サンフロンティア不動産株式会社 四半期報告書 第20期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第20期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:サンフロンティア不動産株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成30年11月8日

     【四半期会計期間】               第20期第2四半期(自           平成30年7月1日         至  平成30年9月30日)

     【会社名】               サンフロンティア不動産株式会社

     【英訳名】               Sun  Frontier     Fudousan     Co.,   Ltd.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長         堀口    智顕

     【本店の所在の場所】               東京都千代田区有楽町一丁目2番2号

     【電話番号】               03(5521)1301

     【事務連絡者氏名】               常務取締役 管理本部長 山田 康志

     【最寄りの連絡場所】               東京都千代田区有楽町一丁目2番2号

     【電話番号】               03(5521)1301

     【事務連絡者氏名】               常務取締役 管理本部長 山田 康志

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/24









                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第19期           第20期

              回次              第2四半期           第2四半期            第19期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成29年4月1日         自   平成30年4月1日         自   平成29年4月1日
             会計期間
                          至   平成29年9月30日         至   平成30年9月30日         至   平成30年3月31日
                               24,486,506           33,029,539           47,463,665
     売上高                (千円)
                               5,341,268           8,744,469          10,755,547

     経常利益                (千円)
     親会社株主に帰属する
                               3,649,946           5,976,768           7,420,391
                      (千円)
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)         3,517,926           5,771,958           7,361,630
                               37,921,702           52,989,524           48,849,535

     純資産額                (千円)
                               73,311,815           98,260,748           91,761,542

     総資産額                (千円)
                                 85.36          122.72           167.62

     1株当たり四半期(当期)純利益                 (円)
     潜在株式調整後1株当たり
                                            122.70
                      (円)             ―                      ―
     四半期(当期)純利益
                                  51.7           53.9           53.2
     自己資本比率                 (%)
     営業活動による
                              △ 3,827,433           3,197,578          △ 6,989,737
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                               △ 951,261         △ 2,888,676          △ 2,443,857
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                               4,723,294           △ 555,818         17,235,580
                      (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                               14,789,584           22,370,104           22,682,175
                      (千円)
     四半期末(期末)残高
                             第19期           第20期

              回次              第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自   平成29年7月1日         自   平成30年7月1日
             会計期間
                          至   平成29年9月30日         至   平成30年9月30日
                                 53.36           55.81
     1株当たり四半期純利益                 (円)
      (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2 売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3 第19期第2四半期連結累計期間及び第19期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額について
          は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        4 当社は、第19期から株式給付信託(J-ESOP)を導入しております。そのため、第19期の1株当たり当期純利
          益及び第20期第2四半期連結累計期間の1株当たり四半期純利益の算定に当たっては、当該信託口が保有す
          る株式数を自己株式に含めて普通株式の期中平均株式数を算定しております。
     2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/24



                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)財政状況及び経営成績の状況

      当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、引き続き好調な世界経済や、政府、日銀による各種政策の効果を

     背景に、緩やかな回復が続いておりますが、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に十分に留意する必要が
     あります。不動産業界においては、都心5区オフィスビル市場の平均空室率が2018年9月に2.33%となり、直近の最低
     値である2007年11月の2.49%を下回り、6年間にわたり改善傾向が続いております。平均賃料は20,438円(坪単価)と
     なり、直近の最低値である2013年12月の16,207円(坪単価)から約26%上昇いたしました(民間調査機関調べ)。一方
     で、不動産投資市場は、引き続き活況を呈しているものの、投資対象物件の品薄感、金融各社の融資姿勢の厳格化等の
     懸念もあり、先行きには慎重な見方が続いております。
      当社グループでは、こうした環境下において、東京都心部における中小型オフィスビルの「不動産再生と活用」を本
     業とし、ビルオーナー様のビル経営に関する様々な「お困りごと解決」にお客様視点で真摯に取り組んでまいりまし
     た。具体的には、お客様お一人おひとりにビルの賃貸仲介及び売買仲介、ビル管理・メンテナンス、小修繕から大規模
     リニューアル、専門家とタイアップした相続や税務等の相談、賃料滞納に備えた保証の提供等に至るまで、大小多様な
     サービスをご提供することにより、お客様のご不満やご不便、お困りごとを現場で研究・解決し、お客様に必要とされ
     ることを通して、多面的な収益機会の創出に繋げてまいりました。そして、自社で中古のオフィスビルを購入し、これ
     らのサービスを提供する過程で培った知見やノウハウを連鎖的に活用することで、市場のニーズに沿うビルにバリュー
     アップし、投資家に販売する不動産再生事業を展開しています。さらに、ビルのご購入後は、安心安全のビル管理、地
     域に根ざしたテナント仲介、プロによる資産コンサルティング等の充実したアフターサービスにより、お客様にご安心
     してビル経営をお任せいただき、「不動産経営のパートナー」として末永くお客様に寄り添い、お客様からの信頼残高
     を積み上げてまいりました。そして、このようなお客様に寄り添う総合的な不動産サービスを戦略的に展開することに
     よって、不動産のことならば一番にご相談いただける関係を構築し、強みを「都心のビルオーナー様を顧客基盤」とす
     ることで同業他社とは違うフィールドで差別化された不動産再生事業を確立しております。
      また、当社グループは、中古オフィスビルの不動産再生事業及び不動産サービス事業を通じて培ってきた当社独自の
     事業モデルを、ホテルの開発・再生・運営事業に展開し、これをオフィスビル事業に続く2本目の柱とすべく注力して
     おります。日本政府による観光立国政策の実施及びそれを受けた訪日外国人の増加を好機と捉え、訪日外国人の宿泊需
     要に応えること、並びに従来からの国内の観光需要及びビジネス需要に対して良質なホテルをご提供することが社会利
     益に資するとの考えから、「観光・ビジネスに向けた宿泊特化型ホテル」の開発、運営を進めております。
      以上の結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高33,029百万円(前年同期比34.9%増)、営業利益9,040百万

     円(同63.4%増)、経常利益8,744百万円(同63.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益5,976百万円(同63.7%
     増)となりました。
     各セグメントの業績は次のとおりであります。

                                  3/24





                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     (不動産再生事業)
      不動産再生事業では、リプランニング事業、ホテル開発事業、賃貸ビル事業等を行っております。
      リプランニング事業においては、ビル管理、賃貸仲介、売買仲介等の不動産サービスの現場において、ビルオーナー

     様のあらゆる「お困りごと」の解決に全社をあげ取り組んできたことで構築されたビルオーナー様との濃く深い信頼関
     係により、一番に資産の買い替え等のご相談をいただき、当社に直接お譲りいただける等のビルオーナー様との絆を
     ベースとした当社独自の物件仕入が増加しております。また、商品化においては安全性・遵法性づくりを根底に据え、
     賃貸仲介やビル管理の現場において蓄積した知見をフル活用しながら、再生テーマと入居想定テナントを明確に定め、
     「社会とテナントニーズの変化を汲み上げ、高品質な内装を作りこむセットアップオフィス」「街に活気をもたらす最
     適用途へのコンバージョン」「開放的で快適、交流スペースにもなる水辺テラスや屋上テラスの設置」「IoTを活用し
     た働き手の視点で進化するオフィス」等、テナントの心に響くリノベーションを施すことで、中小型ビルを魅力的で高
     品質なビルに蘇らせます。そして、販売においては不動産サービス部門との連携による独自の販売ルートを活用し、ビ
     ル周辺エリアの地歴や将来性・社会性も価値に乗せて資産家・富裕層へ販売いたします。このように、仕入・商品化・
     販売、全てのプロセスにおいて、社内各部門が専門性を持ち寄り、お客様視点の付加価値増大へ創意工夫を重ね、ビル
     の魅力を最大化する当社独自の事業モデルが深化したことにより、継続的な高い利益率を実現し、前年同期に比べ売上
     高、利益ともに大幅に増加いたしました。
      賃貸ビル事業においては、安定した収益基盤を構築することを目的に、当社グループの総合的な不動産オペレーショ

     ン力を活かしながら、ストックビジネスを拡大し、戦略的に賃料収入の増加を図っております。当第2四半期連結累計
     期間においては、リプランニング事業の仕入が進捗し、保有ビル数が増加したことから、前年同期に比べ売上高、利益
     ともに増加いたしました。
      以上の結果、不動産再生事業の売上高は29,202百万円(前年同期比36.8%増)となり、セグメント利益は9,571百万円

     (同57.5%増)となりました。
     (不動産サービス事業)

      不動産サービス事業では、プロパティマネジメント事業、ビルメンテナンス事業、売買仲介事業、賃貸仲介事業を
     行っております。
      プロパティマネジメント事業においては、テナント満足度を高めるためのきめ細かなビル管理だけでなく、土地勘を

     強みとしたテナント誘致、適正賃料への条件改定による収益改善等に取り組むことで、高収益で高稼働なビル経営を実
     践しております。そして、お客様の不動産経営のパートナーとして、あらゆるお困りごとの解決にお客様視点で取り組
     み、ビルオーナー様との深い信頼関係を意志を持って築いてまいりました。当四半期末の受託棟数は都心オフィスビル
     への集中と選択に取り組んだことにより前年同期末から3棟減少いたしましたが、更なるサービス品質の向上に取り組
     み、売上高は横ばい、利益については微増となりました。ビルオーナー様の資産内容やビル経営課題を伺うなかで、潜
     在的なお困りごとに対してもご提案を行い、快適性や省力化等の工事受注や売買仲介、リプランニング物件の販売強化
     に取り組んでおります。(※当社は総合・オフィス中心型のプロパティマネジメント事業者におけるクライアント数ラ
     ンキング第3位(民間調査機関調べ)。)
                       平成28年9月末            平成29年9月末            平成30年9月末

               受託棟数           350棟            381棟            378棟

               稼働率          95.8%            96.4%            97.2%

      ビルメンテナンス事業においては、外窓・外壁等のブランコによる高所清掃、補修作業を強みに、プロパティマネジ

     メント部門との協働を推進してきたことでビルメンテナンス受託棟数が伸長し、売上高は増加したものの、利益につい
     ては売上原価等の増加等により微減いたしました。
                                  4/24



                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
      売買仲介事業においては、プロパティマネジメントや賃貸仲介をはじめとする他部門からの紹介案件にスピード対応
     で取り組み、リピートでの購入や売却、さらにはお客様からお客様をご紹介いただける機会も増加してきております。
     売上高、利益は前年同期に比べ減少したものの、不動産コンサルティングの一環としてリプランニング物件の仕入、販
     売等に注力し、グループ全体の収益に貢献しております。
      賃貸仲介事業においては、都心5区を中心に拠点を展開しております。地域のビルオーナー様にもっと寄り添い、身

     近なサービス窓口となるために、2018年7月に赤坂店を開設いたしました。今後も都心部に出店を進める予定です。市
     場における空室率が改善するなか、ビルオーナー様のお困りごとを空室という一面ではなく、高齢化で苦慮する管理や
     相続問題、建物の老朽化といった多面的で長期的な視点から捉えるようにしております。前年同期に比べ売上高、利益
     共に増加いたしました。引き続き現場の最前線でお客様との対話の中から関連するニーズをお聞きし、リプランニング
     事業にかかる仕入や販売、工事受注や売買仲介等の切っ掛けを創り出す等、様々なお困りごと解決に継続して取り組ん
     でおります。また、当社グループが運営する居抜きオフィスの仲介ウェブサイト「そのまんまオフィス!」に、リプラ
     ンニング事業の内装を作り込んだ「セットアップオフィス」を掲載し、IT企業やスタートアップ企業等にご好評をいた
     だく等、働き方が多様化し、変化を続けるオフィスニーズにも順応したサービスの拡充を進めております。
      以上の結果、不動産サービス事業の売上高は1,684百万円(前年同期比5.3%増)となり、セグメント利益は1,048百万

     円(同4.1%増)となりました。
     (オペレーション事業)

      オペレーション事業では、ホテル運営事業、貸会議室事業を行っております。
      ホテル運営事業においては、2016年12月にM&Aにより当社グループに加わった「ホテルスカイコート」4拠点(成

     田・川崎・小岩・博多)の業績がホテル運営事業全体の業績を牽引いたしました。同ホテルは2018年10月1日付で「ス
     カイハートホテル」へとブランド名を変更し更なるサービスの向上に努め、より一層お客様に愛され、ご満足いただけ
     るホテルを目指しております。2018年6月には山口県下関市のVIP南国(現・スカイハートホテル下関)が当社グ
     ループに加わり、スカイハートホテルは全5拠点となりました。さらに、自社ホテルブランド「日和ホテルズ&リゾー
     ツ」のカジュアルブランドである「たびのホテル」の第一弾として2018年5月2日に、岐阜県の飛騨高山において地元
     の木材を多用した木づくりホテル「たびのホテル飛騨高山」を、第二弾として同7月20日に、新潟県の佐渡島において
     特産品である竹をモチーフにした「たびのホテル佐渡」を開業いたしました。2018年9月30日現在、国内で運営稼働中
     のホテルは10箇所1,191室となっております。
      当社ホテル事業のテーマである「心温かいホテル」を実現するべく、現在、銀座東、大阪本町、大阪なんば、京都四
     条河原町及び沖縄エリアのプロジェクトに着工しており、加えて、M&Aや、当社グループが自ら開発し、所有、運営する
     方式、また外部の地権者様が開発するホテルを当社グループが長期賃借する方式等、多様な方法を活用して運営ホテル
     数の拡大を行っております。日々お客様視点の改良改善を続け、常に進化発展をしていくホテルを目指し、その結果、
     前年同期に比べ売上高、利益ともに大幅に増加いたしました。
      貸会議室事業においては、貸会議室、レンタルオフィス、コワーキングスペースの運営を行っております。2018年5

     月には、当社が強みを持つ東京都心におけるコワーキングスペースの需要増加を見込み、日比谷・有楽町エリアに「ビ
     ジョンワークス有楽町」をグランドオープンいたしました。また、2018年10月に東京駅八重洲地下街直結の貸会議室
     「ビジョンセンター東京駅前」をオープンいたしました。これにより、貸会議室は東京駅前、東京八重洲中央口、東京
     八重洲南口、有楽町、日本橋、永田町、田町、浜松町、横浜の9拠点、レンタルオフィスは神田駅前に2拠点と新宿駅
     前に1拠点の計3拠点、コワーキングスペースは東京、日比谷駅前に2拠点となり、貸会議室事業合計で14拠点に展開
     しております。ご利用者様の目線でサービス品質を磨いてきたことで、リピーターやご紹介によるご利用が着実に増加
     し、前年同期に比べ売上高は増加したものの、新規施設の開業に伴う設備投資等により、利益は減少いたしました。
      以上の結果、オペレーション事業の売上高は1,963百万円(前年同期比41.0%増)となり、セグメント利益は257百万

     円(同52.7%増)となりました。
                                  5/24



                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     (その他)
      その他では、滞納賃料保証事業、海外事業、建設ソリューション事業等を行っております。
      滞納賃料保証事業においては、賃貸仲介をはじめとする当社グループ内の関連部門との連携強化に加え、ビルオー

     ナー様、協力会社様へのセミナーを継続的に開催する等の情報発信により、保証システムの浸透と認知度向上に努めて
     まいりました。また、テナントの保証審査においては実態調査を徹底し、厳格に行いながらも、審査結果の迅速な回答
     にこだわり、賃料滞納時には賃料保証のみならず、明け渡しまでを誠実にサポートすることで、ビルオーナー様に寄り
     添った実績を積み上げ、新規保証、再保証ともに取り扱い件数が堅調に推移し、前年同期に比べ売上高、利益ともに増
     加いたしました。
      海外事業においては、成長が続く東南アジアへ進出し、高品質な日本の施工技術とお客様視点のおもてなしサービス
     をアジアの方々に体感していただくことにこだわった、マンション・住宅等を中心とした不動産開発ならびにホテル運
     営を行っております。ベトナムの中部最大都市ダナンで海外第1号ホテル「The                                      Blossom    City」を所有、運営するとと
     もに、2017年6月に着工した28階建の分譲マンション「HIYORI                              Garden    Tower」が2018年8月に完売いたしました(2019
     年7月引渡し、売上計上予定)。
      以上の結果、その他の売上高は563百万円(前年同期比25.1%増)となり、セグメント利益は372百万円(同14.7%

     増)となりました。
                                  6/24














                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
      (2)キャッシュ・フローの状況
        当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、営業活動により3,197百万
       円増加、投資活動により2,888百万円減少、財務活動により555百万円減少した結果、期首残高に比べ312百万円減
       少し、当第2四半期連結会計期間末残高は22,370百万円となりました。
        当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フロー及びそれらの要因は、次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は3,197百万円(前年同期は3,827百万円の支出)となりました。これは主に、税
        金等調整前四半期純利益8,744百万円であったものの、たな卸資産の減少2,911百万円及び法人税等の支払額
        3,002百万円等があったことによるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は2,888百万円(前年同期は951百万円の支出)となりました。これは主に、連結
        の範囲の変更に伴う子会社株式の取得よる支出2,231百万円等があったことによるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は555百万円(前年同期は4,723百万円の収入)となりました。これは主に、長期
        借入金の返済による支出9,949百万円及び配当金の支払額1,632百万円があったものの、長期借入金による収入
        11,150百万円等があったことによるものであります。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)研究開発活動

        該当事項はありません。
      (5)生産、受注及び販売の実績

        当第2四半期連結累計期間において、生産、受注及び販売の実績について著しい変動はありません。
     3  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  7/24









                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     91,200,000

                  計                                   91,200,000

       ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成30年9月30日)          (平成30年11月8日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所             単元株式数は
       普通株式           48,755,500          48,755,500
                                  市場第一部            100株であります。
         計         48,755,500          48,755,500           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         平成30年6月22日の取締役会において決議されたもの
         当該制度は、会社法第236条、第238条及び240条の規定に基づく株式報酬型ストック・オプションとして、当
        社の取締役に対して新株予約権を割当てることを、平成30年6月22日の取締役会において決議されたものであ
        り、その内容は次のとおりであります。
      決議年月日                             平成30年6月22日
      付与対象者の区分及び人数                             当社の取締役(社外取締役を除く) 4名
      新株予約権の目的となる株式の種類                             普通株式
      株式の数                             5,240株
                                   [募集事項] ト        に記載しております。
      新株予約権の行使時の払込金額
      新株予約権の行使期間                             [募集事項] チ        に記載しております。
                                   [募集事項] ル        に記載しております。
      新株予約権の行使の条件
                                   [募集事項] ヌ        に記載しております。
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                   [募集事項] ワ        に記載しております。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
       注)当社の取締役に対し、株式報酬型ストック・オプションとして新株予約権を発行したものであります。
        当社は、平成30年6月22日の取締役会において、当社の取締役に対して発行する新株予約権の募集事項につい

       て、次のとおり決議しております。
       [募集事項]

       イ 新株予約権の名称
        サンフロンティア不動産株式会社2018年度株式報酬型ストック・オプション(新株予約権)
       ロ 新株予約権の割当対象者及び人数

        当社の取締役(社外取締役を除く) 4名
       ハ 新株予約権の数

        524個(1ストックオプションあたり10株)
                                  8/24


                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
       ニ 新株予約権の目的となる株式の種類及び数
        当社普通株式数 5,240株
       ホ 新株予約権の払込金額

        新株予約権の割当日において「ブラック・ショールズ・モデル」により算定した公正価値に基づいた価格を払
       い込み金額とする。新株予約権の割当てを受けた者は、当該払込金額の払込みに代えて当社に対する報酬債権と
       相殺する。
       ヘ 新株予約権の割当日

        平成30年7月31日
       ト 新株予約権の行使に際して出資される財産の額

        新株予約権の行使により交付を受けることができる株式1株当たり1円とし、これに付与株式数の総数を乗じ
       た金額とする。
       チ 新株予約権を行使できる期間

        2018年8月1日から2048年7月31日
       リ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項

         (a)新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
          の規定に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じた
          ときは、その端数を切り上げるものとする。
         (b)新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記(a)記載の資本金
          等増加限度額から上記(a)に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       ヌ 新株予約権の譲渡制限

        譲渡による新株予約権の取得については、取締役会の承認を要する。
       ル 新株予約権の行使の条件

        当社の取締役の地位を喪失した時に限り、新株予約権を行使できる。ただし、この場合、新株予約権者は、取
       締役の地位を喪失した日の翌日から10日を経過する日までの間に限り、新株予約権を一括して行使することがで
       きる。
       ヲ 新株予約権の取得に関する事項

         (a)新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権を行使できなくなった場合、当社は当社の取締役会が別
          途定める日をもって、当該新株予約権を無償で取得することができる。
         (b)②当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる吸収分割契約もしくは新設分割計画または当社
          が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画の承認の議案が当社の株主総会(株主総会が不要
          な場合は当社の取締役会)において承認された場合は、当社は当社の取締役会が別途定める日をもって、
          同日時点で権利行使されていない新株予約権を無償で取得することができる。
       ワ 組織再編を実施する際の新株予約権の取扱

        当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
       (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において
       残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)については、会社法第236条第1項8号イからホ
       までに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づき、新株予約権者
       に交付することとする。
        この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社の新株予約権を新たに交付するものとする。
       カ 1株に満たない端数の処理

                                  9/24


                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
        新株予約権者が新株予約権を行使した場合に、新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数がある
       ときには、これを切り捨てる。
       ヨ 新株予約権証券の不発行

        新株予約権に係る新株予約権証券を発行しない。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                                      資本金残高
                               資本金増減額
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)
                                       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
      平成30年9月30日                ―  48,755,500            ―  11,965,251            ―   6,445,670

                                 10/24














                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
                                               平成30年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を
                                            所有株式数        除く。)の
           氏名又は名称                     住所
                                                    総数に対する
                                              (株)
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
                       千葉県浦安市舞浜2-41-8                      17,957,500          36.83
     株式会社報恩
     堀口    智顕                                     3,007,200          6.17

                       千葉県浦安市
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1-8-11                       2,518,600          5.17
     株式会社(信託口)
     KBL  EPB  S.A.   107704            43  BOULEVARD     ROYAL   L-2955    LUXEMBOURG
                                              1,780,500          3.65
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行                  (東京都港区港南2-15-1品川インターシ
     決済営業部)                  ティA棟)
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                       東京都港区浜松町2-11-3                       1,644,900          3.37
     会社(信託口)
     NORTHERN     TRUST    CO.   (AVFC)    SUB
                        50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON
     A/C  NON  TREATY
                       E14  5NT,   UK                   790,900         1.62
     (常任代理人 香港上海銀行東京支
                       (東京都中央区日本橋3-11-1)
     店 カストディ業務部)
     GOLDMAN    SACHS   INTERNATIONAL           133  FLEET   STREET    LONDON    EC4A   2BB  U.K.
                                               709,999         1.46
     (常任代理人 ゴールドマン・サッ                  (東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ
     クス証券株式会社)                  森タワー)
     THE  BANK   OF  NEW  YORK   MELLON       2-4,   RUE   EUGENE    RUPPERT,     L-2453
     (INTERNATIONAL)        LIMITED    131800      LUXEMBOURG,      GRAND   DUCHY   OF  LUXEMGOURG
                                               569,800         1.17
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行                  (東京都港区港南2-15-1品川インターシ
     決済営業部)                  テイA棟)
                       BANKPLASSEN      2,  0107   OSLO   1 OSLO   0107
     GOVERNMENT      OF  NORWAY 
                       NO                        468,700         0.96
     (常任代理人 シティバンク、エ
     ヌ・エイ東京支店)
                       (東京都新宿区新宿6-27-30)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1-8-11                        452,900         0.93
     株式会社(信託口5)
                                             29,900,999          61.33

             計                    ―
      (注)   上記、所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりであります。
           日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社   2,274,600株
           日本マスタートラスト信託銀行株式会社     1,476,100株
                                 11/24









                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成30年9月30日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―           ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―           ―              ―

                       (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                ―              ―
                           普通株式
                              100
                           普通株式
     完全議決権株式(その他)                                 487,513            ―
                          48,751,300
                           普通株式
     単元未満株式                                ―              ―
                             4,100
     発行済株式総数                     48,755,500           ―              ―
     総株主の議決権                     ―            487,513            ―

      (注)   1 単元未満株式には自己株式43株が含まれております。
        2 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式給付信託(J-ESOP)が保有する当社株式
          56,500株(議決権数565個)が含まれております。
       ②  【自己株式等】
                                                平成30年9月30日現在
                                                      発行済株
                                    自己名
                                         他人名義      所有株式      式 総数に
                                   義 所有
      所有者の氏名又は名称                 所有者の住所                  所有株式      数の合計      対する所有
                                    株式数
                                         数(株)       (株)     株式数の割
                                    (株)
                                                      合(%)
     (自己保有株式)
                   東京都千代田区有楽町一丁目2
     サンフロンティア不動産                                  100     ―       100       0.0
                   番2号
     株式会社
           計               ―            100     ―       100       0.0
     (注) 1 上記の他、単元未満株式が43株あります。
        2 株式給付信託(J-ESOP)が所有する当社株式56,500株につきましては、上記自己株式等に含まれておりま
          せんが、連結財務諸表及び財務諸表においては自己株式として処理しております。
     2  【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 12/24








                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号。)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年7月1日から平成
      30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に係る四半期連結
      財務諸表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 13/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        23,892,935              23,388,222
         現金及び預金
                                         493,429              595,198
         売掛金
                                        6,005,475              3,655,640
         販売用不動産
                                        48,546,180              56,009,304
         仕掛販売用不動産
                                          28,475
         仕掛工事                                                 -
                                          13,314              15,092
         貯蔵品
                                        1,224,032              2,348,296
         その他
                                         △ 29,547             △ 18,315
         貸倒引当金
                                        80,174,295              85,993,441
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        1,405,315              1,945,238
           建物(純額)
                                        6,650,463              6,734,212
           土地
                                         509,945              273,915
           その他(純額)
                                        8,565,724              8,953,367
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         222,320              217,710
           のれん
                                         252,456              230,856
           その他
                                         474,776              448,566
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         757,579              701,316
           繰延税金資産
                                        1,789,194              2,164,339
           その他
                                           △ 28             △ 283
           貸倒引当金
                                        2,546,745              2,865,372
           投資その他の資産合計
                                        11,587,246              12,267,306
         固定資産合計
                                        91,761,542              98,260,748
       資産合計
                                 14/24









                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        1,007,221              1,551,331
         買掛金
                                         175,736              168,706
         短期借入金
                                        2,540,553              2,743,817
         1年内返済予定の長期借入金
                                        3,178,461              3,147,487
         未払法人税等
                                         186,000              179,622
         賞与引当金
                                         58,950              28,000
         役員賞与引当金
                                          5,100              5,700
         工事保証引当金
                                         52,195              58,886
         保証履行引当金
                                        2,951,130              3,394,833
         その他
                                       10,155,348              11,278,385
         流動負債合計
       固定負債
                                       30,865,771              31,839,467
         長期借入金
         退職給付に係る負債                                12,958              15,534
         株式給付引当金                                11,882              18,663
                                        1,866,045              2,119,172
         その他
                                       32,756,657              33,992,837
         固定負債合計
                                       42,912,006              45,271,223
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       11,965,251              11,965,251
         資本金
                                        6,445,670              6,445,670
         資本剰余金
                                       30,407,531              34,750,994
         利益剰余金
                                        △ 67,988             △ 67,988
         自己株式
                                       48,750,464              53,093,928
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          2,293              2,868
         その他有価証券評価差額金
                                         94,684             △ 110,244
         為替換算調整勘定
                                         96,978             △ 107,376
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                                 1,334
                                            -
                                          2,092              1,637
       非支配株主持分
                                       48,849,535              52,989,524
       純資産合計
                                       91,761,542              98,260,748
      負債純資産合計
                                 15/24








                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                       24,486,506              33,029,539
      売上高
                                       16,623,307              21,067,705
      売上原価
                                        7,863,199              11,961,833
      売上総利益
                                      ※  2,329,083             ※  2,921,469
      販売費及び一般管理費
                                        5,534,115              9,040,364
      営業利益
      営業外収益
                                          4,533              8,908
       受取利息
                                           229              236
       受取配当金
                                                       23,166
       為替差益                                    -
                                          1,979              5,343
       その他
                                          6,742              37,655
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         137,619              187,664
       支払利息
                                         25,551              124,742
       融資関連費用
                                         36,419              21,143
       その他
                                         199,590              333,549
       営業外費用合計
                                        5,341,268              8,744,469
      経常利益
                                        5,341,268              8,744,469
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                  1,780,367              2,745,220
                                        △ 79,495              22,936
      法人税等調整額
                                        1,700,871              2,768,156
      法人税等合計
                                        3,640,396              5,976,312
      四半期純利益
                                         △ 9,549              △ 455
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)
                                        3,649,946              5,976,768
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 16/24










                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                                        3,640,396              5,976,312
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          △ 399              574
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 122,070             △ 204,928
       為替換算調整勘定
                                        △ 122,470             △ 204,354
       その他の包括利益合計
                                        3,517,926              5,771,958
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        3,527,475              5,772,413
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         △ 9,549              △ 455
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 17/24
















                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
      (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        5,341,268              8,744,469
       税金等調整前四半期純利益
                                         408,261              488,630
       減価償却費
                                         29,642              29,642
       のれん償却額
                                         22,935              11,569
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                        △ 10,481              △ 6,965
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                        △ 25,000             △ 30,950
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)
                                          2,500               600
       工事保証引当金の増減額(△は減少)
                                          4,313              6,691
       保証履行引当金の増減額(△は減少)
                                                        6,781
       株式給付引当金の増減額(△は減少)                                    -
                                         △ 4,762             △ 9,144
       受取利息及び受取配当金
                                         137,619              187,664
       支払利息
                                         25,551              124,742
       融資関連費用
                                        △ 383,213             △ 175,246
       売上債権の増減額(△は増加)
                                      △ 9,880,847             △ 2,911,922
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        1,285,633              △ 810,782
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         27,966              722,330
       その他
                                      △ 3,018,613              6,378,110
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  5,153              8,932
                                        △ 140,864             △ 187,066
       利息の支払額
                                        △ 673,108            △ 3,002,397
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                      △ 3,827,433              3,197,578
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 1,295,873             △ 1,416,081
       定期預金の預入による支出
                                        1,373,592              1,608,773
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 914,455             △ 488,557
       有形固定資産の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                                     △ 2,231,040
                                            -
       る支出
                                        △ 164,881             △ 358,302
       差入保証金の差入による支出
                                         50,355              △ 3,468
       その他
                                        △ 951,261            △ 2,888,676
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                       13,822,000              11,150,000
       長期借入れによる収入
                                      △ 6,659,049             △ 9,949,040
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 25,551             △ 124,742
       融資関連費用に係る支出
                                      △ 1,133,300
       社債の償還による支出                                                   -
                                      △ 1,278,924             △ 1,632,035
       配当金の支払額
                                         △ 1,880
       その他                                                   -
                                        4,723,294              △ 555,818
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 26,641             △ 65,155
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        △ 82,043             △ 312,071
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                       14,871,627              22,682,175
      現金及び現金同等物の期首残高
                                     ※  14,789,584             ※  22,370,104
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 18/24





                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         第1四半期連結会計期間より、新たに取得した株式会社プランドールリゾート沖縄(現                                          サンフロンティア沖縄
       株式会社)を連結の範囲に含めております。
         当第2四半期連結会計期間より、当社が新たに取得したTCI株式会社、また当社の連結子会社が取得したおけさ
        観光タクシー株式会社を連結の範囲に含めております。
       (追加情報)

        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
       会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の
       区分に表示しております。
       (四半期連結貸借対照表関係)

       偶発債務
        保証債務
                 前連結会計年度                         当第2四半期連結会計期間
               (平成30年3月31日)                            (平成30年9月30日)
         (保証先)                            (保証先)
          滞納賃料保証事業に係る顧                            滞納賃料保証事業に係る顧
                        27,159,912千円                            29,042,345千円
          客(保証限度相当額)                            客(保証限度相当額)
          保証履行引当金               △52,195            保証履行引当金               △58,886
           計             27,107,717               計             28,983,458
                                 19/24












                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結損益計算書関係)
     ※   販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                            至   平成29年9月30日)               至   平成30年9月30日)
                                    830,949                 928,592
                                       千円                 千円
         給料及び手当
                                    146,554                 148,582
         賞与引当金繰入額
                                    24,000                 28,000
         役員賞与引当金繰入額
                                                     6,403
                                       ―
         株式給付引当金繰入額
                                     △ 30                △ 30
         貸倒引当金繰入額
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                            (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                            至   平成29年9月30日)              至   平成30年9月30日)
                                  16,086,619千円                 23,388,222千円
         現金及び預金勘定
         預入期間が3ヶ月を超える
                                 △1,297,034                 △1,018,118
         定期預金
                                  14,789,584                 22,370,104
         現金及び現金同等物
       (株主資本等関係)

     Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自                  平成29年4月1日          至   平成29年9月30日)
      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年6月23日
               普通株式       1,282,660         30.00   平成29年3月31日         平成29年6月26日         利益剰余金
     定時株主総会
      2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
         該当事項はありません。
     Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自                  平成30年4月1日          至   平成30年9月30日)

      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成30年6月22日
               普通株式       1,633,304         33.50   平成30年3月31日         平成30年6月25日         利益剰余金
     定時株主総会
      (注) 平成30年6月22日定時株主総会決議による配当金の総額には、株式給付信託(J-ESOP)の信託口が保有する当
         社株式に対する配当金額1,892千円が含まれております。
      2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

        後となるもの
         該当事項はありません。
                                 20/24





                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年9月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                      報告セグメント
                                      その他           調整額     損益計算書
                                            合計
                                      (注)1           (注)2      計上額
                    不動産サー      オペレー
              不動産再生                   計
                                                       (注)3
                      ビス     ション
              21,348,677      1,600,436      1,392,896     24,342,010       450,645    24,792,656       △ 306,149    24,486,506
     売上高
               6,078,704      1,006,993       168,299     7,253,997       325,162     7,579,159     △ 2,237,891      5,341,268

     セグメント利益
      (注)   1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、滞納賃料保証事業、海外事業、
          建設ソリューション事業等を含んでおります。
        2 セグメント利益の調整額は、セグメント間取引の消去△6,467千円、各報告セグメントに配分していない全
          社費用△2,231,423千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一
          般管理費であります。
        3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
     Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年9月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                      報告セグメント
                                      その他           調整額     損益計算書
                                            合計
                                      (注)1           (注)2      計上額
                    不動産サー      オペレー
              不動産再生                   計
                                                       (注)3
                      ビス     ション
              29,202,391      1,684,931      1,963,704     32,851,026       563,628    33,414,655       △ 385,115    33,029,539
     売上高
               9,571,589      1,048,667       257,065    10,877,322       372,700    11,250,022      △ 2,505,552      8,744,469

     セグメント利益
      (注)   1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、滞納賃料保証事業、海外事業、
          建設ソリューション事業等を含んでおります。
        2 セグメント利益の調整額は、セグメント間取引の消去△18,497千円、各報告セグメントに配分していない全
          社費用△2,487,055千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一
          般管理費であります。
        3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
                                 21/24








                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎
       は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自    平成29年4月1日            (自    平成30年4月1日
                                 至   平成29年9月30日)            至   平成30年9月30日)
      (1)  1株当たり四半期純利益                                  85.36円              122.72円
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                  3,649,946              5,976,768

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―              ―

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        3,649,946              5,976,768
       四半期純利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                 42,755,357              48,698,857
      (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

                                             ―           122.70円
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                      ―              ―

       普通株式増加数(株)                                      ―            5,236

      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た

      り四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前                                       ―              ―
      連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注)   1 前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないた
          め記載しておりません。
        2 当第2四半期連結累計期間における普通株式の期中平均株式数の計算において控除する自己株式に、株式給
          付信託(J-ESOP)の信託口が保有する当社株式を含めております。なお、当該信託口が保有する当社株式の
          期中平均株式数は前第2四半期連結累計期間―株、当第2四半期連結累計期間56,500株であります。
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
     2  【その他】

        該当事項はありません。
                                 22/24








                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 23/24



















                                                           EDINET提出書類
                                                 サンフロンティア不動産株式会社(E04031)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年11月8日

     サンフロンティア不動産株式会社
      取締役会      御中
                        三優監査法人

                         指定社員

                                           齋  藤         浩  史
                                    公認会計士                    印
                         業務執行社員
                         指定社員

                                    公認会計士       森  田    聡            印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているサンフロンティ

     ア不動産株式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年
     7月1日から平成30年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年9月30日まで)に
     係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四
     半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、サンフロンティア不動産株式会社及び連結子会社の平成30年9月
     30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を
     適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 24/24



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。