東京地下鉄株式会社 四半期報告書 第15期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第15期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)
提出日
提出者 東京地下鉄株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                 四半期報告書

     【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第2項

     【提出先】                 関東財務局長

     【提出日】                 平成30年11月8日

     【四半期会計期間】                 第15期第2四半期(自            平成30年7月1日          至   平成30年9月30日)

     【会社名】                 東京地下鉄株式会社

     【英訳名】                 Tokyo   Metro   Co.,   Ltd.

     【代表者の役職氏名】                 代表取締役社長  山 村 明 義

     【本店の所在の場所】                 東京都台東区東上野三丁目19番6号

     【電話番号】                 03  (3837)    7059

     【事務連絡者氏名】                 財務部長  鈴 木 信 行

     【最寄りの連絡場所】                 東京都台東区東上野三丁目19番6号

     【電話番号】                 03  (3837)    7059

     【事務連絡者氏名】                 財務部長  鈴 木 信 行

     【縦覧に供する場所】                 該当事項はありません。

                                  1/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第14期           第15期
              回次              第2四半期           第2四半期            第14期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成29年4月1日         自   平成30年4月1日         自   平成29年4月1日

             会計期間
                          至   平成29年9月30日         至   平成30年9月30日         至   平成30年3月31日
                                212,479           216,909           425,821

     営業収益                (百万円)
                                 53,376           48,597           87,719

     経常利益                (百万円)
     親会社株主に帰属する
                                 36,652           32,913           60,370
                     (百万円)
     四半期(当期)純利益
                                 35,722           32,893           63,195
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)
                                607,457           652,717           634,930

     純資産額                (百万円)
                               1,452,340           1,572,438           1,550,132

     総資産額                (百万円)
     1株当たり四半期
                                 63.09           56.65          103.91
                      (円)
     (当期)純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
                                  41.8           41.5           41.0
     自己資本比率                 (%)
     営業活動による
                                 65,216           65,383          138,683
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                △ 84,417          △ 99,042         △ 156,473
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                △ 4,202          26,898           14,946
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                                 18,772           32,572           39,333
                     (百万円)
     四半期末(期末)残高
                             第14期           第15期

              回次              第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自   平成29年7月1日         自   平成30年7月1日
             会計期間
                          至   平成29年9月30日         至   平成30年9月30日
                                 27.51           25.79

     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)    1 当社は四半期連結財務諸表を作成しているので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して

          いません。
         2 営業収益には、消費税等は含まれていません。
         3 キャッシュ・フローに関する数値の△は、現金及び現金同等物の流出を示しています。
         4 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載して
          いません。
     2  【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが営んでいる事業の内容に重要な変更はありません。
                                  2/20




                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)  財政状態及び経営成績の状況
        当第2四半期連結累計期間における我が国経済は、企業収益や雇用・所得環境の改善を背景に、緩やかな景気回
       復基調が続きました。
        このような状況下で、当社グループは、中期経営計画「東京メトロプラン2018 ~『安心の提供』と『成長への
       挑戦』~」の最終年度として、各種施策を積極的に展開しました。
        当第2四半期連結累計期間の業績は、沿線の再開発や雇用環境の改善が続き、オフィスビル面積・需要が増加し
       たことに加え、沿線の商業施設の開業及び訪日外国人のご利用の増加等により、旅客運輸収入が堅調に推移したこ
       とから、営業収益が         2,169億9百万円        (前年同期比      2.1%増    )となりました。しかしながら、当社の経費及び減価償
       却費が増加したこと等により、営業利益が                    537億4百万円       (前年同期比      8.6%減    )、経常利益が       485億9千7百万円
       (前年同期比      9.0%減    )、親会社株主に帰属する四半期純利益が                    329億1千3百万円         (前年同期比      10.2%減    )となり
       ました。
        セグメントの業績は、以下のとおりです。

       [運輸業]
        運輸業においては、安全の確保・安全性向上のための施策に取り組むとともに、お客様視点に立ったサービスの
       充実を図り、新たな需要の創出に向け、各種取組を実施しました。
        安全の確保・安全性向上の取組については、自然災害対策や鉄道の安全・安定運行に向けた取組などを推進しま
       した。
        自然災害対策のうち、施設等の耐震性向上に向けた取組として、東日本大震災を踏まえ、阪神・淡路大震災後の
       耐震補強において対象とされていなかった高架橋柱や、地上部の石積み擁壁の耐震補強工事を進めています。
        大規模浸水対策としては、駅出入口において、想定浸水の高さに応じた改良や、防水扉・止水板等の設置を進め
       ており、銀座線末広町駅など3駅5箇所に防水扉を設置しました。また、坑口(トンネルの入口部分)等において
       も浸水対策工事を進めています。
        異常時の体制の確立への取組としては、8月に不審物(有毒ガス)による化学テロの発生を想定した、対策本部
       設置・運営訓練を実施しました。
        鉄道の安全・安定運行に向けた取組としては、ホームでの安全対策(お客様の転落事故、接触事故の防止等)と
       して、平成37年度(2025年度)までに全路線全駅へのホームドア設置を目指しています。銀座線については新橋駅
       への設置が完了し、大規模改良工事中の渋谷駅を除く全ての駅において設置が完了しました。東西線については高
       田馬場駅、半蔵門線については青山一丁目駅への設置が完了しました。現在、上記路線を含む4路線においてホー
       ムドア設置工事を進めています。
        また、ホームドア未整備駅においては、混雑箇所や曲線箇所、目の不自由なお客様が多く利用される箇所等に警
       備員を配置するなど、ホームの安全性向上施策のほか、駅構内の「見守る目」を強化するため、飯田橋駅構内にお
       いて、学校法人法政大学と連携し、在学生のボランティア活動による介助を必要とするお客様へのサポートを実施
       しています。
        新型車両の導入・既存車両のリニューアルとしては、安全性及び車両内の快適性を向上させ、環境にも配慮した
       車両の導入を進めました。新型車両については、日比谷線において、東武鉄道株式会社と相互直通運転車両の仕様
       を共通化した13000系車両を新たに49両(7編成)導入し、合計161両(23編成)となりました。既存車両について
       は、東西線において、07系車両10両(1編成)及び南北線において、9000系車両6両(1編成)のリニューアル工
       事が完了しました。
        トンネルの長寿命化への取組としては、全路線を対象に、トンネル内面の近接目視及び打音検査を順次実施して
       おり、今年度は半蔵門線及び南北線の検査を進めています。また、日常的な補修を実施するほか、塩害防止対策等
       も順次実施しています。
                                  3/20


                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
        お客様視点に立ったサービスの充実に向けた取組については、輸送サービスの改善、バリアフリー設備整備、銀
       座線のリニューアル等を進めました。
        輸送サービス改善の取組としては、東西線において、混雑に伴う遅延の解消を目指し、飯田橋駅~九段下駅間の
       折返し線整備、茅場町駅のホーム延伸工事、南砂町駅のホーム及び線路増設工事、木場駅のホーム及びコンコース
       拡幅並びに昇降設備増設の改良工事を進めています。また、丸ノ内線において、池袋駅~方南町駅間の6両編成列
       車の直通運行開始を目指し、方南町駅のホーム延伸工事を進めています。さらに、千代田線において、代々木上原
       駅~北綾瀬駅間の10両編成列車の直通運行開始を目指し、北綾瀬駅のホーム延伸工事を進めています。
        このほか、「オフピーク通勤(通学)」を推奨するために実施している「東西線早起きキャンペーン」に加え、
       有楽町線豊洲駅において、「オフピーク通勤(通学)」やホーム階から改札階に向かうお客様の「流動の分散化」
       を促進する混雑緩和キャンペーン「とよすプロジェクト」を4月から8月まで実施しました。
        バリアフリー設備整備としては、9月に銀座線日本橋駅にエレベーターを1基設置しました。今後も、お身体の
       不自由なお客様をはじめとした全てのお客様に安心してご利用いただけるよう、エレベーターやエスカレーター及
       び多機能トイレの整備を進めていきます。また、新型車両の導入や既存車両のリニューアル工事に合わせて、車椅
       子・ベビーカーをご利用のお客様や旅行等で大きな荷物をお持ちのお客様に配慮した、車両内フリースペースの導
       入を進めています。
        銀座線のリニューアルとしては、これまで実施した「東京メトロ銀座線・駅デザインコンペ」の結果を踏まえ、
       「商業エリア」として区分した日本橋駅及び京橋駅のほか、「銀座エリア」として区分した銀座駅の駅改装工事を
       進めています。また、渋谷駅街区基盤整備の一環として、銀座線渋谷駅の移設・改良工事を進めています。
        地下鉄をわかりやすく快適にご利用いただくための取組としては、4月に、旅行者をはじめとした地下鉄に不慣
       れなお客様のご利用が多い東京駅に、旅客案内所を新設するとともに、上野駅など5駅の各旅客案内所の営業時間
       を変更しました。さらに、同月から訪日外国人のお客様への利便性向上を目的として、上野駅旅客案内所におい
       て、「T     o k y o S   u b w ▶ y T   i ▲ k e t」等の企画乗車券が、モバイル決済「A                    l i p ▶ y」でご購入い
       ただけるようになりました。このほか、車両内無料W                          i - F  i サービスを、既に稼働している銀座線1000系車
       両、日比谷線13000系車両に加え、東西線車両、千代田線車両及び南北線車両へ順次導入を進めており、平成32年度
       (2020年度)までに全車両への導入を目指しています。
        東京の地下鉄サービスの一体化に向けた取組としては、九段下駅における東西線、半蔵門線及び都営新宿線のさ
       らなる利便性向上施策として、3線共通改札口の設置や乗換エレベーターの整備等の工事を進めています。また、
       浅草駅や大手町駅等、都営地下鉄との乗換駅における乗継ルートのエレベーター整備工事を進めています。
        新たな需要の創出に向けた取組については、お客様ニーズをとらえたサービス・商品の提供、沿線地域や東京の
       魅力の発掘・発信などに努めました。
        お客様ニーズをとらえたサービス・商品の提供への取組としては、4月から関東の12社局の鉄道・軌道線と52社
       局の一般バス路線が3日間、乗り降り自由になる訪日外国人旅行者向けの企画乗車券「G                                          • e ▶ • e r T   o k y
        o P    ▶ ▲ s」の発売を開始しました。また、9月から成田空港到着のP                              e ▶ ▲ h A   • i ▶ • i o n 株式会社
       (P   e ▶ ▲ h)及びバニラ・エア株式会社(バニラエア)国内線利用のお客様を対象に、成田空港第1及び第2
       ターミナルにて当社と都営地下鉄の共通企画乗車券「T                          o k y o  S   u b w ▶ y T   i ▲ k e t」の発売を開始し
       ました。このほか、7月に東京都内の7つの美術館・博物館と駅を舞台に、アートを実際に鑑賞し、隠された謎を
       解く「7つの謎解きミステリーラリー」を、9月にジャパンラグビートップリーグと連携したスタンプラリーを実
       施する等、各種施策を実施しました。
        沿線地域や東京の魅力の発掘・発信への取組としては、駅周辺地域の施設及び店舗と連携して当社沿線の街の魅
       力を発信する散策型スタンプラリー「新発見!駅から始まるさんぽ道 3                                   • d S   e ▶ ▲ o n」を4月から通年で
       実施しています。また、岩手県東京事務所と岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」の協力のもと、岩手
       県北エリアの鉄道・バスと当社沿線スポットを巡って岩手県の魅力を知っていただくとともに、東北のさらなる復
       興を応援することを目的として、6月から当社と三陸鉄道株式会社を含む交通事業者5社との合同企画「東京&き
       たいわて 列車とバスでめぐろう!ぐるっとスタンプラリー」を実施しました。
        このほか、事前応募制による車両基地イベント「東京メトロどきどき探検隊 i                                      n わこう2018」や当社沿線の特
       色あるエリアを散策していただく「東京まちさんぽ」など、各種イベントを実施しました。
        まちづくりとの連携としては、バリアフリー施設の整備を検討している日比谷線茅場町駅など18駅において、駅
       との接続を前提とした駅周辺での建物の建替えや開発の計画を募集する「駅周辺開発における公募型連携プロジェ
       クト」を進めています。また、大規模な都市開発による駅周辺のまちづくりと一体となった鉄道施設整備として、
       日比谷線虎ノ門新駅(仮称)の整備、銀座線虎ノ門駅及び日本橋駅の駅改良を進めています。
                                  4/20


                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
        新たな事業領域への挑戦としては、「プログラボ教育事業運営委員会」とフランチャイズ契約を締結し、子ども
       向けのロボットプログラミング教室「東京メトロ×プログラボ」葛西校を4月に開校しました。また、「Toky
       o M    e • • o ACCELERATOR 2017」最終審査通過企業の株式会社S                                • o • y &  Co.と実証実験を
       進 めていた、都市の魅力を引き出す体験シェアリングサービス「AND STORY」において、8月に業務提携
       し、体験型の情報発信を開始しました。
        環境保全活動への取組としては、平成32年度(2020年度)に向けた長期環境戦略「みんなでECO.」に基づ
       き、長期的かつ戦略的に環境負荷の低減につながる様々な施策に取り組んでいます。
        その一環として、電車がブレーキをかけたときに発生する回生電力を駅施設に供給する駅補助電源装置の導入や
       車内照明、駅構内照明及び駅出入口のシンボルマーク(ハートM)サインのLED化を進めています。
        海外への展開については、当社の運営ノウハウを提供し、設立を支援した「ハノイ・メトロ・カンパニー」(ベ
       トナム・ハノイ市都市鉄道の運営・維持管理会社)に対する支援等を継続して実施するとともに、現地法人「ベト
       ナム東京メトロ」(VIETNAM              TOKYO   METRO   ONE  MEMBER    LIMITED    LIABILITY     COMPANY)と連携し、ベトナムにおける
       都市鉄道の運営・維持に対する支援等を強化しています。また、独立行政法人国際協力機構(以下「JICA」と
       いいます。)発注の「ベトナム国ホーチミン市都市鉄道規制機関及び運営会社能力強化プロジェクト」を着実に実
       行しています。
        5月には、フィリピンの都市鉄道人材育成体制の構築に向け、JICAから「フィリピン国フィリピン鉄道訓練
       センター設立・運営能力強化支援プロジェクト」を当社、株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバル、株式
       会社アルメックVPIと共同で受注し、業務を開始しました。
        このほか、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」といいます。)のオフィ
       シャルパートナー(旅客鉄道輸送サービス)である当社及び東日本旅客鉄道株式会社は、車両内のビジョン等で各
       競技の見どころ・観戦ポイントを紹介するプロジェクト「TOKYO SPORTS STATION」を共同で
       実施しています。今後も、東京2020大会の成功に貢献するため、東京2020大会組織委員会をはじめ、国や東京都、
       沿線地域の皆様、他の交通事業者などと連携し、各種施策に取り組んでいきます。
        運輸業の当第2四半期連結累計期間の業績は、沿線の再開発や雇用環境の改善が続き、オフィスビル面積・需要
       が増加したことに加え、沿線の商業施設の開業及び訪日外国人のご利用の増加等により、旅客運輸収入が堅調に推
       移したことから、営業収益が              1,925億4千6百万円          (前年同期比      1.7%増    )となりました。しかしながら、当社の経
       費及び減価償却費が増加したこと等により、営業利益が                          470億4千6百万円         (前年同期比      10.6%減    )となりました。
          (運輸成績表)

                               前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間
                 種別          単位    (自 平成29年4月1日             (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)             至 平成30年9月30日)
           営業日数                 日              183             183
           旅客営業キロ                キロ              195.1             195.1
                      定期      千人             786,931             803,469
           輸送人員
                      定期外      〃            578,903             588,144
                       計      〃           1,365,835             1,391,614
                      定期     百万円              75,731             77,354
           旅客運輸収入
                      定期外      〃             95,947             97,238
                       計      〃            171,679             174,592
           (注)記載数値は、千人未満、百万円未満を切り捨てて表示しています。
       [不動産事業]

        不動産事業においては、鉄道事業とのシナジー効果の発揮を基本としたうえで、収益力向上を図り、各種開発を
       推進しました。
        渋谷駅街区開発については、東京急行電鉄株式会社、東日本旅客鉄道株式会社及び当社の3社にて、渋谷駅街区
       開発計画Ⅰ期(東棟)工事を進めています。また、駅直結のエレベーター・エスカレーターと一体となった建物を
       整備していくことを目指しており、丸ノ内線新宿御苑前駅、日比谷線神谷町駅、同線六本木駅においても同様の不
       動産開発を進めています。
        不動産事業の当第2四半期連結累計期間の業績は、営業収益が                             67億4千6百万円        (前年同期比      5.1%増    )、営業利
       益が  25億3千8百万円        (前年同期比      0.7%増    )となりました。
                                  5/20


                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
       [流通・広告事業]
        流通・広告事業においては、より一層の収益拡大を図るとともに、駅をご利用されるお客様の利便性を高めるた
       め、グループ各社との連携を図りながら各種施策を推進しました。
        流通事業については、「Esola(エソラ)池袋」をはじめとした商業ビルや「Metro pia(メトロ
       ピア)」等の駅構内店舗において、店舗の入替えや業態変更を行い、収益性の向上を図りました。
        提携クレジットカード「Tokyo Metro To Me CARD」については、「ANA To M
       e CARD PASMO JCB(愛称:ソラチカカード)」及び日本初の地下鉄車両1001号車をデザインした
       「Tokyo Metro To Me CARD Prime 地下鉄開通90周年限定カード」を含む「Tok
       yo Metro To Me CARD Prime」の新規入会キャンペーン等を実施し、新規会員の獲得と
       カード利用の促進に努めました。
        広告事業については、車内デジタル広告「Tokyo Metro Vision」を新たに14編成に導入し、
       合計241編成で販売し、駅コンコースデジタル広告「Metro Concourse Vision」等と合わせ
       て、収益拡大に努めました。
        情報通信事業については、参画企業と共同構築した訪日外国人向け観光情報サイト「LIVE JAPAN P
       ERFECT GUIDE TOKYO」にて、訪日外国人のお客様の視点で厳選した観光情報の発信に取り組ん
       でいます。
        流通・広告事業の当第2四半期連結累計期間の業績は、営業収益が                                206億9千7百万円         (前年同期比      6.1%増    )、
       営業利益が     39億7千1百万円        (前年同期比      16.0%増    )となりました。
        当社グループの財政状態については、当第2四半期連結会計期間末における資産合計は前連結会計年度末に比べ

       223億6百万円増        の 1兆5,724億3千8百万円            、負債合計は      45億1千8百万円増         の 9,197億2千1百万円          、純資産合計
       は 177億8千7百万円増          の 6,527億1千7百万円          となりました。
        資産の部の増加については、設備投資に伴う固定資産の取得等によるものです。
        負債の部の増加については、設備投資に伴う長期債務の増加等によるものです。
        純資産の部の増加については、主に親会社株主に帰属する四半期純利益の計上によるものです。
        この結果、当第2四半期連結会計期間末における自己資本比率は、                               41.5%   となりました。
      (2)  キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」といいます。)は、前連結会計年度末に
       比べ  67億6千万円減少        し、当第2四半期連結会計期間末には                  325億7千2百万円         となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          当第2四半期連結累計期間における営業活動による資金の増加は、                               653億8千3百万円         (前年同期比      1億6
         千7百万円収入増        )となりました。これは主に、税金等調整前四半期純利益476億4千5百万円や非資金項目
         である減価償却費376億5千3百万円を計上したことによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          当第2四半期連結累計期間における投資活動による資金の減少は、                               990億4千2百万円         (前年同期比      146億2
         千5百万円支出増        )となりました。これは主に、設備投資等を中心に有形及び無形固定資産の取得による支出
         が1,053億5千8百万円あったことによるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          当第2四半期連結累計期間における財務活動による資金の増加は、                               268億9千8百万円         (前年同期比311億円
         収入増)となりました。これは主に、長期借入金の返済による支出が176億3千2百万円、配当金の支払額が
         151億6百万円あった一方で、長期借入による収入が200億円、社債の発行による収入が397億5千万円あった
         ことによるものです。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた課題はありません。
      (4)  研究開発活動

        特記すべき事項はありません。
                                  6/20


                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
     3  【経営上の重要な契約等】
        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定、締結等はありません。
                                  7/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                   2,324,000,000

                  計                                 2,324,000,000

       ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成30年9月30日)          (平成30年11月8日)          商品取引業協会名
                                              単元株式数 1,000株
                                            完全議決権株式であり、権利内
       普通株式          581,000,000          581,000,000          非上場
                                            容に何ら限定のない当社におけ
                                            る標準となる株式です。
         計         581,000,000          581,000,000           -            -
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     平成30年7月1日~
                      -  581,000,000            -     58,100         -     62,167
     平成30年9月30日
                                  8/20





                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
                                               平成30年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を
                                            所有株式数        除く。)の
          氏名又は名称                     住所
                                              (株)      総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
                                            310,343,185           53.42
           財務大臣           東京都千代田区霞が関三丁目1番1号
                                            270,656,815           46.58

           東京都          東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
                                            581,000,000          100.00

            計                    ―
      (6)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】
                                               平成30年9月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

                                           単元株式数 1,000株
                      普通株式
     完全議決権株式(その他)
                                        権利内容に何ら限定のない当社におけ
                        580,999,000            580,999
                                        る標準となる株式です。
                      普通株式
     単元未満株式                              ―       1単元(1,000株)未満の株式
                           1,000
     発行済株式総数                   581,000,000           ―              ―
     総株主の議決権                     ―          580,999             ―

       ②  【自己株式等】

                                               平成30年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
           ―             ―          ―       ―       ―       ―
           計              ―          ―       ―       ―       ―

     2  【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  9/20





                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しています。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平成
      30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、有限責任監査法人トーマツにより四半期レビューを受けています。
                                 10/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
      1 【四半期連結財務諸表】
       (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                          18,841              21,080
         現金及び預金
                                          2,528              2,200
         受取手形及び売掛金
                                          26,541              25,423
         未収運賃
                                          10,242               7,815
         未収金
                                          20,500              11,500
         有価証券
                                           151              285
         商品
                                           685             1,511
         仕掛品
                                          5,866              6,181
         貯蔵品
                                          5,099              11,717
         その他
                                           △ 6             △ 5
         貸倒引当金
                                          90,450              87,709
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         827,332              827,417
           建物及び構築物(純額)
                                         159,194              160,229
           機械装置及び運搬具(純額)
                                         142,427              162,225
           土地
                                         159,112              165,871
           建設仮勘定
                                          12,342              10,539
           その他(純額)
                                        1,300,408              1,326,283
           有形固定資産合計
         無形固定資産                                107,864              106,916
         投資その他の資産
                                          22,008              22,735
           退職給付に係る資産
                                          23,010              23,264
           繰延税金資産
                                          6,391              5,530
           その他
                                           △ 1             △ 1
           貸倒引当金
                                          51,408              51,529
           投資その他の資産合計
                                        1,459,682              1,484,729
         固定資産合計
                                        1,550,132              1,572,438
       資産合計
                                 11/20








                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                          1,076              1,105
         支払手形及び買掛金
                                                        20,000
         1年内償還予定の社債                                  -
                                         40,300              29,760
         1年内返済予定の長期借入金
                                         87,389              34,982
         未払金
                                         14,915              15,877
         未払法人税等
                                          3,394              5,356
         未払消費税等
                                         17,846              19,051
         前受運賃
                                         10,840              11,539
         賞与引当金
                                         35,776              36,937
         その他
                                         211,539              174,610
         流動負債合計
       固定負債
                                         397,000              417,000
         社債
         長期借入金                                211,825              222,095
         役員退職慰労引当金                                  273              296
                                          5,123              5,123
         環境安全対策引当金
                                         59,129              60,761
         退職給付に係る負債
                                          3,714              3,674
         資産除去債務
                                         26,597              36,159
         その他
                                         703,663              745,110
         固定負債合計
                                         915,202              919,721
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         58,100              58,100
         資本金
                                         62,167              62,167
         資本剰余金
                                         501,620              519,427
         利益剰余金
                                         621,887              639,694
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          △ 473              169
         その他有価証券評価差額金
                                            1             △ 10
         為替換算調整勘定
                                         13,514              12,864
         退職給付に係る調整累計額
                                         13,042              13,023
         その他の包括利益累計額合計
                                         634,930              652,717
       純資産合計
                                        1,550,132              1,572,438
      負債純資産合計
                                 12/20








                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
       (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                         212,479              216,909
      営業収益
      営業費
                                      ※2  130,966            ※2  138,964
       運輸業等営業費及び売上原価
                                     ※1 , ※2  22,728          ※1 , ※2  24,241
       販売費及び一般管理費
                                         153,695              163,205
       営業費合計
                                         58,784              53,704
      営業利益
      営業外収益
                                           29              31
       受取配当金
                                           238               52
       受取受託工事事務費
                                           205              196
       物品売却益
                                           109               58
       持分法による投資利益
                                           284              203
       その他
                                           866              542
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          5,994              5,362
       支払利息
                                           280              287
       その他
                                          6,275              5,649
       営業外費用合計
                                         53,376              48,597
      経常利益
      特別利益
                                          2,476              4,606
       鉄道施設受贈財産評価額
                                                         400
       投資有価証券売却益                                    -
                                           16              160
       その他
                                          2,493              5,167
       特別利益合計
      特別損失
                                          2,476              4,593
       固定資産圧縮損
                                                        1,416
       投資有価証券評価損                                    -
                                           92              109
       その他
                                          2,569              6,119
       特別損失合計
                                         53,299              47,645
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    17,026              14,978
                                          △ 378             △ 246
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    16,647              14,732
                                         36,652              32,913
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益                                      -              -
                                         36,652              32,913
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 13/20






                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                         36,652              32,913
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          △ 448              643
       その他有価証券評価差額金
                                            0             △ 12
       為替換算調整勘定
                                          △ 496             △ 661
       退職給付に係る調整額
                                           14              11
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                          △ 929              △ 19
       その他の包括利益合計
                                         35,722              32,893
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         35,722              32,893
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 14/20















                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         53,299              47,645
       税金等調整前四半期純利益
                                         35,696              37,653
       減価償却費
                                           △ 0             △ 0
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                           703              698
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                          1,362              1,514
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                         △ 1,261             △ 1,562
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)
                                          △ 51              22
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 30             △ 32
       受取利息及び受取配当金
                                          5,994              5,362
       支払利息
                                          1,202              1,001
       固定資産除却損
                                                        △ 400
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -
                                                        1,416
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    -
                                          △ 109              △ 58
       持分法による投資損益(△は益)
                                          3,079              3,864
       営業債権の増減額(△は増加)
                                         △ 2,466             △ 1,274
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        △ 15,427             △ 17,202
       営業債務の増減額(△は減少)
                                          5,690              1,962
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                         △ 4,115              3,654
       その他
                                         83,564              84,265
       小計
                                           27              32
       利息及び配当金の受取額
                                         △ 5,982             △ 4,804
       利息の支払額
                                        △ 12,393             △ 14,109
       法人税等の支払額
                                         65,216              65,383
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 89,068             △ 105,358
       有形及び無形固定資産の取得による支出
                                          3,205              3,172
       補助金受入による収入
                                          △ 475              △ 1
       投資有価証券の取得による支出
                                                         900
       投資有価証券の売却による収入                                    -
                                          1,920              2,244
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 84,417             △ 99,042
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         22,000              20,000
       長期借入れによる収入
                                        △ 10,813             △ 17,632
       長期借入金の返済による支出
                                         29,832              39,750
       社債の発行による収入
                                        △ 30,000
       社債の償還による支出                                                  -
                                        △ 15,106             △ 15,106
       配当金の支払額
                                          △ 115             △ 113
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 4,202              26,898
                                        △ 23,404              △ 6,760
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         42,176              39,333
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※  18,772             ※  32,572
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/20





                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (追加情報)
                          当第2四半期連結累計期間
                    (自 平成30年4月1日 至 平成30年9年30日)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会
     計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分
     に表示しております。
       (四半期連結損益計算書関係)

     ※1 販売費及び一般管理費の内訳は、次のとおりです。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                            (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
                             至 平成29年9月30日)                   至 平成30年9月30日)
                               7,479                 7,512
         人件費                         百万円                 百万円
                               6,291                 7,473
         経費                         百万円                 百万円
                               6,313                 6,520
         諸税                         百万円                 百万円
                               2,643                 2,734
         減価償却費                         百万円                 百万円
                              22,728                 24,241
         計                         百万円                 百万円
     ※2    引当金繰入額は、次のとおりです。

                            前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間

                            (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                             至   平成29年9月30日)              至   平成30年9月30日)
         賞与引当金繰入額                      10,875   百万円             11,276   百万円
         退職給付費用                       1,738   百万円              1,442   百万円
         役員退職慰労引当金繰入額                        38 百万円               37 百万円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     
       りです。
                            前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間

                            (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                             至   平成29年9月30日)              至   平成30年9月30日)
         現金及び預金勘定                      18,780   百万円             21,080   百万円
         預入期間が3か月を超える定期預金                        △8  百万円               △8  百万円
         有価証券勘定                        -              11,500   百万円
         現金及び現金同等物                      18,772   百万円             32,572   百万円
       (株主資本等関係)

      前第2四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年9月30日)
       配当金支払額
                           配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)       配当額(円)
     平成29年6月29日
               普通株式      利益剰余金         15,106         26  平成29年3月31日         平成29年6月30日
     定時株主総会
      当第2四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年9月30日)

       配当金支払額
                           配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)       配当額(円)
     平成30年6月28日
               普通株式      利益剰余金         15,106         26  平成30年3月31日         平成30年6月29日
     定時株主総会
                                 16/20


                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年9月30日)
       報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                       四半期
                        報告セグメント
                                                       連結損益
                                                  調整額
                                       その他
                                                       計算書
                                             合計
                                       (注)1
                                                 (注)2
                            流通・
                                                       計上額
                   運輸     不動産           計
                             広告
                                                       (注)3
     営業収益
                  188,144      6,412    17,790     212,347        132   212,479           212,479

      外部顧客への営業収益                                               -
      セグメント間の内部
                   1,249       9   1,720     2,978      1,300     4,279     △ 4,279
                                                          -
      営業収益又は振替高
                  189,393      6,421    19,511     215,326       1,433    216,759      △ 4,279    212,479
          計
                   52,639     2,519     3,424     58,583       172    58,756        28   58,784

     セグメント利益
      (注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、当社施設の管理運営事業等を含

          んでいます。
         2 セグメント利益の調整額                 28百万円    は、セグメント間取引消去です。
         3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
     Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年9月30日)

       報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                        四半期
                        報告セグメント
                                                       連結損益
                                                  調整額
                                       その他
                                                        計算書
                                             合計
                                       (注)1
                                                  (注)2
                            流通・
                                                        計上額
                   運輸     不動産           計
                             広告
                                                       (注)3
     営業収益
                  191,247      6,739    18,778     216,765        144   216,909           216,909

      外部顧客への営業収益                                               -
      セグメント間の内部
                   1,299       6   1,919     3,225      1,492      4,718     △ 4,718
                                                          -
      営業収益又は振替高
                  192,546      6,746    20,697     219,990       1,637    221,627      △ 4,718    216,909
          計
                   47,046     2,538     3,971     53,556        88   53,644        59   53,704

     セグメント利益
      (注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、当社施設の管理運営事業等を含

          んでいます。
         2 セグメント利益の調整額                 59百万円    は、セグメント間取引消去です。
         3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
                                 17/20






                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                 項目
                                 至   平成29年9月30日)           至   平成30年9月30日)
       1株当たり四半期純利益金額                                   63円09銭             56円65銭
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)

                                         36,652             32,913
         普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -             -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         36,652             32,913
       四半期純利益金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)
                                         581,000             581,000
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。

       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 18/20













                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 19/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    平成30年11月7日

     東京地下鉄株式会社
      取締役会       御中
                          有限責任監査法人 トーマツ

                          指定有限責任社員

                                           平     野            満
                                    公認会計士                  ㊞
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                           小     堀     一     英
                                    公認会計士                  ㊞
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている東京地下鉄株式

     会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平
     成30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、東京地下鉄株式会社及び連結子会社の平成30年9月30日現在の財
     政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示し
     ていないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

          報告書提出会社)が別途保管しています。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。