新明和工業株式会社 四半期報告書 第95期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第95期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

提出日:

提出者:新明和工業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成30年8月8日

     【四半期会計期間】               第95期第1四半期(自            平成30年4月1日          至   平成30年6月30日)

     【会社名】               新明和工業株式会社

     【英訳名】               ShinMaywa     Industries,      Ltd.

     【代表者の役職氏名】               取締役社長          五   十   川   龍   之

     【本店の所在の場所】               兵庫県宝塚市新明和町1番1号

     【電話番号】               0798―56―5000(代表)

     【事務連絡者氏名】               執行役員財務部長             久   米   俊   樹

     【最寄りの連絡場所】               兵庫県宝塚市新明和町1番1号

     【電話番号】               0798―56―5000(代表)

     【事務連絡者氏名】               執行役員財務部長             久   米   俊   樹

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/17








                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                               第94期           第95期
               回次               第1四半期           第1四半期            第94期
                              連結累計期間           連結累計期間
                            自   平成29年4月1日         自   平成30年4月1日         自   平成29年4月1日
              会計期間
                            至   平成29年6月30日         至   平成30年6月30日         至   平成30年3月31日
                                   44,284           46,132          207,335

     売上高                  (百万円)
                                   2,416           1,524          10,752

     経常利益                  (百万円)
     親会社株主に帰属する
                                   1,627           1,572           7,086
                       (百万円)
     四半期(当期)純利益
                                   2,047            861          7,991
     四半期包括利益又は包括利益                  (百万円)
                                  119,726           124,337           125,004

     純資産額                  (百万円)
                                  181,068           186,283           190,001

     総資産額                  (百万円)
                                   17.05           16.47           74.23

     1株当たり四半期(当期)純利益                   (円)
     潜在株式調整後1株当たり
                        (円)             -           -           -
     四半期(当期)純利益
                                    66.1           66.7           65.7
     自己資本比率                   (%)
      (注)   1   当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してい
          ない。
        2   売上高は消費税等を含んでいない。
        3   潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載していない。
        4   「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第1四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
          標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっている。
     2  【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はない。ま
      た、主要な関係会社に異動はない。
                                  2/17








                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はない。
       なお、重要事象等は存在していない。
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものである。
      (1)  財政状態及び経営成績の状況
        当社グループは、新たな企業価値創出により更なる成長・拡大を志向した3カ年の中期経営計画「Change                                                  for
       Growing,     2020」を策定し、初年度の取り組みに着手した。
        当第1四半期連結累計期間の業績については、事業環境が堅調に推移したことなどから、受注高は52,144百万円
       (前年同期比7.3%増)、売上高は               46,132百万円      (同  4.2%増    )となった。
        一方損益面では、費用の増加に加え、航空機セグメントにおいて民需関連の収益が減少し、為替も円高で推移し
       たことなどから、営業利益は             1,327百万円      (同  43.9%減    )、経常利益は       1,524百万円      (同  36.9%減    )となり、投資有価証
       券売却益などを計上した結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は                                1,572百万円      (同  3.4%減    )となった。
        当第1四半期末における総資産は、たな卸資産は増加したものの売上債権を回収したことなどにより前連結会計
       年度末に比べて3,718百万円減少し186,283百万円となった。負債は、仕入債務の減少や、法人税等の納付などによ
       り、前連結会計年度末に比べて3,051百万円減少し61,945百万円となった。純資産は、親会社株主に帰属する四半
       期純利益を計上したものの、配当金の支払いなどにより前連結会計年度末に比べて666百万円減少し124,337百万円
       となった。これらの結果、自己資本比率は、前連結会計年度末の65.7%から66.7%に上昇した。
        セグメントごとの経営成績は次のとおりである。なお、各セグメントの受注高及び売上高には、セグメント間の

       内部受注高及び内部売上高を含んでいる。
       (航空機)

        防衛省向けは、機体部品の受注が増加し、売上もUS-2型救難飛行艇の製造作業が進捗したことなどから、受
       注、売上ともに増加した。
        また、民需関連は、ボーイング社「777」向け翼胴フェアリングが、後継機への移行時期に差し掛かったこと
       や、ビジネスジェット機向けの機体部品等で受注が減少し、売上が増加したことなどから、全体では、受注は減少
       し、売上は前年同期並みの水準となった。
        この結果、当セグメントの受注高は4,753百万円(前年同期比22.1%増)、売上高は                                       9,847百万円      (同  0.8%増    )と
       なったが、営業利益は          307百万円     (同  67.5%減    )となった。
       (特装車)

        車体等の製造販売は、国内需要が引き続き好調に推移し、受注、売上ともに増加した。
        また、保守・修理事業も、受注、売上ともに増加した。
        このほか、林業用機械等は、受注は増加したが、売上は前年同期並みの水準となった。
        この結果、当セグメントの受注高は28,243百万円(前年同期比14.8%増)、売上高は                                       21,335百万円      (同  4.3%増    )と
       なったが、営業利益は          1,574百万円      (同  7.8%減    )となった。
                                  3/17





                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
       (産機・環境システム)
        流体製品は、受注は減少したものの、売上はポンプ等の機器を中心に増加した。
        また、メカトロニクス製品は、自動電線処理機の受注が減少したものの、真空製品の受注及び売上の増加が寄与
       し、分野全体では受注は前年同期並みの水準となり、売上は増加した。
        このほか、環境関連事業は、大口のプラント事業の新設案件を受注した前期に比べ、受注、売上ともに減少し
       た。
        この結果、当セグメントの受注高は8,757百万円(前年同期比4.8%減)、売上高は                                     5,322百万円      (同  8.1%増    )となっ
       たが、営業損益は        399百万円     の損失となった。
       (パーキングシステム)

        機械式駐車設備は、首都圏で堅調な需要が継続したことなどから、受注は前年同期並みとなり、売上は増加し
       た。
        また、航空旅客搭乗橋は、受注、売上ともに増加した。
        この結果、当セグメントの受注高は8,926百万円(前年同期比0.5%増)、売上高は                                       7,210百万円      (同  12.9%増    )と
       なったが、営業利益は          309百万円     (同  23.0%減    )となった。
       (その他)

        建設事業において、受注は減少し、売上は前年同期並みとなった結果、当セグメントの受注高は2,103百万円(前
       年同期比28.4%減)、売上高は              3,270百万円      (同  1.6%増    )となり、営業利益は          132百万円     (同  23.1%減    )となった。
      (2)  経営方針・経営戦略等

        当第1四半期連結累計期間において、経営方針・経営戦略等について重要な変更はない。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、対処すべき課題について重要な変更はない。
      (4)  研究開発活動

        当第1四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、                                   565百万円     である。
     3  【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はない。
                                  4/17









                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    300,000,000

                  計                                   300,000,000

       ②  【発行済株式】

             第1四半期会計期間末                           上場金融商品取引所

                           提出日現在発行数(株)
       種類        現在発行数(株)                         名又は登録認可金融             内容
                           (平成30年8月8日)
              (平成30年6月30日)                           商品取引業協会名
                                                   単元株式数
                                         東京証券取引所
      普通株式             100,000,000             100,000,000                   は100株であ
                                         (市場第一部)
                                                   る。
        計           100,000,000             100,000,000            ―          ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項なし。

       ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項なし。

      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項なし。

      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     平成30年4月1日~
                   ―    100,000,000          ―       15,981       ―       15,737
     平成30年6月30日
                                  5/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はない。
      (6)  【議決権の状況】

        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容を確認できず、記載するこ
       とができないことから、直前の基準日(平成30年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしている。
       ①  【発行済株式】
                                               平成30年6月30日現在
            区分             株式数(株)          議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                      ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                      ―           ―             ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                 ―             ―
                     普通株式           4,535,300
                     普通株式         95,379,600
     完全議決権株式(その他)                                  953,796            ―
                     普通株式               85,100

     単元未満株式                                 ―     1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                      100,000,000           ―             ―

     総株主の議決権                      ―            953,796            ―

       ②  【自己株式等】

                                               平成30年6月30日現在
                          自己名義        他人名義       所有株式数        発行済株式総数
       所有者の氏名
                所有者の住所         所有株式数        所有株式数         の合計        に対する所有
        又は名称
                           (株)        (株)        (株)      株式数の割合(%)
                兵庫県宝塚市
     (自己保有株式)
                           4,535,300         ―       4,535,300             4.54
     新明和工業株式会社
                新明和町1-1
         計          ―       4,535,300         ―       4,535,300             4.54
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の新任及び退任並びに役職の異動はない。
      なお、当四半期会計期間末日後における役職の異動は、次のとおりである。
            新 役 職                  旧 役 職              氏  名         異動年月日

     取締役    副社長執行役員        経営企画本

                        取締役    専務執行役員
     部長
                        (技術・品質保証統括)(航空機事
                                           石  丸  寛  二
                                                   平成30年8月1日
     (技術、品質保証、CSR統括)
                        業、パーキングシステム事業、技術
     (航空機事業、パーキングシステム
                        部担当)
     事業、経営企画本部、技術部担当)
                        取締役    専務執行役員

     取締役    専務執行役員
                        (財務、人事、CSR統括)(監査
                                           遠  藤  圭  介
                                                   平成30年8月1日
     (財務、人事統括)(監査部、法務
                        室、企画室、社長室、資材調達部担
     部担当)
                        当)
                                  6/17




                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成している。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成30年4月1日から平成
      30年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年6月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けている。
                                  7/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                          18,750              24,203
         現金及び預金
                                       ※3  74,795            ※3  60,980
         受取手形及び売掛金
                                          3,327              3,578
         商品及び製品
                                          19,594              20,673
         仕掛品
                                          14,796              16,039
         原材料及び貯蔵品
                                          2,486              4,230
         その他
                                           △ 33             △ 29
         貸倒引当金
                                         133,717              129,674
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          12,798              12,932
           建物及び構築物(純額)
                                          18,480              18,978
           その他(純額)
                                          31,279              31,910
           有形固定資産合計
                                          2,587              2,496
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                          22,459              22,244
           その他
                                           △ 42             △ 43
           貸倒引当金
                                          22,417              22,201
           投資その他の資産合計
                                          56,284              56,608
         固定資産合計
                                         190,001              186,283
       資産合計
                                  8/17











                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                       ※3  24,572            ※3  23,785
         支払手形及び買掛金
                                           90              90
         短期借入金
                                          2,313               278
         未払法人税等
                                            9              8
         製品保証引当金
                                          4,481              3,865
         工事損失引当金
                                         19,405              19,416
         その他
                                         50,871              47,445
         流動負債合計
       固定負債
                                         11,734              12,069
         退職給付に係る負債
                                          2,391              2,430
         その他
                                         14,125              14,500
         固定負債合計
                                         64,997              61,945
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         15,981              15,981
         資本金
                                         15,738              15,738
         資本剰余金
                                         94,861              94,906
         利益剰余金
                                         △ 3,252             △ 3,253
         自己株式
                                         123,328              123,372
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          3,019              2,359
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 376             △ 376
         土地再評価差額金
                                           352              205
         為替換算調整勘定
                                         △ 1,431             △ 1,349
         退職給付に係る調整累計額
                                          1,564               839
         その他の包括利益累計額合計
                                           111              125
       非支配株主持分
                                         125,004              124,337
       純資産合計
                                         190,001              186,283
      負債純資産合計
                                  9/17









                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
                                         44,284              46,132
      売上高
                                         36,804              39,547
      売上原価
                                          7,480              6,584
      売上総利益
                                          5,114              5,257
      販売費及び一般管理費
                                          2,365              1,327
      営業利益
      営業外収益
                                            3              3
       受取利息
                                           79              96
       受取配当金
                                           26               0
       持分法による投資利益
                                                         118
       為替差益                                    -
                                           23              35
       その他
                                           132              254
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            2              2
       支払利息
                                           44
       為替差損                                                  -
                                            5              5
       休止固定資産費用
                                            9              36
       債権流動化費用
                                           18              12
       その他
                                           81              57
       営業外費用合計
                                          2,416              1,524
      経常利益
      特別利益
                                           23              695
       投資有価証券売却益
                                                         278
                                           -
       退職給付制度移行益
                                           23              974
       特別利益合計
      特別損失
                                           21              147
       固定資産処分損
                                           21              147
       特別損失合計
                                          2,418              2,350
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     349              289
                                           436              474
      法人税等調整額
                                           786              763
      法人税等合計
      四半期純利益                                    1,631              1,587
                                            ▶              15
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                          1,627              1,572
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/17







                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
                                          1,631              1,587
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           438             △ 659
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 34             △ 125
       為替換算調整勘定
                                           40              81
       退職給付に係る調整額
                                          △ 28             △ 22
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                           415             △ 726
       その他の包括利益合計
                                          2,047               861
      四半期包括利益
      (内訳)
                                          2,043               847
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            ▶              13
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/17















                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
         該当事項なし。
       (追加情報)

                         当第1四半期連結累計期間
                          (自    平成30年4月1日
                          至   平成30年6月30日)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当第1四半期連
     結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
     債の区分に表示している。
       (四半期連結貸借対照表関係)

      1   保証債務
        履行保証保険契約に基づく債務に対する連帯保証
                 前連結会計年度                      当第1四半期連結会計期間
                (平成30年3月31日)                         (平成30年6月30日)
         エコセンター湘南㈱                   29 百万円     エコセンター湘南㈱                   29 百万円
         のぎエコセンター㈱                   22      のぎエコセンター㈱                   22
         しもつけエコセンター㈱                   29      しもつけエコセンター㈱                   29
         計                   81 百万円     計                   81 百万円
      2   受取手形裏書譲渡高

                              前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                             (平成30年3月31日)                 (平成30年6月30日)
                                  25                 5
         受取手形裏書譲渡高                          百万円                 百万円
     㯿ጀ   四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処理している。な

       お、当第1四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形を満期
       日に決済が行われたものとして処理している。
                             前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間

                            (平成30年3月31日)                 (平成30年6月30日)
        受取手形                       1,359   百万円              1,276   百万円
        支払手形                         27                 75
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      1   当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していない。
        なお、第1四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりである。
                           前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                           (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                            至   平成29年6月30日)               至   平成30年6月30日)
         減価償却費                       1,159   百万円              1,182   百万円
                                 12/17





                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
      前第1四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年6月30日)
      1   配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成29年6月27日
               普通株式          668        7 平成29年3月31日         平成29年6月28日         利益剰余金
     定時株主総会
      2   基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項なし。
      当第1四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年6月30日)

      1   配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成30年6月26日
               普通株式         1,527         16  平成30年3月31日         平成30年6月27日         利益剰余金
     定時株主総会
      2   基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項なし。
                                 13/17













                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
      前第1四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年6月30日)
      1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                       報告セグメント
                                                       損益計算書
                                        その他          調整額
                                              合計
                         産機・環境     パーキング
                                                       計上額
                                        (注1)          (注2)
               航空機     特装車                計
                         システム     システム
                                                       (注3)
     売上高
      外部顧客への
                9,771    20,447     4,922     6,384    41,525      2,759    44,284          44,284
                                                     -
      売上高
      セグメント間の
                       1     0     2     ▶    458     462    △ 462
      内部売上高又は            -                                        -
      振替高
                9,771    20,448     4,923     6,386    41,530      3,217    44,747      △ 462   44,284
         計
     セグメント利益又
                 946    1,707     △ 280     401    2,775      171    2,947     △ 581    2,365
     はセグメント損失
     (△)
      (注)   1   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、建設事業、不動産事業、ソフト
          ウェア事業等を含んでいる。
        2   セグメント利益の調整額           △581百万円      には、セグメント間取引消去             △25百万円     、各報告セグメントに配分し
          ていない全社費用        △556百万円      が含まれている。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費
          及び基礎的試験研究費である。
        3   セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
      2   報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項なし。
      当第1四半期連結累計期間(自                平成30年4月1日          至   平成30年6月30日)

      1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                       報告セグメント
                                                       損益計算書
                                        その他          調整額
                                              合計
                         産機・環境     パーキング
                                                       計上額
                                        (注1)          (注2)
               航空機     特装車                計
                         システム     システム
                                                       (注3)
     売上高
      外部顧客への
                9,847    21,334     5,320     7,188    43,691      2,441    46,132          46,132
                                                     -
      売上高
      セグメント間の
                       1     2    21     25    829     854    △ 854
      内部売上高又は            -                                        -
      振替高
                9,847    21,335     5,322     7,210    43,716      3,270    46,987      △ 854   46,132
         計
     セグメント利益又
                 307    1,574     △ 399     309    1,791      132    1,924     △ 596    1,327
     はセグメント損失
     (△)
      (注)   1   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、建設事業、不動産事業、ソフト
          ウェア事業等を含んでいる。
        2   セグメント利益の調整額           △596百万円      には、セグメント間取引消去             △16百万円     、各報告セグメントに配分し
          ていない全社費用        △579百万円      が含まれている。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費
          及び基礎的試験研究費である。
        3   セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
      2   報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項なし。
                                 14/17



                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりである。
                                前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間

                                (自    平成29年4月1日           (自    平成30年4月1日
                                 至   平成29年6月30日)           至   平成30年6月30日)
     1株当たり四半期純利益                                   17円05銭             16円47銭
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                   1,627             1,572

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -             -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                          1,627             1,572
      (百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 95,466,494             95,464,487
      (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していない。
       (重要な後発事象)

       自己株式の取得
        当社は、平成30年7月30日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同
       法第156条の規定に基づき、自己株式の取得に係る事項について次のとおり決議した。
       1 自己株式の取得を行う理由

        資本効率の向上及び株主還元の充実を図るため。
       2 取得に係る事項の内容

       (1)  取得対象株式の種類
                      当社普通株式
       (2)  取得し得る株式の総数
                      4,000,000株(上限)
                      (発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合4.19%)
       (3)  株式の取得価額の総額
                      50億円(上限)
       (4)  取得期間
                      平成30年7月31日から平成30年12月20日まで
       (5)  取得の方法
                      自己株式取得に係る取引一任勘定取引契約に基づく市場買付け
     2  【その他】

       該当事項なし。
                                 15/17







                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項なし。

                                 16/17



















                                                           EDINET提出書類
                                                      新明和工業株式会社(E02252)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年8月7日

     新明和工業株式会社
      取締役会      御中
                        太陽有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                           高      木           勇
                                    公認会計士                    印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                           古      田      賢      司
                                    公認会計士                    印
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている新明和工業株式

     会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成30年4月1日から平
     成30年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年6月30日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
     レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、新明和工業株式会社及び連結子会社の平成30年6月30日現在の財
     政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべ
     ての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成30年7月30日開催の取締役会において、自己株式の取得を行う
     ことを決議している。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

         報告書提出会社)が別途保管している。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていない。
                                 17/17


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。