浜松ホトニクス株式会社 四半期報告書 第71期第3四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第71期第3四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)
提出日
提出者 浜松ホトニクス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年8月9日
      【四半期会計期間】                    第71期第3四半期(自 平成30年4月1日 至 平成30年6月30日)
      【会社名】                    浜松ホトニクス株式会社
      【英訳名】                    HAMAMATSU     PHOTONICS     K.K.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  晝馬 明
      【本店の所在の場所】                    静岡県浜松市東区市野町1126番地の1
                         (注)上記は登記上の本店所在地であり、実際の本社業務は「最寄りの連絡
                            場所」において行っております。
      【電話番号】                    053(434)3311(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長  森 和彦
      【最寄りの連絡場所】                    静岡県浜松市中区砂山町325番地の6(日本生命浜松駅前ビル)
      【電話番号】                    053(452)2141(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長  森 和彦
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/17












                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第70期           第71期
               回次               第3四半期           第3四半期            第70期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 平成28年10月1日           自 平成29年10月1日           自 平成28年10月1日
              会計期間
                           至 平成29年6月30日           至 平成30年6月30日           至 平成29年9月30日
                     (百万円)             95,945           107,642           130,495
     売上高
                     (百万円)             17,459           22,007           24,037
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)             13,138           15,730           17,777
     (当期)純利益
                     (百万円)             17,101           15,382           23,224
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             181,459           187,623           187,558
     純資産額
                     (百万円)             234,152           236,930           239,331
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)             83.51           101.03           113.00
     益
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益
                      (%)             77.2           78.9           78.1
     自己資本比率
                               第70期           第71期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自 平成29年4月1日           自 平成30年4月1日
              会計期間
                           至 平成29年6月30日           至 平成30年6月30日
                                   26.83           34.24
     1株当たり四半期純利益                (円)
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2 売上高には消費税等は含まれておりません。
         3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが営んでいる事業の内容に重要な変更はありません。
        なお、主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
        (電子管事業)
        株式取得によりエナジティック・テクノロジー・インクを連結子会社にしております。
                                  2/17






                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、新たに決定又は締結した経営上の重要な契約はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において、当社グループが判断したものでありま
       す。
      (1)経営成績の分析

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益の改善を背景とした設備投資の増加や輸出の持ち直
        し傾向が継続するなど、緩やかな景気回復基調の中で推移いたしました。しかしながら、欧米の政治動向や米中
        間の貿易摩擦等により景気の見通しは依然として不透明な状況にあります。
         このような状況におきまして、当社グループは、将来に向けた積極的な設備投資を継続するとともに、長年に
        わたり培ってきた当社独自の光技術を活かした研究開発を推進することで、売上高、利益の拡大に努力してまい
        りました。
         当第3四半期連結累計期間における当社グループの業績につきましては、売上高は107,642百万円と前年同期に
        比べ11,697百万円(12.2%)の増加となりました。また、利益面につきましても、営業利益は21,518百万円と前
        年同期に比べ5,034百万円(30.5%)の増加、経常利益は22,007百万円と前年同期に比べ4,547百万円(26.0%)
        の増加、親会社株主に帰属する四半期純利益は15,730百万円と前年同期に比べ2,592百万円(19.7%)の増加とな
        りました。
         セグメントの業績は、次のとおりであります。

        [電子管事業]

          光電子増倍管は、医用分野におきまして、PETなどの核医学検査装置向けの売上げが減少いたしました。
         しかしながら、血液分析などの検体検査装置向けがその高感度、低ノイズ、高速応答特性を評価されて堅調に
         推移いたしました。また、計測分野におきまして、高温や衝撃、振動などへの耐性に優れた油田探査装置向け
         の売上げが増加いたしました。
          イメージ機器及び光源は、産業分野におきまして、X線非破壊検査用のマイクロフォーカスX線源がその高
         精細かつ高い信頼性・安定性を評価されて国内外で売上げが好調に推移いたしました。また、医用分野におき
         ましてX線画像を可視像に変換するX線シンチレータの売上げが堅調に推移いたしました。さらに、環境分析
         等で用いられるキセノンフラッシュランプ及び重水素ランプも売上げを伸ばしました。
          この結果、電子管事業といたしましては、売上高は41,675百万円(前年同期比15.8%増)、営業利益は
         14,766百万円(前年同期比17.1%増)となりました。
        [光半導体事業]
          光半導体素子は、産業分野におきまして、半導体製造・検査装置向けのイメージセンサ等の売上げが好調に
         推移したほか、産業用ロボット等の制御などFA(ファクトリーオートメーション)分野におけるフォト  
         IC、フォトダイオード及びLEDの売上げも増加いたしました。また、非破壊検査等で用いられるシリコン
         フォトダイオードも売上げを伸ばしました。
          この結果、光半導体事業といたしましては、売上高は50,591百万円(前年同期比14.1%増)、営業利益は
         16,940百万円(前年同期比27.0%増)となりました。
        [画像計測機器事業]
          画像処理・計測装置は、遠隔病理診断等で用いられる病理デジタルスライドスキャナの売上げが、新製品の
         投入もあり欧州を中心に堅調に推移いたしました。しかしながら、X線ラインセンサカメラが食品検査向けを
         中心に減少いたしました。また、生命分野やバイオ分野で用いられるデジタルカメラの売上げも伸び悩みまし
         た。
          この結果、画像計測機器事業といたしましては、売上高は12,021百万円(前年同期比4.6%減)、営業利益は
         2,457百万円(前年同期比3.0%減)となりました。
                                  3/17



                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
        [その他事業]

          半導体レーザーに係る事業、子会社の㈱磐田グランドホテルが営むホテル事業及び子会社の北京浜松光子技
         術股份有限公司の独自製品に係る事業を含んでおります。
          当セグメント(その他)の売上高は3,354百万円(前年同期比12.0%増)、営業利益は190百万円(前年同期
         比45.8%増)となりました。
      (2)財政状態の分析

         流動資産の主な変動は、たな卸資産が2,244百万円増加したものの、現金及び預金が12,954百万円減少したこと
        などから、流動資産は前連結会計年度末に比べ9,324百万円減少しております。
         固定資産の主な変動は、有形固定資産が建物及び構築物の増加などにより2,832百万円、無形固定資産が米国子
        会社の買収に伴うのれんの増加により3,911百万円それぞれ増加したことから、固定資産は前連結会計年度末に比
        べ6,923百万円増加しております。
         この結果、当第3四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べ2,400百万円減少し、236,930百万
        円となりました。
         流動負債の主な変動は、1年内返済予定の長期借入金が3,009百万円、電子記録債務が2,994百万円それぞれ減少
        したことなどから、流動負債は前連結会計年度末に比べ6,405百万円減少しております。
         固定負債の主な変動は、長期借入金が2,871百万円、厚生年金基金解散損失引当金が532百万円それぞれ増加し
        たことなどから、固定負債は前連結会計年度末に比べ3,939百万円増加しております。
         この結果、当第3四半期連結会計期間末の負債合計は、前連結会計年度末に比べ2,465百万円減少し、49,307百
        万円となりました。
         純資産は、自己株式の取得などにより4,735百万円減少したものの、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上
        により利益剰余金が5,150百万円増加したことなどから、当第3四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年
        度末に比べ65百万円増加し、187,623百万円となりました。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更及び新たに生じた課題
        はありません。
      (4)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は、9,151百万円であります。なお、当第3四半期連結累計期間に
        おける研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/17










                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
      普通株式                                            500,000,000

                  計                               500,000,000

        ②【発行済株式】

            第3四半期会計期間末              提出日現在         上場金融商品取引所名
       種類     現在発行数(株)             発行数(株)         又は登録認可金融商品                 内容
            (平成30年6月30日)            (平成30年8月9日)           取引業協会名
                                              権利内容に何ら限定のない
                                   東京証券取引所           当社における標準となる株
     普通株式           165,011,568           165,011,568
                                   市場第一部           式であり、単元株式数は100
                                              株であります。
        計         165,011,568           165,011,568           -             -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
     平成30年4月26日
                    △2,518       165,011          -     34,928         -     34,636
     (注)
      (注)自己株式の消却による減少であります。
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/17







                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成30年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】
                                                 (平成30年6月30日現在)
                          株式数(株)            議決権の数(個)

            区分                                         内容
                            -             -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -             -
     議決権制限株式(その他)                       -             -             -
                                                権利内容に何ら限定のな
                       (自己保有株式)
                                                い当社における標準とな
                       普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -
                                                る株式であり、単元株式
                              12,463,700
                                                数は100株であります。
                       普通株式
     完全議決権株式(その他)
                                          1,550,284           同上
                              155,028,400
                       普通株式
                                         -             -
     単元未満株式
                                37,868
                                         -             -
     発行済株式総数                        167,529,968
                            -                         -
     総株主の議決権                                     1,550,284
      (注)1 完全議決権株式(その他)欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が400株(議決権4個)含まれて
          おります。
        2 単元未満株式欄の普通株式には、当社所有の自己株式37株が含まれております。
        3 平成30年4月26日付で、自己株式2,518,400株を消却しております。この結果、第3四半期会計期間末の発行済
          株式数は165,011,568株となっております。
        ②【自己株式等】

                                                 (平成30年6月30日現在)
                                                    発行済株式総数に

                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                対する所有株式数
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                     の割合(%)
      (自己保有株式)             静岡県浜松市東区市

                              12,463,700            -    12,463,700            7.44
     浜松ホトニクス株式会社             野町1126番地の1
           計            -        12,463,700            -    12,463,700            7.44

     (注)平成30年4月26日付で、自己株式2,518,400株を消却しております。この結果、第3四半期会計期間末の自己株式数
        は9,945,300株となっております。
      2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間において、役員の異動はありません。
                                  6/17





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1 四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年4月1日から平成30年
       6月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年10月1日から平成30年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表
       について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は平成30年7月1日付をもって、名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
                                  7/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年9月30日)              (平成30年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         83,902              70,947
         現金及び預金
                                        ※ 33,608              ※ 34,678
         受取手形及び売掛金
                                         8,742              8,304
         商品及び製品
                                         16,389              18,096
         仕掛品
                                         6,620              7,595
         原材料及び貯蔵品
                                         7,729              8,042
         その他
                                         △ 159             △ 154
         貸倒引当金
                                        156,834              147,510
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               31,668              34,532
          機械装置及び運搬具(純額)                               9,843              11,940
          工具、器具及び備品(純額)                               3,951              4,343
                                         16,545              16,772
          土地
          リース資産(純額)                                299              312
                                         5,983              3,222
          建設仮勘定
                                         68,291              71,124
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                            9            4,072
          のれん
                                         1,688              1,537
          その他
                                         1,697              5,609
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         3,684              4,047
          投資有価証券
                                         6,412              6,275
          繰延税金資産
                                         2,429              2,382
          その他
                                          △ 19             △ 19
          貸倒引当金
                                         12,507              12,687
          投資その他の資産合計
                                         82,497              89,420
         固定資産合計
                                        239,331              236,930
       資産合計
                                  8/17









                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成29年9月30日)              (平成30年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         ※ 5,232              ※ 5,473
         支払手形及び買掛金
                                         8,866              5,871
         電子記録債務
                                         2,230              2,231
         短期借入金
         1年内返済予定の長期借入金                                 3,194               184
                                         3,517              1,788
         未払法人税等
                                         4,570              5,893
         賞与引当金
                                           -              131
         災害損失引当金
                                         12,446              12,080
         その他
                                         40,059              33,654
         流動負債合計
       固定負債
                                         3,683              6,555
         長期借入金
         厚生年金基金解散損失引当金                                  -              532
                                         7,025              7,276
         退職給付に係る負債
                                         1,004              1,289
         その他
                                         11,713              15,653
         固定負債合計
                                         51,773              49,307
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         34,928              34,928
         資本金
                                         34,672              34,672
         資本剰余金
                                        131,678              136,829
         利益剰余金
                                        △ 16,060             △ 20,795
         自己株式
                                        185,219              185,634
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,259              1,461
         その他有価証券評価差額金
                                         1,210               505
         為替換算調整勘定
                                         △ 750             △ 654
         退職給付に係る調整累計額
                                         1,719              1,312
         その他の包括利益累計額合計
                                           618              675
       非支配株主持分
                                        187,558              187,623
       純資産合計
                                        239,331              236,930
      負債純資産合計
                                  9/17









                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
      売上高                                   95,945              107,642
                                         48,242              51,809
      売上原価
                                         47,702              55,833
      売上総利益
                                         31,219              34,315
      販売費及び一般管理費
                                         16,483              21,518
      営業利益
      営業外収益
                                           125              112
       受取利息
                                           44              78
       投資不動産賃貸料
                                           531               82
       為替差益
                                           81              97
       持分法による投資利益
                                           381              440
       その他
                                         1,164               811
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           99              49
       支払利息
       不動産賃貸費用                                    49              94
                                           -              103
       自己株式取得費用
                                           38              74
       その他
                                           187              322
       営業外費用合計
                                         17,459              22,007
      経常利益
      特別利益
                                           17              28
       固定資産売却益
                                           214              277
       補助金収入
                                            0              -
       投資有価証券売却益
                                           231              306
       特別利益合計
      特別損失
                                            5              53
       固定資産売却損
                                           44              34
       固定資産除却損
                                           206              263
       固定資産圧縮損
                                                        ※ 202
                                           -
       災害による損失
                                            5              -
       投資有価証券評価損
                                           -              534
       厚生年金基金解散損失引当金繰入額
                                           261             1,088
       特別損失合計
                                         17,430              21,225
      税金等調整前四半期純利益
                                         4,239              5,446
      法人税等
      四半期純利益                                   13,190              15,778
                                           52              48
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         13,138              15,730
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/17






                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年10月1日              (自 平成29年10月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
                                         13,190              15,778
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           364              201
       その他有価証券評価差額金
                                         3,420              △ 678
       為替換算調整勘定
                                           105               96
       退職給付に係る調整額
                                           20             △ 15
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         3,910              △ 396
       その他の包括利益合計
                                         17,101              15,382
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         17,028              15,323
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           72              59
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/17















                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         第1四半期連結会計期間に株式取得によりエナジティック・テクノロジー・インクを子会社化したことに伴い、
        同社を第1四半期連結会計期間より連結の範囲に含めております。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        (税金費用の計算)
         税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
        用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

        (厚生年金基金解散損失引当金)
         第1四半期連結会計期間に当社が加入している全国電子情報技術産業厚生年金基金において解散認可申請を行う
        方針が決議されたため、解散に伴い発生する損失の見込額を計上しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

      ※ 四半期連結会計期間末日満期手形
        四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、当四
       半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が、四半期連結会計期
       間末日残高に含まれております。
                             前連結会計年度                当第3四半期連結会計期間
                            (平成29年9月30日)                   (平成30年6月30日)
     受取手形                               243百万円                   238百万円
     支払手形                                8                   7
        (四半期連結損益計算書関係)

      ※ 災害による損失
        当第3四半期連結累計期間(自 平成29年10月1日 至 平成30年6月30日)
        平成30年3月29日に当社豊岡製作所において火災が発生し、その損失見込額202百万円を特別損失に計上しておりま
        す。
         災害による損失の内訳は次のとおりであります。
           建物等の原状回復費用         131                     百万円

           有形固定資産やたな卸資産の滅失額等                       71  
           合計                 202
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
        連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次の
        とおりであります。
                           前第3四半期連結累計期間                   当第3四半期連結累計期間
                           (自    平成28年10月1日               (自    平成29年10月1日
                            至   平成29年6月30日)                 至   平成30年6月30日)
     減価償却費                              7,249百万円                   7,673百万円
     のれんの償却額                                7                  335
                                 12/17





                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
       Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成28年10月1日 至 平成29年6月30日)
          配当金支払額
                              1株当たり
                       配当金の総額
         (決議)       株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                               配当額
                       (百万円)
                               (円)
      平成28年12月16日
                 普通株式         2,678       17   平成28年9月30日         平成28年12月19日          利益剰余金
      定時株主総会
      平成29年5月8日
                 普通株式         2,678       17   平成29年3月31日         平成29年6月2日         利益剰余金
      取締役会
       Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成29年10月1日 至 平成30年6月30日)

          配当金支払額
                              1株当たり
                       配当金の総額
         (決議)       株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                               配当額
                       (百万円)
                               (円)
      平成29年12月22日
                 普通株式         2,678       17   平成29年9月30日         平成29年12月25日          利益剰余金
      定時株主総会
      平成30年5月7日
                 普通株式         2,636       17   平成30年3月31日         平成30年6月4日         利益剰余金
      取締役会
                                 13/17














                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成28年10月1日 至 平成29年6月30日)
          報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                       報告セグメント
                                       その他           調整額     損益計算書
                                             合計
                                       (注)1           (注)2      計上額
                           画像計測機
                 電子管     光半導体             計
                                                        (注)3
                             器
     売上高
      外部顧客への売上
                  36,003      44,345      12,600      92,949      2,995     95,945        -    95,945
      高
      セグメント間の内
                  1,319       656      22    1,998       428     2,427     △ 2,427       -
      部売上高又は振替
      高
                  37,323      45,001      12,623      94,948      3,424     98,372     △ 2,427     95,945
          計
                  12,609      13,336      2,533     28,478       130    28,609     △ 12,126      16,483
     セグメント利益
      (注)1      「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、半導体レーザーに係る事業、子
           会社の㈱磐田グランドホテルが営むホテル事業及び子会社の北京浜松光子技術股份有限公司の独自製品に係
           る事業を含んでおります。
         2   セグメント利益の調整額△12,126百万円には、セグメント間取引消去△1,119百万円及び各報告セグメント
           に配分していない全社費用△11,006百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属し
           ない一般管理費及び基礎的研究費であります。
         3   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成29年10月1日 至 平成30年6月30日)

          報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                       報告セグメント
                                       その他           調整額     損益計算書
                                             合計
                                       (注)1           (注)2      計上額
                           画像計測機
                 電子管     光半導体             計
                                                        (注)3
                             器
     売上高
      外部顧客への売上
                  41,675      50,591      12,021     104,288       3,354     107,642        -   107,642
      高
      セグメント間の内
                  1,186       619      22    1,829       492     2,321     △ 2,321       -
      部売上高又は振替
      高
                  42,862      51,211      12,043     106,117       3,846     109,964      △ 2,321     107,642
          計
                  14,766      16,940      2,457     34,164       190    34,355     △ 12,837      21,518
     セグメント利益
      (注)1      「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、半導体レーザーに係る事業、子
           会社の㈱磐田グランドホテルが営むホテル事業及び子会社の北京浜松光子技術股份有限公司の独自製品に係
           る事業を含んでおります。
         2   セグメント利益の調整額△12,837百万円には、セグメント間取引消去△1,054百万円及び各報告セグメント
           に配分していない全社費用△11,782百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属し
           ない一般管理費及び基礎的研究費であります。
         3   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 14/17




                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成28年10月1日               (自 平成29年10月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
       1株当たり四半期純利益
                                       83円51銭               101円03銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                13,138               15,730

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                        13,138               15,730
       利益(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                157,316               155,700
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        平成30年5月7日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (1)中間配当による配当金の総額……………………2,636百万円
        (2)1株当たりの金額            …………………………………17円00銭
        (3)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………平成30年6月4日
       (注)平成30年3月31日現在の株主名簿に記録された株主に対し、支払いを行っております。
                                 15/17











                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                     浜松ホトニクス株式会社(E01955)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     平成30年8月9日

     浜松ホトニクス株式会社

      取締役会 御中

                           EY新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              市 村   清          印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              相 澤 範 忠  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている浜松ホトニクス株

     式会社の平成29年10月1日から平成30年9月30日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年4月1日から平成
     30年6月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年10月1日から平成30年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、浜松ホトニクス株式会社及び連結子会社の平成30年6月30日現在の財
     政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2       XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク