株式会社オウケイウェイヴ 四半期報告書 第20期第1四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第20期第1四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社オウケイウェイヴ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                 四半期報告書

     【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                 関東財務局長

     【提出日】                 平成30年11月14日

     【四半期会計期間】                 第20期第1四半期(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)

     【会社名】                 株式会社オウケイウェイヴ

     【英訳名】                 OKWAVE,    Inc.

     【代表者の役職氏名】                 代表取締役社長  松 田 元

     【本店の所在の場所】                 東京都渋谷区恵比寿一丁目19番15号

     【電話番号】                 03-5793-1191(代表)

     【事務連絡者氏名】                 取締役経営管理本部長  野 崎 正 徳

     【最寄りの連絡場所】                 東京都渋谷区恵比寿一丁目19番15号

     【電話番号】                 03-5793-1191(代表)

     【事務連絡者氏名】                 取締役経営管理本部長  野 崎 正 徳

     【縦覧に供する場所】                 株式会社名古屋証券取引所

                       (名古屋市中区栄三丁目8番20号)

                                  1/24









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                            第19期       第20期

              回次             第1四半期       第1四半期         第19期
                           連結累計期間       連結累計期間
                           自 平成29年       自 平成30年       自 平成29年
                             7月1日         7月1日         7月1日
             会計期間
                           至 平成29年       至 平成30年       至 平成30年
                             9月30日         9月30日         6月30日
                             557,687      1,039,783       3,786,769
     売上高                  (千円)
                              24,989       226,802      1,194,549

     経常利益                  (千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                              18,288       178,387      1,071,626
                       (千円)
     (当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                  (千円)       17,342       184,810      1,072,797
     純資産額                  (千円)     1,508,830       2,724,514       2,601,298

                            1,854,104       5,171,096       3,221,819

     総資産額                  (千円)
     1株当たり四半期(当期)純利益金
                               2.09       20.31       122.56
                       (円)
     額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                               2.08       20.10       121.23
                       (円)
     (当期)純利益金額
                               80.8       52.3       80.2
     自己資本比率                  (%)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には消費税等を含んでおりません。
     2  【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
       について、重要な変更はありません。
        また、当社は平成30年7月2日にプレミア証券株式会社の全株式を取得し完全子会社化したことから、連結の範
       囲に含めております。
                                  2/24








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

        当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
       ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事
       業等のリスク」についての重要な変更はありません。
        なお、重要事象等は存在しておりません。
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)  業績の状況
       ① 全般的概況
        当第1四半期連結累計期間(平成30年7月1日~平成30年9月30日)において、売上高は、コンシューマー・サービ
       ス事業においてはブロックチェーン導入・運用コンサルテーションならびにマーケティングサポートが堅調であっ
       たこと、エンタープライズ・ソリューション事業においても法人向けの主力製品の売上が堅調に拡大しています。
       インバウンド・ソリューション事業も増収を達成しました。フィンテック事業も順調に売上を伸ばしました結果、
       連結売上高は1,039,783千円(前年同期比86.4%増)と、大幅な増収を達成しました。
        利益面においては、とりわけ子会社における専門性の高い付加価値サービスの提供や開発案件による原価構造の
       改善をはじめ、業務効率の改善、外注費や広告宣伝費等の適正な運用を継続して進めることで、営業利益は224,628
       千円(前年同期比562.6%増)、経常利益は226,802千円(前年同期比807.6%増)、親会社株主に帰属する四半期純
       利益は178,387千円(前年同期比875.4%増)と全てにおいて前期同四半期を上回りました。
                           当第1四半期
                                       前第1四半期連結累計期間比
                           連結累計期間
                                      増減額(千円)          増減率(%)
                             (千円)
            売上高                    1,039,783          482,095          +86.4
            営業利益                     224,628         190,726          +562.6
            経常利益                     226,802         201,812          +807.6
            親会社株主に帰属する
                                178,387         160,098          +875.4
            四半期純利益
       ② セグメントの概況

        セグメント別の状況は以下のとおりであります。
        なお、当第1四半期より、企業戦略を明確化することを目的として、従来「ナレッジインテリジェンス事業」と
       表示していたセグメントの名称を「コンシューマー・サービス事業」に「多言語CRM事業」と表示していたセグメン
       トの名称を「インバウンド・ソリューション事業」にそれぞれ変更しております。当該変更は名称変更のみであ
       り、セグメント情報に与える影響はありません。また、各事業分野のセグメント利益は、全社費用291,104千円(前
       年同期134,717千円)を含まない額であります。
       ・コンシューマー・サービス事業の概況 

        コンシューマー・サービス事業の第1四半期連結累計期間おいては、前期にマレーシアに設立した子会社OKfinc
       LTD.によるブロックチェーン導入・運用コンサルテーションの提供、ならびに当社がQ&Aサイト「OKWAVE」の運営で
       培ってきたノウハウに基づく、マーケティングサポートのクライアント数が拡大し、売上高は前年同期比159.2%、
       セグメント利益も大きく伸長しました。
                           当第1四半期

                                       前第1四半期連結累計期間比
                           連結累計期間
                                      増減額(千円)          増減率(%)
                             (千円)
            売上高                     169,902         104,365          +159.2
            セグメント利益                      41,042         98,105           -
                                  3/24




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
       ・エンタープライズ・ソリューション事業の概況
        エンタープライズ・ソリューション事業のビジネスモデルは、FAQシステム「OKBIZ.」などの製品導入の際の初期
       構築費と月額利用料にて構成しています。これは「サブスクリプション(定期購読型ビジネス)」と呼ばれ、企業
       経営にとって安定性をもたらすビジネスモデルとして注目されています。当社は、解約を防止し月額収入を維持す
       るための仕組みである「リテンションビジネス」体制を構築しています。
        第1四半期連結累計期間においては、新規受注が堅調に推移し、とくに今期の成長戦略であるパートナービジネ
       スの拡大による間接販売の拡大により、売上高は前年同期比28.1%、セグメント利益も14.3%の事業成長を遂げて
       います。
                           当第1四半期

                                       前第1四半期連結累計期間比
                           連結累計期間
                                      増減額(千円)          増減率(%)
                             (千円)
            売上高                     436,402          95,758          +28.1
            セグメント利益                     217,640          27,296          +14.3
       ・インバウンド・ソリューション事業の概況

        第1四半期連結累計期におきましては、訪日外国人客の増加や東京五輪開催決定を追い風に、地方自治体や医療
       分野、鉄道などの案件が増加しております。これにより多言語コンタクトセンターの基幹サービスである電話通訳
       や、通訳業務委託の新規受注に至るなど、堅調に本業の成長が図られたことにより、売上高は前年同期比18.9%、
       セグメント利益は37.9%の増収増益を達成しました。
                           当第1四半期

                                       前第1四半期連結累計期間比
                           連結累計期間
                                      増減額(千円)          増減率(%)
                             (千円)
            売上高                     180,195          28,687          +18.9
            セグメント利益                      48,735         13,396          +37.9
       ・フィンテック事業の概況

        前第4四半期連結会計期間から新規事業として開始したフィンテック事業では、企業・団体からの受託により、
       子会社OKfinc       LTD.がブロックチェーンの戦略的設計を行い、孫会社OK                          BLOCKCHAIN      CENTRE    SDN.   BHD.がシステムの
       開発を行っております。
        第1四半期連結累計期間においては、ブロックチェーン・ベースのシステム開発案件を継続的に受託し売上、利
       益を拡大することができました。大規模な受託開発が可能なブロックチェーン開発会社や技術者は世界的にも多く
       はなく、利益率の高い収益を計上することができています。
                           当第1四半期

                                       前第1四半期連結累計期間比
                           連結累計期間
                                      増減額(千円)          増減率(%)
                             (千円)
            売上高                     253,283         253,283            -
            セグメント利益                     208,314         208,314            -
                                  4/24







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
      (2)  財政状態の分析
       (ア)資産
        当第1四半期連結会計期間末における資産残高は、主にプレミア証券株式会社を新たに連結対象としたことによ
       り「現金及び預金」が減少したものの、「証券業における短期差入保証金」及び「証券業における信用取引資産」
       等の資産が計上されたこと、ならびに「のれん」が計上されたことにより5,171,096千円(前連結会計年度末比
       1,949,277千円増加)となりました。
       (イ)負債
        当第1四半期連結会計期間末における負債残高は、主にプレミア証券株式会社を新たに連結対象としたことによ
       り「   証券業における受入保証金」及び「証券業における信用取引負債」等の負債が計上され2,446,581千円(前連
       結会計年度末比1,826,061千円増加)となりました。
       (ウ)純資産
        当第1四半期連結会計期間末における純資産は、主に「利益剰余金」の増加により2,724,514千円(前連結会計年
       度末比123,216千円増加)となりました。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた事項はありません。
     3  【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/24













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

     普通株式                                               19,320,000

                  計                                   19,320,000

       ②  【発行済株式】

               第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所名

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        又は登録認可金融商品                内容
               (平成30年9月30日)          (平成30年11月14日)            取引業協会名
                                   名古屋証券取引所              単元株式数
       普通株式           8,792,600          8,980,800
                                   (セントレックス)                100株
         計          8,792,600          8,980,800           ―            ―
      (注)1 「提出日現在発行数」欄には、平成30年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使に
          より発行された株式数は含まれておりません。
        2 平成30年10月31日を払込期日とする第三者割当による増資により、提出日現在株式数は188,200株増加して
          おります。
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成30年9月28日
                      -   8,781,200           -    996,368      △966,168           -
     (注)1
     平成30年7月1日~
                    11,400     8,792,600         2,441      998,809        2,441       2,441
     平成30年9月30日
     (注)2
     (注)1 平成30年9月22日開催の第19回定時株主総会決議により、会社法第448条第1項の規定に基づき、平成30
          年9月28日付で資本準備金の全額を減少し、その他資本剰余金に振り替えております。
        2 新株予約権の行使による増加であります。
        3 平成30年10月31日を払込期日とする第三者割当による新株式発行により、発行済株式総数が188,200株、
          資本金及び資本準備金がそれぞれ249,929千円増加しております。
                                  6/24



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (6)  【議決権の状況】

        当第1四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す
       ることができないことから、直前の基準日(平成30年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】
                                               平成30年9月30日現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                      ―            ―            ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―            ―            ―

     議決権制限株式(その他)                      ―            ―            ―

     完全議決権株式(自己株式等)                      ―            ―            ―

                      普通株式      8,779,300

     完全議決権株式(その他)                                     87,793          ―
                                              1単元(100株)
                      普通株式        1,900
     単元未満株式                                  ―
                                              未満の株式
     発行済株式総数                       8,781,200           ―            ―
     総株主の議決権                      ―               87,793          ―

      (注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式86株が含まれております。
       ②  【自己株式等】

         該当事項はありません。
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/24










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平成
      30年9月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年7月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、監査法人銀河による四半期レビューを受けております。
       なお当社の監査法人は次のとおり交代しております。
       第19期連結会計年度 有限責任監査法人トーマツ
       第20期第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間 監査法人銀河
                                  8/24
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                   前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                  (平成30年6月30日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,578,700              1,308,297
         現金及び預金
                                         730,356              678,366
         受取手形及び売掛金
                                          8,500              8,500
         商品及び製品
                                          6,908              3,947
         仕掛品
                                                        11,593
         保管有価証券                                   -
                                                        181,414
         証券業における預託金                                   -
                                                        239,037
         証券業における信用取引資産                                   -
                                                       1,366,422
         証券業における短期差入保証金                                   -
                                                        129,080
         証券業における支払差金勘定                                   -
                                         166,378               91,264
         その他
                                          △ 754             △ 752
         貸倒引当金
                                        2,490,089              4,017,172
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          75,547              110,796
           建物及び構築物
                                         △ 62,739             △ 66,637
             減価償却累計額
                                          12,807              44,159
             建物及び構築物(純額)
           工具、器具及び備品                               434,203              474,832
                                        △ 341,083             △ 362,025
             減価償却累計額
                                          93,119              112,807
             工具、器具及び備品(純額)
           建設仮勘定                               10,432
                                                          -
                                                          200
                                            -
           その他
                                         116,359              157,166
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         107,508              103,948
           ソフトウエア
                                          32,598              51,012
           ソフトウエア仮勘定
                                                        297,506
           のれん                                 -
                                          17,085              17,663
           その他
                                         157,192              470,131
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         276,819              326,568
           投資有価証券
                                         259,134              277,542
           その他
                                         △ 77,776             △ 77,485
           貸倒引当金
                                         458,177              526,625
           投資その他の資産合計
         固定資産合計                                731,729             1,153,923
                                        3,221,819              5,171,096
       資産合計
                                  9/24






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年6月30日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         57,873              49,620
         買掛金
                                         269,062              276,441
         未払金及び未払費用
                                                       239,037
         証券業における信用取引負債                                  -
                                                        61,081
         証券業における預り金                                  -
                                                      1,588,212
         証券業における受入保証金                                  -
                                         91,931              10,038
         未払法人税等
                                         17,400              17,400
         1年内返済予定の長期借入金
                                         104,027              115,825
         その他
                                         540,296             2,357,656
         流動負債合計
       固定負債
                                         47,300              42,950
         長期借入金
                                         32,924              32,932
         資産除去債務
         固定負債合計                                80,224              75,882
       特別法上の準備金
                                                        1,635
         金融商品取引責任準備金                                  -
                                                        11,407
                                           -
         商品取引責任準備金
                                                        13,043
         特別法上の準備金合計                                  -
                                         620,520             2,446,581
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         996,368              998,809
         資本金
                                         974,042              398,861
         資本剰余金
                                         633,025             1,323,177
         利益剰余金
                                          △ 85             △ 85
         自己株式
                                        2,603,351              2,720,763
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          △ 308            △ 5,018
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 17,656              △ 8,676
         為替換算調整勘定
                                        △ 17,965             △ 13,695
         その他の包括利益累計額合計
                                          4,301              3,682
       新株予約権
                                         11,610              13,764
       非支配株主持分
                                        2,601,298              2,724,514
       純資産合計
                                        3,221,819              5,171,096
      負債純資産合計
                                 10/24








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年7月1日              (自 平成30年7月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                         557,687             1,039,783
      売上高
                                         288,809              372,643
      売上原価
                                         268,878              667,140
      売上総利益
                                         234,975              442,511
      販売費及び一般管理費
                                         33,902              224,628
      営業利益
      営業外収益
                                          3,343              1,121
       受取利息
                                           187             6,592
       為替差益
                                                         292
       貸倒引当金戻入額                                    -
                                           142              660
       雑収入
                                          3,673              8,667
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           140              309
       支払利息
                                         10,038
       貸倒引当金繰入額                                                  -
                                          2,400
       支払手数料                                                  -
                                                        6,183
       支払報酬                                    -
                                            7              0
       雑損失
                                         12,585               6,493
       営業外費用合計
                                         24,989              226,802
      経常利益
      特別利益
                                           86
                                                         -
       新株予約権戻入益
                                           86
       特別利益合計                                                  -
      特別損失
                                                         22
       固定資産除却損                                    -
                                          2,693              43,443
       投資有価証券評価損
                                          2,693              43,465
       特別損失合計
                                         22,382              183,336
      税金等調整前四半期純利益
                                          5,122              2,795
      法人税、住民税及び事業税
                                          △ 628
                                                         -
      法人税等調整額
                                          4,494              2,795
      法人税等合計
                                         17,888              180,540
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                          △ 400             2,153
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                    18,288              178,387
                                 11/24







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年7月1日              (自 平成30年7月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                         17,888              180,540
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           156            △ 4,710
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 702             8,980
       為替換算調整勘定
                                          △ 545             4,269
       その他の包括利益合計
                                         17,342              184,810
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         17,743              182,657
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          △ 400             2,153
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/24
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
       当第1四半期連結会計期間において、プレミア証券株式会社の全株式を取得し完全子会社化したことから、連結の
      範囲に含めております。
       プレミア証券株式会社の決算日は3月31日であり、連結決算日との差異は3ヶ月以内であるため、同社の四半期会
      計期間に係る四半期財務諸表を基礎として四半期連結財務諸表を作成しております。なお、平成30年9月30日をみな
      し取得日とし、当第1四半期連結会計期間は貸借対照表のみを連結しております。
       (追加情報)

       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半期連
       結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。 
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                           前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間

                           (自    平成29年7月1日              (自    平成30年7月1日
                            至   平成29年9月30日)               至   平成30年9月30日)
         減価償却費                        27,424千円                 23,696千円
       (株主資本等関係)

      前第1四半期連結累計期間(自                平成29年7月1日          至   平成29年9月30日)
      1.配当金支払額
        該当事項はありません。
      2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
      当第1四半期連結累計期間(自                平成30年7月1日          至   平成30年9月30日)

      1.配当金支払額
        該当事項はありません。
      2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
      3.株式資本の金額に著しい変動があった場合の注記

         当社は平成30年9月22日開催の第19回定時株主総会の決議に基づき、下記のとおり資本準備金の額の減少及び
        剰余金の処分を行いました。
        資本準備金の額の減少及び剰余金の処分の内容

       (1)  会社法第448条第1項の規定に基づき、資本準備金の全額を減少させ、その他資本剰余金に振り替えました。
        ①減少した資本準備金の額
            資本準備金      966,168千円
        ②増加した剰余金の額
            その他資本剰余金   966,168千円
                                 13/24


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
       (2)  上記資本準備金振替後のその他資本剰余金を配当原資として、第19期の期末配当を行いました。また、剰余金
         の処分として、会社法第452条の規定に基づきその他資本剰余金を減少させ、繰越利益剰余金に振り替えること
         により、欠損填補を行っております。
        ①減少した剰余金の額
            その他資本剰余金   577,622千円
        ②増加した剰余金の額
            繰越利益剰余金    511,763千円
                                 14/24


















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自                平成29年7月1日          至   平成29年9月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                 調整額
                       エンタープラ
                                                       損益計算書
                 コンシュー             インバウン
                                                 (注)1
                                   フィンテック
                       イズ・ソ
                                                      計上額(注)2
                マー・サービス             ド・ソリュー               計
                       リューション
                                     事業
                  事業           ション事業
                        事業
     売上高
       外部顧客への売上高              65,536      340,643      151,507             557,687         ―    557,687

                                        ―
      セグメント間の内部売上
                   3,823       750       ―           4,573      △ 4,573        ―
                                        ―
      高又は振替高
          計         69,359      341,393      151,507             562,260      △ 4,573      557,687
                                        ―
     セグメント利益
     又はセグメント損失
                  △ 57,062      190,344       35,338            168,620      △ 134,717       33,902
                                        ―
     (△)
       (注)1.セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額は、全社費用であります。全社費用は、主に報告セグメ
          ントに帰属しない管理部門等に係る費用であります。
        2.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
     Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                平成30年7月1日          至   平成30年9月30日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                 調整額
                             インバウン
                       エンタープラ
                                                       損益計算書
                 コンシュー
                                                 (注)1
                             ド・ソリュー      フィンテック
                       イズ・ソ
                                                      計上額(注)2
                マー・サービス                            計
                              ション
                       リューション
                                     事業
                  事業
                        事業
                               事業
     売上高
       外部顧客への売上高              169,902      436,402      180,195      253,283      1,039,783          ―   1,039,783

      セグメント間の内部売上
                     ―     750       ―      ―      750      △ 750       ―
      高又は振替高
          計         169,902      437,152      180,195      253,283      1,040,533        △ 750    1,039,783
     セグメント利益              41,042      217,640       48,735      208,314      515,733      △ 291,104      224,628

       (注)1.セグメント利益の調整額は、全社費用であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない管理部門
          等に係る費用であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの資産に関する情報

        当第1四半期連結会計期間において、プレミア証券株式会社の全株式を取得し、連結の範囲に含めたことによ
       り、全連結会計年度の末日に比べ、「フィンテック事業」のセグメント資産が1,964,781千円増加しております。
                                 15/24




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
        (のれんの金額の重要な変動)
        「フィンテック事業」において、当第1四半期連結会計期間にプレミア証券株式会社の全株式を取得し、連結の
       範囲に含めたことにより、297,506千円ののれんが発生しております。
      4.報告セグメントの変更等に関する事項

        当社グループは、当第1四半期連結累計期間より、企業戦略を明確化することを目的として、従来「ナレッジイ
       ンテリジェンス事業」「多言語CRM事業」と表示していたセグメントの名称をそれぞれ「コンシューマー・サービス
       事業」「インバウンド・ソリューション事業」に名称を変更しております。当該変更は名称変更のみであり、セグ
       メント情報に与える影響はありません。
       (企業結合等関係)

     (取得による企業結合)
       当社は、平成30年5月16日の取締役会において、プレミア証券株式会社の株式取得し、同社を子会社化することを
      決議いたしました。平成30年6月11日付で株式譲渡契約を締結し、平成30年7月2日付で株式の取得を完了いたしま
      した。
     (1)企業結合の概要
      ①被取得企業の名称及びその事業の内容
       被取得企業の名称:プレミア証券株式会社
       事業の内容   :金融商品取引業、商品先物取引業
      ②企業結合を行った主な理由
        当社は、金融商品取引業の第一種・第二種の登録並びに商品先物取引業の認可取得をしているプレミア証券の全
       株式を取得し、完全子会社とすることとしました。プレミア証券は、株式の現物・信用取引、証券取引の「日経225
       先物」、外国為替取引の「くりっく365」、及び「商品先物取引」の3種類の異なるデリバティブ取引を経験豊富な
       コンシェルジュ(投資アドバイザー)のサポートを受けながら取引できることを特長としており、すべての金融商
       品のオンラインならびに対面での総合的取引ができる証券会社を目指し、事業を展開しています。
        当社が運営するQ&A          サイト「OKWAVE」には投資や資産運用に関する5万件以上の質問がユーザーから投稿される
       など、「OKWAVE」ユーザーの潜在的な金融商品への投資に対する関心が窺えます。また、当社は本年4月より
       「OKWAVE」上で良い質問や回答をし、他者から感謝されるほどより報われるような社会の実現を目指した「感謝経
       済プラットフォーム」の構築を開始しています。この「感謝経済プラットフォーム」は「OKWAVE」のユーザー同士
       が感謝の気持ちとして贈ることができるサイト内トークン「OK-チップ」と、ユーザーが他者からどのくらい感謝さ
       れているかをスコア化した「感謝指数」を特徴としています。この「感謝指数」を外部企業が利活用できる仕組み
       の提供を予定としており、「感謝経済プラットフォーム」には様々な企業が参画することを目指しています。
       このたびの同社の完全子会社化は、同社のデリバティブ取引の経験豊富なコンシェルジュが専門家回答者として
       「OKWAVE     Professional」や「非公開Q&A」に参画することで「OKWAVE」ユーザーの潜在的な金融商品への投資の関
       心を高め、ニーズに応えていくこと、ならびに同社が「感謝経済プラットフォーム」のパートナーとして「感謝指
       数」の活用等のユースケースを協業しプラットフォーム拡大に寄与していくことを目的としています。この目的を
       速やかに確実に達成するため、同社の全株式の取得による完全子会社化することとしました。プレミア証券にとっ
                                 16/24







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
       ては、年間7,000万人が利用する「OKWAVE」との連携により、新規顧客の獲得機会が得られ、金融商品の販売拡大が
       期待できます。これにより、当社グループのさらなる収益拡大を図ります。
      ③企業結合日
       平成30年7月2日
      ④企業結合の法的形式
       現金を対価とした株式の取得
      ⑤結合後企業の名称
       変更ありません。
      ⑥取得した議決権比率
       100.0%
      ⑦取得企業を決定するに至った主な根拠
       当社が現金を対価として株式を取得したことによるものであります。
     (2)四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間

       平成30年9月30日をみなし取得日としているため、当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に被取
       得企業の業績は含まれておりません。
     (3)被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

       取得の対価         現金            405百万円
       取得原価                    405百万円
     (4)主要な取得関連費用の内容及び金額

       アドバイザリーに対する報酬手数料等 5百万円
     (5)発生するのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

      ①発生したのれんの金額
       297百万円
      ②発生原因
       今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力であります。
      ③償却方法および償却期間
       5年間にわたる均等償却
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
       基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間

                                (自 平成29年7月1日              (自 平成30年7月1日
                                 至 平成29年9月30日)              至 平成30年9月30日)
      (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                         2.09円             20.31円
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                  18,288             178,387
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                    ―              ―
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                         18,288             178,387
       益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                8,732,140              8,783,524
      (2) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   2.08円             20.10円
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                    ―              ―
       普通株式増加数(株)                                  51,760              90,907
                                 17/24


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
      たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                            ―              ―
      式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
      のの概要
                                 18/24




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
       (重要な後発事象)
       (重要な契約の締結)
        当社は、平成30年10月15日の取締役会において、米国のPalantir                               Technologies       Inc.(以下「Palantir社」)と
       の間で、業務提携契約の締結を行うことを決議し、平成30年11月14日付で契約を締結しました。
       1.契約の目的

         当社は、Palantir社のもつサイバーセキュリティソリューションをもとに、日本およびアジア諸国における仮
        想通貨取引所に向けたアンチマネーロンダリング対策サービス(KYC/AML)を中心にした情報セキュリティ事業
        の共同展開を同社と進めて参ります。
       2.契約の相手先の名称             Palantir      Technologies       Inc.

       3.契約の締結日          平成30年11月14日

       4.契約の内容

         Palantir社の有するサイバーセキュリティソリューションを、当社が有する販売網、事業網を生かして、日本
        および特定のアジア諸国の仮想通貨取引所に対して独占的に販売すること、および周辺事業の展開について協議
        をしていくための業務提携契約
       5.契約の締結が業績に与える影響

         平成31年6月期の業績に与える影響は現在精査中でありますので、開示すべき事項が生じましたら速やかに開
        示いたします。
       (第三者割当による新株式の発行、転換社債型新株予約権付社債の発行及び新株予約権の発行)

        当社は平成30年10月15日開催の取締役会において、海外機関投資家であるCVI                                     Investments,       Inc.を割当先とす
       る第三者割当による新株式の発行、第1回無担保転換社債型新株予約権付社債(以下「本新株予約権付社債」とい
       い、その社債部分を「本社債」、その新株予約権部分を「本新株予約権」という。)の発行及び第15回新株予約権
       の発行を決議し、第三者割当による新株式の発行と第15回新株予約権の発行は平成30年10月31日に、本新株予約権
       付社債の発行は平成30年11月9日にそれぞれ払込が完了いたしました。
       1.第三者割当による新株式発行の発行

       払込期日                 平成30年10月31日
                        普通株式     188,200株
       発行新株式数
                        1株につき      2,656円
       払込金額
       払込金額の総額                 499,859,200円
                        1株につき      1,328円
       資本組入額
       資本組入額の総額                 249,929,600円
       募集又は割当方法                 第三者割当の方法による。
                        CVI  Investments,       Inc.
       割当先
                                 19/24





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
       2.第1回無担保転換社債型新株予約権付社債の発行の発行
       本新株予約権付社債の名称                 株式会社オウケイウェイヴ第1回無担保転換社債型新株予約権付社債
       割当日及び払込期日                 平成30年11月9日
       発行総額                 2,249,989,950円
       利率                 利息は付さない。
                        平成33年11月10日にその総額を額面100円につき金100円で償還する。ただ
       償還の方法及び期限
                        し、買取契約に一定の定めがある。
       新株予約権に関する事項
       ①  発行する株式の種類              普通株式
       ②  新株予約権の総数              30個
                        本新株予約権の行使により当社が当社普通株式を新たに発行する数は、行使
       ③  発行する株式の数
                        請求に係る本社債の額面金額の総額を下記④記載の転換価額で除した額とす
                        る。ただし、行使により生じる1株未満の端数は切り捨て、現金による調整
                        は行わない。
                        イ 本新株予約権の行使に際しては、各本社債を出資するものとし、当該本
       ④  本新株予約権の行使に際し
                          社債の価額は当該本社債の額面金額と同額とする。
          て払込むべき金額
                        ロ 当初転換価額 2,951円
                        ハ 転換価額の下方修正
                          平成31年5月9日、平成31年11月9日、平成32年5月9日、平成32年11
                          月9日、平成33年5月9日及び平成33年11月9日(以下、個別に又は総
                          称して「修正日」という。)において、当該修正日に先立つ10連続取引
                          日において取引所における当社普通株式の普通取引の売買高加重平均価
                          格の最も低い価額の90%に相当する金額の1円未満の端数を切り上げた
                          金額(以下「修正日価額」という。)が、当該修正日の直前に有効な転
                          換価額を1円以上下回る場合には、転換価額は、当該修正日以降、当該
                          修正日価額に修正される。但し、修正日にかかる修正後の転換価額が
                          1,476円(以下「下限転換価額」といい、下記(ニ)の規定を準用して
                          調整される。)を下回ることとなる場合には転換価額は下限転換価額と
                          する。
                        平成31年11月10日から平成33年11月10日
       ⑤  行使期間
                        但し、以下の期間については、本新株予約権を行使することができない。
                        イ 当社普通株式に係る株主確定日、その前営業日及び前々営業日
                        ロ 株式会社証券保管振替機構が必要であると認めた日
                        ハ 当社が本社債を繰上償還する場合は、償還日の前銀行営業日以降
                        ニ 当社が本社債につき期限の利益を喪失した場合には、期限の利益を喪失
                          した時以降
       ⑥  本新株予約権の行使により              本新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金の額は、会
          株式を発行する場合におけ              社計算規則第17条の定めるところに従って算定された資本金等増加限度額に
          る増加する資本金及び資本              0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる場合はその端数
          準備金に関する事項              を切り上げた額とする。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額よ
                        り増加する資本金の額を減じた額とする。
       ⑦  新株予約権の行使の条件              各本新株予約権の一部行使はできない。
       募集又は割当方法                 各本新株予約権の一部行使はできない。

                        CVI  Investments,       Inc.

       割当先
                                 20/24






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
       3.第15回新株予約権の発行
       名称                 株式会社オウケイウェイヴ第15回新株予約権
       払込期日                 平成30年10月31日
       新株予約権の総数                 4,000個
       新株予約権の目的となる株式の種
                        普通株式400,000株(新株予約権1個につき100株)
       類及び数
                        総額7,544,000円
       発行価額
                        新株予約権1個当たり1,886円
       資金調達の額                 1,187,944,000円(注)
                        当初行使価額 2,951円
                        平成31年4月30日、平成31年10月31日、平成32年4月30日、平成32年10月31
                        日、平成33年4月30日及び平成33年10月30日(以下、個別に又は総称して
                        「修正日」という。)において、当該修正日に先立つ10連続取引日において
       行使価額及び行使価額の修正条件                 名古屋証券取引所における当社普通株式の普通取引の売買高加重平均価格の
                        最も低い価額の90%に相当する金額の1円未満の端数を切り上げた金額及び
                        4,427円のいずれか低い価額に修正される。但し、修正日にかかる修正後の
                        行使価額が下限行使価額を下回ることとなる場合には行使価額は下限行使価
                        額とする。
                        新株予約権の行使により株式を発行する場合の増加する資本金の額は、会社
       新株予約権の行使により株式を発                 計算規則第17条の定めるところに従って算定された資本金等増加限度額に
       行する場合における増加する資本                 0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数を生じる場合はその端数
       金及び資本準備金                 を切り上げた額とする。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額よ
                        り増加する資本金の額を減じた額とする。
       募集又は割当方法                 第三者割当の方法による。
                        CVI  Investments,       Inc.
       割当先
       行使期間                 平成31年2月1日から平成33年10月31日
       (注)資金調達の額は、新株予約権の払込金額の総額に新株予約権の行使に際して出資される財産の価額(当初行
          使価格にて算定)を合算した金額です。行使価額が修正又は調整された場合には、調達資金の額は増加しま
          す。また、新株予約権の行使期間内に行使が行われない場合及び当社が取得した新株予約権を消却した場合
          には、調達資金の額は減少します。
       4.資金使途

        平成30年10月15日の取締役会で第三者割当による新株式、第1回無担保転換社債型新株予約権付社債及び第15回
       新株予約権の発行を行うことを決議し、(以下、10月15日開示といいます。)その資金使途につきまして、10月15
       日開示から変更がありましたので、平成30年11月14日の取締役会において、下記の通り、資金使途の変更を決議し
       ました。
                        第三者割当による新株式の発行、新株予約権付社債の発行及び新株予約権の
                        発行と新株予約権の行使に際して払い込むべき金額により調達した資金の合
                        計額3,937,793,150円から、発行諸費用の概算額111,669,000円を差し引いた
                        手取概算額3,826,124,150円を以下の資金支出に充当する予定である。
                                          金額
                             具体的な使途                    支出予定時期
                                         (百万円)
                         子会社及び投資目的会社を通じ
                                               平成30年10月~平成35年
                         たPalantir      社の株式取得及び諸            1,083
                                               9月
                         費用
       資金使途
                          Palantir     社の株式の譲受
                                            560   平成30年11月
                          (初期投資)
                          投資目的会社の維持費用及び
                                               平成30年10月~平成35           年
                          紹介手数料並びにOKfinc            Ltd.
                                            523
                                               9月
                          の運転資金
                         Palantir社との業務提携に関する
                                           2,240    平成30年11月14日
                         初期費用
                         情報セキュリティ分野での事業
                                               平成30年12月~平成32年
                                            503
                                               2月
                         展開に係る人件費等
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 21/24



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 22/24



















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年11月14日

     株式会社オウケイウェイヴ
      取締役会      御中
                        監査法人 銀河

                         代表社員

                                           齊     藤     洋     幸
                                    公認会計士                  印
                         業務執行社員
                         指定社員

                                           今     井     悦     子
                                    公認会計士                  印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社オウケ

     イウェイヴの平成30年7月1日から平成31年6月30日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成30年7月1日
     から平成30年9月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年7月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連
     結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について
     四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社オウケイウェイヴ及び連結子会社の平成30年9月30日現
     在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項
     がすべての重要な点において認められなかった。
     その他の事項

      会社の平成30年6月30日をもって終了した前連結会計年度の第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間に
     係る四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び
     監査が実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して平成29年11月10日付けで無限定の結論を表明
     しており、また、当該連結財務諸表に対して平成30年9月22日付けで無限定適正意見を表明している。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
                                 23/24


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社オウケイウェイヴ(E05587)
                                                             四半期報告書
      (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
         告書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 24/24




















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。