南部富士株式会社 訂正半期報告書 第15期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正半期報告書-第15期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:南部富士株式会社

カテゴリ:訂正半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       南部富士株式会社(E04744)
                                                            訂正半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      半期報告書の訂正報告書

     【提出先】                      東北財務局長

     【提出日】                      平成30年10月19日

                          第15期中(自        平成30年1月1日          至   平成30年6月30日)

     【中間会計期間】
     【会社名】                      南部富士株式会社

     【英訳名】                      ―

                          代表取締役社長            森   澤   良   久

     【代表者の役職氏名】
     【本店の所在の場所】                      岩手県八幡平市大更第47地割34番地2

     【電話番号】                      0195-76-3151

                          取締役        森   澤   倫   典

     【事務連絡者氏名】
     【最寄りの連絡場所】                      岩手県八幡平市大更第47地割34番地2

     【電話番号】                      0195-76-3151

                          取締役        森   澤   倫   典

     【事務連絡者氏名】
     【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。

                                 1/6










                                                           EDINET提出書類
                                                       南部富士株式会社(E04744)
                                                            訂正半期報告書
     1  【半期報告書の訂正報告書の提出理由】
       平成30年9月26日提出の第15期中(自 平成30年1月1日 至 平成30年6月30日)に係る半期報告書の記載事項の
      一部、同半期報告書に添付いたしました「独立監査人の中間監査報告書」の一部に訂正すべき事項がありましたの
      で、半期報告書の訂正報告書を提出するものであります。
       なお、訂正後の中間財務諸表については、シティア公認会計士共同事務所 公認会計士 中村勝典および公認会計
      士 土居明史により中間監査を受けており、その中間監査報告書を添付しております。
     2  【訂正事項】

       第一部 企業情報
        第5 経理の状況
         1 中間財務諸表等
          (1)  中間財務諸表
           注記事項
            (継続企業の前提に関する事項)
       独立監査法人の中間監査報告書

     3  【訂正箇所】

       訂正箇所は、下線で示しております。
                                 2/6













                                                           EDINET提出書類
                                                       南部富士株式会社(E04744)
                                                            訂正半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第5   【経理の状況】

     1 【中間財務諸表等】

      (1) 【中間財務諸表】
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
       (訂正前)
                               (省略)
      なお、平成29年7月に取引先金融機関から事業再生計画に基づいてなされる見直し後の返済計画が承認を得るまでの
     間、借入債務の返済猶予について同意を                   得ている状況です。         現時点で継続企業の前提に関する重要な不確実性が認めら
     れます。
      以上の状況の下、当社においても平成29年7月に取引先金融機関から事業再生計画に基づいてなされる見直し後の返
     済計画が承認を得るまでの間、借入債務の返済猶予                        を受けていることから          、現時点では継続企業の前提に関する重要な
     不確実性が認められます。
                               (省略)
       (訂正後)

                               (省略)
      なお、平成29年7月に取引先金融機関から事業再生計画に基づいてなされる見直し後の返済計画が承認を得るまでの
     間、借入債務の返済猶予について同意を                   受け、また平成30年9月21日付にて取引先金融機関から当該借入債務返済計画
     の見直しについて同意を受けました。                  現時点で継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。
      以上の状況の下、当社においても平成29年7月に取引先金融機関から事業再生計画に基づいてなされる見直し後の返
     済計画が承認を得るまでの間、借入債務の返済猶予                        について同意を受け、また平成30年9月21日付にて取引先金融機関
     から当該借入債務返済計画の見直しについて同意を受けました。これらの状況により                                        、現時点では継続企業の前提に関
     する重要な不確実性が認められます。
                               (省略)
                                 3/6










                                                           EDINET提出書類
                                                       南部富士株式会社(E04744)
                                                            訂正半期報告書
       (訂正前)
                       独立監査人の中間監査報告書
                               (省略)
     強調事項
                               (省略)
      親会社と同様に当社も平成29年7月に取引先金融機関から事業再生計画に基づいてなされる見直し後の返済計画が承
     認を得るまでの間、借入債務の返済猶予                   の同意を受けており         これらの状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じ
     させるような状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。
                               (省略)
       (訂正後)

                       独立監査人の中間監査報告書
                               (省略)
     強調事項
                               (省略)
      親会社と同様に当社も平成29年7月に取引先金融機関から事業再生計画に基づいてなされる見直し後の返済計画が承
     認を得るまでの間、借入債務の返済猶予                   について同意を受け、また平成30年9月21日付にて取引先金融機関から当該借
     入債務返済計画の見直しについて同意を受けており                        これらの状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるよ
     うな状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。
                               (省略)
                                 4/6













                                                           EDINET提出書類
                                                       南部富士株式会社(E04744)
                                                            訂正半期報告書
                       独立監査人の中間監査報告書
                                                    平成30年9月21日
     南部富士株式会社
      取締役会  御中
                                    シティア公認会計士共同事務所
                                    公認会計士          中  村         勝      典      ㊞

                                    シティア公認会計士共同事務所

                                    公認会計士          土  居         明  史         ㊞

      私たちは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている

     南部富士株式会社の平成30年1月1日から平成30年12月31日までの第15期事業年度の中間会計期間(平成30年1月1日か
     ら平成30年6月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算
     書、中間キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作
     成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有
     用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      私たちの責任は、私たちが実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。私たちは、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監
     査の基準は、私たちに中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうよ
     うな重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これに基づき中
     間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手続の
     一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、私たちの判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表
     の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選
     択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、私たちは、リ
     スク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表
     示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者に
     よって行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      私たちは、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      私たちは、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
     て、南部富士株式会社の平成30年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間会計期間(平成30年1月1日
     から平成30年6月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情報を表示しているものと認め
     る。
                                 5/6





                                                           EDINET提出書類
                                                       南部富士株式会社(E04744)
                                                            訂正半期報告書
     強調事項
      継続企業の前提に関する注記に記載のとおり、会社は親会社である株式会社南部富士カントリークラブに依存してお
     り、親会社は、前事業年度は19,853千円の営業赤字を計上した。中間会計期間末時点で当事業年度の経常利益は黒字に
     転換する兆しが見えているが不透明である。しかし平成30年6月30日現在において償還期限が到来している長期預り金
     が802,420千円あり、その償還に伴う財務活動によるキャッシュ・フロー支出をまかなうだけの営業活動によるキャッ
     シュ・フローを獲得していない状況にあり、金融機関融資、スポンサー企業からの出資等、多様な資金調達方法を検討
     しているが、現時点では、いずれも機関決定されておらず、また、その成否も不明の状況である。親会社と同様に当社
     も平成29年7月に取引先金融機関から事業再生計画に基づいてなされる見直し後の返済計画が承認を得るまでの間、借
     入債務の返済猶予について同意を受け、また平成30年9月21日付にて取引先金融機関から当該借入債務返済計画の見直
     しについて同意を受けておりこれらの状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在してお
     り、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確
     実性が認められる理由については当該注記に記載されている。中間財務諸表は継続企業を前提として作成されており、
     このような重要な不確実性の影響は中間財務諸表には反映されていない。
      当該事項は、私たちの意見に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と私たちとの間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      (注)   1   上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(半期報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2   XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 6/6












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。