日本国土開発株式会社 訂正半期報告書 第89期(平成29年6月1日-平成30年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正半期報告書-第89期(平成29年6月1日-平成30年5月31日)

提出日:

提出者:日本国土開発株式会社

カテゴリ:訂正半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       【表紙】

       【提出書類】                     半期報告書の訂正報告書

       【提出先】                     関東財務局長

       【提出日】                     平成30年7月31日

       【中間会計期間】                     第89期中(自 平成29年6月1日 至 平成29年11月30日)

       【会社名】                     日本国土開発株式会社

       【英訳名】                     JDC  CORPORATION

       【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長            朝 倉 健 夫

       【本店の所在の場所】                     東京都港区赤坂四丁目9番9号

       【電話番号】                     03(3403)3311(大代表)

       【事務連絡者氏名】                     管理本部経理部長             大 鹽      岳

       【最寄りの連絡場所】                     東京都港区赤坂四丁目9番9号

       【電話番号】                     03(3403)3311(大代表)

       【事務連絡者氏名】                     管理本部経理部長  大 鹽                岳

       【縦覧に供する場所】                     日本国土開発株式会社            横浜支店

                             (横浜市中区花咲町二丁目65番地の6)

                            日本国土開発株式会社            名古屋支店

                             (名古屋市東区白壁一丁目45番地)

                            日本国土開発株式会社            大阪支店

                             (大阪市淀川区西中島五丁目5番15号)

                                  1/71






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       1  【半期報告書の訂正報告書の提出理由】

         今般、当社の平成29年5月期決算におきまして、法人税、住民税及び事業税の計上方法並びに税効果会計の会計処
        理に誤りがあることが判明したことから、過去に提出いたしました半期報告書に記載されている中間連結財務諸表及
        び中間財務諸表に含まれる一連の誤謬を訂正することといたしました。
         これらの決算訂正により、当社が平成30年2月26日に提出いたしました第89期中(自 平成29年6月1日 至 平
        成29年11月30日)に係る半期報告書の一部を訂正する必要が生じましたので、金融商品取引法第24条の5第5項の規
        定に基づき、半期報告書の訂正報告書を提出するものであります。
       2  【訂正事項】

        第一部 企業情報
         第1 企業の概況
          1 主要な経営指標等の推移
         第2 事業の状況
          7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
         第5 経理の状況
          1 中間連結財務諸表等
          2 中間財務諸表等
       3  【訂正箇所】

         訂正箇所は       を付して表示しております。
         なお、訂正箇所が多数に及ぶことから、上記の訂正事項については、訂正後のみを記載しております。
                                  2/71












                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       第一部 【企業情報】

       第1 【企業の概況】

       1 【主要な経営指標等の推移】

        (1)  連結経営指標等
              回次           第87期中       第88期中       第89期中        第87期       第88期

                        自 平成27年       自 平成28年       自 平成29年       自 平成27年       自 平成28年
                          6月1日         6月1日         6月1日         6月1日         6月1日
             会計期間
                        至 平成27年       至 平成28年       至 平成29年       至 平成28年       至 平成29年
                          11月30日         11月30日         11月30日         5月31日         5月31日
       売上高            (百万円)        59,976       51,974       61,040       118,875       109,117
       経常利益            (百万円)         2,871       3,394       8,605       5,520       7,224

       親会社株主に帰属する
                   (百万円)         1,970       1,841       5,900       2,871       3,667
       中間(当期)純利益
       中間包括利益又は
                   (百万円)         1,863       2,098       6,846       2,532       4,295
       包括利益
       純資産額            (百万円)        40,429       39,844       45,919       41,099       42,029
       総資産額            (百万円)        95,919       103,421       121,211        91,650       119,241

       1株当たり純資産額             (円)       396.23       481.04       648.58       401.73       509.08

       1株当たり中間(当期)
                    (円)        19.65       19.01       75.14       28.64       41.40
       純利益金額
       潜在株式調整後
       1株当たり             (円)          ―       ―       ―       ―       ―
       中間(当期)純利益金額
       自己資本比率             (%)        41.4       37.3       37.6       43.9       34.2
       営業活動による
                   (百万円)        △8,966         7,212      △5,123         4,240       27,598
       キャッシュ・フロー
       投資活動による
                   (百万円)        △1,123       △3,801       △3,382       △1,384       △11,710
       キャッシュ・フロー
       財務活動による
                   (百万円)         1,389       3,281      △3,333          461      4,014
       キャッシュ・フロー
       現金及び現金同等物
                   (百万円)         8,421       27,889       29,356       20,272       41,149
       の中間期末(期末)残高
       従業員数
                                           997              1,006
       〔ほか、平均臨時             (人)        1,053       1,078               1,087
                                          〔247〕               〔234〕
       雇用人員〕
        (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
           2.潜在株式が存在しないため、「潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額」については記載してお
             りません。
           3.従業員数は、就業人員数を表示しており、前連結会計年度より再雇用社員及び契約社員を含む臨時従業員
             の平均雇用人員を〔外書〕で記載しております。
                                  3/71






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        (2)  提出会社の経営指標等

              回次           第87期中       第88期中       第89期中        第87期       第88期

                       自 平成27年       自 平成28年       自 平成29年       自 平成27年       自 平成28年
                         6月1日         6月1日         6月1日         6月1日         6月1日
             会計期間
                       至 平成27年       至 平成28年       至 平成29年       至 平成28年       至 平成29年
                         11月30日         11月30日         11月30日         5月31日         5月31日
       売上高            (百万円)        56,637       47,724       55,552       110,543       100,108
       経常利益            (百万円)        2,464       2,856       7,933       4,656       6,175

       中間(当期)純利益            (百万円)        1,790       1,597       5,478       2,485       3,262

       資本金            (百万円)        5,012       5,012       5,012       5,012       5,012

       発行済株式総数            (千株)       100,255       100,255       100,255       100,255       100,255

       純資産額            (百万円)        39,202       37,823       43,325       39,726       39,688

       総資産額            (百万円)        86,203       88,749       104,450        81,423       102,972

       1株当たり純資産額             (円)       391.02       471.40       616.68       396.25       494.87

       1株当たり中間(当期)
                    (円)       17.86       16.49       69.78       24.79       36.83
       純利益金額
       潜在株式調整後
       1株当たり             (円)         ―       ―       ―       ―       ―
       中間(当期)純利益金額
       1株当たり配当額             (円)         ―       ―       ―      6.50       7.50
       自己資本比率             (%)        45.5       42.6       41.5       48.8       38.5

       従業員数
                                           872               893
       〔ほか、平均臨時
                    (人)        929       945               958
                                         〔155〕               〔143〕
       雇用人員〕
        (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
           2.平成28年5月期の1株当たり配当額6.50円には、記念配当1.50円を含んでおります。また、平成29年5月
             期の1株当たり配当額7.50円には、特別配当2.50円を含んでおります。
           3.潜在株式が存在しないため、「潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額」については記載して
             おりません。
           4.従業員数は、就業人員数を表示しており、前事業年度より再雇用社員及び契約社員を含む臨時従業員の平
             均雇用人員を〔外書〕で記載しております。
                                  4/71








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       2  【事業の内容】

          当中間連結会計期間において、当社及び当社の関係会社が営んでいる事業の内容に重要な変更はありません。
          なお、当中間連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5                                           経理の状況      1  中間
         連結財務諸表等        (1)中間連結財務諸表          注記事項     (セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
       3  【関係会社の状況】

          当中間連結会計期間において、重要な関係会社の異動はありません。
          なお、当社は平成29年7月31日付で、連結子会社である国土開発工業株式会社の株式を追加取得し、完全子会社
         としております。
       4  【従業員の状況】

        (1)  連結会社における状況
                                                 平成29年11月30日現在
                 セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                         396

         土木事業
                                                         (79)
                                                         464
         建築事業
                                                         (75)
                                                          12
         関連事業
                                                          (1)
                                                         125
         関係会社
                                                         (92)
                                                         997
                    合計
                                                         (247)
         (注)    1.従業員は就業人員(当グループからグループ外への出向者、再雇用社員及び契約社員を除き、グループ
              外から当社グループへの出向者含む)で記載しております。
            2.臨時従業員の年間平均雇用人員を(外書)で記載しております。なお、臨時従業員には再雇用社員及び
              契約社員を含め、月末在籍者数を(6ヶ月)で割り算出しております。
            3.再雇用社員とは、雇用定年を迎えた社員について年限を設けて再度雇用契約を締結した社員を指し、当
              中間連結会計期間末の再雇用社員数は                  126  人となっております。
            4.契約社員とは、1年を超えない期間又は有期プロジェクトごとの事業予定期間に基づいて雇用契約を締
              結しているものであり、当中間連結会計期間末の契約社員数は123人となっております。
            5.当中間連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5                                          経理の状況
              1  中間連結財務諸表等          (1)中間連結財務諸表          注記事項     (セグメント情報等)」に記載のとおりであり
              ます。
                                  5/71







                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        (2)  提出会社の状況

                          平成29年11月30日現在
                                  872
             従業員数(人)
                                  (155)
         (注) 1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者、再雇用社員及び契約社員を除き、社外から当社への出
              向者を含む)で記載しております。
            2.臨時従業員の年間平均雇用人員を(外書)で記載しております。なお、臨時従業員には再雇用社員及び契
              約社員を含め、月末在籍者数を月数(6ヶ月)で割り算出しております。
            3.再雇用社員とは、雇用定年を迎えた社員について年限を設けて再度雇用契約を締結した社員を指し、当
              中間会計期間末の再雇用社員は98人となっております。
            4.契約社員とは、1年を超えない期間または有期プロジェクト毎の事業予定期間に基づいて雇用契約を締
              結しているものであり、当中間会計期間末の契約社員は59人となっております。
        (3)  労働組合の状況

          提出会社及び連結子会社に労働組合はありませんので、労使関係について特記すべき事項はありません。
                                  6/71















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       第2 【事業の状況】

       1 【業績等の概要】

        (1)  業績
          当中間連結会計期間における我が国経済は、地政学的リスクの高まりなど、海外経済の動向には引き続き留意す
         る必要はあるものの、雇用環境や企業業績の改善等を背景に、民間設備投資と個人消費が持ち直すなど、景気は緩
         やかな回復基調にあります。
          建設業界においては公共投資・民間投資共に底堅さを維持し、総じて安定的な収益環境となりましたが、資機材
         価格や労働者不足による労務費の上昇等、引き続き懸念要素も存在しております。
          このような経営環境のもと、当社グループの当中間連結会計期間の業績は、売上高                                       610億40百万円(前年同期比
         17.4%増)、売上総利益            126億21百万円(前年同期比              77.4%増)、営業利益           86億12百万円(前年同期比             145.0%
         増)となりました。また、経常利益                 86億5百万円(前年同期比            153.5%増)、親会社株主に帰属する中間純利益                      59
         億0百万円(前年同期比           220.4%増)となりました。
         セグメント

          当中間連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。以下の前中間連結会計期間との比較につい
         ては、前中間連結会計期間の数値を変更後の区分に組み替えた数値で比較しております。報告セグメントの変更に
         ついては、「第5         経理の状況      1  中間連結財務諸表等          (1)中間連結財務諸表          注記事項     (セグメント情報等)」に
         詳細を記載しております。
          ①土木事業
            土木事業の売上高は          284億83百万円(前年同期比              41.7%増)であり、セグメント利益は                  52億71百万円(前
           年同期比     559.3%増)となりました。
          ②建築事業
            建築事業の売上高は          258億46百万円(前年同期比             2.1%減)であり、セグメント利益は                 23億96百万円(前年
           同期比    16.6%増)となりました。
          ③関連事業
            関連事業の売上高は          11億4百万円(前年同期比             51.7%増)であり、セグメント利益は                  40百万円(前年同期
           比  24.4%減)となりました。
          ④関係会社
            関係会社の売上高は          68億47百万円(前年同期比             27.9%増)であり、セグメント利益は 9億40百万円(前年
           同期比    46.3%増)となりました。
        (2)  キャッシュ・フロー

          営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前中間純利益                               86億50百万円に対し、売上債権の増加                  79億15
         百万円、立替金の増加           29億80百万円、未成工事受入金の減少                  19億65百万円等の支出要因が、未成工事支出金の減
         少  6億67百万円、未収消費税等の減少                 5億41百万円等の収入要因を上回り、51億23百万円の支出超過(前年同期
         は  72億12百万円の収入超過)となりました。
          投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出                                  22億59百万円、投資有価証券の取得に
         よる支出     10億62百万円等により、33億82百万円の支出超過(前年同期は                              38億1百万円の支出超過)となりまし
         た。
          財務活動によるキャッシュ・フローは、長期借入れによる収入                              7億54百万円等に対し、自己株式の取得による
         支出   19億88百万円、長期借入金の返済による支出                      15億8百万円等の支出要因により                 33億33百万円の支出超過
         (前年同期は       32億81百万円の収入超過)となりました。
          以上の結果、現金及び現金同等物の当中間連結会計期間末残高は                                293億56百万円(前年同期比              14億67百万円
         増)となりました。
                                  7/71



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       2  【生産、受注及び販売の状況】

        (1)  受注実績
                          前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                            (百万円)              (百万円)
           セグメントの名称                                         前年同期比(%)
                         (自  平成28年6月1日            (自  平成29年6月1日
                          至  平成28年11月30日)            至  平成29年11月30日)
       土木事業                          26,815              49,119          83.2
       建築事業                          21,160              23,110          9.2
       関連事業                           702             1,037         47.6
       関係会社                          3,951              4,182          5.8
              合計                   52,630              77,450          47.2
         (注) 1.セグメント間取引については、相殺消去しております。
            2.当中間連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。上記の前中間連結会計期間との比
              較については、前中間連結会計期間の数値を変更後の区分に組み替えた数値で比較しております。報告
              セグメントの変更については、「第5                  経理の状況      1  中間連結財務諸表等          (1)中間連結財務諸表          注記
              事項   (セグメント情報等)」に詳細を記載しております。
        (2)  売上実績

                          前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                            (百万円)              (百万円)
           セグメントの名称                                         前年同期比(%)
                         (自  平成28年6月1日            (自  平成29年6月1日
                          至  平成28年11月30日)            至  平成29年11月30日)
       土木事業                          20,101              28,483          41.7
       建築事業                          26,390              25,846         △2.1
       関連事業                           668             1,043         56.0
       関係会社                          4,813              5,667         17.7
              合計                   51,974              61,040          17.4
         (注) 1.売上実績においては、「外部顧客への売上高」について記載しております。
            2.当中間連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。上記の前中間連結会計期間との比
              較については、前中間連結会計期間の数値を変更後の区分に組み替えた数値で比較しております。報告
              セグメントの変更については、「第5                  経理の状況      1  中間連結財務諸表等          (1)中間連結財務諸表          注記
              事項   (セグメント情報等)」に詳細を記載しております。
       なお、当社グループでは生産実績を定義することが困難なため、「生産の状況」は記載しておりません。

                                  8/71








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       なお、参考のため、提出会社個別の事業の状況は次のとおりであります。

       提出会社の受注高(契約高)及び売上高の状況

        (1)  受注高、売上高、及び繰越高

                           期首      期中             期中      期末

                                         計
           期別         種類別       繰越高      受注高             売上高      繰越高
                                       (百万円)
                          (百万円)      (百万円)             (百万円)      (百万円)
                   土木         60,005      26,815      86,820      20,575      66,245

                 建
                 設
                   建築         65,462      21,160      86,622      26,390      60,232
                 事
         前中間会計期間
                 業
       (自 平成28年6月1日              小計       125,467       47,976      173,443       46,966      126,477
       至 平成28年11月30日)
                   開発事業等           69      762      832      758       74
                    合計        125,537       48,738      174,276       47,724      126,551
                   土木         67,584      49,119      116,704       28,483      88,220
                 建
                 設
                   建築         61,159      23,110      84,269      25,846      58,423
                 事
         当中間会計期間
                 業
       (自 平成29年6月1日              小計       128,743       72,230      200,974       54,329      146,644
       至 平成29年11月30日)
                   開発事業等           65     1,216      1,282      1,222        60
                    合計        128,809       73,447      202,256       55,552      146,704
                   土木         60,005      52,183      112,188       44,603      67,584
                 建
                 設
                   建築         65,462      49,648      115,110       53,951      61,159
                 事
          前事業年度
                 業
       (自 平成28年6月1日              小計       125,467      101,831      227,299       98,555      128,743
       至 平成29年5月31日)
                   開発事業等           69     1,548      1,618      1,552        65
                    合計        125,537      103,380      228,917      100,108      128,809
        (注)   1.前事業年度以前に受注したもので、契約の変更により請負金額の増減がある場合は、期中受注高にその増減
            額を含んでおります。従って期中売上高にも係る増減額が含まれております。また、前事業年度以前に外貨
            建で受注したもので、当期中の為替相場の変動により請負金額に変更のあるものについても同様に処理して
            おります。
          2.期中受注高のうち海外工事の割合は前中間会計期間                          2.2%、当中間会計期間           5.9%であります。
                                  9/71








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        (2)  売上高

                                国内             海外
                                                       合計
            期別          区分                                 (B)
                            官公庁       民間       (A)     (A)/(B)
                                                     (百万円)
                           (百万円)      (百万円)      (百万円)        (%)
                        土木     14,816       5,759         -      -    20,575
                     建
                     設
                        建築     2,584      21,947       1,858       7.0     26,390
                     事
          前中間会計期間
                     業
        (自 平成28年6月1日                 小計     17,401      27,706       1,858       4.0     46,966
        至 平成28年11月30日)
                     開発事業等           ▶     753       -      -     758
                      合計      17,405      28,460       1,858       3.9     47,724
                        土木     19,247       9,235         -      -    28,483
                     建
                     設
                        建築     4,189      18,819       2,837       11.0     25,846
                     事
          当中間会計期間
                     業
        (自 平成29年6月1日                 小計     23,437      28,054       2,837       5.2     54,329
        至 平成29年11月30日)
                     開発事業等           8    1,214         -      -    1,222
                      合計      23,445      29,269       2,837       5.1     55,552
        (注)   1.海外工事の国別割合は以下のとおりであります。

                      国名          台湾       シンガポール           計
                  前中間会計期間(%)               61.7         38.3         100
                  当中間会計期間(%)               33.2         66.8         100
          2.完成工事のうち主なものは、次のとおりであります。

             前中間会計期間 請負金額6億円以上の主なもの
               国土交通省 中部地方整備局                平成26年度 東海環状小洞トンネル工事
               国土交通省 関東地方整備局                中部横断下八木沢第2トンネル工事
                               平成27年度南相馬市汚染廃棄物対策地域における被災建物等
               環境省
                               解体撤去等工事(その2)
               野村不動産株式会社                (仮称)宮崎6丁目計画新築工事
               株式会社ザイマックス                (仮称)大阪羽倉崎ホテル改修工事
             当中間会計期間 請負金額6億円以上の主なもの

               環境省                平成28年度中間貯蔵に係る保管場設置等工事(双葉町)
               愛知県                内陸用地造成事業豊田・岡崎地区中工区整地工事
               株式会社日立製作所                さくらソーラー富岡太陽光発電所土木工事
               コープデリ生活協同組合連合会                コープネット新野田流通センター(仮称)新築工事
               三菱地所レジデンス株式会社                ザ・パークハウス新宿御苑新築工事
          3.売上高総額に対する割合が100分の10以上の相手先別の売上高及びその割合は、次のとおりであります。

             前中間会計期間 
                  環境省                  6,926百万円(14.7%)
             当中間会計期間
                  環境省                 11,384百万円(20.5%)
                                 10/71





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        (3)  繰越高(平成29年11月30日現在)

                            国内             海外
                                                   合計
              区分                                     (B)
                         官公庁       民間       (A)     (A)/(B)
                                                 (百万円)
                        (百万円)      (百万円)      (百万円)        (%)
            土木              75,174      13,046         -      -    88,220
        建
        設
            建築              13,225      36,144       9,053       15.5     58,423
        事
        業
             小計               88,399      49,191       9,053       6.2    146,644
          開発事業等                     ▶      56       -      -      60
              合計           88,403      49,247       9,053       6.2    146,704
        (注) 繰越工事のうち請負金額10億円以上の主なもの

                          東京外かく環状道路 東名ジャンクションランプ

         東日本高速道路株式会社                                           2020年6月完成予定
                          シールドトンネル・地中拡幅(南行)工事
                                                    2018年1月         〃
         富士電機株式会社                 苫小牧メガソーラー第一発電所土木工事
                                                    2019年3月         〃
         JFEエンジニアリング株式会社                 岩国市ごみ焼却施設整備運営事業(土木建築工事)
         大和ハウス工業株式会社
                                                    2019年5月         〃
                          常盤町西街区優良建築物等整備事業新築工事
         株式会社スズキビジネス
                                                    2020年3月         〃
         角文株式会社                 刈谷銀座AB地区プロジェクト
       3  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

         当中間連結会計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等に重要な変更はありません。
         また、新たに定めた経営方針・経営戦略等若しくは指標等はありません。
       4  【事業等のリスク】

         当中間連結会計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事
        業等のリスク」について重要な変更はありません。
       5  【経営上の重要な契約等】

         当中間連結会計期間において、経営上の重要な契約等はありません。
                                 11/71









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       6  【研究開発活動】

         当社グループの研究開発は、自動化・省力化など生産性を向上する差別化技術及び現場施工に密着した技術に積極
        的に取り組んでいることが特徴であります。
         当中間連結会計期間の研究開発費は192百万円であり、セグメント別の内訳は土木事業161百万円、建築事業30百万
        円であります。主な研究開発成果は以下のとおりであります。
        (土木事業)

         (1)  ICT(Information          and  Communication       Technology)省力化技術の開発
            省力化、生産性の向上を目的として、ICTの活用を進めております。当期は以下のテーマについて実施し
           ております。
           ①ICTを利用したスクレーパのインテリジェント化
             当社保有技術であるスクレーパのインテリジェント化による重機土工の技術革新を目的として、運搬土量
            管理システムの設計と走行締固め効果の評価を進めております。各種センサーの選定及び現場実証試験を実
            施し、軌跡管理システムのプロトタイプを完了しております。
           ②ICTを活用した土工品質管理
             土工品質管理の自動化・省力化を目的として、品質管理装置を搭載した自律型走行計測台車の設計を進め
            ております。開発はメーカーと共同で進めており、これまでに機械要素、システム仕様の検討及び自律型走
            行試験を完了し、詳細設計を進めております。
           ③ICT/CIM(Construction               Information      Modeling)を活用した総合的土工管理手法の開発
             土工現場における測量、設計、施工計画及び施工、維持管理に至るすべてのプロセスにおいて、ICT/C
            IMを全面活用したきめ細かい管理手法の確立を目指しております。3次元モデルにより工事段階中に刻々
            と変化する現場状況を予測・再現することで、多発、巨大化する台風・豪雨時等の土砂災害リスクをタイム
            リーかつ適切に評価し、仮設防災計画・対策に直ちに反映させることで、現場内及び周辺地域の安心安全度
            の向上を図ります。また、CIM要求事項に対し、システムの導入及び3Dモデルの作成を完了しておりま
            す。
         (2)  回転式破砕混合工法(ツイスター工法)の高度化

            当社保有技術である回転式破砕混合工法について、施工の効率化、独自技術の開発を目標に以下の課題を挙
           げ、取り組んでおります。
           ①シールド残土処理対応
             大型シールド工事の残土処理を対象としたプラント組込型ツイスターの実用化を目的として、ツイスター
            の時間処理量拡大に向けた開発を行っております。当期は、試験機による能力試験を実施し、従来型のツイ
            スターと同等の品質で処理能力向上が図れることを確認し、現在は実用化に向けた検討・調整を行っており
            ます。
           ②不良土改良技術
             競争力向上のための差別化技術の開発を目的として、不良土の改良に伴う品質管理手法,および添加材料
            を用いた独自改良手法の検討を行っております。現在は、河川の堤防補強盛土として製造した改良土の「推
            定モデル(材料評価)」の構築を目指し、品質性能を裏付けるモデル化への検討を行っております。
           ③機能性地盤材料
             再生資材の有効利用技術の開発を目的として、再生資材を活用した建設発生土の性状改善効果に関する検
            討を大学との共同研究で進めております。現在は、長期耐久性について試験・検討を進めております。ま
            た、当期はICT/AI対応を視野に入れた管理システムの開発を目指し、使用材料の土質データにより破
            砕・混合状態を定量的に予測できるシミュレーションについて、大学との共同研究を開始しております。
                                 12/71




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (3)  トンネル・シールド関連技術

            トンネル・シールド関連の施工技術の開発・向上を目的として、関連する施工技術を調査・検証・開発を行
           い、実際に現場へ適用することで効果・問題点を明確にし、施工技術の開発を進めております。また、社員の
           教育活動も実施しており、トンネルに関する技術力向上に成果を上げております。当期は以下の課題を挙げ取
           り組んでおります。
           ①トンネル関連技術
             トンネル切羽崩落事故防止を課題とし、コスト削減及び安全性向上につながる技術の検討に取り組んでお
            ります。
           ②シールド関連技術
             シールドマシンのビット耐摩耗性向上、土量管理の高度化、切羽監視等を課題とし、コスト削減及び安全
            性向上につながる技術の検討に取り組んでおります。
           ③小水力発電関連技術
             小水力発電における小断面トンネル掘削の効率化を課題とし、コスト削減及び安全性向上につながる技術
            の検討に取り組んでおります。
         (4)  コンクリート関連技術

            コンクリート関連技術として以下の課題を挙げ、開発に取り組んでおります。
           ①ADOX工法
             ADOX工法は2液無溶剤型のエポキシ樹脂接着剤を使用した構造物補修・補強工法であります。一般的
            なエポキシ樹脂の施工環境温度が5℃以上であるのに対して、本材料は5℃以下の低温下での施工を可能に
            し、また施工技術の機械化を確立することにより、各種構造物に広く採用されております。
             本材料のひとつは、技術名称「寒冷地用エポキシ樹脂コンクリート補修材ADOX1380W」として、NE
            TIS(国土交通省の新技術情報提供システム)に登録済でありますが、加えて、平成28年12月に新材料とし
            て、技術名称「寒冷地用軟質系エポキシ樹脂コンクリート補修材コンクレッシブ1510Ⅱ」のNETIS登録
            を完了しました。これらの材料は、平成24年10月から平成28年3月までの期間で実施された、国立研究開発
            法人土木研究所寒地土木研究所のほかに当社を含む材料メーカー6社との共同研究「コンクリートのひび割
            れ注入・充填後の品質評価及び耐久性に関する研究」の試験材料に取り挙げられております。なお、本共同
            研究は追加試験等の実施により、平成33年3月まで延長されております。
             新たな市場として、道路橋コンクリート床版の耐久性向上に取り組んでおり、「ADOX床版防水工法」
            として、寒冷地である北海道等の北日本を中心に、更に近畿地方においても採用が増えております。また、
            昨年度に引き続き、樹脂系あと施工アンカーへの適用として、太陽光発電関連の工事等で採用が増えており
            ます。更なる市場開拓として、5℃以下で施工ができる特長を生かした新製品・新工法の開発や、繊維シー
            ト補強への適用を目指した取り組みも継続しております。
           ②リニューアル技術
             当社技術である機能性吸着材とADOXのエポキシ樹脂コンクリート補修製品を混和した、塩分吸着性能
            および防錆性能を有するハイブリッドエポキシ樹脂製品の開発を行っております。その基本性能について
            は、これまでの基礎試験結果から確認されており、平成29年5月には、技術名称「ハイブリッドエポキシ樹
            脂」として、新材料のNETIS登録を完了しております。ひび割れ注入工法や他工法への適用を目的とし
            た検証試験を実施するにあたり、コンクリート材料やエポキシ樹脂に関する研究実績を持つ大学との共同研
            究を継続し、また平成29年6月からは、コンクリート構造物のライフサイクルマネジメントを専門分野とす
            る大学との共同研究を開始しております。平成29年10月には、青森県や西日本高速道路株式会社において試
            験施工を実施しております。
                                 13/71




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
           ③高品質コンクリート

             高品質コンクリートを製造するための、施工・品質管理に関する新技術の開発を行っております。当期
            は、スマートセンサを活用したトンネル二次覆工コンクリートの施工・品質管理システムの構築に向け、室
            内試験や施工現場での実証試験を行っております。コンクリートの品質に大きな影響を及ぼす養生方法につ
            いて、当社が開発したLHTシート(保湿・保温養生シート)の更なる機能向上を目指し、現場実証実験を
            行っております。また、コンクリート表層品質の改善を目的とした型枠設置タイプの養生シートの開発を始
            めております。
         (5)  土質・地盤改良技術

            土質・地盤改良技術として以下の課題を挙げ、開発に取り組んでおります。
           ①処分場技術の高度化・合理化
             一般廃棄物や産業廃棄物の処分場、放射性廃棄物の埋設施設に活用可能な技術として、降雨浸透抑制型覆
            土(キャピラリーバリア)とベントナイトを用いた遮水ライナーの研究開発を継続しております。
            キャピラリーバリアについては、その設計精度の向上を目的に、上部覆土の性能について調査を行っており
            ます。そのため、自然環境下における上部覆土の性能変化を調査するために、施工済みの上部覆土の性能を
            調査しております。また、長期間の降雨浸透抑制効果を把握するために、屋外の実規模土槽を用いた実証試
            験施設にて、平成12年から現位置試験、データの取得を継続しております。
             遮水ライナーについては、施工上、有利となるCa型ベントナイトを用いた遮水土を製造することを目的
            に、実規模を想定した混合機による遮水土の製造試験を進めております。
           ②石炭灰有効利用
             東日本大震災により被災したインフラの復旧や沈下地盤の復旧、防潮堤や防災緑地等の津波多重防御の構
            築等に大量の土砂が必要となり、その代替品として石炭灰混合材料の有効活用が期待されております。
             当社では、沖縄電力株式会社と開発してきた頑丈土破砕材の技術をベースとして、配合範囲の拡大や処分
            場に堆積している既成灰の利用によって、石炭灰混合材料を大量・安定的に提供すべく技術開発を進めて参
            りました。その結果、福島県にある火力発電所でこの技術が採用され、石炭灰混合材料が製造販売されてお
            ります。当期は、土砂よりも高品質な砕石代替材として使用できる石炭灰混合材料の製造を目標として、そ
            の配合や製造方法の検討、製品の物性確認等を進めております。本技術は連結子会社である福島エコクリー
            ト株式会社の事業化を目的としたものであり、本研究成果を反映した製造プラントが完成し、実機による実
            証に移行しております。
           ③地盤改良技術の高度化
             動圧密工法は、埋立地や盛土の支持力増強や液状化対策工法として国内外で豊富な施工実績を有しており
            ますが、特に海外での技術競争力強化のためICTを活用した施工・品質管理の高度化、省人化を進めてお
            ります。
             事前混合処理工法(PREM工法)は、当社が開発した砂を対象にした液状化対策工法でありますが、近
            年は浚渫土、岸壁背面の掘削土等のリサイクル活用が主となっており、粘性土から礫質土にわたる多様な材
            料を回転式破砕混合機で改良する事例が増えてきております。そこで、多様な材料にも適用できる配合試験
            方法の見直しが必要であり、そのための基礎データを取得しております。
           ④土壌・水質改良
             工場跡地の土壌汚染対策のほか、大型プロジェクト等で課題となっている自然由来の汚染土への対応技術
            の開発を進めております。新規不溶化材の開発や現場で実施できる簡易分析技術の確立、汚染土のトリータ
            ビリティ試験等を行っております。自然由来汚染土の不溶化技術は大学と共同で開発しております。
         (6)  機能性吸着材

            環境、医薬、触媒、各種添加剤等への用途開発を目的に、機能性吸着材の技術開発を実施しております。こ
           れまでに基本性能の把握、製造加工技術等の研究開発を実施し、更に、高度水処理システム、井戸水砒素処理
           技術等の環境分野、各種添加剤、脱臭剤等への用途開発を進めております。
                                 14/71



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        (建築事業)

         (1)  マンション工事の省力化施工による競争力強化
            主にマンション工事の競争力強化を目的とし、工程・工法・省力化に関して検証を実施しながら、全国展開
           を図っております。
           ①工程検証
             マンション工事現場を中心とし、躯体工程サイクルの確認検証を、A積算時・B現場着工時・C実施工程
            の三段階で検証しております。検証結果を環境・工法・技術・職人・検査等の項目で確認し、汎用性のある
            良い点を中心に展開し、工期短縮につなげ、生産性の向上を目指しております。
           ②省力化・工業化の検証
             PC化・先組工法・大型パネル工法・既製品利用等の有効性を検証し、設計段階からの取組みを実施し
            て、生産性の向上に取り組んでおります。
             意匠や構造上複雑な部分に関し、PC化を図り、現場在来施工の手間を省くことにより、労務不足や現場
            環境変化に対する影響を軽減し、工程の短縮及び安定化を図っております。また、大阪市の超高層マンショ
            ン現場ではPC工事の複雑な部分は事前にモックアップを作成及び検証し、要求された品質が確保されてい
            ることを確認しました。この事により、現場のクリティカルパスを安定させることができました。
             設計施工物件においては、入手段階より設計部と協議を開始し、生産性向上を目指しております。
         (2)  生産性向上技術

           ①CFT造(コンクリート充填鋼管構造)技術
             鋼管とコンクリートを組み合わせた複合構造により、型枠や鉄筋施工を削減し、工期短縮できるCFT造
            の施工技術ランクを取得しております。更に適用範囲拡大のための、コンクリート強度70N/mm2とした実験を
            実施し、更に高難度の施工技術ランクを取得しました。今後、都市部のホテル案件にて適用する予定であ
            り、実施物件として高層建物や商業施設等の受注拡大を図っております。
           ②柱RC造・梁S造(混合構造)技術
             RC造とS造の長所を活かし、柱梁接合部を単純化することで、建物の大スパン化、省力化、工期短縮、
            低コスト化する技術開発に取り組んでおります。前期においては自社研究施設にて接合部の構造実験を実施
            し、第三者機関への審査申請を行った結果、平成29年3月末に第三者機関である一般財団法人ベターリビン
            グの一般評定を取得しました。これにより本技術による設計施工が可能となり、主に物流センターなど大ス
            パン構造物の受注拡大を目指しております。
           ③IT活用技術
             BIM(Building         Information      Modeling)の設計、施工への活用を進め、建設プロセスにおける品質や性
            能の向上、省力化を図っております。また、施工現場における業務効率を改善し、質の高い施工管理を目指
            すなど、建築技術と情報技術の融合化を推進しております。
         (3)  施工品質向上技術

           ①環境負荷低減コンクリート
             石炭火力発電所の副産物である石炭灰を加熱改質したコンクリート混和材(CfFA)を活用した技術開
            発を推進し、コンクリート構造物の高耐久化や長寿命化及び資源の有効活用やCO                                       削減を図っております。
                                                  2
            本技術開発は、大学と共同研究で取り組んでおり、実用化の第一歩として、免震住宅の基礎部分に試験的に
            適用しております。
           ②コンクリート品質向上技術
             充填センサーや透明型枠を利用したコンクリート打設管理、スマートセンサ型枠によるコンクリート強度
            の推定、LHTシートによるコンクリートの保温・保湿養生、高強度・高流動コンクリートの実機試験等を
            通じて高品質なコンクリート技術の確立に取り組んでおります。
                                 15/71




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (4)  免震・振動技術

           ①低床免震システム
             仕上高さ200mm、メンテナンスフリーで高性能な「低床免震システム」は、消防署の通信指令室やエネル
            ギー関連の監視制御室、先端技術による微細加工装置など、地震に対して最高レベルの安全性が要求される
            用途で、多くの導入実績をあげております。また、本免震システムの安全性、有効性の証明として、第三者
            機関である一般財団法人日本建築センターにて国内初となる一般評定を取得済みであります。
           ②長周期地震・大変位対応の免震装置
             長周期・長時間地震動などの想定以上の大きな揺れに対応できる免震装置を大手機械メーカーである株式
            会社不二越と共同で開発を進めております。装置を小型化、高性能化することで、これまで対応が困難な場
            所での適用拡大、安全余裕度の向上を目指しております。
         (5)  建物再生技術

            スクラップ&ビルドの時代が終わり、資産の有効活用が注目される中、地震対策技術をベースに低コスト、
           資産価値向上の実現を図るソリューション技術「DRESS」を展開しております。建物・耐震診断をはじ
           め、耐震補強、内外装設備のリニューアル・リノベーション技術の研究開発に取り組んでおります。
            特に的確な診断が求められる躯体調査では、直径20mmの小さなサンプルでコンクリートの劣化度・強度を判
           定できる「ソフトコアリング」や耐震補強工事で無振動、無粉塵、無騒音を可能にする接着ブレース工法や炭
           素繊維補強工法など、建物の状況や条件に合わせた建物再生技術の充実化を図っております。
         (6)  省エネルギー・最適環境技術

            持続可能な循環型社会に適した建築物を目指し、省エネルギーや長寿命化など設備・環境技術の開発に取り
           組んでおります。特に省エネ・環境診断で、赤外線カメラを利用した結露測定や気流・温熱解析ソフトによる
           室内環境の見える化(定量的評価手法)は、既存建物の環境条件をより的確に検証できる技術で、様々な用途
           分野の活用が期待されております。また、食品工場エンジニアリングではグローバルスタンダードであるFS
           SC22000等の規格・認証に対応するため、建設の観点から異物混入や虫の侵入、カビの発生等を防ぐサニテー
           ション技術を整備し、食品工場における安全衛生環境の実現を追求しております。
         (7)  タブレットを活用した現場支援システムの実用化

            タブレットを現場施工管理に活用する事により、業務の効率化・省力化・ペーパーレス化を図っておりま
           す。また、労働時間の短縮及び、出来高生産性の向上を目指しております。
            タブレットの利用目的は、配筋検査及び写真・仕上げ検査及び写真・各種工程内検査及び写真・簡易連絡メ
           モ、各種会議対応を主目的としており、当社向けのカスタマイズを行っております。
            現在、数現場で試用中でありますが、この期間で現場社員の利便性・システムの内容や改良・ハード面の整
           備等を確認しており、平成30年6月からの全国の現場に対する展開・普及を目指し取り組んでおります。
        (関連事業)

            該当事項はありません。
        (関係会社)

            福島エコクリート株式会社
            ①石炭灰混合材料の市場競争力強化を目的に、大学と連携して、環境安全性の早期判定手法を確立すると
             と もに、既存の石炭灰に関する情報のデータベース構築を進めております。
            ②石炭灰混合材料の製品製造時における、製造プロセスのITシステム化の検討を開始しており、汎用性の
             ある生産管理システムの構築を進めております。
            ③石炭灰混合材料の使用用途拡大の検討を進めております。
                                 16/71



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         (1)経営成績の分析
          当中間連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。以下の前中間連結会計期間との比較につい
         ては、前中間連結会計期間の数値を変更後の区分に組み替えた数値で比較しております。報告セグメントの変更に
         ついては、「第5         経理の状況      1  中間連結財務諸表等          (1)中間連結財務諸表          注記事項     (セグメント情報等)」に詳
         細を記載しております。
          ①売上高
           当中間連結会計期間の売上高は、610億40百万円(前年同期比                             17.4%増)となりました。
           セグメント別の売上高は土木事業が                 284億83百万円(前年同期比             41.7%増)、建築事業が           258億46百万円(前
          年同期比     2.1%減)、関連事業が           11億4百万円(前年同期比            51.7%増)、関係会社が           68億47百万円(前年同期比
          27.9%増)となりました。
          ②売上総利益
           当中間連結会計期間の売上総利益は、126億21百万円(前年同期比                               77.4%増)となりました。
          ③営業利益
           当中間連結会計期間の営業利益は、86億12百万円(前年同期比                             145.0%増)となりました。
           セグメント別では、土木事業が               52億71百万円(前年同期比             559.3%増)、建築事業が            23億96百万円(前年同
          期比   16.6%増)、関連事業が            40百万円(前年同期比           24.4%減)、関係会社が            9億40百万円(前年同期比             46.3%
          増)の各セグメント利益となりました。
          ④経常利益
           当中間連結会計期間の経常利益は、86億5百万円(前年同期比                             153.5%増)となりました。
          ⑤親会社株主に帰属する中間純利益
           当中間連結会計期間の親会社株主に帰属する中間純利益は、59億0百万円(前年同期比                                        220.4%増)となりまし
          た。
         (2)財政状態の分析
          ①資産の部
           当中間連結会計期間末の流動資産の残高は、                     844億41百万円       で、前連結会計年度末に比べ              23億87百万円      ( 2.8%  )
          減少しております。主なものは、現金預金                    293億56百万円、受取手形・完成工事未収入金等                       377億49百万円、未
          成工事支出金       51億45百万円、       繰延税金資産       31億75百万円      、立替金     58億31百万円であります。
           固定資産の残高は、367億69百万円で、前連結会計年度末に比べ                              43億57百万円(13.4%)増加しております。主
          なものは、有形固定資産            195億92百万円、投資その他の資産                 170億77百万円であります。
           この結果、資産合計は           1,212億11百万円        となり、前連結会計年度末に比べ                19億69百万円      ( 1.7%  )増加しており
          ます。
          ②負債の部
           当中間連結会計期間末の流動負債の残高は、                     621億39百万円       で、前連結会計年度末に比べ              20億36百万円      ( 3.2%  )
          減少  しております。主なものは、支払手形・工事未払金等                          198億26百万円、        未払法人税等       50億50百万円      、未成
          工事受入金      221億48百万円、預り金           87億82百万円であります。
           固定負債の残高は、131億51百万円で、前連結会計年度末に比べ                              1億16百万円(0.9%)増加しております。主な
          ものは、長期借入金          86億14百万円、リース債務             19億56百万円、繰延税金負債              10億71百万円であります。
           この結果、負債合計は           752億91百万円       となり、前連結会計年度末に比べ                19億20百万円      ( 2.5%  ) 減少  しておりま
          す。
          ③純資産の部
           当中間連結会計期間末の純資産の残高は、                    459億19百万円       で、前連結会計年度末に比べ              38億90百万円      ( 9.3%  )増
          加しております。主なものは株主資本                  430億8百万円      であります。また、1株当たり純資産額は、                     648.58円    とな
          りました。
         (3)資本の財源及び資金の流動性についての分析
          ①キャッシュ・フロー
           「第2 事業の状況         1  業績等の概要       (2)キャッシュ・フロー」に記載のとおりであります。
                                 17/71


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       第3   【設備の状況】

       1  【主要な設備の状況】

        (1) 提出会社
          当中間連結会計期間に以下の設備を取得いたしました。
                                              帳簿価額(百万円)

                          セグメント
                事業所名
                                 設備の内容
                (所在地)
                           の名称
                                               有形固定資産
                                        建物・構築物                合計
                                                ・その他
                           土木事業

           つくば未来センター                      研究開発用
                           建築事業                  99       677       777
           (茨城県つくば市)                       施設等
                           関連事業
           (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
             2.帳簿価額の「有形固定資産・その他」は、建設仮勘定であります。
        (2) 国内子会社

          当中間連結会計期間に以下の設備を取得いたしました。
                                              帳簿価額(百万円)

                              セグメント                           従業員数
              会社名          所在地             設備の内容
                               の名称                           (名)
                                            有形固定資産
                                                    合計
                                             ・その他
                                   砕石製造プラント
           福島エコクリート㈱           福島県南相馬市         関係会社                  696      696    11
                                   及び建屋
           (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
             2.帳簿価額の「有形固定資産・その他」は、建設仮勘定であります。
       2  【設備の新設、除却等の計画】

          当中間連結会計期間において、新たに確定した重要な設備の新設の計画は、次のとおりであります。
                   事業所名         セグメント                   資金調達       着手   完了予定

                                        投資予定額
           会社名                       設備の内容
                                        (百万円)
                   (所在地)           の名称                   方法      年月    年月
               マルチテナント型

                                            300
           提出                        賃貸用            自己資金      平成30年    平成32年
               大規模物流センター(仮称)              関連事業
                                           3,600
           会社                       物流施設             等価交換       5月    3月
              (神奈川県愛甲郡愛川町)
           (注)   上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 18/71







                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       第4 【提出会社の状況】

       1 【株式等の状況】

        (1) 【株式の総数等】
         ① 【株式の総数】
                   種類                       発行可能株式総数(株)

                  普通株式                                    300,000,000

                    計                                  300,000,000

         ② 【発行済株式】

                  中間会計期間末           提出日現在        上場金融商品取引所名

          種類       現在発行数(株)           発行数(株)        又は登録認可金融商品                内容
                 (平成29年11月30日)          (平成30年2月26日)             取引業協会名
         普通株式           100,255,000          100,255,000            ―          (注)1,2
           計         100,255,000          100,255,000            ―            ―

        (注)1.単元株式数は1,000株であります。
           2.株式を譲渡により取得するには、取締役会の承認を受けなければならないことを定款に定めております。
        (2)  【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
        (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
        (4)  【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        (5)  【発行済株式総数、資本金等の状況】

                     発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

            年月日         総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                     (千株)       (千株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
       平成29年6月1日~
                        ―    100,255          ―     5,012         ―    14,314
       平成29年11月30日
                                 19/71






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        (6)  【大株主の状況】

                                                 平成29年11月30日現在
                                                        発行済株式
                                                所有株式数       総数に対する
            氏名又は名称                      住所
                                                 (千株)       所有株式数
                                                        の割合(%)
       日本国土開発持株会                 東京都港区赤坂四丁目9番9号                          13,108        13.07
       株式会社ザイマックス                 東京都港区赤坂一丁目1番1号                           5,865        5.85

       株式会社三菱東京UFJ銀行                 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号                           3,500        3.49

       株式会社西京銀行                 山口県周南市平和通一丁目10番2号                           3,500        3.49

       アジア航測株式会社                 東京都新宿区西新宿六丁目14番1号                           3,189        3.18

       前田建設工業株式会社                 東京都千代田区富士見二丁目10番2号                           3,000        2.99

       日本基礎技術株式会社                 大阪府大阪市北区天満一丁目9番14号                           2,900        2.89

       三井住友海上火災保険株式会社                 東京都千代田区神田駿河台三丁目9番地                           2,456        2.45

       東亜道路工業株式会社                 東京都港区六本木七丁目3番7号                           2,195        2.19

       ナイス株式会社                 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央四丁目33番1号                           2,130        2.12

               計                    ―                41,843        41.73

        (注)   1.平成29年11月30日現在の当社株主名簿より記載しております。
          2.発行済株式総数に対する所有株式数の割合は小数点以下第3位を四捨五入しております。
          3.前事業年度末現在主要株主であった株式会社ザイマックスは、当中間会計期間末では主要株主ではなくなっ
            ております。
          4.上記のほか当社所有の自己株式29,998千株(29.92%)があります。
                                 20/71











                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        (7)  【議決権の状況】

         ① 【発行済株式】
                                                 平成29年11月30日現在
              区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
       無議決権株式                        ―          ―          ―

       議決権制限株式(自己株式等)                        ―          ―          ―

       議決権制限株式(その他)                        ―          ―          ―

                        (自己保有株式)
       完全議決権株式(自己株式等)                普通株式                  ―          ―
                           29,998,000
                        普通株式
       完全議決権株式(その他)                                70,254            ―
                           70,254,000
                        普通株式
       単元未満株式                                   ―  1単元(1,000株)未満の株式
                              3,000
       発行済株式総数                   100,255,000               ―          ―
       総株主の議決権                        ―        70,254            ―

        (注)「単元未満株式」欄の普通株式は、当社所有の自己株式946株を含んでおります。
         ②  【自己株式等】

                                                  平成29年11月30日現在
                                                       発行済株式
                                   自己名義       他人名義       所有株式
          所有者の氏名                                            総数に対する
                        所有者の住所           所有株式数       所有株式数       数の合計
           又は名称                                            所有株式数
                                    (株)       (株)       (株)
                                                       の割合(%)
       (自己保有株式)
                    東京都港区赤坂四丁目9番
                                   29,998,000         ―    29,998,000           29.92
                    9号
       日本国土開発株式会社
             計              ―        29,998,000         ―    29,998,000           29.92
       2  【株価の推移】

         【当該中間会計期間における月別最高・最低株価】
          当社は非上場でありますので、該当事項はありません。
                                 21/71









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       3  【役員の状況】

          該当事項はありません。
                                 22/71



















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       第5   【経理の状況】

       1.中間連結財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について

        (1)  当社の中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省令第
         24号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しております。
        (2)  当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)

         に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しております。
       2 監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間連結会計期間(平成29年6月1日から平成29年11
        月30日まで)の中間連結財務諸表及び中間会計期間(平成29年6月1日から平成29年11月30日まで)の中間財務諸表につ
        いて、有限責任監査法人トーマツにより中間監査を受けております。
                                 23/71















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       1  【中間連結財務諸表等】

        (1)【中間連結財務諸表】
         ①【中間連結貸借対照表】
                                                      (単位:百万円)
                                     前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                    (平成29年5月31日)              (平成29年11月30日)
        資産の部
         流動資産
           現金預金                                 40,149              29,356
           受取手形・完成工事未収入金等                                 29,847              37,749
           有価証券                                 1,000                -
           販売用不動産                                  242              242
                                             5,813               5,145
                                          ※9              ※9
           未成工事支出金
           開発事業等支出金                                 1,330              1,130
           その他のたな卸資産                                  538              373
           繰延税金資産                                 3,251              3,175
           立替金                                 2,850              5,831
                                          ※11   1,812             ※11   1,451
           その他
                                             △6              △14
           貸倒引当金
           流動資産合計                                 86,829              84,441
         固定資産
           有形固定資産
                                             1,390               1,603
                                          ※7              ※7
             建物・構築物(純額)
                                             8,055               8,079
                                          ※3              ※3
             土地
                                             7,981               9,909
                                          ※8              ※8
             その他(純額)
                                            17,426               19,592
                                          ※1              ※1
             有形固定資産合計
           無形固定資産
                                             114               99
           投資その他の資産
                                            12,357               14,559
                                          ※6              ※6
             投資有価証券
             退職給付に係る資産                                614              970
             その他                               2,088              1,756
                                            △189              △208
             貸倒引当金
             投資その他の資産合計                               14,870              17,077
           固定資産合計                                 32,411              36,769
         資産合計                                  119,241              121,211
                                 24/71








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
                                                      (単位:百万円)

                                    前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                   (平成29年5月31日)              (平成29年11月30日)
        負債の部
         流動負債
           支払手形・工事未払金等                                20,350              19,826
                                            2,515               2,604
                                          ※4              ※4
           短期借入金
           リース債務                                  110              131
           未払法人税等                                 3,644              5,050
           未成工事受入金                                24,113              22,148
           開発事業等受入金                                  44              27
                                            9,462               8,782
                                          ※12              ※12
           預り金
           完成工事補償引当金                                  706              827
                                             250               520
                                           ※10              ※10
           工事損失引当金
           役員賞与引当金                                  57              46
           移転費用引当金                                  464              230
                                            2,456              1,943
           その他
           流動負債合計                                64,176              62,139
         固定負債
                                            9,024               8,614
                                          ※5              ※5
           長期借入金
           リース債務                                 1,650              1,956
           繰延税金負債                                  493             1,071
           退職給付に係る負債                                  790              662
           役員退職慰労引当金                                  165              184
           訴訟損失引当金                                  328              117
                                             581               543
                                           ※2              ※2
           その他
           固定負債合計                                13,035              13,151
         負債合計                                  77,212              75,291
        純資産の部
         株主資本
           資本金                                 5,012              5,012
           資本剰余金                                14,385              14,886
           利益剰余金                                22,807              28,106
                                           △3,008              △4,997
           自己株式
           株主資本合計                                39,197              43,008
         その他の包括利益累計額
           その他有価証券評価差額金                                 1,912              2,701
                                            △281              △143
           退職給付に係る調整累計額
           その他の包括利益累計額合計                                 1,630              2,558
         非支配株主持分                                   1,200               352
         純資産合計                                  42,029              45,919
        負債純資産合計                                   119,241              121,211
                                 25/71






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         ②【中間連結損益計算書及び中間連結包括利益計算書】

         【中間連結損益計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                   前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                  (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                   至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
        売上高
         完成工事高                                  50,466              59,034
                                            1,507              2,005
         開発事業等売上高
         売上高合計                                  51,974              61,040
        売上原価
                                                          46,783
                                                       ※1
         完成工事原価                                  43,689
                                            1,169              1,635
         開発事業等売上原価
         売上原価合計                                  44,858              48,419
        売上総利益
         完成工事総利益                                  6,777              12,251
                                             338              369
         開発事業等総利益
         売上総利益合計                                  7,115              12,621
                                            3,599               4,009
                                          ※2              ※2
        販売費及び一般管理費
        営業利益                                    3,515              8,612
        営業外収益
         受取利息                                    1              3
         受取配当金                                   136              181
         為替差益                                    -              25
         償却債権取立益                                    0              -
         貸倒引当金戻入額                                    1              -
                                              9              12
         その他
         営業外収益合計                                   149              222
        営業外費用
         支払利息                                    45              98
         リース支払利息                                    25              33
         コミットメントライン費用                                   133               35
         タームローン費用                                    43               -
         為替差損                                    1              -
                                             20              61
         その他
         営業外費用合計                                   270              228
        経常利益                                    3,394              8,605
        特別利益
         訴訟損失引当金戻入額                                    -              83
                                              -              2
         その他
         特別利益合計                                    -              85
        特別損失
                                            ※3  0            ※3  41
         固定資産廃却損
         損害賠償金                                    0              -
                                             748
                                           ※4
         移転関連費用                                                   -
                                              0              -
         その他
         特別損失合計                                   748               41
        税金等調整前中間純利益                                    2,645              8,650
        法人税、住民税及び事業税
                                             676             2,462
                                              3             269
        法人税等調整額
        法人税等合計                                     679             2,732
        中間純利益                                    1,965              5,917
        非支配株主に帰属する中間純利益                                     123               17
        親会社株主に帰属する中間純利益                                    1,841              5,900
                                 26/71


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         【中間連結包括利益計算書】

                                                     (単位:百万円)
                                   前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                  (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                   至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
        中間純利益                                    1,965              5,917
        その他の包括利益
         その他有価証券評価差額金                                   151              789
                                            △17               138
         退職給付に係る調整額
         その他の包括利益合計                                   133              928
        中間包括利益                                    2,098              6,846
        (内訳)
         親会社株主に係る中間包括利益                                  1,975              6,828
         非支配株主に係る中間包括利益                                   122               17
                                 27/71















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         ③【中間連結株主資本等変動計算書】

        前中間連結会計期間(自           平成28年6月1日 至           平成28年11月30日)
                                                      (単位:百万円)
                          株主資本               その他の包括利益累計額
                                                    非支配株主
                                        その他    退職給付に     その他の
                                                         純資産合計
                                   株主資本
                                                      持分
                  資本金    資本剰余金    利益剰余金     自己株式         有価証券    係る調整    包括利益
                                    合計
                                       評価差額金     累計額    累計額合計
       当期首残高           5,012    14,236    19,792      -  39,041     1,546    △312    1,233     823   41,099
       当中間期変動額
        剰余金の配当                   △651         △651                      △651
        親会社株主に帰属す
                            1,841         1,841                      1,841
        る中間純利益
        自己株式の取得                       △3,002    △3,002                      △3,002
        株主資本以外の項目
        の当中間期変動額                                 151    △17     134    423    558
        (純額)
       当中間期変動額合計             -    -   1,190   △3,002    △1,812      151    △17     134    423   △1,254
       当中間期末残高           5,012    14,236    20,982    △3,002     37,228     1,698    △330    1,368    1,247    39,844
        当中間連結会計期間(自           平成29年6月1日 至           平成29年11月30日)

                                                      (単位:百万円)
                          株主資本               その他の包括利益累計額
                                                    非支配株主
                                        その他    退職給付に     その他の
                                                         純資産合計
                                   株主資本
                                                      持分
                  資本金    資本剰余金    利益剰余金     自己株式         有価証券    係る調整    包括利益
                                    合計
                                       評価差額金     累計額    累計額合計
       当期首残高           5,012    14,385    22,807    △3,008     39,197     1,912    △281    1,630    1,200    42,029
       当中間期変動額
        剰余金の配当                   △601         △601                      △601
        親会社株主に帰属す
                            5,900         5,900                      5,900
        る中間純利益
        自己株式の取得                       △1,988    △1,988                      △1,988
        連結子会社株式の取
                        500             500                      500
        得による持分の増減
        株主資本以外の項目
        の当中間期変動額                                 789    138    928    △848      79
        (純額)
       当中間期変動額合計             -    500    5,298   △1,988     3,810     789    138    928    △848    3,890
       当中間期末残高           5,012    14,886    28,106    △4,997     43,008     2,701    △143    2,558     352   45,919
                                 28/71








                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         ④【中間連結キャッシュ・フロー計算書】

                                                     (単位:百万円)
                                   前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                  (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                   至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
        営業活動によるキャッシュ・フロー
         税金等調整前中間純利益                                  2,645              8,650
         減価償却費                                   304              434
         貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △3               26
         完成工事補償引当金の増減額(△は減少)                                   △33               121
         工事損失引当金の増減額(△は減少)                                  △162               270
         役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                    12             △10
         移転費用引当金の増減額(△は減少)                                    -            △233
         退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   213              △39
         退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                  △388              △266
         役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                   △8               18
         訴訟損失引当金の増減額(△は減少)                                   △6             △211
         受取利息及び受取配当金                                  △137              △184
         支払利息及びリース支払利息                                    70              131
         移転関連費用                                   748               -
         売上債権の増減額(△は増加)                                   852            △7,915
         未成工事支出金の増減額(△は増加)                                 △1,179                667
         開発事業等支出金の増減額(△は増加)                                   △30               195
         立替金の増減額(△は増加)                                  1,264             △2,980
         未収消費税等の増減額(△は増加)                                 △1,223                541
         仕入債務の増減額(△は減少)                                  4,738              △523
         未成工事受入金の増減額(△は減少)                                   502            △1,965
         預り金の増減額(△は減少)                                  1,761              △642
                                           △1,252               △191
         その他
         小計                                  8,690             △4,107
         利息及び配当金の受取額
                                             137              184
         利息の支払額                                   △72              △130
                                           △1,543              △1,069
         法人税等の支払額
         営業活動によるキャッシュ・フロー                                  7,212             △5,123
        投資活動によるキャッシュ・フロー
         有形固定資産の取得による支出                                 △3,720              △2,259
         投資有価証券の取得による支出                                  △306             △1,062
         投資有価証券の売却による収入                                   250               1
         資産除去債務の履行による支出                                    -             △55
         その他                                   △24               △5
         投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △3,801              △3,382
                                 29/71






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
                                                     (単位:百万円)

                                   前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                  (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                   至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
        財務活動によるキャッシュ・フロー
         短期借入金の純増減額(△は減少)                                    -             433
         長期借入れによる収入                                  7,874               754
         長期借入金の返済による支出                                  △913             △1,508
         連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                              -            △282
         による支出
         非支配株主からの払込みによる収入                                    30               -
         非支配株主への払戻による支出                                    -             △66
         リース債務の返済による支出                                   △41              △56
         自己株式の取得による支出                                 △3,001              △1,988
         配当金の支払額                                  △651              △601
                                            △14              △16
         非支配株主への配当金の支払額
         財務活動によるキャッシュ・フロー                                  3,281             △3,333
        現金及び現金同等物に係る換算差額                                      1              46
        現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    6,693             △11,793
        現金及び現金同等物の期首残高                                    20,272              41,149
        新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額                                     922               -
                                            27,889               29,356
                                         ※1              ※1
        現金及び現金同等物の中間期末残高
                                 30/71













                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        【注記事項】

         (中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1.連結の範囲に関する事項
        (1)  連結子会社
          連結子会社の数         6社
          連結子会社の名称
           国土開発工業株式会社
           日本アドックス株式会社
           ANION株式会社
           宮古発電合同会社を営業者とする匿名組合
           宇都宮北太陽光発電合同会社を営業者とする匿名組合
           福島エコクリート株式会社
        (2)  非連結子会社
          非連結子会社の数          3社
          非連結子会社の名称
           JDCアセットマネジメント株式会社
           あおば霊苑サービス株式会社
           合同会社つくば戦略研究所
            非連結子会社3社は、いずれも小規模会社であり、合計の総資産、売上高、中間純損益及び利益剰余金が中
           間連結財務諸表に及ぼす重要性がないため、連結の範囲から除外しております。
       2.持分法の適用に関する事項

        (1)  持分法を適用した関連会社
          関連会社の数           1社
          関連会社の名称
           株式会社不来方やすらぎの丘
        (2)  持分法を適用しない非連結子会社
          非連結子会社の数          3社
          非連結子会社の名称
           JDCアセットマネジメント株式会社
           あおば霊苑サービス株式会社
           合同会社つくば戦略研究所
            非連結子会社3社は、いずれも小規模会社であり、中間純損益及び利益剰余金が中間連結財務諸表に及ぼす
           重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
        (3)  持分法を適用しない関連会社
          関連会社の数           1社
          関連会社の名称
           CSMレンタル株式会社
            CSMレンタル株式会社は、中間純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)が中間連結財務
           諸表に影響を及ぼす重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
        (4)  持分法の適用の手続について特に記載する必要があると認められる事項
            株式会社不来方やすらぎの丘は9月末日を中間決算日としており、中間連結決算日と異なっております。中
           間連結財務諸表の作成にあたっては、株式会社不来方やすらぎの丘は中間決算日現在の財務諸表を採用してお
           ります。
       3.連結子会社の中間決算日等に関する事項

          連結子会社の中間決算日は、中間連結決算日と一致しております。
                                 31/71


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       4.会計方針に関する事項

        (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
         ①有価証券
          その他有価証券
          (イ)時価のあるもの
            中間連結会計期間末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価
           は移動平均法により算定)
          (ロ)時価のないもの
            移動平均法による原価法
            なお、匿名組合契約に基づく特別目的会社への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券とみなさ
           れるもの)については、特別目的会社の損益の純額に対する持分相当額を取り込む方法を採用しております。
         ②デリバティブ
          時価法
         ③たな卸資産
          販売用不動産
           個別法による原価法
           (貸借対照表価額は、収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)
          未成工事支出金
           個別法による原価法
          開発事業等支出金
           個別法による原価法
           (貸借対照表価額は、収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)
        (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
         ①有形固定資産(リース資産を除く)
           定率法
           ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに平成28年4月1日以降に取得し
          た建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。また、一部の連結子会社の有形固定資産に
          ついては、定額法を採用しております。
           なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
           建物・構築物                 8~50年
           機械、運搬具及び工具器具備品                     2~22年
         ②無形固定資産(リース資産を除く)
           定額法
           なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用してお
          ります。
         ③リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 32/71






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        (3)  重要な引当金の計上基準

         ①貸倒引当金
           売上債権、貸付金等の債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等
          特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
         ②完成工事補償引当金
           引渡しの完了した工事の瑕疵担保等の費用発生に備えるため、当中間連結会計期間末に至る1年間の完成工事
          高に対する将来の見積補償額及び特定工事における将来の補修見込額を加味して計上しております。
         ③工事損失引当金
           当中間連結会計期間末手持工事のうち損失の発生が見込まれるものについて、将来の損失に備えるため、その
          損失見込額を計上しております。
         ④役員賞与引当金
           役員に対して支給する賞与の支出に備えて、連結会計年度における支給見込額に基づき、当中間連結会計期間
          に見合う分を計上しております。
         ⑤移転費用引当金
           研究開発用施設等の移転に伴い、今後発生が見込まれる原状回復費用等を見積り計上しております。
         ⑥役員退職慰労引当金
           役員の退職慰労金の支給に備えるため、退職慰労金内規に基づく当中間連結会計期間末要支給額を計上してお
          ります。
         ⑦訴訟損失引当金
           係争中の訴訟等に対する損失に備えるため、将来発生する可能性のある損失を見積もり、当中間連結会計期間
          末において必要と認められる金額を計上しております。
        (4)  退職給付に係る会計処理の方法
         ①退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間連結会計期間末までの期間に帰属させる方法について
          は、期間定額基準によっております。
         ②数理計算上の差異の処理方法
           数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)
          による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から損益処理することとしております。
         ③小規模企業等における簡便法の採用
           一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る中間期末自己都合要支
          給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
        (5)  重要な収益及び費用の計上基準
         完成工事高及び完成工事原価の計上基準
          当中間連結会計期間末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事進行基準(工事の進
         捗率の見積りは原価比例法)を、その他の工事については工事完成基準を適用しております。
          なお、工事進行基準による完成工事高は54,087百万円であります。
                                 33/71







                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        (6)  重要な外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

          外貨建金銭債権債務は、中間連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
         ります。
        (7)  中間連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
          手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
         わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
        (8)  ヘッジ会計の方法
         ①ヘッジ会計の方法
           繰延ヘッジ処理によっております。なお、金利スワップの特例処理の要件を満たすものについては、特例処理
          によっております。
         ②ヘッジ手段とヘッジ対象
           ヘッジ手段:金利スワップ
           ヘッジ対象:借入金
         ③ヘッジ方針
           金利リスクの低減のため、対象債務の範囲内でヘッジを行っております。
         ④ヘッジ有効性評価の方法
           金利スワップの特例処理の要件を満たすものについては、ヘッジ有効性評価を省略しております。
        (9)  その他中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
          消費税等の会計処理
           消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
           また、控除対象外消費税等は発生した中間連結会計期間の期間費用として処理しております。
                                 34/71












                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (会計方針の変更)

          該当事項はありません。
         (表示方法の変更)

          (中間連結キャッシュ・フロー計算書)
           前中間連結会計期間において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めていた「完成工事
          補償引当金の増減額(△は減少)」及び「訴訟損失引当金の増減額(△は減少)」は、重要性が増したため、当
          中間連結会計期間より独立掲記することとしております。
           また、前中間連結会計期間において、独立掲記していた「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「持分法に
          よる投資損益(△は益)」、「販売用不動産の増減額(△は増加)」及び「開発事業等受入金の増減額(△は減
          少)」は、前中間連結会計期間、当中間連結会計期間ともに重要性が乏しいため、当中間連結会計期間より「そ
          の他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映させるため、前中間連結会計期間の中間連結財務
          諸表の組替えを行っております。
           この結果、前中間連結会計期間の中間連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッ
          シュ・フロー」の「持分法よる投資損益(△は益)」に表示していた△0百万円、「販売用不動産の増減額(△
          は増加)」に表示していた4百万円、「開発事業等受入金の増減額(△は減少)」に表示していた△7百万円及
          び「その他」に表示していた△1,289百万円は、「完成工事補償引当金の増減額(△は減少)」△33百万円、「訴
          訟損失引当金の増減額(△は減少)」△6百万円及び「その他」△1,252百万円として組み替えております。
         (追加情報)

          該当事項はありません。
                                 35/71












                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (中間連結貸借対照表関係)

       1.※1    資産の金額から直接控除している減価償却累計額の額
                               前連結会計年度                当中間連結会計期間

                              (平成29年5月31日)                 (平成29年11月30日)
          有形固定資産の
                                   11,545   百万円              11,564   百万円
          減価償却累計額
       2.担保資産

        (1)   ※2 固定負債・その他(長期未払金)80百万円に対して下記の資産を担保に供しております。
                               前連結会計年度                当中間連結会計期間

                              (平成29年5月31日)                 (平成29年11月30日)
           ※3 土地                          190  百万円               190  百万円
        (2)    (前連結会計年度)

            ※4  短期借入金      40百万円及び       ※5 長期借入金       1,244百万円に対して下記の資産を担保に提供しております。
           (当中間連結会計期間)

            ※4 短期借入金       96百万円及び       ※5 長期借入金       1,148百万円に対して下記の資産を担保に提供しております。
                               前連結会計年度                当中間連結会計期間

                              (平成29年5月31日)                 (平成29年11月30日)
           ※3 土地                          332  百万円               332  百万円
           ※6 投資有価証券                          707                 929
          計                          1,039                 1,262
        (3)  DBO事業(*)の契約履行義務に対して下記の資産を担保に供しております。

                               前連結会計年度                当中間連結会計期間

                              (平成29年5月31日)                 (平成29年11月30日)
           ※6  投資有価証券                        10 百万円                10 百万円
          *)DBO(Design         Build   Operate)事業:事業会社に施設の設計(Design)、建設(Build)、運営(Operate)
            を一括して委ね、施設の保有と資金の調達は行政が行う事業
       3.ノンリコース債務

        (1)   借入金に含まれるノンリコース債務は次のとおりであります
                               前連結会計年度                当中間連結会計期間

                              (平成29年5月31日)                 (平成29年11月30日)
           ※4 短期借入金                          448  百万円                248  百万円
           ※5 長期借入金                         3,289                  3,839
          計                         3,738                  4,087
        (2)   ノンリコース債務に対応する資産は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                当中間連結会計期間

                              (平成29年5月31日)                 (平成29年11月30日)
           ※7   建物・構築物(純額)
                                     440  百万円               434  百万円
           㬀㠀⁧य़扖者验익⌰אּ崰湎훿ࡽ
                                    4,105                 3,986
          額)
          計                          4,546                 4,420
                                 36/71



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       4.たな卸資産及び工事損失引当金の表示

          損失の発生が見込まれる工事契約に係る※9未成工事支出金と※10工事損失引当金は、相殺せずに両建てで表示し
         ております。
          損失の発生が見込まれる工事契約に係る※9未成工事支出金のうち、※10工事損失引当金に対応する額は以下のと
         おりであります。
                               前連結会計年度                当中間連結会計期間

                              (平成29年5月31日)                 (平成29年11月30日)
                                      0 百万円                ― 百万円
       5.コミットメントライン契約等

         前連結会計年度
           当社及び連結子会社は、運転資金の効率的な調達を行うために取引銀行とコミットメントライン契約、ターム
          ローン契約及び当座貸越契約を締結しております。当連結会計年度末におけるこれらの契約に係る借入未実行残
          高等は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度
                                (平成29年5月31日)
          当座貸越極度額及びコミットメント
                                     10,699   百万円
          ラインの総額
          借入実行残高                            -
           差引額
                                     10,699
          タームローンの残高                           3,000

           なお、コミットメントライン契約、タームローン契約及び当座貸越契約の内訳は下記のとおりであります。こ

          れらのうち、コミットメントライン契約及びタームローン契約にはそれぞれ財務制限条項が付されております。
         (1)コミットメントライン契約(平成29年3月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行その他4行
           極度額(*)                          1,999百万円
           借入実行残高                            -百万円
          (*)契約期間が平成31年9月までの極度額変動型コミットメントライン契約であります。(5月~11月                                                1,999百万
           円、12月~4月        8,545百万円)
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②各年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益に関して、2期連続して経常損失を計上しないこ
           と。
         (2)コミットメントライン契約(平成29年3月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行
           極度額                          1,000百万円
           借入実行残高                            -百万円
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、平成27年5月決算期末日における単
           体の貸借対照表の純資産の部の金額又は前年度決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額の
           いずれか大きい方の75%以上の金額に維持すること。
                                 37/71




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (3)コミットメントライン契約(平成28年12月契約)

           相手先:              株式会社みずほ銀行及びその他1行
           極度額                          1,800百万円
           借入実行残高                            -百万円
          ①各年度の決算期の末日及び中間期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、平成28年5月決算
           期末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②平成28年11月中間期における単体の損益計算書に示される経常損益が損失とならないようにすること。
         (4)コミットメントライン契約(平成29年1月契約)

           相手先:              株式会社りそな銀行
           極度額                          1,800百万円
           借入実行残高                            -百万円
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②平成29年5月期決算における単体の損益計算書に示される経常損益が損失とならないようにすること。
         (5)タームローン契約(平成25年9月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行
           借入残高                            300百万円
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②各年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益に関して、2期連続して経常損失を計上しないこ
           と。
         (6)タームローン契約(平成28年9月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行
           借入残高                          2,700百万円
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②各年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益に関して、2期連続して経常損失を計上しないこ
           と。
         (7)当座貸越契約

               相手先          契約年月         極度額       借入実行残高
           株式会社三菱東京UFJ銀行              平成28年11月         1,000   百万円        - 百万円
           株式会社中京銀行              平成29年1月         1,000           -
           株式会社西京銀行              平成28年12月         1,000           -
           株式会社足利銀行              平成29年2月          500          -
           株式会社東邦銀行              平成28年10月          300          -
           株式会社八千代銀行              平成28年11月          300          -
                計                 4,100           -
                                 38/71





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         当中間連結会計期間

           当社及び連結子会社は、運転資金の効率的な調達を行うために取引銀行とコミットメントライン契約、ターム
          ローン契約及び当座貸越契約を締結しております。当中間連結会計期間末におけるこれらの契約に係る借入未実
          行残高等は次のとおりであります。
                                当中間連結会計期間
                                (平成29年11月30日)
          当座貸越極度額及びコミットメント
                                     8,499   百万円
          ラインの総額
          借入実行残高                            -
           差引額
                                     8,499
          タームローンの残高                           2,600

           なお、コミットメントライン契約、タームローン契約及び当座貸越契約の内訳は下記のとおりであります。こ

          れらのうち、コミットメントライン契約及びタームローン契約にはそれぞれ財務制限条項が付されております。
         (1)コミットメントライン契約(平成29年3月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行その他4行
           極度額(*)                          1,999百万円
           借入実行残高                            -百万円
          (*)契約期間が平成31年9月までの極度額変動型コミットメントライン契約であります。(5月~11月                                                1,999百万
           円、12月~4月        8,545百万円)
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②各年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益に関して、2期連続して経常損失を計上しないこ
           と。
         (2)コミットメントライン契約(平成29年9月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行
           極度額(*)                          2,400百万円
           借入実行残高                            -百万円
          (*)極度額の上限が3,000百万円の極度額逓増型コミットメントライン契約であります。
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、平成29年5月決算期末日における単
           体の貸借対照表の純資産の部の金額又は前年度決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額の
           いずれか大きい方の75%以上の金額に維持すること。
          ②各年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益に関して、2期連続して経常損失を計上しないこ
           と。
         (3)コミットメントライン契約(平成29年1月契約)

           相手先:              株式会社りそな銀行
           極度額                          1,800百万円
           借入実行残高                            -百万円
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②平成29年5月期決算における単体の損益計算書に示される経常損益が損失とならないようにすること。
                                 39/71




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (4)タームローン契約(平成25年9月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行
           借入残高                            200百万円
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②各年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益に関して、2期連続して経常損失を計上しないこ
           と。
         (5)タームローン契約(平成28年9月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行
           借入残高                          2,400百万円
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②各年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益に関して、2期連続して経常損失を計上しないこ
           と。
         (6)当座貸越契約

               相手先          契約年月         極度額       借入実行残高
           株式会社西京銀行              平成28年12月         1,000   百万円         - 百万円 
           株式会社足利銀行              平成29年2月          500          -
           株式会社東邦銀行              平成29年10月          300          -
           株式会社八千代銀行              平成29年9月          300          -
           株式会社横浜銀行              平成29年9月          200          -
                計                 2,300           -
       6.消費税等の取扱い

          仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、金額的重要性が乏しいため、※11流動資産の「その他」に含めて
         表示しております。但し、引渡し前の工事等に係る仮受消費税等は※12預り金に含めて表示しております。
                                 40/71









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (中間連結損益計算書関係)

       1.※1.完成工事原価に含まれている工事損失引当金繰入額
                              前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間

                             (自    平成28年6月1日              (自    平成29年6月1日
                              至   平成28年11月30日)               至   平成29年11月30日)
                                      ― 百万円               313  百万円
       2.※2.販売費及び一般管理費のうち、主な費目及び金額は次のとおりであります。

                              前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間

                             (自    平成28年6月1日              (自    平成29年6月1日
                              至   平成28年11月30日)               至   平成29年11月30日)
          従業員給料手当                          1,673   百万円              1,836   百万円
          退職給付費用                           42                 24
          法定福利費                           277                 315
          地代家賃                           185                 200
       3.※3.固定資産廃却損の内訳は次のとおりであります。

                              前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間

                             (自    平成28年6月1日              (自    平成29年6月1日
                              至   平成28年11月30日)               至   平成29年11月30日)
          建物                            ― 百万円                39 百万円
          機械装置                            ―                 0
          工具器具・備品                            0                 0
          計                            0 百万円                41 百万円
       4.※4.移転関連費用

          研究開発用施設等の移転に伴う減損損失及び今後発生が見込まれる原状回復費用等を計上しております。
                              前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間
                             (自    平成28年6月1日              (自    平成29年6月1日
                              至   平成28年11月30日)               至   平成29年11月30日)
          減損損失                           448  百万円                ― 百万円
          原状回復費用等                           300                  ―
          計                           748  百万円                ― 百万円
          なお、前中間連結会計期間における減損損失の内容は、次のとおりであります。
                場所             用途            種類         減損損失(百万円)
                                     建物・構築物、その他
           神奈川県愛甲郡              事業用及び賃貸用資産                                  448
                                     (機械装置)
          減損の兆候を判定するにあたっては、原則として各支社支店ごとに、また、賃貸物件及び遊休資産については物
         件ごとにグルーピングを実施しております。減損損失を認識すべきとされた上記事業用及び賃貸用資産について
         は、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額448百万円を移転関連費用に含めて特別損失に計上しておりま
         す。その内訳は、建物・構築物368百万円、その他(機械装置)80百万円であります。
          なお、回収可能価額は、使用価値にて測定しておりますが、将来キャッシュ・フローが見込めないため、零とし
         ております。
                                 41/71





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (中間連結株主資本等変動計算書関係)

        Ⅰ 前中間連結会計期間(自 平成28年6月1日 至 平成28年11月30日)
         1 発行済株式の種類及び総数に関する事項
                  当連結会計年度期首                                当中間連結会計期間末
                                増加(株)           減少(株)
                    株式数(株)                                株式数(株)
        普通株式               100,255,000                ―           ―      100,255,000

         2 自己株式に関する事項

                  当連結会計年度期首                                当中間連結会計期間末
                                増加(株)           減少(株)
                    株式数(株)                                株式数(株)
        普通株式                   ─       20,018,952               ─       20,018,952

        (変動事由の概要)
         平成28年8月30日の定時株主総会の決議による自己株式の取得                             19,999,919株
         単元未満株式の買取りによる増加 19,033株
         3 新株予約権等に関する事項

           該当事項はありません。
         4 配当に関する事項

          (1)  配当金の支払
           決議       株式の種類        配当金の総額       1株当たり配当額            基準日        効力発生日
       平成28年8月30日
                  普通株式         651百万円           6.5円    平成28年5月31日         平成28年8月31日
       定時株主総会
         (注)平成28年8月30日定時株主総会決議による1株当たり配当額の内訳は、普通配当5.0円、記念配当1.5円であり
           ます。
          (2)  基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間後となるもの

            該当事項はありません。
                                 42/71










                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        Ⅱ 当中間連結会計期間(自 平成29年6月1日 至 平成29年11月30日)

         1 発行済株式の種類及び総数に関する事項
                  当連結会計年度期首                                当中間連結会計期間末
                                増加(株)           減少(株)
                    株式数(株)                                株式数(株)
        普通株式               100,255,000                ―           ―      100,255,000

         2 自己株式に関する事項

                  当連結会計年度期首                                当中間連結会計期間末
                                増加(株)           減少(株)
                    株式数(株)                                株式数(株)
        普通株式               20,055,635           9,943,311               ―      29,998,946

        (変動事由の概要)
         平成29年8月30日の定時株主総会の決議による自己株式の取得                             9,943,311株
         3 新株予約権等に関する事項

           該当事項はありません。
         4 配当に関する事項

          (1)  配当金の支払
           決議       株式の種類        配当金の総額       1株当たり配当額            基準日        効力発生日
       平成29年8月30日
                  普通株式         601百万円           7.5円    平成29年5月31日         平成29年8月31日
       定時株主総会
         (注)平成29年8月30日定時株主総会決議による1株当たり配当額の内訳は、普通配当5.0円、特別配当2.5円であり
           ます。
          (2)  基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間後となるもの

            該当事項はありません。
                                 43/71










                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※1    現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間

                              (自    平成28年6月1日              (自    平成29年6月1日
                              至   平成28年11月30日)               至   平成29年11月30日)
           現金預金勘定                         27,889   百万円              29,356   百万円
           現金及び現金同等物                         27,889   百万円              29,356   百万円
         (リース取引関係)

         1.ファイナンス・リース取引
           所有権移転外ファイナンス・リース取引
          ①  リース資産の内容
            有形固定資産
             機械、運搬具及び工具器具備品
          ②  リース資産の減価償却の方法
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
         2.オペレーティング・リース取引

           オペレーティング・リース取引のうち解約不能なものに係る未経過リース料
                                前連結会計年度              当中間連結会計期間
                               (平成29年5月31日)               (平成29年11月30日)
           1年内                          -  百万円             24  百万円
           1年超                          -               95

           合計                          -  百万円             119   百万円

                                 44/71










                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (金融商品関係)

         金融商品の時価等に関する事項
         中間連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
        なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表に含まれておりません。((注2)を参照ください。)
        前連結会計年度(平成29年5月31日)
                                                     (単位:百万円)
                           連結貸借対照表
                                         時価            差額
                             計上額
       (1)現金預金                         40,149            40,149               -
       (2)受取手形・完成工事未収入金等                         29,847            29,855               8
       (3)有価証券                         1,000            1,000              -
       (4)投資有価証券                         8,543            8,543              -
         その他有価証券
                                 8,543            8,543              -
       (5)長期貸付金(※1)                           47            51             3
       (6)破産更生債権等                          101            101             -
         貸倒引当金(※2)                        △101            △101              -
                                   -            -            -
         資産計                         79,589            79,600              11
       (1)支払手形・工事未払金等                         20,350            20,350               -
       (2)長期借入金(※3)                         11,540            11,468             △72
       (3)リース債務(※4)                         1,760            1,732             △28
         負債計                         33,651            33,550             △100
        (※1)長期貸付金は、1年以内弁済予定の長期貸付金を含んでおります。
        (※2)破産更生債権等に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
        (※3)長期借入金は、1年以内返済予定の長期借入金を含んでおります。
        (※4)流動負債のリース債務と固定負債のリース債務の合計額を表示しております。
        当中間連結会計期間(平成29年11月30日)

                                                     (単位:百万円)
                          中間連結貸借対照表
                                         時価            差額
                             計上額
       (1)現金預金                         29,356            29,356               -
       (2)受取手形・完成工事未収入金等                         37,749            37,752               3
       (3)投資有価証券                         10,741            10,741               -
         その他有価証券
                                10,741            10,741               -
       (4)長期貸付金(※1)                           45            48             3
       (5)破産更生債権等                          120            120             -
         貸倒引当金(※2)
                                 △120            △120              -
                                   -            -            -
         資産計                         77,892            77,899               6
       (1)支払手形・工事未払金等                         19,826            19,826               -
       (2)短期借入金                          433            433             -
       (3)長期借入金(※3)                         10,786            10,659             △126
       (4)リース債務(※4)                         2,088            2,051             △36
         負債計                         33,133            32,970             △162
        (※1)長期貸付金は、1年以内弁済予定の長期貸付金を含んでおります。
        (※2)破産更生債権等に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
        (※3)長期借入金は、1年以内返済予定の長期借入金を含んでおります。
        (※4)流動負債のリース債務と固定負債のリース債務の合計額を表示しております。
                                 45/71


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
          (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

          資 産
          (1)現金預金
            短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額としております。
          (2)受取手形・完成工事未収入金等
            短期間で決済されるものについては、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。回収期間が1年を超えるものについては、一定の期間ごとに区分した債権ごとに債権額を満期日までの期
           間及び国債等の利率により割り引いた現在価値から貸倒引当金を控除した額により算定しております。
          (3)投資有価証券
            投資有価証券の時価については、株式は取引所の価額によっております。
            また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
          (4)長期貸付金
            長期貸付金の時価算定は、元利金の合計額を同様の新規貸付を行った場合に想定される利率で割り引いた現
           在価値により時価を算定しております。貸倒懸念債権については、回収見込額等に基づいて貸倒引当金を算定
           しているため、連結決算日における貸借対照表価額から現在の貸倒引当金を控除した金額に近似しており、当
           該価額をもって時価としております。
          (5)破産更生債権等
            破産更生債権等の時価については、回収見込額等に基づいて貸倒引当金を算定しているため、連結決算日に
           おける貸借対照表価額から現在の貸倒引当金を控除した金額に近似しており、当該価額をもって時価としてお
           ります。
          負 債

          (1)支払手形・工事未払金等、並びに(2)短期借入金
            これらは全て短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額としておりま
           す。
          (3)長期借入金
            元利金の合計額を国債の利率又は国債の利率に信用スプレッドを上乗せした利率で割り引いた現在価値によ
           り時価を算定しております。なお、変動金利による長期借入金は、金利スワップの特例処理の対象とされてお
           り、当該デリバティブ取引は、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理しております。
          (4)リース債務
            元利金の合計額を国債の利率に信用スプレッドを上乗せした利率で割り引いた現在価値により算定しており
           ます。なお、小額物件については割引計算処理は行っておりません。
          (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                               (単位:百万円)
                                連結貸借対照表計上額            中間連結貸借対照表計上額
                   区分
                                (平成29年5月31日)             (平成29年11月30日)
             非上場株式                             3,755             3,759
             匿名組合出資                               57             57

             上記については、市場価額がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「資産(3)投資有
            価証券」には含めておりません。
                                 46/71





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (有価証券関係)

         1.その他有価証券で時価のあるもの
         前連結会計年度(平成29年5月31日)
                                                    (単位:百万円)
                     種類      連結貸借対照表計上額              取得原価            差額
                  (1)株式                5,133           2,414          2,718

                  (2)債券
       連結貸借対照表計
                  ①国債・地方債等                 -           -          -
       上額が取得原価を
                  ②社債                 -           -          -
       超えるもの
                  ③その他                 -           -          -
                  (3)その他                  -           -          -
                     小計            5,133           2,414          2,718
                  (1)株式                  0           0         △0
                  (2)債券
       連結貸借対照表計
                  ①国債・地方債等                 -           -          -
       上額が取得原価を
                  ②社債               1,000           1,000            -
       超えないもの
                  ③その他                 -           -          -
                  (3)その他                3,410           3,420           △9
                     小計            4,410           4,420           △9
                合計                  9,543           6,834          2,709
         当中間連結会計期間(平成29年11月30日)

                                                    (単位:百万円)
                            中間連結貸借対照表
                     種類                    取得原価            差額
                               計上額
                  (1)株式                6,109           2,316           3,793
                  (2)債券
       中間連結貸借対照
                  ①国債・地方債等                 -           -           -
       表計上額が取得原
                  ②社債                 -           -           -
       価を超えるもの
                  ③その他                 -           -           -
                  (3)その他                3,807           3,754            53
                     小計             9,917           6,070           3,846
                  (1)株式                  97           99          △1
                  (2)債券
       中間連結貸借対照
                  ①国債・地方債等                 -           -           -
       表計上額が取得原
                  ②社債                 -           -           -
       価を超えないもの
                  ③その他                 -           -           -
                  (3)その他                 726           726           △0
                     小計              824           826           △2
                合計                 10,741           6,897           3,844
                                 47/71



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         2.減損処理を行った有価証券

           前連結会計年度(平成29年5月31日)
           該当事項はありません。
           当中間連結会計期間(平成29年11月30日)

           該当事項はありません。
           当該有価証券の減損にあたっては、下記の合理的な社内基準に従って減損処理を行っております。

              時価の下落率が50%超の場合                 減損処理を行う
       時価のある

              時価の下落率が30%以上50%以下                 前連結会計年度末及び当連結会計年度末において、連続して
              の場合                 30%以上の下落率にあるものについては、減損処理を行う
       有価証券
              時価の下落率が30%未満の場合                 減損処理は行わない
              発行会社の財政状態の悪化により

                               減損処理を行う
       時価のない
              実質価額が著しく低下した場合
       有価証券
              上記以外の場合                 減損処理は行わない
                                 48/71














                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (デリバティブ取引関係)

         1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
          通貨関連
          前連結会計年度(平成29年5月31日)
           該当事項はありません。
          当中間連結会計期間(平成29年11月30日)

                                  契約額等のうち
                          契約額等                     時価         評価損益
                種類
                                    1年超
                          (百万円)                   (百万円)          (百万円)
                                    (百万円)
            為替予約取引
             売建

        市場取
        引以外
        の取引
              台湾ドル                  1,111           -         △12          △12
              シンガポールドル

                               884          -         △11          △11
              合計               1,995           -         △24          △24

        (注)    時価の算定方法         取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
         2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

          金利関連
          前連結会計年度(平成29年5月31日)
           ヘッジ会計の方法毎の連結決算日における契約額又は契約において定められた元本相当額等は以下のとおりで
           あります。
                                                (単位:百万円)
                     デリバティブ取引の                            契約額のうち

                                  主な
                                         契約額
           ヘッジ会計の方法                                               時価
                        種類等                          1年超
                                 ヘッジ対象
          金利スワップの          金利スワップ取引

                                長期借入金           4,606        4,169     (※)
          特例処理          支払固定・受取変動
          (※)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた

          め、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
          当中間連結会計期間(平成29年11月30日)

           ヘッジ会計の方法毎の連結決算日における契約額又は契約において定められた元本相当額等は以下のとおりで
           あります。
                                                (単位:百万円)
                     デリバティブ取引の                            契約額のうち

                                  主な
                                         契約額
           ヘッジ会計の方法                                               時価
                        種類等                          1年超
                                 ヘッジ対象
          金利スワップの          金利スワップ取引

                                長期借入金           5,101        4,586     (※)
          特例処理          支払固定・受取変動
          (※)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた

          め、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                 49/71




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (資産除去債務関係)

         資産除去債務の総額の増減
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
                             (自    平成28年6月1日              (自    平成29年6月1日
                             至   平成29年5月31日)               至   平成29年11月30日)
          期首残高                             38 百万円                85 百万円
          有形固定資産の取得に伴う増加額                             -                 -
          時の経過による調整額                             0                 0
          見積りの変更による増加額                             46                 -
          資産除去債務の履行による減少額                             -               △55
          中間期末(期末)残高                             85                 29
          (注)   前連結会計年度において、将来発生すると見込まれる除去費用が期首時点における見積額から増加するこ

             とが明らかになったことから、合理的に見積もった金額46百万円を資産除去債務に加算しております。
         (賃貸等不動産関係)

         賃貸等不動産の中間連結(連結)貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりであります。
                                                     (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当中間連結会計期間
                              (自    平成28年6月1日              (自    平成29年6月1日
                               至   平成29年5月31日)               至   平成29年11月30日)
                     期首残高                    3,851                 3,157
          中間連結(連結)
                     期中増減額                    △694                  66
          貸借対照表計上額
                     中間期末
                                         3,157                 3,223
                     (期末)残高
          期末時価                               3,807                 3,834
          (注)   1.中間連結(連結)貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額
              であります。
            2.期中増減額のうち、前連結会計年度の主な減少は、賃貸用の土地から自社利用の土地への振替(595百万
              円)、移転関連費用に含まれる建物・構築物の減損損失計上によるもの(120百万円)であります。
              当中間連結会計期間の主な増加は、賃貸用のオフィスビルのリニューアルによるもの(71百万円)であり
              ます。
            3.中間期末(期末)の時価は、主として「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を
              用いて調整を行ったものも含む)であります。
                                 50/71









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (セグメント情報等)

        【セグメント情報】
          1.報告セグメントの概要
             当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であ
            り、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっている
            ものであります。
             なお、当社グループは、主に製品・サービス別に各事業本部及び各関係会社にて事業展開していることか
            ら、「土木事業」、「建築事業」、「関連事業」、「関係会社」の4つを報告セグメントとしております。
             「土木事業」は土木工事全般に関する事業、「建築事業」は建築工事全般に関する事業、「関連事業」は
            不動産の売買、賃貸及び不動産開発全般に関する事業、再生可能エネルギー事業、建設用資機材の賃貸事業
            等であり、「関係会社」は関係会社において行われる事業(建設工事全般、建設用機械の製造・販売、太陽
            光発電による売電事業、水処理材の製造・販売、保険代理業他)であります。
           (報告セグメントの変更等に関する事項)

             当中間連結会計期間より、経営管理体制の強化を目的として組織変更及び業績評価方法の見直しを行い、
            土木事業本部・建築事業本部・関連事業本部の3本部により評価する方法に変更しております。
             この変更に伴い、これまで「開発事業」として計上していた不動産の売買、賃貸、開発事業等と「その
            他」として計上していた再生可能エネルギー事業、建設用資機材の賃貸事業等を「関連事業」として計上す
            る方法に変更しております。
             また、従来、当社の全社費用については各報告セグメントに配賦しておりませんでしたが、当中間連結会
            計期間より各報告セグメントへ配賦する方法に変更しております。
             なお、前中間連結会計期間のセグメント情報については、変更後の区分方法及びセグメント損益の測定方
            法により作成して開示しております。
          2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な
            事項」における記載と同一であります。なお、セグメント間の内部売上高及び振替高は、市場価格を勘案し
            て一般取引条件と同様に決定しております。
          3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

           前中間連結会計期間(自 平成28年6月1日 至 平成28年11月30日)
                                                     (単位:百万円)
                                報告セグメント
                                                       中間連結財務
                                                   調整額
                                                       諸表計上額
                                                   (注1)
                                                        (注2)
                       土木事業     建築事業     関連事業     関係会社       計
       Ⅰ売上高

        外部顧客に対する売上高                20,101     26,390       668    4,813     51,974        -   51,974
        セグメント間の内部売上高
                          -     -     59     538     598    △598       -
        又は振替高
              計          20,101     26,390       728    5,352     52,572      △598     51,974
       Ⅱセグメント利益                  799    2,055       53     643    3,551      △35     3,515
       Ⅲセグメント資産                31,803     34,307      9,770     17,006     92,886     10,534     103,421

       Ⅳその他の項目

        減価償却費                   59      8     78     94     240      63     304

        有形固定資産及び
                         105      0    736      20     862      20     882
        無形固定資産の増加額
       (注1)調整額は以下のとおりであります。
         1.セグメント利益の調整額△35百万円は、セグメント間取引消去であります。
         2.セグメント資産の調整額10,534百万円は、主に報告セグメントに帰属しない本社建物他であります。
         3.減価償却費の調整額63百万円は、報告セグメントに帰属しない本社建物他の減価償却費であります。
         4.有形固定資産及び無形固定資産の調整額20百万円は、本社建物他の設備投資額であります。
       (注2)セグメント利益は、中間連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 51/71


                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
           当中間連結会計期間(自 平成29年6月1日 至 平成29年11月30日)

                                                     (単位:百万円)
                                 報告セグメント
                                                       中間連結財務
                                                   調整額
                                                       諸表計上額
                                                   (注1)
                                                        (注2)
                       土木事業     建築事業     関連事業     関係会社       計
       Ⅰ売上高

        外部顧客に対する売上高                28,483     25,846      1,043     5,667     61,040        -   61,040
        セグメント間の内部売上高
                          -     -     61    1,179     1,241    △1,241        -
        又は振替高
              計          28,483     25,846      1,104     6,847     62,281     △1,241      61,040
       Ⅱセグメント利益                 5,271     2,396       40     940    8,648      △36     8,612

       Ⅲセグメント資産                41,447     29,526     11,110     20,091     102,176      19,035     121,211

       Ⅳその他の項目

        減価償却費                   78      1     87     218     385      48     434
        有形固定資産及び
                          14      0    837     110     963     253    1,217
        無形固定資産の増加額
       (注1)調整額は以下のとおりであります。
         1.セグメント利益の調整額△36百万円は、セグメント間取引消去であります。
         2.セグメント資産の調整額19,035百万円は、主に報告セグメントに帰属しない本社建物他であります。
         3.減価償却費の調整額48百万円は、報告セグメントに帰属しない本社建物他の減価償却費であります。
         4.有形固定資産及び無形固定資産の調整額253百万円は、本社建物他の設備投資額であります。
       (注2)セグメント利益は、中間連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 52/71












                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        【関連情報】

          1.製品及びサービスごとの情報
           セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
                                                (単位:百万円)
                                  日本        アジア         合計
                  前中間連結会計期間
                 (自 平成28年6月1日                   50,115         1,858        51,974
                 至 平成28年11月30日)
                  当中間連結会計期間
                 (自 平成29年6月1日                   58,202         2,837        61,040
                 至 平成29年11月30日)
             (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
           (2)有形固定資産

             本邦の所在している有形固定資産の金額が中間連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
            め、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
          3.主要な顧客ごとの情報

            前中間連結会計期間(自 平成28年6月1日 至 平成28年11月30日)
                                                (単位:百万円)
                顧客の名称又は氏名                 売上高           関連するセグメント名
              環境省                         6,926    土木事業・建築事業
            当中間連結会計期間(自 平成29年6月1日 至 平成29年11月30日)

                                                (単位:百万円)
                顧客の名称又は氏名                 売上高           関連するセグメント名
              環境省                        11,384    土木事業・建築事業
        【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

         前中間連結会計期間(自 平成28年6月1日 至 平成28年11月30日)
                                                    (単位:百万円)
                               報告セグメント

                                                   全社・ 
                                               その他          合計
                                                    消去
                       土木事業     建築事業     関連事業     関係会社      計
         減損損失                 191     83    166      5    447      1    -    448

         当中間連結会計期間(自 平成29年6月1日 至 平成29年11月30日)

          該当事項はありません。
        【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

          該当事項はありません。
        【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

          該当事項はありません。
                                 53/71




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (1株当たり情報)

           1株当たり純資産額及び算定上の基礎並びに1株当たり中間純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりで
          あります。
                                     前連結会計年度            当中間連結会計期間

                   項目
                                    (平成29年5月31日)             (平成29年11月30日)
       (1) 1株当たり純資産額                                   509.08円             648.58円
          (算定上の基礎)

         純資産の部の合計額(百万円)                                    42,029             45,919

         純資産の部の合計から控除する金額(百万円)                                    1,200              352

         (うち非支配株主持分(百万円))                                   (1,200)              (352)

         普通株式に係る中間期末(期末)純資産額(百万円)

                                           40,828             45,567
         普通株式の発行済株式数(千株)

                                           100,255             100,255
         普通株式の自己株式数(千株)

                                           20,055             29,998
         1株当たり純資産額の算定に用いられた中間期末
                                           80,199             70,256
         (期末)普通株式の数(千株)
                                    前中間連結会計期間             当中間連結会計期間

                                   (自    平成28年6月1日           (自    平成29年6月1日
                   項目
                                   至   平成28年11月30日)           至   平成29年11月30日)
       (2)  1株当たり中間純利益金額
                                           19.01円             75.14円
          (算定上の基礎)

         親会社株主に帰属する中間純利益(百万円)                                   1,841             5,900

         普通株主に帰属しない金額(百万円)

                                             -             -
         普通株式に係る親会社株主に帰属する中間純利益
                                            1,841             5,900
         (百万円)
         普通株式の期中平均株式数(千株)                                  96,866             78,514
        (注)    潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 54/71







                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        (2)  【その他】

           該当事項はありません。
                                 55/71



















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       2  【中間財務諸表等】

        (1)【中間財務諸表】
         ①【中間貸借対照表】
                                                      (単位:百万円)
                                      前事業年度             当中間会計期間
                                    (平成29年5月31日)              (平成29年11月30日)
        資産の部
         流動資産
           現金預金                                 35,060              23,778
           受取手形                                  152              587
           電子記録債権                                  365             1,048
           完成工事未収入金                                 28,368              34,241
           リース投資資産                                  132              126
           有価証券                                 1,000                -
           販売用不動産                                  242              242
           未成工事支出金                                 1,423              1,081
           開発事業等支出金                                 1,330              1,130
           短期貸付金                                   7             577
           繰延税金資産                                 3,241              3,151
           立替金                                 2,853              5,832
           未収消費税等                                  282              108
           その他                                  966             1,213
                                             △6              △8
           貸倒引当金
           流動資産合計                                 75,420              73,112
         固定資産
           有形固定資産
             建物(純額)                                903             1,126
                                             7,630               7,654
                                          ※2              ※2
             土地
                                            2,177              3,534
             その他(純額)
             有形固定資産合計                               10,711              12,314
           無形固定資産
                                              90              76
           投資その他の資産
                                            13,643               15,608
                                          ※5              ※5
             投資有価証券
             関係会社株式                                922             1,226
             長期貸付金                                 61              57
             前払年金費用                                748             1,015
             その他                               1,480              1,146
                                            △106              △106
             貸倒引当金
             投資その他の資産合計                               16,751              18,946
           固定資産合計                                 27,552              31,337
         資産合計                                  102,972              104,450
                                 56/71






                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
                                                      (単位:百万円)

                                      前事業年度             当中間会計期間
                                    (平成29年5月31日)              (平成29年11月30日)
        負債の部
         流動負債
           支払手形                                  166               80
           工事未払金                                 18,355              17,796
                                             2,000               1,800
                                           ※3              ※3
           短期借入金
           リース債務                                  109              131
           未払法人税等                                 3,413              4,761
           未成工事受入金                                 19,019              17,822
           開発事業等受入金                                   42              25
                                             9,354               8,750
                                           ※6              ※6
           預り金
           完成工事補償引当金                                  706              827
           工事損失引当金                                  247              520
           役員賞与引当金                                   37              31
           移転費用引当金                                  464              230
                                             2,196              1,457
           その他
           流動負債合計                                 56,115              54,236
         固定負債
                                             3,954               3,084
                                           ※4              ※4
           長期借入金
           リース債務                                 1,650              1,956
           繰延税金負債                                  499             1,028
           退職給付引当金                                   77              32
           役員退職慰労引当金                                  144              160
           訴訟損失引当金                                  328              117
                                              512               507
                                            ※1              ※1
           その他
           固定負債合計                                 7,169              6,887
         負債合計                                   63,284              61,124
        純資産の部
         株主資本
           資本金                                 5,012              5,012
           資本剰余金
                                            14,314              14,314
             資本準備金
             資本剰余金合計                               14,314              14,314
           利益剰余金
             その他利益剰余金
               別途積立金                             12,000              20,000
                                             9,542              6,419
               繰越利益剰余金
             利益剰余金合計                               21,542              26,419
           自己株式                                △3,008              △4,997
           株主資本合計                                 37,861              40,750
         評価・換算差額等
                                             1,826              2,575
           その他有価証券評価差額金
           評価・換算差額等合計                                 1,826              2,575
         純資産合計                                   39,688              43,325
        負債純資産合計                                    102,972              104,450
                                 57/71




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         ②【中間損益計算書】

                                                     (単位:百万円)
                                    前中間会計期間              当中間会計期間
                                  (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                   至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
        売上高
         完成工事高                                  46,966              54,329
                                             758             1,222
         開発事業等売上高
         売上高合計                                  47,724              55,552
        売上原価
         完成工事原価                                  40,991              43,163
                                             581              904
         開発事業等売上原価
         売上原価合計                                  41,573              44,068
        売上総利益
         完成工事総利益                                  5,974              11,166
                                             176              317
         開発事業等総利益
         売上総利益合計                                  6,150              11,483
        販売費及び一般管理費                                    3,299              3,660
        営業利益                                    2,851              7,823
                                             167               242
                                           ※1              ※1
        営業外収益
                                             162               132
                                           ※2              ※2
        営業外費用
        経常利益                                    2,856              7,933
                                                            84
                                                          ※3
        特別利益
                                              -
                                             743                39
                                           ※4               ※4
        特別損失
        税引前中間純利益                                    2,112              7,977
        法人税、住民税及び事業税
                                             514             2,208
                                             △0              291
        法人税等調整額
        法人税等合計                                     514             2,499
        中間純利益                                    1,597              5,478
                                 58/71










                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         ③【中間株主資本等変動計算書】

        前中間会計期間(自         平成28年6月1日 至           平成28年11月30日)
                                                      (単位:百万円)
                               株主資本                   評価・換算差額等
                      資本剰余金          利益剰余金
                                                 その他
                                                          純資産合計
                                            株主資本         評価・換算
                             その他利益剰余金
                 資本金                       自己株式        有価証券
                     資本   資本剰余金             利益剰余
                                             合計        差額等合計
                             別途   繰越利益                評価差額金
                     準備金    合計            金合計
                             積立金    剰余金
       当期首残高          5,012   14,314    14,314    12,000    6,932    18,932      -  38,259     1,466     1,466    39,726
       当中間期変動額
        剰余金の配当                         △651    △651        △651              △651
        中間純利益                         1,597    1,597        1,597              1,597
        自己株式の取得                                 △3,002    △3,002              △3,002
        株主資本以外の項目
        の当中間期変動額                                           153     153     153
        (純額)
       当中間期変動額合計            -   -    -    -   945    945  △3,002    △2,056       153     153   △1,903
       当中間期末残高          5,012   14,314    14,314    12,000    7,878    19,878    △3,002    36,202     1,620     1,620    37,823
        当中間会計期間(自         平成29年6月1日 至           平成29年11月30日)

                                                      (単位:百万円)
                               株主資本                   評価・換算差額等
                      資本剰余金          利益剰余金
                                                 その他
                                                          純資産合計
                                            株主資本         評価・換算
                             その他利益剰余金
                 資本金                       自己株式        有価証券
                     資本   資本剰余金             利益剰余
                                             合計        差額等合計
                             別途   繰越利益                評価差額金
                     準備金    合計            金合計
                             積立金    剰余金
       当期首残高          5,012   14,314    14,314    12,000    9,542    21,542    △3,008    37,861     1,826     1,826    39,688
       当中間期変動額
        剰余金の配当                         △601    △601        △601              △601
        別途積立金の積立                     8,000   △8,000       -        -              -
        中間純利益                         5,478    5,478        5,478              5,478
        自己株式の取得                                 △1,988    △1,988              △1,988
        株主資本以外の項目
        の当中間期変動額                                           748     748     748
        (純額)
       当中間期変動額合計            -   -    -  8,000   △3,122     4,877   △1,988     2,888      748     748    3,637
       当中間期末残高          5,012   14,314    14,314    20,000    6,419    26,419    △4,997    40,750     2,575     2,575    43,325
                                 59/71







                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        【注記事項】

         (重要な会計方針)
       1.資産の評価基準及び評価方法
        (1)  有価証券
          子会社株式及び関連会社株式
           移動平均法による原価法
          その他有価証券
           ①時価のあるもの
             中間会計期間末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は
            移動平均法により算定)
           ②時価のないもの
             移動平均法による原価法
             なお、匿名組合契約に基づく特別目的会社への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券とみな
            されるもの)については、特別目的会社の損益の純額に対する持分相当額を取り込む方法を採用しておりま
            す。
        (2)  デリバティブ
          時価法
        (3)  たな卸資産
          販売用不動産
           個別法による原価法
           (貸借対照表価額は、収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)
          未成工事支出金
           個別法による原価法
          開発事業等支出金
           個別法による原価法
           (貸借対照表価額は、収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)
       2.固定資産の減価償却の方法

        (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法
          ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに平成28年4月1日以降に取得し
         た 建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
          建物                          8~50年
          機械及び装置                            2~17年
        (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法
          なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しておりま
         す。
        (3)  リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リースに係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 60/71




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       3.引当金の計上基準

        (1)  貸倒引当金
          売上債権、貸付金等の債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
         定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
        (2)  完成工事補償引当金
          引渡しの完了した工事の瑕疵担保等の費用発生に備えるため、当中間会計期間末に至る1年間の完成工事高に対
         する将来の見積補償額及び特定工事における将来の補修見込額を加味して計上しております。
        (3)  工事損失引当金
          当中間会計期間末手持工事のうち損失の発生が見込まれるものについて、将来の損失に備えるため、その損失見
         込額を計上しております。
        (4)  役員賞与引当金
          役員に対して支給する賞与の支出に備えて、事業年度における支給見込額に基づき、当中間会計期間に見合う分
         を計上しております。
        (5)  移転費用引当金
          研究開発用施設等の移転に伴い、今後発生が見込まれる原状回復費用等を見積り計上しております。
        (6)  退職給付引当金
          従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当中間会
         計期間末において発生していると認められる額を計上しております。
         ①退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間会計期間末までの期間に帰属させる方法については、期
         間定額基準によっております。
         ②数理計算上の差異の費用処理方法
          数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定
         額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から損益処理することとしております。
        (7)  役員退職慰労引当金
          役員の退職慰労金の支給に備えるため、退職慰労金内規に基づく当中間会計期間末要支給額を計上しておりま
         す。
        (8)  訴訟損失引当金
          係争中の訴訟等に対する損失に備えるため、将来発生する可能性のある損失を見積もり、当中間会計期間末にお
         いて必要と認められる金額を計上しております。
                                 61/71









                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

         外貨建金銭債権債務は、中間会計期間末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
        ります。
       5.収益及び費用の計上基準

         完成工事高及び完成工事原価の計上基準
          当中間会計期間末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事進行基準(工事の進捗率
         の見積りは原価比例法)を、その他の工事については工事完成基準を適用しております。
          なお、工事進行基準による完成工事高は、52,858百万円であります。
       6.ヘッジ会計の方法

        (1)  ヘッジ会計の方法
          繰延ヘッジ処理によっております。なお、金利スワップの特例処理の要件を満たすものについては、特例処理に
         よっております。
        (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象
          ヘッジ手段:金利スワップ
          ヘッジ対象:借入金
        (3)  ヘッジ方針
          金利リスクの低減のため、対象債務の範囲内でヘッジを行っております。
        (4)  ヘッジ有効性評価の方法
          金利スワップの特例処理の要件を満たすものについては、ヘッジ有効性評価を省略しております。
       7.その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項

         (1)退職給付に係る会計処理
          退職給付に係る未認識数理計算上の差異の未処理額の会計処理の方法は、中間連結財務諸表におけるこれらの会
          計処理の方法と異なっております。
         (2)消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
          控除対象外消費税等は発生した中間会計期間の期間費用として処理しております。
         (会計方針の変更)

          該当事項はありません。
         (表示方法の変更)

          該当事項はありません。
         (追加情報)

          該当事項はありません。
                                 62/71





                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (中間貸借対照表関係)

       1.資産の担保提供状況
        (1)   ※1  固定負債・その他(長期未払金)80百万円に対して下記の資産を担保に供しております。
                                前事業年度                当中間会計期間

                              (平成29年5月31日)                 (平成29年11月30日)
           ※2  土地                         190  百万円               190  百万円
        (2)    (前事業年度)

            ※3 短期借入金       40百万円及び       ※4 長期借入金       244百万円に対して下記の資産を担保に提供しております。
           (当中間会計期間)

            ※3 短期借入金       40百万円及び       ※4  長期借入金      204百万円に対して下記の資産を担保に提供しております。
                                前事業年度                当中間会計期間
                              (平成29年5月31日)                 (平成29年11月30日)
           ※5 投資有価証券                          707  百万円               929  百万円
        (3)     DBO事業(*)の契約履行義務に対して下記の資産を担保に供しております。

                                前事業年度                当中間会計期間
                              (平成29年5月31日)                 (平成29年11月30日)
           ※5  投資有価証券
                                       10 百万円                10 百万円
          *)DBO(Design         Build   Operate)事業:事業会社に施設の設計(Design)、建設(Build)、運営(Operate)
            を一括して委ね、施設の保有と資金の調達は行政が行う事業 
       2.偶発債務(保証債務及び保証類似行為)

         下記の会社の金融機関からの借入債務に対して保証を行っております。
                                前事業年度                当中間会計期間
                              (平成29年5月31日)                 (平成29年11月30日)
          宮古発電合同会社                           846  百万円               813  百万円
          福島エコクリート㈱                           567                 567
          計                          1,413                 1,380
       3.コミットメントライン契約等

         前事業年度
           当社は、運転資金の効率的な調達を行うために取引銀行とコミットメントライン契約、タームローン契約及び
          当座貸越契約を締結しております。当事業年度末におけるこれらの契約に係る借入未実行残高等は次のとおりで
          あります。
                                  前事業年度
                                (平成29年5月31日)
          当座貸越極度額及びコミットメント
                                     10,399   百万円
          ラインの総額
          借入実行残高                            -
           差引額                         10,399
          タームローンの残高                           3,000

           なお、コミットメントライン契約、タームローン契約及び当座貸越契約の内訳は下記のとおりであります。こ

          れらのうち、コミットメントライン契約及びタームローン契約にはそれぞれ財務制限条項が付されております。
                                 63/71




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (1)コミットメントライン契約(平成29年3月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行その他4行
           極度額(*)                          1,999百万円
           借入実行残高                            -百万円
          (*)契約期間が平成31年9月までの極度額変動型コミットメントライン契約であります。(5月~11月                                                1,999百万
           円、12月~4月8,545百万円)
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②各年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益に関して、2期連続して経常損失を計上しないこ
           と。
         (2)コミットメントライン契約(平成29年3月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行
           極度額                          1,000百万円
           借入実行残高                            -百万円
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、平成27年5月決算期末日における単
           体の貸借対照表の純資産の部の金額又は前年度決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額の
           いずれか大きい方の75%以上の金額に維持すること。
         (3)コミットメントライン契約(平成28年12月契約)

           相手先:              株式会社みずほ銀行及びその他1行
           極度額                          1,800百万円
           借入実行残高                            -百万円
          ①各年度の決算期の末日及び中間期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、平成28年5月決算
           期末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②平成28年11月中間期における単体の損益計算書に示される経常損益が損失とならないようにすること。
         (4)コミットメントライン契約(平成29年1月契約)

           相手先:              株式会社りそな銀行
           極度額                          1,800百万円
           借入実行残高                            -百万円
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②平成29年5月期決算における単体の損益計算書に示される経常損益が損失とならないようにすること。
         (5)タームローン契約(平成25年9月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行
           借入残高                            300百万円
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②各年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益に関して、2期連続して経常損失を計上しないこ
           と。
                                 64/71




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (6)タームローン契約(平成28年9月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行
           借入残高                          2,700百万円
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②各年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益に関して、2期連続して経常損失を計上しないこ
           と。
         (7)当座貸越契約

               相手先          契約年月         極度額       借入実行残高
           株式会社三菱東京UFJ銀行              平成28年11月         1,000   百万円        - 百万円
           株式会社中京銀行              平成29年1月         1,000           -
           株式会社西京銀行              平成28年12月         1,000           -
           株式会社足利銀行              平成29年2月          500          -
           株式会社東邦銀行              平成28年10月          300          -
                計                 3,800           -
         当中間会計期間

           当社は、運転資金の効率的な調達を行うために取引銀行とコミットメントライン契約、タームローン契約及び
          当座貸越契約を締結しております。当中間会計期間末におけるこれらの契約に係る借入未実行残高等は次のとお
          りであります。
                                 当中間会計期間
                                (平成29年11月30日)
          当座貸越極度額及びコミットメント
                                     7,999   百万円
          ラインの総額
          借入実行残高                            -
           差引額
                                     7,999
          タームローンの残高                           2,600

           なお、コミットメントライン契約、タームローン契約及び当座貸越契約の内訳は下記のとおりであります。こ

          れらのうち、コミットメントライン契約及びタームローン契約にはそれぞれ財務制限条項が付されております。
         (1)コミットメントライン契約(平成29年3月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行その他4行
           極度額(*)                          1,999百万円
           借入実行残高                            -百万円
          (*)契約期間が平成31年9月までの極度額変動型コミットメントライン契約であります。(5月~11月                                                1,999百万
           円、12月~4月8,545百万円)
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②各年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益に関して、2期連続して経常損失を計上しないこ
           と。
                                 65/71




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (2)コミットメントライン契約(平成29年9月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行
           極度額(*)                          2,400百万円
           借入実行残高                            -百万円
          (*)極度額の上限が3,000百万円の極度額逓増型コミットメントライン契約であります。
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、平成29年5月決算期末日における単
           体の貸借対照表の純資産の部の金額又は前年度決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額の
           いずれか大きい方の75%以上の金額に維持すること。
          ②各年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益に関して、2期連続して経常損失を計上しないこ
           と。
         (3)コミットメントライン契約(平成29年1月契約)

           相手先:              株式会社りそな銀行
           極度額                          1,800百万円
           借入実行残高                            -百万円
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②平成29年5月期決算における単体の損益計算書に示される経常損益が損失とならないようにすること。
         (4)タームローン契約(平成25年9月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行
           借入残高                            200百万円
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②各年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益に関して、2期連続して経常損失を計上しないこ
           と。
         (5)タームローン契約(平成28年9月契約)

           相手先:              株式会社三菱東京UFJ銀行
           借入残高                          2,400百万円
          ①各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日に
           おける単体の貸借対照表の純資産の部の金額の75%以上の金額に維持すること。
          ②各年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益に関して、2期連続して経常損失を計上しないこ
           と。
         (6)当座貸越契約

               相手先          契約年月         極度額       借入実行残高
           株式会社西京銀行              平成28年12月         1,000   百万円        - 百万円
           株式会社足利銀行              平成29年2月          500          -
           株式会社東邦銀行              平成29年10月          300          -
                計                 1,800           -
       4.消費税等の取扱い

          仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、その差額を未収消費税等としております。但し、引渡し前の工事
         等に係る仮受消費税等は※6預り金に含めて表示しております。
                                 66/71



                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (中間損益計算書関係)

       1.※1    営業外収益の主要項目は次のとおりであります。
                                前中間会計期間                 当中間会計期間

                              (自    平成28年6月1日               (自    平成29年6月1日
                              至   平成28年11月30日)               至   平成29年11月30日)
          受取利息                            1 百万円                 3 百万円
          受取配当金                           156                 203
          為替差益                           -                 25
          貸倒引当金戻入額                            1                 -
          償却債権取立益                            0                 1
       2.※2    営業外費用の主要項目は次のとおりであります。

                                前中間会計期間                 当中間会計期間

                              (自    平成28年6月1日               (自    平成29年6月1日
                              至   平成28年11月30日)               至   平成29年11月30日)
          支払利息                           14 百万円                17 百万円
          リース支払利息                           25                 33
          為替差損                            1                 -
          コミットメントライン費用                           66                 35
          タームローン費用                           43                 -
          工事前受金保証料                           -                 14
       3.※3    特別利益の主要項目は次のとおりであります。

                               前中間会計期間                 当中間会計期間

                             (自    平成28年6月1日              (自    平成29年6月1日
                              至   平成28年11月30日)               至   平成29年11月30日)
          訴訟損失引当金戻入額                           - 百万円                83 百万円
       4.※4    特別損失の主要項目は次のとおりであります。

                                前中間会計期間                 当中間会計期間

                              (自    平成28年6月1日               (自    平成29年6月1日
                              至   平成28年11月30日)               至   平成29年11月30日)
          固定資産廃却損                            0 百万円                39 百万円
          損害賠償金                            0                 -
          移転関連費用(*)                           743                  -
          *)前中間会計期間における、移転関連費用743百万円の内訳は、研究開発用建物等の減損損失443百万円及び 
           今後移転時に見込まれる原状回復費用等300百万円であります。        
       5.減価償却実施額

                                前中間会計期間                 当中間会計期間

                              (自    平成28年6月1日               (自    平成29年6月1日
                              至   平成28年11月30日)               至   平成29年11月30日)
          有形固定資産                           196  百万円                202  百万円
          無形固定資産                           15                 16
                                 67/71




                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
         (有価証券関係)

          子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
          (注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の中間貸借対照表計上額(貸借
             対照表計上額)
                                                    (単位:百万円)
                                 前事業年度               当中間会計期間
                   区分
                                平成29年5月31日                平成29年11月30日
            (1)子会社株式                              918               1,222
            (2)関連会社株式                               ▶                ▶
                    計                      922               1,226
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 68/71















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
        (2)  【その他】

           該当事項はありません。
                                 69/71



















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       第6   【提出会社の参考情報】

        当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。

        (1)有価証券報告書及びその添付書類                          平成29年8月31日

          事業年度(第88期)(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)          関東財務局長に提出
        (2)臨時報告書                                    平成29年12月6日

           企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号               関東財務局長に提出
          (主要株主の異動)の規定に基づく臨時報告書であります。              
                                 70/71
















                                                           EDINET提出書類
                                                      日本国土開発株式会社(E00059)
                                                            訂正半期報告書
       第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

        該当事項はありません。

                                 71/71



















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。