ラクオリア創薬株式会社 四半期報告書 第11期第3四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第11期第3四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:ラクオリア創薬株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項

      【提出先】                    東海財務局長

      【提出日】                    平成30年11月9日

      【四半期会計期間】                    第11期第3四半期(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)

      【会社名】                    ラクオリア創薬株式会社

      【英訳名】                    RaQualia     Pharma    Inc.

      【代表者の役職氏名】                    代表取締役  谷 直樹

      【本店の所在の場所】                    愛知県名古屋市中村区名駅南一丁目21番19号

      【電話番号】                    052-446-6100(代表)

      【事務連絡者氏名】                    取締役専務執行役員  河田 喜一郎

      【最寄りの連絡場所】                    愛知県名古屋市中村区名駅南一丁目21番19号

      【電話番号】                    052-446-6100(代表)

      【事務連絡者氏名】                    取締役専務執行役員  河田 喜一郎

      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18












                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】

      1【主要な経営指標等の推移】
                               第10期           第11期
               回次               第3四半期           第3四半期            第10期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成29年1月1日           自平成30年1月1日           自平成29年1月1日
              会計期間
                           至平成29年9月30日           至平成30年9月30日           至平成29年12月31日
                      (千円)           606,009           532,790          1,419,195
     事業収益
     経常損失(△)                 (千円)          △ 487,192          △ 818,883           △ 80,575
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)          △ 463,575          △ 844,481           △ 58,122
     期)純損失(△)
                      (千円)          △ 499,113          △ 839,339          △ 100,132
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          3,492,888           4,148,369           4,887,950
     純資産額
                      (千円)          3,672,413           4,454,669           5,064,188
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純損失金
                       (円)           △ 24.16          △ 41.47           △ 2.99
     額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                       (%)            94.6           92.8           96.2
     自己資本比率
                      (千円)          △ 392,065          △ 240,687          △ 307,434
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                      (千円)           940,203          △ 203,666           533,800
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                      (千円)            11,313           99,741          1,007,321
     財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末(期
                      (千円)          1,798,234           2,119,752           2,473,916
     末)残高
                               第10期           第11期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自平成29年7月1日           自平成30年7月1日
              会計期間
                           至平成29年9月30日           至平成30年9月30日
     1株当たり四半期純損失金額(△)                 (円)           △ 9.16          △ 12.15
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
          しておりません。
        2.事業収益には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当た
          り四半期(当期)純損失金額であるため、記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び連結子会社)が営む事業の内容について、重要な
       変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/18





                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
       当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載し
      た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、                  契約期間満了等により終了した重要な契約は、次のとおりであります。
      共同研究に関する契約

                Collaboration       Agreement(共同研究契約)
     契約書名
                XuanZhu    Pharma    Co.,   Ltd.(中国)
     契約先
     契約締結日           平成27年12月22日
                平成27年12月22から3年間
     契約期間
                ① 当社は、XuanZhu          Pharma    Co.,   Ltd.と特定のイオンチャネルに対する活性を持つ化合物の
                   探索に関する共同研究を実施する。
                ② 当社は、上記①の開始時の対価として本契約の締結に伴う契約一時金、および①の遂行の
     主な契約内容
                   対価として研究助成金を受領する。
                ③ 共同研究の結果化合物が創出された場合、XuanZhu                          Pharma    Co.,   Ltd.と当該化合物に関す
                   るライセンス契約を締結する。
     (注)平成30年8月10日に共同研究契約を終了いたしました。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当第3四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものでありま
      す。
      (1)業績の状況

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、堅調な輸出や個人消費、企業の省力化の設備投資などにより
        緩やかな景気拡大を続けてまいりましたが、猛暑や自然災害が様々な影響を及ぼしたことに伴い個人消費関連の景
        況が悪化したほか、米中の経済摩擦の激化や欧州における景気減速懸念、中東などの地政学リスクが高まりつつあ
        り、復興需要が見込まれるものの海外リスクの高まりから景気の不透明感が増してきております。
         製薬業界におきましては、国内製薬会社においても長期収載品を中心に製品や事業レベルでの売却・買収が活発
        化しており、特許切れ製品を軸とした事業再編が進んでおります。特に特定疾患領域に特化したスペシャリティ・
        ファーマ化およびカーブアウトベンチャー設立の動きは、当社グループのような創薬ベンチャー企業のライセンス
        活動におきましても少なからず影響が生じております。
         このような環境下において、当社グループは医薬品開発化合物の継続的な創出、研究開発ポートフォリオの拡充
        およびそれら開発化合物の導出を目指し、研究開発活動および営業活動に取り組んでまいりました。
         当第3四半期連結累計期間においては、                   CJ  HealthCare      Corporation      (韓国、以下「CJ社(韓国)」)                に導出し
        たtegoprazan(RQ-00000004/CJ-12420/韓国販売名(韓国登録商標):K-CAB、以下「tegoprazan」)は、本年7月
        に韓国食品医薬品安全処(MFDS:Ministry                    of  Food   and  Drug   Safety)より製造販売承認を取得し、当社はマイル
        ストン達成に伴う一時金を受領いたしました。今回のMFDSによる承認は、びらん性胃食道逆流症(Erosive
        Esophagitis:EE)のみならず、非びらん性胃食道逆流症(                            Non-Erosive      Reflux    Disease:NERD)も含めた胃食道
        逆流症(Gastro-Esophageal             Reflux    Disease:GERD)を適応症としたもので、NERDの適応症取得はカリウムイオン
        競合型アシッドブロッカー(Potassium-Competitive                         Acid   Blocker    : P-CAB)としては世界初のものとなります。
        薬価収載後に発売される予定となっております。
         共同研究につきましては、本年8月にXuanZhu                      Pharma    Co.,Ltd.(本社:中国山東省、CEO:Dr.Chengkon                       Shih、
        以下「XuanZhu社」)とのナトリウムチャネルNav1.7選択的遮断薬(以下「Nav1.7選択的遮断薬」)に関する共同
        研究契約を終了し、今後はそれぞれに帰属された研究成果を基に独自で研究開発を進めることで合意いたしまし
        た。なお、本研究成果につきましては、「第17回世界疼痛学会」(米国ボストン)において、XuanZhu社と共同で
        ポスター発表いたしました。
                                  3/18


                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
         産学官連携につきましては、本年8月に、これまで東京大学との間で進めておりましたTRPM8遮断薬(化合物

        コード:    RQ-00434739)に関する共同研究においてTRPM8遮断薬の新規泌尿器疾患治療薬としての可能性が明らかと
        なり、この成果を本年8月にフィラデルフィアで開催された第48回国際禁制学会(International                                               Continence
        Society    2018)で発表いたしました。当社は、引き続き本共同研究で得られた成果を元に研究開発を進めてまいり
        ます。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、事業収益532百万円(前年同四半期比12.1%減)、営業損失

        835百万円(前年同四半期は、営業損失554百万円)、経常損失818百万円(前年同四半期は、経常損失487百万
        円)、親会社株主に帰属する四半期純損失844百万円(前年同四半期は、親会社株主に帰属する四半期純損失463百
        万円)となりました。なお、事業費用の総額は1,368百万円(前年同四半期比17.9%増)となりました。その主な
        内訳は研究開発費812百万円(前年同四半期比38.7%増)およびその他の販売費及び一般管理費499百万円(前年同
        四半期比12.7%増)であり、英国での第Ⅰ相臨床試験費用を研究開発費に計上したほか、特許の使用許諾料をその
        他の販売費及び一般管理費に計上したことによるものであります。また、当第3四半期連結累計期間におきまして
        は、有価証券利息22百万円および為替差損14百万円のほか、投資有価証券償還損14百万円を計上しております。
      (2)キャッシュ・フローの状況

         当第3四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、期首に比べ354百万
        円減少し、2,119百万円(前年同四半期は1,798百万円)となりました。
         当第3四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動により使用した資金は、240百万円(前年同四半期は392百万円の使用)となりました。これは主に、
         税金等調整前四半期純損失828百万円を計上したことのほか、売上債権の減少447百万円および前渡金の減少168
         百万円よるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動により使用した資金は、203百万円(前年同四半期は940百万円の獲得)となりました。これは主に、
         有価証券の償還による収入113百万円、投資有価証券の売却による収入203百万円および投資有価証券の償還によ
         る収入266百万円のほか、有形固定資産の取得による支出155百万円および投資有価証券の取得による支出625百
         万円によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動により獲得した資金は、99百万円(                     前年同四半期は11百万円の獲得              )となりました。これは、新株予
         約権の行使による株式の発行による収入であります。
      (3)事業上および財務上の対処すべき課題

          当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
                                  4/18









                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
      (4)研究開発活動

         当社グループの研究開発活動における当第3四半期連結累計期間の研究開発費は、812百万円となりました。ま
        た、当第3四半期連結累計期間における主な研究開発の概況は、以下のとおりであります。
        ①  自社の研究開発及び共同研究

       (探索段階)
         炎症性疼痛を主たる適応症としたナトリウムチャネル遮断薬のプロジェクトは、リード化合物を見出し、特性
        評価を継続して実施しております。
         製薬企業等との共同研究については、以下のとおり実施しております。
                 会社名               開始月                内容
                                       疼痛領域における特定の蛋白質間相互作用
         インタープロテイン株式会社                    平成25年2月
                                       を標的とした共同研究
        (注)XuanZhu社との「Nav1.7選択的遮断薬」に関する共同研究は、平成30年8月10日に契約終了いたしまし
           た。
       (前臨床開発段階)

        (a)  グレリン受容体作動薬(RQ-00433412)
          がんに伴う食欲不振/悪液質症候群を目標適応症として開発中の本化合物は、特性評価を完了し、次段階であ
         る前臨床開発試験に進むにあたって問題となる所見は認められておりません。
        (b)  TRPM8遮断薬(RQ-00434739)
          神経障害性疼痛(化学療法起因性冷アロディニア)を目標適応症として開発中の本化合物は、特性評価を完
         了し、次段階である前臨床開発試験に進むにあたって問題となる所見は認められておりません。
        (c)  モチリン受容体作動薬(RQ-00201894)
          胃不全麻痺、       機能性胃腸症、術後イレウスを目標適応症として開発中の本化合物は、第Ⅰ相臨床試験実施に
         必要な前臨床試験(          in  vivo  薬効薬理試験、薬物動態試験、毒性試験(GLP基準)、安全性薬理試験(GLP基
         準))が終了いたしました。現時点で次の臨床開発段階に進むにあたって問題となる所見は認められておりま
         せん。
       (臨床開発段階)

             ▶
        (a)  5-HT  部分作動薬(RQ-00000010)
          胃不全麻痺、       機能性胃腸症、慢性便秘を目標適応症として開発中の本化合物は、共同研究先であるヴァージ
         ニア・コモンウェルス大学              パーキンソン病・運動障害疾患センター(米国、Virginia                              Commonwealth
         University,      Parkinson's      and  Movement     Disorders     Center、以下「VCU」)による医師主導治験が平成28年8
         月から開始されております。本試験につきましては、VCUがマイケル・J・フォックス財団パーキンソン病研究
         機関から研究助成金を受けて、パーキンソン病患者における合併症である胃不全麻痺に対する安全性と有効性
         の検討を目的とする臨床研究として進められております。
        (b)  カリウムイオン競合型アシッドブロッカー)(RQ-00000004、tegoprazan)
          胃食道逆流症(RE/NERD)を目標適応症として開発中の本化合物は、米国に引き続き、日本での第Ⅰ相臨床試
         験を終了しております。現在、開発が進んでいる韓国の臨床試験データも活用した導出に向けた協議を進めて
         おります。
             2B
        (c)  5-HT   拮抗薬(RQ-00310941)
          下痢型過敏性腸症候群(IBS-D)を目標適応症として開発中の本化合物は、英国における第Ⅰ相臨床試験(健
         康成人及び患者を対象)を終了し、治験総括報告書の作成が完了しております。
                                  5/18





                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
       ②  導出先の開発状況

        (a)  カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(RQ-00000004、tegoprazan)
          胃食道逆流症(RE/NERD)を主目標適応症としてCJ社(韓国)で開発中の本化合物は、本年7月に韓国食品医
         薬品安全処(MFDS:Ministry              of  Food   and  Drug   Safety)より製造販売承認を取得し、当社はマイルストン達
         成に伴う一時金を受領いたしました。今回のMFDSによる承認は、びらん性胃食道逆流症(Erosive
         Esophagitis:EE)に加え、非びらん性胃食道逆流症(                          Non-Erosive      Reflux    Disease:NERD)の胃食道逆流症
         (Gastro-Esophageal          Reflux    Disease:GERD)を適応症としたもので、NERDの適応症取得はカリウムイオン競
         合型アシッドブロッカー(Potassium-Competitive                        Acid   Blocker    : P-CAB)としては世界初のものとなりま
         す。また、中国での開発も順調に進められております。
                  2A
        (b)  セロトニン5-HT        およびドパミンD2受容体遮断薬(ziprasidone)
          統合失調症治療薬としてMeiji              Seikaファルマ株式会社で開発中の本化合物は、日本において第Ⅲ相臨床試験
         を実施しております。本剤は、Pfizer                  Inc.(米国)によって79ヶ国で販売されており、米国の治療ガイドライ
         ンには第一選択薬として収載されております。
        (c)  EP4拮抗薬(Galliprant           、  RQ-00000007、       AT-001、grapiprant、動物薬)
                     ®
          ペットの疼痛治療薬として導出先である                     Aratana    Therapeutics,       Inc.(米国、以下「アラタナ社(米
         国)」)    にて開発を行った本化合物は、アラタナ社(米国)および                           Elanco    Animal    Health(米国)       により昨年
         1月に米国で販売を開始しました。また、本年1月には欧州医薬品庁(EMA:European                                         Medicines     Agency)の
         販売承認を取得し、販売開始に向けて準備が進められております。
        (d)  グレリン受容体作動薬(Entyce               、  RQ-00000005、AT-002、capromorelin、動物薬)
                         ®
          ペットの食欲不振治療薬としてアラタナ社(米国)にて開発を行った本化合物は、アラタナ社(米国)によ
         り昨年10月に販売を開始しました。またアラタナ社(米国)では、本剤についてネコを対象とした食欲不振治
         療薬としても開発を進めており、平成28年12月にネコにおける長期毒性試験を開始しております。
        (e)  EP4拮抗薬(RQ-00000007、             AAT-007、grapiprant)
          株式会社AskAt(以下「AskAt社」)                 のライセンス先であるRMX             BioPharma     Co.,   Ltd(本社:杭州、CEO:
         RuiPing    Dong)が、本年9月に中国での疼痛を適応症とする臨床試験を開始いたしました。また、AskAt社の米
         国でのライセンス先であるArrys               Therapeutics       Inc.(米国マサチューセッツ州)においても、臨床試験実施の
         ための準備が進められております。
        (f)  EP4拮抗薬(RQ-00000008、             AAT-008)
          AskAt社のライセンス先で開発のための準備が進められております。
        (g)  シクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)阻害薬(RQ-00317076、AAT-076)
          AskAt社のライセンス先で臨床試験実施のための準備が進められております。
        (h)  選択的ナトリウムチャネル遮断薬(化合物コード非開示)
          本化合物は、昨年12月にマルホ株式会社(以下「マルホ社」)に導出いたしました。現在、マルホ社が本化
         合物を有効成分とする治療薬の開発を進めております。
        (i)  P2X7受容体拮抗薬(RQ-00466479、AKP-23494954)
          本化合物は、旭化成ファーマ株式会社(以下「旭化成ファーマ社」)との共同研究により創出され、本年3
         月に前臨床段階への移行に伴い導出いたしました。現在、旭化成ファーマ社が本化合物を有効成分とする神経
         障害性疼痛治療薬としての開発を進めております。
                                  6/18







                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
       ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          37,068,800
                  計                                37,068,800
       ②【発行済株式】

                                      上場金融商品取引所名
             第3四半期会計期間末
                         提出日現在発行数(株)
        種類       現在発行数(株)                       又は登録認可金融商品                内容
                         (平成30年11月9日)
             (平成30年9月30日)
                                        取引業協会名
                                     東  京  証  券  取  引  所
     普通株式(注)              20,388,389            20,388,389      JASDAQ            単  元  株  式  数  100  株
                                     (  グ  ロ  ー  ス  )
        計           20,388,389            20,388,389            ―            ―
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成30年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発
         行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式                             資本準備金       資本準備金
                          発行済株式
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日                 総数残高
                  総数増減数                              増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                           (株)
                   (株)                            (千円)       (千円)
     平成30年7月1日~
                     12,197     20,388,389          7,451     2,793,458         7,451     2,983,241
     平成30年9月30日(注)
     (注)新株予約権の行使による増加であります。
       (6)【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/18







                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
        載することができないことから、直前の基準日(平成30年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
        す。
       ①【発行済株式】

                                                  平成30年9月30日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                       ―             ―             ―
     議決権制限株式(自己株式等)                       ―             ―             ―
     議決権制限株式(その他)                       ―             ―             ―
     完全議決権株式(自己株式等)                       ―             ―             ―
     完全議決権株式(その他)                   普通株式 20,370,400                  203,704           ―
                        普通株式           5,792
     単元未満株式                                    ―             ―
     発行済株式総数                        20,376,192            ―             ―
     総株主の議決権                       ―              203,704           ―
     (注)「単元未満株式」欄には、当社所有の自己株式50株が含まれております。
       ②【自己株式等】

                                                  平成30年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に
     所有者の氏名又は                     自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                 所有者の住所                                   対する所有株式数
     名称                     式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                    の割合(%)
          ―          ―          ―         ―         ―         ―
         計           ―          ―         ―         ―         ―
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
        なお、当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しております
       が、前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における執行役員の異動は、次のとおりであります。
       新任執行役員

           地位              氏名              担当            新任年月日
          執行役員              嶋田 薫              知的財産部            平成30年6月1日

                                  8/18







                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について

        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
       府令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
        なお、四半期連結財務諸表規則第5条の2第3項により、四半期連結キャッシュ・フロー計算書を作成しており
       ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平
       成30年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期
       連結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は平成30年7月1日付をもって、名称をEY新日本有限責任監査法人に変更してお
       ります。
                                  9/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,268,024              2,020,058
         現金及び預金
                                        448,738                856
         売掛金
                                        328,957              109,694
         有価証券
                                         5,153              5,529
         貯蔵品
                                        189,743               21,604
         前渡金
                                         62,150              125,069
         前払費用
                                         19,631              33,841
         その他
                                       3,322,398              2,316,655
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                              100,442               91,379
          工具、器具及び備品(純額)                              115,237              252,225
                                            -            3,031
          リース資産(純額)
                                        215,680              346,636
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         4,945              4,327
          商標権
                                         4,383              6,568
          ソフトウエア
                                           626              950
          その他
                                         9,955              11,845
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                       1,503,443              1,760,226
          投資有価証券
                                         2,126              7,519
          長期前払費用
                                         10,584              11,785
          その他
                                       1,516,154              1,779,531
          投資その他の資産合計
                                       1,741,790              2,138,014
         固定資産合計
                                       5,064,188              4,454,669
       資産合計
                                 10/18










                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         1,984                -
         買掛金
                                            -             741
         リース債務
                                         63,365              212,607
         未払金
                                         43,997              46,078
         未払費用
                                         20,691               7,725
         未払法人税等
                                         13,907                 -
         未払消費税等
                                         1,101                -
         前受金
                                         3,716              5,713
         預り金
                                        148,763              272,866
         流動負債合計
       固定負債
                                            -            2,594
         リース債務
                                         15,730              19,024
         繰延税金負債
                                         11,743              11,814
         資産除去債務
                                         27,474              33,434
         固定負債合計
                                        176,237              306,300
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       2,741,249              2,793,458
         資本金
                                       2,931,032              2,983,241
         資本剰余金
                                       △ 785,652            △ 1,630,136
         利益剰余金
                                          △ 21             △ 21
         自己株式
                                       4,886,607              4,146,541
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 15,826             △ 10,684
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 15,826             △ 10,684
         その他の包括利益累計額合計
                                         17,168              12,512
       新株予約権
                                       4,887,950              4,148,369
       純資産合計
                                       5,064,188              4,454,669
      負債純資産合計
                                 11/18










                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                        606,009              532,790
      事業収益
      事業費用
                                        130,826               55,808
       事業原価
                                        586,314              812,961
       研究開発費
                                        443,525              499,662
       その他の販売費及び一般管理費
                                       1,160,666              1,368,432
       事業費用合計
      営業損失(△)                                  △ 554,657             △ 835,641
      営業外収益
                                         2,837              7,564
       受取利息
                                         28,622              22,902
       有価証券利息
       補助金収入                                  44,072                855
                                         1,054              2,999
       その他
                                         76,586              34,321
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         7,571              14,704
       為替差損
                                         1,450              1,450
       複合金融商品評価損
                                            -            1,408
       株式交付費
                                           100               -
       その他
                                         9,121              17,563
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 487,192             △ 818,883
      特別利益
                                         17,647               4,577
       投資有価証券売却益
                                         3,278                -
       負ののれん発生益
                                         20,926               4,577
       特別利益合計
      特別損失
                                           199               -
       投資有価証券売却損
                                            -            14,303
       投資有価証券償還損
                                           199             14,303
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 466,465             △ 828,609
      法人税、住民税及び事業税                                    1,722              16,038
                                        △ 4,612              △ 165
      法人税等調整額
                                        △ 2,889              15,872
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 463,575             △ 844,481
                                            -              -
      非支配株主に帰属する四半期純利益
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 463,575             △ 844,481
       【四半期連結包括利益計算書】

       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      四半期純損失(△)                                  △ 463,575             △ 844,481
      その他の包括利益
                                        △ 35,538               5,142
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 35,538               5,142
       その他の包括利益合計
                                       △ 499,113             △ 839,339
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       △ 499,113             △ 839,339
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/18


                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純損失(△)                                △ 466,465             △ 828,609
                                         61,301              86,262
       減価償却費
                                        △ 2,837             △ 7,560
       受取利息
                                        △ 28,622             △ 22,902
       有価証券利息
       為替差損益(△は益)                                  9,232              10,715
       有価証券売却損益(△は益)                                    -             △ 30
                                        △ 44,072               △ 855
       補助金収入
       複合金融商品評価損益(△は益)                                  1,450              1,450
                                        △ 3,278                -
       負ののれん発生益
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 17,448              △ 4,577
       投資有価証券償還損益(△は益)                                    -            14,303
       売上債権の増減額(△は増加)                                  67,766              447,881
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 3,114              △ 376
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  16,818              △ 1,984
       前渡金の増減額(△は増加)                                 △ 26,893              168,139
       前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 59,804             △ 62,918
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 26,023             △ 19,748
       未収消費税等の増減額(△は増加)                                  14,223             △ 13,310
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                    -           △ 13,907
                                         39,817              △ 3,694
       その他
                                       △ 467,950             △ 251,722
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  34,108              29,245
                                         44,072                855
       補助金の受取額
                                        △ 2,296             △ 19,064
       法人税等の支払額
                                       △ 392,065             △ 240,687
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        340,462                 -
       定期預金の払戻による収入
                                       △ 110,049                 -
       有価証券の取得による支出
                                            -           113,040
       有価証券の償還による収入
                                        △ 80,788             △ 155,141
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 940               -
       無形固定資産の取得による支出
                                       △ 320,068             △ 625,719
       投資有価証券の取得による支出
                                       1,096,847               203,747
       投資有価証券の売却による収入
       投資有価証券の償還による収入                                  15,000              266,882
                                         △ 259            △ 6,475
       その他
                                        940,203             △ 203,666
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       新株予約権の行使による株式の発行による収入                                  11,274              99,741
                                           60               -
       新株予約権の発行による収入
                                          △ 21               -
       自己株式の取得による支出
                                         11,313              99,741
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 5,706             △ 9,551
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   553,744             △ 354,163
                                       1,244,490              2,473,916
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,798,234              ※ 2,119,752
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/18




                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおり
        であります。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成29年1月1日                 (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年9月30日)                至 平成30年9月30日)
         現金及び預金勘定                        1,534,095千円                 2,020,058千円
         預入期間が3ヶ月を超える定期預金                         △10,000                 △10,000
         有価証券勘定                         227,319                 109,694
         現金同等物に含まれない有価証券                        △112,835                    -
         預け金                         159,656                   -
         現金及び現金同等物                        1,798,234                 2,119,752
       (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成29年1月1日 至平成29年9月30日)
          1.配当に関する事項
            該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動
            当社は、当第3四半期連結累計期間において、テムリック株式会社を株式交換により完全子会社化したこ
           とにより、資本剰余金が189,783千円増加したほか、新株予約権の権利行使により、資本金が5,637千円、資
           本剰余金が5,637千円増加しております。
            以上の結果、当第3四半期連結会計期間末において資本金が2,243,225千円、資本剰余金が2,433,008千円
           となっております。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自平成30年1月1日 至平成30年9月30日)

          1.配当に関する事項
            該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動
            該当事項はありません。
                                 14/18










                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成29年1月1日 至平成29年9月30日)
           当社グループは、「医薬品の研究開発」並びにこれらに関連する事業内容を行っており、事業区分が単一セ
          グメントのため、記載を省略しております。
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自平成30年1月1日 至平成30年9月30日)

           当社グループは、「医薬品の研究開発」並びにこれらに関連する事業内容を行っており、事業区分が単一セ
          グメントのため、記載を省略しております。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                  至 平成29年9月30日)              至 平成30年9月30日)
        1株当たり四半期純損失金額(△)                                △24円16銭              △41円47銭
        (算定上の基礎)

         親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)
                                         △463,575              △844,481
         (千円)
         普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -              -
         普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                         △463,575              △844,481
         損失金額(△)(千円)
         普通株式の期中平均株式数(株)                               19,190,161              20,362,125
                                        ―              ―
        希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
        当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
        在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
        あったものの概要
       (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純
          損失金額であるため、記載しておりません。
                                 15/18











                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
       (重要な後発事象)
        (合弁会社設立の中止)
          当社は、平成30年10月12日開催の取締役会において、ZTE                           Coming    Biotech    Co.,   Ltd.(本社:中国上海市、
         以下「ZTE     Biotech社」)との間で進めていた合弁会社の設立を中止することについて決議し、合意解約するこ
         とと  いたしました。
        (1)合弁会社設立中止の理由

          平成30年4月、ZTE         Biotech社のグループ主要会社である                 ZTE  Corporation      が米国政府から米国企業との取引を
         禁止する制裁を科されたことにより、当社とZTE                       Biotech社の間で計画していた合弁会社の設立が遅延してお
         り、今後の薬剤の開発に必要な資金調達も困難な状況となったことによるものであります。
        (2)契約の相手会社の名称

           ZTE  Coming    Biotech    Co.,   Ltd
        (3)効力発生日

           平成30年10月12日
        (4)契約の解除が営業活動等へ及ぼす重要な影響

          ZTE  Biotech社との合弁会社設立契約の終了が、当社グループの営業活動等へ及ぼす重要な影響はありませ
         ん。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 16/18













                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
        該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                     ラクオリア創薬株式会社(E25269)
                                                             四半期報告書
                   独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年11月9日

     ラ  ク  オ  リ  ア  創  薬  株  式  会  社

       取 締 役 会 御 中

                               EY新日本有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                                         公認会計士      江戸川 泰路         ㊞
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                         公認会計士       都  成哲         ㊞
                              業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているラクオリア創

     薬株式会社の平成30年1月1日から平成30年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30
     年7月1日から平成30年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年9月30
     日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計
     算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ラクオリア創薬株式会社及び連結子会社の平成30年9月30日現在
     の財政状態並びに同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示
     していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 18/18





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。