株式会社ナルミヤ・インターナショナル 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社ナルミヤ・インターナショナル

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         平成30年8月2日
      【会社名】                         株式会社ナルミヤ・インターナショナル
      【英訳名】                         NARUMIYA     INTERNATIONAL       Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役執行役員社長  石井 稔晃
      【本店の所在の場所】                         東京都港区芝公園二丁目4番1号
      【電話番号】                         03-6430-9100(代表)
      【事務連絡者氏名】                         取締役執行役員専務 管理本部長兼物流管理部長  上田 千秋
      【最寄りの連絡場所】                         東京都港区芝公園二丁目4番1号
      【電話番号】                         03-6430-9100(代表)
      【事務連絡者氏名】                         取締役執行役員専務 管理本部長兼物流管理部長  上田 千秋
      【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                               ブックビルディング方式による募集                             425,021,250円
                               売出金額
                               (引受人の買取引受による売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                          9,176,388,000円
                               (オーバーアロットメントによる売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し                            926,241,000円
                               (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                   社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                   券届出書提出時における見込額であります。
                                   なお、募集株式及び引受人の買取引受による売出しに
                                   係る売出株式には、日本国内において販売される株式
                                   と、SMBC日興証券株式会社の関係会社等を通じて、
                                   欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国
                                   及びカナダを除きます。)の海外投資家に対して販売さ
                                   れる株式が含まれております。
                                   詳細は、「第一部 証券情報 第1 募集要項 1 
                                   新規発行株式」及び「第一部 証券情報 第2 売出
                                   要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出
                                   し)」をそれぞれご参照ください。
      【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                   1/167







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
                    発行数(株)
          種類                                  内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
                     282,500    ( 注)2
         普通株式                     標準となる株式であります。
                              また、1単元の株式数は100株であります。
      (注)1.平成30年8月2日開催の取締役会決議によっております。
         2.  平成30年8月2日開催の取締役会において決議された公募による新株式発行(以下「本募集」といいま
           す。)の発行株式282,500株のうちの一部が、SMBC日興証券株式会社の関係会社等を通じて、欧州及び
           アジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)の海外投資家に対して販売(以下「本募
           集における海外販売」といい、本募集における海外販売の対象となる株数を「本募集における海外販売株
           数」といいます。)されることがあります。なお、本募集の発行数については、平成30年8月21日開催予定
           の取締役会において変更される可能性があります。
           上記発行数は、本募集における日本国内において販売(以下「国内募集」といいます。)される株数(以下
           「本募集における国内販売株数」という。)の上限です。本募集における国内販売株数及び本募集における
           海外販売株数の最終的な内訳は、本募集及び引受人の買取引受による売出し(後記(注)3に定義しま
           す。)の需要状況等を勘案した上で、発行価格決定日(平成30年8月29日)に決定されます。本募集におけ
           る海外販売株数は未定であり、本募集の発行株数の半数未満とします。
           本募集における海外販売に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 本邦以外の地
           域において開始される募集及び売出しに係る事項について」をご参照ください。
         3.本募集及び本募集と同時に行われる後記「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出
           し)」に記載の売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」といいます。)に伴い、その需要状況等を
           勘案し、    523,300    株を  上限として、SMBC日興証券株式会社が当社株主である日本産業第四号投資事業有
           限責任組合、Shepherds           Hill   Fund   Ⅱ,  L.P.、Manaslu       Fund   Ⅱ,  L.P.及びSonora        Fund   Ⅱ,  L.P.(以下
           「貸株人」と総称します。)より借り入れる当社普通株式の売出し(以下「オーバーアロットメントによる
           売出し」といいます。)を行う場合があります。オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後
           記「募集又は売出しに関する特別記載事項 3 オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参
           照ください。
         4.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連してロックアップに関する合意がなされておりますが、そ
           の内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 4 ロックアップについて」をご参
           照ください。
         5.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                                   2/167








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【募集の方法】
        平成30年8月29日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受
       け」欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」といいます。)は、買取引受けを行
       い、当該引受価額と異なる価額(発行価格)                     で国内募集を行います。引受価額は平成30年8月21日開催予定の取締役
       会において決定される会社法上の払込金額(発行価額)以上の価額となります。引受人は払込期日に引受価額の総額
       を当社に払込み、国内募集における発行価格の総                       額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対し
       て引受手数料を支払いません。
        なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」といいます。)の定める「有価証券上場規程施行規
       則」第233条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係
       る仮条件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況等を把握した上で発行価格等を決定する方法をいいま
       す。)により決定する価格で行います。
                         発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
             区分
                               -             -             -
     入札方式のうち入札による募集
                               -             -             -
     入札方式のうち入札によらない募集
                            282,500           425,021,250             232,511,625
     ブックビルディング方式
         計(総発行株式)                   282,500           425,021,250             232,511,625
      (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定
           されております。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金の額であり、会社計算規則第14条第1項に従い算出される
           資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であ
           ります。また、平成30年8月2日開催の取締役会において、会社法上の増加する資本金の額は、平成30年8
           月29日に決定される予定の引受価額に基づき、会社計算規則第14条第1項に従い算出される資本金等増加限
           度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとし、
           会社法上の増加する資本準備金の額は、当該資本金等増加限度額から上記の増加する資本金の額を減じた額
           とする   ことを決議しております。
         5.発行数、発行価額の総額及び資本組入額の総額は、本募集における国内販売株数の上限に係るものでありま
           す。本募集における海外販売株数に係るものにつきましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事
           項 2 本邦以外の地域において開始される募集及び売出しに係る事項について」をご参照ください。
         6.有価証券届出書提出時における想定発行価格(                        1,770   円)で算出した場合、国内募集における発行価格の総
           額(見込額)は       500,025,000      円となります。
                                   3/167









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【募集の条件】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                          申込株
     発行価格     引受価額     払込金額     資本組入額                       申込証拠金
                          数単位
                                   申込期間                  払込期日
      (円)     (円)     (円)     (円)                       (円)
                          (株)
                               自 平成30年8月30日(木)
      未定     未定     未定     未定                       未定
                            100                      平成30年9月5日(水)
     (注)1     (注)1     (注)2     (注)3                       (注)4
                               至 平成30年9月4日(火)
      (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格の決定に当たり、平成30年8月21日に仮条件を提示する予定であります。
           当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク等を総合的に勘案した上で、平成30年8月29日に
           発行価格及び引受価額を決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、平成30年8月21日開催予定の取締役会において決定します。ま
           た、前記「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、会社法上の払込金額及び平成30年8月29日に決定され
           る予定の発行価格、引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手取金
           となります。
         3.資本組入額は、前記「2 募集の方法」に記載の資本組入額の総額を、前記「2 募集の方法」に記載の発
           行数で除した金額とし、平成30年8月29日に決定する予定であります。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。なお、申込証拠金のうち引受価額相当額
           は、払込期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、平成30年9月6日(木)(以下「上場(売買開始)日」といいます。)の予定でありま
           す。本募集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」といいます。)の「株式等の振替に関
           する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、平成30年8月22日から平成30年8月28日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考と
           して需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の 確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人は、各社の定める配分に係る基本方針及び社内規則等に従い販売を行う方針であります。配分に係る
           基本方針については各          社の店頭における表示又はホームページにおける表示等をご確認ください。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は本募集を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引                   受人の全国     の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
        ②【払込取扱場所】

                  店名                           所在地
     株式会社三井住友銀行 青山支店                            東京都港区南青山五丁目9番12号

      (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                   4/167




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【株式の引受け】
                                       引受株式数
      引受人の氏名又は名称                     住所                       引受けの条件
                                        (株)
                                              1.買取引受けによります。
     SMBC日興証券株式会社             東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
                                              2.引受人は新株式払込金とし
     大和証券株式会社             東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
                                                て、払込期日までに払込取
                                                扱場所へ引受価額と同額を
     野村證券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目9番1号
                                        未定       払込むことといたします。
     みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                              3.引受手数料は支払われませ
                   愛知県名古屋市中村区名駅四丁目7番1
                                                ん。ただし、発行価格と引
     東海東京証券株式会社
                   号
                                                受価額との差額の総額は引
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
                                                受人の手取金となります。
                           -            282,500             -
           計
      (注)1.各引受人の引受株式数は、平成30年8月21日に決定する予定であります。                                        なお、需要状況等を勘案した結
           果、本募集における国内販売株数及び本募集における海外販売株数の最終的な内訳に伴って、平成30年8月
           29日付で変更される可能性があります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(平成30年8月29日)に元引受契約を締結する予定であります。
      5【新規発行による手取金の使途】

       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
               465,023,250                   10,000,000                  455,023,250

      (注)1.      払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(                             1,770   円)  を基礎として算出した見込額であ
           ります。
         2.  払込金額の総額、発行諸費用の概算額及び差引手取概算額は、本募集における国内販売株数の上限に係るも
           のであります。本募集における海外販売株数に係るものにつきましては、後記「募集又は売出しに関する特
           別記載事項 2 本邦以外の地域において開始される募集及び売出しに係る事項について」をご参照くださ
           い。
         3.引受手数      料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。なお、
           消費税及び地方消費税(以下「消費税等」といいます。)は含まれておりません。
       (2)【手取金の使途】

           上記の差引手取概算額455,023千円については、海外販売の手取概算額(未定)と合わせて、195,000千円を
          当社の新規出店時の設備投資資金(平成32年2月期出店予定の店舗のうち13店舗)として、150,000千円をCRM
          強化のための新ECシステム開発資金として、残額を物流センター及び直営店舗の業務効率の向上を目的とした
          RFIDの導入及び基幹システムの更新資金として充当する予定であります。
           なお、これらの資金の決済は、新規出店時の設備投資資金及びCRM強化のための新ECシステム開発資金につ
          いては平成32年2月期末までに、RFIDの導入及び基幹システムの更新資金は平成32年2月期に20,000千円、平
          成33年2月期に残額が行われる予定であります。
           また、上記調達資金は、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針でありま
          す。
          (注)設備投資計画の内容につきましては、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却
             等の計画」をご参照ください。
                                   5/167





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【売出要項】
      1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
        平成30年8月29日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
       (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
       要項」において「引受人」といいます。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出
       価格、発行価格と同一の価格)で売出しを行います。引受人は株式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引
       受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に
       対して引受手数料を支払いません。
                                売出価額の総額
                                        売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
                   売出数(株)
        種類
                                  (円)
                                        又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
                                        東京都千代田区丸の内二丁目1番1号
                                        日本産業第四号投資事業有限責任組合
                                                      1,479,200     株
                                        P.O.Box    309  Ugland    House,South      Church
                                        Street,George       Town,   Grand   Cayman    KY1-
                                        1104,   Cayman    Islands
                                        Shepherds     Hill   Fund   Ⅱ,  L.P.
                                                      1,238,900     株
                                        P.O.Box    309  Ugland    House,South      Church
              ブックビルディング
                         5,184,400       9,176,388,000
     普通株式
                                        Street,George       Town,   Grand   Cayman    KY1-
              方式
                                        1104,   Cayman    Islands
                                        Manaslu    Fund   Ⅱ,  L.P.
                                                      1,235,600     株
                                        P.O.Box    309  Ugland    House,South      Church
                                        Street,George       Town,   Grand   Cayman    KY1-
                                        1104,   Cayman    Islands
                                        Sonora    Fund   Ⅱ,  L.P.
                                                      1,230,700     株
     計(総売出株式)            -       5,184,400       9,176,388,000                  -
      (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
           ります。
         2.引受人の買取引受による売出しに係る売出株式                        5,184,400     株のうちの一部が        、 SMBC日興証券株式会社            の
           関係会社等を通じて、欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除きます。)の海
           外投資家に対して販売(以下「              引受人の買取引受による売出しにおける                   海外販売」といい、         引受人の買取引
           受による売出しにおける           海外販売    の対象となる      株数を「    引受人の買取引受による売出しにおける                   海外販売株
           数」といいます。)されることがあります。なお、引受人の買取引受による売出しに係る売出株数について
           は、今後変更される可能性があります。
           上記売出数は、       引受人の買取引受による売出しにおける                   日本国内において販売(以下「              引受人の買取引受に
           よる売出しにおける         国内販売」といいます。)される株数(以下「                      引受人の買取引受による売出しにおける
           国内販売株数」といいます。)の上限です。                     引受人の買取引受による売出しにおける                   国内販売株数及び        引受
           人の買取引受による売出しにおける                 海外販売株数の最終的な内訳は、本募集及び引受人の買取引受による売
           出しの需要状況等を勘案した上で、売出価格決定日(平成30年8月29日)に決定されます。                                          引受人の買取引
           受による売出しにおける           海外販売株数は未定であり、引受人の買取引受による売出しに係る売出株数の半数
           未満とします。
           引受人の買取引受による売出しにおける                   海外販売に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載
           事項 2 本邦以外の地域において開始される                      募集及び    売出  しに係る事項について」をご参照ください。
         3.本募集における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたします。
                                   6/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         4.本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案し、オーバーアロットメントによ
           る売出し)を行う場合があります。
           オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 3 
           オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
         5.当社は、引受人に対し、上記売出数の一部を、当社が指定する販売先(親引け先)に売付けることを要請す
           る予定であります。当社が指定する販売先(親引け先)・株式数・目的は下表に記載のとおりです。
      指定する販売先(親引け先)                       株式数                    目的
                                         業務提携関係を今後も維持・発展させて
     株式会社ワールド                 上限1,012,300株
                                         いくため
                      (取得金額1,000,000千円に相当する株
                                         取引関係を今後も維持・発展させていく
                      式数を上限として要請を行う予定であり
     豊島株式会社
                                         ため
                      ます。)
                      (取得金額300,000千円に相当する株式
                                         取引関係を今後も維持・発展させていく
                      数を上限として要請を行う予定でありま
     興和株式会社
                                         ため
                      す。)
                      (取得金額300,000千円に相当する株式
                                         取引関係を今後も維持・発展させていく
                      数を上限として要請を行う予定でありま
     モリリン株式会社
                                         ため
                      す。)
                      (取得金額100,000千円に相当する株式
     三共生興アパレルファッション株                                    取引関係を今後も維持・発展させていく
                      数を上限として要請を行う予定でありま
     式会社                                    ため
                      す。)
                      (取得金額15,000千円に相当する株式数
     ナルミヤ・インターナショナル従
                      を上限として要請を行う予定でありま
                                         福利厚生のため
     業員持株会
                      す。)
           なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」
           に従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含みます。)で
           あります。
         6.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされておりますが、
           その内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 4 ロックアップについて」をご
           参照ください。
         7.振替機関の名称及び住所は、前記「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5に記載した振替機関と
           同一であります。
         8.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格                                ( 1,770   円)で   算出した見込額であ         り、  引
           受人の買取引受による売出しにおける                  国内販売株数の上限に係るものであります。                     引受人の買取引受による
           売出しにおける       海外販売株数に係るものにつきましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 
           2 本邦以外の地域において開始される                   募集及び    売出しに係る事項について」をご参照ください。
                                   7/167








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                       申込株
     売出価格     引受価額                 申込証拠金
                                                        元引受契
                       数単位
                 申込期間                 申込受付場所       引受人の住所及び氏名又は名称
      (円)     (円)                 (円)
                                                        約の内容
                       (株)
                                        東京都千代田区丸の内三丁目3
                                        番1号
                                        SMBC日興証券株式会社
                                        東京都千代田区丸の内一丁目9
                                        番1号
                                        大和証券株式会社
                                 引受人及びそ       東京都中央区日本橋一丁目9番
                自 平成30年
                                 の委託販売先       1号
      未定
                8月30日(木)
           未定                 未定                            未定
                                 金融商品取引       野村證券株式会社
     (注)1                   100
          (注)2                 (注)2                            (注)3
                至 平成30年                  業者の全国の       東京都千代田区大手町一丁目5
     (注)2
                9月4日(火)                  本支店及び営       番1号
                                 業所       みずほ証券株式会社
                                        愛知県名古屋市中村区名駅四丁
                                        目7番1号
                                        東海東京証券株式会社
                                        東京都港区六本木一丁目6番1
                                        号
                                        株式会社SBI証券
      (注)1.売出価格の決定方法は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)
           1と同様であります。
         2.売出価格、引受価額及び申込証拠金は、本募集における発行価格、引受価額及び申込証拠金とそれぞれ同一
           といたします。ただし、申込証拠金には、利息をつけません。
         3.引受人の引受価額による買取引受けによることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売
           出価格決定日(平成30年8月29日)に決定する予定であります。なお、元引受契約においては、引受手数料
           は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 
           (2)ブックビルディング方式」の(注)7に記載した販売方針と同様であります。
         8.引受人は、       引受人の買取引受による売出しに係る売出株式の                       うち、2,000株を上限として、全国の販売を希
           望する引受人以外の金融商品取引業者に販売を委託する方針であります。
                                   8/167





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                売出価額の総額
                                        売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類           売出数(株)
                                  (円)
                                        又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
              ブックビルディング                           東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
                          523,300       926,241,000
     普通株式
              方式                           SMBC日興証券株式会社
     計(総売出株式)            -        523,300       926,241,000                 -
      (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況
           等を勘案した上で行われる、SMBC日興証券株式会社が貸株人より借り入れる当社普通株式の売出しであ
           ります。なお、上記売出数は上限の株式数を示したものであり、需要状況等により減少する場合、又はオー
           バーアロットメントによる売出しが全く行われない場合があります。
           オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 3 
           オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
         2.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定さ
           れております。
         3.本募集における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止いたします。
         4.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5に記載した振替機関と同一
           であります。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(                                 1,770   円)で   算出した見込額でありま
           す。
      4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】

       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金
                                               引受人の住所及び         元引受契
              申込期間                       申込受付場所
       (円)               (株)       (円)
                                               氏名又は名称         約の内容
             自 平成30年
                                   SMBC日興証券株式
             8月30日(木)
       未定                       未定
                         100                         -       -
                                   会社の本店及び全国各
      (注)1                       (注)1
             至 平成30年
                                   支店
             9月4日(火)
      (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しに係る国内販売における売出価格及び
           申込証拠金とそれぞれ同一とし、売出価格決定日(平成30年8月29日)に決定する予定であります。ただ
           し、申込証拠金には、利息をつけません。
         2.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式
           は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から
           売買を行うことができます。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.SMBC日興証券株式会社の販売方針は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディン
           グ方式」の(注)7に記載した販売方針と同様であります。
                                   9/167




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1 東京証券取引所への上場について
        当社は前記「第1 募集要項」における募集株式及び前記「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株
       式について、SMBC日興証券株               式会社   (単独ブックランナー)及び大和証券株式会社                      を 共同  主幹事会社として東京
       証券取引所への上場を予定しております。
      2 本邦以外の地域において開始される                      募集及び     売出しに係る事項について

        本募集の発行株式のうちの一部が、SMBC日興証券株式会社の関係会社等を通じて、欧州及びアジアを中心とす
       る海外市場(ただし、米国及びカナダを除きます。)の海外投資家に対して販売されることがあります。また、                                                    引受
       人の買取引受による売出しに係る売出株式のうちの一部が、                            SMBC日興証券株式会社            の関係会社等を通じて、           欧州
       及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除きます。)の海外投資家に対して                                             販売されることが
       あります。以下は、かかる            本募集における海外販売及び             引受人の買取引受による売出しにおける海外販売の内容とし
       て、企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第1号に掲げる各事項を一括して掲載したものであります。
       1.本募集における海外販売に関する事項

       (1)  株式の種類
         当社普通株式
       (2)  本募集における海外販売の発行数(海外販売株数)

         未定
         (注)上記発行数は、本募集における海外販売株数であり、本募集及び引受人の買取引受による売出しの需要状
            況等を勘案した上で、発行価格決定日(平成30年8月29日)に決定されますが、本募集における海外販売
            株数は、本募集の発行株数の半数未満とします。
       (3)  本募集における海外販売の発行価格(募集価格)

         未定
         (注)1.本募集における海外販売の発行価格の決定方法は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)
              ブックビルディング方式」の(注)1と同様であります。
            2.本募集における海外販売の発行価格は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビル
              ディング方式」に記載の国内募集における発行価格と同一といたします。
       (4)  本募集における海外販売の発行価額(会社法上の払込金額)

         未定
         (注)1.前記「第1 募集要項 2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、会社法上の払込金額及び平成30年
              8月29日に決定される予定の発行価格、引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額
              の総額は、引受人の手取金となります。
            2.本募集における海外販売の発行価額は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビル
              ディング方式」に記載の国内募集における払込金額と同一といたします。
       (5)  本募集における海外販売の資本組入額

         未定
         (注)本募集における海外販売の資本組入額は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディ
            ング方式」に記載の国内募集における資本組入額と同一といたします。
       (6)  本募集における海外販売の発行価額の総額

         未定
       (7)  本募集における海外販売の資本組入額の総額

         未定
         (注)本募集における海外販売の資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金の額であり、会社計算規則第
            14条第1項に従い算出される資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを
            前提として算出します。
                                  10/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (8)  株式の内容
         完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。また、1単元の株
        式数は100株であります。
       (9)  発行方法

         下記(10)に記載の引受人が本募集の発行株数を買取引受けした上で、本募集の発行株式のうちの一部をSMB
        C日興証券株式会社の関係会社等を通じて、欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除
        きます。)の海外投資家に対して販売します。
      (10)   引受人の名称

         前記「第1 募集要項 4 株式の引受け」に記載の引受人
      (11)   募集を行う地域

         欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除きます。)
      (12)   提出会社が取得する手取金の総額並びに使途ごとの内容、金額及び支出予定時期

         ① 手取金の総額
           払込金額の総額    未定
           発行諸費用の概算額  未定
           差引手取概算額    未定
         ② 手取金の使途ごとの内容、金額及び支出予定時期

           前記「第1 募集要項 5 新規発行による手取金の使途 (2)手取金の使途」に記載のとおり
      (13)   本募集における海外販売の新規発行年月日(払込期日)

         平成30年9月5日(水)
      (14)   当該有価証券を金融商品取引所に上場しようとする場合における当該金融商品取引所の名称

         株式会社東京証券取引所
       2.引受人の買取引受による売出しにおける海外販売に関する事項

       (1)株式の種類
         当社普通株式
       (2)  引受人の買取引受による売出しにおける                   海外販売の売出数(海外販売株数)

         未定
         (注)上記の売出数は、           引受人の買取引受による売出しにおける                   海外販売株数であり、本募集及び引受人の買取
            引受による売出しの需要状況等を勘案した上で、売出価格決定日(平成30年8月29日)に決定されます
            が、  引受人の買取引受による売出しにおける                   海外販売株数は、引受人の買取引受による売出しに係る株式
            数の半数未満とします。
       (3)  引受人の買取引受による売出しにおける                   海外販売の売出価格

         未定
         (注)1.     引受人の買取引受による売出しにおける                   海外販売の売出価格の決定方法は、前記「第1 募集要項 
              3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1と同様であります。
            2.  引受人の買取引受による売出しにおける                   海外販売の売出価格は、前記「第2 売出要項 2 売出し
              の条件(引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の                                       引受人の買取引
              受による売出しにおける           国内販売における売出価格と同一といたします。
       (4)  引受人の買取引受による売出しにおける                   海外販売の引受価額

         未定
         (注)   引受人の買取引受による売出しにおける                   海外販売の引受価額は、           引受人の買取引受による売出しにおける
            国内販売の     引受価額と同一といたします。
                                  11/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (5)  引受人の買取引受による売出しにおける                   海外販売の売出価額の総額
         未定
       (6)株式の内容

         完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。
         また、1単元の株式数は100株であります。
       (7)売出方法

         下記(8)に記載の引受人が引受人の買取引受による売出しの売出株式を買取引受けした上で、引受人の買取引受
        による売出しに係る売出株式のうちの一部を                     SMBC日興証券株式会社            の関係会社等を通じて、欧州及びアジアを
        中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除きます。)の海外投資家に対して販売します。
       (8)引受人の名称

         前記「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」
        に記載の引受人
       (9)売出しを行う者の氏名又は名称

         前記「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」に記載の売出人
      (10)売出しを行う地域

         欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除きます。)
      (11)   引受人の買取引受による売出しにおける                   海外販売の受渡年月日

         平成30年9月6日(木)
      (12)当該有価証券を金融商品取引所に上場しようとする場合における当該金融商品取引所の名称

         株式会社東京証券取引所
      3 オーバーアロットメントによる売出し等について

        本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案し、                                     523,300    株を上限として、本募集及
       び引受人の買取引受による売出しの                 事務  主幹事会社であるSMBC日興証券株式会社が貸株人より借り入れる当社普
       通株式(以下「借入株式」といいます。)の売出し(オーバーアロットメントによる売出し)を行う場合がありま
       す。なお、当該売出株式数は上限の株式数を示したものであり、需要状況等により減少する場合、又はオーバーア
       ロットメントによる売出しそのものが全く行われない場合があります。
        これに関連して、オーバーアロットメントによる売出しが行われる場合は、SMBC日興証券株式会社は、オー
       バーアロットメントによる売出しに係る株式数を上限として、貸株人より追加的に当社普通株式を買取る権利(以下
       「グリーンシューオプション」といいます。)を、平成30年10月4日を行使期限として付与される予定であります。
        SMBC日興証券株式会社は、借入株式の返還を目的として、上場(売買開始)日から平成30年10月4日までの間
       (以下「シンジケートカバー取引期間」といいます。)、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数の範囲
       内で東京証券取引所において当社普通株式の買付(以下「シンジケートカバー取引」といいます。)を行う場合があ
       り、当該シンジケートカバー取引で買付けられた株式は借入株式の返還に充当されます。なお、シンジケートカバー
       取引期間内においても、SMBC日興証券株式会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わない、又はオー
       バーアロットメントによる売出しに係る株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があり
       ます。
        SMBC日興証券株式会社は、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数からシンジケートカバー取引に
       より買付けし借入株式の返還に充当する株式数を控除した株式数についてのみ、グリーンシューオプションを行使す
       る予定であります。
        オーバーアロットメントによる売出しが行われるか否か及びオーバーアロットメントによる売出しが行われる場合
       の売出数については、平成30年8月29日に決定されます。オーバーアロットメントによる売出しが行われない場合
       は、SMBC日興証券株式会社による貸株人からの当社普通株式の借り入れ及び貸株人からSMBC日興証券株式会
       社へのグリーンシューオプションの付与は行われません。また、東京証券取引所におけるシンジケートカバー取引も
       行われません。
                                  12/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4 ロックアップについて
        本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である日本産業第四号投資事業有限責任組
       合、Shepherds       Hill   Fund   Ⅱ,  L.P.、Manaslu       Fund   Ⅱ,  L.P.及びSonora        Fund   Ⅱ,  L.P.は、SMBC日興証券株式
       会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日か
       ら起算して90日目の平成30年12月4日までの期間中は、                          SMBC日興証券株式会社            の事前の書面による承諾を受ける
       ことなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式の売却等                                   (ただし、その売却価格が募集における
       発行価格又は売出における売出価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後にSMBC
       日興証券株式会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)                                を行わない旨を約束しております。
        また、当社は、        SMBC日興証券株式会社            に対し、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締
       結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成31年3月4日までの期間中は、                                            SMBC日興証券株
       式会社   の事前の書面による承諾を受けることなく、当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利あるいは義務を有
       する有価証券の発行又は売却(株式分割による新株式発行等、ストック・オプションに係る新株予約権の発行                                                   ならび
       に当該新株予約権の行使による新株式発行等                     を除く。)を行わないことに合意しております。
        なお、上記のいずれの場合においても、                    SMBC日興証券株式会社            は、その裁量で当該合意内容の一部若しくは全
       部につき解除し、又はその制限期間を短縮する権限を有しております。
        上記のほか、当社は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等によ
       る募集株式等の割当に関し、割当を受けた者との間で継続所有等の確約を行っております。その内容については、
       「第四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照ください。
                                  13/167














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【その他の記載事項】
       新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)裏表紙に当社のブランドロゴを以下の通り記載いたします。

       (2)表紙の次に「1 事業の概況」~「4 業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。





                                  14/167














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/167





















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/167





















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/167





















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/167





















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  19/167





















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  20/167





















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  21/167





















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第二部【企業情報】
     (はじめに)
      当社は、平成7年8月に設立された、子供服を企画販売する株式会社ナルミヤ・インターナショナル(以下「旧ナルミ
     ヤ①」といいます。)を前身としております。旧ナルミヤ①は設立後、「mezzo                                     piano」(メゾピアノ)をはじめとした
     認知度の高い百貨店ブランドを中心に堅調に業績を伸ばし、全国各地の百貨店やファッションビルに出店し、平成17年3
     月株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場いたしました。しかしながら、百貨店依存の体質からの脱却の遅れや、
     ブランドコンセプトの転換の遅れなどにより、株式上場を果たした事業年度より、旧ナルミヤ①の業績は減収減益が続き
     ました。
      そうした中で、SBIキャピタル株式会社によるTOB(株式公開買付)(注)の提案を受け、SBIキャピタルグループの傘
     下となりました。その後、SBIキャピタル株式会社の指導の下、新ブランドの立ち上げと不採算ブランドからの撤退、中
     国の百貨店への進出、ならびに様々なコスト削減策を講じましたが、世界経済の減速もあいまって、容易には、業績の回
     復に至りませんでした。そこで、同社からの第2回目となるTOBの提案を受け、社内での検討の結果、上場を廃止するこ
     とが得策であるとの結論に至り、平成22年3月同証券取引所から上場を廃止いたしました。また、上場廃止後、株主の交
     替及び2回の吸収合併を経て、現在の当社に至っております。
     (注)現金を対価として少数株主の株式を買取り、特定の株主のみを会社の株主とすること
     (1)  旧ナルミヤ①の誕生と株式上場

       呉服問屋として明治37年5月に広島で創業し、昭和27年12月成宮織物株式会社として設立され、その後、分社独立及
      び事業譲渡を経て、平成7年8月に設立された株式会社エヌ・アイ・コーポレーションが、同年翌月アパレル事業の営
      業譲渡を受け、株式会社ナルミヤ・インターナショナルに商号を変更し、                                  旧ナルミヤ①      が誕生いたしました。          旧ナルミ
      ヤ①  は、「mezzo      piano」(メゾピアノ)や「ANGEL                BLUE」(エンジェルブルー)等、カラフルなファッションアイテ
      ムとオリジナルキャラクターを特徴とした商品を中心に、百貨店における直営店舗販売と専門店への卸売りを軸に、コ
      ラボレーション事業も展開しながら、業容を拡大してまいりました。メディアへの露出とイベントを利用した販売促進
      により、商品の認知度は高まり、百貨店におけるブランドの出店の引き合いが強く、全国各地の百貨店やファッション
      ビルに   積極的に    出店し、平成17年3月株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場いたしました。
     ( 2)SBI    Value   Up  Fund1号投資事業有限責任組合による                  旧ナルミヤ①      の株式公開買付と上場廃止

       全国百貨店の売上が平成15年をピークに下降局面に転じると同時に、旧ナルミヤ①の業績も、株式上場の直前事業年
      度をピークに、減収減益に転じました。
       そうした中、旧ナルミヤ①は、投資先企業の株式を長期的に保有し経営改善を行うことに高い実績を有するSBIキャ
      ピタル株式会社から経営改善の提案を受け、慎重に検討・協議した結果、平成19年7月開催の取締役会において決議
      し、公開買付けの申し出に賛同する意見表明を行いました。意思表明後の同年7月から8月にかけて、SBIキャピタル
      株式会社が運営する企業再生ファンドSBI                    Value   Up  Fund1号投資事業有限責任組合によるTOBにより、同ファンドが旧
      ナルミヤ①株式の55.06%を所有し、SBIキャピタルグループの傘下となりました。SBIキャピタル株式会社の指導の
      下、新チャネルの開拓、           ショッピングセンター向けブランドを展開するための連結子会社株式会社スターキューブの設
      立、オーガニックコットンを使用したベビー服を扱う株式会社ミリカンパニーリミテッドの買収、中国の百貨店への進
      出、不採算ブランドからの撤退、ならびに、本社移転や人件費をはじめとした固定費の削減等諸策を講じました。
       しかしながら、売上高はコスト削減を打ち消すほどに減少し、業績回復への活路を見出すことはできませんでした。
      そこで旧ナルミヤ①は、SBIキャピタル株式会社との相談・検討を重ね、後述(6)の理由で上場廃止を選択せざるを得
      ないとの結論にいたりました。平成21年9月開催の取締役会において決議し、SBIキャピタル株式会社からの第2回目
      となる公開買付けの申し出に賛同する意見表明を行いました。同年9月から11月にかけてSBI                                           Value   Up  Fund1号投資
      事業有限責任組合によるTOBを経て、同ファンドが旧ナルミヤ①株式の90.76%を所有することとなり、平成22年3月株
      式会社ジャスダック証券取引所から上場を廃止いたしました。同年4月種類株式を発行、全部取得条項付普通株式を取
      得し、同年6月自己株式の消却を経て、SBI                     Value   Up  Fund1号投資事業有限責任組合の完全子会社となりました。
      用語の定義

                 平成7年8月株式会社エヌ・アイ・コーポレーション設立から平成28年9月30日までの株式
       旧ナルミヤ①
                 会社ナルミヤ・インターナショナル
       旧ナルミヤ②

                 平成28年10月1日から平成30年2月28日までの株式会社ナルミヤ・インターナショナル
                 平成30年2月28日までのエヌジェイホールディングス株式会社及び平成30年3月1日からの

       当       社
                 株式会社ナルミヤ・インターナショナル
                                  22/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ( 1)及び    ( 2)の変遷図
     ( 3)  上場廃止後からエヌジェイホールディングス2株式会社(以下「                              旧ナルミヤ②      」といいます。)による           旧ナルミヤ①










      株式取得まで
       上場廃止直後の平成22年6月現代表取締役執行役員社長の石井稔晃が社長に就任、平成23年3月にショッピングセン
      ター向けトドラーサイズのブランド「petit                     main」(プティマイン)の店頭販売を開始させ、ECシステムの刷新を行う
      など、これまでの百貨店中心の出店から、ショッピングセンターへの出店とeコマースの強化へと                                             経営資源を     集中さ
      せ、事業ポートフォリオの転換を図りました。                      なお、上場廃止後の状況及び非上場化による効果につきましては、後述
      (7)及び(8)をご参照ください。
       大胆な経費削減と事業ポートフォリオの転換などの施策により利益の出せる企業体質へと変化し、ショッピングセン
      ター事業及びeコマースを中心に、                業績は堅調に推移しておりました。かかる中で、平成28年6月、日本産業パート
      ナーズ株式会社によってエヌジェイホールディングス株式会社(当社)及びエヌジェイホールディングス2株式会社
      (旧ナルミヤ②)が旧ナルミヤ①の全株式を取得するためSPC(特定目的会社)として設立され、同年7月、当社は旧
      ナルミヤ②の増資引受及び株式譲受により、旧ナルミヤ②を完全子会社化し、SBI                                      Value   Up  Fund1号投資事業有限責
      任組合から旧ナルミヤ②へ旧ナルミヤ①の全株式が譲渡されました。                                連結財務諸表に計上されている借入金はこの株式
      譲渡に伴うものであり、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (連結貸借対照表
      関係)」をご参照ください。
     ( 4)  旧ナルミヤ②      による   旧ナルミヤ①      の吸収合併

       平成28年10月、旧ナルミヤ②による旧ナルミヤ①の吸収合併により、旧ナルミヤ①は消滅し、形式的な存続会社であ
      る旧ナルミヤ②はエヌジェイホールディングス2株式会社から株                              式会社ナルミヤ・インターナショナルへと商号を変更
      し、本店所在地を東京都千代田区から東京都港区芝公園二丁目4番1号に移転いたしました。
       連結貸借対照       表に計上されているのれん(平成30年2月期末3,307,176千円)は、この吸収合併により認識されたも
      のであります。のれんの減損につきましては、「第2                          事業の状況 4        事業等のリスク        (  14)のれんの減損につい
      て」をご参照ください。
                                  23/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)当社による旧ナルミヤ②の吸収合併
       平成30年3月、当社による旧ナルミヤ②の吸収合併により、旧ナルミヤ②は消滅し、当社はエヌジェイホールディン
      グス株式会社から株式会社ナルミヤ・インターナショナルへと商号を変更し、本店所在地を東京都千代田区から東京都
      港区芝公園二丁目4番1号に移転いたしました。
       これらの変遷を経て、現在の株式会社ナルミヤ・インターナショナルに至っております。
      ( 3 ) 、 ( ▶ ) 及び  ( 5 ) の変遷図

      以上、当社の事業運営の変遷を図示いたしますと、次のようになります。








                                  24/167










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (6 ) 上場廃止に至った理由
       SBI   Value   Up  Fund1号投資事業有限責任組合による第1回TOB以降、SBIキャピタル株式会社の指導の下、様々な経
      営改革を行ってまいりました。しかしながら、世界的な金融市場の混乱やそれに伴う世界経済の減速傾向を受け、個人
      消費が低迷する中で、経営環境は依然悪化した状態で推移し、特に旧ナルミヤ①の主要なチャネルである百貨店業界に
      おける景気低迷のあおりを強く受け、旧ナルミヤ①の業績は減収減益を続けました。
       そうした状況からの脱却のためには、さらなる経費削減努力と短期的には損益にマイナスの影響を与える可能性の高
      い事業ポートフォリオの転換及び成長分野への積極的な経営資源の投入が不可欠であると考えました。一方で、① 上
      場を維持したまま抜本的なポートフォリオの転換及び特定事業への経営資源の投入を行った場合、在庫や営業資産の減
      損等による一時的な損益の悪化や業績ボラティリティの上昇による投資リスクの増大に繋がり、配当等の株主還元策が
      中長期的に実施できない状態に陥る可能性があるほか、一般株主の皆様に増大したリスクを負担させることになる、
      ② 一時的な損益の悪化は短期的な株価下落に繋がり、中長期的な業績ボラティリティの上昇は一般株主の皆様にリス
      クの許容度を超えたリスク負担を求めることになりかねない、③ 同時に、株主還元策の実施や投資リスクの増大の回
      避が今後の経営改善策実施の阻害要因となりかねないとの理由から、SBI                                  Value   Up  Fund1号投資事業有限責任組合が
      旧ナルミヤ①      の唯一の株主となり、株式を非公開化することが企業価値向上の最善策であると考えました。平成21年9
      月から11月にかけて第2回目のTOBが行われ、同ファンドが                           旧ナルミヤ①      株式の90.76%を所有することとなり、平成22
      年3月上場を廃止いたしました。
     ( 7)上場廃止後の状況

       旧ナルミヤ①      は、平成22年3月の上場廃止直後の同年4月種類株式を発行、全部取得条項付普通株式を取得し、同年
      6月自己株式の消却を経て、SBI               Value   Up  Fund1号投資事業有限責任組合の完全子会社となりました。さらに同月、
      現代表取締役執行役員社長である石井稔晃が社長に就任し、商品企画の見直しを行うとともにMD(マーチャンダイジン
      グ)(注)1精度の向上を図り、翌年の平成23年1月大阪・福岡・広島支店を閉鎖し、本部機能を東京へ一本化するな
      ど経営の効率化と固定費の削減を行いました。また、同年3月「petit                                 main」(プティマイン)のショッピングセン
      ターにおける販売を開始いたしました。
       旧ナルミヤ①      は上場廃止から石井稔晃が代表取締役                  執行役員    社長に就任するまでの期間を「第二の創業期」と捉え、
      これまでの百貨店依存体質からの脱却と、商品開発におけるブランドコンセプトの見直し、サプライチェーンの強化、
      情報インフラの整備及び強化に取り組んでまいりました。販売チャネル戦略として、高価格帯ブランドを販売する百貨
      店から中価格帯ブランドを販売するショッピングセンターへのシフト、キャリー品(注                                        )2  などを低価格で販売するア
      ウトレットモールへの出店            加速  及びeコマースの強化など事業ポートフォリオの転換を図りました。また、経営効率を
      高めるため、株式会社スターキューブや株式会社ミリカンパニーリミテッドの吸収合併を行いました。
      (注)1.商品の企画・開発や調達、商品構成の決定、販売方法の立案、価格設定などを、戦略的に行う活動
         2.シーズン・販売期間経過後の継続販売商品
      ① eコマースやショッピングセンターブランド直営店舗の積極展開

        旧ナルミヤ①      は、平成7年8月設立以来、「mezzo                  piano」(メゾピアノ)や「ANGEL                BLUE」(エンジェルブ
       ルー)といった高価格帯の百貨店ブランドを中心に全国の百貨店やファッションビルに直営店舗を展開してまいりま
       したが、上場廃止以降は、eコマースの強化、中価格帯のショッピングセンター直営店舗の出店、アウトレットの本
       格展開を進め、百貨店依存体質からの転換を図りました。
        eコマースにおきましては、SBIキャピタルグループの傘下に入って以来、本格的に取り組んでまいりましたが、石
       井稔晃が代表取締役         執行役員    社長に就任後からは、ECシステムの刷新、ZOZOTOWNなどの他社サイトへの出店強化及び
       それによるブランド認知度の向上、自社オンラインサイトでのギフトラッピング対応等の顧客利便性の向上など諸策
       を講じました。
        直営店舗展開といたしましては、平成24年2月期からアウト                             レットモールへの出店を加速し、               平成26年2月期から
       はショッピングセンター向けトドラーブランド「petit                          main」(プティマイン)のショッピングセンターへの出店を
       加速するとともに不採算店舗の撤退を行いました。平成25年9月にはショッピングセンター向けジュニアブランド
       「Lovetoxic」(ラブトキシック)を展開する連結子会社株式会社スターキューブを吸収合併し、同年11月大胆な組
       織変更を行い、SC事業部を設置、ショッピングセンターブランド専門の組織を編成いたしました。これらの施策によ
       り、経営資源の集中とブランド運営の効率化を図り、ブランドの収益性を高め、百貨店以外の販売チャネルの積極的
       な展開により、事業ポートフォリオの転換を進めてまいりました。
                                  25/167




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② ブランドコンセプトの見直し
        旧ナルミヤ①      の百貨店ブランドは、「mezzo              piano」(メゾピアノ)や「ANGEL                BLUE」(エンジェルブルー)に代
       表されるように、オリジナルキャラクターをあしらったカラフルなアイテムが多数ラインアップされておりました
       が、それらのキャラクターファッションアイテムを減らし、トレンドをより意識した、消費者のライフスタイルに応
       じた多彩なコンセプトの商品を提供するために、ブランド別の商品企画検討会を強化し、ブランドコンセプトの見直
       しを行ってまいりました。
      ③ サプライチェーンの強化

        旧ナルミヤ①      の企画部門は、消費者ニーズやトレンドを分析した上でシーズンごとのテーマを立案し、そのテーマ
       に各企画担当者がアレンジを加え、それをMD(マーチャンダイジング)に反映させます。なお、                                            旧ナルミヤ①      は生産
       活動を外部の繊維専門商社やメーカーに委託しているため、仕入先との交渉、品質管理面での連携が重要となりま
       す。そのため、平成25年11月生産事業部を設置し、仕入先との関係強化及び各ブランドの仕入業務を統括して管理す
       る体制を作りました。その生産体制のもと、ブランド、カテゴリーごとに適材適所の発注先を決定し、納期の短縮、
       コスト削減、品質維持及び向上を確保するためのサプライチェーンを強化してまいりました。また、店頭の販売動向
       を日次で分析し、シーズン中での追加生産、販売が可能となる仕組みを構築し、それにより販売機会ロスの削減に取
       り組んでまいりました。
        なお、直営店舗        における販売強化及びショッピングセンターブランドのも                           のづくり    強化を目的として平成30年3月
       の組織変更において、東日本及び西日本のリテールオペレーション部を設置し、SC事業部が生産事業部を吸収するか
       たちで組織改変し、SC・ホールセール事業部を設置いたしました。
      ④ 情報インフラの整備及び強化

        情報インフラといたしましては、基幹システムをリプレー                            スし、MD(マーチャンダイジング)業務支援メニューを
       追加、併せて分析システムの導入による日々の販売状況の分析を可能にし、MD業務の精度の向上ならびに店舗採算機
       能の強化を図りました。また、POSレジ導入による店舗業務の精度向上及び効率化を行い、ECシステムを刷新し、オ
       ンライン顧客との関係強化による自社オンラインでの売上拡大に努めました。
       上記の経営改革の成果として、収益性の向上があげられます。当社グループは常に売上高営業利益率を意識した経営

      を行い、平成26年2月期から平成30年2月期までの5年間で4.7ポイント改善しております。併せて、経営成績の推移
      を把握するために、のれんや設備               投資にかかる償却費を控除したEBITDAも重要な経営指標としております。
       なお、平成26年2月期から平成30年2月期のEBITDAは、以下のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                   第19期         第20期         第21期         第1期         第2期
         回次
                          旧ナルミヤ①
                                                   当社
                                           (エヌジェイホールディングス株式会社)
                   (株式会社ナルミヤ・インターナショナル)
        決算年月         平成26年2月         平成27年2月         平成28年2月         平成29年2月         平成30年2月
                     89,154        748,102         881,161        1,157,450        1,404,974
     営業利益
     (調整額)
                    238,711         140,651         164,090         204,219        124,412
     +減価償却費
                     7,083        118,677         177,709         246,258        303,836
     +リース減価償却費
                     53,208         53,208         53,208         177,964        177,964
     +のれん償却額
     +長期前払費用(共同
                     8,117        11,155         17,604         24,769        27,290
      施設負担金)償却費
     +敷金償却
                     34,097         41,675         53,206         63,708        70,285
     EBITDA               430,373        1,113,469         1,346,980         1,874,371        2,108,765
      (注)平成29年2月期については、平成28年10月1日に当社の連結子会社である                                     旧ナルミヤ②      (エヌジェイホールディ
         ングス2株式会社)が          旧ナルミヤ①      を吸収合併しましたが、           旧ナルミヤ①      の業務を主たる業務として継続して
         行っているため、当該企業結合が平成29年2月期の期首に完了したと仮定して算定された連結損益を記載してお
         ります。
                                  26/167




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (8 )非上場化による効果
       旧ナルミヤ①      は非上場化以降において、経費              削減と予実管理の強化を図るとともに、必要な経営資源を必要なところ
      に投入することに注力してまいりました。また、ベビー・子供服専業のSPA(注)1として、子供服のナルミヤとして
      の基本路線を維持しながら、ブランドコンセプトや商品の価格帯の転換、ならびに販売管理機能の強化によるMD(マー
      チャンダイジング)精度向上と、お客様にとって魅力的でかつ鮮度のある売場つくりを心がけてまいりました。
       直営店舗販売において、株式会社ジャスダック証券取引所上場以前からの取引先との良好な関係を維持し、百貨店売
      場のブランドリプレースと、ショッピングセンターへの積極的な出店を推進してまいりました。百貨店においては、競
      合他社が百貨店の子供服売場から撤退する中で、百貨店の子供服売場におけるナルミヤブランドの優位性を高め、一方
      で、優良ブランドの出店を望むショッピングセンターディベロッパーとの関係強化と販売実績に基づく有利な出店条件
      を確保してまいりました。同時に、情報インフラの強化により、店舗採算管理の精度を向上させ、不採算ブランド及び
      不採算店舗の退店を進めてまいりました。また、出店計画の実現のために必要となる人材の獲得努力と、店舗間でのス
      タッフ及び在庫の移動を積極的に行いました。
       非上場化により、経営の機動的運営が可能になったこと、子会社を吸収合併したことによる業務運営の効率化、事業
      ポートフォリオの転換、非上場化と並行して取り組んできた固定費の削減などにより、収益性と生産性は高まり、業容
      拡大することができました。
       なお、平成30年2月期の百貨店店舗のうち既存店(注)2の売上高は、前期比0.2%減(全国百貨店の平成29年の子
      供服・洋品部門の全売上高は1.7%減(注)3                     )を維持し、ショッピングセンター店舗のうち既存店の売上高は、前期
      比7.1%増となっております。
      (注)1.     商品の企画から製造、物流、プロモーション、販売までを一貫して行う販売形態を表します。
         2.当社の既存店は、出店後1年を経過した店舗のことを表します。
         3.出典:日本百貨店協会平成30年1月プレスリリース
     (9 )再上場する目的、理由

       前述の様々      な施策を行った結果、ナルミヤブランドの再構築及び百貨店販売に依存しない事業基盤を確立し、TOBの
      目的であった中長期的な企業価値の向上を実現することができたものと確信しております。
       また、今後、       更なる企業価値の増大、株主価値の向上を実現するために、再上場によって、企業イメージ・信頼度の
      向上による優秀な人材の獲得、              株式上場時の調達資金による直営店舗の内装工事、物流設備及びECシステムへの投資等
      を行ってまいります。具体的には、直営店舗の新規出店にかかる直営店スタッフの獲得、次世代を担う新規ブランドの
      企画に携わる優秀な人材の獲得、ショッピングセンター出店時の内装工事費用、RFID(注                                         ) の導入による物流業務の効
      率化と精度向上、及び自社オンラインシステムへの投資によるCRMの強化を図り、さらなる成長を目指します。                                                   また、
      ベビー・子供服を企画販売する企業として、従業員のモラル向上を図ってまいります。
      (注)記録媒体であるICダグに登録された情報を、無線電波によって読み書きを行う自動認識システムを表します。
                                  27/167










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
               回次              第1期        第2期
              決算年月              平成29年2月        平成30年2月

                       (千円)      11,468,773        26,954,523
     売上高
                       (千円)       684,962       1,280,215
     経常利益
                       (千円)       696,343        760,276
     親会社株主に帰属する当期純利益
                       (千円)       700,081        776,342
     包括利益
                       (千円)      3,849,135        3,092,236
     純資産額
                       (千円)      13,230,914        13,560,459
     総資産額
                       (円)       407.19        321.90
     1株当たり純資産額
                       (円)        82.87        80.43
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)         -        -
     益金額
                       (%)        29.09        22.44
     自己資本比率
                       (%)        18.09        22.06
     自己資本利益率
                       (倍)         -        -
     株価収益率
                       (千円)      1,797,519        1,168,693
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)     △ 8,670,453        △ 300,569
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)      9,483,168       △ 1,493,545
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)      2,610,233        1,984,811
     現金及び現金同等物の期末残高
                                857        935
     従業員数
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                          ( 476  )      ( 495  )
      (注)1.当社は、平成28年6月8日に設立したため、第1期は平成28年6月8日から平成29年2月28日までの8か月
           と23日間となっております。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第1期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在せず、第2期の潜在株式調
           整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であるため、期
           中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
         4.第1期の自己資本利益率は設立初年度のため、期末の自己資本に基づいて算定しております。
         5.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         6.第1期及び第2期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
           (昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、
           監査法人A&Aパートナーズの監査を受けております。
         7.臨時雇用者数は、パートタイマー及びアルバイトの人数であり、1日8時間で換算した年間の平均人員を
           (  )内に外数で記載しております。
         8.当社は平成30年6月8日開催の取締役会決議により、平成30年6月29日付で普通株式1株につき30株の株式
           分割を行っております。1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額については、第1期の期首に当該
           株式分割が行われたと仮定して算定しております。
                                  28/167




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)提出会社の経営指標等
               回次              第1期        第2期
              決算年月              平成29年2月        平成30年2月

                       (千円)          -        -
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                 (千円)       △ 11,459       591,852
     当期純利益又は当期純損失(△)                 (千円)       △ 12,092       595,196

                       (千円)        10,000        10,000

     資本金
                       (株)       315,101        315,101
     発行済株式総数
                       (千円)      3,138,917        2,162,253
     純資産額
                       (千円)      3,139,550        2,162,253
     総資産額
                       (円)       332.05        228.58
     1株当たり純資産額
                                -      6,262
     1株当たり配当額
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                           ( - )     ( 4,993   )
     1株当たり当期純利益金額又は1株
                       (円)       △ 1.44       62.96
     当たり当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)         -        -
     益金額
                       (%)        99.98        99.93
     自己資本比率
                       (%)         -      22.46
     自己資本利益率
                       (倍)         -        -
     株価収益率
                       (%)         -      331.51
     配当性向
                                -        -
     従業員数
                       (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                           ( - )      ( - )
      (注)1.当社は、平成28年6月8日に設立したため、第1期は平成28年6月8日から平成29年2月28日までの8か月
           と23日間となっております。
         2.  当社は、資産流動化法に基づくSPC(特定目的会社)であるため、売上高及び従業員数は記載しておりませ
           ん。
         3 .第1期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失金額であり、また、
           潜在株式が存在しないため記載しておりません。第2期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につい
           ては、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であるため、期中平均株価が把握できないため、記載
           しておりません。
         4.第1期の自己資本利益率は当期純損失のため記載しておりません。
         5 .株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         6.第1期及び第2期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
           年大蔵省令第59条)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、監査法人
           A&Aパートナーズの監査を受けております。
         7.当社は平成30年6月8日開催の取締役会決議により、平成30年6月29日付で普通株式1株につき30株の株式
           分割を行っております。1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額に
           ついては、第1期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定しております。
                                  29/167





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (参考情報)
        (はじめに)に記載のとおり、平成28年10月1日に当社の連結子会社であるエヌジェイホールディングス2株式会
       社(  旧ナルミヤ②      )が  旧ナルミヤ①      を吸収合併しており、          旧ナルミヤ①      の業務を主たる業務として継続して行ってい
       るため、参考として、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて作成された第19期から
       第21期においては        旧ナルミヤ①      の、第1期及び第2期においては当社の主要な連結経営指標等を記載いたします。
       主要な連結経営指標等の推移

                         第19期        第20期        第21期        第1期        第2期
             回次
                               旧ナルミヤ①
                                                    当社
                                              ( エヌジェイホールディングス株式会社)
                        (株式会社ナルミヤ・インターナショナル)
            決算年月            平成26年2月        平成27年2月        平成28年2月        平成29年2月        平成30年2月
                  (千円)      16,365,234        17,760,441        20,700,971
     売上高                                         23,474,284        26,954,523
                  (千円)        92,147       749,552        868,939

     経常利益                                           892,076       1,280,215
     親会社株主に帰属する当期

     純利益又は親会社株主に帰             (千円)       △23,392        557,344        705,847
                                                708,901        760,276
     属する当期純損失(△)
                  (千円)      4,402,191        4,963,648        5,663,509        3,745,322
     純資産額                                                 3,092,236
                  (千円)      6,936,245        8,232,619        9,510,769       13,127,101
     総資産額                                                 13,560,459
                   (円)      54,795.79        61,814.00        70,562.26         396.20
     1株当たり純資産額                                                   321.90
     1株当たり当期純利益金額
     又は1株当たり当期純損失             (円)      △292.40        6,966.80        8,823.09         74.99
                                                         80.43
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)         -        -        -        -        -
     当期純利益金額
                   (%)        63.20        60.07        59.35        28.53        22.44
     自己資本比率
                   (%)         -      11.95        13.33        15.10        22.06
     自己資本利益率
                   (倍)         -        -        -        -        -
     株価収益率
                           742        765        829        857        935
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)
                          (301)        (372)        (381)        (476)        (495)
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.  第1期については、平成28年10月1日に当社の連結子会社である                              旧ナルミヤ②      (エヌジェイホールディング
           ス2株式会社)が        旧ナルミヤ①      を吸収合併しましたが、           旧ナルミヤ①      の業務を主たる業務として継続して
           行っており、また、         経営成績の年間推移の比較を可能とするため、当社第1期業績と旧ナルミヤ①の平成28
           年3月から同年9月までの業績を合算し、                    当該企業結合が       平成28年3月1日        に完了したと仮定して算定され
           た連結損益を記載しております。
            なお、当該企業結合が平成28年3月1日に完了した場合の                            第1期   の連結損益計算書に及ぼす影響の概算額
           及びその算定方法は次のとおりであります。
            売上高                            12,005,510千円
            経常利益             207,113千円
            親会社株主に帰属する当期純利益                    12,557千円
           (概算額の算定方法)

           企業結合が     平成28年3月1日        に完了したと仮定して算定された売上高及び損益情報と当社の連結損益計算書
           における売上高及び損益情報との差額を、影響の概算額としております。また、企業結合時に認識されたの
           れんが   平成28年3月1日        に発生したものとして償却額を算定しており、1株当たり当期純利益金額について
           は期末の発行済株式総数をもとに算定しております。
           また、影響の概算額については監査証明を受けておりません。なお、当該影響の概算額は第2期に影響させ
           ておりません。
         3.  旧ナルミヤ①      は平成25年9月1日同社の連結子会社株式会社スターキューブを吸収合併し、平成28年3月1
           日同社の連結子会社株式会社ミリカンパニーリミテッドを吸収合併しております。
                                  30/167


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         4.第19期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失金額であり、また、
           潜在株式が存在しないため記載しておりません。第20期及び第21期ならびに第1期の潜在株式調整後1株当
           た り当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。また、第2期の潜在株
           式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であるた
           め、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
         5.第19期の自己資本利益率は親会社株主に帰属する当期純損失のため記載しておりません。
         6.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         7.臨時雇用者数        は、パートタイマー及びアルバイトの人数であり、1日8時間で換算した年間の平均人員を
           ( )内に外数で記載しております。
         8.当社は平成30年6月8日開催の取締役会決議により、平成30年6月29日付で普通株式1株につき30株の株式
           分割を行っております。1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額に
           ついては、     平成28年3月1日に         当該株式分割が行われたと仮定して算定しております。
                                  31/167

















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【沿革】
      当社の事業の変遷は、          旧ナルミヤ①の前身である成宮織物株式会社の設立(昭和27年12月)から平成28年10月エヌジェ
     イホールディングス2株式会社(旧ナルミヤ②)による吸収合併により消滅するまでの期間と、旧ナルミヤ②設立以降と
     に分けて記載しております。
      (1 ) 旧ナルミヤ①の消滅ま          で

        年  月                            概  要
       昭和27年12月         呉服問屋として広島県広島市中区に成宮織物株式会社を設立
       昭和45年2月         東京都品川区東京卸売センターに営業所開設、セーター・ニットを中心とした婦人服の企画・
                販売をスタート
       昭和54年10月         東京都港区北青山に本社を開設し、株式会社ナルミヤに商号変更
       昭和60年8月         トドラーブランド「MINI-K」を発表
                トドラーブランド「mezzo            piano」を発表
       昭和63年3月
       平成3年7月         株式会社ナルミヤをナルミヤエンタープライズ株式会社に商号変更
                同社の呉服事業部とアパレル事業部を分社独立
                アパレル事業部は、株式会社ナルミヤ・インターナショナルとして発足
                ジュニアブランド「ANGEL            BLUE」を発表
       平成3年9月
                株式会社エヌ・アイ・コーポレーション設立(東京都渋谷区神宮前)
       平成7年8月
       平成7年9月         株式会社ナルミヤ・インターナショナルから株式会社エヌ・アイ・コーポレーションへ営業譲
                渡、同時に株式会社ナルミヤ・インターナショナルへと商号変更
                フレンチテイストのカジュアルブランド「pom                      ponette」を発表
       平成9年3月
                フレンチテイストのカジュアルブランド「pom                      ponette    junior」を発表
       平成10年3月
                ストリートカジュアルブランド「BLUE                  CROSS」を発表
       平成11年3月
                ジュニアブランド「mezzo            piano   junior」を発表
       平成11年8月
                ジュニアブランド「BLUE            CROSS   girls」を発表
       平成14年8月
       平成15年12月         東京都港区北青山に本社事務所移転、本社・企画生産・営業部門を集約
                韓国ロッテ百貨店にジュニアブランドを集結させた「JUNIOR                            CITY」出店
       平成16年2月
                香港のCauseway        Bayに、ジュニアブランドを集結させた「RAINBOW                       CITY」を出店
       平成16年11月
       平成16年12月         東京都港区北青山内で本社事務所移転、本社・企画生産・営業部門・レディースを集約
       平成17年3月         株式会社ジャスダック証券取引所へ株式上場
       平成18年2月         アウトレット1号店を「りんくうプレミアム・アウトレット」へ出店
                ライセンスブランド「paul             frank」発表
       平成19年5月
                SBI  Value   Up  Fund1号投資事業有限責任組合によるTOB(第1回)開始
       平成19年7月
                アナ・スイとのコラボレーションブランド                    「ANNA    SUI  mini」発表
       平成20年8月
                株式会社ミリカンパニーリミテッドの全株式を取得
                中国第1号店となる上海久光百貨店へ「mezzo                      piano」出店
       平成20年10月
                ショッピングセンター向けジュニアブランド「Lovetoxic」を展開するため株式会社スター
       平成21年2月
                キューブを設立(資本金30百万円)
                中国上海に娜露       密 雅商貿(上海)有限公司を設立(資本金49百万円)
       平成21年3月
       平成21年6月         ジュニアブランド「Lindsay」発表
                「障害者の雇用の促進等に関する法律」による特例子会社株式会社ナルミヤ・ワンパ(資本金
       平成21年7月
                5百万円)を設立
                東京都港区芝公園に本社事務所移転
       平成21年9月
                SBI  Value   Up  Fund1号投資事業有限責任組合によるTOB(第2回)開始
                トドラーブランド「kladskap」を発表
       平成22年3月
                株式会社ジャスダック証券取引所上場廃止
                ショッピングセンター向けトドラーブランド「petit                         main」を発売
       平成23年3月
       平成25年9月         株式会社スターキューブを吸収合併
                ライセンスブランド「kate             spade   new  york」を発売
       平成27年8月
       平成28年3月         株式会社ミリカンパニーリミテッドを吸収合併
                エヌジェイホールディングス2株式会社(当社の完全子会社)がSBI                                Value   Up  Fund1号投資事
       平成28年7月
                業有限責任組合より旧ナルミヤ①の全株式取得
                当社の完全子会社エヌジェイホールディングス2株式会社による吸収合併により、旧ナルミヤ
       平成28年10月
                ①は消滅
                                  32/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)  旧ナルミヤ②設立以降
        年  月                            概  要
       平成28年6月         当社及びエヌジェイホールディングス2株式会社が、旧ナルミヤ①の全株式を取得するため、
                日本産業パートナーズ株式会社によって設立される。
                当社がエヌジェイホールディングス2株式会社の第三者割当増資引受及び株式譲受により、同
       平成28年7月
                社を完全子会社とする。
                同社がSBI     Value   Up  Fund1号投資事業有限責任組合から旧ナルミヤ①株式の全株式を取得
       平成28年10月
                当社の完全子会社エヌジェイホールディングス2株式会社が旧ナルミヤ①を吸収合併し、旧ナ
                ルミヤ①は消滅、エヌジェイホールディングス2株式会社が存続会社となる。
                同日、東京都千代田区から現在の東京都港区芝公園へ本店所在地を変更し、株式会社ナルミ
                ヤ・インターナショナルへ商号変更
                ライセンスブランド「X-girl              STAGES」、「XLARGE          KIDS」を発売
       平成29年2月
                親子でコーディネートを楽しめる「petit                    main   LIEN」を発売
       平成29年3月
       平成30年3月         当社を存続会社とする吸収合併により、旧ナルミヤ②は消滅。同日、東京都千代田区から現在
                の東京都港区芝公園へ本店所在地を変更し、株式会社ナルミヤ・インターナショナルへ商号変
                更
                                  33/167
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【事業の内容】
      当社は、ベビー・子供服の企画販売を行うパイオニアとしてSPA形態をとりながら事業を行っております。当社グルー
     プは、株式会社ナルミヤ・インターナショナル(当社)及び非連結子会社2社(株式会社ナルミヤ・ワンパ(注)1及び
     娜露密雅商貿(上海)有限公司(注)2)により構成されております。なお、当社の事業は、ベビー・子供服の企画販売
     事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
      当社は、百貨店、ショッピングセンター、アウトレットモールの実店舗における販売とeコマース(自社オンラインサ
     イト及び他社オンラインサイト)を主軸に展開しております。
      (注)1.     株式会社ナルミヤ・ワンパは障害者雇用の促進を目的とした特例子会社であります。
         2.  娜露密雅商貿(上海)有限公司は本書提出日現在、中国市場に再進出するための拠点として、情報収集を行う
           機能を担っております。
     (取り扱いブランド)

      当社が取り扱っているブランドは、下記のとおりであります。
     百貨店向けブランド

     区対
           ブランド名称                    コンセプト                 主なターゲットと価格帯
     分象
                     女の子が誰よりも可愛くなれる、ロマンティック&ス                            新生児から小学校低学年
         mezzo   piano
                     ウィートなテイストのブランド                            の女児
                     カジュアルウェアからフォーマルドレスまで幅広く展開                            高価格帯
                     ニューヨークコレクションで常に話題の「ANNA                      SUI」の子      新生児から小学校低学年
         ANNA   SUI  mini
                                                の女児
                     供服ブランド
                                                高価格帯
                     「ドリーミー」「クラッシック・エレガンス」「スウィー
                     ト・グランジ」をキーワードにニューボーンからガールズ
                     まで女の子の新しいステージを提案
                     スウェーデン語で「洋服ダンス」を意味する「クレードス                            新生児から小学校低学年
         kladskap
                     コープ」                            の男児、女児
                     衣服を通して心を育てる「服育」がテーマのブランド                            中から高価格帯
                     世界中の女性たちにinteresting               life(興味深い人生)への            新生児から中学生の女児
         kate   spade   new  york
                                                高価格帯
                     インスピレーションを与える、NY発のライフスタイルブラ
                     ンド、ケイト・スペードニューヨーク
      ベ
                     そのスピリットを受け継いだチルドレンズウエアはシーズ
      ビ
                     ンごとにレディースラインと同様のスタイルやプリントが
      丨
                     登場し、明るい色やあそび心あるデザイン、そしてチャー
      ・
      ト
                     ミングなディテールで溢れている。
      ド
                     ”REAL   GIRL'S    CLOTHING”をテーマに女の子のストリート                     新生児から小学校低学年
         X-girl    STAGES
      ラ
                                                の女児
                     スタイルを提案する「X-girl」のキッズブランド
      丨
                                                中価格帯
                     ワーク、ヒップホップ、スケートの要素を取り入れたスト                            新生児から小学校低学年
         XLARGE    KIDS
                     リートウェアを提案する「XLARGE®」のキッズブランド                            の男児
                                                中価格帯
                     オーガニックコットンのナチュラルカラーをベースに、季                            新生児から小学校低学年
         SENSE   OF  WONDER
                     節の花、果実など身近な自然をモチーフにしたデザイン、                            の男児、女児
                     リバティプリントを使用した繊細なベビー服                            高価格帯
                     愛らしく甘すぎないおしゃれを提案
                     カジュアルにトレンドをMIXしたユニセックスのデイリー                            新生児から小学校低学年
         Love&Peace&Money
                     ウェアブランド                            の男児、女児
                                                高価格帯
                     動物のモチーフを使い、かわいらしさに遊び心をプラスし                            新生児から小学校低学年
         babyCheer
                     たデザインで個性的なスタイルのブランド                            の男児、女児
                                                高価格帯
                                  34/167




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     百貨店向けブランド
     区対
           ブランド名称                    コンセプト                 主なターゲットと価格帯
     分象
                     華やかでロマンティックな女の子のためのブランド                            小学生から中学生の女児
         mezzo   piano   junior
                     上品なスタイルから、トレンド感のあるカジュアルスタイ                            高価格帯
                     ルまで展開
                     アメリカンカジュアルをベースに、トレンドMIXしたスタ                            小学生から中学生の男児
         BLUE   CROSS
                     イルを、明るく元気にカッコ良く着こなす男の子のブラン                            高価格帯
                     ド
                     フレンチテイストのカジュアルブランド                            小学生から中学生の女児
         pom  ponette    junior
                     モノトーンやパステルのカラーリングにトレンドをプラス                            高価格帯
      ジ
                     した、上品なデイリー&スクールウェアを提案
      ュ
      ニ
                     ちょっぴりクールでスパイシーなスタイルとトレンドを                            小学生から中学生の女児
         BLUE   CROSS   girls
      ア
                     MIXして展開する「カッコかわいい」女の子のためのブラ                            高価格帯
                     ンド
                     女の子が毎日Happyになれるカジュアルブランド                            小学生から中学生の女児
         Lindsay
                     「Girly」をキーワードにティーンのライフスタイルにあ                            中から高価格帯
                     わせたファッションを展開
                     「もっとオシャレなカジュアルを!」ベーシックなリアル                            小学生から中学生の男
         by  LOVEiT
                     クローズスタイルを提供                            児、女児
                                                中価格帯
     ショッピングセンター向けブランド

     区対
           ブランド名称                    コンセプト                 主なターゲットと価格帯
     分象
                     トレンドファッションに子どもらしさをプラスした、デイ                            新生児から小学校低学年
         petit   main
      ベ
                     リープライスで楽しめるユニセックスブランド                            の女児とその母親
      ビ
         petit   main   LIEN
      丨
                     ママをはじめ、活動的な女性に向けたレディースライン                            低価格から中価格帯
      ・
                     「リアン」とリンクコーディネートも提供
      ト
                     着心地よくリラックスしたデイリーウェアを提供するユニ                            新生児から小学校低学年
      ド
         b.room
      ラ
                     セックスブランド                            の男児、女児
      丨
                                                低価格帯
                     アメカジ・ロック・ガーリッシュなど、トレンドをテイス                            小学生から中学生の女児
      ジ   Lovetoxic
      ュ               トMIXして着こなす元気な女の子のためのブランド                            低から中価格帯
      ニ
      ア
     アウトレットモール向けブランド

     区対
           ブランド名称                    コンセプト                 主なターゲットと価格帯
     分象
                     ベーシックアイテムに程よいSWEET                 & NATURAL感とトレン
     トベ   Pupil   House                                     新生児から小学校低学年
     ド ビ                                          の男児、女児
                     ドをミックスした値ごろ感のあるウエア・グッズを提案
     ラ丨
                                                低価格帯
     丨 ・
     ( 事業区分    )

      当社事業の主要な販売チャネルは以下のとおりであります。
      (百貨店)

       当販売チャネルは、         主に  都市部の大手百貨店に展開する直営店舗であります。
       昭和60年に0歳から7歳のベビー・トドラーを主要顧客とするブランド「MINI-K」(ミニケー)により子供服業界へ
      進出し、昭和63年には現在も主力ブランドの一つである「mezzo                              piano」(メゾピアノ)がデビューいたしました。
       平成3年には、8歳から13歳を主要顧客としたジュニアブランド第1号の「ANGEL                                       BLUE」(エンジェルブルー)を発
      表いたしました。これにより「ジュニア服」という新しい市場を開拓し、その後も次々と新ブランドを発表いたしまし
      た。
                                  35/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (ショッピングセンター)
       平成17年、ショッピングセンター1号店を出店し、平成21年には8歳から13歳の女子を主要顧客層とし、                                                  百貨店系ア
      パレルブランド       よりも低価格帯で商品を展開するジュニアブランド「Lovetoxic」(ラブトキシック)を発表いたしま
      した。
       平成23年には、「Lovetoxic」(ラブトキシック)同様、ショッピングセンター向け低・中価格帯ブランドである
      「petit    main」(プティマイン)がデビューいたしました。「petit                            main」(プティマイン)はユニセックスブランド
      であり、0歳から7歳の男女を主要顧客層としております。当該事業の主要                                   販売チャネル      は、イオンモールやららぽー
      と等、都市近郊及び郊外のショッピングセンターに展開する直営店舗であります。ショッピングセンター事業は、最大
      の成長基盤と位置づけております。
      (アウトレットモール)

       平成18年、アウトレット1号店として「りんくうプレミアム・アウトレット」へ出店いたしました。当                                                販売チャネル
      において、三井アウトレットパークやプレミアム・アウトレットを中心とする郊外のアウトレットに直営店舗を展開し
      ております。
      (eコマース)

       当社は、これらの直営店舗における実店舗販売に加え、オンラインによる販売も行っております。平成20年には、e
      コマース事業に本格的に注力し始め、直営のオンラインショップである「NARUMIYA                                        ONLINE」をオープンいたしまし
      た。「NARUMIYA        ONLINE」はファッション通販サイトZOZOTOWNでの販売と併せて当事業における機軸となっておりま
      す。他社通販サイトへの出店は、ZOZOTOWNのほか、楽天、Amazon等にも出店し、顧客の利便性と当社ブランドの認知向
      上を図っております。なお、eコマース事業は、ショッピングセンター事業に次ぐ今後の成長基盤と位置づけておりま
      す。
      (その他)

       これらの販売チャネルの他に、地方百貨店やアパレル専門店への卸売り販売及び当社ブランド商標のライセンス販売
      を行っております。
     (展開店舗数)

      過去5事業年度における直営店舗の販売チャネル別の期末店舗数は以下のとおりであります。
                  平成26年               平成28年       平成29年       平成30年       平成30年
                         平成27年
      販  売  チ  ャ  ネ  ル
                  2月末       2月末       2月末       2月末       2月末       6月末
                     579       573       565       575       589       587
     百貨店
                      50       63       94       117       141       152
     ショッピングセンター
                      15       16       18       19       19       20
     アウトレットモール
        直  営  店  計         644       652       677       711       749       759
                                  36/167








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (事業系統図)
      (注)   事業系統図への記載を省略した非連結子会社2社があります。











                                  37/167









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【関係会社の状況】
                                           議決権の所
                           資本金
          名 称          住 所             主要な事業の内容          有割合又は          関係内容
                          (百万円)
                                           被所有割合
     ( 連結子会社     )
                                ベビー・子供服の
     (株)ナルミヤ・インター             東京都港区          893              (所有)98%      役員の兼任あり。
                                企画販売事業
     ナショナル
      (注)1.平成30年3月1日付で当                社との吸収合併により消滅しております。
         2.特定子会社に該当しております。
         3.売上高は連結売上高の100%を占めております。
           主要な損益情報等  (1)売上高                    26,954百万円
                     (2)経常利益  1,281百万円
                     (3)当期純利益  766百万円
                     (4)純資産額  2,664百万円
                     (5)総資産額         13,140百万円
      5【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況
                                                  平成30年6月30日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

         1,018(344)                32.8              6.7            3,511,941

      (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(パートタイマー及びアルバイト)は、1日8時間で換算した最近1年間の平均人員を( )内にて
           外数で記載しております。
         2.当社はベビー・子供服の企画販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しておりま
           す。
         3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (2)労働組合の状況

         当社の労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  38/167










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
        当社は、平成28年6月8日に設立され、第1期は平成28年6月8日から平成29年2月28日までの8か月と23日間と
       なっているため、前年同期比については記載しておりません。また、第2期第1四半期累計期間については四半期財
       務諸表を作成していないため、前年同四半期累計期間との比較分析は行っておりません。
        なお、当社はベビー・子供服の企画販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の経営成績に関する記載
       は省略しております。
       (1)業績
        第2期連結会計年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)
         当連結会計年度におけるわが国経済は、新興国経済の景気減速や英国のEU離脱問題、米国の政策変化の影響な
        ど、外部環境の不透明さから、依然として景気の先行きが懸念されますが、雇用・所得環境の改善が続く中で、政
        府の経済政策と日銀の金融緩和政策を背景に、企業収益が改善するなど、穏やかな回復基調で推移しております。
         当社グループが属するアパレル業界においては、消費者の低価格志向とファッションにおける個人の嗜好の細分
        化により、一部のファストファッション系企業の業績が好調に推移する一方、多くの企業が苦戦を強いられまし
        た。
         このような状況のもとで、当社グループは、これまで同様、ベビー・子供服の企画販売事業のリーディングカン
        パニーを目指すことを基本方針として、前連結会計年度より引き続き、MD(マーチャンダイジング)の精度向上に
        努めると同時に、自社オンラインサイトや他社ファッション通販サイトによるインターネット販売の強化を進めて
        まいりました。また、直営店の積極的な展開を図り、「X-girl                             STAGES」(エックスガールステージス)などの新
        ブランドの百貨店への出店や、トドラーブランド「petit                           main」(プティマイン)やジュニアブランド
        「Lovetoxic」(ラブトキシック)のショッピングセンターへの積極的出店を進めてまいりました。
         以上により、当連結会計年度の業績は、売上高26,954百万円、営業利益1,404百万円、経常利益1,280百万円、親
        会社株主に帰属する当期純利益760百万円となりました。
        第3期第1四半期累計期間(自 平成30年3月1日 至 平成30年5月31日)

         当第1四半期累計期間における我が国の経済は、米国の政策動向、中国経済の持続的成長への懸念など、先行き
        に不透明感はあるものの、企業利益の拡大や雇用環境の改善等を背景に緩やかな回復基調が続きました。
         また、当社の主力チャネルである百貨店やショッピングセンターにおきましては、3月及び4月の気温が平年よ
        り高く、快適な天候がプラス要因に働き、春物や初夏物が好調に推移しました。しかしながら、5月は平年以下の
        気温となり、また前年と比較して休日が1日少なかったなどの影響で、売上は伸び悩みました。
         このような経営環境の中、当社は直営店舗において、当第1四半期累計期間に百貨店ではジュニアブランド「X-
        girl   STAGES」(エックスガールステージス)などを中心に5店舗、ショッピングセンターではトドラーブランド
        「petit    main」(プティマイン)及びジュニアブランド「Lovetoxic」(ラブトキシック)で10店舗を新たに出店
        致しました。
         既存店舗では、百貨店で展開しているトドラーブランド「ANNA                             SUI  mini」(アナスイ・ミニ)、「X-girl
        STAGES」、ショッピングセンターでは「petit                      main」、「Lovetoxic」がともに堅調な売上で推移しております。
         また、eコマースも昨年年末に実施したスマートフォンのユーザインタフェースの改修や、新規会員の獲得キャ
        ンペーンの施策が効果を発揮し、順調な売上となっております。
         以上により、当第1四半期累計期間におきましては、売上高6,613百万円、営業利益424百万円、経常利益385百
        万円、四半期純利益1,101百万円となりました。
         なお、当社は平成30年3月1日付で株式会社ナルミヤ・インターナショナル(旧ナルミヤ②)を吸収合併しまし
        た。これに伴い、抱合せ株式消滅差益875百万円を特別損益に計上しております。
       (2)キャッシュ・フロー

        第2期連結会計年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)
         当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ625百万
        円減少し、1,984百万円となりました。
         各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は、1,168百万円となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益1,209百万円
        の計上、仕入債務の増加額638百万円、たな卸資産の増加額489百万円等によるものです。
                                  39/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動の結果使用した資金は、300百万円となりました。これは主に、差入保証金の差入による支出177百万
        円、有形固定資産の取得による支出80百万円                     等 によるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は、1,493百万円となりました。これは主に、配当金の支払いによる支出1,573百万
        円 等 によるものです。
      2【生産、受注及び販売の状況】

       (1)生産実績
         当社グループは生産活           動を行っておりませんので、該当事項はありません。
       (2)仕入実績

         当社グループは、ベビー・子供服の企画販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略して
        おります。
                                 当連結会計年度
            セグメントの名称                   (自 平成29年3月1日                   前年同期比(%)
                                至 平成30年2月28日)
                                     13,042,988
      ベビー・子供服       の企画販売事業  (千円)                                            -
                                     13,042,988
             合計(千円)                                            -
      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.当社は平成28年6月8日に設立され、前連結会計年度が平成28年6月8日から平成29年2月28日までの8か
           月と23日間となっているため、前年同期比は記載しておりません。
       (3)受注実績

         当社グループは        受注生産    を行っておりませんので、該当事項はありません。
       (4)販売実績

         当社グループは、ベビー・子供服の企画販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略して
        おります。
                                 当連結会計年度
                               (自 平成29年3月1日                    構成比(%)
            セグメントの名称
                                至 平成30年2月28日)
        ベビー・子供服の企画販売事業
                                     10,385,247                   38.5
        百       貨       店  (千円)
                       (千円)               9,620,244
        ショッピングセンター                                                35.7
                       (千円)               3,421,890
        e   コ   マ   ー   ス                                   12.7
        そ       の       他    (注)4    (千円)               3,527,142
                                                        13.1
           合                    計     (千円)              26,954,523
                                                        100.0
      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.参考として販売チャネルごとの内訳を記載しております。
         3.当社は平成28年6月8日に設立され、前連結会計年度が平成28年6月8日から平成29年2月28日までの8か
           月と23日間となっているため、前年同期比に替えて構成比を記載しております。
         4.「その他」は、アウトレットモールでの販売、地方百貨店やアパレル専門店への卸売り販売及び当社ブラン
           ド商標のライセンス販売を含んでおります。
                                  40/167




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
       (1)経営方針
        ① 収益力の向上
         a ブランドポートフォリオの構築
          子供服の分野において、多様なライフスタイルへ対応し、収益が最大となるブランドポートフォリオを構築
         していきます。
         b 販売チャネルポートフォリオの構築
          子供とその家族の多様なライフスタイルに適した購買場所へ出店し、収益が最大となる最適な販売チャネル
         ポートフォリオを構築いたします。(百貨店、ショッピングセンター、アウトレット、eコマースなど)
         c 生産・物流の効率化
         (a)国内物流機能の集約と効率化を目指します。
         (b)  当社は、国内商社及びOEM会社経由での生産管理を行っておりますので、取引先と連携することで中国集中
           から他国への展開も検討いたします。
        ② 人材育成方針
         a 当社はSPAの業態であるため、顧客との接点である販売員の育成・強化が競争優位の源泉であると考えており
          ます。そのため、販売員への研修、他店舗での成功事例などの情報共有を強化することで、接客能力の向上
          を図ります。
         b キッズファミリーのライフスタイルの時代の流れを読み、具体的な商品として提案できるよう、企画開発ス
          タッフの人材育成を行います。
         c また、事業規模の拡大に伴い、管理部門の人材を補充・強化し、企業規模に応じた人材の登用を図ってまい
          ります。
        ③ 企業体質の強化
          新市場開拓、新カテゴリーの開発への挑戦、海外市場進出への挑戦を進めることで、変化の激しい子供服市場
         において、競争力を強化し、オンリーワン・ナンバーワンを目指します。
       (2)  経営指標

         当社は、収益性の指標として、売上高営業利益率(経営の効率性)及びEBITDA(安定した成長)を意識し、それ
        らの向上を図ることが、企業価値の最大化につながるものと考え、マルチチャネル、マルチブランド展開を推進す
        るうえで、ポートフォリオの最適化                 に留意しながら、経営資源の選択を行っております。
       (3)経営戦略等

         当社は、子供服業界において、マルチチャネル、マルチブランド展開を推進しております。従いまして、販売
        チャネル、ブランドのポートフォリオの最適化に留意しながら経営戦略を進めてまいります。
         さらに今後は、子供とその家族をターゲットに提供すべき価値をモノ(洋服)からコト・サービスへと拡大する
        ことで、キッズライフスタイル企業へと成長したいと思います。
         具体的なコト・サービス事業として検討中の案件の1つとして、フォトスタジオ事業があります。日常の幸せな
        風景を、素敵なスタジオで、思い出として写真を撮っていただく事業です。我々の洋服を購入していただいたお客
        様に、その洋服を着て写真を撮っていただく、あるいは、フォトスタジオで我々の洋服をレンタルしていただき、
        写真を撮った後に購入していただくという、既存事業とのシナジーも見込んでおります。また、ライセンスビジネ
        スの強化を図るため、当社の資産である既存のキャラクターの活性化を意図したコンテンツビジネスも検討してお
        ります。
       (4)経営環境の認識

         子供服事業を営む当社を取り巻く経営環境は、国内市場においては、少子高齢化・人口減少の進行、消費税増税
        等による消費マインドの縮小、消費ニーズの多様化、外資系企業の参入、競争の激化などにより厳しい状況が続く
        ものと思われます。
         また生産地の大半を占める中国においては、人件費の高騰、為替変動による調達価格の高騰、カントリーリスク
        など、業界全体を取り巻く環境も厳しい状況が続くものと思われます。
         このような状況の下、当社は今後の事業展開における対処すべき特に重要な課題を下記のように認識し、解決に
        向けて取り組んでおります。
                                  41/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (5)事業上の対処すべき課題と具体的な取り組み状況
        ① 既存ブランドの停滞
          当社は、新生児から中学生までの年代ごとに多様なブランドを展開しております。しかしながら、変化の激し
         い消費ニーズ・トレンドへの対応を誤った場合、ブランドが停滞することが想定されるため、既存ブランドの活
         性化と新規ブランドの投入を進めております。
          具体的な取り組みは以下のとおりであります。
         a 店頭において消費者動向、競合他社の動向を把握し、子供市場全体の消費ニーズ・トレンドを勘案し、商材
           の改廃をスピーディに進めております。
         b ブランドポートフォリオマネジメントを徹底することで、攻めるブランド・撤退検討のブランドを明確に
           し、経営資源を最適に投下いたします。
         c 市況や顧客動向などから新たなブランドを開発あるいはライセンスを獲得することで、市場へ投入いたしま
           す。
        ② 既存販売チャネルの停滞
          当社は、百貨店、ショッピングセンター、アウトレットモール、eコマースとマルチチャネルで事業を営んで
         おりますが、小売業態は好不調の波が激しく、当社が出店している商業施設の業績に多分に影響を受けることが
         想定されるため、既存販売チャネルの活性化と新規店舗の拡大を進めております。
          具体的な取り組みは以下のとおりであります。
         a 既存店舗においては、接客力を強化しブランドロイヤリティを高める施策を実施いたします。また、展開ブ
           ランドの改廃などを行い、適正なブランドポートフォリオを実施いたします。
         b 成長する業態への出店を積極的に実施するため、専門部署(店舗開発部)において全国の商業施設の情報の
           把握を強化     し、さらなる出店攻勢を行ってまいります。
        ③ eコマースにおける取組み
          成長著しいeコマース市場では、子供服カテゴリーも近年拡大傾向であります。しかし、テクノロジーの進化
         が著しい市場であるため、決済方法やサービスなど新しい取り組みに乗り遅れた場合、停滞することが想定さ
         れ、当社では、eコマース戦略の一環として、次の取り組みを行ってまいります。
         a 消費者が選びやすく、購入しやすいサイト構築を実現いたします。とりわけ、スマートフォンからの購入者
           が増加しているため、スマートフォン向けサイトの利便性を高めてまいります。
         b 消費者の購買履歴などから最適な商品提案を行い、ポイント特典など顧客サービスを充実することで、優良
           顧客の取り込みを進めてまいります。
         c eコマースと店舗の顧客IDを統合し、顧客データの活用強化を図ります。その結果、eコマースと店舗の在庫
           一元化を図り、       最適な顧客リレーションを実現するため、オムニチャネル化を進めてまいります。
        ④ アジア市場への進出
          アジア近隣諸国における子供人口の増加は顕著であり、少子高齢化による国内市場規模の縮小傾向を勘案した
         場合、アジア近隣諸国への進出は、当社の企業価値向上のために必要不可欠なファクターであると考えておりま
         す。  しかしながら、現地の商慣習、消費トレンドへの対応を                          誤 ると事業展開が停滞することが想定されるため当
         社では、次の取り組みを行ってまいります。
         a 年間の出生       数が日本の約18倍という子供向けビジネスとしての大きな市場である中国への進出を再検討して
           おります。以前進出した際は、現地百貨店での店舗販売を行っておりましたが、商慣習や物流面において苦
           戦をした結果、撤退しております。                 今回の再進出に際しては、中国最大のeコマースサイトである「Tモー
           ル」へ進出するため、現地のビジネスパートナーとライセンス契約を締結いたしました。平成3                                             0年8月に
           は、現地のビジネスパートナーが「Tモール」へ出店いたします。                               当社は既存ブランド(特定のブランドか
           ら)の企画・デザイン・生産発注業務を行い、ビジネスパートナーがeコマースでの販売・広告宣伝を                                               担う
           形態で事業を進めてまいります。さしあたり、中国市場の嗜好性の調査や認知度拡大のため、中国本土の
           「Tモール」で取扱うブランド以外の商品を、中国越境EC(注)において取扱う予定であります。その結果
           を踏まえ、     売上が期待できるブランドを中国本国での「Tモール」へ追加投入していきたいと考えておりま
           す。
          (注)中国人消費者がインターネットを通じて海外製の商品を購入し、その商品が国外から配送されているe
              コマースの形態を表します。
         b インバウンド需要への対応を強化いたします。昨今、外国人観光客が増加しており、家族旅行者も多く見受
           けられます。このような旅行者への対応を強化するため、インバウンド向けのプロモーションなどの施策を
           強化いたします。
         c 他アジア近隣諸国          へのリサーチを開始いたします。市場トレンド、消費ニーズ、また現地パートナーについ
           て調査を進め、進出計画の詳細化を進めてまいります。
                                  42/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤ 原産国のカントリーリスク
          当社が販売する商品の大半は、原産国を中国としておりますが、主に繊維専門商社等から円建てで仕入れてお
         ります。従いまして、直接カントリーリスクを受けにくい取引形態でありますが、今後において、円安の進行や
         中国における人件費等がさらに高騰した場合、価格面において中国産の商品を仕入れるメリットが低下すること
         や、さらには、政治的な不安定要素の存在も否めません。今後において原価率上昇による収益性の低下を回避す
         るため、また、原産国の政治的要因によるリスクを回避するために、当社では次の取組を行ってまいります。
         a 東南アジアを原産国とする商品の仕入を視野にいれ、価格、技術力及び品質の安全性等の条件を勘案した上
           で、新たな生産工場の開拓を行ってまいります。
         b 直接貿易による原価の低減化と、為替変動リスクヘッジ、さらには、そのための人材の育成に取り組んでま
           いります。
        ⑥ 人材の確保と育成
          子供服事業では、商品知識及び顧客ニーズを的確に把握した上で商品を提案する能力が必要であります。また
         店頭での子供とのコミュニケーション能力も当社としては必要な能力と定義しております。そのため、事業拡大
         のため   には優秀な人材の確保と育成は、必須であります。しかしながら昨今の人材売り手市場などの環境から、
         優秀な人材を継続的に確保することが困難になる可能性があるため、当社では、次の取り組みを行ってまいりま
         す。
         a 人材確保のため、新卒採用を積極的に実施しております。当社の商品を幼少時に購入していた学生が多いこ
           ともあり、新卒の応募は好調であります。今後はさらに優秀な人材を確保するために、企業ブランド価値向
           上のためのホームページの刷新、インターンシップの活用、地方での企業説明会を行ってまいります。
         b 接客研修など        を定期的に実施することで、社員の育成に努めてまいります。
                                  43/167














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【事業等のリスク】
      本書に記載した、事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事
     項には、以下のようなものがあります。あわせて、必ずしもそのようなリスクに該当しない事項についても、投資者の判
     断にとって重要であると当社が考える事項については、積極的な情報開示の観点から記載しています。また、本項の記載
     内容は当社株式の投資に関するすべてのリスクを網羅しているものではありません。当社は、これらのリスクの発生可能
     性を認識したうえで、発生の回避及び発生した場合の迅速な対応に努める方針ですが、当社株式に関する投資判断は、本
     項及び本項以外の記載内容もあわせて慎重に検討したうえで行われる必要があると考えております。
      なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)流行や景気の変動が経営成績に与える影響について

       当社  は、流行の変化が早く、商品のライフサイクルが短いファッション衣料業界に属しております。                                             当社  の商品は
      0歳から13歳のベビー・トドラー、ジュニア向けにマルチブランドのファッションを提供しており、お子さまの成長
      とともに当社商品を長期にわたってご愛用いただく優良顧客を創出することが                                    当社  のビジネスの基本でありかつ目標
      でもあります。しかしながら、消費者の嗜好に合致した商品を提供できない場合や景気の変動による個人消費の低迷
      の影響を受けて販売不振となった場合、                   当社  の業績に影響が及ぶ可能性があります。
     (2)  気象状況などによるリスク

       当社が取扱う商品は、気象状況により来店客数の減少や季節に応じた店頭商品の販売に影響するため、来店客数、
      購入客数など日々の販売状況を管理しております。しかしながら、冷夏暖冬など天候不順及び地震や台風などの予測
      できない気象状況により、セール時期等の販売が伸び悩み、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       また、地震や風水害等不測の自然災害や突発的な事故や火災等により営業の中断が発生した場合は、売上の減少を
      引き起こす可能性があることから、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (3)  少子化への対応について

       当社では、消費者の期待に応えられる商品を提供し続ける限りは少子化傾向が直接事業の衰退に結びつく可能性は
      高くはないと考えております。当社の強みである企画力で常に新鮮な商品を作り続け、マーケットシェアを確保する
      ことで、現在の事業規模を維持・拡大できるものと考えております。
       また平成29年3月より子供を持つ20代、30代の母親向けに新ブランド「petit                                      main   LIEN」(プティマイン           リア
      ン)を立ち上げ、当社の今後の事業戦略である「ベビー・トドラー、ジュニア以外へのセグメントへの進出」も少子
      化リスクの回避になると考えております。
       現状で市場環境に大きな変調は見られませんが、今後も少子化傾向が続くことにより、企業間競争はより厳しいも
      のになると想定され当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (4)  業績の季節変動に伴うリスク

       当社  の事業は、     ベビー・子供服       の企画販売事業の単一セグメントであるため、福袋の販売及びクリアランスセール
      が行われ、かつ商品単価が高い冬物衣料の販売により、売上高において、下期偏重となっております。また、利益の
      額においても、売上高に対する最低保証売上高が設定されている販売代行料や歩合家賃ならびにその他固定費の比率
      が、12月及び1月に低くなるため、今後においても、下期への業績の偏りが生じる可能性があります。なお、平成30
      年2月期の通期売上高に占める四半期毎の売上高の割合、ならびに、通期営業利益に占める四半期毎の営業利益の割
      合は以下のとおりであります。
               第  1  四  半  期  第  2  四  半  期  第  3  四  半  期  第  4  四  半  期  通       期
     連結売上高(千円)
                  6,032,882         6,142,127         6,596,330         8,183,182
                                                       26,954,523
       ( % )            (22.4)         (22.8)         (24.5)          (30.3)
     連結営業利益又は連結
                   395,944         △17,083          554,942         471,171
                                                       1,404,974
     営業損失(△)      (千円)
                   (28.2)         (△1.2)          (39.5)          (33.5)
         (%)
     (5)  出店形態にかかるリスクについて

       当社  の直営店舗における         販売チャネルは、主に百貨店ならびにショッピングセンター、アウトレットモールであり
      ます。昨今、百貨店を取り巻く環境は厳しく、消費者の百貨店離れやショッピングセンター、アウトレットモールの
      台頭により、不採算百貨店売場は閉鎖され、経営の効率化を図る動きが見られます。百貨店売場の閉鎖や縮小等が
      あった場合、当社は優良顧客を失う可能性があります。また、百貨店自体の集客力低下が当社既存店の業績に影響を
      及ぼす可能性があります。
       ショッピングセンター、アウトレット                   モール   の運営は、商業施設運営会社と定期賃貸借契約を結んでおります。競
      合ブランドの出店その他の理由により当社店舗が販売不振に陥り、中途解約を申し入れる際には、契約条件により違
      約金などの支払が発生いたします。また、当社店舗の売上が契約に定められた最低保証売上高に満たない場合、その
      差額分を商業運営施設へ支払う必要があり、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  44/167

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (6 ) 人材採用に関するリスク

       当社は、今後の事業拡大及び既存店舗の運営維持のため、本社及び物流拠点ならびに全国の直営店舗における継続
      した優秀な人材の確保と育成が、当社の経営における重要課題のひとつであると考えております。
       しかしながら、優秀な人材の確保が計画通りに進捗しない場合、または多くの人材が流出する等の状況が発生した
      場合には、商品の企画や出店計画の進捗に影響が生じ、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (7)  中国での生産について

       当社  の販売する商品の多くは、中国が原産国                   であります     が、専門商社等から円貨で仕入れており、円安の進行や中
      国における人件費等の高騰などの影響を抑えることができているため、仕入価格は安定しております。しかしなが
      ら、中国における人件費等がさらに高騰し、商品の仕入価格が上昇した場合は、                                     当社  の業績に影響を与える可能性が
      あります。なお、今後において、東南アジアを原産国とする商品の仕入を視野にいれ、検討してまいります。
     (8)知的財産権の侵害による影響について

       当社  は、独自にデザインしたキャラクター等について商標登録を行っており、国内外で知的財産権である商標権を
      所有しているため、外部との連携やインターネット検索等により商標権侵害の防止に取り組んでおります。このよう
      な取組にも関わらず、第三者による権利侵害等により、ブランドイメージの低下やそれによる販売不振により、                                                    当社
      の業績に影響を与える可能性があります。なお、国別の商標権登録(申請中を含む)は以下のとおりであります。
               当社所有商標権の国別一覧                          平成30年6月30日現在
                          登録(件)        出願中(件)         総計(件)
                  国名
                            164         -         164
                  日本
                            131         5        136
                  中国
                            71         -         71
                  台湾
                            41         -         41
                  韓国
                            39         -         39
                  香港
                            31         -         31
                シンガポール
                            13         2         15
                  その他
                            490         7        497
                  総計
     (9)  システム障害におけるリスクについて

       当社は、業務用基幹システムの運用及びメンテナンスを外部の専門事業者と連携して適切に遂行しておりますが、
      不測の事態によりコンピュータシステムがダウンした場合、また自然災害や事故等によって通信ネットワークが遮断
      された場合には、業務の一部が一時的に中断し、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       また、当社のコンピュータシステムは、外部からの不正アクセスを回避するための適切なセキュリティ手段を講じ
      ておりますが、コンピュータウィルスやハッカーの侵入等によりシステム障害が生じ、業務の運営に支障をきたした
      場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (10)   個人情報保護について

       当社は、百貨店売場及びeコマースの販売促進活動の一環として、お客様の個人情報を利用しております。個人情報
      をはじめとする情報管理につきましては、社内規程の整備や社内教育の徹底により、管理体制を整備しております
      が、万一、外部へ個人情報が漏洩した場合には、社会的信用問題や個人への賠償問題等が発生し、当社の業績に影響
      を与える可能性があります。
     (11)債権回収に関するリスク

       当社は、販売先の経営状況については、与信管理規程を定め債権管理を徹底しております。しかしながら、販売先
      の信用不安により、予期せぬ貸倒れリスクが顕在化し追加的な損失や引当の計上が必要となることがあります。この
      場合、当社の業績に影響を与える可能性があります。
     (12)品質に関するリスク

       当社は、商品の品質管理において、社内に専門の部署を設置し、商品の検品ルール及び法令への対応を周知徹底さ
      せ、仕入先において当社の品質管理基準に基づく品質レベルの確保、検査等を徹底させるなど万全を期しておりま
      す。しかしながら、当社の商品に危険な染料や薬品などが付着しかつ検査をすり抜けてそれが販売された場合や、商
      品の不具合等による商品回収が発生した場合は、当社の社会的信用の失墜や損害賠償請求等が発生し、当社の業績に
      影響を及ぼす可能性があります。
                                  45/167


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (13)リース契約への依存
       当社  はショッピングセンターやアウトレットモール等への出店時の内装工事費用を、原則として期間を60か月間と
      するリース契約で賄っており、平成30年2月期末のリース債務残高は、933,496千円であります。引き続き新規の出店
      はショッピングセンターブランドを中心に展開し業績の拡大を図ってまいりますが、それに伴いリース債務残高はさ
      らなる増加が見込まれます。今後におきまして                      当社  の業績が悪化しリース会社の              当社  に対する与信限度額が縮小され
      た場合、契約条件の見直しによる利息費用の増加や、債務の支払い等、                                 当社の   財政状態及び業績に影響が出る可能性
      があります。
     (14)   のれんの減損について

       当社  は無形固定資産にのれんを計上しており、総資産に占める割合が高くなっております。エヌジェイホールディ
      ングス2株式会社(旧ナルミヤ②)が株式会社ナルミヤ・インターナショナル(旧ナルミヤ①)を吸収合併したこと
      により発生したのれんは、平成30年2月期末において3,307,176                              千 円であり、     当社  の総資産の24.4%を占めておりま
      す。  のれんは毎期償却しておりますが、                 毎年及び減損の兆候があると認められた場合には、その都度減損テストが実
      施され、のれんの減損が発生した場合、                   当社  の業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (15)   有形固定資産の減損について

       当社  は、店舗内装設備等の固定資産を多数所有しており、固定資産の減損に係る会計基準を適用しておりますが、
      今後大幅な経済環境の変化や競合ブランドの台頭等により                           当社  の損益が悪化した場合には減損損失が発生し、                      当社  の
      業績に影響を与える可能性があります。
     (16)   繰延税金資産について

       当社  は、将来減算一時差異に対して、繰延税金資産を計上しております。繰延税金資産の計算は、将来の課税所得
      に関する様々な予測・仮定に基づいており、結果が予測・仮定と異なる場合、又は税制改正に伴い税率変更等が実施
      された場合、繰延税金資産の見直しが必要となり、                        当社  の業績に影響を与える可能性があります。
     (17)   退職給付債務に係るリスクについて

       当社  の連結財務諸表は、将来に関する一定の前提を置いた年金数理計算に基づいて退職給付債務を計上しておりま
      すが、年金数理計算に使用する前提条件に変動が生じた場合、                             当社  の業績及び財務状況に影響を与える可能性があり
      ます。
     (18)   有利子負債への依存と財務制限条項について

       当社は、株式会社三井住友銀行との間にシンジケートローン契約を締結しております。なお、平成30年2月期末の
      借入金残高は、5,200,000千円であります。平成30年2月期における総資産額に対する比率は38.3%であり、今後の金
      融市場等の動向により、           金利が上昇局面となった場合、              当社  の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       当該シンジケートローン契約には、財務制限条項が課せられており、遵守できなかった場合は、貸付人の要請によ
      り、期限の利益を喪失し、直ちに借入金を返済しなければならないため、当社の財政状態及び資金繰りに影響を及ぼ
      す可能性があります。
       なお、契約の内容につきましては、                  「第2 事業の状況 5             経営上の重要な契約等          」 に記載のとおりでありま
      す。
     (19)   新株予約権行使による株式価値の希薄化について

       当社は、当社の役員及び従業員に対するインセンティブを目的とし、新株予約権(以下「ストックオプション」とい
      います。)を付与しております。これらのストックオプションが権利行使された場合、新株式が発行され、株式価値及
      び議決権割合が希薄化する可能性があります。
       なお、ストックオプションの内容につきましては、「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (7)ストックオ
      プション制度の内容」に記載のとおりであります。
     (20)   法的規制について

       当社  の事業は「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」「家庭用品品質表示法」「不当景品類及び不当
      表示防止法」「下請代金支払遅延等防止法」「個人情報保護法」及び「特定商取引法」等による法的規制を受けてお
      ります。
       当社  では社内管理体制の充実を図るため、コンプライアンス委員会を中心に法令遵守の重要性や周知を徹底してお
      りますが、これら法令に違反する行為が行われた場合、若しくは法令の改正又は新たな法令の制定が行われた場合、
      当社  の業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (21)   ファンド株主との関係

                                  46/167


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当社は、日本産業第四号投資事業有限責任組合(注)及び海外の投資ファンド3社(Manaslu                                              Fund   Ⅱ,  L.P.、
      Shepherds     Hill   Fund   Ⅱ,  L.P.、Sonora       Fund   Ⅱ,  L.P.)からの出資を受け入れており、本書提出日現在において、
      これら主要株主によって当社発行済株式総数の98.2%を保有されております。なお、日本産業パートナーズ株式会社
      か ら役員の派遣を受け入れており、本書提出日現在の招聘役員は取締役2名であります。また、当社と日本産業パー
      トナーズ株式会社との間に営業上の取引関係はありません。
       当社の主要株主である日本産業第四号投資事業有限責任組合及び海外の投資ファンド3社は、当社の株式上場時に
      おいて、当社株式を売却する予定でありますが、当社株式上場後においても、当社株式の保有・処分方針によって
      は、当社株式の流動性及び株価形成等に影響を及ぼす可能性があります。
       当社は、独自性、自主性に基づき企業運営を行っておりますが、日本産業パートナーズ株式会社が運営するファン
      ドを通じて相当数の当社株式を保有することにより、当社の役員の選解任、他社との合併等の組織再編、減資、定款
      の変更等の当社の株主総会決議の結果に重要な影響を及ぼす可能性があります。
      (注)日本産業パートナーズ株式会社が企業の事業再編を目的として組成した投資ファンド
     ( 22)吸収合併及び過年度業績推移について

       当社は、平成28年7月29日の株主の変更に伴い、同年10月1日に、日本産業パートナーズ株式会社が設立したエヌ
      ジェイホールディングス株式会社(当社)の完全子会社であるエヌジェイホールディングス2株式会社を存続会社とす
      る吸収合併を行い、同日株式会社ナルミヤ・インターナショナルへ商号を変更しております(旧ナルミヤ②)。な
      お、当社は平成30年3月1日付で旧ナルミヤ②を吸収合併し、旧ナルミヤ②は消滅しております。
       よって、申請会社となる当社第1期(平成29年2月期)の業績は、当社事業における平成28年10月以降の実績(平
      成28年6月8日設立以降同年9月30日までの当社及び完全子会社エヌジェイホールディングス2株式会社の損益を含
      む)となっており、実質的存続会社である株式会社ナルミヤ・インターナショナル(旧ナルミヤ①)のベビー・子供
      服の企画販売事業における経営成績の年間推移の比較が困難となっております。
       当社は、平成28年10月1日の吸収合併により消滅した旧ナルミヤ①の経営成績の年間推移の比較を可能とするた
      め、当社第1期業績と旧ナルミヤ①の平成28年9月期業績を合算し、企業結合時に認識されたのれんが平成29年2月
      期の期首に発生したものとして償却額を算定した数値による業績推移は以下のとおりであります。
       なお、事業運営の変遷図は、「第二部 企業情報(はじめに)」を参照ください。
      業績の推移
                        第19期        第20期        第21期        第1期
                                                       第2期
            回次                                       当社
                              旧ナルミヤ①
                                              (エヌジェイホールディングス株式会社)
                       (株式会社ナルミヤ・インターナショナル)
           決算年月           平成26年2月        平成27年2月        平成28年2月        平成29年2月        平成30年2月

                 (千円)      16,365,234        17,760,441        20,700,971        23,474,284
     売上高                                                 26,954,523
                 (千円)        92,147       749,552        868,939        892,076

     経常利益                                                 1,280,215
                                  47/167









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【経営上の重要な契約等】
     (1)  商標ライセンス契約
     締   結   年   月       平成29年4月               平成28年9月               平成27年7月
                 ANNA   SUI  mini再実施契約書

     契  約  の  名  称                        契約書           商標ライセンス契約書
                                株式会社ビーズインターナ               株式会社ケイト・スペード・

     相    手    先  株式会社三越伊勢丹
                                ショナル               ジャパン
                自平成29年4月                自平成28年9月               自平成27年7月

                至平成32年3月                至平成32年2月               至平成32年2月
                「ANNA    SUI」商標を使用した商             商標等を使用した商品の製造               商標を使用した商品の製造及
     契  約  の  概  要
                                及び販売にかかる非独占的権               び販売にかかる非独占的権利
                品の製造及び販売にかかる独占
                                利許諾契約               許諾契約
                的及び非独占的再使用契約
      (注)上記のそれぞれの契約において、ロイヤリティとして売上高の一定率を契約の相手先に支払っております。
     ( 2)  株式会社    三井住友銀行との借         入契約

       当社は平成29年7月27日付で株式会社三井住友銀行をエージェントとするシンジケートローン契約を締結しており
      ます。当該契約の主な契約内容は、以下のとおりであります。
       ① 契約の相手先
         株式会社三井住友銀行
       ② 借入金額
         トランシェA:2,300,000千円
         トランシェB:3,100,000千円
       ③ 借入枠
         トランシェC(コミットメントライン):1,500,000千円
       ④ 返済期間
         トランシェA:平成30年1月31日より6か月ごとに返済(最終返済日平成34年7月31日)
         トランシェB:平成34年7月31日に一括返済
       ⑤ 利率
         トランシェA:6か月TIBOR + 0.50%
         トランシェB:6か月TIBOR + 0.75%
         トランシェC:TIBOR + 0.50%
       ⑥ コミットメントフィー
         トランシェC:0.20%
       ⑦ 主な借入人の義務
         a.借入人の決算書類・報告書等を定期的に提出すること
         b.  本契約において書面による事前承諾がない限り、第三者の負担する債務のために担保提供を行わないこと
          (但し、資産取得を目的とする借入金につき当該資産に担保権が設定される場合、並びに既に担保権が設定
          された資産を新たに取得する場合を除く)
         c.  エージェント及び多数貸付人により書面による事前承諾がない限り、一部の貸付人に対する債務を被担保債
          務の全部又は一部とする担保提供は行わないこと
         d.  本契約において主たる業務を営むのに必要な許可等を維持し、すべての法令等を遵守して事業を継続するこ
          と
         e.  主たる事業内容を変更しないこと
         f.  法令等による場合を除き、本契約に基づく一切の債務の支払いについて他の無担保債務の支払に劣後させる
          ことなく、少なくとも同順位に取り扱うこと
         g.  エージェント及び多数貸付人の承諾がない限り、本件関連契約上の義務の履行に重大な影響を及ぼす、若し
          くは及ぼす可能性のある、組織変更、合併、会社分割、株式交換若しくは株式移転、その事業若しくは資産
          の全部若しくは一部の第三者への譲渡(セールアンドリースバックのための譲渡を含む)、資本金の額の減
          少又は第三者の事業若しくは資産の全部若しくは一部の譲受のいずれも行わないこと
         h.  財務制限条項を遵守すること
                                  48/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       なお、財務制限条項における当社の主な遵守事項は次のとおりであります。
       ①   平成30年2月期末        の連結貸借対照表上の純資産の部の合計額を18億円以上に維持すること、及び平成31年2月
        期以降の各決算期末の貸借対照表上の純資産の部の合計額を直前の決算期比75%以上且つ18億円以上に維持する
        こと
       ②   平成30年2月期以降の各決算期末の損益計算書上の                        当期純利益が2期連続で赤字にならないようにすること
     (3)当社の子会社である旧ナルミヤ②との吸収合併契約

       当社及び当社の子会社である旧ナルミヤ②は、当社の平成30年1月19日の取締役会決議、平成30年2月8日の臨時
      株主総会決議並びに旧ナルミヤ②の平成30年1月19日の取締役会決議により、当社を吸収合併存続会社、旧ナルミヤ
      ②を吸収合併消滅会社として合併することを承認決定し、合併契約を締結いたしました。この契約に基づき、当社は
      平成30年3月1日付で旧ナルミヤ②を吸収合併いたしました。
       ① 合併の目的
         旧ナルミヤ②      の持株会社としての当社は、事業会社としての株式上場を目指す方針を固め、上場プロセスの一
         環として、傘下にある事業運営会社としての                     旧ナルミヤ②      を吸収合併いたしました。
       ② 合併の方法
         当社を存続会社とし、旧ナルミヤ②を消滅会社とする吸収合併であります。
       ③ 合併の期日
         平成30年3月1日
       ④ 合併に際して発行する株式及び割当並びにその算定根拠
         合併に際して、合併の効力が生じる直前の時点の旧ナルミヤ②の株主(当社を除く)に対して、保有数に1を
         乗じた数の当社株式を交付し、1対1の割合をもって割当てております。
         なお、第三者機関による算定等は実施しておりません。
       ⑤ 引継資産・負債の状況
         当社は、旧ナルミヤ②の一切の資産、負債及び権利義務の全部を吸収合併の効力発生日において承継いたしま
         した。
       ⑥ 合併により増加すべき当社の資本金・準備金の額
         本合併により資本準備金が、47,964千円増加しております。
       ⑦ 吸収合併存続会社となる会社の概要
         資本金  10百万円
         事業内容 旧ナルミヤ①の全株式の譲受を目的として設立されたSPC(特定目的会社)
      6【研究開発活動】

       当社は、ベビー・子供服の企画販売事業を営んでおり、研究開発に該当する活動は行っておりません。
                                  49/167









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
       (1)重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        います。
         その作成には経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額及び開示に影響を与え
        る見積りを必要としております。経営者は、これらの見積りについて、過去の実績等を勘案し合理的に判断してお
        りますが、実際の結果は、見積りによる不確実性のため、これらの見積りと異なる場合があります。なお、当社グ
        ループの連結財務諸表の作成に際して採用している重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表
        等  (1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しております。
       ( 2)財政状態の分析

         第2期連結会計年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)
          当連結会計年度末の資産は、前連結会計年度末に比べ329百万円増加し、                                   13,560   百万円となりました。これは
         主に、現金及び預金が625百万円減少し、受取手形及び売掛金が189百万円、商品が489百万円、リース資産(純
         額)が83百万円増加したことによるものであります。
          負債につきましては、前連結会計年度末に比べ1,086百万円増加し、10,468百万円となりました。これは主
         に、買掛金が638百万円、長期借入金が340百万円増加したことによるものであります。
          純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ756百万円減少し、                                3,092   百万円となりました。これは主に、
         利益剰余金が760百万円、非支配株主持分が47百万円増加し、資本剰余金が1,574百万円減少したことによるもの
         であります。
         第3期第1四半期累計期間(自 平成30年3月1日 至 平成30年5月31日)

          当第1四半期会計期間末における資産は13,638百万円となり、前事業年度末に比べて71百万円の増加(合併に
         よる増加11,403百万円の影響を除く)となりました。これは主に、受取手形及び売掛金が64百万円、商品が755
         百万円、リース資産(純額)が105百万円、差入保証金が60百万円増加したものの、現金及び預金が950百万円減
         少したことによるものであります。
          負債につきましては、           10,725百万円となり、前事業年度末に比べて245百万円の増加(合併による増加10,479
         百万円の影響を除く)となりました。これは主に、短期借入金が400百万円、賞与引当金が105百万円、リース債
         務が113百万円増加したものの、未払金が148百万円、未払法人税等が225百万円減少したことによるものであり
         ます。
          純資産合計につきましては2,912百万円となり、前事業年度末に比べて173百万円減少(合併による増加923百
         万円の影響を除く)となりました。これは主に、四半期純利益の計上225百万円(合併に伴う抱合せ株式消滅差
         益875百万円の計上を除く)及び剰余金の配当399百万円により利益剰余金の額が174百万円減少したことによる
         ものであります。
       ( 3)経営成績の分析

         第2期連結会計年度(自             平成29年3月1日 至 平成30年2月28日                    )
         ① 売上高、売上原価及び売上総利益
           売上高は     26,954   百万円となりました。売上高の詳細については、「1 業績等の概要 (1)業績」と「2 
          生産、受注及び販売の状況」をご参照ください。
           売上原価は12,552百万円となりました。
           以上の結果、売上総利益は             14,401   百万円となりました。
         ② 販売費及び一般管理費及び営業利益
           販売費及び一般管理費は            12,996   百万円となりました。これは販売費                 4,180   百万円、一般管理費         8,816   百万円に
          よるものであります。
           この結果、営業利益は           1,404   百万円となりました。
         ③ 営業外損益及び経常利益
           営業外収益は24百万円となりました。これは主に                        受取補償金6      百万円、ゴルフ会員権売却益             ▶ 百万円によるも
          のであります。
           営業外費用は       149  百万円となりました。これは主に長期借入金による支払利息                            77 百万円、金融手数料         46 百万
          円によるものであります。
           この結果、経常利益は           1,280   百万円となりました。
                                  50/167


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ④ 特別損益及び親会社株主に帰属する当期純利益
           特別利益は32百万円となりました。これは貸倒引当金戻入額32百万円によるものであります。
           特別損失は102百万円となりました。これは主に損害賠償金68百万円、固定資産除却損31百万円によるもの
          であります。
           法人税等合計440百万円を差し引いた結果、親会社株主に帰属する当期純利益は760百万円となりました。
         第3期第1四半期累計期間(自 平成30年3月1日 至 平成30年5月31日)

         ① 売上高、売上原価及び売上総利益
           売上高は     6,613   百万円となりました。
           売上原価は2,778百万円となりました。
           以上の結果、売上総利益は             3,835   百万円となりました。
         ② 販売費及び一般管理費及び営業利益
           販売費及び一般管理費は             3,410   百万円となりました。これは販売費                 1,083   百万円、一般管理費         2,327   百万円に
          よるものであります。
           この結果、営業利益は           424  百万円となりました。
         ③ 営業外損益及び経常利益
           営業外収益は3百万円となりました。これは主に                       保険解約返戻金       2百万円によるものであります。
           営業外費用は       42 百万円となりました。これは主に長期借入金による支払利息                            16 百万円、    合併  関連費用15百万
          円によるものであります。
           この結果、経常利益は           385  百万円となりました。
         ④ 特別損益及び四半期純利益
           特別利益は875百万円となりました。これは抱合せ株式消滅差益875百万円によるものであります。
           特別損失は9百万円となりました。これは減損損失8百万円、固定資産除却損1百万円によるものでありま
          す。
           法人税等合計150百万円を差し引いた結果、四半期純利益は1,101百万円となりました。
       ( 4)資本の財源及び資金の流動性についての分析

         第2期連結会計年度(自             平成29年3月1日 至 平成30年2月28日                    )
          当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は前連結会計年度末に比べて625百
         万円減少し、      1,984   百万円となりました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりでありま
         す。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動の結果得られた資金は、1,168百万円となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益1,209百万
         円の計上、仕入債務の増加額638百万円、たな卸資産の増加額489百万円等によるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動の結果使用した資金は、300百万円となりました。これは主に、差入保証金の差入による支出177百万
         円、有形固定資産の取得による支出80百万円等によるもので                            ありま   す。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動の結果使用した資金は、1,493百万円となりました。これは主に、配当金の支払いによる支出1,573百
         万円等によるものであります。
                                  51/167






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ( 5)経営戦略の現状と見通し
         当社は非上場化以降において、ナルミヤブランドの再構築及び百貨店販売に依存しない事業基盤の確立を目指
        し、必要な経営資源を必要なところに投入することに注力してまいりました。ベビー・子供服専業のSPAとして、
        子供服のナルミヤとしての基本路線を維持しながら、百貨店売場のブランドリプレースと、ショッピングセンター
        やアウトレットモールへの積極的な出店、及びeコマースの強化を図り、マルチチャネル、マルチブランド戦略を
        展開してまいりました。
         本書提出日現在、トドラー向け13ブランド、ジュニア向け6ブランドを展開、直営店舗として百貨店587店舗、
        ショッピングセンター152店舗、アウトレットモール20店舗を展開、eコマース事業において、自社オンラインサイ
        ト以外に、多くの他社オンラインショッピングサイトに出店しております。
         今後におきましても、ブランドのポートフォリオの最適化に留意しながら、マルチチャネル、マルチブランド戦
        略を展開するとともに、越境ECやアジア近隣諸国への進出により、市場の拡大を図ってまいります。
       ( 6)経営者の問題意識と今後の方針について

         アパレル小売市場は、依然として消費者の価格志向が強く、ブランド間の優勝劣敗が顕著になっております。当
        社が展開する子供服市場においても、少子高齢化により客数の増加が見込めない状況の中で、消費者の低価格志向
        が続くことが見込まれます。このような経営環境の中においては、MD(マーチャンダイジング)精度の向上と人材
        の確保、さらには、デジタルテクノロジーの活用が、より一層その重要度を増すものと見込まれます。
         当社としては、今後において、オムニチャネル化による商品管理や顧客管理のシームレス化を図り、顧客への利
        便性や満足度を追求するとともに、アジア近隣諸国への進出や子供服事業とのシナジーを創出できる衣料品の企画
        販売以外の事業への展開により企業価値の拡大を図ってまいります。
                                  52/167














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
       第2期連結会計年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)
        当連結会計年度において実施いたしました設備投資の総額は                             502  百万円であり、その主な内容は販売店舗設備とし
       て建物及び構築物        77 百万円、    ショッピングセンターの内装工事費用として                     リース資産     397  百万円、ソフトウエア          8 百
       万円であります。
        また、当連結会計年度において実施いたしました除却等の総額は                               31 百万円であり、これは、建物及び構築物                   6 百万
       円、リース資産9百万円、建設仮勘定                  4 百万円、ソフトウエア仮勘定             10 百万円であります。
        なお、当社グループは           ベビー・子供服       の企画販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略し
       ております。
       第3期第1四半期累計期間(自 平成30年3月1日 至 平成30年5月31日)

        当第1四半期累計期間において実施いたしました設備投資の総額は                                255  百万円であり、その主な内容は販売店舗設
       備として建物及び構築物           59 百万円、    ショッピングセンターの内装工事費用として                     リース資産     188  百万円であります。
        また、当     第1四半期累計期間         において実施いたしました除却等の総額は                    1 百万円であり、これは、建物及び構築物
       1 百万円であります。
        なお、当社は       ベビー・子供服       の企画販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しておりま
       す。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
         該当事項はありません。
       (2)国内子会社

                                                    平成30年   2 月 28 日現在
                                  帳簿価額
      事業所名
                                                        従業員数
                  建物       土地                  工具、器具及び
           設備の内容
                              リース資産      ソフトウエア               合計
                                                         (人)
      (所在地)
                 及び構築物       (千円)                     備品
                               (千円)       (千円)             (千円)
                  (千円)       (面積㎡)                    (千円)
     本社                     5,940
            事務所
                   26,854             14,433       41,383       2,306      90,917     187(11)
     (東京都港区)                     (17.8)
     全国の店舗      店舗設備       107,261         -    828,034         -     1,308      936,  604   748(484)
      (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
         2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         3.  臨時雇用者数は、パートタイマー及びアルバイトの人数であり、1日8時間で換算した年間の平均人員を
           ( )内に外数で記載しております。
         4.  当社グループは       ベビー・子供服       の企画販売事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略し
           ております。
       (3)在外子会社

         該当事項はありません。
                                  53/167






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【設備の新設、除却等の計画】                    (平成30年6月30日現在             )
        当社は、     ベビー・子供服       の企画販売事業の単一セグメントであるため、販売チャネル別に記載をしております。な
       お、重要な設備の新設、計画は次のとおりであります。
       (1)重要な設備の新設

                                                     (単位:千円)
                               既支            着手      完成予定      完成後の増加
      チャネル       事業所名       設備の内容      投資総額         資金調達手段
                                                        能力
                               払額           予定年月        年月
                                          平成30年       平成30年
           平成31年2月期に
                           2,500     -                        (注)2
      百貨店              店舗設備               自己資金
           出店予定の1店舗
                                           9月      9月まで
                                          平成30年       平成30年
           平成31年2月期に
     ショッピン
                           94,000     -                        (注)2
                     店舗設備                リース
     グセンター
           出店予定の6店舗
                                          8月以降        11月
                                          平成29年       平成30年
                     システム
                          172,000      -                        (注)2
     eコマース         本社                      リース
                      投資
                                           11月       9月
                                          平成31年       平成32年
           平成32年2月期に
                           98,200     -                        (注)2
      百貨店              店舗設備               自己資金
           出店予定の4店舗
                                          3月以降       9月まで
                                          平成31年       平成31年
           平成32年2月期に
     ショッピン
                           45,000     -                        (注)2
                     店舗設備                リース
     グセンター
           出店予定の3店舗
                                          9月以降       11月まで
                                          平成31年       平成31年
           平成32年2月期に
     ショッピン
                          195,000      -                        (注)2
                     店舗設備               増資資金
     グセンター      出店予定の13店舗
                                          2月以降       9月まで
                                          平成31年       平成31年
     アウトレッ      平成32年2月期に
                           17,000     -                        (注)2
                     店舗設備                リース
      トモール
           出店予定の1店舗
                                          2月以降       3月まで
                                          平成30年       平成31年
                     システム
                          150,000      -                        (注)2
     eコマース         本社                     増資資金
                      投資
                                           10月       3月
                                          平成30年       平成33年
           物流センター及び         物流及び店               増資資金及び
                          150,000      -                        (注)2
       共通
             直営店舗        舗設備               自己資金
                                           5月       2月
      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.  設備投資による完成後の増加能力については、計数的な把握が困難なため、記載を省略しております。
       (2)重要な改修

         該当事項はありません。
       (3)  重要な設備の除却等

         経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                  54/167









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                                               38,000,000
       普通株式
                                               38,000,000
                  計
      (注)平成30年6月8日開催の取締役会決議により、平成30年6月29日付で普通株式1株につき30株の株式分割を行っ
         ております。これに伴い、平成30年6月29日開催の臨時株主総会において定款の変更を行い、発行可能株式総数
         は37,500,000株増加し、38,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】

                                  上場金融商品取引所名又は登録
           種類            発行数(株)                               内容
                                  認可金融商品取引業協会名
                                                  株主として権利内容に
                                                  何ら限定のない当社に
                                                  おける標準となる株式
                         9,624,330
      普通株式                                  非上場
                                                  であります。1単元の
                                                  株式数は100株であり
                                                  ます。
                         9,624,330
           計                              -             -
      (注)1.平成30年6月8日開催の取締役会決議により、平成30年6月29日付で普通株式1株につき30株の株式分割を
           行っております。これにより発行済株式数は9,303,519株増加し、9,624,330株となっております。
         2.平成30年6月29日開催の臨時株主総会決議により、同日付で1単元を100株とする単元株制度を採用してお
           ります。
       (2)【新株予約権等の状況】

           会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
       第1回新株予約権(平成29年3月9日                  臨時株主総会決議        )
                                 最近事業年度末現在               提出日の前月末現在
                 区分
                                 (平成30年2月28日)               (平成30年7月31日)
      新株予約権の数(個)                               7,200               同左

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                -               -

      新株予約権の目的となる株式の種類                              普通株式                同左

                                     7,200   (注)1
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                              216,000(注)6
                                     10,000    (注)2
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                                334(注)6
                                自 平成29年3月17日
      新株予約権の行使期間                                              同左
                                至 平成40年5月10日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株                         発行価格       10,200    (注)3
                                               発行価格   340(注)6
      式の発行価格及び資本組入額(円)
                                               資本組入額  170
                                資本組入額 5,100
      新株予約権の行使の条件                               (注)4                同左
                               譲渡による新株予約権の取得に
      新株予約権の譲渡に関する事項                         ついては、当社取締役会の決議                     同左
                                 による承認を要する。
      代用払込みに関する事項                                -               -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                     (注)5                同左
      事項
      (注)   1.新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以
           下「対象株式数」という。)は1株とする。なお、当社が当社普通株式につき株式の分割(無償割当てを含
           む。以下同じ。)又は株式の併合を行う場合には、株式の分割については株式の分割に係る基準日の翌日
           (基準日を定めないときはその効力発生日)以降、株式の併合については株式の併合の効力発生の時をもっ
                                  55/167


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           て、次の算式により対象株式数を調整するものとする。但し、この調整は、当該調整の時点で発行又は行使
           されていない新株予約権の目的である株式の数についてのみ行うものとし、調整の結果生じる1株未満の端
           数 は切り捨てるものとする。
               調整後対象株式数         = 調整前対象株式数         ×  分割・併合の比率
            その他、対象株式数を変更することが適切な場合は、当社は取締役会決議により、必要と認める調整を行
           うことができる。
         2.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使に際して出資される財産の株式1株
           当たりの払込金額(以下「行使価額」とする。)に対象株式数を乗じて得られる価額とする。行使価額は、
           金10,000円とする。なお、当社が当社普通株式につき株式の分割又は株式の併合を行う場合には、株式の分
           割については株式の分割に係る基準日の翌日(基準日を定めないときはその効力発生日)以降、株式の併合
           については株式の併合の効力発生の時をもって、次の算式により行使価額を調整するものとする。
               調整後行使価額        = 調整前行使価額        ÷  分割・併合の比率
            その他   、行使価額を変更することが適切な場合は、当社は取締役会決議により、必要と認める調整を行う
           ことができる。調整の          結果生じる1円未満の端数はこれを切り上げるものとする。
         3.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (1)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
            に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果生じる1円未満の端数は、これ
            を切り上げる。
          (2)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記(1)記載の資本金
            等増加限度額から上記(1)に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
         4.新株予約権の行使の条件
          (1)新株予約権の割り当てを受けた者(以下「新株予約権者」とする。)は、新株予約権の割当日から行使期
            間の満了日までにおいて、以下に定める事由のいずれかが生じた場合には、未行使の全ての新株予約権を
            行使することができない。
            ① 行使価額を下回る価額を1株当たりの払込金額とする当社普通株式の発行又は処分(以下「発行等」
              という。)が行われた場合(但し、払込金額が特に有利な金額である場合、株主割当てによる場合そ
              の他その時点における普通株式の公正な価値とは異なる払込金額で発行等が行われた場合を除
              く。)。
            ② 当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていない場合、1株当たり行使価額
              を下回る価格を対価とする普通株式の売買その他の取引が行われた場合(但し、その時点における普
              通株式の公正な価値とは異なる価格により取引が行われた場合を除く。)
            ③ 当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された場合、当該金融商品取引所におけ
              る当社普通株式の普通取引の終値が、行使価額を下回る価格となったとき
            ④ 当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていない場合、第三者評価機関等に
              よりDCF法、類似会社比較法その他公正と認められる手法により評価された当社普通株式の1株当た
              りの公正な     価額  が、行使価額を下回ったとき(但し、当該評価額が一定の幅をもって示された場合、
              当社の取締役会が第三者評価機関等と協議の上本項に該当するか否かを判断するものとする。)
          (2)新株予約権の行使時において、新株予約権者が当社の取締役又は従業員(以下「取締役等」という。)の
            地位にあることを要するものとする。但し、新株予約権者が、当社の取締役等の地位を有しなくなった時
            点までに、在任中著しく当社の業績への貢献があったとして当社が認める場合等正当な理由があるとして
            当社の取締役会が個別に承認した場合は、この限りではない。
          (3)新株予約権者が死亡した場合には、新株予約権は、相続されないものとする。
          (4)新株予約権者は、一度の手続において当該新株予約権者が保有する新株予約権の全部又は一部を行使する
            ことができるものとする。但し、1個の新株予約権の一部について行使することはできないものとする。
          (5)新株予約権者は、(i)当社普通株式が金融商品取引所に売出しにより上場された場合、上場の日から6ヶ
            月経過後に限り、又は(ii)日本産業第四号投資事業有限責任組合が、その保有する当社株式の全てを第
            三者に対して譲渡する場合には、株式譲渡の実行日(但し、取締役会が別途新株予約権を行使することが
            できる日を定めた場合はその日)(以下「株式譲渡時行使日」という。)に限り、新株予約権を行使する
            ことができるものとする。但し、(ii)の場合には、当社が別途指定する日までに新株予約権行使の意思
            表示を書面で当社に通知した場合にのみ、かつ別途当社が指定する条件に従つてのみ、新株予約権を行使
            することができ、株式譲渡時行使日の翌日以降は、新株予約権を行使することができないものとし、株式
            譲渡時行使日の翌日付けで本新株予約権は全て放棄されたものとみなす。
          (6)新株予約権者は、(i)上場の場合には上場の日の前日、又は(ii)株式譲渡の場合には株式譲渡時行使日
            の前日において       保有する当社普通株式数(新株予約権者がナルミヤ・インターナショナル従業員持株会の
            会員の場合には、当該持株会における持分株数を含む。)の2倍の数(1個未満の端数は切り捨てる。)
                                  56/167


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            を上限として、新株予約権を行使することができるものとする。また、保有する当社普通株式数(新株予
            約権者がナルミヤ・インターナショナル従業員持株会の会員の場合には、当該持株会における持分株数を
            含 む。)が200の場合は、200を99で除した割合を乗じた数(1個未満の端数は切り捨てる。)を上限とし
            て、新株予約権を行使することができるものとする。かかる上限を超える数の新株予約権については、以
            降新株予約権者はこれを行使することができないものとし、上場の日又は株式譲渡時行使日付けでかかる
            行使することができない新株予約権は放棄されたものとみなす。
         5.組織再編行為を行う場合には、本組織再編行為の効力発生の直前において行使されておらずかつ当社により
           取得されていない新株予約権の新株予約権者に対し、当該新株予約権に代えて、それぞれの場合につき、会
           社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編後承継会社」と総称する。)の新
           株予約権を以下の条件に基づき交付するものとする。但し、以下の条件に合致する再編後承継会社の新株予
           約権を交付する旨を、当該本組織再編行為に係る契約又は計画において定めた場合に限るものとする。
          (1)交付する再編後承継会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数を基準に、本組織再編行為の条件等を勘案して合理的に決定され
            る数とする。
          (2)交付する新株予約権の目的である再編後承継会社の株式の種類
            再編後承継会社の普通株式とする。
          (3)交付する新株予約権の目的である再編後承継会社の株式の数
            本組織再編行為の条件等を勘案して合理的に決定される数とする。
          (4)交付する新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            上記2.に定める行使価額を基準に本組織再編行為の条件等を勘案して合理的に決定される価額に、上記
            (3)に従って決定される交付する新株予約権の目的である再編後承継会社の株式の数を乗じて得られる価
            額とする。
          (5)交付する新株予約権の行使期間
            平成29年3月17日と本組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、平成40年5月10日までとす
            る。
          (6)交付する新株予約権の行使の条件
            上記4.に定めるところと同様とする。
          (7)交付する新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事
            項
            上記3.に定めるところと同様とする。
          (8)新株予約権の譲渡制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編後承継会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
            る。
          (9)交付する新株予約権の取得事由及び条件
           ① (ア)合併(当社が消滅会社となる場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
             会社となる場合に限る。)、若しくは株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場
             合に限る。)(以上を総称して、以下「本組織再編行為」という。)に関する契約若しくは計画、又は
             (イ)新株予約権の目的である種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得する
             ことについての定めを設ける定款の変更につき、当該議案が当社株主総会で承認された場合(株主総会
             決議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)には、当社は、当社の取締役会が別途定める
             日をもって、新株予約権の全てを無償で取得することができるものとする。
           ② 当社は、新株予約権者が新株予約権の権利行使をする前に上記4.に定める規定に基づく新株予約権の
             行使の条件を満たさず、新株予約権を行使することができなくなった場合には、当社の取締役会が別途
             定める日をもって、当該新株予約権者の新株予約権の全てを無償で取得することができるものとする。
         6.  平成30年6月8日開催の取締役会決議により、平成30年6月29日付で普通株式1株につき30株の株式分割を
           行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」
           及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されておりま
           す。
       (3)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
                                  57/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      平成28年6月8日
                       1       1       5       5       5       5
         (注)1
      平成28年7月25日
                    315,100       315,101      1,575,500       1,575,505       1,575,500       1,575,505
         (注)2
      平成28年8月29日
                      -     315,101     △1,565,505          10,000     △1,565,505          10,000
         (注)3
      平成30年3月1日
                     5,710      320,811          -     10,000       47,964       57,964
         (注)4
      平成30年6月29日
                   9,303,519       9,624,330           -     10,000         -     57,964
         (注)5
      (注)1.会社設立
           発行価格    10,000円
           資本組入額            5,000円
           割当先             安枝 太
         2.有償第三者割当 315,100株
           発行価格    10,000円
           資本組入額            5,000円
           割当先             日本産業第四号投資事業有限責任組合      89,900株(28.53%)
                   Shepherds     Hill   Fund   Ⅱ,  L.P.         75,300株(23.90%)
                   Manaslu    Fund   Ⅱ,  L.P.                 75,100株(23.83%)
                   Sonora    Fund   Ⅱ,  L.P.             74,800株(23.74%)
         3.  資本政策上の柔軟性及び機動性を確保し、将来の剰余金の配当に備えるため、                                    平成28年7月14日開催の臨時
           株主総会決議により、会社法第447条第1項の規定に基づき、資本金を減少し、同                                      法第448条第1項の規定に
           基づき、資本準備金を          減少しております。
            なお、当該減資は、株式数の変更を行わない無償減資であり、決議の内容は下記のとおりであります。
             減少する資本金の額          1,565,505,000円
             資本金の額の減少が効力を生ずる日   平成28年8月29日
             減少する資本準備金の額        1,565,505,000円
             資本準備金の額の減少が効力を生ずる日 平成28年8月29日
         4.旧ナルミヤ②        との吸収合併時の新株式の交付に伴うものであり、資本準備金が増加しております。
         5.平成30年6月8日開催の取締役会決議により、平成30年6月29日付で普通株式1株につき30株の株式分割を
           行っております。
       (5)【所有者別状況】

                                                  平成30年6月30日現在
                         株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                        単元未満
             政府及び
       区分                             外国法人等                   株式の状
                       金融商品     その他の                 個人
             地方公共     金融機関                                  計
                                                        況  (株)
                       取引業者      法人                その他
                                  個人以外      個人
              団体
     株主数(人)           -     -     -      1     3     -      ▶     8   -
     所有株式数
                -     -     -    26,970     67,560       -    1,713     96,243      30
     (単元)
     所有株式数の
                -     -     -    28.02     70.20       -     1.78      100    -
     割合(%)
                                  58/167





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年6月30日現在
               区分              株式数(株)          議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                          -           -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                          -           -           -
      議決権制限株式(その他)                          -           -           -

      完全議決権株式(自己株式等)                          -           -           -

                                                  株主として権利内容に
                                                  何ら限定のない当社に
                                                  おける標準となる株式
                           普通株式9,624,300                 96,243
      完全議決権株式(その他)
                                                  であります。1単元の
                                                  株式数は100株であり
                                                  ます。
                           普通株式              30
      単元未満株式                                     -           -
                                9,624,330
      発行済株式総数                                     -           -
                                            96,243
      総株主の議決権                          -                       -
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
       (7)【ストックオプション制度の内容】

           当社は、ストックオプション制度を採用しております。                          当該制度は、会社法に基づき新株予約権を発行する
          方法によるものであります。
           当該制度の内容は、以下のとおりであります。
          第1回ストックオプション            ( 平成29年3月9日取締役会決議              )

      決議年月日                            平成29年3月9日
                                  子会社取締役 2
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  子会社従業員 20
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数(株)                            同上
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            同上
      新株予約権の行使期間                            同上
      新株予約権の行使の条件                            同上
      新株予約権の譲渡に関する事項                            同上
                                  -
      代用払込みに関する事項
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      (注)平成30年3月1日付の当社を存続会社、旧ナルミヤ②を消滅会社とする吸収合併により、本書提出日現在の付与
         対象者数の区分及び人数は、当社取締役2名、当社従業員20名となっております。
                                  59/167





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
      3【配当政策】

        当社は株主への利益還元を経営の重要課題の一つとして認識しており、将来の事業展開と経営体質の強化のために
       必要な内部留保を確保しつつ、安定的な配当を行ってまいります。配当性向としては、30%(注)を                                              目安に行う予定
       であります。      また、当社は、株主に対する柔軟な利益還元を可能にするため、取締役会の決議により                                        毎年8月31日を
       基準日として中間配当をすることができる旨を                      定款に定めておりますが、事業年度を通して                     下期の売上高及び利益の
       額が上期と比較して高くなる傾向があり、                    公平な配当の実施及び健全な財務基盤の確立のため、当面は株主総会決議
       による期末配当のみを行ってまいります。
        内部留保資金については、経営基盤の強化に向けた諸施策の実施のための積極的な投資等の原資として充当してま
       いります。
        なお、当社は、平成29年9月に連結子会社株式会社ナルミヤ・インターナショナル(旧ナルミヤ②)からの配当
       1,977百万円を受け、平成29年9月7日開催の取締役会での決議を経て1,573百万円(普通株式1株につき4,993円)
       の中間配当を実施いたしました。また、当事業年度において、平成30年5月25日開催の定時株主総会の決議を経て
       399百万円(普通株式1株につき1,269円)の期末配当を実施し、平成30年6月29日開催の取締役会での決議を経て
       469百万円(普通株式1株につき1,465円)の中間配当を実施いたしました。これらの配当につきましては、前述の配
       当性向の目途を大幅に上回る水準となっております。当社は平成28年7月のエヌジェイホールディングス2株式会社
       (旧ナルミヤ②)による           株式会社ナルミヤ・インターナショナル(旧ナルミヤ②)の                           全株式取得以来、急激に変化する
       経営環境に対応し、生産、販売、管理の各体制の再構築に取り組んでまいりました。前事業年度及び当事業年度にお
       いて実施した多額の配当は、その成果を踏まえ、利益還元と資本効率向上を図る観点から実施したものであります。
       (注)当事業年度にかかる期末配当における配当性向の考え方につきましては、① 平成30年6月29日を基準日とす
          る中間配当はこの配当性向の適用対象に含めないこと、また② 当事業年度の期初に計上した抱合せ株式消滅
          差益(特別利益)を控除した利益額を基にして30%の配当性向を適用する予定であること、を想定しておりま
          す。
      4【株価の推移】

        当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。
                                  60/167







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【役員の状況】
        男性8名 女性1名 (役員のうち女性の比率 11.1%)
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴          任期
                                                         (株)
                                   昭和57年3月 株式会社ジョイント入社
                                   平成2年6月 株式会社ポイント入社
                                   平成18年7月 同社代表取締役社長
                                   平成22年6月 当社(         旧ナルミヤ①     )顧問
                                   平成22年6月 当社        ( 旧ナルミヤ①     ) 代表
                                         取締役執行役員社長
                                   平成22年6月 株式会社ミリカンパニーリ
                                         ミテッド取締役(平成28年
                                         3月当社(旧ナルミヤ①         )と
                                         合併)
                                                     (注)3
     代表取締役       執行役員社長        石井 稔晃      昭和35年3月13日生                               45,000
                                   平成22年6月 株式会社スターキューブ代
                                         表取締役社長(平成25年9
                                         月当社(旧ナルミヤ①)と合
                                         併)
                                   平成22年6月 娜露密雅商貿(上海)有限
                                         公司董事(現任)
                                   平成25年8月 株式会社ミリカンパニーリ
                                         ミテッド代表取締役社長
                                   平成30年3月       当社代表取締役執行役員社
                                         長(現任)
                                   昭和56年4月 カキウチ株式会社入社
                                   平成12年2月 ブリーズベイホテル株式会
                                         社監査役
                                   平成13年6月       カキウチ株式会社       経理部長
                                   平成16年7月 株式会社コムスン入社
                                   平成17年1月 ホメオスタイル株式会社
                                         チャネル企画・推進部副部
                                         長
                                   平成17年9月 同社経営企画室室長
                                   平成18年9月 同社取締役
                                   平成20年3月 当社(        旧ナルミヤ①     )執行役
                                         員常務管理本部長
                                   平成20年4月 当社(旧ナルミヤ①             )取締役
                                         執行役員常務      管理本部長
                                   平成20年8月 株式会社ミリカンパニーリ
                                         ミテッド取締役(平成28年
                                         3月当社(旧ナルミヤ①         )と
             執行  役員専務
                                         合併)
                                   平成21年2月 当社(旧ナルミヤ①             )取締役
                                                     (注)3
     取締役       管理本部長兼        上田 千秋      昭和33年9月23日生                               12,000
                                         執行役員常務      管理本部長
             物流管理部長
                                         兼コーポレート本部長
                                   平成21年2月 株式会社スターキューブ取
                                         締役(平成25年9月当社
                                         (旧ナルミヤ①      )と合併)
                                   平成21年3月 娜露密雅商貿(上海)有限
                                         公司董事長(現任)
                                   平成21年7月 株式会社ナルミヤ・ワンパ
                                         取締役(現任)
                                   平成22年2月 当社        ( 旧ナルミヤ①     ) 取締
                                         役執行役員常務      管理本部
                                         長
                                   平成29年5月 当社        ( 旧ナルミヤ②     ) 取締
                                         役執行役員常務      管理本部
                                         長兼物流管理部長
                                   平成30年3月       当社取締役執行役員専務 
                                         管理本部長兼物流管理部長
                                         (現任)
                                  61/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴          任期
                                                         (株)
                                   昭和44年4月 樫山株式会社(現株式会社
                                         オンワードホールディング
                                         ス)入社
                                   平成9年3月 同社取締役 チルティーン
                                         ズ事業部本部長
                                   平成10年3月 同社取締役 J.プレス事
                                         業部本部長
                                   平成13年4月 株式会社オン・ビジネス・
                                         トレンド取締役 企画・生
                                         産本部長
                                   平成16年3月 株式会社セシール 専務執
                                         行役員統括本部長
                                   平成17年4月 同社代表取締役専務
                                   平成18年3月 同社顧問
                                                     (注)3
     取締役               久本 和彦      昭和21年8月27日生                                -
                                   平成18年6月 小杉産業株式会社 執行役
                                         員副社長
                                   平成19年4月 同社取締役副社長
                                   平成20年6月 JR西日本グループ              広島
                                         ステーションビル株式会社
                                         (現中国SC開発株式会社)
                                         代表取締役社長
                                   平成22年6月 JR西日本グループ              中国
                                         SC開発株式会社代表取締役
                                         社長
                                   平成26年6月 同社顧問
                                   平成28年12月 当社(        旧ナルミヤ②     )監査役
                                   平成29年10月 当社(        旧ナルミヤ②     )取締役
                                   平成30年3月       当社取締役(現任)
                                   平成元年4月 株式会社ホテル小田急入社
                                   平成3年4月 日本ドロム株式会社入社
                                   平成11年6月 株式会社わかば入社
                                   平成12年4月 ゼニア・ジャパン株式会社
                                         入社
                                   平成16年10月 グッチ・グループ・ジャパ
                                         ン株式会社入社
                                   平成17年1月 同社グループアドバタイジ
                                         ング・ディレクター
                                   平成17年4月 同社イヴ・サンローラン
                                         ディビジョン      コミュニ
                                         ケーションズ・ディレク
                                         ター
                                                     (注)3
     取締役               宅間 頼子      昭和40年4月8日生                                -
                                   平成22年2月 トッズ・ジャパン株式会社
                                         入社 コミュニケーション
                                         ズ・ジェネラル・マネー
                                         ジャー
                                   平成24年11月 同社リテール&マーケティ
                                         ング・ディレクター
                                   平成25年5月 同社代表取締役副社長
                                   平成28年7月 デッカーズ・ジャパン合同
                                         会社入社 シニア・ディレ
                                         クター
                                   平成29年7月 エイプリル株式会社設立 
                                         代表取締役(現任)
                                   平成30年6月       当社取締役(現任)
                                  62/167




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴          任期
                                                         (株)
                                   昭和59年4月 株式会社日本興業銀行(現
                                         株式会社みずほ銀行)入行
                                   平成12年4月 ドイツ証券株式会社入社
                                         投資銀行部門ディレクター
                                   平成17年12月 JPモルガンパートナーズ・
                                         アジア(現Unitas
                                         Capital)入社 マネージ
                                         ングディレクター
                                   平成21年4月 バークレイズキャピタル証
                                         券株式会社入社 投資銀行
                                         テレコム・メディア・テク
                                         ノロジー部門責任者兼マ
                                                     (注)3
     取締役               木村 達夫      昭和34年9月2日生                                -
                                         ネージングディレクター
                                   平成24年11月 SMBC日興証券株式会入社
                                         投資銀行部門マネージング
                                         ディレクター
                                   平成27年9月 日本産業パートナーズ株式
                                         会入社   マネージングディ
                                         レクター(現任)
                                   平成28年7月       エヌジェイホールディング
                                         ス株式会社(当社)取締役
                                   平成28年7月 当社(        旧ナルミヤ①     )取締役
                                   平成30年3月       当社取締役(現任)
                                   平成10年4月 株式会社三菱総合研究所入
                                         社
                                   平成11年4月 株式会社富士通総研入社
                                   平成16年5月 株式会社ボストン・コンサ
                                         ルティング・グループ入社
                                   平成20年5月 同社プリンシパル
                                   平成22年10月 アビームM&Aコンサルティ
                                         ング株式会社(現PwCアド
                                         バイザリー合同会社)ディ
                                         レクター
                                   平成24年1月 ベイン・アンド・カンパ
                                         ニー・ジャパン・インコー
                                         ポレイテッド入社
                                   平成25年4月 日本産業パートナーズ株式
                                                     (注)3
     取締役               山本 知弘      昭和47年12月28日生                                -
                                         会社プリンシパル
                                   平成25年10月 ITX株式会社出向 テレコ
                                         ム事業推進本部長
                                   平成26年6月 同社取締役テレコム事業推
                                         進本部長
                                   平成27年8月 VAIO株式会社取締役(現
                                         任)
                                   平成28年7月       エヌジェイホールディング
                                         ス株式会社(当社)取締役
                                   平成28年7月 当社(        旧ナルミヤ①     )取締役
                                   平成30年3月       当社取締役(現任)
                                   平成30年4月       日本産業パートナーズ株式
                                         会社マネージングディレク
                                         ター(現任)
                                  63/167





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴          任期
                                                         (株)
                                   昭和54年4月 株式会社三井銀行(現株式
                                         会社三井住友銀行)入行
                                   平成10年11月 山種証券株式会社 総合企
                                         画部長(出向)
                                   平成13年4月 株式会社三井住友銀行 大
                                         阪中央法人営業第一部
                                   平成14年10月 同行法人業務部 上席推進
                                         役
                                   平成17年6月 株式会社債券決済ネット
                                         ワーク代表取締役常務(出
                                         向)
                                   平成20年2月 ニッセイ同和損害保険株式
                                                     (注)4
     常勤監査役               山本 一郎      昭和30年5月14日生                                -
                                         会社 金融法人開発部長
                                         (出向)
                                   平成22年6月 学校法人東京歯科大学 内
                                         部監査室長
                                   平成28年6月 東邦化学工業株式会社 非
                                         常勤監査役(現任)
                                   平成28年7月 SMBCデリバリーサービス株
                                         式会社 顧問
                                   平成29年10月 当社(        旧ナルミヤ②     )常勤  監
                                         査役
                                   平成30年3月       当社常勤監査役(現任)
                                   昭和44年4月 株式会社東食入社
                                   昭和49年2月 成宮織物株式会社入社
                                   平成3年7月 株式会社エヌ・アイ・コー
                                         ポレーション(旧ナルミヤ
                                         ① )取締役東京営業本部長
                                   平成7年8月 当社(旧ナルミヤ①             )取締役
                                         営業本部長
                                   平成13年2月 当社(旧ナルミヤ①             )常務取
                                         締役東京営業本部長
                                   平成18年11月 当社(旧ナルミヤ①             )常務取
                                         締役営業統括本部長
                                   平成20年9月 当社(旧ナルミヤ①             )取締役
                                         執行役員常務 営業本部長
                                                     (注)4
     監査役               林原 剛      昭和22年1月30日生
                                                           -
                                         兼コーポレート本部長
                                   平成21年2月 当社(旧ナルミヤ①             )取締役
                                         執行役員常務 営業本部長
                                         兼東京支店長
                                   平成21年2月 株式会社スターキューブ代
                                         表取締役社長(平成25年9
                                         月当社(旧ナルミヤ①        )と合
                                         併)
                                   平成21年8月 当社(旧ナルミヤ①             )顧問
                                   平成22年4月 当社(        旧ナルミヤ①     )監査役
                                   平成30年3月       当社常勤監査役
                                   平成30年5月       当社監査役(現任)
                                  64/167






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴          任期
                                                         (株)
                                   昭和50年4月 株式会社日本興業銀行(現
                                         株式会社みずほ銀行)入行
                                   平成14年7月 株式会社みずほコーポレー
                                         ト銀行(現株式会社みずほ
                                         銀行)外為業務部長
                                   平成17年4月 ユニプレス株式会社常務執
                                         行役員経理部長
                                   平成22年5月 株式会社ビジネス・チャレ
                                                     (注)4
     監査役               樋口 達士      昭和27年4月13日生                                -
                                         ンジド(現みずほビジネ
                                         ス・チャレンジド株式会
                                         社)代表取締役社長
                                   平成24年6月 五洋建設株式会社常勤監査
                                         役
                                   平成29年5月 当社(        旧ナルミヤ②     )監査役
                                   平成30年3月       当社監査役(現任)
                              計
                                                         57,000
      (注)    1.  取締役久本和彦、宅間頼子、木村達夫及び山本知弘は社外取締役であります。
         2.  監査役山本一郎及び樋口達士は、社外監査役であります。
         3 .取締役の任期は、         平成30年6月29日開催の臨時株主総会終結の時から、平成31年2月期に係る定時株主総会
           終結の時まで      であります。
         4.監査役の任期は、          平成30年6月29日開催の臨時株主総会終結の時から、平成34年2月期に係る定時株主総会
           終結の   時までであります。
         5.当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しておりま
           す。本書提出日現在における執行役員は、上記取締役兼任執行役員のほか、次の12名であり、その担当業務
           は以下のとおりであります。
            常務執行役員 立和 洋一  営業本部長
            常務執行役員 國京 紘宇  経営企画室長
            執行役員   坂野 詳存  経理部長
            執行役員   小山 知史  人事総務部長
            執行役員   本田 光太郎 東日本リテールオペレーション部長
            執行役員   玉川 慎治  SC・ホールセール事業部長
            執行役員   澤  泉   アウトレット運営部長
            執行役員   久保 疾人                店舗開発部長
            執行役員   徳地 智彦  西日本リテールオペレーション部長
            執行役員   中島           浩賀    イーコマース営業部長
            執行役員          保坂   大輔       ジュニア事業部長
            執行役員          池田   武史       ベビー・トドラー事業部長
                                  65/167








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        当社は企業行動憲章の中で、世界の子供たちの夢を育み、子供たちに充実した豊かな暮らしを提供する企業とし
       て、子供たち、お客様、株主・投資家のみなさま、取引先のみなさま、地域社会のみなさまとの信頼関係を築き、私
       たちに対する期待に誠実にお応えし、社会的責任を果たすために、次の10の行動原則を掲げております。
       1.社会的に有用な製品・サービスを安全性や個人情報・顧客情報の保護に十分配慮し開発、提供し、常にお客様の

         満足と信頼を獲得するよう行動します。
       2.公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行います。また、政治、行政との健全かつ正常な関係を保ちま
         す。
       3.株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正に開示します。
       4.従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保し、ゆとりと豊かさを実現しま
         す。
       5.環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的、
         積極的に行動します。
       6.「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行います。
       7.市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは断固として対決します。
       8.国際的な事業活動においては、国際ルールや現地の法律の遵守はもとより、現地の文化や習慣を尊重し、その発
         展に貢献する経営を行います。
       9.経営トップは、本憲章の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、社内に徹底するととも
         に、取引先に周知します。また、社内外の声を常時把握し、実行ある社内体制の整備を行うと共に、企業倫理の
         徹底を図ります。
       10.本憲章に反するような事態が発生したときには、経営トップ自らが問題解決にあたる姿勢を内外に明らかにし、
         原因究明、再発防止に努める。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明
         確にした上、自らを含めて厳正な処分を行う。
        当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、企業行動憲章の実践のために、経営管理体制の強化

       が最重要であると考え、取締役の業務執行はもとより、全従業員の社内規程や法令の遵守状況を監査役及び内部監査
       によるチェックを行っております。
       ① 企業統治の体制

       a 企業統治の体制の概要
         当社は会社法に基づく機関として、株主総会、取締役会、監査役会を設置しております。取締役会は経営の最高
        意思決定機関として、毎月開催され                 、取締役6名(うち社外取締役4名)からなります。取締役会と協働して会社
        の監督機能の一翼を担い、株主の負託を受けた独立の機関として取締役の職務の執行を監査する監査役会を設置し
        ております。監査役会は           常勤監査役1名       ( 社外監査役)・監査役2名(うち社外監査役1名                       ) からなり、     毎月の定
        時取締役会開催日に開催しております                  。
         また、企業      統治のための社内委員会として、指名報酬委員会、リスク管理委員会、コンプライアンス委員会、安
        心・安全委員会を設置し、内部監査機能は、社長直轄の組織である内部監査室が担っております。
         指名報酬委員会は、取締役会の諮問機関として、取締役及び執行役員の人事及び報酬制度に関する審議・取締役
        会に対する答申を行うことにより経営の客観性と合理性を高め、企業価値の最大化を図っております。
         コンプライアンス委員会は、コンプライアンスに係る会社の運営方針の決定、コンプライアンスに係る事件・事
        故の対応等を目的とし、会社の法令遵守体制の中心を担っております。
         リスク管理委員会は、リスク管理に関する重要事実の審議と方針決定を目的とし、会社のリスク管理体制の中心
        を担っております。
         安心・安全委員会は、当社商品の安心・安全のための品質管理基準を定め、当社商品の安全性及び法令対応等の
        中心を担っております。
         これらの意思決定機関、監査機関、各種委員会が相互に連携及び牽制して、経営の健全性、効率性及び透明性を
        確保しております。
                                  66/167




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社のコーポレート・ガバナンス体制を図示しますと、次のとおりになります。
       b 内部統制システムの整備の状況








         当社の内部統制システムといたしましては、法令・定款の遵守と、業務の効率性・適正性等の確保のため、内部
        統制システムの基本方針を定めております。この方針に基づく内部統制システムの運用を徹底し、更には必要に応
        じて整備・改善をしていき、一層有効性のある運用に努めてまいります。
     内部統制システムの基本方針

      1.取締役、執行役員及び使用人の職務の執行が法令・定款に適合することを確保するための体制
      (1)法令及び社会倫理の遵守による経営の実践により、公正な利潤追求と社会の持続的な発展に寄与するため、
         「企業行動憲章」を定める。
      (2)「コンプライアンス行動規範」に則り、事業活動のあらゆる局面においてコンプライアンスを最優先するよう
         周知徹底する。
      (3)コンプライアンスを統括するコンプライアンス責任者を取締役から任命し、コンプライアンス責任者を委員長
         とするコンプライアンス委員会を組織することにより、全社横断的なコンプライアンス体制の整備及び問題点
         の把握に努める。
      (4)「職務権限規程」及び「稟議規程」に基づき職務を執行することで、適切な権限行使と牽制機能を機能させ
         る。
      (5)法令・定款違反、社内規範違反あるいは社会通念に反する行為等については、従業員が直接情報提供を行う手
         段として、「内部通報規程」を定め、社外のホットライン窓口に通報する体制を設け、運営する。
      2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

        取締役の職務執行に係る情報については、「取締役会規程」及び「文書管理規程」に従い、文書または電磁的媒
       体に記録、保存し、取締役及び監査役が常時閲覧できるようにする。
      3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

      (1)「リスク管理規程」を定め、事業活動において想定される天災リスク、情報システムリスク、労務管理リス
         ク、その他事業の継続に著しく大きな影響を及ぼすリスクに対応する組織及び責任者を定め、適切に評価・管
         理できる体制を構築する。
      (2)「リスク管理規程」を定め、不測の事態が生じた場合には、対策本部等を設置し、情報開示を含む迅速な対応
         を行い、損害の拡大を防止する体制を整える。
                                  67/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)品質管理部門を管掌する担当取締役を委員長とした安心・安全委員会を設置し、商品の安全性を保証し、消費

         者事故の発生を未然に防止するとともに、事故発生時の速やかな対応ができるよう安心・安全体制の維持、管
         理に取り組む。
      4.取   締 役 及び  執行役員の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

      (1)「取締役会規程」・「役員規程」・「執行役員規程」・「職務権限規程」を定め、職務執行のルールを明確に
         する。
      (2)取締役・執行役員・事業部長・部門長を構成員とする経営会議を設置し、職務執行状況の把握及び取締役会付
         議事項の事前検討を行う。
      (3)取締役会の意思決定の迅速化を図るため、取締役の人数を最小限に抑え、取締役会を機動的に開催する。
      (4)経営会議及び取締役会において月次業績のレビューと改善策の実施について検討、報告を行い、経営目標の進
         捗状況の把握につとめる。
      5.当社及び当社の子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

      (1)「企業行動憲章」及び「関係会社管理規程」その他規程等に基づき、当社グループ全体が一体となって、取締
         役等の職務の執行が法令及び定款に適合するための体制を整備する。
      (2)経営企画室、人事総務部、物流管理部及び経理部が子会社の統一的内部統制を管轄する。
      (3)内部監査室は、「関係会社管理規程」に基づき、監査役と連携し、内部監査を実施する。
      (4)「関係会社管理規程」に基づき、子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制を整
         備するとともに、その職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制を整備する。
      6.財務報告の信頼性を確保するための体制

        財務報告の信頼性及び金融商品取引法に規定する内部統制報告書の有効かつ適切な提出のため、財務報告に係る
       内部統制の整備・運用規程を定め、代表取締役の指示の下、内部統制システムを構築し、その仕組みが適正に機能
       することを継続的に評価し、必要な是正を行うとともに、金融商品取引法及び関係法令等との適合性を確保する。
      7.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

      (1)「企業行動憲章」ならびに「反社会的勢力対応マニュアル」を制定し、新規取引開始時及び既存取引先に対し
         ては定期的に反社会的勢力にかかるチェックを行うことで、反社会的勢力との取引を未然に防ぐシステムを構
         築する。
      (2)人事総務部を反社会的勢力との対応部門とし、必要に応じて所轄警察署や弁護士等の外                                           部専門機関との連携を
         図る。
      (3)取引基本契約書または覚書に反社会的勢力排除にかかる内容の条文を掲げ、さらに、雇用契約書に本人が反社
         会的勢力でないことまたは反社会的勢力との関係がないことを宣誓させる。
      8.監査役がその補助をすべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制ならびにその使用人の

       取締役からの独立性に関する事項
        監査役が、監査業務の補助のため、専属使用人を求めた場合は必要な人材を配置する。監査役会は、専属使用人
       の人事異動については、事前に管理本部長より報告を受けるとともに、必要がある場合には、理由を付して当該人
       事異動につき変更を管理本部長に申し入れることができる。また、当該使用人を懲戒に処する場合には、管理本部
       長はあらかじめ監査役会の承諾を得る。
      9.取締役、執行役員及び使用人が監査役に報告するための体制

      (1)代表取締役は、「取締役会規程」の定めに従い、会社の業務執行の状況その他の必要な情報を取締役会におい
         て報告又は説明する。
      (2)取締役、執行役員及び使用人は会社の信用又は業績について重大な被害を及ぼす事項又はそのおそれのある事
         項を発見した場合にあっては、監査役に対し速やかに当該事項を報告する。
      (3)監査役は、職務の執行に当たり必要となる事項について、取締役、執行役員及び使用人に対して随時その報告
         を求めることができ、当該報告を求められた者は速やかに報告する。
                                  68/167




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      10.監査役の職務の執行について生じる費用の前払または償還の手続その他の                                    当該職務の執行について生ずる費用ま
        たは債務の処理に係る方針に関する事項
       監査役がその職務の執行について生ずる費用の前払または支出した費用等の償還、負担した債務の弁済を請求した
      ときは、その費用等が監査役の職務の執行について生じたものでないことを証明できる場合を除き、これに応じる。
      11.監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

      (1)監査役は、取締役会に出席するほか                   、経営会議その他の重要な会議または委員会に出席し、意見を述べること
         ができる。
      (2)監査役は、必要に応じて取締役、執行役員及び使用人に対して報告を求めることができる。
      (3)監査役、会計監査人及び内部監査室は意見交                       換の場を持ち、相互の連携を図る。
      (4)代表取      締役と監査役は、相互の意思疎通を図るために定期的な会合の場を持つ。
       ② リスク管      理体制の整備の状況

         当社のリスク管理体制に関しましては、「リスク管理規程」に基づくリスク管理委員会を設置し、リスクの洗出
        し、評価を行い、リスクが顕在化した場合には、迅速かつ的確に対応することにより被害を最小限にくい止め、会
        社の財産の保全を図っております。コンプライアンスに係るリスクに関しては、「コンプライアンス規程」に基づ
        くコンプライアンス委員会を設置し、法令違反によるリスクの防止に努めております。また、法令違反を見つけた
        場合には、「内部通報規程」に基づく外部の弁護士も含めた内部通報窓口を設置し、コンプライアンス経営の強化
        を図っております。なお、リスク管理及びコンプライアンスに係る重要事項は、取締役会及び監査役会に報告され
        ます。
         社長直属の内部監査室は、会社の内部監査機能を分掌し、内部監査計画に基づき、内部統制に係るリスクの識
        別・分析・対処方法の評価を行い、内部統制に関わる監査を行っております。
       ③ 子会社の      業務の適正を確保するための体制整備の状況

         当社は、「関係会社管理規程」に基づく、子会社の重要な事項の決定について、当社と事前に協議するよう子会
        社に義務付けるとともに、子会社から経理事務に係る業務委託を受け、子会社の取引の内容及び営業成績を把握す
        るよう努めております。また、監査役監査及び内部監査においても、当社の監査役及び内部監査室が監査を行うこ
        とを監査計画に定め、子会社の業務の適正を                     確保するよう努めております。
       ④ 責任限定契約        の内容の概要

         当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く)                          及び監査役は、会社法          第427条第1項の規定に基づき、同
        法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額
        は、会社法第425条第1項に定める次に掲げる額の合計額(最低責任限度額)を限度としております。なお、当該
        取締役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
         一.当該取締役       または監査役      がその在職中に当社から職務執行の対価として受け、または受けるべき財産上の利
           益の1年間当たりの額に相当する額として会社法施行規則第113条に定める方法により算定される額に、2
           を乗じて得た額
         二.当該取締役       または監査役が       当社の新株予約権を引き受けた場合(会社法第238条第3項各号に掲げる場合に
           限る。)における当該新株予約権に関する財産上の利益に相当する額として会社法施行規則第114条に定め
           る方法により算定される額
       ⑤ 内部    監査及び監     査役監査の状況

         内部監査については、           社長直轄の独立組織である内部監査室(1名)が担っており、社長に任命された補助人2
        名を加えた3名で内部監査を行っております。内部監査は内部監査計画に基づき本社各部門、物流拠点及び全国の
        直営店舗の業務の妥当性、有効性、法令遵守等必要な業務監査を実施し、内部統制の充実に努めております。
         当社は監査役会設置会社につき、毎月定時取締役会開催                           日及び   必要に応じ随時、監査役会を開催し、監査等に関
        する重要な事項についての報告、協議又は決議を行っております。常勤監査役は、取締役会の他、経営会議や各種
        委員会等に出席、取締役及び重要な使用人からの報告等の聴取を行っております。
         内部監査室は、月1回監査役と定例の会議を設け意見交換を行い、併せて、監査役に対し、内部監査の進捗状況
        等が報告されます。
         監査役と内部監査と会計監査人は、随時情報交換するなど連携を図り、会社業務の適法性・妥当性の確保に万全
        を期しております。
                                  69/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ⑥ 会計監査の状況
         当社は監査法人A&A          パートナーズと監査契約を締結し、適時適切な監査が実施されております。同監査法人及び
        当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員と当社の間には特別な利害関係はありません。
         なお、監査業務を執行した公認会計士は村田征仁、町田眞友、永利浩史の3名(旧ナルミヤ①の第22期事業年度
        及び、当社第1期連結会           計年度は、村田征仁、町田眞友の2名)であり、当社の監査業務に係る補助者は公認会計
        士5名、その他2名であります。継続監査年数については、全員7年以内であるため記載を省略しております。
       ⑦ 社外取締役及び社外監査役

         当社の社外      取締役は4名、社外監査役は2名であります。
         社外取締役久本和彦氏は、樫山株式会社(現 株式会社オンワードホールディングス)取締役、株式会社セシー
        ル代表取締役専務、JR西日本グループ                   広島ステーションビル株式会社(現 中国SC開発株式会社)代表取締役
        社長等を歴任し、アパレル業界における経験により、専門性のある立場からの適切な経営の監督と経営へのアドバ
        イスが期待できると判断し、選任しております。
         社外取締役宅間頼子氏は、外資系のファッションアイテムを取扱う企業等におけるマネージメント、マーケティ
        ング、プロモーション等の豊富な経験を活かしての経営へのアドバイスが期待できると判断して選任しておりま
        す。
         社外取締役木村達夫氏は、日本産業パートナーズ株式会社のマネージングディレクターであります。同社は事業
        再編・再構築を目的としたファンドを運営・管理する企業であり、同社が運営するファンドは本書提出日現在にお
        いて当社が発行済株式総数の28.0%を保有しております。長年にわたる金融機関における投資部門での豊富な経験
        ならびに幅広い見識を有しており、これらの経験と見識を当社の経営に活かしていただけるものと判断し選任して
        おります。
         社外取締役山本知弘氏も同様に、日本産業パートナーズ株式会社のマネージングディレクターであります。長年
        にわたる経営コンサルタントや経営者としての豊富な経験ならびに幅広い見識を有しており、これらの経験と見識
        を当社の経営に活かしていただけるものと判断し選任しております。
         社外監査役山本一郎氏は、株式会社三井住友銀行法人業務部上席推進役、株式会社債券決済ネットワーク代表取
        締役常務、学校法人東京歯科大学内部監査室長、東邦化学工業株式会社非常勤監査役(現任)等を歴任し、長期に
        わたる金融機関での経験ならびに学校法人における内部監査及び上場企業における監査役としての経験や見識を有
        していることから、当社に対しての適切な助言・監査を行っていただけると判断し選任しております。
         社外監査役樋口達士氏は、株式会社ビジネス・チャレンジド(現みずほビジネス・チャレンジド株式会社)代表
        取締役社長、五洋建設株式会社常勤監査役を歴任し、上場企業における監査業務の経験、経営者としての知見及び
        金融機関での勤務経験等を            活かし、当     社に対しての適切な助言・監査を行っていただけると判断し選任しておりま
        す。
         当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針として明確に定めたものはあ
        りませんが、選任にあたっては、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣からの独立した立場で社外取締役及
        び社外監査役としての職務を執行できる十分な独立性が確保できることを前提に判断しております。
         社外取締役及び社外監査            役の各人と当社との間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はあ
        りません。
       ⑧ 役員報酬

        イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                 報酬等の総額                                   対象となる役員
        役員区分
                   (千円)                                   の員数(人)
                                  ストックオプショ
                           基本報酬                   賞与
                                      ン
         取締役
                     57,192         37,992           -       19,200           2
      (社外取締役を除く)
         監査役
                     7,200         7,200          -         -         1
      (社外監査役を除く)
                     9,600         9,600          -         -         3
        社外役員
      (注)当社は、平成30年3月1日に実質的存続会社                         旧ナルミヤ②      を吸収合併しており、平成30年2月期の報酬等の金額
         は、  旧ナルミヤ②      の金額を記載しております。
        ロ.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

          該当事項はありません。
                                  70/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ハ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
          当社は、代表取締役社長及び非業務執行取締役からなる指名報酬委員会を設置しており、取締役の報酬の額、
         算定方法等について、当委員会での審議答申の上、株主総会決議の範囲内で決定することにしております。
       ⑨ 株式の保有状況

        当社の連結子会社        旧ナルミヤ②      による株式の保有状況は以下のとおりです。
        イ.投資株式のう        ち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           2銘柄 31,937千円
        ロ.保有目的      が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

          前事業年度
           特定投資株式
                                 貸借対照表計上額
                         株式数(株)
          銘      柄                                      保 有 目 的
                                   (千円)
                         11,302.805           16,264
       ㈱三越伊勢丹ホールディングス                                      得意先としての関係維持・強化
                         42,000.000           14,658
           ㈱近鉄百貨店                                  得意先としての関係維持・強化
          当事業年度

           特定投資株式
                                 貸借対照表計上額
                         株式数(株)
          銘      柄                                      保 有 目 的
                                   (千円)
                         12,377.224           15,620
       ㈱三越伊勢丹ホールディングス                                      得意先としての関係維持・強化
                         42,000,000           16,317
           ㈱近鉄百貨店                                  得意先としての関係維持・強化
       ⑩   株主総会決議事項を取締役会で決議することができるとしている事項

        イ.取締役     及び監査役     の責任免除
          当社は、職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規
         定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含みます。)                                    及び監査役(監査役であった者を
         含みます。)      の損害賠償責任を、法令が定める範囲において、取締役会の決議において免除することができる旨
         を定款に定めております。
        ロ.中間配当

          当社は、株主に対する柔軟な利益還元を可能にするため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決
         議により    、毎年8月31日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款に定めております。
        ハ.  自己株式の取得

          当社は、機動的な資本政策を遂行できるようにするため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決
         議によって自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。
       ⑪ 取締役の定数

         当社の取     締役は3名以上とする旨、定款に定めております。
       ⑫ 取締役選任の決議要件

         当社は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半
        数をもって取締役の選任決議を行う旨を定款に定めております。なお、選任決議にあたっては、累積投票によらな
        いものとする旨を定款に定めております。
       ⑬ 株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
        の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めておりま
        す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的
        とするものであります。
                                  71/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                最近連結会計年度の前連結会計年度                           最近連結会計年度

        区分
              監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
              報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
                     900            -           900            -
       提出会社
                    14,200             267          22,000            2,114
      連結子会社
                    15,100             267          22,900            2,114
        計
        ②【その他重要な報酬の内容】

       (最近   連結会計年度      の前連結会計年度)
        監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容としましては、内部統制に関するアドバイザ
       リー業務であります。
       ( 最近  連結会計年度      )

        監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容としましては、内部統制に関するアドバイザ
       リー業務であります。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

       (最近   連結会計年度      の前連結会計年度)
        該当事項はありません。
       (最近   連結会計年度      )

        該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

        報酬等の額については、監査公認会計士等により提示された監査計画の内容をもとに、監査工数等の妥当性を協
       議、勘案し、決定しております。なお、決定にあたっては、監査役会の同意を得ております。
                                  72/167










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表並びに財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
        いて作成しております。
       (3)当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第
        63号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

       (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成28年6月8日から平成29年
        2月28日まで)及び当連結会計年度(平成29年3月1日から平成30年2月28日)の連結財務諸表並びに前事業年度
        (平成28年6月8日から平成29年2月28日まで)及び当事業年度(平成29年3月1日から平成30年2月28日)の財
        務諸表について、監査法人A&Aパートナーズにより監査を受けております。
       (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期会計期間(平成30年3月1日から平成
        30年5月31日まで)及び第1四半期累計期間(平成30年3月1日から平成30年5月31日まで)に係る四半期財務諸
        表について、監査法人A&Aパートナーズによる四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

        四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(平成19年内閣府令第64号)第5条第2項により、当
       社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目から見て、当企業集団の財
       政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏しいものとし
       て、四半期連結財務諸表は作成しておりません。
      4.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、会計基準等の変更について的確に対応する体制を構築するため、社内規程やマニュアルを整備
       し、監査法人等主催の研修へ参加しております。
                                  73/167











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年2月28日)              (平成30年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                      ※2 2,610,233
                                                      1,984,811
         現金及び預金
                                      ※2 1,941,645
                                                      2,131,234
         受取手形及び売掛金
                                      ※2 2,505,706
                                                      2,995,652
         商品
                                           115               92
         貯蔵品
                                         98,036              57,910
         前払費用
                                        329,000              275,294
         繰延税金資産
                                        124,517              443,296
         その他
                                        △ 55,606              △ 6,823
         貸倒引当金
                                       7,553,650              7,881,469
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       1,101,425              1,088,578
          建物及び構築物
                                       △ 950,558             △ 954,462
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             150,866              134,116
          工具、器具及び備品                               84,408              57,320
                                        △ 80,935             △ 53,705
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              3,472              3,614
          土地                               5,940              5,940
                                       1,308,492              1,613,404
          リース資産
                                       △ 556,971             △ 778,089
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                             751,521              835,314
                                         4,941                -
          建設仮勘定
                                        916,742              978,985
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                       3,485,140              3,307,176
          のれん
                                         69,358              41,383
          ソフトウエア
                                         10,562                -
          ソフトウエア仮勘定
                                           -             7,153
          リース資産
                                           -            10,000
          その他
                                       3,565,061              3,365,712
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※1 , ※2 43,411             ※1 44,426
          投資有価証券
                                         38,177              50,472
          破産更生債権等
                                         20,314              10,537
          長期前払費用
          差入保証金                              853,566              955,687
                                        119,565              138,233
          保険積立金
                                         95,322              115,953
          繰延税金資産
                                         62,248              61,249
          その他
                                        △ 37,146             △ 42,267
          貸倒引当金
                                       1,195,460              1,334,293
          投資その他の資産合計
                                       5,677,264              5,678,990
         固定資産合計
                                       13,230,914              13,560,459
       資産合計
                                  74/167




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年2月28日)              (平成30年2月28日)
      負債の部
       流動負債
                                       1,920,928              2,559,229
         買掛金
                                       ※2 300,000             ※2 425,000
         1年内返済予定の長期借入金
                                        270,185              311,966
         リース債務
                                        358,517              428,041
         未払金
                                        525,027              500,624
         未払費用
                                        215,783              371,532
         未払法人税等
                                        282,959               42,612
         未払消費税等
                                         89,555              90,332
         賞与引当金
                                         8,310              8,262
         返品調整引当金
                                         13,445              16,666
         ポイント引当金
                                         77,375              102,619
         その他
                                       4,062,089              4,856,888
         流動負債合計
       固定負債
                                      ※2 4,560,000             ※2 4,775,000
         長期借入金
                                        559,207              621,530
         リース債務
                                        200,407              214,729
         退職給付に係る負債
                                           75              75
         その他
                                       5,319,690              5,611,334
         固定負債合計
                                       9,381,779              10,468,223
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         10,000              10,000
         資本金
                                       3,141,010              1,566,929
         資本剰余金
                                        696,343             1,456,619
         利益剰余金
                                       3,847,353              3,033,549
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         3,448              3,240
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 1,666              6,109
         退職給付に係る調整累計額
                                         1,781              9,350
         その他の包括利益累計額合計
                                           -             1,440
       新株予約権
                                           -            47,897
       非支配株主持分
                                       3,849,135              3,092,236
       純資産合計
                                       13,230,914              13,560,459
      負債純資産合計
                                  75/167








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年6月8日              (自 平成29年3月1日
                                至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
                                       11,468,773              26,954,523
      売上高
                                    ※1 , ※2 5,302,897           ※1 , ※2 12,552,995
      売上原価
      売上総利益                                  6,165,875              14,401,528
                                      ※3 5,222,247            ※3 12,996,553
      販売費及び一般管理費
                                        943,627             1,404,974
      営業利益
      営業外収益
                                           68              144
       受取利息及び配当金
                                         2,791              4,305
       保険解約返戻金
                                         1,309              2,428
       仕入割引
                                           -             6,607
       受取補償金
                                           -             4,546
       ゴルフ会員権売却益
                                         3,039              6,749
       雑収入
                                         7,209              24,781
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         58,136              77,928
       支払利息
                                        106,327               46,914
       金融手数料
                                         59,247              18,674
       支払手数料
                                         22,326                -
       株式交付費
                                         1,899                84
       為替差損
                                         17,936               5,937
       雑損失
                                        265,874              149,539
       営業外費用合計
                                        684,962             1,280,215
      経常利益
      特別利益
                                           -            32,119
       貸倒引当金戻入額
                                           -            32,119
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※4 298            ※4 3,343
       減損損失
                                        ※5 16,106             ※5 31,280
       固定資産除却損
                                         2,530                -
       解約違約金
                                                      ※6 68,145
                                           -
       損害賠償金
                                         52,888                -
       貸倒引当金繰入額
                                         71,823              102,769
       特別損失合計
                                        613,139             1,209,565
      税金等調整前当期純利益
                                        160,495              411,150
      法人税、住民税及び事業税
                                       △ 243,700               29,706
      法人税等調整額
                                        △ 83,204              440,856
      法人税等合計
                                        696,343              768,708
      当期純利益
                                           -             8,432
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                        696,343              760,276
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  76/167






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年6月8日              (自 平成29年3月1日
                                至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
                                        696,343              768,708
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         3,448              △ 210
       その他有価証券評価差額金
                                           289             7,844
       退職給付に係る調整額
                                         ※ 3,737              ※ 7,634
       その他の包括利益合計
                                        700,081              776,342
      包括利益
      (内訳)
                                        700,081              767,844
       親会社株主に係る包括利益
                                           -             8,498
       非支配株主に係る包括利益
                                  77/167
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【連結株主資本等変動計算書】
       前連結会計年度(自 平成28年6月8日 至 平成29年2月28日)
                                              (単位:千円)
                                 株主資本
                     資本金       資本剰余金        利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高
                         -        -        -        -
     当期変動額
      新株の発行                1,575,505        1,575,505                 3,151,010
      減資               △ 1,565,505        1,565,505                    -
      親会社株主に帰属する当期純利
                                        696,343        696,343
      益
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                  10,000       3,141,010         696,343       3,847,353
     当期末残高
                        10,000       3,141,010         696,343       3,847,353
                          その他の包括利益累計額

                                             純資産合計
                   その他有価証券評        退職給付に係る調        その他の包括利益
                     価差額金        整累計額        累計額合計
     当期首残高

                         -        -        -        -
     当期変動額
      新株の発行                                         3,151,010
      減資
                                                  -
      親会社株主に帰属する当期純利
                                                696,343
      益
      株主資本以外の項目の当期変動
                        3,448       △ 1,666        1,781        1,781
      額(純額)
     当期変動額合計
                        3,448       △ 1,666        1,781       3,849,135
     当期末残高                   3,448       △ 1,666        1,781       3,849,135
                                  78/167









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当連結会計年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)
                                              (単位:千円)
                                 株主資本
                     資本金       資本剰余金        利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高                  10,000       3,141,010         696,343       3,847,353
     当期変動額
      剰余金の配当
                              △ 1,573,299                △ 1,573,299
      親会社株主に帰属する当期純利
                                        760,276        760,276
      益
      非支配株主との取引に係る親会
                                △ 780                △ 780
      社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変動
                                                  -
      額(純額)
     当期変動額合計
                         -    △ 1,574,080         760,276       △ 813,803
     当期末残高                  10,000       1,566,929        1,456,619        3,033,549
                      その他の包括利益累計額

                   その他有価      退職給付に      その他の包       新株予約権       非支配株主持分         純資産合計
                   証券評価差      係る調整累      括利益累計
                     額金      計額     額合計
     当期首残高                3,448     △ 1,666      1,781          -        -     3,849,135
     当期変動額
      剰余金の配当                                                △ 1,573,299
      親会社株主に帰属する当期純利
                                                        760,276
      益
      非支配株主との取引に係る親会
                                                         △ 780
      社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変動
                     △ 207     7,776      7,568        1,440        47,897        56,905
      額(純額)
     当期変動額合計                △ 207     7,776      7,568        1,440        47,897       △ 756,898
     当期末残高                3,240      6,109      9,350        1,440        47,897       3,092,236
                                  79/167









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年6月8日              (自 平成29年3月1日
                                至 平成29年2月28日)               至 平成30年2月28日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        613,139             1,209,565
       税金等調整前当期純利益
                                        190,906              428,249
       減価償却費
                                         28,478              70,285
       差入保証金償却額
                                           298             3,343
       減損損失
                                         74,151              177,964
       のれん償却額
                                         16,106              31,280
       固定資産除却損
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  52,180             △ 43,662
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 21,521                777
       返品調整引当金の増減額(△は減少)                                 △ 5,841               △ 47
       ポイント引当金の増減額(△は減少)                                    96             3,220
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  12,375              25,244
                                          △ 68             △ 144
       受取利息及び受取配当金
                                         58,136              77,928
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 29,771             △ 201,321
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 528,132             △ 489,945
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 60,760              638,301
       未払費用の増減額(△は減少)                                 140,028              △ 24,403
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 238,368             △ 240,346
                                         62,152              241,630
       その他
                                       1,896,589              1,907,921
       小計
                                           68              144
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 51,897             △ 81,167
       利息の支払額
                                        △ 47,241             △ 658,204
       法人税等の支払額
                                       1,797,519              1,168,693
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 8,714             △ 80,687
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 11,882             △ 18,587
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 555            △ 1,317
       投資有価証券の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                     ※2 △ 8,564,670
                                                         -
       支出
                                        △ 10,701             △ 27,875
       保険積立金の積立による支出
                                        △ 74,092             △ 177,064
       差入保証金の差入による支出
                                         7,133              15,222
       差入保証金の回収による収入
                                        △ 6,970             △ 10,261
       その他
                                      △ 8,670,453              △ 300,569
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                1,600,517                  -
                                       5,100,000              5,400,000
       長期借入れによる収入
                                       △ 240,000            △ 5,060,000
       長期借入金の返済による支出
       株式の発行による収入                                3,139,801                  -
                                       △ 117,150             △ 300,303
       リース債務の返済による支出
                                           -          △ 1,573,299
       配当金の支払額
                                           -           △ 22,720
       非支配株主への配当金の支払額
       新株予約権の発行による収入                                    -             1,440
                                           -            61,338
       非支配株主からの払込みによる収入
                                       9,483,168             △ 1,493,545
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  2,610,233              △ 625,422
                                           -           2,610,233
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 2,610,233             ※1 1,984,811
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  80/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
        前連結会計年度(自 平成28年6月8日 至 平成29年2月28日)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数 1社
             連結子会社の名称
             株式会社ナルミヤ・インターナショナル(                    旧ナルミヤ②      )
          (2)非連結子会社の名称等

             株式会社ナルミヤ・ワンパ
             娜露密雅商貿(上海)有限公司
           (連結の範囲から除いた理由)

            非連結子会社はいずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利
           益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためでありま
           す。
         2.持分法の適用に関する事項

           持分法を適用していない非連結子会社(株式会社ナルミヤ・ワンパ及び                                 娜露密雅商貿(上海)有限公司)
           は、当期純損益(持分に見合う額)および利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から
           除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範
           囲から除外しております。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

           連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
         4.会計方針に関する事項

          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           ① 有価証券
              その他有価証券
               時価のあるもの
                決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
               動平均法により算定)を採用しております。
               時価のないもの
                移動平均法に基づく原価法を採用しております。
           ② たな卸資産
             a. 商品
               個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法)を採
               用しております。
             b. 貯蔵品
               最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法)を採
               用しております。
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
              建物及び構築物    3年~54年
              工具、器具及び備品  3年~15年
              但し、平成10年4月1日以降取得の建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得
             した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
           ②   無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
           ③   リース資産
                                  81/167


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産については、リース期間を耐用年数とし、
             残存価額を零とする定額法を採用しております。
          (3)重要な繰延資産の処理方法

            株式交付費
            支出時に全額費用処理しております。
          (4)重要な引当金の計上基準

           ① 貸倒引当金
              売上債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権
             等の特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           ②  賞与引当金
              従業員に支給する賞与に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
           ③  返品調整引当金
              将来予想される売上返品に備えるため、過去の返品率等を勘案し、当該返品に伴う売上総利益相当額
             を計上しております。
           ④   ポイント引当金
              将来のポイント利用による費用の発生に備えるため、翌連結会計年度以降に発生すると見込まれる額
             を計上しております。
          (5)退職給付に係る会計処理の方法

           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
              退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法は、
             期間定額基準によっております。
           ②   数理計算上の差異の費用処理方法
              数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(3年)による定額法
             により按分した額を翌連結会計年度から処理することとしております。
          (6)のれんの償却方法及び償却期間

            のれんの償却に関しては、その効果が発現する期間(20年)にわたって定額法により償却しておりま
           す。
          (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
           クしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する投資からなっております。
          (8)消費税等の会計処理

            税抜方式によっております。
        当連結会計年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

         1.連結の範囲に関する事項
          (1)  連結子会社の数 1社
             連結子会社の名称
             株式会社ナルミヤ・インターナショナル                   ( 旧ナルミヤ②      )
          (2)  非連結子会社の名称等

             株式会社ナルミヤ・ワンパ
             娜露密雅商貿(上海)有限公司
           (連結の範囲から除いた理由)

            非連結子会社はいずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利
           益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためでありま
           す。
         2.持分法の適用に関する事項

           持分法を適用していない非連結子会社(株式会社ナルミヤ・ワンパ及び                                 娜露密雅商貿(上海)有限公司)
           は、当期純損益(持分に見合う額)および利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から
                                  82/167

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範
           囲から除外しております。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

           連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
         4.会計方針に関する事項

          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           ① 有価証券
              その他有価証券
               時価のあるもの
                決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
               動平均法により算定)を採用しております。
               時価のないもの
                移動平均法に基づく原価法を採用しております。
           ② たな卸資産
             a. 商品
               個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法)を採
               用しております。
             b. 貯蔵品
               最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法)を採
               用しております。
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
              建物及び構築物    3年~54年
              工具、器具及び備品  3年~15年
              但し、    平成10年4月1日以降取得の建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得
             した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
           ②   無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
           ③   リース資産
              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産については、リース期間を耐用年数とし、
             残存価額を零とする定額法を採用しております。
          (3)重要な引当金の計上基準

           ① 貸倒引当金
              売上債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権
             等の特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           ②  賞与引当金
              従業員に支給する賞与に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
           ③  返品調整引当金
              将来予想される売上返品に備えるため、過去の返品率等を勘案し、当該返品に伴う売上総利益相当額
             を計上しております。
           ④   ポイント引当金
              将来のポイント利用による費用の発生に備えるため、翌連結会計年度以降に発生すると見込まれる額
             を計上しております。
          (4)退職給付に係る会計処理の方法

           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
              退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法は、
             期間定額基準によっております。
           ②   数理計算上の差異の費用処理方法
                                  83/167

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(3年)による定額法
             により按分した額を翌連結会計年度から処理することとしております。
          (5)のれんの償却方法及び償却期間

            のれんの償却に関しては、その効果が発現する期間(20年)にわたって定額法により償却しておりま
           す。
          (6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
           クしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する投資からなっております。
          (7)消費税等の会計処理

            税抜方式によっております。
       (未適用の会計基準等)

        前連結会計年度(自 平成28年6月8日 至 平成29年2月28日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

         1.税効果会計に係る会計基準の適用指針等
          ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日)
          ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日)
            (1)概要
              「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等は、日本公認会計士協会における税効果会計に関する実
             務指針を企業会計基準委員会に移管するに際して、基本的にその内容を踏襲した上で、必要と考えられ
             る以下の見直しが行われたものであります。
              (会計処理の見直しを行った主な取扱い)
              ・個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱い
              ・(分類1)に該当する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱い
            ( 2)適用予定日
              平成32年2月期の期首より適用します。
            ( 3)当該会計基準等の適用による影響
              当該会計基準等の適用による連結財務諸表に与える影響については、現時点で評価中であります。
         2.収益認識に関する会計基準等

          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
            ( 1)  概要
              国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包
             括的な会計基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS
             第15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業
             年度から、Topic606は平成29年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業
             会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表さ
             れたものです。
              企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15
             号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を
             取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実
             務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加するこ
             ととされております。
                                  84/167




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            ( 2)適用予定日
              平成35年2月期の期首より適用します。
            ( 3)当該会計基準等の適用による影響
              当該会計基準等の適用による連結財務諸表に与える影響については、現時点で評価中であります。
       (連結貸借対照表関係)

         ※ 1 非連結子会社に対するものは、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (平成29年2月28日)                   (平成30年2月28日)
         投資有価証券(株式)                           12,489千円                   12,489千円
               計                     12,489                   12,489
         ※ 2 担保資産及び担保付債務

          担保に供している資産は、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (平成29年2月28日)                   (平成30年2月28日)
         現金及び預金                          1,030,462千円                      -千円
         受取手形及び売掛金                           302,397                     -
         商品                           796,662                     -
         投資有価証券(株式)                           12,489                     -
               計                   2,142,011                      -
          なお、上記の他、連結上相殺消去している関係会社株式(当連結会計年度1,740,914千円)を担保に供してお
          ります。
          担保付債務は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (平成29年2月28日)                   (平成30年2月28日)
         1年内返済予定の長期借入金                           300,000千円                   425,000千円
         長期借入金                          4,560,000                   4,775,000
                                   4,860,000                   5,200,000
          3 財務制限条項

         前連結会計年度(平成          29年2月28日      )
          連結子会社株式会社ナルミヤ・インターナショナル(                          旧ナルミヤ②      )において、安定的な資金調達を図るた
         め、金融機関との間でシンジケートローン及びコミットメントライン契約を締結しておりますが、本契約には一
         定の財務制限条項が付されており、同社がこれらに抵触した場合、期限の利益を喪失し、一括返済を求められる
         等、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
          当連結会計年度末における財務制限条項の内容は以下のとおりであります。なお、当連結会計年度末において
         当該財務制限条項を遵守しております。
                                  85/167







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ① 平成29年2月期以降の各中間期末及び決算期末における連結ベース(但し、みなし連結事由が発生していな
          い期においては、株式会社ナルミヤ・ワンパ及び                       娜露  密 雅商貿(上海)       有限公司    を除く。)でのネット・レバ
          レッジ・レシオ(α)(※)を、各中間期末及び決算期末に以下の表に記載の数値を上回らないようにするこ
          と。
               判定期              ネット・レバレッジ・レシオ
             平成29年2月期                    α≦3.80
             平成29年8月期                    α≦3.20
             平成30年2月期                    α≦3.00
             平成30年8月期                    α≦3.00
             平成31年2月期                    α≦2.90
             平成31年8月期                    α≦2.70
             平成32年2月期                    α≦2.40
             平成32年8月期                    α≦2.20
             平成33年2月期                    α≦2.00
         (※)ネット・レバレッジ・レシオ = 純有利子負債                           / EBITDA
             純有利子負債=短期借入金             + 長期借入金      + 社債   - 現金及び預金残高
             EBITDA=営業利益         + 減価償却費      + 負担金償却      + 敷金償却     + のれん償却額
         ② 平成29年2月期以降の各中間期末及び決算期末(いずれも直近12か月。但し、平成29年2月期に限り、直近

          6か月)における連結ベース(但し、みなし連結事由が発生していない期においては、                                        株式会社ナルミヤ・ワ
          ンパ及び    娜露  密 雅商貿   (上海)有限公司        を除く。)のデット・サービス・カバレッジ・レシオ(※)を、1.05
          未満とならないようにすること。
         (※)デット・サービス・カバレッジ・レシオ = 元利金返済前キャッシュフロー                                        / 元利金返済額
         ③ 平成29年2月期以降の各決算期末の連結貸借対照表上の純資産の部の合計金額(但し、みなし連結事由が発

          生していない期においては、株式会社ナルミヤ・ワンパ及び娜露密雅商貿(上海)有限公司に係る貸借対照表
          上の純資産の部の金額を除く。)を、直前の決算期比(但し、平成29年2月期においては持株会社出資の金額
          比)80%以上に維持すること。
         ④ 平成29年2月期以降の各決算期末における連結ベース(但し、みなし連結事由が発生していない期において

          は、株式会社ナルミヤ・ワンパ及び娜露密雅商貿(上海)有限公司を除く。)の経常利益又は当期純利益を、
          2決算期連続で赤字とならないようにすること。
         ⑤ みなし連結事由が発生した場合、当該みなし連結事由が発生した中間期末又は決算期に係る上記の財務制限

          条項は、当該みなし連結事由が発生した株式会社ナルミヤ・ワンパ及び/又は娜露密雅商貿(上海)有限公司
          を連結又は合計した数値又は金額について適用されるものとし、以後、みなし連結事由が発生した期につき同
          様とする。
         当連結会計年度(平成30年2月28日)

          連結子会社株式会社ナルミヤ・インターナショナ                        ル(  旧ナルミヤ②      )において、安定的な資金調達を図るた
         め、金融機関との間でシンジケートローン及びコミットメントライン契約を締結しておりますが、本契約には一
         定の財務制限条項が付されており、同社がこれらに抵触した場合、期限の利益を喪失し、一括返済を求められる
         等、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
          当連結会計年度末における財務制限条項の内容は以下のとおりであります。なお、当連結会計年度末において
         当該財務制限条項を遵守しております。
                                  86/167





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ① 平成29年8月期以降(平成29年8月期を含む。)の各中間期末及び決算期における連結ベース(但し、みな
          し連結事由が発生していない期においては、                     株式会社    ナルミヤ・ワンパ及び娜露            密 雅商  貿(上海)有限公司を
          除く。)でのネット・レバレッジ・レシオ(α)(※)を、各中間期末及び決算期末に以下の表に記載の数値
          を上回らないようにすること。
               判定期             ネット・レバレッジ・レシオ
             平成29年8月期                    α≦4.50
             平成30年2月期                    α≦4.30
             平成30年8月期                    α≦4.30
             平成31年2月期                    α≦4.20
             平成31年8月期                    α≦4.00
             平成32年2月期                    α≦3.70
             平成32年8月期                    α≦3.50
             平成33年2月期                    α≦3.30
             平成33年8月期                    α≦3.20
             平成34年2月期                    α≦3.00
         (※)ネット・レバレッジ・レシオ = 純有利子負債                           / EBITDA
             純有利子負債=短期借入金             + 長期借入金      + 社債   - 現金及び預金残高
             EBITDA=営業利益         + 減価償却費      + 負担金償却      + 敷金償却     + のれん償却額
         ② 平成30年2月期の決算期末の連結貸借対照表上の純資産の部の合計金額(但し、みなし連結事由が発生して

          いない期においては、          株式会社    ナルミヤ・ワンパ及び          娜露  密 雅商貿(上海)有限公司           に係る貸借対照表上の純
          資産の部の金額を除く。)が、18億円を下回らないこと。平成31年2月期以降(平成31年2月期を含む。)の
          各決算期末の借入人の連結貸借対照表上の純資産の部の合計金額(但し、みなし連結事由が発生していない期
          においては、      株式会社    ナルミヤ・ワンパ及び          娜露  密 雅商貿(上海)有限公司           に係る連結貸借対照表上の純資産
          の部の金額を除く。)を、直前の決算期比75%以上かつ18億円以                              上に維持すること。
         ③ 平成30年2月期以降(平成30年2月期を含む。)の各決算期末における連結ベース(但し、みなし連結事由

          が発生していない期においては、株式会社ナルミヤ・ワンパ及び                              娜露  密 雅商  貿(上海)有限公司         を除く。)の
          当期純利益を、2決算期連続で、赤字とならないようにすること。なお初回判定は平成29年2月期及び平成30
          年2月期を対象とする。
          4  安定的な資金調達を図るため、金融機関との間でシンジケートローン及びコミットメントライン契約を締

           結しております。これらの契約に基づく連結会計年度末における貸出コミットメントに係る借入未実行残高
           は次のとおりであります。
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (平成29年2月28日)                   (平成30年2月28日)
         貸出コミットメントの総額                          1,500,000千円                   1,500,000千円
         借入実行残高                             -                   -
              差引額                    1,500,000                   1,500,000
                                  87/167







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結損益計算書関係)
         ※ 1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれ
           ております。
              前連結会計年度                  当連結会計年度
           (自 平成28年6月8日                  (自 平成29年3月1日
            至 平成29年2月28日)                  至 平成30年2月28日)
                    208,813千円                  473,403千円
         ※ 2 売上原価に含まれている返品調整引当金の繰入差額(△は戻入)は、次のとおりであります。

              前連結会計年度                  当連結会計年度
           (自 平成28年6月8日                  (自 平成29年3月1日
            至 平成29年2月28日)                  至 平成30年2月28日)
                    △5,841千円                    47千円
         ※ 3 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (自 平成28年6月8日                  (自 平成29年3月1日
                            至 平成29年2月28日)                  至 平成30年2月28日)
         従業員給料及び手当                          1,943,706千円                  2,853,652千円
         賞与引当金繰入額                            89,555                  90,332
                                    32,079                  72,714
         退職給付費用
         のれん償却額                            74,151                  177,964
         地代家賃                            897,219                 2,337,127
         ポイント引当金繰入額                              96                 3,220
         貸倒引当金繰入額                            △657                  15,069
         ※ 4 減損損失

           前連結会計年度(自 平成28年6月8日 至 平成29年2月28日)
           当連結会計年度において、以下の資産について減損損失を計上しております。
           用途              種類              地域            金額(千円)

     売場内装設備                建物及び構築物              埼玉県川越市                    298

                         計                               298

           (グルーピングの方法)

            当社グループは原則として、ブランド別にグルーピングしております。また、社宅等は共有資産としてお
            ります。
           (経緯)
            減損損失を計上した資産グループは、割引前将来キャッシュ・フロー総額が帳簿価額に満たないため、帳
            簿価額を回収可能価額まで減額しております。
           (回収可能価額の算定方法等)
            回収可能価額は使用価値により測定しております。上記資産グループについては、今後も損失が予想され
            るため、帳簿価額全額を減損損失に計上しました。
                                  88/167






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           当連結会計年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)
           当連結会計年度において、以下の資産について減損損失を計上しております。
           用途              種類              地域            金額(千円)

     売場内装設備                建物及び構築物              兵庫県姫路市                   1,207

     売場内装設備                建物及び構築物             埼玉県さいたま市                     750

     売場内装設備                建物及び構築物               大阪府堺市                    725
     売場内装設備                建物及び構築物              群馬県高崎市                    553

     売場内装設備                建物及び構築物              大阪府豊中市                    106

                         計                              3,343

           (グルーピングの方法)

            当社グループは原則として、ブランド別にグルーピングしております。また、社宅等は共有資産としてお
            ります。
           (経緯)
            減損損失を計上した資産グループは、割引前将来キャッシュ・フロー総額が帳簿価額に満たないため、帳
            簿価額を回収可能価額まで減額しております。
           (回収可能価額の算定方法等)
            回収可能価額は使用価値により測定しております。上記資産グループについては、今後も損失が予想され
            るため、帳簿価額全額を減損損失に計上しました。
         ※ 5 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成28年6月8日                  (自 平成29年3月1日
                             至 平成29年2月28日)                  至 平成30年2月28日)
         建物及び構築物                             1,306千円                  4,551   千円
         工具、器具及び備品                              18                  2
         リース資産(有形固定資産)                            11,417                  9,624
         建設仮勘定                              -                4,941
         ソフトウエア                             3,244                   -
         ソフトウエア仮勘定                              -               10,562
         撤去費用等                              118                 1,599
                計                     16,106                  31,280
         ※ 6 損害賠償金

            前連結会計年度 (自 平成28年6月8日 至 平成29年2月28日)
            該当事項はありません。
            当連結会計年度 (自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

            当社に対して仕入先から提起されていた損害賠償請求訴訟に対する損害賠償金であります。
                                  89/167






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結包括利益計算書関係)
         ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年6月8日                 (自 平成29年3月1日
                             至 平成29年2月28日)                 至 平成30年2月28日)
         その他有価証券評価差額金                                千円                 千円
                                                       1,588
          当期発生額                             6,861
                                     △3,413                 △ 1,798
          税効果額
                                                       △ 210
           その他有価証券評価差額金                             3,448
         退職給付に係る調整額
                                                       10,922
          当期発生額                            △5,228
                                                        383
                                      5,645
          組替調整額
          税効果調整前
                                       416                11,306
          税効果額                            △127                △3,461
                                                       7,844
           退職給付に係る調整額                              289
           その他の包括利益合計                                            7,634
                                      3,737
                                  90/167















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結株主資本等変動計算書関係)
        前連結会計年度(自 平成28年6月8日 至 平成29年2月28日)
         1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                当連結会計年度期首           当連結会計年度増加           当連結会計年度減少            当連結会計年度末
                  株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式

       普通株式                  1        315,100              -         315,101
         合計                 1        315,100              -         315,101

      (注)普通株式の発行済株式総数の増加315,100株は、第三者割当増資による新株の発行によるものであります。
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

           該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

         1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                当連結会計年度期首           当連結会計年度増加           当連結会計年度減少            当連結会計年度末
                  株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式

       普通株式               315,101              -           -         315,101

         合計              315,101              -           -         315,101

         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                 新株予約権の目的となる株式の数(株)

                        新株予約権の                               当連結会計
       区分      新株予約権の内訳           目的となる株                               年度末残高
                               当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                         式の種類                               (千円)
                                年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社      ストック・オプション
                          -       -      -      -      -       1,440
      (親会社)      としての新株予約権
             合計             -       -      -      -      -       1,440
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                                   1株当たり
                         配当金の総額
                                    配当額
     (決議)           株式の種類                            基準日         効力発生日
                          (千円)
                                    (円)
      平成29年9月7日
                普通株式            1,573,299          4,993    平成29年8月31日          平成29年9月8日
        取締役会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                     1株当たり
                       配当金の総額
                                      配当額
     (決議)           株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                        (千円)
                                      (円)
      平成30年5月25日
                普通株式         399,863     利益剰余金          1,269   平成30年2月28日         平成30年5月31日
       定時株主総会
                                  91/167




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成28年6月8日                 (自 平成29年3月1日
                              至 平成29年2月28日)                 至 平成30年2月28日)
         現金及び預金勘定                            2,610,233千円                 1,984,811千円
         預入期間が3か月を超える定期預金                               -                 -
                                    2,610,233                 1,984,811
         現金及び現金同等物
         ※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

           前連結会計年度 (自 平成28年6月8日 至 平成29年2月28日)
           株式の取得により新たに株式会社ナルミヤ・インターナショ                             ナル(   旧ナルミヤ①      )を連結したことに伴う
          連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株式の取得価額と取得のための支出(純増)との関係は次のとおり
          であります。
                                        当連結会計年度
                                      (自 平成28年6月8日
                                       至 平成29年2月28日)
                                               7,585,871千円
         流動資産
                                               2,221,974
         固定資産
                                               3,559,292
         のれん
         流動負債                                     △3,277,390
         固定負債
                                               △764,341
         株式会社ナルミヤ・インターナショナル
                                               9,325,405
         ( 旧ナルミヤ①      )株式の取得価額
                                                  △
         株式会社ナルミヤ・インターナショナル
                                                760,735
         ( 旧ナルミヤ①      )の現金及び現金同等物
         差引:株式会社ナルミヤ・インターナショナル
                                               8,564,670
         ( 旧ナルミヤ①      )取得のための支出
           当連結会計年度 (自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

           該当事項はありません。
                                  92/167










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (リース取引関係)
        前連結会計年度(自           平成28年6月8日 至 平成29年2月28日                    )
        (借主側)
         1.ファイナンス・リース取引
           所有権移転外ファイナンス・リース取引
           ① リース資産の内容
              有形固定資産
               主として、売場設備(建物附属設備)であります。
           ② リース資産の減価償却の方法

              連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却
             資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
         2.オペレーティング・リース取引

           該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

        (借主側)
         1.ファイナンス・リース取引
           所有権移転外ファイナンス・リース取引
           ① リース資産の内容
              有形固定資産
               主として、売場設備(建物附属設備)であります。
           ② リース資産の減価償却の方法

              連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却
             資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
         2.オペレーティング・リース取引

           該当事項はありません。
                                  93/167










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
        前連結会計年度(自           平成28年6月8日 至 平成29年2月28日                    )
         1.金融商品の状況に関する事項
          (1)金融商品に対する取組方針
            当社グループは、事業計画に照らして、主に銀行借入により必要な資金調達をしております。一時的な
           余資は、流動性が高くかつ安全性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調
           達しております。なお、デリバティブ取引は行っておりません。
          ( 2)金融商品の内容及び当該商品に係るリスク

            営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
            投資有価証券は主に業務上の関係を有する上場企業の株式であり、市場価格等の変動リスクに晒されて
           おります。
            差入保証金は、主に直営店舗の出店に伴う差入保証金であり、差入先の信用リスクに晒されておりま
           す。
            営業債務である買掛金は、120日以内の支払期日であります。その一部には、商品等の輸入に伴う外貨建
           てのものがあり、為替の変動リスクに晒されております。
            ファイナンス・リース取引に係るリース債務及び長期借入金は、主に直営店舗の内装設備工事等の資金
           の調達を目的としたものであります。なお、長期借入金は、変動金利であるため金利の変動リスクに晒さ
           れております。
          ( 3)金融商品に係るリスク管理体制

           ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              当社グループは、与信管理規程に従い、営業債権について与信限度額を設定し、担当部門と経理部門
             が連携して取引先ごとの残高及び回収状況について管理することで、回収懸念の早期把握や軽減を図っ
             ております。
           ② 市場リスクの管理
              当社グループは、投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把
             握しております。
           ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
              当社   グループ    は、各部署からの報告に基づいて経理部が毎月資金繰計画を作成・更新及び取締役会へ
             の報告を行うともに、一定の流動性預金額を維持するなど流動性リスクを管理しております。
          ( 4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

            金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格のない場合には合理的に算定された価額
           が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
           用することにより、当該価額が変動することがあります。
         2.金融商品の時価等に関する事項

           連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
          ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません。((注)2参照)
                     連結貸借対照表計上額
                                     時価(千円)              差額(千円)
                        (千円)
      (1)現金及び預金                      2,610,233              2,610,233                 -

      (2)受取手形及び売掛金                      1,941,645              1,941,645                 -
      (3)投資有価証券                       30,922              30,922                -

      (4)差入保証金(*1)                      1,116,073              1,116,073                 -
       資産計                     5,698,876              5,698,876                 -

      (1)買掛金                      1,920,928              1,920,928                 -

      (2)リース債務(*2)                       829,393              811,797             △17,595
      (3)長期借入金(*3)                      4,860,000              4,716,289              △143,710
       負債計                     7,610,321              7,449,015              △161,306

      (*1)連結貸借対照表計上額との差額は、資産除去債務相当額262,507千円であります。
                                  94/167


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (*2)1年内返済予定のリース債務を含めております。
      (*3)1年内返済予定の長期借入金を含めております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

           資 産
           (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
           ます。
           (3)投資有価証券
            投資有価証券の時価について、株式は取引所の価格によっております。
           (4)差入保証金
            差入保証金の時価は、将来キャッシュ・フロー(資産除去債務相当額控除前)を、期末日直近の国債の利
           回り(ゼロを下限とする)で割り引いた現在価値により算出しております。その結果、時価と当該帳簿価額
           との間に差額は発生しておりません。
           負 債

           (1)買掛金
            買掛金は短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
           ます。
           (2)リース債務、(3)長期借入金
            これらの時価は、元利金の合計額を、同様の新規リース取引又は借入を行った場合に想定される利率で割
           り引いた現在価値により算定しております。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                     (単位:千円)
                                当連結会計年度

                 区分
                               (平成29年2月28日)
          非上場株式                              12,489

           上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投資有
          価証券」には含めておりません。
         3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                      1年以内         1年超5年以内          5年超10年以内             10年超
                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
      現金及び預金                 2,610,233              -          -          -

      受取手形及び売掛金                 1,941,645              -          -          -
           合計            4,551,879              -          -          -

         4.長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

               1年以内      1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内          5年超
               (千円)        (千円)        (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
      長期借入金          300,000        300,000        300,000        300,000       3,660,000            -
      リース債務          270,185        232,145        182,513        118,570        25,977          -

        合計        570,185        532,145        482,513        418,570       3,685,977            -

                                  95/167




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当連結会計年度(自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)
         1.金融商品の状況に関する事項
          ( 1)金融商品に対する取組方針
            当社グループは、事業計画に照らして、主に銀行借入により必要な資金調達をしております。一時的な
           余資は、流動性が高くかつ安全性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調
           達しております。なお、デリバティブ取引は行っておりません。
          ( 2)金融商品の内容及び当該商品に係るリスク

            営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
            投資有価証券は主に業務上の関係を有する上場企業の株式であり、市場価格等の変動リスクに晒されて
           おります。
            差入保証金は、主に直営店舗の出店に伴う差入保証金であり、差入先の信用リスクに晒されておりま
           す。
            営業債務である買掛金は、120日以内の支払期日であります。その一部には、商品等の輸入に伴う外貨建
           てのものがあり、為替の変動リスクに晒されております。
            ファイナンス・リース取引に係るリース債務及び長期借入金は、主に直営店舗の内装設備工事等の資金
           の調達を目的としたものであります。なお、長期借入金は、変動金利であるため金利の変動リスクに晒さ
           れております。
          ( 3)金融商品に係るリスク管理体制

           ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              当社グループは、与信管理規程に従い、営業債権について与信限度額を設定し、担当部門と経理部門
             が連携して取引先ごとの残高及び回収状況について管理することで、回収懸念の早期把握や軽減を図っ
             ております。
           ② 市場リスクの管理
              当社グループは、投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把
             握しております。
           ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
              当社   グループ    は、各部署からの報告に基づいて経理部が毎月資金繰計画を作成・更新及び取締役会へ
             の報告を行うともに、一定の流動性預金額を維持するなど流動性リスクを管理しております。
          ( 4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

            金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格のない場合には合理的に算定された価額
           が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
           用することにより、当該価額が変動することがあります。
         2.金融商品の時価等に関する事項

           連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
          ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません。((注)2参照)
                     連結貸借対照表計上額
                                     時価(千円)              差額(千円)
                        (千円)
      (1)現金及び預金                      1,984,811              1,984,811                 -

      (2)受取手形及び売掛金                      2,131,234              2,131,234                 -
      (3)投資有価証券                       31,937              31,937                -

      (4)差入保証金(*1)                      1,277,915              1,277,915                 -

       資産計                     5,425,898              5,425,898                 -

      (1)買掛金                      2,559,229              2,559,229                 -

      (2)リース債務(*2)                       933,496              912,244             △21,252
      (3)長期借入金(*3)                      5,200,000              5,200,091                 91
       負債計                     8,692,726              8,671,565              △21,160

      (*1)連結貸借対照表計上額との差額は、資産除去債務相当額322,228千円であります。
      (*2)1年内返済予定のリース債務を含めております。
                                  96/167


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (*3)1年内返済予定の長期借入金を含めております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

           資 産
           (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
           ます。
           (3)投資有価証券
            投資有価証券の時価について、株式は取引所の価格によっております。
           (4)差入保証金
            差入保証金の時価は、将来キャッシュ・フロー(資産除去債務相当額控除前)を、期末日直近の国債の利
           回り(ゼロを下       限とする)で割り引いた現在価値により算出しております。その結果、時価と当該帳簿価額
           との間に差額は発生しておりません。
           負 債

           (1)買掛金
            買掛金は短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
           ます。
           (2)リース債務、(3)長期借入金
            これらの時価は、元利金の合計額を、同様の新規リース取引又は借入を行った場合に想定される利率で割
           り引いた現在価値により算定しております。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                     (単位:千円)
                                当連結会計年度

                 区分
                               (平成30年2月28日)
          非上場株式                              12,489

           上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投資有
          価証券」には含めておりません。
         3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                      1年以内         1年超5年以内          5年超10年以内             10年超
                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
      現金及び預金                 1,984,811              -          -          -

      受取手形及び売掛金                 2,131,234              -          -          -
           合計            4,116,046              -          -          -

         4.長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

               1年以内      1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内          5年超
               (千円)        (千円)        (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
                425,000        450,000
      長期借入金                          475,000        500,000       3,350,000            -
      リース債務          311,966        267,089        206,729        117,667        30,043          -

                736,966

        合計                717,089        681,729        617,667       3,380,043            -
                                  97/167





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (有価証券関係)
        前連結会計年度(平成29年2月28日)
         その他有価証券
                              連結貸借対照表計上額
                                         取得原価(千円)           差額(千円)
                       種類
                                 (千円)
                                     16,264          11,294          4,970
                    株式
     連結貸借対照表計上額が取得
     原価を超えるもの
                                     16,264          11,294          4,970
                       小計
                                     14,658          14,658            -
                    株式
     連結貸借対照表計上額が取得
     原価を超えないもの
                                     14,658          14,658            -
                       小計
                                     30,922          25,952          4,970
                合計
      (注)非連結子会社株式(連結貸借対照表計上額12,489千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
         と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
        当連結会計年度(平成30年2月28日)

         その他有価証券
                              連結貸借対照表計上額
                       種類                  取得原価(千円)           差額(千円)
                                 (千円)
                                     31,937          27,269          4,667
                    株式
     連結貸借対照表計上額が取得
     原価を超えるもの
                                     31,937          27,269          4,667
                       小計
                                       -          -          -
                    株式
     連結貸借対照表計上額が取得
     原価を超えないもの
                                       -          -          -
                       小計
                                     31,937          27,269          4,667
                合計
      (注)非連結子会社株式(連結貸借対照表計上額12,489千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
         と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
       (デリバティブ取引関係)

        前連結会計年度(平成29年2月28日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(平成30年2月28日)

         該当事項はありません。
                                  98/167









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (退職給付関係)
        前連結会計年度(自           平成28年6月8日 至 平成29年2月28日                    )
         1.採用している退職給付制度の概要
           当社グループは、非積立型の確定給付制度及び                      確定拠出年金制度を採用しております。
         2.確定給付制度

          (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                    当連結会計年度
                                  (自 平成28年6月8日
                                   至 平成29年2月28日)
           退職給付債務の期首残高                                  -千円
            勤務費用                               13,920
            利息費用                                580
            数理計算上の差異の発生額                               5,228
            退職給付の支払額                              △7,770
            合併による増加                              188,448
           退職給付債務の期末残高                               200,407
          (2)退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                    当連結会計年度
                                   (平成29年2月28日)
           非積立型制度の退職給付債務                               200,407千円
           連結貸借対照表に計上された負債と資産の
                                          200,407
           純額
           退職給付に係る負債                               200,407

           連結貸借対照表に計上された負債と資産の
                                          200,407
           純額
          (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                    当連結会計年度
                                  (自 平成28年6月8日
                                   至 平成29年2月28日)
           勤務費用                                13,920千円
           利息費用                                  580
           数理計算上の差異の費用処理額                                5,645
           確定給付制度に係る退職給付費用                                20,146
          (4)退職給付に係る調整額

            退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                    当連結会計年度
                                  (自 平成28年6月8日
                                   至 平成29年2月28日)
           数理計算上の差異                                  416千円
            合計                                416
          (5)退職給付に係る調整累計額

            退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                    当連結会計年度
                                   (平成29年2月28日)
           未認識数理計算上の差異                               △2,402千円
            合計                              △2,402
                                  99/167



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (6)数理計算上の計算基礎に関する事項
            主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                    当連結会計年度
                                   (平成29年2月28日)
           割引率                                  0.79%
           予想昇給率                                  1.37
         3.確定拠出制度

           連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、当連結会計年度11,933千円であります。
        当連結会計年度       (自 平成29年3月1日 至 平成30年2月28日)

         1.採用している退職給付制度の概要
           当社グループは、非積立型の確定給付制度及び                      確定拠出年金制度を採用しております。
         2.確定給付制度

          (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                    当連結会計年度
                                  (自 平成29年3月1日
                                   至 平成30年2月28日)
           退職給付債務の期首残高                               200,407千円
            勤務費用                               39,049
            利息費用                               1,583
            数理計算上の差異の発生額                              △10,922
            退職給付の支払額                              △15,388
           退職給付債務の期末残高                               214,729
          (2)退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                    当連結会計年度
                                   (平成30年2月28日)
           非積立型制度の退職給付債務                               214,729千円
           連結貸借対照表に計上された負債と資産の
                                          214,729
           純額
           退職給付に係る負債                               214,729

           連結貸借対照表に計上された負債と資産の
                                          214,729
           純額
          (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                    当連結会計年度
                                  (自 平成29年3月1日
                                   至 平成30年2月28日)
           勤務費用                                39,049千円
           利息費用                                1,583
           数理計算上の差異の費用処理額                                  383
           確定給付制度に係る退職給付費用                                41,016
          (4)退職給付に係る調整額

            退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                    当連結会計年度
                                  (自 平成29年3月1日
                                   至 平成30年2月28日)
           数理計算上の差異                                11,306千円
            合計                               11,306
                                100/167


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (5)退職給付に係る調整累計額
            退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                    当連結会計年度
                                   (平成30年2月28日)
           未認識数理計算上の差異                                8,835千円
            合計                               8,835
          (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

            主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                    当連結会計年度
                                   (平成30年2月28日)
           割引率                                  0.79%
           予想昇給率                                  1.37
         3.確定拠出制度

           連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、当連結会計年度31,698千円であります。
                                101/167















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社ナルミヤ・インターナショナル(E34249)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (ストック・オプション等関係)
        前連結会計年度(自           平成28年6月8日 至 平成29年2月28日                    )
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           平成29年3月1日 至 平成30年2月28日                    )

         1.ストック・オプションに係る当連結会計年度における費用計上額及び科目名
           該当事項はありません。
         2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
          (1)ストック・オプションの内容
                                        第1回新株予約権
                            子会社取締役  2名
         付与対象者の区分及び人数
                            子会社従業員  20名
         株式の種類別のストック・オプショ
                            普通株式  7,200株
         ンの数(注)
         付与日                   平成29年3月10日
                            (1)  新株予約権の割り当てを受けた者(以下「新株予約権者」とす
                              る。)は、新株予約権の割当日から行使期間の満了日までにおい
                              て、以下に定める事由のいずれかが生じた場合には、未行使の全
                              ての新株予約権を行使する