株式会社リクルートホールディングス 四半期報告書 第59期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第59期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社リクルートホールディングス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               2018年8月10日

     【四半期会計期間】               第59期第1四半期(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)

     【会社名】               株式会社リクルートホールディングス

     【英訳名】               Recruit    Holdings     Co.,   Ltd.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長兼CEO               峰岸    真澄

     【本店の所在の場所】               東京都中央区銀座八丁目4番17号

                    (上記は登記上の本店所在地であり、実際の本社業務は下記の
                    場所で行っています)
     【電話番号】               03(6835)1111(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役兼専務執行役員兼CFO                  佐川    恵一

     【最寄りの連絡場所】               東京都千代田区丸の内一丁目9番2号

     【電話番号】               03(6835)1111(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役兼専務執行役員兼CFO                  佐川    恵一

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所 

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/40








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      連結経営指標等
               回次              前第1四半期           当第1四半期             前年度

                           自 2017年4月1日           自 2018年4月1日           自 2017年4月1日
              会計期間
                           至 2017年6月30日           至 2018年6月30日           至 2018年3月31日
                                 524,396           567,277          2,173,385
     売上収益                (百万円)
                                  59,115           67,731           199,228

     税引前四半期(当期)利益                (百万円)
                                  40,460           47,592           152,329

     四半期(当期)利益                (百万円)
     親会社の所有者に帰属する
                                  40,219           47,363           151,667
                     (百万円)
     四半期(当期)利益
     親会社の所有者に帰属する
                                  49,324           57,197           154,405
                     (百万円)
     四半期(当期)包括利益
                                 749,062           874,104           835,605
     親会社の所有者に帰属する持分                (百万円)
                                1,442,995           1,588,127           1,574,032

     資産合計                (百万円)
     基本的1株当たり
                                   24.08           28.35           90.79
                      (円)
     四半期(当期)利益
     希薄化後1株当たり
                                   24.03           28.29           90.60
                      (円)
     四半期(当期)利益
                                   51.9           55.0           53.1
     親会社所有者帰属持分比率                 (%)
     営業活動による
                                  25,829           48,030           194,117
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                 △ 22,628          △ 144,395           △ 65,937
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                 △ 40,188          △ 20,917          △ 83,169
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                                 315,761           278,314           389,822
                     (百万円)
     四半期末(期末)残高
      (注1)当社は要約四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
          していません。
      (注2)売上収益には、消費税等は含まれていません。
      (注3)当社は、2017年7月1日付で普通株式1株につき3株の株式分割を行っています。
          前年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、基本的1株当たり四半期(当期)利益及び希薄化後1
          株当たり四半期(当期)利益を算定しています。
      (注4)上記指標は国際会計基準(以下、「IFRS」という。)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務
          諸表に基づいています。
                                  2/40






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
      (注5)会計期間の表記に関して
          当社は連結会計年度を毎年4月1日から翌年3月31日までの1年と定めています。
          本書においては、会計期間の省略表記を以下のように定義し、記載しています。
                   対象期間                   本書内での記載方法

           当第1四半期連結累計期間
                                 当第1四半期
           当第1四半期連結会計期間
           当連結会計年度                      当年度
           前第1四半期連結累計期間
                                 前第1四半期、又は前年同期
           前第1四半期連結会計期間
           前連結会計年度                      前年度
          また上記以外の期間における表記についても、上記の記法を用いて適宜省略し記載しています。

                                  3/40
















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
       当第1四半期において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容について、重
      要な変更はありません。
       なお、持株会社機能への集中と強化を図り、適切なグループガバナンス体制、モニタリング体制及び財務データの
      集積管理環境を整備し、各戦略ビジネスユニット(Strategic                             Business     Unit、以下、「SBU」という。)が各々の統
      括機能の強化を通じて事業戦略に沿った事業拡充を推進することを目的とし、2018年4月1日付で、以下のとおり、
      SBU統括会社を設置しました。
        HRテクノロジーSBU:RGF            OHR  USA,   Inc.
        メディア&ソリューションSBU:㈱リクルート
        人材派遣SBU:Recruit           Global    Staffing     B.V.
       また、これに関連し、2018年4月1日付で当社を分割会社とする会社分割(吸収分割)により当社の完全子会社で
      ある㈱リクルートアドミニストレーション(2018年4月1日付で㈱リクルートに商号変更。)に当社のメディア&ソ
      リューション事業に関する権利義務等を承継させる吸収分割を実施しました。
       なお、主要な関係会社の異動は、以下のとおりです。

       (HRテクノロジー事業)

        当第1四半期において、グローバルでオンライン求人情報サイトを運営するGlassdoor,                                         Inc.の株式を取得し、連
       結子会社としています。
       (メディア&ソリューション事業)

        当第1四半期において、その他の海外販促分野に属するフィリピン、インドネシア及びベトナムでそれぞれオン
       ライン旅行代理店を運営するTravel                  Book   Philippines,       Inc.、PT.     Go  Online    Destinations及びMytour            Vietnam
       company    limitedの3社について株式及び持分譲渡を行ったことに伴い、連結の範囲から除外しています。
       (人材派遣事業)

        主要な関係会社に異動はありません。
                                  4/40










                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第1四半期において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断
      に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について
      の重要な変更はありません。
                                  5/40


















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中の将来に関する事項は、当四半期の末日現在において当社グループが判断したものです。
      (1)  経営成績等の分析

      ⅰ  連結経営成績の概況
       (当第1四半期)
                                                    (単位:十億円)
                                                        増減率
                                 前第1四半期         当第1四半期         増減
                                                        (%)
        連結経営成績
          売上収益(注1)                           524.3         567.2      42.8      8.2
             HRテクノロジー                         46.4         71.1      24.6      53.0
             メディア&ソリューション                         165.2         173.5       8.3      5.0
             人材派遣                         318.0         329.1      11.0      3.5
          営業利益                            56.3         67.8      11.5      20.4
          税引前四半期利益                            59.1         67.7      8.6     14.6
          四半期利益                            40.4         47.5      7.1     17.6
          親会社の所有者に帰属する四半期利益                            40.2         47.3      7.1     17.8
        経営指標
          EBITDA(注1、2)                            71.8         78.7      6.8      9.5
             HRテクノロジー                          7.7         9.4      1.6     21.6
             メディア&ソリューション                         43.1         47.3      4.2      9.8
             人材派遣                         20.6         24.0      3.4     16.7
          調整後EPS(単位:円)(注3)                           25.34         29.37      4.04      15.9
        期中平均為替レート(単位:円)
          米ドル                           111.09         109.10      △1.99      △1.8
          ユーロ                           122.26         130.03       7.77      6.4
          豪ドル                            83.43         82.59     △0.84      △1.0
        売上収益に対する為替影響額(注7、8)
          連結                              -        3.5       -      -
          人材派遣:海外                              -        4.6       -      -
        (注1)「全社/消去」調整後の数値を記載しているため、各セグメントの金額合計と一致していません。
        (注2)EBITDA:営業利益+減価償却費及び償却費±その他の営業収益・費用
        (注3)調整後EPS:調整後当期利益(注4)                      /(期末発行済株式総数-期末自己株式数)
        (注4)調整後当期利益:親会社の所有者に帰属する当期利益±調整項目(注5)(非支配持分帰属分を除く)
            ±調整項目の一部に係る税金相当額
        (注5)調整項目:企業結合に伴い生じた無形資産の償却額±非経常的な損益
        (注6)四半期においては、「当期」を「四半期」、「期末」を「四半期末」に読み替えて計算
        (注7)当第1四半期については、外貨売上収益×(当期採用平均為替レート-前期採用平均為替レート)
        (注8)HRテクノロジー事業については、月次の平均為替レートを適用
                                  6/40







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
       (連結経営成績の概況)
         当第1四半期における売上収益は                5,672億円     (前年同期比      8.2%増    )となりました。これは、HRテクノロジー事
        業、メディア&ソリューション事業及び人材派遣事業が全て増収となり、特にHRテクノロジー事業の成長が寄与
        したことによるものです。なお、売上収益に対する為替影響額は35億円のプラス寄与となりました。
         当第1四半期における営業利益は                678億円    (前年同期比      20.4%増    )となりました。これは主に、各事業セグメン

        トでの増収に伴う増益に加えて、メディア&ソリューション事業のその他の海外販促分野に属する子会社の譲渡
        により、子会社株式売却益を63億円計上したことによるものです。
         当第1四半期における税引前四半期利益は                    677億円    (前年同期比      14.6%増    )となりました。

         当第1四半期における四半期利益は                 475億円    (前年同期比      17.6%増    )、親会社の所有者に帰属する四半期利益は

        473億円    (前年同期比      17.8%増    )となりました。
         当第1四半期におけるEBITDAは               787億円    (前年同期比      9.5%増    )となりました。これは主に、HRテクノロジー事

        業、メディア&ソリューション事業及び人材派遣事業が全て増益となったことによるものです。
         当第1四半期における調整後EPSは                29.37円    (前年同期比      15.9%増    )、配当算定基準とする四半期利益(注)は

        450億円    (前年同期比      14.7%増    )となりました。
         なお、調整後EPS及び配当算定基準とする四半期利益は、より経常的な収益力を表すことを目的に、当第1四半
        期より調整項目の内容を一部変更しています。従来は、持分法適用会社である51job,                                        Inc.が発行している転換社
        債に係る損益について、一部のみを非経常項目としていましたが、これまで非経常項目としていなかった項目に
        ついても発生の源泉が同一の転換社債であること及び今後重要性が増す見込みであることを考慮し、非経常項目
        として調整することとしました。前年同期も同様の調整を加味して算出した場合、当第1四半期の調整後EPSの増
        減率は15.5%増となりました。
        (注)親会社の所有者に帰属する四半期利益±非経常的な損益等

       (当第1四半期における経営施策)

       ・Glassdoor,       Inc.の株式取得(子会社化)
        当社は、企業レビュー数等で世界最大級の規模と成長性を誇る求人サイトを運営する米国未上場企業Glassdoor,
       Inc.(以下、「Glassdoor」という。)の発行済全株式を、当社が設立する買収目的子会社を通じて取得することを
       決定し、最終契約書を2018年5月9日に締結した後、2018年6月21日付で1,430億円を支払い、株式取得を完了しま
       した。
        当社は中期的に、米国及びグローバル市場においてIndeedの既存事業の拡大とM&Aを通じてHRテクノロジー事業を
       積極的に拡大する戦略を掲げています。この成長戦略に沿って、企業レビュー情報等の膨大なデータベースを公開
       し求人企業の透明性を高めてきたGlassdoorとオンライン求人情報専門検索サイトとして高い知名度を有するIndeed
       が協働することで、求職者と求人企業が各々直面している様々な問題を解決し、更なる成長を実現する事業機会を
       創出したいと考えています。当社は、オンライン求人検索、オンライン求人情報アグリゲーション、求職者と求人
       企業のマッチング、そして求職者による求人企業の口コミ情報によって、求職者の仕事探しと企業の求人活動を更
       に強力にサポートし、オンラインHR領域におけるポジションを確固たるものにしていきます。
        本件の詳細については以下をご参照ください。

         :2018年5月9日付「Glassdoor,                Inc.の株式取得(子会社化)に関するお知らせ」
          https://recruit-holdings.co.jp/ir/ir_news/20180509_18389.html
         :2018年6月21日付「Glassdoor,                Inc.の株式取得(子会社化)完了に関するお知らせ」
          https://recruit-holdings.co.jp/ir/ir_news/20180621_18428.html
                                  7/40




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
      ⅱ  セグメント業績の概況
       ①  HRテクノロジー事業
        (業績の概況)
          当報告セグメントはオンライン               求人情報専門検索サイト            「Indeed」と、これに関連する事業で構成されてい
         ます。なお、2018年6月21日に子会社化が完了したGlassdoorの業績は第2四半期以降、当報告セグメントの業
         績に寄与します。
          当第1四半期における売上収益は                711億円    (前年同期比      53.0%増    )となりました。これは主に、好調な経済環

         境及び雇用市場を背景に、新規クライアントの獲得及び既存クライアントによる「Indeed」のサービス利用が
         拡大したことによるものです。米ドルベース売上(注)は前年同期比56.0%の増加となりました。
          当第1四半期のセグメント利益(セグメントEBITDA)は                          94億円   (前年同期比      21.6%増    )となりました。これ

         は主に、売上収益の         拡大によるものです         。また、売上成長を促進するため、新規ユーザー・クライアントの獲
         得のための営業体制の拡充及びマーケティング活動の展開並びにユーザー・クライアント双方へのサービス拡
         充を図るプロダクトの強化等に対して機動的に投資を行っています。なお、Glassdoorの子会社化に関する取得
         関連費用11.9億円が一時的にセグメント利益を押し下げました。 
          当報告セグメントの業績及び関連データ等は以下のとおりです。

                                                    (単位:十億円)

                                                        増減率
                                 前第1四半期         当第1四半期         増減
                                                        (%)
         売上収益                            46.4         71.1      24.6      53.0
         セグメント利益(セグメントEBITDA)                             7.7         9.4      1.6     21.6
         参考:米ドルベース売上(注)
                                     418         652      234     56.0
         (単位:百万米ドル)
         (注)当報告セグメントの現地決算数値であり、IFRSに基づく当社連結決算数値に含まれる数値とは異なりま

            す。
                                  8/40











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
       ②  メディア&ソリューション事業
        (業績の概況)
          当報告セグメントは、クライアントの集客やさまざまな業務支援を行う販促領域と、クライアントの人材採
         用の支援を行う人材領域の2つの事業領域で構成されています。
          当第1四半期における売上収益は                1,735億円     (前年同期比      5.0%増    )となりました。これは主に、販促領域が

         美容分野を中心に増収となったこと及び人材領域が増収となったことによるものです。
          当第1四半期におけるセグメント利益(セグメントEBITDA)は                              473億円    (前年同期比      9.8%増    )となりまし

         た。これは主に、売上収益の拡大による各領域におけるセグメント利益の増益によるものです。また、当年度
         から新たな経営体制に移行したことに伴い、連結グループ内取引に関する費用、具体的には経営指導料や管理
         機能に係る業務委託費の配賦方針に変更があり、この結果セグメント利益を押し上げました。この影響を控除
         した際の前年同期比はセグメント利益6.0%増となり、販促領域は9.3%増、人材領域は10.4%増(注)となり
         ました。
          (注)影響額は管理会計上の数値を用いて算出

          当報告セグメントの業績及び関連データ等は以下のとおりです。

                                                    (単位:十億円)

                                                        増減率
                                 前第1四半期         当第1四半期         増減
                                                        (%)
         売上収益(合計)                            165.2         173.5      8.3      5.0
           販促領域                          91.7         93.6     1.9      2.1
              住宅分野                       24.6         24.2    △0.4      △1.7
              結婚分野                       13.8         13.9     0.0      0.3
              旅行分野                       13.6         14.0     0.3      2.8
              飲食分野                        8.8         9.2     0.4      4.6
              美容分野                       15.0         17.2     2.1     14.2
              その他                       15.6         15.0    △0.6      △4.1
           人材領域                          71.2         79.0     7.7     10.9
              国内人材募集分野                       66.3         70.2     3.9      6.0
              その他                        4.9         8.8     3.8     76.9
           全社/消去
                                      2.1         0.8    △1.3     △62.6
           (メディア&ソリューション事業)
         セグメント利益(セグメントEBITDA)(合計)                             43.1         47.3     4.2      9.8
           販促領域                          24.7         27.9     3.2     13.1
           人材領域                          20.7         23.3     2.5     12.4
           全社/消去
                                     △2.3         △3.9     △1.6       -
           (メディア&ソリューション事業)
                                  9/40






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
                                            2018年            2019年
                                            3月期            3月期
                                (単位)      1Q末     2Q末     3Q末     4Q末     1Q末
         事業データ
           「HotPepperグルメ」
                                 万人     1,448     2,828     5,275     7,121     1,905
           ネット予約人数累計(注1)
           「HotPepper      Beauty」
                                 万件     1,824     3,795     5,758     7,823     2,272
           ネット予約件数累計(注1)
           「Airレジ」登録アカウント数                       万     29.2     30.5     31.8     33.3     34.9
           「スタディサプリ」有料会員数(注2)                      万人      40.4     44.4     45.4     47.6     55.9
         市場環境指標
           新設住宅着工戸数(注3)                       戸    249,916     246,924     244,511     205,045     245,040
           有効求人倍率(注4、5)                       倍      1.49     1.52     1.57     1.59     1.60
         (注1)キャンセル前予約受付ベース、各連結会計年度期首からの累計数値
         (注2)従来は「スタディサプリ」有料会員数のうち、                           高校生向けサービスのみを開示していましたが、
             2019年3月期より、「スタディサプリ」の有料会員数の合計を新たに開示します。なお、有料会員数
             とは、小学生、中学生並びに高校生向け講座及び「スタディサプリEnglish」の有料会員数の合算値
             です。これに伴い、同会員数の2018年3月期の数値もあわせて遡及開示します。
         (注3)出所:国土交通省「住宅着工統計」
         (注4)出所:厚生労働省
         (注5)各四半期の各月末の平均値
        (各事業分野の概況)

         ・販促領域
           住宅分野:
             首都圏を中心としたマンション平均価格の高止まりが続くなか、分譲マンションの住宅着工件数は減
            少傾向にあります。このような環境の下、当第1四半期においては、ユーザー集客の推進に加えてクラ
            イアントへのソリューション提供の強化に注力したことで、戸建・流通分野及び賃貸分野が伸長しまし
            た。一方で前第3四半期に当分野に属する子会社を譲渡したことが、売上収益の減少要因となりまし
            た。
             この結果、当第1四半期における売上収益は                     242億円    (前年同期比      1.7%減    )となりました。なお、子
            会社譲渡による影響を控除した際の売上収益の前年同期比は5.5%増(注)となりました。
           結婚分野:

             少子化の影響で国内の婚姻組数は減少傾向にあるなかで、大手結婚式場運営クライアントの高い集客
            ニーズを取り込むことに注力しました。
             この結果、当第1四半期における売上収益は                     139億円    (前年同期比      0.3%増    )となりました。
           旅行分野:

             当社グループのサービスにおける延べ宿泊者数及び宿泊単価が増加したことで、売上収益が増加しま
            した。
             この結果、当第1四半期における売上収益は                     140億円    (前年同期比      2.8%増    )となりました。
           飲食分野:

             人手不足等を受けて、飲食店を取り巻く経営環境に引き続き厳しさがみられるなか、当社グループは
            「Airシリーズ」を軸にデータ分析を活用した提案型営業等、クライアントの業務支援に積極的に取り組
            み、クライアント接点の強化に注力したことで、クライアントからの広告出稿が徐々に回復しました。
             当第1四半期における売上収益は               92億円   (前年同期比      4.6%増    )となりました。
                                 10/40




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
           美容分野:
             「SALON    BOARD」のクライアントへの導入や、同サービスの利便性の向上を進めたことで、当社グルー
            プのサービスを通じたネット予約件数が順調に増加しました。また、引き続き地方圏及び都市圏郊外で
            のクライアント獲得が順調に進展し、取引店舗数が拡大しました。
             この結果、当第1四半期における売上収益は                     172億円    (前年同期比      14.2%増    )となりました。
           その他(販促領域):

             当分野は自動車分野、進学及び学び等の教育関連分野並びに海外販促分野のほか、「Airシリーズ」の
            事業収益等により構成されています。
             当第1四半期における売上収益は                150億円    (前年同期比      4.1%減    )となりました。これは主に、海外販
            促分野の子会社譲渡の影響により売上収益が減少したことによるものです。なお、子会社譲渡による影
            響を控除した際の売上収益の前年同期比は5.6%増(注)となりました。
             (注)前年実績から、譲渡した子会社の前年実績の数値を除いて算出

         ・人材領域

           国内人材募集分野:
             有効求人倍率が継続的に上昇し、求人広告掲載件数が高水準で推移する等、国内の労働市場は逼迫し
            た情勢が継続しています。このような環境の下、引き続きブランド力の向上やユーザー集客及び営業体
            制の強化等を行った結果、主に正社員募集分野の中途採用における業績が拡大しました。
             この結果、当第1四半期における売上収益は                     702億円    (前年同期比      6.0%増    )となりました。
           その他(人材領域):

             当分野は国内における人材育成サービス関連分野や、アジアでの人材紹介分野等により構成されてい
            ます。当第1四半期より、従来は国内人材募集分野に含まれていた一部事業を、当分野に移管したこと
            により、同事業に係る売上収益が増加しました。
             この結果、当第1四半期における売上収益は                     88億円   (前年同期比      76.9%増    )となりました。
                                 11/40











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
       ③  人材派遣事業
        (業績の概況)
          当報告セグメントは、国内派遣及び海外派遣の2つの事業領域で構成されています。
          当第1四半期における売上収益は                3,291億円     (前年同期比      3.5%増    )となりました。これは主に、国内派遣領

         域において、人手不足が継続する環境を受けて業績が拡大したことによるものです。このほか、海外派遣領域
         の売上収益に対する為替影響額がプラスに寄与しました。
          当第1四半期におけるセグメント利益(セグメントEBITDA)は                              240億円    (前年同期比      16.7%増    )となりまし

         た。これは主に、国内派遣領域の売上収益の増加によるものです。また、メディア&ソリューション事業と同
         様に、当年度より当報告セグメントの国内派遣領域においても、連結グループ内取引に関する費用の配賦方針
         に変更がありました。この影響を控除した際のセグメント利益は前年同期比13.4%増、国内派遣領域のセグメ
         ント利益は前年同期比12.2%増(注)となりました。
           (注)影響額は管理会計上の数値を用いて算出

          当報告セグメントの業績及び関連データ等は以下のとおりです。

                                                    (単位:十億円)

                                                        増減率
                                 前第1四半期         当第1四半期         増減
                                                        (%)
         売上収益(合計)                            318.0         329.1     11.0      3.5
           国内派遣領域                          125.7         135.6      9.8      7.9
           海外派遣領域                          192.3         193.4      1.1      0.6
         セグメント利益(セグメントEBITDA)(合計)                             20.6         24.0     3.4     16.7
           国内派遣領域                          11.3         13.4     2.0     18.1
           海外派遣領域                           9.2         10.5     1.3     15.0
                                                      (単位:人)

                                             2018年           2019年
                                             3月期           3月期
                                       1Q末    2Q末    3Q末    4Q末     1Q末
         市場環境指標
           派遣社員実稼働者数(平均)(注)                           343,260    343,857     350,734    348,865      -
        (注)出所:一般社団法人             日本人材派遣協会
           なお、2019年3月期1Q末については本書作成時点において未公表であるため、記載を省略しています。
        (各領域別の概況)

         ・国内派遣領域
            国内市場においては、引き続き派遣社員実稼働者数が高水準で推移し、企業による派遣社員の需要は高
           い状況が続いています。このような環境の下、新規登録スタッフの増員、新規派遣契約の獲得及び既存派
           遣契約の継続に注力しました。
            この結果、当第1四半期における売上収益は                     1,356億円     (前年同期比      7.9%増    )となりました。
         ・海外派遣領域

            当第1四半期における売上収益は                1,934億円     (前年同期比      0.6%増    )となりました。なお、売上収益に対
           する為替影響額は46億円のプラス寄与となり、この影響を控除した売上収益は1.8%の減収となりました。
           これは主に、ユニット経営に基づき収益性を重視した事業運営に取り組んだこと等によるものです。な
           お、IFRS第15号の適用に伴い、一部の顧客への売上収益の表示について総額表示から純額表示に変更した
           ことにより、売上収益は37億円押し下げられました。
                                 12/40



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
      ⅲ  資本の財源及び資金の流動性
         (財務方針)

           当社グループは、借入による資金調達を有効に活用しつつ、国内格付機関による格付を意識した財務の健
          全性を維持することを財務方針としています。更に、資本効率の目安として、投資案件については厳格な基
          準を設けるとともに、ROEで15%の水準を目安に設定しています。
         (資金使途)

           運転資金、法人税の支払い、各事業セグメントにおけるM&A及び資産取得等による外部資源の獲得や設備投
          資、借入の返済及び利息の支払い、配当金の支払い等に資金を充当しています。なお、2018年6月21日におい
          て、1,430億円を対価として米国未上場企業Glassdoor,                          Inc.の発行済全株式を取得しています。
         (資金調達)

           当社グループの運転資金及び投資資金については、まず営業活動によるキャッシュ・フローで獲得した資
          金を充当することを基本としていますが、資金需要及び金利動向等の調達環境並びに既存の有利子負債の返
          済及び償還時期等を考慮の上、調達規模及び調達手段を適宜判断して外部資金調達を実施する場合がありま
          す。外部資金調達について、原則として短期の運転資金については、金融機関からの借入、コマーシャル・
          ペーパー又はその組み合わせ、中長期の運転資金については、金融機関からの借入、社債又はその組み合わ
          せにより調達することとしています。なお、当社は、機動的な資金調達を可能とするため、2,000億円(当第
          1四半期における未使用枠1,500億円)を上限とする社債の発行登録を行っています。
           また、当社グループは、流動性を確保し、運転資金の効率的な調達を行うため金融機関4社と当座貸越契
          約を締結しています。なお、当第1四半期における当座貸越極度額の合計は1,130億円であり、当該契約に基
          づく借入実行残高はありません。
         (格付)

           当社グループは、格付機関である㈱格付投資情報センター(以下、「R&I」という。)、ムーディーズ・
          ジャパン㈱(以下、「ムーディーズ」という。)及びS&Pグローバル・レーティング・ジャパン㈱(以下、
          「S&P」という。)から長期格付を取得しています。当第1四半期における格付の状況は、以下のとおりで
          す。
            ・R&I:AA-
            ・ムーディーズ:A3
            ・S&P:A-
         (キャッシュマネジメント)

           当社グループ全体の資金効率を最大化するため、法制度上許容され、かつ経済合理性が認められることを
          前提として、主にキャッシュマネジメントシステムを通じたグループファイナンスにより、当社グループ内
          での資金貸借の実施を外部借入よりも優先しています。
         (資金運用)

           当社グループの資金運用は、投機目的で行わず、元本が保証され、安全かつ確実で効率の高い金融商品の
          みで行うこととしています。
                                 13/40





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
        (連結財政状態の概況)                                                                     (単位:十億円)
                                 前年度          当第1四半期
                                                       増減
                              (2018年3月31日)            (2018年6月30日)
         資産合計                          1,574.0            1,588.1         14.0
           流動資産合計                         770.9            655.9       △114.9
           非流動資産合計                         803.0            932.1        129.0
         負債合計                           733.3            708.6       △24.7

           流動負債合計                         447.7            422.8       △24.9
           非流動負債合計                         285.6            285.8         0.1
         資本合計                           840.6            879.4        38.8

           親会社の所有者に帰属する持分合計                         835.6            874.1        38.4
           非支配持分                          5.0            5.3        0.3
       ①  資産

         流動資産は前年度末比           1,149億円     ( 14.9%   )減少しました。これは主に、現金及び現金同等物が1,115億円減少
        したことによるものです。
         非流動資産は前年度末比           1,290億円     ( 16.1%   )増加しました。これは主に、子会社の新規取得等によりのれんが
        1,332億円増加したことによるものです。
       ②  負債

         流動負債は前年度末比          249億円    ( 5.6%   )減少しました。これは主に、営業債務及びその他の債務が190億円減少
        したことによるものです。
         非流動負債は前年度末比            1億円   ( 0.1%   )増加しました。これは主に、繰延税金負債が49億円減少した一方、そ
        の他の非流動負債が51億円増加したことによるものです。
       ③  資本

         資本は前年度末比        388億円    ( 4.6%   )増加しました。これは主に、親会社の所有者に帰属する四半期利益を計上
        したこと等により、利益剰余金が339億円増加したことによるものです。
                                 14/40









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
        (連結キャッシュ・フローの概況)                                                                     (単位:十億円)
                               前第1四半期            当第1四半期            増減
         営業活動によるキャッシュ・フロー                            25.8            48.0        22.2

         投資活動によるキャッシュ・フロー                           △22.6           △144.3        △121.7
         財務活動によるキャッシュ・フロー                           △40.1            △20.9         19.2
         現金及び現金同等物に係る換算差額                           △2.4             5.7        8.2
         現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                           △39.4           △111.5        △72.0
         現金及び現金同等物の期首残高                           355.1            389.8        34.6
         現金及び現金同等物の四半期末残高                           315.7            278.3       △37.4
        当第1四半期の現金及び現金同等物の残高は、投資活動及び財務活動による支出が営業活動による収入を上回っ

       たため、前年度比        1,115億円減少し、         2,783億円     となりました。
        なお、当第1四半期における各キャッシュ・フローの主な増減事由については、以下のとおりです。
       ①  営業活動によるキャッシュ・フロー

         税引前四半期利益        677億円    から、加算項目の主なものとして、減価償却費及び償却費168億円、減算項目の主な
        ものとして、法人所得税の支払額               225億円    を計上したことによるものです。
       ②  投資活動によるキャッシュ・フロー

         主に、子会社の取得による支出              1,268億円     を計上したことによるものです。
       ③  財務活動によるキャッシュ・フロー

         主に、配当金の支払額          198億円    を計上したことによるものです。
      (2)  従業員数

        ①  連結会社の状況
         従業員数に著しい変動はありません。
        ②  提出会社の状況

         前事業年度末に比べ従業員数が431名減少しています。これは主に、グループ組織再編によりメディア&ソ
        リューション事業に係る従業員を㈱リクルートに移管したことによるものです。
     3  【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
                                 15/40







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    6,000,000,000
                  計                                   6,000,000,000
       ②  【発行済株式】

                  第1四半期末            提出日現在         上場金融商品取引所

         種類        現在発行数(株)            発行数(株)          名又は登録認可金融               内容
                 (2018年6月30日)           (2018年8月10日)            商品取引業協会名
                                        東京証券取引所
        普通株式           1,695,960,030           1,695,960,030                      (注1)
                                        (市場第一部)
          計          1,695,960,030           1,695,960,030            -           -
      (注1)単元株式数は100株です。
      (注2)提出日現在の発行数には、2018年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
          された株式数は含まれていません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。 
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。 
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                   (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
       2018年6月30日               -  1,695,960,030             -     10,000         -      6,716
                                 16/40







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
        当四半期会計期間は第1四半期であるため、記載事項はありません。
      (6)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】
                                                   2018年6月30日現在
            区分            株式数(株)           議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     -            -              -
     議決権制限株式(自己株式等)                     -            -              -
     議決権制限株式(その他)                     -            -              -
                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                 -              -
                      普通株式      23,808,200
     完全議決権株式(その他)                普通株式    1,672,111,100             16,721,111             -
     単元未満株式                普通株式        40,730         -              -
     発行済株式総数                     1,695,960,030            -              -
     総株主の議決権                     -             16,721,111             -
     (注)「完全議決権株式(その他)」欄及び「単元未満株式」欄の普通株式には、役員報酬BIP信託に係る信託口が保有
        する当社株式1,412,900株及び1株が含まれています。
       ②  【自己株式等】

                                                   2018年6月30日現在
                                                      発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                             総数に対する
                      所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                            所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
                   東京都中央区銀座8-4-
                                 23,808,200           -   23,808,200          1.40
     ㈱リクルートホールディン
                   17
     グス
           計              -         23,808,200           -   23,808,200          1.40
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 17/40










                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の要約四半期連結財務諸表は、国際会計基準第34号「期中財務報告」(以下、「IAS第34号」という。)に準拠
      して作成しています。当社は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
      64号。以下、「四半期連結財務諸表規則」という。)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満
      たすことから、同第93条の規定を適用しています。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2018年4月1日から2018年
      6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年6月30日まで)に係る要約四半期連結財務
      諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けています。なお、従来、当社が監査証明を受
      けている新日本有限責任監査法人は、2018年7月1日に名称を変更し、EY新日本有限責任監査法人となりました。
                                 18/40
















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     1  【要約四半期連結財務諸表】
      ①  【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                   前年度              当第1四半期
                          注記
                                (2018年3月31日)               (2018年6月30日)
     資産
      流動資産
       現金及び現金同等物                                  389,822               278,314
       営業債権及びその他の債権                                  323,116               312,682
       その他の金融資産                      10             19,864               19,957
                                        38,159               45,031
       その他の流動資産
      流動資産合計                                  770,962               655,986
      非流動資産

       有形固定資産                                  57,211               62,455
       のれん                      5            312,944               446,177
       無形資産                                  229,232               228,117
       持分法で会計処理されている投資                                  43,950               41,291
       その他の金融資産                      10            118,038               128,338
       繰延税金資産                                  35,590               19,019
                                        6,102               6,741
       その他の非流動資産
      非流動資産合計                                  803,070               932,141
                                      1,574,032               1,588,127
     資産合計
                                 19/40












                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                   前年度              当第1四半期
                          注記
                                (2018年3月31日)               (2018年6月30日)
     負債及び資本
      負債
       流動負債
        営業債務及びその他の債務                                  204,172               185,117
        社債及び借入金                      10             24,068               24,661
        その他の金融負債                      10             1,356               1,332
        未払法人所得税                                  20,991               13,169
        引当金                                   7,034               3,571
                                       190,145               194,997
        その他の流動負債
       流動負債合計                                  447,768               422,851
       非流動負債

        社債及び借入金                      10            159,007               161,608
        その他の金融負債                      10             4,860               1,705
        引当金                                   5,043               5,574
        退職給付に係る負債                                  45,781               45,774
        繰延税金負債                                  53,172               48,207
                                        17,738               22,931
        その他の非流動負債
       非流動負債合計                                  285,603               285,803
      負債合計                                  733,372               708,654
      資本

       親会社の所有者に帰属する持分
        資本金                                  10,000               10,000
        資本剰余金                                  50,115               49,978
        利益剰余金                                  811,287               845,204
        自己株式                                 △32,049               △32,415
                                       △3,748                1,336
        その他の資本の構成要素
       親会社の所有者に帰属する持分合計
                                       835,605               874,104
                                        5,055               5,368
       非支配持分
      資本合計                                  840,660               879,473
                                      1,574,032               1,588,127
     負債及び資本合計
                                 20/40








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
      ②  【要約四半期連結損益計算書】
        【第1四半期】
                                                  (単位:百万円)
                                 前第1四半期               当第1四半期
                          注記    (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                至 2017年6月30日)               至 2018年6月30日)
      売上収益                      7            524,396               567,277
                                       282,760               290,295
      売上原価
      売上総利益
                                       241,635               276,982
      販売費及び一般管理費                                  184,283               215,088

      その他の営業収益                                    351              7,042
                                        1,377               1,096
      その他の営業費用
      営業利益
                                        56,326               67,839
      持分法による投資損益(△は損失)                                   1,202              △2,010

      金融収益                                   1,850               2,095
                                         264               192
      金融費用
      税引前四半期利益
                                        59,115               67,731
                                        18,655               20,139
      法人所得税費用
                                        40,460               47,592
      四半期利益
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                  40,219               47,363
                                         240               228
      非支配持分
                                        40,460               47,592
      四半期利益
     親会社の所有者に帰属する

     1株当たり四半期利益
      基本的1株当たり四半期利益(円)                      9             24.08               28.35
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                      9             24.03               28.29
                                 21/40










                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
      ③  【要約四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期】
                                                  (単位:百万円)
                                 前第1四半期               当第1四半期
                          注記    (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                至 2017年6月30日)               至 2018年6月30日)
     四半期利益                                  40,460               47,592

     その他の包括利益

      純損益に振替えられることのない項目:
       その他の包括利益を通じて測定する
                                       △1,626                5,260
       金融資産の公正価値の純変動
       確定給付型退職給付制度の再測定額                                  -               -
       持分法によるその他の包括利益に
                                         △5               △19
       対する持分相当額
        小計
                                       △1,631                5,240
      純損益にその後に振替えられる
      可能性のある項目:
       在外営業活動体の換算差額                                10,200                4,300
       キャッシュ・フロー・ヘッジの
                                         536               413
       公正価値の変動額の有効部分
        小計                               10,737                4,714
      税引後その他の包括利益                                  9,105               9,955
                                        49,565               57,547
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                 49,324               57,197
                                         241               350
      非支配持分
                                        49,565               57,547
      四半期包括利益
                                 22/40











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
      ④  【要約四半期連結持分変動計算書】
       前第1四半期(自 2017年4月1日 至 2017年6月30日)
                                                  (単位:百万円)
                                 親会社の所有者に帰属する持分
                                             その他の資本の構成要素
                                                      キャシュ・
                                                      フロー・
                 注記
                                                在外営業      ヘッジ
                    資本金     資本剰余金      利益剰余金      自己株式
                                                       の
                                           株式報酬      活動体の
                                                      公正価値の
                                                換算差額
                                                      変動額の
                                                      有効部分
     2017年4月1日残高                10,000      52,529     714,055     △31,640       3,221    △11,383        792
      四半期利益                           40,219
                                                  10,199       536
      その他の包括利益
     四半期包括利益                  -      -    40,219       -      -    10,199       536
      その他の資本の構成
      要素から利益剰余金
                                △1,631
      への振替
      自己株式の取得                                △1,062
      自己株式の処分                      △75            351     △275
      配当金           8               △36,195
      株式報酬取引                                      1,026
      非支配株主との資本取引                    △2,222
                            △17      634
      その他の増減
     所有者との取引額等合計                  -    △2,315     △37,193       △711       750      -      -
     2017年6月30日残高
                     10,000      50,214     717,082     △32,351       3,971     △1,183       1,329
                        親会社の所有者に帰属する持分

                      その他の資本の構成要素
                    その他の
                   包括利益を
                 注記                          非支配持分      資本合計
                         確定給付型
                    通じて
                                      合計
                         退職給付
                    測定する            合計
                          制度の
                   金融資産の
                         再測定額
                   公正価値の
                    純変動
     2017年4月1日残高                  -      -    △7,369      737,575       5,190     742,765
      四半期利益                            -    40,219       240    40,460
                     △1,631            9,105      9,105       0    9,105
      その他の包括利益
     四半期包括利益                △1,631        -    9,105     49,324       241    49,565
      その他の資本の構成
      要素から利益剰余金
                      1,631           1,631       -           -
      への振替
      自己株式の取得                            -    △1,062           △1,062
      自己株式の処分                           △275       0           0
      配当金           8                 -   △36,195           △36,195
      株式報酬取引                           1,026      1,026           1,026
      非支配株主との資本取引                            -    △2,222       △649     △2,872
      その他の増減                            -     617     △12      604
     所有者との取引額等合計                1,631       -    2,382    △37,837       △661    △38,499
     2017年6月30日残高
                       -      -    4,117     749,062       4,769     753,832
                                 23/40





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
       当第1四半期(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
                                                  (単位:百万円)
                                 親会社の所有者に帰属する持分
                                             その他の資本の構成要素
                                                      キャシュ・
                                                      フロー・
                 注記
                                                在外営業      ヘッジ
                    資本金     資本剰余金      利益剰余金      自己株式
                                                       の
                                           株式報酬      活動体の
                                                      公正価値の
                                                換算差額
                                                      変動額の
                                                      有効部分
     2018年4月1日残高                10,000      50,115     811,287     △32,049       3,723     △8,354       881
      会計方針の変更による
                                 1,360
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                     10,000      50,115     812,647     △32,049       3,723     △8,354       881
     2018年4月1日残高
      四半期利益                           47,363
                                                  4,179       413
      その他の包括利益
     四半期包括利益                  -      -    47,363       -      -    4,179       413
      その他の資本の構成
      要素から利益剰余金
                                 5,240
      への振替
      自己株式の取得                                △1,078
      自己株式の処分                     △153            711     △557
      配当金           8               △20,046
      株式報酬取引                                      1,049
      非支配株主との資本取引
                             16
      その他の増減
     所有者との取引額等合計                  -    △137    △14,806       △366       491      -      -
     2018年6月30日残高
                     10,000      49,978     845,204     △32,415       4,215     △4,174       1,295
                        親会社の所有者に帰属する持分

                      その他の資本の構成要素
                    その他の
                   包括利益を
                 注記                          非支配持分      資本合計
                         確定給付型
                    通じて
                                      合計
                         退職給付
                    測定する            合計
                          制度の
                   金融資産の
                         再測定額
                   公正価値の
                    純変動
     2018年4月1日残高                  -      -    △3,748      835,605       5,055     840,660
      会計方針の変更による
                                  -    1,360           1,360
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                       -      -    △3,748      836,965       5,055     842,020
     2018年4月1日残高
      四半期利益                            -    47,363       228    47,592
                      5,240           9,834      9,834       121     9,955
      その他の包括利益
     四半期包括利益                5,240       -    9,834     57,197       350    57,547
      その他の資本の構成
      要素から利益剰余金
                     △5,240           △5,240        -           -
      への振替
      自己株式の取得                            -    △1,078           △1,078
      自己株式の処分                           △557       0           0
      配当金           8                 -   △20,046           △20,046
      株式報酬取引                           1,049      1,049           1,049
      非支配株主との資本取引                            -      -           -
                                  -      16     △36      △19
      その他の増減
     所有者との取引額等合計                △5,240        -    △4,748     △20,058       △36    △20,094
     2018年6月30日残高
                       -      -    1,336     874,104       5,368     879,473
                                 24/40




                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
      ⑤  【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前第1四半期               当第1四半期
                          注記    (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                至 2017年6月30日)               至 2018年6月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益                                 59,115               67,731
       減価償却費及び償却費                                14,530               16,833
       子会社株式売却益                                  -             △6,337
       営業債権及びその他の債権の増減                                14,746               14,639
       営業債務及びその他の債務の増減                               △14,651               △18,508
                                       △13,178                △5,420
       その他の増減
      小計
                                        60,562               68,938
       利息及び配当金の受取額                                  694              1,656
       利息の支払額                                  △3               △39
                                       △35,424               △22,525
       法人所得税の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 25,829               48,030
     投資活動によるキャッシュ・フロー

       有形固定資産の取得による支出                                △4,848               △6,718
       無形資産の取得による支出                               △11,079               △14,102
       子会社の取得による支出                    5            △3,478              △126,899
       子会社の売却による収入                                  -              6,992
                                       △3,222               △3,667
       その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △22,628               △144,395
     財務活動によるキャッシュ・フロー

       自己株式の取得による支出                                △1,062               △1,078
       配当金の支払額                    8            △35,605               △19,857
                                       △3,521                  17
       その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △40,188               △20,917
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                  △2,447                5,775

     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △39,435               △111,507
                                       355,196               389,822
     現金及び現金同等物の期首残高
                                       315,761               278,314
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 25/40








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     【要約四半期連結財務諸表注記】
     1.報告企業
       ㈱リクルートホールディングス(以下、「当社」という。)は日本の会社法に基づいて設立された株式会社であ
      り、日本に所在する企業です。当社の登記されている本社及び主要な事業所の住所は、ホームページ
      (https://recruit-holdings.co.jp/)で開示しています。当社及びその子会社(以下、「当社グループ」という。)
      の事業内容及び主要な活動は、「6.事業セグメント」に記載しています。
       当社の2018年6月30日に終了する第1四半期の要約四半期連結財務諸表は、2018年8月10日に代表取締役社長兼
      CEO 峰岸     真澄及び取締役兼専務執行役員兼CFO 佐川                     恵一によって承認されています。
     2.作成の基礎

      (1)  要約四半期連結財務諸表がIFRSに準拠している旨
        当社の要約四半期連結財務諸表は、IAS第34号に準拠して作成しています。当社は、四半期連結財務諸表規則第1
       条の2の「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、四半期連結財務諸表規則第93条の規定を適用し
       ています。なお、要約四半期連結財務諸表は、年度の連結財務諸表で要求されるすべての情報が含まれていないた
       め、前年度の連結財務諸表とあわせて利用されるべきものです。
      (2)  測定の基礎

        当社の要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定している金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成して
       います。
      (3)  機能通貨及び表示通貨

        当社の要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円で表示しており、百万円未満の端数を切り捨て
       ています。 
      (4)  未適用の公表済みの基準書及び解釈指針

        要約四半期連結財務諸表の承認日までに公表されている主な基準書は、以下のとおりです。当第1四半期におい
       て当社グループは、これを早期適用していません。
        IFRS第16号の適用が当社の要約四半期連結財務諸表に与える影響については検討中であり、現時点では見積もる
       ことはできません。
                        強制適用時期         当社グループ
        基準書        基準書名                             新設・改訂の概要
                       (以降開始年度)           適用時期
       IFRS第16号          リース       2019年1月1日         2020年3月期        リースに関する会計処理を改訂
                                 26/40









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     3.重要な会計方針
       本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、以下を除き、前年度に係る連結財務諸表において
      適用した会計方針と同様です。
      (会計方針の変更)
       当社グループは、当第1四半期よりIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」(2014年5月公表)及び「IFRS第
      15号の明確化」(2016年4月公表)(あわせて以下、「IFRS第15号」という。)を適用しています。
       IFRS第15号の適用にあたっては、経過措置として認められている、本基準の適用による累積的影響を適用開始日に
      認識する方法を採用しています。
       当社グループでは、以下の5ステップアプローチに基づき、収益を認識しています。

        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時点で(又は充足するにつれて)収益を認識する。
       契約獲得のための増分コストのうち、回収可能と見込まれる部分について資産(以下、「契約獲得コストから認識

      した資産」という。)を認識しています。
       契約獲得のための増分コストとは、顧客との契約を獲得するために発生したコストで、当該契約を獲得しなければ
      発生しなかったであろうものです。
       契約獲得コストから認識した資産については、当該資産の償却期間が1年以内である場合を除き、当該資産に関連
      するサービスの顧客への移転に合わせて規則的に償却しています。当該資産の償却期間が1年以内である場合は、
      IFRS第15号で規定される実務上の便法を適用し、契約獲得のための増分コストを発生時に費用処理しています。
       そのため、従前の会計基準では発生時に費用処理していた販売手数料等を一部資産として計上しています。
       結果として、従前の会計基準を適用した場合と比較すると、当第1四半期の期首時点において、主にその他の流動
      資産が1,764百万円、利益剰余金が1,360百万円それぞれ増加し、繰延税金資産が540百万円減少しています。
       また、顧客へのサービスの提供に他の当事者が関与している取引について、サービスの履行義務を充足する前に当
      社グループがサービスを支配しているか検討を行った結果、当社グループはサービスを支配していないと評価しまし
      た。そのため一部の顧客への売上収益の表示について総額表示から純額表示に変更しています。
       結果として、従前の会計基準を適用した場合と比較すると、当第1四半期の要約四半期連結損益計算書において、
      売上収益及び売上原価が3,785百万円それぞれ減少しています。
     4.重要な会計上の判断、会計上の見積り及び仮定

       要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告額に
      影響を及ぼす判断、会計上の見積り及び仮定の設定を行っています。見積り及び仮定は、過去の実績や状況に応じ合
      理的だと考えられる様々な要因に基づく経営者の最善の判断に基づいています。しかし実際の結果は、その性質上、
      見積り及び仮定と異なることがあり、将来の不確実な経済条件の変動による影響を受けて、翌四半期以降の要約四半
      期連結財務諸表において認識する金額に重要な影響を与える可能性があります。
       見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直しています。これらの見積りの見直しによる影響は、当該見積りを
      見直した期間及び将来の期間において認識しています。
       要約四半期連結財務諸表における重要な会計上の見積り及び仮定は、前年度に係る連結財務諸表と同様です。
                                 27/40





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     5.企業結合等
      前第1四半期(自 2017年4月1日 至 2017年6月30日)
       前第1四半期に生じた重要な企業結合等はありません。
      当第1四半期(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)

      (1)  Glassdoor,      Inc.の株式取得について
       ① 被取得企業の名称及び説明
         被取得企業の名称:Glassdoor,               Inc.(以下、「Glassdoor」という。)
         被取得企業の事業の内容:オンライン求人情報サイト運営
       ② 取得日

         2018年6月21日
       ③ 取得した議決権付資本持分の割合

         100%
       ④ 企業結合の主な理由

         当社は中期的に、米国及びグローバル市場においてIndeedの既存事業の拡大とM&Aを通じてHRテクノロジー事業
        を積極的に拡大する戦略を掲げています。この成長戦略に沿って、企業レビュー情報等の膨大なデータベースを
        公開し求人企業の透明性を高めてきたGlassdoorとオンライン求人情報専門検索サイトとして高い知名度を有する
        Indeedが協働することで、求職者と求人企業が各々直面している様々な問題を解決し、更なる成長を実現する事
        業機会を創出したいと考えています。当社は、オンライン求人検索、オンライン求人情報アグリゲーション、求
        職者と求人企業のマッチング、そして求職者による求人企業の口コミ情報によって、求職者の仕事探しと企業の
        求人活動を更に強力にサポートし、オンラインHR領域におけるポジションを確固たるものにしていきます。
       ⑤ 被取得企業の支配を獲得した方法

         現金を対価とする株式取得
       ⑥ 認識したのれんの構成要因

         今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものです。
       ⑦ 取得対価及びその内訳

                                                  (単位:百万円)
                            対価                         金額
         現金及び現金同等物                                             143,097
         合計                                             143,097
         (注)取得対価は1,295百万米ドルを取得日の直物為替レートで換算した金額であり、Glassdoorの保有純現金
            の調整等を含んでいます。
                                 28/40







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
       ⑧ 取得日における資産・負債の公正価値及びのれん
                                                  (単位:百万円)
                            科目                         金額
         流動資産(注1)                                              21,217
         非流動資産                                              1,968
         資産合計                                              23,186
         流動負債(注2)                                              11,442
         非流動負債                                              1,002
         負債合計                                              12,444
         純資産                                              10,741
         のれん(注3)                                             132,355
         合計                                             143,097
         取得した資産及び引き受けた負債は、取得原価の配分が完了していないため、暫定的に算出された金額です。
         (注1)現金及び現金同等物16,197百万円が含まれています。また、取得した営業債権の公正価値は3,469百万
             円です。
         (注2)繰延収益9,167百万円が含まれています。
         (注3)のれんの金額は、取得原価の配分が完了していないため、暫定的に算出された金額です。
       ⑨ 要約四半期連結損益計算書に認識されている取得日以降の被取得企業の売上収益及び四半期利益

         取得日以降における被取得企業の売上収益及び四半期利益は重要性がないため、記載を省略しています。
       ⑩ 取得日が当年度の期首であったと仮定した場合の2018年6月30日に終了した当第1四半期における売上収益及

        び四半期利益
         企業結合が期首に行われたと仮定した場合の当社グループの売上収益及び四半期利益に与える影響は軽微なた
        め、記載を省略しています。
       ⑪ 取得関連費用

         当該企業結合に係る取得関連費用は1,193百万円であり、要約四半期連結損益計算書の「販売費及び一般管理
        費」に計上しています。
                                 29/40










                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     6.事業セグメント
      (1)  報告セグメントの概要
        当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締
       役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているセグメントで
       す。
        当社グループは、事業の種類別に「HRテクノロジー事業」、「メディア&ソリューション事業」及び「人材派遣
       事業」の3つを報告セグメントとしています。
        HRテクノロジー事業は、オンライン求人情報専門検索サイト「Indeed」と、これに関連する事業で構成されてい
       ます。
        メディア&ソリューション事業は、販促領域及び人材領域の2つの事業領域で構成されています。
        人材派遣事業は、国内派遣及び海外派遣の2つの事業領域で構成されています。
      (2)  報告セグメントに関する情報

        報告セグメントの利益はEBITDA(営業利益+減価償却費及び償却費±その他の営業収益・費用)です。全社/消
       去のセグメント利益には、各報告セグメントに配分していない全社費用が含まれています。全社費用は、主にセグ
       メントに帰属しない一般管理費です。セグメント間の内部売上収益又は振替高は市場実勢価格に基づいています。
       なお、セグメント資産は、算定していないため、記載を省略しています。
       前第1四半期(自 2017年4月1日 至 2017年6月30日)

                                                   (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                               全社/消去        連結
                   HRテクノロ      メディア&ソ
                                 人材派遣        合計
                     ジー     リューション
     売上収益
      外部顧客からの
                      45,367      164,248       314,780       524,396         -    524,396
      売上収益
      セグメント間の内部
                      1,121        953      3,283       5,358      △5,358         -
      売上収益又は振替高
     合計                46,488      165,202       318,063       529,754       △5,358       524,396
     セグメント利益又は
                      7,768      43,169       20,602       71,540        341     71,881
     セグメント損失(△)
      減価償却費及び償却費                                                  14,530
      その他の営業収益                                                   351
      その他の営業費用                                                  1,377
     営業利益                                                   56,326
      持分法による
                                                        1,202
      投資損益(△は損失)
      金融収益                                                  1,850
      金融費用                                                   264
     税引前四半期利益                                                   59,115
                                 30/40







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
       当第1四半期(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
                                                   (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                               全社/消去        連結
                   HRテクノロ      メディア&ソ
                                 人材派遣        合計
                     ジー     リューション
     売上収益
      外部顧客からの
                      69,745      171,988       325,543       567,277         -    567,277
      売上収益
      セグメント間の内部
                      1,361       1,555       3,566       6,483      △6,483         -
      売上収益又は振替高
     合計                71,107      173,543       329,110       573,760       △6,483       567,277
     セグメント利益又は
                      9,447      47,386       24,038       80,872      △2,145       78,727
     セグメント損失(△)
      減価償却費及び償却費                                                  16,833
      その他の営業収益                                                  7,042
      その他の営業費用                                                  1,096
     営業利益                                                   67,839
      持分法による
                                                       △2,010
      投資損益(△は損失)
      金融収益                                                  2,095
      金融費用                                                   192
     税引前四半期利益                                                   67,731
                                 31/40













                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     7.売上収益
       (1)  分解した収益とセグメント収益の関連
        主要な財・サービスのライン及びセグメント収益の関連は以下のとおりです。
                               (単位:百万円)
                              当第1四半期
                           (自 2018年4月1日
                            至 2018年6月30日)
        HRテクノロジー                             71,107
        メディア&ソリューション                             173,543
         販促領域                            93,650
          住宅分野                           24,206
          結婚分野                           13,914
          旅行分野                           14,055
          飲食分野                            9,267
          美容分野                           17,201
          その他                           15,004
         人材領域                            79,074
          国内人材募集分野                           70,265
          その他                            8,808
         全社/消去
                                       818
         (メディア&ソリューション)
        人材派遣                             329,110
         国内派遣領域                            135,638
         海外派遣領域                            193,472
        全社/消去                             △6,483
               合計                      567,277
        当社グループはHRテクノロジー事業、メディア&ソリューション事業及び人材派遣事業の3つの事業を当社の取

       締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために定期的に検討を行う対象としていることから、これら3
       事業で売上収益を計上しています。
        これらの事業から生じる収益は顧客との契約に従い計上しており、売上収益に含まれる変動対価等の金額に重要
       性はありません。
        また、約束した対価の金額に含まれている重要な金融要素はありません。
        ①  HRテクノロジー事業

         オンライン求人情報専門検索サイト等を運営し、ユーザーの求職活動及びクライアントの求人活動を支援する
        サービスを提供することで、クライアントより対価を得ています。
         求人広告については、広告掲載に関するシステム利用サービスについて、契約に基づき個々の取引の成立に関
        するサービスの提供を行う義務を負っています。
         当該履行義務は個々の取引の成立時点で充足されるため、同時点で収益を認識しています。
                                 32/40






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
        ②  メディア&ソリューション事業
         販促領域
          住宅、結婚、旅行、飲食及び美容等に関する情報を、当社グループが運営するインターネットサイトや情報
         誌に掲載し、サービス利用・商品購入を検討する個人へ提供することで、顧客より広告掲載料を得ています。
          インターネットサイトへの広告掲載については、期間保証型の広告サービスについて、契約で定められた期
         間に渡り、広告を掲示する義務を負っています。当該履行義務は時の経過につれて充足されるため、当該契約
         期間に応じて均等按分し収益を認識しています。
          情報誌への広告掲載サービスについては、契約に基づき顧客に対し、掲載期間を定めない広告関連サービス
         を提供しており、特定の紙面に広告を掲載する義務を負っています。
          そのため、情報誌の発売日(発行日)において、広告が掲載された情報誌が店頭に陳列され、消費者が購
         入・閲覧可能、もしくは読者に情報誌が到着した時点が履行義務の充足時点となると判断し、同時点で収益を
         認識しています。
         人材領域

          当社グループは、社員の中途採用を希望する顧客に対し、求める人材要件を整理した上で、職務経歴・スキ
         ル・志向の合った候補者を選定し、転職希望者を紹介する人材紹介サービスを提供しています。
          当社グループは、紹介した転職希望者の入社をもって、顧客から紹介料を得ています。
          人材紹介サービスについては、契約に基づき個々の採用の成立に関するサービスの提供を行う義務を負って
         います。当該履行義務は、個々の入社時点で充足されるため、同時点で収益を認識しています。
          また、新卒社員・中途社員等の採用を希望する顧客に対して、当社グループが運営するインターネットサイ
         トや情報誌への広告掲載により募集から採用までの活動を支援することで、顧客より広告掲載料を得ていま
         す。インターネットサイトへの広告掲載については、期間保証型の広告サービスについて、契約で定められた
         期間に渡り、広告を掲示する義務を負っています。当該履行義務は時の経過につれて充足されるため、当該契
         約期間に応じて均等按分し収益を認識しています。
          情報誌への広告掲載サービスについては、契約に基づき顧客に対し、掲載期間を定めない広告関連サービス
         を提供しており、特定の紙面に広告を掲載する義務を負っています。
          そのため、情報誌の発売日(発行日)において、広告が掲載された情報誌が店頭に陳列され、消費者が購
         入・閲覧可能、もしくは読者に情報誌が到着した時点が履行義務の充足時点となると判断し、同時点で収益を
         認識しています。
          複数サービスのセット販売や複数回掲載のセット販売については、契約開始時に履行義務の基礎となるそれ

         ぞれのサービスの独立販売価格を算定し、取引価格をその独立販売価格の比率でそれぞれの履行義務に配分し
         ています。
          値引きについては、独立販売価格の比率でそれぞれの履行義務に配分しています。
       ③  人材派遣事業

        当社グループは、事務職、製造業務・軽作業、各種専門職等の人材を顧客に派遣する人材派遣サービスを提供し
       ています。
        人材派遣サービスについては、契約に基づき労働力を提供する義務を負っています。当該履行義務は、派遣社員
       による労働力の提供に応じて充足されると判断し、派遣社員の派遣期間における稼動実績に応じて収益を認識して
       います。
                                 33/40





                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     8.配当金
       配当金の支払額は以下のとおりです。
       前第1四半期(自          2017年4月1日         至   2017年6月30日)
                         配当金の総額        1株当たり配当額
         決議        株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
      2017年5月12日
                 普通株式           36,213           65  2017年3月31日         2017年6月21日
        取締役会
       (注1,2)
      (注1)1株当たり配当額については、2017年7月1日付の株式分割を考慮していません。
      (注2)配当金の総額には、役員報酬BIP信託が所有する当社株式に対する配当金17百万円が含まれています。
       当第1四半期(自          2018年4月1日         至   2018年6月30日)

                         配当金の総額        1株当たり配当額
         決議        株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
      2018年5月15日
        取締役会         普通株式           20,060           12  2018年3月31日         2018年6月20日
        (注)
      (注)配当金の総額には、役員報酬BIP信託が所有する当社株式に対する配当金13百万円が含まれています。
                                 34/40















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     9.1株当たり利益
      (1)  基本的1株当たり四半期利益の金額及び算定上の基礎は以下のとおりです。

                                  前第1四半期              当第1四半期
                               (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年6月30日)              至 2018年6月30日)
                                         24.08
     基本的1株当たり四半期利益(円)                                                  28.35
     (算定上の基礎)
      親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)                                  40,219              47,363
       親会社の普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -              -
      基本的1株当たり四半期利益の計算に使用
                                        40,219              47,363
      する四半期利益(百万円)
                                       1,670,368
      普通株式の加重平均株式数(千株)                                               1,670,834
      (2)  希薄化後1株当たり四半期利益の金額及び算定上の基礎は以下のとおりです。

                                  前第1四半期              当第1四半期
                               (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2017年6月30日)              至 2018年6月30日)
                                         24.03
     希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                                  28.29
     (算定上の基礎)
     希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する四
     半期利益
      基本的1株当たり四半期利益の計算に使用する四
                                        40,219              47,363
      半期利益(百万円)
       四半期利益調整額(百万円)                                   -              -
      希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する
                                        40,219              47,363
      四半期利益(百万円)
     希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する普
     通株式の加重平均株式数
      基本的1株当たり四半期利益の計算に使用する普
                                       1,670,368
                                                     1,670,834
      通株式の加重平均株式数(千株)
                                         3,549
       希薄化性潜在普通株式の影響(千株)                                                3,166
      希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する
                                       1,673,918
                                                     1,674,001
      普通株式の加重平均株式数(千株)
      (注)当社は、2017年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っています。
         前年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、基本的1株当たり四半期利益の金額及び希薄化後1株当
         たり四半期利益の金額を算定しています。
                                 35/40









                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     10.公正価値測定
      (1)  公正価値の測定方法
        資産
         現金及び現金同等物、営業債権及びその他の債権については、短期間で決済されるものであり、帳簿価額が公
        正価値に近似しています。
         その他の金融資産の公正価値は以下を除き、資産の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いた現在
        価値により算定しており、帳簿価額は公正価値に近似しています。
        ①  資本性金融資産

         資本性金融資産のうち活発な市場が存在する銘柄の公正価値は、市場価格に基づいて算定しています。活発な
        市場が存在しない銘柄の公正価値は、主に割引キャッシュ・フロー法に基づく評価技法及び知識のある自発的な
        当事者間での最近の独立第三者間取引の利用に基づく評価技法を用いて評価しています。
        ②  デリバティブ資産

         デリバティブ資産の公正価値は、取引金融機関から提示された価格に基づいて算定しています。
        負債

         営業債務及びその他の債務、短期借入金については、短期間で決済されるものであり、帳簿価額が公正価値に
        近似しています。
         長期借入金の公正価値は、元利金の合計額を、新規に同様に借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
        現在価値により算定しています。
         社債の公正価値は、市場価格を参照して算定しています。
         その他の金融負債の公正価値は以下を除き、負債の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いた現在
        価値により算定しており、帳簿価額は公正価値に近似しています。
        ①  デリバティブ負債

         デリバティブ負債の公正価値は、取引金融機関から提示された価格に基づいて算定しています。
      (2)  公正価値ヒエラルキー

        当社グループにおける公正価値の測定レベルは、市場における観察可能性に応じて次の3つに区分しています。
        レベル1:活発に取引される市場で公表価格により測定された公正価値
        レベル2:レベル1以外の、観察可能な価格を直接、又は間接的に使用して算定された公正価値
        レベル3:観察不能なインプットを含む評価技法から算定された公正価値
        公正価値測定に複数のインプットを使用している場合には、その公正価値測定の全体において重要な最も低いレ

       ベルのインプットに基づいて公正価値のレベルを決定しています。
        前年度及び当第1四半期においてレベル1、2及び3の間の重要な振替はありません。なお、当社グループは、
       各ヒエラルキー間の振替を、振替を生じさせた事象が発生した報告期間の末日において認識しています。
                                 36/40






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
        ①  経常的に公正価値で測定する金融資産及び金融負債のレベル別の内訳
         金融商品の公正価値ヒエラルキーのレベル別の内訳は、以下のとおりです。
         前年度    (2018年3月31日)

                                                  (単位:百万円)
                      帳簿価額          レベル1          レベル2          レベル3
     金融資産
     資本性金融資産                    91,461          66,012            -        25,449
     デリバティブ資産                      412          -         412          -
         金融資産合計                 91,874          66,012           412        25,449
     金融負債
     デリバティブ負債                     3,662           -        3,662           -
         金融負債合計                 3,662           -        3,662           -
         当第1四半期       (2018年6月30日)

                                                  (単位:百万円)
                      帳簿価額          レベル1          レベル2          レベル3
     金融資産
     資本性金融資産                    99,656          72,837            -        26,818
     デリバティブ資産                     1,882           -        1,882           -
         金融資産合計                101,538          72,837          1,882         26,818
     金融負債
     デリバティブ負債                       -          -          -          -
         金融負債合計                   -          -          -          -
         レベル1の資本性金融資産は、主に活発な市場が存在する株式です。

         レベル2のデリバティブ資産及びデリバティブ負債は、主に金利スワップ、通貨スワップ及び先物為替予約等
        のデリバティブ金融商品です。
         レベル3の資本性金融資産は、主に活発な市場が存在しない非上場株式等です。
         当第1四半期において、公正価値ヒエラルキーレベル3に区分される金融資産の重要な変動はありません。
        ②  償却原価で測定する金融資産及び金融負債

         償却原価で測定する金融資産及び金融負債の帳簿価額と公正価値は、以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
                            前年度                  当第1四半期
                         (2018年3月31日)                   (2018年6月30日)
                      帳簿価額          公正価値          帳簿価額          公正価値
     社債                    49,871          49,989          49,878          50,003
         上記の表には、償却原価で測定する金融資産及び金融負債のうち、帳簿価額が公正価値と近似するものを含め

        ていません。なお、長期借入金は、主に変動金利によるものであり、市場金利が反映されるため、帳簿価額が公
        正価値に近似しています。
                                 37/40






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       2018年5月15日開催の取締役会において、2018年3月31日の株主名簿に記録された株主に対し、以下のとおり期末
      配当を行うことを決議しました。
       ①  配当金の総額                                         20,060百万円
       ②  1株当たりの金額                 12円00銭
       ③  支払請求権の効力発生日及び支払開始日                           2018年6月20日
                                 38/40


















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 39/40



















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社リクルートホールディングス(E07801)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2018年8月10日

     株式会社リクルートホールディングス
      取 締 役 会  御 中
                        EY新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                           室      橋    陽       二
                                    公認会計士                    ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                           三 ッ 木        最    文
                                    公認会計士                    ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士       三  木  拓  人            ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社リク

     ルートホールディングスの2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2018年
     4月1日から2018年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年6月30日まで)に係る要
     約四半期連結財務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括
     利益計算書、要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準
     第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は
     誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部
     統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に
     対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
     に準拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務
     報告」に準拠して、株式会社リクルートホールディングス及び連結子会社の2018年6月30日現在の財政状態並びに同日
     をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさ
     せる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上 
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告
          書提出会社)が別途保管しています。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 40/40


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。