エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社 四半期報告書 第34期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第34期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)
提出日
提出者 エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2018年11月6日
      【四半期会計期間】                    第34期第2四半期(自 2018年7月1日 至 2018年9月30日)
      【会社名】                    エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
      【英訳名】                    NTT  URBAN   DEVELOPMENT      CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  中川 裕
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区外神田四丁目14番1号
      【電話番号】                    (03)6811-6300(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役 経営企画部長  山澤 秀行
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区外神田四丁目14番1号
      【電話番号】                    (03)6811-6424
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役 経営企画部長  山澤 秀行
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/74













                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第33期           第34期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第33期
                              累計期間           累計期間
                           自 2017年4月1日           自 2018年4月1日           自 2017年4月1日
              会計期間
                           至 2017年9月30日           至 2018年9月30日           至 2018年3月31日
                                  71,320           71,921           160,654
     営業収益
                     (百万円)
     (第2四半期連結会計期間)                            ( 31,171   )        ( 42,021   )
                     (百万円)             19,981           18,449           27,938

     税引前四半期(当期)利益
     親会社の所有者に帰属する四半

                                  13,078           11,813           18,155
     期(当期)利益
                     (百万円)
     (第2四半期連結会計期間)                             ( 5,357   )        ( 5,713   )
     親会社の所有者に帰属する四半
                     (百万円)             14,486           13,318           17,336
     期(当期)包括利益
                     (百万円)             228,746           242,726           228,636

     親会社の所有者に帰属する持分
                     (百万円)             992,655           995,328           997,154

     総資産額
     基本的1株当たり四半期(当

                                   39.74           35.89           55.16
     期)利益
                      (円)
     (第2四半期連結会計期間)                             ( 16.28   )        ( 17.36   )
     希薄化後1株当たり四半期(当
                      (円)              -           -           -
     期)利益
                      (%)             23.0           24.4           22.9

     親会社所有者帰属持分比率
     営業活動によるキャッシュ・フ

                     (百万円)             16,631           20,380           42,232
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)            △ 38,480           △ 2,662          △ 57,018
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             20,976          △ 22,007           12,663
     ロー
     現金及び現金同等物の期末残高               (百万円)             21,526           15,973           20,187

      (注)1.上記指標は、国際財務報告基準(IFRS)により作成された要約四半期連結財務諸表および連結財務諸表に基

           づいております。
         2.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         3.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
         4.希薄化後1株当たり四半期(当期)利益については、希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため記載し
           ておりません。
                                  2/74





                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動                            は、以下のとおりであります。
        第1四半期連結会計期間において、以下の会社が新たに提出会社の関係会社となりました。

        (連結子会社)
                          資本金               議決権の所
                          又は     主要な事業の内容          有割合又は
        名称          住所                                  関係内容
                          出資金        (注)       被所有割合
                         (百万円)                 (%)
     UDホスピタリティ

                                               ホテルの経営、統括管理、
                            400               100.0
               東京都千代田区                その他
     マネジメント㈱
                                               運営管理
        (注)主要な事業の内容は、セグメント情報の名称を記載しております。

        (持分法適用会社)

                          資本金               議決権の所
                          又は     主要な事業の内容          有割合又は
        名称          住所                                  関係内容
                          出資金        (注)       被所有割合
                         (百万円)                 (%)
                                               当社が所有する建物を含め

                            100                19.0
     ㈱オーエンス         東京都中央区                その他
                                               たビルの運営管理等
        (注)主要な事業の内容は、セグメント情報の名称を記載しております。

                                  3/74












                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、本資料の提出日現在において判断したものであります。
       (1)経営成績の状況

         当第2四半期連結累計期間における賃貸オフィス市場については、高い稼働率を維持し、賃料相場も堅調な推移
        が見られました。マンション分譲市場については、販売価格の高止まりが続く中で、都心部の物件を中心に需要は
        堅調であったものの、郊外においては、販売が長期化する物件も見られました。
         こうした事業環境の中、当社グループは「中期ビジョン2018~さらなる成長をめざして~」に基づき、持続的な
        成長をめざして着実に事業を展開いたしました。オフィス・商業事業に                                 つ いては、一過性の影響を除くベースとな
        る事業では増収増益となりました。一方、住宅事業に                         つ いては、マンション計上戸数は減少、戸当たり平均単価は
        上昇いたしました。
         営業収益は      71,921百万円      (前年同期比      601百万円増      、 0.8%増    )、  営業利益は19,837百万円           (前年同期比      1,688百
        万円減   、 7.8%減    )、  税引前四半期利益は18,449百万円               (前年同期比      1,531百万円減       、 7.7%減    )、  親会社の所有者
        に帰属する四半期利益は11,813百万円                  (前年同期比      1,265百万円減       、 9.7%減    )となりました。
        ①  オフィス・商業事業

          当第2四半期連結累計期間におけるオフィス・商業事業については、大手町プレイス(旧呼称:大手町二丁目
         地区第一種市街地再開発事業、東京都千代田区)、UDゆめ咲ビル(大阪府大阪市)、185                                          Dartmouth     Street
         (米国ボストン市)等の新規物件による収益の確保に取り組んだほか、第1四半期連結会計期間において物件売
         却益を計上いたしましたが、前第1四半期連結会計期間に計上した一過性の収益・利益である市街地再開発事業
         における補償金の反動減がありました。
          営業収益は      46,201   百万円(前年同期比         587  百万円増、1.3%増)、営業利益は                20,712   百万円(前年同期比1,442
         百万円減、     6.5  %減)となりました。
          なお、当第2四半期連結累計期間において大手町プレイス(東京都千代田区)、ハイアット                                           リージェンシー
         瀬良垣アイランド         沖縄(沖縄県国頭郡)等が竣工し、運営を開始しております。現在進行中の開発案件として
         は、アーバンネット内幸町ビル(旧呼称:新橋一丁目プロジェクト、東京都港区)、原宿駅前プロジェクト(東
         京都渋谷区)等があります。また、ホテル・リゾート事業については、新風館再開発計画(京都府京都市)、元
         清水小学校跡地活用計画(京都府京都市)等、取組みを強化しております。
        ②  住宅事業

          当第2四半期連結累計期間における住宅事業については、ウエリス新宿早稲田の森(東京都新宿区)、ウエリ
         ス千代田東神田(東京都千代田区)等が竣工し、計上戸数は305戸となりました。また、当第2四半期連結累計
         期間の戸当たり平均単価は52百万円と上昇いたしました。
          営業収益は17,400百万円(前年同期比2,331百万円減、11.8%減)、営業利益は1,037百万円(前年同期比593
         百万円減、36.4%減)となりました。
        ③  その他

          当第2四半期連結累計期間におけるその他の事業(テナント企業向けの内装工事受託、建物管理受託等)につ
         いては、営業収益は11,203百万円(前年同期比2,702百万円増、31.8%増)、営業利益は1,272百万円(前年同期
         比527百万円増、70.7%増)となりました。
                                  4/74





                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
       (2)  財政状態    の状況
        ①資産、負債および資本の状況
        (資産の状況)
          当第2四半期連結会計期間末の資産合計は995,328百万円となり、前連結会計年度末比では1,825百万円減少い
         たしました。
          流動資産は116,793百万円となり、前連結会計年度末比では16,170百万円減少いたしました。これは、主に物
         件売却により売却目的で保有する資産が11,803百万円減少したことによるものであります。
          非流動資産は878,534百万円となり、前連結会計年度末比では14,344百万円増加いたしました。これは、主に
         投資有価証券の時価評価に伴い、その他の金融資産が8,719百万円増加および新規開発物件への投資等により投
         資不動産が2,858百万円増加したことによるものであります。
        (負債の状況)

          当第2四半期連結会計期間末の負債合計は708,598百万円となり、前連結会計年度末比では16,136百万円減少
         いたしました。これは、主に有利子負債                   が 18,227百万円      減少したことによるものであります                 。なお、現金及び現
         金同等物等を控除したネット有利子負債も前連結会計年度末比で13,973百万円減少しております。
        (資本の状況)

          当第2四半期連結会計期間末の資本合計は286,729百万円となり、前連結会計年度末比では14,310百万円増加
         いたしました。これは、利益剰余金の増加(13,615百万円)、その他の資本の構成要素の増加(475百万円)、
         非支配持分の増加(219百万円)によるものであります。
        ②キャッシュ・フローの状況

          当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、以下のとおりでありま
         す。
        ( 営業活動によるキャッシュ・フロー)

          税引前四半期利益および減価償却に伴うキャッシュイン27,178百万円(前年同期比1,234百万円の減少)があ
         りましたが、棚卸資産の増加によるキャッシュアウト1,575百万円(前年同期比472百万円の縮小)および法人所
         得税の支払によるキャッシュアウト3,985百万円(前年同期比2,812百万円の縮小)等があったため、営業活動に
         よるキャッシュ・フローは20,380百万円のキャッシュイン(前年同期比3,749百万円の増加)となりました。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資不動産及び有形固定資産の取得に伴うキャッシュアウト14,300百万円(前年同期比23,752百万円の縮小)
         がありましたが、投資不動産及び有形固定資産の売却に伴うキャッシュイン13,551百万円(前年同期比13,551百
         万円の増加)等があったため、投資活動によるキャッシュ・フローは2,662百万円のキャッシュアウト(前年同
         期比35,818百万円の縮小)となりました。
        (フリー・キャッシュ・フロー)

          フリー・キャッシュ・フローは、17,718百万円のキャッシュイン(前年同期21,849百万円のキャッシュアウト
         に比べ39,567百万円増加)となりました。
         (注)フリー・キャッシュ・フローの算定式は、以下のとおりであります。

           「フリー・キャッシュ・フロー                  =
             (営業活動によるキャッシュ・フロー)+(投資活動によるキャッシュ・フロー)」
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動によるキャッシュ・フローは、22,007百万円のキャッシュアウト(前年同期20,976百万円のキャッ
         シュインに比べ42,983百万円減少)となりました。これは、有利子負債の減少(17,698百万円)、配当金の支払
         (3,291百万円)によるキャッシュアウト等によるものであります。
          この結果、当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ4,214百万

         円減少し、15,973百万円となりました                  。
       (3)事業上および財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
                                  5/74


                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
       (4)研究開発活動
         該当事項はありません。
       (5)営業収益の状況

         当第2四半期連結累計期間のセグメントごとの営業収益の状況は、以下のとおりであります。なお、本文におい
        て各事業の営業収益は、セグメント間の内部営業収益または振替高を含んだ数値を記載しております。
                                                    (単位:百万円)
                                当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日                  前年同期比(%)
               セグメントの名称
                                 至 2018年9月30日)
                                          46,201               101.3

        オフィス・商業事業
                                          17,400                88.2
        住宅事業
                                          63,601                97.3
         報告セグメント計
                                          11,203               131.8
        その他
                                         △2,883                  ―
        消去
                  合計                        71,921               100.8
        (注)1.本表の金額には、消費税等は含まれておりません。また、各セグメントの営業収益にはセグメント間の
             内部営業収益または振替高を含めております。
           2.「消去」は、各セグメント間において重複している内部営業収益または振替高を指しております。
         また、当社グループの主たる事業であるオフィス・商業事業および住宅事業の状況は、以下のとおりでありま

        す。
        (オフィス・商業事業)

         オフィス・商業事業における営業収益等の状況は、以下のとおりであります。なお、各数値は連結の数値を記
        載しております。
                           前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
               区分
                   営業収益                42,710百万円                  43,807百万円

       オフィス・商業賃貸
                                    1,118,459㎡                  1,151,160㎡
                  貸付可能面積
                                     92,685㎡)                 111,539㎡)
                         (うち、転貸                  (うち、転貸
                                         ―                  ―

         収益不動産     売却     営業収益
           その他        営業収益                 2,903百万円                  2,393百万円

             営業収益合計                       45,613百万円                  46,201百万円

        (注)1.貸付可能面積は、9月末日時点の数値であります。
           2.転貸による貸付可能面積には、当社および連結子会社間の契約による転貸は含まれておりません。
         また、当社グループの四半期ごとの空室率の状況は、以下のとおりであります。

          区分       2017年9月         2017年12月         2018年3月         2018年6月         2018年9月
                                     1.4%         0.5%         0.5%

         都心5区          2.0%         1.2%
                                     3.4%         2.7%         2.7%

          全国         3.3%         3.3%
        (注)1.空室率は、各月末日時点の数値であります。
           2.「都心5区」とは、千代田区、中央区、港区、渋谷区および新宿区を指しております。
                                  6/74



                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        (住宅事業)
         住宅事業における営業収益等の状況は、以下のとおりであります。なお、各数値は連結の数値を記載しておりま
        す。
                                                    (単位:百万円)
               区分             前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                                                        16,276

              住宅分譲                        18,687
                                       1,044                 1,124

              住宅賃貸
               その他                          ―                 ―

                                       19,732

             営業収益合計                                           17,400
         住宅事業における、住宅分譲の種類別・地域別の営業収益等の状況は、以下のとおりであります。

                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
               区分
                                    営業収益                 営業収益
                           戸数・区画数                 戸数・区画数
                                    (百万円)                 (百万円)
       分譲マンション
                                346       13,950          234       13,442

                    首都圏
           計上戸数
                                62       2,575          70       2,715
                  その他の地域
                                510          ―        501          ―

               完成在庫
       宅地分譲等

                                27        877          ―         0

                    首都圏
           計上戸数
                                45        533         10        118
                  その他の地域
                                45         ―        20         ―

               完成在庫
       分譲マンション/宅地分譲等合計

                                373       14,827          234       13,442

                    首都圏
           計上戸数
                                107        3,109          80       2,833
                  その他の地域
                                555                 521

               完成在庫                          ―                 ―
       住宅分譲その他

                    首都圏             ―         ―         ―         ―

           計上戸数
                                 1        750
                  その他の地域                                ―         ―
               完成在庫                  ―         ―         ―         ―

                                       18,687                 16,276
             営業収益合計                   ―                 ―
       (注)1.共同事業物件については、当社事業割合に応じた戸数を記載し、小数点以下は切捨てで表示しておりま
             す。
          2.完成在庫は、9月末日時点の数値であります。分譲マンションの完成在庫には、契約済未計上の物件
             が、前第2四半期連結累計期間は51戸、当第2四半期連結累計期間は50戸含まれており、宅地分譲等の
             完成在庫には、契約済未計上の物件が、前第2四半期連結累計期間は15区画、当第2四半期連結累計期
             間は13区画含まれております。
          3.「首都圏」とは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県および栃木県を指                                           しておりま
             す。
          4.  当社グループは、上記のほかオーストラリアにおいても宅地分譲を行っており、前連結会計年度まで日
             本基準に基づき営業収益に計上しておりましたが、IFRSの導入に伴い、第1四半期連結累計期間より営
             業収益に含めず、持分法による投資損益に計上することといたしました。なお、前第2四半期連結累計
                                  7/74


                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
             期間の計上戸数は44区画、完成在庫は236区画、当第2四半期連結累計期間の計上戸数は1区画、完成在
             庫は225区画であります。
       (6)経営成績に重要な影響を与える要因および経営戦略の現状と見通し

         オフィス事業においては、東京都心オフィスの大量供給に伴う需給悪化に対処するため、ご入居いただいている
        お客さまとの関係強化に取り組み、お客さま満足度を高めるなど、収益の確保に努めてまいります。また、空室増
        加に伴う賃貸オフィス市場の変動リスクに対しては、BCP(事業継続計画)対応等の戦略的なリニューアルによる
        競争力の強化やパートナーとのコラボレーションによるプロパティマネジメントの強化等に努めてまいります。さ
        らに、社会環境の変化を捉え、ICTを活用した質の高いビルサービスの提供と業務の効率化に取り組むとともに、
        LIFORK事業(お客さま一人ひとりの、自分らしいワークスタイル&ライフスタイルの実現をサポートする、新たな
        形のシェアオフィス事業)等の新たな事業領域の拡大にも積極的に取り組んでまいります。
         商業事業においては、訪日外国人数の増加や消費動向の変化を捉えた取組みを具現化させており、市場の拡大が
        見込まれるホテル・リゾート事業については、事業環境の変化への対応を図るため、引き続き魅力あるエリアで、
        競争力のある開発を推進してまいります。また、既存の建物を活かし、歴史・文化のある街並みと融合した開発等
        を通じ、新たな価値の創出に取り組んでまいります。商業施設の運営については、モノからコトへの消費動向の変
        化を踏まえたテナント誘致を行い、お客さまにご満足いただける魅力的な施設づくりに努めてまいります。
         住宅事業においては、ライフスタイルの変化や人口動態を踏まえ、既存の事業モデルを見直し、事業領域の多様
        化に取り組んでまいります。マンション分譲事業においては、都心回帰志向の高まりを踏まえ、お客さまニーズの
        変化を捉えた供給エリアの選択と商品企画に取り組んでまいります。また、中古住宅リノベーションやコンバー
        ジョン(用途変更)等を拡大し、付加価値の高いビジネスへの取組みを拡大してまいります。さらに、「つなぐ
        TOWNプロジェクト」に代表されるサービス付き高齢者向け住宅や賃貸レジデンス等にも引き続き取り組んでまいり
        ます。
         その他事業については、当社グループが関与するリート(不動産投資信託)を活用した資産組換えにより、関与
        資産額の増加を図り、建物管理業務・資産管理業務等のフィービジネスの拡大に取り組んでまいります。
       (7)資本の財源および資金の流動性についての分析

         当第2四半期連結累計期間においては、設備投資や出資、棚卸資産の取得等の資金需要に対して、金融機関から
        の借入等により資金調達を行いました。
       (8)株式会社の支配に関する基本方針について

         当社としては、親会社の議決権の所有割合が50%を超えている現状に鑑みて、株式会社の支配に関する基本方針
        を特段定めておらず、現時点では買収防衛策も導入しておりません。
                                  8/74










                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                  9/74




















                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①  【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                               1,050,000,000

                  計                             1,050,000,000

        ②  【発行済株式】

              第2四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      現在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (2018年11月6日)
               (2018年9月30日)                         取引業協会名
                                        東京証券取引所             単元株式数

       普通株式           329,120,000             329,120,000
                                        市場第一部             100株
         計          329,120,000             329,120,000              ―          ―

        (注)提出日現在の発行済株式のうち、30,630,000株は、現物出資(建物等927百万円、土地(89,492㎡)2,144百
           万円)によるものであります。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①  【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②  【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                              資本準備金        資本準備金
                発行済株式総        発行済株式総
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日       数増減数        数残高
                                              増減額        残高
                               (百万円)        (百万円)
                 (株)        (株)
                                              (百万円)        (百万円)
      2018年7月1日
                    -   329,120,000            -      48,760          -      34,109
     ~2018年9月30日
                                 10/74








                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2018年9月30日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
     日本電信電話株式会社                  東京都千代田区大手町1丁目5-1                      221,481,500            67.30
     日本トラスティ・サービス信託銀行                  東京都中央区晴海1丁目8-11                       12,953,000            3.94

     株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式                  東京都港区浜松町2丁目11番3号                       6,163,700            1.87

     会社(信託口)
     ゴールドマン・サックス・アンド・                  200    WEST     STREET       NEW        5,590,885            1.70

     カンパニー レギュラーアカウント
                       YORK,NY,USA
     (常任代理人 ゴールドマン・サッ
                       (東京都港区六本木6丁目10番1号 
     クス証券株式会社)
                       六本木ヒルズ森タワー)
     CGML PB CLIENT A                  CITIGROUP CENTRE,                        5,492,800            1.67

     CCOUNT/COLLATERA                  CANADA SQUARE, CAN
     L                  ARY WHARF, LONDON 
                       E14 5LB
     (常任代理人 シティバンク、エ                  (東京都新宿区新宿6丁目27番30
     ヌ・エイ東京支店)                  号)
     ステート ストリート バンク ア                  P.O.BOX 351 BOSTO                       3,163,902            0.96

     ンド トラスト カンパニー 50                  N MASSACHUSETTS 02
     5001                  101 U.S.A.
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行                  (東京都港区港南2丁目15-1 品川
     決済営業部)                  インターシティA棟)
     ザ バンク オブ ニューヨーク                   225    LIBERTY        STREET,            2,818,010            0.86

     メロン 140042
                       NEW    YORK,      NEW    YORK,
                       U.S.A.
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行
                       (東京都港区港南2丁目15-1 品川
     決済営業部)
                       インターシティA棟)
     日本トラスティ・サービス信託銀行                  東京都中央区晴海1丁目8-11                       2,389,900            0.73

     株式会社(信託口5)
     ステート ストリート バンク ア                  AIB INTERNATIONAL                        2,293,916            0.70

     ンド トラスト カンパニー 50                  CENTRE P.O. BOX 51
     5019                  8 IFSC DUBLIN, IRE
                       LAND
     (常任代理人 香港上海銀行東京支                  (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     店 カストディ業務部)
     ザ バンク オブ ニューヨーク                   225    LIBERTY        STREET,            2,171,500            0.66

     メロン 140044
                       NEW    YORK,      NEW    YORK,
                       U.S.A.
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行
                       (東京都港区港南2丁目15-1 品川
     決済営業部)
                       インターシティA棟)
                                -             264,519,113            80.37

             計
                                 11/74


                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
      (注)1.日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託
           口)および日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5)の所有株式数は、全て各社が信託業務
           (証券投資信託等)の信託を受けている株式であります。なお、それらの内訳は、投資信託設定分
           10,617,900株、年金信託設定分1,977,200株、その他信託分8,911,500株であります。
         2.ゴールドマン・サックス・アンド・カンパニー レギュラーアカウント、CGML PB CLIENT 
           ACCOUNT/COLLATERAL、ステート ストリート バンク アンド トラスト カンパ
           ニー 505001、ザ バンク オブ ニューヨーク メロン 140042、ステート ストリート 
           バンク アンド トラスト カンパニー 505019、ザ バンク オブ ニューヨーク メロン 14
           0044は、海外の機関投資家の所有する株式の保管管理業務を行うとともに、当該機関投資家の株式名義
           人となっております。
       (6)【議決権の状況】

        ①  【発行済株式】
                                                   2018年9月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                             ―            ―            ―

      議決権制限株式(自己株式等)                             ―            ―            ―

      議決権制限株式(その他)                             ―            ―            ―

                         普通株式
      完全議決権株式(自己株式等)                                         ―            ―
                                  100
                         普通株式
      完全議決権株式(その他)                                     3,291,138                ―
                              329,113,800
                         普通株式
      単元未満株式                                         ―            ―
                                 6,100
      発行済株式総数                        329,120,000                 ―            ―
      総株主の議決権                             ―        3,291,138                ―

      (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式が800株含まれております。
           「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数8個が含まれております。
         2.「単元未満株式」欄の普通株式には、自己株式が21株含まれております。
        ②  【自己株式等】

                                                   2018年9月30日現在
                                                    発行済株式総数

                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                      (%)
     エヌ・ティ・ティ都市開             東京都千代田区外神田
                                  100         ―       100        0.00
     発株式会社             四丁目14番1号
           計                 ―       100         ―       100        0.00
                                 12/74






                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
        該当事項はありません。
                                 13/74




















                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
       閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2018年7月1日から2018
       年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)に係る要約四半期連結財
       務諸表について、有限責任             あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適

       正に作成することができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成
       することができる体制の整備を行っております。その内容は以下のとおりであります。
       (1)会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、公
        益財団法人財務会計基準機構に加入しております。
       (2)IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の把

        握を行っております。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表等を作成するために、IFRSに準拠したグループ会計
        方針及び会計指針を作成し、それらに基づいて会計処理を行っております。
                                 14/74














                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                                     当第2四半期

                                 IFRS移行日         前連結会計年度末
                                                     連結会計期間
                           注記
                               (2017年4月1日)          (2018年3月31日)
                                                   (2018年9月30日)
     (資産の部)
      流動資産
       現金及び現金同等物                              22,471          20,187          15,973
       営業債権及びその他の債権                              19,874          20,838          16,131
       その他の金融資産                      13          202          160          268
       棚卸資産                              82,714          75,672          77,247
                                     3,989          4,302          7,173
       その他の流動資産
       (小計)
                                    129,252          121,160          116,793
                                      -        11,803            -
       売却目的で保有する資産                      8
        流動資産合計
                                    129,252          132,964          116,793
      非流動資産

       有形固定資産                              13,317          18,635          20,991
       のれん及び無形資産                              2,844          2,550          2,302
       投資不動産                      7       798,626          803,259          806,117
       持分法で会計処理されている投資                              12,366          11,820          13,765
       その他の金融資産                      13        21,905          23,476          32,196
       繰延税金資産                              1,996          2,211           333
                                     1,874          2,236          2,827
       その他の非流動資産
        非流動資産合計                             852,931          864,189          878,534
                                    982,183          997,154          995,328
      資産合計
                                 15/74











                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                                     当第2四半期

                                 IFRS移行日         前連結会計年度末
                                                     連結会計期間
                           注記
                               (2017年4月1日)          (2018年3月31日)
                                                   (2018年9月30日)
     (負債及び資本の部)
      流動負債
       短期借入債務                      13        57,155          100,688           65,383
       営業債務及びその他の債務                              41,154          22,996          19,711
       その他の金融負債                      13         1,316           989         1,269
       未払法人所得税                              6,790          3,858          3,771
       引当金                               130          683          717
                                    19,828          20,046          18,044
       その他の流動負債
       (小計)
                                    126,375          149,263          108,897
       売却目的で保有する資産に直接関連する
                                      -          237           -
                            8
       負債
        流動負債合計                             126,375          149,500          108,897
      非流動負債

       長期借入債務                      13        465,718          443,010          460,089
       その他の金融負債                      13        75,876          77,029          82,153
       確定給付負債                              7,731          8,128          8,626
       引当金                              3,434          4,932          4,777
       繰延税金負債                              42,018          41,922          43,534
                                      245          209          520
       その他の非流動負債
        非流動負債合計                             595,025          575,234          599,701
      負債合計
                                    721,401          724,734          708,598
      資本

       親会社の所有者に帰属する持分
       資本金                      9        48,760          48,760          48,760
       資本剰余金                      9        31,442          31,443          31,443
       利益剰余金                             134,423          146,700          160,315
       自己株式                      9          △0          △0          △0
                                     2,596          1,732          2,207
       その他の資本の構成要素                      9
        親会社の所有者に帰属する持分合計
                                    217,221          228,636          242,726
                                    43,560          43,783          44,002
       非支配持分
      資本合計                             260,782          272,419          286,729
                                    982,183          997,154          995,328
      負債及び資本合計
                                 16/74







                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間

                                (2017年4月1日から               (2018年4月1日から
                           注記
                                 2017年9月30日まで)               2018年9月30日まで)
                            11             71,320               71,921
     営業収益
                                         41,157               43,911
     営業原価
     営業総利益                                    30,162               28,010
                                          8,894               8,682
     販売費及び一般管理費
                                           14              1,655
     その他の営業収益                       12
                                           265               868
     その他の営業費用                       12
                                           509              △276
     持分法による投資損益(△は損失)
     営業利益                                    21,526               19,837
                                           164               185
     金融収益
                                          1,709               1,574
     金融費用
     税引前四半期利益                                    19,981               18,449
                                          5,762               5,447
     法人所得税
                                         14,218               13,002
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                         13,078               11,813
      親会社の所有者
                                          1,140               1,188
      非支配持分
                                         14,218               13,002
      四半期利益
     親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期

     利益
     基本的1株当たり四半期利益(円)                                     39.74               35.89
                                 17/74











                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        【第2四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                前第2四半期連結会計期間               当第2四半期連結会計期間

                                (2017年7月1日から               (2018年7月1日から
                           注記
                                 2017年9月30日まで)               2018年9月30日まで)
                                         31,171               42,021
     営業収益
                                         18,056               26,678
     営業原価
                                         13,114               15,342
     営業総利益
                                          4,121               4,388
     販売費及び一般管理費
                                            ▶              179
     その他の営業収益                       12
                                           183               807
     その他の営業費用                       12
                                           284              △395
     持分法による投資損益(△は損失)
     営業利益                                     9,098               9,930
                                            3               6
     金融収益
                                           862               841
     金融費用
     税引前四半期利益                                     8,239               9,095
                                          2,316               2,790
     法人所得税
                                          5,922               6,305
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                          5,357               5,713
      親会社の所有者
                                           565               591
      非支配持分
                                          5,922               6,305
      四半期利益
     親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期

     利益
     基本的1株当たり四半期利益(円)                                     16.28               17.36
                                 18/74











                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間

                                (2017年4月1日から               (2018年4月1日から
                           注記
                                 2017年9月30日まで)               2018年9月30日まで)
                                         14,218               13,002
     四半期利益
     その他の包括利益(税引後)
      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                                           -               184
                            9
       定する金融資産の公正価値変動額
                                           -               -
       確定給付制度の再測定                     9
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
       キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価値
                                           △0               147
                            9
       の純変動額
                                           32               -
       その他有価証券評価差額金                     9
                                          1,375               1,172
       在外営業活動体の為替換算差額                     9
                                          1,407               1,505
     その他の包括利益(税引後)合計
                                         15,626               14,507
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益合計の帰属

                                         14,486               13,318
      親会社の所有者
                                          1,140               1,188
      非支配持分
                                         15,626               14,507
       合計
                                 19/74












                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        【第2四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                前第2四半期連結会計期間               当第2四半期連結会計期間

                                (2017年7月1日から               (2018年7月1日から
                           注記
                                 2017年9月30日まで)               2018年9月30日まで)
                                          5,922               6,305
     四半期利益
     その他の包括利益(税引後)
      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                                           -                7
       定する金融資産の公正価値変動額
                                           -               -
       確定給付制度の再測定
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
       キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価値
                                            2              150
       の純変動額
                                           251                -
       その他有価証券評価差額金
                                           789               954
       在外営業活動体の為替換算差額
                                          1,043               1,113
     その他の包括利益(税引後)合計
                                          6,966               7,418
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益合計の帰属

                                          6,400               6,826
      親会社の所有者
                                           565               591
      非支配持分
                                          6,966               7,418
       合計
                                 20/74













                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結持分変動計算書】
           前第2四半期連結累計期間(2017年4月1日から                       2017年9月30日       まで)
                                                      (単位:百万円)
                               親会社の所有者に帰属する持分
                                                   非支配持分     資本合計
                                          その他の
                        資本金    資本剰余金     利益剰余金     自己株式     資本の構      合計
                     注記
                                          成要素
     2017年4月1日
                        48,760     31,442    134,423      △0    2,596    217,221     43,560    260,782
     四半期包括利益
      四半期利益                            13,078              13,078     1,140    14,218
                                           1,407     1,407      -   1,407
      その他の包括利益
       四半期包括利益合計
                          -     -   13,078      -   1,407    14,486     1,140    15,626
     所有者との取引額等
      剰余金の配当                10            △2,962              △2,962         △2,962
      利益剰余金への振替                                                      -
                                                     △738     △738
      その他
       所有者との取引額等合計
                          -     -   △2,962       -     -   △2,962      △738    △3,700
                        48,760     31,442    144,539      △0    4,004    228,746     43,962    272,708
     2017年9月30日
           当第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)

                                                      (単位:百万円)
                               親会社の所有者に帰属する持分
                                                   非支配持分     資本合計
                                          その他の
                        資本金    資本剰余金     利益剰余金     自己株式     資本の構      合計
                     注記
                                          成要素
     2018年3月31日
                        48,760     31,443    146,700      △0    1,732    228,636     43,783    272,419
     IFRS第9号「金融商品」適用による累
                          -     -   5,093      -   △1,029      4,063      -   4,063
     積的影響額
     2018年4月1日
                        48,760     31,443    151,793      △0     702   232,699     43,783    276,482
     四半期包括利益
      四半期利益                            11,813              11,813     1,188    13,002
                                           1,505     1,505         1,505
      その他の包括利益
       四半期包括利益合計
                          -     -   11,813      -   1,505    13,318     1,188    14,507
     所有者との取引額等
      剰余金の配当                10            △3,291              △3,291         △3,291
      自己株式の取得                                  △0         △0         △0
      利益剰余金への振替                                                      -
                                                     △969     △969
      その他
       所有者との取引額等合計                     -     -   △3,291      △0     -   △3,291      △969    △4,260
                        48,760     31,443    160,315      △0    2,207    242,726     44,002    286,729
     2018年9月30日
                                 21/74








                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
       (5)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                               (2017年4月1日から                 (2018年4月1日から
                                2017年9月30日まで)                 2018年9月30日まで)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        19,981                 18,449
      税引前四半期利益
                                         8,431                 8,729
      減価償却費及び償却費
                                         1,545                 1,388
      金融収益及び金融費用
      持分法による投資損益(△は益)                                   △509                  276
      営業債権及びその他の債権の増減(△は増加
                                         6,276                 4,715
      額)
      棚卸資産の増減(△は増加額)                                  △2,047                 △1,575
      営業債務及びその他の債務の増減(△は減少
                                        △4,560                 △1,022
      額)
                                        △4,182                 △5,214
      その他
                                        24,934                 25,746
       小計
                                          179                 194
      利息及び配当金の受取額
                                        △1,683                 △1,575
      利息の支払額
                                        △6,798                 △3,985
      法人所得税の支払額
                                        16,631                 20,380
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー

      投資不動産及び有形固定資産の取得による支
                                       △38,052                 △14,300
      出
      投資不動産及び有形固定資産の売却による収
                                           0              13,551
      入
                                         △393               △1,814
      その他の金融資産の取得による支出
      その他の金融資産の売却または償還による収
                                          170                 207
      入
                                         △205                 △307
      その他
                                       △38,480                 △2,662
       投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー

      短期借入債務の収支(△は支出)                                   1,618                  148
                                        45,000                 49,000
      長期借入債務の増加による収入
                                       △21,710                 △66,847
      長期借入債務の返済による支出
      自己株式の取得による支出                                    -                △0
                                        △2,962                 △3,291
      配当金の支払額
                                         △955                 △999
      非支配持分への配当金の支払額
                                         △13                 △17
      その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 20,976               △22,007
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少額)                                    △873               △4,289

                                        22,471                 20,187
     現金及び現金同等物の期首残高
                                         △71                  75
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        21,526                 15,973
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 22/74




                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(以下「当社」)は、日本国に所在する株式会社です。当社の登記されて
         いる本社の住所は、東京都千代田外神田四丁目14番1号です。本要約四半期連結財務諸表は当社および子会社
         (以下「当社グループ」)より構成されております。
          当社グループは、日本電信電話㈱(NTT)を親会社とするNTTグループに属しており、NTTグループ唯一の総合
         不動産デベロッパーとして、「オフィス・商業事業」と「住宅事業」の2つを主な事業として営んでおります。
        2.作成の基礎

         (1)IFRSに準拠している旨及び初度適用に関する事項
           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規
          則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことか
          ら、同規則第93条の規定により、IAS第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。要約四半期連結
          財務諸表は、2018年11月5日において取締役会の承認がなされております。
           当社グループは、当連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日)よりIFRSを適用しており、IFRSへ
          の移行日は2017年4月1日です。当社グループは、IFRSへの移行にあたり、IFRS第1号「国際財務報告基準の
          初度適用」(以下「IFRS第1号」)を適用しております。IFRSへの移行が、財政状態、経営成績及びキャッ
          シュ・フローの状況に与える影響は、注記「15.IFRS初度適用」をご参照ください。
           当社グループの会計方針は、早期適用していないIFRSの規定およびIFRS第1号の規定により認められた免除
          規定を除き、2018年9月30日時点において有効なIFRSに準拠しております。
         (2)測定の基礎

           要約四半期連結財務諸表は、注記「3.重要な会計方針」に記載しているとおり、公正価値で測定している
          金融商品及び確定給付制度に関連して認識する負債(確定給付負債)などを除き、取得原価を基礎として作成
          しております。
         (3)機能通貨及び表示通貨

           要約四半期連結財務諸表の表示通貨は、当社が事業活動を行う主要な経済環境における通貨(以下「機能通
          貨」)である日本円であり、百万円未満を切り捨てして表示しております。
         (4)会計方針の変更

           当社グループは、第1四半期連結会計期間よりIFRS第9号「金融商品」(2014年7月公表)(以下「IFRS第
          9号」)を適用しております。
           IFRS第1号に基づくIFRS第9号の免除規定の適用に伴い                          、過去の期間について修正再表示は行っておりませ
          ん。移行日、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度は、わが国において一般に公正妥当と認められる
          会計基準(以下「日本基準」)に準拠しており、当期首時点での日本基準上の帳簿価額と、IFRS第9号適用に
          よる帳簿価額との差額を、利益剰余金およびその他の資本の構成要素の調整として会計処理しております。
           移行日、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度における日本基準に基づく重要な会計方針並びに当
          連結会計年度における重要な会計方針は、注記「3.重要な会計方針(4)金融商品」をご参照ください。
          ① 影響

           当該会計方針の変更は、当社グループが当期首に保有していた金融資産・負債に適用しております。
           前期以前に処分した金融資産・負債は、日本基準に従って会計処理しております。また、                                          IFRS第1号に基づ
          くIFRS第9号の免除規定の適用に伴い                  、当期首時点で保有していた金融資産・負債の分類は、当該時点の状況
          に基づいて決定しております。日本基準では金利スワップについては、特例処理の要件を満たしている場合は
          特例処理を採用しておりましたが、IFRSではキャッシュ・フロー・ヘッジの方法により、金利スワップの公正
          価値の変動のうち、有効なヘッジと判定される部分は、その他の包括利益として認識し、累積額は、その他の
          資本の構成要素に含めております。そして、ヘッジ対象に係る損益が認識された会計期間においてその他の資
          本の構成要素から純損益に振り替えております。また、日本基準では非上場株式、匿名組合出資金及びその他
          の出資金は時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品として移動平均法による原価法により評価
          しておりましたが、IFRSでは公正価値で測定しております。
           これら会計方針の変更による、連結財政状態計算書への影響は以下のとおりです。以下を除き、当該会計方
          針の変更による影響は軽微です。
                                 23/74


                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                                 IFRS第9号に基づく
          勘定科目            前連結会計年度末
                                      修正要因             当期首残高
      (日本基準に基づく分類)               (2018年3月31日)
                                                 (2018年4月1日)
     非流動資産
        その他の金融資産
                                 非上場株式、匿名組合出資
      (時価を把握することが極
                              8,499    金及びその他出資金の公正                       15,739
      めて困難と認められる金融
                                   価値測定による影響
          商品)
     流動負債

        その他の金融負債                          ヘッジに利用される金利ス
                                ‐                            6
         (特例処理)                          ワップの公正価値測定
     非流動負債

        その他の金融負債                          ヘッジに利用される金利ス
                                ‐                          1,634
         (特例処理)                          ワップの公正価値測定
           IFRS第9号を適用した結果、当期首時点における累積的影響額は、「繰延税金資産」が1,793百万円の減

          少、「利益剰余金」が5,093百万円の増加及び「その他の資本の構成要素」が1,029百万円の減少です。
           また、当第2四半期連結累計期間の「四半期利益」及び「基本的1株当たり四半期利益」への影響は軽微で
          す。
                                 24/74













                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        3.重要な会計方針
          当社グループが採用する会計方針は、他の記載がない限り、本要約四半期連結財務諸表(IFRS移行日の連結財
         政状態計算書を含む)に記載されている全ての期間において適用しております。
         (1)連結の基礎
          ① 子会社
            子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。
            支配とは、投資先に対するパワー、投資先への関与により生じる変動リターンに対するエクスポージャー
           または権利、および投資先に対するパワーにより当該リターンに影響を及ぼす能力の全てを有している場合
           をいいます。
            子会社については、支配獲得日から支配喪失日までの期間を連結しております。
            子会社が採用する会計方針が当社グループの会計方針と異なる場合には、必要に応じて当該子会社の財務
           諸表に調整を行っております。
            非支配持分は、当初の支配獲得日での持分額および支配獲得日からの非支配持分の変動から構成されてお
           ります。
            子会社の包括利益は、たとえ非支配持分が負の残高になる場合であっても、原則として親会社の所有者に
           帰属する持分と非支配持分に配分します。
            グループ内の債権債務残高、取引、およびグループ内取引によって発生した未実現損益は、要約四半期連
           結財務諸表作成にあたり消去しております。
            支配を喪失しない子会社に対する持分の変動は、資本取引として会計処理しております。当社グループの
           持分および非支配持分の帳簿価額は、子会社に対する持分の変動を反映して調整しております。
            非支配持分を調整した額と支払対価または受取対価の公正価値との差額は資本に直接認識し、親会社の所
           有者に帰属させます。
            当社グループが子会社の支配を喪失した場合、子会社の資産及び負債、子会社に関連する非支配持分及び
           資本のその他の構成要素の認識を中止します。その結果生じた利得または損失は、純損益で認識します。
          ② 関連会社及びジョイント・ベンチャーに対する投資

            関連会社とは、当社グループがその企業の財務および経営方針に対して重要な影響力を有しているもの
           の、支配または共同支配を有していない企業をいいます。当社グループが他の企業の議決権の20%以上50%
           以下を所有する場合には、原則として関連会社に含めております。当社グループが保有する議決権が20%未
           満の場合であっても、役員の派遣、方針決定プロセスへの参加、重要な取引等により、重要な影響力が認め
           られると判断される場合には、関連会社に含めております。
            ジョイント・ベンチャーとは、当社および連結子会社を含む複数の当事者が共同支配の取決めに基づき、
           それぞれの当事者が投資先の純資産に対する権利を有している場合の当該投資先をいいます。共同支配は、
           契約上合意された支配の共有であり、関連性のある活動に関する意思決定に、支配を共有している当事者全
           員の一致した合意を必要とする場合にのみ存在します。
            関連会社及びジョイント・ベンチャーに対する投資は、持分法を用いて会計処理を行い、関連会社及び
           ジョイント・ベンチャーに対する投資額は、取得原価で当初認識しております。その後、重要な影響力を有
           した日から喪失する日までの純損益およびその他の包括利益の当社グループの持分を認識し、投資額を修正
           しております。
            関連会社及びジョイント・ベンチャーの損失が、当社グループの当該会社に対する投資持分を超過する場
           合は、実質的に当該会社に対する正味投資の一部を構成する長期投資を零まで減額し、当社グループが当該
           会社に対して法的債務または推定的債務を負担する、または代理で支払いを行う場合を除き、それ以上の損
           失については認識しておりません。
            関連会社及びジョイント・ベンチャーとの取引から発生した未実現損益は、当社グループの持分を上限と
           して投資に加減算しております。
            関連会社及びジョイント・ベンチャーに対する投資額の取得原価が、取得日に認識された識別可能な資産
           および負債の正味の公正価値の当社グループ持分を超える金額は、のれんとして認識し、関連会社及びジョ
           イント・ベンチャーに対する投資の帳簿価額に含めております。
            当該のれんは区分して認識されないため、のれん個別での減損テストは実施しておりません。これに代わ
           り、関連会社に対する投資の総額を単一の資産として、投資が減損している可能性を示唆する客観的な証拠
           が存在する場合に、減損テストを実施しております。
            要約四半期連結財務諸表には、他の株主との関係等により決算日を当社の決算日と同じ日とすることが実
           務上不可能であるために決算日が異なる持分法適用会社に対する投資が含まれており、当該持分法適用会社
           の決算日は主に12月末です。持分法適用会社の決算日と当社の決算日の間に生じた重要な取引又は事象の影
           響については調整を行っております。
          ③ ジョイント・オペレーションに対する投資

                                 25/74

                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
            ジョイント・オペレーションとは、当社および連結子会社を含む複数の当事者が共同支配の取決めに基づ
           き、関連する資産に対する権利及び負債に対する義務を直接的に有している場合の当該投資先をいいます。
            連結財務諸表には、ジョイント・オペレーションに関して当社及び子会社が権利を有する資産、当社及び
           子会社が負担する負債、並びに収益及び費用のうち、当社及び子会社の持分相当額が含まれております。
         (2)企業    結合

           企業結合は支配獲得日に、取得法によって会計処理しております。
           企業結合時に引き渡した対価は、当社グループが移転した資産、当社グループが引き受けた被取得企業の旧
          所有者の負債、および支配獲得日における当社グループが発行した資本性金融商品の公正価値の合計として測
          定しております。取得関連費用は発生時に純損益で認識しております。
           支配獲得日において、取得した識別可能な資産および引受けた負債は、以下を除き、支配獲得日における公
          正価値で認識しております。
           ・繰延税金資産または繰延税金負債、および従業員給付に係る資産または負債は、それぞれIAS第12号「法
            人所得税」およびIAS第19号「従業員給付」に従って認識し測定
           ・被取得企業の株式に基づく報酬契約、または被取得企業の株式に基づく報酬契約の当社グループの制度へ
            の置換えのために発行された負債または資本性金融商品は、支配獲得日にIFRS第2号「株式に基づく報
            酬」に従って測定
           ・売却目的に分類される資産または処分グループは、IFRS第5号「売却目的で保有する非流動資産及び非継
            続事業」に従って測定
           のれんは、移転した対価と被取得企業の非支配持分の金額の合計が、支配獲得日における識別可能な資産お
          よび負債の正味価額を上回る場合にその超過額として測定しております。この差額が負の金額である場合に
          は、直ちに純損益で認識しております。
           当社グループは、非支配持分を公正価値、または当社グループで認識した識別可能純資産に対する非支配持
          分の比例割合で測定するかについて、個々の企業結合取引ごとに選択しております。段階的に達成する企業結
          合の場合、当社グループが以前に保有していた被取得企業の持分は支配獲得日の公正価値で再測定し、発生し
          た利得または損失は純損益で認識しております。
           支配獲得日前に計上していた被取得企業の持分の価値の変動に係るその他の包括利益の金額は、当社グルー
          プがその持分を直接処分した場合と同じ方法で会計処理され、純損益あるいはその他の包括利益として認識し
          ております。
           企業結合の当初の会計処理が期末日までに完了しない場合、当社グループは、完了していない項目について
          は暫定的な金額で報告しております。その後、新たに入手した支配獲得日時点に存在していた事実と状況につ
          いて、支配獲得日時点に把握していたとしたら企業結合処理の認識金額に影響を与えていたと判断される場
          合、測定期間の修正として、支配獲得日に認識した暫定的な金額を遡及的に修正します。測定期間は支配獲得
          日から最長で1年間としております。
           当社グループはIFRS第1号の免除規定を採用し、2017年4月1日(IFRS移行日)より前の企業結合に関し
          て、IFRS第3号「企業結合」(以下「IFRS第3号」)を遡及適用しておりません。IFRS移行日前の企業結合に
          より生じたのれんは、従前の会計基準(日本基準)で認識していた金額をIFRS移行日時点で引き継ぎ、これに
          減損テストを実施した後の帳簿価額で計上しております。
         (3)外貨換算

          ① 外貨建取引
            グループ各社の財務諸表は、その企業の機能通貨で作成しております。機能通貨以外の通貨(外貨)での
           取引は取引日の為替レートを用いて換算しております。
            外貨建貨幣性項目は、期末日の為替レートで機能通貨に換算しております。公正価値で測定している外貨
           建非貨幣性項目は、当該公正価値の測定日における為替レートで機能通貨に換算しております。
            為替換算差額は、純損益で認識しております。ただし、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資
           本性金融商品及び有効な範囲内におけるキャッシュ・フロー・ヘッジのヘッジ手段から生じる換算差額はそ
           の他の包括利益で認識しております。
                                 26/74




                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
          ② 在外子会社および在外関連会社等の外貨財務諸表の換算
            要約四半期連結財務諸表を作成するために、在外子会社および在外関連会社等(以下、総称して「在外営
           業活動体」)の資産および負債(取得により発生したのれんおよび公正価値の調整を含む)は、期末日の為
           替レートにより日本円に換算しております。
            収益、費用およびキャッシュ・フローについては、四半期中の平均為替レートを用いて日本円に換算して
           おります。ただし、取引日の為替レートによる換算の結果と近似しない場合には、取引日の為替レートを用
           いて換算しております。
            在外営業活動体の財務諸表の換算から生じる為替換算差額は、その他の包括利益で認識の上、その他の資
           本の構成要素に累積しております。
            在外営業活動体について、支配の喪失および重要な影響力の喪失をした場合には、当該在外営業活動体に
           関連する累積為替換算差額は、処分した会計期間に純損益として振り替えております。
            なお、当社グループはIFRS第1号の免除規定を採用し、IFRS移行日の累積為替換算差額の全てを利益剰余
           金へ振り替えております。
         (4)金融商品

           移行日、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度においては、IFRS第1号に基づくIFRS第9号の免除
          規定により、従前の会計基準(日本基準)を適用しております。当第2四半期連結累計期間においては、IFRS
          第9号を適用しており、その会計方針は以下のとおりです。
          ① デリバティブを除く金融資産
            金融資産を、その当初認識時に純損益を通じて公正価値で測定する金融資産、その他の包括利益を通じて
           公正価値で測定する金融資産および償却原価で測定する金融資産に分類しております。当社グループでは、
           それぞれの契約当事者になった日に当初認識しております。
            金融資産は、金融資産からのキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した場合、または金融資産
           のキャッシュ・フローを受け取る契約上の権利を譲渡し、当該金融資産の所有に係るリスクと経済価値のほ
           とんどすべてが移転している場合において、認識を中止しております。
           償却原価で測定される金融資産

            次の条件がともに満たされる金融資産を償却原価で測定する金融資産に分類しております。
            ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルの中で資産
             が保有されている。
            ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが特
             定の日に生じる。
            償却原価で測定する金融資産(重大な金融要素を含まない営業債権を除く)は、当初認識時に公正価値に

           その取得に直接起因する取引費用を加算して測定しております。なお、重大な金融要素を含まない営業債権
           は取引価格で当初測定しております。また、当初認識後は実効金利法に基づき算定した総額の帳簿価額から
           損失評価引当金を控除した償却原価で測定しております。
            その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産は、当初認識時に公正価値にその取得に直接起因

           する取引費用を加算して測定しております。また、当初認識後は公正価値で測定し、その事後的な変動をそ
           の他の包括利益として認識しております。その他の包括利益として認識した金額は、認識を中止した場合、
           その累計額を純損益に振り替えております。
                                 27/74






                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
           その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産(FVTOCI)(資本性金融商品)
            資本性金融商品のうち、売買目的ではない投資については、当初認識時に、その公正価値の事後的な変動
           をその他の包括利益に表示するという取消不能な選択を行うことが認められており、当社グループでは金融
           商品ごとに当該指定を行っております。
            その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品は、当初認識時に公正価値にその取得に直
           接起因する取引費用を加算して測定しております。また、当初認識後は公正価値で測定し、その事後的な変
           動をその他の包括利益として認識しております。その他の資本の構成要素に累積したその他の包括利益は、
           認識を中止した場合にその累積額を利益剰余金に振り替えており、純損益には振り替えておりません。な
           お、配当については純損益として認識しております。
           純損益を通じて公正価値で測定する金融資産(FVTPL)

            上記以外の金融資産は、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に分類しております。
            純損益を通じて公正価値で測定する金融資産は、当初認識時に公正価値により測定し、その取得に直接起
           因する取引費用は、発生時に純損益で認識しております。また、当初認識後は公正価値で測定し、その事後
           的な変動を純損益として認識しております。
            営業収益には、FVTPLの金融資産からの配当収益が含まれております。「FVTPLの公正価値の純変動額(配
           当収益を除く)」には、公正価値の変動、受取利息及び外貨換算差損益が含まれております。
          ② 金融資産の減損

            当社グループは、償却原価で測定する金融資産、リース債権および契約資産について、予想信用損失に基
           づき、減損損失(損失評価引当金)の額を算定しております。
            期末日時点で、金融商品にかかる信用リスクが当初認識以降に著しく増大していない場合には、報告日後
           12ヵ月以内の生じ得る債務不履行事象から生じる予想信用損失(12ヵ月の予想信用損失)により損失評価引
           当金の額を算定しております。一方、期末日時点で、金融商品にかかる信用リスクが当初認識以降に著しく
           増大している場合には、当該金融商品の予想存続期間にわたるすべての生じ得る債務不履行事象から生じる
           予想信用損失(全期間の予想信用損失)により損失評価引当金の額を算定しております。なお、重大な金融
           要素を含んでいない営業債権、リース債権ならびに契約資産について常に全期間の予想信用損失により損失
           評価引当金の額を算定しております。
          ③ デリバティブを除く金融負債

            金融負債は、その当初認識時に、全てを償却原価で測定する金融負債に分類しております。当社グループ
           では、それぞれ契約当事者になった日に金融負債を当初認識しております。金融負債は、金融負債が消滅し
           た時、すなわち、契約中に特定された債務が免責、取消しまたは失効となった時に認識を中止しておりま
           す。
           償却原価で測定する金融負債

            純損益を通じて公正価値で測定する金融負債以外の金融負債は、償却原価で測定する金融負債に分類して
           おります。償却原価で測定する金融負債は、当初認識時に公正価値からその発行に直接起因する取引費用を
           減算して測定しております。また、当初認識後は実効金利法に基づく償却原価で測定しております。
                                 28/74







                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
          ④ デリバティブ及びヘッジ会計
            当社グループでは、金利変動リスクをヘッジするために、金利スワップ取引などのデリバティブ取引を
           行っております。当社グループにおいては、投機目的でデリバティブ取引を行うことはありません。
            当社グループでは、ヘッジの開始時においてヘッジ関係ならびにヘッジの実施についてのリスク管理目的
           および戦略の公式な指定および文書化を行っております。当該文書にはヘッジ手段の特定、ヘッジの対象と
           なる項目または取引、ヘッジされるリスクの性質、およびヘッジされたリスクに起因するヘッジ対象の公正
           価値またはキャッシュ・フローの変動に対するエクスポージャーを相殺するに際してのヘッジ手段の有効性
           の評価方法が含まれております。また、当社グループでは、これらのヘッジについて、ヘッジ指定時点で
           ヘッジされたリスクに起因する公正価値またはキャッシュ・フローの変動を相殺するに際し極めて有効であ
           ると見込んでおりますが、ヘッジ指定されていた会計期間を通じて、その有効性を将来に向かって継続的に
           評価しております。
            デリバティブは公正価値で当初認識しております。また、当初認識後は公正価値で測定し、その事後的な
           変動は次のとおり処理しております。
           キャッシュ・フロー・ヘッジ

            ヘッジ手段であるデリバティブの公正価値の変動のうち、有効なヘッジと判定される部分は、その他の包
           括利益として認識し、累積額は、その他の資本の構成要素に含めております。また、ヘッジ効果が有効でな
           い部分は、純損益として認識しております。その他の資本の構成要素に累積された金額は、ヘッジ対象であ
           る取引が純損益に影響を与える会計期間においてその他の資本の構成要素から純損益に振り替えておりま
           す。ただし、発生可能性が非常に高い予定取引のヘッジがその後において非金融資産または非金融負債の認
           識を生じさせるものである場合には、その他の資本の構成要素に累積された金額は、当該非金融資産または
           非金融負債の当初の帳簿価額の修正として処理しております。
            ヘッジ手段が失効、売却、終結または行使された場合、ヘッジがヘッジ会計の要件を満たしていない場合
           には、ヘッジ会計を将来に向けて中止しております。予定取引の発生がもはや見込まれない場合には、その
           他の資本の構成要素に累積された金額は、即時にその他の資本の構成要素から純損益に振り替えておりま
           す。
           ヘッジ指定されていないデリバティブ

            デリバティブの公正価値の変動は、純損益として認識しております。
           移行日、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度において適用している、日本基準の会計方針は以下

          のとおりであります。
          ① 金融資産

            金融資産の契約上の権利を生じさせる契約を締結時に金融資産の発生を認識しております。
            また、金融資産の契約上の権利を行使時、権利喪失時又は権利に対する支配移転時に当該金融資産の消滅
           を認識しております。金融資産が消滅の認識要件を充たした場合、帳簿価額とその対価としての受払額との
           差額を純損益として認識しております。
           債権

           営業債権及びその他の債権については、取得価額から貸倒見積高に基づいて算定された貸倒引当金を控除し
          た価額で測定しております。ただし、債権を債権金額より低い価額又は高い価額で取得した場合、取得価額と
          債権金額との差額の性格が金利調整と認められる場合は、償却原価法に基づいて算定された価額から貸倒見積
          高に基づいて算定された貸倒引当金を控除した金額で測定しております。
           有価証券

           当社グループでは、関連会社株式及びその他有価証券を保有しております。
           その他有価証券は、時価のあるものについては、連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部
          純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。時価のないものについ
          ては、移動平均法による原価法を採用しております。
           なお、投資事業有限責任組合及びそれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券
          とみなされるもの)については、入手可能な直近の決算書を基礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法に
          よっております。
                                 29/74



                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
          ② 貸倒引当金
           債務者の財政状態及び経営成績等に応じて一般債権、貸倒懸念債権、及び破産更生債権等に区分し貸倒引当
          金を算定しております。一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の特定の債権については個別
          に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
          ③ 金融負債

           金融負債の契約上の義務を生じさせる契約を締結時に金融負債の発生を認識しております。また、金融負債
          の契約上の義務の履行時、義務の消滅時又は第一次債務者の地位からの免責時に当該金融負債の消滅を認識し
          ております。
           営業債務及びその他の債務、短期借入債務、長期借入債務等は、債務額をもって計上しております。
          但し、社債を社債金額よりも低い価額又は高い価額で発行した場合など、収入に基づく金額と債務額とが異な
          る場合には、償却原価法に基づいて算定された価額をもって計上しております。
          ④ デリバティブ及びヘッジ

           デリバティブ取引により生じる正味の債権及び債務は、時価をもって測定しており、評価差額は、原則とし
          て、純損益としております。
           デリバティブ取引に関する内部規程に基づき、ヘッジ対象に係る金利変動リスクを一定の範囲内でヘッジし
          ております。借入金をヘッジ対象とし、金利スワップをヘッジ手段としてヘッジを行っております。
           ヘッジ会計は、原則として、繰延ヘッジ処理によっております。なお、特例処理の要件を満たしている金利
          スワップについては、特例処理を採用しております。
           ヘッジ有効性評価については、ヘッジ対象の相場変動又はキャッシュ・フローの変動の累計と、ヘッジ手段
          の相場変動又はキャッシュ・フロー変動の累計と比較し、両者の変動額等を基礎にして判定しております。な
          お、特例処理による金利スワップについては、有効性の評価は省略しております。
         (5)現金及び現金同等物

           現金及び現金同等物は、手元現金、随時引き出し可能な預金および容易に換金可能であり、かつ、価格の変
          動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヵ月以内に償還期限の到来する短期投資から構成されてお
          ります。
         (6)棚卸資産

           棚卸資産は、販売用不動産、仕掛販売用不動産、未成工事支出金、原材料及び貯蔵品で構成されており、取
          得原価と正味実現可能価額のいずれか低い価額で測定しております。これらの原価は、個別法により評価して
          おります。
           正味実現可能価額は、通常の事業の過程における見積販売価格から、完成までに要する見積原価及び見積販
          売費用を控除して算定しております。
                                 30/74








                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
         (7)有形固定資産
           有形固定資産の測定には原価モデルを採用し、取得原価から減価償却累計額および減損損失累計額を控除し
          た金額で測定しております。取得原価には、当該資産の取得に直接付随する費用、解体・除去および設置場所
          の原状回復費用の当初見積額、及び資産計上すべき借入費用を含めております。
           減価償却費は、償却可能価額を各構成要素の見積耐用年数にわたって、定額法により算定しております。
           償却可能価額は、資産の取得価額から残存価額を差し引いて算出しております。土地および建設仮勘定は減
          価償却を行っておりません。
           主要な有形固定資産項目ごとの見積耐用年数は、以下のとおりです。
           建物及び構築物    20~50年
           資産の減価償却方法、耐用年数および残存価額は各年度末に見直し、変更がある場合は、会計上の見積りの
          変更として将来に向かって適用しております。
           また、減損については、注記「3.重要な会計方針(11)減損」をご参照ください。
         (8)のれん及び無形資産

          ① のれん
            子会社の取得により生じたのれんは、無形資産に計上しております。
            当社グループはのれんを、取得日時点で測定した被取得企業に対する非支配持分の認識額を含む譲渡対価
           の公正価値から、取得日時点における識別可能な取得資産及び引受負債の純認識額(通常、公正価値)を控
           除した額として測定しております。
            のれんの償却は行わず、配分した資金生成単位に減損の兆候がある場合、および減損の兆候の有無に関わ
           らず各年度の一定時期に減損テストを実施しております。
            減損については、注記「3.重要な会計方針 (11)減損」をご参照ください。また、のれんは取得原価
           から減損損失累計額を控除した帳簿価額で計上されます。
          ② その他の無形資産

            無形資産の測定には原価モデルを採用し、取得原価から償却累計額および減損損失累計額を控除した金額
           で測定しております。
            個別に取得した無形資産は、当初認識時に取得原価で測定しております。企業結合により取得した無形資
           産は、当初認識時にのれんとは区分して認識し、支配獲得日の公正価値で測定しております。
            無形資産には、耐用年数を確定できるものとできないものがあります。
            耐用年数を確定できる無形資産の償却費は、見積耐用年数にわたって、定額法により算定しております。
            耐用年数を確定できる無形資産の主なものは、コンピュータ・ソフトウェアであります。1年超の耐用年
           数を有する社内利用ソフトウェアは資産計上しており、社内利用ソフトウェアの事後の追加、変更、改良に
           要する費用は、当該ソフトウェアの機能が追加される場合に限り資産計上しております。ソフトウェアの保
           守、訓練費用は発生時に費用処理しております。資産計上したコンピュータ・ソフトウェアは、概ね5年間
           にわたり定額法で償却しております。
            資産の償却方法、耐用年数および残存価額は各年度末に見直し、変更がある場合は、会計上の見積りの変
           更として将来に向かって適用しております。
            耐用年数を確定できない無形資産は、以下のとおりです。
            ・借地権
            これらの耐用年数が確定できない無形資産および未だ利用可能でない無形資産は、償却は行っておりませ
           ん。これらの減損については、注記「3.重要な会計方針 (11)減損」をご参照ください。
                                 31/74






                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
         (9)リース資産
           当社グループでは、契約がリースであるか否か、またはその契約にリースが含まれているか否かについて、
          契約開始日における契約の実質を基に判断しております。
           リース取引は、資産の所有に伴うリスクと経済価値のほとんどすべてを借手に移転する場合、ファイナン
          ス・リース取引に分類し、他のリース取引はオペレーティング・リース取引に分類しております。リース期間
          が資産の経済的耐用年数の大部分を占めている場合や最低リース料総額の現在価値が資産の公正価値のほとん
          どすべてとなる場合などは、資産の所有に伴うリスクと経済価値のほとんどすべてが移転していると判断して
          おります。リース期間は、解約不能期間に加え、リース開始日において更新オプションの行使が合理的に確実
          視されている期間を合計した期間としております。
          ① ファイナンス・リース取引
           (借手側)
            リース資産およびリース債務は、リース開始日の公正価値または最低支払リース料総額の現在価値のいず
           れか低い金額で当初認識しております。
            当初認識後は、その資産に適用される会計方針に基づいて会計処理しております。リース料支払額は、各
           期の債務残高に対する一定の期間利子率となるよう、金融費用と各期のリース債務残高の返済部分に按分し
           ております。
           (貸手側)

            リース債権は、リース開始日の正味リース投資未回収額で当初認識しております。
            当初認識後は、その資産に適用される会計方針に基づいて会計処理しております。リース料受取額は、各
           期の正味リース投資未回収額に対する一定の期間利子率となるよう、金融収益と各期のリース債権残高の回
           収部分に按分しております。
          ② オペレーティング・リース取引

           (借手側)
            オペレーティング・リース取引のリース期間における支払リース料総額は、当該リース期間にわたって定
           額法により費用として認識しております。
           (貸手側)

            オペレーティング・リース取引のリース期間における受取リース料総額は、当該リース期間にわたって定
           額法により収益として認識しております。
         (10)投資不動産

           投資不動産とは、賃貸収入又はキャピタル・ゲイン、もしくはその両方を得ることを目的として保有する不
          動産であります。通常の営業過程で販売するものや、商品又はサービスの製造・販売、もしくはその他の管理
          目的で使用する不動産は含まれておりません。
           当社グループは投資不動産の当初認識後の測定について原価モデルを採用しており、取得原価から減価償却
          累計額及び減損損失累計額を控除した価額をもって計上しております。
           取得原価には、当該資産の取得に直接付随する費用、解体・除去及び設置場所の原状回復費用の当初見積
          額、及び資産計上すべき借入費用を含めております。
           減価償却費は、償却可能価額を各構成要素の見積耐用年数にわたって、定額法により算定しております。
           償却可能価額は、資産の取得価額から残存価額を差し引いて算出しております。土地及び建設仮勘定は減価
          償却を行っておりません。
           主要な投資不動産ごとの見積耐用年数は、以下のとおりです。
           建物及び構築物    20~50年
           資産の減価償却方法、耐用年数および残存価額は各年度末に見直し、変更がある場合は、会計上の見積りの
          変更として将来に向かって適用しております。
           また、減損については、注記「3.重要な会計方針(11)減損」をご参照ください。
                                 32/74




                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        (11)減損
          ① 投資不動産、有形固定資産および無形資産の減損
            当社グループでは、期末日に、投資不動産、有形固定資産および無形資産が減損している可能性を示す兆
           候の有無を判断しております。
            減損の兆候がある場合には、回収可能価額の見積りを実施しております。個々の資産の回収可能価額を見
           積もることができない場合には、その資産の属する資金生成単位の回収可能価額を見積っております。資金
           生成単位は、他の資産または資産グループからおおむね独立したキャッシュ・イン・フローを生み出す最小
           単位の資産グループとしております。
            耐用年数が確定できない投資不動産および無形資産並びに未だ利用可能でない無形資産は、減損の兆候が
           ある場合、および減損の兆候の有無に関わらず各年度の一定時期に、減損テストを実施しております。
            回収可能価額は、処分コスト控除後の公正価値と使用価値のいずれか高い方で算定しております。使用価
           値は、見積将来キャッシュ・フローを貨幣の時間価値およびその資産の固有のリスクを反映した税引前の割
           引率を用いて現在価値に割り引いて算定しております。
            資産または資金生成単位の回収可能価額が帳簿価額を下回る場合には、その帳簿価額を回収可能価額まで
           減額し、減損損失は純損益で認識しております。
            のれん以外の資産における過年度に認識した減損損失については、期末日において、減損損失の減少また
           は消滅を示す兆候の有無を判断しております。減損の戻入れの兆候がある場合には、その資産または資金生
           成単位の回収可能価額の見積りを行っております。回収可能価額が、資産または資金生成単位の帳簿価額を
           上回る場合には、回収可能価額と過年度に減損損失が認識されていなかった場合の償却または減価償却控除
           後の帳簿価額とのいずれか低い方を上限として、減損損失の戻入れを実施しております。
          ② のれんの減損

            当社グループでは、期末日において、のれんが減損している可能性を示す兆候の有無を判断しておりま
           す。
            のれんは、企業結合のシナジーから便益を享受できると期待される資金生成単位または資金生成単位グ
           ループに配分し、その資金生成単位に減損の兆候がある場合、および減損の兆候の有無に関わらず各年度の
           一定時期に、減損テストを実施しております。減損テストにおいて資金生成単位の回収可能価額が帳簿価額
           を下回る場合には、減損損失は資金生成単位または資金生成単位グループに配分されたのれんの帳簿価額か
           ら減額し、次に資金生成単位または資金生成単位グループにおけるその他の資産の帳簿価額の比例割合に応
           じて各資産の帳簿価額から減額しております。
            のれんの減損損失は純損益に認識し、その後の期間に戻入れは行いません。
        (12)従業員退職給付

           当社グループは、主として確定拠出年金制度および確定給付制度を採用しております。
          ① 確定拠出制度
            確定拠出制度への拠出は、従業員がサービスを提供した期間に費用として認識し、未払拠出額を債務とし
           て認識しております。
          ② 確定給付制度

            確定給付制度に関連して認識する負債(確定給付負債)は、期末日現在の確定給付制度債務の現在価値か
           ら、制度資産の公正価値を控除したものです。
            確定給付制度債務は、独立した年金数理人が予測単位積増方式を用いて算定しております。確定給付費用
           は、勤務費用、確定給付負債(資産)の純額に係る利息純額および確定給付負債(資産)の純額に係る再測
           定から構成されます。勤務費用および利息純額については、純損益で認識し、利息純額の算定には                                             給付支払
           の見積時期及び金額を反映した期末日時点の優良社債の市場利回りを参照して決定した割引率を使用してお
           ります。
            当社グループでは、再測定は数理計算上の差異および制度資産に係る収益(利息純額に含まれる金額を除
           く)から構成され、その他の包括利益で認識し、直ちにその他の資本の構成要素から利益剰余金に振り替え
           ております。
                                 33/74




                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        (13)引当金
           引当金は、当社グループが過去の事象の結果として、現在の法的債務または推定的債務を負い、債務の決済
          を要求される可能性が高く、かつその債務の金額について信頼性のある見積りが可能な場合に認識しておりま
          す。
           引当金は、期末日における債務に関するリスクと不確実性を考慮に入れた見積将来キャッシュ・フローを貨
          幣の時間価値およびその債務に特有のリスクを反映した税引前の利率を用いて現在価値に割り引いて測定して
          おります。
           当社グループは引当金として、資産除去債務及び転貸事業損失引当金を認識しております。
          資産除去債務

           当社グループは、投資不動産および有形固定資産(以下「投資不動産等」)の除去に関連した法的義務を債
          務として認識し、これらの債務発生時に当該債務を決済するために必要となる支出の最善の見積りを実施して
          おります。企業が資産除去債務を最初に認識する場合には、投資不動産等の除去に係る費用を資産計上して、
          関連する投資不動産等の帳簿価額を増加させる必要があります。
           当社グループは、主に当社グループの賃借地ならびに賃借ビル等に係る原状回復義務を主な法的義務と考え
          ております。
          転貸事業損失引当金

           転貸事業において、転貸差損が将来にわたり発生する可能性が高い物件について翌連結会計年度以降の損失
          見込額を計上しております。
        (14)収益

           IAS第17号「リース」に基づくリース収益やIFRS第9号に基づく利息・配当収益等を除き、以下の5ステッ
          プアプローチに基づき、顧客への財又はサービスの移転と交換により、その権利を得ると見込む対価を反映し
          た金額で収益を認識しております。
           ステップ1:顧客との契約を識別する。
           ステップ2:契約における履行義務を識別する。
           ステップ3:取引価格を算定する。
           ステップ4:取引価格を契約における別個の履行義務へ配分する。
           ステップ5:履行義務を充足した時点で(又は充足するに応じて)収益を認識する。
           また、顧客との契約獲得のための増分コスト及び履行コストのうち、回収可能であると見込まれる部分につ
          いて資産(以下「契約コストから認識した資産」)として認識しております。契約獲得の増分コストとは、顧
          客との契約を獲得するために発生したコストで、当該契約を獲得しなければ発生しなかったであろうものであ
          ります。
           また、    主な財又はサービスごとの収益の認識時点は、注記「11.営業収益」をご参照ください。
        (15)政府補助金

           補助金交付のための条件を満たし、補助金を受領することに合理的な保証がある場合は、補助金収入を公正
          価値で測定し、認識しております。発生した費用に対する補助金は、費用の発生と同じ四半期連結会計期間に
          収益として計上しております。資産の取得に対する補助金は、当該補助金の金額を資産の取得原価から控除し
          ております。
                                 34/74







                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        (16)法人所得税
           法人所得税は当期税金および繰延税金から構成され、企業結合から生じる税金、およびその他の包括利益ま
          たは直接資本に認識する項目から生じる税金を除き、純損益で認識しております。
           当期税金は税務当局に対する納付または税務当局からの還付が予想される金額で測定し、税額の算定におい
          ては、期末日に制定または実質的に制定されている税率および税法を使用しております。
           繰延税金資産は、将来減算一時差異、繰越欠損金および繰越税額控除について、将来の課税所得により使用
          できる可能性が高い範囲内で認識しております。また、繰延税金資産は期末日に回収可能性の見直しを実施し
          ております。
           ただし、繰延税金資産は、企業結合以外の取引で、かつ会計上の利益にも課税所得にも影響を及ぼさない取
          引における資産または負債の当初認識から生じる一時差異には認識しておりません。
           子会社、関連会社及びジョイント・ベンチャーに対する投資に係る将来減算一時差異については、一時差異
          が予測可能な将来に解消する可能性が高く、かつ当該一時差異が使用できる課税所得の生じる可能性が高い場
          合のみ、繰延税金資産を認識しております。
           繰延税金負債は、以下の一時差異を除き、原則として将来加算一時差異について認識しております。
           ・企業結合以外の取引で、かつ会計上の利益にも課税所得にも影響を及ぼさない取引における資産または負
            債の当初認識から生じる一時差異
           ・のれんの当初認識から生じる将来加算一時差異
           ・子会社、関連会社及びジョイント・ベンチャーに対する投資に係る将来加算一時差異のうち、一時差異の
            解消時期をコントロールすることができ、予測可能な将来に当該一時差異が解消しない可能性が高い場合
           繰延税金資産および負債は、期末日に制定または実質的に制定されている法律に基づいて、当該資産が実現
          されるまたは負債が決済される時点において適用されると予測される税率を用いて測定しております。
           繰延税金資産および負債は、当期税金資産および負債を相殺する法律上強制力のある権利を有し、かつ、法
          人所得税が同一の税務当局によって同一の納税主体に課されている場合に相殺しております。
        (17)1株当たり利益

           基本的1株当たり四半期利益(Earnings                    Per  Share、以下「EPS」)は、期中平均発行済株式数(自己株式
          を除く)に基づいて計算して             おります。当社は、四半期連結累計期間において希薄効果のある有価証券を発行
          していないため、基本的EPSと希薄化後EPSに差異はありません。
        (18)事業セグメント

           事業セグメントとは、他の事業セグメントとの取引を含む、収益を稼得し費用を発生させる事業活動の構成
          単位であります。すべての事業セグメントの事業の成果は、個別にその財務情報が入手可能なものであり、か
          つ各セグメントへの経営資源の配分及び業績の評価を行うために、当社の取締役会が定期的にレビューしてお
          ります。
        (19)売却目的で保有する資産

           IFRS第5号に基づく売却目的で保有される非流動資産及び処分グループは、帳簿価額が継続的使用よりはむ
          しろ主に売却取引を通して回収される場合に、売却目的保有として分類されます。当該資産は帳簿価額又は処
          分費用控除後の公正価値のいずれか低い方の価額で測定され、売却目的で保有される非流動資産及び処分グ
          ループとして分類されます。当該資産の減価償却は行われません。処分費用控除後の公正価値が帳簿価額を下
          回る場合には、当該資産の減損を認識します。その後、処分費用控除後の公正価値が上昇した場合、以前に認
          識された減損損失の戻入を行います。減損損失の戻入額は、当該資産について以前に認識された減損損失の額
          を上限としております。売却目的で保有される当該資産の分類に関する要件が満たされなくなる場合、当該資
          産は売却目的保有として計上されなくなります。当該資産は、当該資産が売却目的保有として分類されていな
          かった場合に適用される帳簿価額と、売却目的保有としての分類に関する要件が満たされなくなる日の回収可
          能価額のいずれか低い方の価額で測定されることとなります。
        (20)自己株式

           自己株式を取得した場合は、直接取引費用を含む税効果考慮後の支払対価を、資本の控除項目として認識し
          ております。自己株式の購入、売却または消却において純損益は認識しておりません。なお、帳簿価額と売却
          時の対価との差額は資本剰余金として認識しております。
                                 35/74



                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断
          IFRSに準拠した連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用ならびに資産、負債、収益および費
         用の報告額に影響を及ぼす判断、見積りおよび仮定の設定を行っております。これらの見積りおよび仮定は、過
         去の経験および利用可能な情報を収集し、決算日において合理的であると考えられる様々な要因を勘案した経営
         者の最善の判断に基づいております。しかし、その性質上、将来において、これらの見積りおよび仮定とは異な
         る結果となる可能性があります。
          見積りおよびその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、その見積
         りを見直した連結会計期間と将来の連結会計期間において認識しております。
          当社グループの要約四半期連結財務諸表で認識した金額に重要な影響を与える判断、見積りおよび仮定は、以
         下のとおりです。
          ・連結範囲の決定における投資先を支配しているか否かの判断(注記「3.重要な会計方針(1)連結の基
           礎」)
          ・棚卸資産の正味実現可能価額(注記「3.重要な会計方針(6)棚卸資産」)
          ・投資不動産の減損に関する見積り(注記「3.重要な会計方針(11)減損」)
        5.未適用の新基準

          本要約四半期連結財務諸表の承認日までに新設または改訂が行われた基準書および解釈指針のうち、当社グ
         ループが早期適用していないもので、適用により当社グループに重要な影響を及ぼす可能性があるものは以下の
         とおりです。
                   強制適用時期         当社グループ                        連結財務諸表への
      基準書       基準名                          新設・改訂の概要
                  (以降開始年度)
                            適用予定年度                         潜在的な影響
                                                    特に借手のオペ
                                     IFRS第16号は従来のIAS第17               レーティング・
                                     号の内容の一部を置換えるも               リースに関して資
                                     ので、主な改訂内容は下記の               産及び負債計上額
                                     とおりです。               が増加することが
     IFRS第16号        リース      2019年1月1日          2020年3月期
                                     ・リースの定義に関する考え               見込まれておりま
                                      方に、支配の概念を導入              すが、適用による
                                     ・リースの借手の会計処理の               当社への影響額の
                                      改訂              詳細は現在算定中
                                                    です。
                                 36/74










                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        6.セグメント情報
         (1)報告セグメントの概要
           当社グループの事業セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
          取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもので
          あります。なお、報告にあたって事業セグメントの集約は行っておりません。
           当社グループは、「オフィス・商業事業」及び「住宅事業」の2つを報告セグメントとしております。各報
          告セグメントの事業の概要は以下のとおりです。
           「オフィス・商業事業」セグメントは、主に開発・保有するオフィスビル・商業施設等の不動産賃貸事業を
          行っております。
           「住宅事業」セグメントは、マンション分譲事業を中心とした住宅等の分譲事業や住宅賃貸事業を行ってお
          ります。
           また、その他には、建築物等の設計、施工及び工事監理、オフィスビルの建物管理や冷暖房供給、オフィス
          ビルのサービス付帯設備として飲食施設の運営等の事業を含んでおります。これらはいずれも、前第2四半期
          連結累計期間及び当第2四半期連結累計期間において、報告セグメントの定量的な基準値を満たしておりませ
          ん。
         (2)報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失に関する情報

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、注記「3.重要な会計方針」における記載と概ね同一
          であります。
           報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部営業収益又は振替高は市
          場の実勢価格に基づいております。
           前第2四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年9月30日まで)

                                                    (単位:百万円)
                       報告セグメント

                                                       要約四半期
                                     その他       合計      調整額     連結財務諸
                  オフィス・
                        住宅事業        計                       表計上額
                  商業事業
     営業収益

      外部顧客への営業収益             45,075      19,726      64,802       6,517      71,320        -    71,320
      セグメント間の内部営
                     538       5     543     1,982      2,525     △2,525         -
      業収益又は振替高
          計         45,613      19,732      65,345       8,500      73,845      △2,525       71,320
     セグメント利益              22,154       1,631      23,786        745     24,531      △3,004       21,526

     金融収益                -      -      -      -      -      -      164

     金融費用                -      -      -      -      -      -    △1,709

     税引前四半期利益                -      -      -      -      -      -    19,981

     (注)セグメント利益の調整額△3,004百万円には、セグメント間取引消去7百万円、各報告セグメントに配分していな
        い全社費用△3,012百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管
        理費であります。
                                 37/74






                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
           当第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)

                                                    (単位:百万円)
                       報告セグメント

                                                       要約四半期
                                     その他       合計      調整額     連結財務諸
                  オフィス・
                                                       表計上額
                        住宅事業        計
                  商業事業
     営業収益

      外部顧客への営業収益             45,572      17,396      62,969       8,952      71,921        -    71,921
      セグメント間の内部営
                     628       3     632     2,251      2,883     △2,883         -
      業収益又は振替高
          計         46,201      17,400      63,601      11,203      74,804      △2,883       71,921
     セグメント利益              20,712       1,037      21,750       1,272      23,022      △3,184       19,837

     金融収益                -      -      -      -      -      -      185

     金融費用                -      -      -      -      -      -    △1,574

     税引前四半期利益                -      -      -      -      -      -    18,449

     (注)セグメント利益の調整額△3,184百万円には、セグメント間取引消去△17百万円、各報告セグメントに配分してい
        ない全社費用△3,167百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般
        管理費であります。
           前第2四半期連結会計期間(2017年7月1日から2017年9月30日まで)

                                                    (単位:百万円)
                       報告セグメント

                                                       要約四半期
                                     その他       合計      調整額     連結財務諸
                  オフィス・
                        住宅事業        計                       表計上額
                  商業事業
     営業収益

      外部顧客への営業収益             21,754       6,216      27,970       3,200      31,171        -    31,171
      セグメント間の内部営
                     267       2     270     1,017      1,287     △1,287         -
      業収益又は振替高
          計         22,022       6,218      28,240       4,218      32,459      △1,287       31,171
     セグメント利益               9,964       145     10,109        411     10,520      △1,422       9,098

     金融収益                -      -      -      -      -      -       3

     金融費用                -      -      -      -      -      -     △862

     税引前四半期利益                -      -      -      -      -      -     8,239

     (注)セグメント利益の調整額△1,422百万円には、セグメント間取引消去3百万円、各報告セグメントに配分していな
        い全社費用△1,426百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管
        理費であります。
                                 38/74





                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
           当第2四半期連結会計期間(2018年7月1日から2018年9月30日まで)
                                                    (単位:百万円)
                       報告セグメント

                                                       要約四半期
                                     その他       合計      調整額     連結財務諸
                  オフィス・
                        住宅事業        計                       表計上額
                  商業事業
     営業収益

      外部顧客への営業収益             23,504      13,925      37,429       4,591      42,021        -    42,021
      セグメント間の内部営
                     317       1     319     1,254      1,574     △1,574         -
      業収益又は振替高
          計         23,822      13,927      37,749       5,845      43,595      △1,574       42,021
     セグメント利益               9,406      1,388      10,795        677     11,472      △1,542       9,930

     金融収益                -      -      -      -      -      -       6

     金融費用                -      -      -      -      -      -     △841

     税引前四半期利益                -      -      -      -      -      -     9,095

     (注)セグメント利益の調整額△1,542百万円には、セグメント間取引消去△15百万円、各報告セグメントに配分してい
        ない全社費用△1,526百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般
        管理費であります。
                                 39/74













                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        7.投資不動産
          移行日、前連結会計年度末及び当第2四半期連結会計期間における投資不動産の内訳は以下のとおりでありま
         す。
                                                    (単位:百万円)
                                                    当第2四半期

                              移行日         前連結会計年度末
                                                    連結会計期間
                          (2017年4月1日)            (2018年3月31日)
                                                  (2018年9月30日)
     土地                           479,054            470,420            470,269
                                 611,683            627,107            637,974
     建物及び構築物
                                  8,056           15,455            11,611
     建設仮勘定
                                 58,169            58,539            58,651
     その他
                                1,156,963            1,171,523            1,178,507
     小計
                                △358,337            △368,264            △372,389
     減価償却累計額及び減損損失累計額
                                 798,626            803,259            806,117
     投資不動産合計
        8.売却目的で保有する資産

          売却目的で保有する資産及び直接関連する負債の内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                                    当第2四半期

                              移行日         前連結会計年度末
                                                    連結会計期間
                          (2017年4月1日)            (2018年3月31日)
                                                  (2018年9月30日)
     売却目的で保有する資産
                                   -          11,796              -
      投資不動産
                                   -            7           -
      その他の流動資産
                                   -          11,803              -
      合計
     売却目的で保有する資産に直接関連する負

     債
                                   -            65            -
      その他の金融負債
                                   -           172            -
      その他の流動負債
                                   -           237            -
      合計
          前連結会計年度において、投資不動産に関連する資産及び負債の売却を決定し、売却目的で保有する資産及び

         売却目的で保有する資産に直接関連する負債として分類しております。これらの資産は第1四半期連結会計期間
         中に売却が完了しております。
                                 40/74








                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        9.払込資本及びその他の資本項目
         (1)授権株式数及び         発行済株式総数
           前第2四半期連結累計期間の授権株式数、                     発行済株式総数       及び自己株式数の推移は以下のとおりでありま
          す。
                                                      (単位:株)
                         授権株式    数        発行済株式総数              自己株式数

                       (無額面普通株式)             (無額面普通株式)             (無額面普通株式)
                           1,050,000,000               329,120,000                 77

     2017年4月1日
      取締役会決議に基づく自己株
                                -              -             -
      式の取得
      単元未満株式買取請求による
                                -              -             -
      自己株式の取得
      単元未満株式買増請求による
                                -              -             -
      自己株式の処分
                           1,050,000,000               329,120,000                 77
     2017年9月30日
           当第2四半期連結累計期間の授権株式                   数 、 発行済株式総数       及び自己株式数の推移は以下のとおりでありま

          す。
                                                      (単位:株)
                         授権株式    数        発行済株式総数              自己株式数

                       (無額面普通株式)             (無額面普通株式)             (無額面普通株式)
                           1,050,000,000               329,120,000                 77

     2018年4月1日
      取締役会決議に基づく自己株
                                -              -             -
      式の取得
      単元未満株式買取請求による
                                -              -             44
      自己株式の取得
      単元未満株式買増請求による
                                -              -             -
      自己株式の処分
                           1,050,000,000               329,120,000                 121
     2018年9月30日
                                 41/74










                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
         (2)その他の資本の構成要素の内容
           前第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結累計期間におけるその他の資本の構成要素の内訳(税効果
          後)及び増減は、以下のとおりです。
           前第2四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年9月30日まで)
                                                   (単位:百万円)
                                   その他の資本の構成要素

                               キャッシュ・
                                             在外営業活動
                       その他有価証              確定給付制度
                               フロー・ヘッ
                                             体の為替換算         合計
                       券評価差額金              の再測定
                               ジ *1
                                             差額
                           2,590         5       -       -      2,596
       2017年4月1日
                             32       △0        -      1,375       1,407

        その他の包括利益
                             -       -       -       -       -
        利益剰余金への振替額
                           2,623         5       -      1,375       4,004

       2017年9月30日
      *1 前連結会計年度末以前は日本基準における繰延ヘッジ損益
           当第2四半期連結累計期間            (2018年4月1日から2018年9月30日まで)

                                                   (単位:百万円)
                                   その他の資本の構成要素

                       その他の包括
                       利益を通じて       キャッシュ・              在外営業活動
                                     確定給付制度
                       公正価値で測       フロー・ヘッ              体の為替換算         合計
                                     の再測定
                       定する金融資       ジ              差額
                       産
                           1,881         25       -      △174       1,732
       2018年3月31日
        IFRS第9号「金融商品」適用
                            108     △1,138          -       -     △1,029
        による累積的影響額
                           1,990      △1,113          -      △174        702
       2018年4月1日
                            184       147        -      1,172       1,505

        その他の包括利益
                            -       -       -       -       -
        利益剰余金への振替額
                           2,175       △965         -       998      2,207

       2018年9月30日
                                 42/74









                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        10.配当金
          配当に関する事項
           前第2四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年9月30日まで)
                         配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
      2017年6月22日
                             2,962           9
                 普通株式                          2017年3月31日         2017年6月23日
      定時株主総会
           基準日が前第2四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年9月30日まで)に属する配当のうち、

           配当の効力発生日が前第2四半期連結会計期間末後となるもの
                         配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
      2017年11月8日
                             2,962           9
                 普通株式                          2017年9月30日         2017年12月1日
       取締役会
           当第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)

                         配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
      2018年6月21日
                             3,291           10
                 普通株式                          2018年3月31日         2018年6月22日
      定時株主総会
           基準日が当第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)に属する配当のうち、

           配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末後となるもの
                         配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
      2018年11月5日
                             3,291           10
                 普通株式                          2018年9月30日         2018年12月3日
       取締役会
                                 43/74











                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        11.営業収益
           収益の分解
            分解した収益とセグメント収益の関連
            前第2四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年9月30日まで)
                                             (単位:百万円)
                             報告セグメント

              財又はサービス                             その他       合計
                        オフィス・
                               住宅事業        計
                        商業事業
             オフィス・商業賃貸             42,172        -    42,172        -    42,172

     オフィス・商
             収益不動産売却               -      -      -      -      -
     業事業
             その他              2,903        -     2,903        -     2,903
             住宅分譲               -    18,684      18,684        -    18,684

     住宅事業       住宅賃貸               -     1,042      1,042        -     1,042

             その他               -      -      -      -      -

     その他                       -      -      -     6,517      6,517

             合計             45,075      19,726      64,802       6,517      71,320

      (注)グループ会社間の内部取引控除後の金額を表示しております。
            当第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)

                                             (単位:百万円)
                             報告セグメント

              財又はサービス                             その他       合計
                        オフィス・
                               住宅事業        計
                        商業事業
             オフィス・商業賃貸             43,179        -    43,179        -    43,179

     オフィス・商
             収益不動産売却               -      -      -      -      -
     業事業
             その他              2,393        -     2,393        -     2,393
             住宅分譲               -    16,272      16,272        -    16,272

     住宅事業       住宅賃貸               -     1,124      1,124        -     1,124

             その他               -      -      -      -      -

     その他                       -      -      -     8,952      8,952

             合計             45,572      17,396      62,969       8,952      71,921

      (注)グループ会社間の内部取引控除後の金額を表示しております。
                                 44/74







                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
            オフィス・商業賃貸は、主に開発保有するオフィスビルや商業施設、ホテル等の不動産のリースを行って
           おります。これらの内、不動産のリース収益についてはIAS第17号「リース」に従い会計処理しており、
           リース期間に渡って定額法で収益を認識しております。また、これらの契約に付随するサービスについては
           IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」(以下「IFRS第15号」)に従い会計処理しており、一定期間に
           渡り収益を認識しております。
            収益不動産売却は、主に開発したオフィスビル等の物件売却であり、IFRS第15号に従って顧客との契約で
           定められた引渡しの条件が充足された時点で収益を認識しております。
            住宅分譲は、主に開発したマンションや宅地等の分譲であり、IFRS第15号に従って顧客との契約で定めら
           れた引渡しの条件が充足された時点で収益を認識しております。
            住宅賃貸は、主に賃貸住宅事業やサービス付き高齢者向け住宅事業等を行っております。これらの内、不
           動産のリース収益についてはIAS第17号「リース」に従い会計処理しており、リース期間に渡って定額法で
           収益を認識しております。また、これらの契約に付随するサービスについてはIFRS第15号に従い会計処理し
           ており、一定期間に渡り収益を認識しております。
            その他は、主に建築物等の設計、施工及び工事監理、付帯設備の運営等です。
                                 45/74
















                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        12.その他の営業収益及び費用
          その他の営業収益及び費用の内訳は、以下のとおりです。
         ① その他の営業収益
                                                    (単位:百万円)
                          前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間
                           (2017年4月1日から                   (2018年4月1日から
                            2017年9月30日まで)                   2018年9月30日まで)
     投資不動産売却益
                                        -                 1,403
                                        14                  252
     その他
                                        14                 1,655
             合計
                                                    (単位:百万円)

                          前第2四半期連結会計期間                   当第2四半期連結会計期間
                           (2017年7月1日から                   (2018年7月1日から
                            2017年9月30日まで)                   2018年9月30日まで)
     投資不動産売却益
                                        -                   -
                                        ▶                  179
     その他
                                        ▶                  179
             合計
         ② その他の営業費用

                                                    (単位:百万円)
                          前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間
                           (2017年4月1日から                   (2018年4月1日から
                            2017年9月30日まで)                   2018年9月30日まで)
     投資不動産除却損
                                       189                   836
                                        76                   31
     その他
                                       265                   868
             合計
                                                    (単位:百万円)

                          前第2四半期連結会計期間                   当第2四半期連結会計期間
                           (2017年7月1日から                   (2018年7月1日から
                            2017年9月30日まで)                   2018年9月30日まで)
     投資不動産除却損
                                       123                   790
                                        60                   16
     その他
                                       183                   807
             合計
                                 46/74









                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        13.金融商品の公正価値
         移行日及び前連結会計年度においては、IFRS第1号に基づくIFRS第9号の遡及適用の免除規定により、従前の会
        計基準(日本基準)を適用しております。当第2四半期連結累計期間においては、IFRS第9号を適用しておりま
        す。
         (1)公正価値測定されない金融商品

           公正価値測定されない金融商品の帳簿価額及び公正価値は以下のとおりであります。下表においては、概ね
          公正価値に相当する金額で記帳されている現金及び現金同等物、営業債権及びその他の債権、短期借入債務、
          営業債務及びその他の債務等は除外しております。
                                                    (単位:百万円)
                       移行日            前連結会計年度末            当第2四半期連結会計期間

                    (2017年4月1日)              (2018年3月31日)              (2018年9月30日)
                   帳簿価額       公正価値       帳簿価額       公正価値       帳簿価額       公正価値

                    514,833       529,468       531,018       540,301       512,279       516,984
     長期借入債務
      (注1) 長期借入債務には1年以内返済又は償還予定の残高を含めております。
      (注2) 長期借入債務の公正価値は、帳簿価額と公正価値がほぼ同額であるとみなされる変動金利付債務を除き、当
           社グループにおける同種の負債の新規借入利回りを使用した割引率で将来キャッシュ・フローを割り引く方
           法により測定されております。
         (2)公正価値のヒエラルキー

           金融商品の公正価値は、市場価格等の市場の情報や、マーケット・アプローチ、インカム・アプローチ、コ
          スト・アプローチ等の算出手順に基づき、決定されております。公正価値の測定に使用されるインプットは、
          以下の3つのレベルがあります。
           レベル1:企業が測定日現在でアクセスできる同一の資産又は負債に関する活発な市場における(無調整

                の)相場価格
           レベル2:資産又は負債について直接又は間接に観察可能なインプットのうち、レベル1に含まれる相場価
                格以外のもの
           レベル3:資産又は負債についての観察可能でないインプット
           なお、公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は、各四半期の期末時点で発生したものとして認識しており
          ます。
           経常的に公正価値で測定される金融資産及び金融負債に係る移行日、前連結会計年度及び当第2四半期連結
          会計期間における公正価値のレベル別内訳は以下のとおりです。
           移行日(2017年4月1日)

                                                    (単位:百万円)
                                          公正価値

               区分
                              レベル1        レベル2        レベル3
                                                       合計
      その他の金融資産(流動)
                                  -         2        -         2

       デリバティブ
      その他の金融資産(非流動)
                                 3,237          -        -       3,237

       株式
                                  214         -        -        214
       債券
                                  -         7        -         7
       デリバティブ
                                 5,476          -       1,038        6,515
       投資証券
                                 8,928          9      1,038        9,977
             金融資産合計
                                 47/74



                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
           前連結会計年度末(2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                          公正価値

               区分
                              レベル1        レベル2         レベル3
                                                        合計
     その他の金融資産(非流動)
                                 2,573          -         -      2,573

      株式
                                  -        -         -       -
      債券
                                  -        35         -       35
      デリバティブ
                                 4,854          -        1,140       5,995
      投資証券
                                 7,427          35        1,140       8,604
             金融資産合計
      (注1) 前連結会計年度において、重要なレベル間の振替はありません。
      (注2) 前連結会計年度において、レベル3に分類された金融商品について、重要な変動は生じていなかったことか
          ら、レベル3の調整表は開示しておりません。
      (注3) 移行日及び前連結会計年度の金額は日本基準によっており、公正価値については日本基準において時価とし
          て開示されていた金額を記載しております。なお、非上場株式等については、市場価格がなく、時価を把握す
          ることが極めて困難と認められることから、移行日及び前連結会計年度については、日本基準によっているた
          め、取得原価により評価されており、上表に含めておりません。
           当第2四半期連結会計期間(2018年9月30日)

                                                    (単位:百万円)
                                          公正価値

               区分
                              レベル1        レベル2        レベル3
                                                       合計
     その他の金融資産(非流動)
      FVTPL(出資金)                            -        126       15,846        15,973

      ヘッジ手段として指定された金融資産(デリ
                                  -        40        -        40
      バティブ)
      FVTOCI(株式)                          2,500          -       1,136        3,637
      FVTOCI(投資証券)                          5,193          -        -       5,193

                                 7,694         166       16,983        24,844
             金融資産合計
     その他の金融負債(流動)

      ヘッジ手段として指定された金融負債(デリ
                                  -        -        -        -
      バティブ)
     その他の金融負債(非流動)
      ヘッジ手段として指定された金融負債(デリ
                                  -       1,432          -       1,432
      バティブ)
                                  -       1,432          -       1,432
             金融負債合計
     (注1) 当第2四半期連結累計期間において、重要なレベル間の振替はありません。
     (注2) 当第2四半期連結累計期間において、レベル3に分類された金融商品について、重要な変動は生じていなかっ
         たことから、レベル3の調整表は開示しておりません。
                                 48/74




                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
     金融商品に関する公正価値の測定方法
      財政状態計算書上、公正価値で測定される金融商品のうち、レベル2及びレベル3に分類される金融商品の公正価値
     は以下のとおり決定しております。
     (ⅰ)その他の金融資産(非流動)

       その他の金融資産は、顧客など非上場である非持分法適用会社の発行する普通株式及び匿名組合出資金への投資等
      を含んでおります。非上場普通株式や出資金は市場価格が存在しないため、移行日及び前連結会計年度においては日
      本基準上公正価値を見積っておりません。レベル3に分類される非上場普通株式や出資金への投資は、関連するグ
      ループ会計方針に基づいた評価方法及び手続に従って算定しており、評価技法は主に修正純資産法を採用しておりま
      す。これらの公正価値の測定に際しては、インプットの合理的な見積り及び適切な評価モデルの選択を含めて、適切
      な社内承認プロセスを経ております。
     (ⅱ)デリバティブ

       デリバティブは、主に金利スワップ契約であり、その公正価値は、ロンドン銀行間貸出金利(LIBOR)やス
      ワップレート等の市場で観察可能な基礎条件を使用し、将来のキャッシュ・フローを現在価値に割引くことによって
      測定しております。また、測定に高度な知識および経験を必要とする金融商品で、その金融商品が金額的に重要であ
      る場合には、公正価値測定に外部の評価専門家を利用しております。
                                 49/74















                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        14.後発事象
       (当社に対する公開買付け)
         当社は、2018年10月15日開催の取締役会において、以下のとおり、NTT-SH株式会社(以下「公開買付
        者」)による当社の普通株式(以下「当社株式」)に対する公開買付け(以下「本公開買付け」)に賛同の意見
        を表明するとともに、当社の株主の皆様に対して、本公開買付けへの応募を推奨することを決議いたしました。
         なお、上記取締役会決議は、公開買付者の完全親会社である日本電信電話株式会社(以下「NTT」)及び公
        開買付者が、公開買付者による本公開買付け及びその後の一連の手続により当社を完全子会社とすることを企図
        していること、並びに、当社株式が上場廃止となる予定であることを前提として行われたものです。
       1.公開買付者の概要

     (1)
         名            称   NTT-SH株式会社
     (2)
         所      在      地   東京都千代田区大手町一丁目5番1号
     (3)
         代  表  者  の  役  職  ・  氏  名   代表取締役社長  黒田 勝己
     (4)
         事    業    内    容   当社株式の保有及び管理
     (5)
         資      本      金   3百万円
     (6)
         設   立   年   月   日   2007年8月29日
         大  株  主  及  び  持  株  比  率
     (7)                                                  100.00%
                        日本電信電話株式会社
         (2018年10月15日現在)
     (8)    当社と公開買付者の関係
                        該当事項はありません。
                        なお、公開買付者の完全親会社であるNTTは、2018年10月15日現在、当社
         資    本    関    係
                        株式221,481,500株(所有割合(注)67.30%(小数点以下第三位を四捨五入
                        しております。)を所有しております。
                        該当事項はありません。
         人    的    関    係   なお、2018年10月15日現在、当社の取締役及び監査役の各1名が公開買付者
                        の完全親会社であるNTTの従業員を兼務しております。
                        該当事項はありません。
                        なお、当社は、公開買付者の完全親会社であるNTTに事務所を賃貸してお
         取    引    関    係
                        ります。また、NTTを親会社とするNTTファイナンス株式会社との間で
                        預け金及び借入金に関する取引があります。
         関  連  当  事  者  へ  の   公開買付者の完全親会社であるNTTは、当社の親会社であり、公開買付者
         該    当    状    況   は当社の関連当事者に該当いたします。
        (注)「所有割合」とは、2018年6月30日現在の発行済株式総数(329,120,000株)から、同日現在の当社が

           所有する自己株式数(77株)を控除した株式数(329,119,923株)に対する割合をいいます。
       2.買付け等の期間

         2018   年  10  月  16  日(火曜日)から         2018   年  11  月  27  日(火曜日)まで(30           営業日)
       3.買付け等の価格

         普通株式1株につき、1,680円
       4.買付予定の株券等の数

         買付予定数                     107,638,423(株)
         買付予定数の下限                    ―(株)
         買付予定数の上限                        ―(株)
      5.決済の開始日

        2018   年  12  月4日(火曜日)
                                 50/74



                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
        15.IFRS初度適用
         (1)IFRSに基づく財務報告への移行
           この要約四半期連結財務諸表は、当社グループがIFRSに準拠して作成した最初の要約四半期連結財務諸表で
          す。
           IFRS第1号は、IFRSを初めて適用する会社に対して遡及的にIFRSを適用することを求めております。ただ
          し、一部の基準は遡及適用が例外的に禁止され、IFRS移行日から将来に向かって適用することとされておりま
          す。また、IFRS第1号では、IFRSで要求される基準の一部について、任意に免除規定を適用できるとされてお
          ります。
           これらの規定の適用により発生した影響はIFRSへの移行日で認識し、影響額を利益剰余金またはその他の資
          本の構成要素で調整しております。
           当社グループが適用した主な任意の免除規定は、以下のとおりです。
          ① 企業結合
            IFRS第1号では、IFRS第3号を、IFRS移行日前の全ての企業結合に遡及修正する方法、又はIFRS移行日も
           しくはIFRS移行日前の特定の企業結合から適用する方法のいずれかを選択できます。当社グループは、移行
           日前に行われた企業結合に対してIFRS第3号を遡及適用しないことを選択しております。この結果、移行日
           前の企業結合から生じたのれんの額については、日本基準に基づく帳簿価額で認識しております。
          ② みなし原価

            IFRS第1号では、投資不動産に移行日現在の公正価値を当該日におけるみなし原価として使用することを
           選択することができます。当社グループは、一部の投資不動産について、移行日現在の公正価値を当該日に
           おけるみなし原価として使用しております。
          ③ 在外営業活動体の換算差額

            IFRS第1号では、在外営業活動体の換算差額の累計額を移行日現在でゼロとみなすことを選択することが
           できます。当社グループは、在外営業活動体の換算差額の累計額を移行日現在でゼロとみなすことを選択し
           ております。
          ④ 借入コスト

            IFRS第1号では、移行日より前に発生した適格資産に係る借入コストについて、IAS第23号「借入コス
           ト」(以下「IAS第23号」)を遡及適用しないことを選択することができます。当社グループは、移行日前
           に発生した適格資産に係る借入コストについて、IAS第23号を遡及適用しないことを選択しております。
          ⑤ 収益

            IFRS第1号では、IFRS第15号のC5項の経過措置を適用することができます。当社グループは、IFRS第15
           号C5項(d)の実務上の便法を用いてIFRS第15号を遡及的に適用し、最初のIFRS報告期間(当連結会計年
           度)の期首より前の表示するすべての報告期間について、残存履行義務に配分した対価の金額及び当社グ
           ループが当該金額をいつ収益として認識すると見込んでいるかの説明を開示しておりません。
          ⑥ IFRS第9号のための比較情報を修正再表示する要求の免除

            IFRS第1号では、IFRS初度適用企業が2019年1月1日より前に開始する会計年度からIFRSを適用し、か
           つ、IFRS第9号の完成版(2014年公表)を適用する場合、最初のIFRS連結財務諸表上の比較情報はIFRS第7
           号又はIFRS第9号の完成版に従って修正再表示せず、従前の会計基準を適用することを認めております。当
           社グループはこの免除規定を適用し、比較年度の連結財務諸表を従前の会計基準である日本基準により認
           識・測定しております。
         (2)日本基準からIFRSへの調整

           IFRSへ移行するにあたり、当社グループは日本基準に基づいて作成された連結財務諸表で報告した金額を調
          整しております。日本基準からIFRSへの移行が当社および連結子会社の財政状態、経営成績およびキャッ
          シュ・フローに与える影響は、以下の調整表および調整表に関する注記に記載しております。
           なお、調整表の「表示組替」には利益剰余金および包括利益に影響を及ぼさない項目を、「認識・測定の差
          異」には利益剰余金および包括利益に影響を及ぼす項目を表示しております。
                                 51/74



                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
           移行日(2017年4月1日)の資本に対する調整
            連結財政状態計算書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記

                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                         IFRS表示科目
                                の差異            番号
                                               (資産の部)
     資産の部
      流動資産                                           流動資産
                     16,945       7,008     △1,483       22,471
      現金及び預金                                            現金及び現金同等物
      受取手形及び営業未収入                                           営業債権及びその他の債
                     9,026      4,901      5,946      19,874     ①
      金                                           権
                     25,156      60,942      △3,383       82,714     ④
      販売用不動産                                           棚卸資産
                     68,204     △68,204
      仕掛販売用不動産
                      423     △423
      未成工事支出金
                       81     △81
      原材料及び貯蔵品
                     2,074     △2,074
      リース投資資産
                     7,208     △7,005        △0      202
      預け金                                           その他の金融資産
                      572     △572
      繰延税金資産
      その他                8,123     △2,830      △1,303       3,989     ②    その他の流動資産
                      △0       0
      貸倒引当金
                    137,816      △8,339       △224     129,252
      流動資産合計                                            流動資産合計
     固定資産                                          非流動資産
                    797,557     △772,736       △11,503       13,317
      有形固定資産                                           有形固定資産
                     25,228     △21,775        △608      2,844
      無形固定資産                                           のれん及び無形資産
                          813,646      △15,020       798,626     ③,⑤
                                                 投資不動産
     投資その他の資産
                                                 持分法で会計処理されて
                     22,518     △15,336        5,184      12,366
      投資有価証券
                                                 いる投資
                           21,654        251     21,905
                                                 その他の金融資産
                     14,571     △14,571
      長期前払費用
      退職給付に係る資産                 276     △276
                      440      572      983     1,996     ⑥
      繰延税金資産                                           繰延税金資産
                     8,292     △3,486      △2,931       1,874
      その他                                           その他の非流動資産
                     △802       802
      貸倒引当金
     固定資産合計               868,081       8,493     △23,644       852,931           非流動資産合計
                   1,005,898         154    △23,868       982,183
     資産合計                                          資産合計
                                 52/74






                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記

                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                         IFRS表示科目
                                の差異            番号
                                               (負債及び資本の部)
     負債の部
     流動負債                                          流動負債
                                                 営業債務及びその他の債
                     6,002      35,285       △133      41,154
      支払手形及び営業未払金
                                                 務
      短期借入金                6,611      47,363       3,180      57,155         短期借入債務
                       32     △32
      リース債務
      1年内返済予定の長期借
                     27,364     △27,364
      入金
                     19,998     △19,998
      1年内償還予定の社債
                     6,748              41     6,790
      未払法人税等                                           未払法人所得税
                       ▶     △4
      繰延税金負債
                           1,316       △0     1,316
                                                 その他の金融負債
                            130            130
                                                 引当金
                     46,030     △36,700       10,498      19,828
                                            ①,④
      その他                                           その他の流動負債
                    112,792        △4     13,587      126,375
      流動負債合計                                            流動負債合計
     固定負債                                          非流動負債
                     90,982      377,125      △2,389      465,718
      社債                                           長期借入債務
                    377,125     △377,125
      長期借入金
                       49     △49
      リース債務
                     75,024        49      802     75,876
      受入敷金保証金                                           その他の金融負債
                     21,037        154    △21,191            ⑦
      負ののれん
                     59,367         ▶   △17,352       42,018
      繰延税金負債                                           繰延税金負債
                       34     △34
      役員退職慰労引当金
                     7,731                   7,731
      退職給付に係る負債                                           確定給付負債
                     2,803             631     3,434
      資産除去債務                                           引当金
                      392       34     △181       245
      その他                                           その他の非流動負債
                    634,548        158    △39,681       595,025
      固定負債合計                                            非流動負債合計
                    747,341        154    △26,094       721,401
     負債合計                                          負債合計
                                 53/74








                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記

                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                         IFRS表示科目
                                の差異            番号
     純資産の部                                          資本
                                                 親会社の所有者に帰属す
     株主資本
                                                 る持分
                     48,760                   48,760
      資本金                                           資本金
      資本剰余金               31,648             △206      31,442         資本剰余金
                    129,195             5,227     134,423      ⑩
      利益剰余金                                           利益剰余金
                      △0                   △0
      自己株式                                           自己株式
     その他の包括利益累計額
      その他有価証券評価差額
                     2,590     △2,590
      金
                       1     △1
      繰延ヘッジ損益
                     1,100     △1,100                  ⑧
      為替換算調整勘定
      退職給付に係る調整累計
                     △625       625
      額
                           3,067      △471      2,596
                                                 その他の資本の構成要素
                                                  親会社の所有者に帰属
                                       217,221
                                                  する持分合計
                     45,884            △2,324       43,560
     非支配株主持分                                           非支配持分
                    258,556             2,225     260,782
     純資産合計                                          資本合計
                   1,005,898         154    △23,868       982,183
     負債純資産合計                                          負債及び資本合計
                                 54/74












                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
           前第2四半期連結会計期間(2017年9月30日)の資本に対する調整
            連結財政    状態計算書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記

                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                         IFRS表示科目
                                の差異            番号
                                               (資産の部)
     資産の部
     流動資産                                          流動資産
                     18,026       4,851     △1,350       21,526
      現金及び預金                                           現金及び現金同等物
      受取手形及び営業未収入                                           営業債権及びその他の債
                     3,759      3,876      6,001      13,636     ①
      金                                          権
                     25,432      61,860      △2,531       84,762     ④
      販売用不動産                                           棚卸資産
                     68,906     △68,906
      仕掛販売用不動産
                      535     △535
      未成工事支出金
                       57     △57
      原材料及び貯蔵品
                     1,997     △1,997
      リース投資資産
                     5,011     △4,851         1     161
      預け金                                           その他の金融資産
                      711     △711
      繰延税金資産
      その他                6,960     △1,879      △2,629       2,451     ②    その他の流動資産
                      △0       0
      貸倒引当金
                    131,397      △8,350       △509     122,538
      流動資産合計                                            流動資産合計
     固定資産                                          非流動資産
                    808,248     △786,059       △9,121       13,068
      有形固定資産                                           有形固定資産
                     25,913     △21,809       △1,485       2,618
      無形固定資産                                           のれん及び無形資産
                          826,696      △12,745       813,951     ③,⑤
                                                 投資不動産
     投資その他の資産
                                                 持分法で会計処理されて
                     27,564     △17,745        3,136      12,955
      投資有価証券
                                                 いる投資
                           23,580       1,146      24,726
                                                 その他の金融資産
                     14,334     △14,334
      長期前払費用
      退職給付に係る資産                 276     △276
                      435      711     △640       506    ⑥
      繰延税金資産                                           繰延税金資産
                     8,497     △3,067      △3,139       2,290
      その他                                           その他の非流動資産
                     △802       802
      貸倒引当金
      固定資産合計               884,468       8,498     △22,850       870,117           非流動資産合計
                   1,015,866         148    △23,359       992,655
     資産合計                                          資産合計
                                 55/74






                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記

                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                         IFRS表示科目
                                の差異            番号
                                               (負債及び資本の部)
     負債の部
     流動負債                                           流動負債
                                                 営業債務及びその他の債
                     3,286      16,990      △1,402       18,875
      支払手形及び営業未払金
                                                 務
      短期借入金               10,150      95,154        398    105,703          短期借入債務
                       31     △31
      リース債務
      1年内返済予定の長期借
                     74,155     △74,155
      入金
                     20,999     △20,999
      1年内償還予定の社債
                     3,877             165     4,043
      未払法人税等                                           未払法人所得税
                       ▶     △4
      繰延税金負債
                            969       24      994
                                                 その他の金融負債
                            151            151
                                                 引当金
                     27,952     △18,080        6,412      16,284
                                            ①,④
      その他                                           その他の流動負債
                    140,456        △4     5,599     146,052
      流動負債合計                                            流動負債合計
     固定負債                                           非流動負債
                     89,984      353,416         49    443,450
      社債                                           長期借入債務
                    353,416     △353,416
      長期借入金
                       39     △39
      リース債務
                     76,150        40      686     76,877
      受入敷金保証金                                           その他の金融負債
                     20,079        148    △20,228            ⑦
      負ののれん
                     59,399         ▶   △17,239       42,164
      繰延税金負債                                           繰延税金負債
                       24     △24
      役員退職慰労引当金
                     8,057              19     8,076
      退職給付に係る負債                                           確定給付負債
                     2,527             615     3,143
      資産除去債務                                           引当金
                      158       23      △0      181
      その他                                           その他の非流動負債
                    609,838        152    △36,095       573,894
      固定負債合計                                             非流動負債合計
                    750,294        148    △30,496       719,947
     負債合計                                           負債合計
                                 56/74








                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記

                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                         IFRS表示科目
                                の差異            番号
     純資産の部                                           資本
                                                 親会社の所有者に帰属す
      株主資本
                                                 る持分
                     48,760                   48,760
      資本金                                            資本金
      資本剰余金               31,648             △206      31,442          資本剰余金
                    135,893             8,645     144,539      ⑩
      利益剰余金                                            利益剰余金
                      △0                   △0
      自己株式                                            自己株式
     その他の包括利益累計額
      その他有価証券評価差額
                     2,623     △2,623
      金
                       2     △2
      繰延ヘッジ損益
                     1,097     △1,097                  ⑧
      為替換算調整勘定
      退職給付に係る調整累計
                     △597       597
      額
                           3,125       878     4,004
                                                 その他の資本の構成要素
                                                  親会社の所有者に帰属
                                       228,746
                                                  する持分合計
                     46,143            △2,181       43,962
     非支配株主持分                                            非支配持分
                    265,571             7,137     272,708
     純資産合計                                           資本合計
                   1,015,866         148    △23,359       992,655
     負債純資産合計                                           負債及び資本合計
                                 57/74












                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
           前連結会計年度末(2018年3月31日)の資本に対する調整
            連結財政    状態計算書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記

                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                         IFRS表示科目
                                の差異            番号
                                               (資産の部)
     資産の部
     流動資産                                           流動資産
                     18,073       2,752      △638      20,187
      現金及び預金                                            現金及び現金同等物
      受取手形及び営業未収入                                            営業債権及びその他の
                     9,340      5,448      6,048      20,838     ①
      金                                            債権
                     27,672      49,974      △1,975       75,672     ④
      販売用不動産                                            棚卸資産
                     55,614     △55,614
      仕掛販売用不動産
                      784     △784
      未成工事支出金
                       86     △86
      原材料及び貯蔵品
                     1,912     △1,912
      リース投資資産
                     2,912     △2,752              160
      預け金                                            その他の金融資産
                      671     △671
      繰延税金資産
      その他                8,298     △3,544       △451      4,302     ②     その他の流動資産
                      △0       0
      貸倒引当金
                          △7,189       2,983     121,160           流動資産(小計)
                                                 売却目的で保有する資
                           11,803            11,803
                                                 産
                    125,367       4,613      2,983     132,964
      流動資産合計                                             流動資産合計
     固定資産                                           非流動資産
                    819,324     △799,934        △754      18,635
      有形固定資産                                            有形固定資産
                     25,818     △21,892       △1,375       2,550
      無形固定資産                                            のれん及び無形資産
                          827,557      △24,298       803,259     ③,⑤
                                                 投資不動産
     投資その他の資産
                                                 持分法で会計処理され
                     26,852     △16,822        1,790      11,820
      投資有価証券
                                                 ている投資
                           23,018        458     23,476
                                                 その他の金融資産
                     14,138     △14,138
      長期前払費用
                      355     △355
      退職給付に係る資産
      繰延税金資産                 237      671     1,302      2,211     ⑥     繰延税金資産
                     8,366     △3,376      △2,753       2,236
      その他                                            その他の非流動資産
                     △802       802
      貸倒引当金
                    894,292      △4,471      △25,631       864,189
      固定資産合計                                             非流動資産合計
     資産合計              1,019,659         142    △22,647       997,154         資産合計
                                 58/74





                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記

                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                         IFRS表示科目
                                の差異            番号
                                               (負債及び資本の部)
     負債の部
      流動負債                                           流動負債
                                                 営業債務及びその他の
                     6,638      15,272       1,085      22,996
      支払手形及び営業未払金
                                                 債務
      短期借入金               11,232      90,064       △607     100,688          短期借入債務
                       33     △33
      リース債務
      1年内返済予定の長期借
                     89,064     △89,064
      入金
                     1,000     △1,000
      1年内償還予定の社債
                     3,908             △50      3,858
      未払法人税等                                            未払法人所得税
                       0     △0
      繰延税金負債
                            975       13      989
                                                 その他の金融負債
                            433      250      683
                                                 引当金
                     25,981     △16,885       10,951      20,046
                                            ①,④
      その他                                            その他の流動負債
                           △237      11,641      149,263           流動負債(小計)
                                                 売却目的で保有する資
                            237            237
                                                 産に直接関連する負債
                    137,859        △0     11,641      149,500
      流動負債合計                                             流動負債合計
     固定負債                                           非流動負債
                     89,986      353,484       △459     443,010
      社債                                            長期借入債務
                    353,484     △353,484
      長期借入金
                       42     △42
      リース債務
                     76,399        44      586     77,029
      受入敷金保証金                                            その他の金融負債
                     19,122        142    △19,265            ⑦
      負ののれん
                     58,060         0   △16,137       41,922
      繰延税金負債                                            繰延税金負債
                     2,350     △2,350
      転貸事業損失引当金
                       29     △29
      役員退職慰労引当金
                     8,092              35     8,128
      退職給付に係る負債                                            確定給付負債
      資産除去債務                2,228      2,350       353     4,932         引当金
                      193       28     △12       209
      その他                                            その他の非流動負債
                    609,989        142    △34,898       575,234
      固定負債合計                                             非流動負債合計
     負債合計               747,849        142    △23,256       724,734         負債合計
                                 59/74






                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記

                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                         IFRS表示科目
                                の差異            番号
     純資産の部                                           資本
                                                 親会社の所有者に帰属す
     株主資本
                                                 る持分
                     48,760                   48,760
      資本金                                            資本金
      資本剰余金               31,650             △206      31,443          資本剰余金
                    141,973             4,727     146,700      ⑩
      利益剰余金                                            利益剰余金
                      △0                   △0
      自己株式                                            自己株式
     その他の包括利益累計額
      その他有価証券評価差額
                     1,881     △1,881
      金
                       15     △15
      繰延ヘッジ損益
                     1,974     △1,974                  ⑧
      為替換算調整勘定
      退職給付に係る調整累計
                     △543       543
      額
                           3,328     △1,596       1,732
                                                 その他の資本の構成要素
                                                  親会社の所有者に帰属
                                       228,636
                                                  する持分合計
                     46,098            △2,315       43,783
     非支配株主持分                                            非支配持分
                    271,810              608    272,419
     純資産合計                                           資本合計
                   1,019,659         142    △22,647       997,154
     負債純資産合計                                           負債及び資本合計
                                 60/74












                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
           前第2四半期連結累計期間(2017年4月1日から2017年9月30日まで)の損益及び包括利益に対する調整
            連結損益計算書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記

                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                          IFRS表示科目
                                の差異            番号
                     72,792            △1,472       71,320     ①
     営業収益                                           営業収益
                     47,995            △6,838       41,157
                                           ③,④,⑤
     営業原価                                           営業原価
                     24,796             5,365      30,162
     営業総利益                                           営業総利益
                                           ②,④,⑤
     販売費及び一般管理費                9,246            △352      8,894        販売費及び一般管理費
                             52     △38       14
                                                その他の営業収益
                            243       22      265    ③
                                                その他の営業費用
                                                持分法による投資損益
                            398      111      509
                                                (△は損失)
                     15,550        207     5,768      21,526
     営業利益                                           営業利益
     営業外収益
                       ▶     162      △2      164
      受取利息                                          金融収益
                      162     △162
      受取配当金
                      963           △963
      負ののれん償却額
      持分法による投資利益                398     △398
                       52     △52
      その他
                     1,581      △451      △965
      営業外収益合計
     営業外費用
                     2,258            △549      1,709
      支払利息                                          金融費用
                       53     △53
      その他
                     2,312       △53      △549
      営業外費用合計
                     14,819       △189      5,351
     経常利益
     特別損失
                      189     △189
      固定資産除却損
                      189     △189
      特別損失合計
     税引前四半期純利益               14,629             5,351      19,981         税引前四半期利益
                     3,959            1,802      5,762
                                             ⑥
     法人税等合計                                           法人所得税
                     10,669             3,549      14,218
     四半期純利益                                           四半期利益
                                                四半期利益の帰属
     非支配株主に帰属する四半
                     1,009             130     1,140
                                                 非支配持分
     期純利益
     親会社株主に帰属する四半
                     9,659            3,418      13,078
                                                 親会社の所有者
     期純利益
                                 61/74






                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
            連結包括利益計算書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記

                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                         IFRS表示科目
                                の差異            番号
                     10,669             3,549      14,218
     四半期純利益                                          四半期利益
                                                その他の包括利益(税引
     その他の包括利益
                                                後)
                                                 純損益に振り替えられる
                                                 ことのない項目
                       28           △28
     退職給付に係る調整額                                            確定給付制度の再測定
                                                 純損益に振り替えられる
                                                 可能性のある項目
                                                  キャッシュ・フロー・
                       0           △1      △0
     繰延ヘッジ損益                                            ヘッジの公正価値の純
                                                  変動額
                                                  その他有価証券評価差
                       32                   32
     その他有価証券評価差額金
                                                  額金
                                                  在外営業活動体の為替
                      △3           1,379      1,375
     為替換算調整勘定
                                                  換算差額
                                                その他の包括利益
                       58           1,349      1,407
     その他の包括利益合計
                                                (税引後)合計
                     10,728             4,898      15,626
     四半期包括利益                                          四半期包括利益合計
     (内訳)
                                                四半期包括利益合計の帰属
      親会社株主に係る四半期
                     9,718            4,768      14,486
                                                 親会社の所有者
      包括利益
      非支配株主に係る四半期
                     1,009             130     1,140
                                                 非支配持分
      包括利益
                     10,728             4,898      15,626          合計
                                 62/74











                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
           前第2四半期連結会計期間(2017年7月1日から2017年9月30日まで)の                                        損益及び    包括利益に対する調整

            連結損益計算書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記
                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                          IFRS表示科目
                                の差異            番号
                     32,015             △844      31,171     ①
     営業収益                                           営業収益
                     21,733            △3,677       18,056
                                           ③,④,⑤
     営業原価                                           営業原価
                     10,282             2,832      13,114
     営業総利益                                           営業総利益
                                           ②,④,⑤
     販売費及び一般管理費                4,053              68     4,121        販売費及び一般管理費
                            △11       15       ▶
                                                その他の営業収益
                            160       22      183    ③
                                                その他の営業費用
                                                持分法による投資損益
                             12      272      284
                                                (△は損失)
                     6,228      △159      3,029      9,098
     営業利益                                           営業利益
     営業外収益
                       1      2      0      3
      受取利息                                          金融収益
                       2     △2
      受取配当金
                      481           △481
      負ののれん償却額
                       12     △12
      持分法による投資利益
                      △11       11
      その他
                      487      △1     △482
      営業外収益合計
     営業外費用
                     1,147            △284       862
      支払利息                                          金融費用
                       37     △37
      その他
                     1,184       △37      △284
      営業外費用合計
                     5,531      △123      2,831
     経常利益
     特別損失
                      123     △123
      固定資産除却損
                      123     △123
      特別損失合計
     税引前四半期純利益                5,407            2,831      8,239        税引前四半期利益
                     1,425             890     2,316
                                             ⑥
     法人税等合計                                           法人所得税
                     3,981            1,940      5,922
     四半期純利益                                           四半期利益
                                                四半期利益の帰属
     非支配株主に帰属する四半
                      494             70      565
                                                 非支配持分
     期純利益
     親会社株主に帰属する四半
                     3,487            1,869      5,357
                                                 親会社の所有者
     期純利益
                                 63/74





                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
            連結包括利益計算書

                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記
                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                         IFRS表示科目
                                の差異            番号
                     3,981            1,940      5,922
     四半期純利益                                          四半期利益
                                                その他の包括利益(税引
     その他の包括利益
                                                後)
                                                 純損益に振り替えられる
                                                 ことのない項目
                       14           △14
     退職給付に係る調整額                                            確定給付制度の再測定
                                                 純損益に振り替えられる
                                                 可能性のある項目
                                                  キャッシュ・フロー・
                      △3             5      2
     繰延ヘッジ損益                                            ヘッジの公正価値の純
                                                  変動額
                                                  その他有価証券評価差
                      251                   251
     その他有価証券評価差額金
                                                  額金
                                                  在外営業活動体の為替
                      579            210      789
     為替換算調整勘定
                                                  換算差額
                                                その他の包括利益
                      841            201     1,043
     その他の包括利益合計
                                                (税引後)合計
                     4,823            2,142      6,966
     四半期包括利益                                          四半期包括利益合計
     (内訳)
                                                四半期包括利益合計の帰属
      親会社株主に係る四半期
                     4,329            2,071      6,400
                                                 親会社の所有者
      包括利益
      非支配株主に係る四半期
                      494             70      565
                                                 非支配持分
      包括利益
                     4,823            2,142      6,966          合計
                                 64/74










                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
           前連結会計年度(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の                                   損益及び    包括利益に対する調整

            連結損益計算書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記
                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                          IFRS表示科目
                                の差異            番号
                    166,800            △6,145      160,654      ①
     営業収益                                           営業収益
                    115,978            △3,722      112,256
                                           ③,④,⑤
     営業原価                                           営業原価
                     50,821            △2,423       48,398
     営業総利益                                           営業総利益
                                           ②,④,⑤
     販売費及び一般管理費               21,185             △653      20,531         販売費及び一般管理費
                            519     2,468      2,987
                                                その他の営業収益
                            770      451     1,221     ③
                                                その他の営業費用
                                                持分法による投資損益
                           △121       899      778
                                                (△は損失)
                     29,635       △372      1,147      30,410
     営業利益                                           営業利益
     営業外収益
                       14     1,016       △4     1,026
      受取利息                                          金融収益
                      213     △213
      受取配当金
                      319     △319
      受取分担金
                       21     △21
      固定資産受贈益
                     1,926           △1,926
      負ののれん償却額
                       60     △60
      その他
                     2,555       401    △1,930
      営業外収益合計
     営業外費用
                     4,493       166    △1,160       3,499
      支払利息                                          金融費用
                      121     △121
      持分法による投資損失
                      144     △144
      その他
                     4,759       △99     △1,160
      営業外費用合計
                     27,432        128      377
     経常利益
     特別利益
                      118     △118
      固定資産売却益
                      802     △802
      投資有価証券売却益
                      920     △920
      特別利益合計
     特別損失
                      626     △626
      固定資産除却損
                       66     △66
      投資有価証券売却損
                       99     △99
      投資有価証券評価損
                      792     △792
      特別損失合計
     税金等調整前当期純利益               27,560              377     27,938         税引前利益
                     6,886             893     7,780
                                             ⑥
     法人税等合計                                           法人所得税
                     20,673             △515      20,157
     当期純利益                                           当期純利益
                                                当期純利益の帰属
     非支配株主に帰属する当期
                     1,972              30     2,002
                                                 非支配持分
     純利益
     親会社株主に帰属する当期
                     18,701             △546      18,155
                                                 親会社の所有者
     純利益
                                 65/74


                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
            連結包括利益計算書
                                                    (単位:百万円)
                               認識・測定             注記
                                       IFRS
       日本基準表示科目            日本基準      表示組替                         IFRS表示科目
                                の差異            番号
                     20,673             △515      20,157
     当期純利益                                          当期純利益
                                                その他の包括利益(税引
     その他の包括利益
                                                後)
                                                 純損益に振り替えられる
                                                 ことのない項目
                       84           △37       47
     退職給付に係る調整額                                            確定給付制度の再測定
                                                 純損益に振り替えられる
                                                 可能性のある項目
                                                  キャッシュ・フロー・
                       13             6      19
     繰延ヘッジ損益                                            ヘッジの公正価値の純
                                                  変動額
                                                  その他有価証券評価差
                     △708                   △708
     その他有価証券評価差額金
                                                  額金
                                                  在外営業活動体の為替
                      874          △1,048       △174
     為替換算調整勘定
                                                  換算差額
                                                その他の包括利益
                      263          △1,080       △816
     その他の包括利益合計
                                                (税引後)合計
                     20,937            △1,595       19,341
     包括利益                                          当期包括利益合計
     (内訳)
                                                当期包括利益合計の帰属
      親会社株主に係る包括利
                     18,962            △1,625       17,336
                                                 親会社の所有者
      益
      非支配株主に係る包括利
                     1,974              29     2,004
                                                 非支配持分
      益
                     20,937            △1,595       19,341
                                                  合計
                                 66/74











                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
         (3)資本および包括利益に対する調整についての注記

          ① 営業債権及びその他の債権
            当社グループは、日本基準ではインセンティブ(フリーレント等)のあるオペレーティング・リースにつ
           いて契約で定められた受取金額に基づいて収益を認識しておりましたが、IFRSではインセンティブを含む受
           取リース料総額をリース期間にわたり定額法で認識することにより、営業債権及びその他の債権が増加して
           おります。
            当該変更による影響は、以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                          移行日         前第2四半期連結会計期間               前連結会計年度末

                       (2017年4月1日)             (2017年9月30日)             (2018年3月31日)
     (連結財政状態計算書)
                               5,446             5,793             5,899
      営業債権及びその他の債権
                                67             98             71
      その他の流動負債
                               1,649             1,708             1,700
      繰延税金負債
                                193             185             176
      非支配持分
                               3,535             3,800             3,951
      利益剰余金調整額
                                                    (単位:百万円)

                     前第2四半期連結累計期間             前第2四半期連結会計期間                前連結会計年度
                      (2017年4月1日から             (2017年7月1日から              (2018年3月31日に
                       2017年9月30日まで)             2017年9月30日まで)               終了した1年間)
     (連結損益計算書)
                                316             145             437
      営業収益
                                316             145             437
      税引前利益調整額
          ② 広告宣伝費

            日本基準では広告宣伝用資産を資産計上しておりましたが、IFRSでは一部費用計上するため、「その他の
           流動資産」が減少しております。
            当該変更による影響は、以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                          移行日         前第2四半期連結会計期間               前連結会計年度末

                       (2017年4月1日)             (2017年9月30日)             (2018年3月31日)
     (連結財政状態計算書)
                              △2,730             △2,783             △2,577
      その他の流動資産
                                842             859             789
      繰延税金資産
                              △1,887             △1,924             △1,788
      利益剰余金調整額
                                                    (単位:百万円)

                     前第2四半期連結累計期間             前第2四半期連結会計期間                前連結会計年度
                      (2017年4月1日から             (2017年7月1日から              (2018年3月31日に
                       2017年9月30日まで)             2017年9月30日まで)               終了した1年間)
     (連結損益計算書)
                                53             410            △152
      販売費及び一般管理費
                               △53             △410              152
      税引前利益調整額
                                 67/74





                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
          ③ みなし原価

            IFRS第1号に準拠して、当社グループは一部の投資不動産について、移行日現在の公正価値を当該投資不
           動産のみなし原価とすることを選択しております。
            当該変更による影響額は、以下のとおりです。
            なお、    みなし原価を使用した投資不動産の移行日における公正価値及び日本基準における帳簿価額はそれ
           ぞれ293,066百万円及び329,331百万円です。
                                                    (単位:百万円)
                          移行日         前第2四半期連結会計期間               前連結会計年度末

                       (2017年4月1日)             (2017年9月30日)             (2018年3月31日)
     (連結財政状態計算書)
                             △36,265             △35,467             △35,049
      投資不動産
                              11,104             10,860             10,732
      繰延税金資産
                              △2,293             △2,262             △2,230
      非支配持分
                             △22,866             △22,345             △22,086
      利益剰余金調整額
                                                    (単位:百万円)

                     前第2四半期連結累計期間             前第2四半期連結会計期間                前連結会計年度
                      (2017年4月1日から              (2017年7月1日から              (2018年3月31日に
                       2017年9月30日まで)             2017年9月30日まで)               終了した1年間)
     (連結損益計算書)
                               △797             △398            △1,210
      営業原価
                                -             -             △5
      その他の営業費用
                                797             398            1,215
      税引前利益調整額
          ④ 賦   課金

            日本基準では国内で賦課される固定資産税について、納税した会計年度にわたって費用計上しておりまし
           たが、IFRSでは賦課基準日において一括して負債計上し「その他の流動負債」に含めて表示しております。
            当該   変更による影響は、以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                          移行日         前第2四半期連結会計期間               前連結会計年度末

                       (2017年4月1日)             (2017年9月30日)             (2018年3月31日)
     (連結財政状態計算書)
                                160              53             136
      棚卸資産
                               2,955             1,523             3,101
      繰延税金資産
                               9,642             4,911             10,183
      その他の流動負債
                               △223             △111             △234
      非支配持分
                              △6,304             △3,223             △6,711
      利益剰余金調整額
                                                    (単位:百万円)

                     前第2四半期連結累計期間             前第2四半期連結会計期間                前連結会計年度
                      (2017年4月1日から             (2017年7月1日から              (2018年3月31日に
                       2017年9月30日まで)             2017年9月30日まで)               終了した1年間)
     (連結損益計算書)
                              △4,377             △2,245               453
      営業原価
                               △246             △104              112
      販売費及び一般管理費
                               4,624             2,350             △565
      税引前利益調整額
                                 68/74




                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
          ⑤ 租税公課

            日本基準では資産の取得で発生した不動産取得税等の租税公課について、発生した会計年度において販売
           費及び一般管理費として費用計上しておりましたが、IFRSでは資産の取得価額に含めております。
            当該   変更による影響は、以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)

                          移行日         前第2四半期連結会計期間               前連結会計年度末

                       (2017年4月1日)             (2017年9月30日)             (2018年3月31日)
     (連結財政状態計算書)
                               3,140             3,249             3,622
      投資不動産
                                961             994            1,109
      繰延税金負債
                               2,179             2,254             2,513
      利益剰余金調整額
                                                    (単位:百万円)

                     前第2四半期連結累計期間             前第2四半期連結会計期間                前連結会計年度
                      (2017年4月1日から             (2017年7月1日から              (2018年3月31日に
                       2017年9月30日まで)             2017年9月30日まで)               終了した1年間)
     (連結損益計算書)
                                28             14             61
      営業原価
                               △136             △110             △547
      販売費及び一般管理費
                                108              95             486
      税引前利益調整額
          ⑥ 繰延税金資産

            繰延税金資産の回収可能性に関して将来減算一時差異を利用できる課税所得が生じる可能性をIFRSに基づ
           き検討した結果、繰延税金資産が増加しております。
            当該変更による影響は、以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                         IFRS移行日          前第2四半期連結会計期間               前連結会計年度末

                       (2017年4月1日)             (2017年9月30日)             (2018年3月31日)
     (連結財政状態計算書)
                               7,086             7,111             6,873
      繰延税金資産
                                 1             0             0
      非支配持分
                               7,084             7,110             6,872
      利益剰余金調整額
            上記調整により、連結損益計算書の「法人所得税」が前第2四半期連結累計期間で25百万円減少、前連結

           会計年度で213百万円増加しております。
                                 69/74








                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
          ⑦ 負ののれんに対する調整

            日本基準では、2010年4月1日前に行われた企業結合により発生した負ののれんは、発生時に負債として
           認識し、均等償却しておりましたが、IFRSでは、発生時に利益として認識することから、その調整を利益剰
           余金に認識しております。
          ⑧ 在外営業活動体の為替換算差額

            IFRS第1号に規定されている免除規定を選択して、IFRS移行日における在外営業活動体の為替換算差額の
           累計額(その他の資本の構成要素に含まれる)をゼロとみなし、すべて利益剰余金に振り替えております。
          ⑨ その他

            上記①から⑧以外の資本および包括利益に対する調整は、主に以下のとおりです。
            日本基準では、子会社または持分法適用会社の決算日が親会社の決算日と異なる場合、異なる期間内に発
           生した重要な事象または取引を注記にて開示または連結財務諸表本表で調整しております。
            一方、IFRSでは、子会社または関連会社および共同支配企業の決算日が親会社の決算日と異なる場合、実
           務上不可能な場合を除き、決算日を統一または親会社の決算日において追加的な財務諸表を作成しておりま
           す。また、決算日の統一または追加的な財務諸表の作成が実務上不可能な場合、異なる期間内に発生した重
           要な事象または取引を調整しております。
          ⑩ 利益剰余金

            上記調整による利益剰余金に対する影響は、以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                             移行日        前第2四半期連結会計期間              前連結会計年度末

                      注記
           調整項目
                         (2017年4月1日)            (2017年9月30日)            (2018年3月31日)
                      番号
                      ①

     営業債権及びその他の債権                           3,535             3,800            3,951
                      ②
     広告宣伝費                          △1,887             △1,924            △1,788
                      ③
     みなし原価                          △22,866             △22,345            △22,086
                      ④
     賦課金                          △6,304             △3,223            △6,711
                      ⑤
     租税公課                           2,179             2,254            2,513
                      ⑥
     繰延税金資産                           7,084             7,110            6,872
                      ⑦
     負ののれんに対する調整                           21,191             20,228            19,265
                      ⑧
     在外営業活動体の為替換算差額                           1,100             1,100            1,100
                      ⑨
     その他                           1,194             1,162            1,610
            合計                     5,227             8,164            4,727

                                 70/74







                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
         (4)連結財政状態計算書上の表示の変更に関する注記

          ① 繰延税金資産および繰延税金負債の表示
            日本基準では、繰延税金資産および繰延税金負債は流動資産および流動負債、または固定資産および固定
           負債として表示しておりますが、IFRSでは、流動資産および流動負債に表示することは認められていないた
           め、すべて非流動資産および非流動負債として表示しております。
         (5)連結キャッシュ・フロー計算書に対する重要な調整

          ① 前第2四半期連結累計期間
            IFRSに準拠し作成した連結キャッシュ・フロー計算書と日本基準に準拠し作成した連結キャッシュ・フ
           ロー計算書に重要な差異はありません。
          ② 前連結会計年度

            IFRSに準拠し作成した連結キャッシュ・フロー計算書と日本基準に準拠し作成した連結キャッシュ・フ
           ロー計算書に重要な差異はありません。
                                 71/74
















                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
       2018年11月5日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (イ)       中間配当による配当金の総額・・・・・・・3,291百万円
        (ロ)       1株当たりの金額・・・・・・・・・・・・10円00銭
        (ハ)       支払請求の効力発生日および支払開始日・・2018年12月3日
        (注)       2018年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
                                 72/74



















                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 73/74




















                                                           EDINET提出書類
                                                エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社(E04030)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2018年11月5日

     エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社

      取締役会 御中

                           有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 大  木  正  志
                             業  務  執  行  社  員
                             指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 松  本  大  明
                             業  務  執  行  社  員
                             指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 寺  田       裕
                             業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているエヌ・ティ・

     ティ都市開発株式会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2018年7月
     1日から2018年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)に係る要約四半
     期連結財務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算
     書、要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記につい
     て四半期レビューを行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社及び連結子会社の2018年9月30日現在の財政状態、同日をもって終
     了する第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間の経営成績並びに第2四半期連結累計期間のキャッシュ・フ
     ローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      後発事象に記載されているとおり、会社は、2018年10月15日開催の取締役会において、NTT-SH株式会社による会
     社の普通株式に対する公開買付け(以下「本公開買付け」)に賛同の意見を表明するとともに、会社の株主に対して、本
     公開買付けへの応募を推奨する旨の決議を行った。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
      (注)1.上記は、四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期
           報告書提出会社)が別途保管しています。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 74/74


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。