株式会社アプリックス 臨時報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

臨時報告書 訴訟

提出日:

提出者:株式会社アプリックス

カテゴリ:臨時報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アプリックス(E05369)
                                                              臨時報告書
     【表紙】

     【提出書類】                       臨時報告書

     【提出先】                       関東財務局長

     【提出日】                       平成30年8月17日

     【会社名】                       株式会社アプリックス

     【英訳名】                       Aplix   Corporation

     【代表者の役職氏名】                       代表取締役      兼  取締役社長 長橋 賢吾

     【本店の所在の場所】                       東京都新宿区西早稲田二丁目20番9号

     【電話番号】                       (050)3786-1715

     【事務連絡者氏名】                       執行役員     兼  経営管理部部長 倉林 聡子

     【最寄りの連絡場所】                       東京都新宿区西早稲田二丁目20番9号

     【電話番号】                       (050)3786-1715

     【事務連絡者氏名】                       執行役員     兼  経営管理部部長 倉林 聡子

     【縦覧に供する場所】                       株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アプリックス(E05369)
                                                              臨時報告書
     1【提出理由】
      当社の従業員1名より提起を受けた地位確認請求等の訴訟(以下「本訴訟」)について、原告従業員側が最高裁判所
     に対して行っていた上告受理申立てが最高裁判所において却下する旨の決定がなされたことにより本訴訟が確定したた
     め、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第6号の規定に基づき、本
     臨時報告書を提出するものであります。
     2【報告内容】

     (1)本訴訟の提起があった年月日等
        平成28年2月25日
     (2)本訴訟を提起した者

        当社従業員1名
     (3)本訴訟が確定した年月日

        平成30年7月14日(最高裁判所決定文受領日:平成30年7月31日)
     (4)本訴訟の内容及び損害賠償請求金額

        当社は、平成26年8月に、当社の従業員1名を普通解雇いたしましたが、平成28年2月に、当該従業員より、労
       働契約上の権利を有する地位にあることの地位確認請求及び普通解雇後から判決確定までの給与の支払い等を求め
       て本訴訟が提起されました。当社は、本訴訟において原告である従業員の主張について争っておりましたが、その
       後、平成30年1月31日に東京地方裁判所において、原告である従業員が被告である当社に対して労働契約上の権利
       を有する地位にあること、当社は原告である従業員に対し、平成26年10月25日から本判決確定の日まで、毎月25日
       限り、72万9114円及びこれに対する各支払期日の翌日から支払済みまで年6分の割合による金員を支払うこと、並
       びに当社は原告である従業員に対し、15万5224円及びこれに対する平成26年9月26日から支払済みまで年6分の割
       合による金員を支払うこと、等、原告側の請求を一部認める旨の判決の言い渡しがありました。この判決に対し
       て、当該従業員は平成30年2月16日付で、第1審判決における原告敗訴部分の内容が不服であるとして東京高等裁
       判所に控訴を提起しましたが、平成30年6月27日付で本件控訴を棄却する旨の判決がなされ、当該東京高等裁判所
       の判決に対して原告従業員が最高裁判所に対して上告受理申立てを行っておりました。
        本上告受理申立てについて、最高裁判所は平成30年7月24日付で却下する決定を行い、これにより、平成30年6
       月27日付東京高等裁判所の控訴審判決が確定したことが確認されました。
                                                         以 上

                                 2/2









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。