株式会社エディア 四半期報告書 第20期第1四半期(平成30年3月1日-平成30年5月31日)

四半期報告書-第20期第1四半期(平成30年3月1日-平成30年5月31日)

提出日:

提出者:株式会社エディア

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成30年7月13日

     【四半期会計期間】               第20期第1四半期(自 平成30年3月1日 至 平成30年5月31日)

     【会社名】               株式会社エディア

     【英訳名】               Edia   Co.,Ltd.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長        CEO 原尾 正紀

     【本店の所在の場所】               東京都千代田区一ツ橋二丁目4番3号

     【電話番号】               03-5210-5801(代表)

     【事務連絡者氏名】               管理部門執行役員 米山 伸明

     【最寄りの連絡場所】               東京都千代田区一ツ橋二丁目4番3号

     【電話番号】               03-5210-5801(代表)

     【事務連絡者氏名】               管理部門執行役員 米山 伸明

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/20









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                               第20期

                              第1四半期
               回次                           第19期
                             連結累計期間
                           自   平成30年3月1日         自   平成29年3月1日
              会計期間
                           至   平成30年5月31日         至   平成30年2月28日
                                  336,774

     売上高                  (千円)                         -
                                 △ 125,381

     経常損失(△)                  (千円)                         -
     親会社株主に帰属する
                                 △ 126,119
                       (千円)                         -
     四半期純損失(△)
                                 △ 126,119
     四半期包括利益                  (千円)                         -
                                 1,072,871            815,244

     純資産額                  (千円)
                                 1,891,170           1,217,677

     総資産額                  (千円)
                                  △ 31.19

     1株当たり四半期純損失金額(△)                  (円)                        -
     潜在株式調整後1株当たり
                        (円)             -           -
     四半期純利益金額
                                   56.6           66.9
     自己資本比率                  (%)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
          なお、当社は前連結会計年度より連結財務諸表の作成をしておりますが、前連結会計年度については、連結
          子会社のみなし取得日及び既存子会社を連結の範囲に含める時期を連結会計年度末日としていることから、
          前連結会計年度においては貸借対照表のみを連結しているため、連結貸借対照表項目のみを記載しておりま
          す。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり四半期純
          損失金額であるため記載しておりません。
     2  【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/20







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

        当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、有価証券報告書に記
       載した「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
      断したものであります。
       なお、前連結会計年度末より連結財務諸表を作成しているため、前年同四半期との比較分析は行っておりません。
      (1)業績の状況

       当社を取り巻く環境におきましては、平成29年度のスマートフォン出荷台数が前年比8.7%増の3,199.4万台と平成
      24年を抜いて過去最高の出荷実績となりました(株式会社MM総研調べ、平成30年2月現在)。今後も、スマートフォ
      ンの出荷台数増加及び高性能化に伴い、スマートフォンユーザーの拡大はさらに進展していくものと予想されます。
       また、平成28年度におけるモバイルコンテンツ市場は1兆8,757億円(対前年比120%)、中でもスマートフォン市
      場は1兆8,047億円(対前年比123%)と年々成長を続けており、スマートフォン市場の内、ゲームが1兆1,836億円
      (対前年比123%)と非常に大きな割合を占めております(一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム調べ、
      平成29年7月現在)。一方で、当該市場には多くのスマートフォンゲームが投入され、競争が激化しており、より高
      品質のゲームを投入するために開発費が増加する傾向にあります。
       このような事業環境の中、当社ではオタク市場向けコンテンツにフォーカスし、当社の得意とするモバイル周辺の
      技術及び位置情報とエンタテインメント性を融合させたスマートフォンコンテンツの提供に注力して参りました。 
       当第1四半期連結累計期間におきましては既存サービスが安定して拡大しており、売上、利益共に改善傾向にあり
      ます。また、ゲームサービスにおきましては、前事業年度に引き続き、当社としてのタイトルポートフォリオの変革
      を図り、収益基盤を拡大すべく新規タイトルの開発に集中しており、本格3DサイバーパンクRPG『BALDR                                                  ACE』、香
      港・台湾で人気の美少女×ロボシミュレーションRPG『魔法軍團WarLocksZ』の事前登録を開始するなど、当事業年度
      内のリリースに向けた開発に取り組んでおります。
       ライフエンターテインメントサービスにおきましては、AppStore、Google                                    Play向け本格ナビゲーションアプリ
      『MAPLUS+声優ナビ』で、アニメ「けものフレンズ」から「どうぶつビスケッツ」と「PPP」のキャラチェンジセット
      を追加すると共に、音楽ゲームアプリ『SHOW                     BY  ROCK!!』ではニコニコ生放送での特別企画やアプリ連動企画を行う
      など再成長に向けた施策を継続しております。
       平成30年2月に子会社化した株式会社ティームエンタテインメントが手掛けるコンテンツコラボレーションカ
      フェ・グッズサービスにおきましては、2018年3月に新店舗『mixx                                garden(ミックスガーデン)』を池袋にオープ
      ンし、人気IPタイトル「スタンドマイヒーローズ」や「血界戦線                               &  BEYOND」とのコラボカフェをスタートさせるな
      ど、音楽レーベルサービスと併せて収益に貢献いたしました。
       以上の通り、既存サービスの拡大や新規サービスの展開により安定した収益計上があるものの、収益基盤の強化に
      向けた積極的な開発及び先行投資を行ったことによる費用増加の結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は
      336,774千円、営業損失は106,232千円、経常損失は125,381千円、四半期純損失は126,119千円となりました。
       なお、当社グループはエンターテインメントサービス事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載は
      しておりません。
      (2)財政状態の状況

       当第1四半期連結会計期間末における資産合計は1,891,170千円となり、前連結会計年度末に比べ673,492千円の増
      加となりました。これは主に現金及び預金、無形固定資産の増加によるものであります。
       負債合計は818,299千円となり、前連結会計年度末に比べ415,865千円の増加となりました。これは主に短期借入金
      の増加によるものであります。また、純資産合計は1,072,871千円となり、前連結会計年度末に比べ257,627千円の増
                                  3/20


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
      加となりました。これは、当第1四半期連結累計期間が四半期純損失となり利益剰余金が減少したものの、EVO                                                    FUND
      による新株予約権の行使により資本金及び資本準備金が増加したことによるものであります。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)研究開発活動

       該当事項はありません。
                                  4/20


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     11,680,000

                  計                                   11,680,000

       ② 【発行済株式】

               第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成30年5月31日)          (平成30年7月13日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
       普通株式           4,390,200          4,771,200               単元株式数は100株であります。
                                     マザーズ
         計          4,390,200          4,771,200          ―             ―
     (注)提出日現在発行数には、平成30年7月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
        た株式数は、含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

      当第1四半期会計期間において発行した新株予約権は、次のとおりであります。
         第12回新株予約権(平成30年4月12日開催の取締役会決議)
               決議年月日                         平成30年4月12日
      新株予約権の数(個)                                     800,000

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                      ―

      新株予約権の目的となる株式の種類                                    普通株式

      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                   800,000(注)1

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                  1,148(注)2、3

                                       自 平成30年5月2日
      新株予約権の行使期間                                 至 平成30年9月11日
                                           (注)4
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の                                  発行価格  1,148
      株式の発行価格及び資本組入額(円)                                  資本組入額  574
      新株予約権の行使の条件                                    (注)5
      新株予約権の譲渡に関する事項                                    (注)6

      代用払込みに関する事項                                      ―

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                             ―
      関する事項
      (注)1.新株予約権の目的である株式の数の算出方法
            本新株予約権の目的である株式の総数は800,000株(本新株予約権1個あたり1株(以下、「割当株式
            数」という。))とする。
            なお、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的たる株式の数を調整するものとす
            る。但し、かかる調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない本新株予約権の目的とな
            る株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとす
            る。
             調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
                                  5/20

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
            その他、目的となる株式数の調整を必要とする事由が生じたときは、当社は取締役会決議により、合理
            的な範囲で目的となる株式数を適宜調整するものとする。
         2.行使価額の修正
           (1)行使価額は、平成30年5月7日に初回の修正がされ、以後5価格算定日(以下に定義する。)が経過す
            る毎に修正される。価格算定日とは、株式会社東京証券取引所(以下、「取引所」という。)において
            売買立会が行われる日(以下、「取引日」という。)であって、市場混乱事由が発生しなかった日をい
            う。本項に基づき行使価額が修正される場合、行使価額は、直前に行使価額が修正された日(当日を含
            む。)から起算して5価格算定日目の日の翌取引日(以下、「修正日」という。)に、修正日に先立つ
            5連続価格算定日(以下、「価格算定期間」という。)の各価格算定日において取引所が発表する当社
            普通株式の普通取引の売買高加重平均価格の単純平均値の、それぞれ92%に相当する金額の1円未満の
            端数を切上げた額(以下、「基準行使価額」という。但し、当該金額が下限行使価額(以下に定義す
            る。)を下回る場合、下限行使価額とする。)に修正される。また、いずれかの価格算定期間内に下記
            3の規定に基づく調整の原因となる事由が発生した場合には、当該価格算定期間の各価格算定日におい
            て取引所が発表する当社普通株式の普通取引の売買高加重平均価格は当該事由を勘案して調整される。
           (2)「下限行使価額」は、当初624円とする。下限行使価額は下記3の規定を準用して調整される。
         3.   行使価額の調整
           (1)当社は、本新株予約権の割当日後、下記(2)に掲げる各事由により当社普通株式が交付され、発行済普
            通株式数に変更を生じる場合又は変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「行使価
            額調整式」という。)をもって行使価額を調整する。
                                  交付普通株式数×1株あたりの払込金額
                          既発行
                               +
                         普通株式数
             調整後      調整前
                                          時価
                 =      ×
             行使価額      行使価額
                               既発行普通株式数+交付普通株式数
           (2)行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及びその調整後の行使価額の適用時期については、次
            に定めるところによる。
             ①下記(4)②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を新たに交付する場合(但し、当社
              の発行した取得請求権付株式若しくは取得条項付株式の取得と引換えに交付する場合又は当社普通
              株式の交付を請求できる新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利の請求又
              は行使による場合を除く。)、調整後の行使価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられ
              ているときは、当該払込期間の最終日とする。以下同じ。)の翌日以降、また、募集のための株主
              割当日がある場合はその日の翌日以降これを適用する。
             ②株式分割又は株式無償割当により当社普通株式を発行する場合、調整後の行使価額は、株式分割の
              ための基準日の翌日以降、当社普通株式の無償割当について普通株主に割当を受ける権利を与える
              ための基準日があるときはその翌日以降、当社普通株式の無償割当について普通株主に割当を受け
              る権利を与えるための基準日がないとき及び株主(普通株主を除く。)に当社普通株式の無償割当
              をするときは当該割当の効力発生日の翌日以降、それぞれこれを適用する。
             ③取得請求権付株式であって、その取得と引換えに下記(4)②に定める時価を下回る価額をもって当社
              普通株式を交付する旨の定めがあるものを発行する場合(無償割当の場合を含む。)又は下記(4)②
              に定める時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予約権若しくは新株予約
              権付社債その他の証券若しくは権利を発行する場合(無償割当の場合を含む。)、調整後の行使価
              額は、発行される取得請求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権利
              の全てが当初の取得価額又は行使価額で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたものとみな
              して行使価額調整式を準用して算出するものとし、払込期日(新株予約権又は新株予約権付社債の
              場合は割当日、無償割当の場合は効力発生日)の翌日以降これを適用する。但し、その権利の割当
              のための基準日がある場合は、その日の翌日以降これを適用する。上記にかかわらず、請求又は行
              使に際して交付される当社普通株式の対価が取得請求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付
              社債その他の証券又は権利が発行された時点で確定していない場合、調整後の行使価額は、当該対
              価の確定時点で発行されている取得請求権付株式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の
              証券又は権利の全てが当該対価の確定時点の条件で請求又は行使されて当社普通株式が交付された
              ものとみなして行使価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確定した日の翌日以降、
              これを適用する。
                                  6/20


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
             ④当社の発行した取得条項付株式又は取得条項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含
              む。)の取得と引換えに下記(4)②に定める時価を下回る価額でもって当社普通株式を交付する場
              合、調整後の行使価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
             ⑤上記①ないし③の各取引において、その権利の割当のための基準日が設定され、かつ、各取引の効
              力の発生が当該基準日以降の株主総会又は取締役会その他当社の機関の承認を条件としているとき
              は、上記①ないし③の定めにかかわらず、調整後の行使価額は、当該承認があった日の翌日以降、
              これを適用する。この場合において、当該基準日の翌日から当該取引の承認があった日までに本新
              株予約権を行使した新株予約権者に対しては、次の算式に従って当社普通株式の交付数を決定する
              ものとする。
                                       調整前行使価額により当該期間内に
                   (調整前行使価額-調整後行使価額)×
                                           交付された株式数
             株式数
                 =
                                  調整後行使価額
              この場合に1株未満の端数が生じたときはこれを切り捨て、現金による調整は行わない。
           (3)行使価額調整式により算出された調整後の行使価額と調整前の行使価額との差額が1円未満にとどまる
            限りは、行使価額の調整はこれを行わない。但し、その後の行使価額の調整を必要とする事由が発生し
            行使価額を算出する場合は、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて、調整前行使価額からこの差
            額を差引いた額を使用する。
           (4)行使価額調整式の計算については、次に定めるところによる。
             ①1円未満の端数を四捨五入する。
             ②行使価額調整式で使用する時価は、調整後の行使価額を適用する日(但し、上記(2)⑤の場合は基準
              日)に先立つ45取引日目に始まる30取引日の取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均
              値(当日付で終値のない日数を除く。)とする。この場合、平均値の計算は、円位未満小数第2位
              まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
             ③行使価額調整式で使用する既発行普通株式数は、基準日がある場合はその日、また、基準日がない
              場合は、調整後の行使価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普通株式数から、当
              該日における当社の有する当社普通株式の数を控除した数とする。また、上記(2)②の場合には、行
              使価額調整式で使用する交付普通株式数は、基準日における当社の有する当社普通株式に割り当て
              られる当社普通株式数を含まないものとする。
           (5)上記(2)の行使価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合には、当社は、必要な行使価額
            の調整を行う。
             ①株式の併合、当社を存続会社とする合併、当社を承継会社とする吸収分割、当社を完全親会社とす
              る株式交換のために行使価額の調整を必要とするとき。
             ②その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由の発生により行使価額の調整
              を必要とするとき。
             ③行使価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の行使価額の算
              出にあたり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
           (6)上記(2)号の規定にかかわらず、上記(2)号に基づく調整後の行使価額を初めて適用する日が上記2に基
            づく行使価額の修正日と一致する場合には、当社は、必要な調整を行う。
           (7)行使価額の修正又は調整を行うときは、当社は、あらかじめ書面によりその旨並びにその事由、修正又
            は調整前の行使価額、修正又は調整後の行使価額及びその適用の日その他必要な事項を、適用の日の前
            日までに本新株予約権者に通知する。
         4.本新株予約権の行使期間
           平成30年5月2日から平成30年9月11日までとする。但し、本新株予約権の行使期間の最終日までに市場
           混乱事由が生じた場合、本新株予約権の行使期間は、当該市場混乱事由の発生した日のうち取引日に該当
           する日数分だけ、20取引日を上限に延長される。
         5.新株予約権の行使の条件
           本新株予約権の一部行使はできない。
         6.新株予約権の譲渡に関する事項
           本新株予約権の譲渡については、当社取締役会の承認を要するものとする。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
                                  7/20

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                   (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      平成30年5月14日

                    60,000     4,051,200         28,551      819,722       28,551      809,722
        (注)1
      平成30年5月18日

                   170,000      4,221,200         80,894      900,617       80,894      890,617
        (注)2
      平成30年5月24日

                   169,000      4,390,200         81,686      982,303       81,686      972,303
        (注)3
      (注)1.有償第三者割当増資

           発行価格             948円
           資本組入額        474.00円
           割当先   EVO         FUND
         2.有償第三者割当増資
           発行価格            948円
           資本組入額        474.00円
           割当先   EVO        FUND
         3.有償第三者割当増資
           発行価格            963円
           資本組入額        481.50円
           割当先   EVO        FUND
                                  8/20










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (7)  【議決権の状況】

        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成30年2月28日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ① 【発行済株式】
                                                平成30年5月31日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                      ―             ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―             ―             ―

     議決権制限株式(その他)                      ―             ―             ―

     完全議決権株式(自己株式等)                      ―             ―             ―

                                               権利内容に何らの制限の
                                               ない当社における標準と
     完全議決権株式(その他)                  普通株式 3,990,400                    39,904    なる株式であります。単
                                               元株式数は100株であり
                                               ます。
                        普通株式 800
     単元未満株式                                   ―             ―
     発行済株式総数                       3,991,200            ―             ―

     総株主の議決権                      ―                39,904          ―

      (注)単元未満株式欄には、当社所有の自己株式45株が含まれております。
       ② 【自己株式等】
                                           平成30年5月31日現在  
                                                  発行済株式
                       自己名義         他人名義         所有株式数
     所有者の氏名                                             総数に対する
              所有者の住所         所有株式数         所有株式数         の合計
     又は名称                                             所有株式数
                       (株)         (株)         (株)
                                                  の割合(%)
     -         -         -         -         -         -
     計         -         -         -         -         -
      (注) 上記以外に自己名義所有の単元未満株式45株を保有しております。
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  9/20







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1   四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
       なお、当社は前連結会計年度末より連結財務諸表を作成しているため、比較情報である前第1四半期累計期間(平
      成29年3月1日から平成29年5月31日まで)の四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書に係る比較情報
      を記載しておりません。
     2  監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成30年3月1日から平成
      30年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年5月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 10/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         521,387             1,064,702
         現金及び預金
                                         186,939              195,885
         売掛金
                                          31,968              30,865
         商品及び製品
                                          10,620              12,940
         仕掛品
                                           137               88
         原材料及び貯蔵品
                                          22,524              32,411
         前払費用
                                           299              613
         未収入金
                                          38,244              44,061
         未収消費税等
                                           181             1,119
         その他
                                           △ 85             △ 81
         貸倒引当金
                                         812,216             1,382,606
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          16,236              16,009
           建物(純額)
                                          8,504              9,132
           工具、器具及び備品(純額)
                                          24,741              25,141
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          44,053              47,743
           ソフトウエア
                                         248,004              345,350
           ソフトウエア仮勘定
                                          37,773              35,884
           のれん
                                         329,831              428,978
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          49,374              49,089
           敷金及び保証金
                                          1,513              5,353
           その他
                                          50,888              54,443
           投資その他の資産合計
                                         405,461              508,563
         固定資産合計
                                        1,217,677              1,891,170
       資産合計
                                 11/20









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年5月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         86,691              102,474
         買掛金
                                                       400,000
         短期借入金                                  -
                                         123,426              109,656
         1年内返済予定の長期借入金
                                         71,163              81,251
         未払金
                                         18,181              16,827
         未払費用
                                          6,363              3,605
         未払法人税等
                                          9,011              17,578
         預り金
                                         15,499              30,728
         賞与引当金
                                          6,851              5,754
         情報利用料引当金
                                          6,623              6,708
         返品調整引当金
                                          1,875              3,131
         その他
                                         345,685              777,715
         流動負債合計
       固定負債
                                         56,748              40,584
         長期借入金
                                         56,748              40,584
         固定負債合計
                                         402,433              818,299
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         791,171              982,303
         資本金
                                         781,171              972,303
         資本剰余金
                                        △ 757,368             △ 883,488
         利益剰余金
                                          △ 89             △ 89
         自己株式
                                         814,885             1,071,028
         株主資本合計
                                           358             1,842
       新株予約権
                                         815,244             1,072,871
       純資産合計
                                        1,217,677              1,891,170
      負債純資産合計
                                 12/20










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                      (単位:千円)
                               当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成30年3月1日
                                 至 平成30年5月31日)
                                         336,774
      売上高
                                         175,767
      売上原価
                                         161,006
      売上総利益
                                         267,239
      販売費及び一般管理費
                                        △ 106,232
      営業損失(△)
      営業外収益
                                            2
       受取利息
                                          1,286
       受取補償金
                                           33
       その他
                                          1,322
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           832
       支払利息
                                          5,720
       新株予約権発行費
                                         13,415
       違約金
                                           502
       その他
                                         20,471
       営業外費用合計
                                        △ 125,381
      経常損失(△)
                                        △ 125,381
      税金等調整前四半期純損失(△)
                                           738
      法人税、住民税及び事業税
                                           738
      法人税等合計
                                        △ 126,119
      四半期純損失(△)
                                        △ 126,119
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                 13/20











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                      (単位:千円)
                               当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成30年3月1日
                                 至 平成30年5月31日)
                                        △ 126,119
      四半期純損失(△)
                                        △ 126,119
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 126,119
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 14/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結貸借対照表関係)
       
       ります。当第1四半期連結会計期間末における貸出コミットメントに係る借入未実行残高等は次のとおりでありま
       す。
                             当第1四半期連結会計期間

                              (平成30年5月31日)
         貸出コミットメントの総額                         400,000千円
         借入実行残高                         400,000〃
         差引額                           - 千円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)、のれんの償却額は次のと
       おりであります。
                              当第1四半期連結累計期間

                              (自    平成30年3月1日
                               至   平成30年5月31日)
        減価償却費                          7,948千円
        のれんの償却額                          1,888〃
        (株主資本等関係)

       当第1四半期連結累計期間(自                平成30年3月1日 至            平成30年5月31日)
      1.配当に関する事項
        該当事項はありません。
      2.株主資本の金額の著しい変動

        当第1四半期連結累計期間において、EVO                    FUNDによる新株予約権の権利行使があり、資本金が191,131千円、資本
       準備金が191,131千円増加しました。この結果、当第1四半期連結累計期間末において資本金が982,303千円、資本
       剰余金が972,303千円となっております。
        (セグメント情報等)

       当社グループはエンターテインメントサービス事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はしてお
      りません。
                                 15/20







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当第1四半期連結累計期間

                                (自    平成30年3月1日
                 項目
                                 至   平成30年5月31日)
      1株当たり四半期純損失金額(△)                                 △31円19銭
        (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)(千円)                                 △126,119

      普通株主に帰属しない金額(千円)

                                           -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損失金
                                       △126,119
      額(△)(千円)
        普通株式の期中平均株式数(株)                               4,043,459
      (注)当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり四半期純損
         失であるため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

        (新株予約権の行使による増資)
        当社が発行いたしました第12回新株予約権につき、当第1四半期連結会計期間終了後、平成30年7月9日までの
       間に、以下のとおり行使されました。
        当該新株予約権の権利行使の概要は次のとおりであります。
        (1)発行した株式の種類及び株式数 普通株式 401,000株
        (2)行使新株予約権個数           401,000個
        (3)増加した資本金の額          184,448千円
        (4)増加した資本準備金の額        184,448千円
         以上の新株予約権の行使による新株発行の結果、本書提出日において、資本金は1,166,751千円、資本準備金は
        1,156,751千円となっております。なお、これにより当該新株予約権の全ての権利行使が完了しております。
                                 16/20










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
        該当事項はありません。
                                 17/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 18/20



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年7月9日

     株式会社エディア
      取締役会      御中
                        太陽有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          柏  木                  忠     印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          石      井      雅      也      印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社エディア

     の平成30年3月1日から平成31年2月28日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成30年3月1日から平成30年5月
     31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年5月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すな
     わち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
     行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社エディア及び連結子会社の平成30年5月31日現在の財政状
     態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重
     要な点において認められなかった。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成30年6月1日から平成30年7月9日までの間に新株予約権の権利行
     使を受け、新株の発行を行っている。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
                                 19/20


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社エディア(E32238)
                                                             四半期報告書
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20




















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。