株式会社大林組 訂正発行登録書

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正発行登録書

提出日:

提出者:株式会社大林組

カテゴリ:訂正発行登録書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社大林組(E00055)
                                                            訂正発行登録書
     【表紙】
      【提出書類】                         訂正発行登録書

      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         2018年10月16日
      【会社名】                         株式会社大林組
      【英訳名】                         OBAYASHI     CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                         取締役社長 蓮輪 賢治
      【本店の所在の場所】                         東京都港区港南2丁目15番2号
      【電話番号】                         03(5769)1045(ダイヤルイン)
      【事務連絡者氏名】                         財務部副部長 丸山 裕史
      【最寄りの連絡場所】                         東京都港区港南2丁目15番2号
      【電話番号】                         03(5769)1045(ダイヤルイン)
      【事務連絡者氏名】                         財務部副部長 丸山 裕史
      【発行登録の対象とした募集有価証券の種類】                         社債
      【発行登録書の提出日】                         2016年12月20日
      【発行登録書の効力発生日】                         2016年12月28日
      【発行登録書の有効期限】                         2018年12月27日
      【発行登録番号】                         28-関東217
      【発行予定額又は発行残高の上限】                         発行予定額100,000百万円
      【発行可能額】                         90,000百万円
                               (90,000百万円)
                               (注)発行可能額は、券面総額又は振替社債の総額の合計額(下
                                  段( )書きは発行価額の総額の合計額)に基づき算出し
                                  ている。
      【効力停止期間】                         この訂正発行登録書の提出による発行登録の効力停止期間は、
                               2018年10月16日(提出日)である。
      【提出理由】                         2016年12月20日に提出した発行登録書(2018年9月27日および
                               2018年10月5日提出の訂正発行登録書による訂正後のもの。)の
                               記載事項中、「第一部 証券情報 第1                   募集要項」(大月バイ
                               オマス発電事業の環境影響評価手続において、山梨県より中間報
                               告書に対する知事意見が公表されたことに伴い、手取金の使途対
                               象を変更し必要な調整をするため)および「募集又は売出しに関
                               する特別記載事項」の記載について訂正を必要とするため、本訂
                               正発行登録書を提出する。
                                 1/4






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社大林組(E00055)
                                                            訂正発行登録書
      【縦覧に供する場所】                         株式会社大林組横浜支店
                               (横浜市神奈川区鶴屋町2丁目23番地2)
                               株式会社大林組名古屋支店
                               (名古屋市東区東桜1丁目10番19号)
                               株式会社大林組大阪本店
                               ( 大阪市北区中之島3丁目6番32号)
                               株式会社大林組神戸支店
                               (神戸市中央区加納町4丁目4番17号)
                               株式会社東京証券取引所
                               (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                               証券会員制法人福岡証券取引所
                               (福岡市中央区天神2丁目14番2号)
                                 2/4
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社大林組(E00055)
                                                            訂正発行登録書
     【訂正内容】
      訂正箇所は下線で示しております。
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
     3【新規発行による手取金の使途】
     (2)【手取金の使途】
     (訂正前)
       設備資金、投融資資金、社債償還資金、コマーシャルペーパー償還資金、借入金返済及び運転資金に充当する予定
      であります。
       なお、本社債発行による手取金は、当社グループが実施するグリーンプロジェクト(当社の中長期環境ビジョン
      「Obayashi      Green   Vision    2050」達成に資する取組みとなる事業)のうち、再生可能エネルギー事業における太陽光、
      陸上風力    、バイオマス       の各発電施設に係る資金および大型の着床式洋上風力発電設備の設置に対応したSEP(Self
      Elevating     Platform:自己昇降式作業台船)の建造に係る資金ならびに省エネルギー性能の高いグリーンビルディング
      取得に係る資金に充当する予定であります。
       具体的には、以下のとおり充当予定です。
       ①  5,000   百万円を、2019年3月末までに、当社グループのグリーンプロジェクトに係る当社グループの借入金の返済
        資金の一部に充当する予定です。
        金融子会社である㈱オーシー・ファイナンス(以下「OCF」という。)は再生可能エネルギー事業を行う㈱大林ク

        リーンエナジーのSPC子会社3社に対して、劣後ローンにより芦北太陽光発電所、釧路町トリトウシ原野太陽光発
        電所および日向日知屋太陽光発電所の建設に係る貸付を実施しており、当該貸付のためにOCFが金融機関から借入
        れた長期借入金の返済資金の一部に当社からの融資資金                          3,000   百万円を充当する予定です。
        また、不動産事業子会社である大林新星和不動産㈱が賃貸オフィスビルoak神田鍛冶町(注1.)を建設・取得す

        るにあたり、当社は同社に対し金融機関からの借入れによりその建設資金を融資しており、当該長期借入金の返
        済資金の一部に       2,000   百万円を充当する予定です。
       ②  4,000   百万円を、2020年3月末までに、当社が再生可能エネルギー事業SPCへの融資のために発行または借入れた

        コマーシャルペーパーおよび短期借入金の償還・返済資金の一部に充当する予定です。当該SPCは当社からの融資
        資金により三種浜田風力発電所              および大月バイオマス発電所             の建設期間中に発生する費用を賄っております。
       ③  残額を、    2020  年3月末までに、洋上風力発電所の建設を目的としたSEP(注2.)の建造資金の一部に充当する予

        定です。
                               <後略>
     (訂正後)

       設備資金、投融資資金、社債償還資金、コマーシャルペーパー償還資金、借入金返済及び運転資金に充当する予定
      であります。
       なお、本社債発行による手取金は、当社グループが実施するグリーンプロジェクト(当社の中長期環境ビジョン
      「Obayashi      Green   Vision    2050」達成に資する取組みとなる事業)のうち、再生可能エネルギー事業における太陽光、
      陸上風力の各発電施設に係る資金および大型の着床式洋上風力発電設備の設置に対応したSEP(Self                                                  Elevating
      Platform:自己昇降式作業台船)の建造に係る資金ならびに省エネルギー性能の高いグリーンビルディング取得に係る
      資金に充当する予定であります。
       具体的には、以下のとおり充当予定です。
       ①  6,500   百万円を、2019年3月末までに、当社グループのグリーンプロジェクトに係る当社グループの借入金の返済
        資金の一部に充当する予定です。
        金融子会社である㈱オーシー・ファイナンス(以下「OCF」という。)は再生可能エネルギー事業を行う㈱大林ク

        リーンエナジーのSPC子会社3社に対して、劣後ローンにより芦北太陽光発電所、釧路町トリトウシ原野太陽光発
                                 3/4


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社大林組(E00055)
                                                            訂正発行登録書
        電所および日向日知屋太陽光発電所の建設に係る貸付を実施しており、当該貸付のためにOCFが金融機関から借入
        れた長期借入金の返済資金の一部に当社からの融資資金                          3,500   百万円を充当する予定です。
        また、不動産事業子会社である大林新星和不動産㈱が賃貸オフィスビルoak神田鍛冶町(注1.)を建設・取得す

        るにあたり、当社は同社に対し金融機関からの借入れによりその建設資金を融資しており、当該長期借入金の返
        済資金の一部に       3,000   百万円を充当する予定です。
       ②  500  百万円を、2020年3月末までに、当社が再生可能エネルギー事業SPCへの融資のために発行または借入れたコ

        マーシャルペーパーおよび短期借入金の償還・返済資金の一部に充当する予定です。当該SPCは当社からの融資資
        金により三種浜田風力発電所の建設期間中に発生する費用を賄っております。
       ③  残額を、    2021  年3月末までに、洋上風力発電所の建設を目的としたSEP(注2.)の建造資金の一部に充当する予

        定です。
                               <後略>
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】

     <株式会社大林組第23回無担保社債(社債間限定同順位特約付)(グリーンボンド)(別称:大林組グリーンボンド)に
     関する情報>
     グリーンボンドとしての適格性について
     (訂正前)
       当社は、グリーンボンドの発行のために「グリーンボンド原則(Green                                 Bond   Principles)2018」(注1.)および
      「グリーンボンドガイドライン2017年版」(注2.)に即したグリーンボンドフレームワークを策定しました。
       グリーンボンドに対する第三者評価として、株式会社格付投資情報センター(R&I)より、「R&Iグリーンボ
      ンドアセスメント」(注3.)において、当該フレームワークがグリーンボンド原則2018およびグリーンボンドガイド
      ライン2017年版に適合する旨のセカンドオピニオンを取得しており、最上位評価である「GA1」の予備評価を取得し
      ております。
       また、同様に第三者評価として、DNV                  GL  ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社よりグリーンボンド原則
      2018およびグリーンボンドガイドライン2017年版への適合性について、セカンドパーティオピニオンを取得                                                  する予定で
      す 。
                               <後略>
     (訂正後)

       当社は、グリーンボンドの発行のために「グリーンボンド原則(Green                                 Bond   Principles)2018」(注1.)および
      「グリーンボンドガイドライン2017年版」(注2.)に即したグリーンボンドフレームワークを策定しました。
       グリーンボンドに対する第三者評価として、株式会社格付投資情報センター(R&I)より、「R&Iグリーンボ
      ンドアセスメント」(注3.)において、当該フレームワークがグリーンボンド原則2018およびグリーンボンドガイド
      ライン2017年版に適合する旨のセカンドオピニオンを取得しており、最上位評価である「GA1」の予備評価を取得し
      ております。
       また、同様に第三者評価として、DNV                  GL  ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社よりグリーンボンド原則
      2018およびグリーンボンドガイドライン2017年版への適合性について、セカンドパーティオピニオンを取得                                                  しておりま
      す 。
                               <後略>
                                 4/4




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。