株式会社日立物流 四半期報告書 第60期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第60期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社日立物流

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      2018年11月14日

     【四半期会計期間】                      第60期第2四半期

                          (自    2018年7月1日         至   2018年9月30日)
     【会社名】                      株式会社日立物流

     【英訳名】                      Hitachi Transport System, Ltd.

     【代表者の役職氏名】                      執行役社長          中 谷 康 夫

     【本店の所在の場所】                      東京都中央区京橋二丁目9番2号

     【電話番号】                      03(6263)2800       <代表>

     【事務連絡者氏名】                      経営戦略本部 広報部長 高岡 勲

     【最寄りの連絡場所】                      東京都中央区京橋二丁目9番2号

     【電話番号】                      03(6263)2803

     【事務連絡者氏名】                      経営戦略本部 広報部長 高岡 勲

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/35








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                              第59期           第60期
             回    次               第2四半期           第2四半期            第59期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自 2017年4月1日           自 2018年4月1日           自 2017年4月1日
            会  計  期  間
                           至 2017年9月30日           至 2018年9月30日           至 2018年3月31日
                                343,662           352,385
     売上収益
                                                      700,391
                     (百万円)
     (第2四半期連結会計期間)                           ( 174,811    )       ( 177,613    )
                                 14,049           14,849           29,803
     調整後営業利益                (百万円)
                                 13,819           14,038           29,266

     営業利益                (百万円)
                                 15,267           14,421           32,262

     税引前四半期(当期)利益                (百万円)
     親会社株主に帰属する
                                  9,334           8,324
     四半期(当期)利益
                                                       20,916
                     (百万円)
     (第2四半期連結会計期間)                            ( 4,550   )        ( 3,274   )
     親会社株主に帰属する
                                 12,434           9,190          22,486
                     (百万円)
     四半期(当期)包括利益
                                207,046           221,605           215,090
     親会社株主持分                (百万円)
                                550,679           604,815           564,903

     総資産額                (百万円)
     基本的1株当たり親会社株主に
                                  83.68           74.62
     帰属する四半期(当期)利益
                                                       187.50
                      (円)
     (第2四半期連結会計期間)                            ( 40.79   )        ( 29.35   )
     希薄化後1株当たり
     親会社株主に帰属する                 (円)             -           -           -
     四半期(当期)利益
                                  37.6           36.6           38.1
     親会社株主持分比率                 (%)
     営業活動による
                                 10,045           15,289           27,924
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                △ 4,418          △ 6,811          △ 6,178
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                △ 11,988           33,386          △ 16,445
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                                 52,215          105,769           63,497
                     (百万円)
     四半期(期末)残高
      (注)    1 当社は要約四半期連結財務諸表を作成しているので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
           していない。
         2 売上収益には、消費税等は含まれていない。
         3 希薄化後1株当たり親会社株主に帰属する四半期(当期)利益については、潜在株式が存在しないため、記
           載していない。
         4 上記指標は、国際財務報告基準(以下、「IFRS」)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸
           表に基づいている。
         5 「調整後営業利益」は「売上総利益」から「販売費及び一般管理費」を控除した利益指標である。
     2  【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが営む事業の内容について、重要な変更はない。また、主要
       な関係会社に異動はない。
                                  2/35



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

        当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況に関する事項のうち、
       投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
       のリスク」についての重要な変更はない。
        なお、重要事象等は存在していない。
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)  経営成績の状況
        当第2四半期連結累計期間における連結業績は、売上収益は                            3,523億85百万円        (前年同四半期連結累計期間比              3%
       増 )、調整後営業利益は          148億49百万円       (前年同四半期連結累計期間比              6%増   )、受取利息及び支払利息調整後税引前
       四半期利益は      148億24百万円       (前年同四半期連結累計期間比              6%減   )、親会社株主に帰属する四半期利益は                  83億24百万
       円 (前年同四半期連結累計期間比              11%減   )となった。
        セグメント別の状況は次のとおりである。

       (国内物流)

        当セグメントの売上収益は、メディカル関連案件の本格稼働や取り扱い物量が総じて堅調に推移したことなどに
       より、前年同四半期連結累計期間に比べ                   4%増加    し、  2,128億47百万円        となった。
        セグメント利益は、作業コストの上昇や自然災害の影響はあったものの、増収影響や生産性改善効果等により、
       前年同四半期連結累計期間に比べ               3%増加    し、  105億14百万円       となった。
       (国際物流)

        当セグメントの売上収益は、海外3PL案件やプロジェクト案件が堅調に推移したことなどにより、前年同四半
       期連結累計期間に比べ          1%増加    し、  1,293億47百万円        となった。
        セグメント利益は、増収影響のほか、課題案件の収益改善等により、前年同四半期連結累計期間に比べ                                                 17%増加
       し、  35億84百万円      となった。
       (その他(物流周辺事業等))

        当セグメントの売上収益は、前年同四半期連結累計期間に比べ                              3%減少    し、  101億91百万円       となった。
        セグメント利益は、前年同四半期連結累計期間に比べ                          9%減少    し、  7億51百万円      となった。
      (2)  財政状態の状況

        当第2四半期連結会計期間末の資産の部合計は、前連結会計年度末に比べ                                   399億12百万円増加         し、  6,048億15百万
       円 となった。流動資産は、その他の金融資産が                     24億23百万円減少        したものの、現金及び現金同等物が                 422億72百万円
       増加  したことなどにより、          385億1百万円増加         した。非流動資産は、無形資産が               4億54百万円減少        したものの、有形
       固定資産が     19億43百万円増加        したことなどにより、          14億11百万円増加        した。
        当第2四半期連結会計期間末の負債の部合計は、前連結会計年度末に比べ                                   333億72百万円増加         し、  3,715億54百万
       円 となった。流動負債は、償還期長期債務が                    99億66百万円      、未払法人所得税が         32億62百万円      それぞれ減少したこと
       などにより、      157億63百万円減少         した。非流動負債は、長期債務が               496億4百万円増加         したことなどにより、          491億35
       百万円増加     した。
        当第2四半期連結会計期間末の資本の部合計は、前連結会計年度末に比べ                                   65億40百万円増加        し、  2,332億61百万円
       となり、また親会社株主持分比率は前連結会計年度末の                          38.1%   から  36.6%   となった。
                                  3/35





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
      (3)  キャッシュ・フローの状況
        当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」)の残高は、前連結会計年度末に比
       べ 422億72百万円増加         し、  1,057億69百万円        となった。
        当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりである。
        営業活動によるキャッシュ・フローは、前第2四半期連結累計期間に比べ                                   52億44百万円収入が増加           し、  152億89百

       万円の収入     となった。この主な要因は、持分法による投資利益                        22億80百万円      等による資金の減少と、減価償却費及
       び無形資産償却費        94億83百万円      、四半期利益      87億11百万円      等により資金が増加したことによるものである。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、前第2四半期連結累計期間に比べ                                   23億93百万円支出が増加           し、  68億11百

       万円の支出     となった。この主な要因は、有形固定資産及び無形資産の取得                             74億49百万円      により資金が減少したこと
       によるものである。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、前第2四半期連結累計期間に比べ                                   453億74百万円収入が増加            し、  333億86

       百万円の収入      となった。この主な要因は、長期借入債務の返済                       106億2百万円       、リース債務の返済         22億37百万円      、配
       当金の支払     20億8百万円      等による資金の減少と、長期借入債務による調達                       497億49百万円       等により資金が増加したこ
       とによるものである。
      (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた課題はない。
      (5)  研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間における当社グループの研究開発費は3億87百万円である。
        なお、当第2四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はない。
     3  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はない。
                                  4/35










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    292,000,000

                  計                                  292,000,000

       ②  【発行済株式】

            第2四半期会計期間末              提出日現在        上場金融商品取引所

       種類      現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
             (2018年9月30日)           (2018年11月14日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
      普通株式          111,776,714           111,776,714                 単元株式数は100株である。
                                    (市場第一部)
        計         111,776,714           111,776,714           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項なし。

       ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項なし。

      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項なし。

      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     2018年7月1日~
                    ―      111,776        ―       16,802       ―       13,424
     2018年9月30日
                                  5/35






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
                                                2018年9月30日現在

                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を
                                            所有株式数        除く。)の
           氏名又は名称                     住所
                                              (株)      総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
                                             33,471,578          30.01
     株式会社日立製作所                  東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
                                             32,349,700          29.00

     SGホールディングス株式会社                  京都府京都市南区上鳥羽角田町68番地
     日本トラスティ・サービス
                                              5,719,000          5.13
                       東京都中央区晴海一丁目8番11号
     信託銀行株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト
                                              4,189,400          3.76
                       東京都港区浜松町二丁目11番3号
     信託銀行株式会社(信託口)
     全国共済農業協同組合連合会
                       東京都千代田区平河町二丁目7番9号
     (常任代理人 日本マスター                                        2,733,900          2.45
                       (東京都港区浜松町二丁目11番3号)
     トラスト信託銀行株式会社)
     ジェーピー モルガン チェース
                       25 BANK STREET, CANARY WHARF,
     バンク 380684
                       LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM          1,902,800          1.71
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行
                       (東京都港区港南二丁目15番1号)
     決済営業部)
                                              1,377,435          1.23
     日立物流社員持株会                  東京都中央区京橋二丁目9番2号
     日本トラスティ・サービス
                                              1,346,300          1.21
                       東京都中央区晴海一丁目8番11号
     信託銀行株式会社(信託口9)
                                              1,038,210          0.93
     福山通運株式会社                  広島県福山市東深津町四丁目20番1号
     ジェーピー モルガン チェース
                       25 BANK STREET, CANARY WHARF,
     バンク 385166
                       LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM           919,500         0.82
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行
                       (東京都港区港南二丁目15番1号)
     決済営業部)
                                             85,047,823          76.24
             計                    ―
      (注)上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりである。
          日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)                         2,761,100株 
          日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)                       3,636,800株
                                  6/35










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                                2018年9月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式              ―              ―
                          227,000
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                              1,115,288              ―
                        111,528,800
                     普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                           20,914
     発行済株式総数                   111,776,714           ―              ―
     総株主の議決権                     ―         1,115,288              ―

      (注)    「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式38株が含まれている。
       ②  【自己株式等】

                                                2018年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)             東京都中央区京橋二丁目
                                  227,000        ―      227,000        0.20
     株式会社日立物流             9番2号
           計              ―         227,000        ―      227,000        0.20
      (注) 当第2四半期会計期間末の自己株主数は227,038株である。
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はない。
                                  7/35









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1 四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
      府令第64号。以下、「四半期連結財務諸表規則」)第93条の規定により、国際会計基準(以下、「IAS」)第34号「期中
      財務報告」に準拠して作成している。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2018年7月1日から2018年
      9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)に係る要約四半期連結財務諸表
      について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けている。
       なお、従来、当社が監査証明を受けている新日本有限責任監査法人は、2018年7月1日に名称を変更し、EY新日本
      有限責任監査法人となった。 
                                  8/35
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     1  【要約四半期連結財務諸表】
      (1)  【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                     (単位:百万円)
                              注記       前連結会計年度           当第2四半期連結会計期間
               区分
                              番号      (2018年3月31日)              (2018年9月30日)
     (資産の部)

     流動資産

       現金及び現金同等物                                    63,497             105,769

       売上債権                       ▶            135,987                -

       売上債権及び契約資産                       ▶               -           135,904

       棚卸資産                                    1,711              1,542

       その他の金融資産                       6             7,868              5,445

       その他の流動資産                                    11,089              9,993

        流動資産合計

                                           220,152              258,653
     非流動資産

       持分法で会計処理されている投資                                    75,349              75,022

       有形固定資産                                   175,015              176,958

       のれん                                    27,869              28,266

       無形資産                                    31,833              31,379

       繰延税金資産                                    8,466              8,346

       その他の金融資産                       6             18,320              18,265

                                            7,899              7,926

       その他の非流動資産
        非流動資産合計

                                           344,751              346,162
     資産の部合計                                     564,903              604,815

                                  9/35








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:百万円)
                              注記       前連結会計年度           当第2四半期連結会計期間
               区分
                              番号      (2018年3月31日)              (2018年9月30日)
     (負債の部)

     流動負債

       買入債務                                    55,078              53,274

       短期借入金                       6             10,747              11,119

       償還期長期債務                       6             15,307              5,341

       未払法人所得税                                    6,782              3,520

       その他の金融負債                       6             21,425              21,780

                                           30,829              29,371

       その他の流動負債
        流動負債合計

                                           140,168              124,405
     非流動負債

       長期債務                       6            138,244              187,848

       退職給付に係る負債                                    32,077              32,449

       繰延税金負債                                    10,897              10,939

       その他の金融負債                       6             12,915              12,112

                                            3,881              3,801

       その他の非流動負債
        非流動負債合計

                                           198,014              247,149
     負債の部合計                                     338,182              371,554

     (資本の部)

     親会社株主持分

       資本金                                    16,803              16,803

       資本剰余金                                    3,409              2,664

       利益剰余金                                   193,864              200,205

       その他の包括利益累計額                                    1,195              2,114

                                            △181              △181

       自己株式
        親会社株主持分合計

                                           215,090              221,605
     非支配持分                                      11,631              11,656

     資本の部合計                                     226,721              233,261

     負債・資本の部合計                                     564,903              604,815

                                 10/35





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
      (2)  【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                     (単位:百万円)
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                             注記
               区分                   (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                             番号
                                   至 2017年9月30日)              至 2018年9月30日)
     売上収益                        3,5             343,662              352,385
                                         △304,965              △312,166

     売上原価
       売上総利益

                                           38,697              40,219
                                          △24,648              △25,370

     販売費及び一般管理費
       調整後営業利益

                                           14,049              14,849
     その他の収益                                       438              308

                                           △668             △1,119

     その他の費用
       営業利益

                                           13,819              14,038
     金融収益                                       72              57

     金融費用                                      △417             △1,551

                                           2,219              2,280

     持分法による投資利益
       受取利息及び支払利息調整後
                                           15,693              14,824
       税引前四半期利益
     受取利息                                       450              533
                                           △876              △936

     支払利息
       税引前四半期利益

                                           15,267              14,421
                                          △5,239              △5,710

     法人所得税費用
       四半期利益

                                           10,028              8,711
     四半期利益の帰属

       親会社株主持分                                    9,334              8,324

       非支配持分                                     694              387

                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間

                             注記
               区分                   (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                             番号
                                   至 2017年9月30日)              至 2018年9月30日)
     1株当たり親会社株主に帰属する四半期利益
       基本                       8            83.68   円           74.62   円

       希薄化後                       8              - 円             - 円

                                 11/35




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
        【第2四半期連結会計期間】
                                                     (単位:百万円)
                                 前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間
                             注記
               区分                   (自 2017年7月1日              (自 2018年7月1日
                             番号
                                   至 2017年9月30日)              至 2018年9月30日)
     売上収益                                     174,811              177,613
     売上原価                                    △155,015              △157,438

       売上総利益                                   19,796              20,175

                                          △12,311              △12,748

     販売費及び一般管理費
       調整後営業利益

                                           7,485              7,427
     その他の収益                                       261              114

                                           △521              △777

     その他の費用
       営業利益

                                           7,225              6,764
     金融収益                                        ▶              5

     金融費用                                      △179             △1,042

                                            711             1,023

     持分法による投資利益
       受取利息及び支払利息調整後
                                           7,761              6,750
       税引前四半期利益
     受取利息                                       232              272
                                           △433              △477

     支払利息
       税引前四半期利益

                                           7,560              6,545
                                          △2,713              △3,177

     法人所得税費用
       四半期利益

                                           4,847              3,368
     四半期利益の帰属

       親会社株主持分                                    4,550              3,274

       非支配持分                                     297              94

                                 前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間

                             注記
               区分                   (自 2017年7月1日              (自 2018年7月1日
                             番号
                                   至 2017年9月30日)              至 2018年9月30日)
     1株当たり親会社株主に帰属する四半期利益
       基本                       8            40.79   円           29.35   円

       希薄化後                       8              - 円             - 円

                                 12/35





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                     (単位:百万円)
                                  前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                              注記
               区分                   (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                              番号
                                   至 2017年9月30日)              至 2018年9月30日)
                                           10,028              8,711
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益に組み替えられない項目

       その他の包括利益を通じて測定する
                                             226              110
       金融資産の公正価値の純変動額
                                            △21               3
       持分法のその他の包括利益
        純損益に組み替えられない項目合計

                                             205              113
      純損益に組み替えられる可能性がある項目

       在外営業活動体の換算差額                                    3,758               954

       キャッシュ・フロー・ヘッジの
                                             -              1
       公正価値の純変動額
                                            △13              △19
       持分法のその他の包括利益
        純損益に組み替えられる可能性がある
                                            3,745               936
        項目合計
     その他の包括利益合計                                      3,950              1,049
     四半期包括利益

                                           13,978              9,760
      四半期包括利益の帰属

       親会社株主持分                                    12,434              9,190

       非支配持分                                    1,544               570

                                 13/35









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
       【第2四半期連結会計期間】
                                                     (単位:百万円)
                                  前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間
                              注記
               区分                   (自 2017年7月1日              (自 2018年7月1日
                              番号
                                   至 2017年9月30日)              至 2018年9月30日)
                                            4,847              3,368
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益に組み替えられない項目

       その他の包括利益を通じて測定する
                                             43            △113
       金融資産の公正価値の純変動額
                                            △15               -
       持分法のその他の包括利益
        純損益に組み替えられない項目合計

                                             28            △113
      純損益に組み替えられる可能性がある項目

       在外営業活動体の換算差額                                    1,671              1,493

                                              6             △9

       持分法のその他の包括利益
        純損益に組み替えられる可能性がある
                                            1,677              1,484
        項目合計
     その他の包括利益合計                                      1,705              1,371
     四半期包括利益

                                            6,552              4,739
      四半期包括利益の帰属

       親会社株主持分                                    5,961              4,347

       非支配持分                                     591              392

                                 14/35










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
      (3)  【要約四半期連結持分変動計算書】
                                                     (単位:百万円)
                  前第2四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)
                                             親会社

                注記                                      資本の部
                                   その他の
                                             株主持分     非支配持分
                番号                                       合計
                    資本金    資本剰余金     利益剰余金     包括利益     自己株式
                                              合計
                                   累計額
     期首残高                16,803     8,272    176,842      △301     △180    201,436     12,483     213,919
     変動額
      四半期利益                         9,334               9,334      694    10,028
      その他の包括利益                              3,100          3,100      850    3,950
      非支配持分との
                         △4,863           △64         △4,927     △2,657     △7,584
      取引等
      配当金           7             △1,896               △1,896      △78    △1,974
      利益剰余金への振替                           ▶    △4          -          -
      自己株式の取得
                                          △1     △1          △1
      及び売却
     変動額合計                 -   △4,863      7,442     3,032      △1    5,610    △1,191      4,419
     期末残高                16,803     3,409    184,284      2,731     △181    207,046     11,292     218,338
                                                     (単位:百万円)

                  当第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)
                                             親会社

                注記                                      資本の部
                                   その他の
                                             株主持分     非支配持分
                番号                                       合計
                    資本金    資本剰余金     利益剰余金     包括利益     自己株式
                                              合計
                                   累計額
     期首残高                16,803     3,409    193,864      1,195     △181    215,090     11,631     226,721
      会計方針の変更による
                 2                25               25          25
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映し
                     16,803     3,409    193,889      1,195     △181    215,115     11,631     226,746
     た期首残高
     変動額
      四半期利益                         8,324               8,324      387    8,711
      その他の包括利益                               866          866     183    1,049
      非支配持分との取引等                    △745           53         △692     △407    △1,099
      配当金           7             △2,008               △2,008      △138    △2,146
      自己株式の取得
                                          △0     △0          △0
      及び売却
     変動額合計                 -    △745     6,316      919     △0    6,490      25    6,515
     期末残高                16,803     2,664    200,205      2,114     △181    221,605     11,656     233,261
                                 15/35







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
      (4)  【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                  前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                              注記
               区分                   (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                              番号
                                   至 2017年9月30日)              至 2018年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      四半期利益                                     10,028              8,711
      四半期利益から営業活動による

      キャッシュ・フローへの調整
       減価償却費及び無形資産償却費                                    9,425              9,483
       減損損失                                      -              29
       持分法による投資利益                                   △2,219              △2,280
       法人所得税費用                                    5,239              5,710
       退職給付に係る負債の増減                                     655              365
       受取利息及び受取配当金                                    △516              △589
       支払利息                                     876              936
       固定資産売却損益                                    △110              △43
       売上債権及び契約資産の増減                                   △5,676                836
       棚卸資産の増減                                     △17              194
       買入債務の増減                                   △1,066              △2,120
       その他の資産及びその他の負債の増減                                   △4,168              △2,768
                                             464              155
       その他
        小計
                                           12,915              18,619
       利息及び配当金の受取                                    2,214              3,024
       利息の支払                                    △842              △904
       法人所得税の支払                                   △4,242              △5,450
     営業活動によるキャッシュ・フロー                                      10,045              15,289
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産及び無形資産の取得                                   △5,140              △7,449
       有形固定資産及び無形資産の売却                                     549              323
       その他                                     173              315
     投資活動によるキャッシュ・フロー                                     △4,418              △6,811
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の増減                                     770              118
       長期借入債務による調達                                      -            49,749
       長期借入債務の返済                                    △814            △10,602
       リース債務の返済                                   △2,324              △2,237
       非支配持分からの子会社持分取得                                   △7,484              △1,099
       配当金の支払                       7            △1,896              △2,008
       非支配持分株主への配当金の支払                                     △95             △138
       その他                                    △145              △397
     財務活動によるキャッシュ・フロー                                     △11,988               33,386
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                      1,093               408
     現金及び現金同等物の増減                                     △5,268              42,272
     現金及び現金同等物の期首残高                                      57,483              63,497
     現金及び現金同等物の期末残高                                      52,215             105,769
                                 16/35




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     【要約四半期連結財務諸表注記】
     1.報告企業

       株式会社日立物流(以下、「当社」)は日本に所在する株式会社であり、東京証券取引所にて株式を上場している。
      登記している本社及び主要な事業所の住所は、当社のWebサイト(                                http://www.hitachi-transportsystem.com                    )で開
      示している。当社の要約四半期連結財務諸表は、2018年9月30日を期末日とし、当社及び子会社、並びにその関連会
      社及び共同支配企業に対する持分(以下、「当社グループ」)により構成されている。当社グループは、国内物流、国
      際物流、その他のセグメントにわたって、総合的かつ高品質な物流サービスの提供を主たる事業としている。
     2.作成の基礎

      (1)  IFRSに準拠している旨
        当社の要約四半期連結財務諸表はIAS第34号に準拠して作成しており、連結会計年度の連結財務諸表で要求されて
       いる全ての情報が含まれていないため、前連結会計年度の連結財務諸表と併せて利用されるべきものである。当社
       は、四半期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たしていることから、
       同第93条の規定を適用している。
        要約四半期連結財務諸表は、2018年11月14日に、当社執行役社長中谷康夫及び当社最高財務責任者である執行役
       常務林伸和によって承認されている。
      (2)  見積り及び判断の使用
        当社の要約四半期連結財務諸表は、収益及び費用、資産及び負債の測定並びに四半期連結会計期間末日現在の偶
       発事象の開示等に関する経営者の見積り及び仮定を含んでおり、これらの見積り及び仮定は過去の実績及び四半期
       連結会計期間末日において合理的であると考えられる様々な要因等を勘案した経営者の最善の判断に基づいてい
       る。しかしその性質上、将来において、これらの見積り及び仮定とは異なる結果となる可能性がある。
        見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直され、会計上の見積りの変更は、見積りが変更された会計期間及
       び影響を受ける将来の会計期間において認識される。
        要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える見積り及び判断は、前連結会計年度の連結財務諸表と同様
       である。
      (3)  主要な会計方針
        要約四半期連結財務諸表において適用する主要な会計方針は、以下を除き前連結会計年度において適用した会計
       方針と同一である。
       ①   法人所得税費用
         当第2四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積平均年次実効税率を基に算定している。
       ②   金融商品
        ⅰ    非デリバティブ金融資産
          当社グループは、売上債権及びその他の債権をこれらの発生日に当初認識している。その他のすべての金融
         資産は、当社グループが当該金融商品の契約当事者となった取引日に当初認識している。
         非デリバティブ金融資産の分類及び測定モデルの概要は、次のとおりである。 

         償却原価で測定する金融資産

          金融資産は、以下の要件をいずれも満たす場合に、償却原価で測定している。
           ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基づい
            て、資産が保有されていること
           ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが特
            定の日に生じること
          償却原価で測定する金融資産は、公正価値(直接帰属する取引費用も含む)で当初認識している。当初認識
         後、償却原価で測定する金融資産は実効金利法による償却原価により測定し、必要な場合には減損損失を控除
         している。
                                 17/35



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
         償却原価で測定する金融資産の減損

          当社グループは、償却原価で測定する金融資産、売上債権及びその他の債権に関する予想信用損失に係る貸
         倒引当金について、信用リスクが当初認識以降に著しく増大しているか否かに応じて、少なくとも四半期ごと
         に継続的評価を実施している。
          信用リスクが当初認識以降に著しく増大している場合には、金融資産の予想残存期間の全期間の予想信用損
         失に等しい金額で貸倒引当金を測定している。信用リスクが当初認識以降に著しく増大していない場合には、
         期末日後12か月以内に生じる予想信用損失に等しい金額で貸倒引当金を測定している。ただし、売上債権、契
         約資産及びリース債権については、常に全期間の予想信用損失に等しい金額で貸倒引当金を測定している。
          信用リスクの著しい増大の有無は、債務不履行発生のリスクの変化に基づいて判断しており、債務不履行と
         は、債務者による契約上のキャッシュ・フローの支払いに重大な問題が生じ、金融資産の全体又は一部分を回
         収するという合理的な予想を有していない状態と定義している。債務不履行発生のリスクに変化があるかどう
         かの判断においては、主に外部信用格付け、期日経過の情報等を考慮している。
          予想信用損失は、金融資産に関して契約上支払われるキャッシュ・フロー総額と、受取りが見込まれる将来
         キャッシュ・フロー総額との差額の割引現在価値を発生確率により加重平均して測定する。支払遅延の存在、
         支払期日の延長、外部信用調査機関による否定的評価、債務超過等悪化した財政状況や経営成績の評価を含
         む、一つまたは複数の事象が発生している場合には、信用減損が生じた金融資産として個別的評価を行い、主
         に過去の貸倒実績や将来の回収可能額等に基づき予想信用損失を測定している。信用減損が生じていない金融
         資産については、主に過去の貸倒実績に必要に応じて現在及び将来の経済状況等を踏まえて調整した引当率等
         に基づく集合的評価により予想信用損失を測定している。
          償却原価で測定する金融資産、売上債権及びその他の債権に関する予想信用損失については、帳簿価額を直
         接減額せず、貸倒引当金を計上している。予想信用損失の変動額は減損損失として純損益に認識しており、連
         結損益計算書の販売費及び一般管理費に含まれる。なお、金融資産について、全ての回収手段がなくなり、回
         収可能性がほぼ尽きたと考えられる時点で、金融資産の全体又は一部分を回収するという合理的な予想を有し
         ていないと判断し、直接償却している。
         FVTPL金融資産

          当社グループは、当初認識時においてFVTOCI金融資産として指定しない資本性金融資産、及び償却原価で測
         定する金融資産に分類されない負債性金融資産を、FVTPL金融資産に分類している。当初認識後、公正価値で測
         定し、その事後的な変動を純損益として認識している。
         FVTOCI金融資産

          当社グループは、投資先との取引関係の維持、強化による収益基盤の拡大を目的として保有している資本性
         金融資産について、当初認識時にFVTOCI金融資産に取消不能な指定を行っている。FVTOCI金融資産として指定
         される資本性金融資産は当初認識後、公正価値で測定し、その事後的な変動をその他の包括利益として認識し
         ている。なお、FVTOCI金融資産からの配当については、明らかな投資の払い戻しの場合を除き、純損益として
         認識している。
         金融資産の認識の中止

          当社グループは金融資産から生じるキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した場合、又は、金融
         資産から生じるキャッシュ・フローを受け取る契約上の権利が移転し、当該金融資産の所有に係るリスク及び
         経済価値を実質的にすべて移転した場合、当該金融資産の認識を中止している。金融資産の所有に伴う実質的
         に全てのリスク及び経済価値を留保も移転もしない取引においては、当社グループは当該金融資産への支配を
         保持していない場合にその資産の認識を中止するものとしている。なお、FVTOCI金融資産の認識を中止した場
         合は、その他の包括利益累計額を利益剰余金に直接振り替えており、純損益に認識していない。
                                 18/35




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
        ⅱ    非デリバティブ金融負債

          当社グループは、発行した負債性金融商品をその発行日に当初認識している。その他の金融負債はすべて当
         社グループが当該金融商品の契約の当事者になる取引日に認識している。
          当社グループは、金融負債が消滅した場合、つまり契約上の義務が履行されるか、債務が免責、取消又は失
         効となった場合に、認識を中止している。
          当社グループは、非デリバティブ金融負債として、社債、借入金、買入債務等を有しており、公正価値(直接
         帰属する取引費用を控除後)で当初認識している。また当初認識後、実効金利法を用いた償却原価により測定し
         ている。
        ⅲ    デリバティブ及びヘッジ会計

          当社グループは、為替リスク及び金利リスクをそれぞれヘッジするために、先物為替予約契約及び金利ス
         ワップ契約といったデリバティブを利用している。これらすべてのデリバティブについて、その保有目的、保
         有意思にかかわらず公正価値で計上している。
          当社グループが利用しているヘッジの会計処理は、次のとおりである。
           「キャッシュ・フロー・ヘッジ」は予定取引又は既に認識された資産又は負債に関連して発生する将来

          キャッシュ・フローの変動に対するヘッジであり、ヘッジの効果が有効である限り、キャッシュ・フロー・
          ヘッジとして指定したデリバティブの公正価値の変動はその他の包括利益として認識している。この会計処
          理は、ヘッジ対象に指定された未認識の確定契約、又は将来キャッシュ・フローの変動を純損益に認識する
          まで継続し、その時点でデリバティブの公正価値の変動も純損益に含めている。なお、ヘッジ対象に指定さ
          れた予定取引により、非金融資産もしくは非金融負債が認識される場合、その他の包括利益として認識した
          デリバティブの公正価値の変動は、当該資産又は負債が認識された時点で、当該資産又は負債の取得原価そ
          の他の帳簿価額に直接含めている。
           当社グループは、IFRS第9号「金融商品」(2014年7月改訂)に定められているデリバティブを利用する目
          的、その戦略を含むリスク管理方針を文書化しており、それに加えて、そのデリバティブがヘッジ対象の公
          正価値又は将来キャッシュ・フローの変動の影響を相殺しているかどうかについて、ヘッジの開始時及び開
          始後も引き続き、一定期間ごとに評価を行っている。ヘッジの効果が有効でなくなった場合は、ヘッジ会計
          を中止し、その有効でない部分は直ちに純損益に計上している。
        ⅳ    金融資産と金融負債の相殺

          金融資産と金融負債は、認識された金額を相殺する強制可能な法的権利が現時点で存在し、かつ、純額ベー
         スで決済するかもしくは資産を実現すると同時に負債を決済する意図が存在する場合にのみ相殺され、連結財
         政状態計算書において純額で報告している。
       ③   収益認識

         当社グループは、以下の5ステップアプローチに基づき、収益を認識している。
          ステップ1:顧客との契約を識別する。
          ステップ2:契約における履行義務を識別する。
          ステップ3:取引価格を算定する。
          ステップ4:取引価格を契約における別個の履行義務へ配分する。
          ステップ5:履行義務を充足した時点で                     ( 又は充足するにつれて          ) 収益を認識する。
         当社グループは顧客の要望に合わせて総合的な物流サービスを提供しており、顧客との契約に当たっては、契

        約が備えるべき特性の存在および経済的実質が契約へ反映されている事を認識すると共に、当該契約の下で顧客
        へ移転する事を約定した財又はサービスの識別を行い、個別に会計処理される履行義務を識別している。
                                 19/35



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
         取引価格の算定においては、顧客へ約束した財又はサービスの移転と交換に企業が権利を得ると見込んでいる

        対価の金額で測定している。なお、顧客との契約には重要な金融要素は含まれていない。
         当社グループでは取引価格を各履行義務へ配分する必要のある契約を有していないが、将来、配分の必要性の
        ある契約が締結された場合には、各履行義務を構成する財又はサービスを独立販売価格の比率で配分し収益の認
        識を行う。
         収益の認識は、履行義務が要件を満たす場合に限り、その基礎となる財又はサービスの支配を一時点又は一定
        期間にわたり認識している。
      (4)  会計方針の変更
       ①   IFRS第9号「金融商品」(2014年7月改訂)の適用
         当社グループは、当連結会計年度の期首よりIFRS第9号「金融商品」(2014年7月改訂)を適用している。IFRS
        第9号の適用については、経過措置を適用し、適用開始の累積的影響を当連結会計年度の利益剰余金期首残高の
        修正として認識する方法を採用している。本基準の適用による当社グループの財政状態及び経営成績に与える影
        響は重要ではない。
       ②   IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の適用
         当社グループは、当連結会計年度の期首よりIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を適用している。
        IFRS第15号の適用については、経過措置に準拠して遡及適用し、適用開始の累積的影響を当連結会計年度の利益
        剰余金期首残高の修正として認識する方法を採用している。本基準の適用による当社グループの財政状態及び経
        営成績に与える影響は重要ではない。
                                 20/35













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     3.セグメント情報
     (報告セグメント情報)
      前第2四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                                      要約四半期
                                      その他           調整額
                                            合計          連結財務
                                      (注1)           (注2)
                                                      諸表計上額
                    国内物流      国際物流       計
     売上収益

      外部顧客への売上収益               205,425      127,706      333,131      10,531     343,662        -   343,662

      セグメント間の内部
                        -      -      -    5,120      5,120     △5,120        -
      売上収益又は振替高
     計                205,425      127,706      333,131      15,651     348,782      △5,120      343,662
     セグメント利益                10,172      3,056     13,228       821    14,049        -    14,049

     その他の収益                                                    438

     その他の費用                                                   △668

     金融収益                                                     72

     金融費用                                                   △417

     持分法による投資利益                                                   2,219

     受取利息                                                    450

                                                        △876

     支払利息
     税引前四半期利益

                                                        15,267
      (注)   1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、情報システム開発、自
          動車販売・整備、旅行代理店業等を含んでいる。
        2   親会社の管理部門に係る費用等の事業セグメントに帰属しない全社費用は、合理的な基準に基づき各事
          業セグメントへ配分している。
                                 21/35










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
      当第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                                      要約四半期
                                      その他           調整額
                                            合計          連結財務
                                      (注1)           (注2)
                                                      諸表計上額
                    国内物流      国際物流       計
     売上収益

      外部顧客への売上収益               212,847      129,347      342,194      10,191     352,385        -   352,385

      セグメント間の内部
                        -      -      -    5,782      5,782     △5,782        -
      売上収益又は振替高
     計                212,847      129,347      342,194      15,973     358,167      △5,782      352,385
     セグメント利益                10,514      3,584     14,098       751    14,849        -    14,849

     その他の収益                                                    308

     その他の費用                                                  △1,119

     金融収益                                                     57

     金融費用                                                  △1,551

     持分法による投資利益                                                   2,280

     受取利息                                                    533

                                                        △936

     支払利息
     税引前四半期利益

                                                        14,421
      (注)   1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、情報システム開発、自
          動車販売・整備、旅行代理店業等を含んでいる。
        2   親会社の管理部門に係る費用等の事業セグメントに帰属しない全社費用は、合理的な基準に基づき各事
          業セグメントへ配分している。
                                 22/35










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     4.売上債権、売上債権及び契約資産
       売上債権、売上債権及び契約資産の内訳は次のとおりである。
                                                   (単位:百万円)
                            前連結会計年度
                                           当第2四半期連結会計期間
                                             (2018年9月30日)
                           (2018年3月31日)
     受取手形及び電子記録債権                                6,290                  5,731
     売掛金                               122,638                  122,522

     契約資産                                  -                 931

     リース債権                                7,556                  7,210

     貸倒引当金                                △497                  △490

     売上債権 合計                               135,987                    -

     売上債権及び契約資産 合計                                  -               135,904

                                 23/35















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     5.収益
      (1)  収益の分解
        当社グループの売上収益は、主に顧客との契約から認識された収益であり、当社グループの収益を所在地別に分
       解した場合の内訳は次のとおりである。
        当第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

                        (単位:百万円)
                           計
        日本                    250,637

        北米                    22,564

        欧州                    35,254

        アジア                    22,480

        中国                    25,701

        オセアニア他                     1,907

        調整額                    △6,158

        合計                    352,385

        各所在地別においては、3PL事業、フォワーディング事業、オート事業を主たる事業として物流事業を展開し

       ている。
        3PL事業においては国内における物流システムの構築、情報管理、在庫管理、受注管理、流通加工、物流セン
       ター運営、工場構内物流作業及び輸配送などの物流業務の包括的受託等を行っている。契約において、保管物等の
       引き渡し等により履行義務が一時点で充足されると定められている場合には、作業の完了及び保管物等の引き渡し
       た時点で収益を認識している。契約において、一定期間にわたるサービスの提供が定められている場合には、その
       経過期間を考慮して収益を認識している。主に展開している地域は、全地域であり、支払条件は一般的な条件であ
       り、延払等の支払条件となっている取引で重要なものはない。
        フォワーディング事業においては、陸上・海上・航空の輸送手段を利用した国際一貫輸送などの物流業務の包括

       的受託等を行っている。海上輸送等においては、目的地までの距離や期間に応じた進捗把握に基づき収益を認識し
       ている。主に展開している地域は、全地域であり、支払条件は一般的な条件であり、延払等の支払条件となってい
       る取引で重要なものはない。
        オート事業においては、自動車部品物流における複数の企業間の輸送、保管、構内物流作業、情報管理及び在庫

       管理などのサプライチェーンマネジメントを行っている。契約において、保管物等の引き渡し等により履行義務が
       一時点で充足されると定められている場合には、作業の完了及び保管物等の引き渡した時点で収益を認識してい
       る。契約において、一定期間にわたるサービスの提供が定められている場合には、その経過期間を考慮して収益を
       認識している。主に展開している地域は、オセアニア他を除く全地域であり、支払条件は一般的な条件であり、延
       払等の支払条件となっている取引で重要なものはない。
                                 24/35





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     6.金融商品
      (1)  重要な資金の借入及び返済、社債の発行及び償還
         前第2四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)
          該当事項なし。
         当第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

          2018年9月27日付で、20,000百万円の資金の借入を実行した。当該借入金の加重平均利率は0.2%であり、返
         済期限は2023年から2025年までである。また、2018年9月28日付で、10,000百万円の資金の返済を実行した。
          発行した社債は次のとおりである。また、社債の償還はない。

                                    発行総額       利率

          会社名         銘柄         発行年月日                    担保      償還期限
                                   (百万円)       (%)
         提出会社       第6回無担保社債           2018年9月4日          10,000      0.250    なし     2025年9月4日
         提出会社       第7回無担保社債           2018年9月4日          10,000      0.405    なし     2028年9月4日

         提出会社       第8回無担保社債           2018年9月4日          10,000      0.980    なし     2038年9月3日

      (2)  金融商品の公正価値

       ①  公正価値の測定方法
         金融資産及び金融負債の公正価値は、次のとおり決定している。なお、公正価値のヒエラルキーに基づく分類
        についての説明は「③           要約四半期連結財政状態計算書において公正価値で測定する金融商品」に記載している。
        現金及び現金同等物、短期借入金、買入債務

         満期までの期間が短いため、公正価値は帳簿価額とほぼ同額である。
        売上債権

         短期で決済される売掛金、受取手形及び電子記録債権は、公正価値は帳簿価額とほぼ同額である。リース債権
        は、一定の期間ごとに区分した債権ごとに、債権額を満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り
        引いた現在価値に基づいて算定しており、レベル2に分類している。
        その他の金融資産

         未収入金は短期で決済されるため、公正価値は帳簿価額とほぼ同額である。市場性のある有価証券の公正価値
        は市場価格を用いて見積っており、レベル1に分類している。市場性のない有価証券の公正価値は、類似の有価
        証券の市場価格及び同一又は類似の有価証券に対する投げ売りでない市場価格、観察可能な金利及び利回り曲
        線、クレジット・スプレッド又はデフォルト率を含むその他関連情報によって公正価値を見積っており、レベル
        2に分類している。公正価値を測定するための重要な指標が観察不能である場合、金融機関により提供された価
        格情報を用いて評価しておりレベル3に分類している。提供された価格情報は、独自の評価モデルを用いたイン
        カム・アプローチあるいは類似金融商品の価格との比較といったマーケット・アプローチにより検証している。
        差入保証金は、契約ごとに分類し、その将来キャッシュ・フローを契約期間に応じて信用リスクを加味した利率
        で割り引いた現在価値に基づいて算定しており、レベル3に分類している。
        その他の金融負債

         デリバティブ負債については、投げ売りでない市場価格、活発でない市場での価格、観察可能な金利及び利回
        り曲線や外国為替及び商品の先物及びスポット価格を用いたモデルに基づき測定しており、レベル2に分類して
        いる。割賦未払金は、一定の期間ごとに区分した債務ごとに、債務額を満期までの期間及び信用リスクを加味し
        た利率により割り引いた現在価値に基づいて算定しており、レベル2に分類している。
                                 25/35



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
        長期債務

         当該負債の市場価格、又は同様の契約条項での市場金利を使用した将来のキャッシュ・フローの現在価値を公
        正価値としており、レベル2に分類している。
       ②  償却原価で測定する金融商品

         償却原価で測定する金融資産及び金融負債の帳簿価額及び公正価値は次のとおりである。
                                             (単位:百万円)
                          前連結会計年度             当第2四半期連結会計期間
                          (2018年3月31日)               (2018年9月30日)
                        帳簿価額        公正価値        帳簿価額        公正価値
         資産

          売上債権

           売掛金                 122,174        122,164        122,071        122,068

           リース債権                    7,523        7,813        7,171        7,416

          その他の金融資産

           未収入金                  7,085        7,085        4,465        4,465

           差入保証金                 11,505        11,505        11,191        11,191

         負債

          長期債務

           社債                 29,869        30,095        59,711        59,456

           リース債務                 30,454        35,871        30,694        35,929

           長期借入金                 93,228        92,849       102,784        102,185

          その他の金融負債

           割賦未払金                 17,534        17,809        17,266        17,582

                                 26/35









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
       ③  要約四半期連結財政状態計算書において公正価値で測定する金融商品
         下記は、公正価値のヒエラルキーに基づく分類を示しており、使用した指標により測定した公正価値を以下の
        3つのレベルに分類している。
          レベル1:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)市場価格により測定した公正価値
          レベル2:レベル1以外の直接又は間接的に観察可能な指標を用いて測定した公正価値
          レベル3:重要な観察可能でない指標を用いて測定した公正価値
         なお、公正価値に複数の指標を使用している場合には、その公正価値測定の全体において重要な最も低いレベ
        ルの指標に基づいてレベルを決定している。
         公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は各四半期の期首時点で発生したものとして認識している。
         経常的に公正価値で測定する金融資産及び金融負債の公正価値は次のとおりである。

                                                    (単位:百万円)

                                   前連結会計年度(2018年3月31日)
                            レベル1        レベル2        レベル3         合計

         資産

          FVTPL金融資産

           その他の金融資産

                                 -        -        285        285
          FVTOCI金融資産

           資本性証券                      2,568          -       3,536        6,104

         負債

          FVTPL金融負債

           デリバティブ負債

                                 -         5        -         5
                                                    (単位:百万円)

                                 当第2四半期連結会計期間(2018年9月30日)
                            レベル1        レベル2        レベル3         合計

         資産

          FVTPL金融資産

           デリバティブ資産

                                 -         2        -         2
           その他の金融資産                        -        -        272        272

          FVTOCI金融資産

           資本性証券                      2,578          -       3,706        6,284

                                 27/35





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
         前第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結累計期間において、レベル3に分類される経常的に公正価値
        で測定する金融商品の増減は次のとおりである。
                                           (単位:百万円)
                         FVTPL金融資産         FVTOCI金融資産            合計
         期首残高(2017年4月1日)                      311        3,363         3,674

          売却/償還                     △15          △4         △19

          その他の包括利益(注)

                               -         136         136
          その他

                               △2          2         -
         期末残高(2017年9月30日)                      294        3,497         3,791

         (注)要約四半期連結包括利益計算書における「その他の包括利益を通じて測定する金融資産の公正価値の純変

           動額」に含まれている。
                                           (単位:百万円)

                         FVTPL金融資産         FVTOCI金融資産            合計
         期首残高(2018年4月1日)                      285        3,536         3,821

          購入                       5         8         13

          売却/償還                     △18          -        △18

          その他の包括利益(注)

                               -         161         161
          その他

                               -          1         1
         期末残高(2018年9月30日)                      272        3,706         3,978

         (注)要約四半期連結包括利益計算書における「その他の包括利益を通じて測定する金融資産の公正価値の純変

           動額」に含まれている。
                                 28/35










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     7.配当
       前第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結累計期間における配当金支払額は次のとおりである。
       前第2四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)

                        配当金の総額
                                 1株当たり
        決議       株式の種類                            基準日        効力発生日
                                 配当額(円)
                         (百万円)
      2017年5月23日
                普通株式          1,896          17      2017年3月31日         2017年6月6日
       取締役会
       基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後

      となるものは次のとおりである。
                    配当金の総額

                                    1株当たり
       決議      株式の種類               配当の原資                基準日       効力発生日
                                    配当額(円)
                     (百万円)
     2017年10月25日
              普通株式        2,008      利益剰余金         18     2017年9月30日        2017年11月27日
      取締役会
       当第2四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年9月30日)

                        配当金の総額
                                 1株当たり
        決議       株式の種類                            基準日        効力発生日
                                 配当額(円)
                         (百万円)
      2018年5月22日
                普通株式          2,008          18      2018年3月31日         2018年6月4日
       取締役会
       基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後

      となるものは次のとおりである。
                    配当金の総額

                                    1株当たり
       決議      株式の種類               配当の原資                基準日       効力発生日
                                    配当額(円)
                     (百万円)
     2018年10月25日
              普通株式        2,119      利益剰余金         19     2018年9月30日        2018年11月26日
      取締役会
                                 29/35











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     8.1株当たり利益
       前第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結累計期間における、基本的1株当たり親会社株主に帰属する四半
      期利益の算定上の基礎は次のとおりである。
                                 前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                  (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                  至 2017年9月30日)             至 2018年9月30日)
     親会社株主に帰属する四半期利益(百万円)                                     9,334             8,324
     発行済普通株式の加重平均株式数(千株)                                    111,550             111,550

     基本的1株当たり親会社株主に帰属する四半期利益(円)                                     83.68             74.62

      (注) 希薄化後1株当たり親会社株主に帰属する四半期利益については、潜在株式が存在しないため記載していな
         い。
       前第2四半期連結会計期間及び当第2四半期連結会計期間における、基本的1株当たり親会社株主に帰属する四半

      期利益の算定上の基礎は次のとおりである。
                                 前第2四半期連結会計期間             当第2四半期連結会計期間

                                  (自 2017年7月1日             (自 2018年7月1日
                                  至 2017年9月30日)             至 2018年9月30日)
     親会社株主に帰属する四半期利益(百万円)                                     4,550             3,274
     発行済普通株式の加重平均株式数(千株)                                    111,550             111,550

     基本的1株当たり親会社株主に帰属する四半期利益(円)                                     40.79             29.35

      (注) 希薄化後1株当たり親会社株主に帰属する四半期利益については、潜在株式が存在しないため記載していな
         い。
                                 30/35












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     9.後発事象
      (株式会社エーアイテイーとの資本業務提携契約)
        当社は、2018年10月9日開催の取締役会において、株式会社エーアイテイー(以下、「エーアイテイー」とい
       い、当社及びエーアイテイーを合わせて「両社」という。)との間で資本業務提携を行い、エーアイテイーと当社
       の子会社である日新運輸株式会社(以下、「日新運輸」という。)との株式交換について2018年12月21日に開催予
       定のエーアイテイーの臨時株主総会による承認を得ること、及び公正取引委員会等の関係当局の承認等を得ること
       を条件に実施することを決議し、2018年10月10日付で、資本業務提携契約(以下、「本資本業務提携契約」とい
       う。)を締結した。
      (1)  資本業務提携の理由

        当社は、あらゆるステークホルダーから、最も選ばれるソリューションプロバイダとなることをめざし、“機能
       としての物流強化”を中核としながらも、事業・業界を超えた協創領域の拡大を図るべく、新たなビジネスコンセ
       プト『LOGISTEED』のもと、新たなイノベーションの実現に向けた施策を推進している。
        エーアイテイーは、国際貨物輸送とこれらに付帯する輸出入通関等、並びに物流の管理・運営を行う3PL業を
       合わせた国際貨物輸送事業を行っている。また、AEO認定通関業者の認定も受けており、セキュリティーとコン
       プライアンスが担保された企業として、国際間の貨物輸送において、利便性が高く、より高品質なサービスの提供
       をめざしている。
        このような中、両社は、さらなる事業基盤の強化により国内外屈指の競争力を有する物流企業へ成長していくこ
       とが必要であるとの共通認識に基づき、各々のネットワークやノウハウ等の相互活用によるフォワーディングと3
       PLのより高度な連携に基づくサービスを、日々進化していくお客様のニーズに合わせて機動的に提供できるよう
       両社の関係強化を図り、それぞれの企業価値の最大化、社会的使命の達成の一助とすることを目的とし、資本業務
       提携を行うことに合意した。
      (2)  資本業務提携の内容等

       ①  業務提携の内容
       ⅰ 3PL・フォワーディングのシームレスな連携による総合物流サービスの実現
       ⅱ アパレル・雑貨物流のプラットフォーム化による収益基盤の強化
       ⅲ 非アパレル・非雑貨分野での協業による営業力強化
       ⅳ LT*・ITを活用した最先端物流への取り組み強化
        *Logistics       Technology      の略。
       ②  資本提携の内容等
        両社は、エーアイテイーを株式交換完全親会社、日新運輸を株式交換完全子会社とする株式交換(以下、「本株
       式交換」という。)を2018年12月21日に開催予定のエーアイテイーの臨時株主総会による承認を得ること、及び公
       正取引委員会等の関係当局の承認等を得ることを条件に実施する。
        本株式交換により、当社は、エーアイテイーの発行済株式総数の約                                 20%(4,800,000        株)を保有することとな
       る。
        また、本資本業務提携契約の締結に基づき、報告セグメント上、国際物流に含まれている日新運輸及びその子会
       社の資産及び直接関連する負債は、本株式交換完了までの間、売却目的保有資産及び売却目的保有資産に直接関連
       する負債として認識することになる。その主な内容は、現金及び現金同等物、売上債権及び契約資産並びに買入債
       務になる。
                                 31/35




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
      (3)   資本業務提携の相手先の概要
       ① 名称         株式会社エーアイテイー
       ② 所在地        大阪市中央区本町二丁目1番6号
       ③ 代表者の役職・氏名  代表取締役社長                     矢倉   英一
       ④ 事業内容       国際貨物輸送事業
       ⑤ 資本金        271百万円
      (4)  資本業務提携の日程

       ①  取締役会決議日        2018年10月9日
       ②  本資本業務提携契約締結日   2018年10月10日
       ③  本株式交換実行日       2019年3月1日(予定)
      (5)  業績に与える影響

       本株式交換により連結業績に与える影響については現在精査中である。
                                 32/35














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       第60期(2018年4月1日から2019年3月31日まで)中間配当については、2018年10月25日開催の取締役会におい
      て、2018年9月30日の最終の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議した。
     ①   配当金の総額                           2,119百万円
     ②   1株当たりの金額                             19円00銭
     ③   支払請求権の効力発生日及び支払開始日                          2018年11月26日
                                 33/35


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項なし。

                                 34/35



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社日立物流(E04111)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2018年11月14日

     株式会社      日   立   物   流
      執行役社長       中   谷   康   夫   殿
                        EY新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                           石      丸      整      行
                                    公認会計士                    印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                           三      木      拓      人
                                    公認会計士                    印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社日立物

     流の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2018年7月1日から2018年9月
     30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年9月30日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、すな
     わち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結
     持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記について四半期レビュー
     を行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準
     第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は
     誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部
     統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に
     対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
     に準拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務
     報告」に準拠して、株式会社日立物流及び連結子会社の2018年9月30日現在の財政状態、同日をもって終了する第2四
     半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間の経営成績並びに第2四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況
     を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

         報告書提出会社)が別途保管している。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていない。
                                 35/35




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。