー側の発注業務に重大な影響を及ぼさないようにするための対策を講じて
         おりますが、このような対策にも関わらず、製品・サービスの中断・品質低下による影響が広範囲にわたり、復
                                  35/143


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         旧に相当時間を要した場合、関連する損害についての賠償請求を受ける可能性や、当社の信頼性や企業イメージ
         が低下し、顧客の獲得・維持が困難になる可能性があります。その結果、当社の事業及び経営成績に影響を及ぼ
         す 可能性があります。
        ③ 特定の製品への依存について

          第31期事業年度における売上高のうち、主力製品である需要予測型自動発注システム「sinops-R」シリーズを
         中心とした小売業向け製品の売上高が74.5%を占めております。当社では主力製品に対して継続的に改良を加え
         ることにより、顧客のニーズに合った製品を提供し続ける対応を行っております。また、主力製品以外の新製品
         の開発に取り組み、収益の多様化を図っております。しかし、製品開発を計画通りに行うことができない、また
         は、主力製品以外の新製品が顧客に支持されない等の理由により、当社の製品が競争力を失った場合には、当社
         の事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        ④ 特定の取引先への依存について

          当社は、販売パートナーである株式会社日本アクセス向け売上高(第31期事業年度における売上高247,989千
         円、総売上高に対する割合29.6%)の割合が高い水準にあります。今後は、販売パートナー数の拡大により特定
         の取引先への依存度を低下させていく方針でありますが、受注する案件の規模によっては一時的に特定の取引先
         に対する売上高の依存が生じる可能性があります。当該取引先との取引量の変化が、当社の事業及び経営成績に
         影響を及ぼす可能性があります。
        ⑤ 情報の流出について

          当社は、事業を展開する上で、顧客情報(個人情報を含みます。)やその他の機密情報を取り扱っておりま
         す。当社の故意・過失または悪意を持った第三者のサイバー攻撃                              等 により、これらの情報の流出や消失                 等 が発生
         する可能性があります。こうした事態が生じた場合、関連する損害についての賠償請求を受ける可能性や、当社
         の信頼性や企業イメージが低下し、顧客の獲得・維持が困難になる可能性があります。その結果、当社の事業及
         び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        ⑥ 知的財産権について

          当社は、保有する特許の保護、他社との差別化のための特許の獲得に努めていますが、これらが十分に行えな
         い場合、関連する事業に悪影響を及ぼす可能性があります。また、当社は製品の開発・生産に必要な第三者の特
         許の使用許諾権の確保に努めていますが、将来、必要な許諾権が受けられない可能性や不利な条件での使用を余
         儀なくされる可能性があります。いずれの場合も当社の業績と財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
          一方で、当社は、自動発注システムにおけるアプリケーション、ビジネスモデルに関する特許権、実用新案権
         またはサービスに係る商標権等の知的財産権の調査等は可能な限り対応しておりますが、第三者の知的財産権を
         完全に把握することは困難であり、当社が認識せず他社の知的財産権を侵害してしまう可能性は残されます。本
         書提出日現在まで当社では事業に関連した特許その他知的財産権に関わる訴訟を提起されたことはありません
         が、当社の認識外で第三者の知的財産権を侵害してしまった場合や、将来、当社の事業に関連した特許その他の
         知的財産権が第三者にて成立した場合、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        ⑦ 受注損失の発生について

          当社の導入支援サービスは、目標とする導入効果をユーザーと合意した上で導入支援プロジェクトの完了条件
         を決め、想定される難易度及び工数に基づいて見積りを作成し、適正な利益率を確保した上でプロジェクトを受
         注しております。導入効果の目標値については、ユーザーの実データを基にした効果シミュレーション、自動発
         注対象範囲、遵守すべき運用ルール等を取り決めた上で設定しておりますが、全てのプロジェクトに対して正確
         に導入効果を見積ることは困難であり、想定以上に導入効果が出ない可能性があります。また、プロジェクト中
         にユーザーと目標値の認識違いが発生しないように、情報共有の徹底に努めておりますが、ユーザーとプロジェ
         クトの完了条件に認識違いが発生する可能性があります。当初想定した利益率を確保するために、完了条件の認
         識合わせ・要員管理・進捗管理・予算管理等のプロジェクト管理を行っておりますが、予期せぬトラブルやスケ
         ジュール変更等により工数が大幅に増加し、受注損失が発生する場合があります。当社では導入支援サービスの
         分割検収を行うことで業績への影響を最小限に抑えるように努めておりますが、当社の財政状態及び経営成績に
         影響を及ぼす可能性があります。
                                  36/143




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑧ 製品保証の発生について
          当社は、将来のビジネス展開を考慮し、ユーザーの導入効果を出すことを最優先としております。そのため、
         すでに「sinops」を利用しているユーザーに対しても、さらに導入効果を向上させることを目的に、当社自らの
         判断で再度導入支援サービスを無償提供することがあります。ユーザーからの要望ではないため、契約上の義務
         が発生しているわけではありませんが、無償の導入支援サービスに係る見込原価に対して、製品保証が発生する
         場合があります。その結果、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)組織体制について

        ① 特定の役員・社員への依存について
          当社は2018年10月31日現在、取締役6名(うち監査等委員3名)、従業員58名と組織規模が小さく、内部管理
         体制や業務執行体制も当該組織規模に応じたものとなっております。従って、当社の役員や従業員が病気や怪我
         等により業務を遂行する上で支障が生じた場合や転職等により人材が社外に流出した場合には、当社の業務に支
         障が生じる可能性があります。その結果、当社の事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        ② 人材の確保・育成について

          当社において優秀な人材の確保・育成及び定着は最重要課題であり、将来に向けた積極的な採用活動、人事評
         価制度の整備や研修の実施等の施策を通じ、社内リーダー層への幹部教育、新入社員及び中途入社社員の育成・
         定着に取り組んでおります。しかしながら、これらの施策が効果的である保証はなく、必要な人材を確保できな
         い可能性があります。その結果、当社の事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        ③ 内部管理体制について

          当社は、企業価値の継続的かつ安定的な増大を図るためにはコーポレート・ガバナンスが有効に機能すること
         が不可欠であり、同時に適切な内部管理体制の構築が必要であると認識しております。当社では、内部監査や内
         部通報制度への対応、さらには法令や社内規程等の遵守の徹底を行っておりますが、事業の急速な拡大により、
         十分な内部管理体制の構築が追いつかない事態が生じる場合には適切な業務運営が困難となり、当社の事業及び
         業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (4)その他

        ① 新株予約権の行使による株式価値の希薄化について
          当社は、当社取締役、従業員に対するインセンティブの目的で新株予約権を付与しております。また、一部社
         外協力者に対しても継続的な協力関係の維持のため新株予約権を付与しております。これらの新株予約権が行使
         された場合、当社株式が新たに発行され、保有株式の株式価値が希薄化する可能性があります。
          なお、本書提出日時点における新株予約権による潜在株式数は64,400株であり、株式総数1,056,800株(潜在
         株式を含む)の6.09%に相当しております。
        ② 自然災害について

          顧客の情報資産が格納されるサーバーは複数箇所に分散管理することでリスクを分散させておりますが、デー
         タセンターやその周辺ネットワーク設備等に被害を及ぼす災害・事故等が発生し、情報資産の消失またはサービ
         スの提供が維持できない状態に至った場合には、当社の事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        ③ 風評について

          当社は、法令遵守違反           等 の不適切な行為が発覚した場合は速やかに適切な対応を図っておりますが、当社に対
         する悪質な風評がマスコミ報道やインターネット上の書き込み等により発生・流布した場合は、それが正確な事
         実に基づくものであるか否かに関わらず、当社の信頼性や企業イメージが低下し、顧客の獲得・維持が困難にな
         る可能性があります。その結果、当社の事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  37/143





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【経営上の重要な契約等】
       該当事項はありません。
                                  38/143




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6【研究開発活動】
       第31期事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
        当社では「sinopsシリーズ」の機能強化または新しい切り口での製品・サービスの開発を目的に、技術部において
       研究開発活動を行っております。当事業年度においては、棚割メンテナンスアプリケーション「sinops-Pad」の
       Windows対応、調剤薬局向け自動発注システム機能の強化、AI(人工知能)技術の強化                                        等 の開発を行いました。ま
       た、2017年6月には研究開発室を設立し、研究開発体制を強化しました。
        当事業年度における当社が支出した研究開発費の総額は25,717千円であります。
        なお、当社は「sinops事業」の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
       第32期第3四半期累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)

        当社では「sinopsシリーズ」の機能強化または新しい切り口での製品・サービスの開発を目的に、技術部において
       研究開発活動を行っております。
        第32期第3四半期累計期間における当社が支出した研究開発費の総額は9,670千円であります。
        なお、当社は「sinops事業」の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
                                  39/143
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
       (1)重要な会計方針及び見積り

         当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて作成しております。
        この財務諸表の作成にあたって、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額並び
        に開示に影響を与える見積りを必要とします。経営者は、これらの見積りについて過去の実績や現状等を勘案し合
        理的に判断していますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があり
        ます。当社の財務諸表で採用する重要な会計方針は後記「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 
        注記事項 重要な会計方針」に記載しております。
       (2)財政状態の分析

        第31期事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
        ①資産
         当事業年度末における総資産は602,111千円(前事業年度末比121,279千円の増加)となりました。                                             主な要因は、
        現金及び預金が55,809千円、売掛金が28,408千円、ソフトウエアが21,428千円増加したこと等によるものでありま
        す。
        ②負債
         当事業年度末における負債は282,885千円(前事業年度末比1,026千円の増加)となりました。                                           主な要因は、未払
        法人税等が28,327千円減少した一方で、借入金が13,835千円、受注損失引当金が11,034千円増加したこと等による
        ものであります。
        ③純資産
         当事業年度末における純資産は319,225千円(前事業年度末比120,253千円の増加)となりました。                                             主な要因は、
        当期純利益の計上により繰越利益剰余金が108,201千円増加したこと等によるものであります。
        第32期第3四半期累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)

        ①資産
         当第3四半期会計期間末における総資産は691,623千円(前事業年度末比89,512千円の増加)となりました。                                                   主
        な要因は、売掛金が87,048千円減少した一方で、現金及び預金が144,247千円、仕掛品が18,739千円増加したこと
        等によるものであります。
        ②負債
         負債は272,631千円(前事業年度末比10,254千円の減少)となりました。                                   主な要因は、前受金が35,922千円増加
        した一方で、その他流動負債に含まれる預り金が18,150千円、受注損失引当金が17,903千円、長期借入金が12,497
        千円減少したこと等によるものであります。
        ③ 純資産
         純資産は418,991千円(           前事業年度末比       99,766千円の増加)となりました。                 主な要因は四半期純利益の計上によ
        り利益剰余金が96,316千円増加したこと等によるものであります。
                                  40/143








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)経営成績の分析
        第31期事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
         当事業年度の経営成績は、売上高838,397千円、営業利益150,175千円、経常利益150,348千円、当期純利益
        108,201千円となりました。
         当事業年度における主な勘定科目等の状況は次のとおりです。
        ①売上高
         当事業年度における売上高は838,397千円(前期比13.6%増)となりました。これは主に、新規パッケージ売上
        高増加によるものであります。
        ②売上総利益
         当事業年度における売上総利益は451,770千円(前期比13.1%増)となりました。これは主に、新規パッケージ
        売上高の増加、製品保証引当金繰入額の減少によるものであります。
        ③営業利益
         当事業年度における営業利益は150,175千円(前期比36.2%増)となりました。これは主に、役員報酬の増加、
        支払報酬料及び研究開発費の減少によるものであります。
        ④経常利益
         当事業年度における経常利益は150,348千円(前期比37.0%増)となりました。
        ⑤当期純利益
         当事業年度における当期純利益は108,201千円(前期比53.1%増)となりました。
        第32期第3四半期累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)

         第32期第3四半期累計期間の経営成績は、売上高637,839千円、営業利益142,206千円、経常利益141,937千円、
        四半期純利益96,316千円となりました。
        当第3四半期累計期間における主な勘定科目等の状況は次のとおりです。
        ①売上高
         第32第3四半期累計期間における売上高は637,839千円となりました。これは主に、新規パッケージ売上による
        ものであります。
        ②売上総利益
         売上原価は269,958千円となりました。これは主に労務費、製造経費によるものです。その結果、当第3四半期
        累計期間における売上総利益は367,880千円となりました。
        ③営業利益
         販売費及び一般管理費は225,673千円となりました。これは主に人件費によるものです。その結果、当第3四半
        期累計期間における営業利益は142,206千円となりました。
        ④経常利益
         営業外収益は332千円、営業外費用は601千円となりました。その結果、当第3四半期累計期間における経常利益
        は141,937千円となりました。
        ⑤四半期純利益
         法人税、住民税及び事業税            は40,789千円、法人税等調整額は4,831千円となりました。その結果、当第3四半期
        累計期間における四半期純利益は96,316千円となりました。
       (4)キャッシュ・フローの状況の分析

         「1 業績等の概要 (2)キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
       (5)経営成績に重要な影響を与える要因について

         当社は、「4 事業等のリスク」に記載のとおり、市場環境、製品・サービス品質、組織体制等、様々なリスク
        要因が当社の経営成績に重要な影響を与える可能性があると認識しております。そのため、当社は常に市場動向に
        留意しつつ、内部管理体制を強化し、優秀な人材を確保し、市場のニーズに合ったサービスを展開していくことに
        より、経営成績に重要な影響を与えるリスク要因を分散・低減し、適切に対応を行ってまいります。
       (6)経営者の問題意識と今後の方針について

         当社が今後の業容を拡大し、より良いサービスを継続的に展開していくためには、経営者は「3 経営方針、経
        営環境及び対処すべき課題等」に記載の様々な課題に対処していくことが必要であると認識しております。それら
        の課題に対応するために、経営者は常に外部環境の構造やその変化に関する情報の入手及び分析を行い、現在及び
        将来における市場環境を確認し、その間の課題を認識すると同時に最適な解決策を実施していく方針であります。
                                  41/143



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
       第31期事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
        当事業年度の設備投資総額は、44,384千円であります。
        その主な内容は、東京営業所設備工事代3,390千円及び「sinops事業」における販売用ソフトウエア開発による無
       形固定資産の取得34,270千円であります。
        なお、当事業年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
        当社は「sinops事業」の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
       第32期第3四半期累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)

        当第3四半期累計期間の設備投資総額は、28,606千円であります。
        その内容は、販売用ソフトウエア開発による無形固定資産の取得28,606千円であります。
        当社は「sinops事業」の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
                                  42/143
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【主要な設備の状況】
       当社は、国内に3ヶ所の営業所及び事務所を有しております。
       以上のうち、主要な設備は、以下のとおりであります。
                                     2017年12月31日現在
                               帳簿価額
           事業所名                               従業員数
                              工具、器具
                   設備の内容
           (所在地)               建物           合計     (人)
                               及び備品
                                    (千円)
                         (千円)
                               (千円)
        本社
                  事務所設備         6,919      9,802     16,722      44
        (大阪府大阪市北区)
        東京営業所
                  事務所設備         3,309       -    3,309      ▶
        (東京都千代田区)
       (注)1.上記の金額には消費税等を含めておりません。
          2.本社、東京営業所の建物は賃借であり、年間賃借料はそれぞれ以下のとおりであります。
             本社      28,470千円
             東京営業所            9,841千円
          3.  当社は「sinops事業」の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
                                  43/143















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【設備の新設、除却等の計画】                  (2018年10月31日現在)
       (1)重要な設備の新設
         該当事項はありません。
       (2)重要な改修

         該当事項はありません。
                                  44/143



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                               3,969,600

                  計                             3,969,600

     (注) 2018年3月28日開催の株主総会決議により、2018年4月1日付で株式分割に伴う定款変更を行い、発行可能株式総
        数は3,948,200株増加し、3,969,600株となっております。
        ②【発行済株式】

                                 上場金融商品取引所名又は
           種類            発行数(株)           登録認可金融商品取引業協                   内容
                                 会名
                                               完全議決権株式であり、権
                                               利内容に何ら限定のない当
                                               社における標準となる株式
          普通株式               992,400             非上場
                                               であります。
                                               なお、単元株式数は100株で
                                               あります。
           計              992,400              -              -
      (注)1.    2018年3月12日開催の取締役会決議により、2018年4月1日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行っ
          ております。これにより発行済株式数は987,438株増加し、992,400株となっております。
        2.  2018年3月28日開催の株主総会決議により、2018年4月1日付で1単元を100株とする単元株制度を採用して
          おります。
                                  45/143












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【新株予約権等の状況】
           会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
            株式会社リンク第1回新株予約権(2016年3月19日定時株主総会決議)
                                    最近事業年度末現在             提出日の前月末現在
                                    (2017年12月31日)             (2018年10月31日)
      新株予約権の数(個)                                  40             同左

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 ―             ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                                 普通株式              同左

      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                  40(注)1            8,000(注)1

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                               130,000(注)2               650(注)2

                                    自 2016年7月1日
      新株予約権の行使期間                                               同左
                                    至 2026年6月30日
                                    発行価格       130,000
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                                            発行価格  650
      価格及び資本組入額(円)                                            資本組入額 325
                                    資本組入額 65,000
      新株予約権の行使の条件                                 (注)3              同左

                                  譲渡による本新株予約権の

                                  取得については、当社取締
      新株予約権の譲渡に関する事項                                               同左
                                  役会の決議による承認を要
                                  するものとする。
      代用払込みに関する事項                                  ―              ―
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                 (注)5              同左

     (注)1.     新株予約権1個につき、目的となる株式数は、1株であります。ただし、付与株式数は、本新株予約権の割当
          日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う場合、次の算
          式により調整されるものとする。ただし、係る調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新
          株予約権の目的である株式の数についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切
          り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割または併合の比率
          本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これらの場合に準
          じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものとする。
        2.  本新株予約権の割当日後、当社が株式分割                    または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調
          整による1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                    1
          調整後行使価額 = 調整前行使価額 ×
                                分割または併合の比率
          本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を
          行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の移転の
          場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                         新規発行株式数×1株当たり払込金額
                               既発行株式数 +
          調整後行使価額 = 調整前行使価額 ×
                                           新株発行前の1株当たりの時価
                                     既発行株式数 + 新規発行株式数

          上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に                           係る  発行済株式総数から当社普通株式に                 係る  自己株
          式数を   控除した数とし、また当社普通株式に                  係る  自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処
          分する自己株式数」に読み替えるものとする。                      さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と
          合併する場合、会社分割を行う場合、その他これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当
          社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調整を行うことができるものとする。
                                  46/143


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        3.  新株予約権の行使の条件については、以下のとおりであります。
        (1)行使条件
         ①新株予約権者は、2016年12月期乃至2018年12月期の期間中、いずれかの期の営業利益(監査済みの損益計算
          書(連結財務諸表を作成している場合には連結損益計算書)に基づくものとする。)が100百万円を超過した
          場合、新株予約権を行使することができる。
         ②新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会社の取締役、監査役、相談
          役、顧問または従業員であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由が
          あると取締役会が認めた場合は、この限りではない。
         ③新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
         ④本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとなる
          ときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
         ⑤各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         ⑥新株予約権者は、本新株予約権の行使期間(以下「行使期間」という。)中、その保有する本新株予約権の
          全部または一部について、当社の承諾を得ることなく放棄をしてはならない。
         ⑦新株予約権行使後1年間は、新たに行使はできない。
        (2)行使可能割合
         新株予約権者は、割当てられた本新株予約権個数のうち、その全部または一部につき本新株予約権を行使する
         ことができる。ただし、権利行使は1個単位とする。また、1度の行使個数は、新株予約権者が引き受けた個
         数の20%を超過することになる行使はできないものとする(1個未満の端数が生じる場合、切り上げ計算し1
         個とする。)      。
        (3)権利喪失事由
         新株予約権者は、次の各号の一に該当した場合、権利行使期間(以下「行使期間                                      」 という。)中といえども、
         直ちに新株予約権を喪失する。
         ①禁錮以上の刑に処せられた場合。
         ②当社   または当社の関係会社の就業規則その他の社内諸規則等に違反し、または社会や当社または当社の関係
          会社に対する背信行為があった場合において、これにより懲戒解雇または辞職・辞任した場合。
         ③当社   または当社の関係会社の業務命令によらず、もしくは当社または当社の関係会社の書面による承諾を事
          前に得ず、当社または当社の関係会社以外の会社その他の団体の役員、執行役、顧問、従業員等になった場
          合。
         ④当社   または当社の関係会社に対して損害またはそのおそれをもたらした場合、その他本新株予約権を付与し
          た趣旨に照らし権利行使を認めることが相当でないと取締役会が認めた場合。
         ⑤死亡した場合。
         ⑥当社   または当社の関係会社の承諾を得て、当社所定の書面により新株予約権の全部または一部を放棄する旨
          を申し出た場合。
         ⑦新株予約権者が退職、退任もしくは顧問契約解除後30日以内に、本新株予約権を行使しなかった場合。
         ⑧当社が上場できなかった場合。
        4.  新株予約権の取得に関する事項
         ①当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計画、ま
          たは当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承認
          を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来をもっ
          て、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
         ②新株予約権者が権利行使をする前に、(注)3(1)の行使条件により本新株予約権の行使ができなくなっ
          た場合は、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
                                  47/143






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        5.  当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株予
          約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下
          「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。ただし、以下
          の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新
          設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上
          記(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記③に従って決定される当該新
          株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から行使期間の末日までとする。
         ⑥新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
          に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたとき
          は、その端数を切り上げるものとする。本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資
          本準備金の額は、上記の資本金等増加限度額から、上記で増加する資本金の額を減じた額とする。
         ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         ⑧その他新株予約権の行使の条件
          (注)3に準じて決定する。
         ⑨新株予約権の取得事由及び条件
          (注)4に準じて決定する。
         ⑩その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
        6.   2018年3月12日開催の取締役会決議により、2018年4月1日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行っ
          ております。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新
          株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  48/143









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            株式会社リンク第2回新株予約権(2016年3月19日定時株主総会決議)
                                    最近事業年度末現在             提出日の前月末現在
                                    (2017年12月31日)             (2018年10月31日)
      新株予約権の数(個)                                 185              153

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                  20              ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式                同左

      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                 185(注)1            30,600(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                               130,000(注)2               650(注)2
                                    自 2018年4月1日
      新株予約権の行使期間                                               同左
                                    至 2026年3月18日
                                    発行価格       130,000
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                                            発行価格  650
      価格及び資本組入額(円)                                            資本組入額 325
                                    資本組入額 65,000
      新株予約権の行使の条件                                 (注)3              同左

                                  譲渡による本新株予約権の

                                  取得については、当社取締
      新株予約権の譲渡に関する事項                                               同左
                                  役会の決議による承認を要
                                  するものとする。
      代用払込みに関する事項                                   ―             ―
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                 (注)5              同左

     (注)1.     新株予約権1個につき、目的となる株式数は、1株であります。ただし                                 、付与株式数は、本新株予約権の割当
          日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う場合、次の算
          式により調整されるものとする。ただし、                    係る  調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新
          株予約権の目的である株式の数についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切
          り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割または併合の比率
          本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これらの場合に準
          じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものとする。
        2.  本新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調

          整による1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                    1
          調整後行使価額 = 調整前行使価額 ×
                                分割または併合の比率
          本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を
          行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の移転の
          場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                         新規発行株式数×1株当たり払込金額
                               既発行株式数 +
          調整後行使価額 = 調整前行使価額 ×                                 新株発行前の1株当たりの時価
                                     既発行株式数 + 新規発行株式数

          上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に                           係る  発行済株式総数から当社普通株式に                 係る  自己株
          式数を控除した数とし、また当社普通株式に                     係る  自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処
          分する自己株式数」に読み替えるものとする。さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と
          合併する場合、会社分割を行う場合、その他これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当
          社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調整を行うことができるものとする。
                                  49/143



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        3.  新株予約権の行使の条件については、以下のとおりであります。
        (1)行使条件
         ① 新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会社の取締役、監査役、相談
          役、顧問または従業員であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由が
          あると取締役会が認めた場合は、この限りではない。
         ② 新株予約権者      の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
         ③本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとなる
          ときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
         ④各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         ⑤新株予約権      行使後1年間は、新たに行使はできない。
        (2)行使可能割合
         ①新株予約権者       は、割当てられた本新株予約権個数のうち、その全部または一部につき本新株予約権を行使す
          ることができる。ただし、権利行使は1個単位とする。また、1度の行使個数は、新株予約権者が引き受け
          た個数の20%を超過することになる行使はできないものとする(1個未満の端数が生じる場合、切り上げ計
          算し1個とする。)。
         ②新株予約権の行使に係る行使価額の年間(1月1日から12月31日まで)の合計額が1,200万円を超過すること
          になる行使はできないものとする。ただし、この金額は、租税特別措置法第29条の2第1項第2号に定める
          金額が改正された場合には、当該改正を含む改正租税特別措置法の施行日に当該改正後の金額に変更される
          ものとす    る。
        (3)権利喪失事由
          新株予約権者は、次の各号の一に該当した場合、権利行使期間(以下「行使期間」という。)中といえども、
          直ちに新株予約権を喪失する。
         ①禁錮   以上の刑に処せられた場合。
         ②当社の就業規則その他の社内諸規則等に違反し、または社会や当社に対する背信行為があった場合におい
          て、これにより懲戒解雇または辞職・辞任した場合。
         ③当社の業務命令によらず、または会社の書面による承諾を事前に得ず、当社及び当社の関連会社以外の会社
          その他の団体の役員、執行役、顧問、従業員等になった場合。
         ④当社または当社の関係会社に対して損害またはそのおそれをもたらした場合、その他新株予約権を付与した
          趣旨に照らし権利行使を認めることが相当でないと取締役会が認めた場合。
         ⑤死亡した場合。
         ⑥当社所定の書面により新株予約権の全部または一部を放棄する旨を申し出た場合。
         ⑦新株予約権者が退職もしくは退任後30日以内に、本新株予約権を行使しなかった場合。
         ⑧会社が    上場できなかった場合。
        4.  新株予約権の取得に関する事項
         ① 当社が消滅会社       となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計画、ま
          たは当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承認
          を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来をもっ
          て、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
         ②新株予約権者が権利行使をする前に、(注)3(1)の行使条件により本新株予約権の行使ができなくなった
          場合は、当社は       新株予約権を無償で取得することができる。
                                  50/143







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        5.  当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株予
          約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下
          「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。ただし、以下
          の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新
          設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         ①交  付する再編対象会社の新株予約権の数
          新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上
          記(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記③に従って決定される当該新
          株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い
          日から行使期間の末日までとする。
         ⑥新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
          に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたとき
          は、その端数を切り上げるものとする。本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資
          本準備金の額は、上記の資本金等増加限度額から、上記で増加する資本金の額を減じた額とする。
         ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         ⑧その他新株予約権の行使の条件
          (注)3に準じて決定する。
         ⑨新株予約権の取得事由及び条件
          (注)4に準じて決定する。
         ⑩その他    の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
        6.   2018年3月12日開催の取締役会決議により、2018年4月1日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行っ
          ております。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新
          株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  51/143









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            株式会社リンク第3回新株予約権(2017年3月28日定時株主総会決議)
                                    最近事業年度末現在             提出日の前月末現在
                                    (2017年12月31日)             (2018年10月31日)
      新株予約権の数(個)                                  44             同左

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                   ―             ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                                 普通株式              同左

      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                  44(注)1            8,800(注)1

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                               200,000(注)2              1,000(注)2

                                    自 2017年5月1日
      新株予約権の行使期間                                               同左
                                    至 2027年4月30日
                                    発行価格       200,000        発行価格       1,000
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
      価格及び資本組入額(円)                              資本組入額      100,000        資本組入額       500
      新株予約権の行使の条件                                 (注)3              同左

                                  譲渡による本新株予約権の

                                  取得については、当社取締
      新株予約権の譲渡に関する事項                                               同左
                                  役会の決議による承認を要
                                  するものとする。
      代用払込みに関する事項                                   ―             ―
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                 (注)5              同左

     (注)1.     新株予約権1個につき、目的となる株式数は、1株であります。ただし、付与株式数は、本新株予約権の割当
          日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う場合、次の算
          式により調整されるものとする。係る調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権
          の目的である株式の数についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる
          ものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割または併合の比率
          本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これらの場合に準
          じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものとする。
        2.  本新株予約権の割当日後、当社が株式分割                    または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調
          整による1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                    1
          調整後行使価額 = 調整前行使価額 ×
                                分割または併合の比率
          本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を
          行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の移転の
          場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                         新規発行株式数×1株当たり払込金額
                               既発行株式数 +
          調整後行使価額 = 調整前行使価額 ×
                                           新株発行前の1株当たりの時価
                                     既発行株式数 + 新規発行株式数

          上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に                           係る  発行済株式総数から当社普通株式に                 係る  自己株
          式数を   控除した数とし、また、当社普通株式に                   係る  自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を
          「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。                        さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他
          社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合に
          は、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調整を行うことができるものとする。
                                  52/143



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        3.  新株予約権の行使の条件については、以下のとおりであります。
        (1)行使条件
         ①新株予約権者は、2017年12月期乃至2019年12月期の3期間中、いずれかの期の営業利益(監査済みの損益計
          算書(連結財務諸表を作成している場合には連結損益計算書)に基づくものとする。)が250百万円を超過し
          た場合、新株予約権を行使することができる。
         ②新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会社の取締役、監査役、相談
          役、顧問または従業員であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由が
          あると取締役会が認めた場合は、この限りではない。
         ③新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
         ④本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとなる
          ときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
         ⑤各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         ⑥新株予約権者は、本新株予約権の行使期間(以下「行使期間」という。)中、その保有する本新株予約権の
          全部または一部について、会社の承諾を得ることなく放棄をしてはならない。
         ⑦新株予約権行使後1年間は、新たに行使はできない。
        (2)行使可能割合
          新株予約権者は、割当てられた本新株予約権個数のうち、その全部または一部につき本新株予約権を行使する
          ことができる。ただし、権利行使は1個単位とする。また、1度の行使個数は、新株予約権者が引き受けた個
          数の20%を超過することになる行使はできないものとする(1個未満の端数が生じる場合、切り上げ計算し1
          個とする。)      。
        (3)権利喪失事由
          新株予約権者は、次の各号の一に該当した場合、権利行使期間(以下「行使期間」という。)中といえども、
          直ちに新株予約権を喪失する。
         ①禁錮以    上の刑に処せられた場合。
         ②当社または当社の関係会社の就業規則その他の社内諸規則等に違反し、または社会や当社または当社の関係
          会社に対する背信行為があった場合において、これにより懲戒解雇または辞職・辞任した場合。
         ③当社または当社の関係会社の業務命令によらず、もしくは当社または当社の関係会社の書面による承諾を事
          前に得ず、当社または当社の関係会社以外の会社その他の団体の役員、執行役、顧問、従業員等になった場
          合。
         ④当社または当社の関係会社に対して損害またはそのおそれをもたらした場合、その他本新株予約権を付与し
          た趣旨に照らし権利行使を認めることが相当でないと取締役会が認めた場合。
         ⑤死亡した場合。
         ⑥当社または当社の関係会社の承諾を得て、当社所定の書面により新株予約権の全部または一部を放棄する旨
          を申し出た場合。
         ⑦新株予約権者が退職、退任もしくは顧問契約解除後30日以内に、本新株予約権を行使しなかった場合。
         ⑧当社が上場できな         かった場合。
        4.  新株予約権の取得に関する事項
         ①当社が消滅      会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計画また
          は当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承認を
          要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来をもっ
          て、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
         ②新株予約権者が権利行使をする前に、(注)3(1)の行使条件により本新株予約権の行使ができなくなった
          場合は当社は新       株予約権を無償で取得することができる。
                                  53/143






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        5.  当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株予
          約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下
          「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。ただし、以下
          の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新
          設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上
          記(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記③に従って決定される当該新
          株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から行使期間の末日までとする。
         ⑥新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
          に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたとき
          は、その端数を切り上げるものとする。本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資
          本準備金の額は、上記の資本金等増加限度額から、上記で増加する資本金の額を減じた額とする。
         ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         ⑧その他新株予約権の行使の条件
          (注)3(1)に準じて決定する。
         ⑨新株予約権の取得事由及び条件
          (注)4に準じて決定する。
         ⑩その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
        6.  2018年3月12日開催の取締役会決議により、2018年4月1日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行っ
          ております。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新
          株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  54/143









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            株式会社リンク第4回新株予約権(2017年3月28日定時株主総会決議)
                                    最近事業年度末現在             提出日の前月末現在
                                    (2017年12月31日)             (2018年10月31日)
      新株予約権の数(個)                                 102              85
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                  7             ―
      新株予約権の目的となる株式の種類                                 普通株式              同左

      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                 102(注)1            17,000(注)1

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                               200,000(注)2              1,000(注)2

                                    自 2019年3月28日
      新株予約権の行使期間                                               同左
                                    至 2027年3月27日
                                    発行価格       200,000        発行価格       1,000
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
      価格及び資本組入額(円)                              資本組入額      100,000        資本組入額        500
      新株予約権の行使の条件                                 (注)3              同左

                                  譲渡による本新株予約権の

                                  取得については、当社取締
      新株予約権の譲渡に関する事項                                               同左
                                  役会の決議による承認を要
                                  するものとする。
      代用払込みに関する事項                                   ―             ―
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                 (注)5              同左

     (注)1.     新株予約権1個につき、目的となる株式数は、1株であります。ただし、                                  付与株式数は、本新株予約権の割当
          日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う場合、次の算
          式により調整されるものとする。               係る  調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権
          の目的である株式の数についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる
          ものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割または併合の比率
          本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これらの場合に準
          じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものとする。
        2.  本新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調
          整による1円未満の端数は切り上げる。
                                    1
          調整後行使価額 = 調整前行使価額 ×
                                分割または併合の比率
          本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を
          行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の移転の
          場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                         新規発行株式数×1株当たり払込金額
                               既発行株式数 +
          調整後行使価額 = 調整前行使価額 ×
                                           新株発行前の1株当たりの時価
                                     既発行株式数 + 新規発行株式数

          上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に                           係る  発行済株式総数から当社普通株式に                 係る  自己株
          式数を控除した数とし、また、当社普通株式に                      係る  自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を
          「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他
          社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合に
          は、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調整を行うことができるものとする。
                                  55/143



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        3.  新株予約権の行使の条件については、以下のとおりであります。
        (1)行使条件
         ① 新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会社の取締役、監査役、相談
          役、顧問または従業員であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由が
          あると取締役会が認めた場合は、この限りではない。
         ② 新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
         ③本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとなる
          ときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
         ④各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         ⑤新株予約権      行使後1年間は、新たに行使はできない。
        (2)行使可能割合
         ①新株予約権者       は、割当てられた本新株予約権個数のうち、その全部または一部につき本新株予約権を行使す
          ることができる。ただし、権利行使は1個単位とする。また、1度の行使個数は、新株予約権者が引き受け
          た個数の20%を超過することになる行使はできないものとする(1個未満の端数が生じる場合、切り上げ計
          算し1個とする。)。
         ②新株予約権の行使に係る行使価額の年間(1月1日から12月31日まで)の合計額が1,200万円を超過すること
          になる行使はできないものとする。ただし、この金額は、租税特別措置法第29条の2第1項第2号に定める
          金額が改正された場合には、当該改正を含む改正租税特別措置法の施行日に当該改正後の金額に変更される
          ものとする。
        (3)権利喪失事由
          新株予約権者は、次の各号の一に該当した場合、権利行使期間(以下「行使期間」という。)中といえども、
          直ちに新株予約権を喪失する。
         ①禁錮以上     の刑に処せられた場合。
         ②当社の就業規則その他の社内諸規則等に違反し、または社会や当社に対する背信行為があった場合におい
          て、これにより懲戒解雇または辞職・辞任した場合。
         ③当社の業務命令によらずまたは当社の書面による承諾を事前に得ず、当社及び当社の関連会社以外の会社そ
          の他の団体の役員、執行役、顧問、従業員等になった場合。
         ④当社または当社の関係会社に対して損害またはそのおそれをもたらした場合、その他新株予約権を付与した
          趣旨に照らし権利行使を認めることが相当でないと取締役会が認めた場合。
         ⑤死亡した場合。
         ⑥当社所定の書面により新株予約権の全部または一部を放棄する旨を申し出た場合。
         ⑦新株予約権者が退職もしくは退任後30日以内に、本新株予約権を行使しなかった場合。
         ⑧当社が上場      できなかった場合。
        4.  新株予約権の取得に関する事項
         ① 当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計画また
          は当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承認を
          要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来をもっ
          て、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
         ②新株予約権者が権利行使をする前に、(注)3(1)の行使条件により本新株予約権の行使ができなくなった
          場合は、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
                                  56/143







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        5.  当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株予
          約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下
          「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。ただし、以下
          の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新
          設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上
          記(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記③に従って決定される当該新
          株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から行使期間の末日までとする。
         ⑥新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
          に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたとき
          は、その端数を切り上げるものとする。本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資
          本準備金の額は、上記の資本金等増加限度額から、上記で増加する資本金の額を減じた額とする。
         ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         ⑧その他新株予約権の行使の条件
          (注)3(1)に準じて決定する。
         ⑨新株予約権の取得事由及び条件
          (注)4に準じて決定する。
         ⑩その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
        6.  2018年3月12日開催の取締役会決議により、2018年4月1日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行っ
          ております。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新
          株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  57/143









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)【ライツプランの内容】
           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
       2015年11月20日
                     △138        446        ―     35,000          ―     1,380
        (注)1
       2016年1月1日
                     4,014       4,460         ―     35,000          ―     1,380
        (注)2
       2016年4月30日
                      185      4,645       15,000       50,000        9,050       10,430
        (注)3
       2016年6月30日
                      197      4,842       12,805       62,805       12,805       23,235
        (注)4
       2016年7月1日
                      100      4,942       6,500       69,305        6,500       29,735
        (注)5
       2017年1月16日
                      12      4,954        780      70,085         780      30,515
        (注)6
       2017年12月31日
                       8     4,962        800      70,885         800      31,315
        (注)7
       2018年4月1日
                    987,438       992,400          ―     70,885          ―     31,315
        (注)8
      (注)1. 自己株式消却による減少であります。
         2. 2016年1月1日の株主名簿に記載または記録された株主に対し、1株につき10株の割合をもって分割いた
           しました。
         3. 有償第三者割当                         185株
                   発行価格       130,000円
                   資本組入額 81,081円
                   主な割当先 北浦         敏雄、永尾      正人、松間      喜彦、他18名
         4. 有償第三者割当                         197株
                   発行価格       130,000円
                   資本組入額 65,000円
                   主な割当先 情報技術開発株式会社、西巻                    昌美、木村      安壽、他10名
         5. 有償第三者割当                         100株
                   発行価格       130,000円
                   資本組入額 65,000円
                   割当先 株式会社日本アクセス
         6. 有償第三者割当        12株
                   発行価格       130,000円
                   資本組入額 65,000円
                   割当先 リンク社員持株会
         7. 有償第三者割当                            8株
                   発行価格        200,000円
                   資本組入額 100,000円
                   割当先 リンク社員持株会
         8. 2018年3月31日の株主名簿に記載または記録された株主に対し、1株につき200株の割合をもって分割いた
           しました。
                                  58/143




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (5)【所有者別状況】
                                                     2018年10月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
                                                       式の状況
       区分                             外国法人等
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                           個人その他       計     (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)         ―     ―     ―       3   ―     ―       37      40    ―
     所有株式数
              ―     ―     ―      4,400     ―     ―      5,524      9,924     ―
     (単元)
     所有株式数の割
              ―     ―     ―      44.34     ―     ―      55.66      100     ―
     合(%)
                                  59/143

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年10月31日現在
               区分              株式数(株)          議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                          ―           ―           ―

      議決権制限株式(自己株式等)                          ―           ―           ―
      議決権制限株式(その他)                          ―           ―           ―

      完全議決権株式(自己株式等)                          ―           ―           ―

      完全議決権株式(その他)                      普通株式 992,400                  9,924         ―

      単元未満株式                          ―           ―           ―

      発行済株式総数                           992,400          ―           ―

      総株主の議決権                          ―             9,924         ―

        ②【自己株式等】

                                                   2018年10月31日現在
                                                    発行済株式総数

                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       に対する所有株
       所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       式数の割合
                                                      (%)
           -            -            -       -       -        -
           計            -            -       -       -        -
                                  60/143












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (7)【ストックオプション制度の内容】
          当社は、ストックオプション制度を採用しております。当該制度は、会社法に基づき新株予約権を発行する
         方法によるものであります。
          当該制度の内容は、以下のとおりであります。
          ①第1回新株予約権(2016年3月19日定時株主総会決議)

          会社法に基づき、2016年3月19日定時株主総会において決議されたものであります。
      決議年月日                            2016年3月19日
      付与対象者の区分及び人数                            取締役2名、監査役1名、外部協力者1名(注)

      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                             ―

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

     (注)付与者対象者の権利行使、監査等委員会設置会社への移行及び役員の異動により、本書提出日現在、付与対象者の
        区分及び人数は、取締役(監査等委員を除く)1名、取締役(監査等委員)1名、外部協力者(顧問)1名、その
        他1名の計4名となっております。
          ②第2回新株予約権(2016年3月19日定時株主総会決議)

          会社法に基づき、2016年3月19日定時株主総会において決議されたものであります。
      決議年月日                            2016年3月19日
      付与対象者の区分及び人数                            従業員34名

      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                             ―

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

                                  61/143






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ③第3回新株予約権(2017年3月28日定時株主総会決議)
          会社法に基づき、2017年3月28日定時株主総会において決議されたものであります。
      決議年月日                            2017年3月28日
      付与対象者の区分及び人数                            取締役2名、監査役2名、外部協力者4名(注)

      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                             ―

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

     (注)付与者対象者の権利行使、監査等委員会設置会社への移行及び役員の異動により、本書提出日現在、付与対象者の
        区分及び人数は、取締役(監査等委員を除く)1名、取締役(監査等委員)2名、外部協力者(顧問)3名、その
        他2名の計8名となっております。
          ④第4回新株予約権(2017年3月28日定時株主総会決議)

          会社法に基づき、2017年3月28日定時株主総会において決議されたものであります。
      決議年月日                            2017年3月28日
      付与対象者の区分及び人数                            従業員48名

      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

      株式の数(株)                            同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上

      新株予約権の行使期間                            同上

      新株予約権の行使の条件                            同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

      代用払込みに関する事項                             ―

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

                                  62/143








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
      3【配当政策】

        当社は、株主に対する利益還元についても重要な経営課題と認識しております。当社は現在、成長過程にあると考
       えており、事業の効率化と事業拡大のための投資等に充当することで、なお一層の業容拡大を目指すことが株主に対
       する最大の利益還元に繋がると考えております。
        このことから、設立から現在に至るまで利益配当を実施しておりません。当事業年度の配当についても、経営成績
       及び財政状態を勘案し、内部留保の充実を図るため、無配とさせていただきました。内部留保資金については、財務
       体質の強化及び今後の業容拡大のための資金として有効に活用していく所存であります。
        当社は、会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款に定めておりますが、剰余金の配
       当は年1回の期末配当で行うことを基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配
       当は株主総会であります。
        なお、現時点において今後の配当実施の可能性及びその実施時期等については未定でありますが、今後は、必要な
       内部留保を確保しつつ、経営成績及び財務状態等を勘案しながら、利益還元を積極的に検討していく所存でありま
       す。
      4【株価の推移】

        当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。
                                  63/143










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【役員の状況】
        男性 6名 女性 ―名 (役員のうち女性の比率 ―%)
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名      生年月日              略歴            任期
                                                         (株)
                                 1978年4月 大都商事株式会社(現ダイトロン
                                      株式会社)入社
      取締役社長                           1982年1月 須磨電子産業株式会社入社                        472,000
               ―     南谷 浩      1954年10月24日                          (注)4
                                 1987年10月 当社設立、代表取締役(現任)
     (代表取締役)                                                     (注)5
                                 2017年12月 合同会社南谷ホールディングス設
                                      立、代表社員(現任)
                                 1995年4月 株式会社イシダ入社
                                 2001年4月 山陽イシダ株式会社
                                      兵庫営業所所長
                                 2004年5月 同 取締役営業部長
      常務取締役       営業部長       林 亨     1972年7月20日
                                                    (注)4       -
                                 2011年5月 四国イシダ株式会社
                                      取締役営業部長
                                 2012年5月 同 代表取締役
                                 2016年7月 当社常務取締役営業部長(現任)
                                 1978年4月 バロース株式会社入社
                                 1981年11月 ユニー株式会社入社
                                 2007年5月 同 執行役員
       取締役        ―     角田 吉隆      1955年4月17日                          (注)4       -
                                 2017年6月 アトムス開業(現任)
                                 2018年3月 当社取締役(現任)
                                 1986年10月 トーマツコンサルティング
                                       株式会社入社
                                 2000年6月 監査法人トーマツ(現有限責任監
                                      査法人トーマツ)入所
                                 2001年6月 人財活性化研究所開業
       取締役
                                 2013年4月 関西学院大学専門職大学院経営戦
               ―     畠山 隆雄      1955年7月21日                          (注)6       -
     (監査等委員)
                                      略研究科教授(現任)
                                 2015年8月 当社入社、管理部嘱託
                                 2016年7月 当社監査役
                                 2018年3月 当社取締役(監査等委員)(現
                                      任)
                                 1973年11月 等松青木監査法人(現有限責任監
                                      査法人トーマツ)入所
                                 1977年9月 公認会計士登録(現任)
                                 1991年7月 トーマツコンサルティング株式会
                                      社 代表取締役社長
                                 1995年7月 監査法人トーマツ代表社員
       取締役
                                 1999年9月 木村公認会計士事務所開業
               ―     木村 安壽      1949年4月3日                          (注)6      2,000
     (監査等委員)
                                      (現任)
                                 2005年4月 関西学院大学専門職大学院経営戦
                                      略研究所会計専門職専攻教授
                                 2009年10月 当社監査役
                                 2018年3月 当社取締役(監査等委員)(現
                                      任)
                                 1981年4月 株式会社ワールド入社
                                 2001年6月 同 取締役
                                 2010年4月 株式会社メガスポーツ
       取締役                               代表取締役社長
               ―     南山 学      1958年12月5日                          (注)6       -
     (監査等委員)                           2016年12月 株式会社チアフルプランニング
                                      代表取締役社長(現任)
                                 2018年3月 当社取締役(監査等委員)(現
                                      任)
                              計                           474,000
      (注)1.2018年3月28日開催の定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、当社は同日付をもって監
           査等委員会設置会社に移行しております。
         2.取締役      角田吉隆、木村安壽及び           南山  学は、社外取締役であります。
                                  64/143



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         3.当社の監査等委員会については次のとおりであります。
           委員長    畠山隆雄、委員        木村安壽、委員        南山学
           なお、畠山隆雄は常勤の監査等委員であります。常勤の監査等委員を選定している理由は、社内事情に精通
           した者が、取締役会以外の重要な会議等への出席や、内部監査部門等との連携を密に図ることにより得られ
           た情報をもとに、監査等委員会による監査の実効性を高めるためであります。
         4.取締役      南谷浩、林亨及び角田吉隆の任期は、2018年12月期に係る定時株主総会終結の時                                     までであります。
         5.取締役      南谷浩の所有株式に、同人により総株主等の議決権の過半数を所有されている会社の所有株式数を
           合計しております。
         6.取締役      畠山隆雄、木村       安壽及び南山学の任期は、            2 019年12月期に係る定時株主総会終結の時まででありま
           す。
         7.当社は、法令に定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項
           に定める補欠取締役2名を選任しております。補欠取締役の略歴は次のとおりであります。
                                                     所有株式数

              氏名       生年月日                 略歴
                                                      (株)
                           1989年4月 株式会社住友銀行(現株式会社三井住友銀行)入行
                           2013年9月 プレミアインターナショナル株式会社
                                財務・経理部長兼支配人
                           2015年4月 大分県津久見市役所
             菅 智生       1965年10月26日                                   2,000
                                地域おこし特別職
                           2016年10月 当社内部監査室長(現任)
                           2018年3月 当社補欠監査等委員(現任)
                           1990年4月 トーマツコンサルティング株式会社入社

                           1994年11月 シー・ウィングコンサルティング株式会社入社
                           1998年5月 島﨑社会保険労務士事務所開業
                                同代表(現任)
                           2001年7月 株式会社ディレクタイズ
             島﨑 智久       1967年1月20日                                     -
                                取締役(現任)
                           2008年2月 米国公認会計士(現任)
                           2018年3月 当社補欠監査等委員(現任)
                               計                        2,000

                                  65/143










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
          ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
            当社は    「われわれは、在庫に関わる“人”、“もの”、“金”、“時間”、“情報”を最適化するITソ
           リューションを提供し、限りある資源を有効活用することで、広く社会に貢献するために存在している。」
           という基本理念を掲げ、企業価値向上に取り組んでおります。コーポレート・ガバナンスの徹底は、事業拡
           大する上で重要課題と位置づけており、法令、社会規範、倫理                             等 のルールに基づいて企業活動ができるよう
           取り組んでおります。
            また、ステークホルダーの立場を尊重し、企業としての社会的責任を果たすため、法令のみならず企業倫
           理の確立を目的とし、役職員のモラル向上に努めています。
          ② 企業統治の体制

            当社は、取締役会の監督機能を強化し、コーポレート・ガバナンスの強化を図るため、2018年3月28日開
           催の第31期定時株主総会の決議に基づき、「監査等委員会設置会社」へ移行いたしました。
           a 取締役会・役員体制





            当社の取締役会は監査等委員でない取締役3名(うち、社外取締役1名)、監査等委員である取締役3
           名(うち、社外取締役2名)で構成され、代表取締役社長が議長を務めています。3名の社外取締役は独
           立性が十分に確保されている上、企業経営等に関する豊富な知識と経験を有しています。各社外取締役は
           いずれも取締役会の議論に積極的に加わり、経営判断・意思決定を行っています。
            また、企業活動に機動性を持たせるために執行役員4名を選任し、権限委譲した組織運営を行っており
           ます。なお、取締役会の開催状況は2016年12月期14回、2017年12月期15回開催しており、社外取締役の出
           席率は2016年12月期100%、2017年12月期100%で、貴重な質問・意見等の発言をしております。
           b 監査等委員会

             監査等委員会は、取締役3名(うち、社外取締役2名)で構成され、ガバナンスのあり方とその運営状
            況を監視し、取締役の職務の執行を含む日常的活動の監査を行っております。
             監査等委員会の活動の実効性確保のため、監査等委員の互選により常勤の監査等委員を1名置き、常勤
            の監査等委員が重要会議に出席し、経営執行状況の適時的確な把握と監視に努めるととともに、遵法状況
            の点検・確認、財務報告に係る内部統制を含めた内部統制システムの整備・運用の状況等の監視・検証を
            通じて、取締役の職務執行が法令・定款に適合し、会社業務が適正に遂行されているかを監査します。
             監査等委員会は、内部監査室及び会計監査人と定期的に情報・意見の交換を行うとともに、監査結果の
            報告を受け、会計監査人の監査への立ち会い等、緊密な連携を図ります。また、監査等委員会はコンプラ
            イアンスやリスク管理活動の状況等について内部監査室あるいは関連部門から定期的または個別に報告を
            受けます。
          ③ 内部統制システムの整備の状況

            当社   は、以下のとおり定める内部統制システムの基本方針に従って体制を構築しております。
                                  66/143



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ▶  取締役、執行役員及び使用人その他これらの者に相当する者の職務の執行が法令及び定款に適合するこ
             とを確保するための体制
           (a)    当社は、「われわれは在庫に関わる“人”、“もの”、“金”、“時間”、“情報”を最適化するIT
             ソリューションを提供し、限りある資源を有効活用することで、広く社会に貢献するために存在してい
             る。」という基本理念を共通の志として、企業市民として、社会的な倫理の上に組織の意思決定を行
             い、事業活動を展開する。
           (b)    前項の理念の実践のため、「行動指針」に基づき、法令・社会倫理の遵守を当社全ての取締役、執行
             役員及び従業員等の行動規範とする。取締役及び執行役員は、法令・定款並びに企業倫理の遵守を率先
             垂範して行うとともにコンプライアンス経営の維持・向上に積極的に努める。
           (c)    当社の取締役、執行役員及び従業員等の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するため、
             コンプライアンス委員会を設置し、同委員会において、当社全体のコンプライアンス活動の推進を行
             い、コンプライアンス推進に関する重要課題を審議する。また、同委員会及び管理部門により、定期的
             に教育・研修活動を行うとともに、当社全体のコンプライアンス体制の構築・推進を行う。
           (d)    コンプライアンス委員会は、同委員会の審議内容及び活動を、適宜、取締役会及び内部監査室に報告
             する。
           (e)    取締役及び執行役員が当社のコンプライアンス上の問題を発見した場合は、速やかにコンプライアン
             ス委員会に報告する。また、内部通報制度を設置し、当社の従業員等がコンプライアンス上の問題点に
             ついて直接報告できる体制とし、情報の確保に努めたうえで、報告を受けたコンプライアンス委員会
             は、その内容を調査し、必要に応じて関連部署と協議し、是正措置を取り、再発防止策を策定し、当社
             全体にこれを実施させる。
           (f)    内部監査室を設置し、当社のコンプライアンスの状況・業務の適正性に関する内部監査を実施する。
             内部監査室はその結果を、適宜、代表取締役社長に報告する。
           (g)    当社の財務報告の適正性の確保に向けた内部統制体制を整備・構築する。
           (h)    取締役及び執行役員は、当社において、反社会的勢力との関係断絶及び不当要求への明確な拒絶のた
             めの体制を構築し、推進する。
           b  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

           (a)    取締役及び執行役員は、株主総会議事録、取締役会議事録、重要な意思決定に関する文書等(電磁的
             記録を含む。以下同じ。)その他取締役の職務の執行に係る重要な情報を法令及び社内規程に基づき保
             存・管理する。
           (b)    前項の文書等は、取締役が必要に応じて閲覧可能な状態を維持する。
           (c)    コンプライアンス委員会において、個人情報を含む情報の保護・保存のみならず、情報の活用による
             企業価値向上を含めた情報セキュリティ・ガバナンス体制を構築・推進する。
           ▲  損失の危険の管理に関する規程その他の体制

           (a)    当社のリスクマネジメントの基本方針は、取締役会において決定される。
           (b)    業務執行におけるリスクは、各部門の管掌役員がその対応について責任を持ち、重要なリスクについ
             て、取締役会において、分析・評価を行い、改善策を審議・決定する。
           (c)    当社の経営上重要なリスクは、リスク管理委員会において、当社全体の業務遂行上のリスク及び品質
             リスクをそれぞれ網羅的・総括的に管理する。また、必要に応じ、当該リスクの管理に関する規程の制
             定・ガイドラインの策定・研修活動の実施等を指示して行う。
           (d)    新たに生じた当社の経営上重要なリスクは、取締役会において、速やかに対応の責任を持つ執行役員
             を選定し、対応について決定する。
           ▼  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

           (a)    当社の経営の基本方針は、取締役会において決定される。
           (b)    当社は、取締役、執行役員及び従業員等が共有すべき全社的目標を定め、取締役は全社的目標達成の
             ための具体的目標及び権限の適切な配分等、目標達成のための効率的な方法を定める。
           (c)    各部門の管掌役員は、目標達成の進捗状況について、取締役会において確認し、具体的な対応策を報
             告しなければならない。
           (d)    各取締役の業務執行の適切な分担を実施し、組織規程に基づき、効率的な意思決定を図る。
                                  67/143



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           e  監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
             並びに当該使用人の取締役からの独立性に関する事項
           監査等委員会が必要とする場合、監査等委員会の職務の補助をする使用人を配置する。使用人の異動、評
           価等は、監査等委員会の意見を尊重して決定し、取締役からの独立性を確保する。
           f  監査等委員でない取締役及び使用人が監査等委員会に報告をするための体制その他監査等委員会への報

             告に関する体制
           (a)    代表取締役及び監査等委員でない取締役は、取締役会において、随時その担当する業務執行の報告を
             行う。
           (b)    監査等委員でない取締役、執行役員及び従業員等は、監査等委員会が事業の報告を求めた場合または
             業務及び財産の調査を行う場合は、迅速かつ的確に対応する。
           (c)    監査等委員でない取締役、執行役員及び従業員等は、法令等の違反行為等、当社に重大な損害を及ぼ
             すおそれのある事実が発見された場合は、直ちに監査等委員会に対して報告を行う。
           (d)    コンプライアンス委員会は、定期的に監査等委員会に対し、当社における内部通報の状況の報告を行
             う。
           ➨  内部通報制度を利用し報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを

             確保するための体制
             当社の取締役、執行役員及び従業員等は、コンプライアンス委員会に直接報告を行うことができ、当該
            報告を行ったことを理由として不利な取扱いを行うことを内部通報制度に基づいて禁止する。
           h  監査が実効的に行われることを確保するための体制

             監査等委員会は、定期的に代表取締役社長及び会計監査人と意見を交換する機会を設ける。
          ④ 内部監査及び監査等委員会監査の状況

            当社では、被監査部門から独立した内部監査室が内部監査規程に基づき、業務監査を実施しております。
           内部監査室は、当社の業務部門の監査を内部監査規程及び年度計画に基づいて行い、会社の業務運営が法
           令、社内規程、経営方針等に従って、適切かつ有効に執行されているかを監査しております。
            また、監査の結果報告を代表取締役・監査等委員会等に行い、各部門へ業務改善案等の助言も行っており
           ます。
            監査等委員については、3名(うち常勤監査等委員1名)を選任しております。監査等委員は取締役会そ
           の他の重要な会議へ出席し、経営の監視機能強化を図るとともに、重要な決裁書類を閲覧し、取締役の職務
           執行及び意思決定についての適法性・適正性を監査しております。
            また、内部監査担当者1名、監査等委員会及び会計監査人は、三様監査連絡会を定期的に開催するほか、
           適時に協議、意見交換を行い、連携を行う体制になっております。
            なお、監査等委員である社外取締役                  木村安壽氏は公認会計士の資格を有し、財務及び会計に関する相当
           程度の知見を有しております。
          ⑤ 会計監査の状況

            当社は、太陽有限責任監査法人と監査契約を締結しております。同監査法人及び当社監査に従事する同監
           査法人の業務執行社員との間には、特別の利害関係はありません。
            当事業年度において業務を執行した公認会計士の氏名、会計監査業務に係る補助者の構成については以下
           のとおりであります。なお、継続監査年数については、7年以下であるため記載を省略しております。
            業務を執行した公認会計士の氏名
             公認会計士  荒井 巌
             公認会計士  土居 一彦
            会計監査業務に係る補助者の構成
             公認会計士  7名
             その他    10名
          ⑥ 社外取締役との関係

            本書提出日現在、当社は社外取締役を3名選任しております。
            監査等委員である社外取締役               木村安壽氏は、       過去にコンサルティング会社代表取締役社長としての経験
           もあり、更に公認会計士としての専門的な知識や経験に基づき、現在当社の社外監査役として独立した立場
           から経営を監査しており、引き続きこれらの知識と経験が、監査等委員会の職責遂行に資すると判断し                                               、監
                                  68/143


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           査等委員である社外取締役に選任しております。なお、木村安壽氏は、当社株式を2,000株保有しておりま
           すが、それ以外に当社との間には特記すべき利害関係はありません。
            社外取締役       角田吉隆氏は、       ユニー株式会社の情報システム部責任者として8年間「sinops-R」の導入に尽
           力し、その有効活用を実現しました。また、流通業界の情報システム分野における重鎮であり、これらの知
           識と経験をもとに独立した立場から取締役の職務執行を監督することにより、取締役会の機能強化に資する
           と判断し    、社外取締役に選任しております。なお、角田吉隆氏と当社との間には人的関係、資本的関係また
           は取引関係その他の利害関係はありません。
            監査等委員である社外取締役               南山学氏は、      株式会社メガスポーツの代表取締役社長として、「sinops-
           R」を導入し、その有効活用を果たされたという経験から、業界情報・経営者感覚等を駆使し、独立した立
           場から取締役の職務執行を監督することにより、監査等委員会の職責遂行に資すると判断し、                                           監査等委員で
           ある社外取締役に選任しております。なお、南山学氏と当社との間には人的関係、資本的関係                                           または   取引関
           係その他の利害関係はありません。
            当社は、社外取締役を選任するための独立性に関する基準                            または   方針として明確に定めたものはありませ
           んが、選任にあたっては、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣からの独立した立場で社外役員とし
           ての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを前提に判断しております。
          ⑦ リスク管理体制の整備状況及びコンプライアンス体制の整備状況

            当社では、      市場、環境、労務、製品品質、技術革新、情報システム・セキュリティ、自然災害、風評等
           様々な事業運営上のリスクについて、リスク管理規程を制定し、代表取締役社長をリスク管理責任者とする
           社内横断的なリスク管理委員会を設置してリスク管理を行うこととしております。
            リスク管理委員会は、取締役・執行役員を委員に加え、当社運営に関する全社的・総括的なリスク管理の
           報告及び対応策検討の場と位置づけております。各取締役・執行役員は担当部門のリスク管理責任者として
           日常の業務活動におけるリスク管理を行うとともに、不測の事態が発生した場合にはリスク管理委員会へ報
           告することとなっております。また、企業価値向上のためにはコンプライアンスの徹底が必要不可欠である
           と認識しており、「行動指針」を制定し、これに従い全役職員が法令等を遵守した行動、高い倫理観を持っ
           た行動をとることを周知徹底しております。
          ⑧ 役員報酬の内容

           ▶  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(千円)

                                                        対象とな
                 報酬等の総額
                               ストック
         役員区分                                               る役員の
                                             退職
                   (千円)
                         基本報酬      オプショ       賞与            その他
                                                        員数(人)
                                            慰労金
                                 ン
     取締役
                                   ―      ―
                     64,800      64,800                     ―      ―      3
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                     7,800      7,800        ―      ―      ―      ―      1
     (社外監査役を除く。)
     社外役員                9,000      9,000        ―      ―      ―      ―      1
           b    提出会社の役員ごとの報酬等の総額

             報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため記載しておりません。
           c    役員の報酬等の額        または   その算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

             当社役員の報酬等の額           または   その算定方法の決定に関しては、株主総会で定められた報酬限度額内にお
            いて、各役員の職務の内容、職位及び実績・成果等を勘案して報酬額を決定しております。
          ⑨ 取締役の定数

            当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は7名以内、監査等委員である取締役は4名以内とする
           旨定款に定めています。
          ⑩ 取締役の選任の決議要件

            当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有す
           る株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらない旨を定款に定めております。
                                  69/143


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ⑪ 中間配当
            当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年6月30日を基準日として、中
           間配当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするため
           であります。
          ⑫ 取締役の責任免除

            当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議によって同法第423条第1項の行為に関する取
           締役(取締役であった者を含む。)の責任を法令の限度において免除することができる旨定款に定めており
           ます。これは、取締役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしう
           る環境を整備することを目的とするものであります。
            当社と社外取締役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定す
           る契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償額の限度額は、法令の定める額としております。当
           責任限定契約が認められるのは、当該社外取締役が責任の原因となった職務の遂行において善意かつ重大な
           過失がないときに限られます。
          ⑬ 自己株式の取得

            当社は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項に
           基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨定款に定めており
           ます。
          ⑭ 株主総会の特別決議要件

            当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議について、議決権を行使することができる株
           主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の3分の2以上をもって行う
           旨を定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会
           の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
                                  70/143












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
             最近事業年度の前事業年度                               最近事業年度
      監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬             監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬

          (千円)              (千円)              (千円)              (千円)
              5,800
                             -            9,200               -
        ②【その他重要な報酬の内容】

         (最近事業年度の前事業年度)
          該当事項はありません。
         (最近事業年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (最近事業年度の前事業年度)
          該当事項はありません。
         (最近事業年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬は、監査公認会計士等により提示される監査計画の内容を基に、監
         査時間等の妥当性を勘案、協議し、監査等委員会の同意を得た上で決定することとしています。
                                  71/143












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5【経理の状況】
      1.財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について
       (1)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
        いて作成しております。
       (2)当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第
        63号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

       (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(2016年1月1日から2016年12月31日
        まで)及び当事業年度(2017年1月1日から2017年12月31日まで)の財務諸表について、太陽有限責任監査法人に
        より監査を受けております。
       (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2018年7月1日から2018年
        9月30日まで)及び第3四半期累計期間(2018年1月1日から2018年9月30日まで)に係る四半期財務諸表につい
        て、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、連結財務諸表及び四半期連結財務諸表を作成しておりません。
      4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
       適切に把握し、       会計基準等の変更等について的確に対応することが                        できる体制を整備するため、             監査法人及び各種団
       体が主催するセミナーへ参加するほか、財務・会計の専門書の定期購読等を行っております                                          。
                                  72/143













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      1【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2016年12月31日)              (2017年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        154,895              210,704
         現金及び預金
                                        159,448              187,856
         売掛金
                                        ※ 11,712              ※ 12,356
         仕掛品
                                         2,822              5,268
         前払費用
                                         32,525              39,003
         繰延税金資産
                                           600              924
         その他
                                        362,004              456,114
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物                               13,044              16,435
                                        △ 4,944             △ 6,205
            減価償却累計額
            建物(純額)                              8,099              10,229
                                           -             5,460
          船舶
                                           -            △ 5,459
            減価償却累計額
            船舶(純額)                               -               0
                                         49,247              50,410
          工具、器具及び備品
                                        △ 33,147             △ 40,607
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             16,100               9,802
                                         24,200              20,031
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         9,239              30,668
          ソフトウエア
                                         5,970              11,447
          ソフトウエア仮勘定
                                           186              286
          その他
                                         15,397              42,402
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         28,470              38,377
          差入保証金
                                           11              123
          長期前払費用
                                         5,926              3,303
          繰延税金資産
                                         39,596              39,383
          保険積立金
                                         5,225              2,375
          その他
                                         79,229              83,562
          投資その他の資産合計
         固定資産合計                                118,827              145,996
                                        480,832              602,111
       資産合計
                                  73/143







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2016年12月31日)              (2017年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         12,531              14,971
         買掛金
                                         12,000              21,996
         1年内返済予定の長期借入金
                                         37,763              37,101
         未払金
                                         54,133              45,497
         前受金
                                         13,431              27,854
         預り金
                                         46,544              18,216
         未払法人税等
                                         22,255              16,114
         未払消費税等
                                         5,440              6,508
         賞与引当金
                                         28,448              37,586
         製品保証引当金
                                        ※ 16,004              ※ 27,038
         受注損失引当金
                                        248,553              252,885
         流動負債合計
       固定負債
                                         17,000              20,839
         長期借入金
                                         2,515              2,779
         退職給付引当金
                                         13,790               6,381
         その他
                                         33,306              30,000
         固定負債合計
                                        281,859              282,885
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         69,305              70,885
         資本金
         資本剰余金
                                         29,735              31,315
          資本準備金
                                         29,735              31,315
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                         95,023              203,224
            繰越利益剰余金
                                         95,023              203,224
          利益剰余金合計
                                        194,063              305,424
         株主資本合計
                                         4,909              13,800
       新株予約権
                                        198,972              319,225
       純資産合計
                                        480,832              602,111
      負債純資産合計
                                  74/143









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                                当第3四半期会計期間
                                 (2018年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        354,952
         現金及び預金
                                        100,808
         売掛金
                                         31,096
         仕掛品
                                         46,929
         その他
                                        533,786
         流動資産合計
       固定資産
                                         13,907
         有形固定資産
                                         59,574
         無形固定資産
                                         84,355
         投資その他の資産
                                        157,837
         固定資産合計
                                        691,623
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         7,726
         買掛金
                                         17,996
         1年内返済予定の長期借入金
                                         81,420
         前受金
                                         19,089
         未払法人税等
                                         26,400
         賞与引当金
                                         40,879
         製品保証引当金
                                         9,134
         受注損失引当金
                                         58,664
         その他
                                        261,312
         流動負債合計
       固定負債
                                         8,342
         長期借入金
                                         2,977
         退職給付引当金
                                         11,319
         固定負債合計
                                        272,631
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         70,885
         資本金
                                         31,315
         資本剰余金
                                        299,541
         利益剰余金
                                        401,741
         株主資本合計
       新株予約権                                  17,250
       純資産合計                                 418,991
                                        691,623
      負債純資産合計
                                  75/143







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 2016年1月1日              (自 2017年1月1日
                                至 2016年12月31日)               至 2017年12月31日)
                                        738,202              838,397
      売上高
                                        338,732              386,626
      売上原価
                                        399,469              451,770
      売上総利益
                                     ※1 , ※2 289,201           ※1 , ※2 301,595
      販売費及び一般管理費
                                        110,267              150,175
      営業利益
      営業外収益
                                            8              2
       受取利息
                                           164              447
       助成金収入
                                           43              53
       保険配当金
                                           40              160
       受取保険料
                                           -              182
       物品売却益
                                           100               78
       その他
                                           356              923
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           293              305
       支払利息
                                           506              442
       売上割引
                                           73               2
       その他
                                           874              750
       営業外費用合計
                                        109,750              150,348
      経常利益
      特別利益
                                           67              -
       償却債権取立益
                                           67              -
       特別利益合計
      特別損失
                                           -             2,850
       会員権評価損
                                           -             2,850
       特別損失合計
                                        109,818              147,497
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   47,971              43,152
                                        △ 8,834             △ 3,855
      法人税等調整額
                                         39,137              39,296
      法人税等合計
                                         70,681              108,201
      当期純利益
                                  76/143









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【売上原価明細書】
                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 2016年1月1日                   (自 2017年1月1日
                            至 2016年12月31日)                     至 2017年12月31日)
                     注記                 構成比                   構成比

           区分               金額(千円)                   金額(千円)
                     番号                 (%)                   (%)
     Ⅰ 労務費                          211,476        64.8          263,492        65.3

     Ⅱ 外注費                          22,118        6.8          35,378        8.8
                                92,755                  104,301
     Ⅲ 経費                ※1                  28.4                   25.9
       当期総製造費用                                  100                   100

                               326,350                   403,171
                                27,146                   11,712
       期首仕掛品たな卸高
            合計

                               353,497                   414,884
                                                  12,356
       期末仕掛品たな卸高                          11,712
                                52,949                   61,146
       他勘定振替高                ※2
     当期製品製造原価                          288,835                   341,381

       当期商品仕入高                         12,082                   19,160

       ソフトウエア償却費                           1,001                   4,672

       製品保証引当金繰入額                          27,444                   9,137

       受注損失引当金繰入額                           9,369                  11,034

                                  -                 1,239
       その他売上原価
     当期売上原価
                               338,732                   386,626
      (注)     ※1    主な内訳は、次のとおりであります。
                             前事業年度(千円)                  当事業年度(千円)
                 項目            (自 2016年1月1日                  (自 2017年1月1日
                              至 2016年12月31日)                    至 2017年12月31日)
                                      15,539
                                                        20,185
           旅費及び交通費
           通信費                           25,377                  23,796
                                      21,112
           地代家賃                                             23,417
           減価償却費                            9,660                 13,731
          ※2    他勘定振替高の内容は、次のとおりであります。

                             前事業年度(千円)                  当事業年度(千円)
                 項目            (自 2016年1月1日                  (自 2017年1月1日
                              至 2016年12月31日)                    至 2017年12月31日)
                                       5,970                 35,429
           ソフトウエア仮勘定
           研究開発費                           46,978                  25,717
      (原価計算の方法)

      当社の原価計算は、個別原価計算による実際原価計算であります。
                                  77/143




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期損益計算書】
          【第3四半期累計期間】
                                     (単位:千円)
                                当第3四半期累計期間
                                (自 2018年1月1日
                                至 2018年9月30日)
                                        637,839
      売上高
                                        269,958
      売上原価
                                        367,880
      売上総利益
                                        225,673
      販売費及び一般管理費
                                        142,206
      営業利益
      営業外収益
                                            3
       受取利息
                                           180
       受取保険料
                                           149
       その他
                                           332
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           202
       支払利息
                                           322
       売上割引
                                           76
       その他
                                           601
       営業外費用合計
                                        141,937
      経常利益
                                        141,937
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   40,789
                                         4,831
      法人税等調整額
                                         45,621
      法人税等合計
                                         96,316
      四半期純利益
                                  78/143












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
                                                      (単位:千円)
                                株主資本
                          資本剰余金           利益剰余金
                                                  新株予約権     純資産合計
                                  その他利益
                                             株主資本
                   資本金
                                   剰余金
                             資本剰余金           利益剰余金       合計
                       資本準備金
                              合計           合計
                                   繰越利益
                                   剰余金
     当期首残高              35,000      1,380     1,380     24,342     24,342     60,722       -    60,722
     当期変動額
      新株の発行
                    34,305     28,355     28,355                62,660           62,660
      当期純利益                              70,681     70,681     70,681           70,681
      株主資本以外の項目の当期
                                                    4,909     4,909
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                    34,305     28,355     28,355     70,681     70,681     133,341      4,909     138,250
     当期末残高              69,305     29,735     29,735     95,023     95,023     194,063      4,909     198,972
          当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)

                                                      (単位:千円)
                                株主資本
                          資本剰余金           利益剰余金
                                                  新株予約権     純資産合計
                                  その他利益
                                             株主資本
                   資本金
                                   剰余金
                             資本剰余金           利益剰余金       合計
                       資本準備金
                              合計           合計
                                   繰越利益
                                   剰余金
     当期首残高              69,305     29,735     29,735     95,023     95,023     194,063      4,909     198,972
     当期変動額
      新株の発行
                    1,580     1,580     1,580                3,160           3,160
      当期純利益                             108,201     108,201     108,201           108,201
      株主資本以外の項目の当期
                                                    8,891     8,891
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                    1,580     1,580     1,580     108,201     108,201     111,361      8,891     120,253
     当期末残高              70,885     31,315     31,315     203,224     203,224     305,424      13,800     319,225
                                  79/143








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 2016年1月1日              (自 2017年1月1日
                                至 2016年12月31日)               至 2017年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        109,818              147,497
       税引前当期純利益
                                         12,269              21,466
       減価償却費
                                           △ 8             △ 2
       受取利息及び受取配当金
                                           293              305
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 85,180             △ 28,408
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  15,440               △ 643
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  10,422               2,440
                                         4,905              8,878
       株式報酬費用
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   676             1,068
       製品保証引当金の増減額(△は減少)                                  27,444               9,137
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                   264              264
       受注損失引当金の増減額(△は減少)                                  9,369              11,034
                                           -             2,850
       会員権評価損
       前受金の増減額(△は減少)                                 △ 19,449              △ 8,636
       未払金の増減額(△は減少)                                  9,933              △ 662
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  13,990              △ 6,140
       預り金の増減額(△は減少)                                  5,426              14,422
                                        △ 4,038             △ 9,843
       その他
                                        111,575              165,030
       小計
                                            8              2
       利息及び配当金の受取額
                                         △ 293             △ 305
       利息の支払額
                                           169            △ 71,817
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                        111,458               92,909
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 5,341             △ 10,013
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 14,592             △ 34,290
       無形固定資産の取得による支出
                                           -            △ 9,907
       差入保証金の差入による支出
                                           690              102
       その他
                                        △ 19,243             △ 54,108
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           -            30,000
       長期借入れによる収入
                                        △ 14,774             △ 16,165
       長期借入金の返済による支出
                                         62,660               3,160
       株式の発行による収入
                                            ▶              13
       新株予約権の発行による収入
                                         47,890              17,008
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   140,104               55,809
      現金及び現金同等物の期首残高                                   14,790              154,895
                                        ※ 154,895              ※ 210,704
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  80/143







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
           1.たな卸資産の評価基準及び評価方法
            仕掛品
             個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用
             しております。
           2.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産
             定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物につい
             ては、定額法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物 8~15年
             工具、器具及び備品           2~8年
            (2)無形固定資産
             ①自社利用のソフトウエア
              社内における見込利用可能期間(5年以内)に基づく定額法を採用しております。
             ②市場販売目的のソフトウエア
              見込販売収益に基づく償却方法と見込販売期間(3年)の均等配分額を比較し、いずれか大きい金額
              を計上する方法を採用しております。
           3 .引当金の計上基準

            (1)貸倒引当金
             売上債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の                                             債
             権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
             なお、当事業年度においては、貸倒実績はなく、また貸倒懸念債権等もないため、貸倒引当金を計上
             しておりません。
            (2)賞与引当金
             従業員の賞与金の支払に備えて、賞与支給見込額の当期負担額を計上しております。
            (3)製品保証引当金
             製品の販売後、無償で補修する費用の支出に備えるため、過去の瑕疵補修費用の売上高に対する実績
             率及び個別に追加原価の発生可能性を基礎とした見積額を計上しております。
            (4)受注損失引当金
             受注案件に係る将来の損失に備えるため、当事業年度末の受注案件のうち、損失が発生する可能性
             が高く、かつ、その金額を合理的に見積もることができるものについて、その損失の見込額を計上して
             おります。
            (5)退職給付引当金
             従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見積り額に基づき計上しており
             ます。退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債
             務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           4.収益及び費用の計上基準

             ソフトウエア導入支援の請負契約に係る収益の計上基準
             イ   当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる                              契約
               工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)を適用しております。
             ロ   その他の契約
               工事完成基準を適用しております。
                                  81/143




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           5 .キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少な
            リスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  82/143


















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
           1.たな卸資産の評価基準及び評価方法
            仕掛品
             個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用
             しております。
           2.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産
             定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物につい
             ては、定額法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物 8~15年
             工具、器具及び備品           2~8年
            (2)無形固定資産
             ①自社利用のソフトウエア
              社内における見込利用可能期間(5年以内)に基づく定額法を採用しております。
             ②市場販売目的のソフトウエア
              見込販売収益に基づく償却方法と見込販売期間(3年)の均等配分額を比較し、いずれか大きい金額
              を計上する方法を採用しております。
           3.引当金の計上基準

            (1)貸倒引当金
             売上債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の                                             債
             権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
             なお、当事業年度においては、貸倒実績はなく、また貸倒懸念債権等もないため、貸倒引当金を計上
             しておりません。
            (2)賞与引当金
             従業員の賞与金の支払に備えて、賞与支給見込額の当期負担額を計上しております。
            (3)製品保証引当金
             製品の販売後、無償で補修する費用の支出に備えるため、過去の瑕疵補修費用の売上高に対する実績
             率及び個別に追加原価の発生可能性を基礎とした見積額を計上しております。
            (4)受注損失引当金
             受注案件に係る将来の損失に備えるため、当事業年度末の受注案件のうち、損失が発生する可能性が
             高く、かつ、その金額を合理的に見積もることができるものについて、その損失の見込額を計上して
             おります。
            (5)退職給付引当金
             従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見積り額に基づき計上しており
             ます。退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債
             務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           4.収益及び費用の計上基準

             ソフトウエア導入支援の請負契約に係る収益の計上基準
             イ   当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる                              契約
               工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)を適用しております。
             ロ   その他の契約
               工事完成基準を適用しております。
                                  83/143





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           5 .キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少な
            リスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  84/143


















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (会計方針の変更)
          前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
          (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
           法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」
           (実務対応報告第32号 平成28年6月17日)を当事業年度に適用し、2016年4月1日以後に取得した
           建物附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
           なお、当事業年度において財務諸表に与える影響はありません。
          当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)

           該当事項はありません。
         (追加情報)

          前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)

          ( 繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用                        )
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当
          事業年度から適用しております。
                                  85/143














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (貸借対照表関係)
     ※ 損失が見込まれる請負契約に係るたな卸資産は、これに対応する受注損失引当金を相殺表示しております。
       相殺表示したたな卸資産に対応する受注損失引当金の額は、                            次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2016年12月31日)                 (2017年12月31日)
      仕掛品に係るもの                               24,160千    円             23,995千円
                                     24,160                 23,995
               計
                                  86/143


















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (損益計算書関係)
      ※1    販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度28.9%、当事業年度25.4%、一般管理費に属する費用のおお
       よその割合は前事業年度71.1%、当事業年度74.6%であります。
       販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2016年1月1日                  (自 2017年1月1日
                              至 2016年12月31日)                  至 2017年12月31日)
     役員報酬                                54,360千円                  81,600千円
     給料及び手当                                55,851                  53,632
     賞与引当金     繰入額                           1,312                  1,592
     支払報酬                                31,651                  25,675
     減価償却費                                1,607                  3,063
     研究開発費                                49,017                  25,717
      ※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額

                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2016年1月1日                  (自 2017年1月1日
                              至 2016年12月31日)                  至 2017年12月31日)
                                     49,017千円                  25,717   千円
                                  87/143














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (株主資本等変動計算書関係)
     前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                        当事業年度期首株         当 事業年度増加株        当 事業年度減少株        当 事業年度末株式
                        式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)1,2,3                        446        4,496           -        4,942

             合計                 446        4,496           -        4,942

      (注)1.当社は、2016年1月1日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っております。
         2.普通株式の発行済株式総数の増加4,496株のうち4,014株は株式分割によるものであります。
         3.普通株式の発行済株式総数の増加4,496株のうち482株は第三者割当増資によるものであります。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                          新株予約権
                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                       当 事業年度
                          の目的とな
                                                        末残高
       区分       新株予約権の内訳
                                       当 事業     当 事業     当 事業
                                 当 事業
                          る株式の種
                                                       (千円)
                                年度期首
                                      年度増加      年度減少      年度末
                            類
            第1回ストック・オプション
                                                           ▶
                            -      -      -      -      -
            としての新株予約権
      提出会社
            第2回ストック・オプション
                            -      -      -      -      -      4,905
            としての新株予約権
              合計              -      -      -      -      -      4,909
                                  88/143












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                        当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                        式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)                       4,942           20         -        4,962

             合計                4,942           20         -        4,962

      (注)普通株式の発行済株式総数の増加20株は第三者割当増資によるものであります。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                          新株予約権
                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                       当事業年度
                          の目的とな
                                                        末残高
       区分       新株予約権の内訳
                                       当事業      当事業      当事業
                                 当事業
                          る株式の種
                                                       (千円)
                                年度期首
                                      年度増加      年度減少      年度末
                            類
            第1回ストック・オプション
                            -      -      -      -      -        ▶
            としての新株予約権
            第2回ストック・オプション
                            -      -      -      -      -     10,853
            としての新株予約権
      提出会社
            第3回ストック・オプション
                            -      -      -      -      -       13
            としての新株予約権
            第4回ストック・オプション
                            -      -      -      -      -      2,929
            としての新株予約権
              合計              -      -      -      -      -     13,800
                                  89/143












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2016年1月1日                  (自 2017年1月1日
                              至 2016年12月31日)                  至 2017年12月1日)
     現金及び預金勘定                               154,895千円                  210,704千円
     現金及び現金同等物                               154,895                  210,704
         (リース取引関係)

          オペレーティング・リース取引(借主側)
           オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                             前事業年度                  当事業年度
                           (2016年12月31日)                  (2017年12月31日)
      1年内                           12,811千円                  10,628千円
      1年超                              -               7,085千円
             合計                    12,811千円                  17,714千円
                                  90/143















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (金融商品関係)
          前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社は、必要資金については通常の営業活動で獲得した資金から充当することを基本方針としてお
             り、  借入については資金需要が発生する都度、検討することとしております。また、資金運用は行って
             おりません。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。                                営業債務である買掛金及び未払金
             は、そのほとんどが2ヶ月以内の支払期日であります。借入金は、主に運転資金及び研究開発投資に係
             る資金調達を目的としたもので、               支払金利の変動リスクを回避するため、原則として                        固定金利により       資
             金 調達  を 行っております。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
               営業債権については、債権管理規程に従い、各事業部門における営業管理部が主要な取引先の状
              況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪
              化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
             ②  市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
               借入金の金利変動リスクについては、随時、市場金利の動向を監視する等により対応しておりま
              す。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、合理的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては変動
             要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあり
             ます。
            (5)  信用リスクの集中

              当事業年度の決算日現在における営業債権のうち22%が特定の大口顧客に対するものであります。
           2.金融商品の時価等に関する事項

             貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
            ことが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
                               貸借対照表計上額
                                          時価(千円)          差額(千円)
                                 (千円)
             (1)現金及び預金                       154,895          154,895             -

             (2)売掛金                       159,448          159,448             -
              資産計                      314,  343        314,343             -

             (1)買掛金                       12,531          12,531            -

             (2)未払金                       37,763          37,763            -
             (3)  未払法人税等                     46,544          46,544            -
             (4)長期借入金       (1年内返済予定を
                                    29,000          28,976           △23
               含む)
              負債計                      125,839          125,816            △23
            (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

            資 産
             (1)現金及び預金、(2)売掛金
               これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
              よっております。
                                  91/143


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            負 債
             (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等
               これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
              よっております。
             (4)長期借入金       (1年内返済予定を含む)
               これらの時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
              現在価値により算定しております。
              2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                           (単位:千円)
                                       当事業年度

                       区分
                                     (2016年12月31日)
                差入保証金                              28,470

               差入保証金は本社事務所等の賃貸借契約に伴うもので、市場価格がなく、返還時期の見積りが困難
              であるため、将来のキャッシュ・フローを見積もることができず、時価を把握することが極めて困難
              と認められることから、上表に含めておりません。
           3.金銭債権の決算日後の償還予定額

                                   1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
            現金及び預金                154,895            -         -         -

            売掛金                159,448            -         -         -
                            314,343

                合計                        -         -         -
           4.長期借入金の返済予定額

                           1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                   5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (千円)                                   (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
            長期借入金         12,000       12,000       5,000        -       -       -

              合計       12,000       12,000       5,000        -       -       -

                                  92/143









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社は、必要資金については通常の営業活動で獲得した資金から充当することを基本方針としてお
             り、  借入については資金需要が発生する都度、検討することとしております。また、資金運用は行って
             おりません。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。                                営業債務である買掛金及び未払金
             は、そのほとんどが2ヶ月以内の支払期日であります。借入金は、主に運転資金及び研究開発投資に係
             る資金調達を目的としたもので、               支払金利の変動リスクを回避するため、原則として                        固定金利により       資
             金 調達  を 行っております。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
               営業債権については、債権管理規程に従い、各事業部門における営業管理部が主要な取引先の状
              況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪
              化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
             ②  市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
               借入金の金利変動リスクについては、随時、市場金利の動向を監視する等により対応しておりま
              す。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、合理的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては変動
             要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあり
             ます。
            (5)  信用リスクの集中

              当事業年度の決算日現在における営業債権のうち62%が特定の大口顧客に対するものであります。
           2.金融商品の時価等に関する事項

             貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
            ことが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
                               貸借対照表計上額
                                          時価(千円)          差額(千円)
                                 (千円)
             (1)現金及び預金                       210,704          210,704             -

             (2)売掛金                       187,856          187,856             -
                                   398,561

              資産計                                398,561             -
             (1)買掛金                       14,971          14,971            -

                                    37,101          37,101
             (2)未払金                                              -
             (3)  未払法人税等                     18,216          18,216            -
             (4)長期借入金       (1年内返済予定を
                                    42,835          42,821           △13
               含む)
                                   113,125
              負債計                                113,111            △13
            (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

            資 産
             (1)現金及び預金、(2)売掛金
               これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
              よっております。
                                  93/143



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            負 債
             (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等
               これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
              よっております。
             (4)長期借入金       (1年内返済予定を含む)
               これらの時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
              現在価値により算定しております。
              2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                           (単位:千円)
                                       当事業年度

                       区分
                                     (2017年12月31日)
                差入保証金                              38,377

               差入保証金は本社事務所等の賃貸借契約に伴うもので、市場価格がなく、返還時期の見積りが困難
              であるため、将来のキャッシュ・フローを見積もることができず、時価を把握することが極めて困難
              と認められることから、上表に含めておりません。
           3.金銭債権の決算日後の償還予定額

                                   1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
            現金及び預金                210,704            -         -         -

            売掛金                187,856            -         -         -
                            398,561

                合計                        -         -         -
           4.長期借入金の決算日後の返済予定額

                           1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                   5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (千円)                                   (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
            長期借入金         21,996       14,996       5,843        -       -       -

              合計       21,996       14,996       5,843        -       -       -

                                  94/143









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (退職給付関係)
          前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社は確定拠出型年金制度を採用しておりますが、一部の従業員については、退職金規程に基づく退職一時金制度
       (非積立型制度であります。)を採用しております。
        なお、当社が有する退職金制度は、簡便法により退職給付引当金及び退職給付費用を計算しております。
      2.確定給付制度

       (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                       当事業年度
                                    (自 2016年1月1日
                                     至 2016年12月31日)
                                              2,251
         退職給付引当金の期首残高                                       千円
          退職給付費用                                    264
          退職給付の支払額                                     -
                                              2,515
          退職給付引当金の期末残高
       (2 ) 退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調整表

                                       当事業年度
                                    (自 2016年1月1日
                                     至 2016年12月31日)
         非積立型制度の退職給付債務                                    2,515   千円
                                             2,515
         貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                             2,515

         退職給付引当金
                                             2,515
         貸借対照表に計上された負債と資産の純額
       (3)  退職給付費用

        簡便法で計算した退職給付費用  264千円
      3.確定拠出制度

        当社の確定拠出制度への要拠出額は、当事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)5,435千円                                                  で
       あります。
      4.その他の退職給付に関する事項

        退職一時金制度から確定拠出年金制度への移行に伴う確定拠出年金制度への資産移換額は27,321千円であり、4年
       間で移換する予定です。
        なお、当事業年度末時点の未移換額20,686千円は、未払金、長期未払金(固定負債の「その他」)に計上しており
       ます。
                                  95/143








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社は確定拠出型年金制度を採用しておりますが、一部の従業員については、退職金規程に基づく退職一時金制度
       (非積立型制度であります。)を採用しております。
        なお、当社が有する退職金制度は、簡便法により退職給付引当金及び退職給付費用を計算しております。
      2.簡便法を適用した確定給付制度

       (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                       当事業年度
                                    (自 2017年1月1日
                                     至 2017年12月31日)
                                              2,515
         退職給付引当金の期首残高                                       千円
          退職給付費用                                    264
          退職給付の支払額                                     -
                                              2,779
          退職給付引当金の期末残高
       (2 ) 退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調整表

                                       当事業年度
                                    (自 2017年1月1日
                                     至 2017年12月31日)
         非積立型制度の退職給付債務                                    2,779   千円
                                             2,779
         貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                             2,779

         退職給付引当金
                                             2,779
         貸借対照表に計上された負債と資産の純額
       (3)  退職給付費用

        簡便法で計算した退職給付費用  264千円
      3.確定拠出制度

        当社の確定拠出制度への要拠出額は、当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)6,641千円
       であります。
      4.その他の退職給付に関する事項

        退職一時金制度から確定拠出年金制度への移行に伴う確定拠出年金制度への資産移換額は27,321千円であり、4年
       間で移換する予定です。
        なお、当事業年度末時点の未移換額12,762千円は、未払金、長期未払金(固定負債の「その他」)に計上しており
       ます。
                                  96/143








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (ストック・オプション等関係)
          前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                   (単位:千円)
                               前事業年度

                            (自 2016年1月1日
                             至 2016年12月31日)
     販売費及び一般管理費の株式報酬費                               905

     売上原価の株式報酬費                              3,999

           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
                         取締役2名 監査役1名
     付与対象者の区分及び人数                                      従業員34名
                         顧問1名
     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 8,000株                  普通株式 37,000株
     数(注)1
     付与日                    2016年7月1日                  2016年4月1日
     権利確定条件                    定めはありません                  (注)2

                                           自 2016年4月1日

     対象勤務期間                    定めはありません
                                           至 2018年3月30日
                         自 2016年7月1日                  自 2018年4月1日
     権利行使期間
                         至 2026年6月30日                  至 2026年3月18日
      (注)1.株式数に換算して記載しております。なお、2018年4月1日付株式分割(普通株式1株につき200株の割
           合)による分割後の株式数に換算して記載しております。
         2.権利行使条件は次のとおりです。
          ① 新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会社の取締役、監査役、相談
           役、顧問または従業員であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由が
           あると取締役会が認めた場合は、この限りではない。
          ② 新株予約権者      の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
          ③その他の条件については、取締役会決議に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当
           契約」に定めるところによる。
                                  97/143








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
              当事業年度(2016年12月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
             ションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
     権利確定前               (株)
      前事業年度末                                  -                  -

      付与                                8,000                  37,000

      失効                                  -                  -

      権利確定                                8,000                    -

      未確定残                                  -                37,000

     権利確定後               (株)

      前事業年度末                                  -                  -

      権利確定                                8,000                    -

      権利行使                                  -                  -

      失効                                  -                  -

      未行使残                                8,000                    -

      (注)    2018年4月1日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っており、株式分割後の株式数に換算して
         記載しております。
                                  98/143












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
     権利行使価格(注)               (円)                   650                  650

     行使時平均株価               (円)                    -                  -

     付与日における公正な評価単価
                    (円)              1株につき50銭                1株につき375円87銭
     (注)
      (注)    2018年4月1日をもって普通株式1株につき200株の株式分割を行っており、権利行使価格及び付与日における
         公正な評価単価につきましては、当該株式分割後の価格に換算して記載しております。
           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

            第1回新株予約権の公正な評価単価の見積方法は以下のとおりであります。
            (1)  使用  した評価技法   モンテカルロ・シミュレーション
            (2)  主な  基礎数値及び見積方法
                          第1回新株予約権
     株価変動性            (注)1                59.67    %
     予想残存期間                     (注)2                 10
                                     年
     予想配当                         (注)3                 -
                                     円
     無リスク利子率                    (注)4               △0.02    %
     (注)1.当社は未公開会社であるため、類似上場会社のボラティリティの単純平均を採用しております。
        2.割当日から権利行使期間満了日までの期間であります。
        3.直近の配当実績によっております。
        4.満期日までの期間に対応した国債の利回りであります。
            第2回新株予約権の公正な評価単価の見積方法は以下のとおりであります。

            (1)  使用  した評価技法   ブラック・ショールズモデル
            (2)  主な  基礎数値及び見積方法
                          第2回新株予約権
     株価変動性            (注)1                57.16    %
     予想残存期間                     (注)2                  8
                                     年
     予想配当                         (注)3                 -
                                     円
     無リスク利子率                    (注)4               △0.15    %
     (注)1.当社は未公開会社であるため、類似上場会社のボラティリティの単純平均を採用しております。
        2.割当日から権利行使期間の中間点までの期間であります。
        3.直近の配当実績によっております。
        4.満期日までの期間に対応した国債の利回りであります。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

            基本的には、将来の失効数の見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
            ます。
                                  99/143






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                   (単位:千円)
                               当事業年度

                            (自 2017年1月1日
                             至 2017年12月31日)
     販売費及び一般管理費の株式報酬費                              1,995

     売上原価の株式報酬費                              6,882

           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                 第1回新株予約権           第2回新株予約権           第3回新株予約権           第4回新株予約権
                 取締役2名                      取締役2名
     付与対象者の区分及び
                 監査役1名           従業員34名           監査役2名           従業員48名
     人数
                 顧問1名                      顧問4名
     株式の種類別のストッ
     ク・オプションの数           普通株式 8,000株           普通株式 37,000株           普通株式 8,800株           普通株式 20,400株
     (注)1
     付与日           2016年7月1日           2016年4月1日           2017年5月1日           2017年5月1日
     権利確定条件           定めはありません           (注)2           定めはありません           (注)   2

                            自 2016年4月1日                       自 2017年5月1日 

     対象勤務期間           定めはありません                      定めはありません
                            至 2018年3月31日                      至 2019年3月27日
                 自 2016年7月1日            自 2018年4月1日            自 2017年5月1日            自 2019年3月28日 
     権利行使期間
                 至 2026年6月30日           至 2026年3月18日           至 2027年4月30日           至 2027年3月27日
      (注)1.株式数に換算して記載しております。なお、2018年4月1日付株式分割(普通株式1株につき200株の割
           合)による分割後の株式数に換算して記載しております。
         2.権利行使条件は次のとおりです。
          ① 新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会社の取締役、監査役、相談
           役、顧問または従業員であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由が
           あると取締役会が認めた場合は、この限りではない。
          ② 新株予約権者      の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
          ③その他の条件については、取締役会決議に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当
           契約」に定めるところによる。
                                100/143







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
              当事業年度(2017年12月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
             ションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                    第1回新株予約権          第2回新株予約権          第3回新株予約権          第4回新株予約権
     権利確定前         (株)
                                   37,000
      前事業年度末                    -                     -          -
      付与                    -          -         8,800          20,400

      失効                    -          -          -          -

      権利確定                    -          -         8,800            -

                                   37,000
      未確定残                    -                     -        20,400
     権利確定後         (株)

                         8,000
      前事業年度末                               -          -          -
      権利確定                    -          -         8,800            -

      権利行使                    -          -          -          -

      失効                    -          -          -          -

      未行使残                   8,000            -         8,800            -

      (注)    2018年4月1日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っており、株式分割後の株式数に換算して
         記載しております。
                                101/143












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                   第1回新株予約権          第2回新株予約権           第3回新株予約権           第4回新株予約権
     権利行使価格(注)          (円)          650           650         1,000           1,000

     行使時平均株価          (円)           -           -          -           -

     付与日における公正
               (円)     1株につき50銭        1株につき375円87銭           1株につき1円50銭          1株につき448円05銭
     な評価単価     (注)
      (注)    2018年4月1日をもって普通株式1株につき200株の株式分割を行っており、権利行使価格及び付与日における
         公正な評価単価につきましては、当該株式分割後の価格に換算して記載しております。
           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

            第3回新株予約権の公正な評価単価の見積方法は以下のとおりであります。
            (1)  使用  した評価技法   モンテカルロ・シミュレーション
            (2)  主な  基礎数値及び見積方法
                          第3回新株予約権
     株価変動性            (注)1                54.28    %
     予想残存期間                     (注)2                 10
                                     年
     予想配当                         (注)3                 -
                                     円
     無リスク利子率                    (注)4                0.08   %
     (注)1.当社は未公開会社であるため、類似上場会社のボラティリティの単純平均を採用しております。
        2.割当日から権利行使期間満了日までの期間であります。
        3.直近の配当実績によっております。
        4.満期日までの期間に対応した国債の利回りであります。
            第4回新株予約権の公正な評価単価の見積方法は以下のとおりであります。

            (1)  使用  した評価技法   ブラック・ショールズモデル
            (2)  主な  基礎数値及び見積方法
                          第4回新株予約権
     株価変動性            (注)1                49.20    %
     予想残存期間                     (注)2                  6
                                     年
     予想配当                         (注)3                 -
                                     円
     無リスク利子率                    (注)4               △0.14    %
     (注)1.当社は未公開会社であるため、類似上場会社のボラティリティの単純平均を採用しております。
        2.割当日から権利行使期間の中間点までの期間であります。
        3.直近の配当実績によっております。
        4.満期日までの期間に対応した国債の利回りであります。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

            基本的には、将来の失効数の見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
            ます。
                                102/143






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前事業年度(2016年12月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度
                                    (2016年12月31日)
            繰延税金資産
             製品保証引当金                             9,891千円
                                          8,400
             仕掛品評価損
                                          5,564
             受注損失引当金
             長期未払金                             4,780
             未払事業税                             4,216
                                          2,561
             未払金
             賞与引当金                             1,891
                                          2,231
             その他
            繰延税金資産小計
                                          39,537
                                         △1,085
            評価性引当額
            繰延税金資産合計                              38,451
            繰延税金資産の純額                              38,451
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
             法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下で
            あるため注記を省略しております。
           3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

             「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等
            の法律」(平成28年法律第13号)が2016年3月29日に国会で成立し、2016年4月1日以後に開始する事
            業年度から法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。                              これに伴い、繰延税金資産及び繰延税
            金負債の計算に使用する法定実効税率は従来の35.3%から、2017年1月1日に開始する事業年度及び
            2018年1月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異については34.8%に、2019年1月1日
            に開始する事業年度以降に解消が見込まれる一時差異については34.6%となります。
             この税率変更により、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は605千円減少して
            おり、法人税等調整額が同額増加しております。
                                103/143










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(2017年12月31日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      当事業年度
                                    (2017年12月31日)
            繰延税金資産
             製品保証引当金                             13,069千円
             仕掛品評価損                             8,343
             受注損失引当金                             9,401
             長期未払金                             2,204
             未払事業税                             3,505
             未払金                             2,419
             賞与引当金                             2,262
                                          3,169
             その他
            繰延税金資産小計
                                          44,378
                                         △2,070
            評価性引当額
            繰延税金資産合計                              42,307
            繰延税金資産の純額                              42,307
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                      前事業年度
                                    (2017年12月31日)
            法定実効税率
                                           34.8%
            (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              0.7
             株式報酬費用                              2.1
             住民税均等割                              0.3
             試験研究費等特別控除                             △11.3
             軽減税率適用による差異                             △0.8
             評価性引当額の増減額                              0.7
                                           0.1
             その他
            税効果会計適用後の法人税等の負担率                               26.6
                                104/143










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (資産除去債務関係)
          前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
            当社は、事務所等の不動産賃借契約に基づき、退去時における原状回復に係る債務を有し                                          て おります    が、
           当該債務に関連する賃借資産の使用期間が明確でなく、将来                            退去  する予定もないことから、資産除去債務を
           合理的に見積ることができません。
            そのため、当該債務に見合う資産除去債務を計上しておりません。
          当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)

            当社は、事務所等の不動産賃借契約に基づき、退去時における原状回復に係る債務を有し                                          て おります    が、
           当該債務に関連する賃借資産の使用期間が明確でなく、将来                            退去  する予定もないことから、資産除去債務を
           合理的に見積ることができません。
            そのため、当該債務に見合う資産除去債務を計上しておりません。
                                105/143

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
             当社は「sinops事業」の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
           当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)

             当社は「sinops事業」の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
          【関連情報】

           前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
             載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
               本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
             (2)有形固定資産

               本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                     (単位:千円)
              顧客の氏名又は名称             売上高       関連するセグメント名

             株式会社    日本アクセス          184,870      sinops事業
             株式会社    イシダ          115,390      sinops事業
           当事業年度(自         2017年1月1日 至 2017年12月31日                  )

            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
             載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
               本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
             (2)有形固定資産

               本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                     (単位:千円)
              顧客の氏名又は名称             売上高       関連するセグメント名

             株式会社日本アクセス              247,989      sinops事業
             株式会社    ダイエー           90,924      sinops事業
                                106/143





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
             該当事項はありません。
           当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
             該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
             該当事項はありません。
           当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
             該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
             該当事項はありません。
           当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
             該当事項はありません。
                                107/143















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【関連当事者情報】
          前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
           関連当事者との取引
            財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                              議決権等の
                    資本金又     事業の内
          会社等の名                   所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
                    は出資金
       種類          所在地         容又は職               取引の内容            科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係           (千円)          (千円)
                    (千円)     業
                               (%)
                                        当社銀行借
     役員及び                    当社代表    (被所有)          入に対する
          南谷 浩       -    -             債務被保証            29,000     -     -
                                        債務被保証
     主要  株主                   取締役    直接29.5
                                        (注)2
                                        不動産賃貸
                                        借契約に対
     役員及び                    当社代表    (被所有)          する債務被
          南谷 浩                        債務被保証
                 -    -                         28,470     -     -
                                        保証
     主要  株主                   取締役    直接29.5
                                        (注)3
      (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておりません。

         2.当社の銀行借入に係る債務保証を受けております。なお、保証料の支払及び担保の提供等は行っておりませ
           ん。取引金額には当該債務保証に係る当事業年度の借入残額を記載しております。
         3.当社の本社建物の賃貸借契約に係る債務保証を受けております。なお、保証料の支払及び担保の提供等は
           行っておりません。取引金額には当該債務保証に係る当事業年度の賃借料の支払額を記載しております。
          当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)

           関連当事者との取引
            財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                              議決権等の
                    資本金又
                         事業の内
          会社等の名                   所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
       種類          所在地    は出資金     容又は職               取引の内容            科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係
                                              (千円)          (千円)
                    (千円)     業
                               (%)
                                        当社銀行借
                                        入に対する
     役員及び                    当社代表    (被所有)
          南谷 浩       -    -             債務被保証            17,000     -     -
     主要  株主                   取締役              債務被保証
                              直接29.4
                                        (注)2
                                        不動産賃貸
                                        借契約に対
     役員及び
                                        する債務被
                         当社代表    (被所有)
     主要  株主   南谷 浩       -    -             債務被保証            28,470     -     -
                          取締役    直接29.4          保証
                                        (注)3
      (注)1.記載金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておりません。

         2.当社の銀行借入に係る債務保証を受けております。なお、保証料の支払及び担保の提供等は行っておりませ
           ん。取引金額には当該債務保証に係る当事業年度の借入残額を記載しております。
         3.当社の本社建物の賃貸借契約に係る債務保証を受けております。なお、保証料の支払及び担保の提供等は
           行っておりません。取引金額には当該債務保証に係る当事業年度の賃借料の支払額を記載しております。
                                108/143






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (1株当たり情報)
          前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
                                     当事業年度
                                  (自 2016年1月1日
                                   至 2016年12月31日)
           1株当たり純資産額                              196.34   円

           1株当たり当期純利益金額                               74.65   円
          (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、
                当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
              2.当社は、      2018年3月12日開催の取締役会決議に基づき、2018年4月1日付をもって普通株式1株
                につき200株の株式分割を行っております。当事業年度の期首に当該株式会社分割が行われたと仮
                定して1株当たり純資産額及び1株                 当たり当期純利益金額を算定しております。
              3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                     当事業年度
                                  (自 2016年1月1日
                                   至 2016年12月31日)
           当期純利益金額(千円)                              70,681

           普通株主に帰属しない金額(千円)                                -

                                         70,681
           普通株式に係る当期純利益金額(千円)
                                        946,838
           普通株式の期中平均株式数(株)
           希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                       新株予約権2種類(新株予約権
           1株当たり当期純利益金額の算定に含めな                      の数225個)
           かった潜在株式の概要
                                 なお、新株予約権の概要は「第
                                4 提出会社の状況 1 株式等
                                の状況 (2)新株予約権等の状
                                況」に記載のとおりであります。
          当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)

                                     当事業年度
                                  (自 2017年1月1日
                                   至 2017年12月31日)
           1株当たり純資産額                              307.76円

           1株当たり当期純利益金額                              109.22円

          (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、
                当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
              2.当社は、      2018年3月12日開催の取締役会決議に基づき、2018年4月1日付をもって普通株式1株
                につき200株の株式分割を行っております。前事業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し
                て1株当たり純資産額及び1株              当たり当期純利益金額を算定しております。
                                109/143






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                     当事業年度
                                  (自 2017年1月1日
                                   至 2017年12月31日)
           当期純利益金額(千円)                              108,201

           普通株主に帰属しない金額(千円)                                -

           普通株式に係る当期純利益金額(千円)                              108,201

           普通株式の期中平均株式数(株)                              990,705

           希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                       新株予約権4種類(新株予約権
           1株当たり当期純利益金額の算定に含めな                      の数344個)
           かった潜在株式の概要                       なお、新株予約権の概要は「第
                                4 提出会社の状況 1 株式等
                                の状況 (2)新株予約権等の状
                                況」に記載のとおりであります。
                                110/143















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な後発事象)
          前事業年度(自 2016年1月1日 至 2016年12月31日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)

           当社は、2018年3月12日開催の取締役会決議により2018年4月1日付の株式分割を実施いたしました。ま
          た、上記株式分割に伴い、2018年3月28日開催の株主総会決議により定款の一部を変更し単元株制度の採用を
          実施いたしました。
          1.  株式分割、単元株制度の採用の目的

           当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、単元株式
          数(売買単位)を100株に統一することを目標とする全国証券取引所の「売買単位の集約に向けた行動計画」
          を考慮し、1単元を100株とする単元株制度を採用いたしました。
          2.株式分割の概要

          (1)  分割方法
            2018年3月31日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有株式数を、普通株式1株につき200株
           の割合をもって分割いたしました。
          (2)  分割により増加する株式数

             株式分割前の発行済株式総数                      4,962株
             今回の分割により増加する株式数                     987,438株

             株式分割後の発行済株式総数                     992,400株

             株式分割後の発行可能株式総数                    3,969,600株

          (3)  株式分割の効力発生日

            2018年4月1日
          (4)  その他

            今回の株式分割に際しまして、資本金の額の変更はありません。
          (5)  新株予約権行使価額の調整

            今回の株式分割に伴い、2018年4月1日以降に行使する新株予約権の行使価額を以下のとおり調整いたし
           ました。
                   名称             調整前行使価額                調整後行使価額
             第1回新株予約権                         130,000円                  650円
             第2回新株予約権                         130,000円                  650円
             第3回新株予約権                         200,000円                 1,000円
             第4回新株予約権                         200,000円                 1,000円
          (6)  1株当たり情報に及ぼす影響

            「1株当たり情報」は、当該株式分割が前事業年度の期首に行われたと仮定して算出しており、これ
           による影響については、当該箇所に反映されております。
          3.  単元株制度の採用

           単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株といたしました。
                                111/143




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)
            当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
           累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりでありま
           す。
                             当第3四半期累計期間
                             (自 2018年1月1日
                              至 2018年9月30日)
     減価償却費                                17,558千円
          (セグメント情報等)

           【セグメント情報】
            当第3四半期累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)
            当社は「sinops事業」の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
          (1株当たり情報)

           1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当第3四半期累計期間
                                (自 2018年1月1日
                                 至 2018年9月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                 97円05銭

     (算定上の基礎)
      四半期純利益金額(千円)                                 96,316

      普通株主に帰属しない金額(千円)

                                          -
      普通株式に係る四半期純利益金額(千円)                                 96,316
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 992,400

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                               -
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
     式で、前事業年度末から重要な変動があったものの
     概要
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場で
           あり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
         2.当社は、2018年4月1日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。期首に当該株
           式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
          (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                112/143







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          【株式】
           該当事項はありません。
          【債券】

           該当事項はありません。
          【その他】

           該当事項はありません。
         【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
         資産の種類
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     償却累計額       (千円)     高(千円)
                                          (千円)
     有形固定資産
      建物              13,044       3,390       -    16,435       6,205      1,261      10,229
      船舶                -     5,460       -     5,460      5,459      5,459        0
      工具、器具及び備品              49,247       1,162       -    50,410      40,607       7,460      9,802
        有形固定資産計
                    62,291      10,013        -    72,305      52,273      14,181      20,031
     無形固定資産
      ソフトウエア              21,790      28,713        -    50,504      19,835       7,285      30,668
      ソフトウエア仮勘定              5,970      35,429      29,953      11,447        -      -    11,447
      その他
                     186      100       -      286       -      -      286
        無形固定資産計            27,947      64,243      29,953      62,237      19,835       7,285      42,402
      長期前払費用                -      -      -      123       -      -      123
      (注)1.      当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
           ソフトウエア    28,713千円 販売用ソフトウエアのリリース                               によるものです。
           ソフトウエア仮勘定 34,270千円 販売用ソフトウエア開発によるものです。
         2.当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。
           ソフトウエア仮勘定           28,713千円 販売用ソフトウエアへの振替によるものです。
         3.長期前払費用の金額が資産総額の1%以下であるため、「当期首残高」「当期増加額」及び「当期減少額」
           の記載を省略しております。また、長期前払費用は期間配分に係るものであり、償却資産とは性格が異なる
           ため、「当期末減価償却累計額又は償却累計額」及び「当期償却額」には含めておりません。
         【社債明細表】

          該当事項はありません。
                                113/143







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【借入金等明細表】
                               当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                               (千円)       (千円)        (%)
     短期借入金                           -       -       -         -

     1年以内に返済予定の長期借入金                            12,000       21,996        0.83       -

     1年以内に返済予定のリース債務                           -       -       -         -

                                        20,839
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                            17,000               0.81    2019年~2020年
     その他有利子負債                           -       -       -         -

                                        42,835
                合計                 29,000              -        -
      (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金の貸借対照表日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。
                            1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内
                              (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
           長期借入金                     14,996         5,843       -        -

         【引当金明細表】

                                     当期減少額        当期減少額
                     当期首残高        当期増加額                         当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                     (千円)        (千円)                         (千円)
                                      (千円)        (千円)
                        5,440        6,508        5,440                 6,508
      賞与引当金                                             -
                        28,448        23,328                         37,586
      製品保証引当金                                  14,191          -
                        16,004                 12,652
      受注損失引当金                          27,038                 3,351        27,038
      (注)受注損失引当金の「当期減少額(その他)」は使用実績との差額の取崩であります。
         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
                                114/143










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【主な資産及び負債の内容】
        ① 流動資産
         イ.現金及び預金
                  区分                          金額(千円)
      現金                                                 132

      預金

       普通預金                                              210,472
       定期預金                                                100
                                                     210,572

                  小計
                  合計                                   210,704

         ロ.売掛金

           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      株式会社日本アクセス                                               116,095

      株式会社メガスポーツ                                               18,900
      株式会社イシダ                                               18,671

      鹿児島イシダ株式会社                                               13,207

      情報技術開発株式会社                                                5,224

      その他                                               15,758
                  合計                                   187,856

           売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                           回収率(%)         滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     (A)  +  (D)

                                           (C)            2
                                                ×  100
         (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)  +  (B)          (B)
                                                       365
                                                80.4

                  798,621         770,212                               79
         159,448                           187,856
      (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
         ハ.仕掛品

                  品目                          金額(千円)
      システム導入支援                                               12,356

                  合計                                    12,356

         ニ.繰延税金資産

          繰延税金資産は、        流動資産と固定資産の合計            42,307千円であり、その内容については「1                       財務諸表等 
         (1)財務諸表        注記事項(税効果会計関係)」に記載しております。
                                115/143




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ホ.  差入保証金
                 相手先                          金額(千円)
      東京建物株式会社                                               28,470

      三菱地所プロパティマネジメント株式会社                                                9,841
      ディー・ジェイ・ビル管理株式会社                                                 66
                  合計                                    38,377

         へ.  保険  積立金

                 相手先                          金額(千円)
                                                     22,742
      メットライフ生命保険株式会社
      エヌエヌ生命保険株式会社                                               13,365
      ジブラルタ生命保険株式会社                                                3,275
                  合計                                    39,383

                                116/143















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ② 流動負債
         イ.買掛金
                 相手先                          金額(千円)
      日本総合システム株式会社                                                5,110

      株式会社システムハウス関西                                                3,237
      株式会社ドラプロ                                                2,406
      株式会社日立システムズ                                                1,581

      株式会社ニコシス                                                1,404

      その他                                                1,231
                  合計                                    14,971

         ロ.未払金

                 相手先                          金額(千円)
      法定福利費                                               11,010

      確定拠出年金制度移行に係る未払金                                                6,381
      株式会社ジェーシービー                                                2,931

      ANAセールス株式会社                                                1,579

      有限会社浅川MC                                                1,473

      その他                                               13,725
                  合計                                    37,101

         ハ.前受金

                 相手先                          金額(千円)
      株式会社日立システムズ                                               13,406

      株式会社イシダ                                                7,331
      株式会社ダイエー                                                6,512

      四国イシダ株式会社                                                3,648

      株式会社せんどう                                                2,916

                                                     11,682
      その他
                  合計                                    45,497

       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                117/143






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  毎年1月1日から12月31日まで

      定時株主総会                  毎事業年度終了後から3ヶ月以内

      基準日                  毎年12月31日

                       毎年6月30日

      剰余金の配当の基準日
                       毎年12月31日
      1単元の株式数                  100株

      株式の名義書換え(注)1

                       大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 三井住友信託銀行株式会社

       取扱場所
                       証券代行部
       株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社

       取次所                 三井住友信託銀行株式会社 本店及び全国各支店

       名義書換手数料                 無料

       新券交付手数料                 ―

      単元未満株式の買取り

                       大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 三井住友信託銀行株式会社

       取扱場所
                       証券代行部
       株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社

       取次所                 三井住友信託銀行株式会社 本店及び全国各支店                       (注)1

       買取手数料                 無料(注)2

                       電子公告により行う。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公

                       告をできない場合は、日本経済新聞に掲載して行う。
      公告掲載方法
                       公告掲載URL
                       https://www.sinops.jp/
      株主に対する特典                  該当事項はありません。

      (注)1.当社株式は、株式会社東京証券取引所への上場に伴い、社債、株式等の振替に関する法律第128条第1項に

           規定する振替株式となることから、該当事項はなくなる予定です。
         2.単元未満株式の買取手数料は、当社株式が東京証券取引所に上場された日から「株式の売買の委託に係る手
           数料相当額として別途定める金額」に変更されます。
         3.当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない
           旨、定款に定めております。
           (1) 会社法第189条第2項各号に掲げる権利
           (2) 会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
           (3) 株主の有する株式数に応じて募集新株予約権の割当てを受ける権利
           (4) 当会社に対して、自己の有する単元未満株式が単元株式となるように、買い増し請求する権利
                                118/143



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        該当事項はありません。
                                119/143


















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第三部【特別情報】
     第1【連動子会社の最近の財務諸表】
       当社は、連動子会社を有していないため、該当事項はありません。
                                120/143



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第四部【株式公開情報】
     第1【特別利害関係者等の株式等の移動状況】
          移動前所有者           移動前所有者      移動後所有者           移動後所有者             価格
                移動前所有                 移動後所有            移動株数
     移動年月日     の氏名又は名           の提出会社と      の氏名又は名           の提出会社と            (単価)     移動理由
                者の住所                 者の住所            (株)
          称           の関係等      称           の関係等            (円)
                                       特別利害関係
                      特別利害関係
                                       等(当社の代
                      等(当社の代
      2016年          大阪府守口                 東京都文京     表取締役の二                 所有者の
          南谷浩           表取締役、大      南谷純                         贈与
                                                800
      7月2日           市                 区     親等以内の血                 事情による
                      株主上位10
                                       族、大株主上
                      名)
                                       位10名)
                                       特別利害関係
                      特別利害関係
                                       等(当社の代
                      等(当社の代
      2016年          大阪府守口                 大阪府守口     表取締役の二                 所有者の
          南谷浩           表取締役、大      南谷のどか                         贈与
                                                800
                                       親等以内の血
      7月2日           市                 市                      事情による
                      株主上位10
                                       族、大株主上
                      名)
                                       位10名)
                                       特別利害関係
                      特別利害関係
                                       等(当社の代
                      等(当社の代
      2016年          大阪府守口                 大阪府守口     表取締役の二                 所有者の
          南谷浩           表取締役、大      南谷めぐみ                         贈与
                                                800
                                       親等以内の血
      7月2日           市                 市                      事情による
                      株主上位10
                                       族、大株主上
                      名)
                                       位10名)
                                  大阪府大阪
                                  市北区梅田
                      特別利害関係                 特別利害関係
                                                        所有者の
                                  一丁目12番
      2017年          大阪府大阪     等(当社の大      リンク社員持           等(当社の大            2,000,000
          静間荘司                                             当社退職に
                                                10
                                  12号  東京
                      株主上位10                 株主上位10
      12月29日           市天王寺区           株会                       (200,000)
                                                        よる譲渡
                      名)                 名)
                                  建物梅田ビ
                                  ル5階
                                       特別利害関係
                                       等(役員等に
                      特別利害関係
                                  大阪府守口     より総株主の
                      等(当社の代      合同会社南谷
                                       議決権の過半
      2018年          大阪府守口                 市豊秀町二                220,000,000      所有者の
          南谷浩           表取締役、大      ホールディン                   1,100
      1月12日           市                 丁目7番4     数が所有され            (200,000)     事情による
                      株主上位10      グス
                                  号1107号室     ている会社、
                      名)
                                       大株主上位10
                                       名)
                                       特別利害関係
                      特別利害関係                 等(役員等に
                      等(当社の代            大阪府守口     より総株主の
                            合同会社南谷
      2018年          東京都文京     表取締役の二            市豊秀町二     議決権の過半            60,000,000      所有者の
          南谷純                 ホールディン                    300
                      親等以内の血                 数が所有され
      1月12日           区                 丁目7番4                 (200,000)     事情による
                            グス
                      族、大株主上            号1107号室     ている会社、
                                       大株主上位10
                      位10名)
                                       名)
                                       特別利害関係
                      特別利害関係                 等(役員等に
                      等(当社の代            大阪府守口     より総株主の
                            合同会社南谷
      2018年          大阪府守口     表取締役の二            市豊秀町二     議決権の過半            60,000,000      所有者の
          南谷のどか                 ホールディン                    300
      1月12日           市     親等以内の血            丁目7番4     数が所有され                 事情による
                                                   (200,000)
                            グス
                      族、大株主上                 ている会社、
                                  号1107号室
                      位10名)                 大株主上位10
                                       名)
                                       特別利害関係
                      特別利害関係                 等(役員等に
                      等(当社の代                 より総株主の
                                  大阪府守口
                            合同会社南谷
      2018年          大阪府守口     表取締役の二            市豊秀町二     議決権の過半            60,000,000      所有者の
          南谷めぐみ                 ホールディン                    300
      1月12日           市     親等以内の血            丁目7番4     数が所有され                 事情による
                                                   (200,000)
                            グス
                      族、大株主上            号1107号室     ている会社、
                                       大株主上位10
                      位10名)
                                       名)
                                121/143



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          移動前所有者           移動前所有者      移動後所有者           移動後所有者             価格
                移動前所有                 移動後所有            移動株数
     移動年月日     の氏名又は名           の提出会社と      の氏名又は名           の提出会社と            (単価)     移動理由
                者の住所                 者の住所            (株)
          称           の関係等      称           の関係等            (円)
                                  大阪府大阪
                      特別利害関係            市北区梅田     特別利害関係
                                  一丁目12番
      2018年          滋賀県大津     等(当社の大      リンク社員持           等(当社の大            2,600,000     所有者の
          伊藤正征                                     2,000
                                  12号  東京
      10月10日           市     株主上位10      株会           株主上位10                 事情による
                                                    (1,300)
                      名)                 名)
                                  建物梅田ビ
                                  ル5階
      (注)1.当社は、東京証券取引所マザーズへの上場を予定しておりますが、株式会社東京証券取引所(以下「同取引
           所」という。)が定める有価証券上場規程施行規則(以下「同施行規則」という。)第253条の規定に基づ
           き、特別利害関係者等が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して2年前の日(2016年1月1
           日)から上場日の前日までの期間において、当社の発行する株式または新株予約権の譲受けまたは譲渡(上
           場前の公募等を除き、新株予約権の行使を含む。以下「株式の移動」という。)を行っている場合には、当
           該株式等の移動の状況を同施行規則第219条第1項第2号に規定する「新規上場申請のための有価証券報告
           書(Ⅰの部)」に記載することとされております。
         2.当社は、同施行規則第254条の規定に基づき、上場日から5年間、上記株式等の移動の状況に係る記載内容
           についての記録を保存することとし、幹事取引参加者は、当社が当該記録を把握し、かつ、保存するための
           事務組織を適切に整備している状況にあることを確認することとされております。
           また、当社は、当該記録につき、同取引所が必要に応じて行う提出請求に応じなければならないとされてお
           ります。同取引所は、当社が当該提出請求に応じない場合は、当社の名称及び当該提出請求に応じない状況
           にある旨を公表することができるとされております。また、同取引所は、当該提出請求により提出された記
           録を検討した結果、上記株式等の移動の状況に係る記載内容が明らかに正確でなかったと認められる場合に
           は、当社及び幹事取引参加者の名称並びに当該記載内容が正確でなかったと認められる旨を公表することが
           できるとされております。
         3.特別利害関係者等の範囲は次のとおりであります。
          (1)当社の特別利害関係者………役員、その配偶者及び二親等内の血族(以下「役員等」という。)、役員等
                         により総株主の議決権の過半数が所有されている会社並びに関係会社及びそ
                         の役員
          (2)当社の大株主上位10名
          (3)当社の人的関係会社及び資本的関係会社並びにこれらの役員
          (4)金融商品取引業者等(金融商品取引法第28条第8項に規定する有価証券関連業を行う者に限る。)並びに
            その役員、人的関係会社及び資本的関係会社
         4.2018年3月12日開催の取締役会決議により、2018年4月1日付で普通株式1株につき200株の株式分割を
           行っておりますが、上記「移動株数」及び「価格(単価)」は当該株式分割前の「移動株数」及び「価格
           (単価)」を記載しております。
         5.移動価格は、ディスカウントキャッシュフロー法、類似会社比較法により算出した価格を基礎として決定し
           ております。
         6.2018年3月12日開催の取締役会決議により、2018年4月1日付で普通株式1株につき200株の株式分割を
           行っておりますが、上記のうち当該株式分割前の移動は分割前の内容を、当該株式分割後の移動は分割後の
           内容を記載しております。
                                122/143







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【第三者割当等の概況】
      1【第三者割当等による株式等の発行の内容】
              項目               株式(1)            株式(2)            株式(3)
      発行年月日                     2016年4月30日            2016年6月30日            2016年7月1日

      種類                       普通株式            普通株式            普通株式

      発行数                           185株            197株            100株

                             130,000円            130,000円            130,000円
      発行価格
                             (注)   4         (注)   4         (注)   4
      資本組入額                         81,081円          65,000円            65,000円
      発行価額の総額                       24,050,000円           25,610,000円            13,000,000円

      資本組入額の総額                       15,000,000円           12,805,000円            6,500,000円

      発行方法                       第三者割当            第三者割当            第三者割当

      保有期間等に関する確約                         -            -            -

              項目               株式(4)            株式(5)           新株予約権①

      発行年月日                     2017年1月16日            2017年12月31日            2016年7月1日

                                                   第1回新株予約権
      種類                       普通株式            普通株式
                                                 (ストックオプション)
      発行数                           12株            8株      普通株式 40株
                             130,000円            200,000円            130,000円
      発行価格
                             (注)   4         (注)   5         (注)   4
      資本組入額                         65,000円          100,000円            65,000円
      発行価額の総額                       1,560,000円           1,600,000円            5,200,000円

      資本組入額の総額                         780,000円          800,000円           2,600,000円

                                                 2016年3月19日開催の定

                                                 時株主総会において、会
                                                 社法第236条、第238条及
                                                 び第239条の規定に基づ
      発行方法                       第三者割当            第三者割当
                                                 く新株予約権の付与(ス
                                                 トックオプション)に関
                                                 する決議を行っておりま
                                                 す。
                             (注)   2         (注)   2

      保有期間等に関する確約                                                -
                                123/143






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社リンク(E34509)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              項目              新株予約権②            新株予約権③            新株予約権④
      発行年月日                      2016年4月1日            2017年5月1日            2017年5月1日

                           第2回新株予約権            第3回新株予約権            第4回新株予約権
      種類
                          (ストックオプション)            (ストックオプション)            (ストックオプション)
      発行数                      普通株式 185株            普通株式 44株           普通株式 102株
                             130,000円            200,000円            200,000円
      発行価格
                             (注)   4         (注)   5         (注)   5
      資本組入額                       65,000円           100,000円            100,000円
      発行価額の総額                      24,050,000円            8,800,000円           20,400,000円

      資本組入額の総額                      12,025,000円            4,400,000円           10,200,000円

                         2016年3月19日開催の定            2017年3月28日開催の定            2017年3月28日開催の定

                         時株主総会において、会            時株主総会において、会            時株主総会において、会
                         社法第236条、第238条及            社法第236条、第238条及            社法第236条、第238条及
                         び第239条の規定に基づ            び第239条の規定に基づ            び第239条の規定に基づ
      発行方法
                         く新株予約権の付与(ス            く新株予約権の付与(ス            く新株予約権の付与(ス
                         トックオプション)に関         &nbs