株式会社ベクター 四半期報告書 第31期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第31期第1四半期(平成30年4月1日-平成30年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社ベクター

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成30年8月7日

     【四半期会計期間】               第31期第1四半期(自           平成30年4月1日         至   平成30年6月30日)

     【会社名】               株式会社ベクター

     【英訳名】               Vector    Inc.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 梶 並 伸 博

     【本店の所在の場所】               東京都新宿区西新宿八丁目14番24号

     【電話番号】               (03)-5337-6711(代表)

     【事務連絡者氏名】               執行役員管理部長 梶 並 京 子

     【最寄りの連絡場所】               東京都新宿区西新宿八丁目14番24号

     【電話番号】               (03)-5337-6711(代表)

     【事務連絡者氏名】               執行役員管理部長 梶 並 京 子

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/16








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                               第30期           第31期

               回次                                      第30期
                            第1四半期累計期間           第1四半期累計期間
                           自   平成29年4月1日         自   平成30年4月1日         自   平成29年4月1日
              会計期間
                           至   平成29年6月30日         至   平成30年6月30日         至   平成30年3月31日
                                  284,245           243,561          1,275,256
     営業収益                  (千円)
                                 △ 36,884          △ 62,937         △ 223,001

     経常損失(△)                  (千円)
                                 △ 37,456          △ 64,352         △ 229,187

     四半期(当期)純損失(△)                  (千円)
     持分法を適用した場合の投資利益                  (千円)             ─           ─           ─

                                 1,017,210           1,018,718           1,018,718

     資本金                  (千円)
                                13,997,000           14,007,000           14,007,000

     発行済株式総数                   (株)
                                 1,460,222           1,202,124           1,266,477

     純資産額                  (千円)
                                 1,702,035           1,416,627           1,528,651

     総資産額                  (千円)
     1株当たり四半期(当期)純損失
                                  △ 2.70          △ 4.64         △ 16.52
                        (円)
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                        (円)            ─           ─           ─
     四半期(当期)純利益金額
     1株当たり配当額                   (円)            ─           ─           ─
                                   85.8           84.9           82.8

     自己資本比率                   (%)
     (注)1.    営業収益には、消費税等は含まれておりません。
       2.  当社には関連会社がありませんので、持分法を適用した場合の投資利益については記載しておりません。
       3.  第30期、第30第1四半期累計期間及び第31期第1四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益
        金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期(当期)純損失であるため、記載しておりませ
        ん。
     2  【事業の内容】

       当第1四半期累計期間において、ソフトバンクグループインターナショナル合同会社保有の当社全株式がソフトバ
      ンク株式会社に移管され、ソフトバンク株式会社が当社の親会社となりました。
                                  2/16







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第1四半期累計期間における、本四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資
      者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生、又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリ
      スク」についての重要な変更はありません。
     2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (1)  経営成績の分析  
       平成31年3月期第1四半期累計期間(平成30年4月1日~平成30年6月30日)におけるわが国経済は、緩やかに景気の回復
      が持続しております。内閣府によりますと、企業収益は改善し、雇用情勢の改善や設備投資の増加など景気回復の指
      標となる数値が月例経済報告で発表されております。また、財務省から2017年度の基幹3税(所得税、法人税、消費税)
      の税収が3年ぶりに増加したことが発表され、政府による各種政策の効果により景気回復が裏づけされております。
       当社の事業領域であるオンラインゲーム業界は、国内市場全体は成長しておりますが、その主たる要因はスマート
      フォンゲームによるものであります。また、現在主流となっているアイテム課金(Free                                         to  Play)モデルにおいて、課
      金ユーザー1人あたりの平均課金額はますます増加してきております。
       ソフトウェア販売を取り巻く環境としましては、前年度の国内パソコン出荷台数は昨年対比で微減となり、そのう
      ち個人向けは減少、法人向けは増加と明暗がはっきりと分かれております。今後の出荷台数は個人向けが横ばい、法
      人向けは増加となる見込みであります。
       このような環境のもと、当第1四半期のオンラインゲーム事業の営業収益は、前期にサービスを開始したゲームタイ
      トルの営業収益が伸び悩み、当第1四半期にも影響を与え、前年同四半期と比べて減収の結果となりました。
       当第1四半期のソフトウェア販売事業につきましては、法人向け市場が底堅く推移しましたが、前年同四半期に実施
      した販売施策ほど振るわず、前年同四半期と比べて減収の結果となりました。
       営業費用につきましては、前年同四半期と比べて17百万円減少しております。営業収益の減少に伴う変動費の減少
      に加え、前年同四半期において発生した退職金の計上が、当第1四半期には無かったことによるものであります。
       以上の結果、当第1四半期累計期間の営業収益は2億43百万円(前年同期比14.3%減)、営業損失は62百万円(前年同期
      は38百万円の営業損失)、経常損失は62百万円(前年同期は36百万円の経常損失)、四半期純損失64百万円(前年同期は
      37百万円の四半期純損失)となりました。
       当第1四半期累計期間のセグメント別販売実績については、以下のとおりであります。
                                        (単位:千円、%)
                             第31期第1四半期累計期間
                         金額       前年同期比          構成比
       オンラインゲーム事業                   151,915         △15.1          62.4
       ソフトウェア販売事業                   79,927         △5.9         32.8
       サイト広告販売事業                    8,248        △39.7          3.4
       その他                    3,469        △47.7          1.4
       合計                   243,561         △14.3         100.0
                                  3/16







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
      オンラインゲーム事業
        当第1四半期累計期間におけるオンラインゲーム事業の販売金額は、1億51百万円(前年同期比15.1%減)となりま
       した。当第1四半期累計期間において、当社運営のゲームポータル「VectorGame」でのブラウザゲームのチャネリン
       グタイトルが1タイトル増加しましたが、ブラウザゲームの「三国ベースボール」「リグレティア」「クリプトアイ
       ランド」、スマートフォンゲームの「B.LEAGUE                      ドリームアリーナ」の運営を終了しました。
       ゲームの区分と運営タイトル数については以下のとおりであります。
                               第31期第1四半期
                                           第31期
                                 累計期間
                       第30期末
                                          第1四半期末
                               増加      減少
       従来型オンラインゲーム ※1                    5      ─      ─       5
       ブラウザゲーム ※2                    24       1      3      22
       スマートフォンゲーム                    ▶      ─       1      3
       合計                    33       1      ▶      30
       (注)1.クライアントソフトをパソコンにダウンロードするもの
         2.パソコンのブラウザ上で起動するダウンロード不要のもの
      ソフトウェア販売事業

        当第1四半期累計期間におけるソフトウェア販売事業の販売金額は、79百万円(前年同期比5.9%減)となりまし
       た。ソフトウェアのダウンロード販売事業は、法人向け市場の販売は底堅く推移しましたが、個人向け市場は減少
       が続いております。
      サイト広告販売事業

        当第1四半期累計期間におけるサイト広告販売事業の販売金額は、8百万円(前年同期比39.7%減)となりました。
       ネットワーク配信型広告(キーワード広告、ユーザーの傾向を分析する行動ターゲティング広告等)の営業収益
       は、サイトページビュー数の減少に加え、配信単価の下落の影響を受けて大幅に減少しております。
      その他

        当第1四半期累計期間におけるその他の販売金額は、3百万円(前年同期比47.7%減)となりました。その他の販
       売金額には、ゲーム以外のスマートフォン向けサービスの販売金額が含まれております。
     (2)  財政状態の分析

       当第1四半期会計期間末の資産合計は、前事業年度末に比べ1億12百万円減少して14億16百万円となりました。ま
      た、負債合計が前事業年度末に比べ47百万円減少して2億14百万円となり、純資産合計が前事業年度末に比べ64百万
      円減少して12億2百万円となりました。
      (資産)
        流動資産減少の主な要因は、現金及び預金が2億26百万円、売掛金が41百万円、その他が11百万円減少したことに
       よるものです。
        固定資産増加の主な要因は、無形固定資産が1億64百万円増加したこと等によるものです。
      (負債)
        流動負債減少の主な要因は、買掛金が23百万円、未払法人税等が4百万円、賞与引当金が11百万円、その他が5百
       万円減少したことによるものです。
        固定負債減少の要因は、退職給付引当金が2百万減少したことによるものです。
      (純資産)
       純資産減少の主な要因は、四半期純損失64百万円を計上したこと等によるものです。
       また、自己資本比率は84.9%となりました。
                                  4/16




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
     (3)  キャッシュ・フローの状況の分析
       該当事項はありません。
     (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第1四半期累計期間において、当社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
      ありません。
     (5)  研究開発活動

       該当事項はありません。
     (6)  従業員数

       当第1四半期累計期間において、提出会社の従業員数は前事業年度末に比べて著しい変動はありません。
     (7)  主要な設備

       当第1四半期累計期間において、主要な設備及び主要な設備計画等の著しい変動はありません。
     3  【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期会計期間(平成30年4月1日~平成30年6月30日)において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等は以
      下のとおりであります。
             相手方の名称                     契約内容                 契約期間
                                             平成30年5月23日から
                            App  Passに関する事業提携
     ソフトバンク株式会社(注)1
                                             平成31年12月31日まで           (注)2
     (注)1.    ソフトバンクグループインターナショナル合同会社は、グループ内の組織再編の一環として、平成30年4月1日付
        で保有する当社株式をソフトバンク株式会社へ移管いたしました。これにより、当社の親会社はソフトバンク株
        式会社となっております。
       2.  契約満了日の3ヶ月前までに、相互何れから書面による申し出がなされない限り、同一条件にて1年間延長され、
        以後も同様となっております。
                                  5/16











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     54,800,000

                  計                                    54,800,000

       ② 【発行済株式】

              第1四半期会計期間                       上場金融商品取引所

                         提出日現在発行数(株)
        種類       末現在発行数(株)                       名又は登録認可金融                内容
                          (平成30年8月7日)
              (平成30年6月30日)                        商品取引業協会名
                                    東京証券取引所
                                                  単元株式数は100株
       普通株式            14,007,000           14,007,000
                                                  であります。
                                    JASDAQ(スタンダード)
        計          14,007,000           14,007,000             ―            ―
     (注)    提出日現在の発行数には、平成30年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
        た株式数は、含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高        資本準備金        資本準備金
        年月日
               数増減数(株)        数残高(株)         (千円)        (千円)      増減額(千円)        残高(千円)
     平成30年4月1日~
                     ―   14,007,000            ―   1,018,718            ―    357,715
     平成30年6月30日
      (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/16






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
      (6)  【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                                  平成30年6月30日現在
           区分             株式数(株)          議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                     ―           ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―           ―              ―

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                ―              ―
                    普通株式         127,200
                    普通株式       13,878,400
     完全議決権株式(その他)                                 138,784             ―
                    普通株式          1,400

     単元未満株式                                ─              ―
     発行済株式総数                      14,007,000           ―              ―

     総株主の議決権                     ―            138,784             ―

     (注)   当第1四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載する
       ことができないことから、直前の基準日(平成30年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ② 【自己株式等】

                                                  平成30年6月30日現在
                                                   発行済株式総数に
       所有者の氏名                   自己名義所有         他人名義所有         所有株式数
                 所有者の住所                                   対する所有株式数
        又は名称                   株式数(株)         株式数(株)         の合計(株)
                                                     の割合(%)
                東京都新宿区
     (自己保有株式)
                             127,200         ―         127,200           0.91
     株式会社ベクター
                西新宿8-14-24
         計          ―         127,200         ―         127,200           0.91
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/16









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期財務諸表の作成方法について

       当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
      号。以下「四半期財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期会計期間(平成30年4月1日から平成30年6月30
      日まで)及び第1四半期累計期間(平成30年4月1日から平成30年6月30日まで)に係る四半期財務諸表について、EY新日本
      有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
       なお、新日本有限責任監査法人は、平成30年7月1日をもってEY新日本有限責任監査法人へ名称変更しております。
     3.四半期連結財務諸表について

       当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
     4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
      適切に把握し、改正に適時に対応できる体制を整備するための人員を配置し、これらの者を監査法人等の行う各種の
      会計セミナー等に派遣しております。
                                  8/16













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期財務諸表】
      (1)  【四半期貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度            当第1四半期会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,216,694               990,230
         現金及び預金
                                         155,930              114,095
         売掛金
                                          34,243              22,844
         その他
                                        1,406,868              1,127,170
         流動資産合計
       固定資産
                                          2,334              5,473
         有形固定資産
         無形固定資産
                                          63,695              39,807
           ソフトウエア
                                          21,448              209,701
           ソフトウエア仮勘定
                                           328              328
           その他
                                          85,471              249,837
           無形固定資産合計
                                          33,976              34,145
         投資その他の資産
                                         121,782              289,456
         固定資産合計
                                        1,528,651              1,416,627
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                          79,494              56,457
         買掛金
                                          8,107              3,455
         未払法人税等
                                          24,139              12,557
         賞与引当金
                                         105,624              100,127
         その他
                                         217,365              172,597
         流動負債合計
       固定負債
                                          44,808              41,905
         退職給付引当金
                                          44,808              41,905
         固定負債合計
                                         262,174              214,502
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        1,018,718              1,018,718
         資本金
         資本剰余金                               1,407,715              1,407,715
                                       △ 1,065,010             △ 1,129,362
         利益剰余金
                                         △ 94,952             △ 94,952
         自己株式
                                        1,266,471              1,202,119
         株主資本合計
                                            5              5
       新株予約権
                                        1,266,477              1,202,124
       純資産合計
                                        1,528,651              1,416,627
      負債純資産合計
                                  9/16






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
       (2)  【四半期損益計算書】
        【第1四半期累計期間】
                                                    (単位:千円)
                                前第1四半期累計期間              当第1四半期累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
                                         284,245              243,561
      営業収益
                                         322,984              305,906
      営業費用
                                        △ 38,738             △ 62,345
      営業損失(△)
      営業外収益
                                          1,236
       受取利息                                                   -
                                           170
       受取配当金                                                   -
                                           289               2
       為替差益
                                           158              136
       受取手数料
                                            0              44
       その他
                                          1,854               182
       営業外収益合計
      営業外費用
                                                         775
                                            -
       事務所移転費用
                                                         775
       営業外費用合計                                    -
                                        △ 36,884             △ 62,937
      経常損失(△)
      特別損失
                                                         842
                                            -
       固定資産除却損
                                                         842
       特別損失合計                                    -
                                        △ 36,884             △ 63,780
      税引前四半期純損失(△)
                                           572              572
      法人税、住民税及び事業税
                                            -              -
      法人税等調整額
                                           572              572
      法人税等合計
                                        △ 37,456             △ 64,352
      四半期純損失(△)
                                 10/16











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
       (四半期貸借対照表関係)
        該当事項はありません。
       (四半期損益計算書関係)

        該当事項はありません。
       (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期累計期間
       に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                                 前第1四半期累計期間               当第1四半期累計期間
                                (自    平成29年4月1日            (自    平成30年4月1日
                                 至   平成29年6月30日)             至   平成30年6月30日)
       減価償却費                               6,073   千円           26,405   千円
       (株主資本等関係)

       前第1四半期累計期間(自             平成29年4月1日         至   平成29年6月30日)
       1.  配当金支払額
        該当事項はありません。
       2.  基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日後となるも

        の
        該当事項はありません。
       3.  株主資本の著しい変動

         株主資本の金額は、前事業年度末日と比較して著しい変動はありません。  
       当第1四半期累計期間(自             平成30年4月1日         至   平成30年6月30日)

       1.  配当金支払額
        該当事項はありません。
       2.  基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日後となるも

        の
        該当事項はありません。
       3.  株主資本の著しい変動

         株主資本の金額は、前事業年度末日と比較して著しい変動はありません。  
       (金融商品関係)

        四半期財務諸表等規則第10の2の規定に基づき、注記を省略しております。
       (有価証券関係)

        四半期財務諸表等規則第10の2の規定に基づき、注記を省略しております。
       (デリバティブ取引関係)

        当社はデリバティブ取引を行っていないため、該当事項はありません。   
       (持分法損益等)

        当社には関連会社が存在しませんので該当事項はありません。  
       (企業結合等関係)

        該当事項はありません。 
       (セグメント情報等)

      【セグメント情報】
                                 11/16


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
      Ⅰ  前第1四半期累計期間(自              平成29年4月1日         至   平成29年6月30日)
       1.  報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                       (単位:千円)
                               報告セグメント
                                                  その他       合計
                      オンライン      ソフトウェア       サイト広告
                                            計
                      ゲーム事業       販売事業       販売事業
       売上高
                        178,976       84,947       13,688      277,612       6,633      284,245
         外部顧客への売上高
         セグメント間の内部
                          ─       ─       ─       ─      ─       ─
         売上高又は振替高
                        178,976       84,947       13,688      277,612       6,633      284,245
             計
       セグメント利益又は
                       △ 17,241       3,613       2,528     △ 11,099      2,332      △ 8,767
       セグメント損失(△)
       (注)   その他の区分は、報告セグメントに含まれない事業であり、ゲーム以外のスマートフォン向けサービスを含ん
         でおります。
       2.  報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差

        異調整に関する事項)
                                                      (単位:千円)
                   利益                           金額
        報告セグメント計                                               △11,099
        「その他」の区分の利益                                                 2,332
        全社費用(注)                                               △29,971
        四半期損益計算書の営業損失(△)                                               △38,738
       (注)   全社費用は主に報告セグメントに帰属しない新規事業に係る開発関連費及び管理部門に係る費用であります。
       3.  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
                                 12/16











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
      Ⅱ  当第1四半期累計期間(自              平成30年4月1日         至   平成30年6月30日)
       1.  報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                       (単位:千円)
                               報告セグメント
                                                  その他       合計
                      オンライン      ソフトウェア       サイト広告
                                            計
                      ゲーム事業       販売事業       販売事業
       売上高
                        151,915       79,927       8,248      240,091       3,469      243,561
         外部顧客への売上高
         セグメント間の内部
                          ─       ─       ─       ─      ─       ─
         売上高又は振替高
                        151,915       79,927       8,248      240,091       3,469      243,561
             計
       セグメント利益又は
                       △ 36,267       1,370      △ 2,573     △ 37,471      1,344     △ 36,126
       セグメント損失(△)
       (注)   その他の区分は、報告セグメントに含まれない事業であり、ゲーム以外のスマートフォン向けサービスを含ん
         でおります。
       2.  報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差

        異調整に関する事項)
                                                      (単位:千円)
                   利益                           金額
        報告セグメント計                                               △37,471
        「その他」の区分の利益                                                 1,344
        全社費用(注)                                               △26,218
        四半期損益計算書の営業損失(△)                                               △62,345
       (注)   全社費用は主に報告セグメントに帰属しない新規事業に係る開発関連費及び管理部門に係る費用であります。
       3.  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前第1四半期累計期間             当第1四半期累計期間
                                   (自    平成29年4月1日          (自    平成30年4月1日
                   項目
                                   至   平成29年6月30日)           至   平成30年6月30日)
       1株当たり四半期純損失金額(△)                                  △2円70銭             △4円64銭
       (算定上の基礎)
       四半期純損失金額(△)           (千円)
                                          △37,456             △64,352
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ─             ─
       普通株式に係る四半期純損失金額(△)                  (千円)
                                          △37,456             △64,352
       普通株式の期中平均株式数(株)                                  13,869,800             13,879,800
       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
       四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                      ─             ─
       事業年度末から重要な変動があったものの概要
       (注)    前第1四半期累計期間及び当第1四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜
          在株式は存在するものの、1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。 
                                 13/16




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       該当事項はありません。 
                                 14/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 15/16



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ベクター(E05112)
                                                             四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                     平成30年8月7日

     株式会社ベクター
      取締役会      御中
                        EY新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士       入  江  秀  雄            印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士       立  石  康  人            印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ベク

     ターの平成30年4月1日から平成31年3月31日までの第31期事業年度の第1四半期会計期間(平成30年4月1日から平成
     30年6月30日まで)及び第1四半期累計期間(平成30年4月1日から平成30年6月30日まで)に係る四半期財務諸表、すな
     わち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
     を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
     正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
     論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ベクターの平成30年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終
     了する第1四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められ
     なかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
     (注)1.    上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書

        提出会社)が別途保管しております。
       2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。