株式会社fonfun 四半期報告書 第23期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第23期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社fonfun

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年8月13日
      【四半期会計期間】                    第23期第1四半期(自 平成30年4月1日 至 平成30年6月30日)
      【会社名】                    株式会社fonfun
      【英訳名】                    fonfun    corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  林 和之
      【本店の所在の場所】                    東京都渋谷区笹塚二丁目1番6号
      【電話番号】                    03(5365)1511(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役経営管理部部長  八田 修三
      【最寄りの連絡場所】                    東京都渋谷区笹塚二丁目1番6号
      【電話番号】                    03(5365)1511(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役経営管理部部長  八田 修三
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第22期           第23期
               回次               第1四半期           第1四半期            第22期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 平成29年4月1日           自 平成30年4月1日           自 平成29年4月1日

              会計期間
                           至 平成29年6月30日           至 平成30年6月30日           至 平成30年3月31日
                      (千円)            126,954           128,496           559,243
     売上高
     経常損失(△)                (千円)           △ 17,285           △ 8,578          △ 19,204

     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)           △ 17,957           △ 9,072          △ 24,695
     期)純損失(△)
                      (千円)           △ 17,957           △ 9,072          △ 24,695
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)            329,410           313,463           322,545

     純資産額
                      (千円)            641,823           662,963           629,380

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純損失
                      (円)            △ 6.36          △ 3.21          △ 8.75
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)             51.3           47.3           51.2
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、1株当たり四半期(当期)純損失であ
           り、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
       について、重要な変更はありません。
        また、主要な関係会社についても異動はありません。
        なお、当第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状況 
       1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
                                  2/18








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
       投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
       リスク」についての重要な変更はありません。
        当社グループは、前々連結会計年度36,121千円、前連結会計年度                               19,713   千円の営業損失を計上しております。継続

       的な営業損失が発生していることから、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在している
       と認識しております。
        当該状況を解消又は改善するために、平成27年12月に第三者割当増資により調達した資金を用いて事業拡大を図
       り、その結果、当連結会計年度において営業利益を計上する計画ではありますが、前連結会計年度においては営業損
       失を計上しており、業績回復の実現を確認するには平成31年3月以降となることから、その達成については、確実性
       を保証できるものではありません。
        したがって、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が存在することを否定できないと認識しておりま
       す。
        なお、当社グループは、前連結会計年度はSMS事業への先行投資に伴い営業キャッシュ・フローはマイナスになっ
       たものの、現預金は当第1四半期連結会計期間末において453,905千円であり、借入金の額277,929千円を考慮して
       も、今後の事業継続に直ちに影響はないものと考えております。四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成さ
       れており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判

       断したものであります。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)  財政状態及び経営成績の状況

         当社グループを取り巻く環境に関しては、スマートフォンが市場の中心となり、業界再編が続いております。平
        成30年3月末における携帯電話の契約数は1億7,009                        万 件(前年同期比4.1%増           総務省発表資料による)であり、大
        幅な契約数増加が見込めないなか、総務省主導による政策の影響もあり、携帯電話端末の価格と通信料のバランス
        が変化してきています。主要通信キャリア以外の仮想移動体通信事業者(MVNO)の存在感も増し、一契約あたりの
        売上高(ARPU)は微減を続け、コンテンツビジネスにも影響を及ぼしております。主要携帯通信キャリアが主導し
        てきたビジネスモデルは、今後も大きく変化していくことが予想されます。
         このような状況下、当社グループは、株式会社fonfunにて主力事業であるリモートメール事業の維持・拡大に努
        めつつ、連結子会社株式会社アドバンティブのシステム開発力を背景に、連結子会社株式会社FunFusionにて
        ショートメッセージ(SMS)を利用したサービスの機能強化と拡販を進めております。
         セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

         なお、当第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を変更しており、以下の前年同四半期比較につい
        ては、前年同四半期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。
                                  3/18







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
        ① リモートメール事業
          当第1四半期連結累計期間において、当社グループは、「リモートメール」の個人版サービス・法人版サービ
         スともに成長市場であるスマートフォン市場での拡販に努めました。
          「リモートメール」個人版サービスにつきましては、フィーチャーフォン契約者減少による売上の減少を補う
         ために、スマートフォン会員の獲得に注力いたしました。スマートフォンサービスを対象に、Webアフィリエイ
         トと携帯電話販売店舗における入会販促活動、                      顧客満足度とサービスの継続利用率を上げるための機能改善を継
         続して実施しております。
          「リモートメール」法人版サービスにつきましては、スマートフォンを含めたマルチデバイス化を進めた結
         果、法人版契約社数全体に対するスマートデバイスでの利用契約社数の割合が増加しております。お客様のニー
         ズに丁寧に対応し、新機能の追加や新たなオプションサービスを開発することで、お客様の獲得、解約防止、利
         用単価の向上を図りました。さらに、法人向けサービスとして開発した「リモートブラウズ」、「リモートカタ
         ログ」や他社から提供を受けている「リモート・ビュー(AnyClutch                               Remote)」、「リモート名刺(BizCompass)」
         など、リモートメール以外のスマートデバイス向けサービスの販売も強化しております。
          また、一部の携帯販売店にて販売している、当社子会社・株式会社FunFusionを販売元とする「モバイル活用
         パック」も引き続き、売上に寄与しております。
          上記の結果、リモートメール事業の売上高は66百万円(前年同期比9.0%減)、営業利益は29百万円(前年同
         期比20.3%増)となりました。
        ② SMS事業

          SMS事業はショートメッセージを利用した通知サービスであり、「らくらくナンバー」、「いけいけナン
         バー」、「いけいけナンバーAPI」と3つのサービスがあります。当第1四半期連結累計期間においては、営業を
         注力する業界の絞込み、導入企業と同業種への事例紹介や、既存のお客様からのご紹介、展示会への出展、新規
         代理店の開拓と連携強化などにより新規のお客様の獲得に努めました。また、平成30年3月に提供を始めたSMS
         を利用したアンケート収集システムも導入企業を増やしてつつあり、売上に寄与しております。
          上記の結果、SMS事業の売上高は29百万円(前年同期比60.3%増)、営業利益2百万円(前年同期比7.0%増)
         となりました。
        ③  受託開発ソフトウェア事業

          受託開発ソフトウェア事業は、コンピューターソフトウェア及びウェブシステムの設計、開発、販売等を行う
         事業であり、当社子会社・株式会社アドバンティブにて実施しております。
          受託開発ソフトウェア事業の売上高は21百万円(前年同期比16.4%増)、営業利益0百万円(前年同期比
         53.5%減)となりました。
        ④  メディア事業

          メディア事業は、平成30年3月に譲受けた事業であり、ウェブコンテンツ提供に伴うアフィリエイト広告収入
         を主な収益としております。
          メディア事業の売上高は11百万円(前年同期はなし)、営業利益1百万円(前年同期はなし)となりました。
        ⑤ その他

          その他の売上は、主にシステム保守によるものであり、売上高は2百万円(前年同期比23.9%減)、営業利益
         0百万円(前年同期比326.0%増)となりました。
         以上の結果、当第1四半期連結累計期間の経営成績は、売上高128百万円(前年同期比1.2%増)、営業損失7百

        万円(前年同期営業損失16百万円)、経常損失8百万円(前年同期経常損失17百万円)、親会社株主に帰属する四
        半期純損失9百万円(前年同期親会社株主に帰属する四半期純損失17百万円)となりました。
                                  4/18





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
       (2)  財政状態の分析
         当第1四半期連結会計期間末における総資産は662百万円となり、前連結会計年度末に比べ、33百万円の増加と
        なりました。その主な要因は、現金及び預金の増加30百万円、売掛金の増加5百万円、のれんの減少4百万円等で
        あります。
         負債の部は349百万円となり、前連結会計年度末に比べ42百万円増加しております。主な要因は、長期借入金の
        増加37百万円、一年内長期借入金の増加12百万円、短期借入金の減少7百万円、未払法人税等の減少7百万円等で
        あります。
         純資産は313百万円となり、前連結会計年度末に比べ9百万円の減少となっております。
       (3)  研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間の研究開発費の総額は、0百万円であります。
       (4)  重要事象等について

         当社グループは、前々連結会計年度36,121千円、前連結会計年度19,713千円の営業損失を計上しております。継
        続的な営業損失が発生していることから、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在して
        いると認識しております。
         当該状況を解消又は改善するために、前連結会計年度の営業損失の内訳をセグメントごとに検討した結果、SMS
        事業での利益確保が必要十分条件であると考え、以下の施策を実施してまいります。
        ①  継続利用策の強化

         解約が増加してきたため、解約を防止する継続利用策を強化する。
         送信したくても、手間がかかるので諦めているお客様を対象に、SMS送信をお手伝いするサービスを提供する。
        ②  システム強化
         より使いやすくするためにUIを継続的に改善する。
         お客様のシステムから送信指示を受け付ける仕組みを広げ、連携強化を計る。
         すでに提供を始めている、SMSを利用したアンケート集計システムのように、お客様のニーズから新商品開発を
         進め、順次発表していく。
        ③  知名度の向上
         展示会や業界紙、ウェブ広告を通じ、導入事例やSMSそのものの認知度を上げる。
         事例集やチラシを改訂することで、潜在顧客への訴求力を維持し、拡販につなげる。
         これらの施策を進めるため、平成27年12月に第三者割当増資により調達した資金を用い、その結果、当連結会

        計年度において営業利益を計上する計画であります。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、新たに決定又は締結した経営上の重要な契約等はありません。
                                  5/18








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                       8,500,000
                 普通株式
                                                       8,500,000
                  計
        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末            提出日現在発行数
                                    上場金融商品取引所名
               現在発行数(株)              (株)
        種類                            又は登録認可金融商品                 内容
              (平成30年6月30日)           (平成30年8月13日)             取引業協会名
                                      東京証券取引所
                                                単元株式数は100株であり
                                      JASDAQ
                   2,866,720           2,866,720
       普通株式
                                                ます。
                                     (スタンダード)
        計           2,866,720           2,866,720          -            -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
                  総数増減数        総数残高                      増減額        残高
         年月日
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成30年4月1日~
                       -    2,866,720           -    2,287,602           -     681,558
     平成30年6月30日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/18








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成30年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
        ①【発行済株式】

                                                  平成30年6月30日現在
                        株式数(株)          議決権の数(個)

            区分                                       内容
                          -           -              -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                     -           -              -
     議決権制限株式(その他)                     -           -              -

                      (自己保有株式)
                                             株主としての権利内容に制限のな
     完全議決権株式(自己株式等)                                -
                      普通株式            44,200                い標準となる株式
     完全議決権株式(その他)                普通株式        2,797,200             27,972
                                                   同上
                      普通株式            25,320         -
     単元未満株式                                              同上
                           2,866,720          -              -
     発行済株式総数
                          -              27,972           -
     総株主の議決権
      (注) 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が500株含まれております。また、
          「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数5個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年6月30日現在
                                                     発行済株式

                               自己名義        他人名義       所有株式数
                                                     総数に対する
      所有者の氏名
                              所有株式数        所有株式数         の合計
                  所有者の住所
                                                     所有株式数
       又は名称
                               (株)        (株)        (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
               東京都渋谷区笹塚2-1-6                  44,200       -        44,200          1.54
     株式会社fonfun
                     -            44,200       -        44,200          1.54
         計
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/18








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成30年4月1日から平
       成30年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年6月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、監査法人アヴァンティアによる四半期レビューを受けております。
                                  8/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        422,913              453,905
         現金及び預金
                                         84,065              89,557
         売掛金
                                           486             2,641
         仕掛品
                                           145               -
         繰延税金資産
                                           422              501
         短期貸付金
                                         16,494              15,841
         その他
                                         △ 225             △ 220
         貸倒引当金
                                        524,302              562,228
         流動資産合計
       固定資産
                                         11,895              11,117
         有形固定資産
         無形固定資産
                                           948              924
          商標権
                                           788              694
          ソフトウエア
                                         82,141              77,777
          のれん
                                         83,878              79,396
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         5,000              5,000
          投資有価証券
                                        784,486              784,036
          長期未収入金
                                         4,191              5,119
          その他
                                       △ 784,486             △ 784,036
          貸倒引当金
                                         9,191              10,119
          投資その他の資産合計
                                        104,965              100,633
         固定資産合計
       繰延資産
                                           111              101
         創立費
                                           111              101
         繰延資産合計
                                        629,380              662,963
       資産合計
                                  9/18










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         11,943               9,950
         買掛金
                                         50,000              42,500
         短期借入金
                                         49,971              62,214
         1年内返済予定の長期借入金
                                         19,938              23,504
         未払金
                                         11,458               3,848
         未払法人税等
                                         11,652              16,875
         その他
                                        154,964              158,893
         流動負債合計
       固定負債
                                        135,380              173,215
         長期借入金
                                         16,490              17,391
         退職給付に係る負債
                                        151,870              190,606
         固定負債合計
                                        306,834              349,499
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       2,287,602              2,287,602
         資本金
                                        681,558              681,558
         資本剰余金
                                      △ 2,472,357             △ 2,481,430
         利益剰余金
                                       △ 174,258             △ 174,267
         自己株式
                                        322,545              313,463
         株主資本合計
                                        322,545              313,463
       純資産合計
                                        629,380              662,963
      負債純資産合計
                                 10/18












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
                                        126,954              128,496
      売上高
                                         54,813              42,403
      売上原価
                                         72,141              86,092
      売上総利益
                                         88,702              93,254
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 16,561              △ 7,162
      営業外収益
                                            7              33
       受取利息
                                           -              570
       助成金収入
                                           450              450
       貸倒引当金戻入額
                                           371               42
       その他
                                           828             1,096
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         1,141              1,301
       支払利息
                                           400               -
       株式交付費
                                           -             1,200
       解約手数料
                                           11              10
       その他
                                         1,553              2,512
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 17,285              △ 8,578
      特別損失
                                           -              21
       固定資産除却損
                                           -              21
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 17,285              △ 8,599
      法人税、住民税及び事業税                                     658              327
                                           13              145
      法人税等調整額
                                           672              473
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 17,957              △ 9,072
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 17,957              △ 9,072
                                 11/18










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
                                        △ 17,957              △ 9,072
      四半期純損失(△)
                                        △ 17,957              △ 9,072
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 17,957              △ 9,072
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
          当社グループは、前々連結会計年度36,121千円、前連結会計年度19,713千円の営業損失を計上しております。
         継続的な営業損失が発生していることから、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在
         していると認識しております。
          当該状況を解消又は改善するために、前連結会計年度の営業損失の内訳をセグメントごとに検討した結果、
         SMS事業での利益確保が必要十分条件であると考え、以下の施策を実施してまいります。
         ①  継続利用策の強化

          解約が増加してきたため、解約を防止する継続利用策を強化する。
          送信したくても、手間がかかるので諦めているお客様を対象に、SMS送信をお手伝いするサービスを提供す
          る。
         ②  システム強化
          より使いやすくするためにUIを継続的に改善する。
          お客様のシステムから送信指示を受け付ける仕組みを広げ、連携強化を計る。
          すでに提供を始めている、SMSを利用したアンケート集計システムのように、お客様のニーズから新商品開発
          を進め、順次発表していく。
         ③  知名度の向上
          展示会や業界紙、ウェブ広告を通じ、導入事例やSMSそのものの認知度を上げる。
          事例集やチラシを改訂することで、潜在顧客への訴求力を維持し、拡販につなげる。
          これらの施策を進めるため、平成27年12月に第三者割当増資により調達した資金を用い、その結果、当連結会

         計年度において営業利益を計上する計画ではありますが、前連結会計年度においては営業損失を計上しており、
         業績回復の実現を確認するには平成31年3月以降となることから、その達成については、確実性を保証できるも
         のではありません。
          したがって、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が存在することを否定できないと認識してお
         ります。
          なお、当社グループは、前連結会計年度はSMS事業への先行投資に伴い営業キャッシュ・フローはマイナスに
         なったものの、       現預金は当第1四半期連結会計期間末において453,905千円であり、借入金の額277,929千円を考
         慮しても、今後の事業継続に直ちに影響はないものと考えております。                                 四半期連結財務諸表は継続企業を前提と
         して作成されており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響を四半期連結財務諸表に反映しておりませ
         ん。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                            (自 平成29年4月1日                  (自 平成30年4月1日
                             至 平成29年6月30日)                  至 平成30年6月30日)
     減価償却費                                1,972千円                  1,267千円
                                         -
     のれんの償却額                                                  4,163千円
                                 13/18






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                             報告セグメント
                                                  その他
                                                        合計
                                                  (注)
                 リモート            データエント      受託開発ソフ
                        SMS事業                    計
                 メール事業             リー事業     トウェア事業
     売上高

                   73,266      18,342      15,604      16,389      123,602       3,352     126,954
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     -      -      -     1,674      1,674        -     1,674
      売上高又は振替高
                   73,266      18,342      15,604      18,064      125,277       3,352     128,629
          計
     セグメント利益又は損
                   24,819       2,302     △ 5,738       793     22,176        31    22,207
     失(△)
      (注) 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主にシステム保守業務等を含んで
          おります。
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の

            主な内容(差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                  利益                            金額

                                                         22,176

     報告セグメント計
                                                           31
     「その他」の区分の利益
                                                          300
     セグメント間取引消去
     全社費用(注)                                                  △39,068
     四半期連結損益計算書の営業損失(△)                                                  △16,561

      (注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はありません。
           4.報告セグメントの変更等に関する事項

             当第1四半期連結会計期間から、「その他」に含まれていた「受託開発ソフトウェア事業」について量
            的な重要性が増したため報告セグメントとして記載する方法に変更しております。
             なお、前第1四半期連結累計期間のセグメント情報は、当第1四半期連結累計期間の報告セグメントの
            区分に基づき作成したものを開示しております。
                                 14/18






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年6月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                             報告セグメント
                                                  その他
                                                        合計
                                                  (注)
                 リモート            受託開発ソフ
                        SMS事業            メディア事業         計
                 メール事業            トウェア事業
     売上高

                   66,679      29,401      18,795      11,069      125,945       2,550     128,496
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     -      -     2,236        -     2,236        -     2,236
      売上高又は振替高
                   66,679      29,401      21,031      11,069      128,182       2,550     130,732
          計
     セグメント利益又は損
                   29,864       2,464       368     1,353      34,050        132     34,183
     失(△)
      (注) 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主にシステム保守業務等を含んで
          おります。
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の

            主な内容(差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                  利益                            金額

                                                         34,050

     報告セグメント計
                                                          132
     「その他」の区分の利益
                                                           0
     セグメント間取引消去
     全社費用(注)                                                  △41,345
     四半期連結損益計算書の営業損失(△)                                                   △7,162

      (注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はありません。
           4.報告セグメントの変更等に関する事項

             平成30年3月に、「データエントリー事業」を運営していた連結子会社の全株式の売却、及びメディア
            事業の譲受を実施したことに伴い、当第1四半期連結会計期間から、報告セグメントを従来「リモート
            メール事業」「SMS事業」「データエントリー事業」「受託開発ソフトウェア事業」の4区分から「リモー
            トメール事業」「SMS事業」「受託開発ソフトウェア事業」「メディア事業」の4区分に変更しておりま
            す。
                                 15/18







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                項目
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
     1株当たり四半期純損失金額(△)

                                        △6円36銭               △3円21銭
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)
                                        △17,957                △9,072
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -
      普通株式に係る       親会社株主に帰属する四半期純損
                                        △17,957                △9,072
      失金額(△)      (千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 2,822,844               2,822,512
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、                               1株当たり四半期純損失金額であり、また、                     潜在株
          式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 16/18













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社fonfun(E05302)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年8月13日

     株式会社fonfun
      取締役会 御中
                        監査法人アヴァンティア

                         代表社員

                                    公認会計士
                                           小笠原    直            印
                         業務執行社員
                         業務執行社員           公認会計士

                                           戸 城  秀 樹            印
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社fon

     funの平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成30年4月1日から
     平成30年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年6月30日まで)に係る四半期連結
     財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半
     期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社fonfun及び連結子会社の平成30年6月30日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
     重要な点において認められなかった。
     強調事項
      「継続企業の前提に関する事項」に記載されているとおり、会社は、前々連結会計年度において36,121千円、前連結会
     計年度において19,713千円の営業損失を計上し、当第1四半期連結累計期間においても営業損失7,162千円を計上してい
     る状況にある。当該状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しており、現時点では継続
     企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由
     については当該注記に記載されている。四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な
     不確実性の影響は四半期連結財務諸表に反映されていない。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 18/18





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。