株式会社あらた 有価証券届出書(参照方式)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(参照方式)

提出日:

提出者:株式会社あらた

カテゴリ:有価証券届出書(参照方式)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         平成30年7月4日
      【会社名】                         株式会社あらた
      【英訳名】                         ARATA   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役 社長執行役員  須崎 裕明
      【本店の所在の場所】                         東京都江東区東陽六丁目3番2号
      【電話番号】                         03-5635-2800(代表)
      【事務連絡者氏名】                         代表取締役 副社長執行役員  鈴木 洋一
      【最寄りの連絡場所】                         東京都江東区東陽六丁目3番2号
      【電話番号】                         03-5635-2800(代表)
      【事務連絡者氏名】                         代表取締役 副社長執行役員  鈴木 洋一
      【届出の対象とした募集有価証券の種類】                         新株予約権付社債
      【届出の対象とした募集金額】
                               一般募集                      6,000,000,000円
                               (注) 募集金額は、発行価額の総額(日本国内において販売さ
                                   れる転換社債型新株予約権付社債の総額の上限)であり
                                   ます。日本国内において販売される転換社債型新株予約
                                   権付社債の総額に関しましては、本文「第一部 証券情
                                   報 第1 募集要項 1 新規発行新株予約権付社債
                                   (短期社債を除く。)」をご参照ください。
                                   ただし、今回の募集の方法は、引受人が発行価額にて買
                                   取引受けを行い、当該発行価額と異なる価額(発行価
                                   格)で一般募集を行うため、一般募集における発行価格
                                   の総額は上記の金額とは異なります。
      【安定操作に関する事項】                         1 今回の募集に伴い、当社の発行する上場株式について、市場
                                 価格の動向に応じ必要があるときは、金融商品取引法施行令
                                 第20条第1項に規定する安定操作取引が行われる場合があり
                                 ます。
                               2 上記の場合に安定操作取引が行われる取引所金融商品市場を
                                 開設する金融商品取引所は、株式会社東京証券取引所であり
                                 ます。
      【縦覧に供する場所】                         株式会社東京証券取引所
                               (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/33







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行新株予約権付社債(短期社債を除く。)】
        本新株予約権付社債(以下「本新株予約権付社債」といい、そのうち社債のみを「本社債」、新株予約権のみを
       「本新株予約権」という。)の募集については、発行価額(各社債の金額100円につき金100円)にて後記「2 新株
       予約権付社債の引受け及び新株予約権付社債管理の委託 (1)新株予約権付社債の引受け」に記載の引受人は買取引
       受けを行い、当該発行価額と異なる価額(発行価格、各社債の金額100円につき金102.5円)で一般募集を行います。
       引受人は払込期日に発行価額の総額を当社に払込み、一般募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金と
       します。当社は引受人に対して引受手数料を支払いません。
     銘柄            株式会社あらた120%コールオプション条項付第2回無担保転換社債型新株予約権付社債
                  (転換社債型新株予約権付社債間限定同順位特約付)
     記名・無記名の別            -
     券面総額又は振替社債の            金6,000,000,000円(注)1
     総額(円)
     各社債の金額(円)            金1,000,000円
     発行価額の総額(円)            金6,000,000,000円(注)1
     発行価格(円)            各社債の金額100円につき金102.5円(注)2
     発行価額(円)            各社債の金額100円につき金100円(注)3
                  ただし、本新株予約権を引き受ける者は、本新株予約権と引換えに金銭の払込みを要しない
                  ものとする。
     利率(%)            本社債には利息を付さない。
     利払日            該当事項なし
     利息支払の方法            該当事項なし
     償還期限            平成35年7月24日(月)
     償還の方法            1 償還金額
                    各社債の金額100円につき金100円
                    ただし、繰上償還する場合は本欄第2項第(3)号乃至第(5)号に定める金額による。
                  2 償還の方法及び期限
                   (1)本社債は、平成35年7月24日にその総額を償還する。ただし、本社債の繰上償還に関
                     しては、本項第(3)号乃至第(5)号に、買入消却に関しては本項第(7)号に定めるとこ
                     ろによる。
                   (2)本社債を償還すべき日(本項第(3)号乃至第(5)号の規定により本社債を繰上償還する
                     日を含み、以下「償還期日」という。)が銀行休業日にあたるときは、その支払は前
                     銀行営業日にこれを繰り上げる。
                   (3)組織再編行為による繰上償還
                    ① 組織再編行為(本号⑤に定義する。以下同じ。)が当社の株主総会で承認された場
                      合(株主総会の承認が不要な場合は取締役会で承認した場合または会社法に従いそ
                      の他の機関が決定した場合)において、当社が、かかる承認の日(以下「組織再編
                      行為承認日」という。)までに、社債管理者に対し、承継会社等(本号⑥に定義す
                      る。以下同じ。)が理由の如何を問わず当該組織再編行為の効力発生日において日
                      本の金融商品取引所における上場会社であることを、当社としては想定していない
                      旨を記載し、当社の代表者の記名捺印した書面を交付した場合には、当社は、償還
                      日(当該組織再編行為の効力発生日またはそれ以前の日とする。ただし、当該組織
                      再編行為の効力発生日が組織再編行為承認日から30日以内に到来する場合には、本
                      ①に定める公告を行った日から30日目以降の日とする。)の30日前までに必要事項
                      を公告したうえで、残存する本社債の全部(一部は不可)を、本号②乃至④に従っ
                      て決定される償還金額(以下「組織再編行為償還金額」という。)で繰上償還す
                      る。
                                  2/33




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                    ② 組織再編行為償還金額は、参照パリティ(本号③に定義する。以下同じ。)及び償
                      還日に応じて本②の表(本社債の各社債の金額に対する割合(百分率)として表示
                      する。)に従って決定される。
                                組織再編行為償還金額(%)
                                        参照パリティ
                     償還日
                             70    80    90    100    110    120    130    140
                            99.0    101.5    104.9    109.5    115.3    122.3    130.5    140.0

                  平成30年7月27日
                            99.2    101.4    104.7    109.1    114.9    121.9    130.3    140.0
                  平成31年7月23日
                            99.2    101.2    104.3    108.5    114.1    120.9    130.0    140.0
                  平成32年7月23日
                            99.3    100.8    103.6    107.8    113.5    120.7    130.0    140.0
                  平成33年7月23日
                            99.4    100.2    102.4    106.4    112.4    120.3    130.0    140.0
                  平成34年7月23日
                            100.0    100.0    100.0    100.0    110.0    120.0    130.0    140.0
                  平成35年7月23日
                  (注) 上記表中の数値は、平成30年6月22日(金)現在における見込みの数値であり、平

                      成30年7月17日(火)から平成30年7月20日(金)までの間のいずれかの日(以下
                      「転換価額等決定日」という。)に、当該転換価額等決定日における金利、当社普
                      通株式の株価、ボラティリティ及びその他の市場動向を勘案した当該償還時点にお
                      ける本社債の価値を反映する金額となるような数値に決定される。
                    ③ 「参照パリティ」は、(イ)当該組織再編行為に関して当社普通株式の株主に支払わ
                      れる対価が金銭のみである場合には、当社普通株式1株につき支払われる当該金銭
                      の額を当該組織再編行為承認日時点で有効な転換価額(別記「新株予約権の行使時
                      の払込金額」欄第1項第(3)号に定義する。以下同じ。)で除して得られた値(小
                      数第5位まで算出し、小数第5位を四捨五入し、これを百分率で表示する。)と
                      し、(ロ)上記(イ)以外の場合には、会社法に基づき当社の取締役会その他の機関に
                      おいて決議または決定された当該組織再編行為の条件(当該組織再編行為に関して
                      支払われもしくは交付される対価を含む。)が公表された日の直後の取引日に始ま
                      る5連続取引日の株式会社東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値
                      (気配表示を含まない。以下本項において同じ。)の平均値を、当該5連続取引日
                      の最終日時点で有効な転換価額で除して得られた値(小数第5位まで算出し、小数
                      第5位を四捨五入し、これを百分率で表示する。)とする。当該5連続取引日にお
                      いて別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第2項第(2)号、第(3)号または第
                      (7)号に定める転換価額の調整事由が生じた場合には、当該5連続取引日の当社普
                      通株式の普通取引の終値の平均値は、社債管理者と協議のうえ合理的に調整される
                      ものとする。本③、本項第(4)号②及び本項第(5)号①において「取引日」とは、株
                      式会社東京証券取引所が営業している日をいい、当社普通株式の普通取引の終値が
                      発表されない日を含まない。
                    ④ 参照パリティまたは償還日が本号②の表に記載されていない場合には、組織再編行
                      為償還金額は、以下の方法により算出される。
                      (イ)参照パリティが本号②の表の第1行目に記載された2つの値の間の値である
                         場合、または償還日が本号②の表の第1列目に記載された2つの日付の間の
                         日である場合には、組織再編行為償還金額は、かかる2つの値またはかかる
                         2つの日付に対応する本号②の表中の数値に基づきその双方につきかかる2
                         つの値またはかかる2つの日付の間を直線で補間して算出した数値により算
                         出した数値(小数第5位まで算出し、小数第5位を四捨五入し、これを百分
                         率で表示する。)とする。ただし、日付に係る補間については、1年を365
                         日とする。
                      (ロ)参照パリティが本号②の表の第1行目の右端の値より高い場合には、参照パ
                         リティはかかる右端の値と同一とみなす。
                      (ハ)参照パリティが本号②の表の第1行目の左端の値より低い場合には、参照パ
                         リティはかかる左端の値と同一とみなす。
                                  3/33



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                      ただし、組織再編行為償還金額は各社債の金額の140%を上限とし、本号②の表及
                      び本④(イ)乃至(ハ)の方法に従って算出された値が140%を超える場合には、組織
                      再編行為償還金額は各社債の金額の140%とする。また、組織再編行為償還金額
                      は、各社債の金額の100%を下限とし、本号②の表及び本④(イ)乃至(ハ)の方法に
                      従って算出された値が100%未満となる場合には、組織再編行為償還金額は各社債
                      の金額の100%とする。
                    ⑤ 「組織再編行為」とは、当社が消滅会社となる合併、吸収分割または新設分割(承
                      継会社等が、本社債に基づく当社の義務を引き受け、かつ本新株予約権に代わる新
                      たな新株予約権を交付する場合に限る。)、当社が他の株式会社の完全子会社とな
                      る株式交換または株式移転、及びその他の日本法上の会社組織再編手続で、かかる
                      手続により本社債に基づく当社の義務が他の株式会社に引き受けられることとなる
                      ものを総称していう。
                    ⑥ 「承継会社等」とは、次の(イ)乃至(ヘ)に定める株式会社を総称していう。
                      (イ)合併(合併により当社が消滅する場合に限る。)吸収合併存続株式会社また
                         は新設合併設立株式会社
                      (ロ)吸収分割 吸収分割承継株式会社
                      (ハ)新設分割 新設分割設立株式会社
                      (ニ)株式交換 株式交換完全親株式会社
                      (ホ)株式移転 株式移転設立完全親株式会社
                      (ヘ)上記(イ)乃至(ホ)以外の日本法上の会社組織再編手続 本社債に基づく当社
                         の義務を引き受ける株式会社
                   (4)上場廃止等による繰上償還
                    ① (イ)当社以外の者(以下「公開買付者」という。)によって、当社普通株式の保有
                      者に対して金融商品取引法に基づく当社普通株式の公開買付けがなされ、(ロ)当社
                      が当該公開買付けに賛同する意見を表明し、(ハ)当該公開買付けによる当社普通株
                      式の取得の結果当社普通株式が上場されている全ての日本の金融商品取引所におい
                      てその上場が廃止される可能性があることを当社または公開買付者が公表または認
                      容し(ただし、当社または公開買付者が、当該公開買付け後も当社が日本の金融商
                      品取引所における上場会社であり続けるよう最善の努力をする旨を公表した場合を
                      除く。)、かつ(ニ)公開買付者が当該公開買付けにより当社普通株式を取得した場
                      合には、当社は、当該公開買付けによる当社普通株式の取得日(当該公開買付けに
                      係る決済の開始日を意味する。以下同じ。)から15日以内に必要事項を公告したう
                      えで、当該公告において指定した償還日(かかる償還日は、当該公告の日から30日
                      目以降60日目までのいずれかの日とする。)に、残存する本社債の全部(一部は不
                      可)を、本号②に従って決定される償還金額(以下「上場廃止等償還金額」とい
                      う。)で繰上償還する。
                    ② 上場廃止等償還金額は、本項第(3)号記載の組織再編行為償還金額の算出方法と同
                      様の方法により算出される。ただし、参照パリティは、(イ)当該公開買付けの対価
                      が金銭のみである場合には、公開買付期間の末日時点で有効な公開買付価格を、同
                      日時点で有効な転換価額で除して得られた値(小数第5位まで算出し、小数第5位
                      を四捨五入し、これを百分率で表示する。)とし、(ロ)上記(イ)以外の場合には、
                      公開買付期間の末日に終了する5連続取引日の株式会社東京証券取引所における当
                      社普通株式の普通取引の終値の平均値を、公開買付期間の末日時点で有効な転換価
                      額で除して得られた値(小数第5位まで算出し、小数第5位を四捨五入し、これを
                      百分率で表示する。)とする。当該5連続取引日において別記「新株予約権の行使
                      時の払込金額」欄第2項第(2)号、第(3)号または第(7)号に定める転換価額の調整
                      事由が生じた場合には、当該5連続取引日の当社普通株式の普通取引の終値の平均
                      値は、社債管理者と協議のうえ合理的に調整されるものとする。
                                  4/33




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                    ③ 本号①にかかわらず、当社または公開買付者が、当該公開買付けによる当社普通株
                      式の取得日の後に組織再編行為を行う旨の意向を、当該公開買付けに係る公開買付
                      期間の末日までに公表した場合には、本号①の規定は適用されない。ただし、当該
                      取得日から60日以内に当該組織再編行為に係る組織再編行為承認日が到来しなかっ
                      た場合、当社は、かかる60日間の末日から15日以内に必要事項を公告したうえで、
                      当該公告において指定した償還日(かかる償還日は、当該公告の日から30日目以降
                      60日目までのいずれかの日とする。)に、残存する本社債の全部(一部は不可)
                      を、上場廃止等償還金額で繰上償還する。
                    ④ 本項第(3)号に定める繰上償還事由及び本号①または③に定める繰上償還事由の両
                      方が発生した場合には、本社債は本項第(3)号に従って償還されるものとする。た
                      だし、本項第(3)号に定める繰上償還事由が発生した場合において、組織再編行為
                      承認日の前に本号①または③に基づく公告が行われたときは、本社債は本号に従っ
                      て償還されるものとする。
                   (5)120%コールオプション条項
                    ① 当社は、株式会社東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値がある20
                      連続取引日にわたり、当該終値が当該各取引日に適用のある別記「新株予約権の行
                      使時の払込金額」欄第1項第(3)号に定める転換価額の120%以上であった場合、平
                      成32年7月24日以降いつでも、当該20連続取引日の最終日から15日以内かつ当該償
                      還期日に先立つ30日以上60日以下の期間内に必要な事項を公告した上で、その時点
                      において未償還の本社債の全部(一部は不可)を各社債の金額100円につき金100円
                      で繰上償還することができる。なお、当社が当社普通株式の株式分割または当社普
                      通株式に対する当社普通株式の無償割当て(以下「株式分割等」という。)を行う
                      場合、当該株式分割等の基準日(基準日を定めない場合は、効力発生の前日とし、
                      基準日または効力発生日の前日が取引日でない場合は、その直前の取引日。以下本
                      号において同じ。)の2取引日前の日から当該株式分割等の基準日(当日を含
                      む。)までの3取引日についての本条項の適用にあたっては、別記「新株予約権の
                      行使時の払込金額」欄第2項第(2)号②の規定にかかわらず、当該各取引日の30日
                      前の日における当社の発行済普通株式総数(ただし、当社の有する当社普通株式を
                      除く。)を既発行株式数として、当該株式分割等により発行されることとなる株式
                      数を発行・処分株式数(ただし、当社普通株式の分割を行う場合は、当社の有する
                      当社普通株式に割当てられる当社普通株式数を除く。)として、別記「新株予約権
                      の行使時の払込金額」欄第2項第(1)号に定める新株発行等による転換価額調整式
                      に当てはめて計算された転換価額をもって、当該各取引日に適用ある転換価額とす
                      る。
                    ② 本項第(3)号または第(4)号①もしくは③に定める繰上償還事由及び本号①に定める
                      繰上償還事由の両方が発生した場合には、本社債は本項第(3)号または第(4)号①も
                      しくは③に従って償還されるものとする。ただし、本項第(3)号または第(4)号①も
                      しくは③に定める繰上償還事由が発生した場合において、組織再編行為承認日また
                      は当該公開買付けによる当社普通株式の取得日の前に本号①に基づく公告が行われ
                      たときは、本社債は本号に従って償還されるものとする。
                   (6)当社は、前3号に定める公告を行った後は、当該公告に係る繰上償還を取消すことは
                     できない。また、前3号の規定により本社債を繰上償還する場合には、償還される本
                     社債に付された本新株予約権は、本社債の償還により別記「新株予約権の行使期間」
                     欄第(4)号に従って本新株予約権が行使できなくなることによりその全部が消滅す
                     る。
                   (7)当社は、法令または振替機関の振替業に係る業務規程等の規則に別途定められている
                     場合を除き、払込期日(別記「払込期日」欄に定める。以下同じ。)の翌日以降いつ
                     でも本新株予約権付社債を買入れることができる。買入れた本社債を消却する場合、
                     本新株予約権については別記「新株予約権の行使の条件」欄に従って行使できなくな
                     ることにより消滅する。
                  3 償還元金の支払場所
                    別記「(注)19 償還金の支払」記載のとおり。
                                  5/33



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     募集の方法            一般募集
     申込証拠金(円)            各社債の金額100円につき金102.5円。なお、申込証拠金のうち発行価額相当額(各社債の金
                  額100円につき金100円)は、払込期日に払込金額に振替充当する。申込証拠金には利息をつ
                  けない。
     申込期間            平成30年7月23日(月)から平成30年7月24日(火)まで((注)4)とし、当該期間内に
                  別記「申込取扱場所」欄に記載の申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込むものとする。
     申込取扱場所            後記「2 新株予約権付社債の引受け及び新株予約権付社債管理の委託 (1)新株予約権付
                  社債の引受け」に記載の引受金融商品取引業者の本店及び国内各支店
     払込期日            平成30年7月27日(金)(注)4
                  本新株予約権の割当日も同日とする。
     振替機関            株式会社証券保管振替機構
                  東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
     担保            本新株予約権付社債には担保及び保証は付されておらず、また本新株予約権付社債のために
                  特に留保されている資産はない。
     財務上の特約            1 当社は、本社債の未償還残高が存する限り、当社が国内で既に発行した、または国内で
     (担保提供制限)              今後発行する他の転換社債型新株予約権付社債のために当社の資産に担保権を設定する
                    場合(当社の資産に担保権を設定する場合、当社の特定の資産につき担保権設定の予約
                    をする場合及び当社の特定の資産につき当社の特定の債務以外の債務の担保に供しない
                    旨を約する場合をいう。以下同じ。)は、本新株予約権付社債のためにも担保付社債信
                    託法に基づき、同順位の担保権を設定する。なお、転換社債型新株予約権付社債とは、
                    会社法第2条第22号に定義される新株予約権付社債であって、会社法第236条第1項第
                    3号の規定により、新株予約権の内容として当該新株予約権付社債を新株予約権の行使
                    に際してする出資の目的とするものをいう。
                  2 本欄第1項に基づき設定した担保権が本社債を担保するに十分でないときは、当社は本
                    新株予約権付社債のために担保付社債信託法に基づき社債管理者が適当と認める担保権
                    を設定する。
                  3 当社が吸収合併、株式交換または吸収分割により、担保権の設定されている吸収合併消
                    滅会社、株式交換完全子会社または吸収分割会社の転換社債型新株予約権付社債を承継
                    する場合には、前2項は適用されない。
     財務上の特約            1 担保付社債への切換
     (その他の条項)             (1)当社は、社債管理者と協議のうえ、いつでも本新株予約権付社債のために社債管理者
                     が適当と認める担保権を、担保付社債信託法に基づき設定することができる。
                   (2)当社が別記「財務上の特約(担保提供制限)」欄または前号により本新株予約権付社
                     債のために担保権を設定する場合は、当社は、ただちに登記その他必要な手続を完了
                     し、かつ、その旨を担保付社債信託法第41条第4項の規定に準じて公告する。
                  2 特定資産の留保
                   (1)当社は、社債管理者と協議のうえ、いつでも当社の有する特定の資産(以下「留保資
                     産」という。)を本新株予約権付社債以外の債務に対し担保提供を行わず本新株予約
                     権付社債のために留保する旨の特約を社債管理者との間に締結することができる。
                   (2)前号の場合、当社は社債管理者との間で次の①乃至⑦についても同時に特約を締結す
                     る。
                    ① 留保資産のうえに本新株予約権付社債の社債権者(以下「本社債権者」という。)
                      の利益を害すべき抵当権、質権その他の権利もしくはその設定の予約、または本新
                      株予約権付社債の担保とすることを妨げる約束が一切存在しないことを当社が保証
                      する旨。
                    ② 当社は社債管理者の書面による承諾なしに留保資産を他に譲渡もしくは貸与しない
                      旨。
                    ③ 当社は原因の如何にかかわらず、留保資産の価額の総額が著しく減少したとき、ま
                      たは留保資産を害するおそれのある場合は、ただちに書面により社債管理者に通知
                      し、その指示に従う旨。
                    ④ 当社は社債管理者が本新株予約権付社債に係る債権の保全のために必要と認め請求
                      したときは、ただちに社債管理者の指定する資産を留保資産に追加する旨。
                                  6/33



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                    ⑤ 当社は本社債の未償還残高の減少またはやむを得ない事情がある場合には、社債管
                      理者の事前の書面による承諾を得て、留保資産の一部または全部につき社債管理者
                      が適当と認める他の資産と交換し、または、留保資産から除外することができる
                      旨。
                    ⑥ 当社は社債管理者が本新株予約権付社債権保全のために必要と認め請求したとき
                      は、ただちに本新株予約権付社債のために留保資産に担保付社債信託法に基づき担
                      保権を設定する旨。
                    ⑦ 前⑥の場合、留保資産のうえに社債管理者が適当と認める担保権を設定できないと
                      きは、当社は本新株予約権付社債のために社債管理者が適当と認める他の資産のう
                      えに担保付社債信託法に基づき担保権を設定する旨。
                   (3)本項第(1)号の場合、社債管理者は、本社債権者保護のために必要と認められる措置
                     をとることを当社に請求することができる。
                   (4)当社が吸収合併、株式交換または吸収分割により、担保権が設定されている、または
                     留保資産提供が行われている吸収合併消滅会社、株式交換完全子会社または吸収分割
                     会社の転換社債型新株予約権付社債を承継する場合は、本項第(1)号及び第(2)号は適
                     用されない。
                  3 利益維持
                   (1)当社は、本社債の払込期日以降、本社債の未償還残高が存する限り、当社の各事業年
                     度に係る監査済連結損益計算書(連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規
                     則により作成されたものとし、以下「連結損益計算書」という。)に示される経常損
                     益が損失とならないものとする。
                   (2)当社の各事業年度に係る連結損益計算書に示される経常損益が3期連続して損失と
                     なった場合、その最終の事業年度(以下「最終事業年度」という。)の末日から4か
                     月を経過した日に前号の違背が生じたものとみなす。
                   (3)前号の規定は、最終事業年度の経常損失額がその直前事業年度の経常損失額を下回
                     り、かつ、3期間の経常損失累計額が当該連続経常損失発生1期目の直前事業年度の
                     末日における監査済連結貸借対照表(連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関す
                     る規則により作成されたものとする。)に示される純資産合計額の30%を超えない場
                     合には適用しない。ただし、当該最終事業年度の直前事業年度の経常損失に関して、
                     本号本文により前号の適用を免れていた場合を除く。
      (注)1 上記振替社債の総額及び発行価額の総額は、平成30年7月4日(水)付の取締役会において決議された本新
           株予約権付社債の総額(以下「本新株予約権付社債の発行総額」という。)6,000百万円の発行に係る募集
           のうち、日本国内において販売(以下「国内販売」という。)される本新株予約権付社債の総額(以下「国
           内販売額」という。)の上限である。本新株予約権付社債の募集においては、本新株予約権付社債のうちの
           一部が、欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)の海外投資家に対して
           同時に販売(以下「海外販売」という。)されることがあるが、海外販売に係る本新株予約権付社債の総額
           (以下「海外販売額」という。)は、本有価証券届出書提出日(平成30年7月4日)現在、未定であるた
           め、上記振替社債の総額及び発行価額の総額は国内販売額の上限を記載している。
           なお、本新株予約権付社債の発行総額6,000百万円のうち国内販売額(振替社債の総額及び発行価額の総
           額)及び海外販売額は、国内販売及び海外販売の需要状況等を勘案した上で、本(注)4記載の転換価額等
           決定日に決定されるが、海外販売額は本新株予約権付社債の発行総額6,000百万円の半額以下とするため、
           国内販売額(振替社債の総額及び発行価額の総額)は本新株予約権付社債の発行総額6,000百万円の半額以
           上となる。海外販売の内容については、後記「第三部 参照情報 第1 参照書類 4 臨時報告書」に記
           載の平成30年7月4日(水)付臨時報告書並びに平成30年7月9日(月)及び本(注)4記載の転換価額等
           決定日にそれぞれ提出される当該臨時報告書の訂正報告書の各記載内容を参照すること。
         2 一般募集は発行価格にて行う。
         3 発行価額は当社が引受人より本新株予約権付社債の払込金額として受取る各社債の金額100円あたりの金額
           である。
                                  7/33




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
         4 申込期間及び払込期日については、上記のとおり内定しているが、平成30年7月17日(火)から平成30年7
           月20日(金)までの間のいずれかの日(以下「転換価額等決定日」という。)において正式に決定する。な
           お、上記申込期間及び払込期日については、需要状況等を勘案したうえで、繰り上げることがある。当該需
           要状況等の把握期間は、最長で平成30年7月12日(木)から平成30年7月20日(金)までとしているが、実
           際の転換価額等の決定期間は平成30年7月17日(火)から平成30年7月20日(金)までとしている。
           したがって、
           (1)転換価額等決定日が平成30年7月17日(火)の場合、申込期間は「自 平成30年7月18日(水) 至 
             平成30年7月19日(木)」、払込期日は「平成30年7月24日(火)」
           (2)転換価額等決定日が平成30年7月18日(水)の場合、申込期間は「自 平成30年7月19日(木) 至 
             平成30年7月20日(金)」、払込期日は「平成30年7月25日(水)」
           (3)転換価額等決定日が平成30年7月19日(木)の場合、申込期間は「自 平成30年7月20日(金) 至 
             平成30年7月23日(月)」、払込期日は「平成30年7月26日(木)」
           (4)転換価額等決定日が平成30年7月20日(金)の場合、上記申込期間及び払込期日のとおり、
           となるので注意すること。
         5 本新株予約権付社債の募集に関連してロックアップに関する合意がなされているが、その内容に関しては、
           後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 ロックアップについて」を参照すること。
         6 信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付
           本新株予約権付社債について信用格付業者から取得した信用格付及び取得日、信用格付業者が公表する情報
           の入手方法は以下のとおり。(電話番号はシステム障害等により情報が入手できない場合の信用格付業者の
           連絡先)
           株式会社日本格付研究所(以下「JCR」という。)
           信用格付:BBB+(トリプルBプラス)(取得日平成30年7月4日)
           入手方法:JCRのホームページ(https://www.jcr.co.jp/)の「ニュースリリース」右端「一覧を見る」
                をクリックして表示される「ニュースリリース」(https://www.jcr.co.jp/release/)に掲載さ
                れている。
           問合せ電話番号:03-3544-7013
           JCRの信用格付は、格付対象となる債務について約定どおり履行される確実性の程度を等級をもって示す
           ものである。
           JCRの信用格付は、債務履行の確実性の程度に関してのJCRの現時点での総合的な意見の表明であり、
           当該確実性の程度を完全に表示しているものではない。また、JCRの信用格付は、デフォルト率や損失の
           程度を予想するものではない。JCRの信用格付の評価の対象には、価格変動リスクや市場流動性リスクな
           ど、債務履行の確実性の程度以外の事項は含まれない。
           JCRの信用格付は、格付対象の発行体の業績、規制などを含む業界環境などの変化に伴い見直され、変動
           する。また、JCRの信用格付の付与にあたり利用した情報は、JCRが格付対象の発行体及び正確で信頼
           すべき情報源から入手したものであるが、当該情報には、人為的、機械的またはその他の理由により誤りが
           存在する可能性がある。
         7 社債、株式等の振替に関する法律の適用
           本新株予約権付社債は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社債等振替法」という。)の規定の適用
           を受け、振替機関の振替業に係る業務規程その他の規則に従って取り扱われるものとする。社債等振替法に
           従い本社債権者が新株予約権付社債券の発行を請求することができる場合を除き、本新株予約権付社債に係
           る新株予約権付社債券は発行されない。社債等振替法に従い本新株予約権付社債に係る新株予約権付社債券
           が発行される場合、かかる新株予約権付社債券は無記名式とし、本社債権者は、かかる新株予約権付社債券
           を記名式とすることを請求することはできない。
         8 期限の利益喪失に関する特約
           当社は、次の各場合には本社債について期限の利益を喪失し、本(注)16に定めるところにより、その旨を
           公告するものとする。ただし、別記「財務上の特約(担保提供制限)」欄または別記「財務上の特約(その
           他の条項)」欄第1項第(1)号の定めるところにより当社が本新株予約権付社債のために担保付社債信託法
           に基づき社債管理者が適当と認める担保権を設定した場合であって、社債管理者が承認したときには、本
           (注)8(2)または(3)に該当しても期限の利益を喪失しない。
           (1)当社が別記「償還の方法」欄第2項の規定に違背したとき。
           (2)当社が別記「財務上の特約(担保提供制限)」欄の規定に違背したとき。
           (3)当社が別記「財務上の特約(その他の条項)」欄第3項第(2)号に基づき同項第(1)号の違背が生じたも
             のとみなされたとき。
           (4)当社が別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第2項第(1)号乃至第(8)号、別記「財務上の特約(そ
             の他の条項)」欄第1項第(2)号、本(注)10、本(注)11、本(注)12(2)、本(注)15、または本
             (注)16に定める規定に違背し、社債管理者の指定する期間内にその履行または補正をしないとき。
                                  8/33


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
           (5)当社が本社債以外の社債について期限の利益を喪失し、または期限が到来してもその弁済をすることが
             できないとき。
           (6)当社が社債を除く借入金債務について期限の利益を喪失したとき、もしくは当社以外の社債またはその
             他の借入金債務に対して当社が行った保証債務について履行義務が発生したにもかかわらず、その履行
             をすることができないとき。ただし、当該債務の合計額(邦貨換算後)が5億円を超えない場合は、こ
             の限りではない。
           (7)当社が破産手続開始、民事再生手続開始もしくは会社更生手続開始の申立てをし、または取締役会にお
             いて解散(合併の場合を除く。)の議案を株主総会に提出する旨の決議を行ったとき。
           (8)当社が破産手続開始、民事再生手続開始もしくは会社更生手続開始の決定、または特別清算開始の命令
             を受け、または解散(合併の場合を除く。)したとき。
           (9)当社がその事業経営に不可欠な資産に対し強制執行、仮差押もしくは仮処分の執行もしくは競売(公売
             を含む。)の申立てを受け、または滞納処分としての差押を受ける等当社の信用を著しく害損する事実
             が生じ、かつ社債管理者が本社債権者の権利保全上、本社債の存続を不適当であると認めたとき。
         9 担保提供制限に係る特約の解除
           当社が、別記「財務上の特約(担保提供制限)」欄または別記「財務上の特約(その他の条項)」欄第1項
           第(1)号により本新株予約権付社債のために担保権を設定した場合、または、別記「財務上の特約(その他
           の条項)」欄第2項により本新株予約権付社債のために留保資産を留保した場合で社債管理者が承認したと
           きには、以後、別記「財務上の特約(担保提供制限)」欄及び本(注)11(2)は適用されない。
         10 社債管理者に対する定期報告
          (1)当社は、随時社債管理者にその事業の概況を報告し、また、毎事業年度の決算及び剰余金の分配(会社法
            第454条第5項に定める中間配当を含む。)については、取締役会決議後ただちに書面をもって社債管理
            者にこれを通知する。ただし、当該通知については、当社が本(注)10(2)に定める社債管理者への通知
            を行った場合または書類を社債管理者に提出した場合はこれを省略することができる。当社が会社法第
            441条第1項に定められた一定の日において臨時決算を行った場合も同様とする。
          (2)当社は、金融商品取引法に基づき作成する有価証券報告書及びその添付資料の写しを当該事業年度経過後
            3か月以内に、四半期報告書の写しを当該各期間経過後45日以内に社債管理者に提出する。金融商品取引
            法第24条の4の2に定める確認書及び金融商品取引法第24条の4の4に定める内部統制報告書についても
            上記書類の取扱に準ずる。また、当社が臨時報告書及び訂正報告書を財務局長等に提出した場合には遅滞
            なくこれを社債管理者に提出する。ただし、当社が金融商品取引法第27条の30の3に基づき有価証券報告
            書、四半期報告書または臨時報告書及びそれらの訂正報告書(添付資料を含み、以下「報告書等」とい
            う。)の電子開示手続きを行う場合は、これら報告書等を財務局長等に提出した旨の社債管理者への通知
            をもって社債管理者への報告書等の提出に代えることができる。
         11 社債管理者に対する通知
          (1)当社は、本新株予約権付社債発行後、社債原簿に記載すべき事由が生じたときならびに変更が生じたとき
            は、遅滞なく社債原簿にその旨の記載を行い、代表者の記名捺印した書面によりこれを社債管理者に通知
            する。
          (2)当社は、本新株予約権付社債発行後、当社が国内で既に発行した、または国内で今後発行する他の転換社
            債型新株予約権付社債のために担保提供を行う場合には、遅滞なく書面によりその旨ならびにその債務額
            及び担保物その他必要な事項を社債管理者に通知する。
          (3)当社は、次の各場合には、あらかじめ書面により社債管理者に通知する。
           ① 事業経営に不可欠な資産を譲渡または貸与しようとするとき。
           ② 当社の事業の全部または重要な一部の管理を他に委託しようとするとき。
           ③ 事業の全部もしくは重要な事業の一部を休止もしくは廃止しようとするとき。
           ④ 資本金の額または準備金の額を減少しようとするとき。
           ⑤ 株式交換または株式移転により他の会社の完全子会社になろうとするとき。
           ⑥ 組織変更、合併または会社分割をしようとするとき。
           ⑦ 解散をしようとするとき。
           ⑧ 別記「償還の方法」欄第2項第(3)号または第(4)号に係る事実を公表するとき。
          (4)当社は、次の各場合には、ただちに書面により社債管理者へその旨を通知する。
           ① 支払停止になったとき、または手形交換所もしくはこれに準ずる電子債権記録機関の取引停止処分を受
             けたとき。
           ② 社債を除く借入金債務について期限が到来してもその弁済をすることができないとき。
           ③ 事業経営に不可欠な資産に対し強制執行、仮差押もしくは仮処分の執行または担保権の実行としての競
             売(公売を含む。)の申立て、または滞納処分を受けたとき。
           ④ 当社または第三者により、当社について破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始もしくは
             特別清算開始の申立てがあったとき。
         12 社債管理者の調査権限
                                  9/33

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
          (1)当社は、社債管理者が本社債権保全のために必要と認め請求した場合には、当社ならびに当社の連結子会
            社及び持分法適用会社の事業、経理、帳簿書類等に関する報告書を提出しなければならない。また、社債
            管 理者は、当社の費用で自らまたは人を派遣して当社ならびに当社の連結子会社及び持分法適用会社の事
            業、経理、帳簿書類等につき調査を行うことができる。
          (2)本(注)12(1)の場合で、社債管理者が当社ならびに当社の連結子会社及び持分法適用会社の調査を行う
            ときは、当社は、これに協力する。
         13 債権者の異議手続における社債管理者の権限
           社債管理者は、会社法第740条第2項本文の規定にかかわらず、同条第1項に定める異議の申立てに関し、
           社債権者集会の決議によらずに社債権者のために異議を述べることは行わない。
         14 社債管理者の辞任
          (1)社債管理者のうちいずれかの者は、以下に定める場合その他正当な事由があるときは、社債管理者の事務
            を承継する者を定めて辞任することができる。ただし、社債管理者のうち残存する者がある場合には、当
            該残存する者のみで社債管理者の事務を行うことができる。
           ① 本社債権者と社債管理者または社債管理者のうちいずれかの者との間で利益が相反する場合(利益が相
             反するおそれがある場合を含む。)。
           ② 社債管理者または社債管理者のうちいずれかの者が、社債管理者としての業務の全部または重要な業務
             の一部を休止または廃止しようとする場合。
          (2)本(注)14(1)の場合には、当社ならびに辞任及び残存する者(残存する者がいない場合は承継する者)
            は、遅滞なくかかる変更によって必要となる手続を行わなければならない。
         15 繰上償還の場合の通知及び公告
          (1)当社が別記「償還の方法」欄第2項第(3)号の規定により本社債を繰上償還しようとする場合は、当社は
            当該償還期日の少なくとも60日前に書面により繰上償還しようとする旨その他必要事項を社債管理者に通
            知する。
          (2)当社が別記「償還の方法」欄第2項第(4)号に定める繰上償還をする場合は、当該公開買付けによる当社
            普通株式の取得日(別記「償還の方法」欄第2項第(4)号③ただし書の場合は60日間の末日)から7日以
            内にその旨及び期日その他必要事項を書面で社債管理者に通知する。
          (3)当社が別記「償還の方法」欄第2項第(5)号の規定により本社債を繰上償還しようとする場合は、別記
            「償還の方法」欄第2項第(5)号に定める20連続取引日の最終日から7日以内に、繰上償還しようとする
            旨その他必要な事項を書面で社債管理者に通知する。
          (4)別記「償還の方法」欄第2項第(3)号乃至第(5)号に定める繰上償還をする場合の公告は、本(注)16に定
            める方法によりこれを行う。
         16 社債権者に通知する場合の公告
           本新株予約権付社債に関して社債権者に対し公告する場合には、法令に別段の定めがあるものを除いては、
           当社の定款所定の電子公告の方法によりこれを行う。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公
           告による公告をすることができない場合は、当社の定款所定の新聞紙ならびに東京都及び大阪市において発
           行する各1種以上の新聞紙(重複するものがあるときは、これを省略することができる。)への掲載または
           社債管理者が認めるその他の方法によりこれを行う。また、社債管理者が社債権者のために必要と認めて公
           告する場合には、代表社債管理者の定款所定の方法によりこれを行う。
         17 社債要項及び社債管理委託契約証書の公示
           当社及び社債管理者は、その本店に本新株予約権付社債の社債要項及び社債管理委託契約証書の謄本を備え
           置き、その営業時間中、一般の閲覧に供するものとする。
         18 社債権者集会
          (1)本新株予約権付社債の社債権者集会は、当社または社債管理者がこれを招集するものとし、社債権者集会
            の日の3週間前までに社債権者集会を招集する旨及び会社法第719条各号に掲げる事項を公告する。
          (2)本新株予約権付社債の社債権者集会は東京都においてこれを行う。
          (3)本新株予約権付社債の総額(償還済みの額を除く。)の10分の1以上にあたる本新株予約権付社債を有す
            る社債権者は、本新株予約権付社債に係る社債等振替法第222条第3項の規定による書面を社債管理者に
            提示したうえ、社債権者集会の目的である事項及び招集の理由を記載した書面を当社または社債管理者に
            提出して、社債権者集会の招集を請求することができる。なお、当社が有する本新株予約権付社債の金額
            の合計額は本社債の総額に算入しない。
          (4)本新株予約権付社債及び本新株予約権付社債と同一の種類(会社法の定めるところによる。)の社債の社
            債権者集会は、一つの社債権者集会として開催される。本(注)18(1)乃至(3)の規定は、本(注)18(4)
            の社債権者集会について準用する。
         19 償還金の支払
           本社債に係る償還金は、社債等振替法及び振替機関の業務規程その他の規則に従って支払われる。
         20 発行代理人及び支払代理人
           株式会社みずほ銀行
                                 10/33

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
         21 本新株予約権付社債は別記「払込期日」欄記載の払込期日の翌営業日に株式会社東京証券取引所へ上場を予
           定している。
           したがって、
           (1)転換価額等決定日が平成30年7月17日(火)の場合、上場日は「平成30年7月25日(水)」
           (2)転換価額等決定日が平成30年7月18日(水)の場合、上場日は「平成30年7月26日(木)」
           (3)転換価額等決定日が平成30年7月19日(木)の場合、上場日は「平成30年7月27日(金)」
           (4)転換価額等決定日が平成30年7月20日(金)の場合、上場日は「平成30年7月30日(月)」
           となる予定であるが、上場日は変更されることがある。
           本新株予約権付社債は、上場日から売買を行うことができる。
           社債等振替法の適用により、本新株予約権付社債の売買は、振替機関または口座管理機関における振替口座
           での振替により行われる。
      (新株予約権付社債に関する事項)

     新株予約権の目的となる            当社普通株式
     株式の種類            完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であり、単
                  元株式数は100株である。
     新株予約権の目的となる            本新株予約権の目的である株式の数は、同一の新株予約権者により同時に行使された本新株
     株式の数            予約権に係る本社債の金額の総額を別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第1項第(3)
                  号に定める転換価額で除して得られる数とする。この場合に1株未満の端数を生ずる場合
                  は、これを切り捨て、現金による調整は行わない。
     新株予約権の行使時の払            1 新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその価額またはその算定方法
     込金額             (1)各本新株予約権の行使に際しては、当該各本新株予約権に係る各本社債を出資するも
                     のとする。
                   (2)各本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、各本社債の払込金額と同額
                     とする。
                   (3)各本新株予約権の行使により交付する当社普通株式の数を算定するにあたり用いられ
                     る価額(以下「転換価額」という。ただし、別記「組織再編成行為に伴う新株予約権
                     の交付に関する事項」欄において、「転換価額」は、承継新株予約権(別記「組織再
                     編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項」欄に定義する。)の行使により交付
                     する承継会社等の普通株式の数を算出するにあたり用いられる価額をさす。)は、当
                     初、未定であるが、平成30年7月9日付の取締役会決議に基づく算式により、平成30
                     年7月17日(火)から平成30年7月20日(金)までの間のいずれかの日(転換価額等
                     決定日)に確定する。なお、当該算式において、転換価額等決定日の株式会社東京証
                     券取引所における当社普通株式の普通取引の終値(当日に終値がない場合は、その日
                     に先立つ直近日の終値)に乗じる値の範囲は120%程度を目途とした一定の範囲によ
                     り表示される。(注)1
                     ただし、転換価額は本欄第2項第(1)号乃至第(7)号に定めるところにより調整される
                     ことがある。
                  2 転換価額の調整
                   (1)当社は、本新株予約権付社債の発行後、本項第(2)号に掲げる各事由により当社の普
                     通株式数に変更が生じる場合または変更が生ずる可能性がある場合は、次に定める算
                     式(以下「新株発行等による転換価額調整式」という。)をもって転換価額を調整す
                     る。
                                    発行・処分株式数×1株あたりの払込金額
                                既発行
                                   +
                                株式数
                                             時価
                      調整後     調整前
                          =     ×
                      転換価額     転換価額
                                    既発行株式数+発行・処分株式数
                                 11/33





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                   (2)新株発行等による転換価額調整式により転換価額の調整を行う場合及びその調整後の
                     転換価額の適用時期については、次に定めるところによる。
                     ① 時価(本項第(6)号②に定義する。以下同じ。)を下回る払込金額をもってその
                       発行する当社普通株式またはその処分する当社の有する当社普通株式を引き受け
                       る者の募集をする場合(ただし、平成30年7月4日付の取締役会決議に基づく公
                       募による新株式発行498,000株及び公募による自己株式の処分300,000株並びに第
                       三者割当による新株式発行上限119,000株に係る募集を除く。)。
                       調整後の転換価額は、払込期日または払込期間の末日の翌日以降、また、当該募
                       集において株主に株式の割当てを受ける権利を与える場合は、当該権利を与える
                       株主を定めるための基準日の翌日以降これを適用する。
                     ② 当社普通株式の株式分割または当社普通株式の無償割当て等をする場合。
                       調整後の転換価額は、当該株式分割または無償割当て等により株式を取得する株
                       主を定めるための基準日(基準日を定めない場合は、効力発生日)の翌日以降こ
                       れを適用する。
                     ③ 時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付と引換えに取得される証券(権
                       利)もしくは取得させることができる証券(権利)または当社普通株式の交付を
                       受けることができる新株予約権の交付と引換えに取得される証券(権利)もしく
                       は取得させることができる証券(権利)、または行使することにより当社普通株
                       式の交付を受けることができる新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを
                       含む。)を発行する場合。なお、新株予約権無償割当ての場合(新株予約権付社
                       債を無償で割り当てる場合を含む。以下同じ。)は、新株予約権を無償として当
                       該新株予約権を発行したものとして本③を適用する。
                       調整後の転換価額は、発行される証券(権利)または新株予約権(新株予約権の
                       交付と引換えに取得される証券(権利)もしくは取得させることができる証券
                       (権利)に関して交付の対象となる新株予約権を含む。)の全てが当初の転換価
                       額で取得されまたは当初の転換価額で行使されたものとみなして新株発行等によ
                       る転換価額調整式を準用して算出するものとし、当該証券(権利)または新株予
                       約権の払込期日または払込期間の末日の翌日以降、また、当該募集において株主
                       に割当てを受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主を定めるための基
                       準日(基準日を定めない場合は、その効力発生日)の翌日以降これを適用する。
                       ただし、本③に定める証券(権利)または新株予約権の発行(新株予約権無償割
                       当ての場合を含む。)が当社に対する企業買収の防衛を目的とする発行である旨
                       を、当社が公表のうえ社債管理者に通知したときは、調整後の転換価額は、当該
                       証券(権利)または新株予約権(新株予約権の交付と引換えに取得される証券
                       (権利)もしくは取得させることができる証券(権利)については、交付の対象
                       となる新株予約権を含む。)について、当該証券(権利)または新株予約権の要
                       項上、当社普通株式の交付と引換えにする取得の請求もしくは取得条項に基づく
                       取得もしくは当該証券(権利)もしくは新株予約権の行使が可能となった日(以
                       下「転換・行使開始日」という。)の翌日以降、転換・行使開始日において取得
                       の請求、取得条項による取得または当該証券(権利)もしくは新株予約権の行使
                       により当社普通株式が交付されたものとみなして新株発行等による転換価額調整
                       式を準用して算出してこれを適用する。
                                 12/33






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                     ④ 本号①乃至③の場合において、当社普通株式の株主に割当てを受ける権利を与え
                       るための基準日が設定され、かつ、効力の発生が当該基準日以降の株主総会、取
                       締役会その他当社の機関の承認を条件としているときには、本号①乃至③にかか
                       わらず、調整後の転換価額は、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。
                       この場合において、当該基準日の翌日から当該承認があった日までに本新株予約
                       権の行使請求をした本新株予約権付社債の新株予約権者(以下「本新株予約権
                       者」という。)に対しては、次の算出方法により、当社普通株式を交付する。た
                       だし、株式の交付については別記(新株予約権付社債に関する事項)(注)5の
                       規定を準用する。
                                               調整前転換価額により当該期
                            (調整前転換価額-調整後転換価額)×
                                               間内に交付された株式数
                        株式数=
                                        調整後転換価額
                       この場合に1株未満の端数を生じる場合は、これを切り捨て、現金による調整は
                       行わない。
                   (3)当社は、本新株予約権付社債の発行後、本項第(4)号に定める特別配当を実施する場
                     合には、次に定める算式(以下「特別配当による転換価額調整式」といい、新株発行
                     等による転換価額調整式と併せて「転換価額調整式」という。)をもって転換価額を
                     調整する。
                                      時価-1株あたり特別配当
                      調整後転換価額=調整前転換価額×
                                            時価
                     「1株あたり特別配当」とは、特別配当を、剰余金の配当に係る当該事業年度の最終
                     の基準日における各社債の金額(金100万円)あたりの本新株予約権の目的となる株
                     式の数で除した金額をいう。1株あたり特別配当の計算については、円位未満小数第
                     2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
                   (4)① 「特別配当」とは、下記のいずれかの事業年度内に到来する各基準日に係る当社
                       普通株式1株あたりの剰余金の配当(配当財産が金銭であるものに限り、会社法
                       第455条第2項及び第456条の規定により支払う金銭を含む。)の額に当該基準日
                       時点における各社債の金額(金100万円)あたりの本新株予約権の目的となる株
                       式の数を乗じて得た金額の当該事業年度における累計額が、基準配当金(基準配
                       当金は、各社債の金額(金100万円)を転換価額等決定日に確定する転換価額で
                       除して得られる数値(小数第1位まで算出し、小数第1位を切り捨てる。)に75
                       を乗じた金額とする。)に当該事業年度に係る以下に定める比率(当社が当社の
                       事業年度を変更した場合には、以下に定める事業年度及び比率は社債管理者と協
                       議のうえ合理的に修正されるものとする。)を乗じた金額を超える場合における
                       当該超過額をいう。
                       平成31年3月31日に終了する事業年度  1.20
                       平成32年3月31日に終了する事業年度  1.44
                       平成33年3月31日に終了する事業年度  1.73
                       平成34年3月31日に終了する事業年度  2.07
                       平成35年3月31日に終了する事業年度  2.49
                     ② 特別配当による転換価額の調整は、各事業年度の配当に係る最終の基準日に係る
                       会社法第454条または第459条に定める剰余金の配当決議が行われた日の属する月
                       の翌月10日以降これを適用する。
                   (5)転換価額調整式により算出された調整後の転換価額と調整前の転換価額との差額が1
                     円未満にとどまる限りは、転換価額の調整はこれを行わない。ただし、次に転換価額
                     の調整を必要とする事由が発生し転換価額を算出する場合は、転換価額調整式中の調
                     整前転換価額に代えて、調整前転換価額からこの差額を差引いた額を使用するものと
                     する。
                                 13/33




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                   (6)① 転換価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位
                       を四捨五入する。
                     ② 転換価額調整式で使用する「時価」は、新株発行等による転換価額調整式の場合
                       は調整後の転換価額を適用する日(ただし、本項第(2)号④の場合は基準日)ま
                       たは特別配当による転換価額調整式の場合は当該事業年度の配当に係る最終の基
                       準日、に先立つ45取引日目に始まる30取引日の株式会社東京証券取引所における
                       当社普通株式の普通取引の毎日の終値(気配表示を含む。)の平均値(終値のな
                       い日数を除く。)とする。
                       この場合、平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨
                       五入する。
                     ③ 新株発行等による転換価額調整式で使用する既発行株式数は、当該募集において
                       株主に株式の割当てを受ける権利を与える場合は、当該権利を与える株主を定め
                       るための基準日、また、それ以外の場合は、調整後の転換価額を適用する日の30
                       日前の日における当社の発行済普通株式数から、当該日における当社の有する当
                       社普通株式の数を控除し、当該転換価額の調整前に本項第(2)号または第(7)号に
                       基づき発行・処分株式数とみなされた当社普通株式のうち未だ発行・処分されて
                       いない当社普通株式の株式数を加えた数とする。また、当社普通株式の株式分割
                       が行われる場合には、新株発行等による転換価額調整式で使用する発行・処分株
                       式数は、基準日における当社の有する当社普通株式に割り当てられる当社普通株
                       式数を含まないものとする。
                   (7)当社は、本項第(2)号及び第(3)号に掲げた事由によるほか、次の本号①乃至⑤に該当
                     する場合は社債管理者と協議のうえその承認を得て、転換価額の調整を適切に行うも
                     のとする。
                     ① 株式の併合、資本金もしくは準備金の額の減少、合併、会社分割または株式交換
                       のために転換価額の調整を必要とするとき。
                     ② 本号①のほか、当社の発行済普通株式数の変更または変更の可能性が生じる事由
                       の発生により転換価額の調整を必要とするとき。
                     ③ 当社普通株式の株主に対する他の種類株式の無償割当てのために転換価額の調整
                       を必要とするとき。
                     ④ 金銭以外の財産を配当財産とする剰余金の配当が、経済的に特別配当に相当する
                       ために転換価額の調整を必要とするとき。
                     ⑤ 転換価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整
                       後の転換価額の算出にあたり使用すべき時価が、他方の事由によって調整されて
                       いるとみなされるとき。
                   (8)本項第(1)号乃至第(7)号に定めるところにより転換価額の調整を行うときは、当社
                     は、あらかじめ書面によりその旨ならびにその事由、調整前の転換価額、調整後の転
                     換価額及びその適用の日その他必要な事項を社債管理者に通知し、かつ、適用の日の
                     前日までに必要な事項を公告する。ただし、適用の日の前日までに前記の公告を行う
                     ことができないときは、適用の日以降すみやかにこれを行う。この場合の公告の方法
                     は、別記「1 新規発行新株予約権付社債(短期社債を除く。)」(注)16に定め
                     る。
     新株予約権の行使により            金6,000,000,000円(注)2
     株式を発行する場合の株
                  (会社法上の本新株予約権の全部を行使した場合における当該行使に際して出資の目的とす
     式の発行価額の総額
                  る財産の価額の総額)
     新株予約権の行使により            1 新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式1株の発行価格
     株式を発行する場合の株              本新株予約権の行使により発行する場合の株式1株の発行価格は、当該行使に係る本新
     式の発行価格及び資本組              株予約権が付された本社債の金額の合計額を別記「新株予約権の目的となる株式の数」
     入額              欄記載の本新株予約権の目的である株式の数で除して得られる金額となる。
                                 14/33




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                  2 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に
                    関する事項
                   (1)本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社
                     計算規則第17条に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の
                     結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。
                   (2)本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、
                     本項第(1)号記載の資本金等増加限度額から本項第(1)号に定める増加する資本金の額
                     を減じた額とする。
     新株予約権の行使期間            本新株予約権者は、平成30年9月3日から平成35年7月20日までの間(以下「行使請求期
                  間」という。)、いつでも、本新株予約権を行使し、当社に対して当社普通株式の交付を請
                  求すること(以下「行使請求」という。)ができる。ただし、以下の期間については、行使
                  請求をすることができないものとする。
                  (1)当社普通株式に係る株主確定日(会社法第124条第1項に定める基準日をいう。)及び
                    その前営業日(振替機関の休業日等でない日をいう。以下同じ。)
                  (2)振替機関が必要であると認めた日
                  (3)組織再編行為において承継会社等の新株予約権を交付する場合で、本新株予約権の行使
                    請求の停止が必要となるときは、当社が行使請求を停止する期間(当該期間は1か月を
                    超えないものとする。)その他必要な事項をあらかじめ書面により社債管理者に通知
                    し、かつ、当該期間の開始日の1か月前までに必要な事項を公告した場合における当該
                    期間
                  (4)別記「償還の方法」欄第2項第(3)号乃至第(5)号に定めるところにより、平成35年7月
                    20日以前に本社債が償還される場合には、当該償還日の前銀行営業日以降
                  (5)別記「1 新規発行新株予約権付社債(短期社債を除く。)」(注)8に定めるところ
                    により、当社が本社債につき期限の利益を喪失した場合には、期限の利益の喪失日(当
                    日を含める。)以降
     新株予約権の行使請求の            1 新株予約権の行使請求の受付場所
     受付場所、取次場所及び              株主名簿管理人 三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
     払込取扱場所            2 新株予約権の行使請求の取次場所
                    該当事項なし
                  3 新株予約権の行使請求の払込取扱場所
                    該当事項なし
                  4 新株予約権の行使請求の方法
                   (1)本新株予約権の行使請求は、振替機関または口座管理機関に対し行使請求に要する手
                     続を行い、行使請求期間中に振替機関または口座管理機関により行使請求受付場所に
                     行使請求の通知が行われることにより行われる。
                   (2)振替機関または口座管理機関に対し行使請求に要する手続を行った者は、その後これ
                     を撤回することができない。
     新株予約権の行使の条件            当社が本新株予約権付社債を買入れ本社債を消却した場合には、当該本社債に係る本新株予
                  約権を行使することはできない。また、各本新株予約権の一部について本新株予約権を行使
                  することはできないものとする。
     自己新株予約権の取得の            本新株予約権の取得事由は定めない。
     事由及び取得の条件
     新株予約権の譲渡に関す            本新株予約権付社債は、会社法第254条第2項本文及び第3項本文の定めにより本新株予約
     る事項            権または本社債の一方のみを譲渡することはできない。
     代用払込みに関する事項            本新株予約権の行使に際して出資される財産の内容
                  各本新株予約権の行使に際しては、当該各本新株予約権に係る各本社債を出資するものとす
                  る。
                                 15/33





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     組織再編成行為に伴う新            当社が、組織再編行為を行う場合は、別記「償還の方法」欄第2項第(3)号に基づき本社債
     株予約権の交付に関する            の繰上償還を行う場合を除き、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予
     事項            約権の新株予約権者に対して、当該新株予約権者の有する本新株予約権に代えて、それぞれ
                  の場合につき、承継会社等の新株予約権で、本項第(1)号乃至第(8)号の内容のもの(以下
                  「承継新株予約権」という。)を交付する。この場合、組織再編行為の効力発生日におい
                  て、本新株予約権は消滅し、本社債に係る債務は承継会社等に承継され(承継会社等に承継
                  された本社債に係る債務を以下「承継社債」という。)、本新株予約権者は、承継新株予約
                  権の新株予約権者となるものとし、本「1 新規発行新株予約権付社債(短期社債を除
                  く。)」の本新株予約権に関する規定は承継新株予約権について準用する。ただし、吸収分
                  割または新設分割を行う場合は、本項第(1)号乃至第(8)号の内容に沿って、その効力発生日
                  の直前において残存する本新株予約権の新株予約権者に対して当該本新株予約権に代えて承
                  継会社等の承継新株予約権を交付し、承継会社等が本社債に係る債務を承継する旨を、吸収
                  分割契約または新設分割計画において定めた場合に限るものとする。
                  (1)交付する承継会社等の承継新株予約権の数
                    組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の数と同一の数とす
                    る。
                  (2)承継新株予約権の目的たる承継会社等の株式の種類
                    承継会社等の普通株式とする。
                  (3)承継新株予約権の目的たる承継会社等の株式の数の算定方法
                    行使請求に係る承継新株予約権が付された承継社債の金額の合計額を本項第(4)号に定
                    める転換価額で除して得られる数とする。この場合に1株未満の端数を生じたときはこ
                    れを切り捨て、現金による調整は行わない。
                  (4)承継新株予約権付社債の転換価額
                    組織再編行為の効力発生日の直前に本新株予約権を行使した場合に本新株予約権者が得
                    られるのと同等の経済的価値を、組織再編行為の効力発生日の直後に承継新株予約権の
                    新株予約権者がこれを行使したときに受領できるように、承継新株予約権付社債(承継
                    新株予約権を承継社債に付したものをいう。以下同じ。)の転換価額を定める。なお、
                    組織再編行為の効力発生日以後における承継新株予約権付社債の転換価額は、別記「新
                    株予約権の行使時の払込金額」欄第2項第(1)号乃至第(7)号に準じた調整を行う。
                  (5)承継新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその価額またはその算定方法
                    交付される各承継新株予約権の行使に際しては、当該各承継新株予約権に係る各社債を
                    出資するものとし、各承継新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、当該各
                    社債の金額と同額とする。
                  (6)承継新株予約権を行使することができる期間
                    組織再編行為の効力発生日(当社が別記「新株予約権の行使期間」欄第(3)号に定める
                    期間を指定したときは、当該組織再編行為の効力発生日または当該期間の末日の翌銀行
                    営業日のうちいずれか遅い日)から、別記「新株予約権の行使期間」欄に定める本新株
                    予約権の行使請求期間の満了日までとする。
                  (7)承継新株予約権の行使の条件及び承継新株予約権の取得条項
                    別記「新株予約権の行使の条件」欄及び別記「自己新株予約権の取得の事由及び取得の
                    条件」欄に準じて決定する。
                  (8)承継新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備
                    金に関する事項
                    別記「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」
                    欄第2項に準じて決定する。
      (注)1 転換価額の算式が決定された後、当該算式に関連する事項等を訂正した目論見書の訂正事項分が交付され
           る。なお、その後、転換価額等(転換価額及び引受人の引受金額)が決定された場合は、転換価額等及び転
           換価額等の決定に伴い連動して訂正される事項(振替社債の総額及び発行価額の総額(国内販売額)、組織
           再編行為償還金額、海外販売額、基準配当金、新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価
           額の総額、発行諸費用の概算額、差引手取概算額、海外販売の手取概算額及び手取概算額合計をいう。以下
           同じ。)について、目論見書の訂正事項分の交付に代え、転換価額等決定日の翌日付の日本経済新聞及び転
           換価額等の決定に係る有価証券届出書の訂正届出書の提出後から申込期間の末日までの期間中のインター
           ネット上の当社ウェブサイト([URL]http://www.arata-gr.jp/pressrelease/)(以下「新聞等」とい
           う。)において公表する。なお、転換価額等が決定される前に有価証券届出書の記載内容について訂正が行
           われる場合には、目論見書の訂正事項分が交付される。また、転換価額等の決定に際し、転換価額等及び転
                                 16/33


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
           換価額等の決定に伴い連動して訂正される事項以外の記載内容についての訂正が含まれる場合には、目論見
           書の訂正事項分が交付され、新聞等による公表は行わない。
         2 新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価額の総額は、国内販売額の上限において本新株
           予約権付社債が発行された場合に、当該本新株予約権付社債に付された本新株予約権の行使により発行され
           る株式の発行価額の総額である。
         3 本社債に付された新株予約権の数
           各本社債に付された本新株予約権の数は1個とし、国内販売に係る本新株予約権付社債及び海外販売に係る
           本新株予約権付社債を合わせて合計6,000個の本新株予約権を発行する。
         4 新株予約権行使の効力発生時期
           本新株予約権の行使請求の効力は、行使請求に要する事項の通知が行使請求受付場所に到達した日に発生す
           る。本新株予約権の行使の効力が発生したときは、当該本新株予約権に係る本社債についての弁済期が到来
           するものとする。
         5 株式の交付方法
           当社は、本新株予約権の行使請求の効力発生後当該行使請求に係る本新株予約権者に対し、当該本新株予約
           権者が指定する振替機関または口座管理機関における振替口座簿の保有欄に振替株式の増加の記録を行うこ
           とにより株式を交付する。
         6 単元株式数の定めの廃止等に伴う取扱
           当社が当社普通株式について、一定の数の株式をもって株主が株主総会または種類株主総会において一個の
           議決権を行使することができる一単元の株式とする旨の定めを廃止しまたは変更する場合等、本「1 新規
           発行新株予約権付社債(短期社債を除く。)」の規定中読み替えその他の措置が必要となる場合には、当社
           及び社債管理者が協議して必要な措置を講じる。
      2【新株予約権付社債の引受け及び新株予約権付社債管理の委託】

       (1)【新株予約権付社債の引受け】
                                       引受金額
      引受人の氏名又は名称                     住所                       引受けの条件
                                       (百万円)
                                              1 引受人は、本新株予約権付
     SMBC日興証券株式会社             東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
                                                社債の全額につき買取引受
                                                けを行います。
     みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                              2 引受手数料は支払われませ
                                                ん。ただし、一般募集にお
                                        未定
                                                ける価額(発行価格)と発
     三菱UFJモルガン・
                   東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
                                                行価額との差額(各社債の
     スタンレー証券株式会社
                                                金額100円につき金2.5円)
                                                の総額は引受人の手取金と
     野村證券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目9番1号
                                                なります。
                           -              6,000          -
           計
      (注) 引受金額及び引受金額の合計(振替社債の総額及び発行価額の総額)は、転換価額等決定日に決定されます。
          なお、引受金額及び引受金額の合計(振替社債の総額及び発行価額の総額)は、国内販売額(振替社債の総額
          及び発行価額の総額)の上限(引受金額は未定)に係るものであります。
       (2)【新株予約権付社債管理の委託】

         社債管理者の名称                     住所                  委託の条件
                                        1 社債管理者は、共同で本新株予約権付
        株式会社みずほ銀行             東京都千代田区大手町一丁目5番5号                     社債の管理を受託します。
                                        2 本新株予約権付社債の社債管理手数料
                                          については、社債管理者に期中におい
       株式会社三菱UFJ銀行              東京都千代田区丸の内二丁目7番1号                     て年間各社債の金額100円につき金4.5
                                          銭を支払うこととします。
                                 17/33




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
      3【新規発行による手取金の使途】
       (1)【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(百万円)                  発行諸費用の概算額(百万円)                    差引手取概算額(百万円)
                  6,000                    23                 5,977

      (注)1 引受手数料は支払われないため「発行諸費用の概算額」は、これ以外の費用を合計したものであります。ま
           た、「発行諸費用の概算額」には消費税等は含まれておりません。
         2 払込金額の総額(発行価額の総額)、発行諸費用の概算額及び差引手取概算額は、国内販売額(振替社債の
           総額及び発行価額の総額)の上限に係るものであります。海外販売額に係るものにつきましては、後記「第
           三部 参照情報 第1 参照書類 4 臨時報告書」に記載の平成30年7月4日(水)付臨時報告書並びに
           平成30年7月9日(月)及び転換価額等決定日にそれぞれ提出される当該臨時報告書の訂正報告書の各記載
           内容をご参照ください。
       (2)【手取金の使途】

           上記差引手取概算額5,977百万円(国内販売額が上限の場合の概算額であり、海外販売額の決定に伴い減額
          されます)については、海外販売の手取概算額(未定)と合わせた手取概算額合計5,977百万円について、平
          成31年3月までに九州物流構想の九州南センター新設にかかる借入金の返済資金として3,000百万円、平成31
          年3月までに財務体質の改善を企図して金融機関から借り入れた借入金の返済資金として1,532百万円、平成
          32年3月までに1,445百万円を事業規模拡大に伴う運転資金に充当する予定であります。
           また、上記手取金は、実際の充当時期までは銀行預金等にて安定的な資金管理を図る予定であります。
           なお、当社グループの設備投資計画については、平成30年7月4日現在、以下のとおりとなっております。
                                                 着手及び
                              投資予定金額
                                                完了予定年月
        会社名                                                完成後の
                所在地     設備の内容                 資金調達方法
        事業所名                                                増加能力
                              総額    既支払額
                                               着手     完了
                             (百万円)     (百万円)
      株式会社あらた
                                       自己資金、借
                     土地、建物及び                          平成31年     平成32年
     首都圏物流センター
                関東地域              8,000       0  入金及び増資                   -
                      物流設備                        4月     3月
        (仮称)
                                       資金
         合計        -      -      8,000       0    -      -     -     -
      (注)1 上記金額には、消費税等を含んでおりません。
         2 完成後の増加能力は、合理的な算定が困難であるため記載しておりません。
     第2【売出要項】

       該当事項はありません。
                                 18/33









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1 オーバーパー(額面超過)での募集について
        本新株予約権付社債の募集については、発行価額(各社債の金額100円につき金100円)にて引受人は買取引受けを
       行い、当該発行価額と異なる価額(発行価格、各社債の金額100円につき金102.5円)で一般募集を行います。
        本新株予約権付社債を償還期限まで保有した場合または前記「第1 募集要項 1 新規発行新株予約権付社債
       (短期社債を除く。)」の「償還の方法」欄第2項第(5)号により本新株予約権付社債の繰上償還がなされる場合の
       償還金額は各社債の金額100円につき金100円となりますので、償還金額は発行価格(各社債の金額100円につき金
       102.5円)を下回ることになります。また、前記「第1 募集要項 1 新規発行新株予約権付社債(短期社債を除
       く。)」の「償還の方法」欄第2項第(3)号または第(4)号により本新株予約権付社債の繰上償還がなされる場合に
       も、償還金額が発行価格を下回る場合があります(当該繰上償還における償還金額については、同欄第2項第(3)号
       及び第(4)号をご参照ください。)。
        また、本新株予約権付社債に係る新株予約権の行使に際して出資される財産の価額につきましても、各社債の金額
       100円につき金100円となりますので、かかる額は本新株予約権付社債の募集における発行価格を下回ることになりま
       す。
      2 ロックアップについて

        本新株予約権付社債の募集に関し、当社株主である音羽殖産株式会社、畑中伸介、畑中成乃助及び伊藤昌弘は、S
       MBC日興証券株式会社に対して、当該募集に関する引受契約の締結日に始まり、当該募集に係る払込期日の翌営業
       日から起算して180日目の日に終了する期間(以下「ロックアップ期間」という。)中は、SMBC日興証券株式会
       社の事前の書面による承諾を             受けることなく、引受契約の締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を
       含む。)を売却等しない旨を合意しております。
        また、当社はSMBC日興証券株式会社に対して、ロックアップ期間中は、SMBC日興証券株式会社の事前の書
       面による承諾を受けることなく、当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利あるいは義務を有する有価証券の発
       行又は売却(後記「3 新株式発行及び自己株式の処分について」に記載の第三者割当による新株式発行、本新株予
       約権付社債の発行及びその転換による当社普通株式の交付、並びに株式分割による新株式発行等及びストックオプ
       ションに係る新株予約権の発行を除く。)を行わない旨を合意しております。
        なお、上記のいずれの           場合においても、SMBC日興証券株式会社は、その裁量で当該合意内容の一部若しくは全
       部につき解除し、又はロックアップ期間を短縮する権限を有しております。
      3 新株式発行及び自己株式の処分について

        当社は平成30年7月4日(水)付の取締役会において、公募による新株式発行(一般募集)、公募による自己株式
       の処分(一般募集)及び当社普通株式の売出し(オーバーアロットメントによる売出し)並びにSMBC日興証券株
       式会社を割当先とする第三者割当による新株式発行について決議しております。詳細につきましては、平成30年7月
       4日(水)提出の当該新株式発行及び自己株式の処分に係る有価証券届出書及び臨時報告書をご参照ください。
     第3【第三者割当の場合の特記事項】

       該当事項はありません。
                                 19/33








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     第4【その他の記載事項】
       特に転換社債型新株予約権付社債発行届出目論見書に記載しようとする事項は次のとおりであります。
       ・表紙に当社のロゴマーク                           を記載いたします。

       ・表紙裏に以下の内容を記載いたします。

        転換価額の算式が決定された後、当該算式に関連する事項等を訂正した目論見書の訂正事項分が交付されます。な

       お、その後、転換価額等(転換価額及び引受人の引受金額)が決定された場合は、転換価額等及び転換価額等の決定
       に伴い連動して訂正される事項(振替社債の総額及び発行価額の総額(国内販売額)、組織再編行為償還金額、海外
       販売額、基準配当金、新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価額の総額、発行諸費用の概算額、
       差引手取概算額、海外販売の手取概算額及び手取概算額合計をいう。以下同じ。)について、目論見書の訂正事項分
       の交付に代え、転換価額等決定日の翌日付の日本経済新聞及び転換価額等の決定に係る有価証券届出書の訂正届出書
       の提出後から申込期間の末日までの期間中のインターネット上の当社ウェブサイト([URL]http://www.arata-
       gr.jp/pressrelease/)(以下「新聞等」という。)において公表します。なお、転換価額等が決定される前に有価
       証券届出書の記載内容について訂正が行われる場合には、目論見書の訂正事項分が交付されます。また、転換価額等
       の決定に際し、転換価額等及び転換価額等の決定に伴い連動して訂正される事項以外の記載内容についての訂正が含
       まれる場合には、目論見書の訂正事項分が交付され、新聞等による公表は行いません。
       ・表紙の次に、以下の「会社概要」から「主な経営指標(連結)の推移」までの内容をカラー印刷したものを記載い

        たします。
                                 20/33













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                                 21/33





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                                 22/33





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                                 23/33





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                                 24/33





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                                 25/33





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                                 26/33





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
                                 27/33





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
       ・第一部 証券情報の直前に以下の内容を記載いたします。
     (株価情報等)

      1【株価、PER及び株式売買高の推移】
        平成27年6月29日から平成30年6月22日までの株式会社東京証券取引所における当社普通株式の株価、PER及び
       株式売買高の推移(週単位)は以下のとおりであります。
      (注)1 当社は平成27年7月31日(金)を基準日とし、平成27年8月1日(土)を効力発生日として、普通株式5株











           を1株に併合しておりますので、平成27年7月28日(火)(株式併合前最終売買日)以前の株価、PER及
           び株式売買高の推移(週単位)については、下記(注)2乃至4記載のとおり、当該株式併合を考慮したも
           のとしております。
         2 ・株価のグラフ中の1本の罫線は、週単位の始値、高値、安値、終値の4種類の株価を表しております。な
            お、株式併合前最終売買日以前の株価については、当該株価に5を乗じた数値を株価としております。
           ・始値と終値の間は箱形、高値と安値の間は線で表しております。
           ・終値が始値より高い時は中を白ぬき、安い時は中黒で表しております。
         3 PERの算出は以下の算式によります。
                       週末の終値
           PER(倍)=
                  1株当たり当期純利益(連結)
           平成27年6月29日から平成28年3月31日については、平成27年3月期有価証券報告書の平成27年3月期の連
           結財務諸表の1株当たり当期純利益に5を乗じた数値を使用。
           平成28年4月1日から平成29年3月31日については、平成28年3月期有価証券報告書の平成28年3月期の連
           結財務諸表の1株当たり当期純利益を使用。
           平成29年4月1日から平成30年3月31日については、平成29年3月期有価証券報告書の平成29年3月期の連
           結財務諸表の1株当たり当期純利益を使用。
           平成30年4月1日から平成30年6月22日については、平成30年3月期有価証券報告書の平成30年3月期の連
           結財務諸表の1株当たり当期純利益を使用。
         4 株式売買高について、株式併合前最終売買日以前は当該株式売買高を5で除した数値を株式売買高としてお
           ります。
                                 28/33



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
      2【大量保有報告書等の提出状況】
        平成30年1月4日から平成30年6月22日までの間における当社株式に関する大量保有報告書等の提出状況は下記の
       とおりであります。
      提出者(大量保有者)の                                        保有株券等の        株 券等保有
                    報告義務発生日           提出日         区分
                                               総数(株)       割合  (%)
         氏名又は名称
                                                123,022        0.71
     株式会社みずほ銀行
                                                135,800        0.78
     みずほ証券株式会社
                                      大量保有報告書
                    平成30年4月13日         平成30年4月20日
                                                200,250        1.15
     みずほ信託銀行株式会社
                                        (注)1
     アセットマネジメントOne株
                                                518,600        2.98
     式会社
      (注)1 株式会社みずほ銀行、みずほ証券株式会社、みずほ信託銀行株式会社及びアセットマネジメントOne株式会
           社は共同保有者であります。
         2 上記の大量保有報告書等は関東財務局に、また大量保有報告書等の写しは当社普通株式が上場している株式
           会社東京証券取引所に備置され、一般の縦覧に供されております。
                                 29/33















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     第二部【公開買付けに関する情報】
       該当事項はありません。
     第三部【参照情報】

     第1【参照書類】
       会社の概況及び事業の概況等金融商品取引法第5条第1項第2号に掲げる事項については、以下に掲げる書類を参照
      してください。
      1【有価証券報告書及びその添付書類】

        事業年度第16期(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日) 平成30年6月27日関東財務局長に提出
      2【臨時報告書】

        1の有価証券報告書提出後、本有価証券届出書提出日(平成30年7月4日)までに、金融商品取引法第24条の5第
       4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2の規定に基づく臨時報告書を平成30年7月2日
       に関東財務局長に提出
      3【臨時報告書】

        1の有価証券報告書提出後、本有価証券届出書提出日(平成30年7月4日)までに、金融商品取引法第24条の5第
       4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第1号の規定に基づく臨時報告書を平成30年7月4日に関
       東財務局長に提出
       (注)1 平成30年7月4日付の取締役会において決議された公募による新株式発行に係る募集株式数の一部の、欧
            州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除く。)における海外投資家に対する販
            売に関して、提出を行ったものです。
          2 なお、転換価額等決定日に本3の臨時報告書の訂正報告書が関東財務局長に提出されます。
      4【臨時報告書】

        1の有価証券報告書提出後、本有価証券届出書提出日(平成30年7月4日)までに、金融商品取引法第24条の5第
       4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第1号の規定に基づく臨時報告書を平成30年7月4日に関
       東財務局長に提出
       (注)1 本新株予約権付社債に係る海外販売に関して、提出を行ったものです。
          2 なお、転換価額等決定日に本4の臨時報告書の訂正報告書が関東財務局長に提出されます。
      5【訂正報告書】

        訂正報告書(上記1 有価証券報告書の訂正報告書)を平成30年7月2日に関東財務局長に提出
                                 30/33









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     第2【参照書類の補完情報】
       上記に掲げた参照書類であります有価証券報告書及び有価証券報告書の訂正報告書(以下「有価証券報告書等」とい
      う。)に記載された「事業等のリスク」について、当該有価証券報告書等の提出日以後、本有価証券届出書提出日(平
      成30年7月4日)までの間において変更及び追加すべき事項は生じておりません。下記の「事業等のリスク」は当該有
      価証券報告書等に記載された内容を一括して記載したものであります。
       なお、有価証券報告書等に将来に関する事項が記載されておりますが、当該事項については本有価証券届出書提出日
      (平成30年7月4日)現在においてもその判断に変更はなく、また新たに記載する将来に関する事項もありません。ま
      た、有価証券報告書等に記載された将来に関する事項については、その達成を保証するものではありません。
      事業等のリスク

       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能
      性のある事項には、以下のようなものがあります。
       なお、文中の将来に関する事項については、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものでありま
      す。
      ① 競争激化による投資コストの増加について
        当社グループが属する化粧品・日用品の卸売業界におきましては、取扱い商品における業界の垣根を越えた再編の
       可能性があり、主要顧客である小売業界においても同様の動きが起こる可能性があります。また、外資系小売業の進
       出などにより、物流機能の取り込みが起こり、卸売業の物流機能の評価が低下する可能性もあります。
        このような業界再編やそれにともなう物流形態の変化等の環境変化に対応するために、新しい事業分野への進出
       や、物流機能の充実のための大型物流センター等の設備投資が必要となってくると考えられます。その場合には、減
       価償却費や物流に関連する各種経費の一時的増加により業績に影響を及ぼす可能性があります。
      ② 業績変動について

        当社グループの業績は、第4四半期において他の四半期に比べて売上高および利益は低下する傾向にあります。
        これは主に、12月に日用品をまとめて購入する消費需要の反動や、2月は営業日数が少ない等の影響によるもので
       あります。このため、第3四半期までの業績の傾向が、年間の業績の傾向を示さない可能性があります。
        なお、平成29年3月期ならびに平成30年3月期の四半期毎の業績は、以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)

                                    平成29年3月期

                     第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期         年度計

          売上高
                       177,504        178,140        183,953        165,012        704,610
         (構成比     %)
                        (25.2)        (25.3)        (26.1)        (23.4)        (100.0)
          営業利益
                        2,042        1,661        2,312        1,368        7,384
         (構成比     %)
                        (27.7)        (22.5)        (31.3)        (18.5)        (100.0)
          経常利益
                        2,193        1,716        2,483        1,448        7,842
         (構成比     %)
                        (27.9)        (21.9)        (31.7)        (18.5)        (100.0)
                                                    (単位:百万円)

                                    平成30年3月期

                     第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期         年度計

          売上高
                       183,701        186,064        190,218        172,929        732,914
         (構成比     %)
                        (25.0)        (25.4)        (26.0)        (23.6)        (100.0)
          営業利益
                        2,457        2,015        2,454        1,929        8,857
         (構成比     %)
                        (27.7)        (22.8)        (27.7)        (21.8)        (100.0)
          経常利益
                        2,701        2,142        2,580        2,015        9,439
         (構成比     %)
                        (28.6)        (22.7)        (27.3)        (21.4)        (100.0)
                                 31/33




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
      ③ ペット生体の需給動向について
        犬猫生体については、繁殖者の減少から生体が供給不足になる可能性があります。また、犬猫の平均寿命は延びて
       いるものの、高齢生体の比率が上昇しており、高齢生体の死亡により飼育頭数が減少する可能性があります。生体全
       般としては人獣共通感染症が発生した場合に生体が減少する可能性があります。ペットフード・用品の売上について
       は、ペット生体の数の増減によって業績に影響を及ぼす可能性があります。
      ④ 商慣習によるリスクについて

        当社グループが所属する日用品化粧品・ペット卸売業界は、商品の販売数量や支払条件等に応じて、メーカーから
       販売奨励金等が支払われます。これは、メーカーと当社グループの間で取り決められた条件を達成することによって
       支払われますが、メーカーの営業戦略の変更により制度変更された場合は、業績に影響を及ぼす可能性があります。
        また、当社グループの商品在庫におきましては、ほぼメーカーへの返品が可能となっております。しかしながら、
       メーカーの民事再生等により債務不履行が発生した場合は、在庫評価損の計上や返品が不能となる場合があり、業績
       に影響を及ぼす可能性があります。
      ⑤ ペットフードの安全性について

        「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」の施行により、安全基準値を超えた商品が発見された場合には
       ペットフードの生産、流通に支障が生じる可能性があります。また、鳥インフルエンザなどの発生によるペットフー
       ド原料の調達不足が発生した場合には業績に影響を及ぼす可能性があります。
      ⑥ カントリーリスクについて

        当社グループは、海外事業の拡大を図っており、海外現地におけるに政情不安、貿易制裁、文化や法制度の相違、
       特殊な労使関係等によるカントリーリスクにより、円滑な業務運営が妨げられ、当社グループの業績と財政状況に悪
       影響を及ぼす可能性があります。
      ⑦ 信用リスクについて

        当社グループでは取引先の信用悪化や経営破綻による損失が発生する信用リスクを管理するため、信用調査会社に
       よる資料に基づき要注意先を設定し与信限度額を定め、与信先の信用状態に応じて必要な担保・保証などを取り付け
       るとともに、会計上充分な貸倒引当金を計上しております。
        しかしながら、得意先の業績悪化により、債権等が回収不能となった場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可
       能性があります。
      ⑧ 減損会計について

        当社グループは、事業用資産として多くの土地及び建物等を所有しております。事業用資産の簿価に対して時価が
       著しく下落した場合や各支社の収益性が悪化した場合等には、固定資産の減損処理が必要となる場合があります。そ
       の場合、特別損失が計上され、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      ⑨ 投資有価証券保有にかかる株価変動リスクについて

        当社グループは主として営業上の取引関係の維持、強化のため取引先を中心に株式を保有しております。
        このため、株式相場の動向もしくは株式を保有している企業の業績次第では、それぞれの株価に大きな変動が発生
       し、当社グループの業績および財政状態に重要な影響を与える可能性があります。
      ⑩ 大規模災害について

        当社グループは全国に多くの拠点があり、大規模災害が発生した場合にはその地域における物流機能の麻痺および
       システム障害が発生し、商品の供給が滞る可能性があります。
      ⑪ システムトラブルについて

        当社グループは、営業活動、商品管理等の多くをコンピューターネットシステムに依拠しております。自然災害や
       事故の発生、コンピューターウイルスの侵入等により機能が停止した場合、リカバリーシステムによる復旧までに時
       間を要し、業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 32/33




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社あらた(E02947)
                                                      有価証券届出書(参照方式)
     第3【参照書類を縦覧に供している場所】
       株式会社あらた 本店
       (東京都江東区東陽六丁目3番2号)
       株式会社東京証券取引所
       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
     第四部【提出会社の保証会社等の情報】

       該当事項はありません。
     第五部【特別情報】

       該当事項はありません。
                                 33/33

















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。