日本ケミコン株式会社 四半期報告書 第72期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第72期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:日本ケミコン株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年11月6日
      【四半期会計期間】                    第72期第2四半期(自 平成30年7月1日 至 平成30年9月30日)
      【会社名】                    日本ケミコン株式会社
      【英訳名】                    NIPPON    CHEMI-CON     CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  内 山 郁 夫
      【本店の所在の場所】                    東京都品川区大崎五丁目6番4号
      【電話番号】                    03(5436)7711番
      【事務連絡者氏名】                    取締役      白 石 修 一
      【最寄りの連絡場所】                    東京都品川区大崎五丁目6番4号
      【電話番号】                    03(5436)7711番
      【事務連絡者氏名】                    取締役      白 石 修 一
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/20












                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】

     第1【企業の概況】

      1【主要な経営指標等の推移】

                               第71期           第72期
               回次               第2四半期           第2四半期            第71期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 平成29年4月1日           自 平成30年4月1日           自 平成29年4月1日
              会計期間
                           至 平成29年9月30日           至 平成30年9月30日           至 平成30年3月31日
                      (百万円)             63,087           72,172           133,362
     売上高
                      (百万円)             2,524           3,103           4,416
     経常利益
     親会社株主に帰属する
     四半期純利益又は親会社株主に帰
                      (百万円)             1,921           △ 108         △ 16,056
     属する四半期(当期)純損失
     (△)
                      (百万円)             2,624           △ 100         △ 13,655
     四半期包括利益又は包括利益
                      (百万円)             65,699           48,816           49,410
     純資産額
                      (百万円)            142,637           143,005           142,711
     総資産額
     1株当たり
     四半期純利益金額又は1株当たり                  (円)           117.94           △ 6.65         △ 985.77
     四半期(当期)純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                        (円)             -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
                        (%)            45.8           33.9           34.4
     自己資本比率
     営業活動による
                      (百万円)             6,009          △ 8,666           5,305
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (百万円)            △ 3,707          △ 4,909          △ 7,265
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (百万円)            △ 1,646           8,989          △ 1,759
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                      (百万円)             29,234           20,270           24,634
     四半期末(期末)残高
                               第71期           第72期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自 平成29年7月1日           自 平成30年7月1日
              会計期間
                           至 平成29年9月30日           至 平成30年9月30日
     1株当たり四半期純利益金額又
                                   61.60
     は 1株当たり四半期純損失金額                 (円)                      △ 93.01
     (△)
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3 第71期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在
           しないため記載しておりません。第72期第2四半期連結累計期間及び第71期の潜在株式調整後1株当たり四
           半期(当期)純利益金額については、1株当たり四半期(当期)純損失金額であり、また、潜在株式が存在
           しないため記載しておりません。
         4 当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しております。これに伴
           い、前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益金額又は1株当た
           り四半期(当期)純損失金額を算定しております。
                                  2/20


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
         5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
           標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
       について重要な変更はありません。
        また、主要な関係会社についても異動はありません。
     第2【事業の状況】

      1【事業等のリスク】

        当第2四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要
       な変更があった事項は、次のとおりであります。
        当社は米国司法省との間で、電解コンデンサに関する価格カルテル及び談合行為に係る米国反トラスト法違反の疑
       いに関して、罰金の支払い等を内容とする司法取引に合意することを決定しておりましたが、平成30年10月に米国カ
       リフォルニア州北部地区連邦地方裁判所の承認手続きを経て、かかる司法取引の合意により支払う罰金額が60百万米
       ドルに確定致しました。
        平成30年9月、韓国公正取引委員会は、電解コンデンサの製造・販売に関して当社に韓国競争法に違反する行為が
       あったとして、当社に対し是正命令、42億11百万ウォンの課徴金の賦課及び刑事告発に関する決定を行いました。是
       正命令及び課徴金の賦課に関する決定につきましては、韓国公正取引委員会から正式な決定書が送達されておりませ
       んが、正式な決定書が送達され次第、内容を精査の上、適切に対処してまいります。
       重要事象等

        当社は、当第2四半期連結会計期間末における連結純資産の金額が一定水準を下回ったことにより、シンジケート
       ローン及び一部の借入契約における財務制限条項に抵触している状況にありますが、金融機関からは期限の利益喪失
       の権利行使を行わないことについて承諾を得ております。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
       連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前連結会
       計年度との比較・分析を行っております。
       (1)経営成績

         当第2四半期連結累計期間における世界経済は、米国では個人消費や設備投資が牽引役となり着実な景気拡大を
        続けており、欧州経済も回復基調で推移致しました。また、中国では景気の減速感が見られるものの、総じて安定
        した成長を続けております。一方、日本国内におきましては雇用情勢の改善が続く中、個人消費や設備投資が堅調
        に推移するなど景気は緩やかな回復基調で推移致しました。
         当社グループを取り巻く市場環境につきましては、産業用ロボット等の設備関連市場は、旺盛な国内需要に支え
        られ引き続き好調に推移致しました。また、自動車関連市場及びエアコン市場につきましても総じて堅調に推移致
        しました。
         このような経営環境のもと、当社グループにおきましては「第8次中期経営計画」の2年目を迎え、平成30年度
        の基本戦略を「第4次産業革命を絶好のチャンスとして捉えて、新たな改革をいち早く実行する―経営資源(ヒ
        ト・モノ・カネ・情報)の有効活用による利益創出―」と定め、引き続き企業価値向上のための諸施策を実行に移
        してまいりました。販売面では、販売部門と技術部門が連携して提案型営業を積極的に展開し、新たな需要の発掘
        による売上の向上を図ってまいりました。また、既存製品の価格是正にも取り組み、収益性の改善に努めました。
        品質面では、生産過程での不具合の発生と流出を根絶するため、生産設備から稼働状況等のデータを取得し、品質
        に影響を及ぼす異常を自動で検知・予防する生産設備の開発を推進してまいりました。
         一方、製品開発におきましては、戦略市場である車載市場をターゲットに、エンジンルーム内の高温度環境での
        使用を想定し耐熱性を150℃に高めた製品として、リード形アルミ電解コンデンサ「GQBシリーズ」及びチップ
        形アルミ電解コンデンサ「MXBシリーズ」を開発致しました。また、リード形導電性高分子ハイブリッドアルミ
        電解コンデンサにおきましても高耐熱化や長寿命化に取り組み、150℃2,000時間保証を実現した「HSFシリー
        ズ」の開発に成功致しました。
                                  3/20


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
         これらの結果、当第2四半期連結累計期間の連結業績につきましては、売上高は                                      721億72百万円(前年同期比
        14.4%増)となり、営業利益は31億30百万円(前年同期比19.9%増)、経常利益は31億3百万円(前年同期比
        23.0%増)となりました。また、独占禁止法関連損失の計上などにより、親会社株主に帰属する四半期純損失は1
        億8百万円(前年同期親会社株主に帰属する四半期純                         利益  19億21百万円)となりました。
         セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

        (コンデンサ)

         中国を中心としたアジア地域において生活家電・車載関連の需要が増加したことなどにより、                                           売上高683億6百
        万円(前年同期比12.8%増)、セグメント利益は26億67百万円(前年同期比13.3%増)となりました。
        (その他)

         CMOSカメラモジュール             及びリセール品が増加したことなどにより、                     売上高は38億66百万円(前年同期比
        52.3%増)、セグメント利益は4億62百万円(前年同期比81.2%増)となりました。
       (2)財政状態

         当第2四半期連結会計期間末における総資産は、1,430億5百万円となり前連結会計年度末に比べて2億94百万
        円増加致しました。
         流動資産は、818億58百万円となり18億円減少致しました。主な要因は、現金及び預金の減少などであります。
        固定資産は、611億46百万円となり20億94百万円増加致しました。
         負債は、941億88百万円となり8億88百万円増加致しました。
         純資産は、      488億16百万円       となり前連結会計年度末に比べ              5億94百万円減少        致しました。主な要因は、親会社株
        主に帰属する四半期純損失の計上などであります。なお、自己資本比率は前連結会計年度末の34.4%から                                                33.9%   と
        なりました。
       (3)キャッシュ・フロー

         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ43億63百万円減少し、
        202億70百万円となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは、前年同期と比べ146億76百万円減少
        し、86億66百万円の支出となりました。
         主な収支は、独占禁止法関連支払額134億39百万円などによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは、前年同期と比べ12億2百万円減少
        し、49億9百万円の支出となりました。
         主な収支は、有形固定資産の取得による支出48億63百万円などによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは、前年同期と比べ106億35百万円増加
        し、89億89百万円の収入となりました。
         主な収支は、借入金による収入95億66百万円などによるものであります。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
        に生じた課題はありません。
       (5)研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間の研究開発費の総額は21億32百万円であります。
         なお、当第2四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/20


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】

       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                      39,613,200
                  計                                     39,613,200

        ②【発行済株式】

                第2四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所名
         種類        現在発行数(株)            発行数(株)         又は登録認可金融商品               内容
                (平成30年9月30日)           (平成30年11月6日)             取引業協会名
                                        東京証券取引所          単元株式数は100株で
        普通株式             16,314,833           16,314,833
                                        (市場第一部)          あります。
          計            16,314,833           16,314,833           -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (百万円)       (百万円)
                   (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
     平成30年7月1日~
                       -     16,314         -     21,526         -     10,000
     平成30年9月30日
                                  5/20








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                  平成30年9月30日現在
                                                     発行済株式(自

                                                     己株式を除
                                              所有株式数
                                                     く。)の総数に
          氏名又は名称                      住所
                                              (千株)
                                                     対する所有株式
                                                     数の割合(%)
     日本トラスティ・サービス信託銀行

                       東京都中央区晴海1丁目8-11                          1,566         9.62
     株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                       東京都港区浜松町2丁目11-3                          1,075         6.61
     会社(信託口)
                       東京都千代田区丸の内2丁目7-1                           578        3.55
     株式会社三菱UFJ銀行
     日本生命保険相互会社
                       東京都千代田区丸の内1丁目6-6
     (常任代理人 日本マスタートラス                                             513        3.15
                       (東京都港区浜松町2丁目11-3)
     ト信託銀行株式会社)
     NORTHERN     TRUST   CO.  (AVFC)    RE
                       50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14
     IEDU   UCITS   CLIENTS    NON  LENDING
                       5NT,   UK                         502        3.08
     15  PCT  TREATY    ACCOUNT
                       (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     (常任代理人 香港上海銀行東京支
     店)
                       東京都千代田区丸の内1丁目1-2                           334        2.06
     株式会社三井住友銀行
     CREDIT    SUISSE    SECURITIES
     (EUROPE)     LIMITED    PB  OMNIBUS       ONE  CABOT   SQUARE    LONDON    E14  4QJ
                                                  318        1.96
     CLIENT    ACCOUNT              (東京都港区六本木1丁目6-1 泉ガーデ
                       ンタワー)
     (常任代理人 クレディ・スイス証
     券株式会社)
     DFA  INTL   SMALL   CAP  VALUE
                       PALISADES     WEST   6300,   BEE  CAVE   ROAD
     PORTFOLIO
                       BUILDING     ONE  AUSTIN    TX  78746   US            304        1.87
     (常任代理人 シティバンク、エ
                       (東京都新宿区新宿6丁目27-30)
     ヌ・エイ東京支店)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                           295        1.82
     株式会社(信託口5)
     THE  BANK   OF  NEW  YORK   MELLON       2-4,   RUE  EUGENE    RUPPERT,     L–2453
     (INTERNATIONAL)        LIMITED    131800     LUXEMBOURG,      GRAND   DUCHY   OF  LUXEMBOURG
                                                  279        1.71
     (常任代理人 株式会社みずほ銀                  (東京都港区港南2丁目15-1 品川イン
     行)                  ターシティA棟)
                                 -                5,768        35.42
             計
     (注)   1   平成30年6月6日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、ブラックロック・ジャパン株式会
          社及びその共同保有者であるブラックロック(ルクセンブルグ)エス・エー、ブラックロック・アセット・マ
          ネジメント・アイルランド・リミテッド、ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ、ブラックロック・イ
          ンターナショナル・リミテッド及びブラックロック・インスティテューショナル・トラスト・カンパニー、エ
          ヌ.エイ.が平成30年5月31日現在でそれぞれ以下の株式を保有している旨が記載されているものの、                                               当社と
          して当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含
          めておりません。
          なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります                           。
                                              保有株券等

                                                     株券等保有割合
             氏名又は名称                      住所             の数
                                                       (%)
                                               (千株)
                           東京都千代田区丸の内1丁目8-3

     ブラックロック・ジャパン株式会社                                             307        1.89
                           ルクセンブルク大公国 L-1855 J.F.
     ブラックロック(ルクセンブルグ)エス・
                                                  354        2.17
                           ケネディ通り 35A
     エー
                                  6/20


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
                                              保有株券等

                                                     株券等保有割合
             氏名又は名称                      住所             の数
                                                       (%)
                                               (千株)
                           アイルランド共和国 ダブリン イン

     ブラックロック・アセット・マネジメント・                      ターナショナル・ファイナンシャル・
                                                   29       0.18
     アイルランド・リミテッド                      サービス・センター JPモルガン・ハ
                           ウス
                           米国 カリフォルニア州 サンフラン
                           シスコ市 ハワード・ストリート 
     ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ                                             41       0.25
                           400
                           英国 エディンバラ センプル・スト
     ブラックロック・インターナショナル・リミ
                           リート 1 エクスチェンジ・プレー                       92       0.57
     テッド
                           ス・ワン
                           米国 カリフォルニア州 サンフラン
     ブラックロック・インスティテューショナ
                           シスコ市 ハワード・ストリート 
                                                   99       0.61
     ル・トラスト・カンパニー、エヌ.エイ.
                           400
        2   平成30年7月2日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、株式会社三菱UFJ

          フィナンシャル・グループの共同保有者である株式会社三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行株式会社、三菱
          UFJ国際投信株式会社及び三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社が平成30年6月25日現在でそれぞ
          れ以下の株式を保有している旨が記載されているものの、株式会社三菱UFJ銀行を除き、当社として当第2
          四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりま
          せん。
          なお、その大量保有報告書の変更報告書の内容は次のとおりであります。
                                               保有株券等       株券等保有

                                                 の数       割合
             氏名又は名称                       住所
                                                (千株)        (%)
                            東京都千代田区丸の内2丁目7-1                       578       3.55

     株式会社三菱UFJ銀行
                            東京都千代田区丸の内1丁目4-5                       514       3.15

     三菱UFJ信託銀行株式会社
                            東京都千代田区有楽町1丁目12-1                       360       2.21

     三菱UFJ国際投信株式会社
                            東京都千代田区丸の内2丁目5-2                        24      0.15

     三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
        3 平成30年7月23日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、野村證券株式会社及びその共同保

          有者である野村アセットマネジメント株式会社が平成30年7月13日現在でそれぞれ以下の株式を保有している
          旨が記載されているものの、             当社として当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができま
          せんので、上記大株主の状況には含めておりません。
          なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります                           。
                                              保有株券等

                                                     株券等保有割合
             氏名又は名称                      住所             の数
                                                       (%)
                                               (千株)
                           東京都中央区日本橋1丁目9-1

     野村證券株式会社                                             117        0.72
                           東京都中央区日本橋1丁目12-1
     野村アセットマネジメント株式会社                                             764        4.68
                                  7/20




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年9月30日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                      -             -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                      -             -             -

     議決権制限株式(その他)                      -             -             -

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                   -             -
                      普通株式             30,200
                      普通株式         16,186,300
     完全議決権株式(その他)                                      161,863          -
                      普通株式              98,333
     単元未満株式                                   -             -
                             16,314,833
     発行済株式総数                                   -             -
     総株主の議決権                      -                161,863          -

      (注) 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が400株(議決権4個)含ま
           れております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年9月30日現在
                                自己名義       他人名義       所有株式数       発行済株式総数

      所有者の氏名又は名称               所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計      に対する所有株
                                (株)       (株)       (株)      式数の割合(%)
     (自己保有株式)             東京都品川区大崎五丁目

                                  30,200         -     30,200          0.19
     日本ケミコン株式会社             6番4号
           計             -          30,200         -     30,200          0.19
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/20










                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1 四半期連結財務諸表の作成方法について

        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平
       成30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は平成30年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
                                  9/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         24,692              20,276
         現金及び預金
                                        ※1 29,108             ※1 30,140
         受取手形及び売掛金
                                         11,065              12,343
         商品及び製品
                                         7,334              7,435
         仕掛品
                                         4,558              5,673
         原材料及び貯蔵品
                                         6,917              6,001
         その他
                                          △ 18             △ 11
         貸倒引当金
                                         83,659              81,858
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         39,245              39,846
          建物及び構築物
                                        △ 27,561             △ 28,215
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             11,684              11,631
          機械装置及び運搬具                              117,910              121,658
                                       △ 103,018             △ 106,142
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                             14,891              15,515
                                         13,853              14,230
          工具、器具及び備品
                                        △ 12,185             △ 12,492
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              1,667              1,737
                                         6,905              6,908
          土地
                                         1,140              1,177
          リース資産
                                         △ 639             △ 651
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               500              526
                                         2,378              4,273
          建設仮勘定
                                         38,029              40,592
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                 1,073              1,198
         投資その他の資産
                                         17,585              17,090
          投資有価証券
                                         2,390              2,291
          その他
                                          △ 25             △ 25
          貸倒引当金
                                         19,949              19,356
          投資その他の資産合計
         固定資産合計                                59,052              61,146
                                        142,711              143,005
       資産合計
                                 10/20








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※1 10,106             ※1 10,001
         支払手形及び買掛金
                                        ※2 15,678             ※2 16,171
         短期借入金
                                           766              921
         未払法人税等
                                         1,788              1,948
         賞与引当金
                                        ※1 33,085             ※1 24,678
         その他
                                         61,425              53,722
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※2 18,093             ※2 27,523
         長期借入金
                                           133              129
         環境安全対策引当金
                                         9,273              9,103
         退職給付に係る負債
                                         4,374              3,709
         その他
                                         31,875              40,466
         固定負債合計
                                         93,300              94,188
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         21,526              21,526
         資本金
                                         28,079              18,928
         資本剰余金
                                        △ 1,252              7,301
         利益剰余金
                                          △ 92             △ 97
         自己株式
                                         48,260              47,658
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,692              1,657
         その他有価証券評価差額金
                                         1,483              1,339
         為替換算調整勘定
                                        △ 2,366             △ 2,201
         退職給付に係る調整累計額
                                           809              795
         その他の包括利益累計額合計
                                           341              362
       非支配株主持分
                                         49,410              48,816
       純資産合計
                                        142,711              143,005
      負債純資産合計
                                 11/20










                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      売上高                                   63,087              72,172
                                         49,769              58,115
      売上原価
                                         13,317              14,056
      売上総利益
                                        ※1 10,707             ※1 10,926
      販売費及び一般管理費
                                         2,610              3,130
      営業利益
      営業外収益
                                           19              18
       受取利息
                                           52              70
       受取配当金
                                           230              291
       持分法による投資利益
                                           23              17
       その他
                                           326              398
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                   252              309
                                           137              100
       為替差損
                                           22              14
       その他
                                           412              424
       営業外費用合計
                                         2,524              3,103
      経常利益
      特別利益
                                            0              2
       固定資産売却益
                                            0              2
       特別利益合計
      特別損失
                                           28              17
       固定資産処分損
                                                      ※2 2,702
                                           -
       独占禁止法関連損失
                                           28             2,719
       特別損失合計
                                         2,496               386
      税金等調整前四半期純利益
                                           541              598
      法人税、住民税及び事業税
                                           37             △ 101
      法人税等調整額
                                           578              497
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                    1,917              △ 110
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                     △ 3             △ 2
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                         1,921              △ 108
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 12/20








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                    1,917              △ 110
      その他の包括利益
                                           328              △ 21
       その他有価証券評価差額金
                                           151             △ 147
       為替換算調整勘定
                                           280              163
       退職給付に係る調整額
                                          △ 53              15
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                           706               10
       その他の包括利益合計
                                         2,624              △ 100
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         2,625              △ 122
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           △ 1              21
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/20















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,496               386
       税金等調整前四半期純利益
                                         3,197              3,318
       減価償却費
                                           -             2,702
       独占禁止法関連損失
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   337              △ 92
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 21              △ 7
       環境安全対策引当金の増減額(△は減少)                                   △ 8             △ ▶
                                          △ 71             △ 88
       受取利息及び受取配当金
                                           252              309
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                   △ 2              21
       持分法による投資損益(△は益)                                  △ 230             △ 291
       固定資産処分損益(△は益)                                    27              15
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 1,439              △ 859
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 149            △ 1,936
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  1,649               790
       未払金の増減額(△は減少)                                   547              433
                                           435              672
       その他
                                         7,019              5,368
       小計
                                           212              227
       利息及び配当金の受取額
                                         △ 245             △ 320
       利息の支払額
                                         △ 602             △ 503
       法人税等の支払額
                                         △ 374            △ 13,439
       独占禁止法関連支払額
                                         6,009             △ 8,666
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 0              -
       定期預金の預入による支出
                                           -              52
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 3,210             △ 4,863
       有形固定資産の取得による支出
                                            0              2
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 113             △ 212
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 399               -
       投資有価証券の取得による支出
                                          △ 12             △ 10
       貸付けによる支出
                                           18              12
       貸付金の回収による収入
                                           -              38
       関係会社株式の売却による収入
                                           10              71
       その他
                                        △ 3,707             △ 4,909
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  △ 982             10,308
                                           750             10,500
       長期借入れによる収入
                                         △ 842            △ 11,242
       長期借入金の返済による支出
       リース債務の返済による支出                                   △ 75             △ 83
                                           △ 7             △ 5
       自己株式の取得による支出
                                         △ 488             △ 488
       配当金の支払額
                                        △ 1,646              8,989
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           136              223
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     792            △ 4,363
                                         28,442              24,634
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 29,234              ※ 20,270
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/20




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
        (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
        会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の
        区分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

        ※1 四半期連結会計期間末日満期手形
          四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。な
         お、当第2四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が四
         半期連結会計期間末日残高に含まれております。
                              前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間

                             (平成30年3月31日)                  (平成30年9月30日)
        受取手形                               63 百万円                 81百万円
        支払手形                              140  百万円                188百万円
        設備関係支払手形                               3 7 百万円                 57百万円
        ※2 財務制限条項

          当社は、当第2四半期連結会計期間末における連結純資産の金額が一定水準を下回ったことにより、シンジ
         ケートローン及び一部の借入契約における財務制限条項に抵触している状況にありますが、金融機関からは期限
         の利益喪失の権利行使を行わないことについて承諾を得ております。
         3 その他

          当社グループは、アルミ電解コンデンサ等の取引に関して、各国の競争当局による調査等を受けております。
         その結果として当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
         当社は米国司法省との間で罰金の支払いに関して40百万米ドルから60百万米ドルを支払うこと等とする司法取引
         に合意することを決定しておりましたが、平成30年10月に米国カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所の承認
         手続きを経て、かかる司法取引の合意により支払う罰金額が60百万米ドルに確定いたしました。
          平成30年9月、韓国公正取引委員会は電解コンデンサの製造・販売に関して当社に韓国競争法に違反する行為
         があったとして、当社に対して42億11百万ウォンの課徴金を賦課することを決定いたしました。是正命令及び課
         徴金の賦課に関する決定につきましては、韓国公正取引委員会から正式な決定書が送達されておりませんが、正
         式な決定書が送達され次第、内容を精査の上、適切に対処してまいります。
          これらに伴い、特別損失として独占禁止法関連損失を計上いたしました。なお、米国司法省との合意に係る特
         別損失は、前連結会計年度において発生が確実に見込まれる40百万米ドルを計上しておりましたので、追加で20
         百万米ドルを特別損失に計上いたしました。
        (四半期連結損益計算書関係)

        ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自 平成29年4月1日                  (自 平成30年4月1日
                             至 平成29年9月30日)                    至 平成30年9月30日)
        荷造運賃                            1,889   百万円               2,121   百万円
        給与手当                            2,203   百万円               2,263   百万円
        賞与引当金繰入額                             475  百万円                510  百万円
        退職給付費用                             388  百万円                238  百万円
        研究開発費                            2,059   百万円               2,132   百万円
        ※2    独占禁止法関連損失

          アルミ電解コンデンサ等の取引についての独占禁止法違反に関する損失であります。
                                 15/20



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
        ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のとお
         りであります。
                             前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
                              至 平成29年9月30日)                 至 平成30年9月30日)
         現金及び預金勘定                            29,289百万円                 20,276百万円
         預入期間が3か月を超える定期預金                             △55百万円                 △5百万円
         現金及び現金同等物                            29,234百万円                 20,270百万円
        (株主資本等関係)

         前第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
          配当金支払額
                            配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類       配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (百万円)       配当額(円)
     平成29年6月29日
               普通株式      利益剰余金           488      3.00   平成29年3月31日         平成29年6月30日
     定時株主総会
         当第2四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)

          配当金支払額
                            配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類       配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (百万円)       配当額(円)
     平成30年6月28日
               普通株式      資本剰余金           488      30.00    平成30年3月31日         平成30年6月29日
     定時株主総会
                                 16/20












                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          前第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)
          報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                    四半期連結損益
                               報告セグメント
                                           その他
                                                    計算書計上額
                                           (注)1
                                                     (注)2
                                コンデンサ
        売上高

                                    60,548           2,538          63,087
         外部顧客への売上高
                                      -          -          -
         セグメント間の内部売上高又は振替高
                                    60,548           2,538          63,087
                  計
                                     2,354           255         2,610
        セグメント利益
        (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、CMOSカメラモジュー
             ル、アモルファスチョークコイルなどを含んでおります。
           2 セグメント利益の合計額は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
          当第2四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年9月30日)

          報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                    四半期連結損益
                               報告セグメント
                                           その他
                                                    計算書計上額
                                           (注)1
                                                     (注)2
                                コンデンサ
        売上高

                                    68,306           3,866          72,172
         外部顧客への売上高
                                      -          -          -
         セグメント間の内部売上高又は振替高
                                    68,306           3,866          72,172

                  計
                                     2,667           462         3,130
        セグメント利益
        (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、CMOSカメラモジュー
             ル、アモルファスチョークコイルなどを含んでおります。
           2 セグメント利益の合計額は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
                                 17/20









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                項目               (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
     1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期
                                        117円94銭               △6円65銭
     純損失金額(△)
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は親会
      社株主に帰属する四半期純損失金額(△)(百万                                   1,921               △108
      円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
      益金額又は親会社株主に帰属する四半期純損失金                                   1,921               △108
      額(△)(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                   16,289               16,285
      (注)1 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、前第2四半期連結累計期間は潜在株式が存在しな
           いため記載しておりません。当第2四半期連結累計期間は1株当たり四半期純損失金額であり、また、潜在
           株式が存在しないため記載しておりません。
         2 当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しております。前連結会計
           年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失
           金額を算定しております。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 18/20












                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】

         該当事項はありません。

                                 19/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本ケミコン株式会社(E01926)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年11月6日

     日本ケミコン株式会社
      取締役会 御中
                         EY新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                            岡    本    和    巳    印
                           業  務  執  行  社  員
                           指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                            島   藤   章   太   郎   印
                           業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本ケミコン株

     式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から
     平成30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連結財
     務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本ケミコン株式会社及び連結子会社の平成30年9月30日現在の財政
     状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示してい
     ないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。