中央魚類株式会社 四半期報告書 第72期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第72期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

提出日:

提出者:中央魚類株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年8月14日
      【四半期会計期間】                    第72期第1四半期(自 平成30年4月1日 至 平成30年6月30日)
      【会社名】                    中央魚類株式会社
      【英訳名】                    Chuo   Gyorui    Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    取締役会長  伊藤 裕康
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区築地5丁目2番1号
      【電話番号】                    東京(03)3542-9693
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役執行役員管理本部本部長 三田 薫
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区築地5丁目2番1号
      【電話番号】                    東京(03)3542-9693
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役執行役員管理本部本部長 三田 薫
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第71期           第72期
               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第71期
                              累計期間           累計期間
                              自平成29年           自平成30年           自平成29年

                               4月1日            4月1日            4月1日
              会計期間
                              至平成29年           至平成30年           至平成30年
                               6月30日            6月30日            3月31日
                     (百万円)             49,717           46,797           199,915
     売上高
                     (百万円)               383           182          1,111

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期

                     (百万円)               186            80           327
     (当期)純利益
                     (百万円)               847          △ 163           713
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             25,151           24,572           25,063

     純資産額
                     (百万円)             63,187           66,868           65,595

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)             46.80           20.16           81.91
     益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益金額
                      (%)             34.9           31.8           33.1
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税と地方消費税が含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
         4.平成29年10月1日付で株式併合(普通株式10株を1株に併合)を実施いたしました。
           これに伴い第71期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額を算定
           しております。
      2【事業の内容】

         当第1四半期連結累計期間において、当社の企業集団における事業の内容について重要な変更や主要な関係会社
        における異動はありません。
                                  2/16








                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
        (1)業績の状況

          当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、高水準の企業収益や雇用、所得環境の改善により緩やか
         な回復基調が持続していますが、米国トランプ政権の通商政策による混乱や中国経済の下振れリスクもあり、
         先行き不透明な状況となっております。
          当社グループが水産物卸売事業の拠点としてきた築地市場は今年10月11日に豊洲市場に移転いたしますが、
         当社は完全閉鎖型、高床式、適切な温度管理など、より優れた衛生環境が施された同市場の特徴を最大限に生
         かせる事業展開を目指す所存です。
          このような状況のもと、当社グループは、水産物の不安定な水揚げにより売上高は46,797百万円(前年同期比
         5.9%減)となり、集荷販売経費、人件費等の削減に努めたものの、売上総利益の減少により営業利益は163百万
         円(前年同期比39.3%減)、経常利益182百万円(前年同期比52.3%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は80
         百万円(前年同期比56.9%減)となりました。
         セグメントの業績は次のとおりであります。

          水産物卸売事業における売上高は、カツオなどの季節商材や輸入水産物の減少により45,392百万円(前年同
         期比5.9%減)となり、集荷販売費等は減少したものの売上総利益の減少により営業利益は26百万円の赤字(前
         年同期は27百万円の黒字)となりました。
          冷蔵倉庫事業における売上高は、保管料売上や荷役料売上が減少したため1,212百万円(前年同期比6.4%
         減)となり営業利益は71百万円(前年同期比55.5%減)となりました。
          不動産賃貸事業における売上高は稼働率が高水準で維持した結果、123百万円(前年同期比23.0%増)となり
         営業利益は102百万円(前年同期比64.9%増)となり、荷役事業における売上高は69百万円(前年同期比10.7%
         減)、営業利益は17百万円(前年同期比11.5%減)となりました。
        (2)財政状態の分析

          当第1四半期連結会計期間末の資産合計は、売掛金や商品が減少する一方、有形固定資産の増加等により、
         最終、前期末に比べ1,272百万円増の66,868百万円となりました。
          負債合計につきましては買掛金や未払法人税等が減少する一方、借入金の増加等があり、前期末と比べ1,763
         百万円増の42,295百万円となりました。
           純資産合計は、前年同期比491百万円減少し、24,572百万円となりました。これは主に、利益剰余金とその
          他有価証券評価差額金の減少によるものです。
        (3)経営方針・経営戦略等

           当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更
          はありません。
        (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

           当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
        (5)研究開発活動

           該当事項はありません。
                                  3/16





                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
         当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                            6,240,000

                  計                           6,240,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間             提出日現在         上場金融商品取引所
        種類      末現在発行数(株)             発行数(株)         名又は登録認可金融                内容
              (平成30年6月30日)           (平成30年8月14日)           商品取引業協会名
                                              完全議決権株式であり、権
                                              利内容に何ら限定のない当
                                     東京証券取引所
       普通株式          4,315,300           4,315,300                   社における標準となる株式
                                     (市場第二部)
                                              で、単元株式数は100株であ
                                              ります。
         計        4,315,300           4,315,300            -             -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                               (百万円)        (百万円)
                 (株)        (株)                      (百万円)        (百万円)
     平成30年4月1日~
                    -    4,315,300           -      2,995         -      1,337
     平成30年6月30日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/16






                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】

          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
         記載することができないことから、直前の基準日(平成30年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしており
         ます。
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年3月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                             -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                             -            -            -

      議決権制限株式(その他)                             -            -            -

                                                 権利内容に何ら限定
                                                 のない当社における
                               普通株式
      完全議決権株式(自己株式等)                                        -   標準となる株式で、
                                320,200
                                                 単元株式数は100株で
                                                 あります。
                               普通株式
      完全議決権株式(その他)                                      39,789         同上
                               3,978,900
                               普通株式
      単元未満株式                                        -       同上
                                16,200
      発行済株式総数                         4,315,300               -            -
      総株主の議決権                             -          39,789              -

        ②【自己株式等】

                                                  平成30年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又                   自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の
                所有者の住所                                   対する所有株式数
        は名称                 株式数(株)         株式数(株)         合計(株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)

               東京都中央区築地
     中央魚類株式会社                       320,200           -      320,200           7.42
               5-2-1
         計          -         320,200           -      320,200           7.42
      2【役員の状況】

          該当事項はありません。
                                  6/16







                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成30年4月1日から平
       成30年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年6月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、監査法人和宏事務所による四半期レビューを受けております。
                                  7/16

















                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         6,319              6,244
         現金及び預金
                                         13,950              13,668
         受取手形及び売掛金
                                         1,188              1,011
         前渡金
                                         7,115              6,862
         商品及び製品
                                           20              21
         原材料及び貯蔵品
                                         1,847              1,080
         預け金
                                            0              0
         短期貸付金
                                           849              597
         その他
                                         △ 737             △ 761
         貸倒引当金
                                         30,553              28,726
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               15,070              15,116
          機械装置及び運搬具(純額)                               1,747              1,808
                                         5,431              5,729
          土地
          リース資産(純額)                                479              453
                                           15             2,977
          建設仮勘定
                                           245              240
          その他(純額)
                                         22,988              26,325
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           141              134
          のれん
                                         2,101              2,101
          借地権
                                           223              265
          その他
                                         2,467              2,501
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         8,235              8,002
          投資有価証券
                                           340              333
          長期貸付金
                                           309              311
          差入保証金
                                           192              189
          繰延税金資産
                                           577              546
          退職給付に係る資産
                                           561              551
          その他
                                         △ 630             △ 619
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                               9,585              9,314
                                         35,042              38,141
         固定資産合計
                                         65,595              66,868
       資産合計
                                  8/16







                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         11,790              11,299
         支払手形及び買掛金
                                         10,120               8,930
         短期借入金
                                           734              832
         1年内返済予定の長期借入金
                                           378               64
         未払法人税等
                                           168               75
         賞与引当金
                                           11              -
         役員賞与引当金
                                           23              23
         本社移転損失引当金
                                         1,967              1,948
         その他
                                         25,194              23,174
         流動負債合計
       固定負債
                                         11,245              14,974
         長期借入金
                                           204              225
         長期未払金
                                         1,377              1,349
         繰延税金負債
         役員退職慰労引当金                                  23               5
                                         1,527              1,618
         退職給付に係る負債
                                           960              947
         その他
                                         15,337              19,120
         固定負債合計
                                         40,532              42,295
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         2,995              2,995
         資本金
                                         1,348              1,348
         資本剰余金
                                         15,115              14,956
         利益剰余金
                                         △ 694             △ 694
         自己株式
                                         18,765              18,606
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         2,979              2,773
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 44             △ 125
         退職給付に係る調整累計額
                                         2,935              2,648
         その他の包括利益累計額合計
                                         3,362              3,318
       非支配株主持分
                                         25,063              24,572
       純資産合計
                                         65,595              66,868
      負債純資産合計
                                  9/16









                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
      売上高                                   49,717              46,797
                                         46,898              44,211
      売上原価
                                         2,818              2,586
      売上総利益
                                         2,549              2,422
      販売費及び一般管理費
                                           268              163
      営業利益
      営業外収益
                                            5              6
       受取利息
                                           104               95
       受取配当金
                                           43              42
       その他
                                           153              144
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           37              24
       支払利息
                                           -              100
       借入手数料
                                            2              0
       その他
                                           39              125
       営業外費用合計
                                           383              182
      経常利益
      特別利益
                                           -               ▶
       受取補償金
                                           -               ▶
       特別利益合計
                                           383              187
      税金等調整前四半期純利益
                                           128               64
      法人税等
                                           254              122
      四半期純利益
                                           67              41
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                           186               80
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/16











                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
                                           254              122
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           564             △ 204
       その他有価証券評価差額金
                                           28             △ 81
       退職給付に係る調整額
                                           592             △ 286
       その他の包括利益合計
                                           847             △ 163
      四半期包括利益
      (内訳)
                                           771             △ 207
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           75              43
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
        (税金費用の計算)
          税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
         適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半期連
        結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
        債の区分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         偶発債務
          平成29年11月1日、当社は東京都千代田区神田1丁目1番12号に所在する全国漁業協同組合連合会より、不当
         利得返還請求等事件(総額             95百万円)として、平成29年10月30日付訴状を受け取りました。                               本訴訟提起に対
         し、現在係争中でありますが、当社の正当性が全面的に受け容れられるものと判断しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四
        半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額
        は、次のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                            (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
                             至 平成29年6月30日)                 至 平成30年6月30日)
      減価償却費                              283百万円                 272百万円
      のれんの償却額                                0                 7
        (株主資本等関係)

         Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
           配当に関する事項
           配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり
                  株式の種類                      基準日        効力発生日       配当の原資
                        (百万円)      配当額(円)
        (決議)
         平成29年6月29日
                  普通株式            279      7.0  平成29年3月31日         平成29年6月30日         利益剰余金
         定時株主総会
         (注)平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。平成29年3月期の1
         株当たり配当額については、当該株式併合前の実際の配当額を記載しております。
         Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年6月30日)

           配当に関する事項
           配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり
                  株式の種類                      基準日       効力発生日       配当の原資
                         (百万円)      配当額(円)
        (決議)
         平成30年6月28日
                  普通株式            239      60.0   平成30年3月31日        平成30年6月29日         利益剰余金
         定時株主総会
                                 12/16





                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                報告セグメント
                                                      四半期連結
                                                  調整額
                                                      損益計算書
                        水産物     冷蔵倉庫      不動産
                                                  (注)1
                                       荷役事業       計
                                                      計上額(注)2
                       卸売事業      事業    賃貸事業
          売  上  高
                        48,244      1,295      100      77   49,717       -    49,717
           外部顧客への売上高
           セグメント間の内部の売
                           3     68     45     99     217    △ 217       -
           上高又は振替高
                        48,247      1,363      145     177    49,934      △ 217     49,717
               計
                          27     160      62     19     269     △ 0     268
          セグメント利益
         (注)1.セグメント利益の調整額△0百万円は、セグメント間取引消去の金額であります。
            2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年6月30日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                報告セグメント                      四半期連結
                                                  調整額
                                                      損益計算書
                        水産物     冷蔵倉庫      不動産
                                                  (注)1
                                       荷役事業       計
                                                      計上額(注)2
                       卸売事業      事業    賃貸事業
          売  上  高
                        45,392      1,212      123      69   46,797       -    46,797
           外部顧客への売上高
           セグメント間の内部の売
                           3     66     36     100     207    △ 207       -
           上高又は振替高
                        45,395      1,278      159     170    47,004      △ 207     46,797
               計
          セグメント利益又は損失
                         △ 26     71     102      17     164     △ 0     163
          (△)
         (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△0百万円は、セグメント間取引消去の金額であります。
            2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 13/16








                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                 46円80銭               20円16銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                         186                80
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                         186                80
       利益金額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                 3,995               3,995
     (注)1.当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度
         の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
        2.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
      2【その他】

         該当事項はありません。
                                 14/16












                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                       中央魚類株式会社(E02566)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年8月10日

     中央魚類株式会社

      取締役会 御中

                              監査法人  和宏事務所

                               代表社員

                                      公認会計士
                                              大塚 尚吾  印
                               業務執行社員
                               業務執行社員        公認会計士

                                              小澤 公一  印
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている中央魚類株式会

     社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成30年4月1日から平成
     30年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年6月30日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書                              、四半期連結包括利益計算書             及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、中央魚類株式会社及び連結子会社の平成30年6月30日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要
     な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。