日油株式会社 四半期報告書 第96期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

四半期報告書-第96期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:日油株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2018年11月14日
      【四半期会計期間】                    第96期第2四半期(自 2018年7月1日 至 2018年9月30日)
      【会社名】                    日油株式会社
      【英訳名】                    NOF  CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  宮道 建臣
      【本店の所在の場所】                    東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号
      【電話番号】                    東京03(5424)6600(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員経理部長  石垣 良一
      【最寄りの連絡場所】                    東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号
      【電話番号】                    東京03(5424)6600(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員経理部長  石垣 良一
      【縦覧に供する場所】                    日油株式会社大阪支社
                         (大阪市北区堂島二丁目4番27号)
                         日油株式会社名古屋支店
                         (名古屋市中村区名駅南一丁目24番30号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
     (注)「第96期第1四半期報告書」より日付の表示方法を和暦表示から西暦表示に変更しております。

                                  1/21











                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第95期           第96期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第95期
                              累計期間           累計期間
                            自2017年4月1日           自2018年4月1日           自2017年4月1日

              会計期間
                            至2017年9月30日           至2018年9月30日           至2018年3月31日
                     (百万円)             83,575           90,104           179,935

     売上高
                     (百万円)             12,169           14,148           27,430
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)              8,509           10,030           19,913
     (当期)純利益
     四半期包括利益又は
                     (百万円)             11,280           11,685           25,364
     包括利益
                     (百万円)             161,230           177,487           169,572
     純資産額
                     (百万円)             224,535           245,203           235,874
     総資産額
     1株当たり
                      (円)             98.32           117.67           230.96
     四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              -           -           -
     四半期(当期)純利益
                      (%)             71.46           72.07           71.56
     自己資本比率
     営業活動による
                     (百万円)              5,591           13,003           20,211
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (百万円)             △ 3,186          △ 3,031          △ 4,881
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (百万円)             △ 2,823          △ 3,963          △ 8,490
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                     (百万円)             28,818           42,042           36,465
     四半期末(期末)残高
                               第95期           第96期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                            自2017年7月1日           自2018年7月1日

              会計期間
                            至2017年9月30日           至2018年9月30日
                                   50.10           57.68

     1株当たり四半期純利益                (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.売上高には消費税等は含まれておりません。
         3.  潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
         4.当社は、2017年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度
           の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
         5.「『    税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連
           結会計期間の期首から適用しており、前第2四半期連結累計期間および前連結会計年度に係る主要な経営指
           標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
                                  2/21



                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
     第2【事業の状況】

      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)財政状態及び経営成績の状況

        当上半期のわが国経済は、雇用・所得環境の改善ならびに堅調な設備投資や企業収益の改善により、緩やかな回復
       基調が継続しました。海外経済におきましても、欧米やアジアなどの緩やかな成長が続きました。
        当社グループを取り巻く事業環境は、原燃料価格上昇の下押し要因や通商問題の影響などが懸念されましたが、国
       内外需要に支えられ比較的堅調に推移しました。
        このような事業環境下、当社グループは、「さらなる飛躍」を目指し「革新的価値の創造と拡大」を基本方針とし
       て掲げ、2017年度を初年度とする3ヵ年計画「2019中期経営計画」の課題であります「新製品・新市場の創
       出」「生産性の向上」「グループ経営の強化」「CSR活動の推進」を進めるとともに、高機能・高付加価値製品に
       よる新市場開拓と拡販ならびに生産コストの低減に努め、持続的成長に向けた経営努力を積み重ねてまいりました。
        新製品・新市場の創出では、国内外における産官学連携の強化や新技術導入などを進め、研究テーマの拡充と新製
       品上市の加速に努めました。また、生産性向上では効率化投資を推進しております。
        以上のような経営努力を積み重ねてまいりました結果、当第2四半期の財政状態および経営成績は以下のとおりと
       なりました。
      ①財政状態

         資産は、前期末に比べ9,328百万円増加し、245,203百万円となりました。
         負債は、前期末に比べ1,413百万円増加し、67,715百万円となりました。
         純資産(非支配株主持分を含む)は前期末に比べ7,914百万円増加し、177,487百万円となりました。
         なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期
        連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行って
        おります。
      ②経営成績

         当第2四半期の売上高は、90,104百万円と前年同期比7.8%の増収となりました。また、営業利益は、13,099百
        万円と前年同期比16.4%の増益、経常利益は、14,148百万円と前年同期比16.3%の増益、親会社株主に帰属する四
        半期純利益は、10,030百万円と前年同期比17.9%の増益となりました。
         セグメント別の経営成績は、次のとおりであります。

      (機能化学品事業)

         脂肪酸誘導体は、アジアにおける環境エネルギー関連の需要が堅調に推移し、売上高は増加しました。
         界面活性剤は、トイレタリー関連の需要が好調に推移し、売上高は増加しました。
         エチレンオキサイド・プロピレンオキサイド誘導体は、合成樹脂およびトイレタリー関連の需要が底堅く、売上
        高は前年同期並みとなりました。
         有機過酸化物は、国内およびアジアでの需要が堅調に推移し、売上高は増加しました。
         ディスプレイ材料は、中小型液晶パネル関連の需要が減少し、売上高は減少しました。
         特殊防錆処理剤は、欧州での自動車関連の需要が堅調に推移し、売上高は増加しました。
         これらの結果、機能化学品事業の売上高は、63,462百万円(前年同期比10.1%増)、営業利益は、10,556百万円
        (前年同期比14.1%増)となりました。
                                  3/21



                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
       (ライフサイエンス事業)

         食用加工油脂は、製菓・製パン用機能性油脂の需要が堅調に推移し、売上高は増加しました。
         機能食品関連製品は、既存品の需要が減少し、売上高は減少しました。
         生体適合性素材は、MPC(2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン)関連製品のアイケア向けの需要
        が底堅く、売上高は前年同期並みとなりました。
         DDS(ドラッグ・デリバリー・システム:薬物送達システム)医薬用製剤原料は、欧米大口需要家への出荷が
        堅調に推移し、売上高は増加しました。
         これらの結果、ライフサイエンス事業の売上高は、13,767百万円(前年同期比7.3%増)、営業利益は、2,899百
        万円(前年同期比6.2%増)となりました。
       (化薬事業)

         産業用爆薬類は、売上高は前年同期並みとなりました。
         宇宙関連製品は、ロケット向け製品の出荷が減少し、売上高は減少しました。
         防衛関連製品は、売上高は増加しました。
         機能製品は、売上高は減少しました。
         これらの結果、化薬事業の売上高は、12,041百万円(前年同期比2.4%減)、営業損失は、44百万円となりまし
        た。
       (その他の事業)

         その他の事業は、運送事業および不動産事業から構成されております。その売上高は、834百万円(前年同期比
        11.3%増)、営業利益は、140百万円(前年同期比70.8%増)となりました。
       (2)キャッシュ・フローの状況

        営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前四半期純利益の増加2,086百万円、運転資金負担の減少5,626
       百万円、法人税等の支払額の増加486百万円等により、前年同期に比べ7,411百万円の収入増となりました。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、投資有価証券の取得による支出の増加500百万円、投資有価証券の売却に
       よる収入の増加445百万円、有形及び無形固定資産の取得による支出の減少356百万円等があり、前年同期に比べ155
       百万円の支出減となりました。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、主に短期借入金の増加25百万円、配当金の支払額の増加1,147百万円等の
       結果、前年同期に比べ1,139百万円の支出増となりました。
        以上の結果、現金及び現金同等物の当四半期末残高は、前期末に比べ5,576百万円増加し、42,042百万円となりま
       した。
       (3)   経営方針・経営戦略等

        当  第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について、重要な変更はあ
       りません。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき事業上および財務上の課題について、重要な変更
       はありません。
        なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会社
       法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
       ①会社の支配に関する基本方針

        当社は、当社の財務および事業の方針の決定を支配する者は、当社の経営理念や企業価値の様々な源泉、当社を支
       えるステークホルダーとの信頼関係を十分に理解し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保、向上させる者
       でなければならないと考えております。一方、当社の支配権の移転を伴う買付提案等がなされた場合にこれに応ずる
       か否かの判断は、最終的には株主の皆様の意思に基づき行われるべきものと考えております。
        しかしながら、株式の大規模な買付行為や買付提案の中には、その目的等から見て企業価値ひいては株主共同の利
       益に対する明白な侵害をもたらすもの、株主に株式の売却を事実上強要するおそれのあるもの、対象会社の取締役会
       や株主が買付の条件等について検討するための、あるいは対象会社の取締役会が代替案を提案するための十分な時間
       や情報を提供しないものなど、不適切なものも少なくありません。
        このような大規模な買付行為や買付提案を行う者は、例外的に当社の財務および事業の方針の決定を支配する者と
       して不適切と考えております。
                                  4/21


                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
       ②会社の支配に関する基本方針の実現に資する取組み
        当社は、1937年の創業以来、事業の多角化、事業のグローバル化、そしてまた、事業領域と経営資源の選択と集中
       を進めながら、幅広い事業領域を有する総合化学メーカーとして成長してきました。
        現在、当社は、「バイオから宇宙まで幅広い分野で新しい価値を創造し、人と社会に貢献します」との経営理念に
       基づいて、安定的かつ持続的な成長と発展を実現すると共に、社会の一員として、コンプライアンスはもとより、自
       然環境保護や健康、安全の確保などの企業の社会的責任を果たすことにより、あらゆるステークホルダーの皆様に
       とって、存在価値のある企業であり続けることを目指しております。
        上記の長期的な視点に立った経営理念の下で、当社は、中期的に実現すべき目標として、期間を3年間とする中期
       経営計画を策定し、その達成に向け、計画を推し進めております。
        当社は、永年培ってきた多様な固有技術を含む有形・無形の経営資源が一体となって、当社の企業価値を創造して
       いると考えております。従って、これらの経営資源を十分理解し最大限有効に活用して、安定的かつ持続的な企業価
       値の更なる向上を目指すことが、株主の皆様の共同の利益に資するものと考えます。
       ③会社の支配に関する基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務および事業の方針の決定が支配されること

       を防止するための取組み
        当社は、2016年5月10日開催の当社取締役会において、特定株主グループの議決権割合を20%以上とすることを目
       的とする当社株券等の買付行為または結果として特定株主グループの議決権割合が20%以上となる当社株券等の買付
       行為(いずれについてもあらかじめ当社取締役会が同意したものを除き、また市場取引、公開買付け等の具体的な買
       付方法の如何を問いません。以下、かかる買付行為を「大規模買付行為」といい、かかる買付行為を行う者を「大規
       模買付者」といいます。)に対する対応方針(以下「本対応方針」といいます。)を決議しました。本対応方針の概
       要は以下のとおりです。
        大規模買付者が下記a.およびb.の大規模買付ルールを遵守した場合には、当社取締役会は、当該大規模買付行
       為が明らかに株主共同の利益を著しく損なうと判断される場合を除き、原則として当該大規模買付行為に対する対抗
       措置はとりません。
        a.事前に大規模買付者は当社取締役会に対して当社株主の皆様の判断および取締役会としての意見形成のために
          必要かつ十分な情報を提供する。
        b.当社取締役会による一定の評価期間が経過した後に大規模買付行為を開始する。
        一方、大規模買付者により、大規模買付ルールが遵守されなかった場合には、当社取締役会は、株主共同の利益を
       守ることを目的として、会社法その他の法律および当社定款が認める対抗措置を講じ、大規模買付行為に対抗する場
       合があります。当社取締役会が対抗措置の発動の是非について判断を行う場合は、社外取締役、社外監査役または社
       外有識者からなる独立委員会の勧告を最大限尊重するものとし、具体的にいかなる手段を講ずるかについては、その
       時点で最も適切と当社取締役会が判断したものを選択することとします。
        また、当社取締役会は、独立委員会が対抗措置の発動について勧告を行い、発動の決議について株主総会の開催を
       要請する場合には、株主の皆様に発動の可否を十分にご検討いただくための株主検討期間を設けた上で、株主総会を
       開催することがあります。
        本対応方針は、2016年6月29日開催の当社第93期定時株主総会の決議をもって同日より発効し、有効期間は、2019
       年6月に開催される当社第96期定時株主総会終結の時までとしており、有効期間中に、a.当社の株主総会において
       本対応方針を廃止する旨の決議が行われた場合、b.当社の株主総会で選任された取締役で構成される当社取締役会
       により本対応方針を廃止する旨の決議が行われた場合には、その時点で廃止されるものとします。
       ④本対応方針の合理性について

        本対応方針は、経済産業省および法務省が2005年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の利益の確保又は向上
       のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則、事前開示・株
       主意思の原則、必要性・相当性確保の原則)を充足しています。
        また、経済産業省に設置された企業価値研究会が2008年6月30日に発表した報告書「近時の諸環境の変化を踏まえ
       た買収防衛策の在り方」および東京証券取引所が2015年6月1日に公表した「コーポレートガバナンス・コード」の
       「原則1-5       いわゆる買収防衛策」の内容も踏まえたものとなっております。
        本対応方針は、当社株式に対する大規模買付行為がなされた際に、当該買付等に応ずるべきか否かを株主の皆様が
       判断し、あるいは当社取締役会が代替案を提示するために必要な情報や時間を確保し、株主の皆様のために買付者等
       と交渉を行うこと等を可能とすることにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保し、向上させるという
       目的をもって導入されたものです。
        本対応方針における対抗措置の発動は、当社の業務執行から独立している委員で構成される独立委員会へ諮問し、
       同委員会の勧告を最大限尊重するものとされており、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に資するよう、本対応
       方針の透明な運用を担保するための手続きも確保されております。
        本対応方針は、株主総会での承認により発効することとしており、2016年6月29日開催の当社第93期定時株主総会
       にて本対応方針について株主の皆様の意思を確認させていただいたことから、株主の皆様のご意向が反映されており
       ます。また、本対応方針継続後、有効期間の満了前であっても、株主総会において、本対応方針の変更または廃止の
                                  5/21

                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
       決議がなされた場合には、本対応方針はその時点で変更または廃止されることになり、株主の皆様の合理的意思に依
       拠したものとなっております。
        本対応方針は、当社の株主総会で選任された取締役で構成される取締役会により廃止することが可能です。従っ
       て、本対応方針は、デッドハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交代させてもなお、発動を阻止できな
       い買収防衛策)ではありません。また、当社は、取締役任期を1年としているため、本対応方針はスローハンド型買
       収防衛策(取締役会の構成員の交代を一度に行うことができないため、その発動を阻止するのに時間を要する買収防
       衛策)でもありません。
        これらの理由により、本対応方針は、会社役員の地位の維持を目的とするものではありません。
       (5)研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、3,311百万円であります。
        なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
       (6)従業員数

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの従業員数に著しい増減はありません。
       (7)生産、受注及び販売の実績

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの生産、受注及び販売の実績に著しい変動はありません。
       (8)主要な設備

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの主要な設備、設備計画に著しい変動はありません。
       (9)資本の財源及び資金の流動性についての分析

        当社グループは現在、運転資金および設備資金につきましては、内部資金または借入により資金調達することとし
       ております。このうち、借入による資金調達に関しましては、運転資金については期限が1年以内の短期借入金で、
       銀行等からの借入金および海外子会社の現地での借入金から構成されております。これに対して、生産設備などの長
       期資金は原則として固定金利の長期借入金で調達しております。
        当社グループは、その健全な財務状態、営業活動によるキャッシュ・フローを生み出す能力および借入により、当
       社グループの成長を維持するために将来必要な運転資金および設備投資資金を調達することが可能と考えておりま
       す。
        なお、当社グループの資金状況は、「(2)キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                  6/21









                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          347,000,000

                  計                               347,000,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (2018年11月14日)
               (2018年9月30日)                         取引業協会名
                                          東京証券取引所            単元株式数
     普通株式              86,841,376             86,841,376
                                           市場第一部            100株
         計          86,841,376             86,841,376             -          -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総        発行済株式総                       資本準備金増        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日       数増減数        数残高                       減額        残高
                               (百万円)        (百万円)
                 (株)        (株)                      (百万円)        (百万円)
     2018年7月1日~
                     -   86,841,376            -      17,742          -      15,113
     2018年9月30日
                                  7/21









                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2018年9月30日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                            (千株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
     日本マスタートラスト信託銀行株
                       東京都港区浜松町二丁目11番3号                         6,773          7.94
     式会社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀
                                                5,881          6.90
                       東京都中央区晴海一丁目8番11号
     行株式会社(信託口)
                                                3,230          3.78

     株式会社みずほ銀行                 東京都千代田区大手町一丁目5番5号
                                                3,128          3.66

     明治安田生命保険相互会社                 東京都千代田区丸の内二丁目1番1号
                       東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号

                                                1,955          2.29
     日油親栄会
                       日油株式会社経理部内
     日本トラスティ・サービス信託銀
                                                1,523          1.78
                       東京都中央区晴海一丁目8番11号
     行株式会社(信託口5)
                       BANKPLASSEN      2,  0107   OSLO   1 OSLO   0107
     GOVERNMENT      OF  NORWAY
                       NO                         1,491          1.74
     (常任代理人 シティバンク、エ
     ヌ・エイ東京支店)
                       (東京都新宿区新宿六丁目27番30号)
                       東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号
                                                1,487          1.74
     日油共栄会
                       日油株式会社経理部内
     損害保険ジャパン日本興亜株式会
                                                1,387          1.62
                       東京都新宿区西新宿一丁目26番1号
     社
     野村信託銀行株式会社(投信口)                                          1,361          1.59

                       東京都千代田区大手町二丁目2番2号
                               -                28,220          33.10

             計
                                  8/21











                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年9月30日現在
             区分             株式数(株)          議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                            -          -         -

     議決権制限株式(自己株式等)                            -          -         -

     議決権制限株式(その他)                            -          -         -

                         (自己保有株式)
                                            -         -
                        普通株式  1,596,800
     完全議決権株式(自己株式等)
                         (相互保有株式)
                                            -         -
                        普通株式           89,500
                        普通株式       84,901,100
     完全議決権株式(その他)                                    849,011            -
     単元未満株式                   普通株式   253,976                    -   一単元(100株)未満の株式

     発行済株式総数                        86,841,376              -         -

     総株主の議決権                            -       849,011            -

        ②【自己株式等】

                                                   2018年9月30日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                に対する所有株
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
       (自己保有株式)
                 東京都渋谷区恵比寿四丁目
                                 1,596,800           -    1,596,800           1.84
                 20番3号
        日油株式会社
       (相互保有株式)           東京都墨田区東墨田二丁目
                                  89,500        2,300       91,800         0.11
       日光油脂株式会社           13番23号
          計             -         1,686,300         2,300     1,688,600           1.94
      (注)他人名義所有分は、すべて持株会である日油親栄会の名義となっております。
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  9/21








                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2018年7月1日から2018
       年9月30日まで)および第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)に係る四半期連結財務
       諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は2018年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
                                 10/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         37,665              43,182
         現金及び預金
                                        ※3 43,036             ※3 39,533
         受取手形及び売掛金
                                         19,981              20,088
         商品及び製品
                                         3,495              5,135
         仕掛品
                                         9,541              11,269
         原材料及び貯蔵品
                                         2,233              2,056
         その他
                                         △ 185             △ 213
         貸倒引当金
                                        115,767              121,052
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               22,223              22,849
                                         20,370              20,344
          土地
                                         15,012              14,767
          その他(純額)
                                         57,606              57,961
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        ※1 1,020              ※1 979
          その他
                                         1,020               979
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         56,312              60,022
          投資有価証券
                                         2,230              2,264
          退職給付に係る資産
                                         3,002              2,984
          その他
                                          △ 65             △ 63
          貸倒引当金
                                         61,479              65,208
          投資その他の資産合計
                                        120,107              124,150
         固定資産合計
                                        235,874              245,203
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        ※3 19,883             ※3 21,199
         支払手形及び買掛金
                                         ※3 780            ※3 1,224
         電子記録債務
                                         1,385              1,210
         短期借入金
                                         5,150              5,150
         1年内返済予定の長期借入金
                                         4,978              4,434
         未払法人税等
         賞与引当金                                 3,210              3,231
                                         11,072              10,527
         その他
                                         46,461              46,977
         流動負債合計
       固定負債
                                         2,913              2,911
         長期借入金
                                         4,645              4,608
         退職給付に係る負債
                                         12,282              13,218
         その他
                                         19,841              20,738
         固定負債合計
                                         66,302              67,715
       負債合計
                                 11/21





                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年9月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                         17,742              17,742
         資本金
                                         15,113              15,115
         資本剰余金
                                        113,490              119,770
         利益剰余金
                                        △ 4,522             △ 4,529
         自己株式
                                        141,824              148,099
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         27,411              29,618
         その他有価証券評価差額金
                                           490             △ 272
         為替換算調整勘定
                                         △ 927             △ 735
         退職給付に係る調整累計額
                                         26,975              28,611
         その他の包括利益累計額合計
                                           773              777
       非支配株主持分
                                        169,572              177,487
       純資産合計
      負債純資産合計                                   235,874              245,203
                                 12/21














                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
      売上高                                   83,575              90,104
                                         56,793              61,112
      売上原価
                                         26,781              28,992
      売上総利益
                                        ※1 15,524             ※1 15,892
      販売費及び一般管理費
                                         11,256              13,099
      営業利益
      営業外収益
                                           65              53
       受取利息
                                           540              653
       受取配当金
                                           132              176
       為替差益
                                           383              354
       その他
                                         1,121              1,237
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                    35              36
                                           41              51
       不動産賃貸費用
                                           89              42
       固定資産撤去費用
                                           41              57
       その他
                                           208              188
       営業外費用合計
                                         12,169              14,148
      経常利益
      特別利益
                                            0              0
       固定資産売却益
                                           -              437
       投資有価証券売却益
                                           73              -
       関係会社清算益
                                           73              437
       特別利益合計
      特別損失
                                                       ※2 273
                                           -
       災害による損失
                                           30              12
       固定資産除却損
                                            0              1
       その他
                                           30              287
       特別損失合計
                                         12,212              14,299
      税金等調整前四半期純利益
                                         3,720              4,246
      法人税等
                                         8,492              10,052
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                          △ 16              21
      に帰属する四半期純損失(△)
                                         8,509              10,030
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 13/21







                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
                                         8,492              10,052
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         2,539              2,206
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 139             △ 766
       為替換算調整勘定
                                           389              192
       退職給付に係る調整額
                                         2,788              1,632
       その他の包括利益合計
                                         11,280              11,685
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         11,302              11,666
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          △ 21              18
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         12,212              14,299
       税金等調整前四半期純利益
                                         2,350              2,503
       減価償却費
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   △ 36             △ 65
                                         △ 606             △ 706
       受取利息及び受取配当金
                                           35              36
       支払利息
       固定資産売却損益(△は益)                                   △ 0             △ 0
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -             △ 437
                                           -              273
       災害損失
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 1,200              3,287
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 4,180             △ 3,563
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  1,463              1,984
                                         △ 750             △ 522
       その他
                                         9,287              17,087
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   607              706
                                          △ 35             △ 36
       利息の支払額
                                        △ 4,267             △ 4,754
       法人税等の支払額
                                         5,591              13,003
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 15             △ 516
       投資有価証券の取得による支出
                                           -              445
       投資有価証券の売却による収入
                                        △ 3,298             △ 2,942
       有形及び無形固定資産の取得による支出
                                            0              0
       有形及び無形固定資産の売却による収入
       短期貸付金の純増減額(△は増加)                                    26               3
                                            2              1
       長期貸付金の回収による収入
                                           97             △ 23
       その他
                                        △ 3,186             △ 3,031
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  △ 184             △ 158
                                         2,300                -
       長期借入れによる収入
                                        △ 2,300               △ 0
       長期借入金の返済による支出
                                            0              -
       自己株式の売却による収入
                                          △ 21             △ 22
       自己株式の取得による支出
                                          △ 30             △ 49
       ファイナンス・リース債務の返済による支出
                                        △ 2,584             △ 3,732
       配当金の支払額
                                           △ 2             △ 0
       非支配株主への配当金の支払額
                                        △ 2,823             △ 3,963
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           21             △ 431
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 396             5,576
                                         29,215              36,465
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 28,818             ※1 42,042
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/21






                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
         (税金費用の計算)
          税金費用については、主として当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税
         効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しておりま
         す。ただし、当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる会社については、
         法定実効税率を使用して計算した金額を計上しております。
        (追加情報)

        ( 「『  税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用                        )
         「『  税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連結会
        計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
        分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

      ※1 のれんは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                              (2018年3月31日)                 (2018年9月30日)
     のれん(無形固定資産)                                  6百万円                 3百万円
      2 債権流動化に伴う買戻義務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                              (2018年3月31日)                 (2018年9月30日)
     債権流動化に伴う買戻義務                                1,697百万円                 1,709百万円
      ※3 四半期連結会計期間末日満期手形および電子記録債務

         四半期連結会計期間末日満期手形および電子記録債務の会計処理については、手形交換日等をもって決済処理を
        しております。なお、当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満
        期手形および電子記録債務が四半期連結会計期間末日残高に含まれております。
                                              当第2四半期連結会計期間
                               前連結会計年度
                                               (2018年9月30日)
                              (2018年3月31日)
     受取手形                                 44百万円                 84百万円
     支払手形                                  0                 8
     電子記録債務                                 201                 311
        (四半期連結損益計算書関係)

      ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目および金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2017年9月30日)                 至 2018年9月30日)
     発送配達費                                2,589   百万円               2,659   百万円
                                     3,507                 3,682
     給料手当および賞与
                                      385                 299
     退職給付費用
     賞与引当金繰入額                                1,052                 1,084
                                      11                 13
     執行役員退職慰労引当金繰入額
                                     2,717                 2,783
     研究開発費
                                       3                 3
     のれん償却額
      ※2 災害による損失

         災害による損失は、台風により被災した設備等の復旧費用258百万円、棚卸資産の損害15百万円であります。
                                 16/21



                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のとおり
        であります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                              至   2017年9月30日)               至   2018年9月30日)
     現金及び預金勘定                               29,667百万円                  43,182百万円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                               △848                 △1,140
     現金及び現金同等物                               28,818                  42,042
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)
          1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
        (決議)
                              (円)
      2017年6月29日
                普通株式         2,596        15   2017年3月31日         2017年6月30日         利益剰余金
       定時株主総会
     (注)1株当たり配当額は、普通配当13円に創立80周年記念配当2円を加え1株当たり15円としております。
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期

             間末後となるもの
                             1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
        (決議)
                              (円)
      2017年11月1日
                普通株式         1,730        10   2017年9月30日         2017年12月1日         利益剰余金
        取締役会
     (注)2017年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。「1株当たり配当額」につきま
        しては、当該株式併合前の金額を記載しております。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

          1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
        (決議)
                              (円)
      2018年6月28日
                普通株式         3,750        44   2018年3月31日         2018年6月29日         利益剰余金
       定時株主総会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期

             間末後となるもの
                             1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
        (決議)
                              (円)
      2018年11月1日
                普通株式         2,727        32   2018年9月30日         2018年12月3日         利益剰余金
        取締役会
                                 17/21






                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                        報告セグメント
                                                       四半期連結
                                       その他
                                                  調整額     損益計算書
                       ライフサ
                                             合計
                 機能化学
                                                  (注)2      計上額
                                       (注)1
                       イエンス     化薬事業       計
                  品事業
                                                        (注)3
                        事業
      売上高
                  57,661     12,831     12,333     82,825       749    83,575       -    83,575

      (1)外部顧客への売上高
      (2)セグメント間の内部

                    574    2,172       5   2,752     3,714     6,467    △ 6,467        -
       売上高又は振替高
                  58,235     15,003     12,338     85,578      4,464     90,042     △ 6,467      83,575
          計
      セグメント利益又は
                   9,254     2,730      △ 91   11,893       82   11,975      △ 718     11,256
      損失(△)
          (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、運送、不動産販売およ
              び管理業務等を含んでおります。
             2.セグメント利益又は損失の調整額△718百万円には、セグメント間取引消去△113百万円、各報告セ
              グメントに配分       していない     全社費用△605百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメ
              ントに帰属しない一般管理費であります。
             3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                        報告セグメント
                                                       四半期連結
                                       その他
                                                  調整額     損益計算書
                       ライフサ
                                             合計
                 機能化学
                                                  (注)2      計上額
                                       (注)1
                       イエンス     化薬事業       計
                  品事業
                                                        (注)3
                        事業
      売上高
                  63,462     13,767     12,041     89,270       834    90,104       -    90,104

      (1)外部顧客への売上高
      (2)セグメント間の内部

                    601    1,471       7   2,080     3,906     5,986    △ 5,986        -
       売上高又は振替高
          計        64,063     15,238     12,048     91,350      4,740     96,091     △ 5,986      90,104
      セグメント利益又は
                  10,556      2,899      △ 44   13,412       140    13,552      △ 453     13,099
      損失(△)
          (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、運送、不動産販売およ
              び管理業務等を含んでおります。
             2.セグメント利益又は損失の調整額△453百万円には、セグメント間取引消去134百万円、各報告セグ
              メントに配分      していない     全社費用△587百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメン
              トに帰属しない一般管理費であります。
             3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
                                 18/21



                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益および算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                              (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2017年9月30日)                至 2018年9月30日)
      1株当たり四半期純利益                                98円32銭               117円67銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万
                                        8,509               10,030
       円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -                -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                        8,509               10,030
       純利益(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                86,548                85,245
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.当社は、2017年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度の
          期首に当該株式併合が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益を算定しております。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        2018年11月1日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (イ)配当金の総額………………………………………2,727百万円
        (ロ)1株当たりの金額…………………………………32円00銭
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………2018年12月3日
        (注)2018年9月30日現在の株主名簿に記載または記録された株主に対し、支払いを行います。
                                 19/21











                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                         日油株式会社(E00880)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2018年11月9日

     日油株式会社

       取締役会 御中

                             EY新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              池内 基明  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              川脇 哲也  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日油株式会社の

     2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2018年7月1日から2018年9月30日
     まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、
     四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び
     注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日油株式会社及び連結子会社の2018年9月30日現在の財政状態並びに
     同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じ
     させる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
      (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期
           報告書提出会社)が別途保管しております。
          2.       XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 21/21



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。