韓国輸出入銀行 発行登録追補書類

このエントリーをはてなブックマークに追加

発行登録追補書類

提出日:

提出者:韓国輸出入銀行

カテゴリ:発行登録追補書類

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
     【表紙】

     【発行登録追補書類番号】                     30-  外債2-1

     【提出書類】                     発行登録追補書類

     【提出先】                     関東財務局長

     【提出日】                     平成30年7月2日

     【発行者の名称】                     韓国輸出入銀行(The          Export-Import       Bank   of  Korea)

     【代表者の役職氏名】                     殷 成洙(Sung-soo          Eun)

                          銀行長(Chairman         and  President)
     【代理人の氏名又は名称】                     弁護士 島崎文彰

     【住所】                     東京都文京区後楽二丁目3番27号 テラル後楽ビル2階

                          島崎法律事務所
     【電話番号】                     (03)5802-5860

     【事務連絡者氏名】                     弁護士 島崎文彰

     【住所】                     東京都文京区後楽二丁目3番27号 テラル後楽ビル2階

                          島崎法律事務所
     【電話番号】                     (03)5802-5860

     【今回の売出金額】                     131,400,000      ブラジル・レアル

                          (円  換算額3,765,924,000          円)(注)
                          ( 注)  円換算額は、今回の売出金額を、2018年6月28日にブラジル

                          中央銀行が公表したPTAXビッドレートの終値とPTAXオファーレート
                          の終値の仲値から得られた邦貨建レート(小数第3位を四捨五入)
                          である1ブラジル・レアル=28.66円の為替レートで換算したもの
                          である。
                          なお、上記の換算率は発行登録追補書類の提出に際して円換算額を

                          表示するために便宜上用いられたもので、本債券にかかる実際の取
                          引に適用されるレートと必ずしも一致するものではないことに留意
                          されたい。
                                  1/21







                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
     【発行登録書の内容】

      提出日                    平成30年6月5日

      効力発生日                    平成30年6月13日

      有効期限                    平成32年6月12日

      発行登録番号                    30-  外債2

      発行予定額又は発行残高の上限                    発行予定額 5,000億円

     【これまでの売出実績】

     (発行予定額を記載した場合)
                                            減額による

         番号        提出年月日              売出金額                    減額金額
                                            訂正年月日
                      該当なし                          該当なし

             実績合計額                        0円        減額総額         0 円

     【残額】

     (発行予定額-実績合計額-減額総額)                         500,000,000,000円
     (発行残高の上限を記載した場合)

                                           減額による

       番号     提出年月日        売出金額       償還年月日        償還金額                減額金額
                                           訂正年月日
                            該当事項なし

         実績合計額          該当事項なし         償還総額       該当事項なし         減額総額       該当事項なし

     【残高】

      (発行   残高の上限     -実績合計額      +償還総額     -減額総額)       該当事項なし
     【縦覧に供する場所】

      該当なし
     注:  本書において、「ブラジル・レアル」とはブラジル連邦共和国の法定通貨であるブラジル・レアルを、また「米ド

       ル」とはアメリカ合衆国の法定通貨であるアメリカ合衆国ドルを、それぞれ意味する。
                                  2/21






                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
     第一部 【証券情報】
     第1【募集債券に関する基本事項】

      該当事項なし

     第2【売出債券に関する基本事項】

     1【売出要項】

      【売出人】
              会 社 名                        住   所

            大和証券株式会社

                             東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
          (以下「売出人」という。)
                           韓国輸出入銀行2022年8月3日満期

                          ブラジル・レアル建債券(円貨売買型)
       【売出債券の名称】
                             (以下「本債券」という。)
                             (注1)(注3)(注6)
                                            131,400,000

       【記名・無記名の別】              無記名式(注5)            【券面総額】           ブラジル・レアル
                                            (注2)
                      額面10,000

        【各債券の金額】             ブラジル・レアル            【売出価格】          額面金額の100.00%
                    (注6)(注7)
                     131,400,000

       【売出価格の総額】             ブラジル・レアル             【利率】         年8.00%(注6)
                      (注2)
                                           2022  年8月3日

         【利払日】         2月3日および8月3日             【償還期限】
                                         (以下「満期日」とい
                                             う。)
                    2018  年7月5日から

         【売出期間】                       【受渡期日】           2018  年7月17日
                    2018年7月11日まで
        【申込取扱場所】           売出人の日本国内における本店および各支店(注4)

     (注1)本債券は、韓国輸出入銀行(以下「発行者」または「当行」という。)が設定した2018年5月11日付グローバ

         ル・ミディアム・ターム・ノート・プログラム(以下「GMTNプログラム」という。)および2018年6月29日に調
         印されたプライシング・サプルメント(以下「プライシング・サプルメント」という。)に基づき、大和証券
         キャピタル・マーケッツシンガポールリミテッドによりユーロ市場で引き受けられ、2018年7月13日(ロンドン
         時間)(以下「発行日」という。)に発行される。本債券はいかなる証券取引所にも上場される予定はない。
     (注2)上記の券面総額および売出価格の総額は、ユーロ市場で発行される本債券の額面総額と同額である。
     (注3)本債券に関し、日本国金融商品取引法                      (昭和23年法律第25号。その後の改正を含む。)(以下「金商法」とい
         う。)第66条の27に基づく登録を受けた信用格付業者から提供され、または閲覧に供される信用格付けはない。
          発行者は、本書の日付現在、ムーディーズ・インベスターズ・サービス(以下「ムーディーズ」という。)
         (この格付業者は、下記に定義される無登録格付業者である。)よりAa2の発行体格付を、またS&Pグローバル・
         レーティング(以下「S&P」という。)(この格付業者は、下記に定義される無登録格付業者である。)よりAA
         の長期発行体格付を、それぞれ付されている。
          本債券について、発行者は、2018年6月29日付でムーディーズよりAa2の格付を取得している。
                                  3/21


                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
          本書の日付現在、ムーディーズおよびS&Pは金商法第66条の27に基づく登録がなされていない信用格付業者
         (以下「無登録格付業者」という。)である。無登録格付業者は、金融庁の監督および信用格付業者が受ける情
         報開示義務等の規制を受けておらず、また金融商品取引業等に関する内閣府令第313条第3項第3号に掲げる事
         項 に係る情報の公表も義務付けられていない。
          ムーディーズおよびS&Pについては、それぞれのグループ内に、金商法第66条の27に基づく信用格付業者とし
         て、ムーディーズ・ジャパン株式会社(登録番号:金融庁長官(格付)第2号)およびS&Pグローバル・レー
         ティング・ジャパン株式会社(登録番号:金融庁長官(格付)第5号)が登録されており、各信用格付の前提、
         意義および限界は、インターネット上で公表されている(i)ムーディーズ・ジャパン株式会社のホームページ
         (https://www.moodys.com/pages/default_ja.aspx)の「信用格付事業」のページにある「無登録業者の格付
         の利用」欄の「無登録格付説明関連」に掲載されている「信用格付の前提、意義及び限界」および(ii)S&Pグ
         ローバル・レーティング・ジャパン株式会社のホームページ
         (https://www.standardandpoors.com/ja_JP/web/guest/home)の「ライブラリ・規制関連」の「無登録格付け
         情報」(https://www.standardandpoors.com/ja_JP/web/guest/regulatory/unregistered)に掲載されている
         「格付けの前提・意義・限界」において、それぞれ公表されている。
     (注4)本債券の各申込人は、売出人の本支店において各申込人の名義で外国証券取引口座を開設しなければならない。
         各申込人が売出人との間で行う本債券の取引に関しては、売出人から交付される外国証券取引口座約款に基づ
         き、当該外国証券取引口座を通じて処理される。
     (注5)本債券は、アメリカ合衆国1933年証券法(その後の改正を含む。)(以下「証券法」という。)に基づく登録が
         されておらず、今後も登録される予定もなく、証券法の登録義務を免除される一定の取引を除き、アメリカ合衆
         国内において、またはアメリカ合衆国人に対しまたはその計算でもしくはその利益のために、募集または売り付
         けられることはない。本段落において使用される用語は、別段の記載がない限り、証券法に基づくレギュレー
         ションSにより定義された意味を有する。
         本債券は無記名式であり、アメリカ合衆国の税法上の要件に服し、アメリカ合衆国の税規則上認められている一
         定の取引を除き、アメリカ合衆国内もしくはその属領においてまたはアメリカ合衆国人に対して募集され、売り
         付けられまたは引き渡されることはない。本段落において使用される用語は、1986年アメリカ合衆国内国歳入法
         およびこれに基づく規則に規定される意味を有する。
     (注6)本債券はブラジル・レアル建であるが、本債券の元利金の支払は、それぞれ下記「2                                            利息支払の方法」および
         「3   償還の方法」に記載の規定に従って米ドルにより行われる。
     (注7)本債券の最小申込金額は20,000ブラジル・レアルとし、申込単位は10,000ブラジル・レアルとする。
     (注8)本書により予定されている本債券の売出しの際の申込および期中の売出人との間の売買は、円貨により行われ
         る。
      【売出しの委託契約の内容】

       該当なし。

      【債券の管理会社】

       本債券については、債券の管理会社は設置されていない。ただし、以下の財務代理人が任命されている。

                                  4/21








                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
      【財務代理人】
       本債券にかかる財務代理人(以下「財務代理人」という。)は、以下のとおりである。

             会社名                      住    所

                               英国ロンドン市        EC2N   2DB、

         ドイチェ・バンクAG
                           グレート・ウィンチェスター・ストリート1、
           ロンドン支店
                                ウィンチェスター・ハウス
         (Deutsche     Bank   AG,
                          ( Winchester      House,    1 Great   Winchester      Street
          London    Branch)
                             London    EC2N   2DB,   United    Kingdom    )
      【振替機関】

       該当なし。

      【財務上の特約】

      (1)  担保提供制限

       担保設定制限条項        が定められている。内容については、下記「5                      担保又は保証に関する事項」を参照のこと。

      (2)  その他の条項

       該当事項なし。なお、債務不履行事由による期限の利益喪失については、下記「3                                       償還の方法      -  (3)  債務不履行

      事由による償還」を参照のこと。
     2【利息支払の方法】

      各本債券には、その額面金額に対して2018年7月13日(以下「利息起算日」という。)から年8.00パーセントの利率で

     利息が付され、かかる利息は2019年2月3日を初回とし、それ以降満期日である2022年8月3日を最終回とするまで毎年
     2月3日および8月3日(それぞれを以下「利払日」という。)に、利息起算日または直前の利払日(いずれも当日を含
     む。)から当該利払日(当日を含まない。)までの期間について、後払いされる。
      各利払日に支払われる利息の金額(以下「固定利息金額」という。)は、10,000ブラジル・レアルの各本債券につき

     400.00ブラジル・レアル(ただし、初回利払日に支払われる(すなわち、利息起算日(当日を含む。)から2019年2月3
     日(当日を含まない。)までの期間にかかる)利息の金額(以下「初回利息金額」という。)は、額面10,000ブラジル・
     レアルの各本債券につき444.45ブラジル・レアル)である。固定利息金額および初回利息金額は米ドルで支払われ、該当
     するブラジル・レアル評価日に計算代理人(以下に定義する。)によって以下のとおり決定される。
      ブラジル・レアル為替レート(以下に定義する。)で除した固定利息金額(または初回利息金額)が支払われる。疑義

     を下げるために付言すると、ブラジル・レアル建の固定利息金額または初回利息金額は、適用あるブラジル・レアル為替
     レートで米ドルに換算され、必要な場合は1米セント未満は四捨五入される。
      「ブラジル・レアル為替レート」とは、ブラジル・レアル評価日(以下に定義する。)について、1米ドル当たりのブ

     ラジル・レアル金額として表示される以下のブラジル・レアル/米ドルの為替レートをいう。
      (a) 該当するブラジル・レアル評価日に計算代理人(以下に定義する。)が適用あるBRL-PTAXレート(以下に定義す

        る。)を参照して決定する為替レート、または
      (b) ブラジル・レアル評価日にBRL-PTAXレートが入手できない場合は、市場為替レート(以下に定義する。)が当該

        日のブラジル・レアル為替レートとしてBRL-PTAXレートに代わるものとする。
                                  5/21


                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
      「BRL-PTAXレート」とは、ブラジル・レアル評価日について、ブラジル中央銀行がそのウェブサイト
     (www.bcb.gov.br、         Cotações     e boletins    を参照。)において、当該ブラジル・レアル評価日についてサンパウロ時間午
     後1時15分頃までに公表する1米ドル当たりのブラジル・レアル金額として表示される米ドルについてのブラジル・レア
     ル/  米ドルのオファード・レートの終値をいう。
      「ブラジル・レアル評価日」とは、いずれかの利払日、満期日またはこれら以外の日に支払が行われることになるいず

     れかの日について、当該日の10ブラジル、ニューヨークおよび東京営業日前の日をいう。ただし、当該日が予定外休日
     (以下に定義する。)である場合は、翌ブラジル、ニューヨークおよび東京営業日をブラジル・レアル評価日とするが、
     当該翌日も予定外休日である場合は、ブラジル・レアル為替レートは計算代理人が、関連する市場慣行を考慮し、その他
     適切であるとみなす追加的な情報源を参照して、その単独の裁量で誠実にかつ商業的に合理的な方法でこれを決定する。
     疑義を避けるために付言すると、当該ブラジル・レアル評価日と該当する支払日の間に予定外休日がある場合でも当該ブ
     ラジル・レアル評価日について調整はなされない。
      「ブラジル」とは、ブラジリア、リオデジャネイロまたはサンパウロのいずれかをいう。

      「ブラジルおよびニューヨーク営業日」とは、ブラジルおよびニューヨークにおいて商業銀行および外国為替市場が支

       払の決済業務を行い、かつ一般業務を行っている日(土曜日および日曜日を除く。)をいう。
      「ブラジル、ニューヨークおよび東京営業日」とは、ブラジル、ニューヨークおよび東京において商業銀行および外国

       為替市場が支払の決済業務を行い、かつ一般業務を行っている日(土曜日および日曜日を除く。)をいう。
      「計算代理人」とは、大和証券株式会社または正式に任命されるその承継者をいう。

      「市場為替レート」とは、支払の2ブラジルおよびニューヨーク営業日前の日に、計算代理人が、ブラジル・レアルの

       売却および米ドルの購入について参照ディーラー(以下に定義する。)から入手することができる確定建値(1米
       ドル当たりのブラジル・レアル金額として表示される。)の平均値をいう。当該建値のうち最高値と最低値は除外
       され、残りの建値の算術平均値が市場為替レートとなる。ただし、4社未満(少なくとも2社)の参照ディーラー
       が当該確定建値を提示する場合は、実際に入手した建値の平均値が適用される。確定建値を提示する参照ディー
       ラーが1社のみの場合は、当該建値が適用され、確定建値を提示する参照ディーラーがない場合は、誠実にかつ商
       業的に合理的な方法で行為する計算代理人がその単独の裁量で市場為替レートを設定する。
      「参照ディーラー」とは、計算代理人がその単独の裁量で誠実にかつ商業的に合理的な方法で選定する、ブラジル・レ

       アル/米ドルの為替市場において取引を行う5つの主要なディーラー、銀行または金融機関をいう。
      「予定外休日」とは、ブラジル、ニューヨークおよび東京営業日でない日で、かつ、かかる事実が関連するブラジル・

       レアル評価日の2ブラジル、ニューヨークおよび東京営業日前の日のサンパウロにおける午前9時(現地時間)ま
       でに市場が(公示またはその他一般に利用可能な情報の参照により)了知していなかった日をいう。
      いずれかの利払日が支払営業日(下記「3                    償還の方法      -  (4)  支払」に定義する。)でない場合、下記「3                     償還の方

     法  -  (4)  支払」最終段落の規定が適用される。
      本債券の利息は、償還期日以降はこれを付さない。ただし、適法な呈示に際して、元金の支払が不当に差控えられ、ま

     たは拒否された場合はこの限りでなく、かかる場合、関連日(下記「8                                  課税上の取扱い        -  (1)  日本国外での租税」に
     定義する。)まで、(判決の前後を問わず)引続き本「2                           利息支払の方法」に定める方法で「1                  売出要項」に定める利
     率による利息が付される。
      利息金額が指定されていない期間につき利息の計算が必要な場合には、当該期間の日数(1カ月30日とする12カ月から

     なる1年360日を基準として計算される(疑義を避けるために付言すると、当該計算の結果得られるすべてのブラジル・
     レアル建の金額は、小数点第3位以下を四捨五入する。)。ただし、(i)                                  当該期間の最終日が月の31日目に当たるが、当
     該期間の初日が月の30日または31日以外の日である場合、かかる最終日を含む月は1カ月30日の月に短縮されるものとみ
     なされない。また(ⅱ)当該期間の最終日が2月の最終日に当たる場合、2月は1カ月30日の月に延長されるものとみなさ
     れない。)を360で除して計算される。
     3【償還の方法】

                                  6/21


                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
      (1)  満期における償還
       期限前に償還される場合、または買入消却される場合および以下の規定による場合を除き、各本債券は2022年8月3

      日に額面金額で償還されるものとする。                   ただし、2022年8月3日が支払営業日でない場合、「(4)                           支払」最終段落の規
      定が適用される。10,000ブラジル・レアル当たりの償還金額(以下「最終償還金額」という。)は、以下により決定さ
      れる米ドルで支払われる。
       米ドルによる最終償還金額は、満期日に係るブラジル・レアル評価日において適用あるブラジル・レアル為替レート

      によりブラジル・レアルから換算され、1米セント未満は四捨五入するものとする。
      (2)  税制上の理由による償還

       ( ⅰ)大韓民国(以下「韓国」という。)、                   その下部行政主体または韓国のもしくはその域内の課税当局の法令の変更

      もしくは改正、またはかかる法令の適用もしくは公権解釈の変更(かかる変更または改正は発行日より後に効力を生じ
      る場合に限る。)の結果、発行者が下記「8                     課税上の取扱い-         (1)  日本国外での租税」に定められもしくは言及され
      る追加額の支払義務を負っているか、またはこれを負うことになり、かつ(ⅱ)発行者が利用することのできる合理的な
      手段を用いてもかかる支払義務を回避することができない場合には、本債券は、発行者の選択により、本債券の保有者
      (以下「本債権者」という。)に対して30日以上60日以内の事前の通知(かかる通知は取消不能とする。)を行うこと
      により、各本債券につき、額面金額(ただし、かかる額面金額の支払は上記「3                                       償還の方法-(1)        満期における償
      還」の規定を準用して決定された米ドルで行われる。)をもって、償還のために設定された日までの経過利息(ただ
      し、かかる利息の支払は上記「2                利息支払の方法」の規定を準用して決定された米ドルで行われる。)とともに、そ
      の全額(一部は不可)を随時償還することができる。ただし、かかる償還の通知は、発行者が、もし本債券に係る支払
      期日が到来していればかかる追加額の支払義務を負うことになる最も早い日の90日より前に行うことはできない。本段
      落に従って償還の通知を行う前に、発行者は、財務代理人に対して、発行者がかかる償還を有効になす権利があること
      およびかかる償還を行う発行者の権利の前提条件が発生したことを示す事実を記載し、発行者の理事2名が署名した証
      明書ならびに発行者がかかる変更もしくは改正の結果追加額の支払義務を負っているか、またはこれを負うことになる
      旨の定評ある独立の法律顧問の意見書を交付するものとする。
                                  7/21










                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
      (3)  債務不履行事由による償還
       債務不履行事由

        以下の事由(以下「債務不履行事由」という。)のいずれかが生じこれが継続している場合には、いずれの本債権

      者も、指定事務所における財務代理人に対して、その保有する本債券に関し直ちに支払われるべき旨の書面による通
      知を行うことができ、これにより当該本債券は、さらなる手続きを要することなく、支払期日までの経過利息(ただ
      し、かかる利息の支払は上記「2                利息支払の方法」の規定を準用して決定された米ドルで行われる。)とともに期
      限の利益を喪失し、額面金額(ただし、かかる額面金額の支払は上記「3                                   償還の方法-(1)        満期における償還」の
      規定を準用して決定された米ドルで行われる。)で直ちに支払われる。
       (ⅰ) 不払い: 発行者がいずれかの本債券の利息または元本を支払期日に支払わず、かかる不払が15日間継続す

         るとき。
       (ⅱ) その他の義務違反: 発行者が、本債券に定めるその他の義務のいずれかの履行または遵守を怠り、かかる

         懈怠が治癒不能である場合、または本債権者によりかかる懈怠の通知が発行者に対して行われた後30日以内に
         治癒されない場合。
       (ⅲ) クロス・デフォルト: 発行者もしくはその主要子会社のいずれかの元本総額が10,000,000米ドル(もしく

         はその他の通貨によるその相当額)以上のその他のノート、ディベンチャー、債券もしくは借入金債務(以下
         「特定負債」と総称する。)が債務不履行により期限の利益を喪失したとき、または特定負債に係る担保権実
         行の措置がとられるとき、または発行者もしくはその主要子会社のいずれかが特定負債のいずれかの返済をそ
         の支払期日(もしくは支払猶予期間の適用がある場合はその満了時)において怠るとき、または発行者もしく
         はその主要子会社のいずれかにより付与された他の者の特定負債に係る保証もしくは補償が履行期に履行請求
         を受けた時に履行されないとき(ただし、かかる支払を行う義務が適切な手段により誠実に争われている場合
         はこの限りでない。)。
       (ⅳ) 強制執行手続き: 発行者またはその主要子会社のいずれかの財産、資産または収入の重要な部分に対して

         強制執行の差押え、その他法的手続きが実施もしくは実行され、またはかかる処分の言渡しがなされるとき
         (ただし、かかる差押えまたは執行が誠実に争われている場合、またはかかる実施、実行または言渡しの後60
         日以内に停止される場合を除く。)。
       (ⅴ) 支払不能: 発行者またはその主要子会社のいずれかが支払不能となり、もしくは弁済期の到来したその債

         務を支払うことができないとき、または発行者もしくはその主要子会社について、もしくは発行者もしくはそ
         の主要子会社の事業、財産、資産もしくは収入の全部もしくは一部について管理人、清算人もしくは管財人の
         選任を申立て、同意しもしくは認容するとき、またはその債務もしくはその一部の整理もしくは繰延のための
         法律上の手続きをとるとき、またはその債権者との間でもしくはかかる債権者のために一般譲渡もしくは債務
         再編もしくは和解を行うかもしくは締結するとき、またはその事業の全部もしくは重要な一部を中止もしくは
         中止するおそれのあるとき。
       (ⅵ) 清算: 発行者またはその主要子会社のいずれかの清算に係る命令がなされるか、または有効な決議が行わ

         れるとき。
       (ⅶ) モラトリアム: 発行者もしくはその主要子会社のいずれかの負債について発行者によりモラトリアムが合

         意、宣言されるとき、または韓国が韓国の対外負債(保証に基づいて生じる債務を含む。)の支払についてモ
         ラトリアムを宣言するとき、または韓国がかかる対外負債もしくはこれに適用がある条項の違反の結果かかる
         対外負債(保証に基づいて生じる債務を含む。)に係る金額を期限前に弁済する義務を負うことになるとき、
         または韓国が国際通貨基金もしくは国際復興開発銀行の有資格の加盟国でなくなるとき、または韓国の外貨準
         備がいずれかの債権者一般もしくは何らかの種類の債権者のためにリーエン、チャージ、抵当、負担もしくは
         その他の担保権または分離もしくはその他の優先的取決め(担保権を構成するか否かを問わない。)の対象と
         なるとき。
       (ⅷ) 第37条: 韓国が発行者を直接または間接的に支配しなくなるとき、または1969年韓国輸出入銀行法(その

         後の改正を含む。)第37条(以下「第37条」という。)に規定する発行者に対する金融支援を理由の如何を問
                                  8/21


                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
         わず提供しなくなるとき、または第37条が本債権者の権利を害する方法で改正されるかもしくは廃止されると
         き。
       (ⅸ) 授権および同意: (ⅰ)発行者が適法に本債券に基づき契約を締結し、本債券に基づく権利を行使し、その

         義務を履行および遵守できるようにし、また(ⅱ)これらの義務が法的に拘束力を有しかつ強制可能であるよう
         にするために、実行、履践または実施することがいずれかの時点において必要な行為、条件または事柄(必要
         な承認、認可、授権、免除、届出、免許、命令、記録または登録の取得または遂行を含む。)が実行、履践ま
         たは実施されていないとき。
       本「(3)    債務不履行事由による償還」において、

       「対外負債」とは、         韓国の通貨以外の通貨建の借入金の支払または返済債務を意味する                               。発行者は、債務不履行事由

      の不存在について定期的にその証拠を提出する義務を負わない。
       「主要子会社」とは、当該時点における発行者の子会社(代理契約(以下に定義する。)に定義する。)で、以下に

      該当するものを意味する。
       (ⅰ) 発行者に帰属するその子会社の資産合計または総収益(または問題の子会社自体が子会社を有している場合

         は、問題の子会社の連結資産合計もしくは(場合により)連結総収益)が発行者の連結資産合計もしくは連結
         総収益の20%以上であるもの(これらすべては、当該子会社および当該子会社の子会社で、当該子会社が連結
         計算書を作成している場合はかかる連結計算書に含められるであろういずれかの他の事業体のその時点で直近
         の監査済計算書類ならびに発行者のその時点で直近の連結計算書を参照して算定される。)。または
       (ⅱ) 譲渡の直前に主要子会社に該当する子会社からその全部もしくは実質的に全部の資産および事業の譲渡を受

         けるもの。
      (4)  支払

       本債券に関する元金および利息の支払は、以下を条件として、いずれかの支払代理人(下記「4                                             元利金支払場所」

      に定義する。)の米国外の指定事務所における当該本債券または利札(以下「利札」という。)の呈示および引渡(利
      札の場合は、本債券の償還期日が利息支払の期日でない場合を除く。)により、ニューヨークの銀行宛に振出される米
      ドルで支払われる小切手または保有者の選択により支払受取人がニューヨークの銀行に開設する米ドル建の口座への振
      替により行われる。
       すべての支払は、いかなる場合も支払の場所において適用ある財政法その他の法律、規則および指令に従うものとす

      るが、下記「8        課税上の取扱い-         (1)  日本国外での租税」に記載の規定を損なわないものとする。当該支払に関し
      て、本債権者または利札の保有者(以下「利札保有者」という。)に対していかなる手数料または経費も請求されな
      い。
       本債券または利札に関する支払の日が支払営業日でない場合、当該本債券または利札の保有者は翌支払営業日まで支

      払を受けることができず、かかる支払の繰延について追加の利息またはその他の金員の支払を受けることができない。
      本書において「支払営業日」とは、関連呈示地(本債券が現物債の場合)ならびにブラジル、ロンドン、ニューヨーク
      およびソウルにおいて商業銀行および外国為替市場が支払の決済業務を行い、かつ一般業務(外国為替取引および外国
      為替預金を含む。)を行っている日(土曜日および日曜日を除く。)をいう。
      (5)  本債券の買入および消却

       発行者およびそのいずれかの子会社は、公開市場等                        において価格の如何を問わず随時本債券(ただしこれに関連する

      期限未到来の利札が付され、またはこれとともに引渡されるものとする。)を買入れることができる。
       発行者もしくはそのいずれかの子会社により、またはこれらのために買入れられたすべての本債券は、当該各本債券

      を期限未到来のすべての利札とともに消却のため財務代理人に引渡すことができ、引渡された本債券(これに付されま
      たはこれとともに引渡された期限未到来のすべての利札とともに)は、発行者により償還済みのすべての本債券ととも
                                  9/21


                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
      に、直ちに消却される。消却のため引渡された本債券は、再発行または転売されることはなく、当該本債券にかかる発
      行者の義務は消滅する。
     4【元利金支払場所】

      本債券に関する支払金額の支払のための支払代理人(財務代理人を含む。)(以下それぞれを「支払代理人」とい

     う。)および支払場所は、次のとおりとする。
      会社名                      住所

      ドイチェ・バンクAG          ロンドン支店             英国ロンドン市        EC2N   2DB、

      (Deutsche     Bank   AG,  London    Branch)         グレート・ウィンチェスター・ストリート1、
                            ウィンチェスター・ハウス
                            ( Winchester      House,    1 Great   Winchester      Street
                             London    EC2N   2DB,   United    Kingdom    )
      ドイチェ・バンク・トラスト・                      アメリカ合衆国ニュージャージー州07311-3901

      カンパニー・アメリカズ                      ジャージー・シティ、MS            0699
      ( Deutsche     Bank   Trust   Company    Americas    )
                            100  プラザ・ワン、6階
                            ドイチェ・バンク・ナショナル・トラスト・カンパニー
                            気付
                            (c/o   Deutsche     Bank   National     Trust   Company
                             100  Plaza   One,   6th  Floor,    MS  0699
                             Jersey    City,   New  Jersey    07311-3901
                             United    States    of  America)
      ドイチェ・バンク・ルクセンブルグS.A.                      L-1115    ルクセンブルグ

      ( Deutsche     Bank   Luxembourg      S.A.)
                            ブールヴァール・コンラート・アデナウアー2
                            ( 2 Boulevard     Konrad    Adenauer,
                             L-1115    Luxembourg     )
                                 10/21









                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
     5【担保又は保証に関する事項】
      本債券または利札は、発行者の直接、無条件、無担保かつ非劣後債務を構成し、                                     今後も常にかかる債務を構成し(ただ

     し、次段落の規定に従う。)、また                 本債券相互の間において発行日の前後または支払通貨その他により優先劣後すること
     なく、発行者のその他すべての無担保かつ非劣後の一般債務と少なくとも同順位であり、                                         今後もかかる債務と同順位であ
     る(ただし、韓国法に基づく一定の法定の例外に従う。)                           。
      本債券または利札が未償還(改正・再録済みの2016年5月13日付発行・支払代理契約(以下「代理契約」という。)に

     定義する。)である限り、発行者および主要子会社(上記「3                              償還の方法      -  (3)  債務不履行事由による償還」に定義
     する。)のいずれも、(ⅰ)いずれかの相場負債(以下に定義する。)または(ⅱ)いずれかの相場負債債務に関する保証も
     しくは補償その他同種の債務を担保するために、その財産、資産または収入(現在または将来のものかを問わない。)の
     全部または一部の上に抵当権、負担、質権その他の担保権を設定し、または存続させない。ただし、いずれのかかる場合
     においても、当該負債、保証、補償もしくはその他同種の債務に対して付されているかもしくは存在している同一の担保
     または特別決議(代理契約に定義する。)により承認されるその他の担保が同時に本債券または利札に付与される場合は
     この限りでない。
      「相場負債」とは、(a)その条項によりウォン以外の通貨で支払われもしくは支払を受ける権利を付与するものである

     か、またはウォン建であり、かつその額面総額の50%超が発行者によりもしくは発行者の承認により韓国外で当初販売さ
     れ、かつ(b)韓国外の証券取引所、店頭市場またはその他の証券市場で現在値付けされ、上場され、通常売買もしくは取
     引され、またはその可能性がある、ノート、ディベンチャー、債券またはその他の負債を証する証書を意味する。
     6【債券の管理会社の職務】

      本債券については、債券の管理会社は設置されていない。ただし、財務代理人が任命されており、かかる財務代理人の

     職務は以下のとおりである。
      財務代理人は、発行者のために、本債券の発行および本債券にかかる支払に関する職務等、代理契約に定める職務を行

     う。財務代理人は、発行者の代理人としてのみ行為し、本債権者または利札保有者との間に義務または代理もしくは信託
     関係を負うものではない。
     7【債権者集会に関する事項】

      (a) 債権者集会: 代理契約には、特別決議(代理契約に定義する。)による本債券の要項(以下「要項」とい

       う。)の修正を含む、本債権者の利益に影響を及ぼす事項を議題とする債権者集会の招集に関する規定が含まれて
       いる。当該集会は、その時点において発行済みの本債券の額面金額の10%以上を保有する本債権者がこれを招集す
       ることができる。特別決議を検討するために招集された集会の定足数は、その時点において発行済みの本債券の額
       面金額の過半数を保有もしくは代表する2名以上の者とし、延会においては保有もしくは代表する本債券の額面金
       額にかかわらず本債権者もしくはこれを代表する者2名以上とする。ただし、当該集会における議案にとりわけ以
       下の議案の審議が含まれる場合はこの限りでない。すなわち、(ⅰ)本債券の満期日もしくは償還日または本債券に
       かかる利息支払日もしくは利息金額の変更、(ⅱ)本債券の額面金額もしくはその償還に際して支払われるべきプレ
       ミアムの減額もしくは消却、(ⅲ)本債券にかかる利率の引下げ、(ⅳ)本債券の支払もしくは表示通貨の変更、(ⅴ)
       要項において特別定足数の規定が適用される特別決議による承認を受けてのみとることができる措置をとること、
       または(ⅵ)債権者集会における定足数もしくは特別決議を採択するために要する過半数に関する規定の修正。適法
       に採択された特別決議は、本債権者(当該決議が採択された集会への出欠を問わない。)およびすべての利札保有
       者を拘束する。
      (b) 代理契約の修正: 発行者は、そうすることが合理的にみて本債権者の利益を損なうものであると予測されない

       場合にのみ、代理契約の修正または代理契約の違反、予想される違反もしくは不遵守の放棄もしくは承認を認め
       る。
     8【課税上の取扱い】

                                 11/21


                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
     (1)  日本国外での租税
       本債券および利札に関する元利金の一切の支払は、韓国によりもしくは韓国内においてまたは韓国内のもしくは韓国

      の課税当局により課される公租公課(いかなる性質のものであるかを問わない。)                                      を課されることなく、控除または源
      泉徴収されることなく行われるものとする。ただし、法律によりかかる源泉徴収または控除を要求される場合はこの限
      りでない。その場合、発行者は、本債権者または利札保有者が受領する金額が、かかる源泉徴収もしくは控除が必要と
      されなければ本債権者および利札保有者が受取っていたはずの金額となるように追加額を支払うものとする。ただし、
      以下の場合は本債券または利札について追加額は支払われない。
      (a) 単に本債券または利札を保有していること以外に韓国と何らかの関係を有していることを理由に、当該本債券も

       しくは利札についてかかる公租公課に服する保有者もしくはこれを代理する第三者に対して支払われる場合。
      (b) 当該本債券または利札を欧州連合加盟国内の他の支払代人に呈示することによりかかる源泉徴収もしくは控除を

       回避できたはずの保有者に対して、またはそのために支払われる場合。
      (c) 法定要件を遵守するか、もしくは第三者にこれを遵守させることにより、または当該本債券もしくは利札が支払

       のために呈示される場所における課税当局に対して非居住者の申告もしくはその他同種の免除申請を行うか、もし
       くは第三者にこれを行わせることにより、当該控除または源泉徴収を適法に回避できた(しかしそのような回避を
       しなかった)保有者に対する、またはこれを代理する第三者に対して支払われる場合。
      (d) 関連日から30日経過した後に支払のために呈示されたものに関する支払の場合。ただし、その保有者がかかる30

       日目の日に支払のために呈示していれば当該追加額の支払を受けることができた場合に限る。
       本書において、本債券または利札に関する「関連日」とは、それに関する支払が最初に期限到来した日、または(支

      払われるべき金員が不当に差控えられもしくは拒否された場合は)未償還残高全額の支払がなされる日または要項に
      従って本債券もしくは利札のさらなる呈示がなされた場合に当該支払がなされる(ただし、実際の支払はかかる呈示が
      あった場合になされる。)旨の通知が適法に本債権者に対してなされてから7日後の日をいう。本書において(ⅰ)「元
      金」には本債券に関して支払われるプレミアム、償還金額および「3                                 償還の方法」に従って支払われるべき元金の性
      質を有するその他一切の金員を含むものとみなし、(ⅱ)「利息」にはすべての利息金額および「2                                              利息支払の方法」
      に従って支払われるべきその他一切の金員を含むものとみなし、(ⅲ)「元金」および/または「利息」には「8                                                    課税上
      の取扱い-      (1)  日本国外での租税」に基づき支払われることのある追加額を含むものとみなす。
     (2)  日本国の租税

       本債券に投資した場合の日本国における現行の課税上の取扱いは、以下のとおりである。

       本債券の利息は、現行の税法の定めるところにより、一般に利子所得として課税される。日本国の居住者および内国

      法人が支払を受ける本債券の利息は、当該利息額に所得税および復興特別所得税の合計15.315%の税率(日本国の居住
      者の場合は他に住民税5%が加算され、20.315%の税率)を適用して源泉徴収が行われる。日本国の居住者が支払を受
      ける本債券の利息は上記税率による申告分離課税の対象とされているが、申告不要制度の適用を選択することも可能で
      あり、かかる選択を行った場合は日本国の居住者の利子所得に係る課税関係は源泉徴収によって完了する。
       内国法人の場合は、本債券の利息はその課税所得に含められ法人税の対象となるが、上記税率による源泉徴収額を一

      定の制限のもとで法人税額から控除することができる。
       日本国の居住者が取得する本債券の譲渡(償還を含む。)益は上記の20.315%の税率による申告分離課税の対象とな

      り、本債券に係る利子所得および譲渡損益は一定の条件のもとに上場株式等を含む一定の他の有価証券に係る利子・配
      当所得および譲渡損益との損益通算が可能となっており、その年に損益通算をしても控除しきれない金額については翌
      年以後3年間の繰越控除が認められる。
       内国法人の場合は、本債券の譲渡(償還を含む。)損益は、法人税および住民税の課税所得の計算に算入される。

     9【準拠法及び管轄裁判所】

                                 12/21


                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
      (a) 準拠法: 本債券ならびに本債券に起因しもしくは本債券に関連する一切の事項、争い、請求もしくは契約外債
       務は、英国法に準拠し、英国法に従って解釈されるものとする。
      (b) 英国の裁判所: 英国の裁判所は、本債券に起因しもしくは本債券に関連する紛争(以下「紛争」という。)を

       解決するための専属管轄権を有するものとする。
      (c) 適切な裁判地: 発行者は、英国の裁判所が紛争の解決に最も適切かつ便利な裁判所であること、よってこれに

       反する主張をしないことに同意する。
      (d) 英国外で訴訟を提起する本債権者の権利: 上記「(b)                             英国の裁判所」は、本債権者の利益のみの規定である。

       従って、本「9        準拠法及び管轄裁判所」のいかなる規定も、本債権者が他の裁判管轄において紛争に関連した手続
       き(以下「手続き」という。)をとることを妨げるものではない。
        法律により認められる限りにおいて、本債権者は複数の法域において同時に手続きをとることができる。
      (e) 訴状送達: 発行者は、手続きを開始する文書およびこれら手続きに関連して送達を要するその他の文書が、英

       国ロンドン市EC2M         6XB、ムーアゲート155、ムーアゲート・ホール3階または1985年会社法第XXIII部に従って訴状
       を送達することができる連合王国内の発行者の住所に所在のケクシム・バンク(UK)リミテッドに送付されること
       により、発行者に送達されることに同意する。本項の規定は、法律により認められるその他の方法で送達を行う本
       債権者の権利に影響するものではない。この規定は、英国における手続きおよびその他における手続きに適用され
       る。
      (f) 執行等の同意: 発行者は、いかなる手続きについても一般に、当該手続きに関連した救済の付与または訴状の

       発行(当該手続きにおいて発せられまたは与えられる命令もしくは判決の言渡し、いかなる財産(その利用もしく
       は意図された利用にかかわらない。)に対する実行または執行を含むが、これらに限定されない。)に同意する。
      (g) 裁判権免除の放棄: 発行者はいかなる管轄地においても発行者またはその資産もしくは収入について訴訟、執

       行、差押え(判決前の執行のためであるかその他であるかを問わない。)またはその他の訴訟手続きからの免除を
       主張することができる限り、また当該免除(主張したか否かを問わない。)が当該法域において発行者またはその
       資産もしくは収入に帰属するものである限り、発行者は当該法域の法律により認められる最大限において、かかる
       免除を主張せず、取消不能の形で放棄することに同意する。
     10 【公告の方法】

      本債券に関する一切の通知は、ロンドンで一般に発行されている主要な英文の日刊紙に掲載されることにより、有効に

     なされたものとみなされる。かかる掲載は、ロンドンにおいてフィナンシャル・タイムズになされる予定である。かかる
     通知は、最初に掲載された日になされたものとみなされ、2紙以上に掲載することが要求される場合には、掲載を要する
     すべての新聞において、最初に掲載された日になされたものとみなされる。
      本債権者によりなされる通知は、書面により関連する本債券とともに財務代理人に提出することによりなされる。本債

     券のいずれかが大券により表章されている場合、かかる通知は本債券のいずれかの保有者により、場合により、ユーロク
     リアバンクS.A./N.V.(以下「ユーロクリア」という。)および/またはクリアストリーム・バンキングS.A.(以下「クリ
     アストリーム」という。)を通じて、場合により財務代理人および/またはユーロクリアおよび/またはクリアストリーム
     がかかる目的のために承認する方法で、財務代理人に対して行うことができる。
     11 【その他】

      (1)  本債券は代理契約に従って発行される。

      (2)  本債券は無記名式で、当初は、発行日頃にユーロクリアおよびクリアストリームのための共通預託機関に預託され

        る仮大券(以下「仮大券」という。)により表章される。発行日から40日経過後の最初の日(以下「交換日」とい
        う。)以降、仮大券は、その呈示により全部または随時その一部を恒久大券(以下「恒久大券」という。)の持分
        と交換することができ、すべて交換される場合は財務代理人にもしくはその指示人に引渡される。恒久大券は恒久
        大券に定める一定の状況下で確定債券と交換することができる。ただし、恒久大券または確定債券との交換のため
                                 13/21


                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
        に提出されたTEFRA         Dルール対象の本債券の一部の場合は、額面金額に関する交換日以降の日付の非米国人および
        非米国居住者に関する証明書が当該交換のために提出されているものとする。
      (3)  本債券および利札に関する支払の発行者に対する請求は、それらに関して適用ある関連日から5年以内(元金の場

        合)または3年以内(利息の場合)なされない限り、時効により無効となる。
      (4)  本債権者または利札保有者が発行者に対して債権を有するものとして表示された金員に関して、本債券または利札

        に基づく支払がなされるべき通貨以外の通貨でこれらの者がいずれかの金額を受領または回収した場合(いずれか
        の法域の裁判所の判決または命令の結果または執行によるか、発行者の清算または解散を通じてかどうかを問わな
        い。)は、受取人が当該他の通貨で受領または回収した金額で本債券または利札に基づく支払通貨での金額をかか
        る受領または回収の日(またはその日の購入が実務上可能でない場合には、それが可能になる最初の日)に購入し
        うる限度においてのみ発行者の債務弁済となる。受領または回収した金額が本債券または利札に基づき受取人に対
        して支払われるべきものと表示されている金額に満たない場合は、発行者はその結果受取人が被った損失を補償す
        るものとする。いかなる場合も、発行者はかかる購入のための費用を受取人に対して補償するものとする。本項の
        目的上、本債権者または利札保有者(場合による。)による証明は、実際に購入がなされた場合には損失を被って
        いたことで足りる。かかる補償は、発行者の他の債務とは別個の独立した債務であり、別個の独立した請求原因と
        なり、いずれかの本債権者または利札保有者により与えられた支払猶予にかかわりなく適用され、本債券もしくは
        利札または他の判決もしくは命令に基づき支払われるべき金員に関する他の判決、命令、請求または賠償額の予定
        の証明にかかわりなく、完全に有効に存続する。
      (5)  本書には本債券に関して適用される要項の抜粋が含まれているが、これは発行者の「GMTNプログラム」に基づく発

        行者作成の2018年5月11日付のオファリング・サーキュラーに記載されている「債券の要項」を、プライシング・
        サプルメントによって補足、修正または差し替えたものに基づいている。
                                 14/21












                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
     第3【資金調達の目的及び手取金の使途】
      該当事項なし。

     第4【法律意見】

      発行者の韓国における法律顧問であるリ・アンド・コ法律事務所から、とりわけ次の趣旨の法律意見書が提出されてい

     る。
      (1)  本債券の売出しにかかる発行登録追補書類(以下「追補書類」という。)の関東財務局長に対する提出は、発行者

        により適法かつ有効に授権されている。
      (2)  追補書類に記載の予定された本債券の売出しおよび追補書類の関東財務局長に対する提出は、韓国輸出入銀行法ま

        たは韓国のその他の法律のいかなる規定にも違反しない。
                                 15/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
     第5【その他の記載事項】
      発行者の名称およびロゴ、本債券の名称ならびに売出人の名称等が発行登録追補目論見書の表紙に記載される。

      以下の文言が、本債券に関する発行登録追補目論見書の「第一部 証券情報-第5 その他の記載事項」の見出しの

     下に記載される。
      『発行者に関する最近の展開
      1. 韓国輸出入銀行
        別段の記載がない限り、以下に記載する情報は、韓国採択国際財務報告基準(以下「K-IFRS」という。)に準拠し
      て個別基準で記載されている。本書における2018年3月31日現在ならびに2018年および2017年3月31日に終了した各
      3カ月間の当行の財務情報は、当行の無監査内部管理会計に基づいて表示されている。
      概観

        2018  年3月31日現在、当行の貸付残高は、輸出信用残高(40,496十億ウォン)、海外投資信用残高(24,075十億
      ウォン)および輸入信用残高(4,078十億ウォン)を含めて73,200十億ウォンであった。これに対して2017年12月31
      日現在では、輸出信用残高(41,369十億ウォン)、海外投資信用残高(24,107十億ウォン)および輸入信用残高
      (3,726十億ウォン)を含めて71,884十億ウォンであった。
       資本構成

                                                    (1)

                                          2018  年3月31日現在
                                            (十億ウォン)
                                             (無監査)
              (2)(3)(4)(5)
          長期負債         :
           ウォン建借入金                                        -
           外貨建借入金                                      4,296
           輸出入金融債券                                      43,955
            長期負債合計
                                                48,251
          資本金および準備金:
              (6)
                                                11,815
           資本金
           資本修正                                       (129)
           利益剰余金                                       749
            利益準備金                                      346
            任意積立金                                      173
            未処分利益剰余金                                      229
           資本のその他の構成要素                                       (135)
            資本および準備金合計
                                                12,299
             長期負債および資本合計
                                                60,550
        注(1)   本書に記載されているものを除き、2018年3月31日以降、当行の資本構成に重大な悪化はない。

         (2)   期日まで残り1年超の借入金および債券からなる。
         (3)   当行は、2018年3月31日現在の外貨建借入金を、2018年3月31日にソウル・マネタリー・ブローカレッ
           ジ・サービシズ・リミテッドが公表した市場平均為替レートである1.00米ドル=1,066.50ウォンでウォン
           に換算している。
         (4)   2018年3月31日現在、当行は、総額40,167十億ウォンの偶発債務があり、これは保証および手形引受残高
           35,665十億ウォンならびに当行顧客のための偶発保証および手形引受による4,502十億ウォンからなってい
           た。
         (5)   当行の借入金は、国内外を問わずすべて無担保、無保証である。
         (6)   2018年3月31日現在、授権資本は15,000十億ウォンであり、全額払込済の払込資本は11,815十億ウォンで
           あった。
       財務データの抜粋

                                 16/21


                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
        次の表は、K-IFRSに準拠して作成された2018年3月31日現在ならびに2018年および2017年3月31日に終了した3カ
      月間に係る当行の無監査個別内部管理会計から抜粋された、2018年3月31日および2017年12月31日現在ならびに2018
      年および2017年3月31日に終了した3カ月間に係る抜粋個別財務情報を示している。
                             3月31日に終了した3カ月間

                            2018  年          2017  年
                                (十億ウォン)
                                  (無監査)
         損益計算書データ
         受取利息合計                       632            645
         支払利息合計                       440            400
         純利息収益(費用)                       192            245
         営業収益                       288            553
         税引前利益(損失)                       303            558
         法人税費用(便益)                       74            135
         純利益(損失)                       229            423
                         2018  年3月31日現在          2017  年12月31日現在

                           (無監査)            (監査済)
                                (十億ウォン)
         貸借対照表データ
                (1)
         貸付与信合計                       73,200            71,884
               (2)
         借入金合計                       66,976            66,699
         資産合計                       84,594            83,946
         負債合計                       72,294            71,433
         株主資本合計                       12,299            12,513
        注(1)   買入手形、買入外国為替、コールローン、外貨建の銀行間貸付金、顧客前渡金およびその他を含む総額
           で、外貨建貸付金、貸倒引当金および繰延貸付組成手数料の評価調整前。
         (2)   債券を含む。
        当行の純利益は、2017年3月31日に終了した3カ月間が423十億ウォンの純利益であったのに対して、2018年3月

      31日に終了した3カ月間には229十億ウォンの純利益であった。
        2018  年3月31日に終了した3カ月間の純利益が2017年同期間より減少した主な要因には、以下のものが挙げられ
      る。
        ・主として造船会社への返還保証が減少したことにより保証の質に改善がみられたことから、手形引受および保証
         引当金の戻入れが2017年第1四半期の219十億ウォンから2018年第1四半期には114十億ウォンに減少したこと。
        ・主として不良債権が増加したことにより、貸倒引当金が2017年第1四半期の14十億ウォンから2018年第1四半期
         には86十億ウォンに増加したこと。
        ・主として貸付に係る受取利息の減少ならびに債券に係る支払利息の減少により、純利息収益が2017年第1四半期
         の245十億ウォンから2018年第1四半期には192十億ウォンに減少したこと。
        ・主として保証の減少により、純手数料収益が2017年第1四半期の113十億ウォンから2018年第1四半期には74十
         億ウォンに減少したこと。
        ・主として当行の関連会社および子会社からの受取配当金が減少したことにより、受取配当金が2017年第1四半期
         の33十億ウォンから2018年第1四半期には7十億ウォンに減少したこと。
        上記の要因は、主として税引前利益が2017年第1四半期の558十億ウォンから2018年第1四半期には303十億ウォン
      に減少したことから、法人税費用が2017年第1四半期の135十億ウォンから2018年第1四半期には74十億ウォンに減
      少したことにより、一部相殺された。
        当行の資産合計は、2017年12月31日現在の83,946十億ウォンから2018年3月31日現在には84,594十億ウォンに増加
      した。これは主として、貸付与信が2017年12月31日現在の71,884十億ウォンから2018年3月31日現在には73,200十億
      ウォンに増加したことによるものである。
                                 17/21


                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
        当行の負債合計は、2017年12月31日現在の71,433十億ウォンから2018年3月31日現在には72,294十億ウォンに増加
      した。この負債の増加は、主として、未払金が2017年12月31日現在の57十億ウォンから2018年3月31日現在では418
      十億ウォンに増加したこと、および債券が2017年12月31日現在の60,685十億ウォンから2018年3月31日現在には
      60,949   十億ウォンに増加したことによる。
        資産および負債が増加したのは、主として、それぞれ貸付金および債務が増加したことによる。当行の資産および
      負債の大部分は外貨建(その大半は米ドル建)の貸付金および債務により構成されているため、2017年12月31日現在
      と比較して2018年3月31日現在では米ドルに対してウォン高となったことにより、貸付金および債務の量的増加の効
      果が一部相殺された。
        2018  年3月31日現在の当行の株主資本合計は、2017年12月31日現在の12,513十億ウォンから12,299十億ウォンに減
      少した。これは、主として、2017年12月31日現在では売却可能有価証券の正味評価益が199十億ウォンであったのに
      対して、2018年第1四半期には48十億ウォンの正味評価損を計上したことによる。
      2. 大韓民国の概況

      経済

      国内総生産
        暫定データによると、2018年第1四半期における2010年基準連鎖価格でのGDP成長率は2.8%であった。これは、そ
      れぞれ2017年第1四半期と比較して、民間および一般政府消費支出総額が4.0%、国内総固定資本形成が4.7%、財お
      よびサービスの輸出が1.6%増加し、これらがそれぞれ2017年第1四半期と比較して財およびサービスの輸入の4.7%
      増加を相殺して余りあったことによる。
      経済の主要部門

      物価、賃金および雇用
        2018  年第1四半期のインフレ率は1.3%であった。2018年第1四半期の失業率は4.3%であった。
      金融制度

      証券市場
        韓国総合株価指数は、2018年4月30日現在2,515.4であり、2018年5月21日現在では2,465.6であった。
      通貨政策

      為替相場
        ソウル・マネー・ブローカレッジ・サービシズ・リミテッドが発表したウォン・米ドル(1米ドル当たりウォン)
      間の平均為替レートは、2018年4月30日および5月21日現在、それぞれ1,076.2ウォンおよび1,080.0ウォンであっ
      た。
                                 18/21







                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
      国際収支および貿易
      国際収支
        暫定データによれば、韓国は、2018年第1四半期に約11.8十億米ドルの経常収支黒字を計上した。2018年第1四半
      期における経常収支黒字は、2017年第1四半期の19.2十億米ドルの経常収支黒字より縮小しているが、これは主とし
      て商品貿易収支の黒字縮小およびサービス収支の赤字拡大によるものである。
      貿易収支

        暫定データによると、韓国は2018年第1四半期に13.2十億米ドルの貿易黒字を計上した。輸出は、2017年第1四半
      期の132.1十億米ドルから10.1%増加して145.4十億米ドルに、また輸入は、2017年第1四半期の116.4十億米ドルか
      ら13.6%増加して132.2十億米ドルとなった。
      外貨準備高

        2018  年4月30日現在の政府の外貨準備高は398.4十億米ドルであった。
      南北関係の新たな展開

      2018  年南北首脳会談
        2018  年4月27日、板門店の平和の家において2018年南北首脳会談が行われた。大韓民国(韓国)の文在寅大統領と
      朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正恩国務委員長は、戦争のない朝鮮半島の平和に向けて共に行動することを
      宣言し、民族の和解、南北両国間の平和と繁栄を宣明し、板門店宣言に合意した。
        2018  年5月26日、正式手続および事前準備なしに板門店の北朝鮮側の統一閣において文在寅政権の下で2回目の南
      北首脳会談が開催された。この首脳会談において、両国首脳は板門店宣言の実施および米朝首脳会談の成功に向けて
      共に協力する方途を模索した。
      新しい米朝関係を構築する米朝シンガポール首脳会談

        2018  年の南北首脳会談を受けて、2018年6月12日、アメリカ合衆国のドナルド                                   J.  トランプ大統領と金正恩委員長
      が歴史的なシンガポール首脳会談を行い、以下の内容の声明が発表された。
      「1.米国と北朝鮮は、両国国民の平和と繁栄に対する切望に応じて、新たな米朝関係の樹立に取組むことを約束す
        る。
       2.米国と北朝鮮は、朝鮮半島において持続的で安定した平和体制を構築するために共に努力する。
       3.2018年4月27日の「板門店宣言」を再確認し、北朝鮮は朝鮮半島における完全非核化に向けて取組むことを約
        束する。
       4.米国と北朝鮮は、朝鮮戦争中の捕虜や行方不明兵士の遺骨の回収に取組むとともに、身元特定済みの遺骨の即
        時返還を約束する。」』
                                 19/21








                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
      また、以下の「本債券への投資にあたっての留意事項」が発行登録追補目論見書の表紙裏以降に記載される。
      『本債券への投資にあたっての留意事項

       <リスク要因>

        各投資家は、本債券に投資を行う前に、下記の投資上考慮すべき事項を、本書に含まれるその他の情報と同様に

       留意すべきである。投資に関する決定を行う場合、本債券に関する長所とリスクを含む、本債券の発行者および本
       債券の売出しの条件に関して自分自身で検討し、それのみに依拠しなければならない。以下に記載されているリス
       クのみが、本債券に影響を与えうるものではない。同様に、発行者が本書日付現在において知るところではない別
       のリスクが発行者の業務、財務状態、業績に悪影響を与える可能性がある。本債券の市場価格は、一つ又は複数の
       それらのリスク又は要因によって下落する可能性があり、本債券への投資の全部または一部が失われる可能性があ
       る。
       <本債券に関するリスク要因>

        本債券の市場価格が変動するリスク

         本債券の市場価格は、ブラジル・レアル金利およびその水準の変化等の影響を受けて変動する。このため、途

        中売却する場合の価格が購入時の価格を下回るおそれがある。
        為替相場が変動するリスク

         本債券に関して、期中に受取る利息または償還時の元本はブラジル・レアルをもって表示されるが、それらの

        支払は、当該ブラジル・レアル額を一定の相場に基づき、一定の算式により換算した米ドルでなされるため、ブ
        ラジル・レアル/米ドル間の為替相場の状況によっては為替差損が生じるおそれがある。
         また、途中売却に伴う売却代金(経過利息を含む。)の受取りは、売却時に適用されるブラジル・レアル/円
        為替レートにより換算した場合、本債券の円換算した価値は、為替相場が変動することにより、円高になる過程
        では下落し、逆に円安になる過程では上昇するため、ブラジル・レアル/円間の為替相場の状況によっては為替
        差損が生じるおそれがある。
        信用リスク

         本債券の発行者等の信用状況に変化が生じた場合、本債券の市場価格が変動することにより売却損が生じるお

        それがある。本債券の発行者等の信用状況の悪化等により、償還金や利子の支払いが滞ったり、支払不能が生
        じ、投資額の一部または全部を失うおそれがある。
        本債券の流動性に関するリスク

         本債券は、市場環境の変化により本債券の流動性(換金性)が著しく低くなった場合、本債権者は売却するこ

        とができない可能性がある。また、本債券を売買する流通市場が十分に整備されていないため、売却することが
        できない、又は購入時の価格を大きく下回る価格での売却となるおそれがある。
        税務・会計リスク

         本債券を購入したときの税務・会計処理方法に関して、新たな解釈・法令等の改正等が行われた場合、当初予

        定していた経済効果が得られないことがある。
        カントリー・リスク

         本債券には、ブラジル連邦共和国の政治・経済・社会情勢の不安定化や混乱、また規制の変更等による通貨価

        値の大幅な変動や流動性の低下、市場の機能停止の可能性など、先進国の通貨建の債券に比べて相対的に大きな
        カントリー・リスクが内在する。従って、市場の流動性が極端に低下している場合には、既に購入した本債券の
        売却等ができない可能性がある。』
                                 20/21


                                                           EDINET提出書類
                                                        韓国輸出入銀行(E06045)
                                                           発行登録追補書類
     第二部 【参照情報】
     第1【参照書類】

      発行者の概況等金融商品取引法第27条において準用する同法第5条第1項第2号に掲げる事項については、以下に掲

     げる書類を参照すること。
     1【有価証券報告書及びその添付書類】
                   自 平成29年1月1日                平成30年6月5日

       会計年度         [               ]
                   至 平成29年12月31日                関東財務局長に提出
     2【半期報告書】

      該当なし

     3【臨時報告書】

      該当なし

     4【外国者報告書及びその補足書類】

      該当なし

     5【外国者半期報告書及びその補足書類】

      該当なし

     6【外国者臨時報告書】

      該当なし

     7【訂正報告書】

      該当なし

     第2【参照書類の補完情報】

      該当なし

     第3【参照書類を縦覧に供している場所】

      該当なし

                                 21/21








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。