日本エマージェンシーアシスタンス株式会社 四半期報告書 第16期第2四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第16期第2四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

提出日:

提出者:日本エマージェンシーアシスタンス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年8月10日
      【四半期会計期間】                    第16期第2四半期(自 平成30年4月1日 至 平成30年6月30日)
      【会社名】                    日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      【英訳名】                    Emergency     Assistance      Japan   Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 吉田 一正
      【本店の所在の場所】                    東京都文京区小石川一丁目21番14号
      【電話番号】                    03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長 前川 義和 
      【最寄りの連絡場所】                    東京都文京区小石川一丁目21番14号
      【電話番号】                    03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長 前川 義和
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/22













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第15期           第16期
               回次               第2四半期           第2四半期            第15期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自  平成29年1月1日          自  平成30年1月1日          自  平成29年1月1日
              会計期間
                           至  平成29年6月30日          至  平成30年6月30日          至  平成29年12月31日
                      (千円)           1,279,493           1,391,511           2,567,022
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)           △ 13,775           63,129           38,912
     親会社株主に帰属する四半期(当
     期)純利益又は親会社株主に帰属                (千円)           △ 15,295           44,474           25,255
     する四半期純損失(△)
                      (千円)           △ 17,922           33,095           34,523
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)            696,260           772,691           750,376
     純資産額
                      (千円)           2,196,451           2,267,618           2,119,492
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
     金額又は1株当たり四半期純損失                 (円)            △ 6.21           18.00           10.25
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -          17.71           10.05
     (当期)純利益金額
                      (%)             30.8           33.2           34.5
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            182,934           131,141           151,098
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 89,632          △ 32,145          △ 183,994
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            10,203          △ 120,315           △ 24,121
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           1,049,290            866,158           894,481
     (期末)残高
                               第15期           第16期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自  平成29年4月1日          自  平成30年4月1日
              会計期間
                           至  平成29年6月30日          至  平成30年6月30日
     1株当たり四半期純利益金額又は
                                              10.68
     1株当たり四半期純損失金額                 (円)            △ 8.08
     (△)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          おりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.第15期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在す
          るものの1株当たり四半期純損失金額であるため、記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
                                  2/22



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
       ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
       のリスク」についての重要な変更はありません。
        なお、重要事象等は存在しておりません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当第2四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会
        社)が判断したものであります。
       (1)業績の状況

         当社グループの主要事業の業績に影響を与える海外出国者数につきましては、4月は1,356千人(前年同月比
        9.9%増)、5月は1,383千人(前年同月比5.0%増)、6月は1,421千人(前年同月比6.4%増)と対前年同期比で
        増加となりました(日本政府観光局(JNTO)調べ、6月はJNTO推計値)。
         海外からの訪日外客数は、4月は2,900千人(前年同月比12.5%増)、5月は2,675千人(前年同月比16.6%
        増)、6月は2,704千人(前年同月比15.3%増)と前年と比較して大幅に増加しています(日本政府観光局
        (JNTO)調べ、5、6月はJNTO推計値)。
         海外における日本人顧客向けの医療アシスタンスサービスにとって海外出国者数の増加は好環境であり、海外
        旅行保険の付帯サービス、事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシス
        タンスサービスの提供は堅調に推移しました。
         また、外国人患者受入を実施する国際医療事業についても外国人受入医療機関の増加を受けてサービス提供数
        は増加しております。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は1,391百万円(前年同期比8.8%増)と増収になりました。
         費用につきましては、業容拡大に伴う要員増と設備への追加投資により増加し、当第2四半期連結累計期間の
        売上原価は1,038百万円(前年同期比4.2%増)、販売費及び一般管理費が281百万円(前年同期比0.2%増)となり、
        営業利益は72百万円(前年同期比2,516.4%増)、経常利益は63百万円(前年同期は経常損失13百万円)、親会社株
        主に帰属する四半期純利益は44百万円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失15百万円)となりました。
         セグメントの状況は次のとおりであります。
        (医療アシスタンス事業)
        (ⅰ)海外旅行保険の付帯サービス
         海外旅行保険の付帯サービスに関しましては、海外出国者数の増加という好環境にも恵まれ、売上が前年同期
        比で10%以上のプラスとなりました。
        (ⅱ)事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシスタンスサービス
         当社は医療アシスタンスサービスとセキュリティ・アシスタンスサービスの両サービスを企業・大学に提供し
        ております。企業・法人は海外での危機管理対応のため、サービスの利用が増え、売上高は増加しました。
         救急救命アシスタンス事業は、三次元物理探査船運航への医療支援業務や官公庁受注業務を着実に実施するこ
        とで売上は堅調に推移しました。
         救急救命士や看護師が現地プラント、僻地サイトに常駐して現地医療体制を構築し、緊急時の救急対応に加
        え、日常の健康見守りを実施して傷病の発生を未然に防止するプロジェクト型の救急救命アシスタンスサービスを
        これまで官公庁事業で提供してきましたが、近年本サービスの推進体制を強化し、広く民間企業への提供を働きか
        けています。この結果、こちらのサービスへの引き合いも増加しております。
        (ⅲ)国際医療事業
         国際医療事業につきましては、患者受入環境の好転と相まって患者受入数は増加しました。
         また、日本国内における海外からの訪日外客数の増加に伴い、外国人に病気や怪我など不測の事態が起こった
        場合のスムーズな医療提供が大きな課題となりつつあります。今後は官公庁・保険会社等と協力しながら緊急対応
        型医療アシスタンスの需要の取り込みを実施してまいります。
         7月末には日本病院会から電話での医療通訳サービスを受託しました。また8月からは医療機関と外国人患者
        のコーディネート業務等を実施する「ホスピタルアシスト」を提供しております。
         当セグメントの費用に関しましては、ビジネス拡大により、設備投資が増加しました。また昨今の人手不足に
        よる採用コスト増や中国子会社の新北京センター移転に伴う経費増等がありました。
         これらの結果、医療アシスタンス事業の売上高は1,147百万円(前年同期比9.3%増)、セグメント利益は218百
        万円(前年同期比40.1%増)となりました。
                                  3/22

                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
         (ライフアシスタンス事業)
         ライフアシスタンス事業につきましては引き続き順調で、一部新規サービスの実施もあり、売上高は堅調に推
        移しました。
         一方で増大する顧客対応業務に対応するため人員採用を進め人件費は増加しました。
         この結果、ライフアシスタンス事業の売上高は244百万円(前年同期比6.2%増)、セグメント利益は60百万円
        (前年同期比16.6%増)となりました。
       (2)財政状態に関する説明

         ①資産、負債及び純資産の状況
         当第2四半期連結会計期間末の総資産につきましては、前連結会計年度末に比べ148百万円増加し、2,267百万
        円となりました。
         主な増減要因としては、立替金192百万円の増加、現金及び預金31百万円の減少、仕掛金22百万円の減少があり
        ました。
         負債につきましては、前連結会計年度末に比べ125百万円増加し、1,494百万円となりました。主な増減要因と
        しては、前受収益142百万円の増加、未払法人税等21百万円の増加、短期借入金80百万円の減少、1年内返済予定の
        長期借入金21百万円の減少がありました。
         純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ22百万円増加し772百万円となりました。これは主に、親会社
        株主に帰属する四半期純利益が44百万円発生し、為替換算調整勘定が11百万円減少し、前連結会計年度分の配当金
        の支払いのために資本剰余金が12百万円減少したことによるものであります。
         ②キャッシュ・フローの状況
         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度末に比べ28百万円減少
        し、866百万円となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは、131百万円の収入(前2四半期連結
        累計期間は182百万円の収入)となりました。この主な要因は、税金等調整前四半期純利益を62百万円計上しまし
        たが、減価償却費を40百万円計上したことに加え、前受収益142百万円の増加、前受金64百万円の増加、立替金192
        百万円の増加によるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは、32百万円の支出(前2四半期連結
        累計期間は89百万円の支出)となりました。
         この主な要因は、海外センターオフィス移転等に係る有形固定資産の取得による支出36百万円によるものであ
        ります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは、120百万円の支出(前2四半期連結
        累計期間は10百万円の収入)となりました。この主な要因は、短期借入金の返済による支出80百万円、長期借入金
        の返済による支出29百万円、配当金の支払による支出が12百万円あったことによるものであります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
        に生じた課題はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  4/22






                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                  8,304,000

                  計                                8,304,000

        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                       又は登録認可金融商品               内容
                           (平成30年8月10日)
               (平成30年6月30日)                          取引業協会名
                                                   完全議決権株式であ
                                                   り、権利内容に何ら
                                         東京証券取引所
                                                   限定のない当社にお
       普通株式             2,471,600            2,471,600        JASDAQ
                                                   ける標準となる株式
                                        (スタンダード)
                                                   で、単元株式数は
                                                   100株であります。
         計            2,471,600            2,471,600           -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、平成30年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は含まれておりません。
                                  5/22













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
      当第2四半期会計期間において発行した新株予約権は、次のとおりであります。
      決議年月日                                    平成30年5月18日
      新株予約権の数(個)                                      100(注)1
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                       -
      新株予約権の目的となる株式の種類                                      普通株式
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                     10,000(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                     1,043   (注)2

                                         自   平成32年5月22日

      新株予約権の行使期間
                                         至   平成40年2月29日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の                                    発行価格  1,043
      発行価格及び資本組入額(円)                                    資本組入額       522
                                 ⅰ  本新株予約権の割当てを受けた者(以下、「新株予
                                 約権者」という。)は、本新株予約権の行使時まで継続
                                 して、当社の取締役、使用人又はこれに準ずる地位を有
                                 していることを要する。任期満了による退任または定年
      新株予約権の行使の条件
                                 退職の場合はこの限りではない。
                                 ⅱ  新株予約権者が死亡した場合、その者の相続人は本
                                 新株予約権を行使することができない。
                                 譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                 会の承認を要するものとする。
                                              -

      代用払込みに関する事項
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                      (注)3
      (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。
        2.新株予約権の行使時の払込金額は次の通りであります。
          新株予約権を割り当てる日(以下「割当日」という。)後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の
          算式により新株予約権の行使時の1株当たり払込金額(以下「行使価額」という。)を調整し、調整の結果
          生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                    1
                   =          ×
          調整後行使価額          調整前行使価額
                               分割または併合の比率
          また、当社が時価を下回る価額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使
          価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                          新規発行株式数×1株当たり払込金額
                      既発行
                         +
           調整後      調整前
                     株式数
               =      ×
                                1株当たり時価
          行使価額      行使価額
                         既発行株式数       +  新規発行株式数
          上記算式において、「既発行株式数」とは当社の発行済普通株式総数から当社が保有する自己株式数を控除
          した数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」
          を「1株当たり処分金額」に読み替えるものとする。
          さらに、当社が合併等を行う場合、株式の無償割当てを行う場合、その他上記の行使価額の調整を必要とす
          る場合には、合併等の条件、株式の無償割当ての条件等を勘案のうえ、合理的な範囲内で行使価額を調整す
          るものとする。
        3.  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項は次の通りであります。
          当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生の直前
          において残存する新株予約権の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イか
          らホまでに掲げる会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交
          付するものとする。この場合において、組織再編行為の効力発生の直前において残存する新株予約権は消滅
          するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を吸収合併契約、新
          設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るも
          のとする。
          イ 交付する再編対象会社の新株予約権の数
                                  6/22

                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
           組織再編行為の効力発生の直前において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付するものとする。
          ロ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
          ハ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記「株式の数」に準じて決定する。
          ニ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、
          調整した再編後の払込金額に本新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られる金額とする。
          ホ 新株予約権を行使することができる期間
           上記「新株予約権の行使期間」に定める本新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行
          為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、上記「新株予約権の行使期間」に定める本新株予約権を行使す
          ることができる期間の満了日までとする。
          ヘ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
          1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたとき
          は、その端数を切り上げる。
           本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、前記の資本金等増加
          限度額から前記に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          ト 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
          る。
          チ 新株予約権の行使の条件
           ⅰ本新株予約権の割当てを受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、本新株予約権の行使時まで継
          続して、当社の取締役、使用人またはこれに準ずる地位を有していることを要する。任期満了による退任ま
          たは定年退職の場合はこの限りではない。
           ⅱ新株予約権者が死亡した場合、その者の相続人は本新株予約権を行使することができない。
          リ 新株予約権の取得事由
           当社が消滅会社となる合併についての合併契約書、当社が完全子会社となる株式交換についての株式交換
          契約書または株式移転についての株式移転計画書、当社が分割会社となる会社分割についての吸収分割契約
          書または新設分割計画書の議案について株主総会の承認決議がなされた場合には、当社は、新株予約権の全
          部または一部を無償で取得することができるものとする。ただし、新株予約権の一部を取得する場合には取
          締役会の決議によって取得する新株予約権を決定するものとする。
          ヌ 新株予約権の行使により発生する端株の切捨て
           新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数がある場合には、これを切り捨てるものとする。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
                                  7/22







                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式総        発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日         数増減数       総数残高                       増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                     (千円)       (千円)
                                         304,489
     平成30年6月30日                 -    2,471,600           -               -     90,489
       (6)【大株主の状況】

                                                  平成30年6月30日現在

                                                     発行済株式総数
                                              所有株式       に対する所有株
            氏名又は名称                      住所
                                              数(株)        式数の割合
                                                       (%)
                                               802,000          32.45
     吉田 一正                     東京都世田谷区
                          1ST  FLOOR.    KINGS   COURT,    BAY  STREET
     ヴァンタークルーズヘルスサービスインク
                          PO  BOX  N-3944,NASSAU,BAHAMAS                   294,400          11.91
     (常任代理人 吉田 一正)
                          (東京都世田谷区)
                                               121,200          4.90
     白水 秀樹                     東京都江戸川区
                                                78,400          3.17
     カブドットコム証券株式会社                     東京都千代田区大手町1丁目3番2号
                                                78,200          3.16
     近藤 仁                     東京都八王子市
                                                37,600          1.52
     楽天証券株式会社                     東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
                                                20,900          0.85
     株式会社SBI証券                     東京都港区六本木1丁目6番1号
                          東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番
                                                19,900          0.81
     日本証券金融株式会社
                          10号
                          Richmond,     VA,  U.S.A.               19,200          0.78
     ア-ル・スティ-ブン・ジェイ
                                                17,600          0.71
     金子登                     東京都中野区
                                  -            1,489,400           60.26
               計
     (注)持株比率は自己株式(148株)を控除して計算しております。
                                  8/22










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年6月30日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                        -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                           普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                             100
                                                権利内容に何ら限定のな
                            普通株式                     い当社の標準となる株式
     完全議決権株式(その他)                                   24,707
                           2,470,700                     であり、単元株式数は
                                                100株であります。
                           普通株式
     単元未満株式                                    -            -
                             800
     発行済株式総数                      2,471,600              -            -

     総株主の議決権                        -           24,707             -

     (注)「単元未満株式」の欄の普通株式には、当社所有の自己株式48株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年6月30日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                に対する所有株
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
     日本エマージェンシーア            東京都文京区小石川一丁目
                                 100       -       100       0.00
     シスタンス株式会社            21番14号
          計             -          100       -       100       0.00
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  9/22









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年4月1日から平
       成30年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年6月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 10/22

















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        976,461              944,863
         現金及び預金
                                        171,906              192,203
         売掛金
                                         32,094              10,083
         仕掛品
                                        519,199              711,904
         立替金
                                         93,690              104,521
         その他
                                        △ 1,186             △ 1,108
         貸倒引当金
                                       1,792,165              1,962,469
         流動資産合計
       固定資産
                                        105,298              114,375
         有形固定資産
                                        137,441              112,027
         無形固定資産
                                         84,586              78,746
         投資その他の資産
                                        327,326              305,149
         固定資産合計
                                       2,119,492              2,267,618
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         6,516              8,533
         買掛金
                                        660,000              580,000
         短期借入金
                                         54,988              33,330
         1年内返済予定の長期借入金
                                         2,504              23,775
         未払法人税等
                                        256,081              398,242
         前受収益
                                        327,574              396,784
         その他
                                       1,307,663              1,440,665
         流動負債合計
       固定負債
                                         39,420              31,918
         長期借入金
                                         22,032              22,342
         その他
                                         61,452              54,260
         固定負債合計
                                       1,369,116              1,494,926
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        303,988              304,489
         資本金
                                        205,805              193,965
         資本剰余金
                                        185,729              230,203
         利益剰余金
                                         △ 113             △ 113
         自己株式
                                        695,409              728,544
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         35,675              24,296
         為替換算調整勘定
                                         35,675              24,296
         その他の包括利益累計額合計
                                         19,290              19,850
       新株予約権
       純資産合計                                 750,376              772,691
                                       2,119,492              2,267,618
      負債純資産合計
                                 11/22






                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
      売上高                                  1,279,493              1,391,511
                                        996,128             1,038,173
      売上原価
                                        283,364              353,338
      売上総利益
                                        ※ 280,601              ※ 281,026
      販売費及び一般管理費
                                         2,763              72,311
      営業利益
      営業外収益
                                           716             1,028
       受取利息
                                           96              467
       助成金収入
                                           434              656
       その他
                                         1,246              2,151
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,110              1,793
       支払利息
       為替差損                                  14,513               9,483
                                           30              30
       株式交付費
                                         1,131                25
       その他
                                         17,786              11,332
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △ 13,775              63,129
      特別損失
                                           103               -
       固定資産売却損
                                           245             1,031
       固定資産除却損
                                           348             1,031
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        △ 14,124              62,098
      純損失(△)
                                         1,171              17,623
      法人税等
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 15,295              44,474
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        △ 15,295              44,474
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 12/22










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 15,295              44,474
      その他の包括利益
                                        △ 2,627             △ 11,379
       為替換算調整勘定
                                        △ 2,627             △ 11,379
       その他の包括利益合計
                                        △ 17,922              33,095
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 17,922              33,095
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 13/22
















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半
                                        △ 14,124              62,098
       期純損失(△)
                                         36,694              40,549
       減価償却費
                                         4,989               560
       株式報酬費用
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   753              △ 78
       為替差損益(△は益)                                  10,437               3,076
                                           245             1,031
       固定資産除却損
       固定資産売却損益(△は益)                                   103               -
       売上債権の増減額(△は増加)                                  14,730             △ 22,138
       仕掛品の増減額(△は増加)                                  40,046              22,011
                                           30              30
       株式交付費
       立替金の増減額(△は増加)                                 △ 11,427             △ 192,908
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  3,611              2,016
       前受収益の増減額(△は減少)                                  92,502              142,162
       前受金の増減額(△は減少)                                  31,622              64,173
       預り金の増減額(△は減少)                                  15,520               7,764
                                         △ 716            △ 1,028
       受取利息
                                         2,110              1,793
       支払利息
                                        △ 11,156             △ 12,729
       その他
                                        215,972              118,385
       小計
                                           716             1,028
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 2,336             △ 1,716
       利息の支払額
                                        △ 31,418              13,444
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                        182,934              131,141
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 4,225                -
       定期預金の預入による支出
                                         8,276                -
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 16,938             △ 36,322
       有形固定資産の取得による支出
                                            7              -
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 53,147                -
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 2,236             △ 1,177
       敷金及び保証金の差入による支出
                                           495             3,154
       敷金及び保証金の回収による収入
                                        △ 22,000                -
       貸付けによる支出
                                           136             2,200
       貸付金の回収による収入
                                        △ 89,632             △ 32,145
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の増減額(△は減少)                                    -           △ 80,000
       長期借入れによる収入                                  58,000                -
                                        △ 35,626             △ 29,160
       長期借入金の返済による支出
                                           -             1,001
       株式の発行による収入
                                        △ 12,170             △ 12,156
       配当金の支払額
                                         10,203             △ 120,315
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 11,571              △ 7,003
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   91,933             △ 28,323
                                        957,357              894,481
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,049,290               ※ 866,158
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/22




                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
        (税金費用の計算)
         税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
        用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         当社において、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行9行と当座貸越契約を締結しております。
         当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (平成29年12月31日)                  (平成30年6月30日)
     当座貸越極度額                              1,500,000千円                  1,500,000千円
     借入実行残高                               560,000                  560,000
      差引額                              940,000                  940,000
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自    平成29年1月1日              (自    平成30年1月1日
                             至     平成29年6月30日)               至     平成30年6月30日)
     給料手当                                91,623   千円              91,332   千円
                                     40,491                  39,654
     役員報酬
                                       753                  -
     貸倒引当金繰入額
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の四半期期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次の
          とおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年1月1日              (自    平成30年1月1日
                             至   平成29年6月30日)               至   平成30年6月30日)
     現金及び預金勘定                              1,074,025千円                   944,863千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                               △24,735                  △78,705
     現金及び現金同等物                              1,049,290                   866,158
                                 15/22









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
        Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年6月30日)
         1.配当金支払額
                             1株当たり
        (決 議)       株式の種類      配当金の総額                基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
      平成29年2月24日
                普通株式      12,317千円         5円     平成28年12月31日         平成29年3月29日          利益剰余金
        取締役会
         2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
        Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年6月30日)

         1.配当金支払額
                             1株当たり
        (決 議)       株式の種類      配当金の総額                基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
      平成30年2月23日
                普通株式      12,341千円         5円     平成29年12月31日         平成30年3月29日          資本剰余金
        取締役会
         2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                 16/22













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年6月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                             報告セグメント
                                                 調整額      損益計算書
                                                (注)1       計上額
                   医療アシスタンス          ライフアシスタンス
                                           計
                                                       (注)2
                      事業           事業
     売上高
                        1,049,179            230,313      1,279,493          -   1,279,493

      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上

                           -           -       -       -       -
      高又は振替高
                        1,049,179            230,313      1,279,493          -   1,279,493

           計
                         155,680           52,017      207,697      △ 204,933        2,763
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報告セ
          グメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          (固定資産に係る重要な減損損失)
           該当事項はありません。
          (のれんの金額の重要な変動)

           該当事項はありません。
          (重要な負ののれん発生益)

           該当事項はありません。
                                 17/22










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年6月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                             報告セグメント
                                                 調整額      損益計算書
                                                (注)1       計上額
                   医療アシスタンス          ライフアシスタンス
                                           計
                                                       (注)2
                      事業           事業
     売上高
                        1,147,000            244,511      1,391,511          -   1,391,511

      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上

                           -           -       -       -       -
      高又は振替高
                        1,147,000            244,511      1,391,511          -   1,391,511

           計
                         218,111           60,644      278,756      △ 206,445       72,311
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報告セ
          グメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          (固定資産に係る重要な減損損失)
           該当事項はありません。
          (のれんの金額の重要な変動)

           該当事項はありません。
          (重要な負ののれん発生益)

           該当事項はありません。
                                 18/22











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額              又は1株当たり四半期純損失金額               及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四
        半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                  至 平成29年6月30日)              至 平成30年6月30日)
      (1)  1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半
                                       △6円21銭               18円00銭
        期純損失金額(△)
       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は親
        会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)                               △15,295               44,474
        (千円)
        普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -              -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
        益金額又は親会社株主に帰属する四半期純損失金                               △15,295               44,474
        額(△)(千円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)                                 2,463              2,470
      (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                           -           17円71銭
       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -              -
        (千円)
        普通株式増加数(千株)                                  -              39
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                              ――――――              ――――――
      たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
      式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
      のの概要
     (注)前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するもの
        の1株当たり四半期純損失金額であるため、記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 19/22









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 20/22




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 21/22




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年8月10日

     日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      取締役会 御中
                              有限責任     あずさ監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士        栗栖 孝彰  印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士        大谷 はるみ        印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本エマージェ

     ンシーアシスタンス株式会社の平成30年1月1日から平成30年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間
     (平成30年4月1日から平成30年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年6月30日
     まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算
     書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社及び連結子会社の平成
     30年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの
     状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 22/22



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。