株式会社さいか屋 四半期報告書 第87期第2四半期(平成30年6月1日-平成30年8月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第87期第2四半期(平成30年6月1日-平成30年8月31日)

提出日:

提出者:株式会社さいか屋

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成30年10月11日

     【四半期会計期間】               第87期第2四半期(自            平成30年6月1日          至   平成30年8月31日)

     【会社名】               株式会社さいか屋

     【英訳名】               Saikaya    Department      Store   Co.,Ltd.

     【代表者の役職氏名】               取締役社長兼社長執行役員                 岡本    洋三

     【本店の所在の場所】               神奈川県川崎市川崎区日進町1番地

     【電話番号】               044(211)3111(大代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役常務執行役員  古性 武志

     【最寄りの連絡場所】               神奈川県横須賀市大滝町1-13

     【電話番号】               046(845)6803

     【事務連絡者氏名】               執行役員経理部長  堀江 肇

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/22








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                              第86期           第87期

              回次             第2四半期連結           第2四半期連結             第86期
                             累計期間           累計期間
                          自平成29年3月1日           自平成30年3月1日           自平成29年3月1日
             会計期間
                          至平成29年8月31日           至平成30年8月31日           至平成30年2月28日
                               9,867,611           9,619,703          19,855,571
     売上高                (千円)
                                △ 64,940          △ 88,916         △ 124,776

     経常損失(△)                (千円)
     親会社株主に帰属する

                                △ 67,808          △ 98,144         △ 125,265
                     (千円)
     四半期(当期)純損失(△)
                                △ 84,058          △ 98,916         △ 190,101

     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                               1,655,130           1,449,930           1,548,892

     純資産額                (千円)
                               12,123,162           11,738,924           11,958,239

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期(当期)純損
                                △ 21.73          △ 31.45          △ 40.14
                      (円)
     失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
                                 13.65           12.35           12.95
     自己資本比率                 (%)
     営業活動によるキャッシュ・フ
                                111,892          △ 55,330          336,703
                     (千円)
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                                211,536          △ 125,977           133,530
                     (千円)
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                               △ 355,350            46,965         △ 400,160
                     (千円)
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                                553,193           520,845           655,188
                     (千円)
     (期末)残高
                             第86期           第87期

              回次             第2四半期連結           第2四半期連結
                             会計期間           会計期間
                          自平成29年6月1日           自平成30年6月1日
             会計期間
                          至平成29年8月31日           至平成30年8月31日
     1株当たり四半期純損失金額
                                △ 17.21          △ 21.21
                      (円)
     (△)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四
          半期(当期)純損失であるため、記載しておりません。
        4.平成29年9月1日付で普通株式10株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。第86期の期首
          に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純損失金額を算定しております。 
     2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/22



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
      断したものであります。
      (1)  業績の状況
        当第2四半期連結累計期間(平成30年3月1日~平成30年8月31日)におけるわが国経済は、緩やかな回復基調
       が続いており、雇用・所得環境も着実に改善しております。また、個人消費については、総じてみれば持ち直しの
       動きがあり、緩やかな回復基調が続いております。
        百貨店業界におきましては、主力の衣料品のクリアランス前倒し効果や気温の上昇による季節需要の高まりなど
       で好調に推移しましたが、7月に入り西日本豪雨をはじめ、連日の猛暑、台風12号の上陸などの異常気象もあり減
       退しておりますが、大都市圏は高額消費とインバウンドが引き続き好調に推移し回復傾向にある一方、地方では依
       然厳しい状況が続いております。
        このような状況の下、当社におきましては、平成30年2月期を初年度とする3年間の新中期経営計画を策定し、
       「営業力の強化」、「CS徹底の推進」、「財務基盤の強化」の3つの基本戦略に対応するための施策実行に全社を
       挙げて取り組んでまいりました。
        「営業力の強化」におきましては、平成30年6月1日付で組織変更をおこない「営業企画部」を新設、営業に関
       する方針・計画の立案推進機能を一元化し施策推進のスピードを向上させました。更に、商販分離を明確にし商品
       調達力、店頭販売力を強化する体制を整備、外商部を店舗より独立させ増員もはかるなどの組織変更を平成30年9
       月1日付でおこない、下期も引き続き「営業力の強化」に取り組んでまいります。また、基幹店の藤沢店では6月
       に新規    13  ショップをオープンしたことや、前年のリニューアルの効果が入店客数の増加や収益の下支えとなり、
       第2四半期累計期間の売上高が前年同期を上回るなど、これまで実施した諸施策の効果が出てきております。しか
       しながら、当社全体では中元需要の低迷に加え、連日の猛暑や台風の影響も受けたことから、全店舗で予測した売
       上高を下回る結果となりました。
        「CS徹底の推進」におきましては、平成29年7月に立ち上げた全社的なCSプロジェクトを成功させるため、全社
       一丸となって引き続き取り組んでおります。
        一方、財務基盤の強化におきましては、ローコストオペレーションを推進し効果的な経費運用に引き続き取り組
       んだ結果、計画内の着地となり、引き続き各種経費の削減に努めるとともに、効果的な経費運用に取り組んでおり
       ます。
        当第2四半期連結累計期間の業績につきましては、上記の各施策をおこないましたが、販売収益の計画値未達を
       埋めきれず、売上高は9,619百万円(前年同期比97.5%)、営業損失20百万円(前年同期は営業損失6百万円)、経
       常損失88百万円(前年同期は経常損失64百万円)、親会社株主に帰属する四半期純損失98百万円(前年同期は親会
       社株主に帰属する四半期純損失67百万円)と当初予想を下回る結果となりました。
        セグメントの業績については、当社グループは百貨店業の単一セグメントのため、記載しておりません。

                                  3/22





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
      (2)  キャッシュ・フローの状況
        当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ134百万円減少し520百万
       円となりました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動によるキャッシュ・フローは、55百万円の支出(前年同期は111百万円の収入)となりました。主な増加
       項目は、減価償却費199百万円等であり、主な減少項目は、税金等調整前四半期純損失98百万円、未払消費税等の減
       少額82百万円等によるものであります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動によるキャッシュ・フローは、125百万円の支出(前年同期は211百万円の収入)となりました。主な減
       少項目は、長期前払費用の取得による支出93百万円等によるものであります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動によるキャッシュ・フローは、46百万円の収入(前年同期は355百万円の支出)となりました。主な増加
       項目は短期借入金の純増額300百万円等であり、主な減少項目は、長期借入金の返済による支出194百万円等による
       ものであります。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)  研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  4/22













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     6,000,000

               A種優先株式                                      1,500,000

                  計                                    6,000,000

      (注) 当社の発行可能種類株式総数は、それぞれ普通株式6,000,000株、A種優先株式1,500,000株であり、合計では
         7,500,000株となりますが、発行可能株式総数は、6,000,000株とする旨定款に規定しております。
       ② 【発行済株式】

               第2四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所名

        種類       末現在発行数(株)            発行数(株)        又は登録認可金融商品                 内容
               (平成30年8月31日)          (平成30年10月11日)            取引業協会名
                                              株主として権利内容に制限
                                    東京証券取引所
                                              のない標準となる株式であ
       普通株式            3,135,314          3,135,314
                                              り、単元株式数は、100株
                                    (市場第二部)
                                              であります。
       A種優先株式
     (当該優先株式は
                                              単元株式数は、1株であり
     行使価額修正条項
                   1,483,036          1,483,036         非上場
     付新株予約権付社
                                              ます。(注1~3)
     債券等でありま
     す。)
         計          4,618,350          4,618,350           ―            ―
     (注1)     行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の特質は以下のとおりであります。
      (1)  A種株式には、当社普通株式を対価とする取得請求権が付与される。A種株式の取得請求権の対価として交付され
       る普通株式の数は、一定の期間における当社株式の株価を基準として決定され、又は修正されることがあり、当社
       の株価の下落により、当該取得請求権の対価として交付される当社普通株式の数は増加する場合がある。
      (2)  A種株式の取得請求権の対価として交付される普通株式の数は、原則として、取得請求が行使されたA種株式に係
       る払込金額の総額を、下記の基準額で除して算出される(小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨て。)。
       また、基準額は、原則として、下記のとおり、平成27年3月1日以降、毎年1回の頻度で修正される。
       当初基準額は、原則として、平成26年3月1日に先立つ45取引日目に始まる連続する30取引日の各取引日の株式会
       社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」という。)における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(円
       位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)に相当する金額である。但し、当社が、平成26年
       3月1日時点において東京証券取引所に上場していない場合には、東京証券取引所により整理銘柄指定がなされた
       日(整理銘柄指定がなされずに上場廃止となった場合には、上場廃止となった日)に先立つ45取引日目に始まる連続
       する30取引日の各取引日の東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(円位未満小数
       第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)に相当する金額とする。
       平成27年3月1日から平成49年2月末日までの期間の毎年3月1日において、当該日に先立つ45取引日目に始まる
       連続する30取引日の各取引日の東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(円位未満
       小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)に相当する金額が、当初基準額を下回る場合には、基準
       額は当該金額に修正される。
      (3)  上記(2)の基準額の修正は、当初基準額の100%に相当する額を上限とし、当初基準額の70%に相当する額を下限
       とする。但し、一定の調整がある場合を除き、基準額は9円を下回らない。
                                  5/22




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
      (4)    A種株式には、当社が、平成26年3月1日以降、当社の取締役会が別に定める日の到来をもって、金銭(当該日に
       おける分配可能額を限度とする。)を対価としてA種株式を取得することができる取得条項が付されている。なお、
       平成49年2月末日の翌日において、A種株式の総数に500円を乗じて得られる額を当該日に先立つ45取引日目に始ま
       る連続する30取引日の各取引日の東京証券取引所における当社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(円位未
       満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)に相当する金額で除して得られる数の普通株式の交付
       と引換えにA種株式の全部を取得することができる取得条項も付されている。
       上記(1)ないし(4)の詳細は、下記(注3)A種優先株式の内容5.、7.及び8.をご参照下さい。
     (注2)     行使価額修正条項付新株予約権付社債券に関する事項は以下のとおりであります。

      (1)  当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等(A種株式)に表示された権利行使に関する事項についての割当先と
       の間の合意の有無
        該当事項なし
      (2)  当社の株券の売買に関する事項についての割当先との間の合意の有無
        該当事項なし
      (3)  金融商品取引法施行令第1条の7に規定する譲渡に関する制限その他の制限
        該当事項なし
     (注3)     A種優先株式の内容は次のとおりであります。

      1.  優先配当金
       (1)  A種優先配当金
         当会社は、A種株式について、平成22年2月末日を含む事業年度から平成24年2月末日を含む事業年度に係る
        剰余金の配当を行わない。
         当会社は、平成24年3月1日以降の事業年度に係る剰余金の配当を行うときは、A種株式を有する株主(以下
        「A種株主」という。)又はA種株式の登録株式質権者(以下「A種登録株式質権者」という。)に対し、普通株
        式を有する株主(以下「普通株主」という。)又は普通株式の登録株式質権者(以下「普通登録株式質権者」と
        いう。)に先立ち、A種株式1株当たりの払込金額(500円。但し、A種株式について、株式の分割、株式の併合
        その他調整が合理的に必要とされる事由が発生した場合には、当会社取締役会により合理的に調整された額とす
        る。)に、剰余金の配当に係る基準日の属する事業年度ごとに下記(2)に定める年率(以下「A種優先配当年
        率」という。)を乗じて算出した額(円位未満小数第3位まで算出し、その小数第3位を四捨五入する。)の剰
        余金(以下「A種優先配当金」という。)の配当を行う。
       (2)  A種優先配当金の額
         A種優先配当年率は、平成25年3月1日以降、次回年率修正日(以下において定義する。)の前日までの各事
        業年度について、下記算式により計算される年率とする。
            A種優先配当年率=日本円TIBOR(12か月物)+1.00%
         A種優先配当年率は、%位未満小数第4位まで算出し、その小数第4位を四捨五入する。「年率修正日」は、
        平成25年3月1日以降の毎年3月1日とする。当日が、銀行休業日の場合は前営業日を年率修正日とする。「日
        本円TIBOR(12か月物)」とは、各事業年度の初日(当日が銀行休業日の場合は前営業日)の午前11時における
        日本円12か月物トーキョー・インター・バンク・オファード・レート(日本円12か月物TIBOR)として全国銀行
        協会によって公表される数値を指すものとする。日本円TIBOR(12か月物)が公表されていなければ、同日(当
        日が銀行休業日の場合は前営業日)ロンドン時間午前11時におけるユーロ円12か月物ロンドン・インター・バン
        ク・オファード・レート(ユーロ円LIBOR12か月物(360日ベース))として英国銀行協会(BBA)によって公表
        される数値又はこれに準ずるものと認められるものを日本円TIBOR(12か月物)に代えて用いるものとする。
       (3)  非累積条項
         ある事業年度においてA種株主又はA種登録株式質権者に対して支払う剰余金の配当の額がA種優先配当金の額
        に達しないときは、その不足額は、翌事業年度以降に累積しない。
       (4)  非参加条項
         A種株主又はA種登録株式質権者に対しては、A種優先配当金を超えて配当は行わない。但し、当会社が行う吸
        収分割手続の中で行われる会社法第758条第8号ロ若しくは同法第760条第7号ロに規定される剰余金の配当又は
        当会社が行う新設分割手続の中で行われる会社法第763条第12号ロ若しくは同法第765条第1項第8号ロに規定さ
        れる剰余金の配当についてはこの限りではない。
                                  6/22





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
      2.残余財産の分配
       (1)  残余財産の分配
         当会社は、残余財産を分配するときは、A種株主又はA種登録株式質権者に対し、普通株主又は普通登録株式質
        権者に先立ち、A種株式1株につき500円(但し、A種株式について、株式の分割、株式の併合その他調整が合理
        的に必要とされる事由が発生した場合には、当会社取締役会により合理的に調整された額とする。)を支払う。
       (2)  非参加条項
         A種株主又はA種登録株式質権者に対しては、上記(1)のほか残余財産の分配は行わない。
      3.議決権

         A種株主は、株主総会において議決権を有しない。
      4.種類株主総会における決議

         当会社が、会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合においては、法令に別段の定めのある場合を除
        き、A種株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
      5.普通株式を対価とする取得請求権

       (1)  取得請求権の内容
         A種株主は、平成26年3月1日から平成49年2月末日までの期間(以下「株式対価取得請求期間」という。)
        中、下記(2)に定める条件で、当会社がA種株式の全部又は一部を取得するのと引換えに当会社の普通株式を交
        付することを請求することができる(以下「株式対価取得請求」という。)。
       (2)  株式対価取得請求により交付する普通株式数の算定方法
         株式対価取得請求に基づき当会社がA種株式の取得と引換えにA種株主に対して交付すべき当会社の普通株式の
        数は、当該A種株式に係る払込金額の総額(但し、A種株式について、株式の分割、株式の併合その他調整が合理
        的に必要とされる事由が発生した場合には、当会社取締役会により合理的に調整された額の総額とする。)を本
        号に定める交付価額で除して算出される数(小数第1位まで算出し、その小数第1位を切り捨てる。)とする。
        なお、A種株式を取得するのと引換えに交付すべき当会社の普通株式の算出にあたり1株未満の端数が生じたと
        きは、会社法第167条第3項に従い金銭を交付する。
        イ   当初交付価額
          当初交付価額は、平成26年3月1日に先立つ45取引日目に始まる連続する30取引日の各取引日の株式会社東
         京証券取引所(以下「東京証券取引所」という。)における当会社の普通株式の普通取引の毎日の終値(気配
         表示を含む。以下同じ。)の平均値(終値のない日数を除く。なお、上記平均値の計算は、円位未満小数第2
         位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。)に相当する金額(但し、当該金額が9.0円(以下「最大下限
         価額」という。)未満である場合には、当該金額は最大下限価額とする。なお、下記ハに定める交付価額の調
         整が行われた場合には、最大下限価額にも必要な調整が行われる。)とする。但し、当会社が、平成26年3月
         1日時点において東京証券取引所に上場していない場合には、東京証券取引所により整理銘柄指定がなされた
         日(整理銘柄指定がなされずに上場廃止となった場合には、上場廃止となった日)に先立つ45取引日目に始ま
         る連続する30取引日の各取引日の東京証券取引所における当会社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値
         (終値のない日数を除く。なお、上記平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四
         捨五入する。)に相当する金額(但し、当該金額が最大下限価額未満である場合には、当該金額は最大下限価
         額とする。)を当初交付価額とする。
        ロ   交付価額の修正
          交付価額は、株式対価取得請求期間中、毎年3月1日(以下、それぞれ「修正基準日」という。)に、当該
         日に先立つ45取引日目に始まる連続する30取引日の各取引日の東京証券取引所における当会社の普通株式の普
         通取引の毎日の終値の平均値(終値のない日数を除く。なお、上記平均値の計算は、円位未満小数第2位まで
         算出し、その小数第2位を四捨五入する。)に相当する金額(以下「修正後交付価額」という。)に修正され
         る。但し、上記計算の結果、修正後交付価額が当初交付価額の100%に相当する額(以下「上限交付価額」とい
         う。但し、下記ハに定める交付価額の調整が行われた場合には上限交付価額にも必要な調整が行われる。)を
         上回る場合には、上限交付価額をもって修正後交付価額という。また、修正後交付価額は修正後交付価額が当
         初交付価額の70%に相当する額(但し、当該金額が最大下限価額未満である場合には、当該金額は最大下限価
         額とする。)(以下「下限交付価額」という。但し、下記ハに定める交付価額の調整が行われた場合には、下
         限交付価額にも必要な調整が行われる。)を下回る場合には、下限交付価額をもって修正後交付価額とする。
         なお、A種株主が株式対価取得請求を行った日において、当会社が東京証券取引所において上場していない場合
         には、直前の修正基準日における修正後交付価額(但し、直前の修正基準日が存在しない場合には、当初交付
         価額)をもって交付価額とする。
                                  7/22




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
        ハ   交付価額の調整
         (a)   当会社は、A種株式の発行後、下記(b)に掲げる各事由により当会社の普通株式数に変更を生じる場合
          又は変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下「交付価額調整式」という。)をもって交付
          価額(上限交付価額及び下限交付価額を含む。)を調整する。
                                       交付普通株式数        ×  1株当たりの払込金額
                              既発行普通
                                     +
                               株式数
                                             1株当たり時価
           調整後交付価額       = 調整前交付価額       ×
                                    既発行普通株式数+交付普通株式数
           交付価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。
           交付価額調整式で使用する「1株当たり時価」は、調整後の交付価額を適用する日に先立つ45取引日目に
          始まる連続する30取引日の東京証券取引所における当会社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(終値
          のない日数を除く。なお、上記平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五
          入する。)とする。交付価額調整式で使用する「既発行普通株式数」は、普通株主に下記(b)(ⅰ)ないし
          (ⅳ)の各取引に係る基準日が定められている場合はその日、また当該基準日が定められていない場合は、
          調整後の交付価額を適用する日の1か月前の日における当会社の発行済普通株式数から、当該日における当
          会社の有する当会社の普通株式数を控除したものとする。交付価額調整式で使用する「交付普通株式数」
          は、普通株式について株式の分割が行われる場合には、株式の分割により増加する普通株式数(基準日にお
          ける当会社の有する普通株式に関して増加した普通株式数を含まない。)とし、普通株式について株式の併
          合が行われる場合には、株式の併合により減少する普通株式数(効力発生日における当会社の有する普通株
          式に関して減少した普通株式数を含まない。)を負の値で表示して使用するものとする。交付価額調整式で
          使用する「1株当たりの払込金額」は、下記(b)(ⅰ)の場合は当該払込金額(金銭以外の財産を出資の
          目的とする場合には適正な評価額、無償割当ての場合は0円)、下記(b)(ⅱ)及び(ⅳ)の場合は0円、
          下記(b)(ⅲ)の場合は下記(b)(ⅴ)で定める対価の額とする。
         (b)   交付価額調整式によりA種株式の交付価額の調整を行う場合及びその調整後の交付価額の適用時期につい
          ては、次に定めるところによる。
         (ⅰ)上記(a)に定める1株当たり時価を下回る払込金額をもって普通株式を交付する場合(無償割当ての
            場合を含む。)(但し、当会社の交付した取得条項付株式、取得請求権付株式若しくは取得条項付新株
            予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下本ハにおいて同じ。)の取得と引換えに交付す
            る場合又は普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下本
            ハにおいて同じ。)その他の証券若しくは権利の転換、交換又は行使により交付する場合を除く。)
            調整後の交付価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられたときは当該払込期間の最終日とす
            る。以下同じ。)又は無償割当ての効力発生日の翌日以降これを適用する。但し、当会社普通株式に募
            集株式の割当てを受ける権利を与えるため又は無償割当てのための基準日がある場合は、その日の翌日
            以降これを適用する。
         (ⅱ)普通株式について株式の分割をする場合                      調整後の交付価額は、株式の分割のための基準日の翌日以降
            これを適用する。
         (ⅲ)取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株予約権であって、その取得と引換えに上記
            (a)に定める1株当たり時価を下回る対価(下記(ⅴ)において定義される。以下同じ。)をもって
            普通株式を交付する定めがあるものを交付する場合(無償割当ての場合を含む。)、又は上記(a)に
            定める1株当たり時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権その他の証券若し
            くは権利を交付する場合(無償割当ての場合を含む。)                          調整後の交付価額は、交付される取得請求権
            付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株予約権、又は新株予約権その他の証券若しくは権利
            (以下「取得請求権付株式等」という。)の全てが当初の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株
            式が交付されたものとみなして交付価額調整式を準用して算出するものとし、交付される日又は無償割
            当ての効力発生日の翌日以降これを適用する。但し、当会社の普通株主に取得請求権付株式等の割当て
            を受ける権利を与えるため又は無償割当てのための基準日がある場合は、その日の翌日以降これを適用
            する。
         (ⅳ)普通株式について株式の併合をする場合                        調整後の交付価額は、株式の併合の効力発生日以降これを適
            用する。
         (ⅴ)上記(ⅲ)における対価とは、取得請求権付株式等の交付に際して払込みその他の対価関係にある支払
            がなされた額(時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権の場合には、その行
            使に際して出資される財産の価額を加えた額とする。)から、その取得、転換、交換又は行使に際して
            取得請求権付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価額を控除した金額を、その取得、転
            換、交換又は行使に際して交付される普通株式の数で除した金額をいう。
                                  8/22





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
         (c)   上記(b)に定める交付価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合には、当会社は、必要
          な交付価額の調整を行う。
         (ⅰ)当会社を存続会社とする合併、株式交換、会社分割又は株式移転のために交付価額の調整を必要とする
            とき。
         (ⅱ)交付価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の交付価額の算出に
            あたり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
         (ⅲ)その他当会社が交付価額の調整を必要と認めるとき。
         (d)   交付価額調整式により算出された調整後の交付価額と調整前の交付価額との差額が1円未満の場合は、
          交付価額の調整は行わないものとする。但し、かかる調整後の交付価額は、その後交付価額の調整を必要と
          する事由が発生した場合の交付価額調整式において調整前交付価額とする。
         (e)   交付価額の調整が行われる場合には、当会社は、関連事項決定後直ちに、A種株主又はA種登録株式質権
          者に対して、その旨並びにその事由、調整後の交付価額、適用の日及びその他の必要事項を通知しなければ
          ならない。
      6.金銭を対価とする取得請求権

       (1)  金銭を対価とする取得請求権の内容
         A種株主は、当会社に対し、平成47年3月1日以降いつでも、A種株式の全部又は一部の取得と引換えに金銭を
        交付することを請求(以下「金銭対価取得請求」という。)することができる。当会社は、かかる金銭対価取得
        請求がなされた場合には、当該金銭対価取得請求が効力を生じた日(以下「金銭対価取得請求日」という。)に
        おける取得上限額(下記(2)において定義される。)を限度として法令上可能な範囲で、金銭対価取得請求日
        に、A種株式の全部又は一部の取得と引換えに、金銭の交付を行うものとする。この場合において、取得上限額
        を超えて金銭対価取得請求がなされた場合には、当会社が取得すべきA種株式は金銭対価取得請求がなされた株
        数に応じた比例按分の方法により決定する。
       (2)  取得価額
         金銭対価取得請求が行われた場合におけるA種株式1株当たりの取得価額は、500円(但し、A種株式につい
        て、株式の分割、株式の併合その他調整が合理的に必要とされる事由が発生した場合には、当会社取締役会によ
        り合理的に調整された額とする。)とする。
        「取得上限額」は、金銭対価取得請求がなされた事業年度の直前の事業年度末日(以下「分配可能額計算日」と
        いう。)における分配可能額(会社法第461条第2項に定めるものをいう。以下同じ。)を基準とし、分配可能
        額計算日の翌日以降当該金銭対価取得請求日(同日を含まない。)までの間において、(ⅰ)当会社株式に対し
        てなされた剰余金の配当、並びに(ⅱ)本第6項又は第8項若しくは取得することを当会社取締役会において決
        議されたA種株式の取得価額の合計を減じた額とする。但し、取得上限額がマイナスの場合は0円とする。
      7.普通株式を対価とする取得条項

         当会社は、株式対価取得請求期間中に取得請求のなかったA種株式の全部を、株式対価取得請求期間の末日の
        翌日(以下、本条において「一斉取得日」という。)をもって普通株式の交付と引換えに取得するものとし、か
        かるA種株式の総数に500円を乗じて得られる額を一斉取得日に先立つ45取引日目に始まる連続する30取引日の東
        京証券取引所における当会社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値(終値のない日数を除く。なお、上記
        平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を四捨五入する。また、当該平均値が上限交
        付価額を上回る場合には、上限交付価額とし、下限交付価額を下回る場合には、下限交付価額とする。)で除し
        て得られる数の普通株式をA種株主に対して交付するものとする。A種株式の取得と引換えに交付すべき普通株式
        の数に1株に満たない端数がある場合には、会社法第234条に従ってこれを取り扱う。
      8.金銭を対価とする取得条項

       (1)  金銭を対価とする取得条項の内容
         当会社は、平成26年3月1日以降いつでも、当会社の取締役会が別に定める日(以下「金銭対価強制取得日」
        という。)の到来をもって、当会社がA種株式の全部又は一部を取得するのと引換えに、当該金銭対価強制取得
        日における分配可能額を限度として、A種株主又はA種登録株式質権者に対して金銭を交付することができる(以
        下「金銭対価強制取得」という。)。なお、一部取得を行う場合において取得するA種株式は、比例按分その他
        当会社の取締役会が定める合理的な方法によって決定されるものとする。
       (2)  取得価額
         金銭対価強制取得が行われる場合におけるA種株式1株当たりの取得価額は、500円(但し、A種株式につい
        て、株式の分割、株式の併合その他調整が合理的に必要とされる事由が発生した場合には、当会社取締役会によ
        り合理的に調整された額とする。)とする。
                                  9/22




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
      9.取得請求受付場所
         三井住友信託銀行株式会社
      10.詳細の決定

         上記に記載の条件の範囲内において、A種株式に関し必要なその他一切の事項は、代表取締役又は代表取締役
        の指名する者に一任する。
      11.会社法第322条第2項に規定する定款の定めの有無

         会社法第322条第2項に規定する定款の定めをしております。
      12.株式の種類ごとの異なる単元株式数の定め及びその理由

         当社の普通株式の単元株式数は100株であるのに対し、A種株式は下記13.のとおり当社株主総会における議決
        権がないため、A種株式については単元株式数は1株とする。
      13.  議決権の有無及びその理由

         当社は、A種株式とは異なる種類の株式である普通株式を発行している。普通株式は、株主としての権利内容
        に制限のない株式であるが、A種株主は、上記3.記載のとおり、株主総会において議決権を有しない。これは、A
        種株式を配当金や残余財産の分配について優先権を持つ代わりに議決権がない内容としたものである。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4) 【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式        資本金             資本準備金       資本準備金

                                      資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高        増減額              増減額        残高
                                       (千円)
                  (株)       (株)      (千円)              (千円)       (千円)
     平成30年6月1日~
                      ―   4,618,350           ―   1,945,290           ―    969,469
     平成30年8月31日
                                 10/22









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
      1.普通株式
                                               平成30年8月31日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数        総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)       所有株式数
                                                    の割合(%)
                                                623        19.87
     浅山 忠彦                静岡県静岡市駿河区
                     東京都港区高輪2-20-20                           463        14.78
     京浜急行電鉄株式会社
                     神奈川県横須賀市大滝町1-13                           329        10.50
     さいか屋取引先持株会
     株式会社横浜銀行(常任代理人                 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-1-1
     資産管理サービス信託銀行株式                (東京都中央区晴海1-8-12 晴海アイラン                           133        4.26
     会社)                 ドトリトンスクエアオフィスタワーZ棟)
                     兵庫県神戸市北区山田町下谷上字箕谷3-1                           105        3.36
     宝天大同
                                                 79        2.53
     山田 紘一郎                東京都中野区
     損害保険ジャパン日本興亜株式
                     東京都新宿区西新宿1-26-1                           31        1.02
     会社
                                                 31        0.99
     焦 和平                東京都葛飾区
                     東京都品川区上大崎1-2-8                           26        0.84
     横河東亜工業株式会社
                     横須賀市大滝町1-13                           25        0.80
     さいか屋従業員持株会
                                               1,848         58.96
            計                    ―
      2.A種優先株式

                                                平成30年8月31日現在 
                                                   発行済株式総数
                                           所有株式数 
          氏名又は名称                     住所                    に対する所有株
                                            (千株)
                                                   式数の割合(%)
     株式会社横浜銀行                横浜市西区みなとみらい3-1-1                          1,483            100.00
            計                    ―                1,483        100.00
      (注)   1.千株未満は切り捨てて表示しております。
        2.所有株式に係る議決権の個数の多い順上位10名は、以下のとおりであります。
                                               平成30年8月31日現在
                                                   総株主の議決権に
                                           所有議決権数
          氏名又は名称                     住所                    対する所有議決権
                                              (個)
                                                    数の割合(%)
                                               6,231         20.10
     浅山 忠彦                静岡県静岡市駿河区
                     東京都港区高輪2-20-20                          4,634         14.95
     京浜急行電鉄株式会社
                     神奈川県横須賀市大滝町1-13                          3,292         10.62
     さいか屋取引先持株会
     株式会社横浜銀行(常任代理人                神奈川県横浜市西区みなとみらい3-1-1
     資産管理サービス信託銀行株式                (東京都中央区晴海1-8-12 晴海アイラン                          1,337         4.31
     会社)                 ドトリトンスクエアオフィスタワーZ棟)
     宝天大同                兵庫県神戸市北区山田町下谷上字箕谷3-1                          1,054         3.40
                                                794        2.56
     山田 紘一郎                東京都中野区
     損保保険ジャパン日本興亜株式
                     東京都新宿区西新宿1-26-1                           319        1.03
     会社
                                                311        1.00
     焦 和平                東京都葛飾区
                     東京都品川区上大崎1-2-8                           263        0.85
     横河東亜工業株式会社
                     横須賀市大滝町1-13                           251        0.81
     さいか屋従業員持株会
                                               18,486         59.64
            計                    ―
                                 11/22



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
      (7) 【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                                 平成30年8月31日現在
           区分           株式数(株)          議決権の数(個)                 内容
                                          「1株式等の状況」「(1)株式の総数
                    A種優先株式
     無議決権株式                               ―      等」「②発行済株式」の「内容」欄
                         1,483,036
                                          の記載参照
     議決権制限株式(自己株式等)                    ―           ―               ―
     議決権制限株式(その他)                    ―           ―               ―

                    (自己保有株式)
                                          株主として権利内容に制限のない
     完全議決権株式(自己株式等)               普通株式                  ―
                                          標準となる株式
                    15,000  
                    普通株式 3,099,800
     完全議決権株式(その他)                                30,998            同上
                    普通株式  20,514 
                                                  同上
     単元未満株式                               ―
                                            一単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                    4,618,350           ―               ―
     総株主の議決権                    ―             30,998             ―

      (注)   「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式29株が含まれております。
       ② 【自己株式等】

                                               平成30年8月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数の
                                 (株)       (株)       (株)
                                                     割合(%)
                  神奈川県川崎市川崎区
     (自己保有株式)
                                  15,000         ―    15,000        0.32
     株式会社さいか屋
                  日進町1番地
           計              ―          15,000         ―    15,000        0.32
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 12/22









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年6月1日から平成
      30年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年8月31日まで)に係る四半期連結
      財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。なお、従来、当社が監査証
      明を受けている新日本有限責任監査法人は、平成30年7月1日に名称を変更し、EY新日本有限責任監査法人となりま
      した。
                                 13/22
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年8月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         655,188              520,845
         現金及び預金
                                         447,953              469,658
         売掛金
                                         618,951              612,762
         商品
                                          41,658              40,041
         貯蔵品
                                         161,768              161,339
         その他
                                        1,925,520              1,804,648
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        3,517,038              3,376,932
           建物及び構築物(純額)
                                        4,563,792              4,563,792
           土地
                                          87,657              65,198
           リース資産(純額)
                                          21,508              20,243
           その他(純額)
                                        8,189,997              8,026,167
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          32,858              21,180
           その他
                                          32,858              21,180
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         378,348              369,699
           投資有価証券
                                         979,726              972,451
           敷金及び保証金
                                          13,121              12,744
           破産更生債権等
                                         389,146              482,641
           長期前払費用
                                          61,970              61,970
           その他
                                         △ 12,450             △ 12,580
           貸倒引当金
                                        1,809,862              1,886,927
           投資その他の資産合計
                                        10,032,719               9,934,275
         固定資産合計
                                        11,958,239              11,738,924
       資産合計
                                 14/22









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年8月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         34,461              28,777
         支払手形
                                        1,418,108              1,471,707
         買掛金
                                         250,000              550,000
         短期借入金
                                         424,300              244,770
         1年内返済予定の長期借入金
                                         19,415              12,160
         未払法人税等
                                         696,615              690,372
         商品券
                                         38,039              38,784
         賞与引当金
                                         660,647              659,745
         商品券回収損引当金
                                         30,842              38,353
         ポイント引当金
                                         840,006              568,385
         その他
                                        4,412,434              4,303,056
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                               5,009,729              4,994,879
         繰延税金負債                                157,057              152,327
                                         397,712              415,014
         退職給付に係る負債
                                         149,370              150,859
         資産除去債務
                                         25,217              15,029
         リース債務
                                         257,824              257,824
         その他
                                        5,996,912              5,985,937
         固定負債合計
                                       10,409,346              10,288,993
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        1,945,290              1,945,290
         資本金
                                        1,637,078              1,637,078
         資本剰余金
                                       △ 2,041,194             △ 2,139,339
         利益剰余金
                                        △ 42,909             △ 42,955
         自己株式
                                        1,498,265              1,400,074
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         50,627              49,855
         その他有価証券評価差額金
                                         50,627              49,855
         その他の包括利益累計額合計
                                        1,548,892              1,449,930
       純資産合計
                                       11,958,239              11,738,924
      負債純資産合計
                                 15/22








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
       (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
         【四半期連結損益計算書】
      【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                 至 平成29年8月31日)               至 平成30年8月31日)
                                        9,867,611              9,619,703
      売上高
                                        7,753,373              7,558,349
      売上原価
                                        2,114,237              2,061,354
      売上総利益
                                      ※  2,120,515             ※  2,082,306
      販売費及び一般管理費
                                         △ 6,277             △ 20,952
      営業損失(△)
      営業外収益
                                           242               72
       受取利息
                                          2,417              2,609
       受取配当金
                                          4,358
       商品券等整理益                                                  -
                                          7,372              2,061
       その他
                                         14,390               4,744
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         61,504              58,348
       支払利息
                                         11,548              14,359
       その他
                                         73,052              72,708
       営業外費用合計
                                        △ 64,940             △ 88,916
      経常損失(△)
      特別損失
                                          2,190              2,043
       固定資産除却損
                                                        8,023
                                           -
       投資有価証券評価損
                                          2,190              10,066
       特別損失合計
                                        △ 67,131             △ 98,982
      税金等調整前四半期純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    5,098              3,551
                                         △ 4,421             △ 4,389
      法人税等調整額
                                           676             △ 837
      法人税等合計
                                        △ 67,808             △ 98,144
      四半期純損失(△)
                                        △ 67,808             △ 98,144
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                 16/22









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
         【四半期連結包括利益計算書】
      【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                 至 平成29年8月31日)               至 平成30年8月31日)
                                        △ 67,808             △ 98,144
      四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                        △ 16,250               △ 771
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 16,250               △ 771
       その他の包括利益合計
                                        △ 84,058             △ 98,916
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 84,058             △ 98,916
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 17/22
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
       (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                 至 平成29年8月31日)               至 平成30年8月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 67,131             △ 98,982
       税金等調整前四半期純損失(△)
                                         201,913              199,700
       減価償却費
                                          △ 870              130
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 108              745
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                          7,291              17,302
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                          8,627              △ 902
       商品券回収損引当金の増減額(△は減少)
                                          3,249              7,511
       ポイント引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 2,659             △ 2,682
       受取利息及び受取配当金
                                         61,504              58,348
       支払利息
                                                        8,023
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    -
                                          2,190              2,043
       固定資産除却損
                                        △ 16,630             △ 21,705
       売上債権の増減額(△は増加)
                                         77,774               7,806
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         44,525              47,915
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         113,201              △ 82,206
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                        △ 83,121              △ 6,071
       未払費用の増減額(△は減少)
                                        △ 19,985              △ 6,242
       商品券の増減額(△は減少)
                                        △ 154,479             △ 122,220
       その他
                                         175,290               8,513
       小計
                                          2,659              2,682
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 62,054             △ 58,761
       利息の支払額
                                         △ 5,809             △ 7,932
       法人税等の支払額
                                          1,806               166
       法人税等の還付額
                                         111,892              △ 55,330
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         70,000
       定期預金の払戻による収入                                                  -
                                        △ 335,125              △ 38,614
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 2,100              △ 657
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 467             △ 486
       投資有価証券の取得による支出
                                          △ 187            △ 9,000
       差入保証金の差入による支出
                                         572,912               16,275
       差入保証金の回収による収入
                                        △ 93,494             △ 93,494
       長期前払費用の取得による支出
                                         211,536             △ 125,977
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 100,000              300,000
                                         348,464
       長期借入れによる収入                                                  -
                                        △ 542,844             △ 194,380
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 60,818             △ 58,608
       リース債務の返済による支出
                                          △ 151              △ 45
       その他
                                        △ 355,350               46,965
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 31,921             △ 134,342
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         585,115              655,188
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※  553,193             ※  520,845
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 18/22




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (四半期連結損益計算書関係)
     ※   販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年3月1日              (自    平成30年3月1日
                            至   平成29年8月31日)               至   平成30年8月31日)
                                   173,221                 165,364
        販売費                               千円                 千円
                                   198,237                 189,083
        宣伝費                               千円                 千円
                                   616,113                 617,384
        給料手当                               千円                 千円
                                    21,938                 21,858
        退職給付費用                               千円                 千円
                                   325,477                 323,837
        地代・家賃                               千円                 千円
                                   177,880                 174,343
        減価償却費                               千円                 千円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     
       であります。
                             前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                             (自    平成29年3月1日             (自    平成30年3月1日
                              至   平成29年8月31日)             至   平成30年8月31日)
       現金及び預金勘定                           553,193千円               520,845千円
       預入期間が3ヶ月を越える定期預金                              ―千円               ―千円
       現金及び現金同等物                           553,193千円               520,845千円
       (株主資本等関係)

      前第2四半期連結累計期間(自               平成29年3月1日         至  平成29年8月31日)
      配当に関する事項
       該当事項はありません。
      当第2四半期連結累計期間(自               平成30年3月1日         至  平成30年8月31日)

      配当に関する事項
       該当事項はありません。
                                 19/22










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自                 平成29年3月1日         至  平成29年8月31日)
       当社グループは、百貨店業単一であるため、セグメント情報の記載を省略しております。
     Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自                 平成30年3月1日         至  平成30年8月31日)

       当社グループは、百貨店業単一であるため、セグメント情報の記載を省略しております。
       (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自    平成29年3月1日            (自    平成30年3月1日
                                 至   平成29年8月31日)             至   平成30年8月31日)
     (1)  1株当たり四半期純損失金額(△)
                                        △21.73円               △31.45円
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する
                                         △67,808               △98,144
      四半期純損失金額(△)(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―               ―
      普通株式に係る親会社株主に
                                         △67,808               △98,144
      帰属する四半期純損失金額(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                    3,120               3,120
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
      当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
                                            ―               ―
      在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
      あったものの概要
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純損失
        であるため、記載しておりません。
       2.当社は、平成29年9月1日付で普通株式10株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。前連結会
        計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期純損失金額を算定しております。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
     2 【その他】

       該当事項はありません。
                                 20/22








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 21/22



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年10月11日

     株式会社さいか屋
      取締役会     御中
                          EY新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                    公認会計士          飯      畑      史      朗      印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                    公認会計士          垂  井         健     印
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社さいか

     屋の平成30年3月1日から平成31年2月28日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年6月1日から平成
     30年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年8月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
     フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社さいか屋及び連結子会社の平成30年8月31日現在の財政
     状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示して
     いないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

           報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 22/22



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。