小津産業株式会社 有価証券報告書 第107期(平成29年6月1日-平成30年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第107期(平成29年6月1日-平成30年5月31日)

提出日:

提出者:小津産業株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2018年8月30日
      【事業年度】                    第107期(自 2017年6月1日 至 2018年5月31日)
      【会社名】                    小津産業株式会社
      【英訳名】                    OZU  CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  今枝 英治
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋本町三丁目6番2号
      【電話番号】                    03(3661)9400
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役経営企画室長  稲葉 敏和
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋本町三丁目6番2号
      【電話番号】                    03(3661)9400
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役経営企画室長  稲葉 敏和
      【縦覧に供する場所】                    小津産業株式会社大阪支店
                         (大阪府大阪市中央区瓦町二丁目3番10号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/80












                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第103期       第104期       第105期       第106期       第107期
             決算年月             2014年5月       2015年5月       2016年5月       2017年5月       2018年5月

                    (千円)      39,242,257       38,432,094       38,755,226       40,235,976       40,431,228
     売上高
                    (千円)       545,760       514,786       591,307       678,151       839,383
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期純
                    (千円)       342,980       506,611       369,934       479,292       611,999
     利益
                    (千円)       332,790      1,029,092        859,780       534,363      1,385,404
     包括利益
                    (千円)      11,699,482       12,627,896       13,362,144       13,825,915       15,068,899
     純資産額
                    (千円)      20,578,857       22,042,571       21,910,411       22,676,841       24,137,505
     総資産額
                    (円)      1,398.64       1,509.66       1,597.45       1,646.43       1,797.67
     1株当たり純資産額
                    (円)        41.00       60.56       44.23       57.30       73.17
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益金額
                    (%)        56.9       57.3       61.0       60.7       62.3
     自己資本比率
                    (%)        2.93       4.01       2.77       3.48       4.07
     自己資本利益率
                    (倍)        32.76       36.29       45.49       37.91       30.07
     株価収益率
     営業活動によるキャッシュ・
                    (千円)       586,607       689,941       694,614      1,084,078        324,012
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (千円)      △ 570,451       329,468      △ 197,787        37,344      △ 186,874
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (千円)      △ 125,798      △ 153,355      △ 122,999      △ 133,778      △ 152,207
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                    (千円)      3,322,403       4,231,098       4,562,816       5,558,643       5,539,079
     高
                             352       349       348       342       340
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 128  ]     [ 134  ]     [ 117  ]     [ 105  ]     [ 107  ]
      (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
                                  2/80







                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第103期       第104期       第105期       第106期       第107期
             決算年月             2014年5月       2015年5月       2016年5月       2017年5月       2018年5月

                    (千円)      10,152,352       10,433,239       10,132,524       10,733,199       11,722,451
     売上高
                    (千円)       296,504       448,246       390,111       421,066       616,412
     経常利益
                    (千円)       176,028       312,861       241,367       276,813       446,757
     当期純利益
                    (千円)      1,322,214       1,322,214       1,322,214       1,322,214       1,322,214
     資本金
                    (株)      8,435,225       8,435,225       8,435,225       8,435,225       8,435,225
     発行済株式総数
                    (千円)      12,037,318       12,589,273       13,269,071       13,426,066       14,439,381
     純資産額
                    (千円)      17,693,543       18,182,792       18,701,939       19,150,776       20,290,885
     総資産額
                    (円)      1,439.03       1,505.05       1,586.32       1,605.10       1,726.26
     1株当たり純資産額
                            12.00       15.00       15.00       17.00       19.00

     1株当たり配当額
                    (円)
     (内1株当たり中間配当額)                       ( - )     ( - )     ( - )     ( - )     ( - )
                    (円)        21.04       37.40       28.86       33.09       53.41

     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益金額
                    (%)        68.0       69.2       71.0       70.1       71.2
     自己資本比率
                    (%)        1.46       2.49       1.82       2.06       3.09
     自己資本利益率
                    (倍)        63.83       58.77       69.72       65.64       41.19
     株価収益率
                    (%)        57.03       40.11       51.98       51.38       35.57
     配当性向
                             87       85       89       80       88

     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                        [ 10 ]      [ 9 ]      [ 10 ]      [ 11 ]      [ 11 ]
      (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
                                  3/80









                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        当社は、1653年伊勢松阪出身の小津清左衛門長弘により、江戸の商業地大伝馬町(現本社所在地)において創業し
       たことを起源とし、全国の地方問屋へ和紙を販売する中央問屋として業を継続してきました。
        また1929年には、法人組織化すべく合資会社小津商店を設立し、1939年同社から和洋紙の貿易部門を独立して、そ
       の販売を目的として当社を設立しました。
        会社設立後の主な変遷は次のとおりであります。
        年月                            事項
      1939年12月        小津商事株式会社を設立。
      1944年12月        現商号の小津産業株式会社に商号変更。
      1946年11月        合資会社小津商店より、国内の紙の営業権を譲受。
      1957年10月        洋紙部門を本町商事株式会社に譲渡し、同社は商号を株式会社小津洋紙店(1979年6月小津紙商事
             株式会社に商号変更)とする。
      1967年12月        大阪営業所を大阪府大阪市東区(現中央区)に開設。(1974年6月本社営業部に移管)
      1973年11月        不織布製品の加工を目的として、株式会社小津洋紙店と旭化成工業株式会社(現 旭化成株式会
             社)の50:50出資により株式会社旭小津を東京都中央区に設立。
      1983年9月        大宮第一物流センター(現 埼玉第一物流センター)を埼玉県大宮市(現 さいたま市)の埼玉県
             南卸売団地内に開設。
      1984年6月        小津紙商事株式会社と合併。(合併にともない大阪支店を開設)
      1989年12月        産業用特殊紙(不織布)商品の加工を目的として、子会社オヅテクノ株式会社を東京都中央区に設
             立。
      1990年1月        轟紙業株式会社より和紙卸売業の営業権を譲受。
      1990年2月        互励株式会社より家庭用薄葉紙卸売業の営業権を譲受。
      1992年6月        株式会社大成洋紙店と合併。
      1992年6月        株式会社小津商店より和紙文化センター(和紙小売業)の営業権を譲受。
      1993年1月        大宮第二物流センター(現 埼玉第二物流センター)を埼玉県大宮市(現 さいたま市)の埼玉県
             南卸売団地内に開設。
      1996年2月        日本証券業協会に株式を店頭登録。
      1998年12月        本栄株式会社と合併。
      1999年3月        オヅテクノ株式会社が日本プラントシーダー株式会社の全株式を取得。
      1999年5月        シンガポールに駐在員事務所を開設。(2000年5月支店に昇格)
      2000年9月        神奈川物流センターを神奈川県愛甲郡愛川町に開設。
      2001年6月        東京証券取引所市場第二部に上場。
      2003年9月        埼玉第三物流センターを埼玉県さいたま市埼玉県南卸売団地内に開設。
      2005年1月        「小津和紙」を小津本館ビルへ移転、開設。
      2005年2月        日本プラントシーダー株式会社九州営業所開設。
      2006年9月        株式会社紙叶の全株式を取得。
      2007年4月        品質マネジメントシステムISO9001認証取得。
      2007年12月        家庭紙・日用雑貨事業を子会社である株式会社紙叶に吸収分割し、アズフィット株式会社に商号変
             更。
      2009年12月        和紙事業を株式会社小津商店に譲渡。
      2011年2月        小津(上海)貿易有限公司を中国上海市に設立。
      2013年5月        株式会社ディプロの全株式を取得。
      2014年7月        Ozu(Thailand)Co.,Ltd.をタイ・バンコク市に設立。
             東京証券取引所市場第一部に上場。
      2017年3月        エンビロテックジャパン株式会社を東京都中央区に設立。
                                  4/80





                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社の企業集団は、当社(小津産業株式会社)、子会社9社、関連会社1社及びその他の関係会社1社より構成さ
       れており、不織布製品の加工・販売、家庭紙・日用雑貨の仕入・販売を主たる事業としております。
        当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
       (不織布事業)
        当社では、エレクトロニクス用、コスメティック用、メディカル用、産業資材用の不織布製品の販売等を行ってお
       り、連結子会社であるオヅテクノ株式会社及び株式会社ディプロ並びに持分法適用関連会社である株式会社旭小津で
       は、不織布製品の加工を行っております。
        連結子会社である小津(上海)貿易有限公司が中国向けの不織布製品の販売等を行っており、日本プラントシー
       ダー株式会社では、農業用資材・機材の製造・販売を行っております。
        また、非連結子会社であるOzu(Thailand)Co.,Ltd.では、東南アジア向けの不織布製品の販売等を行っておりま
       す。
       (家庭紙・日用雑貨事業)
        連結子会社であるアズフィット株式会社では、ドラッグストア、スーパーマーケット、ホームセンター及びビル管
       理会社等に対して、家庭紙・日用雑貨の販売等を行っております。
       (その他の事業)
        当社において、不動産賃貸事業等を行っております。
        連結子会社であるエンビロテックジャパン株式会社では、日本及びアジア諸国における過酢酸製剤の販売、仲介並
       びに輸出入等を行っております。
     [事業系統図]

      以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
                                  5/80













                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                               議決権の所
                                               関係内容
                     資本金          有又は被所
                         主要な事業の
        会社の名称         住所
                     (千円)      内容    有割合
                                            資金
                                     役員の兼務等              営業上の取引
                                 (%)
                                            援助
     (連結子会社)
                 東京都                              当社が不織布製品の加工を委託、

                                     兼任    3名
     オヅテクノ㈱                 25,000    不織布        100.0          なし
                 中央区                              当社が建物の一部を賃貸
     日本プラントシーダー㈱           東京都                 100.0

                      85,000    不織布            兼任 2名       なし   当社の商品を同社へ販売
     (注)2           中央区                 (100.0)
                                               同社の商品を当社が購入、当社の
     アズフィット㈱           東京都         家庭紙・日
                     100,000            100.0   兼任 6名       あり   商品を同社へ販売、当社が土地、
     (注)3           中央区         用雑貨
                                               建物等の一部を賃貸
                 愛媛県
     ㈱ディプロ           四国中         不織布            兼任 4名       あり   当社が不織布製品の加工を委託
                      81,600            100.0
                 央市
                 中国    千人民元
     小津(上海)貿易有限公司                    不織布        100.0   兼任 2名       なし   当社の商品を同社へ販売
                 上海市
                      1,000
                 東京都

     エンビロテックジャパン㈱                100,000    その他         45.0   兼任 2名       なし   当社の商品を同社へ販売
                 中央区
     (持分法適用関連会社)

                 東京都

     ㈱旭小津                    不織布            兼任 4名       なし   当社が不織布製品の加工を委託
                      20,000            50.0
                 中央区
     (その他の関係会社)

                         土地建物等
                               被所有割合
                 東京都                              当社が建物の一部を賃貸
     ㈱小津商店                398,879    の賃貸、和            兼任 2名       なし
                 中央区                  30.8             同社の建物の一部を当社が賃借
                         紙の販売
      (注)1.連結子会社及び持分法適用関連会社の「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しておりま
           す。
         2.日本プラントシーダー㈱の議決権の所有割合欄( )数字は、間接所有割合(内数)でオヅテクノ㈱が所有
           しております。
         3.アズフィット㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が
           100分の10を超えておりますが、セグメント情報の家庭紙・日用雑貨事業の売上高に占める当該連結子会社
           の売上高(セグメント間の内部売上高又は振替高を含む。)の割合が100分の90を超えるため、主要な損益
           情報等の記載を省略しております。
                                  6/80








                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2018年5月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数 (人)

                                                   228  (74)

      不織布
                                                   91  (30)
      家庭紙・日用雑貨
       報告セグメント計                                            319(104)

                                                    6 (-)

      その他
                                                   15   (3)

      全社(共通)
                  合計                                 340(107)

      (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除く)であり、臨時雇用者数(パートタ
           イマー等)は( )外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属してい
           るものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                  2018年5月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

           88(11)                42.0              15.2             6,340

               セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                    71  (8)

      不織布
      家庭紙・日用雑貨                                              -(-)

                                                    71  (8)

       報告セグメント計
      その他                                               2(-)

                                                    15  (3)

      全社(共通)
                  合計                                  88(11)

      (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除く)であり、臨時雇用者数(パートタイマー等)は
           ( )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は税込支払給与額であり、基準外賃金及び賞与を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属してい
           るものであります。
       (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  7/80






                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。
       (1)経営方針及び中長期的な経営戦略

        当社グループは、「伝統とは継続的な開拓の歴史」との認識のもと、お客さまの満足や喜びを第一に考えた新し
       い付加価値を提案し、豊かな暮らしと文化に貢献することを企業理念としております。この理念を守りつつ、継続
       的な成長と中長期的な企業価値の向上を図るため、現状に満足することなく、全社を挙げての「ものづくり」を継
       続し、新しい事業、新しい商品を構築してまいります。今般、これまでの堅実経営の実績を踏まえ、経営基盤の強
       化と更なる成長ステージを目指して、2018年6月から始まる3ヶ年に亘る中期経営計画を策定いたしました。
        基本方針は、以下の3項目です。
        1.製造商社機能の拡充
        2.グループシナジー効果の追求
        3.グローバル展開の推進
        この方針に沿って、5つの主要な戦略を定めました。
       ①不織布加工機能の強化・拡充

        株式会社ディプロ、オヅテクノ株式会社を中心に、新工場建設と機械設備の導入を行い、ユーザーニーズを取り
       込んだ付加価値の高い製品の製造機能を強化・拡充いたします。2019年10月竣工予定の株式会社ディプロの新工場
       では、化粧品や医薬部外品の製造ができるクリーンな環境を整え、防爆エリアを設置し、多様化するユーザーの
       ニーズに対応してまいります。「単に不織布を販売するだけでなく、これを加工することによって新たな付加価値
       を創出する商社」としての機能の更なる向上を目指してまいります。また、この目的を補完するためのM&Aも視
       野に入れております。
       ②産学および他社との連携による事業分野の拡張

        東京大学との共同研究の結果、2015年12月から提供を始めた除染布「五大力」や、2017年3月に米国エンビロ
       テックケミカルサービス社および全国農業協同組合連合会と共に新会社を設立し、販売強化を図っている除菌剤
       (食品表面除菌およびサニテーション用途の過酢酸製剤)の事業を拡大してまいります。そのための組織改革や更
       なる大学との共同研究を推進し、他分野への応用も図ってまいります。
       ③経営基盤の更なる強化

        家庭紙・日用雑貨事業を営むアズフィット株式会社、野菜および花卉の播種用テープや機材の製造・販売を行う
       日本プラントシーダー株式会社、不織布および紙製品の加工を行うオヅテクノ株式会社、ウェット製品の製造・加
       工を行う株式会社ディプロを中心とする小津グループ各社の持つ財産(商品・得意先・仕入先)を共有することに
       よって、各社の連携強化を図り、小津グループのシナジー効果を最大限に高めてまいります。
        また、事業環境の厳しい家庭紙・日用雑貨事業の利益確保のため、引き続きコスト削減を進めてまいります。物
       流費の上昇に対応するため、他社との協業を含めた物流機能の強化や配送効率・納品効率の向上を図るとともに、
       経営資源の再配分も行ってまいります。
       ④グローバル展開の推進

        アジア地域を中心とした海外事業の拡大を目指し、海外営業部および中国現地法人                                       小津(上海)貿易有限公司、
       タイ現地法人       Ozu  (Thailand)      Co.,Ltd.を軸に、主力であるエレクトロニクス分野の更なる拡大に加え、近年成長
       著しいコスメティック分野においても積極的な海外展開を行ってまいります。
       ⑤働き方改革の推進

        社会的要請である「働き方改革」で掲げられているテーマの中から、当社グループの実情に沿ったテーマについ
       て、より働きやすい職場環境の整備を推進してまいります。
        これらの戦略に基        づき、売上高・営業利益および投資の計画を策定しております。

        2021年5月期の売上高は440億円(2018年5月期比10%増)、営業利益は9億円(2018年5月期比14%増)の計画
       です。
                                  8/80



                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        当社グループの中長期的成長戦略として、不織布加工分野への設備投資に取り組んでおり、2019年5月期~2021
       年5月期の3年間において、32億円(株式会社ディプロ                          新工場28億円、その他グループ各社での機械設備およびシ
       ステム投資等4億円)の設備投資を計画しており、この期間のキャッシュフロー(親会社株主に帰属する当期純利
       益  +  減価償却費)は26億円となる計画です。
       (2)経営環境及び対処すべき課題

        不織布事業に関しましては、主要な販売先であるエレクトロニクス分野への依存度が高く、半導体や電子部品・
       デバイス産業、光学関連産業の稼働率等の影響を受けやすい構造となっております。この分野においては、国内産
       業の海外へのシフトおよび中国をはじめとした東南アジアにおける現地企業の台頭・拡大が進んでいることもあ
       り、当社グループの収益基盤をより堅固なものとするためには海外事業が重要と認識しております。今後も海外支
       店や現地法人である小津(上海)貿易有限公司、Ozu(Thailand)Co.,Ltd.の販売機能を最大限に活用し、エレクトロ
       ニクス分野はもとより、アジア諸国において成長が期待されるコスメティック分野やメディカル分野など、全ての
       分野において海外事業を強化すべく積極的に取り組みを行ってまいります。また、エレクトロニクス分野で培った
       ノウハウ等をもとに、新たな分野・用途向けの商品を創出することで、更なる販路の拡大を図ってまいります。
        また、次世代の核となる新事業の創出と新商品の開発も急務であります。当社グループがこれまでに培ってきた
       事業のノウハウなどの強みを活かせる新事業の創出は、当社グループの次世代を担う重要なミッションと認識して
       おり、現在進行中の除染関連分野などへの取り組みを加速させてまいります。
        家庭紙・日用雑貨事業に関しましては、大手小売業の寡占化が進み、プライベートブランド商品の取り扱いが拡
       大傾向にあります。このような状況下、グループ会社のシナジー効果を発揮したオリジナル商品や高付加価値商品
       の取り扱い拡大、および成長が見込める衛生マスク市場への拡販、並びに業務用品事業の深耕などを柱にした事業
       戦略を積極的に推し進め、独自性を強化することで存在価値を高めてまいります。また、物流機能を強化し、業務
       の効率化とコスト削減を行うことによって収益力アップを図ります。
        その他の事業における除菌関連事業に関しましては、販売先である食品市場において既存薬剤の使用歴が長いた
       め、新たな薬剤を受け入れにくい傾向があり、市場開拓の加速化が課題となっております。そのため、食品添加物
       としての過酢酸製剤の認知度を市場において高めていくことが重要と認識し、啓発活動を行うと共に、国内外にお
       ける販促活動を積極的に行ってまいります。
        今後も当社グループは、経営環境の変化に迅速に対応しつつ、中長期的な経営戦略に基づき経営資源の最適な配
       分を行い、企業価値向上に全力で邁進するとともに、社会環境や安全性に十分配慮し、コーポレート・ガバナンス
       の充実に取り組んでまいります。
      2【事業等のリスク】

        当社グループの経営成績、財政状態等に影響を与える可能性のあるリスク、および投資家の判断に重要な影響を及
       ぼす可能性のある事項を以下のとおり記載いたします。
        なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものでありま
       す。
       (1)株式会社小津商店との関係

        株式会社小津商店は、1653年創業の「紙商小津屋」を嚆矢としております。同社の紙事業分野が分離し発展して
       きたのが当社グループです。長い歴史の過程において、株式会社小津商店と当社グループは、別々の事業を営んで
       まいりました。更に当社グループの上場を経て、株式会社小津商店の当社持株比率は、低下してまいりましたが、
       現在、当社の議決権の30.8%を保有する主要株主となっております。
        当社グループは独立性、自主性に基づき企業運営を行っておりますが、株式会社小津商店の当社に対する基本方
       針等に変更が生じた場合には、当社グループの事業および業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (株式会社小津商店との取引)
        現在、株式会社小津商店との間で不動産の貸付、賃借取引があります。当該取引に関して取引条件の経済合理性
       を保つため、市場原理の基づく取引条件としております。今後は同社との取引は順次減少すると見込まれ、更に新
       規発生する取引についても市場原理に基づく条件を基本としてまいります。しかし同社の当社グループに対する取
       引方針や条件等に大きな変更が生じた場合には、代替不動産の確保に費用を要するため、当社グループの事業およ
       び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (株式会社小津商店との人的関係)
        当社社外監査役である城見浩一は、株式会社小津商店の監査役を兼務しております。同氏は公認会計士、税理士
       であり、専門知識に基づき両社のガバナンスの強化に貢献しております。
       (株式会社小津商店との棲み分け)
        当社グループは不織布、家庭紙、日用雑貨を扱う事業会社、株式会社小津商店は不動産事業と和紙文化事業・和
       紙販売事業に特化した会社との棲み分けになっております。この棲み分けは、今後も継続する方針であります。
                                  9/80


                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
       (2)販売先が属する業界の需要動向、市況による影響および業績の季節変動
        当社グループの不織布事業における主力製品は、エレクトロニクス・半導体業界、医療業界およびコスメティッ
       ク業界向けであり、これらの業界の需要動向、市況などは業績に大きな影響を与えます。また、日本プラントシー
       ダー株式会社において第2四半期である6月~8月の夏場に販売がピークになることから、不織布事業の営業利益
       は第2四半期に集中して計上される傾向があります。
        当社グループの家庭紙・日用雑貨事業では、2月、3月に大手小売業の決算期が集中しているため、決算セール
       などの販売促進が行われること、主要仕入先のリベートが第4四半期に多く計上されることから家庭紙・日用雑貨
       事業の営業利益は第4四半期に集中して計上される傾向があります。
       (3)小売業者の集約
        当社グループの家庭紙・日用雑貨事業の販売先である小売業者の集約が行われております。これにより商品調達
       先の変更が行われ、業績に影響を与える可能性があります。
       (4)製品品質
        当社グループの不織布製品の多くは、素材を旭化成株式会社より仕入れ、当社グループの加工関係会社3社およ
       びマレーシアの協力工場で製品化しております。
        各加工場では充分な品質管理を行っておりますが、製品やサービスに関する不良欠陥が発生しないという保証は
       なく、大規模な製品クレームが発生した場合、製品回収や製造物責任賠償などに関する費用が発生し、当社グルー
       プの業績および財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (5)災害による影響
        当社グループが保有する物流センターのほか、素材の主要仕入先である旭化成株式会社、または当社グループの
       加工関係会社3社もしくはマレーシアの協力工場が、大規模な地震などの災害により損害を被った場合、物流セン
       ターの稼働率が一時的に低下したり、加工場における製品の生産能力が減退することにより、売上高、利益が減少
       いたします。
        また、設備の修復のための費用の増加により、当社グループの業績および財政状態に悪影響を及ぼす可能性があ
       ります。
       (6)海外市場の動向
        不織布事業におけるエレクトロニクス用ワイパーは、国内の加工関係会社3社以外にマレーシアの協力工場にお
       いても生産を行い、中国、台湾、その他の東南アジア地区などを中心に販売を行っております。
        従いまして、当社が販売を行っている各国において政治、経済、社会情勢の変化などの予期せぬ事象が発生し、
       販売活動に支障が生じた場合、当社グループの業績および財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (7)消費動向や天候などの影響
        家庭紙・日用雑貨事業は、ティシュペーパー、トイレットペーパーその他の日用雑貨品のように、一般消費者向
       けの商品を取り扱っております。従いまして、当事業の業績は消費動向や天候などの要因によって影響を受ける可
       能性があります。
       (8)為替相場の変動による影響
        当社グループは、マーケットの拡大が期待されるアジア地区における生産供給体制の確立と強化を図っており、
       今後も海外取引の比重は高まる傾向にあります。輸出または輸入取引の一部は外貨建で行っているため、為替相場
       の変動による影響を受けます。
                                 10/80








                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
       ①経営成績の状況
        当連結会計年度(2017年6月1日~2018年5月31日)におけるわが国経済は、企業収益の拡大や雇用・所得環境
       の改善を背景に、概ね堅調に推移いたしました。海外におきましては、概ね緩やかな回復基調で推移したものの、
       米中等の貿易政策や中東・朝鮮半島情勢の地政学的リスク等により、先行き不透明な状態が続いています。
        このような経営環境のもと、当社グループといたしましては、2016年5月期から推進してきた中長期的な経営戦
       略に基づき、革新と挑戦をテーマに営業活動を展開してまいりました。
        これらの結果、当連結会計年度の売上高は404億31百万円(前期比0.5%増)、経常利益は8億39百万円(前期比
       23.8%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は6億11百万円(前期比27.7%増)となりました。
       (不織布事業)
        エレクトロニクス分野では、スマートフォン用途の販売が低調であったものの、自動車関連用途の電子部品・デ
       バイス産業向けの販売が好調であったため、前期と比べ売上高、利益面ともに微増となりました。
        メディカル分野では、衛材メーカー向けの販売が底堅く推移したものの、医療ディーラー向けの販売が低調で
       あったため、前期と比べ売上高がほぼ横ばいで推移し、利益面では微減となりました。
        コスメティック分野では、東アジア市場向けの販売が好調を維持しており、売上高、利益面ともに前期を上回り
       ました。
        新たな分野である除染関連分野につきましては、国内電力会社等に向けて販売活動を行い、実績化に繋げること
       ができました。
        小津(上海)貿易有限公司では、コスメティック分野向けの販売が前期と比べ鈍化傾向にあるものの、エレクト
       ロニクス分野向けの販売が堅調に推移したことから、売上高、利益面ともに前期を上回りました。
        ウェットティシュ等の製造販売を営む株式会社ディプロでは、大手小売業向けのプライベートブランド商品の販
       売が増加したことや、グループ各社のシナジー効果により新規取引先を獲得したことから、売上高、利益面ともに
       前期を上回りました。
        アグリ分野を担う日本プラントシーダー株式会社では、昨年夏から秋の天候不順の影響で一部の地区における販
       売が減少したものの、コーンや落花生等の大粒子テープの販売が増加し播種用機材の販売も堅調に推移したことか
       ら、前期と比べ売上高、利益面ともに微増となりました。
        これらの結果、売上高は148億86百万円(前期比7.7%増)、セグメント利益は7億80百万円(前期比38.1%増)
       となりました。
       (家庭紙・日用雑貨事業)
        家庭紙・日用雑貨事業を営むアズフィット株式会社では、前期に引き続き収益構造の見直しやオリジナルマスク
       の販促活動を推し進めたものの、取引先商流の変更および物流費の高騰等の影響により、売上高、利益面ともに前
       期を下回りました。
        これらの結果、売上高は254億39百万円(前期比3.5%減)、セグメント利益は22百万円(前期比76.8%減)とな
       りました。
       (その他の事業)
        除菌関連事業を営むエンビロテックジャパン株式会社では、市場における過酢酸の知名度を上げるために啓発活
       動を行うとともに、全国農業協同組合連合会および販売代理店への販促活動に注力してまいりました。
        これらの結果、その他の事業(不動産賃貸業および除菌関連事業)につきましては、売上高は1億5百万円(前
       年比95.9%増)、セグメント損失は15百万円(前年は5百万円のセグメント利益)となりました。
       (注)日本プラントシーダー株式会社およびアズフィット株式会社の決算期は2月末日のため、当連結会計年度に

          は各社の2017年3月から2018年2月の実績が、株式会社ディプロおよびエンビロテックジャパン株式会社の
          決算期は3月末日のため、当連結会計年度には各社の2017年4月から2018年3月の実績が反映されておりま
          す。
                                 11/80





                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
       ②財政状態の状況
       (資産)
        当連結会計年度末における流動資産は、「受取手形及び売掛金」2億22百万円の増加等により、前期比4億3百
       万円増加の149億54百万円となりました。固定資産は、「投資有価証券」11億51百万円の増加、「建物及び構築物
       (純額)」1億4百万円の減少等により、前期比10億57百万円増加の91億82百万円となりました。
        この結果、資産合計は           前期比14億60百万円増加の241億37百万円となりました。
       (負債)
        当連結会計年度末における流動負債は、「短期借入金」3億円の増加、「1年内償還予定の社債」3億円の減
       少、「1年内返済予定の長期借入金」2億円の減少等により、前期比2億70百万円減少の62億96百万円となりまし
       た。固定負債は、「繰延税金負債」3億46百万円の増加、「社債」2億円の増加等により、前期比4億88百万円増
       加の27億72百万円となりました。
        この結果、負債合計は前期比2億17百万円増加の90億68百万円となりました。
       (純資産)
        当連結会計年度末における純資産合計は、                     前期比12億42百万円増加の150億68百万円となりました。これは                             「利益
       剰余金」4億69百万円の増加、「その他有価証券評価差額金」7億93百万円の増加等によるものであります。
       ③キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ19百万円減少
       し、55億39百万円となりました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況と、それらの増減の要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動の結果得られた資金は3億24百万円(前期比7億60百万円減)となりました。収入の主な内訳は、「税
       金等調整前当期純利益」8億58百万円、「減価償却費」2億96百万円、支出の主な内訳は、「売上債権の増減額」
       2億21百万円、「法人税等の支払額」2億6百万円であります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動の結果使用した資金は1億86百万円(前期は37百万円の獲得)となりました。収入の主なものは「投資
       有価証券の売却による収入」29百万円、支出の主なものは「有形固定資産の取得による支出」1億84百万円であり
       ます。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動の結果使用した資金は1億52百万円(前期比18百万円増)となりました。収入の主なものは「短期借入
       金の純増減額」3億円、支出の主な内訳は、「社債の償還による支出」3億円、「長期借入金の返済による支出」
       2億円であります。
                                 12/80










                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
       ④生産、受注及び販売の実績
       イ.生産の実績
        該当事項はありません。
       ロ.受注の実績

        該当事項はありません。
       ハ.販売の実績

        当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2017年6月1日                    前年同期比(%)
                            至 2018年5月31日)
      不織布(千円)                            14,886,260                     107.7

      家庭紙・日用雑貨(千円)                            25,439,773                     96.5

        報告セグメント計(千円)                          40,326,033                     100.4

      その他(千円)                              105,195                   195.9

           合計(千円)                       40,431,228                     100.5

      (注)1.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2016年6月1日                 (自 2017年6月1日
                 相手先             至 2017年5月31日)                 至 2018年5月31日)
                           金額(千円)         割合(%)        金額(千円)         割合(%)

            株式会社ココカラファイン
                             5,530,137           13.7      5,111,407           12.6
            ヘルスケア
         2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

        当連結会計年度における経営成績の分析は、以下のとおりであります。なお、本項に記載の将来に関する事項
       は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       ①経営成績の分析

       (売上高)
        当連結会計年度の売上高は、前期比0.5%増加の404億31百万円となりました。
        不織布事業につきましては、メディカル分野がほぼ横ばいで推移したものの、コスメティック分野の東アジア向
       け販売が好調を維持しており、エレクトロニクス分野も微増となったため、売上高が増加いたしました。
        小津(上海)貿易有限公司につきましては、エレクトロニクス分野向けの販売が堅調に推移したため、売上高が
       増加いたしました。
        株式会社ディプロにつきましては、大手小売業向けのプライベートブランド商品の販売が増加したことや新規取
       引先の獲得により、売上高が増加いたしました。
        日本プラントシーダー株式会社につきましては、大粒子テープや播種用機材の販売が堅調に推移したため、売上
       高が増加いたしました。
        これらの結果、不織布事業の売上高は、前期比7.7%増加の148億86百万円となりました。
        家庭紙・日用雑貨事業を営むアズフィット株式会社につきましては、取引先商流の変更等の影響により、売上高
       が減少いたしました。
        これらの結果、家庭紙・日用雑貨事業の売上高は、前期比3.5%減少の254億39百万円となりました。
        その他の事業につきましては、除菌関連事業の売上が加わったことにより、前期比95.9%増加の1億5百万円と
       なりました。
                                 13/80




                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
       (営業利益)
        当連結会計年度の営業利益は、前期比18.1%増加の7億89百万円となりました。また、売上高営業利益率は、前
       期比0.3ポイントプラスの2.0%となりました。
        不織布事業につきましては、メディカル分野が微減となったものの、コスメティック分野の販売が増加したこと
       に伴い、営業利益が増加いたしました。
        小津(上海)貿易有限公司、株式会社ディプロおよび日本プラントシーダー株式会社につきましては、売上高が
       増加したことに伴い、営業利益が増加いたしました。
        これらの結果、不織布事業のセグメント利益は、前期比38.1%増加の7億80百万円となりました。
        家庭紙・日用雑貨事業を営むアズフィット株式会社につきましては、取引先商流の変更および物流費の高騰等の
       影響により、営業利益が減少いたしました。
        これらの結果、家庭紙・日用雑貨事業のセグメント利益は、前年比76.8%減少の22百万円となりました。
        その他の事業につきましては、除菌関連事業に係わる費用が加わったことにより、15百万円のセグメント損失
       (前年は5百万円のセグメント利益)となりました。
       (注)報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」

          における記載と概ね同一であり、報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
       (経常利益)

        当連結会計年度の経常利益は、前期比23.8%増加の8億39百万円となりました。
       (親会社株主に帰属する当期純利益)
        当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は、前期比27.7%増加の6億11百万円となりました。
       ②資本の財源及び資金の流動性

        当社グループの運転資金需要のうち主なものは、商品及び製品、原材料の購入費用のほか、製造費、販売費及び
       一般管理費等の営業費用であります。また、投資を目的とした資金需要は、主に設備投資等によるものでありま
       す。運転資金及び設備投資資金は、自己資金及び金融機関からの借入等により調達しております。
        なお、    当連結会計年度末における借入金及び社債、リース債務を含む有利子負債の残高は27億95百万円となって
       おります。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は55億39                                     百万円となっております。
      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        不織布事業におきましては、連結子会社である日本プラントシーダー株式会社で、食の安全に対する関心の高まり
       を背景に、国内外の農業の省力化と効率化という課題に取り組んでおります。シーダーテープを使用した農法の精度
       向上、関連する機械の技術開発を継続して市場の拡大を図っております。
        なお、当連結会計年度の研究開発費の総額は、36百万円であります。
                                 14/80








                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度において実施した設備投資の総額は178,734千円であり、主なものは不織布事業における加工設備
       に係る投資157,628千円であります。
        また、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

       (1)提出会社
                                     帳簿価額(千円)
       事業所名              設備の内                                    従業員数
             セグメントの名称                 機械装置
       (所在地)              容                                    (名)
                         建物及び            土地
                              及び運搬          リース資産      その他      合計
                         構築物           (面積㎡)
                              具
     本社                                17,986
             不織布、その他        販売設備      361,364      3,375            -    8,703    391,429       71
     (東京都中央区)                                 (256)
     千葉物流セン
             家庭紙・日用雑                        277,732
     ター               物流設備      77,842       -          -      0   355,574       -
             貨
                                     (5,985)
     (千葉県佐倉市)
     埼玉第一物流セ
     ンター                               249,463
             不織布        物流設備      172,321       551           -     675   423,010       -
     (さいたま市見沼
                                     (8,283)
     区)
     埼玉第二物流セ
     ンター        家庭紙・日用雑                          -
                     物流設備      240,653        0          -      0   240,653       -
     (さいたま市見沼        貨                         (-)
     区)
     埼玉第三物流セ
     ンター                               205,495
             その他        物流設備
                          188,312       -          -      0   393,807       -
     (さいたま市見沼
                                     (2,640)
     区)
      (注)千葉、埼玉第二の各物流センターは連結子会社アズフィット㈱へ賃貸しているものであります。
       (2)国内子会社

                                     帳簿価額(千円)
                 セグメ
            事業所名         設備の内                                    従業員数
      会社名           ントの
                               機械装置
                     容
            (所在地)              建物及び            土地                    (名)
                 名称
                               及び運搬          リース資産      その他      合計
                          構築物
                                    (面積㎡)
                               具
           工場
                                       -
     オヅテクノ㈱      (さいたま市      不織布    加工設備       1,260     12,360            -    5,724     19,345      14
                                       (-)
           見沼区)
           川越工場
     日本プラント                                  -
           (埼玉県川越      不織布    加工設備        451    7,361            -     17    7,831      13
     シーダー㈱                                  (-)
           市)
           本社
                                      60,958
     ㈱ディプロ      (愛媛県四国      不織布    加工設備
                           37,673     205,492           5,575     41,405     351,105      96
                                     (10,440)
           中央市)
           神奈川愛川セ
                 家庭
           ンター
     アズフィット                販売設備                290,369
                 紙・日          388,552      1,691            -     534   681,148      16
           (神奈川県愛甲
     ㈱                物流設備                 (7,438)
                 用雑貨
           郡愛川町)
      (注)1.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であり、建設仮勘定を含んでおります。
         2.上記の他、連結会社以外からの主要な賃借及びリース設備の内容は、下記のとおりであります。
                           事業所名        セグメント             建物の面積      年間賃借料
                会社名                          設備の内容
                           (所在地)        の名称              (㎡)     (千円)
                         川越工場
            日本プラントシーダー㈱                       不織布      加工設備         1,029      10,620
                         (埼玉県川越市)
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループの設備計画については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に判断して策定しております。設
       備計画は原則的に各社が個別に策定しておりますが、提出会社を中心とした調整を行い最終的に設備計画を策定して
       おります。
        なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設計画は、次のとおりであります。
                                 15/80


                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
       (1)重要な設備の新設
                               投資予定金額                 着手及び完了予定年月
      会社名            セグメン                      資金調達
             所在地          設備の内容
      事業所名            トの名称             総額    既支払額      方法
                                                着手       完了
                              (百万円)     (百万円)
     ㈱ディプロ       愛媛県

                   不織布     加工設備       2,800       67  自己資金      2018年10月       2019年10月
      本社工場      四国中央市
       (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)重要な設備の除却及び売却の予定

         特記すべき事項はありません。
                                 16/80

















                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
      普通株式                                           25,000,000

                  計                               25,000,000

        ②【発行済株式】

               事業年度末現在発行数                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類          (株)                      又は登録認可金融商品               内容
                            (2018年8月30日)
               (2018年5月31日)                         取引業協会名
                                        東京証券取引所             単元株式数
     普通株式              8,435,225             8,435,225
                                        市場第一部             100株
         計           8,435,225             8,435,225             -          -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総        発行済株式総
                               資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数        数残高
                                (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (千株)        (千株)
      1999年12月14日
                    600       8,435       380,400       1,322,214         379,800       1,374,758
             (注)
      (注) 有償一般募集         600,000株
          発行価格            1,267円
          資本組入額            634円
                                 17/80







                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                   2018年5月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数 100株)
                                                       単元未満
            政府及び
                                                       株式の状
       区分                             外国法人等
                       金融商品     その他の                個人その
            地方公共      金融機関                                  計
                                                       況(株)
                       取引業者     法人                他
                                  個人以外       個人
            団体
     株主数
                -     22     14     83     41      7   7,813     7,980     -
     (人)
     所有株式数
                -    7,712      507    37,012       888       9   38,169     84,297      5,525
     (単元)
     所有株式数
     の割合          -    9.15     0.60     43.91      1.05      0.01     45.28     100.00      -
     (%)
      (注)1.自己株式70,692株は、「株式の状況(個人その他)」の欄に706単元及び「単元未満株式の状況」の欄に92
           株を含めて記載しております。
         2.「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が1単元含まれております。
       (6)【大株主の状況】

                                                   2018年5月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
         氏名又は名称                    住所
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                    東京都中央区日本橋本町3-6-2                          2,576          30.80

      株式会社小津商店
                    東京都中央区日本橋本町3-6-2                           321         3.85
      小津取引先持株会
                    東京都北区王子1-4-1                           197         2.36
      日本製紙株式会社
                                               137         1.65
      別府 清一郎              東京都世田谷区
                    東京都千代田区神田神保町1-105                           117         1.41
      旭化成株式会社
                    東京都千代田区大手町1-5-5                           117         1.40
      株式会社みずほ銀行
                    東京都千代田区丸の内1-1-2                           110         1.32
      株式会社三井住友銀行
                    東京都中央区日本橋本町3-6-2                           103         1.24
      小津産業従業員持株会
                    東京都千代田区神田駿河台4-6                           96         1.15
      日本製紙クレシア株式会社
                                               86         1.03
      橋爪 義夫              東京都武蔵野市
                              -                3,864          46.20

            計
                                 18/80








                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年5月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                        -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

      議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                         普通株式         70,600                  単元株式数      100株

      完全議決権株式(自己株式等)                                    -
      完全議決権株式(その他)                   普通株式 8,359,100                83,591            同上

                                                 1単元(100株)未満の
      単元未満株式                   普通株式   5,525                 -
                                                 株式
      発行済株式総数                        8,435,225            -            -
      総株主の議決権                        -           83,591             -

      (注)「完全議決権株式(その他)」の中には、証券保管振替機構名義の株式が100株(議決権の数1個)含まれてお
         ります。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1個が含まれておりま
         す。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年5月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又                    自己名義所有株         他人名義所有        所有株式数の
                 所有者の住所                                  対する所有株式数
      は名称                    式数(株)         株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
               東京都中央区日本橋
      小津産業株式会社                      70,600          -       70,600          0.84
               本町三丁目6番2号
         計          -        70,600          -       70,600          0.84
                                 19/80











                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(千円)
      当事業年度における取得自己株式                                     99             221
      当期間における取得自己株式                                     -              -

     (注)当期間における取得自己株式数には、2018年8月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        による株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                   当事業年度                当期間
                区分
                                     処分価額の総額               処分価額の総額
                               株式数(株)               株式数(株)
                                       (千円)               (千円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取
                                   -        -       -        -
      得自己株式
      その他
                                   -        -       -        -
      (-)
      保有自己株式数                           70,692          -     70,692          -
     (注)当期間における保有自己株式数には、2018年8月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        による株式は含まれておりません。
                                 20/80









                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主に対して長期的に安定した利益還元を行うことを基本方針としつつ、併せて当社グループの企業体質
       の強化と将来の事業展開に備えた内部留保の充実などを総合的に勘案し、配当を行うこととしております。
        なお、当社は、「取締役会の決議によって、毎年11月30日を基準日として中間配当をすることができる」旨を定款
       に定めておりますが、当社の販売している商品は季節変動や市況に多分に左右される傾向にあるため、年間を通して
       の収益がある程度確定した段階で配当を決定することとしております。従いまして現時点におきましては、中間配当
       制度はあるものの、期末配当の年1回の配当を行うことを基本的な方針としております。これらの剰余金の配当の決
       定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        当社グループが属します卸売業は、業態を超えた合併、再編が行われるなど、大きくまた急激に変化しておりま
       す。そのような中、当社グループといたしましても、生き残りを図るためだけでなく、一層の業容の拡大を目指して
       M&Aや新規事業への参入なども選択肢として考えております。そのため、株主への安定的な配当を行いつつ、内部
       留保も充実させ強固な経営基盤の確立を図ってまいります。
        当期の期末配当につきましては、1株当たり19円となりました。なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のと
       おりであります。
                              配当金の総額                 1株当たりの配当額

           決議年月日
                              (百万円)                    (円)
          2018年8月29日
                                158                   19
           定時株主総会
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第103期          第104期          第105期          第106期          第107期
      決算年月        2014年5月          2015年5月          2016年5月          2017年5月          2018年5月

      最高(円)            1,560          2,534          2,322          2,333          2,410

      最低(円)            1,226          1,348          1,882          1,900          2,094

      (注)最高・最低株価は、2013年6月1日より東京証券取引所市場第二部におけるものであり、2014年7月31日より東
         京証券取引所市場第一部におけるものであります。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      2017年12月        2018年1月        2018年2月        2018年3月        2018年4月        2018年5月
      最高(円)          2,248        2,262        2,256        2,279        2,410        2,384

      最低(円)          2,134        2,167        2,128        2,143        2,268        2,180

      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                 21/80








                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性11名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                1979年4月     当社入社
                                2002年8月     当社執行役員生活関連営業部東京店・
                                     府中支店・神奈川支店担当
                                2005年12月     当社執行役員機能素材営業部長兼営業
                                     推進部長
                                2007年8月     当社取締役機能素材営業部担当
     代表取締役
                                2008年8月     当社取締役営業本部担当
                  今枝 英治       1955年7月15日
                                                    (注)3     16
     社長
                                2012年8月     当社常務取締役
                                2014年6月     当社代表取締役副社長
                                2015年6月     当社代表取締役社長(現任)
                                (重要な兼職の状況)

                                エンビロテックジャパン㈱ 代表取締役社長
                                1980年4月     当社入社
                                2004年8月     当社執行役員機能素材営業部大阪支店
                                     担当
                                2007年6月     当社執行役員機能素材営業部長
                                2009年8月     当社取締役機能素材営業部長
                                2010年6月     当社取締役営業本部副本部長
     代表取締役
           営業本部長       河田 邦雄      1956年12月6日                            (注)3     10
                                2011年6月     当社取締役営業本部長
     専務
                                2014年6月     当社常務取締役営業本部長
                                2015年6月     当社代表取締役専務営業本部長(現
                                     任)
                                (重要な兼職の状況)

                                小津(上海)貿易有限公司 董事長
                                1976年4月     三井海洋開発㈱入社
                                1988年10月     ㈱太陽神戸銀行(現㈱三井住友銀行)
                                     入行
                                2005年9月     当社入社
                                2006年6月     当社財務部長
                                2009年7月     当社執行役員財務部長
                                2011年9月     当社執行役員管理本部担当兼経営企画
     常務取締役      管理本部長       稲葉 敏和      1954年2月5日
                                                     (注)3     3
                                     室長兼内部監査室長兼財務部長兼総務
                                     部長
                                2012年8月     当社取締役管理本部長
                                2015年6月     当社常務取締役管理本部長(現任)
                                (重要な兼職の状況)

                                なし
                                1985年4月     当社入社
                                2005年6月     当社経営企画室長
                                2006年6月     当社経営企画室長兼内部監査室長
                                2007年6月     当社執行役員管理本部担当兼経営企画
                                     室長兼総務部長兼内部監査室長
     取締役             近藤 聡      1962年8月13日                            (注)3     ▶
                                2009年8月     当社取締役管理本部担当
                                2011年9月
                                     当社取締役子会社管理担当(現任)
                                (重要な兼職の状況)

                                アズフィット㈱ 代表取締役社長
                                 22/80




                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                1980年4月     旭化成工業㈱(現旭化成㈱)入社
                                2003年4月     旭化成商事サービス㈱不織布営業部長
                                2009年4月     当社入社
                                2009年6月     当社メディカルサプライ営業部長兼営
                                     業統括室長
                                2010年6月     当社メディカルサプライ営業部長兼新
                                     事業開発室長
     取締役      開発本部長       廣瀬 恭二      1956年10月30日                            (注)3     ▶
                                2014年6月     当社執行役員兼㈱ディプロ代表取締役
                                     社長
                                2015年8月     当社取締役
                                2017年6月     当社取締役開発本部長(現任)
                                (重要な兼職の状況)

                                なし
                                1982年4月     旭化成工業㈱(現旭化成㈱)入社
                                2001年3月     旭化成アジア(シンガポール)出向
                                2003年3月     旭化成香港(香港)出向
                                2006年5月     旭化成せんい㈱(現旭化成㈱)不織布
                                     事業部スパンボンド営業部長
                                2012年4月     旭化成せんい㈱不織布事業部長
     取締役             雛元 克彦      1959年8月13日                            (注)3     -
                                2016年4月     旭化成㈱繊維事業本部不織布事業部長
                                2018年7月     当社入社
                                2018年8月
                                     当社取締役(現任)
                                (重要な兼職の状況)

                                オヅテクノ㈱ 代表取締役社長
                                1973年5月     東京証券取引所入所
                                1979年8月     同所上場部上場審査役
                                1993年6月     水戸証券㈱取締役総合企画室長
                                1997年6月     同社常務取締役
                                2003年6月     同社常勤監査役
                                2004年8月     当社監査役
     取締役             穴田 信次      1947年4月27日                            (注)3     2
                                2008年8月     当社常勤監査役
                                2014年8月
                                     当社取締役(現任)
                                (重要な兼職の状況)

                                ㈱オプトエレクトロニクス 社外取締役(監査等委
                                員)
                                竹本容器㈱ 社外取締役(監査等委員)
                                1967年4月     東京大学生活協同組合入職
                                1987年1月     生活協同組合都民生協理事
                                1999年6月     生活協同組合連合会コープネット事業
                                     連合理事
                                2001年6月     生活協同組合コープとうきょう理事長
                                2003年6月     日本生活協同組合連合会副会長
     取締役             山下 俊史      1944年2月2日                            (注)3     -
                                2007年6月     同会会長
                                2011年6月     同会顧問
                                2015年8月
                                     当社取締役(現任)
                                (重要な兼職の状況)

                                なし
                                1974年3月     当社入社
                                2007年6月     当社執行役員機能素材営業部メディカ
                                     ルサプライ販売担当
     常勤監査役             大家 孝明      1950年6月24日        2008年8月     当社常勤監査役(現任)               (注)4     13
                                (重要な兼職の状況)

                                なし
                                 23/80


                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                1981年10月     アーンストアンドウィニー会計事務所
                                     入所
                                1985年8月     公認会計士登録
                                1997年9月
                                     新日本アーンストアンドヤング㈱
                                     (現EY税理士法人)取締役
                                2001年3月     税理士登録
                                2002年8月     新日本監査法人(現EY新日本有限責任
                                     監査法人)転籍
     監査役             城見 浩一      1955年3月14日
                                                     (注)4     -
                                2003年2月     城見税務会計事務所開設 所長(現
                                     任)
                                2004年8月
                                     当社監査役(現任)
                                (重要な兼職の状況)

                                ㈱小津商店 監査役
                                ㈱スーパーアルプス 社外監査役
                                ナガイレーベン㈱ 社外取締役(監査等委員)
                                1981年11月     デロイト・ハスキンズ・アンド・セル
                                     ズ公認会計士共同事務所(現有限責任
                                     監査法人トーマツ)入所
                                1984年9月     監査法人太田哲三事務所(現EY新日本
                                     有限責任監査法人)入所
                                1990年4月     太田昭和コンサルティング㈱(現EY税
                                     理士法人)入社
                                1991年3月     公認会計士登録
     監査役             松田 繁      1956年1月6日                            (注)4     -
                                2005年11月     税理士登録
                                2005年12月     松田公認会計士事務所開設 所長(現
                                     任)
                                2008年8月     当社監査役(現任)
                                (重要な兼職の状況)

                                なし
                                                          55
                              計
      (注)1.取締役穴田信次及び山下俊史は、社外取締役であります。
         2.監査役城見浩一及び松田繁は、社外監査役であります。
         3.取締役の任期は、2018年5月期に係る定時株主総会終結の時から2020年5月期に係る定時株主総会終結の時
           までであります。
         4.監査役の任期は、2016年5月期に係る定時株主総会終結の時から2020年5月期に係る定時株主総会終結の時
           までであります。
         5.所有株式数には、小津産業役員持株会における各自の持分を含めた実質持株数を記載しております。
         6.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
           役2名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                       所有株式数
              氏名        生年月日                  略歴
                                                       (千株)
                              1978年4月 当社入社
                              2009年7月 当社執行役員子会社管理担当
                              2011年3月 当社執行役員ライフサプライ営業部長
             山口 和則        1956年3月6日                                   5
                              2014年6月 当社執行役員内部監査室長
                              2016年7月 当社新事業開発室参与兼内部監査室長(現
                                   任)
                              1998年4月      弁護士登録 河和法律事務所入所
              深山    徹
                     1964年2月26日                                   -
                              2006年10月      深山法律事務所開設 所長(現任)
                                 24/80




                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ①企業統治の体制
         1.企業統治の体制の概要
           当 社では、業務執行上の最高意思決定機関といたしまして取締役会を毎月1回程度開催しており、株主の
          負託に応えるべく当社グループの持続的成長と中長期的な企業価値の向上に向けて、経営の基本方針や法令・
          定款で定められている事項ならびに経営に関する重要事項の審議・承認・決定、取締役の職務の執行の監視・
          監督が執り行われております。2018年5月期においては、取締役会を15回開催いたしました。
           取締役会は、取締役8名、そのうち社外取締役を2名置く体制としております。社外取締役には、豊富な経
          験と識見、専門的かつ高度な視点から経営全般へのご助言をいただくとともに、監視・監督機能を高めること
          を目的として、その任にあたっていただいております。また両名とも当社「社外役員の選任ならびに独立性に
          関する基準」を満たしており、当社との間に利害関係がなく一般株主との利益相反のおそれがないことから、
          独立役員に指定しております。
           当社は2017年7月26日の取締役会にて、取締役会の諮問機関として任意の「指名・報酬委員会」を設置する
          ことを決議いたしました。委員長を社外取締役とし、過半数を社外役員とした当委員会は、社外役員の知見お
          よび助言を活かすとともに、役員の指名および報酬の決定に関する手続きの客観性および透明性を確保するも
          のです。当委員会では当社の役員候補者の指名方針、役員候補者の選任議案、報酬に関する基本方針、取締役
          の報酬基準と適用等について審議・助言をいたします。
           監査役会は、3名で構成されており、そのうち2名は社外監査役であります。随時監査役会が執り行われて
          いるほか、監査役全員が取締役会に出席して取締役の職務の執行状況の監査・監督を行い、かつ広範にわたる
          業務の監査を実施いたしております。2018年5月期においては、監査役会は12回開催されました。
           その他の業務執行上の重要な機関といたしまして、取締役、常勤監査役が出席する役員ミーティングを毎月
          3回程度執り行っております。機動性に富んだ業務執行が可能となるよう、重要事項についての意見交換や、
          コンプライアンスおよびリスク管理に関する情報収集等を行い、経営環境の変化に迅速に対応しております。
           なお、人数に関しては有価証券報告書提出日現在のものであります。
           当社のコーポレート・ガバナンス体制の模式図は、以下のとおりであります。
                                 25/80












                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         2.企業統治の体制を採用する理由
           当社は、監査役会設置会社として、会社の業務に精通し豊富な職務経験をもつ社内取締役と経営陣から独立
          した立場で客観的かつ高度な視点をもつ2名の社外取締役によって構成された取締役会、ならびに取締役会か
          ら独立しかつ半数以上を社外監査役とする監査役会によって、業務執行に対する監査・監督を行っておりま
          す。
           当社は、経営の公正性、透明性、客観性を一層高めることを目的として現状の体制を選択しており、当社の
          コーポレート・ガバナンスは適切に機能していると判断しております。
         3.内部統制システムおよびリスク管理体制の整備の状況

           当社は、取締役の職務が法令および定款に適合することを確保するための体制その他当社および子会社から
          成る企業集団の業務の適正を確保するための体制につきまして、取締役会の決議により「内部統制基本方針」
          を制定し、以下のとおり取り組んでおります。
         (1)当社および子会社の取締役・使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
          イ.当社は、当社グループ役職員の行動規範として「小津グループ企業倫理に関する方針」を設け、高い倫理
            性とコンプライアンスの意識を持った行動の実践に努めている。
          ロ.この徹底を図るため、当社グループ各社の総務担当で構成するCSRチームを設ける。同チームは、社長
            を責任者とする。
          ハ.同チームは役職員に対する教育および啓発に取り組むとともに、職員の通報窓口を当社の総務部に設置す
            るほか、外部の専門機関に直接通報できる体制もとる。また、モニタリングを内部監査室が担当し実効性
            を高める。
          ニ.これらの活動は、同チームから定期的に取締役会および監査役会に報告する。
          ホ.反社会的勢力が当社グループにアプローチし、法令もしくは定款に適合する職務の執行を脅かすときは、
            CSRチームの管理下において当社グループ全体でこれを排除し、不当要求などには一切応じないものと
            する。
          ヘ.内部監査室は、当社グループ各社の業務について正確性、正当性、合理性の観点から監査を実施する。
         (2)取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制
          イ.取締役の職務執行に係る情報を文書または電磁的媒体(以下、文書等という)に記録し、文書管理規程に
            基づき適切に保存し管理する。
          ロ.取締役および監査役は、文書管理規程により必要に応じこれらの文書等を閲覧できるものとする。
          ハ.内部監査室は、保管責任者と連携の上、文書等の保存および管理状況を監査する。
         (3)当社および子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          イ.当社グループの持続的な発展を可能とするため、想定される企業リスクに迅速かつ適切に対処するリスク
            管理体制を、CSRチームを核として、次のとおり構築する。
          ロ.同チームは、当社グループにおける想定リスクを基に危機管理規程の制定および具体的な対応方法を示し
            たマニュアルの作成を行う。その上で、当社グループ内での周知徹底を図り、その実効性を高めるものと
            する。
          ハ.同チームは、当社グループ各社間で連携を図り、日常的なリスク監視に努めるとともに新たな想定リスク
            への対応方法を整備する。
          ニ.当社グループの経営、事業に重大な損害を与える不祥事、事態が発生した場合は、当社社長を本部長とす
            る対策本部を設置し速やかに必要な対応を図る。
         (4)当社および子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          イ.当社取締役会は当社グループ役職員が共有する全社的な目標として、3事業年度を期間とする中期経営計
            画および年度予算を策定し、職務執行を担当する取締役は目標達成のために注力する。
          ロ.目標達成の進捗状況管理は、取締役および経営幹部を構成員とする営業会議ならびに取締役会による月次
            業績のレビューによって行い、必要な審議または決定を諸規程に基づき行う。
          ハ.取締役は、委任された事項について、組織規程および職務権限規程等の一定の意思決定ルールに基づき職
            務執行する。また、取締役会は職務執行の効率化のため、随時必要な決定を行うものとする。
          ニ.内部監査室は、当社グループの経営方針に基づいた運営および管理状況を監査する。
          ホ.子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制について、当社は当社グループ各
            社の発展と相互利益の促進を図るため「関係会社管理規程」を定め、各社の経営方針を尊重しつつ必要に
            応じ、取締役および監査役を各社へ派遣し、兼務させることにより、各社の業務および取締役等の職務執
            行の状況について当社の取締役会に報告する体制としている。
                                 26/80



                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         (5)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項、その使用
           人の取締役からの独立性に関する事項および当該使用人に対する指示の実効性に関する事項
          イ.監査役の職務を補助すべき使用人として、内部監査室があたる。
          ロ.内部監査室は、監査役から要望された事項の情報収集および調査を監査役の指揮・命令に従って行い、そ
            の結果を監査役に報告する。
          ハ.内部監査室所属の使用人の任命、異動、人事考課、賞罰については、監査役の意見を尊重した上で行うも
            のとし、当該使用人の取締役からの独立性を確保するものとする。
          ニ.当該使用人が他部署を兼務する場合は、監査役に係る業務を優先して従事する。
         (6)当社および子会社の取締役・使用人等が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体
           制
          イ.当社グループ各社の取締役および使用人等は、法定の事項、当社および当社グループに重大な影響を及ぼ
            すおそれのある事項ならびに内部監査の実施状況等を監査役に報告する。
          ロ.監査役が職務の遂行に必要な情報の提供を求めた場合には、迅速かつ適切に報告する。
         (7)監査役へ報告した者が当該報告をしたことを理由として不利益な取扱いを受けないことを確保するための体
           制
           当社は監査役への報告を行った当社グループ各社の取締役および使用人等が、当該報告を行ったことを理由
          として不利益な扱いを行うことを禁止し、その旨を当社グループ役職員へ周知徹底する。
         (8)監査役の職務の執行について生ずる費用の前払または償還の手続きその他の当該職務の執行について生じる
           費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
          イ.当社は監査役が職務の執行について生ずる費用の前払または償還等の請求をしたときは、当該監査役の職
            務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用または債務を処理する。
          ロ.当社は監査役の職務の執行において監査役会が認める費用について、毎年一定額の予算を計上する。
         (9)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
           監査の実効性を確保するため、取締役との定期的な意見交換を行うほか、重要な社内会議に出席するなど、
          監査役監査の環境整備に努める。
         (10)業務の適正を確保するための体制の運用状況
           当社は「内部統制基本方針」を制定し、取締役の職務が法令および定款に適合することを確保するための体
          制その他当社および子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するための体制を運用しております。当期に
          おける運用状況は以下のとおりであります。
          イ.当社グループの行動規範である「小津グループ企業倫理に関する方針」の重要性について、当社従業員が
            参加する月例連絡会にて一層の浸透を図り、高い倫理性とコンプライアンスの意識を持った行動の実践の
            啓発に努めました。
          ロ.取締役会を15回開催し、法令および定款に定められた事項や経営に関する重要事項を決定し、業務執行状
            況の報告および監督を行いました。また、子会社の取締役を兼務する当社取締役からの報告により、適宜
            グループ全体の経営課題を把握し、その対応に取り組みました。
          ハ.監査役会は12回開催され、取締役の職務執行に対する監査が行われました。また、各監査役は取締役会に
            出席し、経営の透明性、合理性、適法性等についての監査が行なわれました。
          ニ.内部監査室は、内部監査に関する計画を立案し、当社および当社グループ各社の業務について内部監査を
            実施するとともに、業務運営の改善、是正に向けた助言等を行い、その結果は、取締役社長、監査役会に
            報告しております。
          ホ.リスクおよびコンプライアンスに迅速に対応する体制として当社グループ各社の総務担当で構成するCS
            Rチームを設けています。同チームによるミーティングを4回開催し、コンプライアンスの状況、問題等
            の把握、対応策の協議を行いました。
        ②内部監査および監査役監査の状況

          内部監査につきましては、内部監査室が実施しております。監査の内容は、内部監査室に所属する4名が業務
         処理の妥当性、会計処理の適法性など、実施ごとに重要なテーマを選定して行っており、法令遵守やリスク管理
         の徹底および経営の健全性確保を図っております。内部監査の結果は、経営トップマネジメントに報告するだけ
         でなく、被監査部門に対して具体的な助言、勧告を行うことにより実効性を高めております。また監査役および
         会計監査人との連携を強め、必要な情報を共有して統制の強化をいたしております。また、内部監査室所属の使
         用人の任命、異動、人事考課、賞罰については、監査役の意見を尊重した上で行うこととしており、当該使用人
         の取締役からの独立性の確保を図っております。
          監査役と会計監査人は、監査体制・監査計画・監査実施状況などについて、状況報告、意見交換の機会を設け
         ており、相互の監査実施状況およびその結果についての認識を共有し、必要な連携を図っております。
          なお、監査役城見浩一氏および松田繁氏は、公認会計士および税理士の資格を有しており、財務および会計に
         関する相当程度の知見を有しております。
                                 27/80


                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        ③会計監査の状況
          会計監査につきましては、EY新日本有限責任監査法人を選任しており、決算時に限らず平時の専門的なアドバ
         イスや指導を受けております。
          2018年5月期において業務を執行した公認会計士の氏名などは次のとおりであります。
                                    所属する監査法人名              継続監査年数
                公認会計士の氏名等
           指定有限責任社員
                         永澤 宏一                             ―
            業務執行社員
                                   EY新日本有限責任監査法人
           指定有限責任社員
                         水野 友裕                             ―
            業務執行社員
         (注)継続監査年数については全員7年以内であるため、記載を省略しております。
          その他監査業務に係る補助者の構成

           公認会計士8名、その他13名
        ④社外取締役および社外監査役

          当社の社外取締役および社外監査役は、それぞれ2名であります。社外役員と当社との間には、特別な利害関
         係はありません。
          なお、社外取締役および社外監査役による当社株式の保有は、「役員の状況」の「所有株式数」欄に記載のと
         おりであります。
          社外取締役穴田信次氏は、長年にわたり証券会社の業務ならびに取締役・監査役として経営に携わってこられ
         た豊富な経験と幅広い識見を活かし、経営全般への助言を頂くとともに、業務執行に対する監督機能の一層の強
         化と経営の透明性を高めるため社外取締役として選任しております。
          なお、同氏は、株式会社オプトエレクトロニクスおよび竹本容器株式会社の社外取締役(監査等委員)を兼任
         しておりますが、これら2社と当社グループとの間に資本および重要な取引等の関係はありません。
          社外取締役山下俊史氏は、長年にわたり流通業界の業務ならびに経営に携わってこられ、商品流通や品質管理
         に対する豊富な経験と幅広い識見を活かし、経営全般への助言を頂くとともに、業務執行に対する監督機能の一
         層の強化と経営の透明性を高めるため社外取締役として選任しております。また、同氏は、当社の連結子会社で
         あるアズフィット株式会社の取引先である日本生活協同組合連合会の出身ではありますが、当社グループの年間
         連結総売上高に占める同社の割合は2%に満たないため、一般株主と利益相反の生じるおそれはないものと判断
         しております。
          社外監査役城見浩一氏は、監査役としての豊富な経験と公認会計士および税理士としての専門的な見地から、
         取締役会・監査役会の意思決定の妥当性および適正性を確保するための助言をいただくことを期待して、社外監
         査役として選任しております。なお、同氏は、城見税務会計事務所所長であり、また、株式会社スーパーアルプ
         スの社外監査役、ナガイレーベン株式会社の社外取締役(監査等委員)および株式会社小津商店の監査役を兼任
         しております。       株式会社スーパーアルプスは、当社の連結子会社であるアズフィット株式会社の商品販売先であ
         ります。    株式会社小津商店は、当社株式の30.8%を所有する主要株主であります。なお、                                     城見税務会計事務所お
         よびナガイレーベン株式会社と当社グループとの間に資本および重要な取引等の関係はありません。また、同氏
         は、公認会計士であり、一般株主と利益相反の生じるおそれはないものと判断しております。
          社外監査役松田繁氏は、公認会計士および税理士としての専門的な見地から、取締役会・監査役会の意思決定
         の妥当性および適正性を確保するための助言をいただくことを期待して、社外監査役として選任しております。
         なお、同氏は、松田公認会計士事務所所長でありますが、同事務所と当社グループとの間に資本および重要な取
         引等の関係はありません。また、同氏は、公認会計士であり、一般株主と利益相反の生じるおそれはないものと
         判断しております。
          なお、当社は、穴田信次氏、山下俊史氏および松田繁氏を、株式会社東京証券取引所の定めに基づく独立役員
         として指定し、同取引所に届け出ております。社外取締役および社外監査役を選任するための独立性について
         は、東京証券取引所が定める「独立性に関する判断基準」を踏まえて定めた次の「社外役員の選任ならびに独立
         性に関する基準」に基づき判断しております。
                                 28/80





                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
                     「社外役員の選任ならびに独立性に関する基準」

      1.総則

         小津産業株式会社(以下「当社」という)は、当社の適正な企業統治にとって必要な客観性と透明性を確保す
        るために、社外取締役および社外監査役(以下「社外役員」という)の選任ならびに独立性に関して、以下の通
        り基準を定める。
      2.社外役員候補者の要件

       (1)当社グループの持続的な成長と企業価値の向上に資するという観点から経営の監督に相応しい独立性を有する
         者であること。
       (2)役員としての人格および見識があり、誠実な職務遂行に必要な意思と能力が備わっていること。
       (3)役員としてその職務を遂行するために必要な時間を確保できる者であること。
      3.独立性を有する社外役員の要件

         当社において、独立性を有する社外役員とは、以下の要件を満たし当社経営陣から独立した中立の存在でなけ
        ればならない。
       (1)大株主との関係
        ①当社株式議決権所有割合10%以上を保有している者であってはならない。
        ②当社株式議決権所有割合10%以上を保有している法人の取締役、監査役、執行役員または使用人であってはな
         らない。
       (2)当社グループの内部従事者
        ①当社、当社の子会社、および関連会社(以下「当社グループ」という)の取締役(社外取締役は除く)、監査
         役(社外監査役は除く)、執行役員または使用人(以下「取締役等」という)であってはならない。
        ②その就任前10年以内において当社グループの取締役等であってはならない。
       (3)取引先の業務従事者等
        ①過去3年間において、当社グループの主要な取引先である者またはその会社の取締役等であってはならない。
         (直前事業年度における年間連結総売上高の2%以上を基準に判断)
        ②当社グループとの間で取締役および監査役を相互に派遣している会社の取締役等であってはならない。
        ③当社グループから年間1,000万円を超える寄付または助成を受けている法人、団体等の取締役等であってはな
         らない。
       (4)監査法人等アドバイザーとの関係
        ①当社の会計監査人である公認会計士または監査法人に所属している者および過去3年間に当社グループの監査
         を担当していた者であってはならない。(現在は退職している者を含む)
        ②上記に該当しない公認会計士、税理士、または弁護士、その他のコンサルタントであって、役員報酬以外に当
         社グループから過去3年間の平均で年間1,000万円を超える金銭その他の財産上の利益を得ている者であっては
         ならない。
       (5)近親者
         2親等以内の親族が上記(1)~(4)のいずれかに該当する者であってはならない。
       (6)その他
         当社の一般株主全体との間で上記(1)~(5)の要件以外の事情で恒常的に実質的な利益相反が生じるおそれのあ
        る者であってはならない。
          また、社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査および会計監査との相互連携並

         びに内部統制部門との関係については、以下のとおりであります。
          社外取締役は、取締役会等を通じ、会計監査および内部監査の状況を把握し、必要に応じて意見の交換を行う
         など相互連携を図っております。
          社外監査役は、会計監査人や内部監査室と意見交換をして情報収集を行うほか、内部監査役室に調査等を依頼
         し報告を受けるなど相互連携を図っております。
                                 29/80




                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        ⑤責任限定契約の内容
          当社は、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役等であるものを除く)および監査役と
         の間で、同法第423条第1項の賠償責任について同法第425条第1項に定める額を限度とする旨の契約を締結する
         ことができます。ただし、当該契約に基づく賠償責任の限度額は、500万円以上であらかじめ定められた金額、
         または法令が規定する額のいずれか高い額といたします。なお、当該責任限定が認められるのは、当該役員が責
         任の原因となった職務の遂行について善意かつ重大な過失がないときに限られます。
        ⑥取締役の定数

          当社の取締役は9名以内とする旨定款に定められております。
        ⑦取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数をもっておこなう旨定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積
         投票によらないものとする旨定款に定めております。
        ⑧取締役会にて決議できる株主総会決議事項

          当社は、機動的な資本政策を遂行できるよう、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもっ
         て、市場取引等により自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。また、株主への機動的な利
         益還元をおこなうため、取締役会の決議によって、毎年11月30日を基準日として中間配当をすることができる旨
         を定款に定めております。
        ⑨株主総会の決議要件

          当社は、会社法第309条第1項に定める株主総会の決議は、法令または定款に別段の定めがある場合を除き、
         出席した議決権を行使することができる株主の議決権の過半数をもっておこなう旨、また、会社法第309条第2
         項に定める株主総会の決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席
         し、その議決権の3分の2以上をもっておこなう旨定款に定めております。これは、株主総会における決議の定
         足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営をおこなうことを目的とするものであります。
        ⑩役員報酬等

         1.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                   報酬等の総額
         役員区分                                             役員の員数
                                  ストック
                    (千円)
                           基本報酬               賞与     退職慰労金
                                                       (人)
                                  オプション
      取締役
                      131,940       131,940         -       -       -       6
     (社外取締役を除く。)
      監査役
                       8,640       8,640        -       -       -       1
     (社外監査役を除く。)
      社外役員                 18,000       18,000         -       -       -       ▶
         2.役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容および決定方法

           当社の取締役は株主からの信任によって選出され、当社グループの価値の最大化を目的として経営に当たる
          ことが自己の責務であることを常に認識しております。そのため、会社の経営成績、担当する部門の業績に強
          い責任を持つとの会社方針の下、その成績により報酬を決定しております。
         3.上記のほか、社外役員2名が子会社から受け取った報酬等の総額は2,400千円であります。

                                 30/80





                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        ⑪株式の保有状況
         1.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数および貸借対照表計上額の合計額
            30銘柄     3,829,165千円
         2.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額および保有

          目的
         前事業年度
          特定投資株式
                                    貸借対照表計上額
              銘柄             株式数(株)                        保有目的
                                      (千円)
     株式会社ココカラファイン                          381,238         2,134,932      取引関係の強化
     凸版印刷株式会社                          171,233          208,905     取引関係の強化
     日本紙パルプ商事株式会社                          247,000           97,565    取引関係の強化
     MS&ADインシュアランスグループホー
                                15,570          60,489    取引関係の強化
     ルディングス株式会社
     旭化成株式会社                          41,096          43,746    取引関係の強化
     ダイワボウホールディングス株式会社                          94,909          38,438    取引関係の強化
     株式会社三越伊勢丹ホールディングス                          29,613          33,078    取引関係の強化
     株式会社寺岡製作所                          72,387          28,375    取引関係の強化
     大王製紙株式会社                          20,000          27,160    取引関係の強化
     株式会社ライフコーポレーション                           8,278          24,727    取引関係の強化
     井村屋グループ株式会社                           8,876          24,429    取引関係の強化
     日本製紙株式会社                          10,628          22,361    取引関係の強化
     日清紡ホールディングス株式会社                          20,952          21,936    取引関係の強化
     株式会社静岡銀行                          20,000          18,400    取引関係の強化
     王子ホールディングス株式会社                          28,520          15,486    取引関係の強化
     川本産業株式会社                          33,800           9,531    取引関係の強化
     株式会社ジェイ・エム・エス                          26,106           8,171    取引関係の強化
     キヤノンマーケティングジャパン株式会社                           3,465          8,031    取引関係の強化
     株式会社クラレ                           4,000          7,964    取引関係の強化
     株式会社みずほフィナンシャルグループ                          23,104           4,454    取引関係の強化
     株式会社三菱UFJフィナンシャル・グ
                                3,840          2,653    取引関係の強化
     ループ
     三菱製紙株式会社                           3,053          2,256    取引関係の強化
                                 31/80









                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         当事業年度
          特定投資株式
                                    貸借対照表計上額
              銘柄             株式数(株)                        保有目的
                                      (千円)
     株式会社ココカラファイン                          381,238         3,080,403      取引関係の強化
     凸版印刷株式会社                          172,144          152,864     取引関係の強化
     日本紙パルプ商事株式会社                          24,700          120,906     取引関係の強化
     旭化成株式会社                          41,096          61,459    取引関係の強化
     ダイワボウホールディングス株式会社                           9,725          59,326    取引関係の強化
     MS&ADインシュアランスグループホー
                                15,570          53,934    取引関係の強化
     ルディングス株式会社
     株式会社寺岡製作所                          73,066          47,054    取引関係の強化
     株式会社三越伊勢丹ホールディングス                          30,227          40,626    取引関係の強化
     大王製紙株式会社                          20,000          31,200    取引関係の強化
     日清紡ホールディングス株式会社                          21,400          28,248    取引関係の強化
     株式会社ライフコーポレーション                           8,385          23,018    取引関係の強化
     株式会社静岡銀行                          20,000          21,020    取引関係の強化
     王子ホールディングス株式会社                          28,520          20,391    取引関係の強化
     日本製紙株式会社                          10,628          19,481    取引関係の強化
     川本産業株式会社                          33,800          17,508    取引関係の強化
     株式会社ジェイ・エム・エス                          13,054           8,472    取引関係の強化
     キヤノンマーケティングジャパン株式会社                           3,465          8,087    取引関係の強化
     株式会社クラレ                           4,000          6,672    取引関係の強化
     株式会社みずほフィナンシャルグループ                          23,104           4,382    取引関係の強化
     株式会社三菱UFJフィナンシャル・グ
                                3,840          2,518    取引関係の強化
     ループ
     三菱製紙株式会社                           3,053          1,953    取引関係の強化
         3.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度および当事業年度における貸借対照表計上額の合計額な

          らびに当事業年度における受取配当金、売却損益および評価損益の合計額
                         前事業年度
                                         当事業年度(千円)
                          (千円)
                         貸借対照表計       貸借対照表計        受取配当金        売却損益       評価損益
                         上額の合計額       上額の合計額        の合計額       の合計額       の合計額
           非上場株式                    -       -       -       -       -
           上記以外の株式                 240,262       285,961        6,013         -     267,691

                                 32/80








                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
      提出会社                46,500             -         45,000             -

      連結子会社                  -           -           -           -

         計             46,500             -         45,000             -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
          当社の連結子会社である小津(上海)貿易有限公司は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属し
         ている監査事務所等に対して、監査証明業務に基づく報酬2,897千円を支払っております。
          また、当社の非連結子会社であるOzu(Thailand)Co.,Ltd.は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワーク
         に属している監査事務所等に対して、監査証明業務に基づく報酬1,137千円を支払っております。
         (当連結会計年度)

          当社の連結子会社である小津(上海)貿易有限公司は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属し
         ている監査事務所等に対して、監査証明業務に基づく報酬2,939千円、非監査業務に基づく報酬1,580千円を支
         払っております。
          また、当社の非連結子会社であるOzu(Thailand)Co.,Ltd.は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワーク
         に属している監査事務所等に対して、監査証明業務に基づく報酬1,190千円、非監査業務に基づく報酬612千円を
         支払っております。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          監査日数等を勘案した上で決定しております。
                                 33/80









                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ

        いて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2017年6月1日から2018年5月31日
       まで)及び第107期事業年度(2017年6月1日から2018年5月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、EY
       新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は2018年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、公益財団法人財
       務会計基準機構へ加入し、当該機構が主催するセミナーへ参加する等によって会計基準等の内容を適切に把握し、会
       計基準等の変更等について的確に対応することができる体制の整備に努めております。
                                 34/80














                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年5月31日)              (2018年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       5,858,643              5,839,079
         現金及び預金
                                       5,990,443              6,212,669
         受取手形及び売掛金
                                       1,625,246              1,668,081
         商品及び製品
                                        508,850              556,585
         原材料
                                         69,545              95,635
         繰延税金資産
                                        500,235              583,809
         その他
                                        △ 1,860             △ 1,115
         貸倒引当金
                                       14,551,104              14,954,746
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※4 5,113,559             ※4 5,107,408
          建物及び構築物
                                     ※3 △ 3,270,132
                                                     △ 3,368,862
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                            1,843,426              1,738,545
          機械装置及び運搬具                             1,447,470              1,536,380
                                      △ 1,215,343             △ 1,272,382
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                             232,127              263,998
          土地                             1,302,382              1,302,382
                                         28,490              28,490
          リース資産
                                        △ 18,844             △ 22,914
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              9,645              5,575
                                        347,473              396,160
          その他
                                      ※3 △ 313,552            ※3 △ 323,314
            減価償却累計額
            その他(純額)                             33,920              72,846
                                       3,421,504              3,383,349
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        138,796               77,819
          その他
                                        138,796               77,819
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※1 4,011,326             ※1 5,163,078
          投資有価証券
                                         34,635              38,620
          長期貸付金
                                         22,290              21,030
          繰延税金資産
                                        522,938              514,852
          その他
                                        △ 25,754             △ 15,992
          貸倒引当金
                                       4,565,436              5,721,589
          投資その他の資産合計
                                       8,125,737              9,182,758
         固定資産合計
                                       22,676,841              24,137,505
       資産合計
                                 35/80






                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年5月31日)              (2018年5月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       3,964,229              3,853,896
         支払手形及び買掛金
                                       1,170,000              1,470,000
         短期借入金
                                        200,000                 -
         1年内返済予定の長期借入金
                                        300,000                 -
         1年内償還予定の社債
                                         4,215              4,309
         リース債務
                                        114,516              201,148
         未払法人税等
                                         51,996              50,807
         賞与引当金
                                        761,872              715,894
         その他
                                       6,566,830              6,296,056
         流動負債合計
       固定負債
                                        300,000              500,000
         社債
                                        820,000              820,000
         長期借入金
                                         5,927              1,618
         リース債務
         繰延税金負債                                861,171             1,207,487
                                        132,670              149,868
         退職給付に係る負債
                                        164,325               93,575
         その他
                                       2,284,094              2,772,549
         固定負債合計
                                       8,850,925              9,068,605
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,322,214              1,322,214
         資本金
                                       1,374,967              1,374,967
         資本剰余金
                                       9,296,466              9,766,267
         利益剰余金
                                        △ 83,331             △ 83,552
         自己株式
                                       11,910,317              12,379,897
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                       1,861,945              2,655,021
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 513             1,717
         為替換算調整勘定
                                       1,861,431              2,656,739
         その他の包括利益累計額合計
                                         54,166              32,263
       非支配株主持分
                                       13,825,915              15,068,899
       純資産合計
                                       22,676,841              24,137,505
      負債純資産合計
                                 36/80









                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年6月1日              (自 2017年6月1日
                                 至 2017年5月31日)               至 2018年5月31日)
                                       40,235,976              40,431,228
      売上高
                                                    ※1 34,296,472
                                       34,230,003
      売上原価
                                       6,005,973              6,134,755
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                       1,785,376              1,750,711
       荷造運搬費
                                         1,199               226
       貸倒引当金繰入額
                                        264,299              243,646
       役員報酬
                                       1,382,165              1,386,362
       給料及び手当
                                         33,404              31,567
       賞与引当金繰入額
                                        285,739              283,756
       福利厚生費
                                         50,538              63,009
       退職給付費用
                                        156,185              147,650
       減価償却費
       賃借料                                 112,116              118,172
                                       1,266,262              1,319,915
       その他
                                      ※2 5,337,288             ※2 5,345,018
       販売費及び一般管理費合計
                                        668,685              789,736
      営業利益
      営業外収益
                                         3,616              3,417
       受取利息
                                         56,142              56,638
       受取配当金
                                         3,682              3,440
       持分法による投資利益
                                         16,677              26,627
       その他
                                         80,119              90,125
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         21,428              15,152
       支払利息
                                         9,842              8,924
       売上割引
                                         4,226              5,739
       社債発行費
                                         17,685                -
       貸倒引当金繰入額
                                         17,470              10,661
       その他
                                         70,652              40,478
       営業外費用合計
                                        678,151              839,383
      経常利益
      特別利益
                                         ※3 130             ※3 682
       固定資産売却益
                                         1,080              21,826
       投資有価証券売却益
                                         4,232                -
       受取保険金
                                         5,443              22,508
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※4 365            ※4 2,990
       固定資産除却損
                                         8,894                -
       投資有価証券売却損
                                           -              540
       投資有価証券評価損
                                            0              -
       その他
                                         9,260              3,531
       特別損失合計
                                        674,334              858,360
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   207,315              294,711
                                        △ 11,439             △ 26,447
      法人税等調整額
                                        195,876              268,263
      法人税等合計
                                        478,458              590,097
      当期純利益
      非支配株主に帰属する当期純損失(△)
                                         △ 833            △ 21,902
                                        479,292              611,999
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 37/80



                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年6月1日              (自 2017年6月1日
                                 至 2017年5月31日)               至 2018年5月31日)
                                        478,458              590,097
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         58,818              793,076
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 2,913              2,231
       為替換算調整勘定
                                        ※ 55,904             ※ 795,307
       その他の包括利益合計
                                        534,363             1,385,404
      包括利益
      (内訳)
                                        535,197             1,407,307
       親会社株主に係る包括利益
                                         △ 833            △ 21,902
       非支配株主に係る包括利益
                                 38/80
















                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2016年6月1日 至 2017年5月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                      1,322,214         1,374,967         8,942,644         △ 83,209       11,556,617
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 125,470                △ 125,470
      親会社株主に帰属する当期
                                        479,292                 479,292
      純利益
      自己株式の取得                                           △ 121        △ 121
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                         -         -      353,821         △ 121       353,699
     当期末残高                1,322,214         1,374,967         9,296,466         △ 83,331       11,910,317
                         その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分         純資産合計
                  その他有価証券評価                 その他の包括利益累
                           為替換算調整勘定
                  差額金                 計額合計
     当期首残高
                      1,803,126          2,399       1,805,526            -     13,362,144
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 125,470
      親会社株主に帰属する当期
                                                         479,292
      純利益
      自己株式の取得                                                   △ 121
      株主資本以外の項目の当期
                       58,818        △ 2,913        55,904         54,166        110,071
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                       58,818        △ 2,913        55,904         54,166        463,771
     当期末残高                1,861,945          △ 513      1,861,431          54,166       13,825,915
                                 39/80










                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2017年6月1日 至 2018年5月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                1,322,214         1,374,967         9,296,466         △ 83,331       11,910,317
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 142,198                △ 142,198
      親会社株主に帰属する当期
                                        611,999                 611,999
      純利益
      自己株式の取得
                                                 △ 221        △ 221
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -      469,801         △ 221       469,579
     当期末残高                1,322,214         1,374,967         9,766,267         △ 83,552       12,379,897
                         その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分         純資産合計
                  その他有価証券評価                 その他の包括利益累
                           為替換算調整勘定
                  差額金                 計額合計
     当期首残高                1,861,945          △ 513      1,861,431          54,166       13,825,915
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 142,198
      親会社株主に帰属する当期
                                                         611,999
      純利益
      自己株式の取得
                                                          △ 221
      株主資本以外の項目の当期
                      793,076         2,231        795,307        △ 21,902        773,404
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 793,076         2,231        795,307        △ 21,902       1,242,984
     当期末残高                2,655,021          1,717       2,656,739          32,263       15,068,899
                                 40/80










                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年6月1日              (自 2017年6月1日
                                 至 2017年5月31日)               至 2018年5月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        674,334              858,360
       税金等調整前当期純利益
                                        340,944              296,884
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  15,010             △ 10,507
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  1,707             △ 1,188
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  17,559              17,198
                                        △ 59,758             △ 60,056
       受取利息及び受取配当金
                                         21,428              15,152
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                 △ 6,960              3,042
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 3,682             △ 3,440
       有形固定資産売却損益(△は益)                                  △ 130             △ 682
                                           365             2,990
       有形固定資産除却損
       投資有価証券売却損益(△は益)                                  7,814             △ 21,826
                                        △ 4,232                -
       受取保険金
       売上債権の増減額(△は増加)                                 166,220             △ 221,493
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 142,129              △ 87,709
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 166,218             △ 110,375
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  11,740             △ 23,297
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 △ 48,784             △ 75,478
       その他の負債の増減額(△は減少)                                  61,534             △ 95,675
                                         11,878               5,009
       その他
                                       1,231,077               486,905
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  59,558              59,871
                                        △ 21,918             △ 15,954
       利息の支払額
                                       △ 188,871             △ 206,809
       法人税等の支払額
                                         4,232                -
       保険金の受取額
                                       1,084,078               324,012
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 33,490             △ 184,173
       有形固定資産の取得による支出
                                           295              696
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 6,531             △ 16,288
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 13,467             △ 12,605
       投資有価証券の取得による支出
                                         25,252              29,826
       投資有価証券の売却による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                        ※2 55,000
                                                         -
       収入
                                       △ 100,000              △ 5,000
       貸付けによる支出
                                        101,545               1,196
       貸付金の回収による収入
                                         12,088                -
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 3,347              △ 526
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                  37,344             △ 186,874
                                 41/80






                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2016年6月1日              (自 2017年6月1日
                                 至 2017年5月31日)               至 2018年5月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 50,000              300,000
                                        800,000                 -
       長期借入れによる収入
                                       △ 600,000             △ 200,000
       長期借入金の返済による支出
                                        295,773              194,261
       社債の発行による収入
                                       △ 450,000             △ 300,000
       社債の償還による支出
                                         △ 121             △ 221
       自己株式の取得による支出
                                       △ 125,306             △ 142,031
       配当金の支払額
                                        △ 4,123             △ 4,215
       リース債務の返済による支出
                                       △ 133,778             △ 152,207
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         8,182             △ 4,494
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   995,827              △ 19,564
                                       4,562,816              5,558,643
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 5,558,643             ※1 5,539,079
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 42/80















                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1.連結の範囲に関する事項
       (1)連結子会社の数           6 社
         連結子会社名
          オヅテクノ㈱、日本プラントシーダー㈱、アズフィット㈱、㈱ディプロ、小津(上海)貿易有限公司、エンビ
          ロテックジャパン㈱
       (2)非連結子会社の名称等
         芙蓉流通㈱、パンレックス㈱、Ozu(Thailand)Co.,Ltd.
          非連結子会社は、個々の会社別に見ても又合算額から見ても小規模であり、総資産、売上高、当期純損益(持
         分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていない
         ため、連結の範囲に含めないこととしております。
       2.持分法の適用に関する事項

       (1)持分法を適用した関連会社の数                  1 社
         会社の名称 ㈱旭小津
       (2)持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社の数 3社
         会社の名称 芙蓉流通㈱、パンレックス㈱、Ozu(Thailand)Co.,Ltd.
          持分法を適用していない非連結子会社は、個々の会社別に見ても又合算額から見ても連結純損益(持分に見合
         う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等に及ぼす影響が軽微であり、重要性がないため、持分法の適用範囲
         から除外しており、当該会社に対する投資については原価法により評価しております。
       (3)持分法適用会社は、決算日が連結決算日と異なるため、当該会社の事業年度に係る財務諸表を使用しておりま
         す。
       3.連結子会社の事業年度等に関する事項

          連結子会社のうち、日本プラントシーダー㈱及びアズフィット㈱の決算日は2月末日、㈱ディプロ及びエンビ
         ロテックジャパン㈱の決算日は3月末日であります。連結財務諸表の作成に当たっては、同日現在の財務諸表を
         使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
          また、連結子会社のうち、小津(上海)貿易有限公司の決算日は12月末日であります。連結財務諸表の作成に
         当たっては、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しております。
       4.会計方針に関する事項

       (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
         ①有価証券
          その他有価証券
           時価のあるもの
            決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法
            により算定)
           時価のないもの
            移動平均法による原価法
         ②デリバティブ取引
          時価法
         ③たな卸資産
          主として移動平均法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
                                 43/80






                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
       (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
         ①有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法
           ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)、2016年4月1日以降に取得した建物
          附属設備及び構築物は定額法によっております。
           なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物及び構築物   2~50年
            機械装置及び運搬具 2~15年
         ②無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法
           なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によってお
          ります。
         ③リース資産
          リース期間を耐用年数とし残存価額を零とする定額法
         ④長期前払費用
          定額法
       (3)重要な繰延資産の処理方法
         社債発行費
          支出時に全額費用として処理しております。
       (4)重要な引当金の計上基準
         ①貸倒引当金
           債権の貸倒の損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につい
          ては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
         ②賞与引当金
           従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
       (5)退職給付に係る会計処理の方法
          当社及び連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給
         額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
       (6)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
          外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
         す。
       (7)重要なヘッジ会計の方法
         ①ヘッジ会計の方法
           繰延ヘッジ処理を採用しております。
           ただし、特例処理の要件を満たす金利スワップ取引については、特例処理を採用しております。
         ②ヘッジ手段とヘッジ対象
          ヘッジ手段
           金利スワップ取引
          ヘッジ対象
           借入金の支払金利
         ③ヘッジ方針
           金利変動リスクの低減のため、対象債務の範囲内でヘッジ取引を行っております。
         ④ヘッジ有効性の評価方法
           財務部門でヘッジ対象とヘッジ手段の損益が高い程度で相殺されている状態、又はヘッジ対象のキャッ
          シュ・フローが固定され、その変動が回避される状態が引き続き認められるかどうかを定期的に確認しており
          ます。
           ただし、特例処理の要件を満たしている金利スワップ取引については、その判定をもって有効性の判定とし
          ております。
       (8)のれんの償却方法及び償却期間
          のれんの償却については、その効果の発現する期間にわたって均等償却を行うこととしております。
          なお、金額的重要性の乏しい場合には、発生年度の損益として処理することとしております。
                                 44/80



                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
       (9)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
          連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金
         及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期
         限の到来する短期投資からなっております。
       (10)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
         消費税等の会計処理
          税抜方式によっております。
         (会計方針の変更)

        (たな卸資産の評価方法の変更)
         一部の連結子会社のたな卸資産の評価方法は、従来、売価還元法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切下
        げの方法)によっておりましたが、当連結会計年度より移動平均法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切下
        げの方法)に変更しております。この変更は、基幹システムの変更を契機として、より迅速かつ適正な期間損益計
        算を行うことを目的としたものであります。
         なお、この変更による影響額は軽微であるため、遡及適用は行っておりません。
         (未適用の会計基準等)

        (税効果会計に関する指針等)
        ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日改正 企業会計基
         準委員会)
        ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日最終改正 
         企業会計基準委員会)
        (1)概要
          「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等は,日本公認会計士協会における税効果会計に関する実務指針を
         企業会計基準委員会に移管するに際して,基本的にその内容を踏襲した上で,必要と考えられる以下の見直しが
         行なわれたものであります。
         (会計処理の見直しを行なった主な取扱い)
          ・個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱い
          ・(分類1)に該当する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱い
        (2)適用予定日
          2019年5月期の期首から適用します。
        (3)当該会計基準等の適用による影響
          「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については,現時点で
         評価中であります。
        (収益認識に関する会計基準等)

        ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
        ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委
         員会)
        (1)概要
          国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は,共同して収益認識に関する包括的な会
         計基準の開発を行い,2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号,FASBにおい
         てはTopic606)を公表しており,IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から,Topic606は2017年12
         月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ,企業会計基準委員会において,収益認識に関す
         る包括的な会計基準が開発され,適用指針と合わせて公表されたものです。
          企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として,IFRS第15号と整合
         性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から,IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを
         出発点とし,会計基準を定めることとされ,また,これまで我が国で行なわれてきた実務等に配慮すべき項目が
         ある場合には,比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
        (2)適用予定日
          2022年5月期の期首から適用します。
        (3)当該会計基準等の適用による影響
          「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については,現時点で評価中であ
         ります。
                                 45/80


                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         (表示方法の変更)
        (連結損益計算書)
         前連結会計年度において、「営業外費用」の「その他」に含めていた「社債発行費」は、営業外費用の総額の
        100分の10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるた
        め、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
         前連結会計年度において、独立掲記していた「為替差損」は、金額的重要性が乏しくなったため、当連結会計年
        度より「営業外費用」の「その他」に含めております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の
        連結財務諸表の組替えを行っております。
         この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外費用」の「為替差損」に表示していた3,307千
        円、「その他」に表示していた18,389千円は、「社債発行費」4,226千円、「その他」17,470千円として組み替え
        ております。
         (連結貸借対照表関係)

      ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2017年5月31日)                  (2018年5月31日)
     投資有価証券(株式)                                84,141千円                  87,582千円
       2 当社及び連結子会社(アズフィット㈱、㈱ディプロ)は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行6行と当

         座貸越契約を締結しております。これらの契約に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は次のとおりでありま
         す。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2017年5月31日)                  (2018年5月31日)
     当座貸越極度額                              6,200,000千円                  6,200,000千円
     借入実行残高                              1,170,000                  1,470,000
              差引額                      5,030,000                  4,730,000
      ※3 減価償却累計額には、減損損失累計額が含まれております。

      ※4 国庫補助金等による圧縮記帳額

         国庫補助金等の受入れにより取得価額から控除している圧縮記帳額は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2017年5月31日)                  (2018年5月31日)
     建物及び構築物                                69,720千円                  69,720千円
                                 46/80









                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
      ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれており
        ます。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (自 2016年6月1日                            (自 2017年6月1日
               至 2017年5月31日)                              至 2018年5月31日)
                             - 千円                           33 千円
      ※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額

               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (自 2016年6月1日                            (自 2017年6月1日
               至 2017年5月31日)                              至 2018年5月31日)
                           36,216   千円                         36,694   千円
      ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2016年6月1日                            (自 2017年6月1日
              至 2017年5月31日)                            至 2018年5月31日)
     機械装置及び運搬具                       130千円                            682千円
      ※4 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2016年6月1日                            (自 2017年6月1日
              至 2017年5月31日)                            至 2018年5月31日)
     建物及び構築物                       105千円                           1,994千円
     機械装置及び運搬具                        95                           468
     工具、器具及び備品                       165                            527
             計                365                           2,990
         (連結包括利益計算書関係)

      ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2016年6月1日               (自 2017年6月1日
                                 至 2017年5月31日)               至 2018年5月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                 72,900千円              1,166,072千円
      組替調整額                                  7,826              △21,826
       税効果調整前
                                       80,726              1,144,246
       税効果額                               △21,908               △351,169
       その他有価証券評価差額金
                                       58,818               793,076
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                △2,913                 2,231
     その他の包括利益合計
                                       55,904               795,307
                                 47/80






                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
        前連結会計年度(自 2016年6月1日 至 2017年5月31日)
        1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                  当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                    株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                8,435,225              -           -       8,435,225
          合計             8,435,225              -           -       8,435,225
     自己株式
      普通株式 (注)                  70,538             55           -         70,593
          合計              70,538             55           -         70,593
     (注)普通株式の自己株式の株式数の増加55株は、単元未満株式の買取りによる増加55株であります。
        2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

          該当事項はありません。
        3.配当に関する事項

        (1)配当金支払額
                           配当金       1株当たり
         決議        株式の種類                          基準日         効力発生日
                         の総額(千円)         配当額(円)
     2016年8月26日
                  普通株式        125,470         15      2016年5月31日          2016年8月29日
     定時株主総会
        (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金        配当     1株当たり
          決議        株式の種類                              基準日      効力発生日
                         の総額(千円)         の原資      配当額(円)
     2017年8月29日                             利益            2017年5月       2017年8月
                  普通株式        142,198               17
     定時株主総会                             剰余金              31日       30日
                                 48/80











                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自 2017年6月1日 至 2018年5月31日)
        1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                  当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                    株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                8,435,225              -           -       8,435,225
          合計             8,435,225              -           -       8,435,225
     自己株式
      普通株式 (注)                  70,593             99           -         70,692
          合計              70,593             99           -         70,692
     (注)普通株式の自己株式の株式数の増加99株は、単元未満株式の買取りによる増加99株であります。
        2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

          該当事項はありません。
        3.配当に関する事項

        (1)配当金支払額
                           配当金       1株当たり
         決議        株式の種類                          基準日         効力発生日
                         の総額(千円)         配当額(円)
     2017年8月29日
                  普通株式        142,198         17      2017年5月31日          2017年8月30日
     定時株主総会
        (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金        配当     1株当たり
          決議        株式の種類                              基準日      効力発生日
                         の総額(千円)         の原資      配当額(円)
     2018年8月29日                             利益            2018年5月       2018年8月
                  普通株式        158,926               19
     定時株主総会                             剰余金              31日       30日
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2016年6月1日                 (自 2017年6月1日
                              至 2017年5月31日)                 至 2018年5月31日)
      現金及び預金勘定                              5,858,643     千円            5,839,079     千円
      預入期間が3か月を超える定期預金                              △300,000                 △300,000
      現金及び現金同等物                              5,558,643                 5,539,079
      ※2    前連結会計年度に株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

         株式の取得により新たにエンビロテックジャパン㈱を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並び
        に同社株式の取得価額と同社取得による収入との関係は次のとおりであります。
         流動資産                     100,000    千円
         非支配株主持分                     △55,000
         株式の取得価額
                               45,000
         現金及び現金同等物                    △100,000
         差引:取得による収入
                              △55,000
                                 49/80





                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
        ファイナンス・リース取引(借主側)
         所有権移転外ファイナンス・リース取引
         ①リース資産の内容
          有形固定資産
           主として、不織布事業における生産設備(機械装置及び運搬具)であります。
         ②リース資産の減価償却の方法
           連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産
          の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
         (金融商品関係)

        1.金融商品の状況に関する事項
        (1)金融商品に対する取組方針
           当社グループは、資金運用については預金等の安全性の高い金融資産で行い、資金調達については銀行借入
          や社債の発行による方針であります。デリバティブ取引は、主としてリスクヘッジを目的として行うこととし
          ており、投機的な取引は行わない方針であります。
        (2)金融商品の内容及びそのリスク

           営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、輸出取引及び輸入取
          引に係る外貨建の営業債権債務は、為替の変動リスクに晒されておりますが、ともに期日が1ヶ月程度であ
          り、個々の取引金額も少額であります。
           有価証券及び投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業等の株式であり、市場価格の変動リスクに
          晒されております。
           営業債務である支払手形及び買掛金は、その殆どが6ヶ月以内の支払期日であります。一部の外貨建のも
          のについては、為替の変動リスクに晒されております。
           借入金及び社債は、主に営業取引に係る資金調達であり、償還日は最長で9年、金利はすべて固定金利で
          あります。
           デリバティブ取引は、主として、外貨建の営業債権債務に係る為替の変動リスク、借入金及び社債の支払
          金利の変動リスクをヘッジすることを目的として行うこととしておりますが、当連結会計年度はデリバティ
          ブ取引を行っておりません。
        (3)金融商品に係るリスク管理体制

         ①信用リスク(取引先の契約不履行に係るリスク)の管理
           当社グループは、債権管理規程等に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、回収遅延
          については、定期的に各担当役員に報告され、個別に把握及び対応を行う体制としております。
         ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
           当社グループの財務部門においては、外貨建の営業債権債務の残高管理及び為替の状況の把握を行ってお
          り、必要に応じて為替の変動リスクに対して先物為替予約等を行う方針であります。また、借入金及び社債
          の支払金利の変動リスクを抑制するために、主として固定金利によることとしておりますが、必要に応じて
          金利スワップ取引を行う方針であります。
           有価証券及び投資有価証券については、定期的に時価を把握し、市況や取引先企業との関係を勘案して保
          有状況を継続的に見直しております。
         ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
           当社グループは、担当部署が各部署から情報を収集し、適時に資金繰り等の計画をするとともに、手許流
          動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
        (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

           金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含
          まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を採用すること
          により、当該価額が変動することがあります。
                                 50/80




                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        2.金融商品の時価等に関する事項
          連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握するこ
         とが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
        前連結会計年度(2017年5月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                           5,858,643           5,858,643               -
     (2)受取手形及び売掛金                           5,990,443           5,990,443               -
     (3)投資有価証券                           3,896,457           3,896,457               -
              資産計                 15,745,544           15,745,544               -
     (1)支払手形及び買掛金                           3,964,229           3,964,229               -
     (2)短期借入金                           1,170,000           1,170,000               -
     (3)社債                            600,000           601,066            1,066
     (4)長期借入金                           1,020,000           1,018,439            △1,560
              負債計                  6,754,229           6,753,735             △494
        当連結会計年度(2018年5月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                           5,839,079           5,839,079               -
     (2)受取手形及び売掛金                           6,212,669           6,212,669               -
     (3)投資有価証券                           5,044,569           5,044,569               -
              資産計                 17,096,318           17,096,318               -
     (1)支払手形及び買掛金                           3,853,896           3,853,896               -
     (2)短期借入金                           1,470,000           1,470,000               -
     (3)社債                            500,000           499,170            △829
     (4)長期借入金                            820,000           818,293           △1,706
              負債計                  6,643,896           6,641,360            △2,536
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金並びに(2)受取手形及び売掛金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
          (3)投資有価証券
            これらの時価について、株式等は取引所の価格によっております。
         負 債
          (1)支払手形及び買掛金並びに(2)短期借入金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
          (3)社債
            社債については、市場価格がないため、元利金の合計額を当該社債の残存期間及び信用リスクを加味し
           た利率で割り引いた現在価値により算定しております。                          なお、1年内償還予定の社債を含めて記載してお
           ります。
          (4)長期借入金
             長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り
           引いた現在価値により算定しております。なお、1年内返済予定の長期借入金を含めて記載しておりま
           す。
                                 51/80




                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                     (単位:千円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

             区分
                            (2017年5月31日)                   (2018年5月31日)
     非上場株式                                114,868                   118,509
            これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投
           資有価証券」には含めておりません。
         3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

           前連結会計年度(2017年5月31日)
                          1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                          (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
     預金                      5,853,195             -         -         -
     受取手形及び売掛金                      5,990,443             -         -         -
             合計             11,843,638             -         -         -
           当連結会計年度(2018年5月31日)

                          1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                          (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
     預金                      5,832,085             -         -         -
     受取手形及び売掛金                      6,212,669             -         -         -
             合計             12,044,755             -         -         -
         4.社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

           前連結会計年度(2017年5月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金              1,170,000           -       -       -       -       -

     社債               300,000          -       -       -     300,000          -
     長期借入金               200,000          -     20,000         -     800,000          -

     リース債務                4,215       4,309       1,618         -       -       -
          合計         1,674,215         4,309       21,618         -    1,100,000           -

           当連結会計年度(2018年5月31日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金              1,470,000           -       -       -       -       -

     社債                 -       -       -     300,000          -     200,000
     長期借入金                 -     20,000         -     800,000          -       -

     リース債務                4,309       1,618         -       -       -       -
          合計         1,474,309         21,618         -    1,100,000           -     200,000

                                 52/80




                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
       1.その他有価証券
         前連結会計年度(2017年5月31日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                             額(千円)
                  (1)株式                3,643,695            940,173          2,703,521
                  (2)債券
                   ①国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
                   ②社債                  -           -           -
     取得原価を超えるもの
                   ③その他                  -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計            3,643,695            940,173          2,703,521
                  (1)株式                 206,582           224,719          △18,137
                  (2)債券
                   ①国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
                   ②社債                  -           -           -
     取得原価を超えないもの
                   ③その他                  -           -           -
                  (3)その他                 46,180           46,184            △4
                      小計             252,762           270,904          △18,141
               合計                  3,896,457           1,211,077           2,685,379
         当連結会計年度(2018年5月31日)

                             連結貸借対照表計上
                      種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                             額(千円)
                  (1)株式                4,987,967           1,155,944           3,832,023
                  (2)債券
                   ①国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
                   ②社債                  -           -           -
     取得原価を超えるもの
                   ③その他                  -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計            4,987,967           1,155,944           3,832,023
                  (1)株式                 10,426           12,813          △2,387
                  (2)債券
                   ①国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
                   ②社債                  -           -           -
     取得原価を超えないもの
                   ③その他                  -           -           -
                  (3)その他                 46,175           46,184            △9
                      小計              56,601           58,998          △2,396
               合計                  5,044,569           1,214,943           3,829,626
                                 53/80





                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
       2.売却したその他有価証券
         前連結会計年度(自 2016年6月1日 至 2017年5月31日)
           種類           売却額(千円)            売却益の合計額(千円)              売却損の合計額(千円)
     (1)株式                        25,252              1,080              8,894
     (2)債券
      ① 国債・地方債等                         -              -              -
      ② 社債                         -              -              -
      ③ その他                         -              -              -
     (3)その他                          -              -              -
           合計                  25,252              1,080              8,894
         当連結会計年度(自 2017年6月1日 至 2018年5月31日)

           種類           売却額(千円)            売却益の合計額(千円)              売却損の合計額(千円)
     (1)株式                        29,826              21,826                -
     (2)債券
      ① 国債・地方債等                         -              -              -
      ② 社債                         -              -              -
      ③ その他                         -              -              -
     (3)その他                          -              -              -
           合計                  29,826              21,826                -
       3.減損処理を行った有価証券

          前連結会計年度において、有価証券について減損処理を行っておりません。
          当連結会計年度において、有価証券について540千円(その他有価証券の株式540千円)減損処理を行っており
         ます。
          なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落しているその他有価証券のす
         べて、及び期末における時価が30%以上50%未満下落しているその他有価証券については時価の推移及び発行会
         社の財政状態を勘案して回復可能性を判定し、回復する見込があると認められる場合を除き減損処理を行ってお
         ります。
         (デリバティブ取引関係)

        前連結会計年度(2017年5月31日)及び当連結会計年度(2018年5月31日)
         該当事項はありません。
                                 54/80








                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
       1.採用している退職給付制度の概要
         当社及び一部の連結子会社は、確定給付型の制度として、退職一時金制度を設けるとともに、確定拠出型の制度
        として、確定拠出年金制度を設けております。
         また、確定拠出年金制度以外の確定拠出型の制度として、当社は特定退職金共済制度へ加入しており、連結子会
        社2社は中小企業退職金共済制度に加入しております。
         なお、当社及び一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費
        用を計算しております。
       2.確定給付制度

       (1)退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2016年6月1日              (自 2017年6月1日
                                   至 2017年5月31日)              至 2018年5月31日)
          退職給付に係る負債の期首残高                              115,110千円              132,670千円
           退職給付費用                               24,381              33,772
           退職給付の支払額                              △6,821             △16,573
          退職給付に係る負債の期末残高                              132,670              149,868
       (2)退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2017年5月31日)              (2018年5月31日)
         非積立型制度の退職給付債務                               132,670千円              149,868千円
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               132,670              149,868
         退職給付に係る負債                               132,670              149,868

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               132,670              149,868
       (3)退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用                前連結会計年度24,381千円              当連結会計年度33,772千円
       3.確定拠出制度

         当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度35,872千円、当連結会計年度37,009千円で
        あります。
         (ストック・オプション等関係)

        前連結会計年度(自            2016年6月1日         至   2017年5月31日)及び当連結会計年度(自                      2017年6月1日         至 
        2018年5月31日)
         該当事項はありません。
                                 55/80








                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
       1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2017年5月31日)              (2018年5月31日)
         繰延税金資産
          貸倒引当金損金算入限度超過額                              8,725千円              5,395千円
          賞与引当金否認                             20,711              20,150
          未払賞与否認                             34,421              36,365
          退職給付に係る負債否認                             43,812              49,182
          長期未払金否認                             42,888              40,719
          未払事業税等否認                             10,548              15,273
          ゴルフ会員権評価損否認                             22,141              22,141
          投資有価証券評価損否認                             27,789              27,976
          減損損失                              3,565              3,565
          繰越欠損金                             451,671              243,730
          全面時価評価法による評価差額                             31,966              27,339
                                       32,649              38,172
          その他
         繰延税金資産小計
                                       730,892              530,013
         評価性引当額                             △610,987              △381,819
         繰延税金資産合計
                                       119,904              148,193
         繰延税金負債
          その他有価証券評価差額金                            △874,658             △1,226,911
                                      △18,751              △19,509
          その他
         繰延税金負債合計                             △893,409             △1,246,420
         繰延税金資産(負債:△)の純額                             △773,505             △1,098,227
         (注)前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含ま
            れております。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2017年5月31日)              (2018年5月31日)
         流動資産-繰延税金資産
                                       69,545千円              95,635千円
         固定資産-繰延税金資産                              22,290              21,030
         流動負債-その他                               4,169              7,406
         固定負債-繰延税金負債                              861,171             1,207,487
       2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

         た主要な項目別の内訳
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2017年5月31日)              (2018年5月31日)
         法定実効税率
                                        30.9%       法定実効税率と税効果
         (調整)                                     会計適用後の法人税等の
                                              負担率との差異が法定実
         交際費等永久に損金に算入されない項目                                2.3
                                              効税率の100分の5以下
         受取配当金等永久に益金に算入されない項目                               △1.8
                                              であるため注記を省略し
         住民税等均等割                                2.1
                                              ております。
         評価性引当額                               △0.2
         在外支店に係る税率変更                               △0.3
         税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                                1.8
                                        △5.8
         その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                               29.0
                                 56/80




                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
        前連結会計年度(自            2016年6月1日         至   2017年5月31日)及び当連結会計年度(自                      2017年6月1日         至 
        2018年5月31日)
         該当事項はありません。
         (資産除去債務関係)

        前連結会計年度(自            2016年6月1日         至   2017年5月31日)及び当連結会計年度(自                      2017年6月1日         至 
        2018年5月31日)
         該当事項はありません。
         (賃貸等不動産関係)

        前連結会計年度(自            2016年6月1日         至   2017年5月31日)及び当連結会計年度(自                      2017年6月1日         至 
        2018年5月31日)
         賃貸不動産の時価等については、重要性が乏しいため、注記を省略しております。
         (セグメント情報等)

        【セグメント情報】
        1.報告セグメントの概要
          当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資
         源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
          当社グループは、取り扱う商品・製品・サービスについて国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を
         展開しております。
          したがって、当社グループは、商品・製品・サービス別のセグメントから構成されており、「不織布事業」、
         「家庭紙・日用雑貨事業」の2つを報告セグメントとしております。
          「不織布事業」は、不織布製品の加工、販売及び輸出入を行っております。「家庭紙・日用雑貨事業」は、家
         庭紙・日用雑貨の卸売、企画販売を行っております。
        2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
         おける記載と概ね同一であります。
          報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
        3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

         前連結会計年度(自 2016年6月1日 至 2017年5月31日)
                                                     (単位:千円)
                     報告セグメント                                   連結
                                    その他             調整額      財務諸表
                                           合計
                                    (注)1             (注)2       計上額
                      家庭紙・日
                 不織布              計
                                                       (注)3
                       用雑貨
     売上高
      外部顧客への売上
                13,817,141      26,365,148      40,182,290        53,686    40,235,976           -  40,235,976
      高
      セグメント間の内
                  44,004       5,083      49,087      139,348      188,436     △ 188,436         -
      部売上高又は振替
      高
                13,861,146      26,370,231      40,231,378        193,034     40,424,412       △ 188,436     40,235,976
          計
                  564,970       97,001      661,971       5,672     667,644       1,040     668,685
     セグメント利益
                 5,438,442      5,278,065      10,716,507        829,248     11,545,756      11,131,084      22,676,841
     セグメント資産
     その他の項目
                  200,909      113,420      314,330       26,614      340,944         -    340,944
      減価償却費
      有形固定資産の増
                  33,140       1,752      34,892        933     35,825        -    35,825
      加額
                                 57/80



                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 2017年6月1日 至 2018年5月31日)
                                                     (単位:千円)
                                                        連結
                     報告セグメント
                                    その他             調整額      財務諸表
                                           合計
                                    (注)1             (注)2       計上額
                      家庭紙・日
                 不織布              計
                                                       (注)3
                       用雑貨
     売上高
      外部顧客への売上
                14,886,260      25,439,773      40,326,033        105,195     40,431,228           -  40,431,228
      高
      セグメント間の内
                  47,663       7,000      54,663      123,314      177,978     △ 177,978         -
      部売上高又は振替
      高
                14,933,923      25,446,774      40,380,697        228,509     40,609,207       △ 177,978     40,431,228
          計
     セグメント利益又は
                  780,474       22,470      802,945      △ 15,721      787,224       2,512     789,736
     損失(△)
                 5,926,795      5,376,103      11,302,898        872,723     12,175,622      11,961,883      24,137,505
     セグメント資産
     その他の項目
                  156,708      106,736      263,444       33,439      296,884         -    296,884
      減価償却費
      有形固定資産の増
                  163,181       7,259     170,440       8,294     178,734         -    178,734
      加額
       (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産賃貸事業及び除菌関連
            事業を含んでおります。
          2.調整額の内容は以下のとおりであります。
            セグメント利益又は損失                                                                      (単位:千円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                                         1,040                2,512
             セグメント間取引消去
            セグメント資産                                 (単位:千円)

                                前連結会計年度                当連結会計年度
             全社資産(注)                          11,131,084                11,961,883
            (注)全社資産は、報告セグメントに帰属しない資産であります。
          3.セグメント利益又は損失及び資産は、連結財務諸表の営業利益及び資産合計と調整を行っております。

                                 58/80









                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        【関連情報】
        前連結会計年度(自 2016年6月1日 至 2017年5月31日)
        1.製品及びサービスごとの情報
          セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報

        (1)売上高
           本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
        (2)有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
          を省略しております。
        3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                      売上高               関連するセグメント名
     株式会社ココカラファインヘルスケア                                5,530,137      家庭紙・日用雑貨事業

        当連結会計年度(自 2017年6月1日 至 2018年5月31日)

        1.製品及びサービスごとの情報
          セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報

        (1)売上高
           本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
        (2)有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
          を省略しております。
        3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                      売上高               関連するセグメント名
     株式会社ココカラファインヘルスケア                                5,111,407      家庭紙・日用雑貨事業

        【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

         該当事項はありません。
        【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

         該当事項はありません。
        【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

         該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

        前連結会計年度(自           2016年6月1日         至   2017年5月31日)
         開示すべき事項はありません。
        当連結会計年度(自           2017年6月1日         至   2018年5月31日)

         開示すべき事項はありません。
                                 59/80



                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2016年6月1日                (自 2017年6月1日
                                至 2017年5月31日)                至 2018年5月31日)
     1株当たり純資産額                                1,646.43円                1,797.67円
     1株当たり当期純利益金額                                 57.30円                73.17円
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2016年6月1日                (自 2017年6月1日
                                至 2017年5月31日)                至 2018年5月31日)
      親会社株主に帰属する当期純利益金額(千円)                               479,292                611,999
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
                                      479,292                611,999
      益金額(千円)
      期中平均株式数(株)                              8,364,673                8,364,591
         (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 60/80














                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                                当期首残高      当期末残高       利率
        会社名           銘柄       発行年月日                         担保     償還期限
                                (千円)      (千円)      (%)
                                 100,000
                           2013年                             2018年
      小津産業㈱                                      -    0.51
                第24回無担保社債                                   無担保
                          3月29日       (100,000)                       3月30日
                                 200,000
                           2013年                             2018年
      小津産業㈱                                      -    0.53
                第25回無担保社債                                   無担保
                          3月29日       (200,000)                       3月29日
                           2017年                             2022年
      小津産業㈱                             200,000      200,000      0.27
                第26回無担保社債                                   無担保
                          3月10日                             3月10日
                           2017年                             2022年
      小津産業㈱                             100,000      100,000      0.28
                第27回無担保社債                                   無担保
                          3月10日                             3月10日
                           2018年                             2027年
      小津産業㈱                               -    100,000      0.44
                第28回無担保社債                                   無担保
                          3月12日                             3月12日
                           2018年                             2027年
      小津産業㈱                               -    100,000      0.48
                第29回無担保社債                                   無担保
                          3月12日                             3月12日
                                 600,000
                    -        -            500,000       -    -      -
         合計
                                 (300,000)
      (注)1.( )内書は、1年内償還予定の金額であります。
         2.連結決算日後5年間の償還予定額は、以下のとおりであります。
        1年以内          1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
        (千円)           (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
              -           -           -         300,000              -

         【借入金等明細表】

                                当期首残高        当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (千円)        (千円)       (%)
     短期借入金                           1,170,000        1,470,000         0.45      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                            200,000          -     1.10      -

     1年以内に返済予定のリース債務                             4,215        4,309       -     -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                            820,000        820,000       0.62   2020年~2022年

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             5,927        1,618       -    2019年

     その他有利子負債                               -        -      -     -

                 合計                2,200,142        2,295,927          -     -

      (注)1.平均利率を算定する際の利率及び残高は期中平均のものを使用しております。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
           連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)
           の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
      長期借入金               20,000             -         800,000              -

      リース債務                1,618             -           -           -

         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
                                 61/80



                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
         1.当連結会計年度の終了後の状況
           特記事項はありません。
         2.当連結会計年度における四半期情報等

     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                  10,439,281          20,620,176          30,547,665          40,431,228
     税金等調整前四半期(当期)
                         313,807          601,269          748,221          858,360
     純利益金額(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                         232,638          417,375          515,589          611,999
     (当期)純利益金額(千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          27.81          49.90          61.64          73.17
     利益金額(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額
                          27.81          22.09          11.74          11.53
     (円)
                                 62/80














                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年5月31日)              (2018年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       3,494,646              3,483,679
         現金及び預金
                                        960,095             1,029,021
         受取手形
                                       1,711,580              1,767,497
         売掛金
                                        862,203              871,443
         商品
                                         9,112              9,631
         前払費用
                                         50,293              74,626
         繰延税金資産
                                        650,000              750,000
         関係会社短期貸付金
                                         97,000              640,000
         1年内回収予定の関係会社長期貸付金
                                         62,058              109,676
         その他
                                         △ 871              △ 44
         貸倒引当金
                                       7,896,119              8,735,532
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※3 3,289,323             ※3 3,282,592
          建物
                                      △ 2,134,382             △ 2,189,772
            減価償却累計額
            建物(純額)                            1,154,941              1,092,819
                                        797,187              797,187
          構築物
                                       △ 634,237             △ 643,612
            減価償却累計額
            構築物(純額)                             162,949              153,574
                                        109,118              127,485
          機械及び装置
                                        △ 95,940             △ 102,211
            減価償却累計額
            機械及び装置(純額)                             13,178              25,273
          車両運搬具                               12,082              12,082
                                        △ 10,668             △ 11,530
            減価償却累計額
            車両運搬具(純額)                              1,413               551
          工具、器具及び備品                              106,209              106,334
                                        △ 90,726             △ 94,311
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             15,483              12,022
          土地                              920,271              920,271
                                           -             5,000
          建設仮勘定
                                       2,268,238              2,209,513
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         4,554              4,554
          電話加入権
                                           11               0
          施設利用権
                                         32,137              16,887
          ソフトウエア
          無形固定資産合計                               36,703              21,443
                                 63/80






                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年5月31日)              (2018年5月31日)
         投資その他の資産
                                       3,149,174              4,161,301
          投資有価証券
                                       4,692,986              4,692,986
          関係会社株式
                                         88,511              88,511
          出資金
                                         9,635              8,620
          従業員に対する長期貸付金
                                        685,000               50,000
          関係会社長期貸付金
          破産更生債権等                                 77              77
                                        283,175              274,796
          長期前払費用
                                         40,962              40,962
          保険積立金
                                         20,208              19,735
          その他
                                        △ 20,015             △ 12,594
          貸倒引当金
                                       8,949,715              9,324,396
          投資その他の資産合計
                                       11,254,656              11,555,353
         固定資産合計
                                       19,150,776              20,290,885
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        262,559              281,233
         支払手形
                                       1,646,007              1,436,428
         買掛金
                                        950,000             1,250,000
         短期借入金
                                        200,000                 -
         1年内返済予定の長期借入金
                                        300,000                 -
         1年内償還予定の社債
                                         76,993              133,184
         未払金
                                        138,097              145,577
         未払費用
                                         77,656              158,163
         未払法人税等
                                         87,419              15,429
         前受金
                                         16,769               7,794
         預り金
                                       3,755,504              3,427,809
         流動負債合計
       固定負債
                                        300,000              500,000
         社債
                                        820,000              820,000
         長期借入金
                                        678,023              980,001
         繰延税金負債
                                         51,719              66,230
         退職給付引当金
                                        119,462               57,462
         その他
                                       1,969,205              2,423,694
         固定負債合計
                                       5,724,710              5,851,504
       負債合計
                                 64/80








                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年5月31日)              (2018年5月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                       1,322,214              1,322,214
         資本金
         資本剰余金
                                       1,374,758              1,374,758
          資本準備金
                                       1,374,758              1,374,758
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                        271,033              271,033
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       7,570,000              7,570,000
            別途積立金
                                       1,385,053              1,689,612
            繰越利益剰余金
                                       9,226,086              9,530,645
          利益剰余金合計
                                        △ 83,331             △ 83,552
         自己株式
                                       11,839,728              12,144,065
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                       1,586,337              2,295,315
         その他有価証券評価差額金
                                       1,586,337              2,295,315
         評価・換算差額等合計
       純資産合計                                13,426,066              14,439,381
                                       19,150,776              20,290,885
      負債純資産合計
                                 65/80













                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2016年6月1日              (自 2017年6月1日
                                 至 2017年5月31日)               至 2018年5月31日)
                                       10,733,199              11,722,451
      売上高
      売上原価
                                        811,431              862,203
       商品期首たな卸高
                                       8,573,315              9,336,860
       当期商品仕入高
                                       9,384,747              10,199,064
       合計
                                        ※1 13,603             ※1 9,127
       他勘定振替高
                                        862,203              871,443
       商品期末たな卸高
                                        124,327              112,076
       不動産賃貸原価
                                       8,633,268              9,430,569
       売上原価合計
                                       2,099,930              2,291,881
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                        193,233              200,191
       荷造運搬費
                                           91              -
       貸倒引当金繰入額
                                        182,670              158,580
       役員報酬
                                        402,631              406,947
       給料
                                        168,090              179,717
       賞与
                                        126,173              123,406
       福利厚生費
       退職給付費用                                  29,136              37,289
                                         48,643              46,189
       交際費
                                        102,795               95,496
       旅費及び交通費
                                         56,029              53,140
       減価償却費
                                         23,679              25,198
       賃借料
                                        394,087              408,233
       その他
                                       1,727,261              1,734,390
       販売費及び一般管理費合計
                                        372,669              557,491
      営業利益
      営業外収益
                                        ※2 22,079             ※2 16,566
       受取利息
                                           23              -
       有価証券利息
                                        ※2 67,089
                                                       48,166
       受取配当金
                                         13,559              24,972
       その他
                                        102,752               89,704
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                  19,979              13,758
                                         9,771              8,856
       売上割引
                                         4,226              5,739
       社債発行費
                                         17,685                -
       貸倒引当金繰入額
                                         2,692              2,429
       その他
                                         54,355              30,783
       営業外費用合計
                                        421,066              616,412
      経常利益
                                 66/80







                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2016年6月1日              (自 2017年6月1日
                                 至 2017年5月31日)               至 2018年5月31日)
      特別利益
                                         1,068              21,826
       投資有価証券売却益
                                         1,068              21,826
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※3 111            ※3 1,998
       固定資産除却損
                                         8,894                -
       投資有価証券売却損
                                            0              -
       その他
                                         9,006              1,998
       特別損失合計
                                        413,129              636,240
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   137,592              218,749
                                        △ 1,276             △ 29,266
      法人税等調整額
                                        136,315              189,483
      法人税等合計
                                        276,813              446,757
      当期純利益
                                 67/80















                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2016年6月1日 至 2017年5月31日)
                                                       (単位:千円)
                                       株主資本
                              資本剰余金                 利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                       資本金
                                 資本剰余金                      利益剰余金
                           資本準備金           利益準備金
                                 合計                 繰越利益剰      合計
                                            別途積立金
                                                  余金
     当期首残高                 1,322,214      1,374,758      1,374,758      271,033     7,570,000      1,233,710      9,074,743
     当期変動額
      剰余金の配当                                            △ 125,470     △ 125,470
      当期純利益                                             276,813      276,813
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計                    -      -      -      -      -   151,343      151,343
     当期末残高                 1,322,214      1,374,758      1,374,758      271,033     7,570,000      1,385,053      9,226,086
                         株主資本         評価・換算差額等

                                 その他有価           純資産合計
                                      評価・換算
                      自己株式     株主資本合計      証券評価差
                                      差額等合計
                                 額金
     当期首残高                  △ 83,209    11,688,507      1,580,564      1,580,564     13,269,071
     当期変動額
      剰余金の配当                      △ 125,470                △ 125,470
      当期純利益                       276,813                 276,813
      自己株式の取得                  △ 121     △ 121                △ 121
      株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                   5,773      5,773      5,773
      額)
     当期変動額合計                   △ 121    151,221      5,773      5,773     156,994
     当期末残高                  △ 83,331    11,839,728      1,586,337      1,586,337     13,426,066
                                 68/80









                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 2017年6月1日 至 2018年5月31日)
                                                       (単位:千円)
                                       株主資本
                              資本剰余金                 利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                       資本金
                                 資本剰余金                      利益剰余金
                           資本準備金           利益準備金
                                 合計                 繰越利益剰      合計
                                            別途積立金
                                                  余金
     当期首残高                 1,322,214      1,374,758      1,374,758      271,033     7,570,000      1,385,053      9,226,086
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                  △ 142,198     △ 142,198
      当期純利益                                             446,757      446,757
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計
                         -      -      -      -      -   304,558      304,558
     当期末残高                 1,322,214      1,374,758      1,374,758      271,033     7,570,000      1,689,612      9,530,645
                         株主資本         評価・換算差額等

                                 その他有価           純資産合計
                                      評価・換算
                      自己株式     株主資本合計      証券評価差
                                      差額等合計
                                 額金
     当期首残高                  △ 83,331    11,839,728      1,586,337      1,586,337     13,426,066
     当期変動額
      剰余金の配当
                            △ 142,198                △ 142,198
      当期純利益                       446,757                 446,757
      自己株式の取得                  △ 221     △ 221                △ 221
      株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                  708,977      708,977      708,977
      額)
     当期変動額合計
                        △ 221    304,337      708,977      708,977     1,013,314
     当期末残高                  △ 83,552    12,144,065      2,295,315      2,295,315     14,439,381
                                 69/80









                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
       1.有価証券の評価基準及び評価方法
       (1)子会社株式及び関連会社株式
         移動平均法による原価法
       (2)その他有価証券
         時価のあるもの
          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
          り算定)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
       2.デリバティブ等の評価基準及び評価方法

         デリバティブ取引
          時価法
       3.たな卸資産の評価基準及び評価方法

          主として移動平均法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
       4.固定資産の減価償却の方法

       (1)有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法
           ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)、2016年4月1日以降に取得した建物
          附属設備及び構築物は定額法によっております。
           なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
           建物        2~50年
           構築物       10~45年
           機械及び装置    2~13年
           工具、器具及び備品 2~20年
       (2)無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法
           なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によってお
          ります。
       (3)リース資産
         リース期間を耐用年数とし残存価額を零とする定額法
       (4)長期前払費用
         定額法
       5.繰延資産の処理方法

         社債発行費
           支出時に全額費用として処理しております。
       6.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

          外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
         す。
                                 70/80





                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
       7.引当金の計上基準
       (1)貸倒引当金
          債権の貸倒の損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権について
         は個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)賞与引当金
          従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
       (3)退職給付引当金
          従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務に基づき、当事業年度末において発生し
         ていると認められる額を計上しております。
          なお、退職給付債務を簡便法により計算しているため、数理計算上の差異は発生しておりません。
       8.ヘッジ会計の方法

       (1)ヘッジ会計の方法
          繰延ヘッジ処理を採用しております。
          ただし、特例処理の要件を満たす金利スワップ取引については、特例処理を採用しております。
       (2)ヘッジ手段とヘッジ対象
         ヘッジ手段
          金利スワップ取引
         ヘッジ対象
          借入金の支払金利
       (3)ヘッジ方針
          金利変動リスクの低減のため、対象債務の範囲内でヘッジ取引を行っております。
       (4)ヘッジ有効性の評価方法
          財務部門でヘッジ対象とヘッジ手段の損益が高い程度で相殺されている状態、又はヘッジ対象のキャッシュ・
         フローが固定され、その変動が回避される状態が引き続き認められるかどうかを定期的に確認しております。
          ただし、特例処理の要件を満たしている金利スワップ取引については、その判定をもって有効性の判定として
         おります。
       9.その他財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
           税抜方式によっております。
         (表示方法の変更)

        (損益計算書)
         前事業年度において、「営業外費用」の「その他」に含めていた「社債発行費」は、営業外費用の総額の100分
        の10を超えたため、当事業年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるため、前事業
        年度の財務諸表の組替えを行っております。
         この結果、前事業年度の損益計算書において、「営業外費用」の「その他」に表示していた6,918千円は、「社
        債発行費」4,226千円、「その他」2,692千円として組み替えております。
                                 71/80








                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
       1 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行5行と当座貸越契約を締結しております。これらの契約に
         基づく事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2017年5月31日)                  (2018年5月31日)
     当座貸越極度額                              5,500,000千円                  5,500,000千円
     借入実行残高                               950,000                 1,250,000
              差引額                      4,550,000                  4,250,000
       2 保証債務

         次の関係会社について、取引先への仕入債務に対し債務保証を行っております。
                前事業年度                            当事業年度
              (2017年5月31日)                            (2018年5月31日)
     アズフィット㈱(仕入債務)                     237,811千円       アズフィット㈱(仕入債務)                     313,553千円
      ※3 国庫補助金等による圧縮記帳額

         国庫補助金等の受入れにより取得価額から控除している圧縮記帳額は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2017年5月31日)                  (2018年5月31日)
     建物                                69,720千円                  69,720千円
         (損益計算書関係)

      ※1 他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
                前事業年度                            当事業年度
             (自 2016年6月1日                            (自 2017年6月1日
              至 2017年5月31日)                            至 2018年5月31日)
     販売費及び一般管理費(その他)                      13,603千円                            9,127千円
      ※2 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。

                前事業年度                            当事業年度
             (自 2016年6月1日                            (自 2017年6月1日
              至 2017年5月31日)                            至 2018年5月31日)
     受取利息                      21,401千円                            16,179千円
     受取配当金                      18,828                              -
      ※3 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                前事業年度                            当事業年度
             (自 2016年6月1日                            (自 2017年6月1日
              至 2017年5月31日)                            至 2018年5月31日)
     建物                       105千円                           1,994千円
     工具、器具及び備品                        6                            ▶
             計                111                           1,998
         (有価証券関係)

         子会社株式及び関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式4,682,986千円、関連会社株式
        10,000千円、前事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式4,682,986千円、関連会社株式10,000千円)は、市場価
        格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 72/80




                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
       1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2017年5月31日)              (2018年5月31日)
         繰延税金資産
          貸倒引当金損金算入限度超過額                              6,397千円              3,869千円
          未払賞与否認                             32,033              33,804
          退職給付引当金否認                             15,836              20,279
          長期未払金否認                             30,987              30,987
          未払事業税等否認                              7,101             10,742
          ゴルフ会員権評価損否認                             21,457              21,457
          投資有価証券評価損否認                             10,290              10,290
                                       14,813              17,426
          その他
         繰延税金資産小計
                                       138,917              148,858
                                      △72,255              △52,929
         評価性引当額
         繰延税金資産合計
                                       66,661              95,928
         繰延税金負債
          その他有価証券評価差額金                            △691,510              △998,421
                                       △2,881              △2,881
          その他
         繰延税金負債合計                             △694,391             △1,001,302
         繰延税金資産(負債:△)の純額                             △627,729              △905,374
       2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

         なった主要な項目別の内訳
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2017年5月31日)              (2018年5月31日)
         法定実効税率
                                        30.9%       法定実効税率と税効果
         (調整)                                     会計適用後の法人税等の
         交際費等永久に損金に算入されない項目                                2.9     負担率との差異が法定実
         受取配当金等永久に益金に算入されない項目                               △2.1      効税率の100分の5以下
         住民税等均等割                                1.2     であるため注記を省略し
         評価性引当額                               △0.4      ております。
         在外支店に係る税率変更                               △0.5
         税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                                0.2
                                         0.8
         その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                               33.0
         (企業結合等関係)

          該当事項はありません。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 73/80






                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                         当期末減価償
                                                       差引当期末
                 当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額
                                                        残高
        資産の種類
                 (千円)      (千円)      (千円)      (千円)      償却累計額       (千円)
                                                       (千円)
                                          (千円)
     有形固定資産
                 3,289,323        10,995      17,726     3,282,592       2,189,772        71,122     1,092,819
      建物
      構築物             797,187         -      -    797,187       643,612       9,374     153,574
      機械及び装置             109,118       18,366        -    127,485       102,211       6,271      25,273
                   12,082        -      -    12,082       11,530        862      551
      車両運搬具
                  106,209       1,555      1,431     106,334        94,311       5,016      12,022
      工具、器具及び備品
                  920,271         -      -    920,271          -      -    920,271
      土地
                     -     5,000        -     5,000         -      -     5,000
      建設仮勘定
                 5,234,193        35,917      19,158     5,250,952       3,041,439        92,647     2,209,513
       有形固定資産計
     無形固定資産
                   4,554        -      -     4,554         -      -     4,554
      電話加入権
                     204       -      -      204       203       10       0
      施設利用権
                  102,391       5,501      5,273     102,619        85,732      20,751      16,887
      ソフトウエア
                  107,149       5,501      5,273     107,378        85,935      20,762      21,443
       無形固定資産計
                  835,513         -      332    835,181       560,384       8,045     274,796
     長期前払費用
     繰延資産
          -           -      -      -      -       -      -      -
                     -      -      -      -       -      -      -
        繰延資産計
      (注)「当期末減価償却累計額又は償却累計額」の欄には、減損損失累計額が含まれております。
         【引当金明細表】

                                      当期減少額        当期減少額
                      当期首残高        当期増加額                        当期末残高
            区分                          (目的使用)        (その他)
                       (千円)        (千円)                        (千円)
                                       (千円)        (千円)
      貸倒引当金                   20,886          44        -      8,292       12,638
     (注)貸倒引当金の当期減少額(その他)は、一般債権の貸倒実績率による洗替額874千円、                                           個別債権の回収可能性の見
        直しによる戻入額7,418千円             であります。
       (2)【主な資産及び負債の内容】

        連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

        ① 決算日後の状況
          該当事項はありません。
        ② 訴訟

          該当事項はありません。
                                 74/80





                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                   6月1日から5月31日まで
      定時株主総会                   8月中

      基準日                   5月31日

                        11月30日
      剰余金の配当の基準日
                        5月31日
      1単元の株式数                   100株
      単元未満株式の買取り

                        (特別口座)
       取扱場所                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号
                        みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                        (特別口座)
       株主名簿管理人                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号
                        みずほ信託銀行株式会社
       取次所                                ―――――
       買取手数料                  株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額とする。

                        当会社の公告方法は、電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事
      公告掲載方法                   由によって電子公告による公告をすることができない場合には、日本経済新
                        聞に掲載して行う。
                        毎年5月31日現在の株主名簿(実質株主名簿を含む)に記載されている株主
                        に対し、8月末から9月初め頃に以下の株主優待品を贈呈。
                        100株以上200株未満所有の株主 クオカード1,000円
                        200株以上500株未満所有の株主 2,500円相当のティシュペーパー、トイ
      株主に対する特典
                                        レットペーパーの詰合せ
                        500株以上所有の株主                    5,000円相当のティシュペーパー、トイ
                                        レットペーパーの詰合せ
     (注)当社定款の定めにより、単元未満株主は、次に掲げる権利以外の権利を有しておりません。
       1.会社法第189条第2項各号に掲げる権利
       2.会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
       3.株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 75/80









                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
         当社は、親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
        事業年度(第106期)(自 2016年6月1日 至 2017年5月31日)2017年8月30日関東財務局長に提出
      (2)内部統制報告書及びその添付書類
        2017年8月30日関東財務局長に提出
      (3)四半期報告書及び確認書
        (第107期第1四半期)(自 2017年6月1日 至 2017年8月31日)2017年10月13日関東財務局長に提出
        (第107期第2四半期)(自 2017年9月1日 至 2017年11月30日)2018年1月12日関東財務局長に提出
        (第107期第3四半期)(自 2017年12月1日 至 2018年2月28日)2018年4月13日関東財務局長に提出
      (4)臨時報告書
        2017年8月30日       関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨時
        報告書であります。
                                 76/80














                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 77/80




















                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                  2018年8月29日

     小津産業株式会社

       取締役会 御中

                           EY新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             永澤 宏一   印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             水野 友裕   印
                           業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
     ている小津産業株式会社の2017年6月1日から2018年5月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわ
     ち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
     書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、小津
     産業株式会社及び連結子会社の2018年5月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 78/80





                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、小津産業株式会社の201
     8年5月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、小津産業株式会社が2018年5月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記
     の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財
     務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
     ※1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)

        が別途保管しております。
      2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 79/80









                                                           EDINET提出書類
                                                       小津産業株式会社(E02842)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                  2018年8月29日

     小津産業株式会社

       取締役会 御中

                           EY新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             永澤 宏一   印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             水野 友裕   印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ


     ている小津産業株式会社の2017年6月1日から2018年5月31日までの第107期事業年度の財務諸表、すなわ
     ち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を
     行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、小津産業
     株式会社の2018年5月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点にお
     いて適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
     ※1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)

        が別途保管しております。
      2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 80/80



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。