富士精工株式会社 四半期報告書 第61期第1四半期(平成30年3月1日-平成30年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第61期第1四半期(平成30年3月1日-平成30年5月31日)

提出日:

提出者:富士精工株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    東海財務局長
      【提出日】                    平成30年7月11日
      【四半期会計期間】                    第61期第1四半期(自 平成30年3月1日                      至 平成30年5月31日)
      【会社名】                    富士精工株式会社
      【英訳名】                    FUJI   SEIKO   LIMITED
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  鈴木 龍城
      【本店の所在の場所】                    愛知県豊田市吉原町平子26番地
      【電話番号】                    (0565)53-6611(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経営管理部長  近藤 規央
      【最寄りの連絡場所】                    愛知県豊田市吉原町平子26番地
      【電話番号】                    (0565)53-6611(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経営管理部長  近藤 規央
      【縦覧に供する場所】                    株式会社名古屋証券取引所
                          (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
                                  1/17













                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第60期           第61期

               回次               第1四半期           第1四半期            第60期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成29年3月1日           自平成30年3月1日           自平成29年3月1日

              会計期間
                           至平成29年5月31日           至平成30年5月31日           至平成30年2月28日
                      (千円)           4,817,056           5,478,577           20,707,214

     売上高
                      (千円)            63,815           470,537           963,433

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)             2,813          278,054           457,080
     期)純利益
                      (千円)           △ 22,119           △ 2,821          995,926
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          16,469,269           17,190,325           17,296,397

     純資産額
                      (千円)          23,806,976           25,562,871           25,332,323

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)             0.15           15.08           24.41
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)             0.15           15.04           24.40
     (当期)純利益金額
                      (%)             60.7           58.9           59.7
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
        また、主要な関係会社の異動もありません。
                                  2/17









                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が
       判断したものであります。
       (1) 業績の状況

         当第1四半期連結累計期間における世界経済は、米国を中心に足元では雇用情勢・所得環境の改善が続いたこ
        とに加え、企業収益の回復に連動して設備投資にも持ち直しの動きがみられるようになり、全体としては緩やか
        な回復基調が続いております。
         わが国経済におきましては、海外経済の回復を背景に輸出の増加が続くとともに、個人消費を中心とした内需
        の持ち直しもみられ、景気は回復基調を維持しております。一方で、米国政権の不安定な政策運営や地政学リス
        クの高まりなど、景気の下振れリスクに注意が必要な不透明感な状態が続いております。
         当社グループの主要な取引先であります自動車産業界におきましては、企業業績は堅調に推移し、今後の設備
        投資に対する期待感はあるものの、世界経済の動向、環境対応、国内市場対策など不安要素もあり、予断を許さ
        ない状況にあります。
         このような状況のもと、当社グループにおきましては、中期経営計画の達成に向けた新たな取り組みとして、
        部門別採算制度の確立を通じて、全員参加型経営を目指すとともに収益性の向上に向けた取り組みを進めており
        ます。
         この結果、     当第1四半期連結累計期間における                 売上高は54億7千8百万円(前年同四半期比13.7%増)、営業
        利益は3億7千7百万円(前年同四半期は1千2百万円の営業利益)、経常利益は4億7千万円(前年同四半期
        比637.3%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は2億7千8百万円(前年同四半期は2百万円の親会社株主
        に帰属する四半期純利益)となりました。
         セグメントの業績は次のとおりであります。

        ①日本
         当地域におきましては、工具、治具等の売上が堅調に推移したことなどにより、売上高は30億3千万円(前年
        同四半期比13.6%増)となりました。また、労務費が減少したことなどにより、セグメント利益は2億2千9百
        万円(前年同四半期は2千8百万円のセグメント損失)となりました。
        ②アジア
         当地域におきましては、引き続き堅調な中国をはじめ、全てのアジア子会社で増収となり、売上高は14億9千
        8百万円(前年同四半期比15.2%増)となりました。
         また、全体として材料費高騰により売上原価が増加しているものの、原価低減や経費削減等を進めた結果、セ
        グメント利益は1億1千5百万円(前年同四半期比516.6%増)となりました。
        ③北米・中米
         当地域におきましては、自動車産業界の積極的な設備投資が続いており、商品受注が好調に推移した結果、売
        上高は4億9千8百万円(前年同四半期比13.2%増)となりました。
         一方、製品受注の減少による利益率の悪化の影響などにより、セグメント利益は2百万円(前年同四半期比
        79.1%減)となりました。
        ④オセアニア
         当地域におきましては、断熱材の需要が堅調に推移したことなどにより、売上高は3億2千1百万円(前年同
        四半期比7.6%増)となりました。
         また、減価償却費などの経費が増加したものの、労務費が減少したことなどにより、セグメント利益は1千万
        円(前年同四半期は6百万円のセグメント損失)となりました。
        ⑤その他
         当地域におきましては、売上高は1億2千9百万円(前年同四半期比18.8%増)、セグメント利益は9百万円
        (前年同四半期比299.2%増)となりました。
                                  3/17



                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
       (2) 財政状態の分析
        ①資産
         当第1四半期連結会計期間末における総資産は255億6千2百万円となり、前連結会計年度末と比較して2億3
        千万円増加いたしました。これは主に、有価証券が3億4百万円、受取手形及び売掛金が2億4千4百万円、商
        品及び製品が2億4千1百万円それぞれ増加したものの、現金及び預金が3億6千万円減少したことなどによる
        ものであります。
        ②負債
         当第1四半期連結会計期間末における負債合計は83億7千2百万円となり、前連結会計年度末と比較して3億
        3千6百万円増加いたしました。これは主に、支払手形及び買掛金が3億1百万円増加したことなどによるもの
        であります。
        ③純資産
         当第1四半期連結会計期間末における純資産は171億9千万円となり、前連結会計年度末と比較して1億6百万
        円減少いたしました。これは主に、利益剰余金が1億8千5百万円増加したものの、為替換算調整勘定が2億8
        千6百万円減少したことなどによるものであります。
         この結果、当第1四半期連結連              会計期間末の自己資本比率は58.9%となりました。
       (3) 経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更は
        ありません。
       (4) 事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5) 研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間における当社グループ全体の研究開発活動の金額は2千4百万円であります。
         なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/17












                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          50,000,000

                  計                                50,000,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      現在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (平成30年7月11日)
               (平成30年5月31日)                          取引業協会名
                                        名古屋証券取引所             単元株式数
     普通株式              21,533,891             21,533,891
                                        市場第二部             1,000株
         計           21,533,891             21,533,891             -          -
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総
                        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日       数増減数
                        数残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                  (株)
     平成30年3月1日~
                     -   21,533,891            -    2,882,016           -    4,132,557
     平成30年5月31日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/17








                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
         当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(平成30年2月28日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年5月31日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                       -             -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                       -             -            -

      議決権制限株式(その他)                       -             -            -

                       (自己保有株式)

      完全議決権株式(自己株式等)                                   -            -
                        普通株式  3,095,000
                        普通株式      18,273,000

      完全議決権株式(その他)                                  18,273             -
      単元未満株式                  普通株式   165,891                  -            -

                        普通株式       21,533,891

      発行済株式総数                                   -            -
      総株主の議決権                       -            18,273             -

         (注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式129株が含まれております。

        ②【自己株式等】

                                                 平成30年5月31日現在
                                                   発行済株式総数

                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称             所有者の住所
                            株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                     (%)
                 豊田市吉原町平子
      富士精工株式会社                       3,095,000           -    3,095,000           14.37
                 26番地
          計           -        3,095,000           -    3,095,000           14.37

         (注) 当第1四半期会計期間末日現在の自己株式数は3,063,838株であります。

      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/17







                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成30年3月1日から平
       成30年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年5月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       5,872,156              5,511,620
         現金及び預金
                                       3,790,405              4,035,074
         受取手形及び売掛金
                                       1,265,752              1,176,218
         電子記録債権
                                        598,956              903,391
         有価証券
                                       1,418,554              1,659,797
         商品及び製品
                                        618,872              603,406
         仕掛品
                                        419,609              445,291
         原材料及び貯蔵品
                                        219,952              240,071
         繰延税金資産
                                        284,669              258,142
         その他
                                        △ 75,330             △ 71,972
         貸倒引当金
                                       14,413,599              14,761,040
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             2,298,902              2,231,224
          機械装置及び運搬具(純額)                             3,749,382              3,694,115
                                       1,488,382              1,461,477
          土地
                                         64,067              109,287
          建設仮勘定
                                        167,175              176,426
          その他(純額)
                                       7,767,910              7,672,531
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                249,739              235,984
         投資その他の資産
                                       2,347,060              2,360,164
          投資有価証券
                                         2,818              2,759
          長期貸付金
                                        406,820              380,520
          繰延税金資産
                                        176,132              181,628
          その他
                                        △ 31,758             △ 31,758
          貸倒引当金
                                       2,901,073              2,893,315
          投資その他の資産合計
                                       10,918,723              10,801,831
         固定資産合計
                                       25,332,323              25,562,871
       資産合計
                                  8/17









                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成30年2月28日)              (平成30年5月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       1,373,793              1,675,303
         支払手形及び買掛金
                                        456,040              441,042
         短期借入金
                                        123,690              111,669
         1年内返済予定の長期借入金
                                        276,321              181,113
         未払法人税等
                                        129,004              251,416
         賞与引当金
                                       1,360,299              1,458,735
         その他
                                       3,719,151              4,119,280
         流動負債合計
       固定負債
                                        164,041              144,963
         長期借入金
                                         29,321              18,535
         繰延税金負債
                                       3,935,636              3,907,578
         退職給付に係る負債
                                        187,774              182,188
         その他
                                       4,316,774              4,253,265
         固定負債合計
                                       8,035,925              8,372,546
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       2,882,016              2,882,016
         資本金
                                       4,144,550              4,151,560
         資本剰余金
                                       9,572,276              9,758,136
         利益剰余金
                                       △ 861,780             △ 857,996
         自己株式
                                       15,737,062              15,933,716
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        577,107              544,035
         その他有価証券評価差額金
                                        158,376             △ 128,381
         為替換算調整勘定
                                      △ 1,340,495             △ 1,284,001
         退職給付に係る調整累計額
                                       △ 605,011             △ 868,347
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  20,800              17,440
                                       2,143,546              2,107,516
       非支配株主持分
                                       17,296,397              17,190,325
       純資産合計
                                       25,332,323              25,562,871
      負債純資産合計
                                  9/17









                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
      売上高                                  4,817,056              5,478,577
                                       3,850,120              4,160,148
      売上原価
                                        966,936             1,318,429
      売上総利益
                                        954,768              941,308
      販売費及び一般管理費
                                         12,167              377,120
      営業利益
      営業外収益
                                         7,757              7,900
       受取利息
                                         4,486              10,642
       受取配当金
                                         27,086              39,495
       持分法による投資利益
                                           -              672
       為替差益
                                         26,557              39,773
       その他
                                         65,887              98,484
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         3,586              3,440
       支払利息
       売上割引                                    99              123
                                         9,095                -
       為替差損
                                         1,457              1,502
       その他
                                         14,239               5,067
       営業外費用合計
                                         63,815              470,537
      経常利益
      特別利益
                                           556              117
       固定資産売却益
                                         4,611                -
       投資有価証券売却益
                                         5,168               117
       特別利益合計
      特別損失
                                         2,362              5,535
       固定資産除売却損
                                          ※ 164
                                                         -
       災害による損失
                                         2,526              5,535
       特別損失合計
                                         66,458              465,119
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   102,184              172,131
                                        △ 44,961             △ 26,278
      法人税等調整額
                                         57,222              145,852
      法人税等合計
                                         9,235             319,266
      四半期純利益
                                         6,422              41,212
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         2,813             278,054
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/17







                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成29年3月1日              (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
                                         9,235             319,266
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 82,026             △ 33,071
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 81,710             △ 366,143
       為替換算調整勘定
                                         59,952              60,002
       退職給付に係る調整額
                                         72,430              17,124
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 31,354             △ 322,087
       その他の包括利益合計
                                        △ 22,119              △ 2,821
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         8,989              14,718
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        △ 31,109             △ 17,539
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/17















                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
         該当事項はありません。
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

         該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         該当事項はありません。
        (財政状態、経営成績又はキャッシュ・フローの状況に関する事項で、企業集団の財政状態、経営成績及びキャッ

        シュ・フローの状況の判断に影響を与えると認められる重要なもの)
         該当事項はありません。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         該当事項はありません。
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 災害による損失
           前第1四半期連結累計期間(自 平成29年3月1日 至 平成29年5月31日)
            平成28年4月に発生した熊本地震により被害を受けた当社の熊本工場の建屋及び機械設備に関する修繕費
           等を計上しております。
           当第1四半期連結累計期間(自 平成30年3月1日 至 平成30年5月31日)

            該当事項はありません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
         なお、第1四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれ
        んの償却額は、次のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                            (自    平成29年3月1日             (自    平成30年3月1日
                             至   平成29年5月31日)              至   平成30年5月31日)
        減価償却費                            254,387千円                 236,152千円
        のれんの償却額                              861                 335
                                 12/17









                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自平成29年3月1日 至平成29年5月31日)
          1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決    議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                             配当額(円)
      平成29年5月25日
                普通株式        56,755         3   平成29年2月28日          平成29年5月26日          利益剰余金
       定時株主総会
          2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
            該当事項はありません。
          3.株主資本の著しい変動に関する事項

            株主資本の金額について、前連結会計年度末日と比較して著しい変動はありません。
         Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自平成30年3月1日 至平成30年5月31日)

          1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決    議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                             配当額(円)
      平成30年5月23日
                普通株式        92,193         5   平成30年2月28日          平成30年5月24日          利益剰余金
       定時株主総会
          2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
            該当事項はありません。
          3.株主資本の著しい変動に関する事項

            株主資本の金額について、前連結会計年度末日と比較して著しい変動はありません。
                                 13/17











                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自平成29年3月1日 至平成29年5月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                        四半期連結
                       報告セグメント
                                         その他           調整額     損益計算書
                                              合計
                                         (注)1           (注)2     計上額
              日本     アジア    北米・中米     オセアニア       計
                                                         (注)3
     売上高
      外部顧客への
              2,667,426     1,301,463      440,434     298,613    4,707,938      109,118    4,817,056        -  4,817,056
      売上高
      セグメント間
      の内部売上高        385,902     183,081        -     -   568,984      4,419    573,403     △ 573,403        -
      又は振替高
        計     3,053,328     1,484,545      440,434     298,613    5,276,922      113,537    5,390,460     △ 573,403    4,817,056
     セグメント利益又
              △ 28,293     18,749     11,904     △ 6,816    △ 4,455     2,409    △ 2,045     14,213     12,167
     は損失(△)
        (注)1     「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、欧州の現地法人の事業活動
             であります。
           2  セグメント利益又は損失(△)の調整額は、セグメント間取引消去であります。
           3  セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自平成30年3月1日 至平成30年5月31日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                        四半期連結
                       報告セグメント
                                         その他           調整額     損益計算書
                                              合計
                                                         計上額
                                         (注)1           (注)2
              日本     アジア    北米・中米     オセアニア       計
                                                         (注)3
     売上高
      外部顧客への
              3,030,318     1,498,859      498,489     321,293    5,348,961      129,616    5,478,577        -  5,478,577
      売上高
      セグメント間
      の内部売上高        532,394     181,139      4,543     1,590    719,666      5,946    725,612     △ 725,612        -
      又は振替高
        計     3,562,713     1,679,998      503,032     322,883    6,068,628      135,562    6,204,190     △ 725,612    5,478,577
     セグメント利益
              229,227     115,599      2,483     10,032     357,342      9,618    366,961      10,159     377,120
        (注)1     「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、欧州の現地法人の事業活動
             であります。
           2  セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
           3  セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
                                 14/17






                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
        (金融商品関係)
         四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
        (有価証券関係)

         四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
        (デリバティブ取引関係)

         該当事項はありません。
        (企業結合等関係)

         該当事項はありません。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎ならびに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上
        の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成29年3月1日               (自 平成30年3月1日
                                至 平成29年5月31日)               至 平成30年5月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                 0円15銭               15円8銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                        2,813              278,054
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                        2,813              278,054
       利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                18,903               18,443
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                 0円15銭               15円4銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
       (千円)
       普通株式増加数(千株)                                  39               40
       (うち新株予約権(千株))                                  (39)               (40)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当

     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                          -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 15/17






                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年7月11日

     富士精工株式会社

      取締役会 御中

                              有限責任     あずさ監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              澤田    吉孝    印
                            業  務  執  行  社  員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              池ヶ谷 正  印
                            業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている富士精工株式会


     社の平成30年3月1日から平成31年2月28日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成30年3月1日から平成
     30年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成30年3月1日から平成30年5月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、富士精工株式会社及び連結子会社の平成30年5月31日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要
     な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。