株式会社京都ホテル 四半期報告書 第100期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

四半期報告書-第100期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社京都ホテル

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      近畿財務局長

     【提出日】                      2018年8月13日

     【四半期会計期間】                      第100期第1四半期(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)

     【会社名】                      株式会社京都ホテル

     【英訳名】                      THE KYOTO HOTEL, LTD.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  福永 法弘

     【本店の所在の場所】                      京都府京都市中京区河原町通二条南入一之船入町537番地の4

     【電話番号】                      京都075(211)5111(大代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役経理部長  西川 治彦

     【最寄りの連絡場所】                      京都府京都市中京区河原町通二条南入一之船入町537番地の4

     【電話番号】                      京都075(211)5111(大代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役経理部長  西川 治彦

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/14









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                              第99期           第100期

              回次               第1四半期           第1四半期            第99期
                             累計期間           累計期間
                           自   2017年1月1日         自   2018年4月1日         自   2017年1月1日
             会計期間
                           至   2017年3月31日         至   2018年6月30日         至   2018年3月31日
                                2,399,390           2,779,912           12,715,019
     売上高                 (千円)
                                 48,033           270,941           323,829

     経常利益                 (千円)
                                 29,487           172,688           269,234

     四半期(当期)純利益                 (千円)
     持分法を適用した場合の投資利益                 (千円)              ―           ―           ―

                                1,268,924           1,268,924           1,268,924

     資本金                 (千円)
                               11,091,400           11,091,400           11,091,400

     発行済株式総数                 (株)
                                2,084,218           2,441,154           2,323,922

     純資産額                 (千円)
                               18,423,910           17,898,908           18,280,003

     総資産額                 (千円)
                                  2.67           15.57           24.29

     1株当たり四半期(当期)純利益                 (円)
     潜在株式調整後1株当たり
                       (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益
                                                        5.00
     1株当たり配当額                 (円)             ―           ―
                                  11.3           13.6           12.7

     自己資本比率                 (%)
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

        2.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
        4.第99期は決算期変更により、2017年1月1日から2018年3月31日までの15ヶ月間となっております。そのた
          め第1四半期累計期間は、第99期(2017年1月1日から2017年3月31日)と第100期(2018年4月1日から2018
          年6月30日)で対象期間が異なっております。
        5.第99期の1株当たり配当額5円には、創業130周年記念配当2円を含んでおります。
        6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半
          期会計期間の期首から適用しており、前第1四半期累計期間に係る主要な経営指標等については、当該会計
          基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
     2  【事業の内容】

       当第1四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/14





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第1四半期累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
        当社の前事業年度は決算期の変更により、2017年1月1日から2018年3月31日までの15ヶ月間となっておりま

       す。これにより、当第1四半期累計期間(2018年4月1日から2018年6月30日)は比較対象となる前第1四半期累
       計期間(2017年1月1日から2017年3月31日)と対象期間が異なるため、前年同四半期との比較は行っておりませ
       ん。ただし、当第1四半期累計期間の実績をよりわかり易く表現するために、参考数値として2017年4月から6月
       の3ヶ月間合計の実績との比較を「前年同期間比」として一部記載しております。
      (1) 業績の状況

        当第1四半期累計期間におけるわが国経済は、各種政策の効果、企業収益や雇用環境の改善等を背景に、緩やか
       な回復基調が続いているものの、大規模災害発生、異常気象に伴う国内経済の不安定さや地政学的リスクの継続が
       懸念されるなど、依然先行きは不透明な状況で推移しております。
        京都のホテル業界におきましては、国内客の安定した推移に加え、訪日外国人観光客も好調に推移する一方で、
       京都市内のホテル建設ラッシュや民泊の台頭などにより、競争環境は一段と激しさを増しております。
        このような状況の中、当社におきましては2016年12月期を初年度とする3ヶ年の中期経営計画の最終年度とし
       て、創業130周年の記念事業の展開など中期経営計画の諸施策を着実に実行してまいりました。
        この結果、当第1四半期累計期間の売上高は2,779百万円(前年同期間比84百万円増)となりました。また、収益
       面におきましては、増収効果に加え前年同様に原価管理の強化や徹底した経費削減に取り組んだ結果、営業利益316
       百万円(前年同期間比28百万円増)、経常利益270百万円(前年同期間比29百万円増)、四半期純利益172百万円
       (前年同期間比8百万円減)となりました。
        ホテル事業の部門別営業概況は次のとおりです。

        (宿泊部門)

        京都ホテルオークラの宿泊売上高は、4月の桜の時期に高単価販売が出来たこと、インターネット販売では特に
       海外OTAの堅調な予約の増加、個人会員の増加により好調に推移しておりましたが、6月の震災の影響による
       キャンセルが発生したことにより、売上高は前年同期間比10百万円の微増に終わりました。
        からすま京都ホテルにおきましては、修学旅行をはじめとする国内団体、外国人が好調に推移し、単価の上昇も
       加え、売上高は前年同期間比13百万円増となりました。
        これらの結果、宿泊部門全体の売上高は1,026百万円(前年同期間比2.4%増)となりました。
        (宴会部門)

        京都ホテルオークラの婚礼宴会は、件数増加に反し人数が大きく減少したことで売上は減少いたしましたが、一
       般宴会において件数が大きく増加したことで、売上高は前年同期間比20百万円増となりました。
        からすま京都ホテルでは、一般宴会や会議利用の件数が増えたことに加え、宿泊人数の増加に伴う朝食利用も増
       え、売上高は前年同期間比27百万円増となりました。
        この結果、宴会部門全体の売上高は902百万円(前年同期間比5.6%増)となりました。
                                  3/14




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
        (レストラン部門)
        京都ホテルオークラの館内店舗におきましては、隣接するテナントを一部拡張するため減床工事を行ったテラス
       レストラン「ベルカント」及び朝食営業を廃止した中国料理「桃李」が低調に推移しましたが、朝食利用人数が増
       加したトップラウンジ「オリゾンテ」、京料理「入舟」が堅調に推移したことにより、売上高は前年同期間比増加
       いたしました。また、館外店舗におきましては、京都ホテルオークラ別邸「粟田山荘」で月曜定休を導入したこと
       により、売上高は前年同期間比減少となりました。
        からすま京都ホテルでは、中国料理「桃李」、お食事処「入舟」ともに、昼のグループの利用が減少したことに
       より、売上高は前年同期間比で微減となりました。
        この結果、レストラン部門全体の売上高は717百万円(前年同期間比1.2%増)となりました。
        (その他部門)

        その他部門の売上高は133百万円(前年同期間比3.4%増)となりました。
        主な事業はフィットネスクラブ、テナント収入等であり、安定した収益を計上しております。
          部門別の売上高及び構成比等は、以下のとおりです。 

                                  当第1四半期累計期間
                                  (自 2018年4月1日
                                                 前年同期間比
                  区分
                                  至 2018年6月30日)
                                                   (%)
                                金額(千円)         構成比(%)
         宿泊部門                        1,026,181           36.9         2.4
         宴会部門                         902,907          32.5         5.6
         レストラン部門                         717,793          25.8         1.2
         その他部門                         133,028           4.8         3.4
                  合計               2,779,912           100.0          3.1
      (2) 財政状態の分析

        当第1四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末に比べ381百万円減少し、17,898百万円となりました。
        負債は、前事業年度末に比べ498百万円減少し、15,457百万円となりました。
        純資産は前事業年度末に比べ117百万円増加し、2,441百万円となり、自己資本比率は13.6%となりました。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期累計期間において当社の事業上及び財務上の対処すべき課題について、重要な変更及び新たに生じ
       た課題はありません。
      (4)  研究開発活動

        該当事項はありません。
     3  【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/14






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     15,000,000

                  計                                   15,000,000

       ② 【発行済株式】

                           提出日現在        上場金融商品取引所

               第1四半期会計期間末
                現在発行数(株)
        種類                   発行数(株)        名又は登録認可金融               内容
                (2018年6月30日)
                          (2018年8月13日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所          単元株式数は100株であり

       普通株式            11,091,400          11,091,400
                                             ます。
                                   (市場第二部)
         計          11,091,400          11,091,400           ―            ―

      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2018年6月30日                 ―  11,091,400            ―   1,268,924           ―    450,229
      (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/14






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(2018年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ① 【発行済株式】
                                                2018年6月30日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                     ―           ―             ―

                                          権利内容に何ら限定のない当社に
     完全議決権株式(自己株式等)                     ―           ―
                                          おける標準となる株式
                     普通株式     11,087,400
     完全議決権株式(その他)                                 110,874           同上
                     普通株式        4,000

     単元未満株式                                ―             ―
     発行済株式総数                     11,091,400           ―             ―

     総株主の議決権                     ―           110,874            ―

       ② 【自己株式等】

                                                2018年6月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
           ―             ―            ―       ―       ―       ―
           計              ―            ―       ―       ―       ―

     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  6/14









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期財務諸表の作成方法について

       当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
      号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期会計期間(2018年4月1日から2018年6月
      30日まで)及び第1四半期累計期間(2018年4月1日から2018年6月30日まで)に係る四半期財務諸表について、有限責
      任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
     3.四半期連結財務諸表について

       当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  7/14
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期財務諸表】
      (1)  【四半期貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度            当第1四半期会計期間
                                  (2018年3月31日)              (2018年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,363,222              1,246,793
         現金及び預金
                                         512,849              456,597
         売掛金
                                          67,791              66,731
         原材料及び貯蔵品
                                          38,244              49,393
         前払費用
                                          23,961              14,026
         その他
                                          △ 432              △ 89
         貸倒引当金
                                        2,005,636              1,833,453
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        10,335,379              10,198,107
           建物(純額)
                                          40,461              40,126
           構築物(純額)
                                          53,902              60,281
           機械装置及び運搬具(純額)
                                         317,152              304,607
           器具及び備品(純額)
                                        5,071,341              5,071,341
           土地
                                         130,808              122,091
           リース資産(純額)
                                          1,600
                                                           -
           建設仮勘定
                                        15,950,646              15,796,555
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          6,239              6,402
           ソフトウエア
                                         109,877              105,643
           リース資産
                                          4,429              4,429
           電話加入権
                                           304              291
           商標権
                                         120,850              116,767
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          10,000              10,000
           投資有価証券
                                          8,525              7,302
           長期前払費用
                                          54,365              54,365
           差入保証金
                                         118,694               69,179
           繰延税金資産
           その他                               11,545              11,545
                                          △ 262             △ 262
           貸倒引当金
                                         202,869              152,131
           投資その他の資産合計
                                        16,274,366              16,065,454
         固定資産合計
                                        18,280,003              17,898,908
       資産合計
                                  8/14







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度            当第1四半期会計期間
                                  (2018年3月31日)              (2018年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         202,751              165,722
         買掛金
                                         758,453              662,000
         1年内返済予定の長期借入金
                                          68,191              68,769
         リース債務
                                         866,899              612,892
         未払金
                                          95,715              146,498
         未払費用
                                          7,686              33,841
         未払法人税等
                                         134,150               84,208
         前受金
                                          43,154              81,090
         預り金
                                          37,894              31,438
         前受収益
                                         106,890
         賞与引当金                                                  -
                                          7,915              3,572
         ポイント引当金
                                          25,433              25,127
         その他
         流動負債合計                               2,355,135              1,915,162
       固定負債
                                        12,132,000              12,103,500
         長期借入金
                                         199,522              185,113
         リース債務
                                         430,529              408,655
         長期未払金
                                          2,063              5,993
         退職給付引当金
                                         836,829              839,329
         長期預り保証金
                                        13,600,944              13,542,591
         固定負債合計
                                        15,956,080              15,457,753
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        1,268,924              1,268,924
         資本金
         資本剰余金
                                         450,229              450,229
           資本準備金
                                          80,265              80,265
           その他資本剰余金
                                         530,494              530,494
           資本剰余金合計
         利益剰余金
           その他利益剰余金
                                         524,545              641,777
             繰越利益剰余金
                                         524,545              641,777
           利益剰余金合計
                                           △ 42             △ 42
         自己株式
                                        2,323,922              2,441,154
         株主資本合計
                                        2,323,922              2,441,154
       純資産合計
                                        18,280,003              17,898,908
      負債純資産合計
                                  9/14







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期損益計算書】
       【第1四半期累計期間】
                                                    (単位:千円)
                                前第1四半期累計期間              当第1四半期累計期間
                                 (自 2017年1月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2017年3月31日)               至 2018年6月30日)
      売上高
                                         733,705             1,004,372
       室料売上
                                         947,583              969,465
       料理売上
                                         193,115              199,897
       飲料売上
                                         121,428              148,218
       雑貨売上
                                         403,556              457,957
       その他売上
                                        2,399,390              2,779,912
       売上高合計
      売上原価
                                         281,869              282,098
       料理原料
                                         41,018              42,780
       飲料原料
                                         95,794              114,406
       雑貨原価
                                         59,742              74,061
       その他原価
                                         478,424              513,347
       売上原価合計
                                        1,920,966              2,266,564
      売上総利益
                                        1,823,462              1,949,663
      販売費及び一般管理費
                                         97,503              316,900
      営業利益
      営業外収益
                                           275              160
       補助金収入
                                           970             1,195
       受取手数料
                                           94              584
       基地局設置手数料
                                          1,667              1,294
       その他
                                          3,007              3,235
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         51,581              48,745
       支払利息
                                           250              250
       支払手数料
                                           645              199
       その他
                                         52,476              49,194
       営業外費用合計
                                         48,033              270,941
      経常利益
      特別損失
                                         15,430              26,465
       固定資産除却損
                                         15,430              26,465
       特別損失合計
                                         32,603              244,476
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    7,739              22,272
                                         △ 4,623              49,515
      法人税等調整額
                                          3,115              71,787
      法人税等合計
                                         29,487              172,688
      四半期純利益
                                 10/14






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (追加情報)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号平成30年2月16日)等を当第1四半期会
       計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
       (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期累計期
       間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                        前第1四半期累計期間                 当第1四半期累計期間
                        (自    2017年1月1日               (自    2018年4月1日
                         至   2017年3月31日)               至   2018年6月30日)
         減価償却費                    207,023千円                 211,001千円
       (株主資本等関係)

       前第1四半期累計期間(自              2017年1月1日         至   2017年3月31日)
       1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     2017年3月24日
               普通株式         33,090        3.00   2016年12月31日         2017年3月27日         利益剰余金
     定時株主総会
       2.基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日後とな

        るもの
         該当事項はありません。
       当第1四半期累計期間(自              2018年4月1日         至   2018年6月30日)

       1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     2018年6月13日
               普通株式         55,456        5.00   2018年3月31日         2018年6月14日         利益剰余金
     定時株主総会
        (注)第99期の1株当たり配当額5円には、創業130周年記念配当2円を含んでおります。
       2.基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日後とな

        るもの
         該当事項はありません。
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
        前第1四半期累計期間(自              2017年1月1日         至   2017年3月31日)
         当社は、内外顧客の宿泊・料理飲食・宴会等を中心とするホテル経営及びホテル付随業務を事業内容としてお
        ります。経営資源の配分の決定及び業績評価は当社全体で行っていること等から判断して、報告セグメントが単
        一であるため、セグメント情報の記載を省略しております。
        当第1四半期累計期間(自              2018年4月1日         至   2018年6月30日)

         当社は、内外顧客の宿泊・料理飲食・宴会等を中心とするホテル経営及びホテル付随業務を事業内容としてお
        ります。経営資源の配分の決定及び業績評価は当社全体で行っていること等から判断して、報告セグメントが単
        一であるため、セグメント情報の記載を省略しております。
                                 11/14




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                            前第1四半期累計期間              当第1四半期累計期間

                            (自    2017年1月1日           (自    2018年4月1日
              項目
                            至   2017年3月31日)            至   2018年6月30日)
     1株当たり四半期純利益                               2円67銭             15円57銭
     (算定上の基礎)

     四半期純利益                             29,487千円             172,688千円

     普通株主に帰属しない金額                                ―千円              ―千円

     普通株式に係る四半期純利益                             29,487千円             172,688千円

     普通株式の期中平均株式数                            11,060,703株              11,091,346株

      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 12/14













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 13/14



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2018年8月8日

     株式会社京都ホテル
      取締役会      御中
                             有限責任監査法人         トーマツ

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士       山口 弘志        印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士       岩淵 貴史        印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社京都ホ

     テルの2018年4月1日から2019年3月31日までの第100期事業年度の第1四半期会計期間(2018年4月1日から2018年6
     月30日まで)及び第1四半期累計期間(2018年4月1日から2018年6月30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、
     四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
     を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
     正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
     論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社京都ホテルの2018年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終
     了する第1四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められ
     なかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以   上
      (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 14/14




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。