株式会社ブイキューブ 臨時報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

臨時報告書

提出日:

提出者:株式会社ブイキューブ

カテゴリ:臨時報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブイキューブ(E30114)
                                                              臨時報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    臨時報告書

      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年9月4日
      【会社名】                    株式会社ブイキューブ
      【英訳名】                    V-cube,    Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 間下 直晃
      【本店の所在の場所】                    東京都目黒区上目黒二丁目1番1号
      【電話番号】                    03-5768-3111(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役CFO 大川 成儀
      【最寄りの連絡場所】                    東京都目黒区上目黒二丁目1番1号
      【電話番号】                    03-5768-3111(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役CFO 大川 成儀
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ブイキューブ(E30114)
                                                              臨時報告書
     1【提出理由】
       当社は、平成30年9月3日、会社法第370条(取締役会の決議に代わる書面決議)の規定により、当社のビジュアル
      コミュニケーションサービス事業の一部である電子黒板サービス事業(以下、「対象事業」といいます。)を、テクノ
      ホライゾン・ホールディングス株式会社の完全子会社である株式会社エルモ社(以下、「エルモ社」といいます。)に
      譲渡すること(以下、「本事業譲渡」といいます。)について基本的に合意し、今後具体的な協議を進めていくため基
      本合意書を締結することを決議いたしましたので、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内
      閣府令第19条第2項第8号に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。
     2【報告内容】

      (1)当該事業の譲渡先の名称、住所、代表者の氏名、資本金の額及び事業の内容
     名         称  株式会社エルモ社
                 愛知県名古屋市南区塩屋町一丁目3番地4
     住         所
                 代表取締役会長兼社長 野村              拡伸
     代  表  者  の  氏  名
                 796百万円     (平成30年3月末)
     資     本     金
     事  業  の  内  容  光学機器、電気機器、精密機器の製造および販売

      (2)当該事業譲渡の目的

       本事業譲渡においてエルモ社に対し移転する予定の対象事業は、当社が平成26年5月1日付で子会社化したパイオニ
      アソリューションズ株式会社(同日付でパイオニアVC株式会社に社名変更し、平成29年12月31日付で当社に吸収合併)
      から引継いだ事業の一部であり、文教領域での電子黒板と協働学習支援システムの開発・販売を手掛ける事業です。
       当社グループを取り巻く事業環境が変化する中、当社は対象事業の今後の更なる発展のためにあらゆる可能性を検討
      し、社内で議論を重ねてまいりました。その過程で、将来の遠隔授業の展開を見据え、対象事業の成長戦略を当社単独
      で実行していくよりも、国内外問わず長年に亘って文教事業を展開し、豊富な実績を有するエルモ社へ対象事業を譲渡
      することが最善策であることをエルモ社と確認できたことから、両社は、今般、本事業譲渡の実現に向けて具体的な協
      議を進めていくことを決定し、基本合意書を締結することといたしました。
      (3)当該事業譲渡の契約内容

     譲   渡   事   業  文教領域での電子黒板と協働学習支援システムの開発・販売
     譲  渡  す  る  資  産
                 譲渡する対象事業の資産の内容は有形資産及び無形資産となる見込みですが、
     (平成30年6月30日)
                 今後変動する可能性があります。譲渡する対象事業の負債はありません。
     譲渡事業の売上高
                 1,007百万円
      (平成29年12月期)
                 譲渡価額は約800百万円、決済方法は現金による決済となる見込みです。
     譲   渡   価   額
                 なお、譲渡価額は譲渡契約締結日までに変動する可能性があります。
                 平成30年9月3日(月)
                                   基本合意締結日
     日         程  平成30年9月28日(金)予定                   譲渡契約締結日

                 平成30年12月31日(月)予定                   事業譲渡実行日

      ※本事業譲渡は、会社法第467条第1項各号に該当しないため、当社株主総会の決議を不要とする簡易手続によりま
      す。
      なお、現時点では当該事業譲渡の諸条件は未確定であり、詳細が決定次第、臨時報告書の訂正報告書を提出いたしま

      す。
                                                         以 上
                                 2/2




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。