株式会社アークン 四半期報告書 第18期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第18期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社アークン

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2018年8月14日
      【四半期会計期間】                    第18期第1四半期(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
      【会社名】                    株式会社アークン
      【英訳名】                    Ahkun   Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  嶺村 慶一
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区岩本町一丁目10番5号
      【電話番号】                    03-5825-9340(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長  石井 雅之
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区岩本町一丁目10番5号
      【電話番号】                    03-5825-9340(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長  石井 雅之
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第17期           第18期
               回次                                       第17期
                           第1四半期累計期間           第1四半期累計期間
                           自 2017年4月1日           自 2018年4月1日           自 2017年4月1日

              会計期間
                           至 2017年6月30日           至 2018年6月30日           至 2018年3月31日
                      (千円)            172,996           159,529           678,613
     売上高
     経常損失(△)                (千円)           △ 11,402           △ 7,963          △ 10,819
     四半期(当期)純利益又は四半期
                      (千円)             8,841          △ 8,209           13,978
     純損失(△)
                      (千円)               -           -           -
     持分法を適用した場合の投資利益
                      (千円)            276,880           283,755           283,755
     資本金
                      (株)          4,439,200           4,549,200           4,549,200
     発行済株式総数
                      (千円)            398,831           409,437           417,718
     純資産額
                      (千円)            966,554           981,060          1,008,619
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
     金額又は1株当たり四半期純損失                 (円)             2.20          △ 1.95           3.41
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)             2.07             -          3.32
     (当期)純利益金額
                      (円)               -           -           -
     1株当たり配当額
                      (%)             41.3           41.7           41.4
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につい
           ては記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
         4.第18期第1四半期累計期間に係る潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在
           するものの1株当たり四半期純損失金額であるため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期累計期間において、当社が営む事業内容について、重要な変更はありません。
                                  2/16







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資
       者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の「有価証券報告書」に記載した「事業等の
       リスク」についての重要な変更はありません。
        当社は、2017年3月期において110,712千円、2018年3月期において15,908千円の営業損失を                                            計上し、また、当第
       1四半期累計期間においても7,477千円の営業損失を計上しており、当社には、継続企業の前提に重要な疑義を生                                                    じ
       させるような事象又は状況が存在していると認識しております。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)経営成績の状況
       内閣府が2018年6月に発表した2018年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比-0.2%(年率換算-
      0.6%)であり、我が国の経済は一時的にマイナス成長となりました。
       また、先行きの景気動向にリスクも残っております。北朝鮮問題や中東情勢の緊迫化などの地政学リスクや、米国や
      欧州の政治動向による影響など、海外には不透明な材料が多く、問題が深刻化した場合には世界経済に悪影響を与え、
      ひいては日本経済の減速を招く可能性があります。
       日本国内の情報セキュリティ業界の動向について、JNSA(NPO日本ネットワークセキュリティ協会)が発表しました
      「2017年度情報セキュリティ市場調査報告書」によれば、国内情報セキュリティ市場の規模は2015年度から2018年度ま
      での3ヶ年において、年率約5%で成長していると推定されており、2018年度は1兆455億円になる見込みです。市場全
      体としては、緩やかに成長しております。
       当社は、当第1四半期累計期間において、新製品の拡販及びOA機器販売店の新規開拓を重要な経営課題として位置付
      け、取り組んでまいりました。
       しかしながら、主力製品であるEX                 AntiMalware      v7(注)の発売に伴う販売代理店の買い控えやOA機器販売店の新規
      開拓が若干鈍化したことにより、前年同期と比べ売上高が減少しました。
       販売費及び一般管理費は、業務の効率化や外注業務の内製化等に努めた結果、前年同期と比べ16,382千円減少し、営
      業損益及び経常損益の改善に貢献しました。
       このような環境のもと、当社における当第1四半期累計期間の売上高は159,529千円となり、前年同期と比べ13,466
      千円の減少となりました。しかしながら、販売費及び一般管理費が減少したため、営業損益及び経常損益における黒字
      化は達成できなかったものの、損益が改善し、営業損失は7,477千円(前年同期は営業損失15,594千円)、経常損失は
      7,963千円(前年同期は経常損失11,402千円)となりました。四半期純損失は8,209                                      千円  (前年同期は四半期純利益
      8,841千円)となりました。
      (注)「EX      AntiMalware      v7」の詳細については、2018年5月9日に当社が開示しました「エンドポイントマルウェア
          対策「EX     AntiMalware      v7」を販売開始」(http://www.ahkun.jp/company/2018/05/a.html)をご参照くださ
          い。
                                  3/16









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の分析
        (資産)
         当第1四半期会計期間末における資産合計の額は、前事業年度末に比べ27,558千円減少し、981,060千円となり
        ました。これは主に、現金及び預金が20,654千円、受取手形及び売掛金が9,160千円減少したことによるものであ
        ります。
        (負債)
         当第1四半期会計期間末における負債合計の額は、前事業年度末に比べ19,277千円減少し、571,623千円となり
        ました。これは主に、買掛金と前受金が合わせて3,082千円、その他流動負債が13,283千円減少したことによるも
        のであります。
        (純資産)
         当第1四半期会計期間末における純資産合計の額は、前事業年度末に比べ8,281千円減少し、409,437千円となり
        ました。これは主に、四半期純損失の計上により利益剰余金が8,209千円減少したことによるものであります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
         また、「第2        事業の状況      1  事業等のリスク」に記載の通り、当社には継続企業の前提に重要な疑義を生させ
        るような状況が存在していると認識しております。
         しかしながら      、2018年6月末において、当社は、820,176千円の現金及び預金残高があり、さらに、                                        当該事象又
        は状況を解消、改善するために以下の6つの対応策を講じていることから                                  、継続企業の前提に関する重要な不確実
        性は認められないものと判断しております。
        ①販路を拡大するための対策

         大手通信機器メーカーへの新製品の供給や手薄だった九州・四国におけるOA機器販売会社の新規開拓等の施策に
        一定の成果が見られ、当社の前事業年度における売上高は回復基調を示しております。また、前事業年度におい
        て、株式会社№1との共同企画商品として、「WALLIOR                          NWS-2T500SS」及び「Club            One  Systems    NR-C500A(注
        3)」の販売を開始いたしました。当事業年度においても、引き続き、取引先との新たな取り組みを展開するほ
        か、OA機器販売会社の新規開拓を推進していくと共に、より規模の大きな中小企業を最終ユーザーとする代理店と
        の契約を進めて参ります。
        ②新販路の獲得

         当社ホームページを全面的に刷新し、Webインバウンド・マーケティングからのリード(見込み顧客)獲得を目
        指すとともに、既存の販売店とも新たな協力体制を築きます。
        ③新製品の開発

         前事業年度より、過去に販売した製品の保守期間の終了に伴う既存顧客のリプレイス需要が大きく増加すること
        が見込まれており、当社は、既存顧客による製品の再購入を確実なものとするため、主力製品であるEX
        AntiMalwareシリーズの新製品として、EX                    AntiMalware      v7(注4)の開発を進めてまいりましたが、当第1四半期
        累計期間において、販売を開始いたしました。
         製品保守期間が終了する既存顧客については、タイムリーに対応できるよう販売会社との連携を強めて需要を取
        り込みます。
         また、当社は、2017年3月期において、従業員の勤務実態の把握や情報漏洩対策に有効な「PasoLog                                               Server(注
        5)」の販売を開始し、2018年3月期において、勤務実態把握の機能を含めた総合的な中小企業の情報管理の強化
        に対処するための製品として、「SecureAce(注6)」及び「AAM-2000(注7)」の販売を開始しました。
         当事業年度においては、働き方改革対応と情報管理強化へのニーズが一層高まる中、当社は、上記製品でそれら
        の需要の取込みを図ってまいります。そのために、既存の販売網に対する導入支援や教育を積極的に行っていくこ
        とで製品の拡販を実施してまいります。
         当事業年度以降の新製品開発の方向性として、当社は、「情報の保護・管理から活用へ」、「セキュリティ+
        α」という視点から、働き方改革及び情報管理強化等のテーマに対応する新製品の開発に取り組んでまいります。
         働き方改革に関連した「+α」としては、PasoLogの機能を拡張し、テレワークに必要と思われる様々な機能
        (ビデオ会議、チャット、勤怠管理、位置情報把握機能等)を付加する一方で、クラウドでの提供も検討して参り
        ます。
        ④新規事業開発における施策

         IT企業として、第4次産業革命に対応するために、当社は、中小規模事業者向けのセキュリティソリューション
        事業に限らず、新規事業を積極的に推進する方針を掲げております。
                                  4/16


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
         特に、当社の情報トラッキング技術(追跡・監視・異常値発見)は、第4次産業革命のもとで、幅広い分野に応
        用することが可能であると考えられます。その中でも、特に注力すべき戦略分野を見定め、新規事業を推進してい
        く予定であります。
         新規事業を推進するための資金の確保につきましては、多様な資金調達手段の検討も予定してまいります。
        ⑤組織体制の強化

         当社は、持続的な成長を実現するためには、顧客に対して、より先進的な情報活用ソリューションを提供し、よ
        り高い顧客満足度を追求する必要があると考えております。そのため、新製品の開発を担う人材、また営業面での
        新規開拓に注力する人材等、各々の分野で活躍できる人材の育成に努めて更なる成長を図ってまいります。
         前事業年度において、当社は、新たな人事評価制度の導入・運営を開始しました。当事業年度より、当社は、組
        織の再編成及び人材の採用・育成を積極的に行うことで、新規事業の推進力及び新製品の開発能力を高めてまいり
        ます。
        ⑥情報管理や内部管理体制の強化

         当社は、個人情報を含む顧客情報の管理体制の強化を行うために、前事業年度において、プライバシーマークを
        取得いたしました。当社は、今後も、情報管理や内部管理体制の強化に努めてまいります。
      (注)1.一般社団法人日本テレワークによれば、テレワークとは、情報通信技術(ICT)を活用した、場所や時間に

           とらわれない柔軟な働き方のことであります。また、テレワークは自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モ
           バイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つに分けられます。企業は、テ
           レワークを導入することで、従業員の勤務実態の把握や情報漏洩の対策等の課題に対処する必要性が生じま
           す。
         2.改正個人情報保護法上で定義されている「個人情報取扱事業者」とは、個人情報データベース等をその事業
           活動に利用している事業者等のことであります。現実には、ほとんどの事業者がこの定義に該当すると考え
           られます。
         3.WALLIOR      NWS-2T500SS及びClub          One  Systems    NR-C500Aは、当社と株式№1との共同企画商品であり、詳細
           は、2017年9月28日に適時開示しました「当社と株式会社№1社の共同企画商品「WALLIOR                                          NWS2T500SS」販
           売開始に関するお知らせ」及び、2017年11月17日に適時開示しました「当社と株式会社№1の共同企画新シ
           リーズ商品販売開始に関するお知らせ」をご参照ください。
         4.「EX     AntiMalware      v7」の詳細については、2018年5月9日に当社が開示しました「エンドポイントマル
           ウェア対策「EX        AntiMalware      v7」を販売開始」(http://www.ahkun.jp/company/2018/05/a.html)をご参
           照ください。
         5.PasoLog      Serverは、従業員の各PCにインストールしたプログラムが収集した操作ログを簡単に集計・分析し
           た内容をブラウザで確認できる製品であります。企業は、本製品を導入することで、個人情報のみならず、
           企業内情報資産(人事情報、財務情報、顧客情報、経営情報など)を漏洩から防ぐとともに、万が一インシ
           デントが発生した場合の責任所在を解析することが可能になります。
         6.当社は、2017年6月9日に、「①マルウェア対策」「②業務ログ管理」「③早期データ回復」の3つの機能
           をオールインワンで統合した製品として、SecureAceの販売を開始しました。
         7.「AAM-2000」は、UTM等では対応出来ない、ハッキングを目的とした悪意のある第三者の外部からのイン
           ターネット接続やWi-Fiを踏み台にした不正な接続、許可されていない私物のPC等を検知してブロックする
           装置であります。当社は、2018年3月5日に当該製品の販売を開始しました。
       (4)研究開発活動

         当第1四半期累計期間の研究開発費は                   、1,154千円と       なりました。
         なお、当第1四半期累計期間において、当社の研究開発活動の状況に重要な変更はございません。
                                  5/16





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        当第1四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                       10,000,000
                 普通株式
                                                       10,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

            第1四半期会計期間末現
                                    上場金融商品取引所名又
                        提出日現在発行数(株)
            在発行数(株)
       種類                             は登録認可金融商品取引                 内容
                         (2018年8月14日)
             (2018年6月30日)                        業協会名
                                      東京証券取引所
                                                 単元株式数は100株であ
                  4,549,200            4,549,200
      普通株式
                                       (マザーズ)
                                                 ります。
                  4,549,200            4,549,200           -            -
       計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
                  数増減数
         年月日
                         数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (株)
     2018年4月1日~
                       -   4,549,200           -    283,755          -    203,755
     2018年6月30日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/16







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないた
          め、記載することができないことから、直前の基準日(2018年3月31日)に基づく株主名簿による記載を
          しております。
        ①【発行済株式】

                                                   2018年6月30日現在
                        株式数(株)            議決権の数(個)

           区分                                         内容
                                -             -        -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                           -             -        -
     議決権制限株式(その他)                           -             -        -
                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                        -        -
                     普通株式          336,000
                                                単元株式数は100株であり
     完全議決権株式(その他)                普通株式         4,212,500               42,125
                                                ます。
                     普通株式               700              -        -
     単元未満株式
                            4,549,200                  -        -
     発行済株式総数
                          -                 42,125          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                   2018年6月30日現在
                                                      発行済株式総

                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       数に対する所
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       有株式数の割
                                                      合(%)
     (自己保有株式)
                   東京都千代田区岩本町
                                   336,000          -    336,000         7.39
                   一丁目10番5号
     株式会社アークン
                        -          336,000          -    336,000         7.39
           計
     (注)単元未満株式の買取請求により、当第1四半期会計期間において46株の自己株式を取得しております。
        この結果、当第1四半期会計期間末日現在の自己株式数は336,046株となっております。
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  8/16








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1 四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期会計期間(2018年4月1日から2018年6
       月30日まで)及び第1四半期累計期間(2018年4月1日から2018年6月30日まで)に係る四半期財務諸表について、
       清流監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
        第17期事業年度 有限責任監査法人トーマツ
        第18期第1四半期会計期間及び第1四半期累計期間 清流監査法人
      3 四半期連結財務諸表について

        当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務表を作成しておりません。
                                  9/16















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第1四半期会計期間
                                 (2018年3月31日)              (2018年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        840,831              820,176
         現金及び預金
                                        ※ 72,253              ※ 63,093
         受取手形及び売掛金
                                         29,517              36,473
         原材料及び貯蔵品
                                         26,138              17,708
         その他
                                        968,741              937,452
         流動資産合計
       固定資産
                                            0            2,719
         有形固定資産
                                         39,877              40,888
         投資その他の資産
                                         39,877              43,608
         固定資産合計
                                       1,008,619               981,060
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         32,236              31,538
         買掛金
                                         40,000              40,000
         短期借入金
         未払法人税等                                 4,288              1,886
                                        142,652              140,268
         前受金
                                         50,036              36,753
         その他
                                        269,213              250,445
         流動負債合計
       固定負債
                                         15,150              15,150
         役員退職慰労引当金
                                         17,989              18,289
         退職給付引当金
                                         7,322              7,346
         資産除去債務
                                        274,621              274,686
         長期前受金
                                         6,604              5,704
         その他
                                        321,687              321,177
         固定負債合計
                                        590,901              571,623
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        283,755              283,755
         資本金
                                        204,038              204,038
         資本剰余金
                                        △ 57,138             △ 65,348
         利益剰余金
                                        △ 12,936             △ 13,007
         自己株式
                                        417,718              409,437
         株主資本合計
                                        417,718              409,437
       純資産合計
                                       1,008,619               981,060
      負債純資産合計
                                 10/16







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第1四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第1四半期累計期間               当第1四半期累計期間
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年6月30日)               至 2018年6月30日)
                                        172,996              159,529
      売上高
                                         81,382              76,180
      売上原価
                                         91,614              83,349
      売上総利益
                                        107,209               90,826
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 15,594              △ 7,477
      営業外収益
                                         5,013                -
       有価証券利息
                                           55               0
       雑収入
                                         5,068                0
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           106              108
       支払利息
                                           70              252
       為替差損
                                           699               -
       保険解約損
                                            -             126
       雑損失
                                           876              486
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 11,402              △ 7,963
      特別利益
                                         21,100                 -
       役員退職慰労引当金戻入額
                                         21,100                 -
       特別利益合計
      税引前四半期純利益又は税引前四半期純損失(△)                                    9,697             △ 7,963
      法人税、住民税及び事業税                                     945              177
                                          △ 90              68
      法人税等調整額
                                           855              245
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                    8,841             △ 8,209
                                 11/16











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期貸借対照表関係)
       ※ 当第1四半期会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、
        当第1四半期会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期会計期間末日満期手形が、四半期会計期間
        末日の残高に含まれております。
                                前事業年度               当第1四半期会計期間
                              (2018年3月31日)                 (2018年6月30日)
     受取手形                                 1,681千円                   747千円
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は、作成しておりません。なお、第1四半期累計
        期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は次のとおりであります。
                             前第1四半期累計期間                  当第1四半期累計期間
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2017年6月30日)                  至 2018年6月30日)
     減価償却費                                   -千円                 201千円
                                 12/16















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          前第1四半期累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年6月30日)
           当社の事業セグメントは、情報セキュリティソリューション事業のみの単一セグメントであり重要性が乏し
          いため、セグメント情報の記載を省略しております。
          当第1四半期累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)

           当社の事業セグメントは、情報セキュリティソリューション事業のみの単一セグメントであり重要性が乏し
          いため、セグメント情報の記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当た
        り四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期累計期間               当第1四半期累計期間
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                 至 2017年6月30日)               至 2018年6月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額又は
                                        2円20銭              △1円95銭
       1株当たり四半期純損失金額(△)
      (算定上の基礎)
       四半期純利益金額又は
                                          8,841              △8,209
       四半期純損失金額(△)(千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -
       普通株式に係る四半期純利益金額又は
                                          8,841              △8,209
       四半期純損失金額(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                4,025,877               4,213,195
                                                           -

     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   2円07銭
      (算定上の基礎)
       四半期純利益調整額(千円)                                     -               -

       普通株式増加数(株)                                 238,700                   -

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                     -               -
     式で、前事業年度末から重要な変動があったものの
     概要
      (注)当第1四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの
         1株当たり四半期純損失金額であるため、記載しておりません。
                                 13/16







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 14/16



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社アークン(E31977)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2018年8月13日

     株  式  会  社  ア ー ク ン

       取   締    役     会  御中
                              清流監査法人

                          代表社員

                                    公認会計士
                                            加悦 正史  印
                          業務執行社員
                          代表社員

                                    公認会計士
                                            安田 裕   印
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アー

     クンの2018年4月1日から2019年3月31日までの第18期事業年度の第1四半期会計期間(2018年4月1日から2018年
     6月30日まで)及び第1四半期累計期間(2018年4月1日から2018年6月30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわ
     ち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アークンの2018年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了す
     る第1四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかっ
     た。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。