リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社 四半期報告書 第37期第2四半期(平成30年3月1日-平成30年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第37期第2四半期(平成30年3月1日-平成30年5月31日)

提出日:

提出者:リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                             リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(E02702)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年7月13日
      【四半期会計期間】                    第37期第2四半期(自 平成30年3月1日 至 平成30年5月31日)
      【会社名】                    リーバイ・ストラウス           ジャパン株式会社
      【英訳名】                    LEVI   STRAUSS    JAPAN   KABUSHIKI     KAISHA
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 パスカル・センコフ
      【本店の所在の場所】                    東京都港区南青山一丁目1番1号
      【電話番号】                    03(5785)5600(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経理財務統括部長 村濱 仁
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区南青山一丁目1番1号
      【電話番号】                    03(5785)5600(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経理財務統括部長 村濱 仁
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/14













                                                           EDINET提出書類
                                             リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(E02702)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                    第36期         第37期
                  回次                 第2四半期         第2四半期          第36期
                                   累計期間         累計期間
                                   自平成28年         自平成29年         自平成28年

                                    12月1日          12月1日          12月1日
                 会計期間
                                   至平成29年         至平成30年         至平成29年
                                    5月31日          5月31日          11月30日
                           (百万円)            6,378         7,331         13,018
     売上高
                           (百万円)             210         724         405
     経常利益
                           (百万円)             148         706         821
     四半期(当期)純利益
                           (百万円)             -         -         -
     持分法を適用した場合の投資利益
                           (百万円)            5,213           86        5,213
     資本金
                            (千株)          28,952         28,952         28,952
     発行済株式総数
                           (百万円)            2,203         3,582         2,876
     純資産額
                           (百万円)            4,964         6,947         6,047
     総資産額
                            (円)          25.66         122.06         142.01
     1株当たり四半期(当期)純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純
                            (円)            -         -         -
     利益金額
                            (円)            -         -         -
     1株当たり配当額
                            (%)           44.4         51.6         47.6
     自己資本比率
                           (百万円)             249        1,032          838
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                           (百万円)            △ 198         △ 48        △ 285
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                           (百万円)            △ 245         △ 7       △ 248
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                           (百万円)             576        2,052         1,075
     現金及び現金同等物の四半期末(期末)残高
                                    第36期         第37期

                  回次                 第2四半期         第2四半期
                                   会計期間         会計期間
                                   自平成29年         自平成30年

                                    3月1日         3月1日
                 会計期間
                                   至平成29年         至平成30年
                                    5月31日         5月31日
                            (円)           20.57         71.95
     1株当たり四半期純利益金額
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度にかかる主要な連結経営指標の推移に
           ついては記載しておりません。
         2.売上高には消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
         4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
         5.当社は平成30年6月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。前事業年度の期
           首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額を算定しております。
      2【事業の内容】

        当第2四半期累計期間において、当社が営む事業の内容につきまして、重要な変更はありません。また、主要な
       関係会社における異動もありません。
                                  2/14


                                                           EDINET提出書類
                                             リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(E02702)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日において当社が判断したものであります。
       (1)業績の状況
        当社の第2四半期累計期間(平成29年12月1日~平成30年5月31日)における我が国の経済は、企業業績、雇用環境
       及び所得状況が改善し緩やかな回復基調にありました。しかしながら、個人消費の伸び悩みや海外経済の先行き懸念
       などの課題も浮彫りになりました。
        このような事業環境のなかで、当社の第2四半期累計期間における売上高は、前年同四半期比9億53百万円増加の
       73億31百万円(前年同四半期比14.9%増)となりました。これは小売店での新商品を中心とした好調な冬物商戦後も
       定番商品のボトムスに加えて、トップスの豊富な品揃えが奏功し、堅調に売上が推移したためです。また、直営店で
       あるリーバイスストアでは昨年開店した大阪の旗艦店をはじめ着実に売上が推移したことも主な理由です。
        売上の伸張に加えて商品のコスト削減が功を奏し、収益性の高い販売ができたため、返品調整引当金繰入後の売上
       総利益は、前年同四半期比8億50百万円増加の38億23百万円(前年同四半期比28.6%増)となりました。
        販売費及び一般管理費は、売上増加に伴う配送料、店舗運営費等の販売費が増加したため前年同四半期比3億32百
       万円増加の31億7百万円(前年同四半期比12.0%増)となりました。
        この結果、営業利益は、前年同四半期比5億18百万円増加の7億16百万円(前年同四半期比262.1%増)、経常利益
       は、前年同四半期比5億14百万円増加の7億24百万円(前年同四半期比244.1%増)、四半期純利益は、前年比5億57
       百万円増加の7億6百万円(前年同四半期比375.6%増)となりました。
       (2)財政状態の分析

       (資産)
        当第2四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末に比べて8億99百万円増加し、69億47百万円となりまし
       た。これは、主に現金及び預金が9億77百万円、商品が1億87百万円増加し、売掛金が1億62百万円、未収消費税等
       が2億22百万円減少したことによるものです。
       (負債)
        当第2四半期会計期間末における負債は、前事業年度末に比べて1億93百万円増加し、33億64百万円となりまし
       た。これは、主に買掛金が53百万円、未払金が1億76百万円増加し、未払法人税等が68百万円減少したことによるも
       のです。
       (純資産)
        当第2四半期会計期間末における純資産は、前事業年度末に比べて7億6百万円増加し、35億82百万円となりまし
       た。これは、四半期純利益により利益剰余金が増加したことによるものです。
       (3)キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べて9億77
       百万円増加し、20億52百万円となりました。
        当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は以下のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動によるキャッシュ・フローは、税引前四半期純利益7億21百万円に対して、売上債権1億62百万円及び未
       収消費税等2億22百万円の減少等による収入、商品1億87百万円の増加等による支出があったため、10億32百万円の
       資金の収入(前年同四半期比7億83百万円の増加)となりました。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得等により48百万円の資金の支出(前年同四半期比1億
       49百万円の減少)となりました。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動によるキャッシュ・フローは、ファイナンス・リース債務の返済等により7百万円の資金の支出(前年同
       四半期比2億38百万円の減少)となりました。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  3/14


                                                           EDINET提出書類
                                             リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(E02702)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                          発行可能株式総数(株)
       普通株式                                         100,800,000

                  計                              100,800,000

     (注)平成30年2月23日開催の第36回定時株主総会において、株式併合に関する議案が承認可決されております。
        これにより、株式併合の効力発生日(平成30年6月1日)をもって、発行可能株式総数は80,640,000株減少し、
        20,160,000株となっております。
        ②【発行済株式】
             第2四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名又
                         提出日現在発行数(株)
       種類     現在発行数(株)                          は登録認可金融商品取引                内容
                          (平成30年7月13日)
             (平成30年5月31日)                         業協会名
                                      株式会社東京証券取引所
                                                     単元株式数
      普通株式          28,952,000              5,790,400          JASDAQ
                                                      100株
                                        (スタンダード)
                               5,790,400
        計         28,952,000                           ―           ―
     (注)1.平成30年6月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。これにより、発行済株式
          総数は23,161,600株減少し、5,790,400株となっております。
        2.平成30年2月23日開催の第36回定時株主総会において、株式併合に関する議案が可決承認されております。
          これにより、株式併合の効力発生日(平成30年6月1日)をもって、単元株式数が1,000株から100株に変更と
          なっております。
       (2)【新株予約権等の状況】
          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日       数増減数                              減額
                        数残高(株)        (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                (株)                               (百万円)
      平成30年4月20日
                     -             △5,127                △31
                         28,952,000                   86              1,509
      (注1)
     (注)1.平成30年2月23日開催の第36回定時株主総会の決議により、平成30年4月20日付で資本金を5,127百万円およ
          び資本準備金を31百万円それぞれ減少し、その他資本剰余金に振り替えております。また、振り替えたその他
          資本剰余金の全額を繰越利益剰余金に振り替え、欠損填補を行っております。
        2.  平成30年2月23日開催の第36回定時株主総会の決議により、平成30年6月1日付で普通株式5株につき1株の
          割合で株式併合を行い、発行済株式総数は23,161,600株減少し、5,790,400株となっております。
                                  4/14





                                                           EDINET提出書類
                                             リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(E02702)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成30年5月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                    対する所有株式数
          氏名又は名称                     住所
                                            (千株)
                                                    の割合(%)
     リーバイ・ストラウス・アンド・カ
                       1155   BATTERY    STREET,SAN      FRANCISCO,CA
     ンパニー
                       94111   U.S.A.                      24,202          83.59
     (常任代理人 みずほ信託銀行株式
                       (東京都中央区八重洲1丁目2番1号)
     会社)
     日本トラスティー・サービス信託銀
                                                 192         0.66
                       東京都中央区晴海1丁目8番11号
     行株式会社(信託口)
                                                 163         0.56
     株式会社SBI証券                  東京都港区六本木1丁目6番1号
                       広島県福山市新市町大字常1450                          151         0.52

     カイハラ産業株式会社
                                                 150         0.51

     今 秀信                  奈良県奈良市
     日本生命保険相互会社                  東京都千代田区丸の内1丁目6番6号
     (常任代理人 日本マスタートラス                  日本生命証券管理部内                          110         0.37
     ト信託銀行株式会社)                  (東京都港区浜松町2丁目11番3号)
                       東京都中央区日本橋人形町2丁目31番11
                                                 110         0.37
     日清紡ホールディングス株式会社
                       号
                       東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番10
                                                  79        0.27
     日本証券金融株式会社
                       号
                       神奈川県横浜市保土ヶ谷区天王町1丁目
                                                  77        0.26
     株式会社大野衣料
                       20番6号
                                                  63        0.21
     神野 宏一                  愛知県名古屋市名東区
                                -                25,298          87.37

             計
                                  5/14











                                                           EDINET提出書類
                                             リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(E02702)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年5月31日現在
                            株式数(株)           議決権の数(個)

                区分                                      内容
                              -            -            -

          無議決権株式
          議決権制限株式(自己株式等)                     -            -            -

          議決権制限株式(その他)                     -            -            -

                           (自己保有株式)
          完全議決権株式(自己株式等)                                 -            -
                          普通株式          24,000
          完全議決権株式(その他)                 普通株式28,883,000               28,883             -
                          普通株式         45,000          -            -

          単元未満株式
                              28,952,000            -            -

          発行済株式総数
                              -          28,883             -

          総株主の議決権
         (注)1.平成30年6月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。これにより、発
              行済株式総数は20,160,000株減少し、5,790,400株となっております。
            2.平成30年2月23日開催の第36回定時株主総会において、株式併合に関する議案が可決承認されており
              ます。これにより、株式併合の効力発生日(平成30年6月1日)をもって、単元株式数が1,000株か
              ら100株に変更となっております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年5月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                              自己名義所有        他人名義所有
                                             所有株式数の
                                                    対する所有株式数
         所有者の氏名又は名称            所有者の住所
                              株式数(株)        株式数(株)
                                             合計(株)
                                                    の割合(%)
         (自己保有株式)
                     東京都港区南青
                                  24,000              24,000          0.08
                     山一丁目1番1                      -
         リーバイ・ストラウス 
                     号
         ジャパン株式会社
                                  24,000              24,000          0.08

               計          -                  -
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  6/14








                                                           EDINET提出書類
                                             リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(E02702)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(平成30年3月1日から平成30
       年5月31日まで)及び第2四半期累計期間(平成29年12月1日から平成30年5月31日まで)に係る四半期財務諸表に
       ついて、PwCあらた有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  7/14
















                                                           EDINET提出書類
                                             リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(E02702)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度            当第2四半期会計期間
                                 (平成29年11月30日)              (平成30年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         1,075              2,052
         現金及び預金
                                         1,339              1,176
         売掛金
                                         2,170              2,357
         商品
                                           358              136
         未収消費税等
                                            3              0
         短期貸付金
                                           199              222
         その他
                                            -             △ 0
         貸倒引当金
                                         5,146              5,944
         流動資産合計
       固定資産
                                           542              527
         有形固定資産
                                            0              0
         無形固定資産
                                           358              475
         投資その他の資産
         固定資産合計                                  901             1,002
                                         6,047              6,947
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         1,311              1,365
         買掛金
                                           680              856
         未払金
                                           84              16
         未払法人税等
                                           243              245
         返品調整引当金
                                            6              13
         資産除去債務
                                           397              420
         その他
                                         2,722              2,917
         流動負債合計
       固定負債
                                           248              248
         資産除去債務
                                           200              198
         その他
                                           448              447
         固定負債合計
                                         3,171              3,364
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         5,213                86
         資本金
                                         1,541              1,509
         資本剰余金
                                        △ 3,856              2,009
         利益剰余金
                                          △ 22             △ 22
         自己株式
                                         2,876              3,582
         株主資本合計
                                         2,876              3,582
       純資産合計
                                         6,047              6,947
      負債純資産合計
                                  8/14







                                                           EDINET提出書類
                                             リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(E02702)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第2四半期累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                                前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
                                         6,378              7,331
      売上高
                                         3,127              3,235
      売上原価
                                           153              271
      その他
                                         3,097              3,824
      売上総利益
                                           125               1
      返品調整引当金繰入額
                                         2,972              3,823
      差引売上総利益
                                        ※1 2,774             ※1 3,107
      販売費及び一般管理費
                                           197              716
      営業利益
      営業外収益
                                            7              6
       受取手数料
                                            5              6
       為替差益
                                            0              0
       雑収入
                                           13              13
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            0              ▶
       支払利息
                                            0              0
       雑損失
       営業外費用合計                                    0              ▶
                                           210              724
      経常利益
      特別損失
                                            0              0
       固定資産除却損
                                           20               2
       特別退職金
                                           20               2
       特別損失合計
                                           190              721
      税引前四半期純利益
                                           41              15
      法人税等
                                           148              706
      四半期純利益
                                  9/14











                                                           EDINET提出書類
                                             リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(E02702)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           190              721
       税引前四半期純利益
                                           52              63
       減価償却費
                                            -              0
       差入保証金償却額
       前払年金費用の増減額(△は増加)                                   △ 31             △ 33
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 1              0
       返品調整引当金の増減額(△は減少)                                   125               1
                                           △ 0             △ 0
       雑収入
                                            0              ▶
       支払利息
                                            0              0
       雑損失
       有形固定資産除売却損益(△は益)                                    0              0
                                           20              13
       特別退職金
       売上債権の増減額(△は増加)                                   △ 13              162
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 165             △ 187
       前払費用の増減額(△は増加)                                   △ 3              7
       未収入金の増減額(△は増加)                                   △ 20               ▶
       未収消費税等の増減額(△は増加)                                   185              222
       仕入債務の増減額(△は減少)                                   △ 14              53
       未払金の増減額(△は減少)                                    55              71
       未払費用の増減額(△は減少)                                   △ 34              23
       未払法人税等(外形標準課税)の増減額(△は減
                                            1             △ 36
       少)
                                            1             △ 0
       その他
                                           349             1,094
       小計
       利息の支払額                                   △ 0             △ ▶
                                          △ 67             △ 49
       法人税等の支払額
                                           △ 1             △ 0
       預り保証金の返還による支出
                                          △ 29              △ 7
       特別退職金の支払額
                                           249             1,032
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 115              △ 36
       有形固定資産の取得による支出
                                          △ 74             △ 15
       敷金の差入による支出
                                            -              0
       敷金の回収による収入
       短期貸付金の純増減額(△は増加)                                    -              3
                                           △ 8              -
       資産除去債務の履行による支出
                                         △ 198              △ 48
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  △ 245               -
                                            -             △ 6
       ファイナンス・リース債務の返済による支出
                                           △ 0             △ 0
       自己株式の取得による支出
                                         △ 245              △ 7
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 194              977
                                           771             1,075
      現金及び現金同等物の期首残高
                                         ※1 576            ※1 2,052
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 10/14





                                                           EDINET提出書類
                                             リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(E02702)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第2四半期会計期間を含む事業年度の税引前当期純損益に対する税効果会計適用後の
         実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純損益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (四半期損益計算書関係)

         ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費用及び金額は次のとおりであります。
                             前第2四半期累計期間                   当第2四半期累計期間
                            (自    平成28年12月1日              (自    平成29年12月1日
                             至     平成29年5月31日)               至     平成30年5月31日)
     給与及び手当                                606  百万円                691  百万円
                                     △ 16                 △ 16
     退職給付費用
                                      340                  357
     広告宣伝費
                                      674                  755
     支払手数料
                                      △ 1                  0
     貸倒引当金繰入額
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のと
          おりであります。
                             前第2四半期累計期間                  当第2四半期累計期間
                            (自    平成28年12月1日              (自    平成29年12月1日
                             至   平成29年5月31日)               至   平成30年5月31日)
     現金及び預金勘定                                576百万円                 2,052百万円
     現金及び現金同等物                                576                 2,052
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第2四半期累計期間(自 平成28年12月1日 至 平成29年5月31日)
         配当に関する事項
         (1)配当金支払額
           該当事項はありません。
         (2)基準日が当第2四半期累計期間に属する配当金のうち、配当の効力発生が当第2四半期会計期間末後とな
           るもの
           該当事項はありません。
         Ⅱ 当第2四半期累計期間(自 平成29年12月1日 至 平成30年5月31日)

         配当に関する事項
         (1)配当金支払額
           該当事項はありません。
         (2)基準日が当第2四半期累計期間に属する配当金のうち、配当の効力発生が当第2四半期会計期間末後とな
           るもの
           該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
         Ⅰ 前   第2四半期累計期間(自 平成28年12月1日 至 平成29年5月31日)
          当社は、商品内容及び顧客の種類の類似性等から判断して、区別すべき事業セグメントの重要性が乏しいた
         め、報告セグメントはリーバイスジーンズ事業を中心とした単一であることから、記載を省略しております。
         Ⅱ 当   第2四半期累計期間(自 平成29年12月1日 至 平成30年5月31日)

          当社は、商品内容及び顧客の種類の類似性等から判断して、区別すべき事業セグメントの重要性が乏しいた
         め、報告セグメントはリーバイスジーンズ事業を中心とした単一であることから、記載を省略しております。
                                 11/14



                                                           EDINET提出書類
                                             リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(E02702)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                 (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                  至 平成29年5月31日)              至 平成30年5月31日)
       1株当たり四半期純利益金額                                   25円66銭              122円06銭
      (算定上の基礎)

       四半期純利益金額(百万円)                                   148              706

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -              -

       普通株式に係る四半期純利益金額(百万円)                                   148              706

       普通株式の期中平均株式数(千株)                                  5,785              5,785

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.  当社は、平成30年6月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。前事業年度の
           期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
        (重要な後発事象)

         (単元株式数の変更及び株式併合)
          当社は、平成30年1月23日開催の取締役会において、単元株式数の変更及び定款の一部変更について決議する
         とともに、平成30年2月23日開催の当社定時株主総会に株式併合に関する議案を付議することを決議し、同株主
         総会にて承認され、平成30年6月1日でその効力が発生しております。
        (1)単元株式数の変更及び株式併合の目的
          全国証券取引所は、「売買単位の集約に向けた行動計画」を公表し、すべての国内上場会社の普通株式の売買
         単位を最終的に100株に集約することを目指しております。
          当社は東京証券取引所に上場する企業として、この趣旨を尊重し、当社株式の売買単位である単元株式数を現
         在の1,000株から100株に変更することといたしました。併せて、当社株式について、証券取引所が望ましいとし
         ている投資単位(5万円以上50万円未満)の水準にするとともに、発行済株式の適正化を図ることを目的とし
         て、株式併合(5株を1株に併合)を実施いたしました。
        (2)単元株式数の変更の内容
          平成30年6月1日をもって、当社の単元株式数を現在の1,000株から100株に変更いたしました。
        (3)株式併合の内容
         ①株式併合する株式の種類
          普通株式
         ②株式併合の方法・割合
           平成30年6月1日をもって、平成30年5月31日の最終株主名簿に記録された株主の所有株式数を普通株式
          5株につき1株の割合で併合いたしました。
          ③株式併合により減少する株式数
           株式併合前の発行済株式総数(平成29年11
                                     28,952,000株
           月30日)
           株式併合により減少する株式数                          23,161,600株
           株式併合後の発行済株式総数                           5,790,400株
          ④1株未満の端数が生じる場合の処理
           株式併合の結果、1株に満たない端数が生じた場合、会社法第235条の規定に基づき当社が一括して処分
          し、その処分代金を端数を生じた株主に対して、端数の割合に応じて交付いたします。
        (4)単元株式数の変更及び株式併合の日程
           取締役会決議日                        平成30年1月23日
           株主総会決議日                        平成30年2月23日
           単元株式数の変更及び株式併合                        平成30年6月1日
        (5)1株当たり利益情報に及ぼす影響
         1株当たり情報に及ぼす影響については、当該箇所に記載しております。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 12/14



                                                           EDINET提出書類
                                             リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(E02702)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 13/14




















                                                           EDINET提出書類
                                             リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社(E02702)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年7月13日

     リーバイ・ストラウス             ジャパン株式会社

      取締役会 御中

                              PwCあらた有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                              業務執行社員          公認会計士      山田 雅弘
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているリーバイ・スト

     ラウス    ジャパン株式会社の平成29年12月1日から平成30年11月30日までの第37期事業年度の第2四半期会計期間(平成
     30年3月1日から平成30年5月31日まで)及び第2四半期累計期間(平成29年12月1日から平成30年5月31日まで)に係
     る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記につい
     て四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、リーバイ・ストラウス                              ジャパン株式会社の平成30年5月31日現在の財政状態
     並びに同日をもって終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信
     じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)      1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

           報告書提出会社)が別途保管しております。
          2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 14/14




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。