鉄建建設株式会社 四半期報告書 第78期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第78期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)
提出日
提出者 鉄建建設株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年11月14日
      【四半期会計期間】                    第78期第2四半期(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)
      【会社名】                    鉄建建設株式会社
      【英訳名】                    TEKKEN    CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  伊藤 泰司
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区神田三崎町二丁目5番3号
      【電話番号】                    03(3221)2158
      【事務連絡者氏名】                    管理本部経理部長 金井 陽一
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区神田三崎町二丁目5番3号
      【電話番号】                    03(3221)2158
      【事務連絡者氏名】                    管理本部経理部長 金井 陽一
      【縦覧に供する場所】                    鉄建建設株式会社 関越支店
                         (さいたま市大宮区桜木町一丁目11番地7)
                         鉄建建設株式会社 東関東支店
                         (千葉市中央区新千葉一丁目7番3号)
                         鉄建建設株式会社 横浜支店
                         (横浜市中区不老町二丁目9番2号)
                         鉄建建設株式会社 名古屋支店
                         (名古屋市中村区名駅一丁目1番4号)
                         鉄建建設株式会社 大阪支店
                         (大阪市北区堂島一丁目5番17号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/20










                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第77期           第78期
               回次               第2四半期           第2四半期            第77期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成29年4月1日           自平成30年4月1日           自平成29年4月1日

              会計期間
                           至平成29年9月30日           至平成30年9月30日           至平成30年3月31日
                     (百万円)             73,655           75,803           168,551

     売上高
                     (百万円)              3,876           4,138           6,886
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)              2,562           2,759           5,639
     (当期)純利益
                     (百万円)              4,867           4,445           7,416
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             53,300           59,107           55,839
     純資産額
                     (百万円)             168,006           180,110           188,928
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)            164.17           176.83           361.33
     益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益金額
                      (%)             31.5           32.6           29.3
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             △ 3,587           6,532          △ 9,631
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)              △ 386           398           279
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             △ 3,200          △ 4,313            △ 10
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)             10,997           11,503            8,766
     (期末)残高
                               第77期           第78期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成29年7月1日           自平成30年7月1日

              会計期間
                           至平成29年9月30日           至平成30年9月30日
                                   95.72           102.41

     1株当たり四半期純利益金額                (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して

           いません。
         2.売上高には、消費税等は含まれていません。
         3.当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しています。前連結会計年
           度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額を算定しています。
         4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していま
           せん。
         5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、前第2四半期連結累計期間および前連結会計年度に係る主要な経営
           指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
                                  2/20




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  3/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      以下、「第2.事業の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示しています。
      1【事業等のリスク】

        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
       連結会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前
       連結会計年度との比較・分析を行っています。
       (1)財政状態の状況

        当第2四半期連結会計期間末における資産合計は、前連結会計年度末に比べ8,818百万円減少し180,110百万円とな
       りました。主な要因は、受取手形・完成工事未収入金等の減少13,547百万円、現金預金の増加2,723百万円です。負
       債合計は、前連結会計年度末に比べ12,086百万円減少し121,002百万円となりました。主な要因は、支払手形・工事
       未払金等の減少15,801百万円、未成工事受入金の増加3,557百万円です。純資産合計は、前連結会計年度末に比べ
       3,268百万円増加し59,107百万円となりました。主な要因は、利益剰余金の増加1,611百万円、その他有価証券評価差
       額金の増加1,607百万円です。
       (2)経営成績の状況

        当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、海外経済の不確実性や金融市場の変動の影響に留意する必要が
       あるものの、雇用・所得環境の改善が続くなかで景気は緩やかに回復しています。
        建設業界におきましては、公共投資は底堅く推移し、民間投資についても、住宅建設は概ね横ばいで推移している
       ものの、企業の設備投資は緩やかな増加基調にあります。一方で、建設労働者の需給状況や資機材価格の動向等につ
       いては、引き続き留意する必要があります。
        このような経済情勢のもと、当社グループの当第2四半期連結累計期間における連結業績につきましては、売上高
       は75,803百万円(前年同四半期比2.9%増)、営業利益3,785百万円(前年同四半期比6.0%増)、経常利益4,138百万
       円(前年同四半期比6.8%増)となり、親会社株主に帰属する四半期純利益2,759百万円(前年同四半期比7.7%増)
       となりました。
         セグメントの業績は次のとおりです。(セグメントごとの業績については、セグメント間の内部売上高等を含め

        て記載しています。)
         なお、前連結会計年度末より、報告セグメントの区分を変更しています。以下の前年同四半期比較については、
        前年同四半期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しています。
      (土木工事)

        土木工事については、売上高44,172百万円(前年同四半期比1.7%減)、セグメント利益3,479百万円(前年同四半
       期比39.8%増)となりました。
      (建築工事)
        建築工事については、売上高30,735百万円(前年同四半期比10.7%増)、セグメント利益108百万円(前年同四半
       期比86.1%減)となりました。
      (不動産事業)
        不動産事業については、売上高500百万円(前年同四半期比6.1%減)、セグメント利益108百万円(前年同四半期
       比34.8%減)となりました。
      (付帯事業)
        付帯事業については、売上高11,498百万円(前年同四半期比0.6%増)、セグメント利益43百万円(前年同四半期
       比51.6%減)となりました。
                                  4/20




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
      (その他)
        その他    については、売上高157百万円(前年同四半期比2.1%増)、セグメント利益51百万円(前年同四半期比
       3.9%減)となりました。
       (注)土木工事、建築工事においては、契約により工事の完成引渡しが第4四半期連結会計期間に集中しているた

          め、第1四半期連結会計期間から第3四半期連結会計期間における完成工事高に比べ、第4四半期連結会計期
          間の完成工事高が著しく多くなるといった季節的変動があります。
       (3)キャッシュ・フローの状況

        営業活動によるキャッシュ・フローは、仕入債務の減少15,801百万円などの減少要因がありましたが、税金等調整
       前四半期純利益が4,036百万円となったことに加え、売上債権の減少13,749百万円などの増加要因があり、6,532百万
       円の資金増加(前年同四半期は3,587百万円の資金減少)となりました。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、定期預金の払戻による収入1,067百万円、有形固定資産の取得による支出
       977百万円などにより、398百万円の資金増加(前年同四半期は386百万円の資金減少)となりました。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、長期借入金の返済による支出3,919百万円などにより、4,313百万円の資金
       減少(前年同四半期は3,200百万円の資金減少)となりました。
        以上の結果、当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ2,736百万円
       (31.2%)増加し11,503百万円となりました。
       (4)経営方針・経営戦略等について

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあり
       ません。
       (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (6)研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、343百万円です。(土木工事322百万
       円・建築工事20百万円)
        なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/20









                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
       ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          29,847,600

                  計                                29,847,600

       ②【発行済株式】

             第2四半期会計期間末
                          提出日現在発行数           上場金融商品取引所
                現在発行数
       種類                     (株)         名又は登録認可金融                内容
                 (株)
                         (平成30年11月14日)            商品取引業協会名
             (平成30年9月30日)
                                                    単元株式数
                                       東京証券取引所
      普通株式           15,668,956            15,668,956
                                       (市場第一部)
                                                      100株
        計         15,668,956            15,668,956             -            -
       (2)【新株予約権等の状況】

       ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                                      資本準備金
                発行済株式        発行済株式                       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日                                               残高
                総数増減数        総数残高                       増減額
                                (百万円)        (百万円)
                  (株)        (株)                      (百万円)
                                                      (百万円)
      平成30年7月1日
          ~           -   15,668,956            -      18,293          -      5,289
      平成30年9月30日
                                  6/20








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                  平成30年9月30日現在
                                                     発行済株式(自

                                                      己株式を除
                                             所有株式数
                                                     く。)の総数に
         氏名又は名称                     住所
                                             (千株)
                                                     対する所有株式
                                                     数の割合(%)
                     東京都渋谷区代々木2丁目2-2                          1,578         10.11

     東日本旅客鉄道株式会社
                     東京都千代田区丸の内2丁目7-1                           765        4.90

     株式会社三菱UFJ銀行
                     東京都千代田区大手町1丁目5-5                           515        3.30

     株式会社みずほ銀行
                     東京都港区元赤坂1丁目3-1                           470        3.01

     鹿島建設株式会社
     日本マスタートラスト信託銀
                     東京都港区浜松町2丁目11-3                           433        2.78
     行株式会社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                           401        2.57
     託銀行株式会社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                           265        1.70
     託銀行株式会社(信託口5)
                     東京都千代田区神田三崎町2丁目5-3                           256        1.64
     鉄建取引先持株会
                     東京都千代田区神田三崎町2丁目5-3                           250        1.61

     鉄建職員持株会
     日本トラスティ・サービス信
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                           194        1.25
     託銀行株式会社(信託口1)
                               -                5,131         32.88
            計
     (注)1.    株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループから、平成30年4月13日付で公衆の縦覧に供されている大量保有

         報告書において、平成30年4月9日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している旨が記載されているもの
         の、当社として当第2四半期会計期間末時点における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況
         には含めておりません。
                                             保有株券等の数        株券等保有割合
              氏名又は名称                     住所
                                               (株)        (%)
         株式会社三菱UFJ銀行                  東京都千代田区丸の内2丁目7-1                        765,395           4.88
         三菱UFJ信託銀行株式会社                  東京都千代田区丸の内1丁目4-5                        270,200           1.72
                                                          0.26
         三菱UFJ国際投信株式会社                  東京都千代田区有楽町1丁目12-1                        41,300
                計                   -              1,076,895            6.87
     (注)2.    株式会社みずほ銀行から、平成30年1月11日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、平成29年

         12月29日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している旨が記載されているものの、当社として当第2四半期
         会計期間末時点における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況には含めておりません。
                                             保有株券等の数        株券等保有割合
              氏名又は名称                     住所
                                               (株)        (%)
         株式会社みずほ銀行                  東京都千代田区大手町1丁目5-5                        515,258           3.29
                                                 36,000
         みずほ証券株式会社                  東京都千代田区大手町1丁目5-1                                 0.23
         アセットマネジメントOne
                          東京都千代田区丸の内1丁目8-2                        389,000           2.48
         株式会社
                計                   -               940,258          6.00
                                  7/20



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
       ①【発行済株式】
                                                  平成30年9月30日現在
             区分              株式数(株)          議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                       -           -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                       -           -            -

      議決権制限株式(その他)                       -           -            -

                      (自己保有株式)

      完全議決権株式(自己株式等)                         普通株式           -            -
                               63,000
                              普通株式
                                       155,238
      完全議決権株式(その他)                                               -
                             15,523,800
                              普通株式
      単元未満株式                                  -      1単元(100株)未満の株式
                               82,156
      発行済株式総数                       15,668,956           -            -

      総株主の議決権                       -           155,238             -

     (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が600株(議決権6個)が含まれています。

       ②【自己株式等】

                                                   平成30年9月30日現在
                                                     発行済株式総数

      所有者の氏名又は                     自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合         に対する所有株
                  所有者の住所
      名称                     式数(株)         式数(株)         計(株)         式数の割合
                                                       (%)
     (自己保有株式)           東京都千代田区神田
                              63,000        -         63,000        0.40
     鉄建建設株式会社           三崎町二丁目5-3
          計           -          63,000        -         63,000        0.40

     (注)上記のほか、株主名簿上は当社名義となっていますが実質的に所有していない株式が100株(議決権1個)ありま

        す。なお、当該株式は上記①「発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の欄に含まれています。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について

        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しています。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平
       成30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けています。
                                  9/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         8,779              11,503
         現金預金
                                       ※3 101,230             ※3 87,682
         受取手形・完成工事未収入金等
                                         1,762               340
         有価証券
                                           217              216
         販売用不動産
                                         4,360              5,816
         未成工事支出金
                                         1,342              1,313
         不動産事業支出金
                                        ※1 1,793             ※1 1,808
         その他のたな卸資産
                                         9,798              8,595
         その他
                                          △ 10              △ 9
         貸倒引当金
                                        129,272              117,267
         流動資産合計
       固定資産
                                         20,491              21,269
         有形固定資産
         無形固定資産                                  377              402
         投資その他の資産
                                         36,474              38,821
          投資有価証券
                                           812              847
          退職給付に係る資産
                                         2,023              1,825
          その他
                                         △ 524             △ 322
          貸倒引当金
                                         38,786              41,171
          投資その他の資産合計
                                         59,655              62,843
         固定資産合計
                                        188,928              180,110
       資産合計
                                 10/20












                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※3 56,488             ※3 40,687
         支払手形・工事未払金等
                                         29,343              26,509
         短期借入金
                                         1,362               486
         未払金
         未成工事受入金                                 5,564              9,121
                                         1,019              1,830
         賞与引当金
                                         1,867              1,585
         その他の引当金
                                         14,117              17,026
         その他
                                        109,762               97,246
         流動負債合計
       固定負債
                                         13,392              13,109
         長期借入金
                                         2,217              2,207
         再評価に係る繰延税金負債
         退職給付に係る負債                                 6,326              6,278
                                         1,390              2,160
         その他
                                         23,326              23,756
         固定負債合計
                                        133,089              121,002
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         18,293              18,293
         資本金
                                         5,329              5,329
         資本剰余金
                                         13,786              15,397
         利益剰余金
                                          △ 93             △ 95
         自己株式
                                         37,316              38,926
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         14,073              15,680
         その他有価証券評価差額金
                                         4,199              4,177
         土地再評価差額金
                                         △ 171             △ 132
         退職給付に係る調整累計額
                                         18,101              19,725
         その他の包括利益累計額合計
                                           421              456
       非支配株主持分
                                         55,839              59,107
       純資産合計
                                        188,928              180,110
      負債純資産合計
                                 11/20









                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      売上高
       完成工事高                                  72,685              74,907
                                           970              896
       兼業事業売上高
                                         73,655              75,803
       売上高合計
      売上原価
                                         65,076              66,552
       完成工事原価
                                           712              696
       兼業事業売上原価
                                         65,788              67,249
       売上原価合計
      売上総利益
                                         7,609              8,354
       完成工事総利益
                                           257              199
       兼業事業総利益
       売上総利益合計                                  7,866              8,553
                                        ※1 4,295             ※1 4,768
      販売費及び一般管理費
                                         3,571              3,785
      営業利益
      営業外収益
                                           294              328
       受取配当金
                                           130              134
       為替差益
                                           115              103
       その他
                                           540              567
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           224              203
       支払利息
                                           11               9
       その他
                                           236              213
       営業外費用合計
                                         3,876              4,138
      経常利益
      特別損失
                                           -              35
       減損損失
                                           -              64
       固定資産撤去費用
                                           19              -
       訴訟和解金
                                            9              -
       ゴルフ会員権評価損
                                            6              2
       その他
                                           36              102
       特別損失合計
                                         3,839              4,036
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,224              1,185
                                           40              50
      法人税等調整額
                                         1,265              1,235
      法人税等合計
                                         2,574              2,800
      四半期純利益
                                           11              40
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         2,562              2,759
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/20






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                         2,574              2,800
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         2,183              1,607
       その他有価証券評価差額金
                                           109               38
       退職給付に係る調整額
                                         2,292              1,645
       その他の包括利益合計
                                         4,867              4,445
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         4,855              4,405
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           11              40
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         3,839              4,036
       税金等調整前四半期純利益
                                           287              298
       減価償却費
                                           -              35
       減損損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 2            △ 203
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    52              45
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                   △ 7             △ 73
       引当金の増減額(△は減少)                                   579              529
                                         △ 333             △ 351
       受取利息及び受取配当金
                                           224              203
       支払利息
                                           19              -
       訴訟和解金
       売上債権の増減額(△は増加)                                  17,821              13,749
       未成工事支出金の増減額(△は増加)                                 △ 2,223             △ 1,456
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 151               15
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 △ 6,351              1,194
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 16,840             △ 15,801
       未成工事受入金の増減額(△は減少)                                  1,575              3,557
       その他の負債の増減額(△は減少)                                  △ 984             1,496
                                            ▶            △ 195
       その他
                                        △ 2,491              7,080
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   335              352
                                         △ 240             △ 204
       利息の支払額
                                        △ 1,190              △ 661
       法人税等の支払額
                                           △ 0             △ 34
       訴訟和解金の支払額
                                        △ 3,587              6,532
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           -             △ 328
       有価証券の取得による支出
                                           -              758
       有価証券の償還による収入
                                         △ 327             △ 977
       有形固定資産の取得による支出
                                          △ 23             △ 95
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 12             △ 121
       投資有価証券の取得による支出
                                           -              100
       投資有価証券の売却による収入
                                          △ 10              -
       関係会社株式の取得による支出
                                          △ 29             △ 17
       貸付けによる支出
                                           37              28
       貸付金の回収による収入
                                           -             1,067
       定期預金の払戻による収入
                                          △ 22             △ 16
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 386              398
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 9,350             △ 2,650
                                         10,000               3,453
       長期借入れによる収入
                                        △ 3,044             △ 3,919
       長期借入金の返済による支出
                                          △ 18             △ 20
       リース債務の返済による支出
       自己株式の増減額(△は増加)                                   △ 2             △ 1
                                         △ 780            △ 1,170
       配当金の支払額
                                           △ 3             △ 5
       非支配株主への配当金の支払額
                                        △ 3,200             △ 4,313
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 1             119
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 7,175              2,736
                                         18,173               8,766
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 10,997             ※1 11,503
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/20



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
       (追加情報)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会計
      期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表
      示しています。
       (四半期連結貸借対照表関係)

      ※1.その他のたな卸資産の内訳は次のとおりです。
                               前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (平成30年3月31日)                 (平成30年9月30日)
     材料貯蔵品                                1,769   百万円               1,714   百万円
                                      23                 94
     商品
      2.偶発債務

        (1)連結会社以外の会社等の金融機関借入金等について保証を行っています。
          ①  借入金保証
               前連結会計年度                         当第2四半期連結会計期間
              (平成30年3月31日)                            (平成30年9月30日)
     マンション購入者                       17百万円     マンション購入者                       16百万円
             計               17            計               16
      ※3.四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしています。なお、当

        第2四半期連結会計期間の末日が金融機関の休業日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が四半期
        連結会計期間末日残高に含まれています。
                               前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (平成30年3月31日)                 (平成30年9月30日)
     受取手形                                  3百万円                 0百万円
     支払手形                                  5                 0
       (四半期連結損益計算書関係)

      ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。
                            前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                             至     平成29年9月30日)               至     平成30年9月30日)
     従業員給料手当                               1,905   百万円               2,103   百万円
                                      394                  444
     賞与引当金繰入額
                                      122                  83
     退職給付費用
                                      358                  384
     法定福利費
                                      289                  322
     通信交通費
      2.前第2四半期連結累計期間(自                   平成29年4月1日          至   平成29年9月30日)及び当第2四半期連結累計期間(自

       平成30年4月1日          至   平成30年9月30日)
       当社グループの売上高は、主たる事業である土木工事・建築工事において、契約により工事の完成引渡しが第4四半
      期連結会計期間に集中しているため、第1四半期連結会計期間から第3四半期連結会計期間における売上高に比べ、第
      4四半期連結会計期間の売上高が著しく多くなるといった季節的変動があります。
                                 15/20





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※1.現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自 平成29年4月1日                  (自 平成30年4月1日
                             至 平成29年9月30日)                  至 平成30年9月30日)
     現金預金勘定                               10,997百万円                  11,503百万円
     預入期間が3か月を超える定期預金                                 -                  -
     現金及び現金同等物                               10,997                  11,503
       (株主資本等関係)

        Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
          1.配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)       配当額(円)
     平成29年6月29日
                普通株式           780      5.0   平成29年3月31日         平成29年6月30日         利益剰余金
      定時株主総会
          (注)平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しています。平成29年3月期の
            期末配当につきましては、当該株式併合前の実際の配当金の金額を記載しています。
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

           の末日後となるもの
           該当事項はありません。
        Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)

          1.配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)       配当額(円)
     平成30年6月28日
                普通株式          1,170       75.0    平成30年3月31日         平成30年6月29日         利益剰余金
      定時株主総会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

           の末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                 16/20









                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日  至 平成29年9月30日)
           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                        四半期連
                          報告セグメント
                                          その他          調整額    結損益計
                                               合計
                   土木     建築    不動産     付帯
                                          (注1)          (注2)    算書計上
                                      計
                   工事     工事     事業     事業
                                                        額(注3)
      売上高
                  44,926     27,758      362     453   73,501      154   73,655       -   73,655
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部
                    -     -    170   10,972     11,143       -   11,143    △ 11,143       -
       売上高又は振替高
                  44,926     27,758      532   11,426     84,644      154   84,799    △ 11,143     73,655

           計
                   2,488      784     165     89   3,527      53   3,581     △ 10    3,571

        セグメント利益
         (注)1.     「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、スポーツ施設運営等の事業

              を含んでいます。
            2.  セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去です。
            3.  セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日  至 平成30年9月30日)

        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                        四半期連
                          報告セグメント
                                          その他          調整額    結損益計
                                               合計
                   土木     建築    不動産     付帯
                                          (注1)          (注2)    算書計上
                                      計
                   工事     工事     事業     事業
                                                        額(注3)
      売上高
                  44,172     30,735      343     395   75,645      157   75,803       -   75,803
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部
                    -     -    157   11,103     11,260       -   11,260    △ 11,260       -
       売上高又は振替高
                  44,172     30,735      500   11,498     86,906      157   87,064    △ 11,260     75,803

           計
                   3,479      108     108     43   3,740      51   3,791      △ 6   3,785

        セグメント利益
         (注)1.     「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、スポーツ施設運営等の事業

              を含んでいます。
            2.  セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去です。
            3.  セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
        2.報告セグメントの          変更等に関する事項

          前連結会計年度末より、従来は「その他」に含んでいた資機材販売や警備業務等の事業の重要性が増したこと
         に伴って事業セグメントの見直しを行ない、資機材販売、警備業務等は土木工事及び建築工事に付帯する事業で
         あることから「付帯事業」として区分を変更し、報告セグメントを従来の「土木工事」、「建築工事」及び「不
         動産事業」の3区分から、「土木工事」、「建築工事」、「不動産事業」及び「付帯事業」の4区分に変更して
         います。
          なお、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成したもの
         を記載しています。
                                 17/20



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりです。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                 164円17銭               176円83銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                        2,562               2,759
                       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額    (百万円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                        2,562               2,759
       利益金額            (百万円)
       普通株式の期中平均株式数     (千株)                                15,609               15,606
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。
         2.平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しています。前連結会計年度の期首
           に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益金額を算定しています。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 18/20












                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年11月14日

     鉄建建設株式会社

      取締役会 御中

                              有限責任     あずさ監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                安藤  見
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                斉藤 直樹
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている鉄建建設株式会

     社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平成
     30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
     フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、鉄建建設株式会社及び連結子会社の平成30年9月30日現在の財政状態
     並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していない
     と信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2   XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 20/20




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク