米国優先証券オープン 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出日:

提出者:米国優先証券オープン

カテゴリ:有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2018年10月16日       提出
      【発行者名】                      野村アセットマネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      CEO兼執行役社長          渡邊 国夫
      【本店の所在の場所】                      東京都中央区日本橋一丁目12番1号
      【事務連絡者氏名】                      松井 秀仁
      【電話番号】                      03-3241-9511
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      米国優先証券オープン
      信託受益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      3,000億円を上限とします。
      信託受益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                  1/80














                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】

       米国優先証券オープン

       (以下「ファンド」といいます。)
     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       追加型証券投資信託・           受益権   (以下「    受益権   」といいます。)

       なお、当初元本は1口当り1               円です。
      ■信用格付■
       信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付はありません。また、信用格付業者から提
      供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
       ファンドの受益権は、            社債等の振替に関する法律(政令で定める日以降「社債、株式等の振替に関する法

      律」となった場合は読み替えるものとし、「社債、株式等の振替に関する法律」を含め「社振法」といいま
      す。以下同じ。)の規定の適用を受け                   ており   、受益権の帰属は、          後述の「     ( 11 ) 振替機関に関する事項           」に記
      載の  振替機関及び当該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定す                                     る「口座管理機関」をいい、振
      替機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まり
      ます(以下、振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいま
      す。)。委託者である野村アセットマネジメント株式会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該
      振替受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありませ
      ん。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

       3,000億円を上限とします。

     (4)【発行(売出)価格】

                        ※
       取得申込日の翌営業日の基準価額                  とします。
       午後3   時までに、取得申込みが行なわれかつ当該取得申込みにかかる販売会社所定の事務手続が完了した
      ものを当日のお申込み分とします。
       㬰0౗﩮陏ꆘ䴰ര栰漰Žᒌ익⍽쾘䴰鈰崰湦䈰湓흶쩪⥓瀰枖搰地晟霰徘䴰鈰䐰䐰縰夰Ȱ樰䨰İ픰ꄰ줰欰䨰䐰昰濿
         万口当りの価額で表示されます。
       ファンドの基準価額については下記の照会先までお問い合わせ下さい。

            野村アセットマネジメント株式会社
            サポートダイヤル           0120-753104       ( フリーダイヤル        )
              <受付時間> 営業日の午前                 9 時~午後     5 時
            インターネットホームページ                 http://www.nomura-am.co.jp/
                                  2/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)【申込手数料】

                                       ;
      ①取得申込日の翌営業日の基準価額に1.08%(税抜1.0%)以内                                  で販売会社が独自に定める率を乗じて得た
       額とします。
          ※詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
      ②収益分配金を再投資する場合には手数料は無手数料とします。
     (6)【申込単位】

       1万口以上1口単位(当初元本1口=1円)または1万円以上1円単位(購入コースには、分配金を受取る一般

      コースと、分配金が再投資される自動けいぞく投資コースがあります。原則、購入後に購入コースの変更は
      できません。)
       ただし、「自動けいぞく投資コース」を選択した投資者が収益分配金を再投資する場合には1口単位とし
      ます。
     (7)【申込期間】

       2018年10月17日        から  2019年10月16日        まで

       * なお、申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
     (8)【申込取扱場所】

       ファンドの申込取扱場所             (以下「販売会社」といいます。)については下記の照会先までお問い合わせ下さ

      い。
            野村アセットマネジメント株式会社
            サポートダイヤル           0120-753104       ( フリーダイヤル        )
              <受付時間> 営業日の午前                 9 時~午後     5 時
            インターネットホームページ                 http://www.nomura-am.co.jp/
     (9)【払込期日】

       投資者は、取得申込日から起算して6                    営業日目までに申込代金を申込みの販売会社に支払うものとしま

      す。なお、販売会社が別に定める所定の方法により、上記の期日以前に取得申込代金をお支払いいただく場
      合があります。
       各取得申込日の発行価額の総額は、各販売会社によって、追加信託が行なわれる日に、野村アセットマネ
      ジメント株式会社         (「委託者」または「委託会社」といいます。)の                         指定する     口座を経由して、         三菱UFJ信託銀
      行株式会社      (「受託者」または「受託会社」といいます。)の指定するファンド口座に払い込まれます。
     (10)【払込取扱場所】

       申込代金は申込みの販売会社にお支払いください。払込取扱場所についてご不明の場合は、下記の照会先

                                  3/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      までお問い合わせ下さい。
            野村アセットマネジメント株式会社
            サポートダイヤル           0120-753104       ( フリーダイヤル        )
              <受付時間> 営業日の午前                 9 時~午後     5 時
            インターネットホームページ                 http://www.nomura-am.co.jp/
     (11)【振替機関に関する事項】

       ファンドの受益権         に係る   振替機関は下記の通りです。

             株式会社     証券保管振替機構
     (12)【その他】

      ① 申込みの方法

        受益権   の取得申込に際しては、販売会社所定の方法でお申込みください。
        分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受け取る「一般コース」と、分配金が税引き後無手
       数料で再投資される「自動けいぞく投資コース」の2つの申込方法があります。
        取得申込をする際に、「一般コース」か「自動けいぞく投資コース」か、どちらかのコースをお申し出
       ください。(原則として、お買付け後のコース変更はできません。)
        なお、販売会社や申込形態によっては、どちらか一方のコースのみのお取り扱いとなる場合や、買付単
       位が上記と異なる場合等があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
      ② 取得申込みの受付けの中止、既に受付けた取得申込みの受付けの取り消し
        金融商品取引所(金融商品取引法第                  2条第16項に規定する金融商品取引所および金融商品取引法第2条第8
       項第3号ロに規定する外国金融商品市場をいいます。以下同じ。なお、金融商品取引所を単に「取引所」と
       いう場合があり、取引所のうち、有価証券の売買または金融商品取引法第28条第8項第3号もしくは同項第5
       号の取引を行なう市場ないしは当該市場を開設するものを「証券取引所」という場合があります。)                                                    にお
       ける取引の停止、その他やむを得ない事情                      等 があるときは、取得申込みの受付けを中止すること、および
       既に受付けた取得申込みの受付けを取り消す場合があります。
      ③ 振替受益権について
        ファンドの受益権は、            投資信託     振替制度     (「振替制度」と称する場合があります。)                       に移行   したため     、
       社振法の規定の適用を受け、上記「                  ( 11 ) 振替機関に関する事項            」に記載の      振替機関     の振替業にかかる業務
       規程等の規則にしたがって取り扱われるものとします。
        ファンドの分配金、償還金、換金代金は、社振法および上記「                                 ( 11 ) 振替機関に関する事項            」に記載の
       振替機関     の業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
        (参考)
        ◆投資信託振替制度とは、
        ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて管理します。
        ・ ファンドの設定、解約、償還               等 がコンピュータシステム上の帳簿(「振替口座簿」といいます。)へ
        の記載・記録によって行なわれます                  ので、   受益証券は発行されません。
                                  4/80



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

       ◆米国のハイブリッド            プリファード        セキュリティーズ(以下、「ハイブリッド優先証券」といいます。)

        を主要投資対象とし、信託財産の成長を目標に積極的な運用を行なうことを基本とします。
       ◆年4回の決算時(原則として1、4、7、10月の各20日、同日が休業日の場合は翌営業日)に、基準価額水

        準等を勘案して分配を行ないます。
       ■ハイブリッド優先証券の特色について■

         ファンドが主要投資対象とするハイブリッド優先証券(Hybrid Preferred Securities)は、1990年
        代初頭より米国において発展してきた有価証券です。(わが国においては、株券または社債券の性質を
        有する有価証券、あるいは証券化関連商品として扱われています。)
         ハイブリッド優先証券は、株式と社債の特色を併せ持つユニークな商品であり、個人を中心とした利
        回り指向の投資家のニーズと発行体にとっての低コストの資金調達ニーズや財務上のニーズを合致させ
        た魅力ある商品として市場が拡大してきました。
         ハイブリッド優先証券には、企業が直接発行する形態のものや、企業が実質的に発行体となって特別
        なしくみ(特別目的発行主体)を経由して発行するもの(実質発行体)など、さまざまな形態があります。
         従来の優先株式との大きな違いは、企業にとっての資金調達コストの取扱いが現状の米国税制の下で
        は税務上発行企業にとって有利である――「株式配当」としてではなく「債券の利払い」と同様の扱い
        を受けられる(税引き前利益から引き落すことができる。)ことにあります。つまり税務上は債券に近い
        といえます。
         一方、企業にとっての財務上の観点からは償還までの期間が充分に長期であることや、利息/配当の
        支払いが繰り延べられることなどから、格付会社などからはより資本(株式)に近いと認識されており、
        また弁済順位上は株式と社債の中間に位置します。
         投資家にとっては、高水準の利息(配当)を提供する商品です。
        ※上記図は、あくまでもハイブリッド優先証券の一般的な特徴の一部について例示したイメージ図です。




                                  5/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ■信託金の限度額■
       信託金の限度額は、2,000億円です。ただし、受託者と合意のうえ、当該信託金限度額を変更することがで
      きます。
     <商品分類>

     一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づくファンドの商品分類は以下の通りで
     す。
     なお、ファンドに該当する商品分類及び属性区分は下記の表中に                                 網掛け表示      しております。
                        (米国優先証券オープン)

     《商品分類表》
                                              投資対象資産
          単位型・追加型                  投資対象地域
                                              (収益の源泉)
                                               株  式

                              国  内
            単位型                                   債  券
                              海  外                 不動産投信

            追加型                                   その他資産

                              内  外              (ハイブリッド優先証券)
                                               資産複合

     《属性区分表》

        投資対象資産               決算頻度            投資対象地域              為替ヘッジ
      株式                 年1回            グローバル
        一般
        大型株                年2回
        中小型株                             日本
                       年4回
      債券                               北米              あり
        一般                年6回                           (  )
        公債                (隔月)              欧州
        社債
        その他債券                年12回              アジア
       クレジット属性                (毎月)
       (  )                            オセアニア
                        日々
      不動産投信                              中南米              なし
                       その他
      その他資産                 (  )             アフリカ
      (ハイブリッド
      優先証券)                              中近東
                                    (中東)
      資産複合
      (  )                             エマージング
        資産配分固定型
        資産配分変更型
       ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しております。

                                  6/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     上記、商品分類及び属性区分の定義については、下記をご覧ください。
     なお、下記一般社団法人投資信託協会のホームページでもご覧頂けます。
     《一般社団法人投資信託協会インターネットホームページアドレス》  http://www.toushin.or.jp/
     ◆一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づくファンドの商品分類及び属性区分は

      以下の通りです。(2013年2月21日現在)
     <商品分類表定義>

     [単位型投信・追加型投信の区分]
      (1)単位型投信…当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の追加設定は一切行われないファンドを
              いう。
      (2)追加型投信…一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産とともに運用されるファ
              ンドをいう。
     [投資対象地域による区分]
      (1)国内…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨
           の記載があるものをいう。
      (2)海外…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉とする旨
           の記載があるものをいう。
      (3)内外…目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載が
           あるものをいう。
     [投資対象資産による区分]
      (1)株式…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載
           があるものをいう。
      (2)債券…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載
           があるものをいう。
      (3)不動産投信(リート)…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に不動産投資
                  信託の受益証券及び不動産投資法人の投資証券を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      (4)その他資産…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に上記(1)から(3)に掲
              げる資産以外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。なお、その他資産と併記して具体的な
              収益の源泉となる資産の名称記載も可とする。
      (5)資産複合…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)に掲げる資産のうち複数の資産による投資収益を
             実質的に源泉とする旨の記載があるものをいう。
     [独立した区分]
      (1)MMF(マネー・マネージメント・ファンド)…「MMF等の運営に関する規則」に定めるMMFをいう。
      (2)MRF(マネー・リザーブ・ファンド)…「MMF等の運営に関する規則」に定めるMRFをいう。
      (3)ETF…投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480号)第12条第1号及び第2号に規定する証券投資信
          託並びに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規定する上場証券投資信託をいう。
     [補足分類]
      (1)インデックス型…目論見書又は投資信託約款において、各種指数に連動する運用成果を目指す旨の記載があるもの
                をいう。
      (2)特殊型…目論見書又は投資信託約款において、投資者に対して注意を喚起することが必要と思われる特殊な仕組み
            あるいは運用手法の記載があるものをいう。なお、下記の属性区分で特殊型の小分類において「条件付運
            用型」に該当する場合には当該小分類を括弧書きで付記するものとし、それ以外の小分類に該当する場合
            には当該小分類を括弧書きで付記できるものとする。
     <属性区分表定義>

     [投資対象資産による属性区分]
      株式
      (1)一般…次の大型株、中小型株属性にあてはまらないすべてのものをいう。
      (2)大型株…目論見書又は投資信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載があるものをいう。
      (3)中小型株…目論見書又は投資信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記載があるものをいう。
      債券
      (1)一般…次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらないすべてのものをいう。
      (2)公債…目論見書又は投資信託約款において、日本国又は各国の政府の発行する国債(地方債、政府保証債、政府機関
           債、国際機関債を含む。以下同じ。)に主として投資する旨の記載があるものをいう。
      (3)社債…目論見書又は投資信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資する旨の記載があるものをい
                                  7/80

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           う。
      (4)その他債券…目論見書又は投資信託約款において、公債又は社債以外の債券に主として投資する旨の記載があるも
              のをいう。
      (5)格付等クレジットによる属性…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)の「発行体」による区分のほ
                      か、特にクレジットに対して明確な記載があるものについては、上記(1)から(4)に
                      掲げる区分に加え「高格付債」「低格付債」等を併記することも可とする。
      不動産投信…これ以上の詳細な分類は行わないものとする。
      その他資産…組入れている資産を記載するものとする。
      資産複合…以下の小分類に該当する場合には当該小分類を併記することができる。
      (1)資産配分固定型…目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については固定的とす
                る旨の記載があるものをいう。なお、組み合わせている資産を列挙するものとする。
      (2)資産配分変更型…目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については、機動的な
                変更を行なう旨の記載があるもの若しくは固定的とする旨の記載がないものをいう。なお、組み合
                わせている資産を列挙するものとする。
     [決算頻度による属性区分]
      (1)年1回…目論見書又は投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいう。
      (2)年2回…目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをいう。
      (3)年4回…目論見書又は投資信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをいう。
      (4)年6回(隔月)…目論見書又は投資信託約款において、年6回決算する旨の記載があるものをいう。
      (5)年12回(毎月)…目論見書又は投資信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があるものをいう。
      (6)日々…目論見書又は投資信託約款において、日々決算する旨の記載があるものをいう。
      (7)その他…上記属性にあてはまらないすべてのものをいう。
     [投資対象地域による属性区分(重複使用可能)]
      (1)グローバル…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界の資産を源泉とする旨の記載が
              あるものをいう。なお、「世界の資産」の中に「日本」を含むか含まないかを明確に記載するものと
              する。
      (2)日本…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とする旨の記載があるも
           のをいう。
      (3)北米…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産を源泉とする旨の記載があ
           るものをいう。
      (4)欧州…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が欧州地域の資産を源泉とする旨の記載があ
           るものをいう。
      (5)アジア…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除くアジア地域の資産を源泉とす
            る旨の記載があるものをいう。
      (6)オセアニア…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がオセアニア地域の資産を源泉とする
              旨の記載があるものをいう。
      (7)中南米…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中南米地域の資産を源泉とする旨の記載
            があるものをいう。
      (8)アフリカ…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がアフリカ地域の資産を源泉とする旨の
             記載があるものをいう。
      (9)中近東(中東)…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中近東地域の資産を源泉とする旨
               の記載があるものをいう。
      (10)エマージング…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がエマージング地域(新興成長国(地
                域))の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
     [投資形態による属性区分]
      (1)ファミリーファンド…目論見書又は投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資され
                  るものを除く。)を投資対象として投資するものをいう。
      (2)ファンド・オブ・ファンズ…「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファンド・オブ・ファンズをい
                     う。
     [為替ヘッジによる属性区分]
      (1)為替ヘッジあり…目論見書又は投資信託約款において、為替のフルヘッジ又は一部の資産に為替のヘッジを行う旨
                の記載があるものをいう。
      (2)為替ヘッジなし…目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨の記載があるもの又は為替の
                ヘッジを行う旨の記載がないものをいう。
     [インデックスファンドにおける対象インデックスによる属性区分]
      (1)日経225
      (2)TOPIX
      (3)その他の指数…上記指数にあてはまらないすべてのものをいう。
                                  8/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     [特殊型]
      (1)ブル・ベア型…目論見書又は投資信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、積極的に投資を行うとと
               もに各種指数・資産等への連動若しくは逆連動(一定倍の連動若しくは逆連動を含む。)を目指す旨
               の記載があるものをいう。
      (2)条件付運用型…目論見書又は投資信託約款において、仕組債への投資又はその他特殊な仕組みを用いることによ
               り、目標とする投資成果(基準価額、償還価額、収益分配金等)や信託終了日等が、明示的な指標等
               の値により定められる一定の条件によって決定される旨の記載があるものをいう。
      (3)ロング・ショート型/絶対収益追求型…目論見書又は投資信託約款において、特定の市場に左右されにくい収益の追
                          求を目指す旨若しくはロング・ショート戦略により収益の追求を目指す旨の
                          記載があるものをいう。
      (4)その他型…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(3)に掲げる属性のいずれにも該当しない特殊な仕組
             みあるいは運用手法の記載があるものをいう。
     (2)【ファンドの沿革】

        1997年1月31日    信託契約締結、ファンドの設定日、運用開始

     (3)【ファンドの仕組み】

        ■委託会社の概況(2018年8月末現在)■









         ・名称
           野村アセットマネジメント株式会社
         ・本店の所在の場所
           東京都中央区日本橋一丁目12番1号
         ・資本金の額
           17,180百万円
         ・会社の沿革
                                  9/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           1959年12月1日                 野村證券投資信託委託株式会社として設立
           1997年10月1日                 投資顧問会社である野村投資顧問株式会社と合併して野村
                            アセット・マネジメント投信株式会社に商号を変更
           2000年11月1日                 野村アセットマネジメント株式会社に商号を変更
           2003年6月27日                 委員会等設置会社へ移行
         ・大株主の状況
              名称                    住所             所有株式数        比率
       野村ホールディングス株式会社                   東京都中央区日本橋一丁目9番1号                     5,150,693株        100%
     2【投資方針】


     (1)【投資方針】

       [1]  米国のハイブリッド優先証券を主要投資対象とします。

         ◆ハイブリッド優先証券への投資にあっては、                        金融商品     取引所に上場されているなど流動性のあるも
          のに投資します。
           ; 投資を行なうハイブリッド優先証券については、詳しくは、下記「(2)投資対象                                     ①有価証券の指図範囲およ
           び②金融商品の指図範囲」をご参照ください。
         ◆ハイブリッド優先証券の選定にあたっては、個別銘柄の利回り、バリュエーション、格付や発行体
          の信用   状 況、流動性、発行条件や償還条項などの各種分析に基づき、割安と思われる銘柄に投資す
          ることを基本とします。
         ◆ハイブリッド優先証券への投資割合は、原則として高位としますが、社債との利回り格差等市況動
          向によっ     ては米国社債または財務省証券を組み入れる場合もあります。
       [2]  高水準の利息(配当)収入の獲得(米国ドルベース)を目指し、積極的に運用します。

         ◆銘柄間の割高割安の判断等によって、適宜、組入銘柄の見直しを行ないアクティブに運用を行ない
          ます。
           
           引、金利に係る先物取引および金利に係るオプション取引を行なう場合があります。
         ◆ハイブリッド優先証券を高位に組入れることにより、高水準の利息                                    (配当)収入の獲得を目指し運用
          します。
         ◆特定の銘柄・業種への集中を避け、分散投資を行ないます。
           㭢閌이끘茰欰蠰挰昰澖㊈孶萰檉데뤰䬰覐䭵⢀԰湒⑥괰李㮉腢閌읛ﺌ愰砰湢閌윰鉙❞䔰歾⹜༰夰識㑔࠰舰䈰訰
           す。
       [3]  外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行ないません。

       [4]  「 スペクトラム・アセット・マネジメント・インク(SPECTRUM                               ASSET   MANAGEMENT      INC.:スペクトラム

         社)  」 に運用の指図に関する権限の一部を委託します。
           ◆運用にあたってはスペクトラム社に、ファンドのハイブリッド優先証券および米国公社債(含
            む短期金融商品)の運用の指図に関する権限の一部を委託します。
         ◆ 委託する範囲        : ハイブリッド優先証券および米国公社債(含む短期金融商品)の運用
         ◆ 委託先名称        : SPECTRUM      ASSET   MANAGEMENT       INC.
         ◆ 委託先所在地        : 米国コネチカット州          スタンフォード市
                                 10/80

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ◆ 委託に係る費用        : 委託者が受ける報酬から、この信託の信託報酬支払いのとき支払うものとし、その報酬額
                   は、信託財産の平均純資産総額(月末純資産総額の平均値)に、次の率を乗じて得た額と
                   します。
                              平均純資産総額                 率
                              100億円以下の部分                 年0.35%
                           100億円超250億円以下の部分                   年0.30%
                              250億円超の部分                年0.20%
           運用の指図に関する権限の委託を中止または委託の内容を変更することができます。
          ※スペクトラム社の投資哲学

            国債はもちろん、同程度の格付の社債よりも高い利回りを持つハイブリッド優先証券を投資対
           象にし、特定の業種や格付に偏らないよう分散投資を行うことによって、長期的に安定した収益
           を達成すること。
            ハイブリッド優先証券市場に長年携わり、その特性を熟知している優秀なファンドマネー
           ジャーが運用を行います。運用にあたっては市場の動きや個別銘柄分析の結果を取り入れた独自
           のモデルを使用し、ハイブリッド優先証券に内在するリスクを減少させながら、高い収益を                                                あ げ
           ることを目指します。
         資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合もあります。

     (2)【投資対象】


        ファンドは、米国のハイブリッド                  プリファード        セキュリティーズ(「ハイブリッド優先証券」)を主要

       投資対象とします。
        なお、デリバティブの使用は、ヘッジ目的に限定します。
       ① 有価証券の指図範囲             (約款第19条第       1 項)

         委託者   (委託者から運用の権限委託を受けた者を含みます。以下同じ。)は、信託金を、次の有価証券
        (金融商品取引法第          2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)
        に投資することを指図します。
        1   株券または新株引受権証書
        2   国債証券
        3   地方債証券
        4   特別の法律により法人の発行する債券
        5   社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受権付
         社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
        6   コマーシャル・ペーパー
        7   外国  の者  の発行する証券または証書で、                第1号から第5号の          証券または証書の性質を有するハイブ
         リッド優先証券
        8   前号以外の外国または外国              の者  の発行する証券また          は証書で、第1号から第6号の証券または証書
         の性質を有するもの
        9   新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。)および新株予約権証券
         (外国または外国         の者  が発行する証券または証書で、かかる性質を有するものを含みます。以下同
         じ。)
        10  外国貸付債権信託受益証券              ( 金融商品取引法第2条第            1 項第1   8 号で定めるもの        をいいます。)
        10の2    預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
                                 11/80

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        11  外国法人が発行する譲渡性預金証書
        12  貸付債権信託受益権          であって金融商品取引法第              2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証
         券に表示されるべきもの
        13  外国  の者  に対する権利で前号の           有価証券に表示されるべき              権利の性質を有するもの
        1 4   指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証券
         に限ります。)
         なお  、第1号の証券または証書              ならびに     第7号   、第  8号および第10号の2          の証券または証書のうち第1
        号 の証券または証書の性質を有するものを以下「株式」といい、                                第2号から第5号までの証券、第7                   号
        の証券または証書のうち             第5  号の証券または証書の性質を有するもの                     ならびに     第8号   および第     10号の2    の
        証券  または証書      のうち   第2号   から第   5 号までの証券の性質を有するものを以下「公社債」といいます。
       ② 金融商品の指図範囲             (約款第19条第       2 項)
         委託者は、信託金を、次の金融商品                   (金融商品取引法第          2条第2項の規定により有価証券とみなされる
        同項各号に掲げる権利を含みます。)                   により運用することを指図することができます。
        1   預金
        2   指定金銭信託       (上記「(2)投資対象①有価証券の指図範囲」に掲げるものを除く。)
        3   コール・ローン
        4   手形割引市場において売買される手形
        4の2      貸付債権信託受益権であって、金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
        4の3      外国の者に対する権利で前号の権利の性質を有するもの
        5   流動性のあるハイブリッド優先証券(「(2)投資対象                           ①有価証券の指図範囲」の第               7 号に定めるハイ
         ブリッド優先証券を除く。)
       ③ その他の投資対象
        1   先物取引等
        2   スワップ取引
     (3)【運用体制】


        ファンドの運用体制は以下の通りです。

                                 12/80








                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当社では、ファンドの運用に関する社内規程として、                            運用担当者に関する規程             並びにスワップ取引、信

     用リスク管理、資金の借入、外国為替の予約取引等、信用取引等に関して各々、取扱い基準を設けてお
     ります。
        ファンドを含む委託会社における投資信託の内部管理及び意思決定を監督する組織等は以下の通りで

       す。
     ≪委託会社によるファンドの関係法人(販売会社を除く)に対する管理体制等≫











     当社では、「受託会社」または受託会社の再信託先に対しては、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合な
     どを行っています。また、受託業務の内部統制の有効性についての監査人による報告書を、受託会社より受
     け取っております。
     運用の外部委託を行う場合、「運用の外部委託先」に対しては、外部委託先が行った日々の約定について、
     投資ガイドラインに沿ったものであるかを確認しています。また、コンプライアンスレポートの提出を義務
     付け、定期的に管理状況に関する報告を受けています。さらに、外部委託先の管理体制、コンプライアンス
     体制等について調査ならびに評価を行い、定期的に商品に関する委員会に報告しています。
      ファンドの運用体制等は今後変更となる場合があります。

     (4)【分配方針】

                                 13/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       年4  回の毎決算時に、原則として以下の方針に基づき分配を行ないます。
       ① 分配対象額の範囲は、繰越分を含めた利子・配当収入と売買益                                   (評価益を含みます。)等の全額としま
        す。
       ② 収益分配金額は、委託者が基準価額水準等を勘案して決定します。
       ③ 留保益の運用については、特に制限を設けず、委託者の判断に基づき、元本部分と同一の運用を行な
        います。
          
           控除した額で、諸経費、監査費用、当該監査費用に係る消費税等に相当する金額、信託報酬および当該信託
           報酬に係る消費税等に相当する金額を控除した後その残金を受益者に分配することができます。なお、次期
           以降の分配金にあてるため、その一部を分配準備積立金として積み立てることができます。
          㬰X띶쨰栰漰Ř띤൶쨰殊問ꅤ൶쨰鉒ꁮᬰ地归⥶쪑톘䴰朰Ɗ䲌묰Ŷﮌ뭵⠰ş厊牶ﮌ뭵⠰歏숰譭袌뭺๻
           に相当する金額、信託報酬および当該信託報酬に係る消費税等に相当する金額を控除し、繰越欠損金のある
           ときは、その全額を売買益をもって補てんした後、受益者に分配することができます。なお、次期以降の分
           配にあてるため、分配準備積立金として積み立てることができます。
          ※ 毎計算期末において、信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越します。
       *委託会社の判断により分配を行なわない場合もあります。                               また、将来の分配金の支払いおよびその金額
        について示唆、保証するものではありません。
       ◆ファンドの決算日

         原則として      毎年1月、4月、7月および10月の各20日                    (休業日の場合は翌営業日)を決算日とします。
       ◆分配金のお支払い
         分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収益分
        配金にかかる決算日以前において一部解約が行なわれた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該
        収益分配金      にかかる     決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載
        または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に、                                          原則として決算日から
        起算して     5 営業日   までに支払いを開始します              。
         なお、時効前の収益分配金にかかる収益分配金交付票は、なおその効力を有するものとし、                                                その  収益
        分配  金 交付票と引      き換えに受益者にお支払いします。「自動けいぞく投資コース」をお申込みの場合
        は、分配金は税引き後無手数料で再投資されますが、再投資により増加した受益権は、                                             振替口座簿に記
        載または記録されます。
     (5)【投資制限】


       ① 株式への投資割合(運用の基本方針                     2  運用方法     (3)投資制限)

         株式への投資割合には制限を設けません。
       ② 外貨建資産への投資割合(運用の基本方針                        2  運用方法     (3)投資制限)
         外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
       ③ デリバティブの使用はヘッジ目的に限定します。
         一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を
         超えることとなるデリバティブ取引等(同規則に定めるデリバティブ取引等をいいます。)の利用は
         行ないません。
                                 14/80



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (運用の基本方針         2  運用方法     (3)投資制限)
       ④ 投資信託証券への投資割合
         投資信託証券への投資は行ないません。
       ⑤ 先物取引等の運用指図・目的・範囲(約款第23条)
        (ⅰ)委託者は、信託財産が運用対象とする有価証券の価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商
         品取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げるものをいいます。
         以下同じ。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるものをいいま
         す。以下同じ。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲げるもの
         をいいます。以下同じ。)ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を次の
         範囲で行なうことの指図をすることができます。なお、選択権取引はオプション取引に含めるものと
         します(以下同じ。)。
         1 先物取引の売建およびコール・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジの対象とす
          る有価証券(以下、「ヘッジ対象有価証券」といいます。)の時価総額の範囲内とします。
         2 先物取引の買建およびプット・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジ対象有価証
          券の組入可能額(組入ヘッジ対象有価証券を差し引いた額)に信託財産が限月までに受取る組入公社
          債、組入外国貸付債権信託受益証券、組入貸付債権信託受益権および組入指定金銭信託の受益証券
          の利払金および償還金を加えた額を限度とし、且つ信託財産が限月までに受取る組入有価証券に係
          る利払金および償還金等(株式、株価指数に係る先物取引の買建においては、信託財産が未収配当
          金として計上している額を含むものとし、この額には信託財産が当該限月を超えて受取る配当金も
          含まれます。)ならびに上記「(2)投資対象                       ②金融商品の指図範囲」の第1号から第4号に掲げる
          金融商品で運用している額の範囲内とします。
         3 コール・オプションおよびプット・オプションの買付の指図は、本条で規定する全オプション取
          引に係る支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産総額の5%を上回らない範囲
          内とします。
        (ⅱ)委託者は、信託財産に属する資産の為替変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所にお
         ける通貨に係る先物取引ならびに外国の金融商品取引所における通貨に係る先物取引およびオプショ
         ン取引を次の範囲で行なうことの指図をすることができます。
         1 先物取引の売建およびコール・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、為替の売予約と合
          せてヘッジ対象とする外貨建資産(外国通貨表示の有価証券(以下「外貨建有価証券」といいま
          す。)、預金その他の資産をいいます。以下同じ。)の時価総額の範囲内とします。
         2 先物取引の買建およびプット・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、為替の買予約と合
          せて、外貨建有価証券の買付代金等実需の範囲内とします。
         3 コール・オプションおよびプット・オプションの買付の指図は、支払いプレミアム額の合計額が
          取引時点の保有外貨建資産の時価総額の5%を上回らない範囲内とし、且つ本条で規定する全オプ
          ション取引に係る支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産総額の5%を上回ら
          ない範囲内とします。
        (ⅲ)委託者は、信託財産に属する資産の価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所にお
         ける金利に係る先物取引およびオプション取引ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引
         と類似の取引を次の範囲で行なうことの指図をすることができます。
         1 先物取引の売建およびコール・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジ対象とする
          金利商品(信託財産が1年以内に受け取る組入有価証券の利払金および償還金等ならびに上記「(2)
          投資対象     ②金融商品の指図範囲」の第1号から第4号に掲げる金融商品で運用されているものをい
                                 15/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          い、以下「ヘッジ対象金利商品」といいます。)の時価総額の範囲内とします。
         2 先物取引の買建およびプット・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、信託財産が限月ま
          でに受取る組入有価証券に係る利払金および償還金等ならびに上記「(2)投資対象                                           ②金融商品の指
          図範囲」の第1号から第4号に掲げる金融商品で運用している額(以下本号において「金融商品運用
          額等」といいます。)の範囲内とします。ただし、ヘッジ対象金利商品が外貨建で、信託財産の外貨
          建資産組入可能額(約款上の組入可能額から保有外貨建資産の時価総額を差引いた額。以下同じ。)
          に信託財産が限月までに受取る外貨建組入公社債および組入外国貸付債権信託受益証券ならびに外
          貨建組入貸付債権信託受益権の利払金および償還金を加えた額が当該金融商品運用額等の額より少
          ない場合には外貨建資産組入可能額に信託財産が限月までに受取る外貨建組入有価証券に係る利払
          金および償還金等を加えた額を限度とします。
         3 コール・オプションおよびプット・オプションの買付の指図は、支払いプレミアム額の合計額が
          取引時点のヘッジ対象金利商品の時価総額の5%を上回らない範囲内とし、且つ本条で規定する全
          オプション取引に係る支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産総額の5%を上
          回らない範囲内とします。
       ⑥ スワップ取引の運用指図・目的・範囲(約款第24条)
        (ⅰ)委託者は、信託財産に属する資産の効率的な運用ならびに価格変動リスクおよび為替変動リスクを
         回避するため、異なった通貨、異なった受取り金利または異なった受取り金利とその元本を一定の条
         件のもとに交換する取引(以下「スワップ取引」といいます。)を行なうことの指図をすることができ
         ます。
        (ⅱ)スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えないものと
         します。ただし、当該取引が信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではありませ
         ん。
        (ⅲ)スワップ取引の指図にあたっては、当該信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の合計額が、信
         託財産の純資産総額を超えないものとします。なお、信託財産の一部解約等の事由により、上記純資
         産総額が減少して、スワップ取引の想定元本の合計額が信託財産の純資産総額を超えることとなった
         場合には、委託者は速やかに、その超える額に相当するスワップ取引の一部の解約を指図するものと
         します。
        (ⅳ)スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が提示する価額、価格情報会社が提供する価額等、
         法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って評価するものとします。
        (ⅴ)委託者は、スワップ取引を行なうにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保
         の提供あるいは受入れの指図を行なうものとします。
       ⑦ 新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合(運用の基本方針                                      2  運用方法     (3)投資制限)
         新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の20%
        以内とします。
       ⑧ 投資する株式等の範囲(約款第21条)
         委託者が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、運用の基本方針の
        範囲内(新株引受権証券および新株予約権証券については、運用の基本方針に特別の規定がない場合、株
        式の範囲と同じものとする。)で、金融商品取引所に上場(上場予定を含みます。)されている株式の発行
        会社の発行するものおよび金融商品取引所に準ずる市場において取引されている株式の発行会社の発行
        するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当により取得する株式、新株引受権証券および
                                 16/80



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        新株予約権証券については、この限りではありません。
       ⑨ 同一銘柄の株式への投資割合(運用の基本方針                          2  運用方法     (3)投資制限)
         同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       ⑩ 同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合(運用の基本方針                                            2  運用方法     (3)  投
         資制限)
         同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内
        とします。
       ⑪ 同一銘柄のハイブリッド優先証券への投資割合(運用の基本方針                                    2  運用方法     (3)  投資制限)
         同一銘柄のハイブリッド優先証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       ⑫ 同一銘柄の転換社債等への投資割合(運用の基本方針                              2  運用方法     (3)  投資制限)
                                        ;
         同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債                                 への投資割合は、信託財産の純資産総額
        の10%以内とします。
           ※転換社債型新株予約権付社債とは、新株予約権付社債のうち会社法第236                                   条第1   項第3   号の財産が当該新株
            予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあら
            かじめ明確にしているもの(会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予
            約権付社債を含みます。)をいいます。
       ⑬ 有価証券の貸付の指図および範囲(約款第26条)
        (ⅰ)委託者は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債を次の範囲
         内で貸付の指図をすることができます。
         1 株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価合
          計額の50%を超えないものとします。
         2 公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する公
          社債の額面金額の合計額の50%を超えないものとします。
        (ⅱ)上記(ⅰ)に定める限度額を超えることとなった場合には、委託者は速やかに、その超える額に相当
         する契約の一部の解約を指図するものとします。
        (ⅲ)委託者は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行なうものとし
         ます。
       ⑭ 特別の場合の外貨建有価証券への投資制限(約款第27条)
         外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合
        には、制約されることがあります。
       ⑮ 外国為替予約の指図(約款第28条)
        (ⅰ)委託者は、信託財産に属する外貨建資産について、当該外貨建資産の為替ヘッジのため、外国為替
         の売買の予約を指図することができます。
        (ⅱ)委託者は、外国為替の売買の予約取引を行なうにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めた
         ときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行なうものとします。
       ⑯ 資金の借入れ(約款第37条)
        (ⅰ)委託者は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性をはかるため、一部解約に伴う支払資金
         の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的とし
         て、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール市場を通
         じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は
         行なわないものとします。
        (ⅱ)一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財
                                 17/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日から信託
         財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始日から信
         託 財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間と
         し、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、有価証券等の解約代金および有価証券等の償還金の合
         計額を限度とします。ただし、資金の借入額は、借入れ指図を行なう日における信託財産の純資産総
         額の10%を超えないこととします。
        (ⅲ)収益分配金の再投資にかかる借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日
         までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
        (ⅳ)借入金の利息は信託財産中より支弁します。
       ⑰ 一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
          ジャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として
          それぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、同規則に
          従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。(運用の基本方針                                        2  運用方法     (3)投資制
          限)
       ⑱ 同一の法人の発行する株式への投資制限(投資信託及び投資法人に関する法律第9条)
         同一の法人の発行する株式について、次の(ⅰ)の数が(ⅱ)の数を超えることとなる場合には、当該株
        式を信託財産で取得することを受託会社に指図しないものとします。
        (ⅰ)委託者が運用の指図を行なうすべてのファンドで保有する当該株式に係る議決権の総数
        (ⅱ)当該株式に係る議決権の総数に100分の50の率を乗じて得た数
     3【投資リスク】

     ≪基準価額の変動要因≫

      ファンドの基準価額は、投資を行なっている有価証券等の値動きによる影響を受けますが、これらの                                                    運用に
      よる損益はすべて投資者の皆様に帰属します。
      したがって、ファンドにおいて、                 投資者の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落
      により、損失を被り、投資元金が割り込むことがあります。                               なお、投資信託は預貯金と異なります。
      [ ハイブリッド優先証券の価格変動リスク                     ]

        ハイブリッド優先証券は、社債に近い性質を有しており、市場金利や信用度の変動により価格が変動し
        ます。また、ハイブリッド優先証券の価格は、実質発行体の企業業績の変化による当該証券の元利金支
        払い能力にも影響を受ける可能性があります。ファンドはハイブリッド優先証券に投資を行ないますの
        で、これらの影響を受けます。
      [為替変動リスク]
        ファンドは、組入外貨建資産について、原則として為替ヘッジを行ないませんので、為替変動の影響を
        受けます。
      ※ 基準価額の変動要因は上記に限定されるものではありません。

     ≪その他の留意点≫

      ◆ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はあ
       りません。
      ◆ 資金動向、市況動向等によっては、また、不慮の出来事等が起きた場合には、投資方針に沿った運用がで
                                 18/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       きない場合があります。
      ◆ ファンドが組み入れる有価証券の発行体において、利払いや償還金の支払いが滞る可能性があります。
      ◆ 有価証券への投資等ファンドにかかる取引にあたっては、取引の相手方の倒産等により契約が不履行にな
       る可能性があります。
      ◆ ハイブリッド優先証券に関する税制やその他制度上の変更等があった場合には、ハイブリッド優先証券市
       場が著しく縮小する可能性があり、結果、運用方針に沿った運用ができなくなる場合があります。
      ◆ファンドは、計算期間中に発生した運用収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超
       えて分配を行なう場合があります。したがって、ファンドの分配金の水準は必ずしも計算期間における
       ファンドの収益率を示唆するものではありません。
       投資者の個別元本(追加型投資信託を保有する投資者毎の取得元本)の状況によっては、分配金額の一部
       または全部が、実質的に元本の一部払戻しに相当する場合があります。
       分配金は     、預貯金の利息とは異なり              ファンドの純資産から支払われますので、分配金支払い後の純資産は
       その相当額が減少することとなり、基準価額が下落する要因となります。計算期間中に運用収益があった
       場合においても、当該運用収益を超えて分配を行なった場合、当期決算日の基準価額は前期決算日の基準
       価額と比べて下落することになります。
     ≪ 委託会社におけるリスクマネジメント体制                      ≫

       リスク管理関連の委員会
        ◆パフォーマンスの考査
         投資信託の信託財産についてパフォーマンスに基づいた定期的な考査(分析、評価)の結果の報告、
         審議を行ないます。
        ◆運用リスクの管理
         投資信託の信託財産の運用リスクを把握、管理し、その結果に基づき運用部門その他関連部署への是
         正勧告を行なうことにより、適切な管理を行ないます。
        リスク管理体制図

      ※投資リスクに関する管理体制等は今後変更となる場合があります。






                                 19/80



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】


















     (1)【申込手数料】

                                 20/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ① 取得申込日の翌営業日の基準価額に1.08%(申込手数料および当該申込手数料にかかる消費税等に相
                        ※
          当する率)(税抜1.0%)以内               で販売会社が独自に定める率を乗じて得た額とします。
            
            せ下さい。
        ② 収益分配金を再投資する場合には手数料は無手数料とします。
         購入時手数料は、商品及び関連する投資環境の説明および情報提供等、ならびに購入に関する事務コ

        ストの対価として、購入時に頂戴するものです。
     (2)【換金(解約)手数料】

        換金手数料はありません。

     (3)【信託報酬等】

        信託報酬の総額は、ファンドの計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に年10,000分の128.52

       (税抜年10,000分の119)の率を乗じて得た額とし、その配分については次の通り(税抜)とします。
            <委託会社>                 <販売会社>                 <受託会社>
           年10,000分の72                 年10,000分の40                 年10,000分の7
        ファンドの信託報酬は、日々計上され、ファンドの基準価額に反映されます。なお、                                            毎計算期末または
       信託終了のとき        ファンド     から支払われます。
        また、投資顧問会社であるSPECTRUM                    ASSET   MANAGEMENT      INC.(スペクトラム・アセット・マネジメン

       ト・インク)が受ける報酬は、委託者が受ける報酬から、この信託の信託報酬支払いのとき支払うものと
       し、その報酬額は、信託財産の平均純資産総額(月末純資産総額の平均値)に、次の率を乗じて得た額とし
       ます。
          (平均純資産総額)                         (率)
          100億円以下の部分                       年1万分の35
          100億円超250億円以下の部分                       年1万分の30
          250億円超の部分                       年1万分の20
     ≪支払先の役務の内容≫

         <委託会社>               <販売会社>               <受託会社>
      ファンドの運用とそれに               購入後の情報提供、運用               ファンドの財産の保管・
      伴う調査、受託会社への               報告書等各種書類の送               管理、委託会社からの指
      指図、法定書面等の作               付、口座内でのファンド               図の実行等
      成、基準価額の算出等               の管理および事務手続き
                     等
     (4)【その他の手数料等】

        ① ファンドにおいて一部解約に伴う支払資金の手当て等を目的として資金借入れの指図を行なった場

         合、当該借入金の利息は信託財産から支払われます。
        ② ファンドに関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託者の立替えた立替金の利息は、
                                 21/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         受益者の負担とし、信託財産から支払われます。
        ③ ファンドに関する組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、売買委託手数料に係る消費
         税等に相当する金額、先物取引・オプション取引等に要する費用、外貨建資産の保管等に要する費用
         は信託財産から支払われます。
        ④ 監査法人等に支払うファンドの監査に係る費用および当該監査費用に係る消費税等に相当する金額
         は、信託報酬支払いのときに信託財産から支払われます。
                                         ;
        ⑤ ファンドにおいて一部解約の実行に伴い、信託財産留保額                                 をご負担いただきます。信託財産留保
         額は、基準価額に0.3%の率を乗じて得た額を1口当たりに換算して、換金する口数に応じてご負担い
         ただきます。
            
            移を図るため、クローズド期間の有無に関係なく、信託期間満了前の解約に対し解約者から徴収する一定
            の金額をいい、信託財産に繰り入れられます。
      *これらの費用等の中には、運用状況等により変動するものがあり、事前に料率、上限額等を表示すること
       ができないものがあります。
     (5)【課税上の取扱い】

       課税上は、株式投資信託として取扱われます。

       ■個人、法人別の課税について■
       ◆個人の投資家に対する課税
        <収益分配金に対する課税>
          分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、20.315%(国税(所得税及び復興特別所得税)
         15.315%および地方税5%)の税率による源泉徴収が行なわれます。なお、確定申告により、申告分離
         課税もしくは総合課税のいずれかを選択することもできます。
         なお、配当控除は適用されません。
        <換金(解約)時および償還時の差益(譲渡益)に対する課税>
          換金(解約)時および償還時の差益(譲渡益)については、申告分離課税により20.315%(国税15.315%
         および地方税5%)の税率が適用され、源泉徴収口座を選択した場合は20.315%の税率により源泉徴収
         が行なわれます。
        ≪損益通算について≫

        以下の所得間で損益通算が可能です。上場株式等の配当所得については申告分離課税を選択したものに
        限ります。
                                       (注2)
         《利子所得》                                      《配当所得》
                     《上場株式等に係る譲渡所得等》
                     特定  公社債、     公募  公社債投資信託、上場

            (注1)
                                           ・上場株式の配当
     ・ 特定  公社債      の利子
                     株式、公募株式投資信託の
                                           ・公募株式投資信託の収益
     ・ 公募  公社債投資信託の収
                             ・譲渡益
                                            分配金
      益分配金
                             ・譲渡損
        (注1)「特定公社債」とは、国債、地方債、外国国債、公募公社債、上場公社債、2015年12月31日以前に発行され
            た公社債(同族会社が発行した社債を除きます。)などの一定の公社債をいいます。
        (注2)株式等に係る譲渡所得等について、上場株式等に係る譲渡所得等とそれ以外の株式等に係る譲渡所得等に区
            分し、別々の分離課税制度とすることとされ、原則として、これら相互の通算等ができないこととされま
            した。
                                 22/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         
          す。NISAをご利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配
          当 所得及び譲渡所得が一定期間非課税となります。他の口座で生じた配当所得や譲渡所得との損益通
          算はできません。販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となりま
          す。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
       ◆法人の投資家に対する課税

         分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに換金(解約)時および償還時の個別元本超過額につい
                                  ;
        ては、15.315%(国税15.315%)の税率で源泉徴収                          が行なわれます。なお、地方税の源泉徴収はありま
        せん。
            ※源泉税は所有期間に応じて法人税額から控除
       税金の取扱いの詳細については税務専門家等にご確認されることをお勧めします。

       ■換金(解約)時および償還時の課税について■

         [個人の投資家の場合]
                              ※
           換金(解約)時および償還時の差益                   については、譲渡所得とみなして課税が行われます。
              
              益として課税対象となります。
         [法人の投資家の場合]
           換金(解約)時および償還時の個別元本超過額が源泉徴収の対象(配当所得)となります。
        なお、買取りによるご換金について、詳しくは販売会社にお問い合わせください。
       ■個別元本について■

       ◆追加型投資信託を保有する受益者毎の取得元本をいいます。
       ◆受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合や受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取っ
        た場合などには、当該受益者の個別元本が変わりますので、詳しくは販売会社へお問い合わせくださ
        い。
       ■分配金の課税について■

       ◆分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」(受
                                 23/80







                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)があります。
      ※上図はあくまでもイメージ図であり、個別元本や基準価額、分配金の各水準等を示唆するものではありません。







      㭺๬픰䱥㥫挰唰谰彘㑔ࡻ䤰漰Ŏઊᠰఀ⠀㔀⦊뉺๎ਰ湓홢焰䐰ര湑蕛맿ࠀ㈀ ㄀㡞琀㡧ࡧ⭳﹗⣿र䱙०欰樰識㑔࠰

       あります。
     5【運用状況】

     以下は   2018年8月31日       現在  の運用状況であります。
     また、投資比率とはファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
     (1)【投資状況】

              資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

     外国証券(優先証券)                          アメリカ               5,017,806,298              91.94

     現金・預金・その他資産(負債控除後)                            ―              439,853,631             8.05

                合計(純資産総額)                             5,457,659,929             100.00

     (2)【投資資産】


     ①【投資有価証券の主要銘柄】

                                 24/80



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                       簿価     簿価     評価     評価    投資
     順
       国/
              種類           銘柄名         数量
                                       単価     金額     単価     金額    比率
     位
       地域
                                      (円)     (円)     (円)     (円)    (%)
     1 アメリカ              SOMPO  JAPAN  NIPPONKOA         2,205,000     11,425.29     251,927,810      11,550.24     254,682,792      4.66

          外国証券(優先証券)※
     2 アメリカ              BNSF  FUNDING   TRUST  I      2,000,000     12,244.36     244,887,300      12,577.54     251,550,900      4.60

          外国証券(優先証券)※
     3 アメリカ              CENTAUR   FUNDING   (CNTAUR)    9.08     2,000   125,028.68     250,057,365     123,138.21     246,276,438      4.51

          外国証券(優先証券)
                    4/21/20
     ▶ アメリカ              NATIONWIDE    FINANCIAL    SER     2,000,000     12,105.54     242,110,800      12,161.07     243,221,400      4.45

          外国証券(優先証券)※
     5 アメリカ              BNP  PARIBAS            2,000,000     11,744.59     234,891,900      11,827.89     236,557,800      4.33

          外国証券(優先証券)※
     6 アメリカ              METLIFE   CAPITAL   TRUST  X     1,500,000     15,159.69     227,395,350      15,159.69     227,395,350      4.16

          外国証券(優先証券)※
     7 アメリカ              WILLOW   NO.2  FOR  ZURICH   I     2,000,000     10,547.69     210,953,939      10,651.28     213,025,719      3.90

          外国証券(優先証券)※
     8 アメリカ              FIRST  UNION  CAPITAL   II      1,500,000     13,967.79     209,516,961      14,040.54     210,608,159      3.85

          外国証券(優先証券)※
     9 アメリカ              HSBC  CAPITAL   FUNDING   USD     1,000,000     16,804.71     168,047,107      16,589.58     165,895,875      3.03

          外国証券(優先証券)※
     10 アメリカ              SWEDBANK    AB          1,400,000     11,087.89     155,230,561      11,124.75     155,746,612      2.85

          外国証券(優先証券)※
     11 アメリカ              STANLEY   BLACK(SWK)5.7500%            50,000    2,816.48    140,824,080      2,835.36    141,768,090      2.59

          外国証券(優先証券)
                    7/25/52   Series
     12 アメリカ              LIBERTY   MUTUAL   GROUP  INC     1,000,000     13,091.19     130,911,975      13,132.84     131,328,450      2.40

          外国証券(優先証券)※
     13 アメリカ              DAI-ICHI    MUTUAL   LIFE       1,000,000     12,036.12     120,361,275      12,050.01     120,500,100      2.20

          外国証券(優先証券)※
     14 アメリカ              AXA  SA            1,000,000     11,938.95     119,389,500      11,883.42     118,834,200      2.17

          外国証券(優先証券)※
     15 アメリカ              PRUDENTIAL    FINANCIAL    INC     1,000,000     11,800.12     118,001,250      11,841.77     118,417,725      2.16

          外国証券(優先証券)※
     16 アメリカ              RABOBANK    NEDERLAND          1,000,000     11,913.96     119,139,615      11,800.12     118,001,250      2.16

          外国証券(優先証券)※
     17 アメリカ              STANDARD    CHARTERED    PLC      1,000,000     11,987.88     119,878,830      11,761.36     117,613,650      2.15

          外国証券(優先証券)※
     18 アメリカ              AXIS  CAPITAL   (AXS)  5.5000%       40,000    2,763.17    110,526,912      2,787.82    111,513,125      2.04

          外国証券(優先証券)
                    Series
     19 アメリカ              DOMINION    ENERGY   5.25%         40,000    2,773.16    110,926,728      2,724.30    108,972,072      1.99

          外国証券(優先証券)
                    07/30/2076
     20 アメリカ              SVENSKA   HANDELSBANKEN      AB     1,000,000     10,759.77     107,597,705      10,861.99     108,619,901      1.99

          外国証券(優先証券)※
     21 アメリカ              JPMORGAN    CHASE  & CO       1,000,000     10,078.69     100,786,950      10,023.16     100,231,650      1.83

          外国証券(優先証券)※
     22 アメリカ              STATE  STREET   CORP         1,000,000     9,912.10     99,121,050      9,995.40     99,954,000     1.83

          外国証券(優先証券)※
     23 アメリカ              AMERICAN    INTL  GROUP         706,000    14,021.32     98,990,554     14,021.32     98,990,554     1.81

          外国証券(優先証券)※
     24 アメリカ              ENTERGY   LA LLC  5.2500%   7/01/52      34,979    2,774.27     97,041,498      2,787.60     97,507,670     1.78

          外国証券(優先証券)
                    Series
     25 アメリカ              AMERICAN    INTL  GROUP         800,000    10,967.17     87,737,400     10,939.41     87,515,280     1.60

          外国証券(優先証券)※
     26 アメリカ              DTE  ENERGY   CO(DTE)5.2500%           25,000    2,759.84     68,996,025      2,740.96     68,524,020     1.25

          外国証券(優先証券)
                    12/01/62Series
     27 アメリカ              PRUDENTIAL    PLC          600,000    11,320.34     67,922,075     11,316.90     67,901,418     1.24

          外国証券(優先証券)※
     28 アメリカ              DTE  ENERGY   CO 6.000000%         20,000    2,901.99     58,039,956      2,904.21     58,084,380     1.06

          外国証券(優先証券)
                    12/15/76    PFD
                                 25/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     29 アメリカ              BERKLEY(WR)     (WRB)  5.6250%        21,100    2,750.95     58,045,176      2,743.18     57,881,140     1.06
          外国証券(優先証券)
                    4/30/53   Series
     30 アメリカ              NATIONAL    RURAL  UTIL  COOP       500,000    11,438.60     57,193,046     11,422.35     57,111,789     1.04

          外国証券(優先証券)※
     (注)外国証券(優先証券)のうち※のあるものについては数量100あたりの単価を表示しております。

     種類別及び業種別投資比率

               種類                    投資比率(%)

          外国証券(優先証券)                                   91.94

              合  計                                91.94

     ②【投資不動産物件】


     該当事項はありません。
     ③【その他投資資産の主要なもの】

     該当事項はありません。

     (3)【運用実績】

     ①【純資産の推移】

     2018年8月末日及び同日前1年以内における各月末並びに下記特定期間末の純資産の推移は次の通りです。

                              純資産総額(百万円)                 1口当たり純資産額(円)

                            (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
     第24特定期間             (2009年    1月20日)          15,521         15,893         0.4332         0.4436
     第25特定期間             (2009年    7月21日)          16,260         16,592         0.4943         0.5044
     第26特定期間             (2010年    1月20日)          15,894         16,148         0.5633         0.5723
     第27特定期間             (2010年    7月20日)          13,206         13,413         0.5437         0.5522
     第28特定期間             (2011年    1月20日)          11,000         11,175         0.5358         0.5443
     第29特定期間             (2011年    7月20日)          9,678         9,835        0.5227         0.5312
     第30特定期間             (2012年    1月20日)          8,131         8,273        0.4849         0.4934
     第31特定期間             (2012年    7月20日)          7,959         8,090        0.5170         0.5255
     第32特定期間             (2013年    1月21日)          8,541         8,660        0.6108         0.6193
     第33特定期間             (2013年    7月22日)          8,481         8,591        0.6600         0.6685
     第34特定期間             (2014年    1月20日)          7,871         7,970        0.6726         0.6811
     第35特定期間             (2014年    7月22日)          7,486         7,578        0.6855         0.6940
     第36特定期間             (2015年    1月20日)          8,230         8,317        0.7995         0.8080
     第37特定期間             (2015年    7月21日)          8,091         8,173        0.8332         0.8417
                                 26/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第38特定期間             (2016年    1月20日)          7,162         7,241        0.7702         0.7787
     第39特定期間             (2016年    7月20日)          6,530         6,609        0.7068         0.7153
     第40特定期間             (2017年    1月20日)          6,611         6,687        0.7454         0.7539
     第41特定期間             (2017年    7月20日)          6,214         6,285        0.7491         0.7576
     第42特定期間             (2018年    1月22日)          5,849         5,917        0.7318         0.7403
     第43特定期間             (2018年    7月20日)          5,529         5,595        0.7175         0.7260
                   2017年    8月末日          6,076           ―      0.7438           ―
                       9月末日          6,161           ―      0.7607           ―
                      10月末日             6,166           ―      0.7576           ―
                      11月末日             6,069           ―      0.7504           ―
                      12月末日             6,076           ―      0.7589           ―
                   2018年    1月末日          5,706           ―      0.7139           ―
                       2月末日          5,608           ―      0.7053           ―
                       3月末日          5,455           ―      0.6946           ―
                       4月末日          5,505           ―      0.7056           ―
                       5月末日          5,439           ―      0.6995           ―
                       6月末日          5,501           ―      0.7104           ―
                       7月末日          5,458           ―      0.7088           ―
                       8月末日          5,457           ―      0.7133           ―
     ②【分配の推移】

                             計算期間                    1口当たりの分配金

        第24特定期間         2008年    7月23日~2009年        1月20日                             0.0222円
        第25特定期間         2009年    1月21日~2009年        7月21日                             0.0208円
        第26特定期間         2009年    7月22日~2010年        1月20日                             0.0187円
        第27特定期間         2010年    1月21日~2010年        7月20日                             0.0173円
        第28特定期間         2010年    7月21日~2011年        1月20日                             0.0170円
        第29特定期間         2011年    1月21日~2011年        7月20日                             0.0170円
        第30特定期間         2011年    7月21日~2012年        1月20日                             0.0170円
        第31特定期間         2012年    1月21日~2012年        7月20日                             0.0170円
        第32特定期間         2012年    7月21日~2013年        1月21日                             0.0170円
        第33特定期間         2013年    1月22日~2013年        7月22日                             0.0170円
        第34特定期間         2013年    7月23日~2014年        1月20日                             0.0170円
        第35特定期間         2014年    1月21日~2014年        7月22日                             0.0170円
        第36特定期間         2014年    7月23日~2015年        1月20日                             0.0170円
        第37特定期間         2015年    1月21日~2015年        7月21日                             0.0170円
        第38特定期間         2015年    7月22日~2016年        1月20日                             0.0170円
        第39特定期間         2016年    1月21日~2016年        7月20日                             0.0170円
        第40特定期間         2016年    7月21日~2017年        1月20日                             0.0170円
        第41特定期間         2017年    1月21日~2017年        7月20日                             0.0170円
                                 27/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        第42特定期間         2017年    7月21日~2018年        1月22日                             0.0170円
        第43特定期間         2018年    1月23日~2018年        7月20日                             0.0170円
     ※各特定期間中の分配金単価の合計を表示しております。

     ③【収益率の推移】

                             計算期間                       収益率

        第24特定期間         2008年    7月23日~2009年        1月20日                             △32.4%
        第25特定期間         2009年    1月21日~2009年        7月21日                              18.9%
        第26特定期間         2009年    7月22日~2010年        1月20日                              17.7%
        第27特定期間         2010年    1月21日~2010年        7月20日                             △0.4%
        第28特定期間         2010年    7月21日~2011年        1月20日                              1.7%
        第29特定期間         2011年    1月21日~2011年        7月20日                              0.7%
        第30特定期間         2011年    7月21日~2012年        1月20日                             △4.0%
        第31特定期間         2012年    1月21日~2012年        7月20日                              10.1%
        第32特定期間         2012年    7月21日~2013年        1月21日                              21.4%
        第33特定期間         2013年    1月22日~2013年        7月22日                              10.8%
        第34特定期間         2013年    7月23日~2014年        1月20日                              4.5%
        第35特定期間         2014年    1月21日~2014年        7月22日                              4.4%
        第36特定期間         2014年    7月23日~2015年        1月20日                              19.1%
        第37特定期間         2015年    1月21日~2015年        7月21日                              6.3%
        第38特定期間         2015年    7月22日~2016年        1月20日                             △5.5%
        第39特定期間         2016年    1月21日~2016年        7月20日                             △6.0%
        第40特定期間         2016年    7月21日~2017年        1月20日                              7.9%
        第41特定期間         2017年    1月21日~2017年        7月20日                              2.8%
        第42特定期間         2017年    7月21日~2018年        1月22日                             △0.0%
        第43特定期間         2018年    1月23日~2018年        7月20日                              0.4%
     ※各特定期間中の分配金単価の合計を加算して算出しております。

     ※各特定期間の収益率は、特定期間末の基準価額(期間中の分配金を加算した額)から当該特定期間の直前の特定期間末の
      基準価額(分配落の額。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除して得た数に100を
      乗じて得た数を記載しております。なお、小数点以下2桁目を四捨五入し、小数点以下1桁目まで表示しております。
     (4)【設定及び解約の実績】

                       計算期間               設定口数        解約口数        発行済み口数

      第24特定期間        2008年    7月23日~2009年        1月20日            187,617,312       3,120,203,684         35,830,336,638
      第25特定期間        2009年    1月21日~2009年        7月21日            228,176,808       3,162,465,413         32,896,048,033
      第26特定期間        2009年    7月22日~2010年        1月20日            157,926,438       4,838,422,288         28,215,552,183
      第27特定期間        2010年    1月21日~2010年        7月20日            107,342,647       4,030,911,340         24,291,983,490
      第28特定期間        2010年    7月21日~2011年        1月20日            105,201,940       3,866,015,848         20,531,169,582
      第29特定期間        2011年    1月21日~2011年        7月20日            99,325,149       2,114,534,424         18,515,960,307
      第30特定期間        2011年    7月21日~2012年        1月20日            98,219,805       1,845,969,977         16,768,210,135
                                 28/80

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      第31特定期間        2012年    1月21日~2012年        7月20日            88,052,605       1,459,971,158         15,396,291,582
      第32特定期間        2012年    7月21日~2013年        1月21日            108,814,314       1,520,003,554         13,985,102,342
      第33特定期間        2013年    1月22日~2013年        7月22日            97,808,580       1,231,922,535         12,850,988,387
      第34特定期間        2013年    7月23日~2014年        1月20日            66,590,817       1,215,008,120         11,702,571,084
      第35特定期間        2014年    1月21日~2014年        7月22日            73,841,145        855,643,408        10,920,768,821
      第36特定期間        2014年    7月23日~2015年        1月20日            69,286,892        696,416,574        10,293,639,139
      第37特定期間        2015年    1月21日~2015年        7月21日            76,263,956        658,769,652        9,711,133,443
      第38特定期間        2015年    7月22日~2016年        1月20日            52,755,704        464,042,509        9,299,846,638
      第39特定期間        2016年    1月21日~2016年        7月20日            321,267,916        381,024,780        9,240,089,774
      第40特定期間        2016年    7月21日~2017年        1月20日            184,838,042        554,942,838        8,869,984,978
      第41特定期間        2017年    1月21日~2017年        7月20日            50,763,518        624,784,853        8,295,963,643
      第42特定期間        2017年    7月21日~2018年        1月22日            116,393,950        419,289,978        7,993,067,615
      第43特定期間        2018年    1月23日~2018年        7月20日            35,435,723        321,303,189        7,707,200,149
     ※本邦外における設定及び解約の実績はありません。

     ≪参考情報≫

                                 29/80













                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】


















     1【申込(販売)手続等】

                                 30/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         申込期間中の各営業日に、有価証券届出書の「第一部                            証券情報」にしたがって受益権の募集が行なわ
        れます。
         取得申込の受付けについては、午後3時までに取得申込みが行われかつ当該取得申込みの受付けにか
        かる販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の申込み分とします。
         分配金の受取方法により、「一般コース」と「自動けいぞく投資コース」の2つの申込方法がありま
        す。ただし、申込取扱場所によっては、どちらか一方のみの取扱いとなる場合があります。
         ファンドの申込(販売)手続についてご不明な点がある場合には、下記の照会先までお問い合わせ下さ
        い。
            野村アセットマネジメント株式会社
            サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
              <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
            インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
         販売の単位は、1万口以上1口単位(当初元本1口=1円)または1万円以上1円単位(購入コースには、

        分配金を受取る一般コースと、分配金が再投資される自動けいぞく投資コースがあります。)としま
        す。ただし、「自動けいぞく投資コース」を選択した受益者が収益分配金を再投資する場合は1口単位
        とします。なお、販売会社によっては、どちらか一方のコースのみの取扱いとなる場合や、取得申込単
        位が前記と異なる場合等があります。原則として、お買付け後のコース変更はできません。詳しくは販
        売会社にお問い合わせください。
        ■積立方式■
                                           ;
         販売会社によっては、「定時定額購入サービス」等に関する契約                                   を締結した場合、当該契約で規定
        する取得申込の単位によるものとします。
          
           とがあります。
         受益権の販売価額は、取得申込日の翌営業日の基準価額とします。

         金融商品取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情
        があるときは、信託約款の規定に従い、委託者の判断でファンドの受益権の取得申込みの受付けを中止
        すること、および既に受付けた取得申込みの受付けを取り消す場合があります。
        <申込手数料>
                                          ;
         (ⅰ)取得申込日の翌営業日の基準価額に1.08%(税抜1.0%)以内                                  で販売会社が独自に定める率を乗じ
           て得た額とします。
             
             わせ下さい。
         (ⅱ)収益分配金を再投資する場合には手数料は無手数料とします。
         㭓홟靵㎏벀԰澌꥘᩹㸰欰œ홟靵㎏배桔౦䈰欰縰弰潎蠰脰Ɓ渰弰脰殕變ⴰ唰谰弰픰ꄰ줰湓흶쩪

        の振替を行なうための振替機関等の口座を示すものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加
        の記載または記録が行なわれます。なお、販売会社は、当該取得申込の代金の支払いと引き換えに、当
        該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録を行なうことができます。委託者は、追加
        信託により分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため
        社振法に定める事項の振替機関への通知を行なうものとします。振替機関等は、委託者から振替機関へ
        の通知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行
                                 31/80

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ないます。受託者は、追加信託により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方法
        により、振替機関へ当該受益権に係る信託を設定した旨の通知を行ないます。
     2【換金(解約)手続等】


          受益者は、受益権を、           1口単位または1円単位           で換金できます。

            
             ます。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
          受益者が一部解約の実行の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行なうものと
         します。
          一部解約の実行の請求の受付けについては、午後3時(半日営業日の場合は午前11時)までに、解約
         請求のお申込みが行われかつ、その解約請求のお申込みの受付けにかかる販売会社所定の事務手続が
         完了したものを当日のお申込み分とします。
          換金価額は、解約申込みの受付日の翌営業日の基準価額から、信託財産留保額を差し引いた価額と
         なります。
          信託財産留保額は、基準価額に0.3%の率を乗じて得た額を1口当たりに換算して、換金する口数に応
         じてご負担いただきます。
          ファンドの基準価額については下記の照会先までお問い合わせ下さい。
            野村アセットマネジメント株式会社
            サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
              <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
            インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
          なお、信託財産の資金管理を円滑に行なうため、1日1件10億円を超える一部解約は行なえませ

         ん。また、別途、大口解約について、1日1件10億円以下の金額であっても、ファンドの残高、市場
         の流動性の状況等によっては、委託者の判断により一部解約の金額に制限を設ける場合や一部解約の
                         ※
         実行の請求の受付時間に制限                を設ける場合があります。
           
            販売会社所定の事務手続きが完了したものに制限する場合をいいます。
          解約代金は、原則として一部解約の実行の請求日から起算して6営業日目から販売会社において支
         払います。
          金融商品取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事
         情があるときは、信託約款の規定に従い、委託者の判断で一部解約の実行の請求の受付けを中止する
         こと、および既に受付けた一部解約の実行の請求の受付けを取り消す場合があります。
          また、一部解約の実行の請求の受け付けが中止された場合には、受益者は当該受付け中止以前に行
         なった当日の一部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一部解約の実行の請求を
         撤回しない場合には、当該受付け中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に一部解約の実行の請
         求を受付けたものとします。
         

         係るこの信託契約の一部解約を委託者が行なうのと引き換えに、当該一部解約に係る受益権の口数と
                                 32/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         同口数の抹消の申請を行なうものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該
         口数の減少の記載または記録が行なわれます。
          受益証券をお手許で保有されている方は、換金のお申し込みに際して、個別に振替受益権とするた
         めの所要の手続きが必要であり、この手続きには時間を要しますので、ご留意ください。
     3【資産管理等の概要】


     (1)【資産の評価】

        <基準価額の計算方法>

          基準価額とは、計算日において、信託財産に属する資産                             (受入担保金代用有価証券を除きます。)を
         法令および      一般  社団法人投資信託協会規則にしたがって時価または一部償却原価法により評価して得
         た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(「純資産総額」といいます。)を、計算日におけ
         る受益権口数で除して得た額をいいます。なお、ファンドにおいては                                    1 万口当りの価額で表示されま
         す。
          ファンドの主な投資対象の評価方法は以下の通りです。

         対象                          評価方法

     ハイブリッド優先証券
                               ※1
                 原則として、基準価額計算日               の 金融商品    取引所の    最終相場    で評価します。
         (上場)
                               㯿
     ハイブリッド優先証券
                 原則として、基準価額計算日               にお  ける、   金融商品取引業者        、銀行等の提示する価額で
        (非上場)
                 評価します。
                               ※1                       ※2
                 原則として、基準価額計算日               における以下のいずれかの価額で評価します。
                  ①  日本証券業協会       が 発表  する  売買参考統計値(平均値)
        公社債等
                  ②  金融商品取引業者        、銀行等の提示する価額           (売気配相場を除く)
                  ③  価格情報会社の提供する価額
        外貨建資産         原則として、基準価額計算日の対顧客相場の仲値で円換算を行います。
      ※1 外国で取引されているものについては、原則として、基準価額計算日の前日とします。
      ※2   残存期間     1 年以内の公社債等については、一部償却原価法(アキュムレーションまたはアモチゼーション)による評
         価を適用することができます。
          ファンドの基準価額については下記の照会先までお問い合わせ下さい。

            野村アセットマネジメント株式会社
            サポートダイヤル           0120-753104       ( フリーダイヤル        )
              <受付時間> 営業日の午前                 9 時~午後     5 時
            インターネットホームページ                 http://www.nomura-am.co.jp/
     (2)【保管】

         ファンドの受益権         の帰属は、      振替機関     等の振替口座簿に記          載または記録されることにより定まり、受

        益証券を発行しませんので、受益証券の保管に関する該当事項は                                 ありません      。
     (3)【信託期間】

                                 33/80

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         2022年1月20日までとします(1997年1月31日設定)。
         なお、委託者は、信託期間満了前に、信託期間の延長が受益者に有利であると認めたときは、受託者
        と協議のうえ、信託期間を延長することができます。
     (4)【計算期間】

         原則として、毎年1月21日から4月20日まで、4月21日から7月20日まで、7月21日から10月20日ま

        で、および10月21日から翌年1月20日までとします。
         なお、各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます。)が休業日のとき、各計算期間終
        了日は該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。ただし、最終計
        算期間の終了日は、信託期間の終了日とします。
     (5)【その他】

        (a)   ファンドの繰上償還条項

          委託者は、信託契約の一部解約により受益権の口数が10億口を下回った場合またはこの信託契約を
         解約することが受益者のため有利であると認めるとき、もしくはやむを得ない事情が発生したとき
         は、受託者と合意のうえ、この信託契約を解約し、信託を終了させる場合があります。この場合にお
         いて、委託者は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
        (b)   信託期間の終了
         (ⅰ)委託者は、上記「(a)              ファンドの繰上償還条項」にしたがい信託を終了させる場合は、あらかじ
          め、解約しようとする旨を公告し、かつ、その旨を記載した書面をこの信託契約に係る知られたる
          受益者に対して交付します。ただし、この信託契約に係るすべての受益者に対して書面を交付した
          ときは、原則として、公告を行ないません。
         (ⅱ)上記(ⅰ)の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託者に対して異議を
          述べるべき旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
         (ⅲ)上記(ⅱ)の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一を超
          えるときは、上記(a)の信託契約の解約をしません。
         (ⅳ)委託者は、この信託契約の解約をしないこととしたときは、解約しない旨およびその理由を公告
          し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの信託契約に係る知られたる受益者に対して交付しま
          す。ただし、この信託契約に係るすべての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公
          告を行ないません。
         (ⅴ)上記(ⅱ)から(ⅳ)までの規定は、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている
          場合であって、上記(ⅱ)の一定の期間が一月を下らずにその公告および書面の交付を行うことが困
          難な場合には適用しません。
         (ⅵ)委託者は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託
          契約を解約し信託を終了させます。
         (ⅶ)委託者が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委
          託者は、この信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁がこの信託契約に関する
          委託者の業務を他の委託者に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、下記「(e)信託約款の変
          更(ⅳ)」に該当する場合を除き、当該委託者と受託者との間において存続します。
         (ⅷ)受託者が委託者の承諾を受けてその任務を辞任する場合、または、委託者または受益者が裁判所
                                 34/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          に受託者の解任を請求し裁判所が受託者を解任した場合、委託者が新受託者を選任できないとき
          は、委託者はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
        (c)   運用報告書
          委託者は、毎年4月、10月に終了する計算期間の末日および償還時に各々交付運用報告書を作成
         し、当該信託財産に係る知られたる受益者に対して交付します。
        (d)   有価証券報告書の作成
          委託者は、有価証券報告書を毎年1月、7月を基準に作成し3ヶ月以内に関東財務局長に提出しま
          す。
        (e)   信託約款の変更
         (ⅰ)委託者は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、受
          託者と合意のうえ、この信託約款を変更することができるものとし、あらかじめ、変更しようとす
          る旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。
         (ⅱ)委託者は、上記(ⅰ)の変更事項のうち、その内容が重大なものについて、あらかじめ、変更しよ
          うとする旨およびその内容を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの信託約款に係る知
          られたる受益者に対して交付します。ただし、この信託約款に係るすべての受益者に対して書面を
          交付したときは、原則として、公告を行いません。
         (ⅲ)上記(ⅱ)の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託者に対して異議を
          述べるべき旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
         (ⅳ)上記(ⅲ)の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一を超
          えるときは、上記(ⅰ)の信託約款の変更をしません。
         (ⅴ)委託者は、当該信託約款の変更をしないこととしたときは、変更しない旨およびその理由を公告
          し、かつ、これらの事項を記載した書面を知られたる受益者に対して交付します。ただし、全ての
          受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
         (ⅵ)委託者は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、上記(ⅰ)                                                  から
          (ⅴ)までの規定にしたがいます。
        (f)   公告
          委託者が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行ない、次のアドレスに掲載します。
                 http://www.nomura-am.co.jp/
          なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の公告
         は、日本経済新聞に掲載します。
        (g)   反対者の買取請求権
          ファンドの信託契約の解約または信託約款の変更を行なう場合において、一定の期間内に委託者に
         対して異議を述べた受益者は、受託者に対し、自己に帰属する受益権を、信託財産をもって買取るべ
         き旨を請求することができます。この買取請求権の内容および買取請求の手続に関する事項は、前述
         の「(b)信託期間の終了」(ⅰ)または「(e)信託約款の変更」(ⅱ)に規定する公告または書面に付記
         します。
        (h)   関係法人との契約の更新に関する手続
         (ⅰ)委託者と販売会社との間で締結する「募集・販売等に関する契約」は、契約終了の3ヵ月前まで
          に当事者の一方から別段の意思表示のないときは、原則1年毎に自動的に更新されるものとしま
          す。
         (ⅱ)委託者と投資顧問会社との間で締結する「運用指図に関する権限の委託契約」は、契約終了の30
          日前までに当事者の一方から更新しない旨を書面によって通知がない限り、1年毎に自動的に更新
                                 35/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          されるものとします。但し、当該契約はファンドの償還日に終了するものとします。 
     4【受益者の権利等】


        受益者の有する主な権利は次の通りです。

       ①  収益分配金に対する請求権
        ■収益分配金の支払い開始日■
         <自動けいぞく投資契約を結んでいない場合>
           収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当
          該収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行なわれた受益権にかかる受益者を除きま
          す。また、当該収益分配金にかかる計算期間の末日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前
          のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者としま
          す。)に、原則として決算日から起算して5営業日までに支払いを開始します。販売会社で受取り
          下さい。
            なお、時効前の収益分配金にかかる収益分配金交付票は、なおその効力を有するものとし、その
          収益分配金交付票と引き換えに受益者にお支払いします。
         <自動けいぞく投資契約を結んでいる場合>
           税金を差引いた後、自動的に無手数料で再投資されます。この場合の受益権の価額は、各計算期
          間終了日(決算日)の基準価額とします。
           なお、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
        ■収益分配金請求権の失効■
          受益者は、収益分配金を支払開始日から5年間支払請求しないと権利を失います。
       ②  償還金に対する請求権

        ■償還金の支払い開始日■
          償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以
         前において一部解約が行なわれた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定さ
         れた受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権について
         は原則として取得申込者とします。)に、原則として償還日(償還日が休業日の場合は翌営業日)から
         起算して5営業日までに支払いを開始します。
        ■償還金請求権の失効■
          受益者は、償還金を支払開始日から10年間支払請求しないと権利を失います。
       ③  換金(解約)請求権

        ■換金(解約)の単位■
          受益者は、受益権を          1口単位または1円単位           で換金できます。
            
             ます。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
        ■換金(解約)代金の支払い開始日■
          一部解約金は、受益者の解約申込みの受付日から起算して、原則として、6営業日目から受益者に
         お支払いします。
                                 36/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           受益証券をお手許で保有されている方は、換金のお申し込みに際して、個別に振替受益権とするた
          めの所要の手続きが必要であり、この手続きには時間を要しますので、ご留意ください。
                                 37/80




















                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】

     米国優先証券オープン
     (1)当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)(以下

     「財務諸表等規則」という。)ならびに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理
     府令第133号)(以下「投資信託財産計算規則」という。)に基づいて作成しております。なお、財務諸表に記載している金額
     は、円単位で表示しております。
     (2)当ファンドの計算期間は6ヶ月未満であるため、財務諸表は原則として6ヶ月毎に作成しております。

     (3)当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当期(2018年1月23日から2018年7月20日まで)の財務

     諸表について、EY新日本有限責任監査法人による監査を受けております。
     1【財務諸表】

                                 38/80















                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                     前期               当期
                                 (2018年    1月22日現在)           (2018年    7月20日現在)
      資産の部
       流動資産
                                        334,652,605               366,985,828
        預金
                                        147,679,310                45,940,868
        コール・ローン
                                       5,404,953,895               5,144,400,873
        社債券
                                          247,000               169,400
        派生商品評価勘定
                                          821,541               835,339
        未収配当金
                                        49,847,866               55,734,082
        未収利息
                                         3,656,016               2,168,194
        前払費用
                                         2,148,885                706,204
        その他未収収益
                                       5,944,007,118               5,616,940,788
        流動資産合計
                                       5,944,007,118               5,616,940,788
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        67,941,074               65,511,201
        未払収益分配金
                                         6,194,606               3,758,044
        未払解約金
        未払受託者報酬                                1,186,582               1,040,136
                                        18,985,262               16,642,122
        未払委託者報酬
                                            161                92
        未払利息
                                          33,874               29,686
        その他未払費用
                                        94,341,559               86,981,281
        流動負債合計
                                        94,341,559               86,981,281
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                       7,993,067,615               7,707,200,149
        元本
        剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                            △ 2,143,402,056              △ 2,177,240,642
                                        307,635,479               295,165,561
          (分配準備積立金)
                                       5,849,665,559               5,529,959,507
        元本等合計
                                       5,849,665,559               5,529,959,507
       純資産合計
                                       5,944,007,118               5,616,940,788
      負債純資産合計
                                 39/80









                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                     前期               当期
                                 自 2017年      7月21日          自 2018年      1月23日
                                 至 2018年      1月22日          至 2018年      7月20日
      営業収益
                                        68,796,142               49,800,372
       受取配当金
       受取利息                                 103,456,620               104,508,898
       有価証券売買等損益                                △ 75,048,937              △ 192,557,861
                                                        85,980,884
       為替差損益                                △ 61,888,721
                                         1,566,582               1,551,029
       その他収益
                                        36,881,686               49,283,322
       営業収益合計
      営業費用
                                          25,786               33,574
       支払利息
                                         2,350,573               2,056,650
       受託者報酬
                                        37,609,015               32,906,338
       委託者報酬
                                          552,727               472,243
       その他費用
                                        40,538,101               35,468,805
       営業費用合計
                                                        13,814,517
                                        △ 3,656,415
      営業利益又は営業損失(△)
                                                        13,814,517
                                        △ 3,656,415
      経常利益又は経常損失(△)
                                                        13,814,517
                                        △ 3,656,415
      当期純利益又は当期純損失(△)
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                        △ 1,414,117              △ 2,642,288
      約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
      期首剰余金又は期首欠損金(△)                                △ 2,081,193,765              △ 2,143,402,056
                                        104,865,306                92,047,266
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                        104,865,306                92,047,266
       額
                                        28,160,534               10,161,713
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        28,160,534               10,161,713
       額
                                        136,670,765               132,180,944
      分配金
                                      △ 2,143,402,056              △ 2,177,240,642
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 40/80










                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

     1.運用資産の評価基準及び評価方法                  社債券

                       原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、価格情報会社の提供する価額等で評価しております。
                       為替予約取引
                       計算日において予約為替の受渡日の対顧客先物相場の仲値で評価しております。
     2.外貨建資産・負債の本邦通貨への換                  信託財産に属する外貨建資産・負債の円換算は、原則として、わが国における特定
      算基準                 期間末日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算しております。
     3.費用・収益の計上基準                  受取配当金
                       原則として配当落ち日において、確定配当金額又は予想配当金額を計上しておりま
                       す。
                       投資信託受益証券については、原則として収益分配金落ち日において、当該収益分
                       配金額を計上しております。
                       有価証券売買等損益
                       約定日基準で計上しております。
                       為替差損益
                       約定日基準で計上しております。
     4.金融商品の時価等に関する事項の補                  金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理
      足説明                 的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては一定の前提条
                       件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当該価額が異なること
                       もあります。
                       また、デリバティブ取引に関する契約額等は、あくまでもデリバティブ取引におけ
                       る名目的な契約額または計算上の想定元本であり、当該金額自体がデリバティブ取
                       引の市場リスクの大きさを示すものではありません。
     5.その他                  当該財務諸表の特定期間は、2018年                 1月23日から2018年         7月20日までとなっており
                       ます。
     (貸借対照表に関する注記)

                  前期                            当期

              2018年    1月22日現在                         2018年    7月20日現在
     1.   特定期間の末日における受益権の総数                          1.   特定期間の末日における受益権の総数
                         7,993,067,615口                            7,707,200,149口
     2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す                          2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す
       る額                            る額
        元本の欠損                 2,143,402,056円           元本の欠損                 2,177,240,642円

     3.   特定期間の末日における1単位当たりの純資産の額                          3.   特定期間の末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                     0.7318円        1口当たり純資産額                     0.7175円
        (10,000口当たり純資産額)                    (7,318円)        (10,000口当たり純資産額)                    (7,175円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                                 41/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  前期                            当期
               自 2017年   7月21日                        自 2018年   1月23日
               至 2018年   1月22日                        至 2018年   7月20日
      1. 運用の外部委託費用                           1. 運用の外部委託費用
       信託財産の運用の指図に係わる権限の全部又は一部を委託す                            信託財産の運用の指図に係わる権限の全部又は一部を委託す
       る為に要する費用                            る為に要する費用
        支払金額 10,838,668円                             支払金額 9,501,134円
      2. 分配金の計算過程                           2. 分配金の計算過程
       2017年   7月21日から2017年10月20日まで                         2018年   1月23日から2018年        4月20日まで
            項目                            項目
       費用控除後の配当等収益額              A      75,502,777円         費用控除後の配当等収益額              A      57,937,480円
       費用控除後・繰越欠損金補填              B          0円     費用控除後・繰越欠損金補填              B          0円
       後の有価証券売買等損益額                            後の有価証券売買等損益額
       収益調整金額              C      549,298,560円         収益調整金額              C      537,224,855円
       分配準備積立金額              D      312,185,519円         分配準備積立金額              D      301,467,112円
       当ファンドの分配対象収益額            E=A+B+C+D       936,986,856円         当ファンドの分配対象収益額            E=A+B+C+D       896,629,447円
       当ファンドの期末残存口数              }     8,085,846,108口          当ファンドの期末残存口数              }     7,843,499,258口
       10,000口当たり収益分配対象           G=E/F×10,000           1,158円       10,000口当たり収益分配対象           G=E/F×10,000           1,143円
       額                            額
       10,000口当たり分配金額              H         85円     10,000口当たり分配金額              H         85円
       収益分配金金額           I=F×H/10,000         68,729,691円         収益分配金金額           I=F×H/10,000         66,669,743円
       2017年10月21日から2018年           1月22日まで                 2018年   4月21日から2018年        7月20日まで
            項目                            項目
       費用控除後の配当等収益額              A      63,546,927円         費用控除後の配当等収益額              A      73,396,162円
       費用控除後・繰越欠損金補填              B          0円     費用控除後・繰越欠損金補填              B          0円
       後の有価証券売買等損益額                            後の有価証券売買等損益額
       収益調整金額              C      546,710,584円         収益調整金額              C      528,483,330円
       分配準備積立金額              D      312,029,626円         分配準備積立金額              D      287,280,600円
       当ファンドの分配対象収益額            E=A+B+C+D       922,287,137円         当ファンドの分配対象収益額            E=A+B+C+D       889,160,092円
       当ファンドの期末残存口数              }     7,993,067,615口          当ファンドの期末残存口数              }     7,707,200,149口
       10,000口当たり収益分配対象           G=E/F×10,000           1,153円       10,000口当たり収益分配対象           G=E/F×10,000           1,153円
       額                            額
       10,000口当たり分配金額              H         85円     10,000口当たり分配金額              H         85円
       収益分配金金額           I=F×H/10,000         67,941,074円         収益分配金金額           I=F×H/10,000         65,511,201円
     (金融商品に関する注記)

     (1)金融商品の状況に関する事項
                  前期                            当期

              自  2017年    7月21日                       自  2018年    1月23日
              至  2018年    1月22日                       至  2018年    7月20日
     1.金融商品に対する取組方針                            1.金融商品に対する取組方針
     当ファンドは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第                            同左
     4項に定める証券投資信託であり、信託約款に規定する運用
     の基本方針に従い、有価証券等の金融商品に対して投資とし
     て運用することを目的としております。
                                 42/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2.金融商品の内容及びその金融商品に係るリスク                            2.金融商品の内容及びその金融商品に係るリスク
     当ファンドが保有する金融商品の種類は、有価証券、デリバ                            同左
     ティブ取引、コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務であ
     ります。
     当ファンドが保有する有価証券の詳細は、(その他の注記)の
     2  有価証券関係に記載しております。
     これらは、金利変動リスク、為替変動リスクなどの市場リス
     ク、信用リスク及び流動性リスクにさらされております。
     当ファンドは、信託財産に属する外貨建資金の受渡を行うこ
     とを目的として、為替予約取引を利用しております。
     3.金融商品に係るリスク管理体制                            3.金融商品に係るリスク管理体制
     委託会社においては、独立した投資リスク管理に関する委員                            同左
     会を設け、パフォーマンスの考査及び運用リスクの管理を行
     なっております。
     ○市場リスクの管理
     市場リスクに関しては、資産配分等の状況を常時、分析・把
     握し、投資方針に沿っているか等の管理を行なっておりま
     す。
     ○信用リスクの管理
     信用リスクに関しては、発行体や取引先の財務状況等に関す
     る情報収集・分析を常時、継続し、格付等の信用度に応じた
     組入制限等の管理を行なっております。
     ○流動性リスクの管理
     流動性リスクに関しては、必要に応じて市場流動性の状況を
     把握し、取引量や組入比率等の管理を行なっております。
     (2)金融商品の時価等に関する事項

                  前期                            当期

              2018年    1月22日現在                         2018年    7月20日現在
     1.貸借対照表計上額、時価及び差額                            1.貸借対照表計上額、時価及び差額
      貸借対照表上の金融商品は原則としてすべて時価で評価し                            同左
      ているため、貸借対照表計上額と時価との差額はありませ
      ん。
     2.時価の算定方法                            2.時価の算定方法
                                  同左
      社債券
       (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に記載して
      おります。
      派生商品評価勘定
       デリバティブ取引については、(その他の注記)の                         3
      デリバティブ取引関係に記載しております。
      コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
       これらの科目は短期間で決済されるため、帳簿価額は時
      価と近似していることから、当該帳簿価額を時価としてお
      ります。
     (関連当事者との取引に関する注記)

                                 43/80



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  前期                            当期
              自  2017年    7月21日                       自  2018年    1月23日
              至  2018年    1月22日                       至  2018年    7月20日
     市場価格その他当該取引に係る公正な価格を勘案して、一般                            同左
     の取引条件と異なる関連当事者との取引は行なわれていない
     ため、該当事項はございません。
     (その他の注記)

     1  元本の移動
                  前期                            当期

              自  2017年    7月21日                       自  2018年    1月23日
              至  2018年    1月22日                       至  2018年    7月20日
     期首元本額                     8,295,963,643円        期首元本額                     7,993,067,615円
     期中追加設定元本額                      116,393,950円       期中追加設定元本額                      35,435,723円
     期中一部解約元本額                      419,289,978円       期中一部解約元本額                      321,303,189円
     2  有価証券関係

     売買目的有価証券
                             前期                     当期

                          自  2017年    7月21日               自  2018年    1月23日
           種類
                          至  2018年    1月22日               至  2018年    7月20日
                       損益に含まれた評価差額(円)                     損益に含まれた評価差額(円)

     社債券                              △67,481,704                     △82,838,472

           合計                       △67,481,704                     △82,838,472

     3  デリバティブ取引関係

                  デリバティブ取引の契約額等、時価及び評価損益
                     前期(2018年     1月22日現在)                   当期(2018年     7月20日現在)

                 契約額等(円)                        契約額等(円)

         種類
                          時価(円)      評価損益(円)                  時価(円)      評価損益(円)
                     うち1年                        うち1年
                      超                        超
     市場取引以外の取引

     為替予約取引

      売建          110,987,000       -   110,740,000        247,000     157,781,400       -   157,612,000        169,400

       米ドル         110,987,000       -   110,740,000        247,000     157,781,400       -   157,612,000        169,400

         合計        110,987,000       -   110,740,000        247,000     157,781,400       -   157,612,000        169,400

     (注)時価の算定方法

                                 44/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      1為替予約取引
        1)計算日において対顧客先物相場の仲値が発表されている外貨については以下のように評価しております。

         ①計算日において為替予約の受渡日(以下「当該日」といいます)の対顧客先物相場の仲値が発表されている場合

          は、当該為替予約は当該仲値で評価しております。
         ②計算日において当該日の対顧客先物相場の仲値が発表されていない場合は、以下の方法によっております。

          ・計算日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されている場合には、当該日に最も近い前後二つの対顧客先物

           相場の仲値をもとに計算したレートを用いております。
          ・計算日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されていない場合には、当該日に最も近い発表されている対顧

           客先物相場の仲値を用いております。
        2)計算日に対顧客先物相場の仲値が発表されていない外貨については、計算日の対顧客相場の仲値で評価しておりま

         す。
     ※上記取引でヘッジ会計が適用されているものはございません。

     (4)【附属明細表】

     第1 有価証券明細表

     (1)株式(2018年7月20日現在)
     該当事項はありません。
     (2)株式以外の有価証券(2018年7月20日現在)


       種類        通貨             銘柄            券面総額           評価額       備考

     社債券        米ドル         AMERICAN     INTL   GROUP              800,000.00           790,000.00      ※

                     AMERICAN     INTL   GROUP              706,000.00           891,325.00      ※

                     ARGENTUM(SWISS        RE  LTD)            500,000.00           496,156.50      ※

                     AXA  SA                  1,000,000.00           1,075,000.00        ※

                     BNP  PARIBAS                  2,000,000.00           2,115,000.00        ※

                     BNSF   FUNDING    TRUST   I           2,000,000.00           2,205,000.00        ※

                     DAI-ICHI     MUTUAL    LIFE            1,000,000.00           1,083,750.00        ※

                     ENTERPRISE      PRODUCTS     OPER           500,000.00           472,500.00      ※

                     FIRST   UNION   CAPITAL    II          1,500,000.00           1,886,520.45        ※

                     HSBC   CAPITAL    FUNDING    USD          1,000,000.00           1,513,120.00        ※

                     JPMORGAN     CHASE   & CO            1,000,000.00            907,500.00      ※

                     LEGAL   & GENERAL    GROUP             500,000.00           477,875.00      ※

                     LIBERTY    MUTUAL    GROUP   INC          1,000,000.00           1,178,750.00        ※

                     LINCOLN    NATIONAL     CORP             500,000.00           463,750.00      ※

                                 45/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     METLIFE    CAPITAL    TRUST   X         1,500,000.00           2,047,500.00        ※
                     NATIONAL     RURAL   UTIL   COOP           500,000.00           514,974.30      ※

                     NATIONWIDE      BLDG   SOCIETY             500,000.00           465,048.70      ※

                     NATIONWIDE      FINANCIAL     SER          2,000,000.00           2,180,000.00        ※

                     NORDEA    BANK   AB               500,000.00           490,000.00      ※

                     PRUDENTIAL      FINANCIAL     INC          1,000,000.00           1,062,500.00        ※

                     PRUDENTIAL      PLC                600,000.00           611,580.00      ※

                     QBE  INSURANCE     GROUP   LTD           500,000.00           485,673.50      ※

                     RABOBANK     NEDERLAND                1,000,000.00           1,072,750.00        ※

                     SOMPO   JAPAN   INSURANCE              2,205,000.00           2,268,393.75        ※

                     STANDARD     CHARTERED     PLC           1,000,000.00           1,079,406.00        ※

                     STANDARD     LIFE   ABERDEEN              500,000.00           474,824.50      ※

                     STATE   STREET    CORP              1,000,000.00            892,500.00      ※

                     SVENSKA    HANDELSBANKEN       AB         1,000,000.00            968,825.00      ※

                     SWEDBANK     AB                1,400,000.00           1,397,718.00        ※

                     WILLOW    NO.2   FOR  ZURICH    I        2,000,000.00           1,899,459.20        ※

                     ENTERGY     ARKANSAS      INC   4.875%       250,000.00           246,600.00      ※

                     09/01/66     PFD
                     ENTERGY     LA  LLC   4.7%   6/01/63        50,000.00           48,240.00      ※

                     Series
                     ENTERGY     LA  LLC  5.2500%     7/01/52        874,475.00           873,775.42      ※

                     Series
                     ENTERGY    LOUISIANA      LLC  4.875000%         125,000.00           122,700.00      ※

                     09/01/66
                     PPL  5.9%   04/30/73     PFD             75,000.00           76,440.00      ※

                     STANLEY    BLACK(SWK)5.7500%         7/25/52       1,250,000.00           1,268,000.00        ※

                     Series
                     INTNED    PFD  6.375%    12/31/49             43,250.00           45,031.90      ※

                     ALLSTATE     CORP   5.1%   1/15/53    Series       153,925.00           160,820.84      ※

                     ARCH   CAPITAL    GROUP   LTD  5.45%   PFD      250,000.00           246,500.00      ※

                     AXIS   CAPITAL    (AXS)   5.5000%    Series      1,000,000.00            995,200.00      ※

                     BERKLEY(WR)      (WRB)   5.6250%    4/30/53        527,500.00           522,647.00      ※

                     Series
                     HARTFORD     FINL   SVCS   GRP   7.875       375,000.00           429,750.00      ※

                     4/15/
                     REINSURANCE       GRP   6.2%   9/15/42        78,125.00           85,500.00      ※

                     Series
                     RENAISSANCERE        5.375%     12/31/49        254,350.00           249,263.00      ※

                                 46/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     Series    E
                     RNR  6.08%   12/31/49     PFD            200,000.00           203,040.00      ※

                     CENTAUR     FUNDING     (CNTAUR)     9.08     2,000,000.00           2,251,552.00        ※

                     4/21/20
                     QWEST   CORP   6.125%    06/01/53     Series       125,000.00           104,300.00      ※

                     QWEST   CORP   7.0000%    4/01/52    Series       105,300.00           99,529.56      ※

                     DUKE   ENERGY    CORP   5.125%    1/15/73        375,000.00           378,150.00      ※

                     Series
                     ENTERGY     ARKANSAS     (ETR)    4.7500%        300,000.00           290,400.00      ※

                     6/01/63
                     SOUTHERN     CO  5.25%   12/01/2077      PFD      500,000.00           490,600.00      ※

                     THE   SOUTHERN     COMPANY     5.250000%         625,000.00           620,250.00      ※

                     10/01/76
                     DOMINION     ENERGY    5.25%   07/30/2076         1,000,000.00            998,800.00      ※

                     DTE  ENERGY    CO  6.000000%     12/15/76        500,000.00           522,600.00      ※

                     PFD
                     DTE    ENERGY      CO(DTE)5.2500%            625,000.00           621,250.00      ※

                     12/01/62Series
                     INTEGRYS     ENERGY    6.0000%    8/01/73        250,000.00           265,000.00      ※

                     Series
            小計

                     銘柄数:56                    43,122,925.00           45,683,339.62
                                                   (5,144,400,873)

                     組入時価比率:93.0%                                  100.0%

            合計                                        5,144,400,873

                                                   (5,144,400,873)

     (注1)外貨建有価証券については、通貨種類毎の小計欄の(                           )内は、邦貨換算額(単位:円)であります。

     (注2)合計金額欄の(          )内は、外貨建有価証券に係るもので、内書であります。

     (注3)比率は左より組入時価の純資産に対する比率、及び各小計欄の合計金額に対する比率であります。

     (注4)備考欄の※の銘柄はハイブリッド優先証券であることを表しております。

     第2   デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表
     財務諸表における注記事項として記載しているため省略しております。


                                 47/80




                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】

     【純資産額計算書】

                                    2018年8月31日現在

     Ⅰ 資産総額                               5,471,434,714       円 

     Ⅱ 負債総額                                 13,774,785     円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               5,457,659,929       円 
     Ⅳ 発行済口数                               7,651,680,163       口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   0.7133   円 
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

     (1)  受益証   券の名義書換え        の事務   等

       該当事項はありません。
       ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定まり、                                                   この信
      託の受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取り消された場合または当該指定が
      効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者が存在しない場合その他やむを得ない事情
      がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。
       なお、受益者は、委託者がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証券
      から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求、受益証券の再
      発行の請求を行なわないものとします。
     (2)受益者に対する特典
       該当事項はありません。
     (3)  受益権の譲渡
      ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または
       記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
      ②上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の
       減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録するも
       のとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先
       口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたが
       い、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行なわれるよう通知するものとしま
       す。
      ③上記①の      振替について、        委託者は、      当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている振
       替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合                                            等 において、      委託者
       が必要と認めたときまたは              やむをえない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止期間を設け
       ることができます。
     (4)受益権の譲渡の対抗要件
       受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託者および受託者に対抗することが
      できません。
     (5)受益権の再分割
       委託者は、受益権の再分割を行ないません。ただし、社債、株式等の振替に関する法律が施行された場合
                                 48/80

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      には、受託者と        協議  のうえ、同法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を均等に再分割できるも
      のとします。
     (6)質権口記載又は記録の受益権の取り扱いについて
       振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、一部
      解約の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、約款                                           の規定   によるほか、民法
      その他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                 49/80


















                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】

      (1)資本金の額

        2018年8月末現在、17,180百万円
        会社が発行する株式総数  20,000,000株
        発行済株式総数                     5,150,693株
        過去5年間における主な資本金の額の増減:該当事項はありません。
      (2)会社の機構

       (a)会社の意思決定機構
         当社は指名委員会等設置会社であり、会社の機関として株主総会、取締役会のほか代表執行役ならび
        に執行役、指名委員会、監査委員会および報酬委員会をおきますが、代表取締役および監査役会は設け
        ません。各機関の権限は以下のとおりであります。
        株主総会
         株主により構成され、取締役・会計監査人の選任・解任、剰余金の配当の承認、定款変更・合併等の
        重要事項の承認等を行います。
        取締役会
         取締役により構成され、当社の業務につき意思決定を行います。また執行役・代表執行役、各委員会
        の委員等を選任し、取締役および執行役の職務の執行を監督します。
        代表執行役・執行役
         各執行役は、当社の業務の執行を行います。代表執行役は当社を代表いたします。また取締役会によ
        り委任された一定の事項について、代表執行役および執行役で構成される経営会議および執行役会が意
        思決定を行います。なお、当社は執行役員制度を導入しており、経営会議の構成員には執行役会で選定
        された執行役員が含まれます。
        委員会
         取締役3名以上(但し、各委員につき過半数は社外取締役であって執行役でない者)で構成され、
        イ)指名委員会は、株主総会に提出する取締役の選任・解任・不再任に関する議案の内容を決定し、
        ロ)報酬委員会は取締役・執行役が受ける個人別の報酬の決定に関する方針を定め、かつそれに従って
        各報酬の内容を決定し、ハ)監査委員会は取締役・執行役の職務執行の適法性ならびに妥当性に関する
        監査を行うととともに、株主総会に提出する会計監査人の選任・解任・不再任に関する議案の内容を決
        定します。
                                 50/80





                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (b)投資信託の運用体制
     2【事業の内容及び営業の概況】















       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託者は、証券投資信託の設定

      を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行っていま
      す。また「金融商品取引法」に定める第二種金融商品取引業に係る業務の一部及び投資助言業務を行ってい
      ます。
       委託者の運用する証券投資信託は2018年7月31日現在次の通りです(ただし、親投資信託を除きます。)。
                 種類           本数      純資産総額(百万円)

                                 51/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
             追加型株式投資信託               1,007          27,070,500
             単位型株式投資信託                124           662,043
            追加型公社債投資信託                 14         5,538,606
            単位型公社債投資信託                 395          1,787,765
                 合計           1,540          35,058,913
     3【委託会社等の経理状況】


      1.委託会社である野村アセットマネジメント株式会社(以下「委託会社」という)の財務諸表は、「財務諸

       表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号、以下「財務諸表等規則」とい
       う)、ならびに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日
       内閣府令第52号)により作成しております。
      2.財務諸表の記載金額は、百万円未満の端数を切り捨てて表示しております。

      3.委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2017年4月1日から2018年

       3月31日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人の監査を受けております。
     (1)【貸借対照表】

                        前事業年度                      当事業年度        

                          (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
                     注記
            区分                金額(百万円)              金額(百万円)
                     番号
          (資産の部)
     流動資産
      現金・預金                             127              919
      金銭の信託                            52,247              47,936
      有価証券                            15,700              22,600
      前払金                              33               0
      前払費用                              2              26
      未収入金                             495              464
      未収委託者報酬                            16,287              24,059
      未収運用受託報酬                            7,481              6,764
      繰延税金資産                            1,661              2,111
      その他                              42              181
      貸倒引当金                             △11              △15
          流動資産計                        94,066              105,048
     固定資産
      有形固定資産                            1,001               874
       建物              ※2       377              348
       器具備品              ※2       624              525
      無形固定資産                            7,185              7,157
       ソフトウェア                    7,184              7,156
                                 52/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       その他                      0              0
      投資その他の資産                            13,165              13,825
       投資有価証券                    1,233              1,184
       関係会社株式                    8,124              9,033
       従業員長期貸付金                      -              36
       長期差入保証金                      44              54
       長期前払費用                      37              36
       前払年金費用                    2,594              2,350
       繰延税金資産                     960              962
       その他                     170              168
       貸倒引当金                      -             △0
          固定資産計                        21,353              21,857
          資産合計                       115,419              126,906
                        前事業年度                      当事業年度        

                          (2017年3月31日)              (2018年3月31日)
                     注記
            区分                金額(百万円)              金額(百万円)
                     番号
          (負債の部)
     流動負債
      預り金                              98              133
      未払金               ※1             10,401              17,853
       未払収益分配金                      1              1
       未払償還金                      31              31
       未払手数料                    5,242              7,884
       関係会社未払金                    4,438              7,930
       その他未払金                     687             2,005
      未払費用               ※1             9,461              12,441
      未払法人税等                             714             2,241
      前受収益                              39              33
      賞与引当金                            4,339              4,626
          流動負債計                        25,055              37,329
     固定負債
      退職給付引当金                            2,947              2,938
      時効後支払損引当金                             538              548
          固定負債計                         3,485              3,486
          負債合計                        28,540              40,816
         (純資産の部)
     株主資本                             86,837              86,078
      資本金                            17,180              17,180
      資本剰余金                             13,729              13,729
       資本準備金                      11,729              11,729
       その他資本剰余金                      2,000              2,000
      利益剰余金                             55,927              55,168
       利益準備金                       685              685
       その他利益剰余金                      55,242              54,483
        別途積立金                      24,606              24,606
        繰越利益剰余金                      30,635              29,876
     評価・換算差額等                               41              11
      その他有価証券評価差額金                               41              11
          純資産合計                        86,878              86,090
                                 53/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        負債・純資産合計                         115,419              126,906
     (2)【損益計算書】

                            前事業年度              当事業年度

                         (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                          至 2017年3月31日)              至 2018年3月31日)
                     注記
            区分                金額(百万円)              金額(百万円)
                     番号
     営業収益
      委託者報酬                            96,594              115,907
      運用受託報酬                            28,466              26,200
      その他営業収益                             266              338
          営業収益計                       125,327              142,447
     営業費用
      支払手数料                            39,785              45,252
      広告宣伝費                            1,011              1,079
      公告費                              0              0
      調査費                            26,758              30,516
       調査費                    5,095              5,830
       委託調査費                    21,662              24,685
      委託計算費                            1,290              1,376
      営業雑経費                            4,408              5,464
       通信費                     162              125
       印刷費                     940              966
       協会費                      76              79
       諸経費                    3,228              4,293
          営業費用計                        73,254              83,689
     一般管理費
      給料                            11,269              11,716
       役員報酬              ※2       301              425
       給料・手当                    6,923              6,856
       賞与                    4,044              4,433
      交際費                             126              132
      旅費交通費                             469              482
      租税公課                             898             1,107
      不動産賃借料                            1,222              1,221
      退職給付費用                            1,223              1,119
      固定資産減価償却費                            2,730              2,706
      諸経費                            8,118              9,122
          一般管理費計                         26,059              27,609
           営業利益                       26,012              31,148
                            前事業年度              当事業年度

                         (自 2016年4月1日
                                        (自 2017年4月1日
                          至 2017年3月31日)
                                        至 2018年3月31日)
                     注記
            区分                金額(百万円)              金額(百万円)
                     番号
                                 54/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     営業外収益
      受取配当金               ※1      7,397              4,031
      受取利息                       0              ▶
      金銭の信託運用益                      684               -
      その他                      379              362
          営業外収益計                         8,461              4,398
     営業外費用
      支払利息                        17               2
      金銭の信託運用損                        -             312
      時効後支払損引当金繰入額                        16              13
      為替差損                       33              46
      その他                       9              31
          営業外費用計                           77              405
           経常利益                       34,397              35,141
     特別利益
      投資有価証券等売却益                       26              20
      関係会社清算益                       41               -
      株式報酬受入益                       59              75
          特別利益計                          126               95
     特別損失
      投資有価証券等評価損                       6              2
      固定資産除却損               ※3        9              58
          特別損失計                          15              60
         税引前当期純利益                          34,507              35,176
     法人税、住民税及び事業税                             7,147              10,775

     法人税等調整額                             1,722              △439
          当期純利益                        25,637              24,840

     (3)【株主資本等変動計算書】

       前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                    株主資本
                        資本剰余金                  利益剰余金
                                        その他利益剰余金
                                                        株 主 
                         その他    資 本                      利 益
                                              繰 
               資本金                                          資 本
                     資 本              利 益
                         資 本    剰余金                      剰余金
                                        別 途      越  
                                                         合 計
                     準備金              準備金
                         剰余金    合 計                      合 計
                                        積立金      利 益
                                             剰余金
     当期首残高          17,180     11,729    2,000     13,729       685    24,606      43,405      68,696      99,606
     当期変動額
      剰余金の配当                                       △38,407      △38,407      △38,407
      当期純利益                                        25,637      25,637      25,637
                                 55/80



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      株主資本以外の
      項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計             -     -    -     -     -     -   △12,769      △12,769      △12,769
     当期末残高           17,180     11,729    2,000     13,729       685    24,606      30,635      55,927      86,837
                                 (単位:百万円)

                     評価・換算差額等
                                   純資産合計
                  その他有価証         評価・換算
                  券評価差額金         差額等合計
     当期首残高                5,349        5,349        104,956

     当期変動額
      剰余金の配当                                △38,407
      当期純利益                                 25,637
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純              △5,308        △5,308         △5,308
      額)
     当期変動額合計               △5,308        △5,308         △18,078
     当期末残高                  41        41       86,878
       当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                   株主資本
                       資本剰余金                  利益剰余金
                                       その他利益剰余金
                                                       株 主 
                        その他    資 本                     利 益
                                             繰 
               資本金                                         資 本
                    資 本              利 益
                        資 本    剰余金                     剰余金
                                       別 途      越  
                                                        合 計
                    準備金              準備金
                        剰余金    合 計                     合 計
                                       積立金      利 益
                                            剰余金
     当期首残高          17,180     11,729    2,000    13,729       685    24,606      30,635      55,927      86,837
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △25,598      △25,598      △25,598
      当期純利益                                       24,840      24,840      24,840
      株主資本以外
      の項目の当期
      変動額(純
      額)
     当期変動額合計            -     -    -     -     -     -    △758      △758      △758
     当期末残高          17,180     11,729    2,000    13,729       685    24,606      29,876      55,168      86,078
                                 (単位:百万円)

                                 56/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     評価・換算差額等
                                   純資産合計
                  その他有価証        評価・換算
                  券評価差額金        差額等合計
     当期首残高                  41        41       86,878

     当期変動額
      剰余金の配当                                △25,598
      当期純利益                                 24,840
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                △29        △29         △29
      額)
     当期変動額合計                 △29        △29         △788
     当期末残高                  11        11       86,090
     [重要な会計方針]

     1.有価証券の評価基準及び評価方法                    (1)  子会社株式及び関連会社株式              … 移動平均法による原価法

                         (2)  その他有価証券

                         時価のあるもの        …  決算期末日の市場価格等に基づく時価法
                                    (評価差額は全部純資産直入法により処理し、
                                    売却原価は移動平均法により算定しておりま
                                    す。)
                         時価のないもの        …  移動平均法による原価法
     2.金銭の信託の評価基準及び評価方                    時価法

       法
     3.固定資産の減価償却の方法                    (1)  有形固定資産

                           定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取
                          得した建物(附属設備を除く)、並びに2016年4月1日以降に取得
                          した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しており
                          ます。
                           主な耐用年数は以下の通りであります。
                             建物        38~50年
                             附属設備        8~15年
                             構築物          20年
                             器具備品        4~15年
                         (2)  無形固定資産及び投資その他の資産

                           定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウェアに
                          ついては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法に
                          よっております。
     4.引当金の計上基準                    (1)  貸倒引当金

                           一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
                          債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計
                          上しております。
                         (2)  賞与引当金

                           賞与の支払いに備えるため、支払見込額を計上しております。
                                 57/80



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                         (3)  退職給付引当金
                           従業員の退職給付に備えるため、退職一時金及び確定給付型企
                          業年金について、当事業年度末における退職給付債務及び年金資
                          産の見込額に基づき計上しております。
                         ①  退職給付見込額の期間帰属方法
                           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末
                          までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっ
                          ております。
                         ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                           確定給付型企業年金に係る数理計算上の差異は、その発生時の
                          従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法によ
                          り、発生した事業年度の翌期から費用処理することとしておりま
                          す。また、退職一時金に係る数理計算上の差異は、発生した事業
                          年度の翌期に一括して費用処理することとしております。
                           退職一時金及び確定給付型企業年金に係る過去勤務費用は、その
                          発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法
                          により、発生した事業年度から費用処理することとしております。
                         (4)  時効後支払損引当金

                           時効成立のため利益計上した収益分配金及び償還金について、
                          受益者からの今後の支払請求に備えるため、過去の支払実績に基
                          づく将来の支払見込額を計上しております。
     5.消費税等の会計処理方法                     消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によっており、控

                         除対象外消費税及び地方消費税は、当期の費用として処理しておりま
                         す。
     6.連結納税制度の適用                     連結納税制度を適用しております。

     [ 未適用の会計基準等           ]

       ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日)
       ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16
     日)
       (1)概要
          個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱いが見直され、また(分類
         1)に該当する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いの明確化が行われており
         ます。
       (2)適用予定日
          2019年3月期の期首より適用予定であります。
       (3)当該会計基準等の適用による影響
          影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
       ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)

       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
       (1)概要
          収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識さ
       れます。
           ステップ1:顧客との契約を識別する。
           ステップ2:契約における履行義務を識別する。
           ステップ3:取引価格を算定する。
                                 58/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
           ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
       (2)適用予定日
          2022年3月期の期首より適用予定であります。
       (3)当該会計基準等の適用による影響
          影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
     [ 表示方法の変更に関する注記               ]

       (貸借対照表)
        前事業年度において、流動負債の「その他未払金」に含めて表示していた「関係会社未払金」は、
       金額的重要性が増したため、当事業年度より区分掲記しております。この結果、前事業年度の貸借対
       照表において、「流動負債」の「その他未払金」に表示していた4,438百万円は、「関係会社未払
       金」4,438百万円として組み替えております。
     [注記事項]



     ◇ 貸借対照表関係

               前事業年度末                           当事業年度末

              (2017年3月31日)                           (2018年3月31日)
      ※1.関係会社に対する資産及び負債                           ※1.関係会社に対する資産及び負債
        区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている                           区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている
       ものは、次のとおりであります。                           ものは、次のとおりであります。
         未払費用                  938百万円         未払費用                 1,781百万円
      ※2.有形固定資産より控除した減価償却累計額                           ※2.有形固定資産より控除した減価償却累計額

         建物                  681百万円         建物                  708百万円
         器具備品                3,331           器具備品                3,491
         合計                4,013           合計                4,200
     ◇ 損益計算書関係

                前事業年度                           当事業年度

             (自 2016年4月1日                           (自 2017年4月1日
              至 2017年3月31日)                           至 2018年3月31日)
      ※1.関係会社に係る注記                           ※1.関係会社に係る注記
        区分掲記されたもの以外で関係会社に対するもの                           区分掲記されたもの以外で関係会社に対するもの
       は、次のとおりであります。                           は、次のとおりであります。
         受取配当金                5,252百万円           受取配当金                4,026百万円
         支払利息                           支払利息
                          17                            2
      ※2.役員報酬の範囲額                           ※2.役員報酬の範囲額

        役員報酬は報酬委員会決議に基づき支給されてお                                   (同左)
       ります。
                                 59/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ※3.固定資産除却損                           ※3.固定資産除却損
         建物                   -百万円        建物                  4百万円
         器具備品                   0        器具備品                  0
         ソ   フ   ト   ウ   ェ                 ソ  フ  ト  ウ  ェ
                            9                          53
         ア                                     ア       
         合計                   9        合計                  58
     ◇   株主資本等変動計算書関係

       前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)

       1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項

      株式の種類       当事業年度期首株式数            当事業年度増加株式数            当事業年度減少株式数            当事業年度末株式数
      普通株式           5,150,693株                -            -      5,150,693株

       2.  剰余金の配当に関する事項

       (1)配当金支払額
          ①配当財産が金銭である場合における当該金銭の総額
           2016年5月13日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     34,973百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        6,790円
            基準日                    2016年3月31日
            効力発生日                    2016年6月24日
           ②配当財産が金銭以外である場合における当該財産の総額

           2016年10月27日開催の臨時株主総会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当財産の種類 株式会社野村総合研究所の株式
            配当財産の帳簿価額                       3,064百万円
            1株当たり配当額                        594円87銭
            効力発生日                     2016年10月27日
            配当財産の種類 株式会社ジャフコの株式

            配当財産の帳簿価額                        282百万円
            1株当たり配当額                         54円93銭
            効力発生日                     2016年10月27日
            配当財産の種類 朝日火災海上保険株式会社の株式

            配当財産の帳簿価額                         87百万円
            1株当たり配当額                         16円89銭
            効力発生日                     2016年10月27日
        (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

           2017年5月12日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
                                 60/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            配当金の総額                   25,598百万円
            配当の原資                    利益剰余金
            1株当たり配当額                      4,970円
            基準日                  2017年3月31日
            効力発生日                  2017年6月23日
       当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

       1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項

      株式の種類       当事業年度期首株式数            当事業年度増加株式数            当事業年度減少株式数            当事業年度末株式数
      普通株式           5,150,693株                -            -      5,150,693株

       2.  剰余金の配当に関する事項

       (1)配当財産が金銭である場合における当該金銭の総額
           2017年5月12日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     25,598百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        4,970円
            基準日                    2017年3月31日
            効力発生日                    2017年6月23日
        (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

           2018年5月14日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     24,826百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        4,820円
            基準日                    2018年3月31日
            効力発生日                    2018年6月25日
     ◇ 金融商品関係

       前事業年度(自         2016年4月1日         至  2017年3月31日)

       1.  金融商品の状況に関する事項

       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、投資信託の運用を業として行っており、自社が運用する投資信託の商品性維持等を目的と
         して、当該投資信託を特定金外信託を通じ保有しております。特定金外信託を通じ行っているデリバ
         ティブ取引については、保有する投資信託にかかる将来の為替及び価格の変動によるリスクの軽減を
         目的としているため、投資信託保有残高の範囲内で行うこととし、投機目的のためのデリバディブ取
         引は行わない方針であります。
          なお、余資運用に関しては、譲渡性預金等安全性の高い金融資産で運用し、資金調達に関しては、
         親会社である野村ホールディングス株式会社及びその他の金融機関からの短期借入による方針であり
         ます。
                                 61/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

          特定金外信託を通じ保有している投資信託につきましては、為替変動リスクや価格変動リスクに晒
         されておりますが、その大部分については為替予約、株価指数先物、債券先物などのデリバティブ取
         引によりヘッジしております。また、株式につきましては、政策投資として、あるいは業務上の関係
         維持を目的として保有しておりますが、価格変動リスクに晒されております。有価証券及び投資有価
         証券並びに金銭の信託については財務部が管理しており、定期的に時価や発行体の財務状況を把握
         し、その内容を経営に報告しております。
          デリバティブ取引の実行及び管理については、財務部及び運用調査本部で行っております。デリバ
         ティブ取引については、取引相手先として高格付を有する金融機関に限定しているため信用リスクは
         ほとんどないと認識しております。財務部は月に一度デリバティブ取引の内容を含んだ財務報告を経
         営会議で行っております。
          また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支
         払われる信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リ
         スクはほとんどないと認識しております。同じく営業債権である未収運用受託報酬は、投資顧問契約
         に基づき、運用受託者に対して支払われる報酬の未払金額であります。この未収運用受託報酬は、信
         託財産から運用受託者に対して支払われる場合は、信託財産が信託銀行において分別保管されている
         ため、信用リスクはほとんどないと認識しており、顧客から直接運用受託者に対して支払われる場合
         は、当該顧客の信用リスクにさらされておりますが、顧客ごとに決済期日および残高を管理すること
         により、回収懸念の早期把握や回収リスクの軽減を図っております。
       2.  金融商品の時価等に関する事項

          2017年3月31日における貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおりです。
         なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                 (単位:百万円)
                             貸借対照表計上額               時価         差額
     (1)現金・預金                                127          127         -
     (2)金銭の信託                               52,247          52,247           -
     (3)未収委託者報酬                               16,287          16,287           -
     (4)未収運用受託報酬                               7,481          7,481          -
     (5)有価証券及び投資有価証券                               15,700          15,700           -
        その他有価証券                            15,700          15,700           -
              資産計                      91,843          91,843           -
     (6)未払金                               10,401          10,401           -
       未払収益分配金                                 1          1        -
       未払償還金                                 31          31        -
       未払手数料                               5,242          5,242          -
        関係会社未払金                             4,438          4,438          -
       その他未払金                                687          687         -
     (7)未払費用                               9,461          9,461          -
     (8)未払法人税等                                714          714         -
                                 62/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              負債計                      20,578          20,578           -
      注1:金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

      (1)  現金・預金
        短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (2)  金銭の信託

        信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で
       構成されております。これらの時価について投資信託については基準価額、デリバティブ取引に関して
       は、上場デリバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引
       先金融機関から提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済される
       ため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)未収委託者報酬、(4)未収運用受託報酬

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (5)  有価証券及び投資有価証券

        その他有価証券
        譲渡性預金は短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
       おります。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照く
       ださい。
      (6)  未払金、(7)       未払費用、(8)        未払法人税等

      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
      す。
      注2:非上場株式等(貸借対照表計上額:投資有価証券1,233百万円、関係会社株式8,124百万円)は、市場価

        格がなく、かつ将来キャッシュフローを見積もることなどができず、時価を把握することが極めて困難
        と認められるため、「有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
      注3:金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                          (単位:百万円)
                                1年超       5年超
                         1年以内                    10年超
                                5年以内      10年以内
       預金                     127        -       -       -
       金銭の信託                   52,247          -       -       -
       未収委託者報酬                   16,287          -       -       -
       未収運用受託報酬                   7,481         -       -       -
       有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券                   15,700          -       -       -
                                 63/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       合計                   91,843          -       -       -
       当事業年度(自         2017年4月1日         至  2018年3月31日)

       1.  金融商品の状況に関する事項

       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、投資信託の運用を業として行っており、自社が運用する投資信託の商品性維持等を目的と
         して、当該投資信託を特定金外信託を通じ保有しております。特定金外信託を通じ行っているデリバ
         ティブ取引については、保有する投資信託にかかる将来の為替及び価格の変動によるリスクの軽減を
         目的としているため、投資信託保有残高の範囲内で行うこととし、投機目的のためのデリバディブ取
         引は行わない方針であります。
          なお、余資運用に関しては、譲渡性預金等安全性の高い金融資産で運用し、資金調達に関しては、
         親会社である野村ホールディングス株式会社及びその他の金融機関からの短期借入による方針であり
         ます。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

          特定金外信託を通じ保有している投資信託につきましては、為替変動リスクや価格変動リスクに晒
         されておりますが、その大部分については為替予約、株価指数先物、債券先物などのデリバティブ取
         引によりヘッジしております。また、株式につきましては、政策投資として、あるいは業務上の関係
         維持を目的として保有しておりますが、価格変動リスクに晒されております。有価証券及び投資有価
         証券並びに金銭の信託については財務部が管理しており、定期的に時価や発行体の財務状況を把握
         し、その内容を経営に報告しております。
          デリバティブ取引の実行及び管理については、財務部及び運用調査本部で行っております。デリバ
         ティブ取引については、取引相手先として高格付を有する金融機関に限定しているため信用リスクは
         ほとんどないと認識しております。財務部は月に一度デリバティブ取引の内容を含んだ財務報告を経
         営会議で行っております。
          また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支
         払われる信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リ
         スクはほとんどないと認識しております。同じく営業債権である未収運用受託報酬は、投資顧問契約
         に基づき、運用受託者に対して支払われる報酬の未払金額であります。この未収運用受託報酬は、信
         託財産から運用受託者に対して支払われる場合は、信託財産が信託銀行において分別保管されている
         ため、信用リスクはほとんどないと認識しており、顧客から直接運用受託者に対して支払われる場合
         は、当該顧客の信用リスクにさらされておりますが、顧客ごとに決済期日および残高を管理すること
         により、回収懸念の早期把握や回収リスクの軽減を図っております。
       2.  金融商品の時価等に関する事項

          2018年3月31日における貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおりです。
         なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                 (単位:百万円)
                             貸借対照表計上額                時価         差額
                                 64/80

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)現金・預金                                919          919         -
     (2)金銭の信託                               47,936           47,936           -
     (3)未収委託者報酬                               24,059           24,059           -
     (4)未収運用受託報酬                               6,764          6,764          -
     (5)有価証券及び投資有価証券                               22,600           22,600           -
        その他有価証券                            22,600           22,600           -
              資産計                      102,279           102,279           -
     (6)未払金                               17,853           17,853           -
       未払収益分配金                                 1          1        -
       未払償還金                                 31          31        -
       未払手数料                               7,884          7,884          -
       関係会社未払金                               7,930          7,930          -
       その他未払金                               2,005          2,005          -
     (7)未払費用                               12,441           12,441           -
     (8)未払法人税等                               2,241          2,241          -
              負債計                      32,536           32,536           -
      注1:金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

      (1)  現金・預金
        短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (2)  金銭の信託

        信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で
       構成されております。これらの時価について投資信託については基準価額、デリバティブ取引に関して
       は、上場デリバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引
       先金融機関から提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済される
       ため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)未収委託者報酬、(4)未収運用受託報酬

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (5)  有価証券及び投資有価証券

        その他有価証券
        譲渡性預金は短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
       おります。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照く
       ださい。
      (6)  未払金、(7)       未払費用、(8)        未払法人税等


        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
                                 65/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ます。
      注2:非上場株式等(貸借対照表計上額:投資有価証券1,184百万円、関係会社株式9,033百万円)は、市場価

        格がなく、かつ将来キャッシュフローを見積もることなどができず、時価を把握することが極めて困難
        と認められるため、「有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
      注3:金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                          (単位:百万円)
                                1年超       5年超
                         1年以内                    10年超
                                5年以内      10年以内
       預金                     919        -       -       -
       金銭の信託                   47,936          -       -       -
       未収委託者報酬                   24,059          -       -       -
       未収運用受託報酬                   6,764         -       -       -
       有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券                   22,600          -       -       -
       合計                  102,279          -       -       -
     ◇ 有価証券関係

       前事業年度      (自   2016年4月1日         至  2017年3月31日)

       1.売買目的有価証券(2017年3月31日)

        該当事項はありません。
       2.満期保有目的の債券(2017年3月31日)

        該当事項はありません。
       3.子会社株式及び関連会社株式(2017年3月31日)

        該当事項はありません。
       4.その他有価証券(2017年3月31日)

                 貸借対照表       取得原価        差額

         区分         計上額
                 (百万円)       (百万円)       (百万円)
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えるもの
      株式                -       -       -
         小計             -       -       -
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えないもの
      譲渡性預金             15,700       15,700         -
         小計          15,700       15,700         -
                                 66/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         合計          15,700       15,700         -
       5.事業年度中に売却したその他有価証券(自                         2016年4月1日         至  2017年3月31日)

        該当事項はありません。
       当事業年度      (自   2017年4月1日         至  2018年3月31日)

       1.売買目的有価証券(2018年3月31日)

        該当事項はありません。
       2.満期保有目的の債券(2018年3月31日)

        該当事項はありません。
       3.子会社株式及び関連会社株式(2018年3月31日)

        該当事項はありません。
       4.その他有価証券(2018年3月31日)

                 貸借対照表       取得原価        差額

         区分         計上額
                 (百万円)       (百万円)       (百万円)
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えるもの
      株式                -       -       -
         小計             -       -       -
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えないもの
      譲渡性預金             22,600       22,600         -
         小計          22,600       22,600         -
         合計          22,600       22,600         -
       5.事業年度中に売却したその他有価証券(自                         2017年4月1日         至  2018年3月31日)

        該当事項はありません。
       ◇ 退職給付関係

                   前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)

          1.採用している退職給付制度の概要

            当社は、確定給付型の制度として確定給付型企業年金制度及び退職一時金制度を、また確
           定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。
          2.確定給付制度

                                 67/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
             退職給付債務の期首残高                            18,692   百万円
              勤務費用                              889
              利息費用                              125
              数理計算上の差異の発生額                              464
              退職給付の支払額                             △634
              その他                               8
             退職給付債務の期末残高                            19,546
          (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

             年金資産の期首残高                            15,764   百万円
              期待運用収益                              394
              数理計算上の差異の発生額                              468
              事業主からの拠出額                              507
              退職給付の支払額                             △562
             年金資産の期末残高                            16,572
          (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金

            及び前払年金費用の調整表
             積立型制度の退職給付債務                            16,578   百万円
             年金資産                           △16,572
                                           5
             非積立型制度の退職給付債務                             2,967
             未積立退職給付債務                             2,973
             未認識数理計算上の差異                            △2,992
             未認識過去勤務費用                              371
             貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                              352
             退職給付引当金                             2,947

             前払年金費用                            △2,594
             貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                              352
          (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

             勤務費用                              889  百万円
             利息費用                              125
             期待運用収益                             △394
             数理計算上の差異の費用処理額                              412
             過去勤務費用の費用処理額                             △40
             確定給付制度に係る退職給付費用                              993
          (5)  年金資産に関する事項

            ①年金資産の主な内容
              年金資産合計に対する主な分類毎の比率は、次の通りです。
             債券                              49%
             株式                              39%
             生保一般勘定                              12%
             その他                              0%
             合計                             100%
            ②長期期待運用収益率の設定方法

             年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分
             と、年金資産を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮
             しております。
          (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

             当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
             確定給付型企業年金制度の割引率                             0.9%
             退職一時金制度の割引率                             0.6%
             長期期待運用収益率                             2.5%
                                 68/80



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          3.確定拠出制度
            当社の確定拠出制度への要拠出額は、195百万円でした。
                   当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)


          1.採用している退職給付制度の概要

            当社は、確定給付型の制度として確定給付型企業年金制度及び退職一時金制度を、また確
           定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。
          2.確定給付制度

          (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
             退職給付債務の期首残高                            19,546   百万円
              勤務費用                              929
              利息費用                              167
              数理計算上の差異の発生額                             1,415
              退職給付の支払額                             △660
              その他                               0
             退職給付債務の期末残高                            21,398
          (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

             年金資産の期首残高                            16,572   百万円
              期待運用収益                              414
              数理計算上の差異の発生額                              395
              事業主からの拠出額                              510
              退職給付の支払額                             △518
             年金資産の期末残高                            17,373
          (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金

            及び前払年金費用の調整表
             積立型制度の退職給付債務                            18,163   百万円
             年金資産                           △17,373
                                          790
             非積立型制度の退職給付債務                             3,235
             未積立退職給付債務                             4,025
             未認識数理計算上の差異                            △3,768
             未認識過去勤務費用                              331
             貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                              588
             退職給付引当金                             2,938

             前払年金費用                            △2,350
             貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                              588
          (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

             勤務費用                              929  百万円
             利息費用                              167
             期待運用収益                             △414
             数理計算上の差異の費用処理額                              244
             過去勤務費用の費用処理額                             △40
             確定給付制度に係る退職給付費用                              887
          (5)  年金資産に関する事項

            ①年金資産の主な内容
              年金資産合計に対する主な分類毎の比率は、次の通りです。
             債券                              47%
             株式                              41%
             生保一般勘定                              12%
             その他                              0%
             合計                             100%
                                 69/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            ②長期期待運用収益率の設定方法
             年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分
             と、年金資産を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮
             しております。
          (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

             当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
             確定給付型企業年金制度の割引率                             0.9%
             退職一時金制度の割引率                             0.5%
             長期期待運用収益率                             2.5%
          3.確定拠出制度

            当社の確定拠出制度への要拠出額は、195百万円でした。
     ◇ 税効果会計関係


                前事業年度末                            当事業年度末

               (2017年3月31日)                            (2018年3月31日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の                            1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の
      内訳                            内訳
      繰延税金資産                       百万円     繰延税金資産                       百万円
       賞与引当金                      1,345      賞与引当金                      1,434
       退職給付引当金                        913     退職給付引当金                       910
       投資有価証券評価減                        417     投資有価証券評価減                       417
       未払事業税                        110     未払事業税                       409
       関係会社株式評価減                        247     関係会社株式評価減                       247
       ゴルフ会員権評価減                        212     ゴルフ会員権評価減                       207
       減価償却超過額                        171     減価償却超過額                       171
       時効後支払損引当金                        166     時効後支払損引当金                       169
       子会社株式売却損                        148     子会社株式売却損                       148
       未払子会社役務提供費用                         -    未払子会社役務提供費用                       121
       未払社会保険料                        85    未払社会保険料                       107
       関係会社株式譲渡益                        88    関係会社株式譲渡益                         -
                               274                            197
       その他                            その他
      繰延税金資産小計                        4,183     繰延税金資産小計                       4,543
      評価性引当額                            評価性引当額
                              △739                            △735
                              3,444                            3,808
      繰延税金資産合計                            繰延税金資産合計
      繰延税金負債                            繰延税金負債
       その他有価証券評価差額金                        18     その他有価証券評価差額金                        5
                               804                            728
       前払年金費用                            前払年金費用
      繰延税金負債合計                         822    繰延税金負債合計                         733
      繰延税金資産の純額                        2,621     繰延税金資産の純額                       3,074
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率                            2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率

      との差異の原因となった主な項目別の内訳                            との差異の原因となった主な項目別の内訳
      法定実効税率                      31.0%      法定実効税率                      31.0%
      (調整)                            (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項目                       0.1%      交際費等永久に損金に算入されない項                       0.2%
      受取配当金等永久に益金に算入されな                            目
      い項目                      △6.2%       受取配当金等永久に益金に算入され
      タックスヘイブン税制                       0.7%      ない項目                      △3.4%
      外国税額控除                      △0.2%       タックスヘイブン税制                       1.8%
      外国子会社からの受取配当に係る外国                            外国税額控除                      △0.2%
      源泉税                       0.5%      外国子会社からの受取配当に係る外
      その他                      △0.2%       国源泉税                       0.3%
                                   その他                      △0.4%
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
                             25.7%
                                   税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                                         29.3%
                                 70/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ◇ セグメント情報等

       前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)

      1.セグメント情報

         当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      2.関連情報

       (1)製品・サービスごとの情報
          当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
         品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
       (2)地域ごとの情報

         ①  売上高
           本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域
          ごとの営業収益の記載を省略しております。
         ②  有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
          地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
       (3)主要な顧客ごとの情報

          外部顧客からの営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、主要
         な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
       当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

      1.セグメント情報

         当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      2.関連情報

       (1)製品・サービスごとの情報
          当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
         品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
       (2)地域ごとの情報

         ①  売上高
           本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域
          ごとの営業収益の記載を省略しております。
         ②  有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
          地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
       (3)主要な顧客ごとの情報

          外部顧客からの営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、主要
         な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
     ◇ 関連当事者情報

                                 71/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     前事業年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)

      1.関連当事者との取引

         (ア)親会社及び法人主要株主等
                              議決権等                 取引        期末

           会社等                         関連当事者との
      種類          所在地     資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額    科目    残高
           の名称                           関係
                              (被所有)割合                 (百万円)        (百万円)
                                          資金の借入
                                                24,500
                                          (*1)
                                                   短期借入
                                                          -
         野村ホール                     (被所有)     資産の賃貸借
                                                   金
               東京都      594,492
     親会社    ディングス株                持株会社      直接    及び購入等
                                          資金の返済      24,500
               中央区     (百万円)
         式会社                      100%
                                   役員の兼任
                                          借入金利息
                                                  17 未払費用       -
                                          の支払
         (イ)子会社等

                              議決権等                 取引        期末

           会社等                         関連当事者との
      種類          所在地     資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額    科目    残高
           の名称                           関係
                              (被所有)割合                 (百万円)        (百万円)
                                          自社利用ソ

         株式会社野村      東京都      18,600   情報サービ           サービス・製      フトウェア
     関連会社                           -                 787  未払費用       -
         総合研究所      千代田区     (百万円)     ス業          品の購入      開発の委託
                                          等(*2)
         (ウ)兄弟会社等

                              議決権等                 取引        期末
           会社等                         関連当事者との
      種類          所在地     資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額    科目    残高
           の名称                           関係
                              (被所有)割合                 (百万円)        (百万円)
                                   当社投資信託
                                   の募集の取扱
                                          投資信託に
                                   及び売出の取
                                          係る事務代
     親会社の    野村證券株式      東京都      10,000              扱ならびに投                未払手数
                         証券業      -          行手数料の      33,019        4,486
     子会社    会社      中央区     (百万円)               資信託に係る                料
                                          支払(*3)
                                   事務代行の委
                                   託等
                                   役員の兼任
         (エ)役員及び個人主要株主等

           該当はありません。
      (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          (*1) 資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
          (*2) ソフトウェア開発については、調査・研究に要する費用や開発工数等を勘案し、総合的に決定しており
             ます。なお、株式会社野村総合研究所は、2016年10月27日より関連当事者に該当しないこととなったた
             め、取引金額は関連当事者であった期間について、期末残高は関連当事者でなくなった時点について記
             載しております。
          (*3) 投資信託に係る事務代行手数料については、商品性等を勘案し総合的に決定しております。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

                                 72/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (1)親会社情報
           野村ホールディングス㈱(東京証券取引所、名古屋証券取引所、シンガポール証券取引所、
            ニューヨーク証券取引所に上場)
         (2)重要な関連会社の要約財務諸表

           該当はありません。
     当事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

      1.関連当事者との取引

         (ア)親会社及び法人主要株主等
                              議決権等                 取引        期末

           会社等                         関連当事者との
      種類          所在地     資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額    科目    残高
           の名称                           関係
                              (被所有)割合                 (百万円)        (百万円)
                                          資金の借入
                                                3,000
                                          (*1)
                                                   短期借入
                                                          -
         野村ホール                     (被所有)     資産の賃貸借
                                                   金
               東京都      594,492
     親会社    ディングス株                持株会社      直接    及び購入等
                                          資金の返済      3,000
               中央区     (百万円)
         式会社                      100%
                                   役員の兼任
                                          借入金利息
                                                  2 未払費用       -
                                          の支払
         (イ)子会社等

           該当はありません。
         (ウ)兄弟会社等

                              議決権等                 取引        期末
           会社等                         関連当事者との
      種類          所在地     資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額    科目    残高
           の名称                           関係
                              (被所有)割合                 (百万円)        (百万円)
                                   当社投資信託
                                   の募集の取扱
                                          投資信託に
                                   及び売出の取
                                          係る事務代
     親会社の    野村證券株式      東京都      10,000              扱ならびに投                未払手数
                         証券業      -          行手数料の      37,482        6,691
     子会社    会社      中央区     (百万円)               資信託に係る                料
                                          支払(*2)
                                   事務代行の委
                                   託等
                                   役員の兼任
         (エ)役員及び個人主要株主等

           該当はありません。
      (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          (*1) 資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
          (*2) 投資信託に係る事務代行手数料については、商品性等を勘案し総合的に決定しております。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

         (1)親会社情報
           野村ホールディングス㈱(東京証券取引所、名古屋証券取引所、シンガポール証券取引所、
                                 73/80

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            ニューヨーク証券取引所に上場)
         (2)重要な関連会社の要約財務諸表

           該当はありません。
     ◇ 1株当たり情報

               前事業年度                           当事業年度
             (自 2016年4月1日                           (自 2017年4月1日
             至 2017年3月31日)                            至 2018年3月31日)
     1株当たり純資産額                    16,867円41銭       1株当たり純資産額                    16,714円33銭

     1株当たり当期純利益                    4,977円49銭       1株当たり当期純利益                    4,822円68銭
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜                           潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜

     在株式が存在しないため記載しておりません。                           在株式が存在しないため記載しておりません。
     1株当たり当期純利益の算定上の基礎                           1株当たり当期純利益の算定上の基礎

       損益計算書上の当期純利益                  25,637百万円         損益計算書上の当期純利益                  24,840百万円
       普通株式に係る当期純利益                  25,637百万円         普通株式に係る当期純利益                  24,840百万円
       普通株主に帰属しない金額の主要な内訳                           普通株主に帰属しない金額の主要な内訳
        該当事項はありません。                           該当事項はありません。
       普通株式の期中平均株式数                   5,150,693株        普通株式の期中平均株式数                   5,150,693株
     [重要な後発事象]


     当社は、2018年4月6日付で、香港の金融持株会社である8                              Limited(エイト・リミテッド、以下「エイト・リ

     ミテッド」)の株式の14.9%を取得するとともに、同社の子会社であったエイト証券株式会社(以下「エイト
     証券」)の株式の78.3%を取得しました。当社のエイト・リミテッド及びエイト証券に対する出資額は、それ
     ぞれ約11億円及び約16億円であり、いずれも4月上旬に払込みを行っております。
     4【利害関係人との取引制限】

      委託者は、「       金融商品取引法        」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が禁

     止されています。
      ①自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者
       の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものと
       して内閣府令で定めるものを除きます。)。
      ②運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若しくは取
       引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定めるもの
       を除きます。)。
      ③通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託者の親法人等                                                      ( 委
       託者の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有す
       る法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下④⑤において同じ。                                                  )又は子
       法人等(    委託者が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な
       関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。                                                 ) と有価証
                                 74/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       券の売買その他の取引又は店頭デリバティブ取引を行うこと。
      ④委託者の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用財産の
       額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
      ⑤上記③④に掲げるもののほか、委託者の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投資者の保護に
       欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるものとして内閣
       府令で定める行為
     5【その他】

     (1)定款の変更

       委託者の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
     (2)訴訟事件その他の重要事項
       委託者およびファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありません。
     第2【その他の関係法人の概況】

     1【名称、資本金の額及び事業の内容】

      (1)  受託者

                               *
           (a)名称                              (c)事業の内容
                       (b)資本金の額
                                 銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機
     三菱UFJ信託銀行株式会社
                        324,279百万円         関の信託業務の兼営等に関する法律(兼営法)に
     (再信託受託者:日本マスター
     トラスト信託銀行株式会社)
                                 基づき信託業務を営んでいます。
      * 2018年7月末現在
      (2)  販売会社

                               *
           (a)名称                              (c)事業の内容
                       (b)資本金の額
                                 「金融商品取引法」に定める第一種金融商品取
     野村證券株式会社                    10,000百万円
                                 引業を営んでいます。
      * 2018年7月末現在
      (3)  投資顧問会社

                               *
           (a)名称                              (c)事業の内容
                       (b)資本金の額
     SPECTRUM ASSET
                                 スペクトラム・アセット・マネジメント・イン
     MANAGEMENT INC.
                        663,500米ドル         クはハイブリッド優先証券の運用に特化してい
     (スペクトラム・アセット・
                                 る投資顧問会社であります。
     マネジメント・インク)
      * 2018年6月末現在
     2【関係業務の概要】

                                 75/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (1)  受託者
        ファンドの受託会社          (受託者)として、信託財産の保管・管理・計算、外国証券を保管・管理する外国の
       保管銀行への指図・連絡等を行ないます。なお、当ファンドにかかる信託事務の処理の一部について日本
       マ スタートラスト信託銀行株式会社と再信託契約を締結し、これを委託することがあります。その場合に
       は、再信託にかかる契約書類に基づいて所定の事務を行ないます。
       <再信託受託者の概要>
        名称        :日本マスタートラスト信託銀行株式会社
        資本金        :10,000百万円
        事業の内容        :銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営                                    等 に関する
                 法律に基づき信託業務を営んでいます。
      (2)  販売会社
        ファンドの取扱販売会社として、募集の取扱いおよび販売を行ない、信託契約の一部解約に関する事
                           ;
       務、収益分配金の再投資に関する事務                     、一部解約金・収益分配金・償還金の支払いに関する事務等を行
       ないます。
         ※ 一般コースのみを取り扱う販売会社は、収益分配金の再投資に関する事務を行ないません。
      (3)  投資顧問会社
        委託会社から運用の指図に関する権限の一部委託を受け、信託財産の運用の指図を行ないます。
     3【資本関係】

      (持株比率5.0       % 以上を記載します。)

      (1)  受託者
        該当事項はありません。
      (2)  販売会社
        該当事項はありません。
      (3)  投資顧問会社
        該当事項はありません。
     第3【その他】


     (1)目論見書の表紙にロゴ・マークや図案を採用すること、またファンドの形態などの記載をすることがありま

      す。
     ( 2 )目論見書の巻末に約款を掲載               する場合     があります。
     ( 3 )届出書本文「第一部           証券情報」、「第二部            ファンド情報」に記載の内容について、投資者の理解を助ける
      ため、当該内容を説明した図表等を付加して目論見書の当該内容に関連する箇所に記載することがありま
      す。
     ( ▶ ) 目論見書は電子媒体等として使用されるほか、インターネットなどに掲載されることがあります。
     ( 5 ) 目論見書は目論見書の別称として「投資信託説明書」と称して使用する場合があります。
     ( 6 ) 目論見書の表紙裏等にインターネットホームページに加え、他のインターネットのアドレス(当該アドレス
      をコード化した図形等も含む)も掲載し、当該アドレスにアクセスすることにより基準価額等の情報を入手
                                 76/80

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      できる旨を記載する場合があります。
     (7)  目論見書に当該委託会社の金融商品取引業者登録番号、当該委託会社が運用する投資信託財産の合計純資産
      総額および目論見書の使用を開始する日を記載する場合があります。
     (8)  目論見書に投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨を記載する場合があり
      ます。
                                 77/80


















                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       独立監査人の監査報告書

                                               2018年6月5日

     野村アセットマネジメント株式会社

      取 締 役 会  御 中
                     新日本有限責任監査法人

                     指定有限責任社員

                                   公認会計士          森 重  俊 寛
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                   公認会計士          櫻 井  雄一郎
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                   公認会計士          津 村  健二郎
                     業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、

     「委託会社等の経理状況」に掲げられている野村アセットマネジメント株式会社の2017年
     4月1日から2018年3月31日までの第59期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
     行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示の
     ない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用
     することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対
     する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる
     監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示
     がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を
     実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施さ
     れる。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示
     のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性に
     ついて意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況
     に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者に
     よって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
                                 78/80


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の
     基準に準拠して、野村アセットマネジメント株式会社の2018年3月31日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示してい
     るものと認める。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は2018年4月6日付でエイト・リミテッ
     ドの株式を取得するとともに、同社の子会社であったエイト証券株式会社の株式を取得してい
     る。
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害
     関係はない。
                                                    以  上
     (注) 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管して

          おります。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 79/80











                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書

                                                 2018年9月13日

      野村アセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中 
                     EY新日本有限責任監査法人

                     指定有限責任社員

                                    公認会計士          伊 藤 志 保
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                    公認会計士          森 重 俊 寛
                     業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経

      理状況」に掲げられている米国優先証券オープンの2018年1月23日から2018年7月20日までの特定期間の財務諸
      表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を行った。
      財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し
      適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表
      示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明す
      ることにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
      た。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るため
      に、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
       監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続
      は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及
      び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査
      法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な
      表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営
      者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
       当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
      監査意見

       当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、
      米国優先証券オープンの2018年7月20日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了する特定期間の損益の状況
      をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
      利害関係

       野村アセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の
      規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以     上
      (注) 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管して

           おります。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 80/80




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。