マミヤ・オーピー株式会社 有価証券報告書 第76期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第76期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:マミヤ・オーピー株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成30年6月29日
      【事業年度】                    第76期(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
      【会社名】                    マミヤ・オーピー株式会社
      【英訳名】                    MAMIYA-OP     CO.,   LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  鈴木 聡
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区神田錦町三丁目18番地
      【電話番号】                    03(6273)7360
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役  水谷 富士也
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区神田錦町三丁目18番地
      【電話番号】                    03(6273)7360
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役  水谷 富士也
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/116













                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第72期       第73期       第74期       第75期       第76期
             決算年月            平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

                          22,973,887       21,139,531       18,032,265       14,973,426       12,574,483
     売上高               千円
                          3,123,161       1,199,729       1,290,336        897,230       133,602
     経常利益                〃
     親会社株主に帰属する当期純
                          1,774,792        509,262       542,920       516,089       352,219
                     〃
     利益
                          1,933,149        791,427       573,678       443,742       396,225
     包括利益                〃
                          14,201,824       14,535,297       14,665,007       14,527,731       14,477,474
     純資産額                〃
                          26,038,249       28,211,738       25,568,756       26,267,264       26,898,611
     総資産額                〃
                           1,514.10       1,548.16       1,569.50       1,574.54       1,563.15
     1株当たり純資産額                円
                            190.17        54.56       58.30       55.68       38.13
     1株当たり当期純利益金額                〃
     潜在株式調整後1株当たり当
                     〃       189.59        54.37       58.17       55.53       38.04
     期純利益金額
                     %       54.28       51.21       57.11       55.20       53.69
     自己資本比率
                            13.22        3.56       3.74       3.55       2.43
     自己資本利益率                〃
                            11.67       39.59       27.45       22.42       31.67
     株価収益率                倍
     営業活動によるキャッシュ・
                           430,033      1,639,124       1,816,604       1,147,623        476,859
                     千円
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                         △ 1,278,146      △ 5,022,895         33,554     △ 1,513,103        373,458
                     〃
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                          △ 992,937      3,149,223      △ 2,383,384        444,872      △ 513,159
                     〃
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                          8,387,667       8,195,846       7,661,917       7,730,283       8,064,001
                     〃
     高
                            1,261       1,475       1,424       1,487       1,314
     従業員数                人
      (注)1.売上高には消費税等(消費税及び地方消費税をいう。以下同じ。)は含まれておりません。
         2.平成28年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っておりますが、第72期の期首に当該
           株式併合が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当
           たり当期純利益金額を算定しております。
                                   2/116







                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第72期       第73期       第74期       第75期       第76期
             決算年月            平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月

                          15,591,524       13,799,704       10,318,650        8,048,141       5,079,008
     売上高               千円
     経常利益又は経常損失(△)                     2,373,825       1,270,371       1,165,038       1,149,086        △ 38,241
                     〃
                          1,531,251        619,322       786,405       870,615       932,055
     当期純利益                〃
                          3,958,747       3,958,747       3,962,632       3,962,632       3,962,632
     資本金                〃
                          93,481,700       93,481,700       93,586,700        9,358,670       9,358,670
     発行済株式総数                株
                          11,778,952       12,053,183       12,360,980       12,628,461       13,124,033
     純資産額               千円
                          19,040,929       20,690,527       20,147,072       21,418,262       21,785,507
     総資産額                〃
                           1,258.97       1,287.26       1,318.89       1,356.93       1,409.13
     1株当たり純資産額                円
                               5       5       5       50       50

     1株当たり配当額                〃
     (内1株当たり中間配当額)               (〃)         ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
                            164.07        66.35       84.11       93.28       100.29

     1株当たり当期純利益金額                〃
     潜在株式調整後1株当たり当
                            163.57        66.12       83.93       93.04       100.06
                     〃
     期純利益金額
                     %       61.72       58.06       61.26       58.83       60.13
     自己資本比率
                            13.66        5.21       6.46       6.98       7.25
     自己資本利益率                〃
                            13.53       32.55       19.02       13.38       12.04
     株価収益率                倍
                     %       30.48       75.35       59.50       53.33       49.87
     配当性向
                              42       53       62       62       145

     従業員数
                     人
     [外、平均臨時雇用者数]                         [ 8 ]      [ 7 ]      [ 7 ]      [ 10 ]      [ 20 ]
      (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
         2.平成28年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っておりますが、第72期の期首に当該
           株式併合が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当
           たり当期純利益金額を算定しております。
         3.第75期・第76期の1株当たり配当額50円は、平成28年10月1日付で10株につき1株の割合で株式併合を行い
           ましたので、株式併合後の配当額となります。
                                   3/116








                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
       昭和6年9月       植野オール金属製作所として創業

       昭和23年2月       釣具の製造販売を目的とし、植野精工㈱を設立
       昭和36年11月       社名を「オリムピック釣具㈱」に改称
       昭和40年2月       東京証券取引所市場第二部に上場
       昭和58年4月       事業の多角化に伴い、社名を「㈱オリムピック」に改称
       昭和58年10月       電子機器事業部を新設し、遊技機周辺機器事業に進出
       平成2年8月       釣具及びゴルフシャフトの海外生産を、オリムピックMI(バングラデシュ)Ltd.(現 マミヤ・オー
              ピー(バングラデシュ)Ltd.)で開始
       平成3年1月       米国ダラス市にユナイテッドスポーツテクノロジーズインコーポレーテッド(現 ユナイテッドス
              ポーツテクノロジーズ・ホールディングスInc.                      及びユーエスティ・マミヤInc.)を設立し、ゴルフ
              シャフトの製造・販売を開始
       平成4年10月       マミヤ光機㈱を吸収合併
       平成5年4月       社名を「マミヤ・オーピー㈱」に改称
       平成12年12月       釣具事業より撤退
       平成18年9月       光学機器事業及び製造子会社㈱マミヤを譲渡し、カメラ事業から撤退
       平成18年10月       本社をさいたま市南区に移転
       平成20年4月       マミヤ・オーピー・ネクオス㈱の全株式を譲り受け紙幣搬送システム等事業に進出
       平成21年4月       エフ・エス㈱の全株式を買収し遊技場向けシステム関連事業に進出
       平成21年7月       本社を東京都品川区に移転
       平成22年10月       電子機器の製造に関する事業を、会社分割(簡易吸収分割)によって、完全子会社であるマミヤ・
              オーピー・ネクオス㈱に承継
       平成22年11月       総合ゴルフ用品メーカーであるキャスコ㈱の株式を取得し子会社化
       平成23年4月       USTMamiya統括部が所管する日本国内におけるゴルフシャフトの開発及び販売等並びに遮断桿に関す
              る事業を、会社分割(簡易新設分割)により設立した㈱シャフトラボに承継
       平成23年8月       ㈱シャフトラボの株式全てを㈱イーシー都市開発へ譲渡
       平成24年3月       電子機器の開発に関する事業を、会社分割(簡易吸収分割)によって、完全子会社であるマミヤ・
              オーピー・ネクオス㈱に承継
       平成27年3月       本社を東京都千代田区神田錦町のマミヤビルディングに移転
       平成28年9月       完全子会社であるマミヤ・オーピー・ネクオス㈱の本社及び製造・物流拠点を埼玉県飯能市に移転
       平成28年11月       子会社であるキャスコ㈱を株式交換(簡易株式交換)により完全子会社化
       平成29年4月       完全子会社であるマミヤ・オーピー・ネクオス㈱を吸収合併(簡易吸収合併)
       平成30年1月       不動産事業会社である㈱エフ・アイ興産の株式を取得し子会社化
                                   4/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社の企業グループは、当社(マミヤ・オーピー株式会社)及び当社の関係会社13社(連結子会社7社、非連結子
       会社3社、関連会社3社)により構成され、株式会社データ・アートを親会社として、電子機器及びスポーツ用品の
       製造販売並びに不動産事業を主な事業としております。
        当社グループに係る各セグメント区分別の各社の位置づけは次のとおりであり、これは「第5[経理の状況]1.連結
       財務諸表等      (1)連結財務諸表        注記事項」に掲げる、セグメント情報の区分と同一です。
       (1)  電子機器事業(パチンコ関連機器、小型自動券売機、紙幣搬送システム及び紙幣識別機、薄膜膜厚計、遊技シス
         テム及び磁気カードシステムの設置・保守及び研究開発、自律走行システム、生ごみ処理装置、除菌・消臭水
         等)
         当社が製品の開発及び製造を行い、当社及び子会社であるエフ・エス㈱が製品を販売しております。また、エ
        フ・エス㈱は、遊技場向けシステム等のサポート・保守等の業務を行っております。
       (2)  スポーツ事業(ゴルフ関連用品、ゴルフシャフト、遮断桿、矢(洋弓)等)
         子会社であるキャスコ㈱及びユーエスティ・マミヤInc.が、製品を開発・製造及び販売し、マミヤ・オーピー
        (バングラデシュ)Ltd.が製品の製造を行っております。
       (3)不動産事業
         ㈱ネクオスおよび㈱エフ・アイ興産が、不動産の売買、賃貸借、仲介、管理等を行っております。
       〔事業系統図〕
         以上に述べた事項を事業系統図によって示しますと次のとおりであります。
     (注)1.マミヤ・オーピー・ネクオス㈱は、平成29年4月1日を効力発生日として、当社を吸収合併存続会社、同社を










         吸収合併消滅会社とする簡易・略式による吸収合併を行いました。
        2.平成30年1月31日に㈱エフ・アイ興産の株式99.0%を取得し連結子会社といたしました。
        3.また、当連結会計年度より、㈱エフ・アイ興産を連結子会社としたことに伴い、新たなセグメント区分として
         「不動産事業」を追加しております。
                                   5/116



                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
     (1)親会社
                                          議決権の
                            資本金
         名 称           住 所              主要な事業内容         被所有割         関係内容
                           (百万円)
                                          合 (%)
     ㈱データ・アート            東京都渋谷区              100    電子機器事業         直接 50.06      役員の兼任等…有

     (注)主要な事業内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

     (2)連結子会社

                                           議決権の
         名 称           住 所        資本金      主要な事業内容         所有割合         関係内容
                                           (%)
                                                当社より遊技場向けシス
                                                テム等のサポート・保守
                              千円                 等の業務を受託し、当社
     エフ・エス(株)            東京都千代田区                 電子機器事業            100
                             50,000                   の小型自動券売機を販売
                                                している。
                                                 役員の兼任等…有
     ユナイテッドスポーツ
                                                ユーエスティ・マミヤ
     テクノロジーズ・ホー            米国デラウェア州
                             米ドル
                                  スポーツ事業            100      Inc.の持株会社
     ルディングス
                             1,000
                 ドーバー
                                                役員の兼任等…有
     Inc.
     ユーエスティ・マミヤ
                                                当社グループのゴルフ用
     Inc.
                 米国テキサス州                            100
                             米ドル
                                    同 上            品を販売している。
                                            (100)
     (注)2     (注)3                 12,991,678
                 フォートワース
                                                役員の兼任等…有
     (注)4
                                                当社グループのゴルフ
     マミヤ・オーピー
                                             100
                 バングラデシュ・            千タカ
     (バングラデシュ)                              同 上
                                                用品を製造している。
                                            (100)
                 チッタゴン           111,937
     Ltd.(注)3
                                                 役員の兼任等…有
                                                当社グループのゴルフ用
     キャスコ(株)                         千円
                 香川県さぬき市                   同 上         100      品の製造販売。
     (注)5                       100,000
                                                 役員の兼任等…有
                                                当社へ不動産を賃貸して
                                                いる。
                              千円
     (株)ネクオス            埼玉県飯能市                 不動産事業            100      当社より資金を借り入れ
                             1,000
                                                ている。
                                                 役員の兼任等…有
                                                当社グループにおいて不

                              千円
                 東京都豊島区
     (株)エフ・アイ興産                               同 上         99.00      動産事業を営んでいる。
                             10,000
                 (注)6
                                                 役員の兼任等…有
      (注)1.主要な事業内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

         2.特定子会社に該当しております。
         3.議決権の所有割合の(  )内は、間接所有割合で内数であります。
         4.ユーエスティ・マミヤInc.については売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める
          割合が10%を超えております。
            主要な損益情報等 (1)売上高    1,898百万円
                     (2)経常利益                            48百万円
                     (3)当期純損失   △4百万円
                     (4)純資産額   1,247百万円
                     (5)総資産額   1,449百万円
                                   6/116


                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
         5.キャスコ㈱については売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%

          を超えております。
            主要な損益情報等 (1)売上高    4,246百万円
                     (2)経常利益                            60百万円
                     (3)当期純利益                           34百万円
                     (4)純資産額   1,857百万円
                     (5)総資産額   4,030百万円
         6.㈱エフ・アイ興産は、平成30年4月5日付で、本店を東京都千代田区に移転しております。
     (3)持分法適用関連会社

                          資本金

                                         議決権の所有
        名 称          住 所              主要な事業内容                   関係内容
                                         割合(%)
                          (千円)
                                                当社グループへ遊技場

                                                向けシステム等の維持
     ジャパンネットワー
                東京都台東区           1,375,000       電子機器事業             29.66       管理業務を委託してい
     クシステム㈱
                                                る。
                                                役員の兼任等…有
      (注)主要な事業内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
                                   7/116














                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成30年3月31日現在
               セグメントの名称

                                          従業員数(人)
      電子機器事業                                                  193
      スポーツ事業                                                 1,093
      不動産事業                                                   0

       報告セグメント計                                                 1,286

      全社(共通)                                                   28

                 合 計                                      1,314

      (注)1.従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの
           被出向者を含む。)です。
         2.臨時従業員については、従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
         4.不動産事業セグメントの従業員数は0名ですが、常勤役員が3名おります。
         5.前連結会計年度末に比べ従業員数が173名減少した主な要因は、バングラデシュ工場における工場設備の合
           理化及び効率化を図った設備投資の実施に伴い、人員配置の最適化を図ったことによるものです。
       (2)提出会社の状況

                                                 平成30年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年令(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

        145(20)                              12.2

                        39.9                           5,420,184
               セグメントの名称

                                          従業員数(人)
      電子機器事業                                               114(16)

      スポーツ事業                                                 3(3)

      不動産事業                                                 -(-)

       報告セグメント計                                               117(19)

      全社(共通)                                                28(1)

                 合 計                                    145(20)

      (注)1.従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への被出向者を含む。)であり、臨
           時従業員数は(        )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託の従業員を含み、派遣社員を除いております。
         3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいます。
         4.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
         5.前事業年度に比べ従業員数が83名増加した主な要因は、平成29年4月1日付で当社が当社の完全子会社で
           あったマミヤ・オーピー・ネクオス㈱を簡易・略式吸収合併したことによるものです。
       (3)労働組合の状況

         提出会社には、JAMマミヤ・オーピーグループ労働組合が組織されており、上部団体としては、連合加盟の
        JAM(ジャム:        Japanese    Association     of Metal,   Machinery     and  Manufacturing      Workers    )に所属しています。
         上記組合の平成30年3月31日現在の組合員数は、51人です。
         なお、労使関係は順調に推移しており、特に記載すべき事項はありません。
                                   8/116



                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)経営方針

       <経営理念>
       「ものづくりを通し、信頼性の高い技術と品質をお客様に提供し、豊かな未来を拓いていく」
        当社は、メーカーの原点である「技術と品質」「スピードと革新性」を見つめ、真摯に「ものづくり」に取り組む
       ことにより、お客様と会社の繁栄を実現することを経営理念としております。
       <経営基本方針>
        当社は「業績の持続的安定成長の実現」を目標とし、次の4つを経営基本方針としております。
        ①利益ある成長
         企業活動の源泉である健全なる利益を追求した経営を実行する。
        ②徹底したお客様志向による信頼性の確保
         お客様の目線で「ものづくり」を行い、お客様の満足と信頼を得られる経営を実行する。
        ③独自分野に果敢に挑戦する開拓精神
         失敗を恐れずに、時代を一歩リードする独自分野に挑戦する経営を実行する。
        ④法令等を遵守し、公正且つ良識ある企業活動
         すべての役職員が法令等を遵守し、公正誠実な企業活動をとることにより、お客様や社会から信頼され共感を得
        られる経営を実行する。
       (2)経営上の目標の達成状況を判断するための指標

        当社は、持続的安定成長を実現し、そして継続的な安定配当等により株主利益の向上を図る観点から、事業損益か
       ら最終損益までの収益拡大を重視し、利益(営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益)の極大化を目
       指します。また、経営効率及びコスト削減徹底の観点から営業利益率、経常利益率、当期純利益率等の向上にも邁進
       しており、具体的な経営上の目標の達成状況を判断するための指標として、「自己資本当期純利益率」、「総資産経
       常利益率」、「売上高営業利益率」、「自己資本比率」、「1株当たり純資産」を重要な指標と位置付けておりま
       す。
       (3)経営環境

        今後の経営環境は、電子機器事業はパチンコホール数の減少等による遊技関連市場の縮小及び射幸性の高い遊技機
       への規制強化の影響等により、今後の新規設備投資への不透明感が払拭されないことで、引き続き市場の低迷が続く
       ものと思われます。また、スポーツ事業におきましても、米国をはじめとする様々な国や地域でスポーツ用品市場の
       縮小の兆しが見られること、国内のゴルフ参加人口に大きな比重を占める団塊世代が、高齢化に伴いゴルフからリタ
       イアすること等により、ゴルフ参加人口及び市場規模の一層の減少が見られることから、いずれの市場においても明
       るい兆しは見られず、限られた需要の争奪戦と競合他社との熾烈な価格競争等の影響から、引き続き厳しい事業環境
       が続くものと予測されます。さらに、平成30年1月に㈱エフ・アイ興産を買収したことで参入した不動産事業におい
       ては、不動産市場が引き続き賃貸市場における企業の旺盛なオフィス需要及び不動産投資市場における低金利等を背
       景とした資金調達環境の改善等に支えられ、堅調な事業環境が続くものと見込まれております。
       (4)経営戦略及び事業上及び財務上の対処すべき課題

       ①経営基盤     の強化について
        当社グループは、「ものづくりを通し、信頼性の高い技術と品質をお客様に提供し、豊かな未来を拓いていく」た
       め、メーカーの原点である「技術と品質」「スピードと革新性」を見つめ、真摯に「ものづくり」に取り組むことに
       より、お客様と会社の繁栄を実現するという経営理念を掲げており、その実現に向け、イノベーションによる持続的
       成長を果たしていくことによって、マミヤ・オーピーグループ社員の一人ひとりが持てる力を存分に発揮し、ステー
       クホルダーの皆様の期待と信頼に応え、企業価値の向上に努めてまいります。
        また、グループ全体の組織運営において、無駄や非効率を徹底的に排除し、ヒト・モノ・カネ・情報・時間の限ら
       れた経営資源を戦略的に最大限活用し、選択と集中を進め一層の構造改革の推進に取り組むと同時に、部門間の連携
       を強め、生産性の向上を目指した改革を推進しながら、事業の合理的な展開を図ってまいります。
       ②既存事業領域への取り組みについて
        電子機器事業セグメントにおける、当社主力事業である遊技関連市場の動向は、遊技場事業者数等の減少に歯止め
       がかからず、ギャンブル等依存症対策を強化するため平成29年9月に一部が改正された「風俗営業等の規制及び業務
       の適正化等に関する法律施行規則」及び「遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則」が、平成30年2月1日に施
       行されたことにより、依然として先行き不透明な状況が続いております。
                                   9/116


                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        他方、2つ目の柱であるスポーツ事業セグメントにおいては、縮小傾向にあるゴルフ市場及びゴルフ参加人口に改
       善の兆しは見られず、海外市場においては引き続き中国やアジア新興国における景気の後退、米国スポーツ用品市場
       の不透明感並びに、競合他社多数による価格競争の影響により、厳しい状況が続いております。
        このような先行き不透明な状況の下、関連業界の動向に左右されない独自の収益源の確立が、当社グループ事業に
       おける最大の対処すべき課題であり、課題解決に向け次のようなことに取り組んでまいります。
      (電子機器事業セグメント)
      ・OEM製品等の製造コスト等経費削減の徹底による利益の拡大
      ・人手不足やキャッシュレス決済の拡大等社会的潮流をとらえた魅力的かつ高機能な小型券売機「Operal」及び自律
       走行システム「I-GINS」等の自社ブランド製品の販売拡充
      ・継続的な収益源の確保に向けた、当社製品に係る保守・メンテナンス体制等の構築及び拡充並びにシステム開発等
       に係る業務受託案件の獲得
      (スポーツ事業セグメント)
       (a)キャスコ事業
      ・キャスコブランドの価値向上のため、広告宣伝を始めとする有効かつ効果的なマーケティング活動を積極的に展開
       していく
      ・幅広いユーザー層の支持拡大を目指すため、女性のための超反発ボール「Zeusimpact女子ボール」のような、既成
       概念に囚われない製品の企画開発を推進する
      ・海外事業においては、中国やアジア新興国の景気動向が不透明な状況の中、引き続き大手販売店との取引拡大や販
       売網の充実、各国マーケットの市場ニーズを的確に把握した製品の開発を通じ、収益の底上げと安定を図る
       (b)カーボンシャフト事業
        ・「Recoil(リコイル)」を始めとするアイアンシャフトだけでなく、利益率の高い「HeLIUM(ヘリウム)」等の
         ウッドシャフトを、戦略的に市場投入していく
        ・広告宣伝に絶大な影響力があるPGAツアーでのシャフト使用率を高めるため、積極的なプロモーション活動を継
         続する
       ③新規事業領域への取り組みについて
        平成30年1月に、㈱エフ・アイ興産の買収による不動産事業への参入、メガソーラー事業に対する投資を計画する
       など、新たな商品・サービスへの展開を通じ、新たな販路と顧客の獲得に向け粘り強く取り組んでまいります。
        そして、メーカーとして真摯に「ものづくり」に取り組む一方で、引き続き「イノベーションの創生」をメインス
       ローガンに掲げ、既存事業にとらわれず、収益性が高く、資金効率が良い当社グループの新たな柱になり得る事業の
       確立に向け、変化を恐れず大胆に挑戦してまいります。
                                  10/116











                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        当社グループの経営成績、財政状態等に影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項は、本有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものでありま
       す。
       (1)特定事業の業績への依存と当該事業環境が悪化する可能性

         当社グループの売上高に占める電子機器事業セグメントの割合は極めて大きく、当連結会計年度では47.4%に達
        しております。このような収益構造にもかかわらず、当該事業におけるOEMに大きく依存する事業構造は依然とし
        て続いており、これに起因する業績の不確実性・不安定性に変化はありません。
         このような現状を踏まえ、当社グループといたしましては、OEM先との信頼関係を維持し強化すると共に、紙幣
        搬送システム、紙幣識別機、遊技場向けシステム関連事業等の成長に全力を尽くすとともに、非接触式ICカード
        リーダライタ、自律走行システム「I-GINS」等の開発及び販売、並びに新規市場の開拓等の諸施策により当該事業
        セグメントの業績の安定と拡大を図ってまいりますが、当該事業セグメントにおける売上及び利益の動向が当社グ
        ループの業績に影響を与える可能性があります。
       (2)特定の取引先に対する過度の依存によるリスク

         当社電子機器事業セグメントにおける主要顧客である日本ゲームカード㈱に対する売上比率は、当連結会計年度
        では連結売上高の18.7%に達しております。同社との取引関係は極めて良好に推移しており、今後もこの信頼関係
        を維持・強化することについて両社間に見解の相違はございませんが、日本ゲームカード㈱の業績の動向あるいは
        同社の取引方針が、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
       (3)法的規制によるリスク

         当社製品のエンドユーザーである遊技場は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」等の法令等
        の規制対象となっており、当社がOEM供給する台間カードユニット等の使用に際しては、使用許可の取得又は使用
        届けが義務付けられています。したがって、これら法令が改正された場合、台間カードユニット等の遊技場への販
        売・設置に関してマイナスの影響が生じ、当社の業績に影響を与える可能性があります。
       (4)新商品開発の遅延によるリスク

         当社グループの各事業セグメントは、新技術による新商品開発を継続的に行い市場に投入しております。このよ
        うな開発の日程につきましては、綿密な管理をしておりますが、予期せぬトラブルによる遅延等により新商品の市
        場投入が遅れた場合、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
       (5)工場所在国の社会情勢によるリスク

         スポーツ事業における製造拠点の所在地であるバングラデシュ人民共和国では、これまで、国内における与野
        党対立等の政治的要因や、貧困・雇用不足等の社会的要因によって、治安及び社会情勢が不安定な状況が続いて
        おりましたが、2016年7月に発生した国際的テロ組織が関与したといわれるダッカ襲撃テロ事件を契機として、
        その不安定な治       安及び社会情勢の要因が、宗教的・思想的要因を背景とした国際的な性格を帯びたものへと変質
        する兆しがみられ        、現地情勢は深刻化する様相を見せるロヒンギャ難民問題等もあいまって、引き続き予断を許
        さない状況が続いております。
         このように、今後のバングラデシュ情勢の動向によっては、当社グループのスポーツ事業セグメントの業績に
        影響を与える可能性があります。
       (6)金銭消費貸借契約(シンジケーション方式タームローン契約及びコミットメントライン契約)における財務制

        限条項の存在
         当社は、株式会社りそな銀行以下の銀行団との間で、総額14億円のタームローン契約を締結しております。その
        主旨は、本契約のアレンジャー/エージェントである株式会社りそな銀行との間で発展的協力関係を構築すること
        により、資金調達の安定化並びに今後の事業展開における機動的な資金調達を可能とすることにありますが、本契
        約に基づく全ての債務の履行を完了するまでの間、各会計年度の決算期及び第2四半期の末日における連結の貸借
        対照表における純資産の部及び各年度の決算期の末日における単体の貸借対照表における純資産の部の金額を前年
        同期比75%以上に維持すること並びに各会計年度の決算期における連結・単体の損益計算書に示される経常損益が
        2期連続して損失とならないようにすることを確約する旨の財務制限条項が規定されております。
         また、株式会社りそな銀行以下の銀行団との間で、総額16億円のタームローン契約を締結しております。本契約
        に基づく全ての債務の履行を完了するまでの間、各会計年度の決算期の末日における連結の貸借対照表の純資産の
        部の金額を前年同期比75%以上に維持すること並びに各会計年度の決算期における連結の損益計算書に示される経
        常損益が2期連続して損失とならないようにすることを確約する旨の財務制限条項が規定されております。
         さらに、株式会社りそな銀行以下の銀行団との間で、総額12億3百万円のコミットメントライン契約を締結して
        おります。本契約に基づく全ての債務の履行を完了するまでの間、各会計年度の決算期の末日における連結の貸借
                                  11/116


                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        対照表の純資産の部の金額を前年同期比75%以上に維持すること並びに各会計年度の決算期における連結の損益計
        算書に示される経常損益が損失とならないようにすることを確約する旨の財務制限条項が規定されております。
         当社の連結子会社は、株式会社りそな銀行以下の銀行団との間で、総額9億50百万円のタームローン契約及び総
        額5億円の     コミットメントライン契約            を締結しております。本契約に基づく全ての債務の履行を完了するまでの
        間、各会計年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を前年同期比75%以上に維持するこ
        と並びに各会計年度の決算期における単体の損益計算書に示される経常損益が2期連続して損失とならないように
        することを確約する旨の財務制限条項が規定されております。
       (7)新規事業への投資によるリスク

         当社グループは、電子機器及びスポーツ事業等に続く新たな事業領域の確立を目的として、既存事業会社への出
        資等の多様な手段により、様々な事業への投資活動を行っております。当社グループでは、このような新規事業へ
        の投資に係る検討に際し、内部収益率等の投資採算性の検証及び当該投資から発生し得るリスクの管理徹底等によ
        り当該新規事業への投資から発生する損失の予防、抑制を図っておりますが、投資対象事業が計画どおり進捗しな
        い場合、当初意図していた投資の回収ができず、当社グループの業績および財務状況に影響を与える可能性があり
        ます。
                                  12/116
















                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
        当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用関連会社)の財政状態、経営成績及び
       キャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
       ①財政状態及び経営成績の状況

         当連結会計年度における我が国経済は、個人消費が緩やかに持ち直し、雇用・所得環境の改善や消費者マインド
        の持ち直し、政府が推進する各種政策の効果等もあり、総じて緩やかな回復基調が見られました。その一方で、海
        外経済は緩やかに回復しているものの、中国を始めとしたアジア新興国等の経済の先行き不透明感や、金融資本市
        場の変動の影響等により、依然として楽観視できない状況が続いております。
         このような経済環境の下で当社グループは、メーカーの原点である「技術と品質」「スピードと革新性」に加
        え、マーケットインの視点を大切にした真摯な「ものづくり」に取り組むことによりお客様と会社の繁栄を実現す
        るとの経営理念のもと、「イノベーションの創生」を引き続き経営のメインスローガンに掲げ、様々な経営課題に
        取り組んでまいりました。具体的には、当社グループを取り巻く市場や自らが有する経営資源を改めて精査し、経
        営資源の有効かつ効率的な活用による高品質と低コストを兼ね備えた製品の提供により、お客様との深く良質な関
        係性を維持強化するとともに、迅速な意思決定による柔軟かつ機動的な事業展開が可能な組織体制を構築し、電子
        機器事業、スポーツ事業等に続く事業の確立を含めた、以下のような諸施策の展開にグループ一丸となって粘り強
        く取り組んでまいりました。
       (電子機器事業・新規事業)
         ⅰ)電子機器事業の主要な市場であるパチンコ関連機器、とりわけ周辺設備機器の市場規模は、遊技機の仕様を
        規定する各種規則の改正等の影響により遊技場事業者の業績低迷が続いていることから周辺設備機器の導入契機と
        なる新規出店等が停滞し、平成28年度は平成27年度と比較し19.7%の大幅な減少を記録いたしました(矢野経済研
        究所発表「パチンコ関連機器市場に関する調査を実施(2017年)」)。このような厳しい事業環境を受け、平成28
        年9月以降に実施いたしました製造物流拠点等の飯能事業所への移転集約に続き、平成29年4月1日付で当社連結子
        会社であったマミヤ・オーピー・ネクオス㈱を吸収合併したことにより重複業務の排除及び意思決定の迅速化等を
        徹底するとともに、OEM先顧客との信頼関係の維持強化を図りつつ、品質管理体制強化と製造コスト削減に係るプ
        ロジェクトの推進等に引き続き粘り強く取り組んだことで、製品品質及び業務効率等の向上並びにそれらにより実
        現されるコスト削減等を一層推進してまいりました。
         ⅱ)自社ブランド製品液晶小型券売機「Operal(オペラル)                            VMT-600」につきましては、小型機ながら大型機と
        同等の機能を有する優位性及び継続的な展示会への出展等による積極的な販売活動の推進により、コストと機能性
        の両立を重視する中小規模の飲食店等から引き続き支持を得ており、着実に販売を伸ばしております。
         ⅲ)自律走行システム「I-GINS」は、平成30年3月期通期において約3億円を一応の売上目標として引き続き粘
        り強く取り組んでまいりましたが、様々な技術上の課題の解決及び導入・保守メンテナンス体制の確立等に当初予
        定していた以上の時間を要し、本格的な市場投入は、平成31年3月期以降に持ち越しとなったものの、開発協力会
        社より複数台の購入の引き合いを受け、製造販売保守体制の早期確立を全社一丸となって推進しております。一
        方、非接触式ICカードリーダ/ライタは、石油流通システムへの継続的な導入及び大手電機メーカーの製品への新
        規採用の決定等、着実に推移いたしました。そして、新規事業として取り組んでまいりました消滅化方式生ごみ処
        理装置等その他の新製品についても引き続き粘り強く営業活動等に取り組んでまいりました。
       (スポーツ事業)
         ⅰ)総合ゴルフ用品メーカーであるキャスコ㈱は、キャスコブランド製品の積極的かつ様々なプロモーション活
        動によるブランドシェア拡大に向けて粘り強く取り組む一方で、既存の枠組に囚われないキャスコ独自の魅力的か
        つ独創的な新製品の市場投入、例えば未体験の飛距離を実現できる「Zeusimpact                                      フェアウェイウッド」や、女性
        のための超反発ボール「Zeusimpact                 女子ボール」を発売する等、「“楽しいゴルフ”の創造を通じて、人々に喜
        びと感動を提供することで、社会に貢献する」とのスローガンを実現すべく、精力的に事業活動を展開してまいり
        ました。そして、製造コスト上昇を踏まえた製品改廃の促進やコスト削減の徹底等による利益体質の構築に全社一
        丸となって粘り強く取り組んでまいりました。
         ⅱ)カーボンシャフト事業におきましては、USTMamiyaブランド認知度向上に向けた諸施策に粘り強く取り組む
        とともに、製造工場であるバングラデシュ工場では、国内における与野党の対立を始めとし、解決の糸口が見出せ
        ないロヒンギャ問題や国際的テロ組織の脅威などの現地の不安定な治安及び社会情勢に臨機応変に対応しつつ、
        OEM供給先顧客の獲得に積極的に取り組むと同時に、既存顧客との信頼関係の維持強化に向けた取り組みを実施し
        てまいりました。また、老朽化が進んでいた受変電設備の入替えや消火設備の整備・改善を行うなど、工場の設備
        投資についても着実に進めてまいりました。
       (不動産事業)
         当社グループの事業ポートフォリオ多角化の一環として、不動産事業会社である㈱エフ・アイ興産を、平成30年
        1月31日付で、買収し子会社といたしました。今後同社が所有する不動産の有効活用による安定的な賃貸収入の確
        保等を図ってまいります。
         その結果、当社グループの当連結会計年度の売上高は、125億74百万円(前期比16.0%減)、営業利益は1億86
        百万円(前期比78.6%減)、経常利益は1億33百万円(前期比85.1%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は3
        億52百万円(前期比31.8%減)となりました。
                                  13/116



                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        セグメントごとの経営成績は次のとおりです。
       (電子機器事業セグメント)
        ⅰ)遊技関連製品等について
         当連結会計年度における遊技関連市場は、いわゆるIR推進法の附帯決議に基づくギャンブル等依存症対策の抜本
        的強化等を目的とした遊技機の射幸性抑制に向けた各種規則の改正及びその施行の影響による先行き不透明感等に
        より、引き続き遊技場事業者数の減少に歯止めがかからず、また平成28年末まで増加基調にあったパチスロ機の設
        置台数も減少に転じる等(警察庁生活安全局保安課発表「平成29年における風俗環境の現状と風俗関係事犯の取締
        り状況等について」)、依然として厳しい事業環境が続いていることから、徹底したコスト削減の実施による利益
        率の向上等に粘り強く取り組んでまいりましたものの、当社グループにおけるOEM製品の販売及び当該製品に係る
        保守・メンテナンス等による売上及び利益は前連結会計年度に引き続き大幅に減少いたしました。
        ⅱ)小型券売機「Operal(オペラル)」について
         液晶小型券売機「Operal            VMT-600」については、2020年に予定されている東京オリンピックの開催等を見据え
        た、電子マネーを利用した決済手段の多様化等による高機能化並びにグループ一丸となった販売及びコールセン
        ターの新設を含めた顧客に対する保守・メンテナンス等のアフターサービス体制の整備等により、一層の拡販を図
        ることができました。
        ⅲ)自律走行システム「I-GINS」について
         自律走行システム「I-GINS」については、本格的な販売開始に向け、積極的なプロモーション活動にも粘り強く
        取り組むとともに、当社の経営資源を有効かつ効率的に活用し、ベース車両へのI-GINS搭載作業に携わる体制及び
        I-GINSシステムのゴルフ場等への導入体制の整備等を推進いたしました。
         この結果、電子機器事業セグメントの売上高は59億68百万円(前期比32.5%減)、営業利益は1億円(前期比
        89.2%減)となりました。
       (スポーツ事業セグメント)
        ⅰ)キャスコ事業
         当連結会計年度におけるゴルフ関連市場は、国内のゴルフ場来場者数及びゴルフ場収益は前年同期と比較して概
        ね横ばいで推移しましたが、ゴルフ用品についてはゴルファー数減少を主たる要因とした需要の減少に伴い熾烈な
        価格競争を強いられており、市場を取り巻く環境は厳しい状況が続いております。このような状況の下でキャスコ
        の国内事業においては、キャスコブランドクラブの試打会や、独自開発した3Dスキャナを用いたグローブ測定器
        フェアの開催など、プロモーション活動を積極的に展開してまいりました。
         また、平成29年9月に発売を開始したゴルフクラブ「RED9/9(レッドキューキュー)」や、根強い人気を誇る
        ドルフィンウェッジシリーズに、平成30年3月に新製品「DOLPHIN                               WEDGE   DW-118(ドルフィンウェッジディーダブ
        リューイチイチハチ)」を発売するなど、ゴルフクラブが好調に推移したこと、ゴルフボールを始めとするその他
        ゴルフ用品の売上が底堅く推移したことで、国内販売では一定の利益を確保するに至りました。
         一方で、キャスコの海外事業においては、タイの拠点を基盤としたアジア周辺国の新規市場開拓を行うなど、
        ボール・グローブを中心とした消耗品のシェアアップに粘り強く取り組んできたものの、年間を通じて中国市場の
        低迷が続くなど、海外事業全体では売上が低調に推移いたしました。
        ⅱ)カーボンシャフト事業
         海外におけるカーボンシャフト事業については、前連結会計年度に引き続き、USTMamiya独自の革新的カーボン
        積層テクノロジーが搭載された「Recoil(リコイル)」シリーズシャフトに対する市場の関心は高く推移いたしま
        した。
         また、USTMamiyaブランドの認知度向上及びシャフト使用率を高めるため、積極的なSNSの活用やPGAツアーでの
        シャフト使用率を高めるためのプロモーション活動に粘り強く取り組んできたことや、「Elements(エレメンツ)」
        シリーズの新製品が好調に推移した影響もあり、PGAツアーでのシャフト使用率が前年度と比較して大幅に増加す
        る等、その効果が着実に現れてきております。そして、第2四半期から本格的に開始された、新規大手OEM先顧客
        の工場監査の合格を受けた出荷については、その品質・納期・対応が顧客先において高く評価され、好調に受注増
        となったことにより売上に回復の兆しが見られました。
         更に、工場設備の合理化及び最適化による、限られた人的リソースを効率的に活用した工場運営や、原材料の仕
        入先との価格交渉を繰り返し、原材料費を安く抑えることに成功する等の徹底したコスト削減の効果もあり、一定
        の利益を確保するにいたりました。
         この結果、スポーツ事業セグメントの売上高は62億68百万円(前期比5.6%増)、営業損失は25百万円(前期は
        2億6百万円の営業損失)となりました。
       (不動産事業セグメント)
         当連結会計年度において子会社とした㈱エフ・アイ興産が所有する賃貸用不動産は、安定的な賃貸収入を確保し
        ており、また販売用不動産についても、マーケットの動向を適切にとらえた販売活動により、一定の売上を確保す
        ることができました。
         この結果、不動産事業セグメントの売上高は3億52百万円(前期比64.5%増)、営業利益は1億11百万円(前期
        比22.0%減)となりました。
                                  14/116




                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      ②キャッシュ・フローの状況
         当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、長期借入金の返済による支出、
        連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出等の要因により一部相殺されたものの、税金等調整前当期純
        利益が5億65百万円(前期比34.8%減)、有形固定資産の売却による収入等により、前連結会計年度末に比べ3億
        33百万円増加し、当連結会計年度末には80億64百万円となりました。
         当連結会計年度末における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は4億76百万円(前期比58.4%減)となりました。これは主に、固定資産売却損益
        5億58百万円等があったものの、税金等調整前当期純利益5億65百万円、減価償却費3億78百万円等によるもので
        あります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果得られた資金は3億73百万円(前期は15億13百万円の使用)となりました。これは主に、連結の
        範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出8億86百万円等があったものの、有形固定資産の売却による収入22
        億26百万円等によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は5億13百万円(前期は4億44百万円の獲得)となりました。これは主に、社債の
        発行による収入12億円等があったものの、長期借入金の返済による支出19億70百万円等によるものであります                                                   。
       (参考)キャッシュ・フロー関連指標の推移

                              平成28年3月期         平成29年3月期         平成30年3月期
          自己資本比率(%)
                                   57.1         55.2         53.7
          時価ベースの自己資本比率(%)
                                   58.2         43.7         41.5
          キャッシュ・フロー対有利子負債比率(年)
                                    3.7         6.9         18.7
          インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)
                                   17.1          9.3         5.0
         (注)自己資本比率                                   :    自己資本/総資産
            時価ベースの自己資本比率                         :   株式時価総額/総資産
            キャッシュ・フロー対有利子負債比率                  :   有利子負債/営業キャッシュ・フロー
            インタレスト・カバレッジ・レシオ                  :    営業キャッシュ・フロー/利払い
         ※ 各指標は、いずれも連結ベースの財務数値により算出しております。
         ※ 株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式数(自己株式控除後)により算出しております。
         ※ 有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち、利子を支払っている全ての負債を対象として
          おります。また、利払いについては、連結キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使用しております。
                                  15/116








                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      ③生産、受注及び販売の実績
       ⅰ)生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
          セグメントの名称                    金額(千円)                 前年同期比(%)
           電子機器事業                      4,559,324                    △19.4

           スポーツ事業                      6,251,083                     4.2
            合  計                     10,810,408                     △7.3

      (注)1.金額は、販売価格によっております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       ⅱ)商品仕入実績

         当連結会計年度における商品仕入実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
          セグメントの名称                    金額(千円)                 前年同期比(%)
           電子機器事業                      1,552,158                    △23.1

      (注)1.金額は実際仕入額によっております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       ⅲ)受注実績

         当社グループは見込み生産を行っているため、該当事項はありません。
       ⅳ)販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
          セグメントの名称                    金額(千円)                 前年同期比(%)
           電子機器事業                      5,968,456                    △32.5

           スポーツ事業                      6,268,259                      5.6

           不動産事業                       337,767                    69.4

            合  計                     12,574,483                     △16.0

      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.前連結会計年度及び当連結会計年度における主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合は次の通
           りであります。
                          前連結会計年度                 当連結会計年度
             相手先
                       金  額(千円)        割  合  (%)     金  額(千円)        割  合  (%)
         日本ゲームカード㈱               3,597,830           24.0      2,356,933           18.74

         エムディーアイ㈱               1,698,352           11.3      1,723,917           13.71

         コスモ・イーシー㈱               1,882,240           12.6          -         -

         3.上表の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  16/116






                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであり
        ます。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ①  重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        おります。この連結財務諸表の作成にあたって、貸倒引当金、繰延税金資産等の算出評価について見積りを行って
        おります。この見積りは当連結会計年度末現在において判断したものであり、見積りには不確実性、あるいはリス
        クを内在しているため、将来生じる実際の結果と異なる可能性があります。
       ②  当連結会計年度の経営成績の分析

         当社グループの当連結会計年度の売上高は、125億74百万円(前期比16.0%減)、営業利益は1億86百万円(前
        期比78.6%減)、経常利益は1億33百万円(前期比85.1%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は3億52百万円
        (前期比31.8%減)となりました。
       ③   財政状態の分析

         当連結会計年度末における流動資産は144億37百万円となり、前連結会計年度末に比べ1億6百万円減少いたし
        ました。これは主に現金及び預金が3億33百万円増加したものの、受取手形及び売掛金が6億38百万円減少したこ
        とによるものであります。固定資産は124億61百万円となり、前連結会計年度末に比べ7億37百万円増加いたしま
        した。これは主に有形固定資産が4億72百万円、長期貸付金が4億92百万円増加したことによるものであります。
         この結果、総資産は268億98百万円となり、前連結会計年度末に比べ6億31百万円増加いたしました。
         当連結会計年度末における流動負債は56億96百万円となり、前連結会計年度末に比べ2億8百万円減少いたしま
        した。これは主に短期借入金が2億53百万円、1年内償還予定の社債が2億円増加したものの、支払手形及び買掛
        金が6億42百万円減少したことによるものであります。固定負債は67億24百万円となり、前連結会計年度末に比べ
        8億90百万円増加いたしました。これは主に社債が7億10百万円増加したことによるものであります。
         この結果、負債合計は124億21百万円となり、前連結会計年度末に比べ6億81百万円増加いたしました。
         当連結会計年度末における純資産合計は144億77百万円となり、前連結会計年度末に比べ50百万円減少いたしま
        した。これは主に親会社株主に帰属する当期純利益3億52百万円及び剰余金の配当4億64百万円によるものであり
        ます。
        以上の結果として、自己資本比率は前連結会計年度の55.2%から53.7%に減少し、1株当たり純資産は、1,574円
       54銭から1,563円15銭へと減少しました。また、流動比率、当座比率等についても健全な水準を維持する等、財政状
       態は堅調に推移しており、持続的な安定成長を支える基盤となっております。
       ④    経営成績に重要な影響を与える要因について

        当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因としては、本有価証券報告書の、「第2[事業の状況]2[事
       業等のリスク]」に記載した以下の事項があります。
        (1)特定事業の業績への依存と当該事業環境が悪化する可能性、(2)特定の取引先に対する過度の依存によるリス
       ク、(3)法的規制によるリスク、(4)新商品開発の遅延によるリスク、(5)工場所在国の社会情勢によるリスク、(6)金
       銭消費貸借契約(シンジケーション方式タームローン契約及びコミットメント契約)における財務制限条項の存在、
       (7)新規事業への投資によるリスク
        当社は、これらリスクを的確に把握・評価し、その顕在化を回避するための適切な施策を、適宜に立案・実施する
       よう努めます。
       ⑤  経営戦略の現状と見通し

        当社は、製造業としての原点である「技術と品質」そして「スピードと革新性」を改めて見つめ直し、真摯に
       「ものづくり」に取り組むことにより、お客様と会社の繁栄を実現させるべく、「ものづくりを通じて信頼ある技術
       と品質をお客様に提供し豊かな未来を拓いていく」との経営理念を掲げております。また、この経営理念に基づき、
       「業績の持続的安定成長の実現」を目指すべく、「1[経営方針、経営環境及び対処すべき課題等](1)経営方針<
       経営基本方針>」に記載した経営の基本方針のとおり、グループ会社ともども企業体質の強化に努めております。
        このような経営の基本方針の下で当社グループは、一連の戦略的事業再構築を通じて経営資源の選択と集中並びに
       事業領域の拡大とを推進し、健全かつ強固な経営基盤と、持続的成長を可能とする多極的な事業構造を着実に構築し
       つつあります。その結果として当社は電子機器の企画・開発・製造・販売・アフターサービスを一貫して担う事業持
       株会社であると共に、当社電子機器の主たるユーザーである遊技場向けシステム関連事業と自動券売機の販売を担う
       エフ・エス㈱、総合ゴルフ用品メーカーであるキャスコ㈱、海外におけるシャフト事業を担うユーエスティ・マミヤ
       Inc.、ゴルフ用品等の生産拠点であるマミヤ・オーピー(バングラデシュ)Ltd.、不動産事業会社である㈱エフ・ア
       イ興産の子会社群に対する司令塔としての性格を併せ有する会社となっております。
                                  17/116


                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        そして、これにより当社は、電子機器事業び新規事業に加え、当社グループの中核企業として、グループ全体の事
       業戦略立案、経営管理及びリスクマネジメント等を担い、傘下の各社が、グループ共通の経営方針の下で、
        1.各事業の実情に即した迅速かつ柔軟で肌理細やかな事業展開が可能となる、
        2.各事業の経営成績が明確となるため業績評価及びリスク管理が容易となる、
        3.既存の会社を買収によって当社傘下の子会社群に加えることで、容易に新規事業に進出することができる等、
          M&A等を通じた大胆な事業再編が可能となる、
       といったメリットを享受することで、グループにおける経営資源配分の最適化による経営効率そして収益の極大化を
       図ることができるものと考えています。
        このような経営戦略の各セグメントにおける展開の現状と見通しにつきましては、「第2[事業の状況]1[経営方
       針、経営環境及び対処すべき課題等](4)経営戦略及び事業上及び財務上の対処すべき課題」及び上記「                                               (1)経営成
       績等の状況の概要        ①財政状態及び経営成績の状況」において詳細に記載いたしましたとおりであり、一連の戦略的事
       業再構築を通じて確立してまいりました健全かつ強固な経営基盤と持続的成長を可能とする多極的な事業構造の下、
       持続的で安定した成長と堅牢かつ多彩な事業展開を実現するための様々な施策を引き続き推進してまいります。
        まず電子機器事業セグメントにおいては、従来の方針を踏襲し、OEM先顧客との信頼関係の維持・強化並びに独自
       技術による自社ブランド製品の積極的展開による新市場の開拓・確立に向けての取り組みを推進してまいります。一
       方、スポーツ事業セグメントにつきましては、キャスコ㈱を中核とした完成品主体のゴルフ用品メーカーとしての地
       位を確立するための諸施策を講じてまいります。さらに不動産事業会社である㈱エフ・アイ興産を子会社としたこと
       で、同社が所有する不動産の有効活用による安定的な賃貸収入の確保等を図ってまいります。
       ⑥  経営者の問題意識と今後の方針について

        当社グループは、電子機器事業及びスポーツ事業等を主たる事業として展開しておりますが、成熟産業であるがゆ
       えに、競合企業間において限られた市場におけるシェアの争奪戦を余儀なくされる厳しい事業環境にあります。ま
       た、主力の電子機器事業がOEM中心の事業構造であるため、当社グループ独自の事業計画を立案・遂行することが困
       難な状況にあります。このような環境下で当社は、経営の基本方針に掲げました「業績の持続的安定成長」を実現す
       るための新たな成長ステップの礎となるべき揺るぎない土台を構築すべく、上記「⑤経営戦略の現状と見通し」にお
       いてご説明いたしましたグループ体制の下、その持てる経営資源を最大限に活用し、全ての部門における生産性を極
       大化することによって高品質・高付加価値と低コストとの両立を図り、成長の源泉である収益力を維持・強化すべ
       く、より高い市場性を有する製品の開発と新規事業分野における新たなマーケットへの展開を、大胆かつ細心に進め
       てまいります。
        とりわけ、高度に国際化・情報化され急速かつ激しく変化し続ける今日の競争環境において、「ものづくり」の会
       社である当社及び当社グループが生き残り成長し続けていくためには、顧客のニーズをタイムリーに具現化すること
       ができる、あるいはシーズ志向で顧客をリードし新たな市場を開拓することができる、イノベーションを持続的に生
       み出すことができる技術力を鍛え上げ磨き上げることが不可欠であり、当社は、その過程そして成果としての「イノ
       ベーションの創生」を成し遂げてまいります。
        また、「第4[提出会社の状況]6[コーポレート・ガバナンスの状況等]」でご説明いたします、当社及び当社グ
       ループにおけるコーポレート・ガバナンス体制を通じて業務の有効性・効率性を高め、経営目標の達成を阻害する要
       因であるリスクを的確に把握・統制し、経営者が全ての情報を正確に把握すると共にその意思を全組織に迅速・確実
       に浸透させることによって、全ての役職員が情報と認識を共有し一体となって業績の向上に全力を尽くすと共に、さ
       らなる成長を可能とする企業体質を構築してまいります。
        そして当社グループは、           上記「⑤経営戦略の現状と見通し」においてご説明いたしましたとおり、経営理念として
       「ものづくりを通じて信頼ある技術と品質をお客様に提供し豊かな未来を拓いていく」ことを掲げておりますが、そ
       の実践をすべての役職員に徹底するとともに、より一層真摯な姿勢でメーカーの原点に立ち返り、「真心を込めた丁
       寧なものづくり」に取り組むことでお客様に満足していただき、豊かな社会に貢献できる企業を目指してまいりま
       す。
       ⑦資本の財源及び資金の流動性について

       ⅰ)資金需要
        当社グループの事業活動における運転資金需要の主なものは                            、電子機器事業における新製品開発及び金型等、ス
       ポーツ事業におけるゴルフシャフト製造設備等、及び不動産事業における賃貸不動産設備等があります。
       ⅱ)財政政策
        当社グループの事業活動の維持拡大における資金を安定的に確保するため、金融機関からの銀行借入や社債発行に
        より資金調達を行っております。また、支払金利の変動リスクを回避及び支払利息の固定化を図るために金利ス
        ワップ取引を行っております。
       ⑧経営上の目標の達成状況について

        当社グループは、資産効率の向上及び株主資本の有効利用が全てのステークスホルダーの利益に合致するものと考
       え、「自己資本当期純利益率」、「総資産経常利益率」、「売上高営業利益率」、「自己資本比率」、「1株当たり
                                  18/116


                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       純資産」を重要な指標と位置付けております。当連結会計年度における「自己資本当期純利益率」は2.4%(前期は
       3.5%)「総資産経常利益率」は0.5%(前期は3.4%)、「売上高営業利益率」は1.5%(前期は5.8%)、「自己資
       本 比率」は53.7%(前期は55.2%)、「1株当たり純資産」は1,563円15銭(前期は1,574円54銭)でした。引き続き
       これらの指標について、改善されるように粘り強く取り組んで参ります。
        また、新規に投資を行う際、投資採算性を判断するための指標として、「投資内部収益率/EIRR(Equity                                                Internal
       Rate   of  Return)」を重要な指標として位置付けております。
       ⑨セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

        セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容は以下のとおりであります。
       【電子機器事業セグメント】
        (1)遊技関連製品
        ・ギャンブル等依存症対策を強化するため平成29年9月に一部が改正された「風俗営業等の規制及び業務の適正化
         等に関する法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則」が、平成30年
         2月1日に施行された影響により、遊技場事業者の業績低迷が続き、パチンコ周辺機器の買い控えが進んだこと
         や、競合企業間における熾烈な値引き競争のあおりを受けたことで売上が鈍化したと分析しております。また、
         遊技場事業者におけるパチンコ周辺機器の老朽化による買い替え需要に対応するため、新規制に対応した各種製
         品の提案・開発・販売を強化しております。
        ・パチンコ関連市場の動向が不透明な状況ではあるものの、平成30年から平成31年にかけパチンコ台市場の底打ち
         が近づいていると考えており、平成31年10月に予定されている消費税及び地方消費税の改正を見据え、税率改正
         未対応のパチンコ周辺機器の入替特需に繋げられるよう検討しております。
        (2)その他製品
        (券売機)
        ・液晶小型券売機「Operal(オペラル)VMT-600」は、小型機ながら大型機と同等の機能を有する点で、中小規模
         の飲食店等から高い支持を得ており、着実に販売数を伸ばすことが出来たと認識しております。
        ・2020年に予定されている東京オリンピックの開催等を見据え、電子マネーを利用した決済手段の多様化等による
         高機能化やグループ一丸となったマーケティング活動及びコールセンターの新設を含めた顧客に対する保守・メ
         ンテナンス等アフターサービス体制の整備により、一層の拡販に繋がったと分析しております。
        (I-GINS)
        ・積極的なマーケティング活動が功を奏し、デモ機見学会の要望が多く寄せられ、試作機のフィールドテストにつ
         いては、ゴルフ場から肯定的なフィードバックを受けているものの、今後販売を着実に進めていくための導入・
         保守メンテナンス体制の構築においては若干の遅れが生じております。
        ・中・長期的な計画に照らし合わせると、開発は計画通りに進捗しておりますが、販売推進に当たり、アフター
         サービス体制の確立や不具合・走行データ集積等の製品の改善に係るシステム構築に早急に着手する必要がある
         と分析しております。
        (ICカード)
        ・原材料の仕入先との価格交渉を繰り返し、原価を低く抑えることが出来たこと等の徹底したコスト削減の効果に
         より、売上目標こそ下回ったものの、営業利益についてはほぼ計画通り目標を達成しております。
        ・好調に推移している油槽所システム以外にも関連機器へのアプローチに粘り強く取り組むと同時に、ETC関連機
         器へのアプローチを強化し、当社独自の仕組みを構築することで、顧客の囲い込み戦略を展開してまいります。
        【スポーツ事業セグメント】
        (1)キャスコ事業
        ・総合ゴルフ用品メーカーとして国内市場を細分化し、その市場に特化したキャスコ独自のユニークな製品を投入
         すると共に、販売在庫数を綿密にコントロールし、確実な利益を確保することが出来たと評価しています。
        ・平成30年以降もキャスコ独自のユニークな商品を市場に投入する準備がありますが、国内市場における製品投入
         のタイミングを見極めつつ、販売・流通コスト削減にも、これまで以上に粘り強く取り組んでいく必要があると
         認識しております。
        ・海外事業においては、年間を通じた中国市場の低迷を受け、タイの販売拠点を中心として、アジア市場における
         シェア拡大が必要と考えております。
        (2)カーボンシャフト事業
        ・USTMamiyaの日本国内での「ATTAS(アッタス)」ブランドによる成長はやや鈍化しているものの、米国市場で
         は、アイアンクラブ用シャフト「Recoil(リコイル)」シリーズの人気が依然として高く推移しております。
         「Recoil(リコイル)」シリーズの成功体験を活かし、ウッド用シャフトについても、大手OEM先顧客との取引
         の実現に向けて粘り強く取り組んでまいります。
        ・USTMamiyaブランドの活用により、PGAツアー等でのUSTMamiyaシャフト使用率を向上させることで、更なる大手
         OEM先顧客の獲得を促進し、その囲い込みによる継続的な取引の実現及び安定的な収益の確保が必要と認識して
         おります。
                                  19/116


                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        ・日米の商品価格差、工場稼働率を踏まえた全体最適の視点での生産効率の追求、USTMamiyaブランドの更なる価
         値向上、徹底したコスト削減については、中長期的に注力していく必要があると分析しております。
        【不動産事業セグメント】
        ・保有物件について、安定的に利益を確保しております。
        ・さらなる利益獲得のため、既存事業領域の幅を広げ、果敢に挑戦していく必要があると認識しております。
        ・グループ内における有利な資金調達への借り換え等、コスト削減に努めてまいります。
                                  20/116



















                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
       (株式会社エフ・アイ興産の株式取得に関する契約)
       当社は、平成29年12月18日付の取締役会決議により、株式会社エフ・アイ興産の発行済株式の99.0%を取得し子会
      社とすることを決議し、平成29年12月21日付で当該株式の取得につき合意が成立いたしました。なお、当該合意に基
      づき、平成30年1月31日付で当該株式を取得し、同社を子会社といたしました。
       詳細は、「第5[経理の状況]               2財務諸表等(1)          財務諸表     注記事項(企業結合等関係)」に記載しておりま
      す。
      5【研究開発活動】

        当社グループの研究開発活動は、電子機器及びスポーツの両事業セグメントともに、新製品の企画開発、厳しさを
       増す一方の価格競争に対応するための一層のコスト低減、並びに新分野への事業展開を主たる目的として取り組んで
       おり、当連結会計年度における研究開発費の総額は5億75百万円であります。
        なお、各事業セグメント別の研究開発活動の内容及び研究開発費は次のとおりであります。
      (1)  電子機器事業
        当事業セグメントの研究開発費は、自社製品の新規開発体制を強化する中で3億71百万円となりました。その内容
       は、自社ブランド製品等のバリエーション増加への取り組み、ICカードリーダライタ技術を応用した新製品の開発、
       自律走行システム「I-GINS」の開発、新規商品企画等となります。
      (2)  スポーツ事業
        当事業セグメントの研究開発費は2億4百万円となりました。その内容は、連結子会社であるキャスコ㈱における
       ゴルフボールやゴルフクラブ等の開発、ユ-エスティ・マミヤInc.における、「Recoil(リコイル)」及び
       「Elements(エレメンツ)」シリーズシャフトの開発等となります。
                                  21/116













                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループは、長期的に成長が期待できる製品分野及び研究開発分野に重点を置きつつ、合理化・省力化及び製
       品の信頼性向上のための投資を併せ行っており、当連結会計年度は、3億92百万円の設備投資を実施いたしました。
        うち電子機器事業では、新製品開発及び金型等への投資を2億11百万円実施いたしました。スポーツ事業では、ゴ
       ルフシャフト製造設備等への投資を1億79百万円実施いたしました。また、不動産事業では賃貸不動産設備等への投
       資を0百万円実施いたしました。
        また、当連結会計年度において、トータテ上野ビルを売却し、固定資産売却益を558百万円を特別利益として計上
       しました。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                  平成30年3月31日現在
                                       帳簿価額(千円)
                                                          従業
        事業所名       セグメントの
                                                          員数
                     設備の内容
       (所在地)         名称                 機械装置
                            建物及び            土地
                                                          (人)
                                            リース資産      その他     合 計
                            構築物          (面積㎡)
                                 及び運搬具
              全社的管理
     マミヤビルディング                                 1,188,048
              業務      その他設備        314,996        0          -   125,677    1,628,722      65
      (東京都千代田区)
                                        (354)
              電子機器事業
       飯能事業所                                1,214,135
              電子機器事業      その他設備        363,370      37,648           12,342     39,955   1,667,451      66
      (埼玉県飯能市)
                                      (16,252)
        研修施設                                424,452
              電子機器事業      研修施設        210,275        -           -    107   634,836     -
      (長野県北佐久郡)
                                       (4,288)
       (2)国内子会社

                                                  平成30年3月31日現在
                                        帳簿価額(千円)
                                                          従業
               事業所名      セグメン     設備の
       会社名                                                   員数
              (所在地)       トの名称      内容         機械装置
                               建物及び           土地    リース
                                                 その他     合計
                                                          (人)
                               構築物         (面積㎡)     資産
                                   及び運搬具
             エフ・エス(株)        電子機器
     エフ・エス(株)                    その他設備       23,268     2,542      -       5,821    31,632    79
                                               -
                     事業
             (東京都千代田区)
             志度工場

                     スポーツ    ゴルフ用品                383,923
                               170,944     44,188          -   78,981    678,038     83
             (香川県さぬき市)        事業    生産設備                (27,512)
             東京本社他        スポーツ                     30,420

                         その他設備
                                12,130       0        -   7,952    50,503    62
             5事業所        事業
                                           (399)
     キャスコ(株)
             展示用ゴルフ場

                     スポーツ
             諸施設             その他設備       90,975      457     -    -    645   92,078    -
                     事業
            (埼玉県児玉郡)
             賃貸用ゴルフ場施
             設
                     不動産                     623,211
     (株)ネクオス       (米国カリフォル             賃貸設備
                               336,820       107         -    200   960,339     -
                     事業                   (656,400    )
             ニア州ロサンゼル
             ス郡)
                                         1,612,733
     (株)エフ・アイ       賃貸用不動産        不動産
                         賃貸設備
                               405,968      2,436    (1,734   )   -  150,664    2,171,802      -
     興産       (7物件)        事業
                                          [479]
                                  22/116




                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (3)在外子会社
                                                  平成30年3月31日現在
                                          帳簿価額(千円)
                                                          従業
                事業所名       セグメントの
        会社名                     設備の内容
                                                          員数
                      名称                 機械装置
               (所在地)                   建物及び          土地
                                                 その他     合計    (人)
                                   構築物
                                            (面積㎡)
                                       及び運搬具
     マミヤ・オーピー        本社・工場
                            ゴルフ用品                 -
     (バングラデ        (バングラデシュ・         スポーツ事業             227,740     113,528         52,469    393,737     910
                            生産設備               [30,515]
     シュ)Ltd.         チッタゴン)
             本社・米国工場               ゴルフシャフ
     ユーエスティ・マ
              (米国テキサス州         スポーツ事業      ト生産設備        5,836    45,987         69,699    121,524     35
                                             -
     ミヤInc.
              フォートワース)              その他設備
     (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具器具及び備品、建設仮勘定及び無形固定資産の合計であります。なお、金
         額には消費税等は含んでおりません。
        2.平成30年1月に㈱エフ・アイ興産の株式につき発行済株式総数の99.0%を取得し、同社を当社の連結子会社と
         いたしました。また、同社は平成30年4月に東京都千代田区に本店を移転しております。
        3.主要な賃借に対する当期賃借料として、エフ・エス㈱(主に建物)91,029千円、キャスコ㈱(主に建物)
         51,899千円、マミヤ・オーピー(バングラデシュ)Ltd.(主に土地)7,836千円、ユーエスティ・マミヤInc.
         (主に建物)35,891千円を支払っております。
        4.賃借している土地の面積は、土地の[ ]に外書きしております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

          当社グループは、期末時点ではその設備の新設・拡充の計画を個々のプロジェクトごとに決定しておりませ
         ん。そのため、セグメントごとの数値を開示する方法によっております。
          当連結会計年度末日における今後1年間の設備投資計画(新設・拡充)は、210,865千円であり、セグメント
         の内訳は次のとおりであります。
                         投資予定金額
            セグメントの名称                        設備等の主な内容・目的               資金調達方法
                          (千円)
             電子機器事業                  88,583     新製品に伴う生産設備                自己資金
             スポーツ事業                 122,282       ゴルフ用品生産設備               自己資金

                                 -                     -
             不動産事業                            -
          (注)1.金額には消費税等を含めておりません。
             2.経常的な設備の更新のための除売却を除き、重要な設備の除売却の計画はありません。
                                  23/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種 類                        発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 15,000,000

                  計                                15,000,000

        ②【発行済株式】

                                           上場金融商品取引所名
              事業年度末現在発行数(株)                提出日現在発行数(株)
       種 類                                    又は登録認可金融商品              内容
               (平成30年3月31日)               (平成30年6月29日)
                                           取引業協会名
                                             東京証券取引所          単元株式数

      普通株式                9,358,670             9,358,670
                                             (市場第二部)            100株
        計               9,358,670             9,358,670             -         -

                                  24/116














                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
           会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
      ⅰ)平成23年7月29日取締役会決議
       決議年月日                           平成23年7月29日
       付与対象者の区分及び人数(名)                                        取締役 9
       新株予約権の数(個)※                                            3
       新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                  普通株式     300(注)1.
       (株)※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※                                     1(1株当たり)
                                  自  平成23年8月16日
       新株予約権の行使期間※
                                  至  平成53年8月15日
                                  発行価格      740
       新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
       発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額      370
                                  ①新株予約権原簿に記載された各新株予約権を保有す
                                  る者(以下、「新株予約権者」という)は、前記の新
                                  株予約権の行使期間内において、当社の取締役の地位
                                  を喪失した時点(以下、「権利行使開始日」という)
                                  以降、新株予約権を行使することができる。ただし、
                                  この場合、新株予約権者は、権利行使開始日から10日
       新株予約権の行使の条件※
                                  を経過する日までの間に限り、新株予約権を行使する
                                  ことができる。
                                  ②前記①は、新株予約権を相続により承継した者につ
                                  いては適用しない。
                                  ③新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、か
                                  かる新株予約権を行使することができない。
                                   譲渡による新株予約権の取得については、取締役会
       新株予約権の譲渡に関する事項※
                                  の決議による承認を要する。
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                  (注)2.
       項※
       ※ 当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(平成30年5月
         31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
       (注)1.各新株予約権の目的である株式の数(以下、「付与株式数」という)は、100株とする。ただし、新株予
           約権を割り当てる日(以下、「割当日」という)以降、当社が当社普通株式の株式分割(当社普通株式の無
           償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同じ)または株式併合を行う場合には、次の算式により付与
           株式数の調整を行い、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割または株式併合の比率
            調整後付与株式数は、株式分割の場合は、当該株式分割の基準日の翌日(基準日を定めないときはその効
           力発生日)以降、株式併合の場合は、その効力発生日以降、これを適用する。ただし、剰余金の額を減少し
           て資本金または準備金を増加する議案が株主総会において承認されることを条件として株式分割が行われる
           場合で、当該株主総会の終結の日以前の日を株式分割のための基準日とする場合は、調整後付与株式数は、
           当該株主総会の終結の日の翌日以降、当該基準日の翌日に遡及してこれを適用する。
            また、割当日以降、当社が合併または会社分割を行う場合その他これらの場合に準じて付与株式数の調整
           を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で付与株式数を適切に調整することができる。
            付与株式数の調整を行うときは、当社は調整後付与株式数を適用する日の前日までに、必要な事項を新株
           予約権者に通知または公告する。ただし、当該適用の日の前日までに通知または公告を行うことができない
           場合には、以後速やかに通知または公告する。
          2.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
           会社となる場合に限る)または株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る)
           (以上を総称して以下、「組織再編行為」という)をする場合には、当該組織再編行為の効力発生日(吸収
           合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社の成立の日、吸収分割に
           つき吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社の成立の日、株式交換につき株
           式交換がその効力を生ずる日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ)の
           直前において残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という)を保有する新株予約権者に対し、そ
           れぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会
           社」という)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新
                                  25/116


                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
           株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約また
           は株式移転計画において定めることを条件とする。
            ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
              新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
            ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
              再編対象会社の普通株式とする。
            ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
              組織再編行為の条件等を勘案の上、前記「新株予約権の目的となる株式の数」に準じて決定する。
            ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
              交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定められる再編後行使価額
             に前記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金
             額とする。再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができ
             る再編対象会社の株式1株当たり1円とする。
            ⑤新株予約権を行使することができる期間
              前記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編
             行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、前記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行
             使することができる期間の満了日までとする。
            ⑥新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
              次に準じて決定する。
              (1)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第
                17条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果生じる1円
                未満の端数は、これを切上げる。
              (2)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、前記(1)
                記載の資本金等増加限度額から前記(1)に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
            ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
              譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要する。
            ⑧新株予約権の取得条項
              次に準じて決定する。
               以下の(1)、(2)、(3)、(4)または(5)の議案につき株主総会で承認された場合(株
              主総会決議が不要の場合は、取締役会決議がなされた場合)は、取締役会が別途定める日に、当社は
              無償で新株予約権を取得することができる。
              (1)当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
              (2)当社が分割会社となる分割契約若しくは分割計画承認の議案
              (3)当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案
              (4)当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要す
                ることについての定めを設ける定款の変更承認の議案
              (5)新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当
                社の承認を要すること若しくは当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部
                を取得することについての定めを設ける定款の変更承認の議案
            ⑨その他の新株予約権の行使の条件
              前記「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。
          3.平成28年6月29日開催の第74回定時株主総会決議に基づき、平成28年10月1日を効力発生日として、当社
           普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施するとともに、単元株式数を1,000株から100株に変更して
           おります。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」及び「新株予約権の行使により
           株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が発行要領に従い調整されております。
                                  26/116







                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      ⅱ )平成24年7月27日取締役会決議
       決議年月日                           平成24年7月27日
       付与対象者の区分及び人数(名)                                       取締役 10
       新株予約権の数(個)※                                            2
       新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                  普通株式     200(注)1.
       (株)※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※                                     1(1株当たり)
                                  自  平成24年8月18日
       新株予約権の行使期間※
                                  至  平成54年8月17日
                                  発行価格      1,240
       新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
       発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額      620
                                  ①新株予約権原簿に記載された各新株予約権を保有す
                                  る者(以下、「新株予約権者」という)は、前記の新
                                  株予約権の行使期間内において、当社の取締役の地位
                                  を喪失した時点(以下、「権利行使開始日」という)
                                  以降、新株予約権を行使することができる。ただし、
                                  この場合、新株予約権者は、権利行使開始日から10日
       新株予約権の行使の条件※
                                  を経過する日までの間に限り、新株予約権を行使する
                                  ことができる。
                                  ②前記①は、新株予約権を相続により承継した者につ
                                  いては適用しない。
                                  ③新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、か
                                  かる新株予約権を行使することができない。
                                   譲渡による新株予約権の取得については、取締役会
       新株予約権の譲渡に関する事項※
                                  の決議による承認を要する。
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                  (注)2.
       項※
       ※ 当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(平成30年5月
         31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
       (注)1.「(2)[新株予約権等の状況]                   ①[ストックオプション制度の内容]ⅰ)平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)1.にて注記した情報と同一であります。
          2.「(2)[新株予約権等の状況]               ①[ストックオプション制度の内容]                 ⅰ)  平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)2.にて注記した情報と同一であります。
          3.「(2)[新株予約権等の状況]               ①[ストックオプション制度の内容]                 ⅰ)  平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)3.にて注記した情報と同一であります。
                                  27/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      ⅲ)平成25年7月26日取締役会決議
       決議年月日                           平成25年7月26日
       付与対象者の区分及び人数(名)                                        取締役 5
       新株予約権の数(個)※                                            1
       新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                  普通株式     100(注)1.
       (株)※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※                                     1(1株当たり)
                                  自  平成25年8月20日
       新株予約権の行使期間※
                                  至  平成55年8月19日
                                  発行価格      1,450
       新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
       発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額      730
                                  ①新株予約権原簿に記載された各新株予約権を保有す
                                  る者(以下、「新株予約権者」という)は、前記の新
                                  株予約権の行使期間内において、当社の取締役の地位
                                  を喪失した時点(以下、「権利行使開始日」という)
                                  以降、新株予約権を行使することができる。ただし、
                                  この場合、新株予約権者は、権利行使開始日から10日
       新株予約権の行使の条件※
                                  を経過する日までの間に限り、新株予約権を行使する
                                  ことができる。
                                  ②前記①は、新株予約権を相続により承継した者につ
                                  いては適用しない。
                                  ③新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、か
                                  かる新株予約権を行使することができない。
                                   譲渡による新株予約権の取得については、取締役会
       新株予約権の譲渡に関する事項※
                                  の決議による承認を要する。
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                  (注)2.
       項※
       ※ 当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(平成30年5月
         31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
       (注)1.「(2)[新株予約権等の状況]                   ①[ストックオプション制度の内容]ⅰ)平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)1.にて注記した情報と同一であります。
          2.「(2)[新株予約権等の状況]               ①[ストックオプション制度の内容]                 ⅰ)  平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)2.にて注記した情報と同一であります。
          3.「(2)[新株予約権等の状況]               ①[ストックオプション制度の内容]                 ⅰ)  平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)3.にて注記した情報と同一であります。
                                  28/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      ⅳ)平成26年7月25日取締役会決議
       決議年月日                           平成26年7月25日
       付与対象者の区分及び人数(名)                                        取締役 7
       新株予約権の数(個)※                                            15
       新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                  普通株式     1,500(注)1.
       (株)※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※                                     1(1株当たり)
                                  自  平成26年8月19日
       新株予約権の行使期間※
                                  至  平成56年8月18日
                                  発行価格      1,960
       新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
       発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額      980
                                  ①新株予約権原簿に記載された各新株予約権を保有す
                                  る者(以下、「新株予約権者」という)は、前記の新
                                  株予約権の行使期間内において、当社の取締役の地位
                                  を喪失した時点(以下、「権利行使開始日」という)
                                  以降、新株予約権を行使することができる。ただし、
                                  この場合、新株予約権者は、権利行使開始日から10日
       新株予約権の行使の条件※
                                  を経過する日までの間に限り、新株予約権を行使する
                                  ことができる。
                                  ②前記①は、新株予約権を相続により承継した者につ
                                  いては適用しない。
                                  ③新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、か
                                  かる新株予約権を行使することができない。
                                   譲渡による新株予約権の取得については、取締役会
       新株予約権の譲渡に関する事項※
                                  の決議による承認を要する。
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                  (注)2.
       項※
       ※ 当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(平成30年5月
         31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
       (注)1.「(2)[新株予約権等の状況]                   ①[ストックオプション制度の内容]ⅰ)平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)1.にて注記した情報と同一であります。
          2.「(2)[新株予約権等の状況]               ①[ストックオプション制度の内容]                 ⅰ)  平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)2.にて注記した情報と同一であります。
          3.「(2)[新株予約権等の状況]               ①[ストックオプション制度の内容]                 ⅰ)  平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)3.にて注記した情報と同一であります。
                                  29/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      ⅴ)平成27年7月24日取締役会決議
       決議年月日                           平成27年7月24日
       付与対象者の区分及び人数(名)                                        取締役 7
       新株予約権の数(個)※                                            48
       新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                  普通株式     4,800(注)1.
       (株)※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※                                     1(1株当たり)
                                  自  平成27年8月21日
       新株予約権の行使期間※
                                  至  平成57年8月20日
                                  発行価格      1,440
       新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
       発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額      720
                                  ①新株予約権原簿に記載された各新株予約権を保有す
                                  る者(以下、「新株予約権者」という)は、前記の新
                                  株予約権の行使期間内において、当社の取締役の地位
                                  を喪失した時点(以下、「権利行使開始日」という)
                                  以降、新株予約権を行使することができる。ただし、
                                  この場合、新株予約権者は、権利行使開始日から10日
       新株予約権の行使の条件※
                                  を経過する日までの間に限り、新株予約権を行使する
                                  ことができる。
                                  ②前記①は、新株予約権を相続により承継した者につ
                                  いては適用しない。
                                  ③新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、か
                                  かる新株予約権を行使することができない。
                                   譲渡による新株予約権の取得については、取締役会
       新株予約権の譲渡に関する事項※
                                  の決議による承認を要する。
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                  (注)2.
       項※
       ※ 当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(平成30年5月
         31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
       (注)1.「(2)[新株予約権等の状況]                   ①[ストックオプション制度の内容]ⅰ)平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)1.にて注記した情報と同一であります。
          2.「(2)[新株予約権等の状況]               ①[ストックオプション制度の内容]                 ⅰ)  平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)2.にて注記した情報と同一であります。
          3.「(2)[新株予約権等の状況]               ①[ストックオプション制度の内容]                 ⅰ)  平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)3.にて注記した情報と同一であります。
                                  30/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      ⅵ)平成28年7月22日取締役会決議
       決議年月日                           平成28年7月22日
       付与対象者の区分及び人数(名)                                        取締役 7
       新株予約権の数(個)※                                            94
       新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                  普通株式     9,400(注)1.
       (株)※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※                                     1(1株当たり)
                                  自  平成28年8月19日
       新株予約権の行使期間※
                                  至  平成58年8月18日
                                  発行価格      840
       新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
       発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額      420
                                  ①新株予約権原簿に記載された各新株予約権を保有す
                                  る者(以下、「新株予約権者」という)は、前記の新
                                  株予約権の行使期間内において、当社の取締役の地位
                                  を喪失した時点(以下、「権利行使開始日」という)
                                  以降、新株予約権を行使することができる。ただし、
                                  この場合、新株予約権者は、権利行使開始日から10日
       新株予約権の行使の条件※
                                  を経過する日までの間に限り、新株予約権を行使する
                                  ことができる。
                                  ②前記①は、新株予約権を相続により承継した者につ
                                  いては適用しない。
                                  ③新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、か
                                  かる新株予約権を行使することができない。
                                   譲渡による新株予約権の取得については、取締役会
       新株予約権の譲渡に関する事項※
                                  の決議による承認を要する。
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                  (注)2.
       項※
       ※ 当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(平成30年5月
         31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
       (注)1.「(2)[新株予約権等の状況]                   ①[ストックオプション制度の内容]ⅰ)平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)1.にて注記した情報と同一であります。
          2.「(2)[新株予約権等の状況]               ①[ストックオプション制度の内容]                 ⅰ)  平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)2.にて注記した情報と同一であります。
          3.「(2)[新株予約権等の状況]               ①[ストックオプション制度の内容]                 ⅰ)  平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)3.にて注記した情報と同一であります。
                                  31/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      ⅶ)平成29年7月28日取締役会決議
       決議年月日                           平成29年7月28日
       付与対象者の区分及び人数(名)                                        取締役 5
       新株予約権の数(個)※                                            94
       新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                  普通株式     9,400(注)1.
       (株)※
       新株予約権の行使時の払込金額(円)※                                     1(1株当たり)
                                  自  平成29年8月25日
       新株予約権の行使期間※
                                  至  平成59年8月24日
                                  発行価格      853
       新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
       発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額      427
                                  ①新株予約権原簿に記載された各新株予約権を保有す
                                  る者(以下、「新株予約権者」という)は、前記の新
                                  株予約権の行使期間内において、当社の取締役の地位
                                  を喪失した時点(以下、「権利行使開始日」という)
                                  以降、新株予約権を行使することができる。ただし、
                                  この場合、新株予約権者は、権利行使開始日から10日
       新株予約権の行使の条件※
                                  を経過する日までの間に限り、新株予約権を行使する
                                  ことができる。
                                  ②前記①は、新株予約権を相続により承継した者につ
                                  いては適用しない。
                                  ③新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、か
                                  かる新株予約権を行使することができない。
                                   譲渡による新株予約権の取得については、取締役会
       新株予約権の譲渡に関する事項※
                                  の決議による承認を要する。
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                  (注)2.
       項※
       ※ 当事業年度の末日(平成30年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(平成30年5月
         31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
       (注)1.「(2)[新株予約権等の状況]                   ①[ストックオプション制度の内容]ⅰ)平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)1.にて注記した情報と同一であります。
          2.「(2)[新株予約権等の状況]               ①[ストックオプション制度の内容]                 ⅰ)  平成23年7月29日取締役会決議」
           (注)2.にて注記した情報と同一であります。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
                                  32/116






                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式総数        発行済株式総数         資本金      資本金残高        資本準備金        資本準備金
        年月日
                増減数(株)        残高(株)       増減額(千円)         (千円)      増減額(千円)        残高(千円)
      平成27年4月1日~
      平成28年3月31日             105,000      93,586,700         3,885      3,962,632         3,885        3,885
        (注)1.
      平成28年4月1日~
      平成29年3月31日          △84,228,030         9,358,670          -    3,962,632           -       3,885
        (注)2.
       (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
          2.平成28年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行い、発行済株式総数が84,228,030
           株減少し9,358,670株となっております。
       (5)【所有者別状況】

                                                  平成30年3月31日現在
                           株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                      単元未満株式の
        区 分                            外国法人等
               政府及び
                                                       状況(株)
                        金融商品     その他
               地方公共     金融機関                        個人その他       計
                        取引業者     の法人
               団体
                                  個人以外      個人
     株主数(人)           -      8     25     85     28     8    5,504     5,658      -
     所有株式数(単元)           -     1,045     1,813    51,073     1,575      371    37,127     93,004       58,270
     所有株式数の割合
                -      1.1     1.9    54.9     1.7     0.4     40.0      100     -
     (%)
      (注)1.自己株式62,315株は、「個人その他」に623単元及び「単元未満株式の状況」に15株を含めて記載しており
           ます。
         2.「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が17単元含まれております。
       (6)【大株主の状況】

                                                  平成30年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                   総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                      東京都渋谷区東1-32-12                        4,534,700            48.77

     株式会社データ・アート
     ジャパンネットワークシステム
                      東京都台東区東上野2-24-1                         180,400           1.94
     株     式     会     社
                                               135,000           1.45
     篠    川     宏     明  埼玉県久喜市
                      東京都千代田区丸の内1-2-1                          85,380           0.91
     東京海上日動火災保険株式会社
     エヌティーシーアカウンティン
                      東京都港区西新橋3-4-1                          70,100           0.75
     グ  サ  ー  ビ  ス  株  式  会  社
                      東京都千代田区麹町1-4                          67,900           0.73
     松  井  証  券  株  式  会  社
                      東京都港区白金1-17-3                          65,000           0.69
     サ  ク  サ  株  式  会  社
                      愛知県名古屋市中村区那古野1-43-5                          50,000           0.53
     ダ  イ  コ  ク  電  機  株  式  会  社
                                               50,000           0.53
     豊    田     勝     夫  東京都杉並区
                                               49,000           0.52
     大    島     好     道  京都府城陽市
                               -              5,287,480            56.87

            計
     (注)1.当社は、自己株式を62,315株保有しておりますが、上記大株主からは除外しております。
        2.ジャパンネットワークシステム株式会社が所有している株式については、会社法施行規則第67条第1項の規定
          により議決権の行使が制限されています。
        3.株式会社データ・アートの議決権比率(平成30年3月31日現在)は、50.06%になることから同社は当社の親会
          社に該当しております。
                                  33/116


                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年3月31日現在
             区 分              株式数(株)           議決権の数(個)               内 容

      無議決権株式                       -            -             -

      議決権制限株式(自己株式等)                       -            -             -

      議決権制限株式(その他)                       -            -             -

                        (自己保有株式)
                                        -             -
                        普通株式      62,300
      完全議決権株式(自己株式等)
                        (相互保有株式)
                                        -
                                                     -
                        普通株式      180,400
                        普通株式      9,057,700
      完全議決権株式(その他)                                  90,577              -
                                                一単元(100株)未満の株式
                        普通株式      58,270
      単元未満株式                                   -
      発行済株式総数                       9,358,670            -             -

      総株主の議決権                       -           90,577              -

      (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が1,700株(議決権の数17個)含まれて
         おります。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年3月31日現在
                                                     発行済株式総数

                                              所有株式数
                               自己名義所有        他人名義所有              に対する所有株
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                         の合計
                               株式数(株)        株式数(株)              式数の割合
                                              (株)
                                                       (%)
     (自己保有株式)
                  東京都千代田区神田錦町
                                  62,300       -       62,300         0.66
     マミヤ・オーピー株式会社
                  三丁目18番地
     (相互保有株式)
                  東京都台東区東上野
     ジャパンネットワーク
                                  180,400       -       180,400          1.92
                  二丁目24番1号
     システム株式会社
           計             -          242,700       -       242,700          2.59
                                  34/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】会社法第155条第3号および会社法第155条第7号の規定に基づく普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区  分                    株式数(株)             価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                     818           1,005,724

      当期間における取得自己株式                                     101            118,883

      (注)当期間における取得自己株式には、平成30年6月1日から本有価証券報告書提出日までの単元未満株式買取り
         による株式数は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
              区  分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                 -        -        -        -
      た取得自己株式
      その他(単元未満株式の売渡請求による売
                                 -        -        -        -
      渡)
      その他(新株予約権の行使)                         11,900        13,314,553           -        -
      保有自己株式数                         62,315            -     62,416          -

      (注)当期間における保有自己株式数には、平成30年6月1日から本有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
         取り及び売渡による株式数は含まれておりません。
                                  35/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、経営の基本方針の一つとして「利益ある成長」を掲げており、利益配分につきましても、将来の事業展開
       と企業体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、中間及び期末の年2回の剰余金配当によって、安定的かつ
       継続的に株主の皆様への利益還元を実施していくことを基本方針としております。また、配当の決定機関は株主総会
       ですが、会社法第454条第5項の定めにより、取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として中間配当ができ
       る旨を定款で規定しております。
        当事業年度の配当につきましては、業績が前期実績を下回るなど厳しい経営環境が続いているものの、上記方針に
       基づき,株主の皆様への安定的かつ継続的な利益還元を維持するため、中間配当は引き続き見送らせていただくもの
       の、第76回定時株主総会において株主の皆様のご賛同に基づき、1株当たり50円の期末配当(年間配当も同じ)を実
       施することを決定いたしました。
        また、第74回定時株主総会において、取締役会決議による自己株式取得に係る規定を設けたことにより、経営環境
       の変化に即した機動的な資本政策の推進及び株主還元の拡充を図ると共に、単元未満株式の買増しに係る規定を設け
       株主の皆様の便宜を図るようにしております。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                           配当金の総額               1株当たり配当額
           決議年月日
                            (千円)                (円)
         平成30年6月28日
                                  464,817                  50
         定時株主総会決議
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回 次        第72期          第73期          第74期          第75期          第76期
      決算年月       平成26年3月          平成27年3月          平成28年3月          平成29年3月          平成30年3月

      最高(円)             318          298          223     160(1,434)             1,383

      最低(円)             156          177          127     105(1,102)             1,138

      (注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所市場第二部における市場価格です。
         2.平成28年10月1日を効力発生日として普通株式10株を1株とする株式併合を実施したため、第75期の株価に
           ついては、当該株式併合前の最高・最低株価を記載し、( )内に当該株式併合後の最高・最低株価を記載
           しております。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月 別      平成29年10月          11月        12月      平成30年1月          2月        3月
      最高(円)          1,219        1,257        1,227        1,383        1,379        1,350

      最低(円)          1,194        1,202        1,194        1,230        1,233        1,203

      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所市場第二部における市場価格です。
                                  36/116







                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性11名 女性-名 (役員のうち女性の比率 -%)
                                                      所有株式数
       役 名      職 名     氏 名      生年月日               略 歴            任期
                                                      (百株)
                               平成17年6月      当社取締役就任
                               平成17年7月      ユナイテッドスポーツテクノロジー
                                    ズ・ホールディングスInc.取締役就
                                    任(現任)、ユナイテッドスポーツ
                                    テクノロジーズ・LP.(現ユーエス
                                    ティ・マミヤInc.)取締役就任(現
                                    任)
                               平成18年7月      マミヤ・オーピー(バングラデシュ)
                                    Ltd.取締役(現任)・CEO就任
                               平成19年9月      ユナイテッドスポーツテクノロジー
                                    ズ・ホールディングスInc.CEO就任、
                                    ユナイテッドスポーツテクノロジー
                                    ズ・LP.(現ユーエスティ・マミヤ
                                    Inc.)CEO就任
     取締役社長
                 鈴木  聡     昭和42年6月7日生                             注3      16
                               平成22年6月      当社常務取締役就任
     (代表取締役)
                               平成26年6月      当社代表取締役副社長就任
                               平成27年3月      MJSソーラー㈱代表取締役社長就任
                                    (現任)
                               平成27年6月
                                    当社代表取締役社長就任(現任)
                                    エフ・エス㈱代表取締役社長就任
                                    (現任)
                                    キャスコ㈱代表取締役会長就任
                               平成29年6月      ㈱ゲームカード・ジョイコホール
                                    ディングス取締役就任(現任)
                                    キャスコ㈱取締役(現任)会長就任
                                    当社スキャロボ事業担当(現任)
                               平成30年3月      ㈱エフ・アイ興産取締役就任(現
                                    任)
                               平成3年4月      ㈱オリムピック(現        当社)入社
                               平成18年7月      当社社長室長
                               平成21年7月      当社管理本部秘書室長兼管理本部経
                                    理部長
                               平成22年12月      キャスコ㈱取締役就任
                               平成24年4月      当社管理本部副本部長兼総務部長
                               平成25年6月      当社管理本部長兼総務部長
            管理本部長
                               平成26年11月      当社管理本部経営企画部長
                               平成27年6月      当社取締役就任
             兼
     常務取締役           水谷 富士也      昭和36年8月12日生         平成27年7月      当社経営企画室長(現任)兼管理統               注3      ▶
            経営企画
                                    括本部長
                               平成28年6月      MJSソーラー㈱取締役就任(現任)
             室長
                               平成29年4月      当社管理部門担当
                               平成29年6月
                                    当社常務取締役就任(現任)
                                    ㈱ネクオス代表取締役社長就任(現
                                    任)
                               平成29年11月
                                    当社管理本部長(現任)
                               平成30年3月      ㈱エフ・アイ興産取締役就任(現
                                    任)
                               平成19年6月      ㈱りそな銀行執行役員就任
                               平成22年6月      ジェイアンドエス保険サービス㈱取
                                    締役常務執行役員就任兼本社営業本
                                    部長
                               平成25年4月      同社営業サポート部・営業開発部・
                                    業務管理部担当
                               平成27年6月      当社取締役就任
                                    キャスコ㈱専務取締役就任
                               平成27年8月      マミヤ・オーピー(バングラデシュ)
     常務取締役            須賀 敬亮     昭和30年10月25日生                             注3      ▶
                                     Ltd.取締役就任
                               平成28年6月      ジャパンネットワークシステム㈱社
                                     外監査役就任(現任)
                               平成29年4月      マミヤ・オーピー(バングラデシュ)
                                     Ltd.取締役社長就任
                               平成29年6月      キャスコ㈱代表取締役専務就任
                               平成30年6月
                                     キャスコ㈱監査役就任(現任)
                                     当社常務取締役就任(現任)
                                  37/116



                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数
      役 名      職 名      氏 名      生年月日               略 歴            任期
                                                       (百株)
                               昭和60年4月      ㈱オリムピック(現        当社)入社
                               平成20年5月      当社営業本部システム機器営業部長
                               平成22年4月      当社電子機器統括部営業部長
          電子機器事業
                               平成24年4月      当社電子機器営業部長
            本部長
                               平成26年5月      当社電子営業部長
     取 締 役            篠田 高徳     昭和36年9月23日生
                                                   注3      11
                               平成27年6月      当社取締役就任(現任)
             兼
                                    エフ・エス㈱取締役就任(現任)
           営業部長
                               平成27年7月      当社電子事業統括本部長
                               平成29年4月
                                    当社電子事業担当兼営業部長(現任)
                               平成29年11月
                                    当社電子機器事業本部長(現任)
                               平成3年6月      ジャパンネットワークシステム㈱常
                                    務取締役就任
                               平成9年6月      同社専務取締役就任
                               平成14年6月      当社取締役就任(現任)
                               平成15年6月      ジャパンネットワークシステム㈱代
     取 締 役            峰島 重雄     昭和15年12月8日生                             注3      50
                                    表取締役社長就任
                                    ㈱データ・アート代表取締役社長就
                               平成19年8月
                                    任
                                    同社取締役会長就任(現任)
                               平成28年7月
                               平成20年6月      ㈱データ・アート特機営業部部長
                               平成20年12月      同社取締役就任兼特機事業部部長
                               平成22年8月      同社常務取締役就任
                               平成25年8月      同社特機事業本部本部長
     取 締 役            森田 啓文     昭和40年10月16日生                             注3      0
                               平成27年6月      当社取締役就任(現任)
                               平成28年7月      ㈱データ・アート代表取締役社長就
                                    任(現任)
                               昭和62年4月      弁護士登録

                                    宮田光秀法律事務所入所
                               平成5年4月      寺本法律会計事務所開設
     取 締 役            寺本 吉男     昭和35年2月1日生                             注3      0
                               平成16年4月      第一東京弁護士会副会長就任
                               平成22年4月      日本弁護士連合会常務理事就任
                               平成27年6月      当社取締役就任(現任)
                               平成10年1月      警察庁暴力団対策部長

                               平成11年8月      警察庁生活安全局長
                               平成14年9月      トヨタ自動車㈱顧問就任
                               平成20年7月      黒澤㈱代表取締役就任(現任)
                               平成22年4月      (財)  犯罪被害救援基金理事就任
     取 締 役            黒澤 正和     昭和20年10月10日生                             注3      0
                               平成23年4月      (公財)   犯罪被害救援基金専務理事就
                                    任(現任)
                               平成28年6月      トータル・セキュリティ・サービス
                                    ㈱代表取締役社長就任(現任)
                               平成29年6月      当社取締役就任(現任)
                               平成18年1月      コスモ・イーシー㈱取締役就任
                               平成22年6月      当社常務取締役就任
                               平成22年7月      当社スキャロボ統括部長
                               平成26年2月      ユナイテッドスポーツテクノロ
                                    ジーズ・ホールディングスInc.
     監 査 役       常 勤     高橋 浩二     昭和26年12月3日生                             注4     131
                                    取締役就任
                               平成27年7月      当社新規事業統括本部長兼スキャロ
                                    ボ事業部長
                               平成29年4月      当社新規事業担当
                               平成29年6月      当社監査役就任(現任)
                               昭和40年4月      札幌国税局入局
                               平成5年7月      横須賀税務署副署長就任
                               平成8年7月      東京国税局査察部査察第35部門統括
                                    国税査察官就任
     監 査 役            渡邊 光治     昭和22年3月27日生                             注5      0
                               平成17年7月      日本橋税務署長就任
                               平成18年8月
                                    渡邊光治税理士事務所代表(現任)
                               平成21年6月
                                    当社監査役就任(現任)
                                  38/116




                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数
      役 名      職 名      氏 名      生年月日               略 歴            任期
                                                       (百株)
                               昭和47年5月      東京国税局入局
                               平成16年7月      蒲田税務署副署長就任
                               平成18年7月      東京国税局査察部統括国税査察官
                                    就任
     監 査 役            衞藤 重德     昭和27年4月27日生                             注6      0
                               平成21年7月      品川税務署長就任
                               平成23年4月      葛飾税務署長就任
                               平成25年8月      衞藤税理士事務所代表(現任)
                               平成28年6月      当社監査役就任(現任)
                                    計                     216
       (注)1.取締役寺本吉男氏及び取締役黒澤正和氏は、「社外取締役」であります。
          2.監査役渡邊光治氏及び監査役衞藤重德氏は、「社外監査役」であります。
          3.  平成29年6月29日開催の株主総会の終結の時から2年間
          4.平成29年6月29日開催の株主総会の終結の時から前任者の残存任期である2年間
          5.平成27年6月26日開催の株主総会の終結の時から4年間
          6.平成28年6月29日開催の株主総会の終結の時から4年間
          7.当社は、法令の定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監
            査役1名を、平成30年6月28日開催の定時株主総会において選任しており、その選任決議の効力は、当該
            定時株主総会の終結の時から1年間となります。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                   所有株式数

              氏 名       生年月日                 略 歴
                                                   (百株)
                           平成17年4月      ㈱ココスジャパン入社
                           平成20年7月      ㈱マグマニ入社
                           平成23年12月      コスモ・イーシー㈱入社
             杉沢 結樹      昭和60年1月3日生                                    0
                           平成27年1月
                                 ㈱セキュア・テック監査役就任(現任)
                           平成28年10月
                                 日宝建設工業㈱監査役就任(現任)
                                  39/116












                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
         ※提出会社の企業統治に関する事項に代えて、連結会社の企業統治に関する事項について記載しております。
         当社グループは、コーポレート・ガバナンスを「企業経営を規律することによって企業活動を健全に運営する
        仕組み」と定義し、利害関係者(以下、ステークホルダーとする。)との関係の中で、経営の透明性を高め、説
        明責任を果たし、経営を適切に統制することに対し経営者を動機付け監視することによって、良き企業市民とし
        て社会に貢献し、このことを通じて競争力を強化し、企業価値の持続的向上を実現することを、コーポレート・
        ガバナンスに関する基本方針としております。
         この基本方針の下での、当社グループのステークホルダーに対する基本的な姿勢は以下のとおりであります。
       ・当社グループは、株主をはじめ、お客様、お取引先等のビジネスパートナー、非正規従業員を含む役職員、地域
        住民をはじめとする一般市民等、当社グループが事業活動を通じて何らかの関わりを持つ全ての方々を、当社グ
        ループのステークホルダーであると考えています。
       ・当社グループは、資本の提供者である株主を、資本市場の視点から見たコーポレート・ガバナンスの要として尊
        重し、法によって認められたその権利を実質的に保障いたします。また、同一種類の株主がその持分に応じて平
        等に扱われることを、コーポレート・ガバナンスの重要な要素であると考え、非支配株主や外国人株主を含め、
        株主を平等に取り扱います。
       ・当社グループは、企業が持続的に成長し、利潤の追求を通じてその価値を増大させるためには、全てのステーク
        ホルダーとの共存共栄の関係に基礎付けられた、ステークホルダーによる会社に対する資源提供が不可欠である
        と考えております。当社グループは、このような認識の下、ステークホルダーとの円滑な関係を構築することに
        よって、企業価値や雇用を創造し、健全な経営体質を維持いたします。
       ・当社グループは、会社の財政状態、経営成績、資本関係を含む重要事項について、上場会社に求められる適時か
        つ適切な情報開示を実施し、ステークホルダーへの説明責任を全ういたします。
       ・当社グループは、取締役会並びに監査役及び監査役会による経営の監督を充実することにより、コーポレート・
        ガバナンスのシステムを適切に機能させ、株主をはじめとする全てのステークホルダーに対する責任を全ういた
        します。
       ①企業統治の体制
       ⅰ)企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
         当社は、株主総会の下、取締役会、監査役及び監査役会、会計監査人からなる機関設計を採用しております。ま
        た、このような企業統治体制を補完し有効に機能させるため、内部統制・リスク管理委員会が統括するコーポレー
        ト・ガバナンス体制を構築しております。
         このような企業統治の体制を採用しております理由は、企業規模あるいは事業内容等、当社及び当社グループの
        組織並びに事業の実態から判断して、現在の機関設計・企業統治体制が適切であり、必要にして十分な機能を果た
        していると考えているからです。
       ⅱ)会社の機関等の内容
         当社は、既述の通り監査役設置会社の形態を採用しており、法の定めに従い、株主総会の下に、取締役会及び代
        表取締役、監査役及び監査役会、並びに会計監査人を設置しております。また、これに加え、業務執行、監査・監
        督等の機能を強化するための組織を必要に応じて配置しております。
       ・株主総会における特別決議の要件について
         当社は定款で、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1
        以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行うと定めております。これは、株主総会におけ
        る特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものです。
       ⅲ)業務執行・監督の状況
         業務執行並びに経営の監督につき、法定の機関に加え、その活動をサポートする複数の会議体を設置し、その機
        能強化を図っております。
                                  40/116






                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (ア)取締役会
         取締役会を設置し、毎月1回定例で開催する他、必要に応じ、臨時取締役会を機動的に開催しております。取締
        役会は、経営方針を定め、法令及び定款の定める事項につき迅速かつ適正に意思決定を行うと共に、業務の効率性
        及び有効性を含む業務執行の適正性と妥当性を確保すべく、取締役及び代表取締役の職務執行を監督しておりま
        す。
        ・当社は定款で、取締役の定数を3名以上と定めております。
        ・当社は定款で、取締役の選任決議につき、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
         株主が出席し、その議決権の過半数をもって行うと定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票によ
         らないものとする旨、定款に定めております。
        ・当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって
         毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨、定款に定めております。
       (イ)代表取締役
         社長が代表取締役に選定され、業務執行を担うと共に、対外的には会社を代表しております。
       (ウ)部門会議
         社長、担当役員、部門長等で構成される部門会議を、定期的に開催しております。この部門会議においては、
        取締役会議案に関する事前審議及び経営戦略に係る重要事項に関する協議を行うと共に、各部門の業績及び各種
        施策の執行状況並びに各種懸案事項への対策等につき協議することにより、業務執行に係る意思決定を効率化・
        適正化し、取締役会の機能強化と経営効率の向上を図っております。
       (エ)内部統制・リスク管理委員会
         代表取締役社長を委員長とする内部統制・リスク管理委員会を設置し、当社グループにおける内部統制及びリ
        スク管理体制を統括し、適切に運用しております。
       ⅳ)内部統制システム、リスク管理体制及び子会社の業務の適正を確保するための体制に関する整備の状況
       (ア)内部統制・リスク管理システムに関する基本的考え方
         当社グループは、内部統制・リスク管理システムを、当社グループの事業活動を支援する4つの目的、すなわ
        ち、(1)業務の有効性と効率性の向上、(2)財務報告の信頼性の確保、(3)事業活動に関わる法令等の遵守、(4)会
        社資産の保全、を達成するために社長が構築する、社長が業務執行組織を統制する体制と仕組みが業務に組み込
        まれ、当社グループの業務に従事する全ての者によって遂行されるプロセスであり、6つの基本的要素、すなわ
        ち、(1)統制環境、(2)リスクの評価と対応、(3)統制活動、(4)情報と伝達、(5)モニタリング、(6)ITへの対応、
        から構成されると考えております。そして、そのシステムは、当社グループの経営理念に基づく経営目的を達成
        するため、倫理・行動規範及びコーポレート・ガバナンスに関する基本指針に従い、取締役会の監督の下で整
        備・構築され、適切に運用されるべきものであると考えております。
       (イ)内部統制・リスク管理システムの現状
        a.規程    体系の整備
          「経営理念」及び「経営目的」の下、「経営方針」及び「行動指針」並びに「倫理・行動規範」に由来し定款
         に立脚する、当社及び当社グループにおけるコーポレート・ガバナンスに関する根本規範として、「コーポレー
         ト・ガバナンスに関する基本指針」を策定いたしました。当社及び当社グループにおけるコーポレート・ガバナ
         ンスの基本的枠組みは、この指針並びにこの指針に基づき策定された「内部統制原則」及び「リスク管理原則」
         の下で構築され、「内部統制・リスク管理委員会」が、当社取締役会の委任の下、これを統括し、監査室と連携
         して、その運用を担います。
        b.組織体制の整備
          ・内部統制・リスク管理委員会
            取締役会の委任に基づき、当社グループにおける内部統制・リスク管理全般を統括し、これに関する一切
           の責任と権限を有する組織として、内部統制・リスク管理委員会を設置しております。
          ・コーポレート・ガバナンス統括事務局
            内部統制・リスク管理委員会の事務局を兼ね、会議の運営を担当する組織として、コーポレート・ガバナ
           ンス統括事務局を設置しております。
                                  41/116





                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        c.  内部統制システムに関する決定
          マミヤ・オーピー株式会社(以下、MOPとする。)取締役会が、法令の定めに従い決議した「内部統制システ
         ムに関する決定」の概要は、以下の通りです。
          ※平成27年5月1日改定
         1.MOP及び子会社の取締役等の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制、並びに使用人
          の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
           倫理的規範の尊重を基礎とし、これを包含する法令等遵守(以下、「コンプライアンス」とする。)を業務
          遂行上の最重要課題のひとつと位置付け、その達成のため、取締役及び使用人その他の従業員(以下、「使用
          人等」とする。)に、法令、定款、社内規定等の遵守を徹底する旨を定めると共に、MOPグループにおけるコ
          ンプライアンスの取り組みが、「コーポレート・ガバナンスに関する基本指針」の下で内部統制・リスク管理
          委員会により統括される旨を定め、これに係る各組織の役割等、重要事実の管理と内部者取引の防止の取り組
          み、ヘルプラインの設置、コンプライアンス違反に対し厳正に対処する旨、そして、代表取締役直轄の監査室
          が、コンプライアンスを確保する体制の整備・運用状況について妥当性・有効性を評価し、その改善に向けて
          の助言・提言及び指導・支援を行う旨、監査役及び監査役会が、株主の負託を受けた独立の機関として取締役
          及び使用人等の職務執行におけるコンプライアンス状況を監視・監督する旨、その他を定めています。
         2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           取締役の職務の執行(使用人等を用いたものを含む。)に係る情報の保存及び管理につき、管理部門長を責
          任者と定め、取締役会議事録、稟議書等の事業遂行に係る各種機密事項や個人情報を含む職務執行に係る重要
          情報他(電磁的記録を含む。)を正確かつ適切に記録し、法令定款及び社内諸規程等に従い、文書又は電磁的
          記録により、権限を有するものが容易に検索し閲覧できる状態で保存し管理する旨、そして同じく権限を有す
          る者が、これらの情報を所定の手続きに従い閲覧できる旨、その他を定めています。
         3.MOP及び子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
           損失の危険を、経営目的並びに事業計画の達成を阻害しMOPグループに損失をもたらす事象が発生する可能
          性(以下、「リスク」とする。)と定義し、コーポレート・ガバナンスに関する基本指針並びに内部統制原則
          及びリスク管理原則の下でリスク管理の全社的な体制を構築し、事業活動に係る多種多様な定量的・定性的な
          リスクを一元的に管理する旨、金融商品取引法の定める財務報告に係る内部統制及び反社会的勢力による経営
          活動への関与あるいは被害の防止に関する体制の整備及びその運用を、かかる全社的リスク管理体制の中に位
          置づける旨、事業継続に影響を及ぼす非常事態が発生した場合に危機管理委員会を設置する旨、取締役及び使
          用人等が規程に基づき付与された決裁権限の種類と範囲に従い業務を遂行し、これに伴うリスクを管理する
          旨、その他を定めております。
         4.MOP及び子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           取締役会につき、実質的な討議を可能とする人数による取締役会を設置し、法令及び定款の定める事項につ
          き迅速かつ適正に決定すると共に、取締役及び代表取締役社長の職務執行が、業務の効率性及び有効性の確保
          を含め適正に行われていることにつき監督する旨を定めるなど、取締役会をはじめとする各種組織・会議体
          (監査役会や監査室を含む。)、取締役の効率的な職務執行を支える組織体制及びその役割を定めると共に、
          決裁権限の明確化、経営計画の策定、情報システムの整備、その他を定めております。
         5.子会社の取締役等の職務の執行に係る事項のMOPへの報告に関する体制その他、MOPの親会社及び子会社からな
          る企業集団における業務の適正を確保するための体制
           子会社における自律的経営を原則とした上で管理の責任者を設け、出資者としてのMOPの法的又は契約上の
          権利に基づき、経営状況の適切な把握、社内規程等の適切な整備・運用、親会社に対する報告の徹底、役員の
          選任解任等に関する適切な意思表示、等を通じて、子会社に対し適切な管理・監督を行う旨を定めると共に、
          リスク管理原則に基づき子会社の重要なリスクの存在を識別・測定し、継続的な統制を行う他、子会社の役員
          及び使用人もMOPの内部通報制度を利用することを可能とし、子会社が、MOPと緊密なコミュニケーションと協
          力関係を保ちながらも、事業活動及び経営判断においてMOPからの独立性を確保すべき旨、その他を定めてお
          ります。
         6.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項、当該補助使
          用人の取締役からの独立性に関する事項、並びに当該補助使用人に対する監査役の指示の実効性の確保に関す
          る事項
           監査役が、その職務を補助すべき使用人等を置くことが必要であると認めたとき、特定の者を指名して、監
          査室及び監査室以外の社内各部門に対して監査への協力を求める事ができる旨、監査役が指名した職務を補助
          すべき使用人等の異動、懲戒等については、その決定に先立ち監査役会と協議しなければならない旨、その他
          を定めております。
         7.子会社の取締役、会計参与、執行役、業務を執行する社員、会社法第598条第1項の職務を行うべき者その他
          これらの者に相当する者及び使用人またはこれらの者から報告を受けた者がMOPの監査役に報告をするための
          体制、その他取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制、並び
          にかかる報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利益な取扱いを受けないことを確保するための体
          制
           監査役が、経営に係る重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を把握するため、取締役会その他の重要な
          会議及び協議体に出席し、稟議書その他社内の重要文書の回付を受けると共に、代表取締役社長、その他の取
          締役、管理部門長等との協議を定期的に実施し、必要な事項につき報告を求めることができる旨、そして取締
          役が、会社に著しい損害若しくは影響を及ぼす恐れのある事実を発見した場合の監査役への報告義務、使用人
          等が内部通報制度(ヘルプライン)等を通じ、監査役に報告・相談をすることができる旨、上記に定める監査
          役に対する報告をした者に対し不利な取扱いをした者に対しては、就業規則に基づく懲戒処分を含め厳正に対
          処する旨、その他を定めています。
                                  42/116



                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
         8.監査役の職務の執行について生ずる費用の前払い又は償還の手続きその他の職務の執行について生ずる費用又
          は債務の処理に係る方針に関する事項
           MOPは、監査役がその職務の執行について生ずる費用の前払または支出した費用等の償還、負担した債務の
          弁済を請求したときは、その費用等が監査役の職務の執行について生じたものではないことを証明できる場合
          を除き、これに応じる旨を定めています。
         9.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
           取締役が、監査役監査基準及び監査役監査規程を理解し監査役監査の重要性・有用性を十分認識すると共
          に、監査役監査を実効的ならしめるべく必要な環境整備を行う旨、その他を定めています。
                                  43/116


















                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       ⅴ)当社グループの本有価証券報告書提出日現在におけるコーポレート・ガバナンスの体制は、以下のとおりです。
     (注)   「国内連結子会社」および「海外連結子会社」については、「第一部[企業情報]                                      第1[企業の概況]         3[事業の内
















         容]」をご参照ください。
                                  44/116




                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       ②内部監査及び監査役監査の状況
        当社の内部監査及び監査役監査の組織は、監査室並びに監査役及び監査役会によって構成されており、法令・定
       款及び社内ルールの遵守はもとより、企業市民としての自覚に基づく社会における倫理や規範を尊重した当社の事
       業展開を支えております。
       ⅰ)監査役及び監査役会
         監査役は、取締役会等に出席し意見を述べるほか、毎月1回定例の監査役会を開催し、株主の負託を受けた独立
        の機関として取締役の職務執行を監査することにより、業務執行における法令・定款違反または著しい不当性の有
        無をチェックすると共に業務の有効性・効率性を担保すべく、コーポレート・ガバナンスに係る様々なテーマにつ
        き審議しております。
         なお、監査役3名は、いずれも財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており、うち2名は、会社法第2条
        第16号に定める社外監査役であります。
       地 位        氏 名                 財務及び会計に関する相当程度の知見
                     当社の常務取締役や子会社であるユナイテッドスポーツテクノロジーズ・ホールディ
             高  橋  浩  二
      常勤監査役               ングスInc.取締役を務めるなど、当社グループの各事業に携わり、企業経営者として
                     の豊富な経験を通じて培った財務・会計に関する相当程度の知見を有しております。
                     国税庁において、横須賀税務署副署長、東京国税局査察部統括国税査察官、日本橋税
             渡  邊  光  治
      社外監査役               務署長等を歴任し、現在は税理士事務所代表を務めるなど、財務及び会計に関する相
                     当程度の知見を有しております。
                     国税庁において、東京国税局査察部統括国税査察官、品川税務署長、葛飾税務署長等
             衞  藤  重  德
      社外監査役               を歴任し、現在は税理士事務所代表を務めるなど、財務及び会計に関する相当程度の
                     知見を有しております。
       ⅱ)監査室
         社長直轄の監査室(専従者3名)は、グループ企業を含めた業務活動全般に関し内部監査を実施し、業務執行の
        適法性及び妥当性並びに業務の有効性・効率性を確保する体制の整備・運用状況を検証すると共に、その改善に向
        けて助言・提言並びに指導・支援を行っております。
       ⅲ)外部監査人及び監査の状況
         当社は、会社法に基づく会計監査人及び金融商品取引法に基づく会計監査人として明治アーク監査法人を選任し
        ており、同監査法人との間で会社法監査と金融商品取引法監査について監査契約を締結し、それに基づき報酬を支
        払っております。また、金融商品取引法に基づく内部統制監査につきましても、同監査法人が実施しております。
         なお、同監査法人及び当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員と当社の間には特別の利害関係はありませ
        ん。
         最近の連結会計年度において監査業務を執行した公認会計士の氏名、監査業務に係る補助者の構成については下
        記の通りであります。
        ・業務を執行した公認会計士の氏名
            指定社員 業務執行社員:堀江清久、橋本純子
        ・会計監査業務に係る補助者の構成
            公認会計士      9名、その他       8名
       ⅳ)内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携並びにこれら監査と内部統制部門との関係
        ・監査役及び監査役会は、会計監査人から監査(またはレビュー)計画の概要説明、及び会計年度末(または四半
         期末)の会計監査(または四半期レビュー)報告を受けると共に、その内容について会計監査人と協議・調整を
         行う等、有効かつ効率的に職務を執行し、各々の有する監査機能の充実を図るべく、会計監査人との密接な連携
         の下で各々の監査を進めております。
        ・監査室が各内部統制単位における内部統制責任者等と連携して、監査役監査並びに会計監査及び内部統制監査を
         適宜サポートしております。
        ・常勤監査役と監査室長は、必要に応じ随時、情報交換及び協議を行っております。
        ・会計監査及び内部統制監査の講評会に、常勤監査役、監査室長等、内部統制部門の関係者が出席し、現状認識と
         問題意識の共有に努めております。
                                  45/116





                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       ③社外取締役及び社外監査役
       ⅰ)社外取締役
          当社の社外取締役は2名であります。
       氏 名          当該社外取締役と当社との人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係
             独立した職業的法律専門家であり、当社との利害関係はありません。なお、当社は、寺本吉男氏を、
      寺本 吉男
             東京証券取引所の有価証券上場規則が定める独立役員に指定しております。
             黒澤正和氏は、(公財)犯罪被害救援基金専務理事等を兼職しておりますが、当社と兼職先との間に
      黒澤 正和       特別の利害関係はありません。なお、当社は、黒澤正和氏を、東京証券取引所の有価証券上場規則が
             定める独立役員に指定しております。
          当社は、より強固なコンプライアンス経営体制を構築するため、弁護士という職業的法律専門家並びに公益確
         保及び公序良俗維持に係る豊富な実績を有する警察行政経験者等、高い専門知識と実務経験に基づいた幅広い見
         識を有する者を社外取締役に選任しております。
          また、社外取締役の独立性について、当社は社外取締役を選任するための当社からの独立性に関する基準又は
         方針は定めておりませんが、一般株主及び投資者の利益保護等の観点から、社外取締役の独立性を非常に重要で
         あると考えており、2名の社外取締役を東京証券取引所の定める独立役員の独立性に関する判断基準を参考と
         し、当社と利害関係を有さない独立した者を選任しております。
          そして、社外取締役は、その経験から培われた豊富な専門知識並びに実務経験と幅広い識見に基づき大局的な
         見地から当社の経営の監督と助言を行い、その独立した立場から取締役会における審議・決議に加わることによ
         り、当社における企業統治を強化する機能及び役割を果たすことを期待しております。
       ⅱ)社外監査役
          当社の社外監査役は2名であります。
       氏 名          当該社外監査役と当社との人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係
             独立した職業的会計専門家であり、当社との利害関係はありません。なお、当社は、渡邊光治氏を、
      渡邊 光治
             東京証券取引所の有価証券上場規則が定める独立役員に指定しております。
             独立した職業的会計専門家であり、当社との利害関係はありません。なお、当社は、衞藤重德氏を、
      衞藤 重德
             東京証券取引所の有価証券上場規則が定める独立役員に指定しております。
          当社は、監査を通じて経営監視機能を果たし得る、財務・会計に関する高度な知見を有する者を社外監査役に
         選任しております。
          また、社外監査役の独立性について、当社は社外監査役を選任するための当社からの独立性に関する基準又は
         方針は定めておりませんが、客観性の担保による監査の実効性確保を経営監視機能の強化並びに一般株主及び投
         資者の利益保護等の観点から、社外監査役の独立性を非常に重要であると考えており、2名の社外監査役を、東
         京証券取引所の定める独立役員の独立性に関する判断基準を参考とし、当社と利害関係を有さない独立した職業
         的会計専門家より選任しております。
          そして、これら社外監査役は、監査役会及び取締役会への出席その他における情報交換と協議を通じて、専門
         的知見に基づく監査の視点と独立した第三者としての客観的な視点から、厳格かつ適切な監査及び助言・指導を
         行うことによって、当社における企業統治を強化する機能及び役割を果たしております。
       ⅲ)社外監査役による監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係
        ・社外監査役を含む監査役及び監査役会は、会計監査人から監査(またはレビュー)計画の概要説明、並びに会計
         年度末(または四半期末)の会計監査(または四半期レビュー)報告を受けると共に、その内容について会計監
         査人と協議・調整を行う等、有効かつ効率的に職務を執行し、監査機能の充実を図るべく、会計監査人との密接
         な連携の下で監査を進めております。
        ・監査室が、各内部統制単位における内部統制責任者等と連携して、社外監査役による監査を適宜サポートしてお
         ります。
        ・社外監査役は、監査役会において会計監査及び内部統制監査並びに内部監査の報告を常勤監査役から受ける等、
         必要に応じ随時、情報交換及び協議を行っております。
                                  46/116





                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       ④役員報酬等
       ⅰ)役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(千円)
                   報酬等の総額                                対象となる
         役員区分
                                     ストック       役員退職
                    (千円)                               役員の員数
                             基本報酬
                                    オプション        慰労金
                                                    (人)
      取締役
                      58,784        48,780        7,753       2,250         7
      (社外取締役を除く。)
      監査役
                       9,696        9,483
                                        -       213        3
      (社外監査役を除く。)
                      16,005        15,750
      社外役員                                  255        -        ▶
      (注)平成29年6月29日開催の第75回定時株主総会終結の時以降、社外取締役の人数は2名、社外監査役の人数は2名と
        なっております。
       ⅱ)提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

         連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
       ⅲ)役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

         当社取締役の個別報酬額は、株主総会により授権を受けた報酬の範囲内で、職責や業績、過去の支給実績、同
        業他社の動向を加味した上で当社が定める報酬基準(内規)に基づき、取締役会決議により権限を与えられた代
        表取締役社長によって決定されます。また、取締役を対象としております株式報酬型ストックオプションは業績
        連動の要素を有しており、法定の厳格な手続きに従い、取締役会決議をもって各取締役に付与され、株価上昇を
        導く業績向上へのインセンティブが株主様と一致する報酬体系を実現しております。
       ⑤株式の保有状況

       ⅰ)投資株式のうち保有目的が純投資以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表価額の合計額
           9銘柄             564,002千円
       ⅱ)保有目的が純投資以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

        前事業年度
         特定投資株式
                                    貸借対照表計上額
            銘 柄             株式数(株)                         保有目的
                                      (千円)
      東レ(株)                       234,000                 230,958             取引先
      (株)ゲームカード・ジョイコホール

                             76,000             95,304
                                               取引先
      ディングス
                                         62,350
      サクサホールディングス(株)                       290,000                        取引先
                                  47/116







                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        当事業年度
         特定投資株式
                                    貸借対照表計上額
            銘 柄             株式数(株)                         保有目的
                                      (千円)
      東レ(株)                       234,000                 235,521             取引先
      (株)ゲームカード・ジョイコホール
                             76,000
                                        120,916             取引先
      ディングス
                             29,000
      サクサホールディングス(株)                                   61,335             取引先
      (注)サクサホールディングス㈱は、平成29年10月1日付で、普通株式10株につき1株の割合で株式併合をしており
         ます。
       ⅲ)保有目的が純投資目的の投資株式

          前事業年度及び当事業年度とも保有しておりません。
       ⅳ)保有目的を変更した投資株式

          該当事項はありません。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
               報酬(円)            酬(円)            報酬(円)            酬(円)
      提出会社              28,500,000                -       28,500,000                -

      連結子会社                  -            -            -            -

         計           28,500,000                -       28,500,000                -

        ②【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としては、監査の日数、当社グループの規模・業務の特
         性等の要素を勘案した上で決定しております。
                                  48/116







                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号、
        以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ

        いて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月
       31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財務諸表について、明治
       アーク監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、正確な連結財務諸表等を作成できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加
       入し、会計情報を適時に入手しております。また、同機構が行う「有価証券報告書作成上の留意点」研修に参加し
       ております。
                                  49/116














                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       8,130,283              8,464,001
         現金及び預金
                                                    ※3 2,734,434
                                       3,372,436
         受取手形及び売掛金
                                       1,437,835              1,626,134
         商品及び製品
                                        329,285              231,181
         仕掛品
                                       1,062,977               932,585
         原材料及び貯蔵品
                                            -            27,900
         販売用不動産
                                         72,876              49,157
         繰延税金資産
                                        152,843              383,442
         その他
                                        △ 14,952             △ 11,269
         貸倒引当金
                                       14,543,585              14,437,568
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       5,092,464              4,967,104
          建物及び構築物
                                      △ 2,521,503             △ 2,691,079
            減価償却累計額
                                      ※1 2,570,960             ※1 2,276,024
            建物及び構築物(純額)
                                       1,523,250              1,520,213
          機械装置及び運搬具
                                      △ 1,256,368             △ 1,271,310
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                             266,882              248,902
          工具、器具及び備品                             1,439,749              1,512,462
                                      △ 1,290,935             △ 1,334,839
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             148,813              177,622
                                      ※1 4,745,841             ※1 5,530,130
          土地
                                         31,560              21,780
          リース資産
                                        △ 13,884              △ 9,438
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                             17,676              12,342
                                         61,492              38,873
          建設仮勘定
                                       7,811,665              8,283,896
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        326,239              239,538
          のれん
                                        136,346              376,589
          その他
                                        462,586              616,128
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※2 2,499,032             ※2 2,114,682
          投資有価証券
                                        561,706             1,053,770
          長期貸付金
          繰延税金資産                              223,437              223,746
                                        235,555              234,955
          その他
                                        △ 70,304             △ 66,135
          貸倒引当金
                                       3,449,427              3,561,019
          投資その他の資産合計
                                       11,723,679              12,461,043
         固定資産合計
                                       26,267,264              26,898,611
       資産合計
                                  50/116





                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                    ※3 1,511,709
                                       2,153,848
         支払手形及び買掛金
                                      ※4 1,600,000             ※4 1,853,000
         短期借入金
                                        240,000              440,000
         1年内償還予定の社債
                                    ※1 , ※4 1,076,962           ※1 , ※4 1,094,716
         1年内返済予定の長期借入金
                                        211,270              100,596
         未払法人税等
                                         84,867              83,422
         賞与引当金
                                        537,619              612,704
         その他
                                       5,904,568              5,696,149
         流動負債合計
       固定負債
                                        800,000             1,510,000
         社債
                                    ※1 , ※4 4,155,567           ※1 , ※4 3,997,820
         長期借入金
                                         34,391              401,050
         繰延税金負債
                                         33,622              21,936
         役員退職慰労引当金
                                        642,006              656,212
         退職給付に係る負債
                                        169,377              137,967
         その他
                                       5,834,964              6,724,987
         固定負債合計
       負債合計                                11,739,533              12,421,136
      純資産の部
       株主資本
                                       3,962,632              3,962,632
         資本金
                                         2,260              2,301
         資本剰余金
                                       10,074,414               9,962,370
         利益剰余金
                                       △ 195,414             △ 183,105
         自己株式
                                       13,843,892              13,744,198
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        138,470              163,684
         その他有価証券評価差額金
                                        529,219              541,592
         為替換算調整勘定
                                        △ 12,842              △ 6,609
         退職給付に係る調整累計額
                                        654,846              698,668
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  28,991              24,206
                                            -            10,400
       非支配株主持分
                                       14,527,731              14,477,474
       純資産合計
                                       26,267,264              26,898,611
      負債純資産合計
                                  51/116








                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                       14,973,426              12,574,483
      売上高
                                    ※2 , ※5 9,989,302           ※2 , ※5 8,448,016
      売上原価
                                       4,984,123              4,126,467
      売上総利益
                                    ※1 , ※2 4,112,113           ※1 , ※2 3,939,532
      販売費及び一般管理費
                                        872,010              186,934
      営業利益
      営業外収益
                                         9,205              9,023
       受取利息
                                         9,431              8,861
       受取配当金
                                        144,134              119,105
       持分法による投資利益
                                         20,346               2,396
       固定資産賃貸料
                                         37,159              45,245
       その他
                                        220,278              184,632
       営業外収益合計
      営業外費用
                                        110,052               97,690
       支払利息
                                         14,541                 -
       固定資産賃貸費用
                                            5            1,177
       貸倒引当金繰入額
                                         27,786              95,541
       為替差損
                                         42,672              43,554
       その他
                                        195,058              237,964
       営業外費用合計
                                        897,230              133,602
      経常利益
      特別利益
                                        ※3 1,372            ※3 558,677
       固定資産売却益
                                         84,162                 -
       投資有価証券売却益
                                         85,535              558,677
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※4 443             ※4 161
       固定資産除売却損
                                         52,105                 -
       減損損失
                                         21,764                 -
       事務所移転費用
                                         6,621             100,004
       投資有価証券評価損
                                         34,390              26,660
       投資有価証券売却損
                                        115,326              126,826
       特別損失合計
                                        867,439              565,453
      税金等調整前当期純利益
                                        279,597              192,875
      法人税、住民税及び事業税
                                         75,311              20,174
      法人税等調整額
                                        354,908              213,049
      法人税等合計
                                        512,530              352,403
      当期純利益
      非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に
                                        △ 3,559               184
      帰属する当期純損失(△)
                                        516,089              352,219
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  52/116






                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                        512,530              352,403
      当期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 66,300              20,215
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 637               -
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 41,168              12,373
       為替換算調整勘定
                                         3,278              6,233
       退職給付に係る調整額
                                         36,039               4,998
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                       ※ △ 68,788              ※ 43,821
       その他の包括利益合計
                                        443,742              396,225
      包括利益
      (内訳)
                                        445,736              396,040
       親会社株主に係る包括利益
                                        △ 1,994               184
       非支配株主に係る包括利益
                                  53/116















                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                    株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金          自己株式         株主資本合計
     当期首残高
                   3,962,632          3,885       10,026,212          △ 116,551        13,876,178
     当期変動額
      剰余金の配当                               △ 467,887                  △ 467,887
      親会社株主に帰属する
                                      516,089                   516,089
      当期純利益
      自己株式の取得                                        △ 123,582         △ 123,582
      自己株式の処分                       △ 1,624                  44,719          43,094
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 -      △ 1,624         48,202        △ 78,862         △ 32,285
     当期末残高              3,962,632          2,260       10,074,414          △ 195,414        13,843,892
                        その他の包括利益累計額

                                           新株予約権     非支配株主持分       純資産合計
               その他有価証券       為替換算調整勘       退職給付に係る       その他の包括利
               評価差額金       定        調整累計額      益累計額合計
     当期首残高             168,731       572,401      △ 15,933      725,199       19,119      44,510    14,665,007
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                        △ 467,887
      親会社株主に帰属する
                                                         516,089
      当期純利益
      自己株式の取得                                                  △ 123,582
      自己株式の処分                                                    43,094
      株主資本以外の項目の
                  △ 30,260      △ 43,182       3,090      △ 70,352       9,872     △ 44,510    △ 104,990
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             △ 30,260      △ 43,182       3,090      △ 70,352       9,872     △ 44,510    △ 137,275
     当期末残高             138,470       529,219      △ 12,842      654,846       28,991        -  14,527,731
                                  54/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                    株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金          自己株式         株主資本合計
     当期首残高              3,962,632          2,260       10,074,414          △ 195,414        13,843,892
     当期変動額
      剰余金の配当                               △ 464,263                  △ 464,263
      親会社株主に帰属する
                                      352,219                   352,219
      当期純利益
      自己株式の取得
                                               △ 1,005         △ 1,005
      自己株式の処分                         41                 13,314          13,355
      連結子会社の増加によ
      る非支配株主持分の変
      動
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 -        41      △ 112,044          12,308         △ 99,693
     当期末残高
                   3,962,632          2,301       9,962,370         △ 183,105        13,744,198
                        その他の包括利益累計額

                                           新株予約権     非支配株主持分       純資産合計
               その他有価証券       為替換算調整勘       退職給付に係る       その他の包括利
               評価差額金       定        調整累計額      益累計額合計
     当期首残高
                  138,470       529,219      △ 12,842      654,846       28,991        -  14,527,731
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 464,263
      親会社株主に帰属する
                                                         352,219
      当期純利益
      自己株式の取得                                                   △ 1,005
      自己株式の処分                                                    13,355
      連結子会社の増加によ
      る非支配株主持分の変                                              10,216      10,216
      動
      株主資本以外の項目の
                   25,214       12,373       6,233      43,821      △ 4,785       184    39,220
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                   25,214       12,373       6,233      43,821      △ 4,785      10,400     △ 50,256
     当期末残高             163,684       541,592       △ 6,609      698,668       24,206      10,400    14,477,474
                                  55/116








                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        867,439              565,453
       税金等調整前当期純利益
                                        407,822              378,582
       減価償却費
                                         52,105                 -
       減損損失
                                         86,700              86,700
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  3,129             △ 7,406
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 8,578             △ 1,444
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  6,460             △ 11,686
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 1,158              14,206
                                        △ 18,637             △ 17,885
       受取利息及び受取配当金
       為替差損益(△は益)                                  48,234              90,579
                                        110,052               97,690
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                △ 144,134             △ 119,105
       固定資産除売却損益(△は益)                                  △ 929           △ 558,515
       投資有価証券評価損益(△は益)                                  6,621             100,004
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 49,771              26,660
       売上債権の増減額(△は増加)                                 407,080              597,647
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 143,361              157,101
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 78,075             △ 605,482
                                         11,168              36,546
       その他
                                       1,562,168               829,648
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  39,638              31,269
                                       △ 123,951              △ 95,745
       利息の支払額
                                       △ 330,231             △ 288,313
       法人税等の支払額
                                       1,147,623               476,859
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 2,400             △ 2,400
       定期預金の預入による支出
                                      △ 1,759,140              △ 259,352
       有形固定資産の取得による支出
                                            -          2,226,000
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 16,371             △ 126,695
       無形固定資産の取得による支出
                                            -          △ 117,500
       投資有価証券の取得による支出
                                        217,442               40,000
       投資有価証券の売却による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                            -          △ 886,910
       支出
                                       △ 169,300             △ 562,264
       貸付けによる支出
                                        100,503               70,201
       貸付金の回収による収入
                                        116,163              △ 7,619
       その他
                                      △ 1,513,103               373,458
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  56/116







                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 200,000              103,000
                                       2,100,000               950,000
       長期借入れによる収入
                                      △ 1,031,225             △ 1,970,048
       長期借入金の返済による支出
                                        100,000             1,200,000
       社債の発行による収入
                                       △ 290,000             △ 290,000
       社債の償還による支出
                                           114               -
       自己株式の売却による収入
                                       △ 125,215              △ 1,005
       自己株式の取得による支出
                                       △ 468,747             △ 465,172
       配当金の支払額
                                        △ 40,053             △ 39,932
       その他
                                        444,872             △ 513,159
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 11,025              △ 3,440
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   68,366              333,718
                                       7,661,917              7,730,283
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 7,730,283              ※ 8,064,001
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  57/116














                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
             (イ)連結子会社の数              7 社
               連結子会社の名称
                エフ・エス株式会社
                キャスコ株式会社
                株式会社ネクオス
                株式会社エフ・アイ興産
                ユナイテッドスポーツテクノロジーズ・ホールディングス                             Inc.
                ユーエスティ・マミヤ             Inc.
                マミヤ・オーピー(バングラデシュ)Ltd.
               上記のうち、株式会社エフ・アイ興産については、当連結会計年度において発行済株式数の99.0%
              を取得したため、連結の範囲に含めております。
               なお、前連結会計年度において連結子会社でありましたマミヤ・オーピー・ネクオス株式会社は平
              成29年4月1日付で当社を存続会社、同社を消滅会社とする吸収合併を行ったため、連結の範囲から
              除外しております。
             (ロ)非連結子会社の名称等

                非連結子会社の名称
                カマタリタイランドCo.,Ltd.
                台湾キャスコCo.,Ltd.
                キャスコゴルフ(タイランド)Co.,Ltd.
              (連結の範囲から除いた理由)

               非連結子会社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)
              及び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため
              連結の範囲から除外しております。
         2.持分法の適用に関する事項

             (イ)持分法適用の関連会社の数                   1 社
               ジャパンネットワークシステム株式会社
             (ロ)持分法の適用範囲から除いた理由

               持分法を適用していない非連結子会社(3社)及び関連会社2社(MJSソーラー株式会社及び株
              式会社IMI)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、
              持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がな
              いため、持分法の適用範囲から除外しております。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

             連結子会社の決算日が連結決算日と異なる会社は次のとおりであります。
                          会社名                   決算日
             ・ユナイテッドスポーツテクノロジーズ・ホールディングス 
                                            12月31日
              Inc.
             ・ユーエスティ・マミヤInc.                               12月31日
             ・マミヤ・オーピー(バングラデシュ)Ltd.                               12月31日
            連結財務諸表の作成に当たっては、連結子会社の決算日現在の財務諸表を使用しております。

            ただし、連結決算日までの期間に発生した重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
                                  58/116




                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
         4.会計方針に関する事項
         (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             (イ)有価証券
               その他有価証券
               ・時価のあるもの
                 決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原
                価は移動平均法により算定)を採用しております。
               ・時価のないもの
                 主として移動平均法による原価法を採用しております。
             (ロ)たな卸資産

               製品、原材料及び仕掛品については、主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の
              低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しております。
               販売用不動産については、主として個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく
              簿価切下げの方法)を採用しております。
         (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             (イ)有形固定資産(リース資産除く)
               当社及び国内連結子会社は定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した
              建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物は定額
              法を採用しております。
               また在外連結子会社は当該国の会計基準の規定に基づく定額法を採用しております。
               なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
               建物及び構築物             3~49年
               機械装置及び運搬具             2~15年
               工具、器具及び備品             1~20年
             (ロ)無形固定資産

               定額法を採用しております。
               なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を
              採用しております。
            (ハ)リース資産

              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
         (3)重要な引当金の計上基準

             (イ)貸倒引当金
              売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権
             等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
             (ロ)賞与引当金

              従業員の賞与支給に備えるため、賞与支給見込額のうち当連結会計年度に負担すべき額を計上してお
             ります。
             (ハ)役員退職慰労引当金

              子会社の一部は、役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規定に基づく期末要支給額
             を計上しております。
                                  59/116




                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
         (4)退職給付に係る会計処理の方法
             (イ)退職給付見込額の期間帰属方法
              当社及び子会社の一部は、従業員の退職給付に備えるため、退職給付に係る負債及び退職給付費用の
             計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用してお
             ります。
              子会社の一部は退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、期間定
             額基準によっております。
             (ロ)数理計算上の差異の費用処理の方法

              数理計算上の差異については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(5年)によ
             る定額法により発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
             (ハ)未認識数理計算上の差異の会計処理

              未認識数理計算上の差異については、税効果を調整の上、純資産の部におけるその他の包括利益累計
             額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
         (5)重要なヘッジ会計の方法

             (イ)ヘッジ会計の方法
               金利スワップについては、特例処理の要件を充たしているため、特例処理によっております。
             (ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象
               ヘッジ手段・・・金利スワップ取引
               ヘッジ対象・・・借入金
             (ハ)ヘッジ方針
               借入金に係る金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を利用しております。
             (ニ)ヘッジ有効性評価の方法
               特例処理による金利スワップであるため、有効性の評価は省略しております。
         (6)のれんの償却方法及び償却期間

             効果の発現する期間(10年)で均等償却しております。
         (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

              手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリ
             スクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
         (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

            (イ)消費税等の会計処理
              消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
            (ロ)連結納税制度の適用

              当社及び子会社の一部は、連結納税制度を適用しております。
                                  60/116







                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (未適用の会計基準等)
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員
       会)
      (1)概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計
       基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいて
       はTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は平成29年12
       月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する
       包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
       を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
       点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
       には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
      (2)適用予定日

        平成34年3月期の期首から適用します。
      (3)当該会計基準等の適用による影響

      「収益認識に関する会計基準」              等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中でありま
      す。
       (表示方法の変更)

       前連結会計年度において、独立掲記しておりました「営業外費用」の「アレンジメントフィー」は、営業外費用の
      総額の100分の10以下となったため、当連結会計年度より「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変
      更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
       この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外費用」に表示していた「アレンジメントフィー」
      16,150百万円、「その他」26,522百万円は、「その他」42,672百万円として組み替えております。
                                  61/116











                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
      ※1 担保資産及び担保付債務
        担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
                           前連結会計年度               当連結会計年度
                          (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
          建物及び構築物                      910,727千円               682,809千円
          土地                     3,211,028千円               4,014,917千円
                合計               4,121,755千円               4,697,726千円
          長期借入金

          (1年内返済予定額を含む)                     3,442,400千円               2,965,673千円
                合計                3,442,400千円               2,965,673千円
      ※2 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次の通りであります。

                           前連結会計年度               当連結会計年度
                          (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
          投資有価証券(株式)                     1,721,882千円               1,541,486千円
     ※3 連結会計年度末日満期手形

         連結会計期間末日満期手形の会計処理については、当連結会計年度末日が金融機関の休日でしたが、
        満期日に決済が行われたものとして処理しております。当連結会計年度末日満期手形の金額は、次のと
        おりであります。
                         前連結会計年度                  当連結会計年度
                       (平成29年3月31日)                  (平成30年3月31日)
        受取手形                          -千円               20,469千円
        支払手形                          -千円              178,812千円
                                  62/116












                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      ※4 当社及び連結子会社は、財務制限条項付の金銭消費貸借契約(シンジケーション方式タームローン契約及びコ
       ミットメントライン契約)を締結しております。その内容は下記の通りであります。
       (1)      当社及び連結子会社の株式会社りそな銀行をアレンジャー兼エージェントとする金銭消費貸借契約
        (タームローン契約)
                           前連結会計年度               当連結会計年度
                          (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
         ①借入総額                      3,950,000千円               3,950,000千円
         ②当連結会計年度末借入残高
          1年内返済予定の長期借入金                      495,600千円               495,600千円
                  長期借入金             2,539,300千円               2,043,700千円
       ③財務制限条項

        当社は、各会計年度の決算期及び第2四半期の末日における連結の貸借対照表の純資産の部及び各年度の決算期
       の末日における単体の貸借対照表における純資産の部の金額を前年同期比75%以上に維持すること。並びに各会計
       年度の決算期における(連結・単体ベースの両方)損益計算書に示される経常損益が2期連続して損失とならない
       ようにすること。
        連結子会社は、各会計年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を前年同期比75%以上

       に維持すること。また、各会計年度の決算期における単体の損益計算書に示される経常損益が2期連続して損失と
       ならないようにすること。
       (2)      当社及び連結子会社の株式会社りそな銀行をアレンジャー兼エージェントとする金銭消費貸借契約

        (コミットメントライン契約)
                             前連結会計年度               当連結会計年度
                           (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
         ①貸出コミットメントの総額                       2,000,000千円               1,703,000千円
         ②当連結会計年度末借入実行額                       1,100,000千円                803,000千円
          差引額                         900,000千円               900,000千円
       ③財務制限条項

        当社は、各会計年度の決算期の末日における連結の貸借対照表の純資産の部の金額を前年同期比75%以上に維持
       すること。また、各会計年度の決算期における連結の損益計算書に示される経常損益が損失とならないようにする
       こと。
        連結子会社は、各会計年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を前年同期比75%以上
       に維持すること。また、各会計年度の決算期における単体の損益計算書に示される経常損益が損失とならないよう
       にすること。
                                  63/116








                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (連結損益計算書関係)
      ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                           前連結会計年度               当連結会計年度
                         (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                          至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
         役員報酬                       208,708    千円           175,293    千円
         従業員給与手当                      1,237,048     千円          1,381,710     千円
         賞与引当金繰入額                       141,169    千円            40,409   千円
         退職給付費用                       47,410   千円            43,034   千円
      ※2 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

            前連結会計年度               当連結会計年度
          (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
           至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
                 691,065    千円           575,806    千円
      ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                           前連結会計年度               当連結会計年度
                        (自 平成28年4月1日                (自 平成29年4月1日
                         至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
         建物及び構築物                        309千円             412,508千円
         機械装置及び運搬具                       1,063千円                 13千円
         土地                         -千円             146,155千円
         合計                       1,372千円              558,677千円
        (注)当連結会計年度における金額は、関係会社に対する固定資産売却益であります。
      ※4 固定資産除売却損の内容は次のとおりであります。

                           前連結会計年度               当連結会計年度
                        (自 平成28年4月1日                (自 平成29年4月1日
                         至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
         建物及び構築物                         97千円               -千円
         機械装置及び運搬具                         4千円              49千円
         工具、器具及び備品                        341千円               112千円
         合計                        443千円               161千円
      ※5 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、当該簿価切下額は次の通りであり、売上原価に

        含まれております。
            前連結会計年度               当連結会計年度
          (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
           至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
                 180,006    千円           196,630    千円
                                  64/116






                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (連結包括利益計算書関係)
       ※その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     その他有価証券評価差額金
      当期発生額                                △11,399千円                 29,137千円
      組替調整額                                △84,162                   -
       税効果調整前
                                      △95,561                 29,137
       税効果額                                29,260               △8,921
       その他有価証券評価差額金
                                      △66,300                 20,215
     繰延ヘッジ損益
      当期発生額                                  3,897                 -
      組替調整額                                  △4,535                  -
      繰延ヘッジ損益
                                        △637                 -
     為替換算調整勘定
      当期発生額                                △41,168                 12,373
     退職給付に係る調整額
      当期発生額                                △2,302               △2,666
      組替調整額                                  9,823               9,581
       税効果調整前
                                        7,520               6,915
       税効果額                               △4,242                 △682
       退職給付に係る調整額
                                        3,278               6,233
     持分法適用会社に対する持分相当額
      当期発生額                                   36,039                4,998
        その他の包括利益合計
                                      △68,788                 43,821
                                  65/116












                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減          当連結会計年度末
                        首 株式数(千株)        加株式数(千株)         少株式数(千株)          株式数(千株)
        発行済株式
         普通株式 (注)1、2                   93,586           -        84,228          9,358
               合計              93,586           -        84,228          9,358
        自己株式
         普通株式 (注)1、3、4                     9        112          48         73
               合計                9        112          48         73
        (注)1.当社は、平成28年10月1日付けで普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。
           2.普通株式の発行済株式総数の減少84,228千株は、株式併合によるものであります。
           3.普通株式の自己株式の株式数の増加110千株は、公開買付けによる増加であり、2千株は、単元未満株式
             の買取りによる増加であります。
           4.普通株式の自己株式の株式数の減少39千株は、株式交換により割当交付による減少、8千株は株式併合
             による減少であります。
         2.新株予約権に関する事項

           ストック・オプションとしての新株予約権の当連結会計年度末残高(提出会社) 28,991千円
         3.配当に関する事項

         (1)配当金支払額
            平成28年6月29日の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
             普通株式の配当に関する事項
             (イ)配当金の総額         467,887千円
             (ロ)配当の原資                                     利益剰余金
             (ハ)1株当たり配当額                                        5円
             (ニ)基準日                                 平成28年3月31日
             (ホ)効力発生日                               平成28年6月30日
         (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

            平成29年6月29日の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
             普通株式の配当に関する事項
             (イ)配当金の総額         464,263千円
             (ロ)配当の原資                                     利益剰余金
             (ハ)1株当たり配当額                                        50円
             (ニ)基準日                                 平成29年3月31日
             (ホ)効力発生日                               平成29年6月30日
           (注)平成28年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。
                                  66/116






                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減          当連結会計年度末
                        首 株式数(千株)        加株式数(千株)         少株式数(千株)          株式数(千株)
        発行済株式
         普通株式                   9,358           -          -        9,358
               合計              9,358           -          -        9,358
        自己株式
         普通株式 (注)                     73          0         11         62
               合計                73          0         11         62
        (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
           2.普通株式の自己株式の株式数の減少11千株は、新株予約権の権利行使により自己株式を割り当てたこと
             による減少であります。
         2.新株予約権に関する事項

           ストック・オプションとしての新株予約権の当連結会計年度末残高(提出会社) 24,206千円
         3.配当に関する事項

         (1)配当金支払額
            平成29年6月29日の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
             普通株式の配当に関する事項
             (イ)配当金の総額         464,263千円
             (ロ)配当の原資                                     利益剰余金
             (ハ)1株当たり配当額                                        50円
             (ニ)基準日                                 平成29年3月31日
             (ホ)効力発生日                               平成29年6月30日
          (注)平成28年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。
         (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

            平成30年6月28日の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
             普通株式の配当に関する事項
             (イ)配当金の総額         464,817千円
             (ロ)配当の原資                                     利益剰余金
             (ハ)1株当たり配当額                                        50円
             (ニ)基準日                                 平成30年3月31日
             (ホ)効力発生日                               平成30年6月29日
                                  67/116







                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度               当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
         現金及び預金勘定                         8,130,283千円               8,464,001千円
         預入期間が3か月を超える定期預金
         及び担保預金                         △400,000千円               △400,000千円
         現金及び現金同等物                         7,730,283千円               8,064,001千円
     ※2.当連結会計年度に株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

        株式の取得により新たにエフ・アイ興産株式会社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株
       式の取得価額と株式取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
         流動資産            312,828千円
         固定資産           2,189,412千円
         流動負債           △236,872千円
         固定負債          △1,243,716千円
         非支配株主持分                        △10,216千円
         株式の取得価額        1,011,435千円
         現金及び現金同等物      △124,525千円
         差引:取得のための支出     886,910千円
       (リース取引関係)

        重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                  68/116












                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
       1.金融商品の状況に関する事項
        (1)金融商品に対する取組方針
          当社グループは、資金運用については安全性の高い金融資産で運用し、資金調達については主に自己資金及び
         銀行借入や社債発行により調達するものとしております。デリバティブは、後述するリスクを回避するための利
         用に限定し、投機的な取引は行わないこととしております。
        (2)金融商品の内容及びそのリスク
          営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
          有価証券及び投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒され
         ております。
          営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが1年以内の支払期日であり、借入金のうち、長期借入
         金(原則として5年以内)は主に設備投資及び新規事業投資に係る資金調達としております。
        (3)金融商品に係るリスク管理体制
        ①信用リスクの管理
          当社は与信管理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状況を適
         時把握しております。
          デリバティブ取引の執行については、格付けの高い金融機関に限定して行うこととしております。
        ②市場リスクの管理
          当社は、変動金利の借入金のうち長期のものの一部については、支払金利の変動リスクを回避し支払利息の固
         定化を図るために、個別契約ごとに金利スワップ取引を行っております。
        ③資金調達に係る流動性リスクの管理
          当社は経理部が半期毎に資金繰り計画を作成し、毎月ごとに実態に即し更新を行っております。また、手許流
         動性を月間経常支出の1.5ヶ月以上の維持を基本としております。
        (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
          金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
         れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
         より、当該価額が変動することがあります。
        (5)信用リスクの集中
          当期の連結決算日現在における営業債権のうち31.8%が特定の大口顧客に対するものであります。
                                  69/116











                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       2.金融商品の時価等に関する事項
         連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
        が極めて困難と認められるものは含まれておりません。((注2)参照)。
        前連結会計年度(平成29年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額                 時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
      ① 現金及び預金                       8,130,283            8,130,283                -
      ② 受取手形及び売掛金                       3,372,436            3,372,436                -

      ③ 投資有価証券
                              397,935            397,935               -
         その他有価証券
      ④ 長期貸付金                        561,706            565,698             3,991
                            12,462,361            12,466,353               3,991
       資産計
      ① 支払手形及び買掛金                       2,153,848            2,153,848                -

      ② 短期借入金                       1,600,000            1,600,000                -

      ③ 1年内償還予定の社債及び社
                             1,040,000            1,002,687             △37,312
        債
      ④ 1年内返済予定の長期借入金
                             5,232,530            5,293,777              61,247
        及び長期借入金
       負債計                      10,026,379            10,050,313              23,934
       デリバティブ取引                          -            -            -

        当連結会計年度(平成30年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額                 時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
      ① 現金及び預金                       8,464,001            8,464,001                -
      ② 受取手形及び売掛金                       2,734,434            2,734,434                -

      ③ 投資有価証券
                              426,994            426,994               -
         その他有価証券
      ④ 長期貸付金                       1,053,770            1,061,115              7,345
                            12,679,201            12,686,546               7,345

       資産計
      ① 支払手形及び買掛金                       1,511,709            1,511,709                -

      ② 短期借入金                       1,853,000            1,853,000                -

      ③ 1年内償還予定の社債及び社
                             1,950,000            1,893,100             △56,899
        債
      ④ 1年内返済予定の長期借入金
                             5,092,537            5,057,699             △34,838
        及び長期借入金
       負債計                      10,407,246            10,315,508             △91,738
       デリバティブ取引                          -            -            -

                                  70/116





                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
       資産
        ①現金及び預金、②受取手形及び売掛金
          これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
         ております。
        ③投資有価証券
          投資有価証券の時価については、株式等は取引所の価格によっており、債券は取引金融機関から提示された
         価格によっております。
          なお、有価証券は、その他有価証券として保有しており、これに関する事項については、注記事項(有価証
         券関係)をご参照ください。
        ④長期貸付金
          長期貸付金の時価については、一定の期間ごとに分類し、その将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適
         切な指標に信用スプレッドを上乗せした利率または新規貸付けを行った場合に想定される利率で割り引いた現
         在価値により算定しております。
       負債
        ①支払手形及び買掛金、並びに②短期借入金
          これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
         ております。
        ③1年内償還予定の社債及び社債、並びに④1年内返済予定の長期借入金及び長期借入金
          これらの時価については、元利金の合計額を同様の社債発行又は新規借入を行った場合に想定される利率で
         割り引いて算定する方法によっております。なお、一部の変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処
         理の対象とされており、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を同様の借り入れを行った
         場合に適用されると合理的に見積もられる利率で割り引いて算定する方法によっております。
       デリバティブ取引
         金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
         め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
      (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額(千円)

                            前連結会計年度               当連結会計年度
                 区 分
                           (平成29年3月31日)               (平成30年3月31日)
            非上場株式                      2,101,096               1,687,687

           これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから「③投資有

          価証券」には含めておりません。
                                  71/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
     (注)3.金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額
          前連結会計年度(平成29年3月31日)
                              1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                              (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
                               8,130,283            -        -        -
            現金及び預金
                               3,372,436            -        -        -

            受取手形及び売掛金
                                100,141        232,413         91,943        137,208

            長期貸付金
                              11,602,861          232,413         91,943        137,208

                  合 計
          当連結会計年度(平成30年3月31日)

                              1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                              (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
                               8,464,001            -        -        -
            現金及び預金
            受取手形及び売掛金                    2,734,434            -        -        -

                                173,667        395,211        165,592        319,298

            長期貸付金
                              11,372,104          395,211        165,592        319,298

                  合 計
      (注)4.社債及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(平成29年3月31日)
                   1年以内      1年超2年以内       2年超3年以内       3年超4年以内       4年超5年以内         5年超
                   (千円)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
            短期借入金         1,600,000           -       -       -       -       -
            社債          240,000       340,000       340,000        20,000       100,000          -
            長期借入金         1,076,962        929,736       842,553       568,439       500,436      1,314,400
             合計         2,916,962       1,269,736       1,182,553        588,439       600,436      1,314,400

          当連結会計年度(平成30年3月31日)

                   1年以内      1年超2年以内       2年超3年以内       3年超4年以内       4年超5年以内         5年超
                   (千円)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
            短期借入金         1,853,000           -       -       -       -       -
            社債          440,000       440,000       320,000       200,000       550,000          -
            長期借入金         1,094,716       1,007,600        819,163       535,669       446,501      1,188,886
             合計         3,387,716       1,447,600       1,139,163        735,669       996,501      1,188,886

                                  72/116







                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
        1.  その他有価証券
         前連結会計年度(平成29年3月31日)
                              連結貸借対照表計上額
                        種類                 取得原価(千円)           差額(千円)
                                 (千円)
                    (1)株式

                                             240,821
                                    388,612                  147,790
                    (2)債券
                    ①   国債・地方債等
                                                -
                                       -                  -
       連結貸借対照表計上額が
                    ②   社債                          -
                                       -                  -
       取得原価を超えるもの
                                                -
                                       -                  -
                    ③   その他
                                                -
                                       -                  -
                    (3)その他
                       小計             388,612         240,821         147,790

                    (1)株式

                                       -         -         -
                    (2)債券
                    ①   国債・地方債等
                                       -         -         -
       連結貸借対照表計上額が
                    ②   社債
                                       -         -         -
       取得原価を超えないもの
                                       -         -         -
                    ③   その他
                                     9,323         9,476         △152
                    (3)その他
                       小計              9,323         9,476         △152

                 合計                   397,935         250,297         147,637
         当連結会計年度(平成30年3月31日)

                              連結貸借対照表計上額
                        種類                 取得原価(千円)           差額(千円)
                                 (千円)
                    (1)株式

                                             240,821
                                                      176,950
                                    417,772
                    (2)債券
                    ①   国債・地方債等
                                                         -
                                       -         -
       連結貸借対照表計上額が
                    ②   社債                                   -
                                       -         -
       取得原価を超えるもの
                                                         -
                                       -         -
                    ③   その他
                                                         -
                                       -         -
                    (3)その他
                       小計             417,772         240,821         176,950

                    (1)株式

                                       -         -         -
                    (2)債券
                    ①   国債・地方債等
                                       -         -         -
       連結貸借対照表計上額が
                    ②   社債
                                       -         -         -
       取得原価を超えないもの
                                       -         -         -
                    ③   その他
                                     9,222         9,397         △175
                    (3)その他
                       小計              9,222         9,397         △175

                 合計                   426,994         250,219         176,774
                                  73/116






                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        2.   連結会計年度中に売却したその他有価証券
         前連結会計年度(自 平成28年4月1日                   至  平成29年3月31日)
                           売却額          売却益の合計            売却損の合計
              種類
                          (千円)            (千円)            (千円)
          (1)株式                     157,226            84,162              -
          (2)債券                        -            -           -

          ①   国債・地方債等
                                 -            -           -
          ②   社債
                                 -            -           -
          ③   その他
                                 -            -           -
          (3)その他                        -            -           -

              合計                157,226            84,162              -

         当連結会計年度(自 平成29年4月1日                   至  平成30年3月31日)

                           売却額          売却益の合計            売却損の合計
              種類
                          (千円)            (千円)            (千円)
          (1)株式                        -            -           -
          (2)債券

          ①   国債・地方債等
                                 -            -           -
          ②   社債
                                 -            -           -
          ③   その他
                                 -            -           -
          (3)その他                        -            -           -

              合計                  -            -           -

        3.  減損処理を行った有価証券

          前連結会計年度において、有価証券について6,621千円(その他有価証券の株式6,621千円)減損処理を行
         っております。
          当連結会計年度において、有価証券について100,004千円(その他有価証券の株式100,004千円)減損処理を
         行っております。
                                  74/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (デリバティブ取引関係)
        1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
          該当事項はありません。
        2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

        金利関連
         前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                      契約額等       うち1年超         時価
        ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                      (千円)        (千円)        (千円)
                   金利スワップ取引
       金利スワップの特例
                    支払固定・          長期借入金         3,950,000        3,950,000       (※)
       処理
                     受取変動
       (※)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されて
         いるため、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
         当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                      契約額等       うち1年超         時価
        ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                      (千円)        (千円)        (千円)
                   金利スワップ取引
       金利スワップの特例
                    支払固定・          長期借入金         3,950,000        3,950,000       (※)
       処理
                     受取変動
       (※)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されて
         いるため、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                  75/116













                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (退職給付関係)
       1.採用している退職給付制度の概要
          当社及び国内連結子会社の一部では、確定給付型の制度として退職一時金制度を採用しております。
         また、確定給付型企業年金制度を設けている国内連結子会社があります。
          国内連結子会社の一部と国外連結子会社の一部では、確定拠出年金制度を採用しております。
         また、従業員の退職に際して割増退職金を支払う場合があります。
          なお、当社及び一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び
         退職給付費用を計算しております。
       2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                                       前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 平成28年4月1日             (自 平成29年4月1日
                                    至 平成29年3月31日)             至 平成30年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                                  186,030千円             193,091千円
          勤務費用                                  10,025             10,186
          利息費用                                     98             104
          数理計算上の差異の発生額                                  △1,185              △475
          退職給付の支払額                                  △1,878             △12,055
         退職給付債務の期末残高                                  193,091             191,801
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)

                                       前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 平成28年4月1日             (自 平成29年4月1日
                                    至 平成29年3月31日)             至 平成30年3月31日)
         年金資産の期首残高                                  123,978千円             132,545千円
          期待運用収益                                   2,446             2,650
          数理計算上の差異の発生額                                  △3,488             △2,191
          事業主からの拠出額                                  11,487             10,559
          退職給付の支払額                                  △1,878             △12,055
         年金資産の期末残高                                  132,545             131,508
       (3)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                       前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 平成28年4月1日             (自 平成29年4月1日
                                    至 平成29年3月31日)             至 平成30年3月31日)
         退職給付に係る負債の期首残高                                  581,112千円             581,460千円
          退職給付費用                                  53,310             52,163
          退職給付の支払額                                 △52,962             △51,505
          その他                                     -           13,801
         退職給付に係る負債の期末残高                                  581,460             595,919
                                  76/116





                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (4)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に
         係る資産の調整表
                                        前連結会計年度             当連結会計年度
                                      (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                                  193,091千円             191,801千円
         年金資産                                 △132,545             △131,508
                                          60,545             60,293
         非積立型制度の退職給付債務                                  581,460             595,919
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  642,006             656,212
         退職給付に係る負債                                  642,006             656,212
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  642,006             656,212
       (注)簡便法を適用した制度を含んでおります。
       (5)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                       前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 平成28年4月1日             (自 平成29年4月1日
                                    至 平成29年3月31日)             至 平成30年3月31日)
         勤務費用                                  10,025千円             10,186千円
         利息費用                                     98             104
         期待運用収益                                  △2,446             △2,650

         数理計算上の差異の費用処理額                                   9,701             9,581

         簡便法で計算した退職給付費用                                  53,310             52,163
         確定給付制度に係る退職給付費用                                  70,689             69,385

       (6)退職給付に係る調整額

        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                       前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 平成28年4月1日             (自 平成29年4月1日
                                    至 平成29年3月31日)             至 平成30年3月31日)
         数理計算上の差異                                   7,520千円             6,793千円
         合  計                                   7,520             6,793

       (7)退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                       前連結会計年度             当連結会計年度
                                     (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
         未認識数理計算上の差異                                  17,909千円             11,116千円
         合  計                                  17,909             11,116

                                  77/116





                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (8)年金資産に関する事項
        ① 年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                       前連結会計年度             当連結会計年度
                                     (平成29年3月31日)             (平成30年3月31日)
         生命保険一般勘定                                     100%             100%

          合 計                                     100%             100%
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

        年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
       多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (9)数理計算上の計算基礎に関する事項

        連結会計年度末における主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表しております。)
                                       前連結会計年度             当連結会計年度

                                     ( 平成29年3月31日)             ( 平成30年3月31日)
         割引率                                     0.05%             0.05%

         長期期待運用収益率                                     2.0%             2.0%

       3.確定拠出制度

        国内連結子会社の一部と国外連結子会社の一部の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度13,334千円、当連
       結会計年度13,692千円であります。
                                  78/116












                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (ストック・オプション等関係)
         1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
                          前連結会計年度                当連結会計年度
                        自 平成28年4月1日               自 平成29年4月1日
                        至 平成29年3月31日)                至 平成30年3月31日)
        一般管理費の株式報酬費用                        9,872千円                        8,558千円
         2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

         (1)ストック・オプションの内容
                平成23年ストック・オプション               平成24年ストック・オプション               平成25年ストック・オプション
        付与対象者の区
                 当社の取締役9名                当社の取締役10名                当社の取締役5名
        分及び人数
        株式の種類別の
        ストック・オプ
                 普通株式 19,900株               普通株式 15,300株               普通株式 5,900株
        ションの数 
        (注)
        付与日          平成23年8月15日               平成24年8月17日               平成25年8月19日
                 ①新株予約権原簿に記載さ
                  れた各新株予約権を保有
                  する者(以下、「新株予
                  約権者」という)は、新
                  株予約権の行使期間内に
                  おいて、当社の取締役の
                  地位を喪失した時点(以
                  下、「権利行使開始日」
                  という)以降、新株予約
                  権を行使することができ
                  る。ただし、この場合、
        権利確定条件           新株予約権者は、権利行              同左               同左
                  使開始日から10日を経過
                  する日までの間に限り、
                  新株予約権を行使するこ
                  とができる。
                 ②前記①は、新株予約権を
                  相続により承継した者に
                  ついては適用しない。
                 ③新株予約権者が新株予約
                  権を放棄した場合には、
                  かかる新株予約権を行使
                  することができない。
        対象勤務期間                ―               ―               ―
                 自  平成23年8月16日             自  平成24年8月18日             自  平成25年8月20日

        権利行使期間
                 至  平成53年8月15日             至  平成54年8月17日             至  平成55年8月19日
                                  79/116








                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
                平成26年ストック・オプション               平成27年ストック・オプション               平成28年ストック・オプション
        付与対象者の区
                 当社の取締役7名                当社の取締役7名                当社の取締役7名
        分及び人数
        株式の種類別の
        ストック・オプ
                 普通株式 6,800株               普通株式 6,200株               普通株式 12,300株
        ションの数 
        (注)
        付与日          平成26年8月18日               平成27年8月20日               平成28年8月18日
                 ①新株予約権原簿に記載さ
                  れた各新株予約権を保有
                  する者(以下、「新株予
                  約権者」という)は、新
                  株予約権の行使期間内に
                  おいて、当社の取締役の
                  地位を喪失した時点(以
                  下、「権利行使開始日」
                  という)以降、新株予約
                  権を行使することができ
                  る。ただし、この場合、
        権利確定条件           新株予約権者は、権利行              同左               同左
                  使開始日から10日を経過
                  する日までの間に限り、
                  新株予約権を行使するこ
                  とができる。
                 ②前記①は、新株予約権を
                  相続により承継した者に
                  ついては適用しない。
                 ③新株予約権者が新株予約
                  権を放棄した場合には、
                  かかる新株予約権を行使
                  することができない。
        対象勤務期間                ―               ―               ―
                 自  平成26年8月19日             自  平成27年8月21日             自  平成28年8月19日

        権利行使期間
                 至  平成56年8月18日             至  平成57年8月20日             至  平成58年8月18日
                                  80/116











                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
                平成29年ストック・オプション

        付与対象者の区
                 当社の取締役5名
        分及び人数
        株式の種類別の
        ストック・オプ
                 普通株式 9,400株
        ションの数 
        (注)
        付与日          平成29年8月24日
                 ①新株予約権原簿に記載さ
                  れた各新株予約権を保有
                  する者(以下、「新株予
                  約権者」という)は、新
                  株予約権の行使期間内に
                  おいて、当社の取締役の
                  地位を喪失した時点(以
                  下、「権利行使開始日」
                  という)以降、新株予約
                  権を行使することができ
                  る。ただし、この場合、
        権利確定条件           新株予約権者は、権利行
                  使開始日から10日を経過
                  する日までの間に限り、
                  新株予約権を行使するこ
                  とができる。
                 ②前記①は、新株予約権を
                  相続により承継した者に
                  ついては適用しない。
                 ③新株予約権者が新株予約
                  権を放棄した場合には、
                  かかる新株予約権を行使
                  することができない。
        対象勤務期間                ―
                 自  平成29年8月25日

        権利行使期間
                 至  平成59年8月24日
      (注)平成23年~平成28年のストック・オプションの数につきましては、平成28年10月1日付で普通株式10株につき

         1株の割合で株式併合を行っているため、併合後の株式数に換算して記載しております。
                                  81/116










                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
       ①ストック・オプションの数
                   平成23年      平成24年      平成25年      平成26年      平成27年      平成28年      平成29年
                   ストッ      ストッ      ストッ      ストッ      ストッ      ストッ      ストッ
                   ク・オプ      ク・オプ      ク・オプ      ク・オプ      ク・オプ      ク・オプ      ク・オプ
                   ション      ション      ション      ション      ション      ション      ション
        権利確定前(株)
        前連結会計年度末              -      -      -      -      -    3,000        -
        付与              -      -      -      -      -      -    9,400
        失効              -      -      -      -      -      -      -
        権利確定              -      -      -      -      -    3,000      7,000
        未確定残              -      -      -      -      -      -    2,400
        権利確定後(株)
        前連結会計年度末            3,400      2,200      1,400      2,700      6,200      9,300        -
        権利確定              -      -      -      -      -    3,000      7,000
        権利行使            3,100      2,000      1,300      1,200      1,400      2,900        -
        失効              -      -      -      -      -      -      -
        未行使残             300      200      100     1,500      4,800      9,400      7,000
      (注)平成23年~平成28年のストック・オプションの数につきましては、平成28年10月1日付で普通株式10株につき
         1株の割合で株式併合を行っているため、併合後の株式数に換算して記載しております。
                                  82/116













                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       ②単価情報
                  平成23年      平成24年      平成25年      平成26年      平成27年      平成28年      平成29年
                  ストック・      ストック・      ストック・      ストック・      ストック・      ストック・      ストック・
                  オプション      オプション      オプション      オプション      オプション      オプション      オプション
        権利行使価格
                      1      1      1      1      1      1      1
        (円)
        行使時平均株価  

                    1,956      1,960      1,980      1,980      1,201      1,201        -
        (円)
        付与日における公

        正な評価単価  
                     730     1,230      1,440      1,950      1,430       830      852
        (円)
      (注)平成23年~平成28年のストック・オプションの数につきましては、平成28年10月1日付で普通株式10株につき
         1株の割合で株式併合を行っているため、併合後の株式数に換算して記載しております。
         3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

          当連結会計年度において付与された平成29年ストック・オプションについての公正な評価単価の見積方法は以
         下のとおりであります。
          ①使用した評価技法    ブラック・ショールズ式
          ②主な基礎数値及び見積方法
                             平成29年ストック・オプション
         株価変動性        (注)1                               47%
         予想残存期間       (注)2                               8年
         予想配当         (注)3                               50円
         無リスク利子率      (注)4                              △0.04%
        (注)1.年率、過去8年の日次株価(平成21年8月24日から平成29年8月24日)の株価実績に基づき算定しており
            ます。
           2.過去の取締役の在任期間等に基づいて見積もっております。
           3.平成29年3月期の配当実績によります。
           4.年率、平成29年8月24日の国債利回りであります。
         4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

          基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用して
         おります。
                                  83/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度

                             (平成29年3月31日)           (平成30年3月31日)
     繰延税金資産
      退職給付に係る負債                            214,557千円           208,060千円
      貸倒引当金                            23,956千円           24,926千円
      賞与引当金                            28,895千円           27,719千円
      役員退職慰労引当金                            11,576千円            7,225千円
      未払事業税                            11,009千円            9,356千円
      繰越欠損金                            66,271千円            1,547千円
      減損損失                            17,125千円            2,430千円
      たな卸資産評価損                            59,469千円           57,294千円
      投資有価証券評価損                            11,023千円           22,466千円
      ゴルフ会員権評価損                            13,322千円           15,114千円
      株式報酬費用                             8,877千円           7,412千円
      固定資産の未実現利益                              -千円         71,115千円
      その他                            90,336千円           78,268千円
        小計
                                 556,422千円           532,937千円
     評価性引当額                            △153,825千円           △160,413千円
     繰延税金資産合計
                                 402,596千円           372,523千円
     繰延税金負債
      連結子会社取得に伴う評価差額                            70,474千円           421,085千円
      その他有価証券評価差額金                            45,206千円           54,128千円
      減価償却費                            24,993千円           25,456千円
     繰延税金負債合計
                                 140,674千円           500,669千円
     繰延税金資産の純額
                                 261,921千円          △128,145千円
     (注)前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産の純額は連結貸借対照表の以下の項目に含まれており

       ます。
     流動資産─繰延税金資産                             72,876千円           49,157千円
     固定資産─繰延税金資産                             223,437千円           223,746千円
     固定負債─繰延税金負債                             34,391千円           401,050千円
     (表示方法の変更)

       前連結会計年度において、繰延税金資産の「その他」に含めておりました「投資有価証券評価損」は、重要性が増
      したため、当連結会計年度より独立掲記しました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の注記の
      組替えを行っております。
       この結果、前連結会計年度において、繰延税金資産の「その他」に表示していた101,359千円は、「投資有価証券評
      価損」11,023千円及び「その他」90,336千円として組替えております。
                                  84/116






                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                  前連結会計年度                 当連結会計年度
                                (平成29年3月31日)                (平成30年3月31日)
     法定実効税率                                 30.9%                30.9%
      (調整)
      住民税均等割
                                      1.7%                3.7%
      交際費等永久に損金に算入されない項目                                 0.6%                1.3%
      外国税税率差異                                △0.8%                 3.2%
                                     △0.5%                 0.5%
      受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                     △3.7%                △6.8%
      試験研究の特別控除
                                      3.1%                4.7%
      損金不算入ののれん償却額
                                      5.4%                2.9%
      評価性引当額
                                      4.2%               △2.7%
      その他
                                      40.9%                37.7%
     税効果会計適用後の法人税等の負担率
     (表示方法の変更)

       前連結会計年度において、「その他」に含めておりました「試験研究の特別控除」は、重要性が増したため、当連結
      会計年度より独立掲記しました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の注記の組替えを行っており
      ます。
       この結果、前連結会計年度において、「その他」に表示していた0.6%は、「試験研究の特別控除」△3.7%及び「そ
      の他」4.2%として組替えております。
                                  85/116













                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (企業結合等関係)
      取得による企業結合
      1.企業結合の概要
        (1)     被取得企業の名称及びその事業の内容
           被取得企業の名称  株式会社エフ・アイ興産
           事業の内容     不動産事業
         (2)      企業結合を行った主な理由
           当社グループの事業ポートフォリオ多角化の一環として、不動産事業会社である㈱エフ・アイ興産を買収
          し子会社とすることにより、今後同社が所有する不動産の有効活用による安定的な賃貸収入の確保等を図る
          るためであります。
        (3)  企業結合日
           平成30年1月31日
        (4)     企業結合の法的形式
           株式取得
        (5)     結合後企業の名称
           変更はありません。
        (6)取得した議決権比率
           99.0%
        (7)     取得企業を決定するに至った主な根拠
          当社が株式会社エフ・アイ興産の議決権を取得し、連結子会社としたことによるものであります。
      2.連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間
        平成30年1月1日をみなし取得日としているため、平成30年1月1日~平成30年3月31日までの業績が含まれて
       おります。
      3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

         取得の対価              現金                  1,011,435千円

                                         1,011,435
         取得原価
      4.主要な取得関連費用の内容及び金額

        該当事項はありません。
      5.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

        該当事項はありません。
      6.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

          流動資産               312,828千円
          固定資産              2,189,412
          資産合計
                        2,502,240
          流動負債
                         236,872
          固定負債              1,243,716
          負債合計
                        1,480,588
      7.企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影響

       の概算額及びその算定方法
        当連結会計年度における概算額の算定が困難であるため、記載しておりません。
                                  86/116






                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        共通支配下     の取引等
        連結子会社の吸収        合併
       当社は、平成29年2月8日開催の取締役会において、当社連結子会社であるマミヤ・オーピー・ネクオス株式会社を
      吸収  合併  することを決議し、平成29年4月1日付で吸収                      合併  いたしました。
      (1)取引の概要

       ①結合当事企業の名称及びその事業の内容
       結合当事企業の名称  マミヤ・オーピー・ネクオス株式会社
       事業の内容      電子機器製品の開発、製造、販売、アフターサービス等
       ②企業結合日
        平成29年4月1日
       ③企業結合の法的形式
        当社を存続会社、マミヤ・オーピー・ネクオス株式会社を消滅会社とする吸収                                       合併
       ④結合後企業の名称
        マミヤ・オーピー株式会社
       ⑤その他取引の概要に関する事項
        当社グループにおける収益の柱である電子機器事業の市場である遊技機関連業界を巡る事業環境は厳しさを増し続
       けており、さらなる成長に向けての明確な展望がにわかには見出し難い情勢です。
        本合併は、このような環境下において、当該事業における経営資源を集約し組織運営の一体化を進めることで事業
       基盤の強化と経営の効率化を図ると共に、当社グループが誇る洗練された「ものづくり」システムと高度な技術開発
       力を、マーケットインの視点を大切にしつつ新規事業に展開することを通じて事業ポートフォリオを再構築し、企業
       価値の一層の向上を実現することを目的としております。
      (2)実施した会計処理の概要

      「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づき、                                                     共通支
      配下   の取引として処理しております。
                                  87/116











                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (資産除去債務関係)
        資産除去債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       (賃貸等不動産関係)

        当社及び一部の国内連結子会社では、東京都、埼玉県、神奈川県、香川県及び海外において賃貸用のオフィスビル
       (土地含む)等を所有しております。また、香川県において、遊休不動産の一部を賃貸しております。平成29年3月
       期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は141,778千円(主な賃貸収益は売上高に、主な賃貸費用は売上原価
       に計上)であり、平成30年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は82,624千円(主な賃貸収益は売上高
       に、主な賃貸費用は売上原価に計上)であります。
        また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりであります。
                                          (単位:千円)
                          前連結会計年度              当連結会計年度
                        (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                         至 平成29年3月31日)                至 平成30年3月31日)
        連結貸借対照表計上額
            期首残高                    2,556,629              2,462,826

            期中増減額                    △93,802              557,388

            期末残高                    2,462,826              3,020,215

         期末時価                        2,488,415              3,045,896

      (注)1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
         2.期中増減額のうち、前連結会計年度の主な減少額は減損損失(52百万円)であり、当連結会計年度の主な増
           加額は、㈱エフ・アイ興産の株式の取得に伴う同社の子会社化による増加(1,979百万円)及び賃貸
           用不動産の売却による減少(1,384百万円)によるものであります。
         3.期末時価は、主として「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を用いて調整を行っ
           た       ものを含む。)であります。
                                  88/116











                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
         1.報告セグメントの概要
           当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経
          営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
           当社は、事業の種類別に部門を配置し、各部門は事業の種類別に国内及び海外の包括的な戦略を立案し、
          事業展開しております。
           したがって、当社は部門を基礎とした事業の種類別セグメントから構成されており、「電子機器事業」、
          「スポーツ事業」及び「不動産事業」の3つを報告セグメントとしております。
           「電子機器事業」は、パチンコ関連機器、小型自動券売機、紙幣搬送システム、紙幣識別機、薄膜膜厚
          計、自律走行システムを開発、製造及び販売し、生ごみ処理装置、除菌・消臭水を製造及び販売しており、
          遊技システム及び磁気カードシステムの設置・保守等を行っております。
           「スポーツ事業」は、ゴルフ関連用品、遮断桿、矢(洋弓用)を製造及び販売しております。
           「不動産事業」は、不動産の売買、賃貸借、仲介、管理等を行っております。
         2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な
          事項」における記載と概ね同一であります。
           報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
           セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
         3.報告セグメントの変更等に関する事項

           当連結会計年度において、㈱エフ・アイ興産を連結子会社としたことに伴い、報告セグメントを従来の
         「電子機器事業」及び「スポーツ事業」の2区分から、「電子機器事業」、「スポーツ事業」及び「不動産事
         業」の3区分に変更しております。
          なお、前連結会計年度のセグメント情報については、当連結会計年度の報告セグメントの区分に基づき作成
         したものを記載しております。
                                  89/116












                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
         4.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

          前連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                      連結財務諸表
                                                  調整額
                        電子機器      スポーツ                         計上額
                                    不動産事業        計
                         事業      事業
         売上高

                        8,836,609      5,937,407       199,409     14,973,426          -  14,973,426
          外部顧客への売上高
          セグメント間の内部売上高
                           632       -    15,000      15,632     △ 15,632         -
          又は振替高
                        8,837,241      5,937,407       214,409     14,989,058       △ 15,632    14,973,426
               計
        セグメント利益又は損失(△)                 935,875     △ 206,934      143,070      872,010         -   872,010
                       17,059,643       6,138,351      3,069,269      26,267,264          -  26,267,264
          セグメント資産
         その他の項目
                         207,292      162,773       37,756      407,822         -   407,822
          減価償却費
                            -    86,700         -    86,700        -    86,700
          のれんの償却額
                         144,134          -      -   144,134         -   144,134
          持分法投資利益
                            -    52,105         -    52,105        -    52,105
          減損損失
          有形固定資産及び無形固定
                        1,731,197       181,583       5,850    1,918,631          -  1,918,631
          資産の増加額
         (注)調整額は、セグメント間の取引消去であります。
          当連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                      連結財務諸表
                                                  調整額
                        電子機器      スポーツ                         計上額
                                    不動産事業        計
                         事業      事業
         売上高
                        5,968,456      6,268,259       337,767     12,574,483          -  12,574,483
          外部顧客への売上高
          セグメント間の内部売上高
                           476       -    15,000      15,476     △ 15,476         -
          又は振替高
                        5,968,932      6,268,259       352,767     12,589,959       △ 15,476    12,574,483
               計
        セグメント利益又は損失(△)                 100,897      △ 25,491      111,528      186,934         -   186,934
                       16,847,279       6,161,615      3,889,716      26,898,611          -  26,898,611
          セグメント資産
         その他の項目
                         166,035      180,899       31,647      378,582         -   378,582
          減価償却費
                            -    86,700         -    86,700        -    86,700
          のれんの償却額
                         119,105          -      -   119,105         -   119,105
          持分法投資利益
                            -      -      -      -      -      -
          減損損失
          有形固定資産及び無形固定
                         211,782      179,966        431    392,181         -   392,181
          資産の増加額
         (注)調整額は、セグメント間の取引消去であります。
                                  90/116



                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
          【関連情報】
           前連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
              セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
                                                     (単位:千円)
               日本        北米        アジア         欧州        その他         合計
              13,165,619         1,021,886         631,253        137,724         16,942      14,973,426
            (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
            (2)有形固定資産

                                                     (単位:千円)
                 日本            北米            アジア             合計
                   6,347,126            1,070,508             394,031           7,811,665
            (注)国又は地域の区分は地理的近接度によっております。
           3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
               顧客の名称又は氏名                   売上高             関連するセグメント名
             日本ゲームカード(株)                           3,597,830           電子機器事業
             コスモ・イーシー(株)                           1,882,240           電子機器事業
             エムディーアイ(株)                           1,698,352           電子機器事業
           当連結会計年度(自平成29年4月1日                          至平成30年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
              セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
                                                     (単位:千円)
               日本        北米        アジア         欧州        その他         合計
              10,401,362         1,297,360         657,579        202,574         15,606      12,574,483
            (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
            (2)有形固定資産

                                                     (単位:千円)
                 日本            北米            アジア             合計
                   6,876,907            1,042,416             364,572           8,283,896
            (注)国又は地域の区分は地理的近接度によっております。
           3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
               顧客の名称又は氏名                   売上高             関連するセグメント名
             日本ゲームカード(株)                           2,356,933           電子機器事業
             エムディーアイ(株)                           1,723,917           電子機器事業
                                  91/116



                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
           【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                    電子機器事業          スポーツ事業         不動産事業        全社・消去         合計
                           -       52,105          -        -     52,105
            減損損失
           当連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自平成28年4月1日                    至平成29年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                    電子機器事業          スポーツ事業         不動産事業        全社・消去         合計
                           -       86,700          -        -     86,700
            当期償却額
                           -       326,239           -        -    326,239
            当期末残高
           当連結会計年度(自平成29年4月1日                    至平成30年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                    電子機器事業          スポーツ事業         不動産事業        全社・消去         合計
                           -       86,700          -        -     86,700
            当期償却額
                           -       239,538           -        -    239,538
            当期末残高
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自                平成28年4月1日 至           平成29年3月31日)
           該当事項はありません。
           当連結会計年度(自                平成29年4月1日 至           平成30年3月31日)

           該当事項はありません。
                                  92/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       【関連当事者情報】
     1.関連当事者との取引
        連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      (ア)連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
        前連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

                               議決権等の
                     資本金又                                   期末残高
         会社等の名                事業の内容     所有(被所      関連当事者           取引金額
      種類          所在地     は出資金                     取引の内容           科目    (百万
                               有)割合
         称又は氏名                又は職業           との関係           (百万円)
                     (百万円)                                     円)
                               (%)
                               (所有)
         MJSソー                           資金の援助               長期
               東京都新宿区        400  電気業                 資金の貸付      300,000         397,620
         ラー㈱                           役員の兼任               貸付金
                                間接    50.0
     関連会社
                                               2,200,000      -      -
                                          不動産の売
         ジャパン
                               (所有)           却代金
         ネットワー
               東京都台東区        1,375   情報通信業           役員の兼任
         クシステム
                                直接    29.6
         ㈱
                                          売却益
                                                558,677     -      -
     (イ)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

        前連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
         該当事項はありません。
         当連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

                   資本金又           議決権等の所
                                               取引金額         期末残高
          会社等の名               事業の内容            関連当事者
      種類         所在地    は出資金           有(被所有)            取引の内容           科目
          称又は氏名               又は職業            との関係           (百万円)         (百万円)
                   (百万円)           割合(%)
                        当社代表取
     役員及び                   締役社長
                              (被所有)
     その近親    鈴木 聡               MJSソーラー            資金の貸付      資金の貸付          長期貸付金
                -     -                           300,000         397,620
                               直接     0.01
     者                   ㈱代表取締
                        役社長
     (注)1.上記(ア)~(イ)の金額のうち、取引金額及び期末残高には消費税を含んでおりません。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         (1)資金の貸付けについては、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
         (2)不動産の売却については、不動産鑑定士による鑑定額を参考に取引額を決定しております。
         (3)鈴木聡が第三者(MJSソーラー㈱)の代表者として当社と行った取引であり、市場金利を勘案して利率を合
           理的に決定しております。
                                  93/116









                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記
       (1)親会社情報
          (株)データ・アート(非上場)
       (2)重要な関連会社の要約財務情報

          当連結会計年度において、重要な関連会社はジャパンネットワークシステム株式会社であり、その要約財務情
         報は以下のとおりであります。
                                    (単位:千円)
                        ジャパンネットワークシステム株式会社
                        前連結会計年度           当連結会計年度
         流動資産合計                       -      1,106,763
         固定資産合計                       -      5,568,254
         流動負債合計                       -       493,678

         固定負債合計                       -      2,770,902
         純資産合計                       -      3,410,436

         売上高                       -      2,360,149

         税引前当期純利益                       -       540,860
         当期純利益                       -       326,626
        (注)      ジャパンネットワークシステム株式会社は、重要性が増したため、当連結会計年度から重要な関連会社とし
           ております。
                                  94/116












                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     1株当たり純資産額                                 1,574円54銭               1,563円15銭

     1株当たり当期純利益金額                                  55円68銭               38円13銭
      潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額                                   55円53銭               38円04銭
     (注)1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであり
       ます。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額

      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                  516,089               352,219

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                        516,089               352,219
      (千円)
      期中平均株式数(千株)                                   9,269               9,236
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額(千円)                                    -               -

      普通株式増加数(千株)                                    23               21

      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
      当たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在                                    -               -
      株式の概要
     (注)平成28年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っておりますが、前連結会計年度の期首に当
       該株式併合が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当
       期純利益金額を算定しております。
       (重要な後発事象)

       匿名組合      出資について
        当社グループは、平成30年5月18日開催の取締役会において、合同会社メガソーラー市島発電所(代表社員:一般
       社団法人市島発電所、職務執行者:松澤和浩)との間で、下記の内容の                                 匿名組合契約書を締結することを決議                  いたし
       ました。
       (1)  匿名組合出資      の概要
        ①営業者      :合同会社メガソーラー市島発電所
        ②組成年月日    :平成30年5月29日
        ③事業の内容    :太陽光発電事業
        ④ 匿名組合    出資の総額:1,820,000千円
        ⑤当社の出資額   :910,000千円
        ⑥当社の出資割合  :50%
        ⑦出資年月日    :平成30年5月31日 150,000千円
                   平成30年8月31日 760,000千円(予定)
       (2)出資資金の調達方法
        手元資金によります。
                                  95/116



                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
       【社債明細表】
                                当期首残高      当期末残高

       会社名           銘柄        発行年月日                   利率(%)       担保    償還期限
                                (千円)      (千円)
                          平成年月日                             平成年月日

                                          -
                                  200,000
     当社        第4回無担保社債              26.9.25                     0.25     なし    29.9.25
                                 (200,000)
                                  300,000      300,000
     当社        第5回無担保社債              26.12.10                     0.56     なし    31.12.10
                                  140,000      100,000
     当社        第6回無担保社債              27.8.25                     0.36     なし    32.8.25
                                  (40,000)      (40,000)
                                  300,000
                                        300,000
     当社        第7回無担保社債              27.9.30                     0.20     なし    30.9.30
                                        (300,000)
                                    -
                                        450,000
     当社        第8回無担保社債              29.9.11                     0.42     なし    34.9.9
                                        (100,000)
                                    -    500,000
     当社        第9回無担保社債              29.9.11                     0.44     なし    34.9.9
                                    -    200,000
     当社        第10回無担保社債              29.9.25                     0.11     なし    32.9.25
                                  100,000      100,000
     キャスコ㈱        第3回無担保社債              28.12.30                     0.27     なし    33.12.30
                                 1,040,000      1,950,000
        合計           -         -                   -      -     -
                                 (240,000)      (440,000)
      (注)1.( )内書は、1年以内の償還予定額であります。
         2.連結決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
                   1年超2年       2年超3年       3年超4年       4年超5年
             1年以内
                   以内       以内       以内       以内
             (千円)
                    (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
              440,000       440,000       320,000       200,000       550,000

       【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高       平均利率
                 区分                                    返済期限
                                (千円)       (千円)       (%)
     短期借入金                           1,600,000       1,853,000       0.7412         -

     1年以内に返済予定の長期借入金                           1,076,962       1,094,716        1.557        -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                           4,155,567       3,997,820        1.557    平成30年~平成49年

                 合計               6,832,530       6,945,537         -      -

      (注)1.平均利率の算定にあたっては、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年以内における返済予定額は以下のと
           おりであります。
                  1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内            4年超5年以内
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
     長期借入金               1,007,600            819,163           535,669           446,501

       【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定に
         より記載を省略しております。
                                  96/116




                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
       当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                   3,104,154          6,308,722          9,325,030          12,574,483
     税金等調整前四半期(当期)
                          13,189          632,441          652,152          565,453
     純利益金額(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                          14,759          449,089          460,267          352,219
     (当期)純利益金額(千円)
     1株当たり四半期(当期)
                                                         38.13
                           1.60          48.64          49.84
     純利益金額(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額
     又は1株当たり四半期純損失                      1.60          47.02           1.21         △11.69
     金額(△)(円)
                                  97/116















                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       5,987,036              6,748,248
         現金及び預金
                                        443,416              293,463
         受取手形
                                      ※2 1,648,137             ※2 1,007,667
         売掛金
                                        591,716             1,028,200
         商品及び製品
                                         11,382              100,409
         仕掛品
                                         6,052             251,842
         原材料及び貯蔵品
                                         30,761              39,206
         前払費用
                                         16,340               8,748
         繰延税金資産
                                         15,237              44,925
         未収入金
                                         16,720               9,091
         その他
                                       8,766,803              9,531,803
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       1,842,401              1,194,679
          建物
                                       △ 199,880             △ 196,294
            減価償却累計額
                                      ※1 1,642,521              ※1 998,384
            建物(純額)
          構築物                               4,373              4,758
                                         △ 326             △ 802
            減価償却累計額
                                        ※1 4,046             ※1 3,955
            構築物(純額)
          機械及び装置                                 -           227,091
                                            -          △ 187,437
            減価償却累計額
            機械及び装置(純額)                                -            39,654
          工具、器具及び備品                               69,261              575,361
                                        △ 40,652             △ 475,726
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             28,608              99,635
                                            -            21,780
          リース資産
                                            -           △ 9,438
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                                -            12,342
                                      ※1 3,688,686             ※1 2,879,841
          土地
                                            -            13,778
          建設仮勘定
                                       5,363,863              4,047,592
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         1,123             111,861
          ソフトウエア
                                         1,101              1,375
          電話加入権
                                         2,224             113,236
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        544,169              573,195
          投資有価証券
                                       4,995,376              4,997,311
          関係会社株式
                                           500              500
          出資金
                                            -           388,564
          長期貸付金
                                         3,090              2,760
          長期延滞債権
                                       1,714,744              1,995,717
          関係会社長期貸付金
                                         2,943              1,892
          長期前払費用
                                            -            10,331
          長期未収入金
                                         13,781              16,507
          ゴルフ会員権
                                         1,010              3,036
          差入保証金
                                         3,980              7,960
          保険積立金
                                         8,865              97,857
          繰延税金資産
                                        △ 3,090             △ 2,760
          貸倒引当金
                                       7,285,371              8,092,875
          投資その他の資産合計
                                       12,651,459              12,253,703
         固定資産合計
                                       21,418,262              21,785,507
       資産合計
                                  98/116


                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         70,455              465,195
         支払手形
                                      ※2 1,597,906              ※2 665,313
         買掛金
                                      ※3 1,400,000             ※3 1,603,000
         短期借入金
                                        240,000              440,000
         1年内償還予定の社債
                                       ※1 715,800             ※1 628,612
         1年内返済予定の長期借入金
                                        219,797              158,179
         未払金
                                         15,533              27,921
         未払費用
                                        206,348               19,360
         未払法人税等
                                         4,518              37,447
         預り金
                                         13,426               1,845
         前受収益
                                         10,554              24,407
         賞与引当金
                                            -            4,704
         その他
         流動負債合計                               4,494,340              4,075,987
       固定負債
                                        700,000             1,410,000
         社債
                                    ※1 , ※3 3,441,800           ※1 , ※3 2,682,174
         長期借入金
                                        116,535              473,073
         退職給付引当金
                                         37,125              20,239
         その他
                                       4,295,460              4,585,486
         固定負債合計
                                       8,789,801              8,661,473
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       3,962,632              3,962,632
         資本金
         資本剰余金
                                         3,885              3,885
          資本準備金
                                         1,676              1,718
          その他資本剰余金
                                         5,561              5,603
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                        252,024              298,451
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       8,358,939              8,780,305
            繰越利益剰余金
                                       8,358,939              8,780,305
          利益剰余金合計
                                        △ 82,120             △ 69,811
         自己株式
                                       12,497,038              12,977,180
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        102,430              122,646
         その他有価証券評価差額金
                                        102,430              122,646
         評価・換算差額等合計
       新株予約権                                  28,991              24,206
                                       12,628,461              13,124,033
       純資産合計
                                       21,418,262              21,785,507
      負債純資産合計
                                  99/116






                                                           EDINET提出書類
                                                    マミヤ・オーピー株式会社(E02377)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                       8,048,141              5,079,008
      売上高
      売上原価
                                        629,353              591,716
       商品期首たな卸高
                                      ※2 5,868,657             ※2 1,552,158
       当期商品仕入高
       合計                                6,498,011              2,143,875
                                         2,624                -
       商品他勘定振替高
                                        591,716              771,878
       商品期末たな卸高
                                       5,903,669              1,371,997
       商品売上原価
       製品期首たな卸高                                    -           235,142
                                         35,030             2,291,304
       当期製品製造原価
                                         35,030             2,526,447
       合計
       製品他勘定振替高                                    -            14,010
                                            -           256,321
       製品期末たな卸高
                                         35,030             2,256,114
       製品売上原価
                                         34,651              20,283
       賃貸原価
       売上原価                                5,973,352              3,648,395
                                       2,074,789              1,430,612
      売上総利益
                                       ※1 934,533            ※1 1,443,669
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                  1,140,256               △ 13,057
      営業外収益
                                         26,659              23,852
       受取利息
                                         50,230              33,560
       受取配当金
                                         14,581                120
       固定資産賃貸料
                                         2,426                -
       為替差益
                                         27,530              32,234
       その他
                                        121,427               89,768
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         79,171              66,553
       支払利息
                                         3,581              5,699
       社債利息
                                            -            12,895
       為替差損
                                         14,541                 -
       固定資産賃貸費用
                                         15,302              29,804
       その他
       営業外費用合計                                 112,597              114,952
      経常利益又は経常損失(△)                                  1,149,086               △ 38,241
      特別利益
                                            -           787,525
       固定資産売却益
       抱合せ株式消滅差益                                    -           403,905
                                         84,162                 -
       投資有価証券売却益
                                         84,162             1,191,430
       特別利益合計
      特別損失
                                           317              112
       固定資産除売却損
                                         6,621             100,004
       投資有価証券評価損
                                         6,939             100,116
       特別損失合計
                          &nbs