株式会社不二越 四半期報告書 第136期第3四半期(平成30年6月1日-平成30年8月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第136期第3四半期(平成30年6月1日-平成30年8月31日)

提出日:

提出者:株式会社不二越

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                四半期報告書

      【根拠条文】                金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                関東財務局長
      【提出日】                平成30年10月5日
                      第136期第3四半期(自 平成30年6月1日 至 平成30年8月31日)
      【四半期会計期間】
      【会社名】                株式会社不二越
                      NACHI-FUJIKOSHI          CORP.
      【英訳名】
                      代表取締役社長  薄田               賢二
      【代表者の役職氏名】
      【本店の所在の場所】                東京都港区東新橋一丁目9番2号(汐留住友ビル)
                      (上記は登記上の本店所在地であり、実際の経理業務は主に下記の場所
                      で行っております。)
                      富山県富山市不二越本町一丁目1番1号
                      076(423)5111(代表)
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                財務部長  澤﨑 裕一
                      東京都港区東新橋一丁目9番2号(汐留住友ビル)
      【最寄りの連絡場所】
                      03(5568)5111(代表)
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                取締役経営企画部長 坂本 淳
      【縦覧に供する場所】                株式会社東京証券取引所
                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/17












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第135期           第136期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第135期
                              累計期間           累計期間
                            自平成28年12月1日           自平成29年12月1日           自平成28年12月1日
              会計期間
                            至平成29年8月31日           至平成30年8月31日           至平成29年11月30日
                     (百万円)             173,952           187,835           237,461
      売上高
                     (百万円)             10,664           10,941           14,690
      経常利益
      親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)              7,222           7,210           9,747
      (当期)純利益
                     (百万円)             11,190            3,177           17,772
      四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             112,512           120,014           119,399
      純資産額
                     (百万円)             285,470           295,620           299,155
      総資産額
      1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)            290.63           290.16           392.24
      益金額
      潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
      期(当期)純利益金額
                      (%)             37.3           38.4           37.7
      自己資本比率
                               第135期           第136期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                            自平成29年6月1日           自平成30年6月1日
              会計期間
                            至平成29年8月31日           至平成30年8月31日
                                  103.61           109.29
      1株当たり四半期純利益金額                (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.  潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
         4.  平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度の期首
           に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり四半期(当期)純利益金額を算定しております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/17







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社および連結子会社)が
       判断したものであります。
       (1)   業績の状況

         当第3四半期連結累計期間(平成28年12月1日~平成29年8月31日)の当社グループをとり巻く環境は、日本や
        欧米経済が底堅く伸長したことに加え、中国をはじめとしたアジア経済が安定的に成長を持続していることから、
        穏やかではありますが、総じて堅調に推移しております。
         このような状況のもと、当社グループは、ロボット事業を核に、工具、工作機械、ベアリング、油圧機器、そし
        て特殊鋼事業をあわせ持つ総合機械メーカーとしての特長を活かし、海外の現地ユーザーを中心とした新規開拓
        や、新商品の市場投入などによる売上拡大にとり組んでまいりました。また、内製化や生産性の向上をはじめとし
        たコストダウンに努めるとともに、将来の事業拡大に向けて開発・営業・生産体制の拡充を進めてまいりました。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の連結売上高は、1,878億35百万円(前年同期比8.0%増)、このうち、国
        内売上高は960億72百万円(同9.9%増)、海外売上高は917億62百万円(同6.1%増)となりました。利益面につきまし
        ては、営業利益は122億8百万円(同3.2%増)、経常利益は109億41百万円(同2.6%増)、親会社株主に帰属する四半
        期純利益は72億10百万円(同0.2%減)となりました。
         セグメントの業績につきましては、次のとおりであります。

         機械工具事業につきましては、自動車・産業機械分野で切削工具やロボットの需要をとり込み、売上高は644
        億35百万円(前年同期比0.9%増)となりました。一方、利益面では、原材料価格の高騰に加え、開発・営業・生
        産体制の拡充に向けた固定費・販管費の増で、営業利益は46億49百万円(同5.8%減)となりました。
         部品事業につきましては、自動車生産が堅調に推移したことに加え、産業機械・建設機械分野の需要が拡大
        し、売上高は1,101億79百万円(前年同期比10.9%増)、営業利益は63億52百万円(同2.2%増)となりました。
         その他の事業につきましては、特殊鋼の需要持ち直しと、販売価格の引き上げなどにより、売上高は132億20
        百万円(前年同期比22.9%増)、営業利益は11億48百万円(同85.5%増)となりました。
       (2)   財政状態の分析

         当第3四半期連結会計期間末の資産合計は、2,956億20百万円となり、前連結会計年度末に比べ35億34百万円減
        少しました。主として、現金及び預金が14億67百万円、未収消費税等が29億66百万円、有形固定資産が14億86百万
        円、投資有価証券が32億88百万円減少し、受取手形及び売掛金が22億94百万円、たな卸資産が29億54百万円増加し
        ております。
         負債合計は、1,756億5百万円となり、前連結会計年度末に比べ41億49百万円減少しました。主として、未払金が
        32億64百万円、未払法人税等が21億55百万円減少し、借入金が36億71百万円増加しております。
         純資産合計は、1,200億14百万円となり、前連結会計年度末に比べ6億14百万円増加しました。主として、利益剰
        余金が47億25百万円増加し、その他有価証券評価差額金が23億16百万円、為替換算調整勘定が20億35百万円減少し
        ております。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
                                  3/17




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
         なお、会社の支配に関する基本方針は次の通りです。
        ○当社グループの財務および事業の方針の決定を支配する者のあり方に関する基本方針
        ①  基本方針の内容の概要
          当社は、当社の財務および事業の方針の決定を支配する者は、当社グループの財務および事業の内容や当社
         グループの企業価値の根源を十分に理解し、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益を持続的に確保
         し、向上していくことを可能とする者である必要があると考えております。
          当社では、当社の財務および事業の方針の決定を支配する者のあり方については、当社株式の市場における
         自由な取引を通じて決まるものであり、特定の株主または株主グループによって当社株式の大規模買付行為
         (「大規模買付行為」の定義につきましては、下記②2.(a)をご参照ください。)が行われた場合であって
         も、これを受け入れるか否かは、最終的に株主の皆様の判断に委ねられるべきものと考えております。
          しかしながら、大規模買付行為は、それが成就すれば、当社グループの経営に直ちに大きな影響を与えうる
         だけの支配権を取得するものであり、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益に重大な影響を及ぼす
         可能性を内包しております。こうした事情に鑑み、当社は、大規模買付者(「大規模買付者」の定義につきま
         しては、下記②2.(a)をご参照ください。)をして株主の皆様の判断に必要かつ十分な情報を提供せしめるこ
         と、さらに、大規模買付者の提案する経営方針等が当社グループの企業価値に与える影響を当社取締役会が検
         討・評価して株主の皆様の判断の参考に供すること、場合によっては当社取締役会が大規模買付者と交渉また
         は協議を行い、あるいは当社取締役会としての経営方針等の代替的提案を株主の皆様に提示することも、当社
         の取締役としての責務であると考えております。
          さらに、今日、当社グループの企業価値または株主共同の利益に対する明白な侵害をもたらすような大規模
         買付行為がなされる可能性も決して否定できない状況にあります。このような当社グループの企業価値または
         株主共同の利益に資さない大規模買付者は、当社の財務および事業の方針の決定を支配する者として不適切で
         あり、当社は、このような者による大規模買付行為に対しては、大規模買付者による情報提供、当社取締役会
         による検討・評価といったプロセスを確保するとともに、当社グループの企業価値または株主共同の利益に対
         する明白な侵害を防止するため、大規模買付行為に対する対抗措置を準備しておくことも、また当社の取締役
         としての責務であると考えております。
        ②   基本方針実現のためのとり組みの具体的な内容の概要

         1.  基本方針の実現に資する特別なとり組み
          当社グループは、「ものづくりの世界の発展に貢献する」という会社の使命のもと、「世界のものづくりを
         先進のFAシステムとメカトロニクスで革新する」を中期的なスローガンとして、多様なソリューションを提
         供することを経営の基本方針としております。
          そして、当社グループをとり巻く産業構造の大転換期に際し、中長期的な市場環境・需要動向の変化をチャ
         ンスと捉え、ロボットを核とする事業基盤を確立し、新しい商機・成長機会を創出することを目標としており
         ます。
          こうした経営の基本方針に基づいて、当社グループは、工具、工作機械、ロボット、ベアリング、油圧機
         器、および特殊鋼事業で蓄積してきた、総合機械・メカトロニクスメーカーとしての独自の技術、事業展開の
         強みを活かして、お客様のものづくりのプロセスに対して、高精度、高機能、高い信頼性を有した商品ライン
         ナップとFAシステム、ソリューションを提供しております。
          また、経営の透明性・公平性を高め、株主の皆様をはじめ当社グループと関係するお客様、サプライヤー、
         金融機関、従業員、地域社会など多様なステークホルダーとの良好な関係を築き、長期的かつ安定的な収益の
         確保をはかり、企業価値を高めて社会的な使命を果たすよう努めております。
          なお、当社は、株主の皆様に対する利益還元を企業経営の基本の一つとして位置づけ、配当につきまして
         は、連結業績、配当性向などを総合的に勘案し、安定的な配当を継続実施することを基本としており、内部留
         保資金につきましては、将来の事業展開、財務体質の強化に充当いたします。
          当社グループは、長期的な展望に立って経営資源の拡充に努め、世界市場での事業基盤の確立と企業価値の
         最大化にグループをあげてとり組んでまいります。
         2.  基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務および事業の方針の決定が支配されることを防止する

           ためのとり組み
          当社は、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益を確保、向上させ、上記①に記載の基本方針(当
         社の財務および事業の方針の決定を支配する者のあり方に関する基本方針をいいます。以下、同じとしま
         す。)を実現するため、平成20年2月20日開催の当社第125期定時株主総会において、当社株式の大規模買付行
         為に関する対応策(買収防衛策)を導入し、その後、平成23年2月23日開催の当社第128期定時株主総会および
         平成26年2月19日開催の当社第131期定時株主総会において、株主の皆様のご承認をいただき継続いたしました
         (以下、当社第131期定時株主総会において継続をご承認いただいた対応策を「原施策」といいます。)。
                                  4/17


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
          当社は、社会・経済情勢の変化、買収防衛策に関する議論の進展等も踏まえ、原施策の継続の是非や内容に
         ついて検討を行った結果、平成29年1月11日開催の当社取締役会において、当社第134期定時株主総会における
         株主の皆様のご承認を条件として、原施策を継続する内容の当社株式の大規模買付行為に関する対応策(買収
         防 衛策)(以下「本施策」といいます。)について決議し、平成29年2月22日開催の当社第134期定時株主総会
         において本施策の継続に関する議案は承認可決されました。
         (a)  本施策継続の目的および対象となる当社株券等の買付け

           本施策は、特定株主グループの議決権保有割合を20%以上とすることを目的とする当社株券等の買付行
          為、または結果として特定株主グループの議決権保有割合が20%以上となる当社株券等の買付行為(取引所
          金融商品市場における買付け、公開買付け、その他具体的な買付方法の如何を問いませんが、当社取締役会
          が予め同意したものを除きます。以下、かかる買付行為を「大規模買付行為」といい、大規模買付行為を行
          う者を「大規模買付者」といいます。)が、当社グループの企業価値に重大な影響を及ぼす場合において、
          上記①に記載の基本方針に沿って当社グループの企業価値を確保し、向上させるため、大規模買付行為に適
          切な対応を行うことを目的としております。
           ここに、「特定株主グループ」とは、(Ⅰ)当社株券等の保有者およびその共同保有者、または(Ⅱ)当社株
          券等の買付け等を行う者およびその特別関係者をいい、「議決権保有割合」とは、特定株主グループが上記
          (Ⅰ)の場合においては当該保有者の株券等保有割合をいい、特定株主グループが上記(Ⅱ)の場合においては
          当該大規模買付者および当該特別関係者の株券等所有割合の合計をいいます。
         (b)  本施策の概要
           本施策は、大規模買付者が従うべき大規模買付ルールおよび大規模買付行為に対して当社がとりうる大規
          模買付対抗措置から構成されております。
           本施策においては、まず、大規模買付ルールとして、大規模買付者に対し、株主の皆様および当社取締役
          会による判断のための情報提供ならびに当社取締役会による検討・評価のための期間の付与を要請しており
          ます。
           次に、当社取締役会が、大規模買付対抗措置として、会社法その他の法令および当社定款によって認めら
          れる相当な対抗措置の発動を決議しうることを前提として、その発動の要件を、大規模買付者が大規模買付
          ルールを順守しない場合または大規模買付行為によって当社グループの企業価値または株主共同の利益が著
          しく毀損される場合に限定することといたしました。
           本施策に基づき大規模買付対抗措置を発動するか否かは、最終的には当社取締役会により決定されます
          が、その判断の客観性および合理性を担保するため、当社の業務執行を行う経営陣から独立している当社の
          社外取締役、社外監査役または社外有識者から構成される独立委員会を設置し、その意見を最大限尊重する
          ことといたしました。
           なお、当社は、本施策に従って大規模買付対抗措置を機動的に実施するため、新株予約権の発行登録を行
          う場合があります。また、本施策の有効期限は、平成32年2月に開催予定の当社第137期定時株主総会終結の
          時までとします。
           本施策の詳細につきましては、インターネット上の当社ウェブサイト(http://www.nachi-
          fujikoshi.co.jp/)に掲載の平成29年1月11日付当社ニュースリリース「当社株式の大規模買付行為に関す
          る対応策(買収防衛策)の継続のお知らせ」をご参照ください。
        ③  上記の各とり組みに対する当社取締役会の判断および理由

         1.  基本方針の実現に資する特別なとり組み
          上記②1.に記載した企業価値向上のためのとり組みは、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益
         を持続的に確保し、向上させるための具体的方策として策定されたものであり、上記①に記載の基本方針の実
         現に資するものです。したがって、これらのとり組みは、基本方針に沿い、当社の株主共同の利益を損なうも
         のではありません。
         2.  基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務および事業の方針の決定が支配されることを防止する

           ためのとり組み
          (a)  本施策が基本方針に沿うものであること
            本施策は、大規模買付者をして株主の皆様の判断に必要かつ十分な情報を提供せしめること、さらに、大
           規模買付者の提案する経営方針等が当社グループの企業価値に与える影響を当社取締役会が検討・評価して
           株主の皆様の判断の参考に供すること、場合によっては、当社取締役会が大規模買付行為または当社グルー
           プの経営方針等に関して大規模買付者と交渉または協議を行い、あるいは当社取締役会としての経営方針等
           の代替的提案を株主の皆様に提示すること等を可能とすることにより、当社グループの企業価値ひいては株
           主共同の利益を確保し、向上させるための枠組みであり、上記①に記載の基本方針に沿うものです。
                                  5/17


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
          (b)  本施策が株主共同の利益を損なうものではなく、また、当社の会社役員の地位の維持を目的とするもので
            はないこと
            当社は、(i)本施策は当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益の確保または向上を目的とするも
           のであること、(ⅱ)大規模買付ルールの内容ならびに大規模買付対抗措置の内容および発動要件は事前に開
           示されていること、(ⅲ)本施策の継続等について株主の皆様の意思が反映されていること、(ⅳ)大規模買付
           対抗措置の発動の手続について当社取締役会の判断に係る客観性・合理性が確保されていること、(ⅴ)本施
           策は経済産業省および法務省が平成17年5月27日に公表した「企業価値・株主共同の利益の確保または向上
           のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則を完全に充足していること、(ⅵ)本施策は経済産業省に
           設置された企業価値研究会が平成20年6月30日に公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在
           り方」に適合していること、(ⅶ)デッドハンド型やスローハンド型の買収防衛策ではないことの理由から、
           本施策は当社株主の共同の利益を損なうものではなく、また、当社の会社役員の地位の維持を目的とするも
           のではないと考えております。
       (4)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、48億39百万円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  6/17















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                           60,000,000
                   計                         60,000,000
       (注)平成30年2月21日開催の定時株主総会において、株式併合に関する議案(当社の普通株式10株を1株に併
          合)が承認可決されております。また、同株主総会において、定款一部変更に関する議案(発行可能株式総
          数を600,000,000株から60,000,000株に変更する定款変更を含む。)が承認可決されたため、平成30年6月1
          日をもって、当社の発行可能株式総数は540,000,000株減少し、60,000,000株に変更となりました。
        ②【発行済株式】

             第3四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
        種類     現在発行数(株)                          又は登録認可金融商品                内容
                          (平成30年10月5日)
             (平成30年8月31日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所
       普通株式         24,919,343             24,919,343                       単元株式数100株
                                         市場第一部
        計       24,919,343             24,919,343                ―           ―
       (注)    平成30年2月21日開催の定時株主総会において、株式併合に関する議案(当社の普通株式10株を1株に併
           合)が承認可決されております。これにより、平成30年6月1日をもって、当社の発行済株式総数は
           224,274,093株減少し、24,919,343株となりました。また、同株主総会において、定款一部変更に関する議
           案(単元株式数を1,000株から100株に変更する定款変更を含む。)が承認可決されたため、平成30年6月1
           日をもって、単元株式数は1,000株から100株に変更となりました。
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式
                                              資本準備金増
                               資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
          年月日                                    減額
                  総数増減数       総数残高
                                (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                                               (百万円)
                  (千株)       (千株)
       平成30年6月1日~
                  △224,274         24,919         -      16,074         -      11,420
       平成30年8月31日
       (注)平成30年2月21日開催の定時株主総会において、株式併合に関する議案(当社の普通株式10株を1株に併
          合)が承認可決されたため、平成30年6月1日をもって、当社の発行済株式総数は224,274千株減少し、
          24,919千株となりました。
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/17





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、実質株主が把握できず、記載することができま
        せんので、直前の基準日である平成30年5月31日の株主名簿により記載しております。
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年8月31日現在
              区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
        無議決権株式                      ―           ―            ―
        議決権制限株式(自己株式)                      ―           ―            ―
        議決権制限株式(その他)                      ―           ―            ―
                       (自己保有株式)
                                        ―            ―
                        普通株式            689,000
        完全議決権株式(自己株式等)
                       (相互保有株式)
                                        ―            ―
                        普通株式            105,000
                        普通株式      247,190,037
        完全議決権株式(その他)                                247,190             ―
                        普通株式         1,209,399
        単元未満株式                                ―     1単元(1,000株)未満の株式
        発行済株式総数                      249,193,436           ―            ―
        総株主の議決権                      ―           247,190             ―
       (注)     平成30年2月21日開催の定時株主総会において、株式併合に関する議案(当社の普通株式10株を1株に併
           合)が承認可決されております。これにより、平成30年6月1日をもって、当社の発行済株式総数は
           224,274,093株減少し、24,919,343株となりました。また、同株主総会において、定款一部変更に関する議
           案(単元株式数を1,000株から100株に変更する定款変更を含む。)が承認可決されたため、平成30年6月
           1日をもって、単元株式数は1,000株から100株に変更となりました。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年8月31日現在
                                                   発行済株式総数に
        所有者の氏名又                    自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                    所有者の住所                                対する所有株式数
        は名称                    株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
       (自己保有株式)
                  東京都港区東新橋一
                                        ―
       株式会社不二越           丁目9番2号             689,000               689,000           0.28
                  (汐留住友ビル)
       (相互保有株式)
                  富山市中大久保
                                        ―
       東亜電工株式会社                        105,000               105,000           0.04
                  129-1番地
                                        ―
            計           ―        794,000               794,000           0.32
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/17






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年6月1日から平
       成30年8月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年12月1日から平成30年8月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は平成30年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
                                  9/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年11月30日)              (平成30年8月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         23,436              21,968
         現金及び預金
                                         53,561              55,855
         受取手形及び売掛金
                                         23,142              22,809
         商品及び製品
                                         12,586              14,136
         仕掛品
                                         16,196              17,935
         原材料及び貯蔵品
                                         10,429               7,694
         その他
                                          △ 43             △ 34
         貸倒引当金
                                        139,308              140,364
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               31,598              30,907
          機械装置及び運搬具(純額)                               64,177              66,111
                                         19,091              16,362
          その他(純額)
          有形固定資産合計                              114,867              113,380
         無形固定資産                                 2,654              2,675
         投資その他の資産
                                         29,362              26,073
          投資有価証券
                                         8,307              8,303
          退職給付に係る資産
                                         4,662              4,829
          その他
                                           △ 8             △ 7
          貸倒引当金
                                         42,324              39,198
          投資その他の資産合計
                                        159,846              155,255
         固定資産合計
                                        299,155              295,620
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         48,105              47,952
         支払手形及び買掛金
                                         6,890              18,983
         短期借入金
                                         22,643              22,002
         1年内返済予定の長期借入金
                                         3,691              1,535
         未払法人税等
                                         17,752              14,409
         その他
                                         99,083              104,883
         流動負債合計
       固定負債
                                         53,925              46,145
         長期借入金
                                           31              16
         役員退職慰労引当金
         退職給付に係る負債                                10,866              10,889
                                         15,847              13,670
         その他
                                         80,671              70,722
         固定負債合計
       負債合計                                 179,755              175,605
                                 10/17






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年11月30日)              (平成30年8月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                         16,074              16,074
         資本金
                                         11,137              11,137
         資本剰余金
                                         75,824              80,550
         利益剰余金
                                         △ 251             △ 258
         自己株式
                                        102,785              107,504
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         13,787              11,470
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 3,225             △ 5,260
         為替換算調整勘定
                                         △ 447             △ 298
         退職給付に係る調整累計額
                                         10,113               5,911
         その他の包括利益累計額合計
                                         6,500              6,598
       非支配株主持分
                                        119,399              120,014
       純資産合計
      負債純資産合計                                   299,155              295,620
                                 11/17














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年8月31日)               至 平成30年8月31日)
      売上高                                   173,952              187,835
                                        133,378              143,948
      売上原価
                                         40,574              43,887
      売上総利益
                                         28,748              31,678
      販売費及び一般管理費
                                         11,826              12,208
      営業利益
      営業外収益
                                           52              64
       受取利息
                                           462              490
       受取配当金
                                           13              24
       持分法による投資利益
                                           378              419
       団体定期保険配当金
                                           362              725
       その他
                                         1,270              1,724
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           703              743
       支払利息
       売上割引                                   393              418
                                           99              853
       為替差損
                                           499              455
       団体定期保険料
                                           736              520
       その他
                                         2,432              2,991
       営業外費用合計
                                         10,664              10,941
      経常利益
      特別利益
                                            5              15
       固定資産売却益
                                           24              -
       段階取得に係る差益
                                           29              15
       特別利益合計
      特別損失
                                            8              -
       固定資産売却損
                                           37              29
       固定資産除却損
                                           553              558
       独占禁止法等関連損失
                                           599              587
       特別損失合計
                                         10,095              10,368
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    2,958              2,581
                                         △ 389              248
      法人税等調整額
                                         2,569              2,829
      法人税等合計
                                         7,526              7,539
      四半期純利益
                                           303              328
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         7,222              7,210
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/17







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年8月31日)               至 平成30年8月31日)
                                         7,526              7,539
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         1,959             △ 2,334
       その他有価証券評価差額金
                                         1,627             △ 2,190
       為替換算調整勘定
                                           138              149
       退職給付に係る調整額
                                          △ 61              14
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         3,664             △ 4,362
       その他の包括利益合計
                                         11,190               3,177
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         10,796               3,008
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           393              168
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/17















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結貸借対照表関係)
        (偶発債務等)
          訴訟等
           当社および当社の子会社は、             過去のベアリングの取引に関して、海外の競争法関係当局の調査を受けており
          ます。また、これらの調査に関連して、当社および当社の子会社に対して、米国およびカナダにおいて集団訴
          訟が提起されております。
           今後、上記訴訟等の結果によっては損失が発生する可能性がありますが、現時点でその金額を合理的に見積
          ることは困難であり、当社グループの経営成績等に与える影響は明らかではありません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)およびのれんの償却額
         は、次のとおりであります。
                             前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                             (自    平成28年12月1日             (自    平成29年12月1日
                              至   平成29年8月31日)              至   平成30年8月31日)
          減価償却費                      10,970百万円                 11,629百万円
          のれんの償却額                         6                84
        (株主資本等関係)

       前第3四半期連結累計期間(自 平成28年12月1日 至 平成29年8月31日)
        1.配当金支払額
                        配当金の総額
                               1株当たり
           決議      株式の種類                      基準日        効力発生日       配当の原資
                         (百万円)
                                配当額
        平成29年2月22日
                           2,485
                  普通株式              10円00銭     平成28年11月30日         平成29年2月23日         利益剰余金
        定時株主総会
        2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

        末日後となるもの
         該当事項はありません。
       当第3四半期連結累計期間(自 平成29年12月1日 至 平成30年8月31日)

        1.配当金支払額
                        配当金の総額
                               1株当たり
           決議      株式の種類                      基準日        効力発生日       配当の原資
                         (百万円)
                                配当額
        平成30年2月21日
                           2,485
                  普通株式              10円00銭     平成29年11月30日         平成30年2月22日         利益剰余金
        定時株主総会
        2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

        末日後となるもの
         該当事項はありません。
                                 14/17







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成28年12月1日 至平成29年8月31日)
        報告セグメントごとの売上高および利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:百万円)
                                                      四半期連結
                                報告セグメント
                                                調整額
                                                      損益計算書
                                                (注)1
                         機械工具       部品     その他       計
                                                      計上額(注)2
        売上高
                          63,863      99,330      10,758     173,952        -     173,952
         外部顧客への売上高
         セグメント間の内部売上高
                           1,531       650     4,278      6,460     ( 6,460   )        -
         又は振替高
                          65,395      99,981      15,036     180,413      ( 6,460   )     173,952
               計
                           4,934      6,216       619    11,770        55      11,826
        セグメント利益
         (注)1.セグメント利益の調整額は、主としてセグメント間取引消去であります。
           2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自平成29年12月1日 至平成30年8月31日)

        報告セグメントごとの売上高および利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:百万円)
                                                      四半期連結
                                報告セグメント
                                                調整額
                                                      損益計算書
                                                (注)1
                         機械工具       部品     その他       計
                                                      計上額(注)2
        売上高
                          64,435     110,179      13,220     187,835        -     187,835
         外部顧客への売上高
         セグメント間の内部売上高
                           1,170       565     4,627      6,363     ( 6,363   )        -
         又は振替高
                          65,606     110,744      17,848     194,198      ( 6,363   )     187,835
               計
                           4,649      6,352      1,148     12,151        57      12,208
        セグメント利益
         (注)1.セグメント利益の調整額は、主としてセグメント間取引消去であります。
           2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額および算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自    平成28年12月1日           (自    平成29年12月1日
                                 至   平成29年8月31日)            至   平成30年8月31日)
        1株当たり四半期純利益金額                               290円63銭               290円16銭
        (算定上の基礎)
         親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                         7,222               7,210
         (百万円)
         普通株主に帰属しない金額(百万円)                                 -               -
         普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                         7,222               7,210
         純利益金額(百万円)
         普通株式の期中平均株式数(千株)                               24,852               24,850
        (注)1.     潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
             ん。
           2.  平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度の
             期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 15/17



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年10月5日

     株式会社不二越

      取締役会 御中

                              EY新日本有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                櫻  井     均    印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                石  田    健  一      印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社不二越

     の平成29年12月1日から平成30年11月30日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年6月1日から平成30
     年8月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年12月1日から平成30年8月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社不二越及び連結子会社の平成30年8月31日現在の財政状態及
     び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な
     点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。