株式会社ドトール・日レスホールディングス 四半期報告書 第12期第2四半期(平成30年6月1日-平成30年8月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第12期第2四半期(平成30年6月1日-平成30年8月31日)

提出日:

提出者:株式会社ドトール・日レスホールディングス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年10月15日
      【四半期会計期間】                    第12期第2四半期(自 平成30年6月1日 至 平成30年8月31日)
      【会社名】                    株式会社ドトール・日レスホールディングス
      【英訳名】                    DOUTOR・NICHIRES Holdings Co.,                              Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  星野 正則
      【本店の所在の場所】                    東京都渋谷区猿楽町10番11号
      【電話番号】                    03-5459-9178(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役  木高 毅史
      【最寄りの連絡場所】                    東京都渋谷区猿楽町10番11号
      【電話番号】                    03-5459-9178(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役  木高 毅史
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第11期           第12期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第11期
                              累計期間           累計期間
                              自平成29年           自平成30年           自平成29年

                               3月1日            3月1日            3月1日
              会計期間
                              至平成29年           至平成30年           至平成30年
                               8月31日            8月31日            2月28日
                     (百万円)             66,992           66,167           131,182
     売上高
                     (百万円)              6,348           5,881           10,369
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)              4,028           3,749           6,673
     (当期)純利益
                     (百万円)              3,936           3,760           6,745
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             102,677           100,007            96,958
     純資産額
                     (百万円)             129,193           124,646           122,003
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)             84.83           84.87           142.80
     益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益金額
                      (%)             79.4           80.1           79.4
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)              5,549           4,061           10,724
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             △ 2,645          △ 2,594          △ 7,673
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             △ 1,063          △ 1,157          △ 9,964
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)             39,260           30,829           30,524
     (期末)残高
                               第11期           第12期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                             自平成29年           自平成30年

                               6月1日           6月1日
              会計期間
                             至平成29年           至平成30年
                               8月31日           8月31日
                                   41.11           45.79
     1株当たり四半期純利益金額                (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しており
           ません。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について重要な
       変更はありません。
                                  2/21


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、また、前事業年度の有価証券報告書に記載し
       た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (1)業績の状況
       当第2四半期連結累計期間(平成30年3月1日~同年8月31日)におけるわが国経済は、政府・日銀による継続的
      な経済対策や金融政策の効果から雇用情勢の改善をはじめとした緩やかな景気回復基調で推移しましたが、世界的な
      貿易摩擦の影響などもあり、経済動向に変調の兆しも見受けられました。
       また、インバウンドの恩恵を受けてはいるものの、国内における雇用環境の改善が賃金の上昇を伴わず、天候不順
      や自然災害も重なることで、食料品の高騰や生活必需品などの物価上昇の懸念もあることから、個人消費は引き続き
      さえない動きとなっており、依然として先行き不透明な状態が継続し楽観視はできない状況で推移しました。
       外食業界におきましても、原材料価格の上昇や物流コストの上昇、また人手不足を背景とした人件費の上昇なども
      一段と高まるなど、経営環境は一層の厳しさを増しております。さらに、消費者に根付いた低価格志向に変化は見ら
      れず、業界の垣根を超えた企業間競争も激化するなど、お客様の選別は一層厳しくなり、消費の動向は予断を許さな
      い状況が継続しております。
       このような状況のもとで、当社グループは、「外食業界におけるエクセレント・リーディングカンパニー」の地位
      確立を目指し、立地を厳選してグループ全体で49店舗(直営店29店舗、加盟店16店舗、海外4店舗)を新規出店しま
      した。
       既存事業においては、新メニュー開発やブランド価値向上を目指した店舗改装などを積極的に展開したほか、昨年
      来進めている新規業態の新たな出店やブラッシュアップ、また顧客の嗜好にあわせてグループ全体で4店舗の業態変
      更をしました。
       さらに、物流や購買の見直しを図り、業務の効率化を推進するとともに、徹底した管理コストの削減など、事業基
      盤の強化に努めました。
       以上の結果、当第2四半期連結累計期間における業績は、売上高661億67百万円(前年同期比1.2%減)、営業利益
      は58億34百万円(前年同期比7.9%減)、経常利益58億81百万円(前年同期比7.4%減)、親会社株主に帰属する四半
      期純利益37億49百万円(前年同期比6.9%減)となりました。
       各セグメントの概況は次のとおりであります。

      (日本レストランシステムグループ)
       日本レストランシステムグループでは、「星乃珈琲店」をはじめ「洋麺屋五右衛門」「サロン卵と私」「焼肉腰
      塚」「エフアンドエフ」などの多くの業態を引き続き新規出店及び業態変更を行い、お客様のご要望にお応えできる
      よう、店舗網の拡大拡充に努めました。
       また、「星乃珈琲店」では、コーヒーの味にこだわったメニュー替えを実施し従来のメインであった「星乃ブレン
      ド」に加え新たに「彦星ブレンド」「織姫ブレンド」の2種を加えるとともにドリンクセットを充実させ、順調に推
      移しております。
       商品戦略につきましては、引き続き、マーケティング力の強化に努め、既存ブランド、新規ブランドともに商品力
      を高めることでお客様にご満足頂ける商品を提供すると同時に、多ブランド展開における効率化を考慮した商品開発
      を実施し、原価管理を徹底しております。
       以上の結果、       、売上高は増加したものの人員確保やアルバイトの時給増などによる人件費が増加したことにより、
      日本レストランシステムグループにおける売上高は226億92百万円(前年同期比5.8%増)、セグメント利益は23億92
      百万円(前年同期比13.7%減)となりました。
                                  3/21





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
      (ドトールコーヒーグループ)
       ドトールコーヒーグループの小売事業及びフランチャイズ事業においては、ドトールコーヒーショップを中心に、
      昨年来のテーマ「MADE           IN  JAPAN~厳選された国産素材の提供~」に季節性を加えることで、魅力ある商品作りに注力
      いたしました。
       ドトールコーヒーショップでは、春に桜のパリパリチョコミルクレープを発売したほか、国産牛を使用した「ミラ
      ノサンド国産牛グリルビーフ」や沖縄県西表島産黒糖を100%使用した「黒糖ラテ」など、季節に合わせた商品展開を
      実施しております。また、夏の「バリューくじキャンペーン」では、ドトールコーヒーショップおよびエクセルシ
      オール    カフェで同時開催することにより相乗効果を発揮し、お客様に大変ご好評頂きました。
       また、大宮駅東口に「ドトール珈琲農園」の4号店を新規出店、さらに関西エリアでの新たな展開として、日本人
      による日本人のための珈琲「神乃珈琲」を京都・四条高倉に出店するなど、新業態の拡大を図っております。
       卸売事業においては、ドリップコーヒーやコーヒー原料などの販路および取引先の拡大、またコンビニエンス・ス
      トアを中心にチルド飲料など定番商品と新商品の継続的な投入に注力しましたが、西日本豪雨など自然災害の影響に
      より配送が滞ったことなどから              、 チルド飲料を中心に売上が大きく減少いたしました。
       以上の結果、ドトールコーヒーグループにおける売上高は403億96百万円(前年同期比3.9%減)、セグメント利益
      は29億83百万円(前年同期比2.6%減)となりました。
      (その他)

       報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に国内及び海外における外食事業に係る小売及び卸売に関
      する事業となります。
       売上高は30億78百万円(前年同期比12.1%減)、セグメント利益は4億17百万円(前年同期比8.0%減)となりまし
      た。
       (2)財政状態の分析

        当第2四半期連結会計期間末における総資産は、季節的要因による営業拡大に伴う売掛金の増加や、新規出店及び
       店舗改装における固定資産の増加等により1,246億46百万円と前連結会計年度末と比べ26億42百万円の増加となりま
       した。負債は、未払法人税等の減少等により                     246  億39百万円と前連結会計年度末と比べ4億6百万円の減少となりま
       した。純資産は、剰余金の増加等により1,000億7百万円となり前連結会計年度末と比べ30億48百万円の増加となり
       ました。
       (3)キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末と比べ3億4百万円増加
       し、308億29百万円となりました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前四半期純利益が57億88百万円となったことや、売上債権の増
       加等により、40億61百万円の収入(前年同期は55億49百万円の収入)となりました。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動によるキャッシュ・フローは、新規出店や店舗改装等の有形固定資産の取得による支出24億4百万円や敷
       金保証金の差入による支出2億70百万円等により、25億94百万円の支出(前年同期は26億45百万円の支出)となりま
       した。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払額7億6百万円等により11億57百万円の支出(前年同期は10
       億63百万円の支出)となりました。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

        特記事項はありません。
                                  4/21



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          200,000,000

                  計                               200,000,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名又
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          は登録認可金融商品取引               内容
                            (平成30年10月15日)
               (平成30年8月31日)                         業協会名
                                        東京証券取引所
      普通株式             50,609,761             50,609,761                    単元株式数100株
                                        (市場第一部)
         計           50,609,761             50,609,761             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増

                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日       数増減数                              減額
                       数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (株)                             (百万円)
     平成30年6月1日~
                     -   50,609,761            -      1,000         -      1,000
     平成30年8月31日
                                  5/21









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成30年8月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                                           所有株式数
                                                   対する所有株式数
         氏名又は名称                    住所
                                            (千株)
                                                   の割合(%)
                                              6,761          13.36

     大林 豁史               東京都世田谷区
                    東京都世田谷区奥沢6-9-20                         3,732          7.37

     株式会社マダム・ヒロ
     日本マスタートラスト信託銀
                    東京都港区浜松町2-11-3                         1,907          3.77
     行株式会社(信託口)
                                              1,430          2.83

     鳥羽 博道               東京都大田区
                    東京都港区虎ノ門2-2-1                         1,320          2.61

     日本たばこ産業株式会社
     日本トラスティ・サービス信

                    東京都中央区晴海1-8-11                         1,153          2.28
     託銀行株式会社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信

                    東京都中央区晴海1-8-11                         1,009          1.99
     託銀行株式会社(信託口9)
     CREDIT    SUISSE    SECURITIES
                    ELEVEN    MADISON    AVENUE    NEW  YORK   NY
     (USA)   LLC  SPCL.   FOR  EXCL.
                    10010-3629      USA                     845         1.67
     BEN
     (常任代理人 クレディ・ス               (東京都港区六本木1-6-1)
     イス証券株式会社)
                                               833         1.65
     鳥羽 豊               東京都世田谷区
     日本トラスティ・サービス信

                    東京都中央区晴海1-8-11                          667         1.32
     託銀行株式会社(信託口5)
                              -               19,660          38.85

            計
     (注)1.上記信託銀行の所有株式数は、信託業務に係るものであります。
        2.発行済株式総数に対する所有株式数の割合は小数点以下第3位を四捨五入しております。
        3.当社は6,426千株(発行済株式総数に対する所有株式数の割合12.70%)を保有しておりますが、当該自己株式
          には議決権がないため、上記の大株主から除いております。
                                  6/21










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                (平成30年8月31日現在)
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                         ―            ―           ―

      議決権制限株式(自己株式等)                         ―            ―           ―

      議決権制限株式(その他)                         ―            ―           ―

      完全議決権株式(自己株式等)                    普通株式      6,426,700            ―           ―

      完全議決権株式(その他)                    普通株式      44,129,200             441,292          ―

      単元未満株式                    普通株式        53,861          ―           ―

      発行済株式総数                         50,609,761            ―           ―

      総株主の議決権                         ―             441,292          ―

      (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式13株含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                (平成30年8月31日現在)
                                                   発行済株式総数に

     所有者の氏名又は                     自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                 所有者の住所                                  対する所有株式数
     名称                     株式数(株)        株式数(株)         合計(株)
                                                   の割合(%)
     ㈱ドトール・日レス          東京都渋谷区猿楽町

                            6,426,700            ―    6,426,700           12.70
     ホールディングス          10番11号
         計              ―    6,426,700            ―    6,426,700           12.70

      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/21









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年6月1日から平
       成30年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年8月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について         有限責任     あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/21

















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年8月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         30,524              30,829
         現金及び預金
                                         7,680              8,337
         受取手形及び売掛金
                                         1,795              1,862
         商品及び製品
                                           92              91
         仕掛品
                                         2,251              1,718
         原材料及び貯蔵品
                                           944              811
         繰延税金資産
                                         5,716              5,826
         その他
                                          △ 26             △ 18
         貸倒引当金
                                         48,979              49,460
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               22,789              23,382
          機械装置及び運搬具(純額)                               1,137              1,135
                                         17,883              17,885
          土地
          リース資産(純額)                               3,970              3,743
                                         1,529              1,618
          その他(純額)
                                         47,312              47,766
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                 1,282              1,117
         投資その他の資産
                                           707              743
          投資有価証券
                                         1,494              1,376
          繰延税金資産
                                        ※ 20,363              ※ 20,230
          敷金及び保証金
                                         ※ 1,863              ※ 3,952
          その他
                                         24,429              26,302
          投資その他の資産合計
                                         73,024              75,186
         固定資産合計
                                        122,003              124,646
       資産合計
                                  9/21










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年8月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         6,756              6,838
         支払手形及び買掛金
                                           570              470
         短期借入金
                                         2,328              2,187
         未払法人税等
                                         1,296              1,168
         賞与引当金
                                           83              41
         役員賞与引当金
                                           90               -
         株主優待引当金
                                         7,044              7,097
         その他
                                         18,169              17,802
         流動負債合計
       固定負債
                                         1,024               864
         リース債務
                                         2,001              2,024
         退職給付に係る負債
                                         1,528              1,593
         資産除去債務
                                         2,321              2,353
         その他
                                         6,875              6,836
         固定負債合計
                                         25,045              24,639
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         1,000              1,000
         資本金
                                         25,858              25,858
         資本剰余金
                                         81,712              84,755
         利益剰余金
                                        △ 11,854             △ 11,854
         自己株式
                                         96,716              99,759
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           116               92
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 27               -
         繰延ヘッジ損益
                                           114               92
         為替換算調整勘定
                                          △ 82             △ 70
         退職給付に係る調整累計額
                                           121              115
         その他の包括利益累計額合計
                                           119              132
       非支配株主持分
                                         96,958              100,007
       純資産合計
                                        122,003              124,646
      負債純資産合計
                                 10/21









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年8月31日)               至 平成30年8月31日)
      売上高                                   66,992              66,167
                                         27,410              26,210
      売上原価
                                         39,581              39,957
      売上総利益
                                        ※ 33,247              ※ 34,122
      販売費及び一般管理費
                                         6,334              5,834
      営業利益
      営業外収益
                                           16              14
       受取利息
                                            8              8
       受取配当金
                                           33              34
       不動産賃貸料
                                           36              51
       その他
                                           95              107
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                    6              6
                                           19              22
       不動産賃貸費用
                                            0              1
       為替差損
                                           52              27
       持分法による投資損失
                                            2              3
       その他
                                           81              60
       営業外費用合計
                                         6,348              5,881
      経常利益
      特別利益
                                           106               -
       投資有価証券売却益
                                            ▶              ▶
       固定資産売却益
                                           20               -
       退店補償金収入
                                           130               ▶
       特別利益合計
      特別損失
                                           12              14
       固定資産除却損
                                           306               83
       減損損失
                                            1              -
       その他
                                           319               97
       特別損失合計
                                         6,159              5,788
      税金等調整前四半期純利益
                                         2,117              2,020
      法人税等
                                         4,042              3,767
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                           13              17
      に帰属する四半期純損失(△)
                                         4,028              3,749
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/21







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年8月31日)               至 平成30年8月31日)
                                         4,042              3,767
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 101              △ 23
       その他有価証券評価差額金
                                            2              27
       繰延ヘッジ損益
                                          △ 32             △ 22
       為替換算調整勘定
                                           25              12
       退職給付に係る調整額
                                         △ 105              △ 6
       その他の包括利益合計
                                         3,936              3,760
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         3,920              3,743
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           16              17
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/21















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年8月31日)               至 平成30年8月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         6,159              5,788
       税金等調整前四半期純利益
                                         2,080              2,190
       減価償却費
                                           14              14
       のれん償却額
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    65              41
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    1             △ 8
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                    74             △ 127
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 39             △ 42
                                           12              14
       固定資産除却損
       固定資産売却損益(△は益)                                   △ ▶             △ ▶
                                           306               83
       減損損失
       投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 106               -
       持分法による投資損益(△は益)                                    52              27
                                          △ 25             △ 22
       受取利息及び受取配当金
                                            6              6
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                   △ 10              △ 7
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 1,825              △ 657
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 544              464
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  1,026                50
                                           60            △ 1,811
       その他
                                         7,304              5,997
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    11              10
                                           △ 6             △ 6
       利息の支払額
                                        △ 1,759             △ 1,940
       法人税等の支払額
                                         5,549              4,061
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           245               -
       投資有価証券の売却及び償還による収入
                                          △ 19             △ 99
       関係会社株式の取得による支出
                                        △ 2,253             △ 2,404
       有形固定資産の取得による支出
                                            ▶              25
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 227              △ 35
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 602             △ 270
       敷金及び保証金の差入による支出
                                           328              336
       敷金及び保証金の回収による収入
                                         △ 122             △ 145
       その他
                                        △ 2,645             △ 2,594
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 342             △ 345
       リース債務の返済による支出
                                            -            △ 100
       短期借入金の返済による支出
                                           △ 0              -
       自己株式の取得による支出
       配当金の支払額                                  △ 712             △ 706
                                           △ 8             △ 5
       その他
                                        △ 1,063             △ 1,157
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                      ▶             △ 5
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    1,845               304
                                         37,414              30,524
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 39,260              ※ 30,829
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/21




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結貸借対照表関係)
         ※ 直接控除している貸倒引当金
                               前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (平成30年2月28日)                  (平成30年8月31日)
     敷金及び保証金                                 27 百万円                 27 百万円
                                      24                  24
     投資その他の資産「その他」
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年3月1日              (自    平成30年3月1日
                             至     平成29年8月31日)               至     平成30年8月31日)
     給与手当                               11,272   百万円              11,781   百万円
                                     1,217                  1,068
     賞与引当金繰入額
                                      209                  175
     退職給付費用
                                     7,462                  7,721
     賃借料
                                     1,875                  1,972
     減価償却費
                                     1,526                  1,600
     水道光熱費
                                     1,341                  1,373
     支払手数料
                                     2,528                  2,475
     配送費
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年3月1日              (自    平成30年3月1日
                             至   平成29年8月31日)               至   平成30年8月31日)
     現金及び預金勘定                               39,260百万円                  30,829百万円
     現金及び現金同等物                               39,260                  30,829
                                 14/21











                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年3月1日 至 平成29年8月31日)
           配当に関する事項
         (1)配当金支払額
                               1株当たり
                       配当金の総額
          決議       株式の種類                       基準日       効力発生日        配当の原資
                                配当額
                        (百万円)
                                (円)
      平成29年5月25日
                                      平成29年2月28日         平成29年5月26日
                 普通株式          712      15.00                     利益剰余金
       定時株主総会
         (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末
          後となるもの
                               1株当たり
                       配当金の総額
          決議       株式の種類                       基準日       効力発生日        配当の原資
                                配当額
                        (百万円)
                                (円)
      平成29年10月13日
                                      平成29年8月31日         平成29年11月10日
                 普通株式          759      16.00                     利益剰余金
        取締役会
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年3月1日 至 平成30年8月31日)

           配当に関する事項
         (1)配当金支払額
                               1株当たり
                       配当金の総額
          決議       株式の種類                       基準日       効力発生日        配当の原資
                                配当額
                        (百万円)
                                (円)
      平成30年5月24日
                                      平成30年2月28日         平成30年5月25日
                 普通株式          706      16.00                     利益剰余金
       定時株主総会
         (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末
          後となるもの
                               1株当たり
                       配当金の総額
          決議       株式の種類                       基準日       効力発生日        配当の原資
                                配当額
                        (百万円)
                                (円)
      平成30年10月15日
                                      平成30年8月31日         平成30年11月12日
                 普通株式          706      16.00                     利益剰余金
        取締役会
                                 15/21










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
        Ⅰ 報告セグメントの概要
         当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
        の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
         当社を持株会社とする当社グループは、2つの中核事業会社を基礎としたセグメントから構成されており、「日
        本レストランシステムグループ」、「ドトールコーヒーグループ」を主な事業セグメントとしております。
         「日本レストランシステムグループ」は、主に直営店におけるレストランチェーンを経営しており、食材の仕
        入、製造及び販売までを事業活動としております。
         「ドトールコーヒーグループ」は、主に直営店及びフランチャイズシステムによるコーヒーチェーンの経営をし
        ており、コーヒー豆の仕入、焙煎加工、直営店舗における販売、フランチャイズ店舗への卸売りやロイヤリティ等
        の収入、また、コンビニエンスストア等へのコーヒー製品の販売を事業活動として展開しております。
        Ⅱ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年3月1日 至 平成29年8月31日)

         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                       その他           調整額     損益計算書
                                              計
                   日本レストラン       ドトールコーヒー
                                       (注)1           (注)2      計上額
                                   計
                  システムグループ         グループ
                                                        (注)3
     売上高
      外部顧客への売上高               21,457       42,033      63,490      3,501     66,992        -    66,992
      セグメント間の内部
                       802       204     1,007      2,197      3,204     △ 3,204       -
      売上高又は振替高
                     22,260       42,238      64,498      5,699     70,197     △ 3,204     66,992
           計
     セグメント利益又は損失
                      2,770       3,062      5,833       454     6,287       47    6,334
     (△)
     (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に国内及び海外における外食に
          係る小売及び卸売りに関する事業となります。
        2.セグメント利益又は損失の調整額47百万円には、主として親会社の管理部門に係わる費用等である配賦
          不能営業費用341百万円及びセグメント間取引消去403百万円が含まれております。
        3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
          「日本レストランシステムグループ」及び「ドトールコーヒーグループ」セグメントにおいて、処分を予定し
         ている事業資産について帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上して
         おります。なお、当該減損損失計上額は「日本レストランシステムグループ」で76百万円、「ドトールコーヒー
         グループ」で216百万円、「その他」で13百万円であります。
                                 16/21







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
        Ⅲ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年3月1日 至 平成30年8月31日)
         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                       その他           調整額     損益計算書
                                              計
                   日本レストラン       ドトールコーヒー
                                       (注)1           (注)2      計上額
                                   計
                  システムグループ         グループ
                                                        (注)3
     売上高
                     22,692       40,396      63,089      3,078     66,167        -    66,167
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                       777       261     1,038      2,373      3,412     △ 3,412       -
      売上高又は振替高
                     23,470       40,657      64,128      5,451     69,580     △ 3,412     66,167
           計
     セグメント利益又は損失
                      2,392       2,983      5,376       417     5,793       40    5,834
     (△)
     (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に国内及び海外における外食に
          係る小売及び卸売りに関する事業となります。
        2.セグメント利益又は損失の調整額40百万円には、主として親会社の管理部門に係わる費用等である配賦
          不能営業費用347百万円及びセグメント間取引消去402百万円が含まれております。
        3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
          「日本レストランシステムグループ」及び「ドトールコーヒーグループ」セグメントにおいて、処分を予定し
         ている事業資産について帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上して
         おります。なお、当該減損損失計上額は「日本レストランシステムグループ」で23百万円、「ドトールコーヒー
         グループ」で53百万円、「その他」で6百万円であります。
                                 17/21












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                          前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間
                          (自 平成29年3月1日                   (自 平成30年3月1日
                           至 平成29年8月31日)                   至 平成30年8月31日)
       1株当たり四半期純利益金額                              84円83銭                   84円87銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利
                                     4,028                   3,749
       益金額(百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万
                                       -                   -
       円)
       普通株式に係る親会社株主に帰属
                                     4,028                   3,749
       する四半期純利益金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千
                                     47,489                   44,183
       株)
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 18/21













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        平成30年10月15日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
       (イ)配当金の総額…………………………………………706百万円
       (ロ)1株当たりの金額……………………………………16円00銭
       (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日……………平成30年11月12日
       (注)平成30年8月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
                                 19/21



















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年10月15日

     株式会社ドトール・日レスホールディングス
      取締役会 御中
                              有限責任     あずさ監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              轟    芳英   印
                            業  務  執  行  社  員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              神宮 厚彦   印
                            業  務  執  行  社  員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              木村    純一     印
                            業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ドトー

     ル・日レスホールディングスの平成30年3月1日から平成31年2月28日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間
     (平成30年6月1日から平成30年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年8月31日
     まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算
     書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ドトール・日レスホールディングス及び連結子会社の平成30
     年8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状
     況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 21/21




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。