ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド 訂正半期報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                  半期報告書の訂正報告書

     【提出先】                  関東財務局長

     【提出日】                  平成30年7月9日

     【中間会計期間】                  自 2017年10月1日 至 2018年3月31日

     【会社名】                  ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド

                      (ABN   12  004  044  937)
                      (National      Australia      Bank   Limited)
                      (ABN   12  004  044  937)
     【代表者の役職氏名】                  最高財務責任者

                      (Chief    Financial      Officer)
                      ゲイリー・レノン
                      (Gary   Lennon)
     【本店の所在の場所】                  オーストラリア連邦 ビクトリア州 3008 ドックランズ

                      バークストリート 800 1階
                      (Level    1,   800  Bourke    Street,     Docklands,      Victoria,      3008,
                      Australia)
     【代理人の氏名又は名称】                  弁護士  梅 津  立

     【代理人の住所又は所在地】                  東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング

                      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                  03 -6775-1000

     【事務連絡者氏名】                  弁護士 中村 慎二

                      弁護士 大木 彩衣里
                      弁護士 上石 涼太
                      弁護士 今枝 泰郎
     【連絡場所】                  東京都千代田区大手町一丁目1番1号 大手町パークビルディング

                      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                  03 -6775-1000

     【縦覧に供する場所】                  ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド東京支店

                      ( 東京都中央区日本橋室町2丁目2番1号
                      室町東三井ビルディング18階)
                                  1/36




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     1  【半期報告書の訂正報告書の提出理由】

       平成30年6月6日に提出いたしました半期報告書の記載事項の一部に訂正すべき事項がありましたの
      で、これを訂正するため半期報告書の訂正報告書を提出するものであります。
     2  【訂正事項】

       第一部 企業情報
         第1 本国における法制等の概要
         第2 企業の概況
           2 事業の内容
         第3 事業の状況
           3 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等
           7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
         第5 提出会社の状況
           1 株式等の状況
         第6 経理の状況
           1 中間財務書類
           3 日豪の会計原則および会計慣行の相違
     3  【訂正箇所】

       訂正を要する箇所及び訂正した箇所には、見出しを除き、下線を付して表示しております。また、「第
      3 事業の状況」の「3 対処すべき課題」の見出しを「3 経営方針、経営環境及び対処すべき課題
      等」に訂正します。
                                  2/36











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     第一部      【企業情報】

     第1    【本国における法制等の概要】

     <訂正前>

      当上半期中、重要な変更はなかった。平成30年1月5日提出の2017年度有価証券報告書を参照のこと。
     <訂正後>

      当上半期中、重要な変更はなかった。                    詳細については、         平成30年1月5日提出の2017年度有価証券報告書
     を参照のこと。
                                  3/36
















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     第2    【企業の概況】

     2  【事業の内容】

     <訂正前>
           (1)
     戦略の促進
                              (中略)
      当社は、これらの利益の顧客への提供を可能とするために労働力を再形成している。2020事業年度末まで
     に6,000のポジションが影響を受けると予想されるところ、2018年4月末までに合計1,052名の                                                 フルタイム相
     当従業員(「       FTE  」)  が当社を退職した。当社は、2,000の新たな雇用を創出する目標に向けて、93名のFTEを
     新たに雇用した。2020年9月30日までに約4,000名を目標としている人員の予想純減数合計は、当社の物理的
     フットプリントおよびプロセスの見直しへの取り組みとともに、当上半期において755百万豪ドル(税引後で
     530百万豪ドル)の再編成関連費用を発生させた。
      加速された投資の影響を反映して、                   来 年度通年の費用は5%から8%増加すると予想されており、2020年

     9月30日までの期間を通じて費用を概ね横ばいに留めることが目標とされる(再編成引当金および多額の臨
     時費用を除く。)。
                              (後略)
     <訂正後>

           (1)
     戦略の促進
                              (中略)
      当社は、これらの利益の顧客への提供を可能とするために労働力を再形成している。2020事業年度末まで

     に6,000のポジションが影響を受けると予想されるところ、2018年4月末までに合計1,052名のFTEが当社を退
     職した。当社は、2,000の新たな雇用を創出する目標に向けて、93名のFTEを新たに雇用した。2020年9月30
     日までに約4,000名を目標としている人員の予想純減数合計は、当社の物理的フットプリントおよびプロセス
     の見直しへの取り組みとともに、当上半期において755百万豪ドル(税引後で530百万豪ドル)の再編成関連
     費用を発生させた。
      加速された投資の影響を反映して、                   2018  年度通年の費用は5%から8%増加すると予想されており、2020

     年9月30日までの期間を通じて費用を概ね横ばいに留めることが目標とされる(再編成引当金および多額の
     臨時費用を除く。)。
                              (後略)
     第3    【事業の状況】

     3  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

     <訂正前>
      第3-7「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および「第6-1 中間財務書
     類」の注記14「偶発債務」を参照のこと。
      第3-7「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および注記14「偶発債務」には、
     2018年3月31日現在の情報が記載されている。第3-7「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状
                                  4/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     況の分析」および注記14「偶発債務」で開示された情報の最新版                                  (2018年3月31日時点)             は、「第6-2 
     その他」および「第6-1 中間財務書類」の注記16「後発事象」に記載されている。
     <訂正後>

      第3-7「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および「第6-1 中間財務書
     類」の注記14「偶発債務」を参照のこと。
      第3-7「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および注記14「偶発債務」には、
     2018年3月31日現在の情報が記載されている。第3-7「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状
     況の分析」および注記14「偶発債務」で開示された情報の最新版は、「第6-2 その他」および「第6-
     1 中間財務書類」の注記16「後発事象」に記載されている。
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     <訂正前>
                              (前略)
                      (1)
     グループの事業および業績の概観
     財務分析
     当上半期と前年同期との比較
                              (中略)
      純利息収益      は、357百万豪ドルすなわち5.6%増加した。この結果には、その他営業収益における経済的
     ヘッジの変動により相殺された41百万豪ドルの減少が含まれる。この変動を除くと、基礎的増加分は、金利
     再設定業務および資金調達コストの減少と併せて、住宅貸付高および事業貸付高双方の増加によってもたら
     された。これらの変動は、              競争圧力および        住宅貸付マージンに対する商品構成の影響ならびに銀行税の影響
     により、一部相殺された。
                              (中略)
     当上半期と前年下半期との比較
                              (中略)
      営業費用     は、755百万豪ドルの再編成関連費用の影響を受けて、894百万豪ドルすなわち23.2%増加した。
     再編成関連費用を除くと、営業費用は、顧客および技術力に対する投資の増加、インセンティブ報酬の常態
     化ならびに年間給与の増加の影響により、139百万豪ドルすなわち3.6%増加した。この結果は、生産性向上
     からの利益により一部相殺された。
                              (中略)
         (1)
     営業費用
                              (中略)
     当上半期と前年下半期との比較
                              (中略)
      人件費   は、再編成関連費用を除くと、122百万豪ドルすなわち5.8%増加した。この増加は、投資営業費用
     の増加、インセンティブ報酬の常態化および年間給与の増加の影響によってもたらされたが、生産性向上の
     利益により一部相殺された。
                              (中略)
         (1)
     資産の質
                                  5/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     信用減損費用
                              (中略)
     当上半期と前年下半期との比較
                              (中略)
      当上半期の当社グループの貸付金および支払承諾総額に対する純償却額の比率は、4ベーシス・ポイント
     低下して0.07%となった。この低下の主な原因は、法人・機関投資家向け銀行業務内の大口のエクスポー
     ジャーに係る償却の減少であ               る 。
                              (中略)
     資本管理および資金調達
                              (中略)
     資金調達および流動性
                              (中略)
     取引類型別中長期ホールセール資金調達
                                             半期

                                  2018  年3月終了      2017  年9月終了      2017  年3月終了
     シニア債公募(海外)                                  44 %       49 %       54 %
     優先  債公募(国内)                                16 %       21 %       12 %
     担保付公募(海外)                                   -       14 %       20 %
     担保付公募(国内)                                  26 %        -        -
     私募                                  14 %       13 %        7 %
     劣後債公募                                   -        3 %        6 %
          (1)
                                        -        -        1 %
     劣後債私募
     合計                                 100  %       100  %       100  %
     通貨別中長期ホールセール資金調達

                                             半期

                                  2018  年3月終了      2017  年9月終了      2017  年3月終了
     米ドル                                  35 %       47 %       47 %
     豪ドル                                  44 %       24 %       20 %
     ユーロ                                  12 %       14 %       17 %
     英ポンド                                  3 %        7 %        6 %
     日本円                                   -        ▶ %        7 %
     その他                                  6 %        ▶ %        3 %
     合計                                 100  %       100  %       100  %
     (1)
        劣後債私募は、前年下半期のホールセール資金調達発行の0.3%を占めていた。
                              (中略)
     事業者向け・プライベートバンキング業務
                              (中略)
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)       豪ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純利息収益                       2,756       2,693       2,564        2.3       7.5
     その他営業収益                        532       536       526       (0.7)       1.1
     純営業収益                       3,288       3,229       3,090        1.8       6.4
     営業費用                       (1,091)       (1,046)       (1,038)         4.3       5.1
                                  6/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     基礎利益                       2,197       2,183       2,052        0.6       7.1
     信用減損費用                        (74)       (82)       (98)       (9.8)      (24.5)
     税引前現金収益                       2,123       2,101       1,954        1.0       8.6
     法人税                        (641)       (628)       (586)        2.1       9.4
     現金収益                       1,482       1,473       1,368        0.6       8.3
     残高

     (十億豪ドル)
     住宅貸付                        90.6       90.4       89.7        0.2       1.0
     事業貸付                       102.4       100.0       97.8        2.4       4.7
     その他貸付                        3.4       3.3       3.0       3.0      13.3
     貸付金および支払承諾総額            合計           196.4       193.7       190.5        1.4       3.1
     期中平均利付資産                       185.9       184.7       180.8        0.6       2.8
     資産合計                       196.2       192.8       189.8        1.8       3.4
     顧客預金                       132.7       130.0       127.0        2.1       4.5
     リスク加重資産合計                       114.4       112.2       111.1        2.0       3.0
                              (中略)
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年     3月終了       3月終了
     資産の質
                          3月終了       9月終了       3月終了       対2017年       対2017年
                                              9月終了       3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する90日
                                                 (1  bp)    (4  bps)
                            0.75  %    0.76  %    0.79  %
     以上DPDの資産および減損資産総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する信用
                                                       (2  bps)
                            0.08  %    0.08  %    0.10  %       -
                      (1)
     減損費用の比率(年度換算ベース)
     (1)
        比率は、    通年度   比率を表している。
     事業者向け・プライベートバンキング業務

     財務分析
                              (中略)
     当上半期と前年下半期との比較
      現金収益は、貸付ポートフォリオのバランスシートの増大および金利再設定の利益が信用減損費用の減少
     と相俟って、9百万豪ドルすなわち0.6%増加したが、継続的事業投資によって営業費用が増加したことで大
     幅に相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、NABがその業界の深い専門性および強力な市場ポジションを活用
     63 百万豪ドル           し続けることで、NAB事業者向け銀行業務および専門的銀行業務によって牽引された事
     すなわち2.3%増加            業貸付の増加により、12億豪ドルすなわち0.6%増加した。
                 ・顧客預金は、       預金の質の継続的重視を反映し、すべての主要な商品において伸びがみ
                  られ、27億豪ドルすなわち2.1%増加した。
                 ・純利息マージンは、貸付の金利再設定の利益および資金調達コストの減少によって、
                  6ベーシス・ポイント上昇したが、銀行税の影響によって一部相殺された。
     その他営業収益           ・2017年9月30日のナショナル・オーストラリア・トラスティーズ・リミテッドの売却
     4百万豪ドル            による収入の減少。
     すなわち0.7%減少
     営業費用           ・技術および顧客対応能力への継続的な投資であり、デジタル化、調達の節減および事
     45 百万豪ドル           業の簡略化を含む、生産性向上による節減により一部相殺された。
     すなわち4.3%増加
     信用減損費用           ・ 資産の質は、貸付金および前渡金総額に対する90日以上DPDの                             貸付金   および減損資産の
     8百万豪ドル            比率が、減損資産の          削減を中心とする         1ベーシス・ポイント減少し、住宅抵当貸付
     すなわち9.8%減少            ポートフォリオを主因とする90日以上DPDの資産の増加によって一部相殺されたもの
                  の、引き続き良好である。
                 ・個別減損エクスポージャーの削減を主因とする、信用減損費用の減少。
                                  7/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     リスク加重資産           ・貸付金および前渡金総額の増加を原因とし、与信の質の改善および最適化によって一
     22 億豪ドル           部相殺された。
     すなわち2.0%増加
     消費者金融・資産運用業務

      当社およびユー・バンクの消費者金融部門ならびにアドバイス、資産管理および年金業務を行う資産運用

     部門からなる。また、同部門は、住宅ローン・ブローカーを含む独立したアドバイザーならびにオーストラ
     リアの自営業アドバイザー、提携アドバイザーおよび有給アドバイザーのファイナンシャル・プランニン
     グ・ネットワークへのアクセスを顧客に提供している。
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了      3月終了
                          3月終了      9月終了      3月終了
                                              対2017年      対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了      3月終了
                          豪ドル)      豪ドル)      豪ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純利息収益                       2,014      2,009      1,875        0.2      7.4
     純投資収益                        486      488      499       (0.4)      (2.6)
     その他営業収益                        284      292      318       (2.7)      (10.7)
     純営業収益                       2,784      2,789      2,692        (0.2)       3.4
     営業費用                       (1,510)      (1,445)      (1,465)         4.5      3.1
     基礎利益                       1,274      1,344      1,227        (5.2)       3.8
     信用減損費用                        (133)      (105)      (162)       26.7      (17.9)
     税引前現金収益                       1,141      1,239      1,065        (7.9)       7.1
     法人税                        (337)      (370)      (301)       (8.9)      12.0
     現金収益                        804      869      764       (7.5)       5.2
     残高

     (十億豪ドル)
     住宅貸付                       207.0      202.5      195.8        2.2      5.7
     その他貸付                        6.9      6.9      7.2        -     (4.2)
     貸付金および支払承諾総額            合計           213.9      209.4      203.0        2.1      5.4
     期中平均利付資産                       196.0      190.5      185.5        2.9      5.7
     資産合計                       223.4      217.6      211.3        2.7      5.7
     顧客預金                       118.5      116.3      112.7        1.9      5.1
     リスク加重資産合計                        78.3      78.2      65.8        0.1      19.0
                              (中略)
                                  半期
                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年     3月終了      3月終了
     資産の質
                          3月終了       9月終了      3月終了       対2017年      対2017年
                                              9月終了      3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する90日
                                                 6 bps     5 bps
                            0.80%      0.74%       0.75%
     以上DPDの資産および減損資産総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する信用
                                                 2 bps     (4  bps)
                            0.12%      0.10%       0.16%
                      (1)
     減損費用の比率(年度換算ベース)
     (1)

        比率は、    通年度   比率を表している。
     消費者金融・資産運用業務

     財務分析
                              (中略)
     資産  管理
                                  半期
                                  8/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了      3月終了
                          3月終了       9月終了      3月終了
                                              対2017年      対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了      3月終了
                           豪ドル)      豪ドル)       豪ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純投資収益                         486      488       499       (0.4)      (2.6)
     その他営業収益                         22      11      34       大     (35.3)
     純営業収益                         508      499       533       1.8      (4.7)
     営業費用                        (320)       (308)      (360)        3.9     (11.1)
     税引前現金収益                         188      191       173       (1.6)       8.7
     法人税                         (52)      (57)      (33)       (8.8)      57.6
     現金収益                         136      134       140       1.5      (2.9)
                              (中略)
     法人・機関投資家向け銀行業務
      法人・機関投資家向け銀行業務は、                   財務  および債券市場、限定資本、保管ならびに代替的投資に関連する

     幅広い貸付および取引の商品およびサービスを提供する。同部門は、オーストラリアの顧客に、また専門的
     な産業上の関係および商品チームを擁する米国、英国およびアジアの支店を通じて世界の顧客にサービスを
     提供している。
                              (中略)
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                                              3月終了      3月終了
                           2018  年    2017  年    2017  年
     資産の質
                                              対2017年      対2017年
                          3月終了      9月終了      3月終了
                                              9月終了      3月終了
                                               ( %)      ( %)
     貸付金および支払承諾総額に対する90日
                                                5 bps    (14  bps)
                            0.39  %    0.34  %    0.53  %
     以上DPDの資産および減損資産総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する信用
                                                (7  bps)     (5  bps)
                           (0.02   %)    0.05  %    0.03  %
                      (3)
     減損費用の比率(年度換算ベース)
     (1)
        デリバティブの評価調整は、信用評価調整および資金調達評価調整からなる。
     (2)
        コーポレート・ファイナンスは、従前のキャピタル・ファイナンス業務を表している。
     (3)
        比率は、年度換算ベースの半期比率を表している。
                              (中略)
     ニュージーランド銀行業務
                              (中略)
     ニュージーランド銀行業務
     (現地通貨による)財務分析
     当上半期と前年同期との比較
      現金収益は、収益増加により39百万NZドルすなわち8.6%増加したが、費用の増加により一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、ブローカー販売経路の成長により促進された住宅貸付の成長、
     82 百万NZドル           および2017年度下半期の銀行業界全体の伸びを上回った事業貸付の大幅な成長により
     すなわち10.0%増加            43億NZドルすなわち5.6%増加した。
                 ・顧客預金は、定期預金の大幅な成長により52億NZドルすなわち9.8%増加した。
                 ・純利息マージンは、住宅貸付および事業貸付のマージンの改善ならびに資金調達コス
                  トの改善を主因として、9ベーシス・ポイント増加した。これは、低金利環境による
                  資本投資収益の減少によって一部相殺された。
                                  9/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     その他営業収益           ・前年下半期における貸付業務の増加を一部の要因とするライン手数料収入の増加。
     7百万NZドル           ・クレジットカードのポートフォリオによる収益の改善。
     すなわち2.5%増加           ・プライベート・ウェルス・シリーズが管理する投資スキームの開始。
     営業費用           ・営業担当者の効率化および顧客経験価値の向上のためのデジタル機能への継続的な投
     32 百万NZドル           資。これは、事業全体の生産性向上による節減により一部相殺された。
     すなわち7.4%増加           ・優先セグメントおよびデジタルへの投資に伴う減価償却費および償却費。
     信用減損費用           ・対象セクターにおける一括引当金に係る                    将来の見通しに関する調整(「               FLA  」)  を含
     1百万NZドル            む。これは、酪農業のポートフォリオの改善により一部相殺された。
     すなわち2.5%増加           ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの資産および減損資産総額の水準は、
                  酪農業に係るエクスポージャーに関連する減損資産総額の顕著な減少を主因として、
                  99ベーシス・ポイント減少した。
     リスク加重資産合計           ・エクスポージャーの増加は、ポートフォリオの質の改善により一部相殺された。
     13 億NZドル
     すなわち2.3%増加
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
                      (1)
     グループの事業および業績の概観
     財務分析
     当上半期と前年同期との比較
                              (中略)
      純利息収益      は、357百万豪ドルすなわち5.6%増加した。この結果には、その他営業収益における経済的
     ヘッジの変動により相殺された41百万豪ドルの減少が含まれる。この変動を除くと、基礎的増加分は、金利
     再設定業務および資金調達コストの減少と併せて、住宅貸付高および事業貸付高双方の増加によってもたら
     された。これらの変動は、住宅貸付マージンに対する                            競争圧力および        商品構成の影響ならびに銀行税の影響
     により、一部相殺された。
                              (中略)
     当上半期と前年下半期との比較
                              (中略)
      営業費用     は、755百万豪ドルの再編成関連費用の影響を受けて、894百万豪ドルすなわち23.2%増加した。
     再編成関連費用を除くと、営業費用は、顧客および技術力に対する投資の増加、インセンティブ                                                  ベース   報酬
     の常態化ならびに年間給与の増加の影響により、139百万豪ドルすなわち3.6%増加した。この結果は、生産
     性向上からの利益により一部相殺された。
                              (中略)
         (1)
     営業費用
                              (中略)
     当上半期と前年下半期との比較
                              (中略)
      人件費   は、再編成関連費用を除くと、122百万豪ドルすなわち5.8%増加した。この増加は、投資営業費用
     支出  の増加、インセンティブ             ベース   報酬の常態化および年間給与の増加の影響によってもたらされたが、生
     産性向上の利益により一部相殺された。
                              (中略)
         (1)
     資産の質
     信用減損費用
                                 10/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
                              (中略)
     当上半期と前年下半期との比較
                              (中略)
      当上半期の当社グループの貸付金および支払承諾総額に対する純償却額の比率は、4ベーシス・ポイント
     低下して0.07%となった。この低下の主な原因は、法人・機関投資家向け銀行業務内の大口のエクスポー
     ジャーに係る償却の減少であ               った  。
                              (中略)
     資本管理および資金調達
                              (中略)
     資金調達および流動性
                              (中略)
     取引類型別中長期ホールセール資金調達
                                             半期

                                  2018  年3月終了      2017  年9月終了      2017  年3月終了
     シニア債公募(海外)                                  44 %       49 %       54 %
     シニア   債公募(国内)                               16 %       21 %       12 %
     担保付公募(海外)                                   -       14 %       20 %
     担保付公募(国内)                                  26 %        -        -
     私募                                  14 %       13 %        7 %
     劣後債公募                                   -        3 %        6 %
          (1)
                                        -        -        1 %
     劣後債私募
     合計                                 100  %       100  %       100  %
     (1)
        劣後債私募は、前年下半期のホールセール資金調達発行の0.3%を占めていた。
     通貨別中長期ホールセール資金調達

                                             半期

                                  2018  年3月終了      2017  年9月終了      2017  年3月終了
     米ドル                                  35 %       47 %       47 %
     豪ドル                                  44 %       24 %       20 %
     ユーロ                                  12 %       14 %       17 %
     英ポンド                                  3 %        7 %        6 %
     日本円                                   -        ▶ %        7 %
     その他                                  6 %        ▶ %        3 %
     合計                                 100  %       100  %       100  %
                              (中略)
     事業者向け・プライベートバンキング業務
                              (中略)
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了       3月終了
                          3月終了       9月終了       3月終了
                                              対2017年       対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了       3月終了
                           豪ドル)       豪ドル)       豪ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純利息収益                       2,756       2,693       2,564        2.3       7.5
     その他営業収益                        532       536       526       (0.7)       1.1
     純営業収益                       3,288       3,229       3,090        1.8       6.4
     営業費用                       (1,091)       (1,046)       (1,038)         4.3       5.1
     基礎利益                       2,197       2,183       2,052        0.6       7.1
                                 11/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     信用減損費用                        (74)       (82)       (98)       (9.8)      (24.5)
     税引前現金収益                       2,123       2,101       1,954        1.0       8.6
     法人税                        (641)       (628)       (586)        2.1       9.4
     現金収益                       1,482       1,473       1,368        0.6       8.3
     残高

     (十億豪ドル)
     住宅貸付                        90.6       90.4       89.7        0.2       1.0
     事業貸付                       102.4       100.0       97.8        2.4       4.7
     その他貸付                        3.4       3.3       3.0       3.0      13.3
     貸付金および支払承諾総額                       196.4       193.7       190.5        1.4       3.1
     期中平均利付資産                       185.9       184.7       180.8        0.6       2.8
     資産合計                       196.2       192.8       189.8        1.8       3.4
     顧客預金                       132.7       130.0       127.0        2.1       4.5
     リスク加重資産合計                       114.4       112.2       111.1        2.0       3.0
                              (中略)
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年     3月終了       3月終了
     資産の質
                          3月終了       9月終了       3月終了       対2017年       対2017年
                                              9月終了       3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する90日
                                                 (1  bp)    (4  bps)
                            0.75  %    0.76  %    0.79  %
     以上DPDの資産および減損資産総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する信用
                                                       (2  bps)
                            0.08  %    0.08  %    0.10  %       -
                      (1)
     減損費用の比率(年度換算ベース)
     (1)
        比率は、    年度換算ベースの半期          比率を表している。
     事業者向け・プライベートバンキング業務

     財務分析
                              (中略)
     当上半期と前年下半期との比較
      現金収益は、貸付ポートフォリオのバランスシートの増大および金利再設定の利益が信用減損費用の減少
     と相俟って、9百万豪ドルすなわち0.6%増加したが、継続的事業投資によって営業費用が増加したことで大
     幅に相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、NABがその業界の深い専門性および強力な市場ポジションを活用
     63 百万豪ドル           し続けることで、NAB事業者向け銀行業務および専門的銀行業務によって牽引された事
     すなわち2.3%増加            業貸付の増加により、12億豪ドルすなわち0.6%増加した。
                 ・顧客預金は、       預金の質の継続的重視を反映し、すべての主要な商品において伸びがみ
                  られ、27億豪ドルすなわち2.1%増加した。
                 ・純利息マージンは、貸付の金利再設定の利益および資金調達コストの減少によって、
                  6ベーシス・ポイント上昇したが、銀行税の影響によって一部相殺された。
     その他営業収益           ・2017年9月30日のナショナル・オーストラリア・トラスティーズ・リミテッドの売却
     4百万豪ドル            による収入の減少。
     すなわち0.7%減少
     営業費用           ・技術および顧客対応能力への継続的な投資                     によるもの     であり、デジタル化、調達の節
     45 百万豪ドル           減および事業の簡略化を含む、生産性向上による節減により一部相殺された。
     すなわち4.3%増加
     信用減損費用           ・ 資産の質は、貸付金および前渡金総額に対する90日以上DPDの                             資産  および減損資産       総額
     8百万豪ドル            の比率が、減損資産の           減少を主因として        1ベーシス・ポイント減少し、住宅抵当貸付
     すなわち9.8%減少            ポートフォリオを主因とする90日以上DPDの資産の増加によって一部相殺されたもの
                  の、引き続き良好である。
                 ・個別減損エクスポージャーの削減を主因とする、信用減損費用の減少。
                                 12/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     リスク加重資産           ・貸付金および前渡金総額の増加を原因とし、与信の質の改善および最適化によって一
     22 億豪ドル           部相殺された。
     すなわち2.0%増加
     消費者金融・資産運用業務

      当社およびユー・バンクの消費者金融部門ならびにアドバイス、資産管理および年金業務を行う資産運用

     部門からなる。また、同部門は、住宅ローン・ブローカーを含む独立したアドバイザーならびにオーストラ
     リアの自営業アドバイザー、提携アドバイザーおよび有給アドバイザーのファイナンシャル・プランニン
     グ・ネットワークへのアクセスを顧客に提供している。
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了      3月終了
                          3月終了      9月終了      3月終了
                                              対2017年      対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了      3月終了
                          豪ドル)      豪ドル)      豪ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純利息収益                       2,014      2,009      1,875        0.2      7.4
     純投資収益                        486      488      499       (0.4)      (2.6)
     その他営業収益                        284      292      318       (2.7)      (10.7)
     純営業収益                       2,784      2,789      2,692        (0.2)       3.4
     営業費用                       (1,510)      (1,445)      (1,465)         4.5      3.1
     基礎利益                       1,274      1,344      1,227        (5.2)       3.8
     信用減損費用                        (133)      (105)      (162)       26.7      (17.9)
     税引前現金収益                       1,141      1,239      1,065        (7.9)       7.1
     法人税                        (337)      (370)      (301)       (8.9)      12.0
     現金収益                        804      869      764       (7.5)       5.2
     残高

     (十億豪ドル)
     住宅貸付                       207.0      202.5      195.8        2.2      5.7
     その他貸付                        6.9      6.9      7.2        -     (4.2)
     貸付金および支払承諾総額                       213.9      209.4      203.0        2.1      5.4
     期中平均利付資産                       196.0      190.5      185.5        2.9      5.7
     資産合計                       223.4      217.6      211.3        2.7      5.7
     顧客預金                       118.5      116.3      112.7        1.9      5.1
     リスク加重資産合計                        78.3      78.2      65.8        0.1      19.0
                              (中略)
                                  半期
                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年     3月終了      3月終了
     資産の質
                          3月終了       9月終了      3月終了       対2017年      対2017年
                                              9月終了      3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する90日
                                                 6 bps     5 bps
                            0.80%      0.74%       0.75%
     以上DPDの資産および減損資産総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する信用
                                                 2 bps     (4  bps)
                            0.12%      0.10%       0.16%
                      (1)
     減損費用の比率(年度換算ベース)
     (1)

        比率は、    年度換算ベースの半期          比率を表している。
     消費者金融・資産運用業務

     財務分析
                              (中略)
     資産  運用
                                  半期
                                 13/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年
                                              3月終了      3月終了
                          3月終了       9月終了      3月終了
                                              対2017年      対2017年
                           ( 百万      ( 百万      ( 百万
                                              9月終了      3月終了
                           豪ドル)      豪ドル)       豪ドル)
                                               ( %)      ( %)
     純投資収益                         486      488       499       (0.4)      (2.6)
     その他営業収益                         22      11      34       大     (35.3)
     純営業収益                         508      499       533       1.8      (4.7)
     営業費用                        (320)       (308)      (360)        3.9     (11.1)
     税引前現金収益                         188      191       173       (1.6)       8.7
     法人税                         (52)      (57)      (33)       (8.8)      57.6
     現金収益                         136      134       140       1.5      (2.9)
                              (中略)
     法人・機関投資家向け銀行業務
      法人・機関投資家向け銀行業務は、                   金融  および債券市場、限定資本、保管ならびに代替的投資に関連する

     幅広い貸付および取引の商品およびサービスを提供する。同部門は、オーストラリアの顧客に、また専門的
     な産業上の関係および商品チームを擁する米国、英国およびアジアの支店を通じて世界の顧客にサービスを
     提供している。
                              (中略)
                                  半期

                                               2018  年    2018  年
                           2018  年    2017  年    2017  年     3月終了      3月終了
     資産の質
                          3月終了      9月終了      3月終了       対2017年      対2017年
                                              9月終了      3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する90日
                                                5 bps    (14  bps)
                            0.39  %    0.34  %    0.53  %
     以上DPDの資産および減損資産総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する信用
                                                (7  bps)     (5  bps)
                           (0.02   %)    0.05  %    0.03  %
                      (3)
     減損費用の比率(年度換算ベース)
     (1)
        デリバティブの評価調整は、信用評価調整および資金調達評価調整からなる。
     (2)
        コーポレート・ファイナンスは、従前のキャピタル・ファイナンス業務を表している。
     (3)
        比率は、年度換算ベースの半期比率を表している。
                              (中略)
     ニュージーランド銀行業務
                              (中略)
     ニュージーランド銀行業務
     (現地通貨による)財務分析
     当上半期と前年同期との比較
      現金収益は、収益増加により39百万NZドルすなわち8.6%増加したが、費用の増加により一部相殺された。
     主な変動           主な要因

     純利息収益           ・期中平均利付資産は、ブローカー販売経路の成長により促進された住宅貸付の成長、
     82 百万NZドル           および2017年度下半期の銀行業界全体の伸びを上回った事業貸付の大幅な成長により
     すなわち10.0%増加            43億NZドルすなわち5.6%増加した。
                 ・顧客預金は、定期預金の大幅な成長により52億NZドルすなわち9.8%増加した。
                 ・純利息マージンは、住宅貸付および事業貸付のマージンの改善ならびに資金調達コス
                  トの改善を主因として、9ベーシス・ポイント増加した。これは、低金利環境による
                  資本投資収益の減少によって一部相殺された。
                                 14/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     その他営業収益           ・前年下半期における貸付業務の増加を一部の要因とするライン手数料収入の増加。
     7百万NZドル           ・クレジットカードのポートフォリオによる収益の改善。
     すなわち2.5%増加           ・プライベート・ウェルス・シリーズが管理する投資スキームの開始。
     営業費用           ・営業担当者の効率化および顧客経験価値の向上のためのデジタル機能への継続的な投
     32 百万NZドル           資。これは、事業全体の生産性向上による節減により一部相殺された。
     すなわち7.4%増加           ・優先セグメントおよびデジタルへの投資に伴う減価償却費および償却費。
     信用減損費用           ・対象セクターにおける一括引当金に係るFLAを含む。これは、酪農業のポートフォリオ
     1百万NZドル            の改善により一部相殺された。
     すなわち2.5%増加           ・貸付金および支払承諾総額に対する90日以上DPDの資産および減損資産総額の水準は、
                  酪農業に係るエクスポージャーに関連する減損資産総額の顕著な減少を主因として、
                  99ベーシス・ポイント減少した。
     リスク加重資産合計           ・エクスポージャーの増加は、ポートフォリオの質の改善により一部相殺された。
     13 億NZドル
     すなわち2.3%増加
                              (後略)
                                 15/36















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     第5    【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

     <訂正前>
      (1)  株式の総数等(2018年3月31日現在)
       ① 授権株式の総数

         オーストラリア法上授権資本を有する必要は                       ない  。
               (1)

       ② 発行済株式
                                      上場金融商品取引所名

      記名・無記名の別
                     種類         発行数(千株)         又は登録認可金融商品               内容
     及び額面・無額面の別
                                        取引業協会名
                                                 普通株式(完全議
                                                 決権株式であり、
                                                 権利内容に何ら制
                                                 限のない標準とな
                                                 る株式である。)
                                                 米  国  預  託  株  式

                                                 (ADS)(預託機関
                                      オーストラリア証券取           または   カストディ
                 普通株式               2,722,926
                                      引所           アン  に預託されて
                                                 いる当社の全額払
                                                 込済普通株式。ADS
                                                 を構成する各全額
                                                 払込済普通株式に
        記名式株式
                                                 は、全額払込済普
                                                 通株式に付される
                                                 ものと同じ権利が
                                                 付される。)
                 25 セントまでの一部
                                                 (2)
                                    39
                 払込株式
                                      オーストラリア証券取           当社が支配する株
                 自社株式                 (8,319)
                                      引所           式
                 ナショナル・インカ
                                      オーストラリア証券取
                                                 (3)
                 ム・セキュリティー                 20,000
                                      引所
                 ズ
                                      ルクセンブルグ証券取
                                                 (4)
                 信託優先証券                  400
                                      引所
          計                      2,735,046
                              (中略)

      (3)  発行済株式総数及び資本金の               状況
                             2017年9月30日                     2018年3月31日

                                         期中異動
                                現在                     現在
               全額払込済普通株式                  2,685,469            37,457         2,722,926
               25セントまでの
                                    43           (4)           39
               一部払込済普通株式
               自己株式                   (9,643)           1,325          (8,319)
      発行済株式総数
        (千株)
               ナショナル・インカム・
                                  20,000             -        20,000
               セキュリティーズ
               信託優先証券                     400            -         400
               合計                  2,696,269            38,777         2,735,046

                                 16/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
              資本金
                                  34,627           1,075          35,702
           (単位:百万豪ドル、
                                  (2,840)            (88)         (2,928)
            カッコ内十億円)
      (1)
        上記の発行済株式数には従業員持株制度に基づく一部払込済株式が含まれる。全額払込済発行済株式総数(千
       株)は2,735,046(NISのために発行された証券および信託優先証券を含む。)である。「払込資本を構成する発行
       済証券総数」は、(2016年7月1日付の承継ファンド合併まで)当社グループの連結投資事業により保有されてい
       た当社自己株式および従業員インセンティブ制度の要件を満たすために当社グループの被支配会社により信託保管
       されている自己株式について調整がなされている。株価変動から発生した値洗い価値の未実現変動、配当収益およ
       び当社グループの連結投資事業により保有されていた株式の売却から発生した実現損益は、法定報告上                                               除外  されて
       いる。
      (2)
        従業員持株制度における一部払込済株式は発行済みであるが上場されていない。
      (3)
        1999年6月29日、当社は、NIS20百万株を1株当たり100豪ドルで発行した。NISは、当社がニューヨーク支店を
       通じて発行した100豪ドルの全額払込済社債1単位および当社が発行した未払いのNIS優先株式1株から成るステー
       プル証券である。NIS優先株式の未払額は、一定の限定された状況(不履行事由の発生等)の下でその支払期日が到来
       する。NISの各保有者は、四半期毎に後払いされる、オーストラリアの90日銀行手形の利率に年率1.25%を加えた利
       率による非累積配当を受領する権利を有する。APRAの事前の同意を得て、当社は各証券を1単位当たり100豪ドル
       (プラス    発生した    配当金)で償還し、かかる証券に非分離のものとして付されたNIS優先株式を無償で買い戻すか消却
       することができる。NISには満期日はなく、オーストラリア証券取引所(「ASX」)に上場されている。
      (4)
        2003年9月29日、当社グループは、ナショナル・キャピタル・トラストIが1株当たり1,000英ポンドで信託優
       先証券400,000株を発行することにより当社ロンドン支店が使用する資金4億英ポンドを調達した。各信託優先証券
       には2018年12月17日まで半年毎に後払いされる年率5.62%の非累積配当が付き、その後は5年の期間毎にかかる期
       間当初の5年物英国国債の指標銘柄の償還利回りに1.93%を加えた合計の率による非累積配当が付き、半年毎に後
       払いされる。信託優先証券は、APRAの事前の同意を得て、2018年12月17日およびそれ以降の各5年目の応当日にこ
       れを償還できる。その場合の償還価格は、1信託優先証券当たり1,000英ポンドに過去6ヶ月間の配当期間の未払配
       当金を加えた額である。
                              (後略)
     <訂正後>

      (1)  株式の総数等(2018年3月31日現在)
       ①  授権株式の総数

         オーストラリア法上授権資本を有する必要は                       なくなった      。
               (1)

       ② 発行済株式
                                      上場金融商品取引所名

      記名・無記名の別
                     種類         発行数(千株)         又は登録認可金融商品               内容
     及び額面・無額面の別
                                        取引業協会名
                                 17/36







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
                                                 普通株式(完全議
                                                 決権株式であり、
                                                 権利内容に何ら制
                                                 限のない標準とな
                                                 る株式である。)
                                                 米  国  預  託  株  式

                                                 (ADS)(預託機関
                                      オーストラリア証券取           または   保管機関    に
                 普通株式               2,722,926
                                      引所           預託されている当
                                                 社の全額払込済普
                                                 通株式。ADSを構成
                                                 する各全額払込済
                                                 普通株式には、全
        記名式株式
                                                 額払込済普通株式
                                                 に付されるものと
                                                 同じ権利が付され
                                                 る。)
                 25 セントまでの一部
                                                 (2)
                                    39
                 払込  済 株式
                                      オーストラリア証券取           当社が支配する株
                 自社株式                 (8,319)
                                      引所           式
                 ナショナル・インカ
                                      オーストラリア証券取
                                                 (3)
                 ム・セキュリティー                 20,000
                                      引所
                 ズ
                                      ルクセンブルグ証券取
                                                 (4)
                 信託優先証券                  400
                                      引所
          計                      2,735,046
                              (中略)

      (3)  発行済株式総数及び資本金の               推移
                             2017年9月30日                     2018年3月31日

                    種類                     期中異動
                                現在                     現在
               全額払込済普通株式                  2,685,469            37,457         2,722,926
               25セントまでの
                                    43           (4)           39
               一部払込済普通株式
               自己株式                   (9,643)           1,325          (8,319)
      発行済株式総数
        (千株)
               ナショナル・インカム・
                                  20,000             -        20,000
               セキュリティーズ
               信託優先証券                     400            -         400
               合計                  2,696,269            38,777         2,735,046

              資本金
                                  34,627           1,075          35,702
           (単位:百万豪ドル、
                                  (2,840)            (88)         (2,928)
            カッコ内十億円)
      (1)
        上記の発行済株式数には従業員持株制度に基づく一部払込済株式が含まれる。全額払込済発行済株式総数(千
       株)は2,735,046(NISのために発行された証券および信託優先証券を含む。)である。「払込資本を構成する発行
       済証券総数」は、(2016年7月1日付の承継ファンド合併まで)当社グループの連結投資事業により保有されてい
       た当社自己株式および従業員インセンティブ制度の要件を満たすために当社グループの被支配会社により信託保管
       されている自己株式について調整がなされている。株価変動から発生した値洗い価値の未実現変動、配当収益およ
       び当社グループの連結投資事業により保有されていた株式の売却から発生した実現損益は、法定報告上                                               消去  されて
       いる。
      (2)
        従業員持株制度における一部払込済株式は発行済みであるが上場されていない。
      (3)
        1999年6月29日、当社は、NIS20百万株を1株当たり100豪ドルで発行した。NISは、当社がニューヨーク支店を
       通じて発行した100豪ドルの全額払込済社債1単位および当社が発行した未払いのNIS優先株式1株から成るステー
       プル証券である。NIS優先株式の未払額は、一定の限定された状況(不履行事由の発生等)の下でその支払期日が到来
       する。NISの各保有者は、四半期毎に後払いされる、オーストラリアの90日銀行手形の利率に年率1.25%を加えた利
       率による非累積配当を受領する権利を有する。APRAの事前の同意を得て、当社は各証券を1単位当たり100豪ドル
       (プラス    未払  配当金)で償還し、かかる証券に非分離のものとして付されたNIS優先株式を無償で買い戻すか消却する
       ことができる。NISには満期日はなく、オーストラリア証券取引所(「ASX」)に上場されている。
                                 18/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
      (4)
        2003年9月29日、当社グループは、ナショナル・キャピタル・トラストIが1株当たり1,000英ポンドで信託優
       先証券400,000株を発行することにより当社ロンドン支店が使用する資金4億英ポンドを調達した。各信託優先証券
       に は2018年12月17日まで半年毎に後払いされる年率5.62%の非累積配当が付き、その後は5年の期間毎にかかる期
       間当初の5年物英国国債の指標銘柄の償還利回りに1.93%を加えた合計の率による非累積配当が付き、半年毎に後
       払いされる。信託優先証券は、APRAの事前の同意を得て、2018年12月17日およびそれ以降の各5年目の応当日にこ
       れを償還できる。その場合の償還価格は、1信託優先証券当たり1,000英ポンドに過去6ヶ月間の配当期間の未払配
       当金を加えた額である。
                              (後略)
                                 19/36


















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     第6    【経理の状況】
     1  【中間財務書類】

     <訂正前>

                (1)

      中間連結損益計算書
                            2018年3月31日に           2017年9月30日に           2017年3月31日に

                             終了した6ヵ月           終了した6ヵ月           終了した6ヵ月
                        注記
                           百万豪ドル      百万円    百万豪ドル      百万円    百万豪ドル      百万円
     受取利息                        14,093    1,155,908       14,052    1,152,545       13,351    1,095,049
     支払利息                        (7,327)    (600,961)      (7,267)    (596,039)      (6,954)    (570,367)
     純利息収益                        6,766    554,947      6,785    556,506      6,397    524,682
     その他収益                     3    2,858    234,413      2,600    213,252      2,242    183,889
        (2)
                          ▶   (5,184)    (425,192)      (4,283)    (351,292)      (4,256)    (349,077)
     営業費用
     貸倒引当金繰入額                     8    (382)    (31,332)       (425)    (34,859)       (399)    (32,726)
     税引前利益                        4,058    332,837      4,677    383,608      3,984    326,768
     法人税                     5   (1,182)     (96,948)      (1,354)    (111,055)      (1,126)     (92,355)
     継続事業からの当期純利益                        2,876    235,890      3,323    272,552      2,858    234,413
     非継続事業からの税引後当期純(損失)                    15    (291)    (23,868)       (581)    (47,654)       (312)    (25,590)
     当期純利益                        2,585    212,022      2,742    224,899      2,546    208,823
     非支配持分    への帰属                      2    164      2    164      1     82
     当社の株主    への帰属                    2,583    211,858      2,740    224,735      2,545    208,741
                             セント       円    セント       円    セント       円
     基本的1株当たり利益                         93.9      77    100.8       83    93.9      77
     希薄化後1株当たり利益                         91.1      75    97.7      80    91.7      75
                             セント       円    セント       円    セント       円

     継続事業からの基本的1株当たり利益                        104.7       86    122.5      100    105.6       87
     継続事業からの希薄化後1株当たり利益                        101.0       83    117.9       97    102.6       84
     (1)  情報は継続事業ベースで表示している。
     (2)  事業再編関連費用を含む。詳細は注記4「営業費用」を参照。
                              (中略)

      中間財務書類に対する注記
                              (中略)
                 (1)
       2 セグメント情報
          (1)
            情報は継続事業ベースで表示している。
         当社グループは現金収益を基準に報告対象セグメントの業績を評価している。現金収益はIFRSの評

        価尺度ではないが、当社、投資業界および事業ポートフォリオが当社に類似しているオーストラリア
        の同業他社により用いられる主要財務業績指標である。現金収益は、法定の財務指標ではなく、また
        オーストラリア会計基準に従って表示されているものでも、オーストラリア監査基準に従って監査も
        しくはレビューされているものでもない。現金収益は、特定の非現金項目および分配金を調整した後
        の、継続事業からの当社株主に帰属する当期純利益を表す。
         当社グループの事業は、以下の報告対象セグメントから構成されている。「事業者向け・プライ
        ベートバンキング業務」、「消費者金融・資産運用業務」「法人・機関投資家向け銀行業務」および
        「ニュージーランド銀行業務」。なお当社グループの情報と一致させる目的で「コーポレート機能・
        その他業務」を注記に含めている。
                                 20/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
                              (中略)
        報告対象セグメント
                              (中略)
       報告対象セグメント情報と法定上の業績の調整

                                 2018年3月31日に         2017年9月30日に         2017年3月31日に

                                 終了した6ヵ月         終了した6ヵ月         終了した6ヵ月
        現金収益から当社株主に帰属する当期純利益への調整                         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
            (2)
        現金収益                             2,759         3,348         3,294
        非現金収益項目(税引後):
         分配                              49         49         49
         公正価値およびヘッジの非有効部分                              81         (47)         (453)
         取得無形資産の償却                             (15)         (29)         (33)
        非継続事業からの当期純損失                              (291)         (581)         (312)
        当社株主に帰属する当期純利益                             2,583         2,740         2,545
         (2)
           消去および分配を含む。
                              (中略)
              (1)
       4 営業費用
           (1)
             情報は継続事業ベースで表示している。
                                    2018年3月31日に        2017年9月30日に        2017年3月31日に

                                     終了した6ヵ月        終了した6ヵ月        終了した6ヵ月
                                     百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        人件費
                 (2)
         給与および関連      費用                          1,672        1,597        1,655
                    (2)
         退職年金-確定拠出型制度                                134        127        131
         業績連動型報酬:
            (2)
          現金                               241        144        251
          株式報酬                                80       103        84
         業績連動型報酬合計                                321        247        335
              (2) (3)
         その他の費用                                577        170        156
        人件費合計                                2,704        2,141        2,277
        施設関連費
         オペレーティング・リース賃借料                                225        224        218
              (3)
         その他の費用                                 82        42        43
        施設関連費合計                                 307        266        261
        一般費
                  (2)
         支払報酬および手数料                                304        293        318
         有形固定資産の減価償却費                                153        153        152
         無形資産の償却費                                208        221        208
         広告およびマーケティング費                                103        102        85
         オペレーショナル       ・ リスク損失の引当金繰入額                         93       124        58
         通信費、郵送費および事務用品費                                104        118        86
         コンピューター機器およびソフトウェア                                331        310        341
         データ通信および処理費                                 42        41        39
              (3)
         専門家報酬                                420        283        220
         有形固定資産およびその他の資産の処分損                                 15        5        ▶
               (3)
         減損損失認識額                                150        20        -
              (3)
         その他の費用                                250        206        207
        一般費合計                                2,173        1,876        1,718
        営業費用合計                                5,184        4,283        4,256
         (2)
           2017  年3月に終了した6ヵ月の比較情報は、「給与および関連                       費用  」、「退職年金-確定拠出型制度」、「業績連動型報酬-現
          金」、「その他の費用(人件費)」ならびに「支払報酬および手数料」の費目間の費用の再配分による表示方法の変更を反映する
          ために2017年9月に修正再表示された。
         (3)
           リストラクチャリング関連費用を含む。
                                 21/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
                              (中略)
       7 支払承諾を含む貸出金
                                    2018  年       2017  年       2017  年

                                  3月31日現在         9月30日現在         3月31日現在
                                   百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        住宅ローン                             333,758         329,534         320,788
        その他の   長期  貸付金                        199,856         197,134         189,479
        資産およびリース金融                              11,989         11,674         11,201
        当座貸越                              5,853         5,673         5,833
        クレジットカード債権                              7,538         7,409         7,545
        その他の貸付金                              6,620         6,539         6,181
        公正価値調整                               338         397         468
        貸出金総額                             565,952         558,360         541,495
        支払承諾                              5,288         6,786         8,548
        支払承諾を含む貸出金総額                             571,240         565,146         550,043
        内訳:
                    (1)
         公正価値で測定する貸出金                             11,966         14,596         17,029
         償却原価で測定する貸出金                            553,986         543,764         524,466
         支払承諾                             5,288         6,786         8,548
        支払承諾を含む貸出金総額                             571,240         565,146         550,043
        未経過収益および繰延手数料収入純額                              (316)         (415)         (392)
        貸倒引当金                              (3,408)         (3,224)         (3,120)
        支払承諾を含む貸出金純額                             567,516         561,507         546,531
        証券化された貸付金およびカバードボンドの裏付け資産を構
              (2)
         成する貸付金                             34,847         38,957         38,726
         (1)
           この金額は貸借対照表上の「公正価値で測定するその他の金融資産」に含まれている。この金額は下記の商品および地域別分析に含まれて
          いる。
         (2)
           証券化およびカバードボンドの裏付け資産を構成する貸付金は「支払承諾を含む貸出金純額」に含まれている。
                       オーストラリア         ニュージーランド           その他海外        当社グループ合計

        商品別および地域別               百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        2018年3月31日現在
        住宅ローン                  297,668          35,965           125        333,758
        その他の   長期  貸付金             153,034          36,298         10,524         199,856
        資産およびリース金融                   11,515            7         467        11,989
        当座貸越                   3,773         2,039           41        5,853
        クレジットカード債権                   6,427         1,111           -        7,538
        その他の貸付金                   4,569          500         1,551         6,620
        公正価値調整                    296          42          -         338
        貸出金総額                  477,282          75,962         12,708         565,952
        支払承諾                   5,288           -         -        5,288
        支払承諾を含む貸出金総額                  482,570          75,962         12,708         571,240
        内訳:
         公正価値で測定する貸出金                  8,668         3,298           -       11,966
         償却原価で測定する貸出金                  468,614          72,664         12,708         553,986
         支払承諾                  5,288           -         -        5,288
        支払承諾を含む貸出金総額                  482,570          75,962         12,708         571,240
                                 22/36






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
                       オーストラリア         ニュージーランド           その他海外        当社グループ合計

        商品別および地域別               百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        2017年9月30日現在
        住宅ローン                  292,989          34,417          2,128         329,534
        その他の   長期  貸付金             151,239          35,552         10,343         197,134
        資産およびリース金融                   11,214            6         454        11,674
        当座貸越                   3,662         1,958           53        5,673
        クレジットカード債権                   6,365         1,044           -        7,409
        その他の貸付金                   4,336          508         1,695         6,539
        公正価値調整                    346          51          -         397
        貸出金総額                  470,151          73,536         14,673         558,360
        支払承諾                   6,786           -         -        6,786
        支払承諾を含む貸出金総額                  476,937          73,536         14,673         565,146
        内訳:
         公正価値で測定する貸出金                  10,926          3,670           -       14,596
         償却原価で測定する貸出金                  459,225          69,866         14,673         543,764
         支払承諾                  6,786           -         -        6,786
        支払承諾を含む貸出金総額                  476,937          73,536         14,673         565,146
                       オーストラリア         ニュージーランド           その他海外        当社グループ合計

        商品別および地域別               百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        2017年3月31日現在
        住宅ローン                  285,538          33,051          2,199         320,788
        その他の   長期  貸付金             146,847          33,968          8,664         189,479
        資産およびリース金融                   10,740            6         455        11,201
        当座貸越                   3,930         1,853           50        5,833
        クレジットカード債権                   6,473         1,072           -        7,545
        その他の貸付金                   4,171          511         1,499         6,181
        公正価値調整                    437          57         (26)         468
        貸出金総額                  458,136          70,518         12,841         541,495
        支払承諾                   8,548           -         -        8,548
        支払承諾を含む貸出金総額                  466,684          70,518         12,841         550,043
        内訳:
         公正価値で測定する貸出金                  12,599          4,405           25        17,029
         償却原価で測定する貸出金                  445,537          66,113         12,816         524,466
         支払承諾                  8,548           -         -        8,548
        支払承諾を含む貸出金総額                  466,684          70,518         12,841         550,043
                              (中略)

       13 金融商品の公正価値
                              (中略)
       (b) 貸借対照表で認識される公正価値の測定

         次表は、当初認識後に公正価値で測定される金融商品について、当該公正価値の測定に使用するイ
        ンプットの重要        性 を反映するヒエラルキーを用いて分析を行ったものである。公正価値測定が区分さ
        れる公正価値ヒエラルキーのレベルは、公正価値による測定全体において重要となるインプットのう
        ち最も低いレベルのインプットに基づいて決定される。公正価値ヒエラルキーは以下のとおりであ
        る。
          ●  レベル1-活発な市場における同一の金融資産または金融負債の無調整の公表市場相場価格を参
            照して評価された金融商品。この区分に含まれる金融商品は、典型的にはオーストラリア連邦
            およびニュージーランドの国債ならびに直物の上場デリバティブに関するものである。
          ●  レベル2-レベル1に分類される公表市場相場価格以外で、金融資産または金融負債に関して直
            接的に(価格として)または間接的に(価格から得られるものとして)観察可能なインプット
            を組み入れる評価技法を通じて評価された金融商品。この区分に含まれる金融商品には、店頭
                                 23/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
            取引の売買目的デリバティブおよびヘッジ目的デリバティブ、                                 国債に準ずる       債券、金融債、社
            債、住宅ローン抵当証券、公正価値で測定される貸付金ならびに公正価値で測定される発行済
            み 社債、ノートおよび劣後債がある。
          ●  レベル3-観察可能な市場データに基づかないインプットを組み入れる評価技法を通じて評価さ
            れた金融商品。観察          可能でない      インプットは市場の流動性の欠如または商品の複雑さゆえに活
            発な市場において容易に入手することができないインプットである。この区分に含まれる金融
            商品には、カスタムメイドの売買目的デリバティブ、信用評価調整が観察不能で、かつ当該金
            融商品の評価に重要とみなされる売買目的デリバティブおよび観察不能                                     の インプットを用いて
            評価される特定の資産担保証券がある。
                              (中略)

         観察不能なインプットに全部または部分的に基づく公正価値測定に対する当社グループのエクス

        ポージャーは、少数の金融商品に限られ、それらが属するポートフォリのわずかな部分を構成するに
        過ぎない。したがって2018年3月31日時点で当該金融商品の評価に用いた仮定が合理的に代替可能な
        仮定に変更      し たとしても重要な影響は生じないと見られる。
       14 偶発債務

       (ⅰ) 訴訟手続-一般
         当社グループ内の会社が営業上の行為から生じる訴訟手続の被告となることがある。
         当社グループの会社に対する現在および潜在的な損害賠償請求、訴訟手続について偶発債務が存在
        する。必要に応じて引当金が計上されている。偶発債務の潜在的な債務総額を正確に評価することは
        できない。
                              (中略)
       (ⅳ) 法規制遵守の調査‐個別
                              (中略)
        年金制度サービス手数料
         財務助言     サービス     に関するASICの2017年5月付業界調査報告書に関連して、当社は退職年金口座に
        付随する制度助言者が存在していなかったにもかかわらず過誤により「制度サービス手数料」を徴収
        していた顧客への返金を完了した。一方、ASICは、退職年金基金の加入者が勤務先を退職し、企業型
        退職年金商品の個人型部門に移換となった後でも、「制度サービス手数料」が引き続き加入者から徴
        収され制度助言者に支払われるのであれば、サービスが継続される特定の状況を検討するよう当社に
        要請している。本件については、当社は引き続きASICと協議を行っている。現段階ではASICの調査の
        帰趨は不確定である。
        ウェルス業務助言に関する再調査

         2015年10月、当社は2009年以降に法令に違背する助言を当社から受けた可能性のある特定の顧客グ
        ループと接触を開始し、(a)助言の適切性を評価し、そして(b)違背する助言の結果として顧客が
        補償を正当とし得る損害を被ったか否かの確認を行った。「顧客対応イニシアティブ」再調査プログ
        ラムを通じて本事案は進展しており、いくつかの場合については補償が提示され支払われた。
                                 24/36



                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
         この作業結果の帰趨および費用総額は不確定である。原告の弁護士事務所は、当社のアドバイザー
        の財務助言      で 損失を受けたとする当社顧客に法律上の助言を求めるために同事務所に連絡をとるよう
        引き続き働きかけている。本件で当社グループに対する集団訴訟は提起されていない。
                              (中略)

        マネーロンダリング防止とテロ資金対策プログラム向上への取組み

         当社  グループ     は、2016年7月以降、当社グループのマネーロンダリング防止(以下「AML」)とテロ
        資金対策(以下「CTF」)プログラムおよびその実施を向上させ、強化する取組計画を進めてきた。そ
        の取組みは、効果的かつ効率的な統制環境を確保し、法令遵守能力を向上させるシステムへの相当規
        模の投資を必要とする。能力の全体的な向上に加えて、取組計画は法令遵守上の具体的な問題点と弱
        点(もしこれらが識別されるのであれば)の改善を目指す。
         AML/CTFの法令遵守上の問題点が識別された場合には、問題点はAUSTRACまたは外国における同等の
        規制当局に通知され、これら規制当局は、通常、関連性のある問題点の調査・改善の進捗状況につい
        て助言を求められ、あるいは最新情報の報告を受ける。「顧客確認(”Know                                        Your   Customer”)」要
        件の実施面での一定の弱点ならびに特定分野についての取引監視と報告に影響を与えるシステムおよ
        び業務プロセス上の問題点を含む識別された数々の問題点に関連して、調査および改善活動が目下進
        行中である。
         取組みが進捗するに伴い、さらなる問題点が識別され、追加的な強化が必要となる可能性もある。
        今日までに識別された具体的問題点および将来識別される問題点についての調査および改善プロセス
        の帰趨は不確実である。
       (v) 契約上のコミットメント

        保険金請求
         当社はグループが被          る 特定の金融行動関連の損失に係る保険金請求を進めている段階にある。当該
        保険金請求は、当社により偶発性資産として会計処理される。現段階では当該請求の帰趨を確実に断
        定することはできない。
                              (後略)
     <訂正後>

                (1)

      中間連結損益計算書
                            2018年3月31日に           2017年9月30日に           2017年3月31日に

                             終了した6ヵ月           終了した6ヵ月           終了した6ヵ月
                        注記
                           百万豪ドル      百万円    百万豪ドル      百万円    百万豪ドル      百万円
     受取利息                        14,093    1,155,908       14,052    1,152,545       13,351    1,095,049
     支払利息                        (7,327)    (600,961)      (7,267)    (596,039)      (6,954)    (570,367)
     純利息収益                        6,766    554,947      6,785    556,506      6,397    524,682
     その他収益                     3    2,858    234,413      2,600    213,252      2,242    183,889
        (2)
                          ▶   (5,184)    (425,192)      (4,283)    (351,292)      (4,256)    (349,077)
     営業費用
     貸倒引当金繰入額                     8    (382)    (31,332)       (425)    (34,859)       (399)    (32,726)
     税引前利益                        4,058    332,837      4,677    383,608      3,984    326,768
     法人税                     5   (1,182)     (96,948)      (1,354)    (111,055)      (1,126)     (92,355)
     継続事業からの当期純利益                        2,876    235,890      3,323    272,552      2,858    234,413
     非継続事業からの税引後当期純(損失)                    15    (291)    (23,868)       (581)    (47,654)       (312)    (25,590)
     当期純利益                        2,585    212,022      2,742    224,899      2,546    208,823
     非支配持分    に帰属する利益                      2    164      2    164      1     82
                                 25/36

                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     当社の株主    に帰属する利益                    2,583    211,858      2,740    224,735      2,545    208,741
                            豪 セント       円   豪 セント       円   豪 セント       円
     基本的1株当たり利益                         93.9      77    100.8       83    93.9      77
     希薄化後1株当たり利益                         91.1      75    97.7      80    91.7      75
                            豪 セント       円   豪 セント       円   豪 セント       円

     継続事業からの基本的1株当たり利益                        104.7       86    122.5      100    105.6       87
     継続事業からの希薄化後1株当たり利益                        101.0       83    117.9       97    102.6       84
     (1)  情報は継続事業ベースで表示している。
     (2)  事業再編関連費用を含む。詳細は注記4「営業費用」を参照。
                              (中略)

      中間財務書類に対する注記
                              (中略)
                 (1)
       2 セグメント情報
           (1)
             情報は継続事業ベースで表示している。
         当社グループは現金収益を基準に報告対象セグメントの業績を評価している。現金収益はIFRSの評

        価尺度ではないが、当社、投資業界および事業ポートフォリオが当社に類似しているオーストラリア
        の同業他社により用いられる主要財務業績指標である。現金収益は、法定の財務指標ではなく、また
        オーストラリア会計基準に従って表示されているものでも、オーストラリア監査基準に従って監査も
        しくはレビューされているものでもない。現金収益は、特定の非現金項目および分配金を調整した後
        の、継続事業からの当社株主に帰属する当期純利益を表す。
         当社グループの事業は、以下の報告対象セグメントから構成されている。「事業者向け・プライ
        ベートバンキング業務」、「消費者金融・資産運用業務」「法人・機関投資家向け銀行業務」および
        「ニュージーランド銀行業務」。なお当社グループの情報と一致させる目的で「コーポレート機能・
        その他業務」を        本 注記に含めている。
                              (中略)

        報告対象セグメント
                              (中略)
       報告対象セグメント情報と法定上の業績の調整

                                 2018年3月31日に         2017年9月30日に         2017年3月31日に

                                 終了した6ヵ月         終了した6ヵ月         終了した6ヵ月
        現金収益から当社株主に帰属する当期純利益への調整                         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
            (2)
        現金収益                             2,759         3,348         3,294
        非現金収益項目(税引後):
         分配  金                            49         49         49
         公正価値およびヘッジの非有効部分                              81         (47)         (453)
         取得無形資産の償却                             (15)         (29)         (33)
        非継続事業からの当期純損失                              (291)         (581)         (312)
        当社株主に帰属する当期純利益                             2,583         2,740         2,545
         (2)
           消去および分配      金 を含む。
                              (中略)
              (1)
       4 営業費用
           (1)
             情報は継続事業ベースで表示している。
                                 26/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
                                    2018年3月31日に        2017年9月30日に        2017年3月31日に
                                     終了した6ヵ月        終了した6ヵ月        終了した6ヵ月
                                     百万豪ドル        百万豪ドル        百万豪ドル
        人件費
                 (2)
         給与および関連      経費                          1,672        1,597        1,655
                     (2)
         退職年金   費用  -確定拠出型制度                           134        127        131
         業績連動型報酬:
            (2)
          現金                               241        144        251
          株式報酬                                80       103        84
         業績連動型報酬合計                                321        247        335
              (2) (3)
         その他の費用                                577        170        156
        人件費合計                                2,704        2,141        2,277
        施設関連費
         オペレーティング・リース賃借料                                225        224        218
              (3)
         その他の費用                                 82        42        43
        施設関連費合計                                 307        266        261
        一般費
                  (2)
         支払報酬および手数料                                304        293        318
         有形固定資産の減価償却費                                153        153        152
         無形資産の償却費                                208        221        208
         広告およびマーケティング費                                103        102        85
         オペレーショナルリスク         事由による    損失の引当金繰入額                   93       124        58
         通信費、郵送費および事務用品費                                104        118        86
         コンピューター機器およびソフトウェア                                331        310        341
         データ通信および処理費                                 42        41        39
              (3)
         専門家報酬                                420        283        220
         有形固定資産およびその他の資産の処分損                                 15        5        ▶
               (3)
         減損損失認識額                                150        20        -
              (3)
         その他の費用                                250        206        207
        一般費合計                                2,173        1,876        1,718
        営業費用合計                                5,184        4,283        4,256
         (2)
           2017  年3月に終了した6ヵ月の比較情報は、「給与および関連                       経費  」、「退職年金      費用  -確定拠出型制度」、「業績連動型報酬
          -現金」、「その他の費用(人件費)」ならびに「支払報酬および手数料」の費目間の費用の再配分による表示方法の変更を反映
          するために2017年9月に修正再表示された。
         (3)
           リストラクチャリング関連費用を含む。
                              (中略)
       7 支払承諾を含む貸出金
                                    2018  年       2017  年       2017  年

                                  3月31日現在         9月30日現在         3月31日現在
                                   百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        住宅ローン                             333,758         329,534         320,788
        その他の   期限付   貸付金                       199,856         197,134         189,479
        資産およびリース金融                              11,989         11,674         11,201
        当座貸越                              5,853         5,673         5,833
        クレジットカード債権                              7,538         7,409         7,545
        その他の貸付金                              6,620         6,539         6,181
        公正価値調整                               338         397         468
        貸出金総額                             565,952         558,360         541,495
        支払承諾                              5,288         6,786         8,548
        支払承諾を含む貸出金総額                             571,240         565,146         550,043
        内訳:
                    (1)
         公正価値で測定する貸出金                             11,966         14,596         17,029
         償却原価で測定する貸出金                            553,986         543,764         524,466
         支払承諾                             5,288         6,786         8,548
        支払承諾を含む貸出金総額                             571,240         565,146         550,043
        未経過収益および繰延手数料収入純額                              (316)         (415)         (392)
        貸倒引当金                              (3,408)         (3,224)         (3,120)
        支払承諾を含む貸出金純額                             567,516         561,507         546,531
        証券化された貸付金およびカバードボンドの裏付け資産を構
              (2)
         成する貸付金                             34,847         38,957         38,726
                                 27/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
         (1)
           この金額は貸借対照表上の「公正価値で測定するその他の金融資産」に含まれている。この金額は下記の商品および地域別分析に含まれて
          いる。
         (2)
           証券化およびカバードボンドの裏付け資産を構成する貸付金は「支払承諾を含む貸出金純額」に含まれている。
                       オーストラリア         ニュージーランド           その他海外        当社グループ合計

        商品別および地域別               百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        2018年3月31日現在
        住宅ローン                  297,668          35,965           125        333,758
        その他の   期限付   貸付金            153,034          36,298         10,524         199,856
        資産およびリース金融                   11,515            7         467        11,989
        当座貸越                   3,773         2,039           41        5,853
        クレジットカード債権                   6,427         1,111           -        7,538
        その他の貸付金                   4,569          500         1,551         6,620
        公正価値調整                    296          42          -         338
        貸出金総額                  477,282          75,962         12,708         565,952
        支払承諾                   5,288           -         -        5,288
        支払承諾を含む貸出金総額                  482,570          75,962         12,708         571,240
        内訳:
         公正価値で測定する貸出金                  8,668         3,298           -       11,966
         償却原価で測定する貸出金                  468,614          72,664         12,708         553,986
         支払承諾                  5,288           -         -        5,288
        支払承諾を含む貸出金総額                  482,570          75,962         12,708         571,240
                                 28/36














                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
                       オーストラリア         ニュージーランド           その他海外        当社グループ合計

        商品別および地域別               百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        2017年9月30日現在
        住宅ローン                  292,989          34,417          2,128         329,534
        その他の   期限付   貸付金            151,239          35,552         10,343         197,134
        資産およびリース金融                   11,214            6         454        11,674
        当座貸越                   3,662         1,958           53        5,673
        クレジットカード債権                   6,365         1,044           -        7,409
        その他の貸付金                   4,336          508         1,695         6,539
        公正価値調整                    346          51          -         397
        貸出金総額                  470,151          73,536         14,673         558,360
        支払承諾                   6,786           -         -        6,786
        支払承諾を含む貸出金総額                  476,937          73,536         14,673         565,146
        内訳:
         公正価値で測定する貸出金                  10,926          3,670           -       14,596
         償却原価で測定する貸出金                  459,225          69,866         14,673         543,764
         支払承諾                  6,786           -         -        6,786
        支払承諾を含む貸出金総額                  476,937          73,536         14,673         565,146
                       オーストラリア         ニュージーランド           その他海外        当社グループ合計

        商品別および地域別               百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル         百万豪ドル
        2017年3月31日現在
        住宅ローン                  285,538          33,051          2,199         320,788
        その他の   期限付   貸付金            146,847          33,968          8,664         189,479
        資産およびリース金融                   10,740            6         455        11,201
        当座貸越                   3,930         1,853           50        5,833
        クレジットカード債権                   6,473         1,072           -        7,545
        その他の貸付金                   4,171          511         1,499         6,181
        公正価値調整                    437          57         (26)         468
        貸出金総額                  458,136          70,518         12,841         541,495
        支払承諾                   8,548           -         -        8,548
        支払承諾を含む貸出金総額                  466,684          70,518         12,841         550,043
        内訳:
         公正価値で測定する貸出金                  12,599          4,405           25        17,029
         償却原価で測定する貸出金                  445,537          66,113         12,816         524,466
         支払承諾                  8,548           -         -        8,548
        支払承諾を含む貸出金総額                  466,684          70,518         12,841         550,043
                              (中略)

       13 金融商品の公正価値
                              (中略)
       (b) 貸借対照表で認識される公正価値の測定

         次表は、当初認識後に公正価値で測定される金融商品について、当該公正価値の測定に使用するイ
        ンプットの重要        度 を反映するヒエラルキーを用いて分析を行ったものである。公正価値測定が区分さ
        れる公正価値ヒエラルキーのレベルは、公正価値による測定全体において重要となるインプットのう
        ち最も低いレベルのインプットに基づいて決定される。公正価値ヒエラルキーは以下のとおりであ
        る。
          ●  レベル1-活発な市場における同一の金融資産または金融負債の無調整の公表市場相場価格を参
            照して評価された金融商品。この区分に含まれる金融商品は、典型的にはオーストラリア連邦
            およびニュージーランドの国債ならびに直物の上場デリバティブに関するものである。
          ●  レベル2-レベル1に分類される公表市場相場価格以外で、金融資産または金融負債に関して直
            接的に(価格として)または間接的に(価格から得られるものとして)観察可能なインプット
            を組み入れる評価技法を通じて評価された金融商品。この区分に含まれる金融商品には、店頭
                                 29/36


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
            取引の売買目的デリバティブおよびヘッジ目的デリバティブ、                                 準政府機関発行の          債券、金融
            債、社債、住宅ローン抵当証券、公正価値で測定される貸付金ならびに公正価値で測定される
            発 行済み社債、ノートおよび劣後債がある。
          ●  レベル3-観察可能な市場データに基づかないインプットを組み入れる評価技法を通じて評価さ
            れた金融商品。観察          不能な   インプットは市場の流動性の欠如または商品の複雑さゆえに活発な
            市場において容易に入手することができないインプットである。この区分に含まれる金融商品
            には、カスタムメイドの売買目的デリバティブ、信用評価調整が観察不能で、かつ当該金融商
            品の評価に重要とみなされる売買目的デリバティブおよび観察不能                                   な インプットを用いて評価
            される特定の資産担保証券がある。
                              (中略)

         観察不能なインプットに全部または部分的に基づく公正価値測定に対する当社グループのエクス

        ポージャーは、少数の金融商品に限られ、それらが属するポートフォリ                                     オ のわずかな部分を構成する
        に過ぎない。したがって2018年3月31日時点で当該金融商品の評価に用いた仮定が合理的に代替可能
        な仮定に変更       され  たとしても重要な影響は生じないと見られる。
       14 偶発債務

       (ⅰ) 訴訟手続-一般
         当社グループ内の会社が営業上の行為から生じる訴訟手続の被告となることがある。
         当社グループの会社に対する現在および潜在的な損害賠償請求、                                  ならびに     訴訟手続について偶発債
        務が存在する。必要に応じて引当金が計上されている。偶発債務の潜在的な債務総額を正確に評価す
        ることはできない。
                              (中略)
       (ⅳ) 法規制遵守の調査‐個別
                              (中略)
        年金制度サービス手数料
         財務助言     手数料   に関するASICの2017年5月付業界調査報告書に関連して、当社は退職年金口座に付
        随する制度助言者が存在していなかったにもかかわらず過誤により「                                    年金  制度サービス手数料」を徴
        収していた顧客への返金を完了した。一方、ASICは、退職年金基金の加入者が勤務先を退職し、企業
        型退職年金商品の個人型部門に移換となった後でも、「                             年金  制度サービス手数料」が引き続き加入者
        から徴収され制度助言者に支払われるのであれば、サービスが継続される特定の状況を検討するよう
        当社に要請している。本件については、当社は引き続きASICと協議を行っている。現段階ではASICの
        調査の帰趨は不確定である。
        ウェルス業務助言に関する再調査

         2015年10月、当社は2009年以降に法令に違背する助言を当社から受けた可能性のある特定の顧客グ
        ループと接触を開始し、(a)助言の適切性を評価し、そして(b)違背する助言の結果として顧客が
        補償を正当とし得る損害を被ったか否かの確認を行った。「顧客対応イニシアティブ」再調査プログ
        ラムを通じて本事案は進展しており、いくつかの場合については補償が提示され支払われた。
                                 30/36



                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
         この作業結果の帰趨および費用総額は不確定である。原告の弁護士事務所は、当社のアドバイザー
        の財務助言      により   損失を受けたとする当社顧客に法律上の助言を求めるために同事務所に連絡をとる
        よう引き続き働きかけている。本件で当社グループに対する集団訴訟は提起されていない。
                              (中略)
        マネーロンダリング防止とテロ資金対策プログラム向上への取組み

         当社は、2016年7月以降、当社グループのマネーロンダリング防止(以下「AML」)とテロ資金対策
        (以下「CTF」)プログラムおよびその実施を向上させ、強化する取組計画を進めてきた。その取組み
        は、効果的かつ効率的な統制環境を確保し、法令遵守能力を向上させるシステムへの相当規模の投資
        を必要とする。能力の全体的な向上に加えて、取組計画は法令遵守上の具体的な問題点と弱点(もし
        これらが識別されるのであれば)の改善を目指す。
         AML/CTFの法令遵守上の問題点が識別された場合には、問題点はAUSTRACまたは外国における同等の
        規制当局に通知され、これら規制当局は、通常、関連性のある問題点の調査・改善の進捗状況につい
        て助言を求められ、あるいは最新情報の報告を受ける。「顧客確認(”Know                                        Your   Customer”)」要
        件の実施面での一定の弱点ならびに特定分野についての取引監視と報告に影響を与えるシステムおよ
        び業務プロセス上の問題点を含む識別された数々の問題点に関連して、調査および改善活動が目下進
        行中である。
         取組みが進捗するに伴い、さらなる問題点が識別され、追加的な強化が必要となる可能性もある。
        今日までに識別された具体的問題点および将来識別される問題点についての調査および改善プロセス
        の帰趨は不確実である。
       (v) 契約上のコミットメント

        保険金請求
         当社はグループが被          った  特定の金融行動関連の損失に係る保険金請求を進めている段階にある。当
        該保険金請求は、当社により偶発性資産として会計処理される。現段階では当該請求の帰趨を確実に
        断定することはできない。
                              (後略)
                                 31/36









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     3  【日豪の会計原則および会計慣行の相違】

     <訂正前>

                              (前略)
                                                日本基準
          項目             オーストラリア会計基準                    (日本で一般に公正妥当と
                                             認められる会計原則)
     (1)  表示が求められる会           財務諸表で報告されるすべての金額について、                       前連結会計年度および当連結会計年
                  最低過去1会計期間分の比較情報を開示しなけ                       度の財務諸表を比較のため併記す
     計期間
                  ればならない。                       る。
                              (中略)
     (20)   金融資産の分類           AASB第9号において、企業は、次の両方に基づ                       日本基準は、金融資産は保有目的に
                  き、金融資産を、事後に償却原価で測定するも                       応じて区分される。とりわけ有価証
                  の、その他の包括利益を通じて公正価値で測定                       券については以下のとおり区分され
                  するもの(「FVOCI」)、または純損益を通じ                       る。
                  て公正価値で測定するもの(「              FVPL  」)のいず      ・  売買目的有価証券
                  れかに分類しなければならない。                       ・  満期保有目的の有価証券
                                         ・  子会社株式および関連会社株式
                  ・金融資産の管理に関する企業の事業モデル                       ・  その他有価証券
                  ・金融資産の契約上のキャッシュ・フローの特
                  性
                   なお、子会社、関連会社および共同支配企業

                  に対する持分は、原則としてAASB第9号の適用
                  対象外である。
                              (中略)
                                 32/36











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     (22)   公正価値オプション           <金融資産>                       該当する基準はない。
                  ・企業は、当初認識時に、当該指定をしないと
                  すれば   FVPL  に分類されることとなる資本性金融
                  商品に対する特定の投資について、事後の公正
                  価値の変動をその他の包括利益に表示するとい
                  う取消不能の選択を行うことができる(この場
                  合においても、当該投資からの配当は原則とし
                  て純損益に認識しなければならない。)。
                  ・他の規定にかかわらず、企業は、当該指定を
                  しない場合に資産または負債の測定またはそれ
                  らに係る利得および損失の認識を異なる基礎で
                  行うことから生じるであろう測定または認識の
                  不整合(「会計上のミスマッチ」と呼ばれるこ
                  とがある。)をその指定が除去または大幅に軽
                  減する場合、当初認識時に、金融資産を                   FVPL  と
                  して取消不能の指定をすることができる。
                  <金融負債>

                  企業は、指定により次のいずれかの理由で情報
                  の目的適合性が高まる場合には、当初認識時に
                  金融負債を     FVPL  として取消不能の指定をするこ
                  とができる。
                  ・その指定により会計上のミスマッチが除去ま
                  たは大幅に軽減される場合
                  ・金融負債のグループまたは金融資産と金融負
                  債のグループが公正価値ベースで管理され業績
                  評価され、当該グループに関する情報が企業の
                  経営幹部に対してそのベースで提供されている
                  場合
                  上記の規定にしたがって           FVPL  として指定した金

                  融負債の公正価値の変動のうち当該負債の信用
                  リスクの変動に起因する金額は、その他の包括
                  利益に表示しなければならない(ただし、当該
                  処理により、純損益における会計上のミスマッ
                  チが創出または拡大される場合を除く。)。公
                  正価値の変動の残りの金額は、純損益に表示し
                  なければならない。
                              (中略)
                                 33/36








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     (29)   組込デリバティブの           混合契約がAASB第9号の適用範囲内の資産では                       次のすべての要件を満たした場合、
                  ない主契約を含んでいる場合、組込デリバティ                       区分処理が必要となる。
     会計処理
                  ブは、以下のすべてに該当するときに、かつそ                       ・  組込デリバティブのリスクが現物
                  のときにのみ、主契約から分離してデリバティ                       の金融資産または金融負債に及ぶ可
                  ブとして会計処理しなければならない。                       能性があること
                  ・  組込デリバティブの経済的特徴およびリス                      ・  同一条件の独立したデリバティブ
                  クが、主契約の経済的特徴およびリスクと密接                       が、デリバティブの特徴を満たすこ
                  に関連していないこと。                       と
                  ・  組込デリバティブと同一条件の独立の金融                      ・  時価の変動による評価差額が当期
                  商品ならば、デリバティブの定義に該当するこ                       の損益に反映されないこと
                  と。                       また、管理上組込デリバティブが区
                  ・  混合契約が      FVPL  に分類されていないこと              分され、一定要件を満たす場合、区
                  (すなわち、      FVPL  に分類される金融負債に組み               分処理を行うことができる。
                  込まれているデリバティブは分離されない。)
                  混合契約がAASB第9号の適用範囲内の資産であ

                  る主契約を含んでいる場合には、金融資産の分
                  類に関する規定((20)参照)を混合契約の全体
                  に適用しなければならない(区分処理が禁止さ
                  れる。)。
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
                                                日本基準
          項目             オーストラリア会計基準                    (日本で一般に公正妥当と
                                             認められる会計原則)
     (1)  表示が求められる会           財務諸表で報告されるすべての金額について、                       前連結会計年度および当連結会計年
                  最低過去1会計期間分の比較情報を開示しなけ                       度の財務諸表を比較のため併記す
     計期間
                  ればならない。                       る。
                              (中略)
     (20)   金融資産の分類           AASB第9号において、企業は、次の両方に基づ                       日本基準は、金融資産は保有目的に
                  き、金融資産を、事後に償却原価で測定するも                       応じて区分される。とりわけ有価証
                  の、その他の包括利益を通じて公正価値で測定                       券については以下のとおり区分され
                  するもの(「FVOCI」)、または純損益を通じ                       る。
                  て公正価値で測定するもの(「               FVTPL   」)のい     ・  売買目的有価証券
                  ずれかに分類しなければならない。                       ・  満期保有目的の有価証券
                                         ・  子会社株式および関連会社株式
                  ・金融資産の管理に関する企業の事業モデル                       ・  その他有価証券
                  ・金融資産の契約上のキャッシュ・フローの特
                  性
                   なお、子会社、関連会社および共同支配企業

                  に対する持分は、原則としてAASB第9号の適用
                  対象外である。
                              (中略)
                                 34/36





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     (22)   公正価値オプション           <金融資産>                       該当する基準はない。
                  ・企業は、当初認識時に、当該指定をしないと
                  すれば   FVTPL   に分類されることとなる資本性金
                  融商品に対する特定の投資について、事後の公
                  正価値の変動をその他の包括利益に表示すると
                  いう取消不能の選択を行うことができる(この
                  場合においても、当該投資からの配当は原則と
                  して純損益に認識しなければならない。)。
                  ・他の規定にかかわらず、企業は、当該指定を
                  しない場合に資産または負債の測定またはそれ
                  らに係る利得および損失の認識を異なる基礎で
                  行うことから生じるであろう測定または認識の
                  不整合(「会計上のミスマッチ」と呼ばれるこ
                  とがある。)をその指定が除去または大幅に軽
                  減する場合、当初認識時に、金融資産を                   FVTPL
                  として取消不能の指定をすることができる。
                  <金融負債>

                  企業は、指定により次のいずれかの理由で情報
                  の目的適合性が高まる場合には、当初認識時に
                  金融負債を     FVTPL   として取消不能の指定をする
                  ことができる。
                  ・その指定により会計上のミスマッチが除去ま
                  たは大幅に軽減される場合
                  ・金融負債のグループまたは金融資産と金融負
                  債のグループが公正価値ベースで管理され業績
                  評価され、当該グループに関する情報が企業の
                  経営幹部に対してそのベースで提供されている
                  場合
                  上記の規定にしたがって            FVTPL   として指定した

                  金融負債の公正価値の変動のうち当該負債の信
                  用リスクの変動に起因する金額は、その他の包
                  括利益に表示しなければならない(ただし、当
                  該処理により、純損益における会計上のミス
                  マッチが創出または拡大される場合を除
                  く。)。公正価値の変動の残りの金額は、純損
                  益に表示しなければならない。
                              (中略)
                                 35/36








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            訂正半期報告書
     (29)   組込デリバティブの           混合契約がAASB第9号の適用範囲内の資産では                       次のすべての要件を満たした場合、
                  ない主契約を含んでいる場合、組込デリバティ                       区分処理が必要となる。
     会計処理
                  ブは、以下のすべてに該当するときに、かつそ                       ・  組込デリバティブのリスクが現物
                  のときにのみ、主契約から分離してデリバティ                       の金融資産または金融負債に及ぶ可
                  ブとして会計処理しなければならない。                       能性があること
                  ・  組込デリバティブの経済的特徴およびリス                      ・  同一条件の独立したデリバティブ
                  クが、主契約の経済的特徴およびリスクと密接                       が、デリバティブの特徴を満たすこ
                  に関連していないこと。                       と
                  ・  組込デリバティブと同一条件の独立の金融                      ・  時価の変動による評価差額が当期
                  商品ならば、デリバティブの定義に該当するこ                       の損益に反映されないこと
                  と。                       また、管理上組込デリバティブが区
                  ・  混合契約が      FVTPL   に分類されていないこと             分され、一定要件を満たす場合、区
                  (すなわち、      FVTPL   に分類される金融負債に組              分処理を行うことができる。
                  み込まれているデリバティブは分離されな
                  い。)
                  混合契約がAASB第9号の適用範囲内の資産であ

                  る主契約を含んでいる場合には、金融資産の分
                  類に関する規定((20)参照)を混合契約の全体
                  に適用しなければならない(区分処理が禁止さ
                  れる。)。
                              (後略)
                                 36/36













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。