株式会社ハイパー 四半期報告書 第29期第2四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第29期第2四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社ハイパー

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年8月10日
      【四半期会計期間】                    第29期第2四半期(自 平成30年4月1日 至 平成30年6月30日)
      【会社名】                    株式会社ハイパー
      【英訳名】                    HYPER   Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  玉田 宏一
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋堀留町二丁目9番6号
      【電話番号】                    03-6855-8180(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役  田邉 浩明
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋堀留町二丁目9番6号
      【電話番号】                    03-6855-8180(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役  田邉 浩明
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/26













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第28期           第29期
               回次               第2四半期           第2四半期            第28期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 平成29年1月1日           自 平成30年1月1日           自 平成29年1月1日

              会計期間
                           至 平成29年6月30日           至 平成30年6月30日           至 平成29年12月31日
                      (千円)          11,508,443           11,155,463           22,268,215
     売上高
                      (千円)            221,598           241,916           341,585
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            149,667           142,805           203,135
     期)純利益
                      (千円)            151,533           140,424           206,567
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           2,509,710           2,652,271           2,541,548
     純資産額
                      (千円)           6,337,576           6,537,908           6,493,863
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)
                      (円)            17.75           16.81           24.07
     純利益金額
     潜在株式調整後
     1株当たり四半期(当期)                 (円)            17.15           15.79           23.12
     純利益金額
                      (%)             38.2           39.2           37.8
     自己資本比率
     営業活動による
                      (千円)           △ 69,575          △ 404,911           563,510
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (千円)           △ 135,118           △ 34,404          △ 307,017
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (千円)            390,121           310,519           △ 60,824
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                      (千円)           1,828,450           1,709,895           1,838,692
     四半期末(期末)残高
                               第28期           第29期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自 平成29年4月1日           自 平成30年4月1日

              会計期間
                           至 平成29年6月30日           至 平成30年6月30日
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)             4.32           2.74
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には消費税等は含まれておりません。
         3.平成30年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、前連結会計年度の期首に
           当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四
           半期(当期)純利益金額を算定しております。
                                  2/26





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。           また、主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
       <ITサービス事業>
        平成30年1月15日付で、セキュリティに特化したソフトウェア製品の販売事業を行うことを主な目的として、株
       式会社セキュリティアを新規に設立したことから、第1四半期連結会計期間より連結の範囲に含めております。こ
       れに伴い当社の関係会社は子会社が1社増加しました。これは、本事業領域の需要の急拡大が予想されるなか、積
       極的に事業展開を図ることで、当社グループの更なる発展と業容拡大が見込めると判断したためです。
        なお、第1四半期連結会計期間より報告セグメントの名称を従来の「情報機器販売事業」から「ITサービス事
       業」に変更いたしました。
                                  3/26

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        第28期有価証券報告書の「第2 事業の状況 4 事業等のリスク」に記載した内容から重要な変更はありませ
       ん。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、輸出や生産活動に加えて、設備投資、個人消費などの民需も
        総じて緩やかな回復基調で推移しております。一方、地政学リスクの台頭や米国トランプ政権の保護主義から各国
        間の貿易摩擦が強まるなど、先行き不透明な要素もみられました。
         当社グループが属するコンピュータ販売業界におきましては、昨年同期間の出荷台数を上回り、堅調に推移する
        状況が続いております。
         このような環境のもと、当社グループにおきましては、独自の在庫販売戦略については継続しつつ、各メーカー
        との協業を図ることにより、粗利の確保に努めてまいりました。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は11,155,463千円(前年同四半期比3.1%減)、経常利益は
        241,916千円(前年同四半期比9.2%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は142,805千円(前年同四半期比
        4.6%減)となりました。
         各セグメント別の営業の概要は次のとおりであります。
        ① ITサービス事業
          法人向けコンピュータ市場においては、Windows7のサポート終了に伴うWindows10搭載機への入れ替え需要が
         顕著化し、PC出荷台数は増加傾向で推移しました。当社グループにおきましては、ユーザーへの販売を強化し、
         間接販売から直接販売にシフトすることで販売効率を改善する施策を展開してまいりました。昨年同期間と比較
         して、PC販売台数は減少傾向で推移しておりますが、独自の在庫販売戦略に注力し、メーカー各社との協業を強
         化することなどにより、粗利の確保に努めてまいりました。
          その結果、売上高は6,928,728千円(前年同四半期比9.6%減)、営業利益は219,442千円(前年同四半期比
         25.8%増)となりました。
          なお、第1四半期連結会計期間より報告セグメントの名称を従来の「情報機器販売事業」から変更しておりま
         す。
        ② アスクルエージェント事業
          既存取引先の稼働促進や新規取引先の拡大が順調に推移いたしましたが、事業への先行投資の増加もあり、売
         上高は4,207,284千円(前年同四半期比9.7%増)、営業利益は38,548千円(前年同四半期比30.5%減)となりま
         した。
        ③ その他
          当社グループは、就労移行支援事業及び放課後等デイサービス事業を3施設運営しております。職業訓練・就
         労支援に関するサービス及び児童・生徒の発達支援に関するサービスの提供を行っており、着実に利用者数が増
         加しております。        その結果、売上高は19,450千円(前年同四半期比98.5%増)、営業損失は16,845千円(前年同
         四半期:営業損失8,344千円)となりました。
                                  4/26






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (2)キャッシュ・フローの状況
         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、1,709,895千円
        となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動により使用した資金は404,911千円(前年同四半期比335,335千円の資金減)となりました。これは主
         に、「たな卸資産の増減額」及び「仕入債務の増減額」が減少したものの、「売上債権の増減額」、「のれん償
         却額」及び「税金等調整前四半期純利益」が増加したことによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動により使用した資金は34,404千円(前年同四半期比100,713千円の資金増)となりました。これは主
         に、「   無形固定資産の取得による支出」が増加したことによるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動により得られた資金は310,519千円(前年同四半期比79,602千円の資金減)となりました。これは主
         に、「短期借入金の純増減額」が増加したものの、「長期借入れによる収入」が減少したことによるものです。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  5/26














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (5)生産、受注及び販売の実績
         当社グループは、法人向けコンピュータ及び周辺機器の販売を中心に事業を営んでおり、生産状況及び受注状況
        は記載しておりません。
        ① 商品仕入実績
                            当第2四半期連結累計期間
           セグメントの名称                 (自 平成30年1月1日                   前年同四半期比(%)
                             至 平成30年6月30日)
                                      6,189,121                    96.2
     ITサービス事業               (千円)
                                      3,734,806                    110.1

     アスクルエージェント事業               (千円)
                                       32,346                  197.9
     その他               (千円)
                                      9,956,275                    101.2
            合計         (千円)
      (注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        ② 販売実績

                            当第2四半期連結累計期間
           セグメントの名称                 (自 平成30年1月1日                   前年同四半期比(%)
                             至 平成30年6月30日)
                                      6,928,728                    90.4
     ITサービス事業               (千円)
                                      4,207,284                    109.7

     アスクルエージェント事業               (千円)
     その他               (千円)                   19,450                  198.5

                                     11,155,463                     96.9
            合計         (千円)
      (注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       (6)経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

         経営成績に重要な影響を及ぼす可能性のある事項は、第28期有価証券報告書の「第2 事業の状況 4 事業等
        のリスク」に記載のとおりであります。
       (7)資本の財源及び資金の流動性についての分析

        ① 資金需要
          当社グループの運転資金のうち主なものは、販売及び在庫のための商品購入並びに販売費及び一般管理費によ
         るものであります。
        ② 資本の財源
          当社グループにおける増加運転資金につきましては、内部資金及び金融機関からの借入等によって調達してお
         ります。なお、借入金の返済に関しましては、資金の状況を勘案しつつ、計画的に返済する方針であります。
       (8)経営者の問題認識と今後の方針について

         現在の営業環境は、国内景気は今後も緩やかな回復基調で推移すると見込まれております。一方、更なる円高や
        トランプ政権下での行き過ぎた保護貿易主義から各国間に貿易戦争的様相が強まることなどが考えられ、不透明な
        状況がみられます。
         当社グループの経営陣は、これまで事業に従事してきた経験や、現在入手可能な情報に基づき、最善の経営判断
        をおこなっており、引き続き積極的な営業活動を展開すると共に、業務の効率化を推し進めてまいります。
                                  6/26






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                      13,200,000
                  計                                     13,200,000

     (注) 平成30年5月15日開催の取締役会決議により、平成30年7月1日付で株式分割に伴う定款の変更が行われ、発行
         可能株式総数は13,200,000株増加し、26,400,000株となっております。
        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)             発行数(株)          名又は登録認可金融               内容
               (平成30年6月30日)           (平成30年8月10日)            商品取引業協会名
                                                 権利内容に何ら限定のな

                                       東京証券取引所
                                                 い当社における標準とな
       普通株式             4,321,700           8,646,000        JASDAQ
                                                 る株式であり、単元株式
                                      (スタンダード)
                                                 数は100株であります。
         計           4,321,700           8,646,000          -            -
     (注)1.「提出日現在発行数」欄には、平成30年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
         発行された株式数は含まれておりません。
        2.平成30年5月15日開催の取締役会決議により、平成30年7月1日付で1株を2株に株式分割を行っておりま
         す。これにより、「提出現在発行数」は、4,321,700株増加しております。
                                  7/26












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
           当第2四半期会計期間において発行した新株予約権は、次のとおりであります。
      決議年月日                                    平成30年4月12日
      新株予約権の数(個)                                       24
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                       -
      新株予約権の目的となる株式の種類                                      普通株式
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                      9,600(注)4
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                        1(注)1、4
                                         自  平成30年5月9日
      新株予約権の行使期間
                                         至  平成36年5月8日
                                          発行価格        616(注)4
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)                                  資本組入額         308(注)4
      新株予約権の行使の条件                                      (注)2
                                  新株予約権を譲渡する場合には、取締役会の承認を要
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                  する。
      代用払込みに関する事項                                       -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                      (注)3
      (注)1.本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
          当社普通株式1株当たり1円とし、これに、付与株式数を乗じた金額とする。
         2.新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
           (1)  新株予約権者は、割当日の翌日から3年経過後または当社の取締役の地位を喪失した日の翌日のいずれ
            か早い日から新株予約権を行使することができる。
           (2)  上記(1)にかかわらず、新株予約権者は、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完
            全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総
            会決議が不要な場合は、取締役会決議がなされた場合)には、当該承認日(株主総会決議が不要な場合は
            取締役会決議日)の翌日から15日間に限り新株予約権を行使できる。ただし、下記3.に従って新株予約
            権者に再編対象会社の新株予約権が交付される旨が合併契約、株式交換契約若しくは株式移転計画におい
            て定められている場合を除く。
           (3)  上記(1)は、新株予約権を相続により承継した者については適用しない。
           (4)  新株予約権者が新株予約権を放棄した場合、当該新株予約権を行使することができない。
         3.組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
            組織再編における再編対象会社の新株予約権の交付の内容に関する決定方針
            当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分
            割会社となる場合に限る)または株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
            る)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という)をする場合には、組織再編行為の効力発生日(吸
            収合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社の成立の日、吸収分
            割につき吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社の成立の日、株式交換に
            つき株式交換がその効力を生ずる日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下
            同じ)の直前において残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という)を保有する新株予約権者
            に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、
            「再編対象会社」という)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再
            編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、
            株式交換契約または株式移転計画において定めることを条件とする。
           (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
                                  8/26




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
           (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、下記に準じて決定する。
            本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式200
            株とする。ただし、株主総会における決議日(以下、「決議日」という。)後、当社が当社普通株式につ
            き、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)または株式
            併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを
            切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
            また、上記のほか、決議日後、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、合理的
            な範囲で付与株式数を調整する。
           (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、再編後行使価額に上記(3)に従って
            決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。再編後行使価額は、
            交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たり
            1円とする。
           (5)  新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅
            い日から上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            承継前の基準に準じて決定する。
           (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
            る。
           (8)  その他新株予約権の行使の条件
            上記2に準じて決定する。
           (9)  新株予約権の取得事由及び条件
            承継前の基準に準じて決定する。
         4.平成30年5月15日開催の取締役会決議により、平成30年7月1日付で1株を2株に株式分割を行っており
          ます。これにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株
          予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  9/26










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成30年4月1日~
                     8,700     4,321,700         2,762      310,006        2,762      260,018
     平成30年6月30日
     (注)1.新株予約権の行使によるものです。
        2.平成30年7月1日付をもって1株を2株に株式分割し、発行済株式総数が4,321,700株増加しております。
       (6)【大株主の状況】

                                                  平成30年6月30日現在
                                                     発行済株式総数
                                              所有株式数       に対する所有株
           氏名又は名称                      住所
                                               (株)       式数の割合
                                                       (%)
                         東京都豊島区千早3丁目27-2                      1,162,600          26.90

     ララコーポレーション株式会社
                                                637,400         14.75
     玉田 宏一                    千葉県千葉市中央区
                                                323,500          7.49
     遠藤 孝                    東京都八王子市
                                                128,100          2.96
     関根 俊一                    東京都豊島区
                                                122,000          2.82
     小田 昌平                    宮城県仙台市若林区
                         東京都中央区日本橋堀留町2丁目9-6                       103,100          2.39
     ハイパー従業員持株会
                         東京都中央区八丁堀2丁目26-9
                                                90,000         2.08
     株式会社庚伸
                         グランデビルディング3F
                         群馬県高崎市倉賀野町3199-1                       75,500         1.75
     株式会社ミートプランニング
                         東京都中央区日本橋茅場町1丁目2-10
                                                64,500         1.49
     日本証券金融株式会社
                         号
                                                60,700         1.40
     由佐 幸継                    宮城県仙台市青葉区
                                  -             2,767,400          64.03
              計
     (注)1.上記のほか、自己株式が66,188株あります。
        2.平成30年5月15日開催の取締役会決議により、平成30年7月1日付で1株を2株に株式分割を行っております
         が、上記所有株式数については、当該株式分割前の所有株式数を記載しております。
                                 10/26







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年6月30日現在
           区分            株式数(株)            議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                     -             -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                     -             -             -

     議決権制限株式(その他)                     -             -             -

     完全議決権株式(自己株式等)               普通株式     66,100                   -             -

                     普通株式           4,254,600

     完全議決権株式(その他)                                      42,546          -
                     普通株式               1,000
     単元未満株式                                   -       一単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                       4,321,700           -             -

     総株主の議決権                     -                42,546          -

      (注)1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が600株含まれております。
           また、「議決権の数」欄には同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数6個が含まれております。
         2.単元未満株式数には当社所有の自己株式88株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年6月30日現在
                                                    発行済株式総数に

     所有者の氏名又は                      自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合
                 所有者の住所                                   対する所有株式数
     名称                      式数(株)        式数(株)        計(株)
                                                    の割合(%)
     株式会社ハイ         東京都中央区日本橋堀
                               66,100          -      66,100          1.53
     パー         留町二丁目9番6号
         計           -           66,100          -      66,100          1.53
     (注) 上記の他に単元未満株式として自己株式を88株所有しております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 11/26









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年4月1日から平
       成30年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年6月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は平成30年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
                                 12/26

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,848,692              1,719,895
         現金及び預金
                                      ※1 3,114,563             ※1 2,891,581
         受取手形及び売掛金
                                       ※1 127,159             ※1 153,491
         電子記録債権
                                        682,495             1,075,763
         商品
                                         97,200              85,771
         その他
                                        △ 10,094              △ 8,989
         貸倒引当金
                                       5,860,016              5,917,513
         流動資産合計
       固定資産
                                         57,183              55,036
         有形固定資産
         無形固定資産
                                        196,042              175,594
          のれん
                                        197,564              190,601
          その他
          無形固定資産合計                              393,606              366,196
         投資その他の資産
                                         39,018              35,724
          投資有価証券
                                        228,252              249,063
          その他
                                        △ 84,213             △ 85,625
          貸倒引当金
                                        183,057              199,162
          投資その他の資産合計
                                        633,847              620,395
         固定資産合計
                                       6,493,863              6,537,908
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       2,831,305              2,481,437
         買掛金
                                            -           400,000
         短期借入金
                                        334,317              301,966
         1年内返済予定の長期借入金
                                        132,166              109,630
         未払法人税等
                                         70,979              75,485
         賞与引当金
                                        225,049              181,347
         その他
                                       3,593,817              3,549,867
         流動負債合計
       固定負債
                                        308,576              286,864
         長期借入金
                                         23,630              22,445
         退職給付に係る負債
                                         26,291              26,460
         その他
                                        358,498              335,769
         固定負債合計
                                       3,952,315              3,885,637
       負債合計
                                 13/26







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年12月31日)              (平成30年6月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                        306,768              310,006
         資本金
                                        276,969              280,207
         資本剰余金
                                       1,897,543              2,000,023
         利益剰余金
                                        △ 32,053             △ 32,053
         自己株式
                                       2,449,228              2,558,184
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         5,160              2,780
         その他有価証券評価差額金
                                         5,160              2,780
         その他の包括利益累計額合計
                                         87,158              91,307
       新株予約権
                                       2,541,548              2,652,271
       純資産合計
                                       6,493,863              6,537,908
      負債純資産合計
                                 14/26















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
      売上高                                 11,508,443              11,155,463
                                       9,994,532              9,563,006
      売上原価
                                       1,513,910              1,592,456
      売上総利益
                                      ※1 1,292,367             ※1 1,351,311
      販売費及び一般管理費
                                        221,543              241,145
      営業利益
      営業外収益
                                           284              248
       受取利息
                                           435              411
       受取配当金
                                           800              600
       広告料収入
                                           627              767
       受取手数料
                                         1,135              1,401
       その他
                                         3,283              3,430
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,827              2,259
       支払利息
                                           400              400
       支払手数料
                                         3,227              2,659
       営業外費用合計
                                        221,598              241,916
      経常利益
                                        221,598              241,916
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   81,336              99,666
                                        △ 9,405              △ 555
      法人税等調整額
                                         71,931              99,111
      法人税等合計
                                        149,667              142,805
      四半期純利益
                                        149,667              142,805
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 15/26











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
                                        149,667              142,805
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         1,866             △ 2,380
       その他有価証券評価差額金
                                         1,866             △ 2,380
       その他の包括利益合計
                                        151,533              140,424
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        151,533              140,424
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 16/26
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年1月1日              (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        221,598              241,916
       税金等調整前四半期純利益
                                         37,049              38,556
       減価償却費
                                            -            21,949
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  7,513              1,288
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  9,019              4,506
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    -           △ 1,184
                                         △ 720             △ 660
       受取利息及び受取配当金
                                         2,827              2,259
       支払利息
                                         12,462               6,140
       株式報酬費用
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 380,825              194,256
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 150,525             △ 393,446
       仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 105,507             △ 349,867
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  21,423             △ 46,754
                                        △ 31,911              △ 6,235
       その他
                                        △ 56,544             △ 287,276
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   506              446
                                        △ 2,835             △ 2,165
       利息の支払額
                                        △ 10,702             △ 115,917
       法人税等の支払額
                                        △ 69,575             △ 404,911
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 2,157             △ 2,713
       有形固定資産の取得による支出
                                       △ 132,764              △ 29,517
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 10,115               △ 136
       投資有価証券の取得による支出
                                         10,000                -
       投資有価証券の償還による収入
                                          △ 81            △ 2,037
       その他
                                       △ 135,118              △ 34,404
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 100,000              400,000
                                        500,000              150,000
       長期借入れによる収入
                                       △ 172,262             △ 204,063
       長期借入金の返済による支出
                                            2            4,484
       ストックオプションの行使による収入
                                        △ 37,618             △ 39,901
       配当金の支払額
                                        390,121              310,519
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   185,427             △ 128,797
                                       1,643,023              1,838,692
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 1,828,450             ※1 1,709,895
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 17/26







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         第1四半期連結会計期間より、新たに設立した株式会社セキュリティアを連結の範囲に含めております。
                                 18/26




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
         ※1 四半期連結会計期間末日満期手形及び電子記録債権
           四半期連結会計期間末日満期手形及び電子記録債権の会計処理については、手形交換日又は決済日をもっ
          て決済処理をしております。
           なお、当第2四半期連結会計期間の末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満
          期手形及び電子記録債権が四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                             前連結会計年度                当第2四半期連結会計期間

                            (平成29年12月31日)                   (平成30年6月30日)
     受取手形                                7,939千円                   8,652千円
     電子記録債権                                1,457                   3,893
                                 19/26

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
         ※1 販売費及び一般管理費のうち、主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年6月30日)                    至 平成30年6月30日)
     給料手当                               426,883    千円              436,536    千円
                                     55,526                  57,913
     賞与引当金繰入額
                                    259,324                  279,377
     販売手数料
                                     7,335                  1,288
     貸倒引当金繰入額
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次
           のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自 平成29年1月1日                  (自 平成30年1月1日
                             至 平成29年6月30日)                  至 平成30年6月30日)
     現金及び預金勘定                              1,828,450千円                  1,719,895千円
     預入期間が3か月を超える定期預金等                                  -              △10,000
     現金及び現金同等物                              1,828,450                  1,709,895
                                 20/26














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年6月30日)
          1.配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     平成29年3月23日
                普通株式         37,929        9.00   平成28年12月31日         平成29年3月24日         利益剰余金
     定時株主総会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

           の末日後となるもの
                      配当金の総額        1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     平成29年8月10日
                普通株式         35,841        8.50   平成29年6月30日         平成29年9月1日         利益剰余金
     取締役会
          3.株主資本の著しい変動

            該当事項はありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年6月30日)

          1.配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     平成30年3月23日
                普通株式         40,325        9.50   平成29年12月31日         平成29年3月24日         利益剰余金
     定時株主総会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

           の末日後となるもの
                      配当金の総額        1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     平成30年8月10日
                普通株式         38,299        9.00   平成30年6月30日         平成30年9月3日         利益剰余金
     取締役会
          3.株主資本の著しい変動

            該当事項はありません。
                                 21/26









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年6月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                       四半期連結
                                     その他                  損益計算書
                        アスクルエ                    合計      調整額
                                     (注)2                   計上額
                  ITサービ
                        ージェント        計
                                                       (注)1
                   ス事業
                         事業
     売上高
                  7,664,523      3,834,121      11,498,644         9,799    11,508,443           -  11,508,443
     外部顧客への売上高
     セグメント間の内部売上
                      -      -      -      -      -      -      -
     高又は振替高
                  7,664,523      3,834,121      11,498,644         9,799    11,508,443           -  11,508,443
          計
     セグメント利益又は損失
                   174,393       55,494      229,888      △ 8,344     221,543         -   221,543
     (△)
      (注)1 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益であります。
         2 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、放課後等デイサービス事業等を
          含んでおります。
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成30年1月1日 至 平成30年6月30日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                       四半期連結
                                     その他                  損益計算書
                        アスクルエ                    合計      調整額
                                     (注)2                   計上額
                  ITサービ
                        ージェント        計
                                                       (注)1
                   ス事業
                         事業
     売上高
                  6,928,728      4,207,284      11,136,012        19,450    11,155,463           -  11,155,463
     外部顧客への売上高
     セグメント間の内部売上
                      -      -      -      -      -      -      -
     高又は振替高
                  6,928,728      4,207,284      11,136,012        19,450    11,155,463           -  11,155,463
          計
     セグメント利益又は損失
                   219,442       38,548      257,991      △ 16,845      241,145         -   241,145
     (△)
      (注)1 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益であります。
         2 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、就労移行支援事業及び放課後等
          デイサービス事業等を含んでおります。
           2.報告セグメントの変更等に関する事項

             第1四半期連結会計期間より、従来「情報機器販売事業」としていた報告セグメント名称を「ITサー
             ビス事業」に変更しております。
             この変更はセグメント名称の変更であり、セグメント情報に与える影響はありません。
             なお、前第2四半期連結累計期間の報告セグメントについても、変更後の名称で表示しております。
                                 22/26





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                項目               (自 平成29年1月1日               (自 平成30年1月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                   17円75銭               16円81銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                  149,667               142,805

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                         149,667               142,805
      益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 8,432,495               8,493,057
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   17円15銭               15円79銭

     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -               -
      (千円)
      普通株式増加数(株)                                  295,276               549,200
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                           -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
     (注)1.平成30年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。1株当たり四半期純利益
        金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額は、当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたと仮
        定してそれぞれ算定しております。
        (重要な後発事象)

         (株式分割)
         平成30年5月15日開催の取締役会決議に基づき、平成30年7月1日付で、下記のとおり株式分割を行っており
         ます。
         1.株式分割の目的
          当社株式の流動性の向上と投資家層及び株主数の拡大を図ることを目的として、株式分割を行うものであり
          ます。
         2.株式分割の概要
         (1)分割の方法
          平成30年6月30日最終の株主名簿に記録された株主の所有する普通株式1株につき、2株の割合をもって分
          割いたします。
         (2)分割により増加する株式数
           ①株式分割前の当社発行済株式総数 4,321,700株
           ②今回の分割により増加する株式数 4,321,700株
           ③株式分割後の当社発行済株式総数 8,643,400株
           ④株式分割後の発行可能株式総数  26,400,000株
           (注)株式数については、平成30年6月30日現在の株式数を基準としております。
         (3)分割の日程
           ①基準日    平成30年6月30日
           ②効力発生日  平成30年7月1日
         3.1株当たり情報に及ぼす影響
          当該株式分割による影響は、(1株当たり情報)に記載しております。
                                 23/26



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        平成30年8月10日開催の取締役会において、平成30年6月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中
       間配当を行うことを決議いたしました。
        ① 配当金の総額………………………………………38,299千円
        ② 1株当たりの金額…………………………………9円00銭
        ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日………平成30年9月3日
                                 24/26



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 25/26




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年8月10日

     株式会社ハイパー
      取締役会 御中
                          EY 新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                            小  野  木  幹  久  印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                            石  井  広  幸  印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ハイ

     パーの平成30年1月1日から平成30年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成30年4月1日から平
     成30年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年1月1日から平成30年6月30日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
     フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ハイパー及び連結子会社の平成30年6月30日現在の財政状態
     並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していない
     と信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 26/26



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。