楽天株式会社 四半期報告書 第22期第3四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第22期第3四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:楽天株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                   関東財務局長

     【提出日】                   2018年11月8日

     【四半期会計期間】                   第22期第3四半期(自            2018年7月1日         至   2018年9月30日)

     【会社名】                   楽天株式会社

     【英訳名】                   Rakuten,Inc.

     【代表者の役職氏名】                   代表取締役会長兼社長            三木谷     浩史

     【本店の所在の場所】                   東京都世田谷区玉川一丁目14番1号

     【電話番号】                   050-5581-6910       (代表)

     【事務連絡者氏名】                   常務執行役員 最高財務責任者 廣瀬 研二

     【最寄りの連絡場所】                   東京都世田谷区玉川一丁目14番1号

     【電話番号】                   050-5581-6910       (代表)

     【事務連絡者氏名】                   常務執行役員 最高財務責任者 廣瀬 研二

                       株式会社東京証券取引所

     【縦覧に供する場所】
                       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/43









                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

       連結経営指標等
                                第21期          第22期

               回次               第3四半期          第3四半期           第21期
                              連結累計期間          連結累計期間
                             自   2017年1月1日         自   2018年1月1日        自   2017年1月1日
              会計期間
                             至   2017年9月30日         至   2018年9月30日        至   2017年12月31日
                                  676,477          790,330
     売上収益
                                                      944,474
                      (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 236,387    )      ( 278,169    )
                                  110,783          129,298          138,082
     税引前四半期(当期)利益                 (百万円)
                                   72,554          107,716
     四半期(当期)利益
                                                      110,488
                      (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 32,318   )       ( 43,202   )
                                   61,391          122,887          100,981
     四半期(当期)包括利益                 (百万円)
                                  651,006          771,046          683,181
     親会社の所有者に帰属する持分                 (百万円)
                                 5,212,207          7,125,541          6,184,299
     資産合計                 (百万円)
     基本的1株当たり四半期(当期)
                                   52.18          80.01
     利益
                                                       80.03
                       (円)
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 23.70   )       ( 32.14   )
     希薄化後1株当たり四半期
                                   51.73          79.33          79.28
                       (円)
     (当期)    利益
                                    12.5          10.8          11.0
     親会社所有者帰属持分比率                  (%)
                                   86,861          60,612         162,056
     営業活動によるキャッシュ・フロー                 (百万円)
                                 △ 150,792          △ 44,594        △ 203,718
     投資活動によるキャッシュ・フロー                 (百万円)
                                  156,657          128,967          194,458
     財務活動によるキャッシュ・フロー                 (百万円)
     現金及び現金同等物の四半期末
                                  641,815          847,622          700,881
                      (百万円)
     (期末)    残高
      (注)   1   当社は要約四半期連結財務諸表を作成しているので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ていません。
        2   上記指標は、国際会計基準(以下、IFRS)により作成された要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基
          づいています。
        3   百万円未満を四捨五入して記載しています。
        4   売上収益には、消費税等は含まれていません。
        5   期中の平均株式数については日割りにより算出しています。
                                  2/43







                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
       当社グループは、「インターネットサービス」、「FinTech」の2つを報告セグメントとしています。当第3四半期
      連結累計期間において、主な事業内容の変更及び主要な関係会社の異動があった報告セグメントは以下のとおりで
      す。
       (インターネットサービス)
       「インターネットサービス」セグメントは、インターネット・ショッピングモール『楽天市場』をはじめとする各
      種ECサイト、オンライン・キャッシュバック・サイト、旅行予約サイト、ポータルサイト、デジタルコンテンツサ
      イト等の運営や、これらのサイトにおける広告等の販売、メッセージング及び通信サービスの提供、プロスポーツの
      運営等を行う事業により構成されています。
       主要な関係会社の異動 連結除外:SPARROWHAWK                        PARTNERS,     INC.
       (FinTech)
       「FinTech」セグメントは、インターネットを介した銀行及び証券サービス、クレジットカード関連サービス、生命
      保険サービス、損害保険サービス及び電子マネーサービスの提供等を行う事業により構成されています。
        主要な関係会社の異動 新規連結:楽天損害保険株式会社及びそのグループ会社1社
       (注)楽天損害保険株式会社は、2018年7月2日付で朝日火災海上保険株式会社から社名変更しています。
                                  3/43















                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」からの重要な変
      更があった事項は以下のとおりです。変更箇所は下線で示しており、変更箇所の前後について記載を一部省略してい
      ます。また、以下の見出しに付された項目番号は、前事業年度の有価証券報告書における「第一部                                              企業情報     第2   事
      業の状況     4  事業等のリスク」の項目番号に対応したものです。
       なお、文中の将来に関する事項は、本四半期報告書提出日現在において当社グループが判断したものです。
      (前略)

     4   各サービスに関するリスク
      (中略)
       (6)MNO(移動体通信事業)サービスについて
       ①  法的規制等について
       本事業に関する法律、規制の改廃、政策決定等により当社グループの営むMNOサービスが不利な影響を受ける場合、
      サービスの提供に制約を受ける可能性があります。その結果、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす
      可能性があります。
       ②  市場や事業環境について

       本事業の市場は、通信事業者が提供するサービスの同質化やMVNO各社による格安SIMサービス等の普及が進み、事業
      環境が大きく変化しています。そのような状況の下、他の事業者との競争、市場や事業環境の急激な変化等により、
      当社グループの計画通りの収益を獲得できない可能性があります。
       ③  設備について

       当社グループが営むMNOサービスの開始に向けて、割り当てられた周波数を使用する基地局や伝送・交換などの通信
      設備を設置するために地権者や他事業者等との協議が必要になりますが、それらの協議が想定通りに進まない場合に
      は、当該サービスが開始できないことや追加費用が発生する可能性があります。また、当社グループの想定を大きく
      上回る通信障害等の不測の事態が発生した場合や、サービスを提供するために必要な他事業者等との連携に想定より
      も時間を要した場合には、顧客へのサービス開始時期の遅延や、提供するサービスに制約を受け、当社グループの経
      営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ( 7 )第三者との業務委託・提携等について

      (中略)
     5   コンプライアンスに関するリスク

       (1)法的規制等の適用の可能性について
       当社グループが展開する各サービスにおいては、「4(5)①法的規制等について」                                       及び「4(6)①法的規制等に
      ついて」    の各項目に記載の他、「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」、「不正アクセス行為の禁止等に
      関する法律」、「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」、「特定商取
      引に関する法律」、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」、「消費者契約法」、「下請代金支払遅延等
      防止法」、「古物営業法」、「旅行業法」、「電気通信事業法」、「職業安定法」、「青少年が安全に安心してイン
      ターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」、「資金決済に関する法律」、「米国海外腐敗行為防止法」、
      「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独占禁止法)」等の各種法令や、監督官庁の指針、ガイドライ
      ン等による規制を受けています。こうした法令の制定や改正、監督官庁による許認可の取消又は処分、新たなガイド
      ラインや自主的ルールの策定又は改定等により、当社グループの事業が新たな制約を受け、又は既存の規制が強化さ
      れた場合には、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (後略)
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/43


                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において、当社グループ(当社及び連結子会社)が判断し
      たものです。
      (1)    経営成績の分析

        当社グループは、経営者が意思決定する際に使用する社内指標(以下、Non-GAAP指標)及びIFRSに基づく指標の
       双方によって、連結経営成績を開示しています。
        Non-GAAP営業利益は、IFRSに基づく営業利益(以下、IFRS営業利益)から、当社グループが定める非経常的な項
       目やその他の調整項目を控除したものです。経営者は、Non-GAAP指標を開示することで、ステークホルダーにとっ
       て同業他社比較や過年度比較が容易になり、当社グループの恒常的な経営成績や将来見通しを理解する上で有益な
       情報を提供できると判断しています。なお、非経常的な項目とは、将来見通し作成の観点から一定のルールに基づ
       き除外すべきと当社グループが判断する一過性の利益や損失のことです。その他の調整項目とは、適用する会計基
       準等により差異が生じ易く企業間の比較可能性が低い、株式報酬費用や子会社取得時に認識した無形資産の償却費
       等を指します。
         (注)      Non-GAAP指標の開示に際しては、米国証券取引委員会(U.S.                            Securities      and  Exchange     Commission)が定
          める基準を参照しておりますが、同基準に完全に準拠しているものではありません。
         当第3四半期連結累計期間の経営成績(Non-GAAPベース)

        当第3四半期連結累計期間における世界経済は、通商問題の動向、中国を始めアジア新興国等の経済の先行き、
       金融資本市場の変動の影響等について留意する必要があるものの、緩やかに回復しています。日本経済は、雇用・
       所得環境の改善が続く中で、個人消費の持ち直しが見られるほか、企業の設備投資や生産の増加を受け、緩やかな
       回復を続けました。
        2018年6月に閣議決定された「未来投資戦略2018」において、我が国は、IoT、ロボット、人工知能(AI)及び
       ビッグデータといった先端技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れ、経済発展と社会的課題の解決を両立してい
       く新たな社会であるSociety              5.0の実現、データを収集・分析・活用することにより、新たな付加価値の提供を可
       能とするデータ駆動型社会へ向け、変革していくとしています。
        このような環境下、当社グループは、他社に先駆けてこれらの分野の知見を集約し、メンバーシップ、ビッグ
       データ及びブランドを結集したビジネスの展開、AI及びブロックチェーンを活用したサービスの開発を加速して
       います。通信サービスにおいては、2018年4月、総務大臣より認定を受けた第4世代移動通信システム普及のため
       の特定基地局の開設計画を進めるとともに、第5世代移動通信システムの実証実験も実施しています。
        インターネットサービスの主力サービスである国内ECにおいては、配送業者による物量制限、配送料金値上げ
       の影響を受けたものの、ロイヤルカスタマーの醸成や新規ユーザー獲得のための販促活動、クロスユースの促進、
       顧客満足度向上のための取組に加え、スマートデバイス向けのサービス強化、楽天エコシステムのオープン化戦略
       等に注力することで、流通総額及び売上収益の更なる成長に努めています。海外インターネットサービスにおいて
       は、米国Ebates        Inc.(以下、Ebates社)等の業容が拡大しているほか、将来の成長に向けた投資を継続していま
       す。投資事業においては、革新的な技術やビジネスモデルを持つ企業への投資を進めているなか、本年7月1日の
       カンパニー制再編により、国内外の革新的なスタートアップ企業の投資に係る方針決定やファンド運営等を包括的
       に管理する体制を確立しました。これに伴い『                      Rakuten    Capital    』が投資する関連会社株式についてFVTPL(注1)で
       測定したこと等による結果、株式評価益を計上しました(注2)。
        FinTechにおいては、『楽天カード』の会員基盤の拡大により、手数料収入が増加したほか、銀行サービスの拡
       大、及び好調な国内株式市場を背景とした証券サービスの貢献により、売上収益及び営業利益が堅調に増加してい
       ますが、当第3四半期連結会計期間に発生した西日本豪雨をはじめとした台風等の大規模自然災害に対する保険金
       支払等の発生により、保険サービスにおいて営業損失を計上しました。
        これらにより、当社グループの当第3四半期連結累計期間における売上収益は                                      790,330    百万円(前年同期比
       16.8%増    )、Non-GAAP営業利益は           142,330    百万円(前年同期比         6.5%増    )となりました。
        (注1)Fair      Value   Through    Profit    or  Loss:損益を通じて公正価値で測定される金融商品
        (注2)『    Rakuten    Capital    』を運営する組織がIAS第28号の言及するベンチャー・キャピタル企業等に該当したこ
          とによるもの。
                                  5/43



                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
         (Non-GAAPベース)
                                                    (単位:百万円)
                         前年同期
                                   当期
                                            増減額         増減率
                        (前第3四半期         (当第3四半期
                        連結累計期間)          連結累計期間)
          売上収益                 676,477         790,330         113,853           16.8  %
                                     142,330
          Non-GAAP営業利益                 133,590                    8,740          6.5  %
         Non-GAAP営業利益からIFRS営業利益への調整 

        当第3四半期連結累計期間において、Non-GAAP営業利益で控除される無形資産の償却費は                                          7,757   百万円、株式報
       酬費用は    5,565   百万円となりました。また、第2四半期連結会計期間において、楽天損害保険株式会社の割安購入
       益が発生したこと等により、4,536百万円を非経常的な項目としています。
                                          (単位:百万円)
                         前年同期
                                   当期
                                            増減額
                        (前第3四半期         (当第3四半期
                        連結累計期間)          連結累計期間)
          Non-GAAP営業利益                 133,590         142,330           8,740
          無形資産償却費                 △5,615         △7,757         △2,142
          株式報酬費用                 △5,414         △5,565           △151
          非経常的な項目                 △2,399          4,536         6,935
                                     133,544
          IFRS営業利益                 120,162                   13,382
         当第3四半期連結累計期間の経営成績(IFRSベース)

        当第3四半期連結累計期間における売上収益は                      790,330    百万円(前年同期比         16.8%増    )、IFRS営業利益は         133,544
       百万円(前年同期比         11.1%増    )、四半期利益(親会社の所有者帰属)は                    107,923    百万円(前年同期比         48.6%増    )と
       なりました。
         (IFRSベース)

                                                    (単位:百万円)
                         前年同期
                                   当期
                                            増減額         増減率
                        (前第3四半期         (当第3四半期
                        連結累計期間)          連結累計期間)
          売上収益                 676,477         790,330         113,853           16.8  %
          IFRS営業利益                 120,162         133,544          13,382          11.1  %
          四半期利益
                                     107,923
                            72,647                   35,276          48.6  %
          (親会社の所有者帰属)
      (2)    セグメント別業績

        各セグメントにおける業績は次のとおりです。なお、IFRS上のマネジメントアプローチの観点から、セグメント
       損益をNon-GAAP営業損益ベースで表示しています。
        (インターネットサービス)

        当第3四半期連結累計期間のインターネットサービスセグメントは、主力サービスである国内ECにおいては、
       配送業者による物量制限の影響、配送料金値上げの影響を受けたものの、売上収益の更なる成長を目指し、ロイヤ
       ルカスタマーの醸成や新規ユーザー獲得のための販促活動、クロスユースの促進、顧客満足度向上のための取組に
       加え、スマートデバイス向けのサービス強化、楽天エコシステムのオープン化戦略等に注力しました。海外イン
       ターネットサービスにおいては、Ebates社等の業容が拡大しているほか、将来の成長に向けた投資を継続していま
       す。投資事業においては、革新的な技術やビジネスモデルを持つ企業への投資を進めるなか、本年7月1日のカン
       パニー制再編により、国内外の革新的なスタートアップ企業の投資に係る方針決定やファンド運営等を包括的に管
       理する体制を確立しました。これに伴い『Rakuten                        Capital』が投資する関連会社株式についてFVTPLで測定したこ
       と等による結果、株式評価益を計上しました。MVNO(仮想移動体通信事業者)サービス『楽天モバイル』、メッ
       セージング及びVoIPサービス『Viber』においても、積極的な販促活動等が奏功し、売上収益が大幅に増加してい
       ます。
                                  6/43

                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
        この結果、インターネットサービスセグメントにおける売上収益は                               556,142    百万円(前年同期比         15.2%増    )、セ
       グメント利益は       92,041   百万円(前年同期比         10.7%増    )となりました。
                                                    (単位:百万円)
                         前年同期
                                   当期
                                            増減額         増減率
                        (前第3四半期         (当第3四半期
                        連結累計期間)          連結累計期間)
          セグメント売上収益                 482,722         556,142          73,420          15.2  %
                                     92,041
          セグメント損益                  83,181                   8,860          10.7  %
        (FinTech)

        当第3四半期連結累計期間のFinTechセグメントは、『楽天カード』の会員基盤の拡大により、手数料収入が増
       加したほか、銀行サービスの拡大、及び好調な国内株式市場を背景とした証券サービスの貢献により、売上収益及
       び営業利益が堅調に増加していますが、当第3四半期連結会計期間に発生した西日本豪雨をはじめとした台風等の
       大規模自然災害に対する保険金支払等の発生により、保険サービスにおいて営業損失を計上しました。
        この結果、FinTechセグメントにおける売上収益は                        302,698    百万円(前年同期比          24.2%増    )、セグメント利益は
       60,795   百万円(前年同期比         14.2%増    )となりました。
                                                    (単位:百万円)
                         前年同期
                                   当期
                                            増減額         増減率
                        (前第3四半期         (当第3四半期
                        連結累計期間)          連結累計期間)
          セグメント売上収益                 243,759         302,698          58,939          24.2  %
                                     60,795
          セグメント損益                  53,222                   7,573          14.2  %
      (3)    財政状態の分析

       (資産)
        当第3四半期連結会計期間末の資産合計は                    7,125,541百万円        となり、前連結会計年度末の資産合計                  6,184,299百万
       円 と比べ、    941,242百万円増加         しました。これは主に、楽天損害保険株式会社の子会社化等により                               保険事業の有価
       証券  が 258,060百万円       、 現金及び現金同等物         が 146,741百万円       、 有価証券    が 130,057百万円       それぞれ増加したことに
       よるものです。
       (負債)

        当第3四半期連結会計期間末の負債合計は                    6,353,052百万円        となり、前連結会計年度末の負債合計                  5,500,891百万
       円 と比べ、    852,161百万円増加         しました。これは主に、楽天損害保険株式会社の子会社化等により                               保険事業の保険
       契約準備金     が 313,073百万円増加         、楽天銀行株式会社における普通預金口座の増加等により                            銀行事業の預金        が
       221,108百万円増加         、 社債及び借入金       が 138,492百万円増加         したことによるものです。
       (資本)

        当第3四半期連結会計期間末の資本合計は                    772,489百万円       となり、前連結会計年度末の資本合計                  683,408百万円       と
       比べ、   89,081百万円増加        しました。これは主に利益剰余金が                 66,229百万円増加        、外国為替相場の変動等により               その
       他の資本の構成要素         が 15,677百万円増加        したことによるものです。利益剰余金は、IFRS第9号「金融商品」(2014
       年改訂版)の適用により35,421百万円減少したものの、当第3四半期連結累計期間における                                           親会社の所有者       に帰属
       する四半期利益を        107,923百万円       計上したこと等により増加しました。
                                  7/43





                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
      (4)    キャッシュ・フローの状況
        当第3四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ                                         146,741百万円増加         し、
       847,622    百万円となりました。このうち、銀行事業に関する日銀預け金は、前連結会計年度末に比べ16,998百万円
       増加し、492,676百万円となりました。当第3四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況及び主な
       変動要因は次のとおりです。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当第3四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは、                                   60,612百万円の資金流入           (前年同期
       は 86,861百万円の資金流入            )となりました。これは主に、銀行事業の貸付金の増加による                             資金流出が115,364百万
       円 、証券事業の金融資産の増加による                 資金流出が95,216百万円           となった一方で、銀行事業の預金の増加による                      資金
       流入が221,254百万円          、証券事業の金融負債の増加による                 資金流入が118,188百万円            となったことによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当第3四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは、                                   44,594百万円の資金流出           (前年同期
       は 150,792百万円の資金流出            )となりました。これは主に、保険事業の有価証券の取得及び売却等によるネットの
       資金流入が20,109百万円(保険事業の有価証券の取得による                            資金流出が62,534百万円           、保険事業の有価証券の売却
       及び償還による       資金流入が82,643百万円            )となった一方で、ソフトウエア等の無形資産の取得による                             資金流出が
       45,904百万円      となったことによるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当第3四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは、                                    128,967百万円の資金流入            (前年同
       期は  156,657百万円の資金流入            )となりました。これは主に、長期借入金の返済による                          資金流出が185,148百万円            と
       なった一方で、長期借入れによる                資金流入が220,976百万円            、短期借入金の純増による             資金流入が50,626百万円            、
       コマーシャル・ペーパーの純増による                  資金流入が51,000百万円           となったことによるものです。
      (5)    経営方針、経営戦略並びに事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、経営方針、経営戦略並びに事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変
       更及び新たに生じた課題はありません。
      (6)    研究開発活動

        当社の研究開発活動は、当社及び当社グループの開発業務への貢献を目的とし、個々の事業とは別に研究を行っ
       ています。2018年4月には、米国サンマテオ市に研究拠点を設け研究体制の拡大を図っています。また、2018年5
       月には、楽天技術研究所内に、医療費削減や健康意識向上などへの課題解決を目的とし「楽天技術研究所                                                  遺伝子
       ラボ」を設立しました。なお、その他の研究開発活動の状況については、前連結会計年度より重要な変更はありま
       せん。当第3四半期連結累計期間における、当社グループが支出した研究開発費の総額は7,218百万円です。
      (7)    従業員数

        当第3四半期連結累計期間において、連結会社又は提出会社の従業員数の著しい増減はありません。
      (8)    生産、受注及び販売の実績

        ①  生産実績及び受注実績
          当社グループは、インターネット上での各種サービスの提供を主たる事業としており、生産及び受注に該当
         する事項が無いため、生産及び受注実績に関する記載はしていません。
        ②  販売実績
          当社グループは当第3四半期連結累計期間において、販売実績の著しい増減はありません。
      (9)    主要な設備

        当第3四半期連結累計期間において、主要な設備の著しい変動及び主要な設備の前連結会計年度末における計画
       の著しい変更はありません。
                                  8/43


                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①   【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                          3,941,800,000
                  計                        3,941,800,000
       ②   【発行済株式】

              第3四半期会計期間末             提出日現在

                                    上場金融商品取引所
        種類       現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
               (2018年9月30日)           (2018年11月8日)           商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                               単元株式数は100株で
       普通株式          1,434,573,900          1,434,573,900
                                               す。
                                     (市場第一部)
         計         1,434,573,900          1,434,573,900            -            -
      (注)   提出日現在の発行数には、2018年11月1日から当四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された
        株式数は、含まれていません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        当第3四半期会計期間において発行した新株予約権は、以下のとおりです。
     ①株主総会の特別決議(2018年3月29日)
     決議年月日                                    2018年7月27日
     新株予約権の数                                      70,779個
     新株予約権のうち自己新株予約権の数                                      2,070個
     新株予約権の目的となる株式の種類                                      普通株式
     新株予約権の目的となる株式の数                                   7,077,900株       (注)1
     新株予約権の行使時の払込金額                                    1個当たり1円
                                A.  付与数の15%
                                          2019年8月1日~         2028年8月1日
                                B.  付与数の20%
                                          2020年8月1日~         2028年8月1日
     新株予約権の行使期間
                                C.  付与数の30%
                                          2021年8月1日~         2028年8月1日
                                D.  付与数の35%
                                          2022年8月1日~         2028年8月1日
                                  A.  発行価格      777円      資本組入額       389円
                                  B.  発行価格
                                          773円      資本組入額       387円
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
                                  C.  発行価格
                                          768円      資本組入額       384円
     の発行価格及び資本組入額
                                  D.  発行価格
                                          764円      資本組入額       382円
                                           (注)4
     新株予約権の行使の条件                                      (注)3
     新株予約権の譲渡に関する事項                                      (注)6
     代用払込みに関する事項                                        ―
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                           (注)7
     項
      (注)1 新株予約権の目的たる株式の数
           新株予約権1個当たりの目的たる株式の数は100株とする。
           ただし、当社が、株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う場
           合、次の算式により新株予約権の目的たる株式の数を調整するものとする。なお、かかる調整は新株予約
           権のうち、当該時点で権利行使または消却されていない新株予約権の目的たる株式の数についてのみ行わ
           れ、調整の結果1株未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
           また、当社が合併、会社分割、株式交換または株式移転を行う場合等、株式数の調整を必要とするやむを
           得ない事由が生じたときは、合併、会社分割、株式交換または株式移転等の条件等を勘案の上、合理的な
           範囲で株式数を調整するものとする。
         2 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           新株予約権1個当たり1円とする。
                                  9/43


                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
         3 新株予約権の行使の条件
           1) 新株予約権の割当てを受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当
             社、当社子会社または当社関連会社の取締役、執行役員、監査役または従業員の地位にあることを要
             する。ただし、諸般の事情を考慮の上、取締役会が特例として認めた場合はこの限りではない。
           2) 新株予約権の相続は認められないものとする。ただし、諸般の事情を考慮の上、取締役会が特例とし
             て認めた場合はこの限りではない。
           3) 新株予約権の質入その他一切の処分は認められないものとする。
           4) 新株予約権者は、新株予約権の行使期間に記載された区分に従って、新株予約権の全部または一部を
             行使することができる。
           5) 新株予約権者は、新株予約権または株式に関連する法令で定められる、いかなる税金等(日本国内で
             定められているか否かを問わず、所得税等の税金、社会保障拠出金、年金、雇用保険料等を含むがこ
             れに限らない。)についてもこれを納める責任を負い、当社、当社子会社または当社関連会社が税金
             等の徴収義務を負う場合には、当該徴収義務を負う会社は、次の各号に掲げる方法により、新株予約
             権者から税金等を徴収することができるものとする。
             ⅰ)  現金による受領
             ⅱ)  新株予約権者が保有する株式による充当
             ⅲ)  新株予約権者の給与、賞与等からの控除
             ⅳ)  その他当社が定める方法
         4 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           1) 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
             1項の規定に従い算出される資本金等増加限度額に2分の1を乗じて得た金額とし、計算の結果生じ
             る1円未満の端数は、これを切り上げるものとする。
           2) 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記1)記載の資本
             金等増加限度額から上記1)に定める増加する資本金の額を減じて得た額とする。
         5 新株予約権の取得事由及び条件
           1) 当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる吸収分割契約もしくは新設分割計画、または
             当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画が株主総会で承認されたときは、当社
             は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得することができる。
           2) 新株予約権者が権利行使をする前に前記3                       1)に規定する条件に該当しなくなった場合、当社は、当
             社取締役会が別途定める日に、当該新株予約権を無償で取得することができる。
         6 譲渡による新株予約権取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の承認を要するものとする。
         7 組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
           当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
           (以下これらを総称して「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時
           点において残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの
           場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」とい
           う。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株
           予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って
           再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約また
           は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           1) 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとす
             る。
           2) 新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           3) 新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案の上、前記1及び発行する新株予約権の総数に準じて決定する。
           4) 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の
             上、前記2に準じて決定する。
           5) 新株予約権を行使できる期間
             新株予約権の行使期間に定める新株予約権の行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のいずれか
             遅い日から、新株予約権の行使期間に定める新株予約権の行使期間の末日までとする。
           6) 新株予約権の行使により再編対象会社が株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金
             に関する事項
             前記4に準じて決定する。
           7) 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会(再編対象会社が取締役会設置会
             社でない場合には取締役の過半数)の承認を要するものとする。
           8) 新株予約権の取得事由及び条件
             前記5に準じて決定する。
         8   新株予約権の行使により生ずる1株に満たない端数の取扱い
           新株予約権を行使した新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数がある場合には、これを切
           り捨てるものとする。
                                 10/43



                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                   (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     2018年7月1日~
                      -  1,434,573,900             -    205,924          -    173,460
     2018年9月30日
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (7)  【議決権の状況】

        当第3四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容が把握できず、記載することが
       できませんので、直前の基準日である2018年6月30日現在の株主名簿に基づき記載しています。
       ①   【発行済株式】

                                                 2018年6月30日現在
           区分              株式数(株)            議決権の数(個)              内容
     無議決権株式                       -            -           -
     議決権制限株式(自己株式等)                       -            -           -
     議決権制限株式(その他)                       -            -           -
                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                   -           -
                     普通株式          84,665,100
     完全議決権株式(その他)                普通株式         1,349,777,900            13,497,779           -
     単元未満株式                普通株式           130,900         -           -
     発行済株式総数                       1,434,573,900            -           -
     総株主の議決権                       -            13,497,779           -
      (注)   「単元未満株式」には自己株式38株を含めて記載しています。
       ②   【自己株式等】

                                                 2018年6月30日現在
                                                    発行済株式
                                 自己名義      他人名義      所有株式数
         所有者の氏名                                           総数に対する
                       所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計
          又は名称                                          所有株式数
                                  (株)      (株)      (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                    東京都世田谷区玉川
      楽天株式会社                           84,665,100        -    84,665,100          5.90
                    一丁目14番1号
           計              -        84,665,100        -    84,665,100          5.90
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当第3四半期累計期間において役員の異動はありません。
                                 11/43




                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1   四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の要約四半期連結財務諸表は、IAS第34号「期中財務報告」に準拠して作成しています。当社は、「四半期連結
      財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計
      基準特定会社」の要件を満たしているため、同第93条の規定を適用しています。
     2   監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当第3四半期連結会計期間(2018年7月1日から2018
      年9月30日まで)及び当第3四半期連結累計期間(2018年1月1日から2018年9月30日まで)に係る要約四半期連結
      財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けています。
       なお、EY新日本有限責任監査法人は、2018年7月1日をもって新日本有限責任監査法人より名称変更しています。
                                 12/43
















                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     1  【要約四半期連結財務諸表】
       (1)     【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                    前連結会計年度
                                               当第3四半期連結会計期間末
                             注記
                                                  (2018年9月30日)
                                    (2017年12月31日)
      資産の部
       現金及び現金同等物                      10              700,881              847,622
       売上債権                      10              128,057              144,378
       証券事業の金融資産                     10,11              1,889,157              1,984,457
       カード事業の貸付金                     10,11              1,223,195              1,278,523
       銀行事業の有価証券                     2,10,11                203,161              200,759
       銀行事業の貸付金                     10,11               753,419              857,326
       保険事業の有価証券                     2,10,11                21,803              279,863
       デリバティブ資産                     10,11               19,978              24,805
       有価証券                     10,11               261,588              391,645
       その他の金融資産                     10,11               176,427              264,264
       持分法で会計処理されている投資                      11              54,481              12,920
       有形固定資産                                     73,171              85,484
       無形資産                      12              526,862              560,129
       繰延税金資産                                     36,472              48,430
                                           115,647              144,936
       その他の資産
                                          6,184,299              7,125,541
       資産合計
      負債の部

       仕入債務                      10              202,874              236,898
       銀行事業の預金                     10,11              1,946,142              2,167,250
       証券事業の金融負債                     10,11              1,790,388              1,908,654
       デリバティブ負債                     10,11                6,918              10,871
       社債及び借入金                     10,11              1,015,781              1,154,273
       その他の金融負債                      10              351,779              362,518
       未払法人所得税等                                     13,264              17,184
       引当金                                     76,104              80,807
       保険事業の保険契約準備金                                     22,050              335,123
       繰延税金負債                      2              30,541              14,739
                                            45,050              64,735
       その他の負債
       負債合計
                                          5,500,891              6,353,052
      資本の部

       親会社の所有者に帰属する持分
         資本金                                  205,924              205,924
         資本剰余金                                  217,185              217,996
         利益剰余金                                  320,397              386,626
         自己株式                                 △103,616               △98,468
                                            43,291              58,968
         その他の資本の構成要素
         親会社の所有者に帰属する持分合計
                                           683,181              771,046
                                             227             1,443
       非支配持分
       資本合計                                    683,408              772,489
                                          6,184,299              7,125,541
      負債及び資本合計
                                 13/43





                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
       (2)     【要約四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                     (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                  (自    2017年1月1日            (自    2018年1月1日
                            注記
                                   至   2017年9月30日)            至   2018年9月30日)
      継続事業
                           2,5,11
       売上収益                                   676,477              790,330
       営業費用                     2              595,744              734,153
       その他の収益                    9,11,12                46,044              94,547
                                            6,615              17,180
       その他の費用
       営業利益
                                           120,162              133,544
       金融収益                                     302              613
       金融費用                                    2,462              2,905
                                            7,219              1,954
       持分法による投資損失
       税引前四半期利益
                                           110,783              129,298
                                           38,229              21,582
       法人所得税費用
                                           72,554              107,716
       四半期利益                     2
      四半期利益の帰属

       親会社の所有者                                    72,647              107,923
                                            △93              △207
       非支配持分
                                           72,554              107,716
       四半期利益
                                                      (単位:円)

      親会社の所有者に帰属する1株当たり
      四半期利益:
                            6              52.18              80.01
       基本的
                                           51.73              79.33
                            6
       希薄化後
                                 14/43











                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
         【第3四半期連結会計期間】
                                                     (単位:百万円)
                                  前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間
                                   (自    2017年7月1日           (自    2018年7月1日
                              注記
                                   至   2017年9月30日)            至   2018年9月30日)
      継続事業
       売上収益                                    236,387              278,169
       営業費用                                    209,017              265,517
       その他の収益                        9             28,172              44,963
                                            3,996             13,741
       その他の費用
       営業利益
                                            51,546              43,874
       金融収益                                      173              184
       金融費用                                      762              933
                                           △3,594                72
       持分法による投資利益又は投資損失(△)
       税引前四半期利益
                                            47,363              43,197
                                            15,045               △5
       法人所得税費用
                                            32,318              43,202
       四半期利益
      四半期利益の帰属

       親会社の所有者                                    32,332              43,401
                                             △14             △199
       非支配持分
                                            32,318              43,202
       四半期利益
                                                      (単位:円)

      親会社の所有者に帰属する1株当たり
      四半期利益:
                               6             23.70              32.14
       基本的
                                           23.50              31.90
                               6
       希薄化後
                                 15/43











                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
       (3)     【要約四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                     (単位:百万円)
                                    前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                     (自    2017年1月1日          (自    2018年1月1日
                                 注記
                                     至   2017年9月30日)           至   2018年9月30日)
      四半期利益                                        72,554            107,716
      その他の包括利益

       純損益に振替えられることのない項目:
         その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                             △2,698              3,089
         資本性金融商品の利得及び損失
         その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
         資本性金融商品の利得及び損失に係る法人所得
                                               519           △2,017
         税
         保険事業の保険契約準備金に係る期末市場金利
                                              1,615             1,271
         に基づく再測定額
         保険事業の保険契約準備金に係る期末市場金利
                                              △456             △356
         に基づく再測定額に係る法人所得税
         持分法によるその他の包括利益
                                                ▶            △9
       純損益に振替えられることのない項目合計
                                             △1,016              1,978
       純損益に振替えられる可能性のある項目:

         在外営業活動体の換算差額
                                             △9,728              6,313
         在外営業活動体の処分による換算差額の組替調
                                               -           7,241
         整額
         その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                 2              -           1,000
         負債性金融商品の利得及び損失
         その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                 2              -             83
         負債性金融商品に係る貸倒引当金
         その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
         負債性金融商品に係るその他の包括利益から純
                                 2              -          △2,241
         損益へ振替えられた金額
         その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
         負債性金融商品に係るその他の包括利益に関連
                                 2              -             83
         する法人所得税
         キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他の
                                              △904              610
         包括利益に認識された金額
         キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他の
                                               145            △68
         包括利益に認識された金額に係る法人所得税
         キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他の
                                               420             202
         包括利益から純損益へ振替えられた金額
         キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他の
         包括利益から純損益へ振替えられた金額に係る
                                              △103             △104
         法人所得税
         持分法によるその他の包括利益
                                               23            154
         持分法によるその他の包括利益から純損益へ振
                                               -            △80
         替えられた金額
       純損益に振替えられる可能性のある項目合計
                                            △10,147              13,193
       税引後その他の包括利益                                      △11,163              15,171

                                             61,391            122,887

      四半期包括利益
      四半期包括利益の帰属

       親会社の所有者
                                             61,484            123,097
       非支配持分
                                              △93            △210
                                             61,391            122,887
      四半期包括利益
                                 16/43


                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
         【第3四半期連結会計期間】
                                                     (単位:百万円)
                                    前第3四半期連結会計期間             当第3四半期連結会計期間
                                     (自    2017年7月1日          (自    2018年7月1日
                                 注記
                                     至   2017年9月30日)           至   2018年9月30日)
      四半期利益                                        32,318             43,202
      その他の包括利益

       純損益に振替えられることのない項目:
         その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                              △892             2,862
         資本性金融商品の利得及び損失
         その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
         資本性金融商品の利得及び損失に係る法人所得
                                               292           △1,823
         税
         保険事業の保険契約準備金に係る期末市場金利
                                               191            2,079
         に基づく再測定額
         保険事業の保険契約準備金に係る期末市場金利
                                              △54            △582
         に基づく再測定額に係る法人所得税
         持分法によるその他の包括利益
                                                2             1
       純損益に振替えられることのない項目合計
                                              △461             2,537
       純損益に振替えられる可能性のある項目:

         在外営業活動体の換算差額
                                              2,670            19,212
         在外営業活動体の処分による換算差額の組替調
                                               -           7,241
         整額
         その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                               -           1,246
         負債性金融商品の利得及び損失
         その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                               -             9
         負債性金融商品に係る貸倒引当金
         その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
         負債性金融商品に係るその他の包括利益から純
                                               -          △2,130
         損益へ振替えられた金額
         その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
         負債性金融商品に係るその他の包括利益に関連
                                               -             62
         する法人所得税
         キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他の
                                              △311              203
         包括利益に認識された金額
         キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他の
                                               68            △92
         包括利益に認識された金額に係る法人所得税
         キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他の
                                               221             43
         包括利益から純損益へ振替えられた金額
         キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他の
         包括利益から純損益へ振替えられた金額に係る
                                              △34             △34
         法人所得税
         持分法によるその他の包括利益
                                               98             90
         持分法によるその他の包括利益から純損益へ振
                                               -            △80
         替えられた金額
       純損益に振替えられる可能性のある項目合計
                                              2,712            25,770
       税引後その他の包括利益                                        2,251            28,307

                                             34,569             71,509

      四半期包括利益
      四半期包括利益の帰属

       親会社の所有者
                                             34,583             71,711
       非支配持分
                                              △14            △202
                                             34,569             71,509
      四半期包括利益
                                 17/43


                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
       (4)     【要約四半期連結持分変動計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    その他の資本の構成要素
                                           保険事業
                                    その他の
                                           の保険契
                                                  親会社の
                                        キャッ
                                    包括利益
                                              その他の
                                           約準備金
                      資本    利益    自己                        非支配
                注                                  所有者に
                                在外営業       シュ・
                                    を通じて
                  資本金                                       資本合計
                                           に係る期    資本の構
                記                                  帰属する
                     剰余金    剰余金    株式                         持分
                                    公正価値
                                活動体の        フ
                                           末市場金    成要素
                                                  持分合計
                                    で測定す
                                        ロー・
                                換算差額
                                           利に基づ
                                               合計
                                    る金融
                                        ヘッジ
                                           く再測定
                                     資産
                                            額
     2017年1月1日現在             204,562    211,785    216,866    △3,627    23,658    33,703    △388   △4,168    52,805   682,391     99 682,490
     四半期包括利益
      四半期利益
                    -    -  72,647      -    -    -   -    -    -  72,647    △93   72,554
      税引後その他の包括利益              -    -    -    - △9,705    △2,175    △442    1,159  △11,163    △11,163      0 △11,163
      四半期包括利益合計
                    -    -  72,647      - △9,705    △2,175    △442    1,159  △11,163    61,484    △93   61,391
     所有者との取引額
      所有者による拠出及び
      所有者への分配
       新株の発行              1,173    1,173     -    -    -    -   -    -    -  2,346    -  2,346
         剰余金の配当           8    -    - △6,419      -    -    -   -    -    - △6,419     - △6,419
       その他の資本の構成
       要素から利益剰余金へ
                    -    -   153    -    -  △153     -    -  △153     -   -    -
       の振替
       自己株式の取得               -    -    - △89,580      -    -   -    -    - △89,580      - △89,580
       ストックオプション
       行使に伴う自己株式の
                    -    -    -    -    -    -   -    -    -    -   -    -
       処分
                    -  2,594    △89    △81    -    -   -    -    -  2,424    -  2,424
       その他
       所有者による拠出及び
                   1,173    3,767   △6,355    △89,661      -  △153     -    -  △153  △91,229      - △91,229
       所有者への分配合計
      子会社に対する所有
      持分の変動額
       新株の発行               -    -    -    -    -    -   -    -    -    -   0    0
       非支配持分の取得及び
                    -    -    -    -    -    -   -    -    -    -   -    -
       処分
                    - △1,640      -    -    -    -   -    -    - △1,640     33 △1,607
       その他
       子会社に対する所有
                    - △1,640      -    -    -    -   -    -    - △1,640     33 △1,607
       持分の変動額合計
       所有者との取引額合計
                   1,173    2,127   △6,355    △89,661      -  △153     -    -  △153  △92,869      33 △92,836
     2017年9月30日現在             205,735    213,912    283,158    △93,288    13,953    31,375    △830   △3,009    41,489   651,006     39 651,045
     2018年1月1日現在             205,924    217,185    320,397   △103,616     15,586    31,866    △664   △3,497    43,291   683,181     227  683,408
      会計方針の変更による
                2    -    - △35,421       -    -   315    -    -   315 △35,106      - △35,106
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                  205,924    217,185    284,976   △103,616     15,586    32,181    △664   △3,497    43,606   648,075     227  648,302
     当期首残高
     四半期包括利益
      四半期利益
                    -    - 107,923      -    -    -   -    -    - 107,923    △207   107,716
      税引後その他の包括利益              -    -    -    -  13,628     △9   640    915  15,174    15,174    △3  15,171
      四半期包括利益合計
                    -    - 107,923      -  13,628     △9   640    915  15,174   123,097    △210   122,887
     所有者との取引額
      所有者による拠出及び
      所有者への分配
       新株の発行               -    -    -    -    -    -   -    -    -    -   -    -
         剰余金の配当           8    -    - △6,060      -    -    -   -    -    - △6,060     - △6,060
       その他の資本の構成
       要素から利益剰余金へ
                    -    -  △188     -    -   188    -    -   188    -   -    -
       の振替
       自己株式の取得               -    -    -    -    -    -   -    -    -    -   -    -
       ストックオプション
       行使に伴う自己株式の
                    - △4,950      -   5,148     -    -   -    -    -   198   -   198
       処分
                    -  5,691    △25     -    -    -   -    -    -  5,666    -  5,666
       その他
       所有者による拠出及び
                    -   741  △6,273     5,148     -   188    -    -   188   △196    -  △196
       所有者への分配合計
      子会社に対する所有
      持分の変動額
       新株の発行               -    -    -    -    -    -   -    -    -    -   319    319
       非支配持分の取得及び
                    -    70    -    -    -    -   -    -    -    70   -    70
       処分
                    -    -    -    -    -    -   -    -    -    -  1,107    1,107
       その他
       子会社に対する所有
                    -    70    -    -    -    -   -    -    -    70  1,426    1,496
       持分の変動額合計
       所有者との取引額合計
                    -   811  △6,273     5,148     -   188    -    -   188   △126   1,426    1,300
     2018年9月30日現在             205,924    217,996    386,626    △98,468    29,214    32,360    △24  △2,582    58,968   771,046    1,443   772,489
                                 18/43


                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
       (5)     【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                  (自    2017年1月1日          (自    2018年1月1日
                              注記
                                   至   2017年9月30日)           至   2018年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税引前四半期利益                                   110,783             129,298
       減価償却費及び償却費                                    39,014             52,476
       その他の損益(△は益)                                   △23,833             △76,759
       営業債権の増減額(△は増加)                                    12,852             3,141
       カード事業の貸付金の増減額(△は増加)                                   △62,151             △95,439
       銀行事業の預金の増減額(△は減少)                                   248,255             221,254
       銀行事業のコールローンの純増減額(△は増加)                                      -           10,000
       銀行事業の貸付金の増減額(△は増加)                                  △135,040             △115,364
       営業債務の増減額(△は減少)                                   △30,363              2,834
       証券事業の金融資産の増減額(△は増加)                                  △182,357             △95,216
       証券事業の金融負債の増減額(△は減少)                                   151,197             118,188
       その他                                   △19,939             △61,794
                                          △21,557             △32,007
       法人所得税等の支払額
       営業活動によるキャッシュ・フロー合計                                    86,861             60,612
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       拘束性預金の預入による支出                                   △11,842               △5
       拘束性預金の戻入による収入                                    11,843               6
       定期預金の預入による支出                                   △7,196             △7,666
       定期預金の払戻による収入                                    15,388             6,560
       有形固定資産の取得による支出                                   △28,218             △14,045
       無形資産の取得による支出                                   △32,076             △45,904
       子会社の取得による支出                                   △5,844            △10,990
       子会社の取得による収入                        12              -           10,826
       持分法投資の取得による支出                                   △15,772             △1,055
       銀行事業の有価証券の取得による支出                                  △235,176             △210,540
       銀行事業の有価証券の売却及び償還による収入                                   195,413             212,255
       保険事業の有価証券の取得による支出                                   △12,237             △62,534
       保険事業の有価証券の売却及び償還による収入                                    7,648            82,643
       有価証券の取得による支出                                   △38,095             △18,570
       有価証券の売却及び償還による収入                                    9,527            12,379
       その他の支出                                   △11,330             △6,262
                                           7,175             8,308
       その他の収入
       投資活動によるキャッシュ・フロー合計                                  △150,792             △44,594
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                    77,947             50,626
       コマーシャル・ペーパーの純増減額(△は減少)                                    72,000             51,000
       長期借入れによる収入                                   176,618             220,976
       長期借入金の返済による支出                                  △141,334             △185,148
       社債の発行による収入                                    99,541               -
       社債の償還による支出                                   △30,300              △150
       配当金の支払額                                   △6,422             △6,055
       自己株式の取得による支出                                   △89,697                -
                                          △1,696             △2,282
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー合計                                   156,657             128,967
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                            820            1,756
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     93,546            146,741
                                          548,269             700,881
      現金及び現金同等物の期首残高
                                          641,815             847,622
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 19/43



                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     【要約四半期連結財務諸表注記】
     1.    一般的事項
      (1)  報告企業
        楽天株式会社(以下、当社)は、日本に所在する企業です。当社及び連結子会社(以下、当社グループ)の事業
       の内容及び主要な活動は、注記4.                 セグメント情報をご参照ください。
      (2) 作成の基礎

        当社グループの要約四半期連結財務諸表は、IAS第34号「期中財務報告」に準拠して作成しています。当社は、
       「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる
       「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たしているため、同第93条の規定を適用しています。なお、年次連結財
       務諸表で求められている全ての情報が含まれていないため、2017年12月31日に終了した連結会計年度の連結財務諸
       表と併せて利用されるべきものです。
        本要約四半期連結財務諸表は、2018年11月8日の取締役会によって承認されています。
      (3)  連結範囲の重要な変更

        当第3四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)
        本要約四半期連結財務諸表における連結範囲は以下を除き、2017年12月31日に終了する連結会計年度に係る連結

       財務諸表から重要な変更はありません。 
        第1四半期連結会計期間において楽天損害保険株式会社の株式を取得したため、連結の範囲に含めています。

      (注)楽天損害保険株式会社は、2018年7月2日付で朝日火災海上保険株式会社から社名変更しています。
        当第3四半期連結会計期間においてSPARROWHAWK                        PARTNERS,     INC.の清算が結了したことから、連結の範囲から除

       外しています。
     2. 重要な会計方針

        当社グループが本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、以下を除き、前連結会計年度に
       係る連結財務諸表において適用した会計方針と同一です。なお、当第3四半期連結累計期間の法人所得税費用は、
       見積平均年次実効税率をもとに算定しています。
      IFRS第9号(2014年改訂版)の適用

        当社グループは、これまでIFRS第9号(2010年改訂版)を適用してきましたが、第1四半期連結会計期間より
       IFRS第9号(2014年改訂版)を適用しています。
                 IFRS                          改訂内容

                                金融資産の分類及び測定、減損及びヘッジ会計に関す
     IFRS第9号             金融商品
                                る改訂
        これにより、(1)        金融資産の分類及び測定、(2)               金融資産の減損、(3)          ヘッジ会計の規定が改訂されています。

       それぞれの具体的な改訂の内容やその影響額は以下のとおりです。
        なお、当社グループでは、経過措置に準拠してIFRS第9号の改訂された規定を適用し、適用開始の累積的影響を
       当連結会計期間の利益剰余金及びその他の資本の構成要素の期首残高の修正として認識しています。
       (1)   金融資産の分類及び測定

        IFRS第9号の改訂に伴い、負債性金融商品をその他の包括利益を通じて公正価値で事後測定する区分が新設され
       ました。当社グループでは当連結会計年度の期首時点の当該金融商品を保有する事業モデル及び金融商品の契約条
       件を評価し、以下の要件をともに満たす場合に、その他の包括利益を通じて公正価値で事後測定しています。
        ・当社グループの事業モデルにおいて、契約上のキャッシュ・フローの回収と売却の両方を目的として保有して
       いる場合
                                 20/43


                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
        ・契約条件により、特定の日に元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローを生じさせ
       る場合
        その結果、適用時点以前に償却原価で事後測定していた負債性金融商品及び純損益を通じて公正価値で事後測定
       していた負債性金融商品の一部をその他の包括利益を通じて公正価値で事後測定するように分類変更し事後測定し
       ています。
        これにより、従前の会計基準を適用した場合と比較し、期首時点で銀行事業の有価証券が14百万円、保険事業の
       有価証券が349百万円、繰延税金負債が105百万円及びその他の資本の構成要素が258百万円それぞれ増加していま
       す。
       (2)   金融資産の減損

        当社グループは、IFRS第9号の金融資産に係る減損の規定を以下のとおり適用しています。
        当社グループは、償却原価で測定する金融資産及びその他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商
       品については、期末日時点で金融商品にかかる信用リスクが当初認識以降に著しく増大していない場合には、期末
       日後12ヶ月以内の生じうる債務不履行から生じる予想信用損失(12ヶ月の予想信用損失)により貸倒引当金の額を
       算定しています。この場合、過去の貸倒実績率、公表されているデフォルト率、その他合理的に利用可能な将来予
       測情報等をもとに将来12ヶ月の予想信用損失を集合的に見積もって当該金融商品にかかる貸倒引当金の額を算定し
       ています。一方で、期末日時点で金融商品にかかる信用リスクが当初認識以降に著しく増大している場合には、当
       該金融商品の予想存続期間にわたる全ての生じうる債務不履行から生じる予想信用損失(全期間の予想信用損失)
       により貸倒引当金を算定しています。この場合、過去の貸倒実績、将来の回収可能価額や公表されているデフォル
       ト率、その他合理的に利用可能な将来予測情報等をもとにその金融商品の回収にかかる全期間の予想信用損失を個
       別に見積もって当該金融商品にかかる貸倒引当金の額を算定しています。
        ただし、重要な金融要素を含んでいない売上債権などの営業債権及び契約資産(以下、営業債権等)について
       は、上記に関わらず、常に全期間の予想信用損失により貸倒引当金の額を算定しています。原則として、取引先の
       属性に応じて営業債権等をグルーピングした上で、過去の貸倒実績率、その他合理的に利用可能な将来予測情報等
       を考慮して集合的に予想信用損失を測定しています。
        一定の日数が経過し延滞した金融資産のうち債務者の重大な財政的困難等により金融資産の回収可能性が特に懸
       念されるものであると判断された場合には、信用減損が発生しているものと判定しています。
        これにより、従前の会計基準を適用した場合と比較し、期首時点で貸倒引当金が50,679百万円増加、利益剰余金
       が35,421百万円減少、その他の資本の構成要素が57百万円増加しています。また、従前の会計基準を適用した場合
       と比較し、当第3四半期連結累計期間における営業収益が76百万円増加、営業費用が3,815百万円減少、四半期利益
       が2,691百万円増加しています。
        2017年12月31日現在の貸倒引当金と期首現在の貸倒引当金の調整は以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)

                                             その他の包括利益を通じ
                                償却原価で測定する金融
                                             て公正価値で測定する負
                                資産
                                             債性金融商品
     2017年12月31日期末現在の貸倒引当金(改訂前IFRS第
                                         42,202               48
     9号に基づき算定)
     期首修正再表示の金額                                    50,727               34
     2018年1月1日期首現在の貸倒引当金(IFRS第9号に
                                         92,929               82
     基づき算定)
      (注)    その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品は、当期首時点において償却原価で測定する金
         融資産及び純損益を通じて公正価値で測定する金融資産から分類変更されたものです。
      (3)  ヘッジ会計 

        当社グループはIFRS第9号のヘッジ会計の規定を適用し、IAS第39号「金融商品:認識及び測定」に従ってヘッジ
       会計の適格要件を満たすヘッジ関係で、IFRS第9号に従ってもなおヘッジ会計の適格要件を満たすものは、継続し
       ているヘッジ関係として取扱っています。
                                 21/43



                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     3. 重要な会計上の見積り及び判断
       IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成に当たって、一部の重要な事項について会計上の見積りを行う必要
      があります。また、当社グループの会計方針を適用する過程において、経営者が自ら判断を行うことが求められてい
      ます。会計上の見積りの結果は、その性質上、関連する実際の結果と異なる場合があります。
       会計上の見積り及び仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの変更による影響は、見積りが変更された会計
      期間及び将来の会計期間において認識されます。
       本要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える見積り及び判断は、以下を除き原則として前連結会計年度

      に係る連結財務諸表と同様です。
       償却原価で測定する金融資産及びその他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品の減損
        当社グループは、償却原価で測定する金融資産及びその他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商
       品にかかる予想信用損失は、契約に従って受け取る契約上の将来キャッシュ・フローと、受け取ると見込んでいる
       将来キャッシュ・フローとの差額の現在価値について認識しています。
        将来キャッシュ・フローの見積りに際しては、債務不履行の可能性、発生損失額に関する過去の傾向及び合理的
       に予想される将来の事象等を考慮しています。これらの見積り及び仮定は、前提とした状況が変化すれば、償却原
       価及びその他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品の減損損失の金額が著しく異なる可能性があ
       るため、当社グループでは、当該見積りは重要なものであると判断しています。
     4. セグメント情報

      (1)  一般情報
        当社グループは、インターネットサービスと、FinTechという2つの事業を基軸としたグローバル                                              イノベーショ
       ン  カンパニーであることから、「インターネットサービス」、「FinTech」の2つを報告セグメントとしていま
       す。
        これらのセグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営
       資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっています。
        「インターネットサービス」セグメントは、インターネット・ショッピングモール『楽天市場』をはじめとする
       各種ECサイト、オンライン・キャッシュバック・サイト、旅行予約サイト、ポータルサイト、デジタルコンテン
       ツサイト等の運営や、これらのサイトにおける広告等の販売、メッセージング及び通信サービスの提供、プロス
       ポーツの運営等を行う事業により構成されています。
       「FinTech」セグメントは、インターネットを介した銀行及び証券サービス、クレジットカード関連サービス、生命
       保険サービス、損害保険サービス及び電子マネーサービスの提供等を行う事業により構成されています。
      (2)  事業セグメントの売上収益と損益の測定に関する事項

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、重要な会計方針に記載されているIFRSに基づいており、事
       業セグメントの売上収益及び損益は一部の連結子会社を除き連結修正を考慮していない内部取引消去前の金額で
       す。経営者が意思決定する際に使用する社内指標は、IFRSに基づく営業利益に当社グループが定める非経常的な項
       目やその他の調整項目を調整したNon-GAAP営業利益ベースです。
        経営者は、Non-GAAP指標を開示することで、ステークホルダーにとって同業他社比較や過年度比較が容易にな
       り、当社グループの恒常的な経営成績や将来見通しを理解する上で有益な情報を提供できると判断しています。な
       お、非経常的な項目とは、将来見通し作成の観点から一定のルールに基づき除外すべきと当社グループが判断する
       一過性の利益や損失のことです。その他の調整項目とは、適用する基準等により差異が生じ易く企業間の比較可能
       性が低い、株式報酬費用や子会社取得時に認識した無形資産の償却費等を指します。
        また、当社グループは、最高経営意思決定者が使用する事業セグメントへ、資産及び負債を配分していません。
                                 22/43




                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
        前第3四半期連結累計期間(自                2017年1月1日         至   2017年9月30日)
                                                   (単位:百万円)
                            インターネット
                                        FinTech            合計
                             サービス
     セグメントに係る売上収益                           482,722           243,759           726,481
     セグメント損益                            83,181           53,222          136,403
        当第3四半期連結累計期間(自                2018年1月1日         至   2018年9月30日)

                                                   (単位:百万円)
                            インターネット
                                        FinTech            合計
                             サービス
     セグメントに係る売上収益                           556,142           302,698           858,840
     セグメント損益                            92,041           60,795          152,836
      (注) 「2.重要な会計方針」に記載のとおり、第1四半期連結会計期間よりIFRS第9号(2014年改訂版)を適用し
         ています。これにより、従前の会計基準を適用した場合と比較し、インターネットサービスセグメントのセグ
         メント損益が4百万円、FinTechセグメントのセグメントに係る売上収益が76百万円、セグメント損益が3,887
         百万円それぞれ増加しています。
       前第3四半期連結会計期間(自                2017年7月1日         至   2017年9月30日)

                                                   (単位:百万円)
                           インターネット
                                        FinTech            合計
                             サービス
     セグメントに係る売上収益                           170,388           83,715          254,103
     セグメント損益                            41,639           17,970           59,609

       当第3四半期連結会計期間(自                2018年7月1日         至   2018年9月30日)

                                                   (単位:百万円)
                           インターネット
                                        FinTech            合計
                             サービス
     セグメントに係る売上収益                           193,660           107,445           301,105
     セグメント損益                            38,528           16,251           54,779

        セグメントに係る売上収益から連結上の売上収益への調整は、以下のとおりです。

                                                   (単位:百万円)
                            前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                             (自    2017年1月1日              (自    2018年1月1日
                             至   2017年9月30日)              至   2018年9月30日)
     セグメントに係る売上収益                                 726,481                858,840
     内部取引等                                △50,004                △68,510
     連結上の売上収益                                 676,477                790,330
                                                   (単位:百万円)

                            前第3四半期連結会計期間                当第3四半期連結会計期間
                             (自    2017年7月1日              (自    2018年7月1日
                             至   2017年9月30日)              至   2018年9月30日)
     セグメントに係る売上収益                                 254,103                301,105
     内部取引等                                △17,716                △22,936
     連結上の売上収益                                 236,387                278,169
                                 23/43



                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
        セグメント損益から税引前四半期利益への調整は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                            前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                             (自    2017年1月1日              (自    2018年1月1日
                             至   2017年9月30日)              至   2018年9月30日)
     セグメント損益                                 136,403                152,836
     内部取引等                                 △2,813                △10,506
     Non-GAAP営業利益                                 133,590                142,330
     無形資産償却費                                 △5,615                △7,757
     株式報酬費用                                 △5,414                △5,565
     非経常的な項目                                 △2,399                 4,536
     営業利益                                 120,162                133,544
     金融収益及び金融費用                                 △2,160                △2,292
     持分法による投資損失                                 △7,219                △1,954
     税引前四半期利益                                 110,783                129,298
                                                   (単位:百万円)

                            前第3四半期連結会計期間                当第3四半期連結会計期間
                             (自    2017年7月1日              (自    2018年7月1日
                             至   2017年9月30日)              至   2018年9月30日)
     セグメント損益                                 59,609                54,779
     内部取引等                                 △1,760                △2,685
     Non-GAAP営業利益                                 57,849                52,094
     無形資産償却費                                 △2,063                △3,335
     株式報酬費用                                 △1,841                △1,773
     非経常的な項目                                 △2,399                △3,112
     営業利益                                 51,546                43,874
     金融収益及び金融費用                                  △589                △749
     持分法による投資利益又は損失(△)                                 △3,594                   72
     税引前四半期利益                                 47,363                43,197
                                 24/43








                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     5. 売上収益
       ①   売上収益の分解
       前第3四半期連結累計期間(自                 2017年1月1日         至   2017年9月30日)
                                                    (単位:百万円)
                                             セグメント
                                    インターネット

                                             FinTech         合計
                                     サービス
           楽天市場及び楽天トラベル                            153,588           -      153,588

           Ebates                            43,608          -      43,608
           爽快ドラッグ及びケンコーコム                            52,028          -      52,028
           楽天モバイル                            24,785          -      24,785
           楽天ブックス                            20,983          -      20,983
           OverDrive                            17,868          -      17,868
      主要な
      サービス
           楽天カード                              -      92,362        92,362
      ライン
           楽天銀行                              -      46,508        46,508
           楽天証券                              -      34,707        34,707
           楽天損保                              -        -        -
           楽天生命                              -      24,144        24,144
           その他                            156,660         9,236       165,896
                      合計                 469,520        206,957        676,477
        (注) グループ会社間の内部取引控除後の金額を表示しています。
       当第3四半期連結累計期間(自                2018年1月1日         至   2018年9月30日)

                                                    (単位:百万円)
                                             セグメント
                                    インターネット

                                              FinTech         合計
                                     サービス
            楽天市場及び楽天トラベル                            166,323          -     166,323

            Ebates                            51,157          -      51,157
            爽快ドラッグ及びケンコーコム                            49,467          -      49,467
            楽天モバイル                            37,835          -      37,835
            楽天ブックス                            28,001          -      28,001
            OverDrive                            19,813          -      19,813
      主要な
      サービス      楽天カード                              -     109,029        109,029
      ライン
            楽天銀行                              -      51,707        51,707
            楽天証券                              -      38,877        38,877
            楽天損保                              -      24,343        24,343
            楽天生命                              -      22,799        22,799
            その他                            178,411        12,568       190,979
                      合計                 531,007        259,323        790,330
         (注) グループ会社間の内部取引控除後の金額を表示しています。
                                 25/43



                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
         当社グループは、インターネットサービス及びFinTechサービスを有するグローバル                                        イノベーション        カンパ
        ニーであり、EC(電子商取引)事業を中心に複数のビジネスを行っています。これらのビジネスから生じる収
        益は顧客との契約に従い計上しており、変動対価等を含む売上収益の額に重要性はありません。また、約束した
        対価の金額に重要な金融要素は含まれていません。
         インターネットサービス

         インターネットサービスセグメントにおいては、『楽天市場』、『楽天トラベル』、『楽天モバイル』、

        『Ebates』、『楽天ブックス』、『爽快ドラッグ』、『ケンコーコム』、『OverDrive』等のサービスを提供し、
        主な収益を下記のとおり認識しています。
         楽天市場及び楽天トラベル

         マーケットプレイス型ECサービスである『楽天市場』や、旅行予約サービスである『楽天トラベル』等にお
        いては、取引の場を顧客に提供することをその基本的な性格としています。当社グループは、これらのサービス
        の運営にあたり、出店者・旅行関連事業者への出店サービス及びシステム利用に関するサービス、当社グループ
        を通じた販売拡大のための広告関連サービス、出店者・旅行関連事業者と消費者の決済に関する決済代行サービ
        ス等を提供しています。また、これらのサービスは諸規約に基づき、サービス内容や当事者間の権利と義務が定
        められており、サービスの内容の区分可能性や顧客への移転パターンに基づき、主な履行義務を下記のとおりに
        識別して、収益を認識しています。
         『楽天市場』への出店サービスについて、当社グループは規約に基づき出店者に対し契約期間に渡り、当社グ

        ループのマーケットプレイス型ECウェブサイトへの出店サービス及び出店コンサルティングサービス等を提供
        する義務を負っています。当該履行義務は、契約期間に渡り時の経過につれて充足されるものであり、収益は当
        該履行義務が充足される契約期間において、出店形態別に定められた金額に基づき、各月の収益として計上して
        います。なお、取引の対価は3ヶ月、半年あるいは1年分を履行義務の充足前である契約時に前受けする形で受
        領しています。
         システム利用に関するサービスについて、当社グループは規約に基づき、出店者・旅行関連事業者に対して出

        店者・旅行関連事業者と主として楽天会員との間での個々の取引の成立に関するサービスの提供を行う義務を
        負っています。当該履行義務は、出店者・旅行関連事業者と主として楽天会員との個々の取引の成立時点で充足
        されるものであり、当該履行義務の充足時点で、流通総額(出店者・旅行関連事業者の月間売上高)にサービス
        別・プラン別・流通総額の規模別に定められている料率を乗じた金額にて収益を計上しています。当該金額は、
        履行義務の充足時点である取引成立時点から概ね3ヶ月以内に支払いを受けています。
         広告関連サービスについて、当社グループは広告規約に基づき、出店者・旅行関連事業者に対し期間保証型等

        の広告関連サービスを提供しており、契約で定められた期間に渡り、広告を掲示する義務を負っています。当該
        履行義務は時の経過につれて充足されるため、当該契約期間に応じて期間均等額で収益を計上しています。広告
        料金の支払いは、原則として広告掲載開始日が属する月の翌々月末までに行われます。
         決済代行サービスについて、当社グループは、カード決済規約に基づき、楽天グループのサービスを利用する

        消費者と出店者・旅行関連事業者との間での決済代行サービスを提供しています。当該サービスにおいては、ク
        レジットカードによる取引代金決済のための取引承認、代金決済情報やキャンセル等のデータを送受信・処理す
        る義務を負っています。当該サービスについては、主に消費者のカード利用取引が生じた時点が履行義務の充足
        時点となると判断し、同時点で手数料収益を計上しています。当該手数料の支払いは、履行義務の充足後、支払
        区分に基づいた請求締切日から1ヶ月半以内に受領しています。
                                 26/43




                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
         楽天モバイル
         『楽天モバイル』は、移動体通信事業者の回線網を利用するMVNO(仮想移動体通信事業者)として、主に音声
        通話・データ通信サービス(以下、通話・通信サービス)の提供と、携帯端末の販売を行っています。通話・通
        信サービスについては、契約に基づき、契約者に常時利用可能な通話・通信サービス回線を提供し、当該回線を
        利用した通話・通信サービスを提供することを履行義務として識別しています。また、携帯端末の販売について
        は、携帯端末を引き渡すことを履行義務として識別しています。なお、複数のサービスをセットで提供する場合
        には、契約者から受領する対価をそれぞれの履行義務に対して独立販売価格で案分しています。常時利用可能な
        回線を維持する履行義務については時の経過に基づき、通話・通信サービスの提供の履行義務については回線の
        利用に応じて充足されると判断しており、したがって、回線の提供については契約期間に渡って収益を計上し、
        通話・通信サービスの提供については回線の利用状況に応じた回線使用料を各月の収益として計上しています。
        携帯端末の販売については契約者に端末を引き渡し、回線が開通した時点で履行義務が充足されると判断してお
        り、当該時点にて関連する収益を計上しています。いずれの履行義務に対する支払いも、請求日から概ね2ヶ月
        以内に受領しています。
         Ebates

         『Ebates』においては、Ebates会員に対するキャッシュバックを通じ、Ebates会員による小売業者(顧客)の
        ウェブサイトでの購入を促進するサービス(以下、キャッシュバックサービス)、ウェブサイトにおける広告掲
        示、個人向けターゲティングメールサービス等を提供しています。主なサービスであるキャッシュバックサービ
        スに関しては、契約に基づきEbates会員による小売業者のウェブサイトでの購入を促進する義務を負っており、
        当該履行義務はEbates会員による購入時点が履行義務の充足時点となると判断しています。Ebates会員の購入を
        確認した時点で購入金額に一定の料率を乗じた金額を手数料として収益計上しており、同時にEbates会員に対す
        るキャッシュバック費用を計上しています。当該サービスの提供により生じる収益及び費用は、『Ebates』が顧
        客及びEbates会員とのそれぞれに対して価格設定を含む取引の裁量権を有していることから総額にて計上してお
        り、手数料は履行義務の充足時点である注文確定月の月末から概ね3ヶ月以内に支払いを受けています。
         楽天ブックス、爽快ドラッグ及びケンコーコム

         インターネットサービスのうち、当社グループが主に楽天会員に対して商品を提供するインターネット通販サ
        イト『楽天ブックス』、『爽快ドラッグ』及び『ケンコーコム』等のサービスにおいては、当社グループが売買
        契約の当事者となります。これらの直販型の取引においては顧客に商品が到着した時点で収益を計上していま
        す。また、履行義務の充足時期である商品到着後、概ね2ヶ月以内に支払いを受けています。なお、楽天ブック
        スのうち、国内における書籍(和書)販売については、再販売価格維持制度を考慮すると代理人取引としての性
        質が強いと判断されるため、収益を関連する原価と相殺の上、純額にて計上しています。
        OverDrive

         『OverDrive』においては、図書館・教育機関向けに電子書籍及びオーディオブック等のコンテンツ配信サービ
        スを提供しています。主要な顧客である図書館との契約において、当社グループは契約に基づきコンテンツ配
        信、ホスティングに係るサービス及びカスタマーサポートを提供する義務を負っています。コンテンツ配信は、
        図書館によるコンテンツの購入時点が履行義務の充足時点となると判断しており、当該時点にて関連する収益を
        計上しています。当該履行義務に関する支払いは、請求月から概ね2ヶ月以内に受領しています。ホスティング
        に係るサービス及びカスタマーサポートの履行義務は、契約期間に渡り時の経過につれて充足されるものであ
        り、当該履行義務が充足される契約期間において、期間均等額で収益を計上しています。なお、取引の対価は各
        年度において履行義務の充足前に前受けする形で受領しています。
                                 27/43





                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
         FinTech
         FinTechセグメントにおいては、『楽天カード』、『楽天銀行』、『楽天証券』、『楽天損保』、『楽天生命』

        等の金融サービスを提供し、主な収益を下記のとおり認識しています。
         楽天カード

         『楽天カード』においては、主としてクレジットカード関連サービスを提供しています。主にクレジットカー
        ド利用者と加盟店間の資金決済を通じて得られる加盟店手数料、クレジットカード利用者から得られるリボルビ
        ング払い手数料、分割払い手数料及びキャッシング手数料を得ています。加盟店手数料に関しては、カード会員
        のショッピング取引後、加盟店から楽天カード(株)へ売上データが送信されたタイミングにおいて、決済サービ
        スの提供という履行義務が充足されるため、同時点でクレジットカードの決済金額に一定の料率を乗じた手数料
        収益を計上しています。また、カード決済金額の1%分の通常ポイントをカード会員に付与しており、これらの
        ポイント費用は加盟店手数料から控除しています。楽天カード(株)はカード会員から基本的に1ヶ月に1回所定
        の日にカード利用代金の回収を行うため、履行義務充足後、概ね2ヶ月以内に実質的に支払いを受けることとな
        ります。リボルビング払い手数料及び分割払い手数料と融資収益に含まれるキャッシング手数料に関しては、リ
        ボルビング残高、分割支払回数及びキャッシング残高に対してそれぞれ一定の料率を乗じた利息収益を、IFRS第
        9号に従いその利息の属する期間に認識しています。
         楽天銀行

         『楽天銀行』においては、インターネットを通じた銀行業務(預金、貸出、為替)及びその他様々なサービス
        を提供しています。貸出については、個人向けローンである「楽天スーパーローン」及び住宅ローンである「楽
        天銀行住宅ローン(金利選択型)」等を取り扱っており、貸出金利息収入を得ています。また、資金運用から生
        じる有価証券利息等の利息収入も得ています。貸出金利息や有価証券利息等の資金運用収益は、IFRS第9号に従
        い、その利息の属する期間に収益を認識しています。為替手数料等については、取引が行われた時点で履行義務
        が充足されるため、同時点において手数料収益を認識しています。
         楽天証券

         『楽天証券』においては、金融商品取引業務とその他の付随業務を提供し、これら取引に付随して発生する手
        数料やトレーディング損益、利息等を収益の源泉としています。金融商品取引業務には、国内株式取引に加え、
        外国株式取引、投資信託の販売等、様々な取引が存在し、それぞれの手数料体系は異なっています。現物株式に
        関する委託取引、信用取引及び投資信託の販売取引等に関連して発生する手数料に関しては、約定日等の取引成
        立時において履行義務が充足されるため、同時点において手数料収益を計上しています。現物株式取引から生じ
        る手数料については、原則として履行義務の充足後3営業日以内に、信用取引及び先物取引から生じる手数料は
        建玉の決済が行われる半年から概ね1年以内に受領しています。また、IFRS第9号に従い、外国為替証拠金取引
        については、公正価値で測定された利得及び損失が売上収益及び営業費用にそれぞれ計上され、国内株式信用取
        引の建玉に対する金利収益については、その利息の属する期間に収益を認識しています。
         楽天損保及び楽天生命

         『楽天損保』及び『楽天生命』においては、保険業務を行っており、保険料収入及び有価証券利息を中心とし
        た資金運用収益を計上しています。保険料収入は、IFRS第4号に従い、個別契約ごとに予め定められた保険料率
        により算定された金額を収益として計上しています。また、資金運用収益については、IFRS第9号に従い、その
        発生期間に収益を認識しています。
                                 28/43





                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
       ②   顧客との契約の獲得又は履行のためのコストから認識した資産
         当社グループは、顧客との契約獲得のための増分コスト及び契約に直接関連する履行コストのうち、回収可能
        であると見込まれる部分について資産(以下、契約コストから認識した資産)として認識しており、要約四半期
        連結財政状態計算書上は「その他の資産」に計上しています。契約獲得のための増分コストとは、顧客との契約
        を獲得するために発生したコストで、当該契約を獲得しなければ発生しなかったであろうものです。
         当社グループにおいて資産計上されている契約獲得のための増分コストは、主に楽天カードにおける顧客を獲
        得するために発生した入会関連費用並びに楽天モバイルにおける代理店手数料及びアフィリエイトプログラムに
        関する費用です。また契約履行のためのコストは、主に楽天カードの作成及び楽天モバイルのSIMに関する費用で
        す。楽天カードにおいて資産計上された当該入会関連費用は楽天カードへの新規入会者に付与した楽天スーパー
        ポイントに関するコストであり、契約を獲得しなければ発生しなかった増分コストです。なお、当該費用を資産
        計上する際には、カードの有効稼働会員割合等を加味した上で、回収が見込まれる金額のみを資産として認識し
        ています。また、当該資産については、会員のカード利用による決済サービスの提供という履行義務が充足され
        るカード会員の見積契約期間に応じた10年間との均等償却を行っています。
         楽天モバイルにおいて資産計上された代理店手数料及びアフィリエイトプログラムに関する費用は顧客の獲得
        に応じて支払う手数料であり、契約を獲得しなければ発生しなかった増分コストです。通話・通信サービスに係
        る当該資産においては、通信サービスの提供という履行義務が充足されるユーザーの継続利用期間を見積もって4
        年間で均等償却を行っています。通話・通信サービス及び携帯端末の販売をセットで提供する場合には、契約獲
        得のための増分コストは、それぞれの履行義務の独立販売価格で案分したうえで、携帯端末の販売に係る当該資
        産については、契約者に端末を引き渡し、回線が開通した時点で一時に償却しています。
         また、契約コストから認識した資産については、計上時及び四半期ごとに回収可能性の検討を行っています。
        楽天カードにおける検討に当たっては、当該資産の帳簿価額が、カード会員との契約が継続すると見込まれる期
        間に渡り関連するクレジットカード関連サービスと交換に当社グループが受け取ると見込んでいる対価の残りの
        金額から、当該サービスの提供に直接関連し、まだ費用として認識されていないコストを差し引いた金額を超過
        しているかどうか判断を行っています。
         また、楽天モバイルにおける検討に当たっては、当該資産の帳簿価額が、ユーザーとの契約が継続すると見込
        まれる期間に渡り関連する通話・通信と交換に当社グループが受け取ると見込んでいる対価の残りの金額から、
        当該サービスの提供に直接関連し、まだ費用として認識されていないコストを差し引いた金額を超過しているか
        どうか判断を行っています。これらの見積り及び仮定は、前提とした状況が変化すれば、契約コストから認識し
        た資産に関する減損損失を損益に認識することにより、契約コストから認識した資産の金額に重要な影響を及ぼ
        す可能性があるため、当社グループでは、当該見積りは重要なものであると判断しています。
         前連結会計年度末(2017年12月31日)及び当第3四半期連結会計期間末(2018年9月30日)現在、当社グルー
        プが契約コストから認識した資産の残高は、それぞれ49,890百万円及び56,924百万円です。
                                 29/43









                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     6. 1株当たり利益
       基本的1株当たり四半期利益は、親会社の所有者に帰属する四半期利益を、当該四半期の発行済普通株式の加重平
      均株式数で除して算定しています。発行済普通株式の加重平均株式数には、当社が買い入れて自己株式として保有し
      ている普通株式は含んでいません。
       希薄化後1株当たり四半期利益は、全ての希薄化性潜在的普通株式の転換を仮定して、普通株式の加重平均株式数
      を調整することにより算定しています。
       当社にはストック・オプションによる希薄化性潜在的普通株式が存在しています。ストック・オプションについて
      は、未行使のストック・オプションに付与されている新株予約権等の価額に基づき、公正価値(当社株式の期間平均株
      価)で取得可能株式数を算定しています。
       1株当たり四半期利益を算出するために用いた親会社の所有者に帰属する四半期利益及び加重平均株式数の状況

      は、以下のとおりです。
                          前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間

                           (自    2017年1月1日               (自    2018年1月1日
                            至   2017年9月30日)                至   2018年9月30日)
                         基本的      調整     希薄化後      基本的      調整     希薄化後
     親会社の所有者に帰属する四半期利益
                          72,647       △0    72,647     107,923         -   107,923
     (百万円)
     加重平均株式数(千株)                   1,392,230       11,984    1,404,214      1,348,872       11,606    1,360,478
     1株当たり四半期利益(円)                     52.18     △0.45      51.73      80.01     △0.68      79.33

                          前第3四半期連結会計期間                  当第3四半期連結会計期間

                           (自    2017年7月1日               (自    2018年7月1日
                            至   2017年9月30日)                至   2018年9月30日)
                         基本的      調整     希薄化後      基本的      調整     希薄化後
     親会社の所有者に帰属する四半期利益
                          32,332       △0    32,332      43,401        -    43,401
     (百万円)
     加重平均株式数(千株)                   1,364,310       11,646    1,375,956      1,350,479       10,152    1,360,631
     1株当たり四半期利益(円)                     23.70     △0.20      23.50      32.14     △0.24      31.90

       当第3四半期連結会計期間末日(2018年9月30日)から要約四半期連結財務諸表の承認日までの期間において、1株

      当たり四半期利益に重要な影響を与える取引はありません。
                                 30/43








                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     7. 偶発事象及び契約
      (1)  貸出コミットメントライン契約及び保証債務
        一部の連結子会社は、クレジットカードに附帯するキャッシング及びカードローンによる融資業務を行っていま
       す。当該貸付金については、貸出契約の際に設定した額(契約限度額)のうち、当該連結子会社が与信した額(利
       用限度額)の範囲内で顧客が随時借入を行うことができる契約となっています。
        なお、同契約は融資実行されずに終了するものもあり、かつ、利用限度額についても当社グループが任意に増減
       させることができるものであるため、融資未実行残高は必ずしも全額が貸出実行されるものではありません。
        また、一部の連結子会社において、連結子会社の業務提携先から融資を受けた一般顧客に対して債務保証を行っ
       ています。
        上記の貸出コミットメントに係る未実行残高及び営業保証業務における保証債務残高の状況は、次のとおりで
       す。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間末
                               (2017年12月31日)                (2018年9月30日)
     貸出コミットメントラインに係る未実行残高                                 3,081,408                3,313,172
     金融保証契約                                   8,715                7,635
     合計                                 3,090,123                3,320,807
      (2)  借入コミットメントライン契約

        当社及び一部の連結子会社では、複数の金融機関と借入コミットメントライン契約を締結しており、未実行残高
       は、以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間末
                               (2017年12月31日)                (2018年9月30日)
     借入コミットメントラインの総額                                  191,750                180,899
     借入実行残高                                   38,621                63,734
     未実行残高                                  153,129                117,165
      (3)  コミットメント(契約)

        前連結会計年度末日(2017年12月31日)、当第3四半期連結会計期間末日(2018年9月30日)現在、契約している
       ものの連結財務諸表上認識していない重要な資本的支出(コミットメント)は存在しません。
     8. 配当金

       前第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間における配当金支払額は、以下のとおりです。
                前第3四半期連結累計期間(自                2017年1月1日         至   2017年9月30日)
                1株当たり配当金            配当金支払総額
        決議日                                 基準日          効力発生日
                    (円)          (百万円)
      2017年2月13日                  4.5          6,419     2016年12月31日           2017年3月13日
                当第3四半期連結累計期間(自                2018年1月1日         至   2018年9月30日)

                1株当たり配当金            配当金支払総額
        決議日                                 基準日          効力発生日
                    (円)          (百万円)
      2018年2月13日                  4.5          6,060     2017年12月31日           2018年3月12日
                                 31/43




                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     9. その他の収益
       当社グループにおけるその他の収益の内容は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                            前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                             (自    2017年1月1日              (自    2018年1月1日
                             至   2017年9月30日)              至   2018年9月30日)
     為替差益                                    -               739
     関連会社株式売却益                                    -              2,577
     有価証券評価益(注)                                 39,750                76,606
     その他                                  6,294                14,625
     合計                                 46,044                94,547
                                                   (単位:百万円)

                            前第3四半期連結会計期間                当第3四半期連結会計期間
                             (自    2017年7月1日              (自    2018年7月1日
                             至   2017年9月30日)              至   2018年9月30日)
     為替差益                                    -              △880
     関連会社株式売却益                                    -              2,496
     有価証券評価益(注)                                 22,856                42,857
     その他                                  5,316                 490
     合計                                 28,172                44,963
      (注)     当第3四半期連結会計期間において従来より持分法を適用し測定していた一部の関連会社株式について、IAS
         第28号第18項におけるベンチャー・キャピタル企業等に適用される規定に従って純損益を通じて公正価値で測
         定するよう測定方法を変更しました。
          この変更により当第3四半期連結会計期間において、ライドシェアビジネス等への株式投資に係る有価証券
         評価益を29,080百万円計上しています。
          これは、当第3四半期連結会計期間に「インベストメント&インキュベーションカンパニー」を設立し、国
         内外の革新的なスタートアップ企業の投資に係る方針決定やファンド運営等を包括的に管理する体制を確立し
         たことにより、ファンドを運営する組織がIAS第28号の言及するベンチャー・キャピタル企業等に該当したこと
         によるものです。
                                 32/43









                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     10.金融商品の分類
       当社グループにおける金融商品の分類は、以下のとおりです。
      前連結会計年度(2017年12月31日)

      (金融資産)
                                                   (単位:百万円)
                      公正価値で測定する金融資産
                             その他の包括利益を
                                        償却原価で測定
                    純損益を通じて
                                                    合計
                              通じて公正価値で
                                         する金融資産
                    公正価値で測定
                             測定する資本性金融
                     する金融資産
                                 商品
     現金及び現金同等物                      -          -       700,881          700,881
     売上債権                     897           -       127,160          128,057
     証券事業の金融資産                     793           -      1,888,364          1,889,157
     カード事業の貸付金                      -          -      1,223,195          1,223,195
     銀行事業の有価証券                    13,423             1       189,737          203,161
     銀行事業の貸付金                      -          -       753,419          753,419
     保険事業の有価証券                      -          701        21,102          21,803
     デリバティブ資産                    19,978            -          -        19,978
     有価証券                   204,539           49,529          7,520         261,588
     その他の金融資産                    4,979            -       171,448          176,427
     合計                   244,609           50,231        5,082,826          5,377,666
      (金融負債)

                                                   (単位:百万円)
                      公正価値で測定する金融負債
                             純損益を通じて公正
                                        償却原価で測定
                                                    合計
                              価値で測定する
                   強制的に公正価値で
                                         する金融負債
                   測定される金融負債
                              ものとして指定
                              された金融負債
     仕入債務                      -          -       202,874          202,874
     銀行事業の預金                      -         6,324        1,939,818          1,946,142
     証券事業の金融負債                      -          -      1,790,388          1,790,388
     デリバティブ負債                    6,918            -          -        6,918
     社債及び借入金                      -          -      1,015,781          1,015,781
     その他の金融負債                      -          -       351,779          351,779
     合計                    6,918          6,324        5,300,640          5,313,882
                                 33/43






                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
      当第3四半期連結会計期間末(2018年9月30日)
      (金融資産)
                                                   (単位:百万円)
                         公正価値で測定する金融資産
                           その他の包括利益        その他の包括利益
                                            償却原価で測定
                   純損益を通じて
                                                      合計
                           を通じて公正価値        を通じて公正価値
                                            する金融資産
                   公正価値で測定
                           で測定する負債性        で測定する資本性
                    する金融資産
                             金融商品        金融商品
     現金及び現金同等物                    -        -        -     847,622       847,622
     売上債権                    504         -        -     143,874       144,378
     証券事業の金融資産                    891         -        -    1,983,566       1,984,457
     カード事業の貸付金                    -        -        -    1,278,523       1,278,523
     銀行事業の有価証券                   1,459       185,581           1     13,718       200,759
     銀行事業の貸付金                    -        -        -     857,326       857,326
     保険事業の有価証券                  10,410        181,607         80,868        6,978      279,863
     デリバティブ資産                  24,805          -        -       -     24,805
     有価証券                  329,767           -      54,061        7,817      391,645
     その他の金融資産                   5,188          -        -     211,522       216,710
     合計                  373,024        367,188        134,930      5,350,946       6,226,088
      (金融負債)

                                                   (単位:百万円)
                      公正価値で測定する金融負債
                             純損益を通じて公正
                                        償却原価で測定
                                                    合計
                   強制的に公正価値で           価値で測定する
                                         する金融負債
                   測定される金融負債           ものとして指定
                              された金融負債
     仕入債務                      -          -       236,898          236,898
     銀行事業の預金                      -          780       2,166,470          2,167,250
     証券事業の金融負債                      -          -      1,908,654          1,908,654
     デリバティブ負債                    10,871            -          -        10,871
     社債及び借入金                      -          -      1,154,273          1,154,273
     その他の金融負債                    19,183            -       343,335          362,518
     合計                    30,054            780       5,809,630          5,840,464
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品

       「2.重要な会計方針」に記載のとおり、当社グループでは第1四半期連結会計期間より改訂後のIFRS第9号を適
      用しています。この改訂後の規定の下、公社債等の一部の負債性金融商品は、当社グループの事業モデルが契約上の
      キャッシュ・フローの回収及び当該資産の売却の両方によって達成されることから、当連結会計年度期首において償
      却原価による測定区分からその他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品の測定区分に分類変更しま
      した。当該負債性金融商品の契約上のキャッシュ・フローは元本と利息のみです。2018年1月1日時点で簿価が
      176,679百万円であった銀行事業の有価証券を2018年1月1日時点の公正価値176,693百万円でその他の包括利益を通
      じて公正価値で測定する負債性金融商品の測定区分に振り替えています。また、2018年1月1日時点で簿価が21,002
      百万円であった保険事業の有価証券を2018年1月1日時点の公正価値21,351百万円でその他の包括利益を通じて公正
      価値で測定する負債性金融商品の測定区分に振り替えています。
       この他に、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産について、2018年1月1日時点で簿価が11,783百万円で
      あった銀行事業の有価証券を2018年1月1日時点の公正価値11,783百万円でその他の包括利益を通じて公正価値で測
      定する負債性金融商品の測定区分に振り替えています。
       2018年1月1日時点の銀行事業の有価証券及び保険事業の有価証券の測定区分は下表のとおりです。
                                 34/43


                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
      (銀行事業の有価証券)
                                                   (単位:百万円)
                測定区分                           帳簿価額
       改訂前IFRS第9号               IFRS第9号            改訂前IFRS第9号               IFRS第9号
                   その他の包括利益を通じ
     償却原価                                   176,679             176,693
                   て公正価値で測定
     純損益を通じて公正価値             その他の包括利益を通じ
                                         11,783             11,783
     で測定             て公正価値で測定
                 合計                        188,462             188,476
      (保険事業の有価証券)

                                                   (単位:百万円)
                測定区分                           帳簿価額
       改訂前IFRS第9号               IFRS第9号            改訂前IFRS第9号               IFRS第9号
                   その他の包括利益を通じ
     償却原価                                    21,002             21,351
                   て公正価値で測定
                 合計                        21,002             21,351
                                 35/43














                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     11.  金融商品の公正価値
      (1)  金融商品の公正価値及び帳簿価額
        下記は、当社グループの保有する金融商品の帳簿価額と公正価値の比較を示しています。
                                                   (単位:百万円)

                            前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間末
                           (2017年12月31日)                  (2018年9月30日)
                         帳簿価額         公正価値         帳簿価額         公正価値
     (金融資産)
     証券事業の金融資産                     1,889,157         1,889,157         1,984,457         1,984,457
     カード事業の貸付金                     1,223,195         1,234,530         1,278,523         1,324,069
     銀行事業の有価証券                      203,161         203,224         200,759         200,843
     銀行事業の貸付金                      753,419         758,947         857,326         861,595
     保険事業の有価証券                      21,803         22,153         279,863         279,566
     デリバティブ資産                      19,978         19,978         24,805         24,805
     有価証券                      261,588         261,794         391,645         391,832
     その他の金融資産                      176,427         176,427         216,710         216,710
     合計                     4,548,728         4,566,210         5,234,088         5,283,877
     (金融負債)
     銀行事業の預金                     1,946,142         1,946,355         2,167,250         2,167,473
     証券事業の金融負債                     1,790,388         1,790,388         1,908,654         1,908,654
     デリバティブ負債                       6,918         6,918         10,871         10,871
     社債及び借入金                     1,015,781         1,017,245         1,154,273         1,156,983
     合計                     4,759,229         4,760,906         5,241,048         5,243,981
       公正価値の算定方法

       ・証券事業の金融資産
         証券事業の金融資産は、主に短期間で決済されるものであり、公正価値は帳簿価額に近似していることから、
        当該帳簿価額を公正価値としています。
       ・カード事業の貸付金、銀行事業の貸付金
         カード事業の貸付金及び銀行事業の貸付金の公正価値は、一定の期間毎に区分して、将来のキャッシュ・フ
        ローを満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り引いた現在価値によって算定しています。
       ・銀行事業の有価証券、保険事業の有価証券及び有価証券
         これらのうち、上場株式の公正価値については連結会計期間末日の市場の終値、非上場株式の公正価値につい
        ては類似業種比較法等、適切な評価技法を用いて算定しています。債券等の公正価値については、売買参考統計
        値、ブローカーによる提示相場等、利用可能な情報に基づく合理的な評価方法により算定しています。
       ・その他の金融資産
         その他の金融資産は、一定の期間毎に区分して、将来のキャッシュ・フローを満期までの期間及び信用リスク
        を加味した利率により割り引いた現在価値によって算定しています。
       ・デリバティブ資産及び負債
         デリバティブ資産及び負債のうち、為替予約については、先物為替相場等に基づき連結会計期間末日の公正価
        値を算定しています。また、金利スワップの公正価値は、将来のキャッシュ・フローを満期までの期間及び連結
        会計期間末日の金利スワップの利率により割り引いた現在価値により算定しています。
         なお、金利スワップ契約の取引相手先は高格付けを有する金融機関に限定しており、信用リスクは僅少である
        ため、公正価値の算定にあたり考慮していません。
       ・銀行事業の預金
         銀行事業の預金のうち、要求払預金については、連結会計期間末日に要求された場合の支払額(帳簿価額)を
        公正価値としています。また、定期預金の公正価値は、一定の期間毎に区分して、将来のキャッシュ・フローを
        満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り引いた現在価値により算定しています。なお、残存期
                                 36/43


                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
        間が短期間(1年以内)のものは、公正価値は帳簿価額に近似していることから、当該帳簿価額を公正価値とし
        ています。
       ・証券事業の金融負債
         証券事業の金融負債は、主に短期間で決済されるものであり、公正価値は帳簿価額に近似していることから、
        当該帳簿価額を公正価値としています。
       ・社債及び借入金
         社債及び借入金のうち満期までの期間が長期のものの公正価値は、一定の期間毎に区分して、将来のキャッ
        シュ・フローを満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り引いた現在価値により算定していま
        す。
         なお、その他の金融負債は、主に短期間で決済されるものであり、公正価値は帳簿価額に近似しています。

      (2)  公正価値ヒエラルキーのレベル別分類

        金融商品のうち、当初認識後に公正価値で測定される金融商品に関して分析を行っています。下記は、公正価値
       をレベル1からレベル3までの公正価値ヒエラルキーに基づく分類を示しています。
       <各ヒエラルキーの定義> 

        レベル1:同一の資産又は負債について活発な市場における(無調整の)公表価格
        レベル2:当該資産又は負債について直接又は間接に観察可能な、レベル1に含まれる公表価格以外のインプッ
             トを使用して算定された公正価値
        レベル3:観察不能なインプットを含む評価技法によって算定された公正価値
         当社グループは、各ヒエラルキー間の振替を、振替を生じさせた事象が発生した各四半期連結会計期間末日に
        おいて認識しています。
      連結財政状態計算書において公正価値で測定される資産及び負債に関するヒエラルキー別分類

      前連結会計年度(2017年12月31日)

                                                   (単位:百万円)
                      レベル1          レベル2          レベル3           合計
     証券事業の金融資産                      -         793          -         793
     銀行事業の有価証券                      -          -        13,424          13,424
     保険事業の有価証券                     701          -          -         701
     有価証券                    6,363            -       247,706          254,069
     その他の金融資産                      -          -        4,979          4,979
     銀行事業の預金                      -        6,324            -        6,324
     デリバティブ資産/負債                     △7        13,067            -        13,060
       前連結会計年度においてレベル1とレベル2の間の重要な振替はありません。
                                 37/43






                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
      当第3四半期連結会計期間末(2018年9月30日)
                                                   (単位:百万円)
                      レベル1          レベル2          レベル3           合計
     証券事業の金融資産                      -         891          -         891
     銀行事業の有価証券                   102,030             -        85,011         187,041
     保険事業の有価証券                    73,066          73,816         126,003          272,885
     有価証券                    12,428            -       371,400          383,828
     その他の金融資産                      -          -        5,188          5,188
     銀行事業の預金                      -         780          -         780
     デリバティブ資産/負債                      -        13,934            -        13,934
       当第3四半期連結会計期間においてレベル1とレベル2の間の重要な振替はありません。
      (3)  レベル3ヒエラルキーの調整表

        下記の表は、一つ以上の重要なインプットが観察可能な市場データに基づかないレベル3に分類された金融商品
       の期首から期末までの残高の増減を示す調整表です。
       前第3四半期連結累計期間(自 2017年1月1日 至 2017年9月30日)

                                                   (単位:百万円)
                         銀行事業の有価証券              有価証券             合計
     2017年1月1日                           4,423           153,934            158,357
     利得又は損失
      純損益
                                 △64           39,766            39,702
      その他の包括利益
                                 △0          △1,416            △1,416
     購入                           9,964           34,202            44,166
     売却                            -            -            -
     発行                            -            -            -
     決済                            -            -            -
     償還                          △4,108              -         △4,108
     その他                            -         △4,495            △4,495
     レベル3への振替                            -            -            -
     レベル3からの振替(注)                            -          △430            △430
     2017年9月30日                          10,215           221,561            231,776
     前第3四半期連結累計期間末日に保有

                                 △54           39,713            39,659
     する金融商品に係る純損益の合計
      (注)    公正価値の測定に使用する重要なインプットが観察可能となったことによる振替です。
        前第3四半期連結累計期間(自                 2017年1月1日         至   2017年9月30日)の純損益に含まれている利得又は損失

       は、「売上収益」及び「その他の収益」に含まれています。
                                 38/43





                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
       当第3四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)
                                                   (単位:百万円)
                        銀行事業の       保険事業の               その他の
                                       有価証券               合計
                         有価証券       有価証券              金融資産
     2018年1月1日                      13,424         -    247,706        4,979      266,109
     分類変更による影響額                      61,097        5,015         -       -     66,112
     利得又は損失
      純損益
                           △103         19     72,372         167     72,455
      その他の包括利益
                            △5      △847        685        -     △167
     購入                     193,055        41,886        6,456         65    241,462
     売却                        -    △32,780         △478         -    △33,258
     発行                        -       -       -       -       -
     決済                        -       -       -       -       -
     償還                    △182,487        △11,632         △34        -   △194,153
     その他(注)                        30     5,098       44,567        △23      49,672
     レベル3への振替                        -       -       -       -       -
     レベル3からの振替                        -       -       -       -       -
     新規連結による増加額                        -     119,244          126        -    119,370
     2018年9月30日                      85,011       126,003       371,400        5,188      587,602
     当第3四半期連結累計期間末日に保有

                           △103         19     72,373         167     72,456
     する金融商品に係る純損益の合計
      (注)     「9.   その他の収益」にて注記していますとおり、当第3四半期連結会計期間において、従来「持分法で会計
     処理されている投資」に計上していた一部を「有価証券」に振り替えました。これにより「有価証券」が39,753百万円
     増加しました。
        当第3四半期連結累計期間(自                 2018年1月1日         至   2018年9月30日)の純損益に含まれている利得及び損失

       は、「売上収益」及び「その他の収益」に含まれています。
        非上場株式の公正価値の測定は、所定のルールに従って営業部門から独立した管理部門により行われています。

       公正価値を測定するにあたり、個々の資産の性質、特徴及びリスクを最も適切に反映できる評価モデルを決定して
       います。評価モデルの採用論拠及び評価過程について、リスクの管理部署に報告され、公正価値の評価の方針及び
       手続に関する適正性が確保されています。
        銀行事業の有価証券の公正価値の測定は、時価算定事務基準に従いリスク管理部門により行われています。取引

       金融機関等から提供される価格については、有価証券種別ごとに分類し、それぞれの分類に応じて時価変動に影響
       を与えうる重要な指標の推移をモニタリングし、価格変動との整合性の確認を行っています。検証内容について
       は、月次でリスク管理委員会・経営会議・取締役会に報告しています。
        レベル3に分類された銀行事業の有価証券について、インプットがそれぞれ合理的に考えうる代替的な仮定に変

       更した場合の公正価値の増減は重要ではありません。また、レベル3に分類されたその他の金融商品については、
       インプットがそれぞれ合理的に考えうる代替的な仮定に変更した場合の重要な公正価値の増減は見込まれていませ
       ん。
                                 39/43




                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     12.企業結合
       当第3四半期連結累計期間(自                2018年1月1日         至   2018年9月30日)
       朝日火災海上保険株式会社との企業結合
       (1)  企業結合の概要は、以下のとおりです。
        ① 被取得企業の名称及び事業の内容
          被取得企業の名称  朝日火災海上保険株式会社
                    (注)2018年7月2日付で楽天損害保険株式会社に社名変更しています。
          事業の内容     損害保険事業
        ② 企業結合を行った理由
           当社は生命保険事業を営んでいますが、同社の子会社化により新たに損害保険を事業に含めることで、顧
          客に対しより幅広い保険商品の提供が可能になります。また、同社が有する既存契約者に対して当社のサー
          ビスを提供することは、新たな会員獲得と当社エコシステムの更なる拡大に繋がります。加えて、当社はE
          CやFinTechなどインターネットを通じた多種多様な事業を営んでいますが、これらの事業を通じて提供する
          サービス・商品に伴う付随的なリスクに対する損害保険の提供により、当社の顧客に対して商品・サービス
          をより一層安心かつ快適な形で提供できる、といったシナジー効果の発揮も期待できます。以上の理由によ
          り同社を子会社化しました。
        ③ 企業結合日      2018年3月30日
        ④ 企業結合の法的形式  株式の取得
        ⑤ 取得した議決権比率  99.3%
        ⑥ 取得企業を決定するに至った根拠
           当社が現金を対価として株式を取得したことによります。
       (2)  被取得企業の取得対価及びその内訳 

                                                   (単位:百万円)
         取得の対価:
           現金
                                                       44,685
         取得対価の合計                                              44,685
       (3)  取得に直接要した費用は154百万円であり、「営業費用」にて費用処理しています。

       (4)  企業結合日に受け入れた資産及び負債の額は、以下のとおりです。

                                                   (単位:百万円)
                                             公正価値
         資産の部
          現金及び現金同等物                                              47,545
          保険事業の有価証券                                             263,063
          無形資産                                              17,201
          その他                                              77,824
          資産合計                                             405,633
         負債の部
          保険契約準備金                                             321,985
          繰延税金負債                                              6,030
          その他                                              22,601
          負債合計                                             350,616
         純資産                                              55,017
                                 40/43



                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
          第2四半期連結会計期間において、企業結合日における公正価値を基礎として、取得対価を取得した資産お
         よび引き受けた負債に配分しています。
          これに伴い、第2四半期連結会計期間において、新たに取得契約価値を認識し無形資産を13,735百万円、繰
         延税金負債を3,883百万円増加する等の修正を行っています。
          その結果、負ののれんが9,949百万円発生しました。
       (5)  非支配持分 

          企業結合日に認識した非支配持分は383百万円です。企業結合日における被取得企業の公正価値で測定した純
         資産に、企業結合日時点の企業結合後の非支配持分比率(0.7%)を乗じて測定しています。
       (6)  発生した負ののれんの金額及び発生原因は、以下のとおりです。

        ① 発生した負ののれんの金額 9,949百万円
        ② 発生原因       
           受け入れた資産及び引き受けた負債の純額が株式の取得価額を上回ったため、その差額を負ののれん発生
          益として処理し「その他の収益」に計上しました。
       (7)  企業結合が期首に行われたと仮定した場合の当社グループの売上収益及び当期利益に与える影響は軽微なた

        め、記載を省略しています。
     13.  後発事象

        該当事項はありません。
     2  【その他】

        該当事項はありません。

                                 41/43











                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

       該当事項はありません。

                                 42/43



















                                                           EDINET提出書類
                                                         楽天株式会社(E05080)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2018年11月8日
     楽天株式会社
      取締役会      御中
                        EY新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          瀧      澤      徳      也    ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          齋  田          毅  ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          黒  木  賢  治               ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている楽天株式会社の

     2018年1月1日から2018年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年7月1日から2018年9月30
     日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年1月1日から2018年9月30日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、す
     なわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連
     結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準
     第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は
     誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部
     統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に
     対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
     に準拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務
     報告」に準拠して、楽天株式会社及び連結子会社の2018年9月30日現在の財政状態、同日をもって終了する第3四半期
     連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況を適
     正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      注記2.重要な会計方針に記載されているとおり、会社は第1四半期連結会計期間より、IFRS第9号(2014
     年改訂版)を適用している。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上 
      (注)      1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期
           報告書提出会社)が別途保管しています。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 43/43


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。