株式会社アクトコール 訂正内部統制報告書 第10期(平成24年12月1日-平成25年11月30日)

提出書類 訂正内部統制報告書-第10期(平成24年12月1日-平成25年11月30日)
提出日
提出者 株式会社アクトコール
カテゴリ 訂正内部統制報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                          訂正内部統制報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    内部統制報告書の訂正報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の5第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年8月15日
      【会社名】                    株式会社アクトコール
      【英訳名】                    ACTCALL INC.
                         代表取締役社長            平井 俊広
      【代表者の役職氏名】
                         専務取締役                菊井 聡
      【最高財務責任者の役職氏名】
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区四谷二丁目12番5号
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社アクトコール(E26631)
                                                          訂正内部統制報告書
     1【内部統制報告書の訂正報告書の提出理由】
       平成26年2月28日に提出いたしました第10期(自 平成24年12月1日 至 平成25年11月30日)に係る内部統制報告
      書の記載事項に誤りがありましたので、金融商品取引法第24条の4の5第1項に基づき内部統制報告書の訂正報告書を
      提出するものであります。
     2【訂正事項】

       3 評価結果に関する事項
     3【訂正箇所】

       訂正箇所は___を付して表示しております。
      3【評価結果に関する事項】

       (訂正前)
        上記の評価の結果、当事業年度末日時点において、当社の財務報告に係る内部統制は有効であると判断した。
       (訂正後)

        下記に記載した財務報告に係る内部統制の不備は、財務報告に重要な影響を及ぼすこととなり、開示すべき重要
       な不備に該当すると判断した。したがって、当事業年度末日時点における当社の財務報告に係る内部統制は有効でな
       いと判断した。
                                記

        当社における不動産事業等及び当社連結子会社である株式会社kiddingにおける不動産フランチャイズ権利販売に
       おいて、会計上疑義のある取引が存在することが判明いたしました。当社といたしましては、本件に関し、専門的か
       つ客観的な見地からの調査が必要と判断し、平成30年7月10日に取締役会を開催し、当社と利害関係を有しない外部
       の専門家から構成される第三者委員会を設置し、当該取引の事実関係の調査等を行いました。
        平成30年8月10日付で同委員会による調査報告書を受領いたしました。その結果、当社及び連結子会社である株式
       会社kiddingの取引において、従来、事業取引として計上していた取引の一部に当社取締役の私財を投じた取引が確
       認され、当該取引は実在するものの、計上は資金取引等として取り扱うべきである旨、指摘されました。
        当社は、過去に提出した有価証券報告書及び四半期報告書等に記載されている当該取引に係る会計処理を訂正する
       ことを平成30年8月15日開催の取締役会の承認を経て決定し、平成24年11月期第2四半期から平成30年11月期第1四
       半期までの当該有価証券報告書及び四半期報告書等について訂正を行うことといたしました。
        これらの決算訂正及び第三者委員会による報告を受け、当社の全社的な内部統制について、開示すべき重要な不備
       があると判断いたしました。
        上記事実は、当連結会計年度末日後に発覚したため、当該不備を当連結会計年度末日までに是正することができま
       せんでした。
        当社は、財務報告に係る内部統制の重要性を認識しており、開示すべき重要な不備を是正するために、また再発防
       止に向けて、      第三者委員会の調査報告書(平成30年8月10日付)で指摘された問題点及び平成30年9月中旬までを目
       処に提出される予定の第三者委員会による追加報告書における再発防止策の提言を踏まえ                                         、経営体制の見直し、全社
       的なコンプライアンス意識醸成の取り組み、内部監査体制の整備、再発防止策の遵守状況に関するモニタリング等、
       必要な改善及び措置を進め、着実に実施していくことで、内部統制の充実を図り法令遵守の徹底に努めてまいりま
       す。
                                 2/2






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク