株式会社東京衡機 四半期報告書 第113期第1四半期(平成30年3月1日-平成30年5月31日)

提出書類 四半期報告書-第113期第1四半期(平成30年3月1日-平成30年5月31日)
提出日
提出者 株式会社東京衡機
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成30年7月17日

     【四半期会計期間】                      第113期第1四半期(自            平成30年3月1日          至   平成30年5月31日)

     【会社名】                      株式会社東京衡機

     【英訳名】                      TOKYO   KOKI   CO.  LTD.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長         竹中 洋

     【本店の所在の場所】                      東京都千代田区神田佐久間町一丁目9番地

     【電話番号】                      03(5207)6760

     【事務連絡者氏名】                      常務執行役員管理担当 猪野 久仁朗

     【最寄りの連絡場所】                      東京都千代田区神田佐久間町一丁目9番地

     【電話番号】                      03(5207)6760

     【事務連絡者氏名】                      常務執行役員管理担当 猪野 久仁朗

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/19








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

                                第112期           第113期

               回次              第1四半期連結           第1四半期連結            第112期
                               累計期間           累計期間
                            自   平成29年3月1日         自   平成30年3月1日         自   平成29年3月1日

              会計期間
                            至   平成29年5月31日         至   平成30年5月31日         至   平成30年2月28日
                                 1,006,874           1,392,781           4,527,001

     売上高                   (千円)
                                 △ 185,396           124,320          △ 343,504

     経常利益又は経常損失(△)                   (千円)
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は
                                   95,375          103,414          △ 404,005
                         (千円)
     親会社株主に帰属する当期純損失(△)
                                  △ 33,949          108,696          △ 528,664
     四半期包括利益又は包括利益                   (千円)
                                 1,392,241           1,005,441            896,744

     純資産額                   (千円)
                                 4,252,469           4,052,331           4,052,348

     総資産額                   (千円)
     1株当たり四半期純利益金額
                                    1.34           1.45          △ 5.67
                         (円)
     又は1株当たり当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                         (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
                                    32.7           24.8           22.1
     自己資本比率                    (%)
      (注) 1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してお
          りません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.第112期第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額は、希薄化効果を有する潜
          在株式が存在しないため記載しておりません。第112期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、潜
          在株式が存在するものの1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。また、第113期第1四半期
          連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額は、潜在株式が存在しないため記載しておりま
          せん。
     2 【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
      変更はありません。
                                  2/19







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクにおいて重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が
       判断したものであります。
      (1)  業績の状況
        当第1四半期連結累計期間(平成30年3月1日~平成30年5月31日)における世界経済は、米朝トップ会談に向
       けた調整開始という明るいニュースで始まったものの、トランプ大統領の突然の制裁関税率設定がそれに続き、米
       国の措置に対抗する各国・地域の米製品輸入への課税強化を巻き起こしました。その結果、中国人民元が急落、主
       要国株価も頭の重い展開を続けて、先行き不透明な状況となりました。しかし、日本経済は世界的な保護主義化で
       経済が大幅に後退するリスクが高まる中で、比較的堅調に推移しておりました。
        そのような状況の下で、当社グループは好調であった前期の受注残を受けて、売上・営業利益ともに前年同期を
       上回りました。さらに6月からは経営陣の大幅刷新を行い、生産サイドでも主な生産拠点である㈱東京衡機試験機
       の相模原・豊橋両工場に工場長体制を復活して、両工場が協力しつつ切磋琢磨して、共に成長する施策を進めてお
       ります。
        試験機事業では、当社グループの強みである試験機・計測機器の開発・設計・生産からメンテナンス・校正ま
       で、高度な技術と長年の実績に裏付けられたワンストップソリューション提供により、民需・官公需を問わず幅広
       いユーザーに製品・サービスを提供し続けております。その結果、売上・営業利益ともに前年同期を上回る結果と
       なりました。今後は、2工場長体制で顧客満足度向上を更に強化するとともに、海外市場への挑戦を視野に入れた
       新たな展開準備を進めます。
        エンジニアリング事業では、ゆるみ止め製品(ナット・スプリング)のインフラマーケットへの浸透・市場シェ
       ア拡大を図ってまいりました。その結果、海外でもご支持をいただきつつあり、今後一層の拡販に努めます。一般
       消費者向けの生活関連製品は、前期に続き緩やかながら拡大見通しを持てる状況になっております。今後は中国子
       会社との連携を強化して顧客サービスの向上に努めます。
        海外事業では、中国子会社において、中国国内のほか日本や欧米向けにオフィス家具部品や家電部品、自動車部
       品等のプラスチック成型品の製造販売を行っております。昨年の元役職員による不正問題を受けて、コンプライア
       ンス周知徹底、ガバナンス改善・内部統制改善を進めてまいりました。その様な中で現工場が市政府による収用を
       受けたため、6月上旬に工場移転を行いました。今後は新工場で経営体制を一新して、メーカーの基本である品
       質・納期の改善、5S活動の活性化により、お客様からの信頼を強化して事業の発展に取り組んでまいります。
        以上の結果、当第1四半期連結累計期間の業績は、売上高は1,392,781千円(前年同期比38.3%増)、経常利益は
       124,320千円(前年同期は185,396千円の経常損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益は103,414千円(前年同
       期比8.4%増)となりました。 
        セグメント別の業績は次のとおりであります。
                                  3/19





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
        ①  試験機事業
          試験機事業では、試験機の標準図面の整備、競争購買の強化等による原価低減を進めるとともに、2工場の
         連携を推進すること等により高額・特殊案件の工程管理を強化して売上の確実な確保に繋げました。これらに
         より売上・営業利益ともに前年同期を上回ることが出来ました。受注においても、標準品だけでなく特殊製品
         でも受注が決まり好調を維持しております。また、6月より経営陣の大幅な見直しとともに、販売体制を小
         チーム制から支店体制に改めることで、組織としての営業力向上や効率的な営業活動を行なう体制を整備し、
         標準品の販売拡大や定期的な需要が見込まれる修理・メンテナンスの受注・売上の拡大を進めてまいります。
          以上の結果、試験機事業の売上高は955,871千円(前年同期比53.2%増)、営業利益211,509千円(前年同期比
         638.6%増)となりました。
        ②  エンジニアリング事業
          エンジニアリング事業では、インフラマーケットを対象にゆるみ止めナットおよびスプリングの拡販に努め
         てまいりました。訪日客をターゲットとした量販店向け商品(ステンレスボトルおよび軽量スーツケース)も
         中国子会社との連携の下で顧客満足度向上に努めております。その結果、ゆるみ止めナット・ボルト、スーツ
         ケースは比較的に堅調でありましたが、他の製品では出遅れるものが何点か出ました。今後は全体の底上げを
         図り、一層の事業拡大に努めます。
          以上の結果、エンジニアリング事業の売上高は128,605千円(前年同期比21.2%増)、営業利益22,788千円
         (前年同期比27.2%増)となりました。
        ③  海外事業
          海外事業では、オフィス家具部品や家電部品、自動車関連部品等のプラスチック成型品の製造販売拡充を図
         りました。拡販を計りつつ、製造・販売両面で昨年の不正事件の影響から完全に脱すべく努力し、売上・営業
         利益ともに対前年で改善を果たす事が出来ました。6月からは継続的な内部統制及び管理体制の改善を含め
         て、再度マネジメント体制の見直しと販売体制の強化を徹底してまいります。
          以上の結果、海外事業の売上高は347,296千円(前年同期比11.1%増)、営業利益は20,439千円(前年同期は
         135,801千円の営業損失)となりました。
      (2)  財政状態の分析

        当第1四半期連結会計期間末における総資産は                      4,052,331     千円となり、前連結会計年度末に比べ17千円減少いた
       しました。
        流動資産は     2,904,495     千円となり、前連結会計年度末と比べて44,815千円減少いたしました。これは主に現金及
       び預金の増加224,829千円、受取手形及び売掛金の減少78,778千円、電子記録債権の減少44,230千円、商品及び製
       品の減少137,127千円によるものです。
        固定資産は     1,147,836     千円となり、前連結会計年度末に比べ44,797千円増加いたしました。これは主に建設仮勘
       定の増加49,416千円によるものです。
        流動負債は     2,269,650     千円となり、前連結会計年度末に比べ29,427千円減少いたしました。これは主に短期借入
       金の減少62,525千円、未払法人税等の増加32,689千円によるものです。
        固定負債は     777,239    千円となり、前連結会計年度末に比べ79,286千円減少いたしました。これは主に長期借入金
       の減少51,262千円、退職給付に係る負債の減少9,201千円、役員退職慰労引当金の減少15,953千円によるもので
       す。
        純資産は    1,005,441     千円となり、前連結会計年度末に比べて108,696千円増加いたしました。これは主に利益剰余
       金の増加103,414千円、為替換算調整勘定の増加5,290千円によるものであります。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対応すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)  研究開発活動

        当第1四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、3,924千円であります。
        なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/19



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    260,000,000

                  計                                  260,000,000

      (注)平成30年5月31日開催の第112回定時株主総会において、株式の併合に関する議案(10株を1株に併合し、発行
         可能株式総数260,000,000株から26,000,000株に変更)が承認可決されたため、平成30年9月1日をもって、当
         社の発行可能株式総数は26,000,000株になります。
       ② 【発行済株式】

               第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成30年5月31日)          (平成30年7月13日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所              単元株式数
       普通株式           71,337,916          71,337,916
                                  市場第二部               1,000株
         計         71,337,916          71,337,916           ―            ―
      (注)株式併合(当社普通株式10株を1株の割合で併合)の効力発生日である平成30年9月1日をもって、単元株式
         数は1,000株から100株に変更となる予定であります。
      (2) 【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4) 【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成30年3月1日~
                      ―  71,337,916            ―   2,713,552           ―    200,233
     平成30年5月31日
      (6) 【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/19





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
      (7) 【議決権の状況】
        当第1四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載することが
       できませんので、直前の基準日である平成30年2月28日の株主名簿により記載しております。
       ① 【発行済株式】
                                                平成30年5月31日現在
           区分            株式数(株)           議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―            ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―            ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―            ―              ―

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                ―              ―
                    普通株式          26,000
                    普通株式        71,257,000
     完全議決権株式(その他)                                  71,257            ―
                    普通株式              54,916

     単元未満株式                                ―              ―
     発行済株式総数                     71,337,916            ―              ―

     総株主の議決権                     ―             71,257            ―

      (注)1「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の名義書換失念株式が3千株含まれ
         ております。
        2「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式847株が含まれております。
       ② 【自己株式等】

                                               平成30年5月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)                東京都千代田区神田佐久
                                  26,000         ―    26,000        0.03
     ㈱東京衡機             間町一丁目9番地
           計              ―          26,000         ―    26,000        0.03
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における重要な役員の異動はありません。
                                  6/19








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1   四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2   監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成30年3月1日から平成
      30年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年5月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、RSM清和監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         450,847              675,676
         現金及び預金
                                      ※  1,281,864             ※  1,203,086
         受取手形及び売掛金
                                        ※  48,156             ※  3,926
         電子記録債権
                                         361,705              224,578
         商品及び製品
                                         414,005              367,728
         仕掛品
                                         243,057              235,281
         原材料及び貯蔵品
                                          5,986              10,890
         繰延税金資産
                                         261,609              304,870
         その他
                                        △ 117,922             △ 121,543
         貸倒引当金
                                        2,949,310              2,904,495
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         129,667              124,700
           建物及び構築物(純額)
                                          20,561              18,984
           機械装置及び運搬具(純額)
                                          26,541              32,954
           工具、器具及び備品(純額)
                                         802,422              802,422
           土地
                                                        49,416
                                            -
           建設仮勘定
                                         979,193             1,028,479
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          4,303              3,227
           借地権
                                          9,976              9,505
           その他
                                          14,280              12,732
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          12,454              12,442
           投資有価証券
                                          14,673              14,913
           保険積立金
                                          49,892              48,733
           繰延税金資産
                                         198,635              195,943
           破産更生債権等
                                          39,656              37,646
           その他
                                        △ 205,746             △ 203,054
           貸倒引当金
                                         109,565              106,624
           投資その他の資産合計
                                        1,103,038              1,147,836
         固定資産合計
                                        4,052,348              4,052,331
       資産合計
                                  8/19







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年5月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        1,244,827              1,093,296
         支払手形及び買掛金
                                         316,065              253,539
         短期借入金
                                         262,620              239,632
         1年内返済予定の長期借入金
                                          6,273              6,355
         リース債務
                                          2,916              35,606
         未払法人税等
                                          6,434              47,693
         未払消費税等
                                         98,739              97,151
         未払金
                                         161,006              206,874
         未払費用
                                         42,103              10,631
         賞与引当金
                                          7,107              6,701
         繰延税金負債
                                         150,984              272,170
         その他
                                        2,299,077              2,269,650
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                                291,423              240,161
                                         21,936              20,264
         リース債務
                                         152,880              152,880
         再評価に係る繰延税金負債
                                           35              31
         繰延税金負債
                                         358,534              349,332
         退職給付に係る負債
                                         15,953
         役員退職慰労引当金                                                 -
                                         15,764              14,569
         その他
                                         856,526              777,239
         固定負債合計
                                        3,155,604              3,046,890
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        2,713,552              2,713,552
         資本金
                                         200,233              200,233
         資本剰余金
                                       △ 2,387,509             △ 2,284,094
         利益剰余金
                                         △ 3,752             △ 3,752
         自己株式
                                         522,523              625,938
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           79              70
         その他有価証券評価差額金
                                         346,323              346,323
         土地再評価差額金
                                         27,817              33,108
         為替換算調整勘定
                                         374,221              379,502
         その他の包括利益累計額合計
                                         896,744             1,005,441
       純資産合計
                                        4,052,348              4,052,331
      負債純資産合計
                                  9/19







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                 至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
                                        1,006,874              1,392,781
      売上高
                                         759,688              966,959
      売上原価
                                         247,186              425,822
      売上総利益
                                         420,474              284,894
      販売費及び一般管理費
                                        △ 173,288              140,928
      営業利益又は営業損失(△)
      営業外収益
                                           37              75
       受取利息
                                          1,015              1,732
       その他
                                          1,053              1,808
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          4,436              5,245
       支払利息
                                          3,661              9,006
       為替差損
                                           660
       固定資産除却損                                                   -
                                          4,403              4,163
       その他
                                         13,162              18,415
       営業外費用合計
                                        △ 185,396              124,320
      経常利益又は経常損失(△)
      特別利益
                                                         444
       固定資産売却益                                    -
                                         292,615
       関係会社株式売却益                                                   -
                                                       12,453
       役員退職慰労引当金戻入額                                    -
                                           261
                                                          -
       その他
                                         292,876               12,897
       特別利益合計
      特別損失
                                         17,423
                                                          -
       過年度決算訂正関連費用
                                         17,423
       特別損失合計                                                   -
                                         90,056              137,218
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    2,469              38,198
                                         △ 7,788             △ 4,394
      法人税等調整額
                                         △ 5,318              33,803
      法人税等合計
                                         95,375              103,414
      四半期純利益
                                         95,375              103,414
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/19








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                 至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
                                         95,375              103,414
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          △ 15              △ 8
       その他有価証券評価差額金
       土地再評価差額金                                    -              -
                                        △ 129,309               5,290
       為替換算調整勘定
                                        △ 129,325               5,281
       その他の包括利益合計
                                        △ 33,949              108,696
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 33,949              108,696
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 11/19















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        該当事項はありません。
      (会計方針の変更等)

        該当事項はありません。
      (会計上の見積りの変更)

        該当事項はありません。
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        該当事項はありません。
      (追加情報)

       1.単元株式数の変更および株式併合
         当社は、平成30年5月1日開催の取締役会において、平成30年5月31日開催の当社第112回定時株主総会に、株
        式併合および単元株式数の変更等に係る定款の一部変更の議案を付議することを決議し、同株主総会にて承認可
        決されました。
       (1)単元株式数の変更および株式併合

         東京証券取引所をはじめとする全国証券取引所は「売買単位の集約に向けた行動計画」に基づき、全国証券取
        引所に上場する国内会社の普通株式の売買単位を100株に集約するための取組みを進めており、平成27年12月、
        100株単位への移行期限を平成30年10月1日に決定しました。当社は、東京証券取引所に上場する企業として、こ
        の趣旨を踏まえ、平成30年9月1日をもって、当社の単元株式数を1,000株から100株に変更し、併せて、当社株
        式について、全国証券取引所が望ましいとする投資単位の水準(5万円以上50万円未満)を維持することを目的
        として、株式併合を行うものであります。
       (2)単元株式数の変更の内容

        平成30年9月1日をもって、単元株式数を1,000株から100株に変更いたします。
       (3)株式併合の内容

        ①株式併合する株式の種類
         普通株式
        ②株式併合の方法・比率
         平成30年9月1日をもって、平成30年8月31日の最終の株主名簿に記録された株主の所有株式数10株につき1
        株の割合で併合いたします。
        ③効力発生日における発行可能株式総数
         26,000,000株(併合前:260,000,000株)
        ④株式併合により減少する株式数
         株式併合前の発行済株式総数(平成30年5月31日現在)
                                         71,337,916株
         株式併合により減少する株式数                                64,204,125株
         株式併合後の発行済株式総数                                 7,133,791株
        (注)「株式併合により減少する株式数」および「株式併合後の発行済株式総数」は、株式併合前の発行済株式
           総数および株式の併合割合に基づき算出した理論値です。
        ⑤1株未満の端数が生じる場合の処理
          本株式併合の結果、1株未満の端数が生じた場合は、会社法の定めに基づき一括して処分し、その処分代金
         を端数の生じた株主に対して、端数の割合に応じて交付いたします。
       (4)単元株式数の変更および株式併合の日程

        ①取締役会決議日
         平成30年5月1日
        ②定時株主総会決議日
         平成30年5月31日
                                 12/19


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
        ③単元株式数の変更および株式併合
         平成30年9月1日
       (5)1株当たり情報に及ぼす影響

        本株式併合が前連結会計年度の期首に実施されたと仮定した場合の1株当たりの情報は以下のとおりです。
                                前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                 至 平成29年5月31日)                至 平成30年5月31日)
        1株当たり四半期純利益金額                                  13.37円              14.50円
        潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                     ―              ―
       (注)前第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有してい
          る潜在株式が存在しないため記載しておりません。当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり
          四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2.当社は、中国の連結子会社である無錫三和塑料製品有限公司の前連結会計年度の期首及び前第1四半期連結会計

       期間末における仕掛品の計上に関する調査を実施してまいりましたが、仕掛品計上に係る証憑の一部を確認するこ
       とができませんでした。このため、前連結会計年度の期首における仕掛品については、同社において平成25年度か
       ら平成27年度の製造原価と仕掛品残高との比率を、平成28年12月の製造原価に乗じることで推計しております。ま
       た、前第1四半期連結会計期間末における仕掛品については、同社において平成29年6月末に実施した棚卸結果か
       ら逆算した平成29年3月末時点の直接材料費の残高と、平成26年度及び平成27年度の製造費用に占める直接材料費
       の割合を利用して推計しております。
        なお、前連結会計年度の期首及び前第1四半期連結会計期間末における仕掛品残高には、同社に係る以下のもの
       が含まれております。
        前連結会計年度の期首      仕掛品 40,917千円
        前第1四半期連結会計期間末   仕掛品 64,371千円
      (四半期連結貸借対照表関係)

       ※ 受取手形割引高及び電子記録債権割引高
                              前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間

                             (平成30年2月28日)                 (平成30年5月31日)
                                   163,561                 564,231
         受取手形割引高                              千円                 千円
                                    60,013                 53,723
         電子記録債権割引高                              千円                 千円
      (四半期連結損益計算書関係)

        前第1四半期連結累計期間(自 平成29年3月1日 至 平成29年5月31日)及び当第1四半期連結累計期間(自 平
       成30年3月1日 至 平成30年5月31日)
        該当事項はありません。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次の
       とおりであります。
                          前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間

                          (自 平成29年3月1日                   (自 平成30年3月1日 
                            至 平成29年5月31日)                    至 平成30年5月31日)
         減価償却費                           18,691千円                   9,917千円
         のれんの償却額                            1,608千円                    ―千円
      (株主資本等関係)

       配当に関する事項
        該当事項はありません。
                                 13/19


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       前第1四半期連結累計期間(自                平成29年3月1日          至   平成29年5月31日)
     1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      四半期連結

                       報告セグメント
                                       その他               損益計算書
                                                 調整額 
                                             合計
                                                 (千円)      計上額
                                      (千円)
                                            (千円)
                     エンジニア
                                                 (注)2
                                      (注)1                 (千円)
                試験機事業           海外事業
                     リング事業
                                  計
                                                       (注)3
                 (千円)           (千円)
                      (千円)
     売上高
      (1)  外部顧客に
                 623,913      106,126     274,531     1,004,570       2,303   1,006,874           1,006,874
                                                     -
        対する売上高
      (2)  セグメント間
                            38,050      38,050           38,050     △ 38,050
                    -      -                -                 -
        の内部売上高
                 623,913      106,126     312,581     1,042,621       2,303   1,044,925      △ 38,050    1,006,874
          計
     セグメント利益又は
                 28,638     17,911    △ 135,801     △ 89,251     △ 1,339    △ 90,591     △ 82,697    △ 173,288
     損失(△)
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産賃貸事業等であります。
       2.セグメント利益の調整額△82,697千円は基礎的試験研究費などに要した費用および当社の総務・経理部門等の
          管理部門に係る費用であります。
       3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
     2 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
        該当事項はありません。
       当第1四半期連結累計期間(自                平成30年3月1日          至   平成30年5月31日)

     1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      四半期連結

                       報告セグメント
                                       その他               損益計算書
                                                 調整額 
                                             合計
                                                       計上額
                                                 (千円)
                                      (千円)
                                            (千円)
                     エンジニア
                                                 (注)2
                                      (注)1                 (千円)
                試験機事業           海外事業
                     リング事業
                                  計
                                                       (注)3
                 (千円)           (千円)
                      (千円)
     売上高
      (1)  外部顧客に
                 955,871      127,341     307,264     1,390,478       2,303   1,392,781           1,392,781
                                                     -
        対する売上高
      (2)  セグメント間
                       1,264     40,031      41,295           41,295     △ 41,295
                    -                      -                 -
        の内部売上高
                 955,871      128,605     347,296     1,431,773       2,303   1,434,077      △ 41,295    1,392,781
          計
     セグメント利益又は
                 211,509      22,788     20,439     254,738       △ 35   254,702     △ 113,774      140,928
     損失(△)
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産賃貸事業等であります。
       2.セグメント利益の調整額△113,774千円は、当社の総務・経理部門等の管理部門に係る費用であります。
       3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     2 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
        該当事項はありません。
                                 14/19





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間

                                (自    平成29年3月1日           (自    平成30年3月1日
                                 至   平成29年5月31日)           至   平成30年5月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                    1.34円             1.45円
      (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)
                                         95,375             103,414
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                       ―             ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         95,375             103,414
      四半期純利益(千円)
       期中平均株式数(千株)                                    71,311             71,311
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
                                平成28年6月20日取締役
     り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式
                                会決議による新株予約権                         ―
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの
                                (普通株式221,000株)
     概要
      (注)    前第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希薄化効果を有してい
         る潜在株式が存在しないため、記載しておりません。また、当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株
         当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      (重要な後発事象)

        新規事業の開始および担当部門の設置
         当社は、財務基盤の安定と業績の改善に向けて売上・利益の拡大を図るべく、平成30年7月13日開催の取締役
         会において新たに貿易事業を開始することを決議いたしました。
       (1)新規事業の内容
         新規事業の内容は、日本国内において一般雑貨を仕入れて海外(中国、東南アジア等)に輸出することを主体
         とする貿易事業で、当社において国際業務を行う部門を新設し、当該部門が担当いたします。
       (2)新規事業の開始時期
         平成30年8月(予定)
       (3)当該事業が営業活動に及ぼす重要な影響
         事業開始の時期が平成30年8月の予定であるため、平成31年2月期における業績への影響につきましては、現
         在精査中であります。
                                 15/19









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     2 【その他】
       該当事項はありません。

                                 16/19




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 17/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年7月17日

     株式会社東京衡機
      取締役会      御中
                          RSM清和監査法人

                          指定社員

                                    公認会計士             筧      悦    生              印
                          業務執行社員
                          指定社員

                                    公認会計士             平   澤      優                印
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社東京衡

     機の平成30年3月1日から平成31年2月28日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成30年3月1日から平成
     30年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年5月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、限定付結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     限定付結論の根拠

      追加情報に記載されているとおり、中国の連結子会社である無錫三和塑料製品有限公司の前連結会計年度の期首にお
     ける仕掛品40,917千円及び前第1四半期連結会計期間末における仕掛品64,371千円について、証憑の一部を確認するこ
     とができなかったため、十分かつ適切な監査証拠を入手することができず、これらの金額に修正が必要となるかどうか
     について判断することができなかった。これは、当監査法人が前連結会計年度の第1四半期連結会計期間及び第1四半
     期連結累計期間の四半期連結財務諸表に対して限定付結論を表明する原因となっている。よって、当該事項が当連結会
     計年度の第1四半期連結累計期間の四半期連結損益計算書と対応数値の比較可能性に影響を及ぼす可能性があるため、
     当連結会計年度の第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に対して限定付結論を表
     明している。
     限定付結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、「限定付結論の根拠」に記載した事
     項の四半期連結財務諸表に及ぼす可能性のある影響を除き、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財
     務諸表の作成基準に準拠して、株式会社東京衡機及び連結子会社の平成30年5月31日現在の財政状態及び同日をもって
     終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認
     められなかった。
     利害関係

                                 18/19


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社東京衡機(E01587)
                                                             四半期報告書
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1   上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2   XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19



















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク