株式会社メディアシーク 有価証券報告書 第19期(平成29年8月1日-平成30年7月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第19期(平成29年8月1日-平成30年7月31日)

提出日:

提出者:株式会社メディアシーク

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成30年10月24日

     【事業年度】                      第19期(自       平成29年8月1日          至   平成30年7月31日)

     【会社名】                      株式会社メディアシーク

     【英訳名】                      MEDIASEEK,      inc.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長            西   尾   直   紀

     【本店の所在の場所】                      東京都港区南麻布三丁目20番1号

     【電話番号】                      (03)5423-6600

     【事務連絡者氏名】                      取締役業務管理部長              根   津   康   洋

     【最寄りの連絡場所】                      東京都港区南麻布三丁目20番1号

     【電話番号】                      (03)5423-6600

     【事務連絡者氏名】                      取締役業務管理部長              根   津   康   洋

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/92








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

      (1) 連結経営指標等
           回次           第15期       第16期       第17期       第18期       第19期

          決算年月          平成26年7月       平成27年7月       平成28年7月       平成29年7月       平成30年7月

                      1,472,075       1,208,458       1,363,008       1,527,598       1,502,212

     売上高           (千円)
     経常利益又は
                      △ 27,282       29,680       63,335       100,560      △ 117,569
                 (千円)
     経常損失(△)
     親会社株主に帰属
     する当期純利益又は
                      △ 110,404        54,322       46,257       59,867      △ 88,825
                 (千円)
     親会社株主に帰属
     する当期純損失(△)
                      △ 24,438       129,586       △ 91,107       133,648      △ 195,790
     包括利益           (千円)
                      1,602,308       1,732,735       1,645,328       1,780,127       1,584,698

     純資産額           (千円)
                      2,321,226       2,352,862       2,242,660       2,469,767       2,197,312

     総資産額           (千円)
                       156.67       171.97       160.85       174.70       157.82

     1株当たり純資産額            (円)
     1株当たり当期純利益
                       △ 11.34        5.58       4.75       6.14      △ 9.12
                 (円)
     又は当期純損失(△)
     潜在株式調整後
                                       4.75
                 (円)         ―       ―               ―       ―
     1株当たり当期純利益
                        65.8       71.2       69.9       68.9       70.0
     自己資本比率            (%)
                                3.4       2.9       3.7

     自己資本利益率            (%)         ―                              ―
                               90.14       100.00        76.00

     株価収益率            (倍)         ―                              ―
     営業活動による
                      △ 24,971      △ 113,159        5,341      △ 14,437      △ 68,680
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                       353,062      △ 189,005       127,107       △ 49,069       13,624
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                       222,879        50,608      △ 58,362       93,193      △ 74,589
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                      1,294,984       1,049,744       1,110,954       1,140,384       1,010,494
                 (千円)
     の期末残高
                        221       217       165       176       178
     従業員数            (名)        ( 2 )      ( 1 )      ( 2 )      ( 2 )      ( 1 )
                                  2/92







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
      (注)   1   売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2   潜在株式調整後1株当たり当期純利益について、第16期及び第18期においては、希薄化効果を有している潜
          在株式が存在しないため、記載しておりません。
        3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益について、第15期及び第19期においては、潜在株式は存在するもの
          の、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
        4   自己資本利益率について、第15期及び第19期においては、親会社株主に帰属する当期純損失が計上されてい
          ることから、記載しておりません。
        5   株価収益率について、第15期及び第19期においては、1株当たり当期純損失が計上されていることから、記
          載しておりません。
        6 第15期において1株につき100株の割合で株式分割を行いましたが、第15期の期首に当該株式分割が行われ
          たと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純損失を算定しております。
        7   従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。
                                  3/92

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
      (2) 提出会社の経営指標等
            回次            第15期        第16期       第17期        第18期        第19期

           決算年月           平成26年7月        平成27年7月       平成28年7月        平成29年7月        平成30年7月

                        1,097,816        813,507       840,774        951,268        900,259

     売上高             (千円)
     経常利益又は
                        △ 105,982        95,543        5,390       81,242       △ 48,897
                  (千円)
     経常損失(△)
     当期純利益又は
                        △ 114,706        88,838        5,113       63,191       △ 55,562
                  (千円)
     当期純損失(△)
                         823,267       823,267       823,267        823,267        823,267
     資本金             (千円)
                        9,766,800       9,766,800       9,766,800        9,766,800        9,766,800

     発行済株式総数             (株)
                        1,456,990       1,638,956       1,490,156        1,628,772        1,500,384

     純資産額             (千円)
                        2,015,780       1,938,839       1,895,627        2,104,041        1,819,810

     総資産額             (千円)
                          149.53       168.21       152.92        167.14        153.97

     1株当たり純資産額             (円)
     1株当たり配当額
     (内1株当たり             (円)          ―       ―       ―        ―        ―
     中間配当額)
     1株当たり当期純利益
                         △ 11.78        9.12       0.52        6.49       △ 5.70
                  (円)
     又は当期純損失(△)
     潜在株式調整後
                                         0.52
                  (円)          ―       ―               ―        ―
     1株当たり当期純利益
                           72.3       84.5       78.6        77.4        82.4
     自己資本比率             (%)
                                   5.7       0.3        4.1

     自己資本利益率             (%)          ―                               ―
                                  55.15       913.46        72.01

     株価収益率             (倍)          ―                               ―
     配当性向             (%)          ―       ―       ―        ―        ―

                          78       77       74        86        84

     従業員数             (名)         ( 0 )      ( ―)       ( 1 )       ( 2 )       ( 1 )
      (注)   1   売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益について、第15期及び第19期においては、潜在株式は存在するもの
          の、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
        3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益について、第16期及び第18期においては、希薄化効果を有している潜
          在株式が存在しないため、記載しておりません。
        4   自己資本利益率について、第15期及び第19期においては、当期純損失が計上されていることから、記載して
          おりません。
        5   株価収益率について、第15期及び第19期においては、1株当たり当期純損失が計上されていることから、記
          載しておりません。
        6   配当性向について、第15期及び第19期においては当期純損失が計上されていること及び配当を実施しないこ
          とから、記載しておりません。
        7 配当性向について、第16期、第17期及び第18期においては配当を実施しないことから、記載しておりませ
          ん。
        8 第15期において1株につき100株の割合で株式分割を行いましたが、第15期の期首に当該株式分割が行われ
          たと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純損失を算定しております。
        9   従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。
                                  4/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     2 【沿革】
        平成12年3月        東京都港区麻布台に設立。
        平成12年7月        iモード公式サイト「爆釣チャンネル」を開始。
        平成12年12月        東京証券取引所マザーズ上場。
        平成14年12月        株式会社NHK文化センター「業務管理システム」の開発に協力。
        平成15年6月        モバイル機器組込み型バーコードリーダー・ソフトウェアを開発。
        平成15年7月        子会社「スタートメディアジャパン株式会社」(現連結子会社)を設立。
        平成15年12月        メディアシーク製2次元バーコードリーダーをau携帯電話に標準搭載開始。
        平成16年1月        事業セグメントを変更。4つの事業セグメントに再編。
        平成16年8月        カメラ付き携帯電話向け「OCRエンジン」を開発。
        平成17年2月        世界的デザイナー、サイトウマコト氏とau製「PENCK」のデザインを担当。
        平成17年4月        個人情報保護体制を強化。「プライバシーマーク」取得。
        平成17年8月        第三者割当増資引受けにより「株式会社デリバリー」(現連結子会社)を子会社化。
                「BREW    2006   Developer     Awards」を2年連続受賞。
        平成18年6月
        平成19年7月        「高速同期通信技術」に関する特許を取得。
        平成20年6月        各種スクール事業者向け管理パッケージ「マイクラス」を開発・販売開始。
        平成20年9月        独自の動作検知技術「モーション・ディテクション」エンジンを開発、提供開始。
                「ボイスQR」が「JAPAN            SHOP   SYSTEM    AWARDS    2009」優秀賞を受賞。
        平成21年3月
                iPhone向けQRコードリーダー「QR                 Look(くるっく)」発売。
        平成21年12月
        平成22年11月        「高速同期通信技術」に関する米国特許(11/736,485)を取得。
        平成23年1月        東京都港区南麻布に本社移転。
        平成23年3月        スマートフォン向けアプリケーション紹介サイト「MsApps」公開。
        平成24年1月        新型バーコードリーダー「アイコニット」を開発、無料ダウンロード開始。
        平成24年9月        事業セグメントを再編。2つの事業セグメントに変更。
        平成25年4月        「ネット選挙」支援サイト「QR選挙.com」開設。
        平成25年5月        「アイコニット」500万ダウンロード達成。
        平成26年1月        舞鶴市で日本初のQRコード付き郵便ポストを使った情報サービス開始。
        平成26年3月        「アイコニット」1,000万ダウンロード達成。
        平成27年1月        「アイコニット」1,500万ダウンロード達成。
        平成28年2月        「アイコニット」2,000万ダウンロード達成。
        平成28年2月        子会社「株式会社デリバリー」が「株式会社デリバリーコンサルティング」に商号変更。
        平成29年6月        ユニークなアメリカ情報メディア「BizSeeds」開始。
        平成29年8月        「アイコニット」2,500万ダウンロード達成。
        平成29年9月        脳神経科学(BrainTech)を活用した法人向けソリューションサービスを開始。
        平成30年4月        24時間で消える時限チャット「Zigen(ジゲン)」開始。
                                  5/92







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     3 【事業の内容】
       当社グループは、親会社(株式会社メディアシーク、当社)、子会社4社(スタートメディアジャパン株式会社、株
      式会社デリバリーコンサルティング、DELIVERY                      VIETNAM    CO.,   LTD.及びDELIVERY         INTERNATIONAL       THAI   CO.,   LTD.)で
      構成されております。
       なお、当社グループは当連結会計年度中に株式譲渡契約を締結し、当社グループの所有するDELIVERY                                                 THAI   CO.,
      LTD.の全株式を売却しております。これにより、DELIVERY                            THAI   CO.,   LTD.は当社グループの連結子会社から除外さ
      れております。
       当社グループの事業における位置付けは、以下の通りです。
                                  6/92


















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
      (1)  法人事業
        法人事業は、企業向けシステムコンサルティング業務を中心とする事業で、各種IT技術やモバイル機器を活用






       した情報ビジネスを実践しようとする顧客企業(クライアント)に対してコンピュータシステムの設計・開発と運用
       サポートを行うほか、事業の立ち上げと運営に必要な総合的サポートを提供します。業務システムの設計・開発か
       ら導入後の運用支援まで各種コンサルティングサービス、業務支援サービスを提供し、その対価となる報酬を受け
       取るビジネス形態です。
        当社グループは、ITコンサルタントとしての技術知識、分析能力、企画・戦略の立案能力、そしてソリュー
       ション実践のための提案力・実行力に加え、コンテンツ配信やスマートフォンアプリ開発・運営等の自社サービス
       を通じて学んだ実践ノウハウを注入することによって、独自ソリューションの提供を行っております。各種スクー
       ル・カルチャーセンター事業者に対しては、システムの開発受託のほか、「マイクラス」など、独自パッケージソ
       リューションの提案・導入支援サービスを提供しております。法人事業においては、市場ニーズ拡大にあわせ、シ
       ステム技術者の採用拡大を継続的に実施し、事業規模の拡大を進めてゆく方針です。
       (主な関係会社)当社、スタートメディアジャパン株式会社、株式会社デリバリーコンサルティング、DELIVERY

       VIETNAM    CO.,   LTD.及びDELIVERY         INTERNATIONAL       THAI   CO.,   LTD.
                                  7/92










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
      (2) コンシューマー事業
        コンシューマー事業は、コンシューマー向け情報サービス提供のほか、スマートフォン向けビジネスを中心とす

















       る事業セグメントです。モバイル端末向け有料コンテンツ配信や、「バーコードリーダー/アイコニット」を中心
       とした独自ソフトウェア/アプリケーションプラットフォームのライセンス提供に加え、主にスマートフォン向け
       広告配信や、スマートフォン・タブレット市場をターゲットとする各種サービスを提供します。当社グループが提
       供するコンテンツやアプリケーションソフトウェアの利用者から情報料や利用料、ライセンス料等を受け取るビジ
       ネス形態のほか、当社プラットフォームで配信した広告実績に応じ広告主企業より広告料等を受け取るケース、さ
                                  8/92


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       らに、コンテンツ制作支援やマーケティング支援サービス等、当社グループが提供する各種サービスへの対価を報
       酬やレベニューシェアとして受け取るケースなど、様々なビジネス形態を含みます。従来型携帯電話向け有料コン
       テ ンツ配信サービスは利用会員の減少が続いており、今後、拡大するスマートフォン・タブレット市場をターゲッ
       トとするビジネスの拡大と収益基盤確立を目指します。
        「バーコードリーダー/アイコニット」は、平成30年7月に累計2,800万ダウンロードを達成し、スマートフォン
       市場における「標準バーコードリーダー」としての地位を確立しつつあります。今後、「バーコードリーダー/ア
       イコニット」のさらなるユーザー拡大を実現し、スマートフォン向けビジネスにおける売上拡大と早期の収益基盤
       の確立を目指す計画です。
       (主な関係会社)当社及びスタートメディアジャパン株式会社

      (3)  その他の事業

        当連結会計年度より、研究開発部門を新設しました。研究開発部門の活動は、セグメント区分上「その他」に含
       めております。研究開発部門においては、主として今後市場の拡大が見込まれる動画配信、画像解析及び人工知能
       等の分野における研究開発活動を実施しております。
       (主な関係会社)当社

     4 【関係会社の状況】

                                         議決権の

                         資本金又は
          名称          住所            主要な事業の内容         所有割合         関係内容
                          出資金
                                          (%)
     (連結子会社)
                                              当社に外注作業の委託及び本
     スタートメディアジャパン               東京都         千円
                               法人事業及びコン
                                              社業務の委託あり。
                                           74.1
                               シューマー事業
     株式会社               港区       42,500
                                              役員の兼任4名
                                              当社よりシステム開発・保守
     株式会社デリバリーコンサル
                    東京都         千円                  業務の委託あり。
     ティング
                               法人事業            50.0
                    港区       29,025                   当社に本社業務の委託あり。
     (注)2、4、7
                                              役員の兼任3名
                   Ho Chi  Minh      米ドル
                                           100.0
     DELIVERY    VIETNAM   CO.,  LTD.
                               法人事業                     ―
                                           (100.0)
                   Vietnam       170,000
     DELIVERY    INTERNATIONAL      THAI
                   Chonburi      千タイバーツ
                                           100.0
                               法人事業                     ―
     CO.,  LTD.                                   (100.0)
                   Thailand         4,000
      (注)   1   「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
        2   特定子会社です。
        3   議決権の所有割合の(            )内は、間接所有割合です。
        4   持分は、100分の50以下ですが、実質的に支配しているため子会社としております。
        5   有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
        6 前連結会計年度末において、連結子会社であったDELIVERY                             THAI   CO.,   LTD.は、当連結会計年度中に株式の
          全てを売却したことに伴い、連結会社から除外しております。
        7   株式会社デリバリーコンサルティングについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上
          高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等
               (1)  売上高
                            777,222千円
               (2)  経常損失(△)
                           △67,711千円
               (3)  当期純損失(△)          △55,053千円
               (4)  純資産額
                            57,981千円
               (5)  総資産額
                            361,418千円
                                  9/92




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     5 【従業員の状況】
      (1) 連結会社の状況
                                               平成30年7月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(名)
                                            144
     法人事業
                                            (―)
                                            20
     コンシューマー事業
                                            ( 0)
                                             14
     全社(共通)
                                            ( 1)
                                            178
                 合計
                                            ( 1)
      (注)   1   従業員数は、就業人員です。
        2  従業員数の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。
        3  臨時従業員には、パートタイマーの従業員を含み、派遣社員を除いております。
        4   全社(共通)は、経理及び法務等の管理部門並びに研究開発部門専属の従業員です。
      (2) 提出会社の状況

                                               平成30年7月31日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
           84
                        32.3              5.4             4,290
          ( 1)
              セグメントの名称                            従業員数(名)

                                            53
     法人事業
                                            (―)
                                            20
     コンシューマー事業
                                            ( 0)
                                             11
     全社(共通)
                                            ( 1)
                                            84
                 合計
                                            ( 1)
      (注)   1   従業員数の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。
        2   臨時従業員には、パートタイマーの従業員を含み、派遣社員を除いております。
        3   平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        4   全社(共通)は、経理及び法務等の管理部門並びに研究開発部門専属の従業員です。
      (3) 労働組合の状況

        労働組合は、結成されておりませんが、労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。
                                 10/92








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      (1)  経営方針
        当社グループは、企業向けコンサルティングサービスを中心とする法人事業セグメントと、個人ユーザー向け情
       報サービスなどスマートフォン向けビジネスを中心とするコンシューマー事業セグメントの2つの異なる事業セグ
       メントを擁し、いずれの事業セグメントにおいても、独自の技術力やコンサルティング能力を生かしたユニークな
       サービスを提供しております。当社グループは、市場環境の変化に柔軟に対応し、安定的かつ持続的な成長を実現
       してゆくために、市場の動向に応じて、異なる事業セグメントを効果的に組み合わせることで、リスクを最小限と
       し、常に変化を続けながら最適なビジネスポートフォリオの構築を進めてゆく方針を採っております。新規の事業
       セグメントを加え、新たなビジネスポートフォリオが構成される可能性もあります。当社グループは、今後も、市
       場の動向に合わせ、各事業セグメントの成長を最大化してゆくことで、継続的で安定した成長を実現してゆく計画
       です。
      (2)  経営環境及び対処すべき課題等

        当社グループは、法人事業セグメントにおいては企業向けコンサルティングサービス、コンシューマー事業セグ
       メントにおいてはスマートフォン向け情報サービスや広告サービスを主なターゲットとしております。近年、AI
       など情報技術の進化に伴い、当該マーケットにおいては、変化のスピードが速くなっており今後、さらに複雑な変
       化を遂げていくものと予想されます。
        当社グループは、世界的に普及しつつあるQRコード・バーコードの読取り技術やブレインテクノロジーなど、独
       自の技術力やコンサルティング能力を生かした独自サービスの開発により、変化の激しい市場環境において中長期
       的な視点で競争力強化を進めてゆく計画です。特に、当面の課題に関して、技術力やコンサルティング能力に加え
       最新の情報技術を活用した新サービスの開発・提供を通じてさらなるマーケットの開発と事業領域の拡大を図る方
       針です。
        当社グループが対処すべき当面の課題に対しては、法人事業においては、最新の情報技術を活用した独自サービ
       スによる事業拡大により、また、コンシューマー事業においては、当社を代表するアプリケーション「バーコード
       リーダー/アイコニット」を中心とするスマートフォンビジネスの更なる拡大と独自サービス強化によって、事業
       規模のさらなる拡大と安定的な収益基盤の構築を進めてゆく予定です。
       ①   RPA、BrainTechなど最新技術を活用した事業規模拡大
         変化の激しい市場ニーズに対応し、当社グループが確実な利益を創出し続けてゆくためには、技術力向上のみ
        ならず、スケールメリットを享受できる事業規模が必要と考えます。当社グループの法人事業セグメントは、
        EdTechと呼ばれる教育サービス分野でコンサルティング実績に基づく一定の顧客基盤を構築しており、今後、当
        社グループは、独自の業務ソリューションプラットフォームである「マイクラス」を活用したサービス拡大に加
        え、さらにRPA(Robotic           Process    Automation)や、BrainTechと呼ばれる最新の情報技術を活用した独自サービス
        を提供することにより、さらなる事業規模の拡大を実現する計画です。
       ②   「バーコードリーダー/アイコニット」を核としたスマートフォンビジネス拡大
         スマートフォン向け情報サービス市場において、中長期的に当社グループのビジネス領域を拡大するには、市
        場で優位性を発揮できる競争力の源泉が必要です。コンシューマー事業セグメントにおいては、独自プラット
        フォームである「バーコードリーダー/アイコニット」のさらなる普及と利用者拡大に加え、「バーコードリー
        ダー/アイコニット」に使われるバーコード/QRコード読取り技術や顧客基盤を活用した新たなサービス展開によ
        り、スマートフォン関連市場でのさらなる事業拡大を進めてゆく計画です。
         無料のバーコード読取りアプリとして累計2,800万ダウンロードを達成し「標準バーコードリーダー」として
        の地位を確立しつつある「バーコードリーダー/アイコニット」の利用者拡大とあわせ、広告収入の拡大や各種
        コンテンツサービスの強化、さらに、新技術を活用したスマートフォン向け新サービスの提供等を通じて、ス
        マートフォン向けビジネスの拡大と競争力強化を進めます。QRコードや商品バーコード(JANコード)を活用した
        キャッシュレス決済の普及拡大が期待されるなか、当社独自技術に基づく新規サービス展開やビジネス拡大につ
        いても積極的に取り組み、今後さらなる市場拡大が見込まれるスマートフォン関連市場をターゲットに、継続的
        な事業規模拡大と収益確保を目指す計画です。
                                 11/92


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     2  【事業等のリスク】
       以下において、当社グループの事業展開その他に関するリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記
      載しております。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項についても、投資判断上、重要と考えられ
      る 事項については、情報開示の観点から積極的に開示しております。なお、当社グループは、これらのリスク発生の
      可能性を認識したうえで、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針ですが、当社株式に関する投資判断は、
      以下の記載事項及び本項以外の記載事項を、慎重に検討したうえで行われる必要があると考えられます。
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。
      (1)  事業内容について
       ①   特定事業への依存度について
         当社グループは、市場環境の変化に柔軟に対応し、安定的かつ持続的な成長を実現してゆくために、市場の動
        向に応じて、異なる事業セグメントを効果的に組み合わせることで、リスクを最小限とし、常に変化を続けなが
        ら最適なビジネスポートフォリオの構築を進めてゆく方針を採っております。その結果、当社グループの売上総
        額に占める各事業セグメントの売上構成比率は常に変動し、中心となる事業セグメントは必ずしも固定的ではあ
        りません。これまで、平成13年7月期及び平成14年7月期においては、メディアコンサルティング&ソリュー
        ション事業(現法人事業)の売上が全売上の50%以上を占めておりましたが(いずれも個別財務諸表の数値)、平成
        15年7月期からは、有料コンテンツ配信サービスを中心とするメディアイノベーション事業(現コンシューマー
        事業)が中心的な事業セグメントとなりました。その後、システムコンサルティング業務を核とする法人事業の
        売上が再び拡大し、近年は法人事業が売上構成比率における中心的な事業セグメントとなっております。当期に
        おいては、全売上の78.6%が法人事業による売上となっております。今後も、各事業セグメントの売上構成比率
        は市場の変化に応じて常に変動する見通しです。新規の事業セグメントを加え、新たなビジネスポートフォリオ
        が構成される可能性もあります。当社グループは、今後も、特定事業モデルへの依存を回避しつつ、市場の動向
        に合わせ、各事業セグメントの成長を最大化してゆくことで、より安定的な成長を実現してゆく計画です。しか
        しながら、全ての不測の事態を回避できる保証はなく、必ずしも計画通りに推移する保証はありません。
       ②   人材の確保と定着化について
         当社グループは、法人事業においては企業向けコンサルティングサービス、コンシューマー事業においてはス
        マートフォン向けビジネスを主なターゲットとしており、今後の事業拡大には、これらの先駆的な分野での知識
        と経験を有する人材の確保が極めて重要です。当社グループは当該分野でのスキル・経験を有する技術者の採用
        拡大を予定していますが、近年は優秀な技術スキルを有する人材の確保が難しくなっている状況です。当社グ
        ループは、優秀な人材を確保するため、機動的な意思決定や権限委譲を可能にするフラットな組織構造や、ス
        トックオプションを含む柔軟な報酬プログラムを用意し、平成28年3月には、募集新株予約権(業績連動型有償
        ストック・オプション)を発行しました。また、新卒者の採用と育成にも継続的に取り組んでおります。今後も
        中途採用・新卒採用をあわせ優秀な人材の確保を進めてゆく方針ですが、いずれも継続的な人材の確保を保証す
        るものではありません。適格な人材を十分に確保できなかった場合には、当社グループの事業拡大に制約を受け
        る可能性があります。
       ③   マーケットの拡大について
         スマートフォンを中心とする情報サービス市場において、月額定額料金による情報配信サービス売上が減少す
        る一方で、モバイル向け広告による売上は大きく拡大しております。スマートフォンほかモバイル端末向け情報
        サービス市場は変化も激しく、今後の動向は不透明です。新技術や新製品の影響により従来のビジネス構造が大
        きく変化する可能性があります。スマートフォン向けビジネス市場は今後も継続的に拡大する見通しですが、今
        後、当該市場が順調に拡大せず、もしくは何らかの要因により市場に急激な変化が起こった場合、当社グループ
        の経営成績その他に重大な影響を及ぼすおそれがあります。
                                 12/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       ④   法的規制の可能性について
         現時点では、当社グループの主たる事業を直接的に制限するような法的規制は存在しないと考えております。
        ただし、法的規制による当社グループの事業への間接的な影響の可能性について及び日本以外での法的規制とそ
        の運用に伴う影響について専門家の意見書は得ておりません。今後、当社グループの事業を直接的もしくは間接
        的に制限する法的規制がなされた場合には、当社グループの事業展開は制約を受け、当社グループの経営成績そ
        の他に重大な影響を及ぼすおそれがあります。また、当社グループの出資先企業の活動に関する規制環境に大き
        な変化が生じた場合にも、当該出資先企業の市場価値の低下等により、当社グループの経営成績その他に重大な
        影響を及ぼすおそれがあります。
       ⑤   システムダウンの可能性について
         当社グループの提供する情報サービスは、当社グループの保有するコンピュータシステムである情報配信サー
        バと通信ネットワーク設備に依存しております。当社グループのサーバシステム及び通信機器は、ネットワーク
        システムの運営に実績のある通信事業者の運営する耐障害対策を有する施設に設置されており、障害の発生を最
        小限に抑えるための対策を講じておりますが、大規模災害やその他要因によって当社グループの情報配信システ
        ムに障害が発生した場合、もしくは通信インフラの基盤となる主要な通信事業者の提供するネットワーク等にお
        いてシステムダウン等が発生した場合には、当社グループの事業が悪影響を受ける可能性があります。当社グ
        ループもしくは当社グループのサーバシステムがハッキングの対象となりシステム障害が引き起こされる可能性
        もあります。これらの障害の影響が大きい場合、もしくは障害の影響が長期にわたる場合には、当社グループ全
        体の業績に悪影響が及ぶ可能性があります。
       ⑥   セキュリティについて
         外部からの不正手段によるコンピュータ内への侵入や、役員及び従業員の過誤等により、システムの停止、機
        密情報の漏洩及び顧客情報の漏洩が起こる可能性があります。当社グループでは、内部関係者が不正な手段に
        よって情報の漏洩に関与したり、システム障害を引き起こすことが無いよう、制度面及びシステム面でリスクを
        最小限に抑えるための対策を講じておりますが、全てのリスクを完全に排除することは困難です。この場合、当
        社グループ事業の信頼性の低下を招き、当社グループの経営成績その他に悪影響を及ぼす可能性があります。ま
        た、ハッキングや不正サービスの横行、コンピュータウィルス等の影響により、当社グループの事業に限らず、
        今後、インターネットや主要な通信事業者のネットワークの信頼性に重大な影響を与える事態が生じた場合に
        は、デジタル情報ネットワークを利用したサービス全体に対する不信感によって、間接的に当社グループの事業
        が悪影響を受け、当社グループの経営成績その他に重大な影響を及ぼすおそれがあります。
       ⑦   個人情報漏洩の可能性について
         当社グループは、顧客の保有する個人情報を含むシステムの開発・運営の委託を受けるほか、コンテンツ事業
        においても、会員登録等を通じて相当量の個人情報を保有、管理する場合があります。このとき、外部からの不
        正アクセスや、ウィルス攻撃、もしくは役員及び従業員の過誤等によりこれら個人情報の漏洩・紛失が起こる可
        能性があります。当社グループにおいては、事業の過程でこのような個人情報の漏洩・紛失が生じないよう、個
        人情報保護プログラムを策定し、リスクを最小限に抑えるための対策を講じております。平成17年4月より「プ
        ライバシーマーク」の認定(認定番号:10820427(07))を受け、個人情報につき、十分な管理体制を整える努力を
        続けておりますが、全てのリスクを完全に排除することは困難です。個人情報の漏洩・紛失が生じた場合、情報
        や被害の内容によっては、個人又は取引先に対し直接的な損害賠償等の義務を負う場合があり、この場合、当社
        グループの事業が直接的に悪影響を受け、当社グループの経営成績その他に重大な影響を及ぼすおそれがありま
        す。
                                 13/92






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       ⑧   ソフトウェア製品の不具合(バグ)により販売が継続できなくなる可能性について
         当社グループより供給する全てのソフトウェアは、納品前に入念なテストを行い、十分なテストを経た信頼性
        の高いソフトウェアを製品として供給しておりますが、今日の複雑かつ高度なソフトウェアにおいて不具合(バ
        グ)の発生を完全に排除することは困難であり、入念なテストを実施したソフトウェアであっても、予期し得な
        い致命的なバグが発見される可能性があります。当社グループより供給・販売したソフトウェアに致命的なバグ
        が発見された場合、ライセンス供給先の事業者から損害賠償請求を受けたり、当該ソフトウェアを搭載した製品
        を市場から全て回収するために多額の費用が発生する可能性があります。また、当該バグの修正に長期間を要す
        る場合、その間当該ソフトウェアを出荷することができず、収益が悪化する可能性があります。さらに、当該ソ
        フトウェアの製造・供給元である当社グループに対する不信感によって、間接的に当社グループの事業が悪影響
        を受け、当社グループの経営成績その他に重大な影響を及ぼすおそれがあります。
       ⑨   知的財産権について
         当社グループの知的財産権については、特許が9件(株式会社メディアシークにおいて8件うち米国特許が1
        件、共願特許が1件)、商標が17件(株式会社メディアシークにおいて16件、子会社である株式会社デリバリーコ
        ンサルティングにおいて1件うち共願商標1件)登録されております。
       ⑩   知的財産権の侵害による訴訟の可能性について
         当社グループの提供するサービス及び製品に対して、現時点において、第三者より知的財産権に関する侵害訴
        訟等を提訴される等の通知は受けておりません。しかしながら、長期間にわたりその存在が顕在化しないサブマ
        リン特許の存在や、ビジネスモデルそのものが特許として成立する可能性もあり、事前に入念な調査を実施して
        も、当社グループの提供する製品・サービス全てについて、特許侵害その他により第三者から知的財産権に関す
        る侵害訴訟等を提訴される可能性を完全に排除することは困難です。第三者から知的財産権に関する侵害訴訟等
        を提訴される可能性について、弁護士ほか専門家の意見書は得ておりません。万一、権利侵害の事実が発見され
        た場合、当社グループの製品の販売差止めやサービス停止のほか、多額の賠償金支払いを求められる可能性があ
        ります。さらに、当社グループに対する不信感によって、間接的に当社グループの事業が悪影響を受け、当社グ
        ループの経営成績その他に重大な影響を及ぼすおそれがあります。
      (2)  経営成績の変動について

       ①   過年度経営成績に基づく予測について
         当社は、平成12年3月1日に設立され、平成30年7月31日現在において、設立から約18年5ヶ月を経過しまし
        た。この間、携帯電話及びモバイル端末向け情報サービスは大きく変化し、マーケットの規模も大きく拡大しま
        した。近年は、スマートフォン端末の普及により、より高度で複雑なサービスがモバイル端末上で実現可能にな
        ると共に、中心となるビジネスモデルや市場ニーズも大きく変化しつつあります。今後、当該マーケットはさら
        に変化し、新技術・新製品による変革やその他世界的な動向の影響を受け、さらに複雑な変化を遂げる可能性が
        あります。マーケットのさらなる変化に伴い、当社グループの業績に影響を及ぼすと考えられる様々な外部環境
        (モバイル端末向け情報サービスの利用者の推移、スマートフォン出荷台数の推移、有料情報配信サービス・広
        告配信サービスの市場動向、モバイル機器向けアプリケーションソフトウェアの市場規模等)についても、その
        動向は不透明であり複雑な変化を生じる可能性があります。当社グループは、スマートフォンやタブレット端末
        を中心とする次世代モバイル市場のさらなる拡大と発展に合わせ、中長期的な視点で競争力強化を進めてゆく方
        針ですが、全ての不測の事態を回避できる保証はなく、必ずしも計画通りに推移する保証はありません。した
        がって、今後当社グループが売上を増加できるか、利益を計上し続けられるか等を予測する客観的な判断材料と
        して、過年度経営成績を参考にするには不十分な面があります。
                                 14/92






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       ②   取引上のトラブル/訴訟の可能性について
         当社グループの事業は、著作物の電子配信サービスを含み、また、当社グループの事業内容は、事業ノウハウ
        やビジネスモデル及び独自技術等の知的財産に密接に関連する場合が少なくありません。したがって、今後、当
        社グループが事業展開を図る上で、他社の特許権等知的財産権の侵害や、著作権の処理等において、訴訟及びそ
        の他の請求の対象とされる可能性があります。今日の市場環境において、訴訟リスクの危険性を明確に算定する
        ことは極めて困難です。サブマリン特許の出現や特許の侵害に対する管轄権の問題等、他国の法制度及びその運
        用、国際的な法理論及び法律実務等については、不透明な要素が多く、訴訟の発生リスクをコントロールするこ
        とは極めて困難と言えます。新たに発生するか、これまで顕在化しなかったビジネスリスク等によって、当社グ
        ループに対する訴訟等が提起される場合には、その訴訟内容によっては、当社グループの経営成績その他に重大
        な影響を及ぼすおそれがあります。
         また、システムコンサルティング業務においては、クライアントからの受注は、業界の慣行として、クライア
        ントの意向で内容が変更されることもありえます。当社グループは、サービスの提供に際し、事前にクライアン
        トと作業内容について十分に確認する等の対応を行っておりますが、クライアント側の意向によりプロジェクト
        の内容が一部変更・修正、もしくは中止される場合等、不測の事態を全て回避できる保証はありません。クライ
        アント側の事情による計画変更・中断、もしくは製品等の不具合によるトラブル等が発生した場合、あるいは、
        クライアントによる対価の不払い等が発生した場合、海外事業者との取引において為替や送金ほか金融上のトラ
        ブルが発生した場合には、不測の損害が発生し経営成績に重大な影響を及ぼすおそれがあります。
       ③   政治・経済環境の変化による影響について
         当社グループを取りまく政治・経済環境において、現時点では、当社グループ事業に悪影響を与えるような環
        境の変化は存在しないと考えております。ただし、政治・経済環境の変化による当社グループ事業及び投資先企
        業への影響の可能性について専門家の意見書は得ておりません。今後、当社グループや当社投資先企業、及び当
        社資産の運用にかかわる銀行や証券会社等を取りまく政治・経済環境に大きな変化が生じ、もしくは戦争や事
        故・災害等不測の事態が生じた場合、当社グループの経営成績に重大な影響を及ぼすおそれがあります。また、
        現在の事業環境においては、政府機関等による制度変更等の影響のほか、第三者による事実の裏付けの無い風説
        の流布や消費者の心理的変化による影響についても、その影響を無視できない可能性があります。当社グループ
        においては、ホームページ等を通じ、業績や事業環境に関する当社グループの見解について、即時開示が可能な
        体制を整備しておりますが、全てのリスクを回避できる保証はありません。今後、制度変更等によらない、消費
        者心理の変化等によって、当社を取りまく事業環境に急激かつ大きな変化が生じた場合、また、その影響が長引
        いた場合、当社グループの経営成績に重大な影響を及ぼすおそれがあります。また、当社投資業務においては、
        投資先企業の現在価値と将来性の評価について随時見直しを行っており、将来的に当社グループ事業に悪影響を
        与える可能性の高い投資先については、株式の処分や評価損の計上等事前に影響を抑制するための対策を講じて
        おりますが、全てのリスクを回避できる保証はありません。今後、市場や政治環境、消費者心理の変化等によっ
        て、投資先企業を取りまく事業環境に急激かつ大きな変化が生じた場合、当社グループの経営成績に重大な影響
        を及ぼすおそれがあります。
       ④   海外子会社に対する環境変化による影響について
         当社グループは、ベトナム法人であるDELIVERY                          VIETNAM    CO.,   LTD.及びタイ法人であるDELIVERY
        INTERNATIONAL       THAI   CO.,   LTD.を連結子会社としております。現時点で当社グループ全体の業績に対する海外子
        会社の影響は限定されており、為替の変動を考慮した場合でも、海外子会社の業績が当社グループ全体の業績に
        与える影響は限定的なものと想定しております。ただし、政治・経済環境の変化による海外子会社への影響の可
        能性について専門家の意見書は得ておりません。海外子会社に関する全てのリスクが限定的な範囲に収まる保証
        はありません。今後、海外子会社を取りまく政治・経済環境に大きな変化が生じ、もしくは自然災害、伝染病等
        の不測の事態が生じた場合、当社グループの経営成績に重大な影響を及ぼすおそれがあります。さらに、為替変
        動により利益が増減する可能性があります。
                                 15/92




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 新規事業投資および子会社の業績による影響について
         当社グループは、市場成長の可能性があるビジネス分野を中心に、新規子会社・関連会社の設立や投資につい
        ても成長性など見極めたうえで積極的に進めてゆく方針です。当該子会社・関連会社等への投資は中長期的に当
        社グループの成長に重要な貢献を果たすものと考えておりますが、新規子会社・関連会社への投資、並びに新規
        事業に対する投資が予定通りに拡大する保証は無く、また、予定通りに進まなかった場合、もしくは不測の事態
        が生じた場合に、その影響が限定的な範囲に収まる保証はありません。今後、子会社及び関連会社を取りまく環
        境に大きな変化が生じ、もしくは不測の事態が生じた場合、当社グループの経営成績に重大な影響を及ぼすおそ
        れがあります。
       ⑥   自然災害に起因する環境変化による影響について
         当社グループの事業用サーバシステム及び通信機器は、ネットワークシステムの運営に実績のある通信事業者
        の運営する耐障害対策を有する施設に設置されており、障害の発生を最小限に抑えるための対策を講じておりま
        すが、全ての不測の事態を回避できる保証はありません。災害の発生や、その他不測の事態に伴う社会的インフ
        ラの機能低下による当社グループ事業及び投資先企業への影響の可能性について専門家の意見書は得ておりませ
        ん。地震、台風その他不測の事態により電力や交通網、通信ネットワーク障害等、広域もしくは特定地域におい
        て社会的インフラ機能の低下が生じた場合、当社グループの経営成績に重大な影響を及ぼすおそれがあります。
       ⑦   配当政策について
         当社グループは、株主に対する利益還元について重要な経営課題のひとつであると認識しておりますが、同時
        に、経営基盤の強化と積極的な事業展開に備えるため、利益体質の強化とあわせ内部留保の充実が重要であると
        認識しております。配当につきましては、新たな事業展開に必要な内部留保を確保しつつ、経営成績や財政状態
        を考慮し、安定的な配当を実施してゆくことを目指しておりますが、平成31年7月期の期末配当は見送らせてい
        ただく予定です。スマートフォンビジネスにおける収益基盤を確立し、市場において競争力・影響力のある地位
        を獲得することで企業価値を高めることを最優先の課題とし、経営成績等を総合的に勘案したうえで、復配につ
        いてもできるだけ早期に実現したいと考えておりますが、必ずしも計画通りに推移する保証はありません。当社
        グループの業績が悪化した場合等、配当を実施できない可能性があります。
      (3)  事業展開に伴うリスクについて

       ①   人材獲得のリスク
         当社グループは、スマートフォン市場の拡大に伴い、優秀な技術スキルを有する人材を確保するため、システ
        ム技術者の採用拡大を予定しています。将来の技術力・競争力確保のため研究開発活動に従事する人材や、海外
        での事業展開を円滑に進めるための人材、新たな広告手法を開発し市場開拓にチャレンジする人材の確保も必要
        です。当社グループは、優秀な人材を確保するために、フラットな組織構造や柔軟な報酬体系を用意し、また、
        人材紹介サービスの活用や人材供給元となるパートナー企業との連携強化等により必要な人材の確保を進めてゆ
        く方針です。しかしながら、必要とする人材を十分かつ適時に確保できる保証はありません。適格な人材が採用
        できなかった場合、もしくは重要な人材の流出が発生した場合には、当社グループの事業拡大に制約を受け、当
        社グループの経営成績その他に重大な影響を及ぼすおそれがあります。
       ②   新規顧客開拓に伴うリスクについて
         当社グループは、これまで、株主及び当社役員・従業員の幅広い人的ネットワークに基づき、独自の営業活動
        により、顧客企業の獲得に成功してまいりました。しかしながら、今後、当社グループ事業の拡大過程におい
        て、広告宣伝の活用や、代理店ほか外部企業グループ等との戦略的提携等を通じた顧客獲得が必要になる可能性
        があります。これらに必要なコスト及び投資負担が利益を圧迫し、当社グループの業績に悪影響を与える可能性
        があります。
                                 16/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       ③   M&A及び資本構成・組織形態の変更に伴うリスクについて
         当社グループは、当社グループのバリュー向上を目的として、積極的に新たなサービス分野への展開を進める
        とともに、当社グループの提供するソリューション及びその他サービスの多様化を進めてゆく方針です。事業拡
        大の過程において、当社グループは、他社より事業資産の譲渡を受けたり、他社との提携やM&A等により他社
        への出資を行ったり、あるいは当社グループの資本構成を変更したり、子会社・関連会社の設立等により組織形
        態の変更を行う可能性があります。このような意思決定の際には、事業リスクを含めメリット・デメリットにつ
        き広く分析を行い、総合的に的確な判断を行うよう努めてまいります。しかし、全ての施策が、予定通りの成果
        をあげる保証はありません。投資先の業績悪化や為替レートの変動等によって有価証券の評価損が発生し、ある
        いは新規事業もしくは子会社の業績不振等により連結決算へ影響が生じる可能性があります。このような場合
        に、当社グループの業績に悪影響を与える可能性があります。
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、
      「経営成績等」という。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及
      び分析・検討内容は次のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
      (1)  経営成績

        当連結会計年度におけるわが国経済は、世界的な政治・経済環境の変動による影響等により、経済全般に対する
       中長期的影響について引き続き先行き不透明な状況が続いております。
        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
       おります。この連結財務諸表の作成にあたって、有価証券・固定資産の減損、たな卸資産の評価、減価償却資産の
       耐用年数の設定、貸倒引当金の設定等の重要な会計方針及び見積りに関する判断を行っています。当社グループの
       経営陣は、過去の実績や状況等に応じ合理的と考えられる様々な要因に基づき、見積り及び判断を行い、それらに
       対して継続して評価を行っております。また実際の結果は、見積りの不確実性があるため、これらの見積りと異な
       る場合があります。
        当社グループは、法人事業において、主に既存クライアントに対するシステムコンサルティング業務による売上
       を計上しました。前期実績に比べ売上は拡大したものの、グループ子会社の新規事業展開に伴うコスト増加等の影
       響により、セグメント損失が発生しました。コンシューマー事業においては、スマートフォン向け無料提供アプリ
       「バーコードリーダー/アイコニット」のスマートフォン向け広告収入が堅調に拡大しつつありますが、コン
       シューマー向けコンテンツの入れ替え等の影響により、前期実績に比べ売上及びセグメント利益が減少しました。
       その結果、当連結会計年度の売上高は、1,502,212千円(前年同期比1.7%減)、営業損失は、173,417千円(前年同
       期は、14,267千円の営業損失)、経常損失は、117,569千円(前年同期は、100,560千円の経常利益)、親会社株主
       に帰属する当期純損失は、88,825千円(前年同期は、59,867千円の親会社株主に帰属する当期純利益)となりまし
       た。
        なお、当社グループは、経営方針・経営戦略又は経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標とし
       て、法人事業においてはRPA(ロボットによる業務自動化)ツール導入ライセンス数を、コンシューマー事業にお
       いては「バーコードリーダー/アイコニット」の累計ダウンロード数を重要視しております。これらについては、
       セグメントごとの経営成績において詳細を記載しております。
                                 17/92






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
        連結損益計算書における区分ごとの内訳は以下の通りです。
       ①   営業損益

         当連結会計年度の営業損益において、売上高は、1,502,212千円(前年同期比1.7%減)、売上原価は、
        1,229,321千円(前年同期比10.6%増)、販売費及び一般管理費は、446,309千円(前年同期比3.8%増)となり、差引
        173,417千円の営業損失(前年同期は、14,267千円の営業損失)を計上しております。法人事業においては、主と
        して前連結会計年度に比べ受注が増加した一方で、将来の基幹事業の創生を目指して従来の枠組みを超えた新規
        事業領域へ積極的な人的資源の投下を行った結果、増収・減益となっております。コンシューマー事業において
        は、主として前連結会計年度に比べスマートフォン向けのビジネスの売上及び利益率が向上した一方で、既存の
        フィーチャーフォン向けビジネスが継続して減収傾向にあり、また、新規ビジネスの立ち上げに際して、初期コ
        ストが発生した影響等から、減収・減益となっております。
       ②   営業外損益
         当連結会計年度の営業外損益については、営業外収益を61,896千円(前年同期比66.2%減)、営業外費用を
        6,048千円(前年同期比91.1%減)計上し、差引55,847千円の利益(前年同期比51.4%減)を計上しております。こ
        のうち主なものは、受取利息24,841千円、投資有価証券売却益19,120千円及び助成金収入9,206千円です。
       ③   特別損益
         当連結会計年度の特別損益については、特別利益の計上はなく(前年同期は8,067千円の特別利益を計上)、特
        別損失は10,025千円(前年同期比22.6%減)計上しております。このうち主なものは、将来の関係会社整理の際に
        発生する損失を見越して計上した関係会社整理損失引当金繰入額5,041千円及び減損損失4,140千円です。
       ④   その他
         法人税、住民税及び事業税△4,750千円(前年同期は、22,060千円)を計上しております。
         この他、法人税等調整額を△634千円(前年同期は、14,154千円)、非支配株主に帰属する当期純損失を33,384
        千円(前年同期は404千円の非支配株主に帰属する当期純損失)計上しているため、税金等調整前当期純損失
        127,595千円(前年同期は、95,678千円の税金等調整前当期純利益)に対し、親会社株主に帰属する当期純損失を
        88,825千円(前年同期は、59,867千円の親会社株主に帰属する当期純利益)計上しております。
        セグメントごとの経営成績は以下の通りです。

       (法人事業)

         法人事業においては、主に既存クライアントに対するシステムコンサルティングサービスを実施しました。国
        内クライアント企業向けRPA(ロボットによる業務自動化)ツール導入のコンサルティング業務が拡大しつつあ
        ります。平成30年7月末時点のRPAツールの導入ライセンス数は205ライセンスに達し、堅調に拡大しつつあ
        ります。前期実績に比べ売上は拡大したものの、グループ子会社の新規事業展開に伴うコスト増加等の影響によ
        り、セグメント損失が発生しました。その結果、同事業の当連結会計年度の売上高は、1,180,154千円(前年同期
        比2.2%増)、セグメント損失は、8,170千円                     (前年同期は、94,205千円のセグメント利益)となりました。
       (コンシューマー事業)

         コンシューマー事業においては、スマートフォン向け無料提供アプリ「バーコードリーダー/アイコニット」
        の累計ダウンロード数が経営上の重要な指標となります。「バーコードリーダー/アイコニット」の累計ダウン
        ロード数は平成30年7月に累計2,800万ダウンロードを達成し、スマートフォン向け広告収入が堅調に拡大しつ
        つありますが、コンシューマー向けコンテンツの入れ替え等の影響により、前期実績に比べ売上及びセグメント
        利益が減少しました。その結果、同事業の当連結会計年度の売上高は、321,973千円(前年同期比13.7%減)、セ
        グメント利益は、61,839千円(前年同期比23.5%減)となりました。
                                 18/92




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       (その他)
         その他においては、当連結会計年度に新設した研究開発部門にて、動画配信、画像解析及び人工知能等の分野
        の研究開発を中心とした事業活動を実施しました。研究開発費は、主として研究開発部門に配属された研究開発
        要員の人件費によるものです。また、一部に売上が発生しておりますが、現段階での研究開発活動における副次
        的な産物であり、僅少な金額に留まっております。その結果、当連結会計年度の売上高は、84千円、セグメント
        損失は、38,040千円となりました。
        生産、受注及び販売の実績は、次の通りです。

       ①   生産実績

         当社グループは、生産実績に関する該当事項はありません。
       ②   受注実績
      セグメントの名称            受注高(千円)          前年同期比(%)           受注残高(千円)           前年同期比(%)

     法人事業                1,186,189             △2.6          128,620            +4.9

         合計            1,186,189             △2.6          128,620            +4.9

      (注)   1   金額には、消費税等は含まれておりません。
        2   セグメント間取引については、相殺消去しております。
        3 コンシューマー事業及びその他については、一部受注実績がございますが、金額的重要性が乏しいため記載
          を省略しております。
       ③   販売実績
              セグメントの名称                       金額(千円)            前年同期比(%)

     法人事業                                      1,180,154           +2.2%

     コンシューマー事業                                       321,973         △13.7%

     その他                                          84          ―

                 合計                          1,502,212           △1.7%

      (注)   1   金額には、消費税等は含まれておりません。
        2   セグメント間取引については、相殺消去しております。
        3   その他は、当連結会計年度に新設した研究開発部門の事業活動によるものです。
        4   主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次の通りです。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                          (自    平成28年8月1日               (自    平成29年8月1日
                          至   平成29年7月31日)                至   平成30年7月31日)
              相手先
                        販売高(千円)          割合(%)        販売高(千円)          割合(%)
         株式会社ドクターシーラボ                  256,914          16.8       272,180          18.1

         トランスコスモス株式会社                  101,674           6.7       154,593          10.3

          (注)    金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 19/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
      (2)  財政状態
       ①   資産
         資産の総額は、2,197,312千円(前年同期比11.0%減)です。
         流動資産は、総資産の58.5%に相当する1,285,948千円(前年同期比12.7%減)です。流動資産の前連結会計年
        度からの減少額は、187,555千円となっておりますが、この主要因は、現金及び預金が154,964千円減少したこと
        並びに売掛金が83,773千円減少したことによるものです。また、現金及び預金の残高は、967,282千円(前年同期
        比13.8%減)となっており、流動資産の大きな割合を占めております。
         固定資産は、総資産の41.5%に相当する911,363千円(前年同期比8.5%減)です。
         有形固定資産は、総資産の0.7%に相当する16,307千円(前年同期比1.1%減)、無形固定資産は、総資産の
        0.1%に相当する2,732千円(前年同期比25.6%減)であり、いずれも僅少な割合となっております。
         投資その他の資産は、総資産の40.6%に相当する892,323千円(前年同期比8.6%減)です。減少の主要因は、投
        資有価証券が84,663千円減少したことによるものです。長期滞留債権が26,650千円計上されておりますが、全額
        に相当する26,650千円について貸倒引当金が計上済みであるため、貸倒れの確定による多額の追加損失発生の恐
        れはありません。また、投資有価証券が797,519千円計上されておりますが、このうち779,708千円は時価を有す
        る性質のものです。
       ②   負債
         負債の総額は、負債純資産合計の27.9%に相当する612,614千円(前年同期比11.2%減)です。
         流動負債は、負債純資産合計の17.5%に相当する384,179千円(前年同期比18.3%減)となっております。流動
        負債の前連結会計年度からの減少額は、85,920千円となっておりますが、この主要因は、短期借入金が80,000千
        円減少したこと、未払法人税等が6,150千円減少したこと及び1年内返済予定の長期借入金が4,666千円減少した
        ことによるものです。
         固定負債は、負債純資産合計の10.4%に相当する228,434千円(前年同期比4.1%増)となっております。前連結
        会計年度からの増加額は、8,895千円となっておりますが、この主要因は、長期借入金が9,240千円増加したこと
        によるものです。
       ③   純資産
         純資産の総額は、1,584,698千円(前年同期比11.0%減)であり、自己資本比率は、70.0%と高い水準を維持し
        ております。純資産の前連結会計年度からの減少額は、195,429千円となっておりますが、この主要因は、その
        他有価証券評価差額金が72,798千円減少したこと、非支配株主持分が34,013千円減少したこと及び親会社株主に
        帰属する当期純損失を計上したことにより利益剰余金が88,825千円減少したことによるものです。
      (3)  キャッシュ・フロー

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、期首に比べ129,890千円減少し、当連結会計年度末には
       1,010,494千円(前年同期は、1,140,384千円)となりました。
        また、当連結会計年度における各キャッシュ・フローは次の通りです。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動によるキャッシュ・フローは、68,680千円の支出(前年同期は、14,437千円の支出)となりました。こ
        れは、主として売上債権が83,958千円減少した一方で、32,384千円の受取利息及び受取配当金並びに19,120千円
        の投資有価証券売却益を計上した上で、税金等調整前当期純損失を127,595千円計上したことによるものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動によるキャッシュ・フローは、13,624千円の収入(前年同期は、49,069千円の支出)となりました。こ
        れは、主として投資有価証券の取得・売却により差引30,947千円を受け取ったことによるものです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における財務活動によるキャッシュ・フローは、74,589千円の支出(前年同期は、93,193千円
        の収入)となりました。これは、主として長期借入金の借入れ及び返済により差引4,574千円の収入を得た一方
        で、短期借入金の返済により80,000千円を支払ったことによるものです。
        当連結会計年度は、主として自己資金及び金融機関からの借入金により所要資金を賄いました。当連結会計年度

       において営業損失を計上しておりますが、年間の総費用に比して多額の現金及び現金同等物を有しているため、当
                                 20/92

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       面事業を継続していくうえで十分な流動性を確保しているものと考えております。また、当連結会計年度末現在に
       おいて重要な資本的支出が発生する予定はございません。
     4  【経営上の重要な契約等】

      (1)  提出会社
         相手先            契約の名称               契約の内容               契約期間

                               NTTドコモの携帯電話向けに
                 iモード情報サービス提供
                               情報サービスを提供するための
                 者契約書
                               基本契約
                                               平成12年7月17日から
                               当社がNTTドコモの携帯電話
     株式会社NTTドコモ                                          平成13年3月31日まで
                               向けに提供する情報サービスの
                 iモードサービスに関する
                                               (自動継続)
                               利用料を、NTTドコモが当社
                 料金収納代行回収契約書
                               に代わって利用者より回収する
                               ための契約
                               ソフトバンクモバイルの携帯電
                 コンテンツ提供に関する基
                               話向けに情報サービスを提供す
                 本契約書
                               るための基本契約
                                               平成13年9月1日から
     ソフトバンクモバイル
                               当社がソフトバンクモバイルの
                                               平成14年3月31日まで
     株式会社
                               携帯電話向けに提供する情報
                                               (自動継続)
                 債権譲渡契約書              サービスの利用料をソフトバン
                               クモバイルが当社に代わって利
                               用者より回収するための契約
                                               平成13年11月1日から
                               KDDIグループ各社の提供す
                 コンテンツ提供に関する契
     KDDI株式会社                          る携帯電話向けに情報サービス                平成14年10月31日まで
                 約書
                               を提供するための基本契約
                                               (自動継続)
                               当社がKDDIグループ各社の
                                               平成13年11月1日から
                               携帯電話向けに提供する情報
     KDDI株式会社及び            情報料回収代行サービスに
                               サービスの利用料を、KDDI                平成14年10月31日まで
     そのグループ会社1社            関する契約書
                               グループ各社が当社に代わって
                                               (自動継続)
                               利用者より回収するための契約
                 Apple   Developer     Program
                                               1年間
                               iOS搭載端末向けアプリケーショ
     Apple   Inc.
                 License    Agreement          ンの配信及び販売に関する契約
                                               (1年毎の自動更新)
                               Android搭載端末向けアプリケー
                 マーケットデベロッパー販                               契約期間は定められ
     Google    Inc.
                               ションの配信及び販売に関する
                 売/配布契約書                              ておりません。
                               契約
      (注)   1   (自動継続)の表記がある契約については、当初の契約期間が満了している契約についても自動延長・更新規
          定が1年毎に適用されているため、契約の効力が存続しております。
        2   対価として一定料率のロイヤリティを支払っております。
      (2)  連結子会社

        該当事項はありません。
     5  【研究開発活動】

       当社グループは高度情報化社会において、従来は存在しえなかった革新的なサービスを提供する事を目的として、
      研究開発活動を行っております。これらの活動を促進するため、当連結会計年度において、研究開発部門を新設しま
      した。
       当連結会計年度においては、主として今後市場の拡大が見込まれる動画配信、画像解析及び人工知能等の分野につ
      いても研究開発を進め、将来の収益化のためのノウハウを蓄積しております。
       当連結会計年度において発生した研究開発費は、38,124千円となっております。この研究開発費は、主として配属
      された研究開発要員の人件費によるものです。なお、当社グループは、当該費用を全額期間費用として処理しており
      ます。
       また、この他にも通常の営業活動の一環として、製品及びサービスの開発に必要なノウハウを社内に蓄積し、新規
      事業開発体制の強化を進めております。
                                 21/92




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     第3 【設備の状況】

     1 【設備投資等の概要】

       当連結会計年度における有形固定資産・無形固定資産を併せた設備投資の総額は13,883千円であり、セグメントご
      との設備投資は、次の通りです。
      (1)  法人事業

        当連結会計年度は、開発用ハードウェアを中心とする9,995千円の投資を実施しました。
        なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
      (2)  コンシューマー事業

        当連結会計年度は、開発用ハードウェアを中心とする383千円の投資を実施しました。
        なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
      (3)  全社(共通)

        当連結会計年度は、事務用ハードウェアを中心とする総額3,504千円の投資を実施しました。
        なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
                                 22/92














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     2 【主要な設備の状況】
      (1) 提出会社
                                               平成30年7月31日現在
                                        帳簿価額(千円)
      事業所名       セグメントの                                         従業員数
                         設備の内容
      (所在地)         名称                                        (名)
                                  建物及び     工具、器具      ソフト
                                                  合計
                                  構築物     及び備品      ウェア
     本社                                                    53
            法人事業          開発及び業務運営用設備                ―     ―     ―     ―
                                                         (―)
     (東京都港区)
     本社                                                    20
            コンシューマー事業          開発及び業務運営用設備                ―     ―     ―     ―
                                                         ( 0)
     (東京都港区)
     本社                                                    11
                     統括業務施設及び研究開発設
            全社(共通)                         ―     ―     ―     ―
                                                         ( 1)
                     備
     (東京都港区)
      (注)   1   本社事務所は全て賃借しており、当期の賃借料は、47,981千円です。
        2   金額には、消費税等は含まれておりません。
        3   従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。
        4 当社の固定資産については全額減損処理を実施しております。
      (2) 国内子会社

                                               平成30年7月31日現在
                                        帳簿価額(千円)
               事業所名     セグメントの                                  従業員数
        会社名                   設備の内容
               (所在地)       名称                                 (名)
                                  建物及び     工具、器具      ソフト
                                                  合計
                                  構築物     及び備品      ウェア
                    法人事業及
     スタートメディア         本社            開発及び
                    び  コ  ン                                 ―
                                     ―     ―     ―     ―
                    シューマー                                    (―)
     ジャパン株式会社         (東京都港区)            業務運営用設備
                    事業
              本社            開発及び
     株式会社デリバリー                                                    71
                    法人事業               9,154     6,664     2,732     18,550
     コンサルティング                                                    (―)
              (東京都港区)            業務運営用設備
      (注)   1   金額には、消費税等は含まれておりません。
        2   従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。
      (3)  在外子会社

                                               平成30年7月31日現在
                                        帳簿価額(千円)
               事業所名     セグメントの                                  従業員数
        会社名                   設備の内容
               (所在地)       名称                                 (名)
                                  建物及び     工具、器具      ソフト
                                                  合計
                                  構築物     及び備品      ウェア
              本社
     DELIVERY    VIETNAM
                          開発及び
                                                         11
              (Ho  Chi  Minh   法人事業                 ―     ―     ―     ―
     CO.,  LTD.                                                 (―)
                          業務運営用設備
              Vietnam)
     DELIVERY
              本社
                          開発及び
                                                         12
     INTERNATIONAL      THAI
              (Chonburi      法人事業                37     451      ―    489
                                                         (―)
                          業務運営用設備
     CO.,  LTD.
              Thailand)
      (注)   1   金額には、消費税等は含まれておりません。
        2   従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。
     3 【設備の新設、除却等の計画】

      (1) 重要な設備の新設等
        該当事項はありません。
      (2) 重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                 23/92




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     30,000,000

                  計                                   30,000,000

       ② 【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所

        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成30年7月31日)          (平成30年10月24日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
       普通株式           9,766,800          9,766,800               単元株式数100株
                                    (マザーズ)
         計          9,766,800          9,766,800          ―            ―
      (注)   提出日現在発行数には、平成30年10月1日からこの有価証券報告書提出日までの新予約権の行使により発行され
        た株式数は、含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
                            平成28年3月16日決議

                 (付与対象者の区分及び人数:当社取締役3名、当社従業員10名)
                                事業年度末現在               提出日の前月末現在
                               (平成30年7月31日)                (平成30年9月30日)
                                1,000   (注)1             1,000   (注)1
     新株予約権の数(個)
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び
                             普通株式     100,000    (注)1        普通株式     100,000    (注)1 
     数(株)
                                 442  (注)2              442  (注)2
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                            平成28年11月1日~                平成28年11月1日~
     新株予約権の行使期間
                            平成34年10月31日         (注)3       平成34年10月31日         (注)3
                            発行価格  442(注)5                発行価格  442(注)5
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
     株式の発行価格及び資本組入額(円)
                            資本組入額 221(注)5                資本組入額 221(注)5
     新株予約権の行使の条件                             (注)4                (注)4
                             新株予約権を譲渡するとき                新株予約権を譲渡するとき
     新株予約権の譲渡に関する事項                       は、当社取締役会の決議による                は、当社取締役会の決議による
                            承認を要するものとする。                承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                  (注)7                (注)7
     関する事項
                                 24/92






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
      (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株です。
          ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
          整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
           調整後付与株式数        = 調整前付与株式数        × 分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
          により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                               1
           調整後払込金額       = 調整前払込金額       ×
                            分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の
          算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                   新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                           既発行株式数      +
                                          1株当たり時価
          調整後払込金額       = 調整前払込金額       ×
                                 既発行株式数+新株発行(処分)株式数
        3.新株予約権の行使期間
          本新株予約権を行使することができる期間(以下、「行使期間」という。)は、平成28年11月1日から平成34
          年10月31日(但し、平成34年10月31日が銀行営業日でない場合にはその前銀行営業日)までとする。
        4.新株予約権の行使の条件
         (1)  新株予約権者は、有価証券報告書における当社連結損益計算書に記載される平成28年7月期の経常利益が
           4.8億円を超過した場合、又は平成28年7月期から平成32年7月期までのいずれか連続する2期の経常利
           益合計額が5億円を超過した場合に本新株予約権を行使することができる。なお、国際財務報告基準の適
           用等により参照すべき経常利益の概念に重要な変更があった場合には、別途参照すべき指標を取締役会で
           定めるものとする。
         (2)  新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時においても、当社又は当社関係会社(財務諸表等の用語、様
           式及び作成方法に関する規則において規定される関係会社をいう。)の取締役、監査役若しくは使用人で
           あることを要する。但し、任期満了による退任及び定年退職、その他正当な理由のある場合は、この限り
           ではない。
         (3)  新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
         (4)  本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとな
           るときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
         (5)  各本新株予約権の1個未満の行使を行うことはできない。
        5.増加する資本金及び資本準備金に関する事項
         (1)  本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第                                             17  条第
           1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じた
           ときは、その端数を切り上げるものとする。
         (2)  本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記(1)記載の資本
           金等増加限度額から、上記(1)に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
        6.新株予約権の取得に関する事項
         (1)  当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約若しくは分割計画、
           又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承
           認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来を
           もって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
         (2)  新株予約権者が権利行使をする前に、上記4に定める規定により本新株予約権の行使ができなくなった場
           合は、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
                                 25/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
        7.組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
          当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
          上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株予
          約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第                        236  条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以
          下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。但し、
          以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契
          約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
           組織再編行為の効力発生の時点において、新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ
           交付する。
         (2)  新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         (3)  新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件を勘案の上、上記1に準じて決定する。
         (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上、上
           記2で定められる払込金額を調整して得られる再編後払込金額に、上記(3)に従って決定される当該新株
           予約権の目的となる再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
         (5)  新株予約権を行使することができる期間
           上記3に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上記3に定める
           行使期間の末日までとする。
         (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           上記5に準じて決定する。
         (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         (8)  その他新株予約権の行使の条件
           上記4に準じて決定する。
         (9)  新株予約権の取得事由及び条件
           上記6に準じて決定する。
         (10)その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
       ②  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
       ③  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
                                 26/92







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                   (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成25年8月1日~
     平成26年1月31日                453     97,668       8,305      823,267        8,304      956,507
     (注)1
     平成26年2月1日
                  9,669,132       9,766,800           ―    823,267          ―    956,507
     (注)2
      (注)   1   平成25年8月1日~平成26年1月31日                    第3回新株予約権の権利行使による増加
             増加株式数               189株
             発行価額            36,667円
             資本組入額          18,334円
          平成25年8月1日~平成26年1月31日                    第4回新株予約権の権利行使による増加
             増加株式数               264株
             発行価額            36,667円
             資本組入額          18,334円
        2 普通株式1株につき普通株式100株の割合で株式分割を行ったことによる増加
      (5)  【所有者別状況】

                                               平成30年7月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満株
                                                     式の状況
       区分                            外国法人等
           政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                      取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
     株  主  数
               ―     2     33     36     17     14    6,966     7,068       ―
     (人)
     所有株式
               ―   1,256     6,326     1,365     2,769       73   85,733     97,522     14,600
     数(単元)
     所有株式
     数の割合          ―    1.29     6.48     1.40     2.84     0.07     87.92     100.00        ―
     (%)
      (注) 自己株式23,300株は、「個人その他」に233単元を含めて記載しております。
                                 27/92










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                               平成30年7月31日現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を
                                            所有株式数        除く。)の
          氏名又は名称                     住所
                                              (株)      総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
     西   尾   直   紀                                  3,478,400          35.70
                     東京都港区
     根   津   康   洋                                   728,100         7.47

                     東京都港区
     CHASE   MANHATTAN     BANK
                     5TH  FLOOR,    TRINITY    TOWER   9,  THOMAS    MORE
     GTS  CLIENTS    ACCOUNT    ESCROW
                     STREET    LONDON,    E1W  1YT,   UNITED    KINGDOM         128,263         1.32
     (常任代理人       株式会社みずほ銀
                     (東京都港区港南二丁目15番1号)
     行決済営業部)
                                              123,700         1.27
     松井証券株式会社                東京都千代田区麹町一丁目4番地
                                              101,500         1.04

     鈴 木 智 博                石川県金沢市
                                               96,500         0.99

     江 口 郁 子                東京都品川区
                                               94,313         0.97

     株式会社SBI証券                東京都港区六本木一丁目6番1号
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号                         80,100         0.82
     銀行株式会社(信託口)
                                               76,000         0.78
     大和証券株式会社                東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
                                               60,000         0.62

     松 井 勝 彦                長野県小諸市
                                             4,966,876          50.98

            計                    ―
      (注)   平成29年9月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、アリアンツ・グローバ
        ル・インベスターズ・アジア・パシフィック・リミテッドが平成29年9月15日現在で以下の株式を所有している
        旨が記載されているものの、当社として平成30年7月31日時点における実質所有株式数の確認ができませんの
        で、上記大株主の状況には含めておりません。
        なお、大量保有報告書の内容は以下のとおりであります。
                                          保有株券等の数        株券等保有割合
            氏名又は名称                  住所
                                             (株)        (%)
         アリアンツ・グローバ
         ル・インベスターズ・ア            香港、セントラル、ガーデンロード3、
                                              444,300          4.55
         ジア・パシフィック・リ            ICBCタワー27階
         ミテッド
                                 28/92









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                               平成30年7月31日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式               ―              ―
                           23,300
                     普通株式                   株主としての権利内容に制限のない
     完全議決権株式(その他)                               97,289
                         9,728,900               標準となる株式
                     普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                           14,600
     発行済株式総数                    9,766,800          ―              ―
     総株主の議決権                    ―           97,289             ―

       ② 【自己株式等】

                                               平成30年7月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名
                                                    総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                    所有株式数
         又は名称
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都港区南麻布三丁目
     (自己保有株式)
                                  23,300         ―    23,300        0.24
     株式会社メディアシーク
                  20番1号
           計              ―          23,300         ―    23,300        0.24
      (注)   上記の他に単元未満株式の買取請求による自己株式19株を所有しております。
                                 29/92











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     2 【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】           会社法第155条第7号による普通株式の取得
      (1) 【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (2) 【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
        なお、当社は、会社法第165条第2項の規定に基づき取締役会の決議をもって自己株式を取得することができる旨
       を定款に定めております。
      (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

            区分                株式数(株)                 価額の総額(千円)

     当事業年度における取得自己株式                                 19                  26

     当期間における取得自己株式数                                  ―                  ―

      (注)   当期間における取得自己株式には、平成30年10月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取によ
        る株式数は含まれておりません。
      (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                  (千円)                  (千円)
     引き受ける者の募集を行った
                              ―         ―         ―         ―
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                              ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他                         ―         ―         ―         ―
     保有自己株式数                      23,319            ―       23,319            ―

      (注)   当期間における保有自己株式には、平成30年10月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取によ
        る株式数は含まれておりません。
                                 30/92








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     3 【配当政策】
        当社では、期末の年1回において、剰余金の配当を行うことを基本方針としておりますが、毎年1月31日を基準
       日として、会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。これらの剰
       余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        当社グループは、経営基盤の強化と積極的な事業展開に備えるために必要な内部留保の確保とあわせ、株主に対
       する利益還元を重要な課題と認識しております。配当については、平成30年7月期の期末配当は見送らせていただ
       きます。また、平成31年7月期の期末配当は見送らせていただく予定です。まずはスマートフォンビジネスにおけ
       る収益基盤を確立し、市場において競争力・影響力のある地位を確保することで企業価値を高めるとともに、株主
       の皆様のご期待にお応えするため、経営成績等を総合的に勘案したうえで、復配についてもできるだけ早期に実現
       したいと考えております。
     4 【株価の推移】

      (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第15期         第16期         第17期         第18期         第19期

       決算年月        平成26年7月         平成27年7月         平成28年7月         平成29年7月         平成30年7月

                  150,000
       最高(円)                      864         760         597        1,456
                  □1,074
                   35,000
       最低(円)                      423         315         352         401
                   □434
      (注)   1 最高・最低株価は、東京証券取引所マザーズ市場におけるものです。
        2 □印は、株式分割(平成26年2月1日、1株→100株)による権利落後の最高・最低株価を示しております。
      (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成30年2月          3月       4月       5月       6月       7月

       最高(円)            982      1,258       1,456       1,355        955       846

       最低(円)            584       787      1,040        878       634       573

      (注)    最高・最低株価は、東京証券取引所マザーズ市場におけるものです。
                                 31/92










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     5 【役員の状況】
     男性7名 女性1名 (役員のうち女性の比率12.5%)
                                                      所有株式数
      役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                               平成3年4月      アンダーセンコンサルティング
                                     入社
                               平成8年9月      アンダーセンコンサルティング
                                     株式会社(現アクセンチュア株
                                     式会社)へ転籍
                               平成12年3月      当社設立
                                     代表取締役社長(現任)
                西   尾   直   紀
     代表取締役       社長           昭和40年11月1日生                            (注)3    3,478,400
                               平成15年7月      スタートメディアジャパン株式
                                     会社    代表取締役社長(現任)
                               平成17年8月      株式会社デリバリー(現株式会
                                     社デリバリーコンサルティン
                                     グ)   取締役(現任)
                               平成27年10月      株式会社Link-U
                                     取締役(現任)
                               平成4年6月      アンダーセンコンサルティング
                                     入社
                               平成10年9月      アンダーセンコンサルティング
                                     株式会社(現アクセンチュア株
                                     式会社)へ転籍
                               平成12年3月      当社設立
                根   津   康   洋                取締役(現任)
      取締役    業務管理部長             昭和42年9月7日生                            (注)3     728,100
                               平成12年9月      当社業務管理部長(現任)
                               平成15年7月      スタートメディアジャパン株式
                                     会社    監査役(現任)
                               平成17年8月      株式会社デリバリー(現株式会
                                     社デリバリーコンサルティン
                                     グ)   監査役
                               平成3年4月      清水建設株式会社入社
                               平成5年8月      横浜市市議会議員選挙対策事務
                                     所勤務
                               平成9年4月      株式会社ユニバーサル・プラン
                                     ニング設立
                                     代表取締役
                               平成12年3月      当社設立
                                     取締役(現任)
                               平成13年9月      当社メディアイノベーション事
          コンシューマー
                江   口   郁   子                業部長
      取締役                 昭和44年1月4日生                            (注)3     96,500
           事業部長
                               平成14年9月      当社事業開発部長
                               平成15年7月      スタートメディアジャパン株式
                                     会社    取締役
                               平成16年1月      スタートメディアジャパン株式
                                     会社    代表取締役(現任)
                               平成24年9月      当社コンシューマー事業部長
                                     (現任)
                               平成29年10月      株式会社デリバリーコンサル
                                     ティング 取締役(現任)
                               平成3年5月      アンダーセンコンサルティング
                                     入社
                               平成9年9月      アンダーセンコンサルティング
                                     株式会社(現アクセンチュア株
                                     式会社)へ転籍
                               平成13年8月      当社入社
                               平成18年10月      当社サービス開発事業部長
                               平成19年10月      当社取締役(現任)
                               平成24年9月      当社法人事業部長(現任)
                上   田   耕   嗣
      取締役    法人事業部長             昭和43年9月8日生                            (注)3      5,000
                               平成25年10月      株式会社デリバリー(現株式会
                                     社デリバリーコンサルティン
                                     グ)   監査役
                               平成27年10月      株式会社デリバリー(現株式会
                                     社デリバリーコンサルティン
                                     グ)   取締役(現任)
                               平成28年10月      スタートメディアジャパン株式
                                     会社    取締役(現任)
                                 32/92


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
                               平成4年4月      第一東京弁護士会登録
                               平成4年4月      成和共同法律事務所入所
                               平成9年8月      Winthrop,    Stimson,    Putnam   &
                                     Roberts法律事務所(現
                                     Pillsbury    Winthrop
                                     Shaw  Pittman法律事務所)勤務
                               平成14年2月      清水国際法律事務所所長
                               平成18年6月      三櫻工業株式会社社外監査役
                                     (現任)
                               平成21年1月      内閣府官民人材交流センター
      取締役          清 水 知 彦      昭和36年1月13日生                            (注)3       ―
                                     法令等遵守担当室長
                               平成23年6月      石川島建材工業株式会社
                                     社外監査役
                               平成26年8月      日本ヘルスケア投資法人
                                     監督役員(現任)
                               平成26年10月      当社取締役(現任)
                               平成29年4月      木村・佐生・奥野法律特許事務
                                     所パートナー(現任)
                               平成29年10月      株式会社デリバリーコンサル
                                     ティング 監査役(現任)
                               昭和44年4月      株式会社日立製作所入社
                                     生産技術研究所
                               平成7年7月      同社新事業推進本部部長
                               平成10年6月      日立アメリカLTD.
                                     上級副社長CTO兼開発本部長
                               平成12年7月      CVC北米プレジデント(日立アメ
     常勤監査役           武   田   健   二 昭和22年3月18日生                            (注)4       ―
                                     リカLTD.出向)
                               平成17年4月      独立行政法人理化学研究所理事
                               平成23年4月      同法人特任顧問
                               平成23年6月      株式会社ソリトンシステムズ
                                     社外取締役
                               平成23年10月      当社常勤監査役(現任)
                               昭和35年5月      警視庁警察官採用
                               昭和55年3月      警部
                               平成4年3月      警視
                               平成12年3月      第三機動捜査隊長
                井   出   孝   夫          平成12年9月      警視正
      監査役                 昭和16年8月31日生                            (注)4      6,000
                               平成12年10月      当社監査役(現任)
                               平成17年5月      株式会社ダイヤモンドダイニン
                                     グ(現株式会社DDホールディン
                                     グス)   社外監査役
                               平成15年10月      株式会社オズ・インターナショ
                                     ナル入社
                               平成18年1月      株式会社Blau入社
                                     EC事業部長
                               平成19年4月      株式会社ドクターシーラボ入社
                                     eコマースグループ グループ
                                     長
      監査役          西 井 敏 恭      昭和50年5月24日生                            (注)5       ―
                               平成26年7月      株式会社Warmth      代表取締役
                               平成26年7月      オイシックス株式会社入社
                                     執行役員チーフマーケティング
                                     テクノロジスト(現任)
                               平成28年2月      株式会社シンクロ設立
                                     代表取締役(現任)
                               平成29年10月      当社監査役(現任)
                             計                          4,314,000
      (注)   1 取締役 清水知彦は、社外取締役です。
        2   監査役     武田健二、井出孝夫、西井敏恭の3名は、社外監査役です。
        3 取締役の任期は、平成30年7月期に係る定時株主総会終結の時から平成32年7月期に係る定時株主総会終結
          の時までです。
        4   監査役の任期は、平成27年7月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年7月期に係る定時株主総会終結
          の時までです。
        5 監査役の任期は、平成29年7月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年7月期に係る定時株主総会終結
          の時までです。
                                 33/92


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ①  企業統治の体制
        a.コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          変化のスピードが極めて速いモバイルインターネット業界においては、正確な情報と的確な状況分析に基づ
         く迅速な経営判断が不可欠です。同時に、経営の透明性確保の観点から経営チェック機能の充実が重要と認識
         しております。当社では、コーポレート・ガバナンス強化のため、コンプライアンス委員会を設置し、経営
         チェック機能の強化に努めておりますが、今後も適切なコーポレート・ガバナンスのあり方を検討してゆく方
         針です。
        b.会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況
          当社は、監査役設置会社であり、会社の機関として株主総会、取締役会及び監査役会を設置しております。









          当社の取締役会は、平成30年7月31日現在、社外取締役1名を含む5名の取締役で構成されております。取
         締役会は原則毎月1回開催しており、経営の基本方針、法令で定められた事項やその他経営に関する重要事項
         を決定するとともに、業務執行状況の監督機能を果たしております。
          また、社長を含む全取締役に社内主要部門の責任者を加えたメンバーで構成される経営会議(必要に応じて子
         会社の取締役やその他関係者を参加させる場合があります)を原則として週1回のペースで開催し、取締役会で
         決定した経営の基本方針に基づき、業務執行に関する重要事項を審議・決定し、あわせて、業務全般にわたる
         監理を行っております。
          監査役については、社外監査役を3名選任しております。監査役会は原則毎月1回開催しており、監査役
         は、取締役会やその他の重要な会議に出席し、業務執行の適法性、健全性を監視しております。社外監査役及
         びその近親者並びにそれらが取締役に就任する会社との人事、資金、技術及び取引等の関係は、必要最低限度
         にとどめております。
          これらに加え、内部統制の徹底と統制活動の管理・統括を目的として、コンプライアンス委員会を設置し、
         原則毎月1回開催しております。コンプライアンス委員会は、内部統制の基本方針に基づきリスクの検証を行
         うとともに定期的に監査を行い、その結果を取締役会に報告しております。また、違法な業務執行に関する通
         報メールを受け取った場合には、必要に応じて独自に調査を行う権限を有しております。
          弁護士には、経営上・法律上の判断が必要な際に随時確認を行い、経営判断に反映させております。必要に
         応じて複数の弁護士と連携し、法令遵守の観点からチェックを行っております。
                                 34/92


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
          これらは、企業経営の客観性、中立性及び透明性を確保するために十分な役割を果たすと考えられるため、
         当社は、このような企業統治の体制を採用しております。
        c.リスク管理体制の整備の状況
          当社のリスク管理体制につきましては、コンプライアンス委員会により、内部統制と一体化した全社的なリ
         スク管理体制を構築、整備しております。
          コンプライアンス委員会は、全社統制、財務統制及びIT統制等に基づきリスクの検証を行うとともに定期的
         に監査を行っております。また、違法な業務執行に関する通報メールを受け取った場合には、必要に応じて独
         自に調査を行う権限を有しております。
          弁護士には、専門的な判断が必要な際に随時アドバイスを受け、必要に応じて複数の弁護士と連携し、法令
         遵守の観点からチェックを行っております。
        d.当社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況
          当社グループの業務適正確保の観点から、当社の関係会社管理規程及び関連するグループ会社の規程等に基
         づく報告のもとその業務遂行状況を把握し、当社のリスク管理体制、コンプライアンス体制をグループ全体に
         適用するものとし、必要なグループ会社への指導、支援を実施しております。
          また、グループ会社を担当する役員又は担当部署を明確にし、必要に応じて適正な指導、管理を行うものと
         しております。
       ②  内部監査及び監査役監査

        a.内部監査の状況
          内部監査は、社内各部門の責任者等で構成されるコンプライアンス委員会により実施されております。コン
         プライアンス委員会は、毎月1回の開催を原則としており、定められた計画に従い当社及び当社の子会社を含
         む各部門に対して定期的に監査を行っております。
          その結果、改善の必要があると認定された事項については、各部門に対して改善命令を発する仕組みとなっ
         ております。
        b.監査役監査の状況
          監査役は、毎月1回の監査役会開催の他、定期的に会計監査人と会合を開き情報交換を行うとともに、コン
         プライアンス委員会とも緊密な連携を保ち、重ねて調査する必要の認められる案件や迅速に対処すべき案件等
         を見極めて、合理的な監査を実施しております。
       ③   社外取締役及び社外監査役

         当社では、その職務にふさわしい経験と知見を有し、当社との間で特別な利害関係がない社外取締役1名及び
        社外監査役3名を選任しております。このうち、社外取締役の清水知彦氏は、弁護士として法律に関する高い専
        門知識と豊富な経験を有しており、当該経験等を活かして当社への経営全般の監視と幅広い視野からの有効な助
        言をいただくことを期待して選任しております。また、社外監査役(常勤)の武田健二氏は、株式会社日立製作所
        及び独立行政法人理化学研究所において要職を歴任のうえ、上場会社において社外取締役を務めた経験を有し、
        高い独立性を備えております。社外取締役及び社外監査役は、必要に応じて、取締役会や週次で開催される社長
        を含む全取締役に社内主要部門の責任者を加えたメンバーで構成される経営会議等にも参加しており、業務執行
        取締役の意思決定及び業務執行の状況を日常的に監視できる体制にあるものと考えております。社外取締役1名
        及び社外監査役3名と当社の間には、特別な利害関係はありません。
         また、当社では、社外取締役又は社外監査役の独立性に関する基準又は方針については、特別定めておりませ
        んが、選任にあたっては、東京証券取引所の定める独立役員に関する基準等を参考に選任しております。なお、
        当社は、社外監査役(常勤)の武田健二氏を、東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に
        届け出ております。
                                 35/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       ④  役員の報酬等
        a.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(千円)

                                                     対象となる
                 報酬等の総額
        役員区分                                            役員の員数
                   (千円)
                                ストック
                                                      (名)
                         基本報酬               賞与      退職慰労金
                                オプション
     取締役
                    43,800       43,800          ―       ―       ―      ▶
     (社外取締役を除く)
     監査役
                       ―       ―       ―       ―       ―      ―
     (社外監査役を除く)
     社外役員               9,600       9,600         ―       ―       ―      5
        b.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        c.使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの
              総額(千円)         対象となる役員の員数(名)                     内容

                 29,999                   3   使用人としての給与です。

        d.役員の報酬等の額の決定に関する方針

          取締役の報酬限度額については、平成12年9月25日開催の第1回定時株主総会により年額200,000千円以内と
         決議されております。また、これに加え平成18年10月27日開催の第7回定時株主総会において、ストックオプ
         ションとしての新株予約権による報酬年額200,000千円以内と決議しております。
          監査役の報酬限度額については、平成12年9月25日開催の第1回定時株主総会により年額50,000千円以内と
         決議されております。また、これに加え平成18年10月27日開催の第7回定時株主総会において、ストックオプ
         ションとしての新株予約権による報酬年額50,000千円以内と決議しております。
       ⑤  株式の保有状況

        a.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          該当事項はありません。
        b.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄、保有区分、株式数、貸借対照表計上額及び保有目
        的
          該当事項はありません。
        c.保有目的が純投資目的である投資株式
                  前事業年度                     当事業年度

                   (千円)                     (千円)
                                                    評価損益
                                                    の合計額
                  貸借対照表        貸借対照表        受取配当金        売却損益
                 計上額の合計額        計上額の合計額         の合計額        の合計額
                                                 含み損益     減損処理額
     非上場株式                21,236        17,806          ―     16,369        ―      ―

     非上場株式以外の株式                36,888        17,806          ―      2,751     17,806        ―

                                 36/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       ⑥  会計監査の状況
        a.業務を執行した公認会計士の氏名及び所属する監査法人名
         本間洋一(太陽有限責任監査法人                 継続関与年数2年)
         島川行正(太陽有限責任監査法人                 継続関与年数1年)
        b.監査業務に係る補助者の構成
         公認会計士       2名
         その他           7名
       ⑦   取締役の定数

         当社の取締役は、10名以内とする旨を定款に定めております。
       ⑧   取締役選任の決議要件

         当社の取締役の選任決議について、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1
        以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、取締役の選任決議については、累積投
        票によらないものとする旨を定款に定めております。
       ⑨   株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

        a.自己株式の取得
          当社は、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって、市場取引等により自己の株式を取
         得することができる旨を定款で定めております。
          これは、自己の株式の取得について、機動的な資本政策の遂行を可能とすることを目的とするものです。
        b.中間配当
          当社は、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議によって、毎年1月31日を基準日として、中
         間配当ができる旨を定款に定めております。
          これは、株主への機動的な利益還元を目的とするものです。
       ⑩   取締役及び監査役の責任免除

         当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項に規定する取締役
        (取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を法令の限度において免除
        することができる旨を定款に定めております。
         また、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役等であるものを除く)及び監査役との間
        に、同法第423条第1項に規定する損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定款に定めてお
        り、社外取締役1名及び社外監査役2名との間で責任限定契約を締結しております。当該契約に基づく賠償責任
        の限度額は、法令が規定する額としております。
         これらは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果た
        しうる環境を整備することを目的とするものです。
       ⑪   株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することのできる株
        主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めてお
        ります。
         これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的
        とするものです。
                                 37/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
      (2) 【監査報酬の内容等】
       ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                     当連結会計年度

         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社               12,500             ―        12,250             ―
       連結子会社                  ―         3,000             ―         3,000

         計             12,500           3,000          12,250           3,000

       ② 【その他重要な報酬の内容】

        前連結会計年度
          該当事項はありません。
        当連結会計年度
          該当事項はありません。
       ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        前連結会計年度
          該当事項はありません。
        当連結会計年度
          該当事項はありません。
       ④ 【監査報酬の決定方針】

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、当社の規模や業種、監査日数等を勘案した上で業務
        管理部門が交渉を行い、監査役会の同意を取得した上で決定することとしております。
                                 38/92











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1   連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
       下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

       務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
       す。
     2   監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年8月1日から平成30年7月31
      日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年8月1日から平成30年7月31日まで)の財務諸表について、太陽有限責
      任監査法人の監査を受けております。
       なお、従来から当社が監査証明を受けている優成監査法人は、平成30年7月2日付で太陽有限責任監査法人と合併
      し、名称を太陽有限責任監査法人に変更しております。
       臨時報告書(平成30年7月2日提出)に記載した事項は次のとおりであります。

      (1)  当該異動に係る監査公認会計士等の氏名又は名称
       ① 存続する監査公認会計士等の概要
        名称                 太陽有限責任監査法人

        所在地                 東京都港区元赤坂一丁目2番7号
       ② 消滅する監査公認会計士等の概要

        名称                 優成監査法人

                         東京都千代田区丸の内一丁目8番1号
        所在地
                         丸の内トラストタワーN館9階
      (2)  当該異動の年月日

       平成30年7月2日
      (3)  消滅する監査公認会計士等の直近における就任年月日

       平成29年10月23日
      (4)  消滅する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等における意見等に関する事項

        該当事項はありません。
      (5)  当該異動の決定又は当該異動に至った理由及び経緯

        当社の会計監査人である優成監査法人(消滅監査法人)が、平成30年7月2日付で、太陽有限責任監査法人と合併
       した事に伴うものであります。
        これに伴いまして、当社の監査証明を行う監査公認会計士等は太陽有限責任監査法人となります。
      (6)  (5)の理由及び経緯に対する監査報告書等の記載事項に係る消滅する監査公認会計士等の意見

        特段の意見はないとの申し出を受けております。
                                 39/92



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     3   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて
       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、適正な連結財務諸表等の作成ができる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加
      入し、会計基準等の新設及び変更に関する情報を収集しております。
                                 40/92



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     1 【連結財務諸表等】
      (1) 【連結財務諸表】
       ① 【連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成29年7月31日)              (平成30年7月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,122,247               967,282
         現金及び預金
                                         282,420              198,647
         売掛金
                                            650             2,390
         商品
                                          3,750              15,564
         仕掛品
                                          5,422              3,500
         その他のたな卸資産
                                            107              125
         繰延税金資産
                                          59,309              98,834
         その他
                                          △ 403             △ 395
         貸倒引当金
                                        1,473,504              1,285,948
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          29,448              29,292
           建物及び構築物
                                         △ 18,183             △ 20,100
             減価償却累計額
                                          11,265               9,191
             建物及び構築物(純額)
                                          2,615              2,615
           車両運搬具
                                         △ 2,615             △ 2,615
             減価償却累計額
             車両運搬具(純額)                                ―              ―
           工具、器具及び備品                               65,508              68,998
                                         △ 60,287             △ 61,882
             減価償却累計額
                                          5,221              7,116
             工具、器具及び備品(純額)
                                          16,486              16,307
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          3,674              2,732
           その他
                                          3,674              2,732
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         882,182              797,519
           投資有価証券
                                          26,884              26,650
           長期滞留債権
                                          93,919              94,804
           その他
                                         △ 26,884             △ 26,650
           貸倒引当金
                                         976,101              892,323
           投資その他の資産合計
                                         996,262              911,363
         固定資産合計
                                        2,469,767              2,197,312
       資産合計
                                 41/92







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年7月31日)              (平成30年7月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         40,862              41,484
         買掛金
                                       ※1  110,000             ※1  30,000
         短期借入金
                                         206,192              201,526
         1年内返済予定の長期借入金
                                           227
         リース債務                                                 ―
                                         12,122               5,972
         未払法人税等
                                         19,579              22,096
         賞与引当金
                                           625
         受注損失引当金                                                 ―
                                          9,098              5,041
         関係会社整理損失引当金
                                         71,392              78,058
         その他
                                         470,100              384,179
         流動負債合計
       固定負債
                                         190,218              199,458
         長期借入金
         繰延税金負債                                 1,868              1,251
                                         27,452              27,724
         資産除去債務
                                         219,539              228,434
         固定負債合計
                                         689,639              612,614
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         823,267              823,267
         資本金
                                         956,773              954,521
         資本剰余金
                                        △ 25,165             △ 113,990
         利益剰余金
                                        △ 39,678             △ 39,704
         自己株式
                                        1,715,197              1,624,093
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 10,432             △ 83,230
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 2,548             △ 3,177
         為替換算調整勘定
                                        △ 12,981             △ 86,408
         その他の包括利益累計額合計
                                           198             3,313
       新株予約権
                                         77,713              43,699
       非支配株主持分
                                        1,780,127              1,584,698
       純資産合計
                                        2,469,767              2,197,312
      負債純資産合計
                                 42/92








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年8月1日              (自 平成29年8月1日
                                 至 平成29年7月31日)               至 平成30年7月31日)
                                        1,527,598              1,502,212
      売上高
                                    ※1 , ※2  1,111,813            ※1  1,229,321
      売上原価
                                         415,785              272,891
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         78,989              87,205
       役員報酬
                                         112,466              126,059
       給料
                                          △ 372               60
       貸倒引当金繰入額
                                           849             2,096
       賞与引当金繰入額
                                         62,728              60,869
       支払手数料
                                         175,390              170,017
       その他
                                       ※1  430,052            ※1  446,309
       販売費及び一般管理費合計
                                        △ 14,267             △ 173,417
      営業損失(△)
      営業外収益
                                         17,944              24,841
       受取利息
                                          7,700              7,543
       受取配当金
                                         147,197               19,120
       投資有価証券売却益
                                          5,111              9,206
       助成金収入
                                          5,199              1,185
       その他
                                         183,154               61,896
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          5,831              5,446
       支払利息
                                         32,958
       投資有価証券売却損                                                   ―
                                         23,763
       投資有価証券評価損                                                   ―
                                          5,207
       持分法による投資損失                                                   ―
                                           564              602
       その他
                                         68,325               6,048
       営業外費用合計
                                         100,560             △ 117,569
      経常利益又は経常損失(△)
      特別利益
                                         ※3  412
       固定資産売却益                                                   ―
                                          7,654
                                                          ―
       その他
                                          8,067
       特別利益合計                                                   ―
      特別損失
                                        ※4  2,493
       固定資産除却損                                                   ―
                                        ※5  1,358            ※5  4,140
       減損損失
                                          9,098              5,041
       関係会社整理損失引当金繰入額
                                                         842
                                            ―
       その他
                                         12,949              10,025
       特別損失合計
      税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損
                                         95,678             △ 127,595
      失(△)
                                         22,060              △ 4,750
      法人税、住民税及び事業税
                                         14,154               △ 634
      法人税等調整額
                                         36,215              △ 5,385
      法人税等合計
                                         59,463             △ 122,209
      当期純利益又は当期純損失(△)
                                          △ 404            △ 33,384
      非支配株主に帰属する当期純損失(△)
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                         59,867             △ 88,825
      帰属する当期純損失(△)
                                 43/92



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年8月1日              (自 平成29年8月1日
                                 至 平成29年7月31日)               至 平成30年7月31日)
                                         59,463             △ 122,209
      当期純利益又は当期純損失(△)
      その他の包括利益
                                         75,424             △ 72,798
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 1,239              △ 782
       為替換算調整勘定
                                       ※1  74,185           ※1  △  73,580
       その他の包括利益合計
                                         133,648             △ 195,790
      包括利益
      (内訳)
                                         134,680             △ 162,014
       親会社株主に係る包括利益
                                         △ 1,032             △ 33,776
       非支配株主に係る包括利益
                                 44/92
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       ③  【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         平成28年8月1日          至  平成29年7月31日)
                                            (単位:千円)
                               株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
                   823,267       956,507       △ 85,032      △ 39,678      1,655,064
     当期首残高
     当期変動額
      親会社株主に帰属す
                                 59,867              59,867
      る当期純利益
      自己株式の取得
      連結子会社株式の売
                            265                      265
      却による持分の増減
      連結子会社株式の取
      得による持分の増減
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                            265      59,867              60,133
     当期変動額合計                ―                      ―
                   823,267       956,773       △ 25,165      △ 39,678      1,715,197
     当期末残高
                     その他の包括利益累計額

                                      新株予約権      非支配株主持分        純資産合計
               その他有価証券評              その他の包括利益
                      為替換算調整勘定
                 価差額金              累計額合計
                  △ 85,856       △ 1,967      △ 87,824         198      77,890      1,645,328
     当期首残高
     当期変動額
      親会社株主に帰属す
                                                       59,867
      る当期純利益
      自己株式の取得                                                   ―
      連結子会社株式の売
                                                        265
      却による持分の増減
      連結子会社株式の取
                                                         ―
      得による持分の増減
      株主資本以外の項目
                   75,424        △ 581      74,842               △ 176      74,666
      の当期変動額(純
      額)
                   75,424        △ 581      74,842               △ 176      134,799
     当期変動額合計                                      ―
                  △ 10,432       △ 2,548      △ 12,981         198      77,713      1,780,127
     当期末残高
                                 45/92









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自         平成29年8月1日          至  平成30年7月31日)
                                            (単位:千円)
                               株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
                   823,267       956,773       △ 25,165      △ 39,678      1,715,197
     当期首残高
     当期変動額
      親会社株主に帰属す
                                 △ 88,825              △ 88,825
      る当期純損失(△)
                                          △ 26      △ 26
      自己株式の取得
      連結子会社株式の売
      却による持分の増減
      連結子会社株式の取
                          △ 2,252                     △ 2,252
      得による持分の増減
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                          △ 2,252      △ 88,825        △ 26     △ 91,103
     当期変動額合計                ―
                   823,267       954,521      △ 113,990       △ 39,704      1,624,093
     当期末残高
                     その他の包括利益累計額

                                      新株予約権      非支配株主持分        純資産合計
               その他有価証券評              その他の包括利益
                      為替換算調整勘定
                 価差額金              累計額合計
                  △ 10,432       △ 2,548      △ 12,981         198      77,713      1,780,127
     当期首残高
     当期変動額
      親会社株主に帰属す
                                                      △ 88,825
      る当期純損失(△)
                                                        △ 26
      自己株式の取得
      連結子会社株式の売
                                                         ―
      却による持分の増減
      連結子会社株式の取
                                                       △ 2,252
      得による持分の増減
      株主資本以外の項目
                  △ 72,798        △ 628     △ 73,427        3,115      △ 34,013      △ 104,326
      の当期変動額(純
      額)
                  △ 72,798        △ 628     △ 73,427        3,115      △ 34,013      △ 195,429
     当期変動額合計
                  △ 83,230       △ 3,177      △ 86,408        3,313       43,699      1,584,698
     当期末残高
                                 46/92









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年8月1日              (自 平成29年8月1日
                                 至 平成29年7月31日)               至 平成30年7月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期
                                         95,678             △ 127,595
       純損失(△)
                                          7,334              9,616
       減価償却費
                                          1,358              4,140
       減損損失
                                          △ 489             △ 241
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          8,778              2,516
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                           625             △ 625
       受注損失引当金の増減額(△は減少)
                                          9,098              5,041
       関係会社整理損失引当金の増減額(△は減少)
                                        △ 25,645             △ 32,384
       受取利息及び受取配当金
                                          5,831              5,446
       支払利息
                                        △ 114,239              △ 19,120
       投資有価証券売却損益(△は益)
                                         △ 7,489               842
       関係会社株式売却損益(△は益)
                                         23,763
       投資有価証券評価損益(△は益)                                                   ―
                                          △ 165
       持分変動損益(△は益)                                                   ―
                                         △ 3,645              △ 430
       為替差損益(△は益)
                                          5,207
       持分法による投資損益(△は益)                                                   ―
                                          △ 412
       固定資産売却損益(△は益)                                                   ―
                                          2,493
       固定資産除却損                                                   ―
                                        △ 20,655              83,958
       売上債権の増減額(△は増加)
                                          1,844             △ 11,668
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         24,955              △ 1,053
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         △ 9,685              4,155
       未払消費税等の増減額(△は減少)
       未払法人税等(外形標準課税)の増減額(△は
                                          3,416             △ 1,525
       減少)
                                         27,974              △ 4,984
       その他の資産の増減額(△は増加)
                                         △ 7,368              4,341
       その他の負債の増減額(△は減少)
                                         28,561             △ 79,567
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  20,258              32,216
                                         △ 6,009             △ 5,254
       利息の支払額
                                        △ 57,248             △ 16,075
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                        △ 14,437             △ 68,680
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 47/92








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年8月1日              (自 平成29年8月1日
                                 至 平成29年7月31日)               至 平成30年7月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 5,152             △ 12,579
       有形固定資産の取得による支出
                                           792
       有形固定資産の売却による収入                                                   ―
                                          △ 240
       有形固定資産の除却による支出                                                   ―
                                         △ 2,464             △ 1,246
       無形固定資産の取得による支出
                                         15,000
       関係会社株式の売却による収入                                                   ―
                                        △ 713,715              △ 4,200
       投資有価証券の取得による支出
                                         604,454               35,147
       投資有価証券の売却による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却によ
                                         ※2  36
                                                          ―
       る収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却によ
                                                    ※2  △  30,125
                                            ―
       る支出
                                                       △ 1,157
       敷金及び保証金の差入による支出                                    ―
                                          2,218
       敷金及び保証金の回収による収入                                                   ―
                                         50,000
       保険積立金の解約による収入                                                   ―
                                                       27,785
                                            ―
       長期貸付金の回収による収入
                                        △ 49,069              13,624
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       長期借入れによる収入                                 240,000              240,000
       長期借入金の返済による支出                                △ 212,138             △ 235,426
                                         110,000
       短期借入れによる収入                                                   ―
                                        △ 45,833             △ 80,000
       短期借入金の返済による支出
                                                        3,115
       新株予約権の発行による収入                                    ―
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の売却
                                          1,164                2
       による収入
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                                       △ 2,254
                                            ―
       による支出
                                                        △ 26
                                            ―
       自己株式の取得による支出
                                         93,193             △ 74,589
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 139             △ 244
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         29,547             △ 129,890
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        1,110,954              1,140,384
      現金及び現金同等物の期首残高
                                          △ 117
      連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額                                                    -
                                      ※1  1,140,384            ※1  1,010,494
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 48/92









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
        1   連結の範囲に関する事項
          すべての子会社を連結しております。
         連結子会社の数         ▶ 社
         連結子会社の名称
          スタートメディアジャパン株式会社
          株式会社デリバリーコンサルティング
          DELIVERY     VIETNAM    CO.,   LTD.
          DELIVERY     INTERNATIONAL       THAI   CO.,   LTD.
          当連結会計年度において、当社グループの保有していたDELIVERY                               THAI   CO.,   LTD.の株式の全てを売却したこ
         とに伴い、DELIVERY          THAI   CO.,   LTD.を連結の範囲から除外しております。
        2 持分法の適用に関する事項

          該当する関連会社は、ありません。
        3   連結子会社の事業年度等に関する事項

          スタートメディアジャパン株式会社及び株式会社デリバリーコンサルティングの決算日は、連結決算日と一
         致しております。
         決算日が連結決算日と異なる場合の内容等
          DELIVERY     VIETNAM    CO.,   LTD.及びDELIVERY         INTERNATIONAL       THAI   CO.,   LTD.の決算日は、6月30日です。連結
         財務諸表の作成に当たっては、決算日現在の財務諸表を使用しております。ただし、連結決算日までの期間に
         発生した重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
        4   会計方針に関する事項

         (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
          ①   有価証券
           a   その他有価証券
            ⅰ   時価のあるもの
             決算期末日の市場価格等に基づく時価法
             (評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平均法により算定)
            ⅱ   時価のないもの
             移動平均法による原価法
          ②   たな卸資産
           a   商品
            移動平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
            定)
           b   仕掛品
            個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
           c   その他のたな卸資産
            個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
                                 49/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
         (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
          ①   有形固定資産(リース資産を除く)
           定率法
            主な耐用年数
             建物及び構築物                 8~15年
             工具、器具及び備品                   5~15年
          ②   無形固定資産(リース資産を除く)
           定額法
            主な耐用年数
             ソフトウェア(自社利用分)                        5年(社内における利用可能期間)
         (3)  重要な引当金の計上基準
          ①   貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の特定
           の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
          ②   賞与引当金
            従業員に対する賞与の支給に備えて、支給見込額の当連結会計年度負担額を計上しております。
          ③   受注損失引当金
            受注契約に係る将来の損失に備えるため、当連結会計年度末における受注契約に係る損失見積額を計上
           しております。
          ④   関係会社整理損失引当金
            関係会社の整理に係る損失に備えるため、損失見積額を計上しております。
         (4)  重要な収益及び費用の計上基準
          ①   受注制作のソフトウェア等の計上基準
            当連結会計年度末までの進捗部分について、成果の確実性が認められるものについては、工事進行基準
           (進捗率の見積りは原価比例法)を、その他のものについては検収基準を適用しております。
         (5)  連結財務諸表の作成の基礎となった連結会社の財務諸表の作成に当たって採用した重要な外貨建の資産又
         は負債の本邦通貨への換算の基準
           外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
          おります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、子会社の決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収
          益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支
          配株主持分に含めております。
         (6)  重要なヘッジ会計の方法
          ①   ヘッジ会計の方法
            特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、特例処理によっております。
          ②   ヘッジ手段とヘッジ対象
           ヘッジ手段…金利スワップ
           ヘッジ対象…借入金
          ③   ヘッジ方針
            借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っており、ヘッジ対象の識別は個別契
           約ごとに行っております。
          ④   ヘッジの有効性評価の方法
            特例処理によっている金利スワップについては、有効性の評価を省略しております。
         (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
           連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預
          金及び取得日から3ヶ月以内に満期日又は償還日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、かつ、
          価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期投資からなっております。
                                 50/92



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
         (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
          ①   消費税等の会計処理
            消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
       (会計方針の変更)

        (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱いの適用)
          「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36
         号 平成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)                              等が公表日以後適用できるようになったこと
         に伴い、公表日以後実務対応報告第36号を適用し、従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与
         する取引については、「ストック・オプション等に関する会計基準」(企業会計基準第8号 平成17年12月27
         日)  等に準拠した会計処理を行うことといたしました。
          ただし、実務対応報告第36号の適用については、実務対応報告第36号第10項(3)に定める経過的な取扱いに
         従っており、実務対応報告第36号の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与
         した取引については、従来採用していた会計処理を継続しております。
       (未適用の会計基準等)

        1.税効果会計に係る会計基準の適用指針等
         ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日改正 企業会計
          基準委員会)
         ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日最終改
          正 企業会計基準委員会)
         (1)  概要
           「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等は、日本公認会計士協会における税効果会計に関する実務指
          針を企業会計基準委員会に移管するに際して、基本的にその内容を踏襲した上で、必要と考えられる以下の
          見直しが行われたものであります。
          (会計処理の見直しを行った主な取扱い)
           ・個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱い
           ・(分類1)に該当する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱い
         (2)  適用予定日
           平成31年7月期の期首から適用します。
         (3)  当該会計基準等の適用による影響
           「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時
          点で評価中であります。
                                 51/92








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
        2.収益認識に関する会計基準等
         ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
         ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準
          委員会)
         (1)  概要
           国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会
          計基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBに
          おいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は
          平成29年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、
          収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
           企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と
          整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れ
          ることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮す
          べき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされておりま
          す。
         (2)  適用予定日
           「収益認識に関する会計基準」等の適用日については、現時点で検討中であります。
         (3)  当該会計基準等の適用による影響
           「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
          であります。
       (表示方法の変更)

        (連結損益計算書)
          前連結会計年度において、「営業外収益」の「その他」に含めて表示しておりました「助成金収入」は、営
         業外収益の総額の100分の10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記しております。この表示方法の変更を
         反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
          この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表示しておりました
         10,311千円は、「助成金収入」5,111千円、「その他」5,199千円として組替えております。
          また、前連結会計年度において、独立掲記しておりました「特別利益」の「関係会社株式売却益」及び「持
         分変動利益」は、特別利益の総額の100分の10以下となったため、当連結会計年度より「その他」に含めて表示
         しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っており
         ます。
          この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「特別利益」の「関係会社株式売却益」に表示して
         おりました7,489千円及び「持分変動利益」に表示しておりました165千円は、「その他」として組替えており
         ます。
       (連結貸借対照表関係)

        㯿ᄀ   当社連結子会社(株式会社デリバリーコンサルティング)においては、運転資金の効率的な調達を行うため
        取引銀行1行と当座貸越契約を締結しております。
          連結会計年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高は次の通りです。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (平成29年7月31日)                  (平成30年7月31日)
         当座貸越極度額                        30,000千円                 30,000千円
         借入実行残高                        30,000千円                 30,000千円
         差引額                          ―千円                 ―千円
                                 52/92




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       (連結損益計算書関係)
        ※1    一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は、次の通りです。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    平成28年8月1日              (自    平成29年8月1日
                            至   平成29年7月31日)               至   平成30年7月31日)
                                 4,194                13,933
         一般管理費                           千円                 千円
                                 4,127                24,191
         当期製造費用                           千円                 千円
                                 8,322                38,124
         合計                           千円                 千円
        ※2    売上原価に含まれている受注損失引当金繰入額は、次の通りです。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自    平成28年8月1日              (自    平成29年8月1日
                            至    平成29年7月31日)               至    平成30年7月31日)
                                  625千円                  ―千円
        ※3    固定資産売却益の内訳は、次の通りです。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    平成28年8月1日              (自    平成29年8月1日
                            至   平成29年7月31日)               至   平成30年7月31日)
         工具、器具及び備品                         412千円                  ―千円
         合計                         412千円                  ―千円
        ※4    固定資産除却損の内訳は、次の通りです。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    平成28年8月1日              (自    平成29年8月1日
                            至   平成29年7月31日)               至   平成30年7月31日)
         建物及び構築物                         112千円                  ―千円
         工具、器具及び備品                         777千円                  ―千円
         ソフトウェア                        1,603千円                   ―千円
         合計                        2,493千円                   ―千円
        ※5    減損損失

          当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
         前連結会計年度(自           平成28年8月1日          至   平成29年7月31日)
          (減損損失を認識した資産)
               場所            用途            種類          減損損失額

                                                   (千円)
              本社等
                      事業用資産及び共用資産             工具、器具及び備品                   1,358
            (東京都港区等)
                           合計                            1,358
          (減損損失の認識に至った経緯)
            営業活動から生じた損益の継続的なマイナスの計上により、事業用資産及び共用資産について減損損失
           を認識しております。
          (資産のグルーピングの方法)
            継続的に収支の把握を行っている管理会計上の事業単位区分に基づき資産のグルーピングを行っており
           ます。また、事業共通で使用する資産については、独立したキャッシュ・フローを生み出さないことから
           共用資産としております。
          (回収可能価額の算定方法)
            当該資産の回収可能価額は使用価値を零として減損損失を測定しております。
         当連結会計年度(自           平成29年8月1日          至   平成30年7月31日)

                                 53/92


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
          (減損損失を認識した資産)
               場所            用途            種類          減損損失額

                                                   (千円)
              本社等
                      事業用資産及び共用資産             工具、器具及び備品                   3,340
            (東京都港区等)
              本社等
                      事業用資産及び共用資産               無形固定資産                   799
            (東京都港区等)
                           合計                            4,140
          (減損損失の認識に至った経緯)
            営業活動から生じた損益の継続的なマイナスの計上により、事業用資産及び共用資産について減損損失
           を認識しております。
          (資産のグルーピングの方法)
            継続的に収支の把握を行っている管理会計上の事業単位区分に基づき資産のグルーピングを行っており
           ます。また、事業共通で使用する資産については、独立したキャッシュ・フローを生み出さないことから
           共用資産としております。
          (回収可能価額の算定方法)
            当該資産の回収可能価額は使用価値を零として減損損失を測定しております。
       (連結包括利益計算書関係)

        ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    平成28年8月1日              (自    平成29年8月1日
                            至   平成29年7月31日)               至   平成30年7月31日)
         その他有価証券評価差額金
          当期発生額                       66,177千円                △70,047千円
                                 9,247千円                △2,751千円
          組替調整額
           税効果調整前
                                75,424千円                △72,798千円
                                   ―千円                 ―千円
           税効果額
           その他有価証券評価差額金                      75,424千円                △72,798千円
         為替換算調整勘定
          当期発生額                      △1,239千円                  △307千円
                                   ―千円               △475千円
          組替調整額
          為替換算調整勘定                         ―千円               △782千円
             その他の包括利益合計                    74,185千円                △73,580千円
                                 54/92








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
        前連結会計年度(自           平成28年8月1日          至   平成29年7月31日)
         1   発行済株式に関する事項
          株式の種類        当連結会計年度期首              増加          減少       当連結会計年度末

        普通株式(株)               9,766,800              ―          ―      9,766,800
         2   自己株式に関する事項

          株式の種類        当連結会計年度期首              増加          減少       当連結会計年度末

        普通株式(株)                23,300             ―          ―        23,300
         3   新株予約権等に関する事項

                                    目的となる株式の数(株)

                                                      当連結会計
                        目的となる
         会社名        内訳                                    年度末残高
                        株式の種類
                              当連結会計                  当連結会計
                                                       (千円)
                                      増加      減少
                               年度期首                  年度末
              ストック・オプ
        提出会社     ションとしての新             ―        ―      ―      ―      ―     198
              株予約権
                  合計                 ―      ―      ―      ―     198
         4   配当に関する事項

         (1)  配当金支払額
           該当事項はありません。
         (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

           該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           平成29年8月1日          至   平成30年7月31日)

         1   発行済株式に関する事項
          株式の種類        当連結会計年度期首              増加          減少       当連結会計年度末

        普通株式(株)               9,766,800              ―          ―      9,766,800
         2   自己株式に関する事項

          株式の種類        当連結会計年度期首              増加          減少       当連結会計年度末

        普通株式(株)                23,300            19           ―        23,319
        (※)    普通株式の自己株式の増加19株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
                                 55/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
         3   新株予約権等に関する事項
                                    目的となる株式の数(株)

                                                      当連結会計
                        目的となる
         会社名        内訳                                    年度末残高
                        株式の種類
                              当連結会計                  当連結会計
                                                       (千円)
                                      増加      減少
                               年度期首                  年度末
              ストック・オプ
        提出会社     ションとしての新             ―        ―      ―      ―      ―     198
              株予約権
              ストック・オプ
        連結子会社      ションとしての新             ―        ―      ―      ―      ―    3,115
              株予約権
                  合計                 ―      ―      ―      ―    3,313
         4   配当に関する事項

          (1)  配当金支払額
            該当事項はありません。
          (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

            該当事項はありません。
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        ※1    現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    平成28年8月1日              (自    平成29年8月1日
                            至   平成29年7月31日)               至   平成30年7月31日)
         現金及び預金勘定                      1,122,247千円                  967,282千円
         流動資産その他に含まれる
                                18,137千円                 43,211千円
         預け金勘定
         現金及び現金同等物                      1,140,384千円                 1,010,494千円
        ※2    株式の売却により連結子会社でなくなった会社の資産及び負債の主な内訳

         前連結会計年度(自           平成28年8月1日          至   平成29年7月31日)
           重要性が乏しいため、記載を省略しております。 
         当連結会計年度(自           平成29年8月1日          至   平成30年7月31日)

           株式の売却等により、DELIVERY               THAI   CO.,   LTD.が連結子会社でなくなったことに伴う売却時の資産及び負
          債の内訳並びに株式の売却価額と売却による支出は次のとおりです。
          資産                  41,553千円

          負債                 △30,145千円
          為替換算調整勘定                   △475千円
          株式の売却損                   △842千円
                           △9,098千円
          関係会社整理損失引当金の取崩額
          株式の売却価額
                             991千円
                           △31,117千円
          現金及び現金同等物
          差引:売却による支出                 △30,125千円
       (リース取引関係)

         重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 56/92



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
        1   金融商品の状況に関する事項
         前連結会計年度(平成29年7月31日)
          (1)  金融商品に対する取組方針
            当社グループは、必要な資金を主に自己資金及び銀行借入によって賄っております。余資の運用につい
           ては、安全性、流動性及び収益性等の各種要素を総合的に考慮した上で、金融商品を選定する方針を採っ
           ております。デリバティブは、主として後述するリスクを回避するために利用しております。
          (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
            営業債権である売掛金は、取引先の信用リスクに晒されております。当該リスクについては、取引先ご
           との期日管理及び残高管理を行うと共に、回収遅延債権については、個別に把握及び対応を行う体制とし
           ております。
            有価証券及び投資有価証券は、余資の運用を目的とする債券、投資信託及び株式並びに政策目的で出資
           した株式が主な内訳になります。これらは、市場価格の変動リスク等に晒されておりますが、定期的に時
           価や発行体の財務状況等を把握する体制としております。
            営業債務である買掛金は、その殆どが1年以内に決済が到来するものです。
            短期借入金及び長期借入金は、当社及び連結子会社が経営安定化のため市中金融機関より運転資金とし
           て借入れたものであり、このうち一部のものについては、金利の変動リスクに晒されておりますが、必要
           に応じてデリバティブ取引(金利スワップ取引)を利用してヘッジしております。ヘッジの有効性の評価方
           法については、金融商品会計基準に基づく金利スワップの特例処理の要件を満たしているため、その判定
           をもって有効性の評価を省略しております。また、当社及び連結子会社において、月次ごとに資金繰計画
           を作成・見直しする等の方法により管理しております。
            ファイナンス・リース取引に係るリース債務は、設備投資に必要な資金の調達を目的としたものです。
         当連結会計年度(平成30年7月31日)

          (1)  金融商品に対する取組方針
            当社グループは、必要な資金を主に自己資金及び銀行借入によって賄っております。余資の運用につい
           ては、安全性、流動性及び収益性等の各種要素を総合的に考慮した上で、金融商品を選定する方針を採っ
           ております。デリバティブは、主として後述するリスクを回避するために利用しております。
          (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
            営業債権である売掛金は、取引先の信用リスクに晒されております。当該リスクについては、取引先ご
           との期日管理及び残高管理を行うと共に、回収遅延債権については、個別に把握及び対応を行う体制とし
           ております。
            有価証券及び投資有価証券は、余資の運用を目的とする債券、投資信託及び株式並びに政策目的で出資
           した株式が主な内訳になります。これらは、市場価格の変動リスク等に晒されておりますが、定期的に時
           価や発行体の財務状況等を把握する体制としております。
            営業債務である買掛金は、その殆どが1年以内に決済が到来するものです。
            短期借入金及び長期借入金は、当社及び連結子会社が経営安定化のため市中金融機関より運転資金とし
           て借入れたものであり、このうち一部のものについては、金利の変動リスクに晒されておりますが、必要
           に応じてデリバティブ取引(金利スワップ取引)を利用してヘッジしております。ヘッジの有効性の評価方
           法については、金融商品会計基準に基づく金利スワップの特例処理の要件を満たしているため、その判定
           をもって有効性の評価を省略しております。また、当社及び連結子会社において、月次ごとに資金繰計画
           を作成・見直しする等の方法により管理しております。
                                 57/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
        2   金融商品の時価等に関する事項
          連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りです。なお、時価を把握することが極
         めて困難と認められるものは、含まれておりません。((注)2参照)
          前連結会計年度(平成29年7月31日)

                          連結貸借対照表計上額               時価           差額

                              (千円)           (千円)           (千円)
         (1)現金及び預金                       1,122,247           1,122,247               ―
         (2)売掛金                        282,420           282,420              ―
         (3)投資有価証券
           その他有価証券
                                 860,941           860,941              ―
                資産計                2,265,609           2,265,609               ―
         (1)買掛金                        40,862           40,862              ―
         (2)短期借入金                        110,000           110,000              ―
         (3)長期借入金(※)                        396,410           396,523             113
         (4)リース債務                          227           227            ―
                負債計                 547,499           547,613             113
         (※)    長期借入金の支払期日が1年以内になったことにより短期借入金に計上されたものについては、上表で
            は長期借入金として表示しております。
          当連結会計年度(平成30年7月31日)

                          連結貸借対照表計上額               時価           差額

                              (千円)           (千円)           (千円)
         (1)現金及び預金                        967,282           967,282              ―
         (2)売掛金                        198,647           198,647              ―
         (3)投資有価証券
           その他有価証券
                                 779,708           779,708              ―
                資産計                1,945,638           1,945,638               ―
         (1)買掛金                        41,484           41,484              ―
         (2)短期借入金                        30,000           30,000              ―
         (3)長期借入金(※)                        400,984           401,008              24
                負債計                 472,468           472,492              24
         (※)    長期借入金の支払期日が1年以内になったことにより短期借入金に計上されたものについては、上表で
            は長期借入金として表示しております。
         (注)   1   金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項

          資産
           (1)現金及び預金並びに(2)売掛金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
            ります。
           (3)投資有価証券
             これらの時価については、原則として取引所の価格又は取引金融機関から提示された価格によってお
            ります。ただし、特別の事情により取引金融機関から提示された価格が実態より著しく高いと認められ
            るものについては、妥当と判断される価格まで時価を切り下げております。
          負債
           (1)買掛金、(2)短期借入金及び(4)リース債務
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
            ります。
           (3)長期借入金
             これらの時価は、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
            現在価値により算定しております。
                                 58/92




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
           2   時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                     (単位:千円)
                   区分             平成29年7月31日               平成30年7月31日
                  非上場株式                       21,240               17,810
             これらについては、市場価額がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから「(3)
            投資有価証券」には含めておりません。
           3   金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

            前連結会計年度(平成29年7月31日)
                                           1年超      5年超

                                    1年以内                   10年超
                                          5年以内      10年以内
                                     (千円)                  (千円)
                                           (千円)      (千円)
             現金及び預金                       1,122,247          ―      ―      ―
             売掛金                        282,420         ―      ―      ―
                       合計             1,404,667          ―      ―      ―
            当連結会計年度(平成30年7月31日)

                                           1年超      5年超

                                    1年以内                   10年超
                                          5年以内      10年以内
                                     (千円)                  (千円)
                                           (千円)      (千円)
             現金及び預金                        967,282         ―      ―      ―
             売掛金                        198,647         ―      ―      ―
                       合計             1,165,929          ―      ―      ―
           4   短期借入金、長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

            前連結会計年度(平成29年7月31日)
                                           1年超      5年超

                                    1年以内                   10年超
                                          5年以内      10年以内
                                     (千円)                  (千円)
                                           (千円)      (千円)
             短期借入金                        110,000         ―      ―      ―
             長期借入金                        206,192      190,218         ―      ―
             リース債務                          227       ―      ―      ―
                       合計              316,419      190,218         ―      ―
            当連結会計年度(平成30年7月31日)

                                           1年超      5年超

                                    1年以内                   10年超
                                          5年以内      10年以内
                                     (千円)                  (千円)
                                           (千円)      (千円)
             短期借入金                         30,000         ―      ―      ―
             長期借入金                        201,526      199,458         ―      ―
                       合計              231,526      199,458         ―      ―
                                 59/92






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
        1   その他有価証券
         前連結会計年度(平成29年7月31日)
                          連結貸借対照表計上額              取得原価            差額

                              (千円)           (千円)           (千円)
         連結貸借対照表計上額が取得原価を
         超えるもの
          ①株式                        36,888              ―         36,888
          ②債券                       106,713            99,075            7,638

          ③その他                          ―           ―           ―

                小計                 143,601            99,075           44,526

         連結貸借対照表計上額が取得原価を
         超えないもの
          ①株式                          ―           ―           ―
          ②債券                       206,725           211,345           △4,620

          ③その他                       510,614           560,953           △50,338

                小計                 717,339           772,299           △54,959

                合計                 860,941           871,374           △10,432

         当連結会計年度(平成30年7月31日)

                          連結貸借対照表計上額              取得原価            差額

                              (千円)           (千円)           (千円)
         連結貸借対照表計上額が取得原価を
         超えるもの
          ①株式                        17,806              ―         17,806
          ②債券                        99,994           99,075             919

          ③その他                          ―           ―           ―

                小計                 117,800            99,075           18,725

         連結貸借対照表計上額が取得原価を
         超えないもの
          ①株式                          ―           ―           ―
          ②債券                       195,735           211,345           △15,610

          ③その他                       466,172           552,518           △86,346

                小計                 661,908           763,864          △101,956

                合計                 779,708           862,939           △83,230

                                 60/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
        2   連結会計年度中に売却したその他有価証券
         前連結会計年度(自           平成28年8月1日          至   平成29年7月31日)
                        売却額            売却益の合計額              売却損の合計額

            区分
                        (千円)              (千円)              (千円)
         株式                   144,016              130,085                49
         その他                   460,438              17,111              32,909

            合計                604,454              147,197              32,958

         当連結会計年度(自           平成29年8月1日          至   平成30年7月31日)

                        売却額            売却益の合計額              売却損の合計額

            区分
                        (千円)              (千円)              (千円)
         株式                    26,747              19,120                ―
         その他                    8,400                ―              ―

            合計                35,147              19,120                ―

        3   減損処理を行った有価証券

         前連結会計年度(自           平成28年8月1日          至   平成29年7月31日)
           その他有価証券について23,763千円の減損処理を行っております。
         当連結会計年度(自           平成29年8月1日          至   平成30年7月31日)

           該当事項はありません。
                                 61/92











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       (デリバティブ取引関係)
        1 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
         (1) 金利関連
          前連結会計年度(平成29年7月31日)
                                           契約額等のうち

         ヘッジ会計        デリバティブ                   契約額等                  時価
                          主なヘッジ対象                   1年超
          の方法       取引の種類等                    (千円)                 (千円)
                                             (千円)
                金利スワップ取引
         金利スワッ
         プの特例処                 長期借入金
                  支払固定・
         理
                                       55,568        22,244         (注)
                  受取変動
         (注)  金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されてい
            るため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
          当連結会計年度(平成30年7月31日)

                                           契約額等のうち

         ヘッジ会計        デリバティブ                   契約額等                  時価
                          主なヘッジ対象                   1年超
          の方法       取引の種類等                    (千円)                 (千円)
                                             (千円)
                金利スワップ取引
         金利スワッ
         プの特例処                 長期借入金
                  支払固定・
         理
                                       22,244           ―       (注)
                  受取変動
         (注)  金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されてい
            るため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
       (退職給付関係)

         該当事項はありません。
                                 62/92












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       (ストック・オプション等関係)
        1   ストック・オプションにかかる資産計上額及び科目名
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

         現金及び預金                              ―千円               3,115千円
        2   ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

         (1) ストック・オプションの内容
          ①   提出会社
                  第9回新株予約権

         決議年月日         平成28年3月16日
                当社取締役               3名
         付与対象者の
                当社従業員               10名
         区分及び人数
         株式の種類
                 普通株式     100,000株
         及び付与数
         付与日         平成28年3月31日
         権利確定条件           (注)2
         対象勤務期間

                     ―
                平成28年11月1日~
         権利行使期間
                平成34年10月31日
         (注)   1   株式数に換算して記載しております。
            2   権利確定条件は以下の通りです。
             (1)  新株予約権者は、有価証券報告書における当社連結損益計算書に記載される平成28年7月期の経
               常利益が     4.8億円を超過した場合、又は平成28年7月期から平成32年7月期までのいずれか連続
               する2期の経常利益合計額が5億円を超過した場合に本新株予約権を行使することができる。な
               お、国際財務報告基準の適用等により参照すべき経常利益の概念に重要な変更があった場合に
               は、別途参照すべき指標を取締役会で定めるものとする。
             (2)  新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時においても、当社又は当社関係会社(財務諸表等の用
               語、様式及び作成方法に関する規則において規定される関係会社をいう。)の取締役、監査役若し
               くは使用人であることを要する。但し、任期満了による退任及び定年退職、その他正当な理由の
               ある場合は、この限りではない。
             (3)  新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
             (4)  本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過する
               こととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
             (5)  各本新株予約権の1個未満の行使を行うことはできない。
          ②   連結子会社(株式会社デリバリーコンサルティング)

                  第5回新株予約権            第6回新株予約権            第7回新株予約権

         決議年月日         平成30年2月2日            平成30年2月2日            平成30年2月2日
         付与対象者の区                   同社取締役     2名            同社関連会社取締役 1名
                同社取締役     1名
         分及び人数                   同社従業員     17名            同社関連会社従業員 2名
         株式の種類及び
                  普通株式12,460株            普通株式2,724株            普通株式40株
         付与数
         付与日         平成30年2月5日            平成30年2月5日            平成30年2月5日
         権利確定条件           (注)2            (注)2            (注)2
                           平成30年2月5日~            平成30年2月5日~
         対象勤務期間
                     ―
                           平成32年2月5日            平成32年2月5日
                平成30年2月5日~            平成32年2月6日~            平成32年2月6日~
         権利行使期間
                平成40年2月4日            平成40年1月5日            平成40年1月5日
                                 63/92



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
         (注)   1   株式数に換算して記載しております。
            2   対象者は、新株予約権の行使時においても当社もしくは当社子会社の取締役又は従業員であること
              を要し、当社もしくは当社子会社の取締役又は従業員の地位を喪失した場合には、未行使の新株予
              約権を行使できないものとする。ただし、取締役会の決議により特に認めた場合には、新株予約権
              の行使が可能であるものとする。
         (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

           当連結会計年度(平成30年7月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
          ションの数については、株式数に換算して記載しております。
          ①   ストック・オプションの数
           a   提出会社
                      第9回新株予約権

         決議年月日             平成28年3月16日
         権利確定前
          前連結会計年度末(株)                 100,000
          付与(株)                    ―
          失効(株)                    ―
          権利確定(株)                    ―
          未確定残(株)                 100,000
         権利確定後
          期首(株)                    ―
          権利確定(株)                    ―
          権利行使(株)                    ―
          失効(株)                    ―
          未行使残(株)                    ―
           b   連結子会社(株式会社デリバリーコンサルティング)

                      第5回新株予約権          第6回新株予約権          第7回新株予約権

         決議年月日
                      平成30年2月2日          平成30年2月2日          平成30年2月2日
         権利確定前
          前連結会計年度末(株)                    ―          ―          ―
          付与(株)                  12,460           2,724            40
          失効(株)                    ―          ―          ―
          権利確定(株)                    ―          ―          ―
          未確定残(株)                  12,460           2,724            40
         権利確定後
          期首(株)                    ―          ―          ―
          権利確定(株)                    ―          ―          ―
          権利行使(株)                    ―          ―          ―
          失効(株)                    ―          ―          ―
          未行使残(株)                    ―          ―          ―
          ②   単価情報

           a   提出会社
                      第9回新株予約権

         決議年月日             平成28年3月16日
         権利行使価格(円)                    442
         行使時平均株価(円)                     ―
         付与日における公正な
                              1
         評価単価(円)
                                 64/92




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
           b   連結子会社(株式会社デリバリーコンサルティング)
                      第5回新株予約権          第6回新株予約権          第7回新株予約権

         決議年月日
                      平成30年2月2日          平成30年2月2日          平成30年2月2日
         権利行使価格(円)
                           10,000          10,000          10,000
         行使時平均株価(円)
                              ―          ―          ―
         付与日における公正な
                             250           ―          ―
         評価単価(円)
        3 当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

         (1)  連結子会社(株式会社デリバリーコンサルティング) 第5回新株予約権
          ① 使用した評価技法  モンテカルロ・シミュレーション
          ② 主な基礎数値及びその見積方法
         株価変動性   (注)1                     63%

         予想残存期間  (注)2                     10年
         予想配当    (注)3                    0円/株
         無リスク利子率 (注)4                   0.011%
         (注)   1   類似上場会社の平均値により算出しております。
            2   算定基準日から権利行使期間満了日までの期間です。
            3 平成29年7月期の配当実績によります。
            4   権利行使期間満期日までの期間に対応した国債の利回りによっております。
         (2)  連結子会社(株式会社デリバリーコンサルティング) 第6回新株予約権及び第7回新株予約権

           株式会社デリバリーコンサルティングは、未公開企業であるため、ストックオプションの公正な評価単価
          を見積る方法に代え、ストックオプションの単位当たりの本源的価値を見積る方法によっております。ま
          た、単位当たりの本源的価値の算定基礎となる自社の株式の評価方法は、ディスカウント・キャッシュ・フ
          ロー法により算定した価格を用いております。
        4   ストック・オプションの権利確定数の見積方法

          基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用し
         ております。
        5 ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的

        価値の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価
        値の合計額
         (1)  当連結会計年度末における本源的価値の合計額                          ―千円
         (2)  当連結会計年度に権利行使されたストック・オプションはありません。
        (追加情報)

          「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36
         号 平成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)の適用日より前に従業員等に対して権利確定条
         件付き有償新株予約権を付与した取引については、実務対応報告第36号第10項(3)に基づいて、従来採用してい
         た会計処理を継続しております。
         1 権利確定条件付き有償新株予約権の概要

           前述の「2       ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況」に同一の内容を記載しているため、
          注記を省略しております。
                                 65/92




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
         2.採用している会計処理の概要
          (権利確定日以前の会計処理)
           (1)  権利確定条件付き有償新株予約権の付与に伴う従業員等からの払込金額を、純資産の部に新株予約権
             として計上する。
           (2)  新株予約権として計上した払込金額は、権利不確定による失効に対応する部分を利益として計上す
             る。
          (権利確定日後の会計処理)

           (3)  権利確定条件付き有償新株予約権が権利行使され、これに対して新株を発行した場合、新株予約権と
             して計上した額のうち、当該権利行使に対応する部分を払込資本に振り替える。
           (4)  権利不行使による失効が生じた場合、新株予約権として計上した額のうち、当該失効に対応する部分
             を利益として計上する。この会計処理は、当該失効が確定した期に行う。
       (税効果会計関係)

        1   繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳
         (流動の部)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (平成29年7月31日)              (平成30年7月31日)
        繰延税金資産
         未払事業税                              2,890千円              1,531千円
         貸倒引当金                              8,584千円              2,831千円
         賞与引当金                              6,937千円              7,780千円
         受注損失引当金                               192千円               ―千円
         関係会社整理損失引当金                              2,807千円              2,186千円
         未払家賃                               169千円               ―千円
         商品評価損                               39千円              38千円
         繰越欠損金                                ―千円             824千円
         評価性引当額                            △12,821千円              △11,550千円
                                      △8,692千円              △3,516千円
         同一会社間での繰延税金負債との相殺額
        繰延税金資産合計                                107千円              125千円
        繰延税金負債
         未収事業税                                ―千円             641千円
         債権債務の相殺消去に伴う貸倒引当金調整額                              8,692千円              2,875千円
                                      △8,692千円              △3,516千円
         同一会社間での繰延税金資産との相殺額
        繰延税金負債合計                                 ―千円              ―千円
         (固定の部)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (平成29年7月31日)              (平成30年7月31日)
        繰延税金資産
         貸倒引当金                             13,422千円               8,160千円
         減価償却費                               523千円             11,660千円
         投資有価証券評価損                               626千円              597千円
         投資有価証券評価差額金                              3,219千円              25,485千円
         減損損失                              1,192千円              1,751千円
         資産除去債務                              8,405千円              8,489千円
         繰越欠損金                             97,440千円              118,954千円
         評価性引当額                            △119,569千円              △175,099千円
                                      △5,261千円                 ―千円
         同一会社間での繰延税金負債との相殺額
        繰延税金資産合計                                 ―千円              ―千円
        繰延税金負債
         資産除去債務に対する除去費用                              1,567千円              1,251千円
         債権債務の相殺消去に伴う貸倒引当金調整額                              5,563千円                ―千円
                                      △5,261千円                 ―千円
         同一会社間での繰延税金資産との相殺額
        繰延税金負債合計                               1,868千円              1,251千円
                                 66/92



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
        2   法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異の主な項目別内訳
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (平成29年7月31日)              (平成30年7月31日)
        法定実効税率
                                       30.9%                 ―
        (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                1.3%                ―
        住民税均等割等                                3.1%                ―
        所得拡大促進税制による特別控除額                               △2.6%                 ―
        関係会社整理損失引当金                                2.9%                ―
        持分法による投資損益                                1.6%                ―
        関係会社株式売却損益の連結修正                               △2.3%                 ―
        未達取引の影響額                                0.1%                ―
        連結子会社の税率差異                                1.1%                ―
        評価性引当額の増減                                5.9%                ―
                                       △4.1%                 ―
        その他
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                               37.9%                 ―
        (注) 当連結会計年度は、税金等調整前当期純損失を計上しているため、記載を省略しております。
       (資産除去債務関係)

        資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
         1   当該資産除去債務の概要

           建物の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等です。
         2   当該資産除去債務の金額の算定方法

           使用見込期間を取得から主に10年と見積り、割引率は1.0~1.4%を使用して資産除去債務の金額を計算し
          ております。
         3   当該資産除去債務の総額の増減

                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    平成28年8月1日              (自    平成29年8月1日
                             至   平成29年7月31日)               至   平成30年7月31日)
         期首残高                        27,183千円                 27,452千円
         時の経過による調整額                          269千円                 272千円
         期末残高                        27,452千円                 27,724千円
                                 67/92









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
         1   報告セグメントの概要
          (1) 報告セグメントの決定方法
            当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締
           役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもので
           す。
            当社グループは、「法人事業」及び「コンシューマー事業」の2つを報告セグメントとしております。
          (2) 各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

            「法人事業」は、システムコンサルティング及びシステム運用支援サービスを行っております。
            「コンシューマー事業」は、携帯電話ほかモバイル機器向け組込み型ソフトウェアの企画・開発及びラ
           イセンス販売を行っております。
            また、携帯電話向け有料コンテンツの配信サービスを行っております。
          (3)  報告セグメントの変更等に関する事項

            当連結会計年度より、研究開発部門を新設しました。これに伴い、セグメント情報については新たに
           「その他」の区分を新設し、研究開発部門の活動はその他に含めております。
         2   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、たな卸資産の評価基準を除き、「連結財務諸表作成
          のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一です。
           たな卸資産の評価については、収益性の低下に基づく簿価切下げ後の価額で評価しております。報告セグ
          メントの利益は、営業利益ベースの数値です。セグメント間の内部売上高及び振替高は市場実勢価格に基づ
          いております。
                                 68/92











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
         3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
          前連結会計年度(自           平成28年8月1日          至   平成29年7月31日)
                                                   (単位:千円)
                     報告セグメント
                                               調整額     連結財務諸
                                                     表計上額
                                   その他       合計
                                               (注)1,
                      コンシュー
                 法人事業              計
                                               2,3      (注)4
                       マー事業
     売上高
      外部顧客への
                 1,154,333       373,265     1,527,598            1,527,598            1,527,598
                                       ―            ―
      売上高
      セグメント間の
                   2,935            2,935            2,935     △ 2,935
      内部売上高又は                     ―            ―                  ―
      振替高
                 1,157,268       373,265     1,530,533            1,530,533       △ 2,935    1,527,598
          計                             ―
     セグメント利益又は損
                  94,205      80,785      174,991            174,991     △ 189,258      △ 14,267
                                       ―
     失(△)
                  506,203       55,812      562,016            562,016     1,907,751      2,469,767
     セグメント資産                                  ―
     その他の項目
                   6,962        46    7,009            7,009       324     7,334
      減価償却費                                 ―
      有形固定資産及び
                   6,549       140     6,689            6,689      1,010      7,699
      無形固定資産の                                 ―
      増加額
      (注)   1   セグメント利益又は損失(△)の調整額は、全社費用です。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一
          般管理費です。
        2   セグメント資産の調整額は、主に提出会社の余資運用資金(現金及び預金)及び管理部門等に係る資産です。
        3   有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、主に本社管理部門に係る資産の増加額です。
        4   セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
          当連結会計年度(自           平成29年8月1日          至   平成30年7月31日)

                                                   (単位:千円)
                     報告セグメント
                                               調整額     連結財務諸
                                   その他
                                                     表計上額
                                          合計
                                               (注)3,
                      コンシュー
                                  (注)1、2
                 法人事業              計
                                               4,5      (注)6
                       マー事業
     売上高
      外部顧客への
                 1,180,154       321,973     1,502,128          84  1,502,212            1,502,212
                                                   ―
      売上高
      セグメント間の
      内部売上高             720       ―     720       ―     720     △ 720       ―
      又は振替高
                 1,180,874       321,973     1,502,848          84  1,502,932        △ 720   1,502,212
          計
     セグメント利益又は損
                  △ 8,170      61,839      53,668     △ 38,040      15,628    △ 189,045     △ 173,417
     失(△)
                  434,389       47,634      482,024       1,396     483,420     1,713,892      2,197,312
     セグメント資産
     その他の項目
                   8,676        74    8,751            8,751       865     9,616
      減価償却費                                 ―
      有形固定資産及び
                   9,995       383    10,379            10,379       3,504      13,883
      無形固定資産の                                 ―
      増加額
      (注)   1   「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主として研究開発部門の新規領
          域での事業活動等になります。
        2 当連結会計年度より、研究開発部門を新設しております。
        3 セグメント利益又は損失(△)の調整額は、全社管理部門の費用です。
        4   セグメント資産の調整額は、主に提出会社の余資運用資金(現金及び預金)及び管理部門等に係る資産です。
        5   有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、主に本社管理部門に係る資産の増加額です。
        6   セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
                                 69/92



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
        【関連情報】
         前連結会計年度(自           平成28年8月1日          至   平成29年7月31日)
          1   製品及びサービスごとの情報
            セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
          2   地域ごとの情報

           (1)  売上高
                                                  (単位:千円)
              日本           東南アジア             その他             合計
                1,313,631             107,892            106,074           1,527,598
          (注)  売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
           (2)  有形固定資産

                                                  (単位:千円)
                日本               東南アジア                  合計
                     14,563                 1,923                16,486
          3   主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:千円)
            顧客の名称又は氏名                   売上高             関連するセグメント名
         株式会社ドクターシーラボ                            256,914     法人事業
         当連結会計年度(自           平成29年8月1日          至   平成30年7月31日)

          1   製品及びサービスごとの情報
            セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
          2   地域ごとの情報

           (1)  売上高
                                                  (単位:千円)
              日本           東南アジア            その他(注)2              合計
                1,259,672             101,879            140,660           1,502,212
          (注)   1 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
            2 アドネットワーク等による広告収入の内、顧客の所在の特定が困難な売上については、その他に分
              類しております。
           (2)  有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
            め、記載を省略しております。
          3   主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:千円)
            顧客の名称又は氏名                   売上高             関連するセグメント名
         株式会社ドクターシーラボ                            272,180     法人事業
         トランスコスモス株式会社                            154,593     法人事業
                                 70/92




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
        【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
         前連結会計年度(自           平成28年8月1日          至   平成29年7月31日)
                                                   (単位:千円)
                      報告セグメント
                                       その他      全社・消去         合計
                      コンシューマー
                法人事業                計
                         事業
                    634        93       728               629      1,358
        減損損失                                   ―
         当連結会計年度(自           平成29年8月1日          至   平成30年7月31日)

                                                   (単位:千円)
                      報告セグメント
                                       その他
                                             全社・消去         合計
                      コンシューマー
                                      (注)1、2
                法人事業                計
                         事業
                   1,203        308      1,512               2,627       4,140
        減損損失                                   ―
         (注)   1   「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主として研究開発部門の
             新規領域での事業活動等になります。
           2 当連結会計年度より、研究開発部門を新設しております。
        【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

          該当事項はありません。
        【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

          該当事項はありません。
                                 71/92












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       【関連当事者情報】
        1   関連当事者との取引
         (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
          ①連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
           前連結会計年度(自           平成28年8月1日          至   平成29年7月31日)
             該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           平成29年8月1日          至   平成30年7月31日)

                             議決権等

                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者             取引金額        期末残高
      種類         所在地    は出資金                     取引の内容           科目
         又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係             (千円)        (千円)
                   (千円)
                             割合(%)
     役員及
     びその
     近親者
         株式会社
     が議決
               長野県
                                      開発業務の委託
     権の過                100  情報通信業         ―   ―            10,627    買掛金     1,296
         プログラ
                                      (注)1
              安曇野市
     半数を
         フィック
     所有し
     ている
     会社等
      (注)   1 価格その他の取引条件は、市場実勢を勘案して当社が希望条件を提示し、交渉の上で決定しております。
        2   上記取引金額には、消費税等を含んでおりませんが、期末残高の内、消費税課税取引に係るものは、消費税
          を含んでおります。
         (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

          ①   連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
           前連結会計年度(自           平成28年8月1日          至   平成29年7月31日)
             該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           平成29年8月1日          至   平成30年7月31日)

             該当事項はありません。
          ②   連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

           前連結会計年度(自           平成28年8月1日          至   平成29年7月31日)
                             議決権等

                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者             取引金額        期末残高
      種類         所在地    は出資金                     取引の内容           科目
         又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係             (千円)        (千円)
                   (千円)
                             割合(%)
                       株式会社デリ
                                      連結子会社の借入
     子会社
                       バリーコンサ
         阪口琢夫       ―      ―          ―   ―   に対する債務保証        167,464     ―      ―
                       ルティング代
     役員
                                      (注)
                       表取締役
      (注)    当該連結子会社は、銀行借入に対して上記の代表取締役より債務保証を受けております。取引金額は、平成29
         年7月31日現在の借入金残高を記載しております。なお、当該債務保証に対し、保証料の支払いは行っており
         ません。
           当連結会計年度(自           平成29年8月1日          至   平成30年7月31日)

                             議決権等

                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者             取引金額        期末残高
      種類         所在地    は出資金                     取引の内容           科目
         又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係             (千円)        (千円)
                   (千円)
                             割合(%)
                       株式会社デリ
                                      連結子会社の借入
     子会社
                       バリーコンサ
         阪口琢夫       ―      ―          ―   ―   に対する債務保証        187,652     ―      ―
                       ルティング代
     役員
                                      (注)
                       表取締役
      (注)    当該連結子会社は、銀行借入に対して上記の代表取締役より債務保証を受けております。取引金額は、平成30
         年7月31日現在の借入金残高を記載しております。なお、当該債務保証に対し、保証料の支払いは行っており
         ません。
        2  親会社又は重要な関連会社に関する注記

                                 72/92

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
          該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                          (自    平成28年8月1日               (自    平成29年8月1日
            項目
                          至   平成29年7月31日)                至   平成30年7月31日)
     1株当たり純資産額                              174.70円                  157.82円
     1株当たり当期純利益
                                    6.14円                 △9.12円
     又は1株当たり当期純損失(△)
                        潜在株式調整後1株当たり当期純                   潜在株式調整後1株当たり当期純
     潜在株式調整後
                       利益については、希薄化効果を有し                  利益については、1株当たり当期純
                       ている潜在株式は存在しないため、                  損失であるため、記載しておりませ
     1株当たり当期純利益金額
                       記載していません。                  ん。
      (注)   1 1株当たり純資産額の算定上の基礎
                                  前連結会計年度             当連結会計年度

                 項目
                                 (平成29年7月31日)             (平成30年7月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                                  1,780,127             1,584,698
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                    77,911             47,012
      (うち新株予約権)                                    (198)            (3,313)
      (うち非支配株主持分)                                  (77,713)             (43,699)
     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                  1,702,216             1,537,685
     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株
                                       9,743,500             9,743,481
     式の数(株)
        2   1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の

          算定上の基礎
                                  前連結会計年度             当連結会計年度

                 項目               (自 平成28年8月1日             (自 平成29年8月1日
                                 至 平成29年7月31日)             至 平成30年7月31日)
     1株当たり当期純利益金額
     又は1株当たり当期純損失金額(△)
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                         59,867            △88,825
      帰属する当期純損失(△)(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     ―             ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                         59,867            △88,825
      又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 9,743,500             9,743,494
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額(千円)                                     ―             ―
      普通株式増加数(株)                                     ―             ―
                                新株予約権1種類
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
     り当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概                                                    ―
                                (新株予約権による潜在株
     要
                                式の数 100,000株)
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 73/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 【連結附属明細表】
         【社債明細表】
           該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                     110,000         30,000         1.48%         ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     206,192         201,526         1.28%         ―

     1年以内に返済予定のリース債務                       227          ―         ―      ―

     長期借入金(1年以内に返済予定
                          190,218         199,458         1.14%    平成31年~平成35年
     のものを除く。)
            合計              506,637         430,984            ―      ―
      (注)   1   「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2   長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定額は以下の通りで
          す。
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
           長期借入金              106,159          50,488          30,793          12,018
         【資産除去債務明細表】

           資産除去債務明細表に記載すべき事項について、連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として
          記載しているため、記載を省略しております。
      (2) 【その他】

        当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度

     売上高(千円)                    366,607          723,106         1,081,709          1,502,212

     税金等調整前四半期(当期)純
                        △33,645          △80,072         △101,136          △127,595
     損失金額(△)(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                        △28,998          △60,030          △68,463          △88,825
     (当期)純損失金額(△)(千円)
     1株当たり四半期(当期)純損
                         △2.98          △6.16          △7.03          △9.12
     失金額(△)(円)
         (会計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純損失金額
                         △2.98          △3.18          △0.87          △2.09
     (△)(円)
                                 74/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     2 【財務諸表等】
      (1) 【財務諸表】
       ① 【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年7月31日)              (平成30年7月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         833,284              691,458
         現金及び預金
                                       ※1  226,522            ※1  135,920
         売掛金
                                            409              387
         商品
                                          2,021              3,278
         仕掛品
                                            922
         その他のたな卸資産                                                  ―
                                          7,921              7,319
         前払費用
                                        ※1  28,461            ※1  61,664
         その他
                                           △ 88             △ 54
         貸倒引当金
                                        1,099,454               899,974
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          8,523              8,523
           建物
                                         △ 8,523             △ 8,523
             減価償却累計額
             建物(純額)                                ―              ―
                                          2,615              2,615
           車両運搬具
                                         △ 2,615             △ 2,615
             減価償却累計額
             車両運搬具(純額)                                ―              ―
           工具、器具及び備品                               39,120              39,831
                                         △ 39,120             △ 39,831
             減価償却累計額
             工具、器具及び備品(純額)                                ―              ―
           有形固定資産合計                                  ―              ―
         投資その他の資産
                                         882,178              797,515
           投資有価証券
                                          46,173              46,173
           関係会社株式
                                            606              519
           長期前払費用
                                          26,650              26,650
           長期滞留債権
                                          51,313              51,313
           保険積立金
                                          24,295              24,295
           敷金及び保証金
                                            20              20
           出資金
                                         △ 26,650             △ 26,650
           貸倒引当金
                                        1,004,586               919,836
           投資その他の資産合計
                                        1,004,586               919,836
         固定資産合計
       資産合計                                 2,104,041              1,819,810
                                 75/92






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成29年7月31日)              (平成30年7月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※1  83,776            ※1  22,947
         買掛金
                                          80,000
         短期借入金                                                  ―
                                         144,716              133,358
         1年内返済予定の長期借入金
                                          12,127              15,632
         未払金
                                          4,514              4,448
         未払費用
                                          9,971              5,792
         未払法人税等
                                          1,157              1,193
         前受金
                                        ※1  4,060            ※1  3,884
         預り金
                                          1,831              3,109
         その他
                                         342,155              190,366
         流動負債合計
       固定負債
                                         114,230              109,974
         長期借入金
         資産除去債務                                 14,421              14,623
                                        ※1  4,462            ※1  4,462
         その他
                                         133,113              129,059
         固定負債合計
                                         475,269              319,425
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         823,267              823,267
         資本金
         資本剰余金
                                         956,507              956,507
           資本準備金
                                         956,507              956,507
           資本剰余金合計
         利益剰余金
           その他利益剰余金
                                        △ 101,090             △ 156,653
             繰越利益剰余金
                                        △ 101,090             △ 156,653
           利益剰余金合計
                                         △ 39,678             △ 39,704
         自己株式
                                        1,639,006              1,583,417
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         △ 10,432             △ 83,230
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 10,432             △ 83,230
         評価・換算差額等合計
                                            198              198
       新株予約権
                                        1,628,772              1,500,384
       純資産合計
                                        2,104,041              1,819,810
      負債純資産合計
                                 76/92







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       ② 【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年8月1日              (自 平成29年8月1日
                                 至 平成29年7月31日)               至 平成30年7月31日)
      売上高
                                         578,124              580,014
       法人事業部売上高
                                         373,144              320,160
       コンシューマー事業部売上高
                                            ―              84
       その他売上高
                                       ※1  951,268            ※1  900,259
       売上高合計
      売上原価
                                         507,400              519,899
       法人事業部売上原価
                                         255,797              225,922
       コンシューマー事業部売上原価
                                                       24,191
                                            ―
       その他売上原価
                                       ※1  763,197            ※1  770,013
       売上原価合計
                                         188,071              130,245
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         47,887              48,236
       役員報酬
                                         68,504              78,356
       給料
                                         43,814              42,043
       支払手数料
                                           324              865
       減価償却費
                                           50              33
       貸倒引当金繰入額
                                           134               79
       貸倒損失
                                         67,606              69,255
       その他
                                       ※1  228,322            ※1  238,869
       販売費及び一般管理費合計
                                        △ 40,250             △ 108,624
      営業損失(△)
      営業外収益
                                           25              23
       受取利息
                                         17,882              24,615
       有価証券利息
                                          7,700              7,542
       受取配当金
                                         147,197               19,120
       投資有価証券売却益
                                        ※1  9,303            ※1  11,655
       その他
                                         182,110               62,958
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          3,872              3,231
       支払利息
       投資有価証券売却損                                  32,958                 ―
                                         23,763
       投資有価証券評価損                                                   ―
                                           22
                                                          ―
       その他
                                         60,616               3,231
       営業外費用合計
                                         81,242             △ 48,897
      経常利益又は経常損失(△)
      特別利益
                                          1,002
       関係会社株式売却益                                                   ―
                                          1,002
       特別利益合計                                                   ―
      特別損失
                                           295
       固定資産除却損                                                   ―
                                          1,358              4,140
       減損損失
                                          1,653              4,140
       特別損失合計
                                         80,591             △ 53,037
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    7,953              2,524
                                          9,446
                                                          ―
      法人税等調整額
                                         17,399               2,524
      法人税等合計
                                         63,191             △ 55,562
      当期純利益又は当期純損失(△)
                                 77/92



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       【売上原価明細書】
        イ   法人事業部売上原価
                             前事業年度                  当事業年度

                          (自    平成28年8月1日               (自    平成29年8月1日
                           至   平成29年7月31日)               至   平成30年7月31日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     Ⅰ   材料費
                                7,776       1.5           9,821       1.9
     Ⅱ   労務費
                               228,824       45.1          237,190       45.5
     Ⅲ   経費
                               39,932       7.9          44,870       8.6
     Ⅳ   外注費
                               230,393                  229,273
                                      45.5                  44.0
        当期総製造費用                             100.0                  100.0
                               506,926                  521,156
                                2,495                  2,021
        期首仕掛品たな卸高
           合計
                               509,422                  523,177
                                2,021                  3,278
        期末仕掛品たな卸高
        当期製品製造原価                      507,400                  519,899
        法人事業部売上原価                      507,400                  519,899
     (原価計算の方法)

       原価計算の方法は、個別法による実際原価計算を採用しております。
                                 78/92












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
        ロ   コンシューマー事業部売上原価
                             前事業年度                  当事業年度

                          (自    平成28年8月1日               (自    平成29年8月1日
                           至   平成29年7月31日)               至   平成30年7月31日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     Ⅰ   材料費
                                6,180       2.4           1,363       0.6
     Ⅱ   労務費                       131,790       51.3           96,032       42.4
     Ⅲ   経費
                               58,439       22.8           51,078       22.5
     Ⅳ   外注費                        60,321                  78,182
                                      23.5                  34.5
        当期総製造費用                      256,732       100.0           226,657       100.0
           合計                   256,732                  226,657
        当期製品製造原価
                               256,732                  226,657
                                 436                  409
        期首商品たな卸高
           合計
                               257,168                  227,066
        期末商品たな卸高                        409                  387
                                 962                  755
        他勘定振替高             ※
        コンシューマー事業部
                               255,797                  225,922
        売上原価
      ※ 他勘定振替高の内容は、次の通りです。
              項目              前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
       その他のたな卸資産                                962                 755
               計                        962                 755
     (原価計算の方法)

       原価計算の方法は、個別法による実際原価計算を採用しております。
        ハ   その他売上原価

                             前事業年度                  当事業年度

                          (自    平成28年8月1日               (自    平成29年8月1日
                           至   平成29年7月31日)               至   平成30年7月31日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     Ⅰ   材料費
                                 ―                    ―      ―
     Ⅱ   労務費
                                  ―               21,473       88.8
     Ⅲ   経費
                                  ―               2,097       8.7
     Ⅳ   外注費                          ―                 620
                                                        2.5
        当期総製造費用                         ―               24,191      100.0
           合計                      ―               24,191
        その他売上原価                         ―               24,191

      ※ その他売上原価は、当事業年度に新たに設立した研究開発部門で発生した費用の内、製造現場で発生した費用に

        なります。
     (原価計算の方法)

       原価計算の方法は、個別法による実際原価計算を採用しております。
                                 79/92


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       ③  【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成28年8月1日          至  平成29年7月31日)
                                            (単位:千円)
                               株主資本
                           資本剰余金              利益剰余金
                 資本金                    その他利益剰余金
                        資本準備金      資本剰余金合計              利益剰余金合計
                                     繰越利益剰余金
                   823,267       956,507       956,507      △ 164,282      △ 164,282
     当期首残高
     当期変動額
                                         63,191       63,191
      当期純利益
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                                         63,191       63,191
     当期変動額合計                ―       ―       ―
     当期末残高             823,267       956,507       956,507      △ 101,090      △ 101,090
                    株主資本             評価・換算差額等

                                             新株予約権       純資産合計

                              その他有価証券評       評価・換算差額等
                 自己株式      株主資本合計
                               価差額金        合計
                  △ 39,678      1,575,814        △ 85,856      △ 85,856         198     1,490,156

     当期首残高
     当期変動額
                          63,191                             63,191
      当期純利益
      自己株式の取得                                                   ―
      株主資本以外の項目
                                 75,424       75,424              75,424
      の当期変動額(純
      額)
                          63,191       75,424       75,424              138,616
     当期変動額合計                -                             ―
                  △ 39,678      1,639,006        △ 10,432      △ 10,432         198     1,628,772
     当期末残高
                                 80/92










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自       平成29年8月1日          至  平成30年7月31日)
                                            (単位:千円)
                               株主資本
                           資本剰余金              利益剰余金
                 資本金                    その他利益剰余金
                        資本準備金      資本剰余金合計              利益剰余金合計
                                     繰越利益剰余金
                   823,267       956,507       956,507      △ 101,090      △ 101,090
     当期首残高
     当期変動額
                                        △ 55,562      △ 55,562
      当期純損失(△)
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                                        △ 55,562      △ 55,562
     当期変動額合計                ―       ―       ―
                   823,267       956,507       956,507      △ 156,653      △ 156,653
     当期末残高
                    株主資本             評価・換算差額等

                                             新株予約権       純資産合計

                              その他有価証券評       評価・換算差額等
                 自己株式      株主資本合計
                               価差額金        合計
                  △ 39,678      1,639,006        △ 10,432      △ 10,432         198     1,628,772

     当期首残高
     当期変動額
                         △ 55,562                            △ 55,562
      当期純損失(△)
                    △ 26      △ 26                            △ 26
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
                                 △ 72,798      △ 72,798              △ 72,798
      の当期変動額(純
      額)
                    △ 26     △ 55,588      △ 72,798      △ 72,798             △ 128,387
     当期変動額合計                                             ―
                  △ 39,704      1,583,417        △ 83,230      △ 83,230         198     1,500,384
     当期末残高
                                 81/92










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
        1 資産の評価基準及び評価方法
         (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
          ①  子会社株式
           移動平均法による原価法
          ②  その他有価証券
           a   時価のあるもの
            決算期末日の市場価格等に基づく時価法
            (評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平均法により算定)
           b   時価のないもの
            移動平均法による原価法
         (2)    たな卸資産の評価基準及び評価方法
          ①  商品
           移動平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          ②  仕掛品
           個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          ③  その他のたな卸資産
           個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
        2   固定資産の減価償却の方法
         (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法
           主な耐用年数
            工具、器具及び備品                 5年
         (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法
           主な耐用年数
            ソフトウェア(自社利用分)                        5年(社内における利用可能期間)
        3   引当金の計上基準
         (1)  貸倒引当金
           債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の特定の
          債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        4   重要な収益及び費用の計上基準
         (1)  受注制作のソフトウェア等の計上基準
           当事業年度末までの進捗部分について、成果の確実性が認められるものについては、工事進行基準(進捗率
          の見積りは原価比例法)を、その他のものについては検収基準を適用しております。
        5   外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
          外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は、損益として処理しており
         ます。
                                 82/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
        6   その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
         (1)  ヘッジ会計の処理
          ① ヘッジ会計の方法
            特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、特例処理によっております。       
          ② ヘッジ手段とヘッジ対象
           ヘッジ手段:金利スワップ
           ヘッジ対象:借入金
          ③ ヘッジ方針
            借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っており、ヘッジ対象の識別は個別契
           約ごとに行っております。
          ④ ヘッジの有効性評価の方法
            特例処理によっている金利スワップについては、有効性の評価を省略しております。
         (2)  消費税等の会計処理
           消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
       (会計方針の変更)

        (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱いの適用)
          「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36
         号 平成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)等が公表日以後適用できるようになったことに
         伴い、公表日以後実務対応報告第36号を適用し、従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与す
         る取引については、「ストック・オプション等に関する会計基準」(企業会計基準第8号 平成17年12月27日)
         等に準拠した会計処理を行うことといたしました。
          ただし、実務対応報告第36号の適用については、実務対応報告第36号第10項(3)に定める経過的な取扱いに
         従っており、実務対応報告第36号の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与
         した取引については、従来採用していた会計処理を継続しております。
       (追加情報)

         「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号 
        平成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き
        有償新株予約権を付与した取引については、実務対応報告第36号第10項(3)に基づいて、従来採用していた会計
        処理を継続しております。
        1 権利確定条件付き有償新株予約権の概要

          「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)                       連結財務諸表 注記事項(ストック・オプション等関係)」
         に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
        2.採用している会計処理の概要

         (権利確定日以前の会計処理)
          (1)  権利確定条件付き有償新株予約権の付与に伴う従業員等からの払込金額を、純資産の部に新株予約権と
            して計上する。
          (2)  新株予約権として計上した払込金額は、権利不確定による失効に対応する部分を利益として計上する。
         (権利確定日後の会計処理)

          (3)  権利確定条件付き有償新株予約権が権利行使され、これに対して新株を発行した場合、新株予約権とし
            て計上した額のうち、当該権利行使に対応する部分を払込資本に振り替える。
          (4)  権利不行使による失効が生じた場合、新株予約権として計上した額のうち、当該失効に対応する部分を
            利益として計上する。この会計処理は、当該失効が確定した期に行う。
                                 83/92



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
        ※1    関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
                               前事業年度                当事業年度

                             (平成29年7月31日)                (平成30年7月31日)
         短期金銭債権                          405千円               1,508千円
         短期金銭債務                        67,804千円                 8,478千円
         長期金銭債務                         4,462千円                4,462千円
       (損益計算書関係)

        ※1    関係会社との取引高
                               前事業年度                当事業年度

                            (自    平成28年8月1日              (自    平成29年8月1日
                             至   平成29年7月31日)              至   平成30年7月31日)
         営業取引による取引高
          売上高                         7,344千円                4,000千円
          売上原価                        230,280千円                227,693千円
         営業取引以外の取引による取引高
          業務受託手数料                         4,500千円                5,164千円
       (有価証券関係)

         子会社株式は、市場価格がなく、時価を把握する事が極めて困難と認められることから、記載しておりませ
        ん。
         なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額は次の通りです。
                               前事業年度                当事業年度

                区分
                             (平成29年7月31日)                (平成30年7月31日)
         子会社株式                            46,173千円                46,173千円
                計                    46,173千円                46,173千円
                                 84/92










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
        1   繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳
         (流動の部)
                                  前事業年度               当事業年度

                                (平成29年7月31日)               (平成30年7月31日)
         繰延税金資産
          未払事業税
                                   2,213千円               1,531千円
          貸倒引当金
                                     27千円               16千円
          商品評価損
                                     39千円               38千円
          評価性引当額
                                  △2,279千円               △1,587千円
         繰延税金資産合計
                                     ―千円               ―千円
         繰延税金負債
         繰延税金負債合計
                                     ―千円               ―千円
         (固定の部)
                                  前事業年度               当事業年度

                                (平成29年7月31日)               (平成30年7月31日)
         繰延税金資産
          貸倒引当金                         8,160千円               8,160千円
          投資有価証券評価損                           597千円               597千円
          関係会社株式評価損                         16,008千円               14,225千円
          投資有価証券評価差額金                         3,219千円              25,485千円
          減損損失                         1,192千円               1,751千円
          資産除去債務                         4,415千円               4,477千円
          繰越欠損金                         87,206千円              104,940千円
          評価性引当額                       △120,799千円               △159,638千円
         繰延税金資産合計
                                     ―千円               ―千円
         繰延税金負債
         繰延税金負債合計
                                     ―千円               ―千円
        2   法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異の主な項目別内訳

                                  前事業年度               当事業年度

                                (平成29年7月31日)               (平成30年7月31日)
        法定実効税率                             30.9%                ―%
         (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                             0.6%                ―%
        住民税均等割額                             2.8%                ―%
        評価性引当額の増減                            △12.3%                 ―%
        所得拡大促進税制による特別控除額                            △0.5%                 ―%
        その他                             0.1%                ―%
        税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                     21.6%                ―%
        (注) 当事業年度は、税引前当期純損失を計上しているため、記載を省略しております。
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 85/92







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                         当期末減価

                                                     差引当期末
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      償却累計額      当期償却額
        資産の種類                                              残高
                   (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     又は償却累       (千円)
                                                      (千円)
                                         計額(千円)
     有形固定資産
      建物              8,523        ―      ―    8,523      8,523        ―      ―

      車両運搬具              2,615        ―      ―    2,615      2,615        ―      ―

                                4,100
      工具、器具及び備品             39,120      4,811           39,831      39,831      1,471        ―
                               (3,340)
                                4,100
       有形固定資産計            50,259      4,811           50,970      50,970      1,471        ―
                               (3,340)
     無形固定資産
      のれん             19,500        ―      ―   19,500      19,500        ―      ―

      商標権               480       ―      ―     480      480       ―      ―

                                 799
      ソフトウェア             10,341       882          10,423      10,423        82      ―
                                (799)
                                 799
       無形固定資産計            30,321       882          30,403      30,403        82      ―
                                (799)
      (注)   1   当期増加額のうち主なものは次の通りです。
                     法人事業部用ハードウェア                                1,805千円
          工具、器具及び備品
                     業務管理部用ハードウェア                                2,622千円
        2   当期減少額のうち主なものは次の通りです。
                     業務管理部用ハードウェア
          工具、器具及び備品                                            759千円
                     (老朽化による除却)
        3   「当期減少額」欄の( )は内数で、当期の減損損失計上額です。
         【引当金明細表】

                                   当期減少額        当期減少額

                   当期首残高        当期増加額                         当期末残高
          区分                         (目的使用)         (その他)
                    (千円)        (千円)                         (千円)
                                    (千円)        (千円)
     貸倒引当金                26,739          33        67         ―      26,705
      (2)  【主な資産及び負債の内容】

        連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3) 【その他】

        該当事項はありません。
                                 86/92






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     第6 【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             8月1日から7月31日まで

     定時株主総会             毎年10月

     基準日             7月31日

     剰余金の配当の基準日             1月31日、7月31日

     1単元の株式数             100株

     単元未満株式の買取り・
     売渡し
                  (特別口座)
     取扱場所             東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                   三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
     株主名簿管理人             ―
     取次所             ―

     買取手数料             無料

                  当会社の公告方法は、電子公告とする。ただし、電子公告によることができない事故
                  その他やむを得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して行う。
     公告掲載方法             なお、電子公告は当会社のホームページに掲載しており、そのアドレスは次の通りで
                  す。
                  http://www.mediaseek.co.jp/ir/pa.html
     株主に対する特典             該当事項はありません。
     株主名簿管理人は上記特別口座取扱場所とは異なり、以下の通りとなります。

                  三菱UFJ信託銀行株式会社
     株主名簿管理人
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                  三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
     同事務取扱場所
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
      (注) 当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を有しておりません。
         会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 87/92









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     第7 【提出会社の参考情報】

     1 【提出会社の親会社等の情報】

       当社には、親会社等はありません。
     2 【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       有価証券報告書              事業年度       自   平成28年8月1日           平成29年10月24日

     (1)
       及びその添付書類              (第18期)       至   平成29年7月31日           関東財務局長に提出
       並びに有価証券
       報告書の確認書
       内部統制報告書及び              事業年度       自   平成28年8月1日           平成29年10月24日

     (2)
       その添付書類              (第18期)       至   平成29年7月31日           関東財務局長に提出
       四半期報告書及び               第19期      自   平成29年8月1日           平成29年12月14日

     (3)
       四半期報告書の確認書              第1四半期       至   平成29年10月31日           関東財務局長に提出
                      第19期      自   平成29年11月1日           平成30年3月15日
                     第2四半期       至   平成30年1月31日           関東財務局長に提出
                      第19期      自   平成30年2月1日           平成30年6月14日
                     第3四半期       至   平成30年4月30日           関東財務局長に提出
       臨時報告書             企業内容等の開示に関する内閣府令第19                     平成29年10月24日

     (4)
                     条第2項第9号の2(株主総会における議
                                          関東財務局長に提出
                     決権行使の結果)に基づく臨時報告書で
                     す。
                     企業内容等の開示に関する内閣府令第19                     平成30年7月2日
                     条第2項第9号の4(会計監査人の異動)
                                          関東財務局長に提出
                     に基づく臨時報告書です。
                                 88/92











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 89/92



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成30年10月19日

     株式会社メディアシーク
      取締役会  御中
                          太陽有限責任監査法人

                          指定有限責任社員

                                           本      間      洋      一
                                    公認会計士                   (印)
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                           島      川      行      正
                                    公認会計士                   (印)
                          業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社メディアシークの平成29年8月1日から平成30年7月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわ
     ち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計
     算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
     式会社メディアシーク及び連結子会社の平成30年7月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の
     経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 90/92





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社メディアシークの平
     成30年7月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社メディアシークが平成30年7月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した
     上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠し
     て、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

     (注)1.      上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

         社)が別途保管しております。
       2.    XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 91/92








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社メディアシーク(E05161)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成30年10月19日

     株式会社メディアシーク
      取締役会  御中
                          太陽有限責任監査法人

                          指定有限責任社員

                                           本      間      洋      一
                                    公認会計士                   (印)
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                           島      川      行      正
                                    公認会計士                   (印)
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社メディアシークの平成29年8月1日から平成30年7月31日までの第19期事業年度の財務諸表、すなわち、
     貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行っ
     た。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
     社メディアシークの平成30年7月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な
     点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

     (注)1.      上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

         社)が別途保管しております。
       2.    XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 92/92




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。