株式会社テイツー 四半期報告書 第29期第1四半期(平成30年3月1日-平成30年5月31日)

提出書類 四半期報告書-第29期第1四半期(平成30年3月1日-平成30年5月31日)
提出日
提出者 株式会社テイツー
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社テイツー(E03319)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    中国財務局長
      【提出日】                    平成30年7月17日
      【四半期会計期間】                    第29期第1四半期(自 平成30年3月1日 至 平成30年5月31日)
      【会社名】                    株式会社テイツー
      【英訳名】                    TAY  TWO  CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  藤原 克治
      【本店の所在の場所】                    岡山市北区今村650番111
                         (同所は登記上の本店所在地であり、実際の業務は下記にて行っておりま
                         す。)
      【電話番号】                    該当事項はありません。
      【事務連絡者氏名】                    該当事項はありません。
      【最寄りの連絡場所】                    埼玉県草加市栄町3丁目9番41号
      【電話番号】                    (048)933-3070(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部長  青野 友弘
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/14












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社テイツー(E03319)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第28期           第29期

               回次                                       第28期
                           第1四半期累計期間           第1四半期累計期間
                           自平成29年3月1日           自平成30年3月1日           自平成29年3月1日

              会計期間
                           至平成29年5月31日           至平成30年5月31日           至平成30年2月28日
                      (千円)           6,615,081           5,200,172           28,130,309
     売上高
     経常損失(△)                (千円)           △ 44,571           △ 2,639         △ 171,262

     四半期(当期)純損失(△)                (千円)           △ 62,615          △ 13,711          △ 644,728

     持分法を適用した場合の
                      (千円)             5,812           5,278          △ 2,801
     投資利益又は投資損失(△)
                      (千円)           1,165,507           1,215,511           1,215,511
     資本金
                      (株)          52,640,000           54,492,000           54,492,000

     発行済株式総数
                      (千円)           2,386,755           1,895,895           1,910,445

     純資産額
                      (千円)           8,344,110           7,545,080           7,529,260

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)
                      (円)            △ 1.22          △ 0.25          △ 12.09
     純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
                      (円)              -           -           -
     1株当たり配当額
                      (%)             28.4           24.9           25.2

     自己資本比率
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移について
          は記載しておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり四
          半期(当期)純損失金額であるため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変
       更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/14








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社テイツー(E03319)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載した
       「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
        継続企業の前提に重要な疑義を抱かせる事象又は状況について

        当社は、前事業年度まで連続して当期純損失を計上しており、当第1四半期累計期間におきましても四半期純損失
       1千3百万円を計上しているなど、依然として業績が回復したとは言えないことから、継続企業の前提に重要な疑義
       を生じさせるような状況が存在しております。
        こうした状況を解消し、持続的な成長を図る上で事業基盤を強固することが必須と判断し、一層のコスト管理の徹
       底、中古商材の構成強化、他社とのアライアンス等の諸施策を実施することで、これらを解消又は改善できる見込み
       となっております。
        上記施策を実施する前提で、当第1四半期会計期間末の資金残高の状況及び今後の資金繰りを検討した結果、当面
       は事業活動の継続性に懸念はなく、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないものと判断し、「継続企
       業の前提に関する事項」への記載を行っておりません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期会計期間          において、経営上の重要な契約等の決定又は締結はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
      (1)経営成績の分析

       当第1四半期累計期間におけるわが国経済は、企業収益の回復や雇用環境の改善を背景に緩やかな回復基調で推移
      したものの、人件費・原油価格の上昇などが企業収益を圧迫している国内要素に加え、国際情勢における懸念事項も
      多く、依然として先行き不透明な状況が継続しております。
       このような経営環境の中で、当第1四半期累計期間の売上高は、古本及び中古ゲームを中心としたリサイクル品の
      販売が堅調に推移したほか、今後当社が成長を見込んでいるホビーの販売も順調に進み、新品・中古トレーディング
      カード(以下、「トレカ」という。)において前年の一時的な落ち込みから回復の兆しが見える展開になりました。
      しかしながら、前期行った不採算店舗の大量閉店の影響に加え、前年同期においてゲームハードの発売等により活況
      であった新品ゲーム売上の反動減の影響が大きく、全体として前年同期を下回ることとなりました。
       営業利益については、利益率の高いリサイクル品の売上が順調であったことに加え、前期より取り組みを行ってい
      る抜本的な事業構造改革により、販管費の削減を行った結果、利益面では大幅な改善を果たすことができました。
       以上の結果、当第1四半期累計期間の業績は、売上高52億円(前年同期比21.4%減)、営業利益0百万円(前年同
      期は4千4百万円の営業損失)、経常損失2百万円(前年同期は4千4百万円の経常損失)、四半期純損失は1千3
      百万円(前年同期は6千2百万円の四半期純損失)となりました。
      (事業の概況)

        当社は、「収益改善」を最優先課題として位置付け、各種施策に取り組んでまいりました。当社の粗利の大きなウ
       エイトを占めている古本におきましては、コミックに対して文芸・文庫の比率を高めるなど、最近のお客様ニーズを
       反映した棚替えを行い、売上及び粗利の増加に貢献いたしました。また、前期に大型タイトルのルール変更により売
       上の減少があったトレカに関しても、新規タイトルの回転に注力することや一部中古トレカの廉価販売を行うことに
       より、一定水準の客数及び売上確保が可能となりました。なお、前期に引き続き不採算店舗の閉店を継続し、利益改
       善に繋げております。
      (2)財政状態の分析

        当第1四半期末の総資産は75億4千5百万円となり、前期末と比較して1千5百万円増加いたしました。これは主
       に現金及び預金が減少した一方、商品が増加したことによるものであります。負債合計は56億4千9百万円となり、
       前期末と比較して3千万円増加いたしました。これは主に長期借入金の増加によるものであります。純資産は18億9
       千5百万円となり、前事業年度末と比べて1千4百万円減少いたしました。
                                  3/14



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社テイツー(E03319)
                                                             四半期報告書
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題
        当第1四半期累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)研究開発活動

        該当事項はありません。
      (5)継続企業の前提に関する重要事象等についての分析、検討内容及び解消、改善するための対応策

        「第2 事業の状況 1 事業等のリスク」に記載の通り、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせる状況が存在
       しております。
        当社はこうした状況を解消し、持続的な成長を図る上で事業基盤を強固にすることが必須と判断し、以下記載の通
       りの取り組みを進め、当該状況の解消又は改善するための対策を講じております。
        ①構造改革による経費削減の徹底
        ・店舗運営方針の見直しによるコストの適正化
        店舗運営においては、事業規模に合わせた商品移動頻度の抑制や、より一層の販促・告知手法の見直しによる経費
       削減、それらに伴う店舗業務見直しによる店舗業務量の効率化を進めております。
        ・本部体制の再編による組織運営の効率化
        前期に引き続き、スリム化された組織で運営の効率化により、全社への利益貢献の最大化を推進しております。
        ②持続的な成長を可能とする収益力の強化の徹底
        ・リサイクル商材の強化
        下降トレンドにある商材をカバーするべく、リサイクル商材の買取を質、量ともに拡大強化し、売場管理の徹底を
       実施しております。
        ・経営資源の選択と集中(古本市場店舗の強化)
        今後当社の売上拡大が見込めるホビー商材の販売を強化し、店舗収益力の強化を進めております。
                                  4/14













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社テイツー(E03319)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                          200,000,000

                  計                               200,000,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                           (平成30年7月17日)
               (平成30年5月31日)                         取引業協会名
                                       東京証券取引所
                                                    単元株式数
                   54,492,000
     普通株式                          54,492,000        JASDAQ
                                                    100株
                                       (スタンダード)
                   54,492,000
         計                       54,492,000             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総
                        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日        数増減数
                        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                  (株)
     平成30年3月1日~
                     -   54,492,000            -    1,215,511           -    1,169,800
     平成30年5月31日
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/14








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社テイツー(E03319)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
         記載することができないことから、直前の基準日(平成30年2月28日)に基づく株主名簿による記載をしてお
         ります。
        ①【発行済株式】

                                                  平成30年5月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                         -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -

      議決権制限株式(その他)                         -            -            -

                         普通株式       219,700

      完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                         普通株式     54,271,400

      完全議決権株式(その他)                                      542,714           -
                         普通株式               900

      単元未満株式                                    -            -
      発行済株式総数                        54,492,000            -            -

      総株主の議決権                         -             542,714           -

        ②【自己株式等】

                                                  平成30年5月31日現在
                                                    発行済株式総数

      所有者の氏名又は                     自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の        に対する所有株
                  所有者の住所
      名称                     株式数(株)         株式数(株)         合計(株)        式数の割合
                                                       (%)
                岡山市北区今村650
     株式会社テイツー                         219,700           -       219,700          0.40
                番111
          計           -          219,700           -       219,700          0.40
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/14









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社テイツー(E03319)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期会計期間(平成30年3月1日から平成30
       年5月31日まで)及び第1四半期累計期間(平成30年3月1日から平成30年5月31日まで)に係る四半期財務諸表に
       ついて、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  7/14
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社テイツー(E03319)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第1四半期会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,398,252              1,271,584
         現金及び預金
                                        240,748              197,578
         売掛金
                                       3,604,321              3,709,269
         商品
                                         15,129              13,776
         貯蔵品
                                        267,251              332,743
         その他
                                       5,525,703              5,524,953
         流動資産合計
       固定資産
                                        561,394              609,899
         有形固定資産
                                         65,281              54,274
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                       1,111,911              1,095,862
          差入保証金
                                        264,968              260,090
          その他
          投資その他の資産合計                             1,376,880              1,355,952
                                       2,003,557              2,020,126
         固定資産合計
                                       7,529,260              7,545,080
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        432,868              382,540
         買掛金
                                       ※ 1,501,678              ※ 1,486,680
         短期借入金
                                        829,802              634,804
         1年内返済予定の長期借入金
                                         80,735              23,109
         未払法人税等
                                         22,027                -
         賞与引当金
                                        122,654              116,907
         ポイント引当金
                                         42,353              30,529
         資産除去債務
                                        396,390              393,079
         その他
                                       3,428,510              3,067,650
         流動負債合計
       固定負債
                                       1,180,586              1,529,392
         長期借入金
                                        414,663              407,374
         退職給付引当金
                                        443,604              445,342
         資産除去債務
                                        151,450              199,424
         その他
                                       2,190,304              2,581,534
         固定負債合計
                                       5,618,815              5,649,184
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,215,511              1,215,511
         資本金
                                       1,169,800              1,169,800
         資本剰余金
                                       △ 481,446             △ 495,157
         利益剰余金
                                        △ 15,291             △ 15,291
         自己株式
         株主資本合計                               1,888,574              1,874,862
       評価・換算差額等
                                         5,977              5,598
         その他有価証券評価差額金
                                         5,977              5,598
         評価・換算差額等合計
                                         15,893              15,434
       新株予約権
                                       1,910,445              1,895,895
       純資産合計
                                       7,529,260              7,545,080
      負債純資産合計
                                  8/14




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社テイツー(E03319)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第1四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第1四半期累計期間               当第1四半期累計期間
                               (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
                                       6,615,081              5,200,172
      売上高
                                       4,855,557              3,687,476
      売上原価
                                       1,759,523              1,512,695
      売上総利益
                                       1,804,107              1,512,121
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                  △ 44,583                573
      営業外収益
                                           738              744
       受取利息
                                            1              -
       受取配当金
                                         16,503              16,044
       受取賃貸料
                                         4,815              3,179
       その他
                                         22,058              19,968
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         8,113              8,414
       支払利息
                                         13,666              14,767
       不動産賃貸費用
                                           267               -
       その他
                                         22,047              23,181
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 44,571              △ 2,639
      特別利益
                                            ▶              -
       固定資産売却益
                                         1,802               459
       新株予約権戻入益
                                         1,806               459
       特別利益合計
      特別損失
                                           93               0
       固定資産除却損
                                         4,200                -
       店舗閉鎖損失
                                         4,293                0
       特別損失合計
      税引前四半期純損失(△)                                  △ 47,058              △ 2,180
                                         15,556              11,531
      法人税等
      四半期純損失(△)                                  △ 62,615             △ 13,711
                                  9/14










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社テイツー(E03319)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第1四半期会計期間を含む事業年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の
         実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (四半期貸借対照表関係)

        ※ 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行5行と当座貸越契約を締結しております。これらの契約
       に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                                 前事業年度             当第1四半期会計期間
                               (平成30年2月28日)                (平成30年5月31日)
        当座貸越限度額の総額                             2,500,000千円                2,200,000千円
        借入実行残高                             1,000,000                 900,000
         差引額                            1,500,000                1,300,000
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期累計期
        間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとおりであ
        ります。
                             前第1四半期累計期間                当第1四半期累計期間
                            (自    平成29年3月1日             (自    平成30年3月1日
                             至   平成29年5月31日)              至   平成30年5月31日)
         減価償却費                          50,527千円                 33,226千円
         のれんの償却額                            91                 -
                                 10/14












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社テイツー(E03319)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第1四半期累計期間(自 平成29年3月1日 至 平成29年5月31日)
        1.配当金支払額
          該当事項はありません。
        2.基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間末後となるも

          の
          該当事項はありません。
        3.株主資本の金額の著しい変動

          当社は、平成29年4月13日開催の取締役会決議に基づき、第三者割当による自己株式1,818,800株の処分を行
         いました。この結果、当第1四半期累計期間において、自己株式が126,606千円減少し、当第1四半期会計期間
         末において、自己株式が15,291千円となっております。
         Ⅱ 当第1四半期累計期間(自 平成30年3月1日 至 平成30年5月31日)

        1.配当金支払額
          該当事項はありません。
        2.基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間末後となるも

          の
          該当事項はありません。
        3.株主資本の金額の著しい変動

          該当事項はありません。
        (持分法損益等)

                                  前事業年度             当第1四半期会計期間
                               (平成30年2月28日)                (平成30年5月31日)
         関連会社に対する投資の金額                            112,584千円                112,584千円
         持分法を適用した場合の投資の金額                            117,560                122,838
                               前第1四半期累計期間                当第1四半期累計期間

                              (自 平成29年3月1日                (自 平成30年3月1日
                               至 平成29年5月31日)                至 平成30年5月31日)
         持分法を適用した場合の投資利益の金額                             5,812千円                5,278千円
                                 11/14









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社テイツー(E03319)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
        Ⅰ 前第1四半期累計期間(自 平成29年3月1日 至 平成29年5月31日)
        当社は、マルチパッケージ販売事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        Ⅱ 当第1四半期累計期間(自 平成30年3月1日 至 平成30年5月31日)

        当社は、マルチパッケージ販売事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期累計期間                当第1四半期累計期間
                              (自 平成29年3月1日                (自 平成30年3月1日
                               至 平成29年5月31日)                至 平成30年5月31日)
         1株当たり四半期純損失金額(△)                             △1円22銭                △0円25銭

         (算定上の基礎)

           四半期純損失金額(△)          (千円)                  △62,615                △13,711

           普通株主に帰属しない金額(千円)                               -                -

           普通株式に係る四半期純損失金額(△)
                                      △62,615                △13,711
           (千円)
           普通株式の期中平均株式数(株)                           51,214,357                54,272,300
           希薄化効果を有していないため、潜在
           株式調整後1株当たり四半期純利益金
           額の算定に含めなかった潜在株式で、                          -                -
           前事業年度末から重要な変動があった
           ものの概要
        (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損
           失金額であるため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

       該当事項はありません。
                                 12/14








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社テイツー(E03319)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
        該当事項はありません。
                                 13/14




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社テイツー(E03319)
                                                             四半期報告書
                   独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    平成30年7月13日

     株式会社テイツー
      取 締 役 会  御 中
                           三優監査法人

                             指定社員

                                       公認会計士
                                               野村 聡  印
                             業務執行社員
                             指定社員

                                       公認会計士
                                               森田 聡  印
                             業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社テイ

     ツーの平成30年3月1日から平成31年2月28日までの第29期事業年度の第1四半期会計期間(平成30年3月1日から
     平成30年5月31日まで)及び第1四半期累計期間(平成30年3月1日から平成30年5月31日まで)に係る四半期財務
     諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成
     し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
       四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される
     質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥
     当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
       当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社テイツーの平成30年5月31日現在の財政状態及び同日をもっ
     て終了する第1四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認
     められなかった。
     利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 14/14



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク